「視野」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 視野とは

2018-01-21

焼け野原みたいな日本

有名私大卒業して、都内大手上場企業の5年目事務職

特別これといって秀でた特徴もないけど、五体満足で、クラス会社レベルなら綺麗な方かなくらいのスペック的には悪くない女。

給料は額面で26万。

入社3年目あたりから横ばいになった。

諸々税金を引いて私の口座に入るまでには19万くらいになる。

ここから大学奨学金を月2万程度返済している。この返済は40歳まで続く。

実家お金を入れつつ貯金をしながら細々と暮らしている。

もしこのまま定年まで真面目に働いたとしても私の収入だけでは家は買えない、子供を産めない、親の老後の面倒をみてあげるのも難しいどころか、自分の老後さえ暗い。それなのに副業禁止されている。奴隷かと思う。

彼氏はいる。

結婚しようにもお金問題で踏み切れずにいる。

年代友達風俗パパ活奨学金を返済している子もいる。

月7万も払っている税金還元されている気は全くしない。

真面目に生きてきたのに結婚出産も出来ない。こんなに未来不安しかないならそりゃ自殺視野に入れるよと思う。ニュースをつけても連日芸能人の不倫の話と海外の話ばかりしている。

本当に死にたい

どうしろって言うんだよ日本

2018-01-20

はてな村をはたした青二才氏、さっそく出戻りではてなブログ再開

なお再開したブログでは見てる人が少ないせいか好調の模様

君らとは会話する気が湧かないから、本当に伝えたいことははてなの外で書くことにしたよ。

そして、君らと会話が成り立たないことを確認するためにこのブログをするんだ。

会話が成り立つようじゃ、ぼくもまだまだ保守的だし、視野がせまいんだよ。

ぼくは生きるために戦う。

保守的人達と、インターネットのだめな部分と




絶対婚活パーティーとか行くやつに言うとキレられそうだけど、

「俺、モテるからいいや」

であり、キザな言い方すると

「俺、愛されてるけど、愛するだけの準備が足りてないから、今はやめとく」

でもあるかな。(すげー生意気だけど、実際そうだからしょうがない。)

「恋もほしいけど、恋は手を伸ばせば手に入るし、手に入れてきた。本当に欲しいのはその向こうにある愛で、それはいろんな準備がいるんだ」

恋で搾り取ろうとする男女が文化として認められることにいらついてた時期もあったけど…

ぼく、そういうことしなくてもモテるし、やろうと思えばできちゃった経験がある

一生、自分理想以外を排除する態度を取って死ね


何年たっても自分思考バイアスにだけは気づかない。やはり天才か。

anond:20180120070014

先輩また文句ですか

メガネフレームかい視野が広がるんですよ

実際転けたり躓いたりするのを視野で察知する訳ですし

実用的なの

分かった??

メガネは顔の一部ですキャッチコピーよろしくファッションの話なら

お仲間と酒の席でくだ巻いてればいいじゃん

分かった??

先輩もメガネ検討中なの??

頑張って??

2018-01-19

[]漁獲量昨年比0.6%のシラスウナギ絶滅して何が困るのか、実はよくわかってない

anond:20180118200944


====

以下、前回頂いたトラバ感謝

https://anond.hatelabo.jp/20180118142556

https://anond.hatelabo.jp/20180118145458

====

できればホッテントリでブチ上げてる方々からブクマで主張してほしいですね

2018-01-18

「嬉しい。でもちょっと考える時間をもらっていい?」

彼は視野が狭いと思った。

https://anond.hatelabo.jp/20180118165243

あなたが彼とは違う人間であること」を理解し受け入れる姿勢必要だと思ったよ。

子供は欲しくないと彼に伝えたが、「そのうち変わるって、子供可愛いよ」と本気で取り合ってくれない。

>外面のいい両親を見て、なんでそんなにトラウマを抱えているのかわからないと言われた。

[]漁獲量昨年比0.6%のシラスウナギ絶滅して何が困るのか、実はよくわかってない

2018-01-17

anond:20180117111420

歴史好き…? それともコレクター…?

そういう人も一部居るかぁ。ごめん。

でも、大多数は「ブランドもってる私」が好きなんじゃないかゲス論。

金持ちのためのステータスのようにしか思えない私は

ちょっと視野が狭いみたい。ごめんね。

ゲームをしないUI/UXデザイナは視野が狭く成果物レベルも低い

UI/UXデザイナの悩んでいる大半のことは、10年前のゲームですでに多くの人が悩んで形にしてきているので、デザイナはゲームをすべき

2018-01-16

anond:20180116123154

漫画描いてるから分かるけど

自分欲求純粋()に作品を書くのは難しいよ

 

やっぱり他人評価されてこその作品

今までの編集は、

作家の持つ独り善がりさと

大衆快楽の両方を天秤にかけて

ちゃんとバランスの取れた作品を生み出せて来てた

 

ところが、編集漫画雑誌役割も弱くなって、

作家と読者のCTOC的な構造になってくるとバランスは途端に崩れてしま

 

大衆が、一片でも含まれ作家芸術性を嫌い、

即物的で長期的視野の持てない

エッセイ的なアマチュア嗜好のモノ好まれると

どうしても作家トレンドもそれに引きずられる

それに迎合しなければ自分作品はまるで見てもらえない

 

一回、作品の一つでも投稿してみな 現実が分かるから

君は消費者側の目線しか立ってない

anond:20180116071707

興味深く読んだが、筆者の視野が狭いとしか思えない。

広い目で見れば、今あらゆることにストーリーが求められているというのに。

きっと筆者はゲームアニメや、映画ドラマ漫画、芝居…コンテンツの中の「物語しかストーリーと思っていないのだろう。

シナリオは今や、「体験設計」としてあらゆる所にニーズがある。

貧乏になっても自分好きな物語を書いて、自分が書いたと叫びたいならそうすればいい。シナリオ仕事は、あらゆる業界いくらでもある。

私はゲーム世界観物語も書きつつ、様々なシナリオ設計する仕事をしている。もちろん、物語として書く。

そこからデザイナーが、UIUXというものに落とし込むなんてこともある。映像撮影されることもある。仕事は手がまわらないほど多く、一部業界では

十分に名も知られている。

なるほど、狭い世界での小さな不満は、こんな場所で公開されるにふさわしい。

2018-01-15

anond:20180115103107

勤務先への通勤時間にもよるけど、なるべく自分で貯めて出たほうが良いと思う。

通勤時間が長いならシェアハウスとか、そういうのも視野に入れてみてはどうだろう。

ちなみに保険屋がいう実家暮らしの貯蓄は手取りの4割目安だそうなので、参考までに。

2018-01-14

anond:20180114184944

勘違いだってどんなに言われても根強いよね、この理論

つの可能性があると見てる

女性気持ちを読み取る力がないので、毎日のように告白されてるとか、ファンクラブがあるくらいわかりやすモテ方じゃないとモテてる人を認識できない。なので、とっかえひっかえしてるような不誠実なタイプけがモテてるように見える

黒髪でおとなしい意思弱そうな女の子しか見てない、意思薄弱そうな子は粗野っぽい男と付き合ってることが多いので粗野な奴ばっかりうらやましいって思ってる(普通に元気な子が優しい人と付き合ってるのはハナから視野に入ってない)

少女漫画だと白王子より黒王子のほうが人気あるので現実もそうだと思っている(黒王子のほうが物語を動かす役になりやすいから人気出るよね)

キモくて金のないオッサンになりそうな23歳の俺の愚痴

高校卒業して、進路担当先生に勧められるまま地元工場就職して働き始めてからもう6年になる。

23歳になった。

世の中に楽な仕事はそんなには無いのは知っているが、零細企業工場で働くというのは、まぁ、それなりにキツい。

体力勝負だし若い社員が少ないせいで、年配の上司にこき使われる様にして毎日働いている。

若いんだから、という理由でキツい仕事こちらに回ってくる事も多い。

そんなこんなで仕事を終え、家に帰って両親や弟と夕食を食べる。

大学生の弟が今度彼女デートしてくると両親に話していて、青春してんなぁと俺は嬉しくなった反面、こう思う。

んー、なんか俺このままで大丈夫なのかなぁ、って。

インターネットでここ最近所謂キモカネ」という単語を見かける様になった。

キモくてカネのないオッサン

キモいせいで性的な魅力も無ければ、経済力もなく、もう若くない人の事。

三重苦だ。

しかしこういった概念に人を当てはめて、抽象化して判断するのは良くない事かもしれないし、こういう事は個人問題、という意見もある。

だけれど俺は自分自身に対して将来自分がそういった所謂キモくてカネの無いオッサン」という存在になってしまうのではないかという危惧感を抱いている。

うちの会社工場は男ばかりだ。

これは肉体労働系の仕事から仕方がない事で、そしてコレは全く個人意見でその上ちょっと極論的でもあるから一般論としては見ないでもらいたいのだけれど、男というのは視野の狭い生き物だ。

話題に上がるのは大体風俗ギャンブルの話ばかりこれに辟易している毎日なのだがこれに加えて、肉体労働系の仕事ではまず自分の見た目に対して物凄く無頓着になる。

まずヒゲを剃らなくなる。ヒゲを剃るために早起きしなくてはいけないぐらいなら伸ばして週一で剃るぐらいが丁度良い。

そして次に顔を洗わなくなる。

うちの工場粉塵が舞うので人によってはマスクを着用して作業するが、そうすると顔を晒す事が飯を食う時と昼の休憩中ぐらいしかないので、誰も見ないなら良いだろうと、俺のような自堕落人間は考えてしまうのだ。

そうすると、キモくてカネのないオッサンの「キモい」という条件が完成する。

不潔にしてる奴はキモいのだ。

コレに関して言えば殆ど反論余地は無いだろう。

そして次の問題はカネだ。

カネは大事だ、命の次に大事ものだ。

これが尽きれば即ちオマンマ・エンプティで即餓死である

カネを自らの欲しいものと交換して得られる幸福感というのは、得てして他人から自分への愛によって得られる幸福感の代替と成りうるので、これを欠かしてはいけない。

うちの会社は金払いが悪い。

俺達は金に飢えたマネードッグスなので金払いさえ良けりゃどれだけこき使われようとも納得出来るのだが、うちの会社社長というのは安く労働力をこき使おうとしやがる上変な所で見栄っ張りなのだ

社長が「ウチの会社一部上場したぞう」とドヤ顔で言ってきた時は、これで俺たちの給料も上がる!とまだ若い同期や先輩達と喜んだものだったが、社長がしたのはまず自分のダサイ型落ちのスポーツカーを真っ白の高級ベンツと取っ替えた事だけである

彼は日本法治国家である事に感謝すべきだ。

もし日本が法に縛られていない無法地帯の荒涼たる大地であったならば「白は血が映えるから良い色だよね!!」と叫んで、マチェテを振りかざす気の触れた俺と対峙する事になったであろうから

それはともかくとして、こういうことがあるのを踏まえた上、6年間も働いているのに未だ昇給しない事も考えると「全く金のない」という事にはならないだろうが、「同年代中年男性と比べて」金のないオッサン、という事にこのままではなりそうである

そして最後の条件、「おっさんである

老いからは誰も逃れられない。

全ての人間が生まれ落ちた瞬間に、死に向かって歩き出す。

やがて訪れるその瞬間まで人々は悲しみを味わい喜びを噛みしめるのだ。

その様子はまるで狂乱の渦に巻き込まれていくパレードの様で、誰ひとりとしてその宴の列を抜け出す事は出来ないししてはならないのだ。

俺もいつか年老いおっさんになる。

だがなっていたいのは、自らをキモくて金のない中年だと自称して悲しみに暮れるおっさんではない。

俺はモテなくてもいいし、特別金持ちでなくても良いから(ポップコーンドリンクを買って映画館映画が見れて、楽しみにしていた新作ゲームを躊躇なしに買えるぐらいには金が欲しいけれども)ユーモラスなおっさんでありたいのだ。

自己肯定感、これが一番大事なんじゃないだろうか。

支離滅裂怪文書の様になってしまったけれども、自己肯定感さえ持っていればキモカネおっさんから抜け出せると信じていたい。

例えそうじゃなくても、常に成りたい自分想像して努力が出来ていければ良いと思う。

自分で言うのも何だが、まだ若いのだから今の内から色んなことに目を向けて頑張っていければ良いと思う……。

はれのひ詐欺罪で立件困難にした、たった1つの理由

はれのひ詐欺罪立件を視野捜査というニュースが流れてるが、詐欺罪知識がある人なら、「今の状況では立件困難」という認識だろう。

理由はたった1つだけ。

福岡店が着付け対応を一部とはいえ行ってしまったので、「債務の履行意志がないのに金を集めた」という詐欺罪立件の必要条件を満たせなくなってしまったのだ。

まり、単なる民事上の債務不履行しか過ぎない。債務の履行意志はあったようにみえるのだから

詐欺世界ではこういう「一部だけ履行」することで詐欺罪立件を逃れるテクニック10年以上前からあり、オークション詐欺世界では定番テクニックの1つにもなっている。

それでもはれのひ詐欺罪で立件するならば、福岡店の行動が会社からの指示であったことを立証することが必要になる。しかし、福岡店の店長会社幹部社長に連絡が取れないことを客の前で実演していたこから、立証は困難だろう。

https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/national/article/385003/

あの「てるみくらぶ」も、旅行台無しになった件については詐欺罪適用されていない。全ての旅行台無しになったわけではないからだ。詐欺罪適用対象になったのは銀行から資金調達案件である

福岡店の行動は、福岡被害者の一部にとっては「神対応」だっただろうが、それ以外の被害者にとっては「警察が動きづらくなる、余計な行動」だったのだ。

anond:20180114055608

恋愛は、就職とか趣味を通じた発信だとか、自己肯定感や自信に繋がるものひとつとして挙げただけ。

2、3試しただけ?どれとどれのこと?1020は試してうまくいったりいかなかったりして、今のところその自己肯定感みたいなところにはあまり繋がってないなと思ってる。

ホームレス一直線なのは同じだと認識してるよ。

今は親がまだ働いててたまたま持ち家で嫌な顔はされるけど、とりあえず置いてもらえてるからホームレスじゃないだけ。

実家に戻る前は家賃払えなくて人の家に置いてもらってたこともある。

そこは甘えさせてもらえて感謝してるけど、そこから人並なところまで持っていけなくて、じゃあどうしたらいいんだろうって色々試して数年経ってる。

このままホームレスにすらなれないんなら自死視野に入れた方が良いのかなってのがここ数日のことだよ。

甘いのは認識してるけど、どうしたらいいんだろうってなってるんだよ。

いっそ男に生まれてたら早々に淘汰されるか矯正されてるのかもしれないから、今より事態は良かったかもと考えたことあるよ。

anond:20180112132931

SIerのようなゴミビジネス海外でも当たり前だと思って、それを前提に語る視野の狭さよ。。。

このようなエンジニアがまじで哀れでしょうがない。

2018-01-11

真剣結婚視野に入れて付き合った子

処女で嬉しかった

anond:20180110192237

リバタリアニズム自由最高ヒャッハーみたいな種類の思想だというのは、左翼右翼ちょっと聞きかじった程度の半端な理解人間による印象操作なんだよ。

ちゃんと調べて、まともな学者の書いた本を読めば、究極に理性的思想だということがわかってくるはず。

北斗の拳みたいな世紀末状態リバタリアニズムの終着、みたいな認識2ちゃんやらの日本ネット上では書かれている事がよくあるけども、とんだ見当違いだよ。

じゃあどっちかというとアナーキズムか、というとそれも違う。アナーキズムだって、反支配ではあるが無秩序を望む思想じゃないし、むしろ調和をめざす非暴力思想だ。

一部のアナーキストが、支配から脱するための暴力革命テロリズムを認めているにすぎない。

話を戻して、リバタリアニズム自由放任表現されるけど、それがややこしくしている。その単語が表すイメージとは次元が違う。

きちっとした法治を是とするのは当然として、その場その場の属人的裁量ではなく洗練された最小限のルールで世の中を究極にシステマティックかつシンプルにしようという考え方。

そうして、自由放任にしても大丈夫、人がどう動こうと失敗しようと必ず救いがあるし報いがある、だから寛容になれる、そういう環境をつくる、という意味での自由放任だ。

そのための最適なルールを、常識に囚われず考え続けることに余念のない人たちがリバタリアン

もともとはリベラルと呼ばれた考え方だけあって、個人人権尊重しようとする考えはしっかり根底にある。

から他人自由侵害することにも特に敏感で、それこそが右翼左翼との違いでもある。

リバタリアニズム的な思考に基づく発言とか政策を切り取ってみると、傲慢や強欲を感じられる事もあるかもしれない。

でもそれは、国家よりもまず個人幸福尊重するからであることがほとんどだ。

長期的視野や全体的視野に立ってみると、国家従属して集団幸福を実現するより、技術進歩に従って個人レベル連携でもうまく機能する社会システムシフトしていったほうが健全だし盤石だし平和的だろうという考えがあるから

そういう感じで、一見突飛な意見も、より良い未来を導くビジョンに繋がっている。

そうではない、「怠惰弱者自己責任から救済する必要がない」だとか「再配分は自発的寄付トリクルダウンで現状でも賄える」みたいな事を言う人は、

かに昔のリバタリアンと呼ばれた人にはそういう人も多かったようだけれども(今でもいないとは言わないが)、もはや現代リバタリアンはそんな強者論理を振りかざす人たちとは違ってきていて、より柔軟で現実的になっている。

でもネットリバタリアニズムを調べて出て来るのは、そういう古臭く悪印象な強者論理ばかりなので、ほとんどの人がそこで学習が止まっている。

リバタリアンとされたミルトン・フリードマンだって、まじめに再配分を考えていて、負の所得税のような今で言うベーシックインカムに繋がる政策を考案したその人であるし。

彼のマネタリズムのようなリバタリアン政策は、あの時代では失敗したけれども、現代そして未来のあらゆるものデータとして数値・属性可視化されるようになった世界では、

金融政策ではないにしろさまざまな分野でリバタリアン的な「裁量よりルール」が有効に働くようになってくるだろう。

リバタリアンと分類されて馬鹿にされる人たちの多くは、一般の人の想像が及ばないくらいの精細な未来人類ビジョンを持っているように感じられる。

その人の専門分野、技術知識によってその推測は本人的には裏打ちされているんだけど、他人からみると理解されない。

「いま」を生きる大衆目線で見ると愚か者の暴論にしか見えず、袋叩きにあうしかないんだけども。それでリバタリアニズム自体もなめられている。

ブコメなんかでも大抵そういう認識の人が目立つ。そういうのを見るとつらい。

もう、別の名前をつけたほうがいい気すらする

2018-01-10

anond:20180109195005

それでも絶対正社員は続けた方がいい。

旦那や姑はあなたをこき使う気マンマンで、味方ではない。

離婚視野に入れなければならない状態だと思う。

もしあなた離婚するとして、子持ち専業主婦パートだったらどうなると思う?

貧困シングルマザー一直線だよ?

石にかじりついてでも正社員地位は捨てちゃだめ!

つらいだろうけどもう少しがんばって!

最近永江一石さんは残念だ

昔はメルマガ購読したりして、結構ファンだったんだけどな…。

ここ数年はダメだ、痛々しくて見てらんない。

まずね、twitterしすぎ、あんだけのべつまくなし四六時中ツイートしてる人の事なんて

信用ならんよ。いつ仕事してんだよと。

あと、タバコ話題になると視野が狭くなりすぎ。

いつか仕事を依頼したいなと思って時期もあったが、依頼しなくてよかった。

2018-01-09

成人式スクールカースト社会階層

先日成人式に出席した増田です。

個人東京大学に通っていますが、成人式は、高校卒業までを過ごしたいわゆる「普通地方都市のものに出席しました。成人式自体は非常に平凡かつ平和ものでした。近くに住んでいたというだけで同じ校舎にぶちこまれていたかつての級友たちとの再会を楽しみ、今は東京に戻っています

さて、出席して改めて思うのは、成人式は「中学最後学校行事」だということです。主催地方自治体と、その対応する教育委員会ですし、会場の治安維持には当時の先生方が駆り出されていました。(平和ではありましたが、「荒れる新成人対策はがっつりされていました。以前大変なことになったことがあるようです。)そして、学校行事である以上、その場にはあの頃と同じ「スクールカースト」の力場が保存されていました。あの頃の教室雰囲気を思い出すのにそれほど時間はかかりませんでした(!)が、あの独特のサルリバイバル感が無理で成人式に出席しない、という選択をする人たちの気持ちは十分に分かりました。私自身は、あの頃にいい思い出はないもののそれなりに神経が太いので気になりませんでした。(「地元」というコミュニティからある程度離れてしまっているのもあると思います。)

ただ、あの頃の学校行事と異なり、成人式にあっては、その当時のスクールカーストに加えて(成人式では一時的に不可視であるように振る舞うことが求められているものの)社会的役割分担(階層)がある程度見えています。これら2つの構造」の比較検討は、フィールドワーク考察としてはかなり面白いと思ったので、とりあえず雑に考えてみます。(レポートじゃないのでテキトーです。許してね)

スクールカースト社会階層

改めてスクールカースト俯瞰的に見てみると、以下のようなマトリクスで整理することができるはずです。どこかのブログ記事かなにかの受け売りで、スクールカースト一般問題を語るのに適切かどうかはわかりませんが、今回は便利なので使ってしまます

\学業成績が優秀(教員従順学業成績が不振教員反抗的
コミュニケーション比較的得意リア充タイプ「不良」タイプ
コミュニケーション比較的苦手優等生タイプオタクタイプ

以下、成人式時点での社会階層(の萌芽)との対応を述べていきます

リア充タイプ

ほとんどが大学に進学。東京圏地方都市であることも要因としては大きいだろうが、東京私立大に通っている割合がきわめて高いことが特筆すべき点。背景として考えられるのは、彼ら/彼女らの家庭が比較的安定していたこと、自分自身の容量の良さから「楽かつ評価される」選択肢を選び取ったことなどか。就職先として地元という選択肢はかなり薄めのよう。

当時から「不良」タイプとの関係性が良好であり、アルコールにも慣れていることから同窓会後の2次会でも中心的な役回り男性の中でも血気盛んな層は「不良」タイプ女性ワンナイトラブをキメたよう。

「不良」タイプ

高卒もしくは専門学校に進学。いわゆる「地元コミュニティの中心をなしているようで、そのコミュニティ関係性を悪化させてしまっていた「元」不良たちはそもそも成人式に出席していなかった。家庭環境がさまざまだが、比較的早い段階で家計を支えることが期待されており、当時のような「ヤンキー」的振る舞いはほとんどなかった。それでも様々な着飾り方、騒ぎ方で成人式の夜を賑わしていたが……。一方で大学学者一定数いて、多くは高校からの推薦で、地方大学に在籍しているよう(就職意識してか、比較理工系が多めであるように感じた。)

「つっぱり方」を基軸とした当時の力関係希薄になるにつれ、地元自営業者の息子/娘もこの層と仲良くしていたのはおもろいかな。

優等生タイプ

大学学者が中心であることは「リア充タイプ共通しているが、比較国立大学学者が多め。(女性を中心に)典型的には地元大学学生だが、理工系を中心に東京圏の中堅私大にも分散していた。地元との関係性は一番希薄であるものの、地元就職視野にいれた就職活動を行うよう。大学入試偏差値就職を考えた場合、在籍中の大学の「レベル」はリア充タイプ拮抗しており、今となっては絶滅寸前の浪人経験者もこの層に集中。(余談だが、イキリオタクの如くこの文章を書いている私もこの層に属していると言える。)

一部は大学での経験をもとに「リア充タイプへの順応を見せているか

オタクタイプ

大学もしくは専門学校学者ほとんど。コミュニティとしての「地元」には所属していないものの、実際は地元に残っている場合が多い。なぜか分からないが、男性ではスーツの着こなしが一番微妙だった。当時と比較して「優等生タイプとのコミュニケーション志向している様子が見て取れ、同窓会ではアルコールも控えめい、かなりおとなしく過ごしていた。高校卒業フリーターをしている層はここに集中しており、このご時世にあってコミュニケーション能力の果たす役割の大きさを感じずにはいられなかった。

考察的な何か

当時のスクールカーストに対して学歴復讐、みたいな素敵なことはなく、社会の荒波と言われるようなものは(少なくとも自分地元では)スクールカーストとなんとなく連続している。ただ、東京大学に進学することは、「提示されている選択肢の多さ」という点で大きなメリットであり、また、終わりつつある「普通地方都市」という機構から脱するためのいちばん有効手段

もちろん家庭環境は当時のカーストから現在の状況までを形作る通奏低音であるものの、社会全体の成長という神話が終わってしまった自分たち世代にあって、ふたたび地方における「構造」として安定的であるかどうかは疑問。「不良」タイプの家庭の再生産は現在就職環境にあっては以前より難しいし、「優等生タイプ提供される地元就職先の選択肢は縮小しつづけている。「オタクタイプは「結婚しない/できない」問題の中心にあるし、今後の私の街はどうしようもなく不安定な何かしらになってしまう気がする。

2018-01-08

anond:20180108211335

正解が1つしかないと思ってる視野の狭さと

ネットで答を教えてもらえばいいという知的怠惰さを併せ持ってたら何やったって無駄

答は死ね

2018-01-07

anond:20180107145129

元増田だけど

僕は黒塗りを正当化して批判を跳ね除けたいんじゃなくて

黒塗りがアフリカ人差別になるという批判に反発する日本人が出てくることへの私見として書いたんだよね。

全然違う文脈で物真似を認識しているから、それが差別になることが受け入れられないんじゃないかってこと。

“黒塗り”がタブーになる文化は守られるべきだけど、

視野が狭くて文化的リテラシーに未熟だから日本人が未だ“黒塗り”をジョークと見なしているというのはちょっと違うんじゃないかなと思うんだよね。

これは日本の文化歴史に沿って日本の文化圏に向けて悪意なくやった結果、グローバル化の影響もあり異文化との軋轢が発生したということで、

反省必要だけど、単に日本で“黒塗り”“付け鼻"…をタブーにしていけばいい話でもない気がする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん