「無限」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無限とは

2018-07-16

将棋に運の要素はある

ジャンケンで先攻が決まるとかそういうのではない。

現代将棋研究勝負である相手がこうしたら、こうする…そういう「作戦」を大量に引っ提げて盤の前に座った時点で、勝負の半分は終わっている。

ところが将棋の戦形というのは無数にある。

大雑把に分けて、相居飛車、相振り飛車居飛車振り飛車(対抗系)。

居飛車にも矢倉・相掛かり・横歩取り・角換わり・一手損角換わりとあり、それぞれにさらに無数の小分類がある。

全ての戦形について、無限に詳しくなることはできない。

アマチュアは勿論のことだが、プロでさえそうだ。

この人は居飛車党、この人は振り飛車党という言い方がある。

棒銀ならこの人、四間飛車ならこの人、中飛車ならこの人。それぞれに得意戦法がある。

それは、その人が特に研究してきた戦法に他ならない。

将棋の運の要素とは、「誰と当たるか」だ。

アマチュアなら特にそれが顕著だ。

全ての戦法をちょっとずつ研究しても誰にも勝てない。人に勝てるレベルまで研究を進められる戦法は多くない。

自分がこれならいけるという戦法をぶつけて、相手がそれ以上に研究していれば?

もしくは、自分がこれなら研究してきたという戦法をぶつけたつもりが、相手に早い段階で脇道に入られて、相手がその脇道をめちゃくちゃ研究していたら?

もしくは、脇道に入って相手の得意戦法を潰したつもりが、実は相手のほうがその脇道だけをピンポイント研究しまくっていたら?

アマチュアネット将棋マッチングだとこのようなことが頻繁に起こる。

さすがにプロ同士の将棋で脇道を知らないということはありえないが、それでも研究量の差というのは出る。

得意戦法どうしの相性というのも存在する。

「相性の悪い相手(戦法)に当たってしまった」

これを、運の要素と言わずに何と呼ぶのか。

2018-07-15

お金持ちになるゲーム」は実在する

正式名称は「貿易ゲーム」。

技術(ハサミやコンパス)」を持つ先進国と「資源(紙)」を持つ途上国など複数の国に別れて遊ぶことで現実世界貿易経済理解を深めることが目的

tweet主は「お金をつくる」と言っていたが正しくは「製品をつくる」。

各国は規格を定められた製品をつくる。「世界銀行」役はそれらを審査し買い取る。

本来貿易ゲームルールtweet されたものよりかなり複雑。

10年の歳月記憶が風化したのか、それとも先生アレンジして単純化したのかもしれない。

詳しく知りたい人はこちらをどうぞ:

tweet主の話にあった「出稼ぎ労働」や「属国化」は自発的に起こり得る展開として最初から想定されている

他にも面白い事例がたくさん載っている。例えば

はてブではCくんの実在が疑われているようだけれども、素直に読むとCくんはゲーム経験なのだとおもう。

というのもCくんの口にした「長方形暴落」「世界銀行の存在」はオリジナル貿易ゲーム存在する重要要素だから

ゲームが始まると何も知らない参加者は作りやす長方形ばかりつくっていく。そのうち市場長方形が過剰になり暴落する → 長方形しか作れない後進国が大打撃を受ける。というのが基本的シナリオ。ちなみに長方形とは現実における第一次産業のことである

また貿易ゲームでは情報格差も扱っている。例えば「シールを貼ると価値が数十倍になる」という情報先進国のみに知らされている。先進国後進国を騙してシールを買い叩いて行く様が見られる。

先にあげたリンクの事例を読んで行くとC君の行動はとりたてて異常ではないということがわかると思う。まあとにかく面白いからさっきのリンク先読んでみてよ。

余談だけど今回色々読んだ中ではこのブコメがすごいなと思った:

razik 検証乙/元ネタブコメでも書いたけど、勝利条件は「自分のチームの所持金が1位になること」なので『世界連合を作って全員同じチームになることで全員勝利した』回があったと講師に教えられたのが今でもすごいと思う。

全員が一位。国の境なく協力できるから最も効率的生産できる。このゲーム趣旨からみると最高の解答だろうなと思った。

追記

Windfola 唯一の消費材である紙が無限供給価格変動がない時点で根本的にゲーム性が異なるよね。まあCがそこら辺逆手に取った可能性はあるとは思うけど。

紙(資源)は有限。道具を持っているが紙1枚の先進国と、紙は8枚あるけれども道具はない後進国

資源は限られているのでこの増田のような戦略は取れない。

交渉なく進めると資源のない先進国は複雑で価値の高い製品を少量生産し、後進国価値が低いが道具がなくても作れる長方形大量生産して生き延びようとする。

そして長方形市場に溢れて大暴落。この段階になって道具を借りようと交渉すると後進国先進国搾取されてしまう。

みたいなかんじですかね。

anond:20180715001727

その理論だと、デカルト

「我思う故に我あり」

の域を出ないな。

何故なら、並行宇宙

お前がそれぞれ

同じ意識を持っていたとしても

現在のお前の意識

どうしてこの世界線なのか

について説明ができないからだ

結論として、「我思う故に我あり」

帰着してしまう。

俺が面白いと思ったのは、

素粒子レベル無限試行

経験しているが、自身生命体として、

意識自覚できるパターン現在世界線

のみであるという着想ね

まり、お前が今朝パンを食べたとして

白米を食べた世界線は何らかの因果関係

お前は存在しないというイメージ

anond:20180715000513

お前の書き方はクソみたいに

分かりにくいが、

無限にある並行宇宙の中で

認知できる唯一のものが、

今の我々がいる宇宙

という解釈は中々面白い

デカルトの「我思う故に我あり」

に対する1つの解だと思われる

最後にもう一度言うが、

お前の書き方はクソみたいに

分かりにくい

パラレルワールドがあると前提するだろ?

パラレルワールドが無数に存在すればタイムトラベルして歴史改変したところでほとんど意味ないっていうか

歴史改変するくらいなら希望世界転移すればいいわけ

えーっと、世界イメージとしてはこれ!

 

はじまり

1,2

1,2,3,4

1,2,3,4,5,6…∞

1,2,3,4,5,6…∞

1,2,3,4,5,6…∞←NOW

1,2,3,4,5,6…∞

1,2

おわり

 

左と右の分かれ道で俺は右を選んだとする。

でも平行世界が無数に存在していても

俺という意識は右と左の選択の選んだ後の方しか認識できないわけだ。

隣の世界では左を選んだ俺がいるのに、今は右を選んだ俺が俺なのだ

左俺と右俺の違いは実感として右俺の意識は右俺としてしか自認できないってことだ。

左俺は左俺として意識をもって実感してるが、右俺は右俺としてしか意識を持てない。

まり意識無限に分割され続けてるってことだ。

結果として分割され続けた末の意識が一本筋になってるだけで

実際は認識できないが無限自分意識が複製されて割り当てられてるってことになる。

ということは俺は左と右を選択したように思えて、実際はどちらも選択してなかったことになる。

なぜなら分かれ道に差し掛かった時点で、既に左俺と右俺に分岐されるだけであり、

また、選ばなかったなら選ばない俺も複製され、

3人の俺に「俺は選択した」という結果と意識トッピングしただけになる。

俺は本当に自分意志選択しているんだろうか?

 

ここまできて無限の平行宇宙があるという前提を蹴れば、

俺のたどる未来は不確かで自由意志選択権があるという尊厳を取り戻せる。

しか無限の平行宇宙があり、起きうる分岐すべてに対応した宇宙存在し、

から宇宙が成長し、太陽系ができて、地球ができて、生命ができて、人間ができて、俺がいるというおよそ0というしかない奇跡が起きている、

という話に納得感が出てくる。

無限回のサイコロを振っているのだから、どれだけ確率が低くても1回は当たるわけだ。

しかし、それだと起きうるあらゆる現象に対して世界存在しているということは、

別にその世界でなくったっていいわけだ。

世界のものに唯一性がなくなり、とりわけて素晴らしいものでもなく、

単に用意された無限のレールを走る無限トロッコにのった無限自分が「俺は実感として俺である」というマインドコントロールを受けているに過ぎない。

もし平行宇宙を見れるようになれば、横には「俺は左の道を自由意志で選んだんだ!」と叫ぶ自分がいる。

果たしてそれは自分意志選択していると言えるのだろうか?

2018-07-12

anond:20180712203212

なんなんだろーねー、あー今日は楽しかった!って感じで終わらずにダラダラダラダラ続いちゃうんだよねえ。

テレビ嫌いだけど、週に一回1時間、っていうのはとてもよい「キリの良さ」があった。

ネットはそれないんだよね。無限。なんなら体が参るまで続いちゃう。こわいよねぇ、ネット

アンジャッシュコントみたいに会社を辞めた女の子の話。

私が前に勤めていた会社の話。

会社は、Web制作会社でした。クライアント企業からサイト制作を承る、どこにでもあるちっぽけな受託会社です。

そこに、中途採用デザイナーが入ってきました。まだ若いけれども、前職でもWebデザインをしていたという女の子です。

の子をAさんとします。

Aさんは、即戦力として期待されていましたが、まだ若いということもあり、会社ローカルルールなどにも慣れてもらうため、

教育係がつくことになりました。それが、当時デザイナーチームの中でもトップクラスの実力を持つ、年配の(多分40代女性です。

そのベテラン教育係の人を、Bさんとしますね。職人肌で、黙々と自分仕事に取り組み、いつも良いデザインを仕上げてくれるプロフェッショナルです。

さて、Aさんは入社1週間も過ぎ、順調に仕事をこなしていました。実はこの会社過去に未経験者を多く取りすぎてしまい、

ろくに教育も出来ないのに仕事押し付け、うまく仕事が回らなかったという反省がありました。

(あまり無茶振りに、9割ぐらいの採用者は退職してしまったのです)

そんなこともあり、経験者のAさんには期待も集まり、周囲は「久しぶりにようやくまともな人が入ってくれた…」

とほっと胸をなでおろしものです。

ただ、Aさんはちょっと独特な感じの人でした。

良く言えば「ふわふわしている」、悪く言えば「不思議ちゃん」な感じです。

もちろん仕事はおろそかにしていなかったですし、業務遂行上のコミュニケーション能力は、何ら問題ありませんでした。

しかし、その性格が後に仇になろうとは…

さて、教育係のBさんです。彼女は長く勤めていましたが、家庭があるので、パート勤務でした。

どちらかといえば職人肌で、後輩の面倒をまめに見るというよりかは、自分仕事はさっさと終わらせて帰りたいタイプのようで。

(そりゃ家のことがあるし、さっさと帰りたいがためのパート勤務でしょう…)

それでも、Aさんは最初からテキパキ仕事をしていたし、社内のローカルルール、例えば素材はサーバーのどこにある、だとか、

ファイル名の命名規則フォルダ構成はどうするかとか、そういう最低限だけ教えて、後は放置だったようです。

当時はかなり仕事が立て込んでおり、Bさんに仕事が集中していた、ということもありました。

パートなのに、夜の8時を過ぎても帰れない、なんてこともざらにあったようです。

そんな時、事件が起こりました。不思議ちゃんなAさんが、突如大声をあげたのです。

「あ~~~ 2時間かけてやったイラレ作業間違えて消しちゃった~~!!!

デザイナー経験のある方ならおわかりいただけるでしょう。

時間コツコツやってきた作業が、一瞬で電脳藻屑に消えた時の、無限にも等しい喪失感を。

周囲からは「Aちゃん、ご愁傷さま~」「保存してなかったの~?」という言葉がありましたが…

隣に座っていたBさんは完全無視。そう、この時も確か夜の8時頃でした。

BさんはBさんで、怒涛の仕事量を押し付けられ、この日も帰れずにいたのです…

Aさんの、ふわふわっとした、あま~い感じの声で「イラレ作業消しちゃった~!!!」に

いちいち反応している状況ではなかったのでしょう。

そんな時、Aさんが事件きっかけとなる一言を発しました。

タイムマシン、ないんですか~?」

とBさんに質問したのです。

そこで初めてBさんが

「はぁっ?」

と切り替えしました。

Aさん「タイムマシン、ないんですか? この会社

Bさん「はぁ?」

Aさん「だからぁ~、データが飛んじゃったんですよ。タイムマシンがあれば復活できるじゃないですかぁ~」

Bさん「はぁ? あんたねぇ、そんな状況で子どもみたいな冗談言ってんじゃないわよっ! こっちだって忙しいんだから!」

Bさん、ついにキレました。忙しいってのもあったのでしょうけど、Aさんの不思議ちゃんっぷりにも、前からイライラしていたのかもしれません…

いずれにしてもBさんがキレるような光景は社内全員始めてだったので、みんな、ぽかーんとしてことの成り行きを見守っていました。

そして、Aさんもここに来てキレてしまったようです。

Aさん「はぁ? なんでこっちがキレられなきゃなんないのよ! タイムマシンのない会社なんか信じれられないわ!

Bさん「だぁかぁらぁっ! 冗談言ってんじゃないわよっ! ここは会社よ! タイムマシンなんてないんだから、こまめに保存してなかったアンタが悪いんでしょっ!」

Aさん「あぁ? 話の通じねえおばさんだなぁ! 会社からこそタイムマシン用意しとけってんだよ!」

あのふわふわしたAさんとは思えない言葉遣い… いよいよ二人が掴み合ってキャットファイトに発展するか! ぐらい盛り上がったところでしたが、先にリングを降りたのはAさんでした。

Aさん「あー、もういい。こんな会社、辞めてやるわ! こんな時間まで作業してタイムマシンもないとか、ありえないし!」

といって、カバンを持って帰ってしまいました。当然、2時間の苦労がパーになったイラレ作業はほったらかしで。

Bさんは、Aさんが会社の部屋から出ていくのを見送ってから、何事もなかったように自分作業にもどりました。さすが職人です。

さて、ここまでお読みいただいた方のうち、Macユーザーの方ならお分かりいただけましたね?

そう、Timemachineとは、Macに搭載されている自動バックアップシステムです。

通常、1時間に1回自動的にバックアップが取られるので、間違って消したとしても、1時間前に保存されていれば、そこから取り出すことができるのです。

そして、残念ながら、この会社は全員Windowsでした。さらに、個人Macを使っている人も数えるほどしかおらず、ほとんどの人はTimemachineがMacバックアップシステムだと知りませんでした。

(ちなみに私がその数少ないMacユーザーで、上記やりとりを見ながら、吹き出しそうになるのをずーっと堪えてましたw)

BさんはずーっとWindows仕事してきた人のようで、Aさんの言う「タイムマシン」が、不思議ちゃんぶっているAさんの、タチの悪い冗談に思えたそうです。

適当にいなしても食い下がってくるAさんに、ついカっとなって怒鳴ってしまったとのこと。もちろんタイムマシンがそういうものだと知っていたら、そこまで怒らなかった、と後に彼女は語っています

さて、次の日。

私が出勤すると、入れ違いにAさんが会社の部屋から出てきてすれ違いました。早く会社に来て、昨日のことを話していたのでしょう。

その日の朝礼で、マネージャーから「えー、突然ですが、Aさんは本日付けで退職となりました」と発表があり、どうやら早朝に話をつけてしまったようです。

からマネージャー社長に話を聞くと

データバックアップを取る仕組みを会社が用意していないのはおかし

・以前の会社では、Timemachineが用意されていたMac業務をしていた

Windowsを使うことに抵抗はないが、そういう仕組みがない会社では働けない

・TimemachineはMacユーザーには常識Macのことも知らずにこの業界仕事をしている人たちがいるなんて信じられない

・というか、Macでの動作検証とかどうしてるんですか?(←一部の人個人の端末でチェックしてるだけ。してない案件も多い)

・なので辞めます

という話があったそうで。一応就業規則的には退職は1ヶ月前に申し出る、ということになっていましたが、

彼女は頑としてそれを受け入れず、社長がしぶしぶ当日で辞めて良いということを認めたそうです。

まあ、私も彼女は気の毒だと思いましたが「そんなことで会社辞めんでもw」とは思いました。

彼女はまだ若いので、こんなしょぼい会社辞めたところで、身の振り先はいくらでもあるのでしょう…

さて、彼女は社用タイムマシンがある会社で働くことが出来ているのでしょうか…

2018-07-11

ピーマンが美味しい季節になりましたね。

この時期、自分がよく作るのは青椒肉絲です。

作り方は簡単

 

タレ

・しょうゆ

オイスターソース

砂糖

(しょうゆ:オイスターソース砂糖=2:1:1の比率で)

 

豚肉or牛肉

ピーマン(細切りにしておく)

たけのこの水煮(細切りにしておく)

 

まずは、肉と混ぜ合わせたタレをポリ袋等にいれて、揉む。この時、強めに、肉をほぐすように揉むこと。(袋の上から包丁の背で叩くとほぐれやすい)

フライパンを熱し、油を入れたら、揉んだ肉を炒め、肉汁がでてきたら細切りにしたピーマンたけのこの水煮を入れ炒める。

 

たったこれだけ。

この時期、ピーマンが安く大量に手に入る人は無限ピーマンという手もありますが、試して頂ければと思います

2018-07-08

anond:20180708231613

今は映画ネットで実質無限に見れるし、courseraなどで海外大学クオリティが高い講義を聴ける

俺らの時代とは比較にならんと思うよ

活用できるかはまあ別の問題だが…

anond:20180708140934

何事にも無限というのは無いものですが

ドラム缶1つ分ぐらい購入しておけば、実質無限とは言えるのではないですかね

無限ポッキー

何気なく食べているとあっという間に一袋なくなってしま

無限ポッキーはないものだろうか

2018-07-07

anond:20180707054626

 「人権派弁護士」も無限にいるわけじゃないか優先順位問題だろ。

 死刑廃止されたら、彼らは次は無期懲役問題に取り組み始めるんじゃないの。知らんけど。

Haskell を書いてるわけではないんだけど Haskellメモ化したい関数ってどうするんだろう

OOP言語で書いてて

 

 

という条件なので、キャッシュを取って、キャッシュになければ計算して返すクラスを作った

純粋関数型でこれをやろうとするとモナドになったりして面倒臭そう

 

しかしながら

 

  1. メモ化は単なる最適化なので無限計算リソースがあれば不要。IOと違い、副作用自体を扱いたいわけではない。最適化の結果として副作用になるだけ。
  2. コンパイラに任せて低レイヤー隠蔽できるならその方がよい。上層レイヤー関数を書く人間が直接扱うようなものではない。
  3. メモ化できるのは参照透過性ゆえなのでむしろ関数純粋性が保証されてる Haskell とかの方が標準の言語機能として当然のごとく提供できるのでは。

 

と思ったのですがどうなんでしょう。

2018-07-06

anond:20180706221416

物理的や認識において現実でいうと証拠というのは直接それと結びつく認識個人にあるだけのもの

何であっても「証拠」と説いたいであろう「直接因子の物理的結びつき」は見つからない

ビデオにとっていようがそれが全員に知られていようが文章でのこっていようが物理的な反応として存在していようが

「それをそのように認識してしまっている」という現象個人が苛まれ可能性はゼロではない

集団で全員がそれに陥る可能性もゼロではない

それを踏まえて「本人に私がしましたといわせる」ことが最重要でそれを代弁させるために

「本人はそれをすることができないので代理人しましたとみとめます」と判断をさせる

それを社会的にみとめどう扱うかとするのが裁判

まり裁判判決が下ると冤罪だろうと犯人だろうと「犯人」になる

証拠がこれだけあるんだから認めろといって認めるか

これだけありますからみなさん犯人だと思いませんか

判断させるための材料証拠なわけで

吹聴してみんなが納得するものであればそれが「証拠」でもあるし

証拠」をつきつけて観念するそれが証拠でもあるし

証拠をつきつけられても無罪を平然と答える真犯人もいる

冤罪であろうとなかろうと何度でも追及すれば追及の仕方で逆転が見込めることもあるだろうし

誰がどう見ても納得せざるをえない状況もある

完璧な状況での冤罪もないとはいいきれない

なので回数制限を設けることにもなっているし証拠証拠としてみとめるかどうかも

厳密に規定があり判断する者も「社会的にみて常識的である」という認可のある人間にさせる

精神的な疾患があるからといって裁判官ができないのは不平等ではないか、と言われるのであれば

その「証拠は?」と質問されている

絶対無二の確実な判断を下すべきそれ」を「証拠」と言えるだろうけれども

現時点で人間証拠と言えるのは「有罪判決にいたった要素」までが証拠しかない

実際に犯罪者として扱われている人間について証拠はなにかと問うてもそれは存在していて

検討され判断材料につかわれ結果「証拠」だった結果ものがあった故なので

今でている結果は冤罪であろうとなかろうとそれがだれかにしくまれものであろうとなかろうと

当人純真無垢犯罪意思がなかったとしても 行動をさせられていまもそんな事実認知できなかったとしても

その行動の責任があると証拠によって結果がでているので

証拠があり犯人だった」という結果しかない

もっと調べれば、真犯人がでてくれば、と無限陰謀論を展開すればいくらでも証拠はでてくるだろうし

それをどれほどの人間判断材料使用して無罪有罪かを再度判断したいと申し出るかはわからない

人が有罪である無罪であるか 永遠に問い続ける必要があるみたいな哲学的もの社会機能として

有用ではないためそんなことは行われないということは想像に容易いだろう


宗教なんかでもそうだが救われるのは非常に容易い また罪に溺れるのも非常にたやす

ジャッジ絶対的だということだけが厳密でさえあれば現実に罪かそうでないかは大した問題ではない

証拠というちりばめられた事象は傾向こそあれ関連するなにもかもが証拠となりえる

厳密にそれを起因として結果がでるという要素を確定させる定義もつこと自体重要なのだ

証拠があるから犯人だ という犯人犯罪者なのかということや証拠真実なのかということは

納得する人間が多ければそれはそうであるとなる

毎日祈りさえすれば救われる 信じさえすれば許される そういう定義が結果につながると定義されることで

証拠を得ることになる

それが実際他者に影響を及ぼすことができる存在というものまり証拠」たりえるかというと

当人には証拠だけれども他者にはそうなりえないこともある

これは人間限界で 絶対の真理というものにたどり着いた人がもしいるとしたら

罪とただしさと証拠についてそれぞれが自己なかにあるそのそれそのものを取り出して人に見せることができるだろう

たとえとして心臓だったりする表現などが文学的にあるけれども現実的にはそれは無理な話

学者をやめようと思う

現実仕事ではなく、FF14というオンラインゲームジョブの話だ。

かれこれ4年ほど毎日のようにやっていたが、好きだった部分を調整で丁寧に潰されて行きとうとう無くなってしまった。

FF14はロール制のオンラインゲームで、ジョブにはそれぞれタンク・ヒーラーアタッカー(ゲーム内ではDPSという名称だがいまだに違和感)というロール(役割)で分かれている。

その中で学者は、バリアを張って敵の攻撃を軽減しつつ回復するタイプのヒーラーで、フェアリーというペットを引き連れている。ペットを連れているので、ペットジョブとも言う。

入れ込んでいた理由は単純で、ロール制でペットジョブかつヒーラーという、これ以上ないニッチ需要に答えてくれていた点これに尽きる。

初めの1年ほどは、フェアリー挙動全てが愛おしかった。本体バリアはいまいち楽しめなかったが。

細かく指示を出す為にゲーミングデバイスを買い揃えたし、ゲーム内の操作コンフィグ仕様を穴が空くほど調べた。バグ公式に報告したこともある。

ただひたすら、勝手に行動するフェアリーに細かく指示を出し、意のままに操ることでパーティーを支えるのが気持ちよかった。

時たま見せるフェアリーおバカな行動に悩まされることも楽しかった。とても。

アップデートの度にコロコロ仕様が変わるフェアリーの行動にもかなり悩まされたが、パッチノート記載されないフェアリーの行動ロジック検証する作業も含めて全てが好きだった。

雲行きが怪しくなってきたのは、最初拡張パッケージが発売された時だ。レベル上限が引き上げられ、学者にも新しいアビリティが追加された。

その中には転化というフェアリーを生贄にし、一定時間学者本体回復魔法効果を強化するアビリティがあり、かなりの衝撃を受けた。

さらには、フェアリー計算式が変更され回復量は弱体化した上に他のアビリティも強力だった為、二人で一人前なバランスは無くなり次第に学者のおまけ・非常食のような扱いになって行った。

とても辛かった。徐々に気持ちが離れていった。

そして、今回のアップデートで常にプレイヤーの指示を優先し、忠実に実行するラジコンとなってしまった。それも、初めてパッチノート仕様変更が明記された状態で。

そこには愛したフェアリーというペットはもうおらず、無限回復を吐き出す為に設置されるフェアリーという名の物体が残っていた。

好きな時に使いたい技を選べば、吐き出してくれる。選ばなければ、ダメージを受けてる味方を勝手回復してくれる。

しかに便利だと思うし、コミュニティ操作感に関しては歓迎しているように見える、戻すべきではないのだろう。

ただし、愛でていたフェアリーは物になってしまった。もはやペット、いや、パートナーではない。

変わり果ててしまったフェアリーを動かしたいとは到底思えない。そろそろ潮時だろう。

これがオンラインゲームペットに入れ込んだバカの末路である

外に吐き出すかかなり迷ったが、ここに書くことにした。

2018-07-04

どうでもいいモヤモヤ

あるグループの中にAという推しがいて、私は同GのBとのコンビが好きだ。

AとBは同い年、生まれた月も一緒。

身長もほぼ一緒。

2人とも温和で大人

2人ともステージ上ではセクシーだけど普段ポンコツ

etc

こういった具合に色々と萌える(萌えがもしかしたら死語かもしれないと恐れている)要素が多いのだが、2人を腐として見るのはちょいと難しい。

コンビというのは大抵攻めと受けに分けることができると思ってる。

2次元でも3次元でも同性のコンビを見ると、別に実際どういう関係かに関わらず、どちらがどちらなのかは何となく分かる。ライト腐女子自分でもその見極めはできる。(めちゃくちゃ失礼だが個人で楽しんでるだけなので許して欲しい)

だがしかしAとBについては全くと言っていいほど分からなかった。A×Bと言われても腑に落ちないし、B×Aと言われてもそうか?ってなる。

しばらくこの超超超どうでもいいことについて悩んでいた。多分1ヶ月は悩んだ。

そして今さっき何となく答えが出たのでここに記す。

白米は総受け、が答えだ。

Aを物事に例えると、と考えたとき思い浮かんだのは白米だった。

安定感があり、心優しい。

で、白米ってのはどんなおかずにも合う。たまごでも納豆でも海苔でも肉でも魚でも合う。

まり白米は総受けなのである。おかずが攻め。めっちゃ強引。

とすると、A=B、B=C、A=Cのあの法則を使うと推しAは総受けなのである

あー分かる。超分かる。分かった分かった。

推し色んな人にめっっっちゃ愛されてるわ。

ありゃ総受けだわ。

ただここで問題が1つ。

Bはおかずなのか?

Bが白米ではないのは明白である。多分同GのファンにAとB、白米はどっち?って聞いたら99パーセントはAが白米って答えると思うってくらいAの白米感はすごい。白米感とは。

じゃあBは何なのってなるが、私が思うにBはハンバーグだ。

子供から大人まで万人に好かれる人気者。ベースはしっかりしているが、アレンジ次第で印象が大きく変わる。やべー自分で考えといてアレだけどめっちゃ例えうめー

そんで、白米とハンバーグが合わないはずないのよ。そりゃもう美味しいのよ。

でも白米には絶対ハンバーグって訳じゃないじゃん。別に他にも合うおかず無限あるじゃん

からそれと同じように、AとBは唯一無二の関係って訳じゃなくて、あらゆるA総受けの中の1つだったのだ。

AとBの関係だけを見てたか不透明だったのかな。

私は視野が狭かったんだな。

というかAを白米として考え始めた時点で間違ってる気がしてきたな?

結論B×Aで本当にいいのか?

総受けって何となく、1つ1つの関係が全力100パーセントというよりほどほどに80パーセントってイメージがあるから20パーセントモヤモヤを残したままで丁度いいのかもしれない。

本当に朝から何を言ってるんだろうな。

多分いつか見返した時は意味不明さと恥ずかしさで死ぬ

憧れの服

https://www.amavel.jp/item/detail?item_code=180415020504&color_code=09

どんなにオタサーの姫っぽいといわれても、こういうJSKが好きだ……。

着てる女の子には無限に優しく接したくなる。

https://www.amavel.jp/item/detail?item_code=180175020403&color_code=03

この「少女」って感じのシルエット。

ほんと好き。

https://www.amavel.jp/item/detail?item_code=180641050119&color_code=01

滅茶苦茶好き。

なんかまさにこういうデザインの服着てるキャラ、何かで見たけどなんだったっけ……。

2018-07-03

anond:20180702115641

俺も似たような感じで昔はこういう話を増田かに書いたもんだ(俺は副業じゃなくて安定をドブに捨てて本業にしているが)。

どうも子供最高派の人達はこういう意見子供より自分のことを優先する)を認めるとアイデンティティ喪失が起こるのかなんなのか、こういう話題になった瞬間に瞬間湯沸器のようにヒートアップして話を一切聞かないモードになってしまう事が多く、その人達ニュートラル意見は聞けないと考えた方がいい。理性と感情は分離できないしする必要もない、というのが多くの人々が生きている世界観だ。

イクメン」連中もなんだかんだ葛藤があったり精神的にキツかったりするんだろうな。「子供第一」以外の意見には頑として与しない。世間空気的にも流行最先端って感じだからな。空気に逆らって自分価値観で突き進むということができる人間は多くないのだろう。承認も得られないしね。さらには「イクメンビジネスで食ってるやつが増えてきてやたら煽るのはどうかと思うしそのうち揺り戻しが来るんじゃないかという気はする。

女性はまあホルモンバランスで脳がトランス状態になってしまっているから(そうでもないとやってられないというのもあるだろう)冷静な意見というのは酷だろう。

俺も昔色々書いてみて思ったことなんだけど、どうもこのタイプの悩みは世の多くの人には全く理解できないか理解したくない」かのどちらからしい。その結果として、今回のブクマ群のように、それぞれが自分の周囲の環境価値観に応じて「増田は愚かな人間である」という彼らが求める結論を出すために増田思考過程勝手に断定する。彼らの言いたいことは思考する前に決まっているから、思考を期待するのは無理なようなんだ。もちろんそうでない人も少数いるけど、少数なので多数派の濁流に飲まれしまって話を進めることは難しくなる。残念だけどどうしようもないっぽい。

しかし、個人的に一番不思議なのは元増田子供が欲しいと思っているというところだ。

欲しいか子供。その状態で。それって結局社会的承認されたいとかそういうことじゃないか

それはそれで欲望の一つの形だし悪いわけじゃないけど、そのモチベーション子供作るとアレだぞ、次は子供の人数が多いほど偉い教とか、子供の通ってる学校が強いほど偉い教とかが無限に押し寄せてきて、経済的時間的育児教育リソースを際限なく突っ込む羽目になるぞ。

今別エントリブクマ眺めてたらこんなブクマコメントがあった。

すごいなぁ。私は仕事と夢と家庭の両立は能力的に無理だと18歳のときに思ったから好きでも何でもない激務でない仕事を選んで、家庭を持つことを最優先にしたよ。

こんな世界観の人々が大量にいるんだぞ。話通じると思うほうが無理ってもん。

2018-07-02

捕食者について

捕食者について、初めて読んだのはずいぶん前のことだ。十数年になるか。当時はへぇ面白いなとは思ったが、そのまま流した。まともに受け取らなかった。SFチックな話だといった程度の受け止め方だった。

そしてそれなりにいい歳となった今、改めてカスタネダ無限本質」を読み返してみると、今もなお私の心に響いてくる何かがある。突拍子もないフィクションだとは流せずにいる自分がいる。

  • 人の心には二種類がある。本当の心と捕食者の心。
  • 捕食者の心は苦悩と葛藤をもたらす。それが目的だ。苦悩と葛藤から人間は良質の感情エネルギーを生み出す。
  • 人を無意味行為に駆り立てる。およそ実現不可能な望みを人に抱かせ、それに向けて人は努力を重ねるがそれは結果に結びつかず、徒労となって終わる。人は絶望を感じて終わる。

今これを書いていて思ったのだが、成功者のいないマネーゲームシャインフェルド)を思い起こさせる。

ドン ミゲル ルイスロバート モンロー、EOも同様のことを書いているのだという。

ロバート モンローはヘミシンクを用いて「見た」のだろう。

捕食者という概念は多くあるものではない。

これを認識することが捕食者から脱するための大きな一歩だというのはたしかのその通りだ。

もしこれが本当のことなのだとしたら、私はすさまじいことを教わったことになる。たとえフィクションでも実際に私の人生に大きな影響を与えたことに変わりはないというReviewerがいたが、全くその通りだ。

2018-06-30

無敵という属性を手に入れた我々はまつろわぬ者として迫害した連中に復讐を果たす

復讐?違うだろ。お前らはただ単に無敵という属性を手に入れたのではなく与えられたに過ぎない」

「急に与えられた無敵の力に酔って周囲へ奮って、狭い世界お山の大将であることに気付いてねぇ不良のガキと何にも変わらねえんだよ」

「お前は努力してその無敵を手に入れたのか?違うよなぁ?お前は無敵の力を得る努力なんて一切してなかったはずだ。ある日ポンッと与えられたんだよ、誰にだ?」

「それはお前が復讐しようとしている連中だよ。お前の無敵の力はお前が憎み恨み妬んでる連中に与えられたんだよ」

「お前が欲しかった思い出、青春、仲間、地位、金、愛情!」

「お前の無敵の力はそんな連中が与えたんだ!お前が無敵の力を奮おうとしている先はお前が夢見た理想の世界だ!」

「これは復讐じゃねえよなぁ!?ガキが単に駄々をこねて自分に気付け!気付け!気付け!と理想に向かって叫んでるだけだ!」

理想から自分に向かって近寄ってこいとワガママ言っているだけだよなぁ!?

あまつさえその理想が捨てられなくて壊してしまえと暴れてるだけたよなぁ!?

馬鹿かっ!理想に与えられた無敵の力で理想破壊したらお前はもう無敵じゃねぇんだよ!無敵の力を与えられる前の惨めなお前に戻るだけだ」

「そしてまた世界はお前を置いて理想へ向かう!」

理想に参加する権利を完全に剥奪されたお前を置いて世界は再び理想へ向かうんだ!」

「たった1回の無敵の力で無限理想を壊せるもんなら壊してみろや!」

というヒロイックストーリーの1シーン

誰もあなたを働かせようと思ってないか安心してね

うちの会社って、圧倒的多数の凡人を一部のスーパーマンで養ってる会社なんですわ。

でね、労働議論をしてる人達あんまり知らないかもしれないんですけど、そういう会社には労働組合ってのがあって、36協定とか、それよりも厳しい労働協約とかってのがあるんですよー。

これがあってみんなお手手繋いで「あんまり働いちゃダメだよー」ってなってんすよ。

で、最近ってただ物を作って売っていたら食える世の中じゃなくなってるんですよ。

たらたら働いてる凡人じゃ会社潰れちゃうんですわ。だからスーパーマンがいろいろ仕組み考えて、なんとか儲かるようにしてくれてるわけですわ。

ただ、凡人の皆さんはスーパーマンはただで助けてくれるもんだと思ってるみたいで、スーパーマン自分たちよりも多くお手当をもらうことを良しとしないんですよ。同じ雇われ方してるんだからスーパーマンでも同じ給料じゃないとおかしいでしょ?って。

からスーパーマン雇用の枠組みをちょっと変えて、スーパーマンめっちゃ働かせようとしたら、凡人さんから非難轟々なんすよね。「俺らを安い給料無限に働かせようとしてるな!」って。

いやね、誰もあんたらに働いてほしくないわけよ。残業すらしてほしくない。だって赤字になるもん。

ただでさえ、凡人さんの働きざまをカバーするために契約さんっていう真面目な働き蟻さん雇ってるんですよ。たまんないよね。雇ってる側からしたら優秀な契約さんに凡人さんの給料取り上げて渡してあげたいくらいだよ。

あ、凡人さんに純増で契約さんの待遇アップするのは勘弁。お金ないもん。

ほんとは半分くらい凡人さん解雇して契約さんの給料上げたいんだけどね。

から同一労働同一賃金かいうアホの寝言はマジ勘弁。やるんなら解雇規制緩和してからにしてよね。ほんと。

世の中人が足りないーって言うけどさ、実際は「使える人」が足りないんであって、会社の中にはマジ勘弁ってくらいのフリーライダーがいんのよ。

から高プロスーパーマンさんにはお金上げるから反吐吐くまで働いてほしいっす。

これはウメハラ発言じゃなくて

すげー昔の総師範KSK発言だよたわけ

ttp://fgamers.saikyou.biz/?KSK#.WzZYu9L7RhE

KSK迷言

かつてkskが20の頃に作成した、格ゲー攻略本同人誌)に寄せた、読者へのメッセージ


対戦において思うこと

とにかく勝つことが全て。魅せるためのプレイはしないし、要求されてもできない。

強い技があれば率先して使い、無限コンボだろうと永パだろうと、入る状況なら狙う。負けた時に言い訳をしたくないから。

それをやっていれば勝っていたのにと思いたくない。

寒い」「つまらない」「卑怯」「レバーが悪い」「調子が悪い」。これは自分の中でのタブー

負けた時の言い訳しかならないからだ。相手暗黙の了解を押しつけて、

それにそぐわない相手に対して批判して安心感を得る為の言葉

自分価値観を押しつけるなら、最初から一人用のゲームでもやってる。

価値観自分の中にだけあるもので、違う価値観同士をぶつけることにこそ対戦の醍醐味がある。

ゲームルールの中の遊び」なのに、それ以上の外部ルールを加える必要はない。

ゲーム上では何をやっても「ルール内」。ルールの中では自由なのだ

負けて悔しければ勝つためになんでもやればいい。逆に自分がその手の言葉を言われると「してやったり」という感じである

「たとえ試合に負けても、内容で勝てばいい」と言う人がいるが、オレには意味がよく解らない。

そういう試合が100試合続いたとして、その人はまだ同じ事を言っていられるのだろうか?

内容で勝ってても、100試合負けてると言う現実はどうでもいいのだろうか?

たまに勝てばいい、なんてムシのいいことを言う奴は、何を考えて生きているのか疑問に思う。

そもそも、内容で勝つってどういう勝ち方なんだろう?

自分は強くないとは言わない。今まで倒してきた人に対して失礼だから

それに、「自分は弱いから」と思って対戦していても、そこに理論哲学はあり得ない。

そこにあるのは負けた時の言い訳に事欠かない自分だけである。そんな考え方で勝っても、相手に失礼だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん