「発言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 発言とは

2021-05-07

エモさとSNSと絶交について

先日、こんなツイートを見た

https://twitter.com/kurage313book/status/1386659944875757568?s=21

これを見た瞬間、SNSを多用する友人に感じていた違和感がわかった

その友人はその日あった出来事を必ずと言っていいほどInstagram掲載する

もちろん、フィルターをかけた雰囲気のある写真ポエムエッセイの合いの子のような文章と共に掲載する

その文章を見るたび、いやいや何勝手にワイをてめえの物語の一登場人物にしてんねんとツッコミを入れたくなる

そう思ったらその場でわたしに伝えればいいし、てめえのキラキラしたステキナワタシ^_−☆ストーリー材料にしてんじゃねえよと言いたい

わたしわたし人生主人公であって、決しててめえのキラキラストーリーの添え物ではない

これは自分の子どもや祖父母写真を添えて写真アップロードしている輩にも同様の感情を抱く

自分が輝きたい、ひいてはその輝きを他人に見せつけたいがために他人を輝きの材料として徹底的に活用する

そしてその周囲の人物は、それを素晴らしい感受性の持ち主と感じていることがほとんどである

今日まではいやまあ直接会う分には悪い人ではないし、SNS無視してればいいか…と思っていたけど、先日見投稿を見て、もう深く関わることは辞めようと心に決めた

その投稿は、キラキラした集合写真に、わたしが前にその人に伝えた言葉が貼り付けられていた

わたし表現した言葉を、あたか自分オリジナルかのようにしていた

以前からわたし発言を、おそらく無意識にだと思うが、己が発したことにしていることが散見された

今回の投稿もその延長だったのだと思うが、それでもわたしの中でなにかが完全に断裂された感覚がした

文章にすると己の器の小ささが露呈するようだが、所詮言葉感情下位互換なのだから、この投稿で少しでもモヤモヤが整理されればいいや

ゆうてわたし自身他人にそう思わせる行動をとっていることもあるだろうし

ここに感情吐露してる段階で似たようなものだし反面教師としよう

2021-05-06

anond:20210506195215

上野千鶴子を筆頭としたフェミニスト社会学者弱者男性に対し今までどんな発言してきたか列挙してやろうか?

出自粛はおしまいしました

普段は見ないテレビを眺めていたら、コメンテータが「独身の方と違って、子供がいる家庭は子供ストレスのことを考えると外出自粛は難しいんです」というような発言をしていた。

ふざけんな!と

独身男性である俺はその発言にカチンときしまった。

お前らは、「子供を家に閉じ込めるわけにもいかなくって~」とちょっと困ったフリをしているだけで、子供をダシにして自分だって旅行を楽しんでいるだろうと。

俺はひとりだ。

友人も恋人もいないし、職場にもなじめていない。

家庭というものにあこがれもあるが、こんな言葉をはくような性格なので、きっとそれを持つことないだろう。

そんな俺の趣味一人旅だった。きれいな風景を眺めながら、ぼんやりする時間が好きだった。

でも、コロナのせいで旅行がしにくい世の中になった。俺は旅行あきらめて、家で過ごすようにした。

そんなときに冒頭の発言だ。

から旅行という数少ない幸せを奪ったうえで、自分たちは仕方がないと笑って旅行している。

こいつらは、家族という俺がどれだけ望んでも手に入れられないものを持っている。それはいい。幸せに生きてくれ。

だが、俺に制限を課すというなら話は別だ。

というわけで、外出自粛はおしまいにすることにしました。

人がいる場所は避けるようにします。

以上

anond:20210506011854

腐女子絵描きまあまあフォロワー多いけどフォロワーの中で政治的発言してる人やbioが香ばしい人は見つけ次第ブロックしてる

私は以前の面倒ごとから教訓を得てフォロワーさん同士のトラブルを未然に防ぐためにやってる

父親がセクハラする場に居合わせた

ちょっとした契約関係で、同席してほしいと父に頼まれ、その場に参加をした。契約相手女性で(Aさんとする)、非常に仕事のできそうな人だった。

契約が一段落つき雑談している中で、父がごく自然に「女より男のほうが心が強い」と言い、その上で「でもAさんはしっかりしてるし仕事もがんばってるし立派だ。お前もAさんのような嫁さんを早く見つけろ!」と言ってきた。

Aさんは笑って受け答えていたし、父に悪意が無いことはわかるので、僕は何も言わなかったが、内心失礼と思えてならなかった。性差別発言は勿論、初めて会った男と結婚を絡めた話をされるというのは自分女性なら嫌だと思う。

セクハラというと言い過ぎかもしれないし、気にしすぎかもしれないけれど、性的役割の話をすることも、結婚して当たり前という価値観も、どうにもモヤモヤしてしまう。

敢えて世代差別をするけど、昔の年代の人にはなんてことのない話なのだろう。しかも父は森喜朗の一連の発言に怒っていたので、かなりマシな方。それでもなー

森みたいな有名人が性差別発言して炎上した時、絶対に弱者男性がシュバってくるけどさ

ぶっちゃけおまえら現実性差別発言なんてしないだろ?

 

女の同僚に向かって「君オッパイデカいねー❤」なんてコミュニケーションとらないし

そもそもしかけるのすら滅多にないじゃん

話しても大抵は今日の天気だ芸能人がどうだ平和話題じゃん

 

それこそ、「ぼくたちはコミュ障気味なんで弱者なんですぅ」

なんてふわついた感じの弱者男性の論拠も見かけるし

コミュ障弱男がわざわざセクハラ好感度取りに行くよう機会ないだろ

  

それなのになぜかアルファ♂の放言はわざわざ擁護しにいくって

同じ男でもちょっと理解できんのだけど

 

例えばどっかの男が万引き犯罪起こしたら 

同じ男だからってわざわざ擁護しに行くような頓珍漢さがある

 

そんでさ、多分そのアルファ♂もおまえのこと見下してるぞ

男性声優とそのファンが一番キモいよね


「女は女ってだけで価値がある」に基づくような発言ばっかりする

で、オタクたちがそれで浮かれて気分良くなってるのも気持ち悪い

BLCDやらされてハードルが低くなってるのか知らないけどホモいじりとか平気でするし、オタクもそれを疑問にも思わず喜んでて最悪

若い人はそうでもないのかもしれないけど、ベテランいつまでも重宝される仕事から全然膿が出ていかない

同じ女をメインターゲットにしてるアイドルでもここまで酷いと思ったことないんだけどなんで男性声優コミュニティだけこんな気持ち悪いんだろうね

二次創作BLおよび百合等もセクシャリティの改変なのではないか

主に少年漫画系を想定する話として、漫画アニメキャラが当然のようにヘテロセクシャルであるということを前提とするのはヘテロセクシズムであり、そのキャラがもしかしたら同性愛者かもしれないじゃないか、というのはわかる。

ただ現実的には性的指向が明かされるキャラなんてそうそういるわけでもない。彼氏彼女がいる、性欲があるキャラの描き方がされることもあるけど、そうでないことの方が多いくらいなんじゃないかテクストだけを見るならば、むしろ多くのキャラが無性愛者だと考えたっていいくらいではある。

恋愛描写のないキャラに対して半ば強引に二次創作ヘテロものBL百合あるいは夢小説にするというのはセクシャリティの改変であり、厳に慎まなければならないことなのではないか

先日、アセクシャル矯正する薬を飲ませて恋愛をさせるという漫画Twitter炎上していた。これは別におかしなことではない。その人物、そのキャラクターのセクシャリティ尊重せず、無理矢理恋愛あるいは性行為をさせることなど以ての外だからだ。そのことは多くの人が批判点として共有していた。

しかし、そうであるならば二次創作として描かれる恋愛ものも同じなのではないか? そこに刃は向けられないのか。

別に例はなんでもいいが、カヲルくんとシンジくんでも、煉獄さんと炭治郎でも、五条悟と虎杖悠仁でも、その他無限カップリングについても、そのキャラゲイまたはレズビアンではないのではないか場合によってはヘテロセクシャルですらないのではないか、という疑問は残る。メインキャラはともかくサブキャラになればなるほど恋愛描写なんてなくなるわけで、ヘテロセクシャルなのかどうかすら描写が皆無なんてのは珍しくもない。

もちろん、仮に性的指向であるからといって、相互関係性を必要以上に縮ませる(はっきり言うと性行為をさせるエロ同人など)こともまたそれでいいのかどうかという問題もある。

ミスジェンダリングという言葉があって、トランスジェンダーやノンバイナリーに対して当人の自認するあり方とは違う性別で呼ぶことを批判する用語なのだけれど、それはゲイレズビアンヘテロセクシャルとして扱うことにも適用されるものではあると捉えている。このことは二次創作には適用されないのだろうか。

所謂ポリティカル・コレクトネスについて、私は重視しているのだが、そうであるが故に、それを推し進めていくと今まであった二次創作もまたどんどんキツくなっていく。インターネットにおいて二次創作ファンアートは聖域に近く、その存在を認めない発言は極めて少数だ。二次創作存在していいものとしてあることが明らかな既得権になっている。ポリティカル・コレクトネスを重視する人はしばしば批判対象の既得権特権)を指摘するのだけれど、そういう人が、個別的エロ同人などはともかく、二次創作のものにまで批判を向けることは、意外に少ないようにも思う。フェミニストでありオタクでもある、というのは非常によくあることでもある。そのこと自体別に問題ない、けれど、自分の持つ刃をどこまで適用するか、という問いはいつでも突き刺さったまま残るのではなかろうか。

今まで自明であったものがそれは抑圧だという批判に晒されるということはよくある。例えば所謂腐女子(この名称にも問題は多数あるわけだが割愛)の中での「ホモ」呼びもこの10年で漸減してきたとは感じるけれど、それと同じように、そもそもの前提としての性的指向の改変自体が好ましくないものなのではないか、という問いの声は、もう少し出てきてもいいとは思っている。

既得権からは「二次創作文化である」という反論が来るのだろうけれど、そんなのはセクハラ文化だと言っているに等しい、とさえ言うことができるのではなかろうか。既得権はいだってそれを自覚せず傲慢なままだ、というのはポリティカル・コレクトネスを重視する側ではよく聞く話でもある。

すぐに変わるとは思っていない。変化には長い年月がかかるだろう。ただ、自分の楽しんできたものは正しかったのかを問い直す作業は、どの分野でもあって欲しいとも思う。

「1日1万人接種」報道-河野大臣に足りないのは目標管理

「1日1万人接種は自衛隊次第」 河野行革相、東京の大規模会場 | 共同通信

これに対し、ぶくまは手厳しい。例えば、こんなふうに。

アメリカは一日300万回接種してるんだよなー、ほんとうに自民党無能

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/762660271206137856


ワクチン供給ロジスティクスアメリカもこの3か月、苦労した

欧米みたいに、との声が多い。

しかし、アメリカ最初からうまく行っていたわけではなかった。

ワクチン接種が始まった当初は大混乱だった。

連邦政府と州との連絡調整不足、優先順位をめぐる混乱、各州ごとのバラバラな接種戦略連邦政府ワクチン供給管理への州の非難などなど。

フランスでも1月時点はさんざんだった。報道では「お役所仕事」「縦割り行政」の弊害を厳しく指弾された。

ワクチン供給が始まって1週間もたつのに、わずか接種したのはわずか800名とは何事か、いう報道がみられた。

ただし、それは三か月前のことだけど。当時、アメリカニュース報道をみていて、前途多難だな、と思ったのを覚えている。

1月報道ウォッチしていた頃(といってもデイリーショーを英語勉強がてらみていただけだけど)、

大統領就任から100日の4月下旬バイデンが高らかに勝利宣言をすることになるとは想像できなかった。

以下は1月27日、デイリーショー(youtube報道バラティーショー)で紹介していた報道の一部だ。

ワクチン接種の遅れにイラついたニュースキャスターがこんなことをいう。(同番組1分過ぎ)

電子タバコを買うついでに、ガソリンスタンドとかで接種できちゃえばいいのに。

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=70s



また、現在日本で報じられている、基礎自治体ワクチン接種予約サイトパンク状態

これも、アメリカは3か月前に経験していた。(同番組2分過ぎより)

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=140s

各地で予約サイトクラッシュするなど混乱が続いています。ある予約センターでは、750回分のワクチンに25万もの電話が鳴り響いたという。

また、インターネットで予約するスキルがない高齢者が接種会場へ車の長い列をなして夜を明かしている、といった報道

予約キャンセルによるワクチン無駄な廃棄などが問題視された。

あるドラッグストアでは、予約キャンセルで余ってしまったワクチンたまたま立ち寄った若い健康女性に接種したという事例などが紹介された。

4月に入ってからも、ワクチン接種に消極的な人々を釣るために、「今ならもれなくビール付き」みたいなキャンペーンをやったりした。

今日日本報道されているワクチンロジスティクスをめぐる問題は、すでに欧米が通ってきた道なのだ

から日本も各国の教訓を生かせばいいし、そもそも災害経験のたくましい日本に、行政にそれほどロジ能力が足りないとはとても思えない。

社会システムの維持、ワクチン接種の意義、戦略的な目標説明CDC存在

しかし、ワクチン供給をめぐるロジ管理喫緊課題であるが、実はもっと重要なことがある。

それは、社会システム全体からみたワクチン接種戦略だ。

バイデン政権発足後の「3本の矢」ともいうべき最初の取り組みのひとつワクチン接種の促進だ。

しかし、そもそも一体何のためにワクチンを接種するのか。その方針目標をしっかりと共有すること。

これがあいまい理解されていると、一体なんのために急いでいるのかわからなくなる。

以下は、アメリカCDCのファウチ博士が、今年1月下旬トランプ失脚後、初めて”自由に”会見を行ったとき報道だ。

https://abcnews.go.com/Health/wireStory/coronavirus-guidelines-now-rule-white-house-75419663

3分過ぎの質疑のなかで次のような記者とのやり取りがある。

ファウチ博士:もし7割から8割の国民が接種されていれば。。それは夏頃になると思うが、少なくとも秋までにはある程度の正常性を回復できるだろう。

記者:(途中で質問を挟んで)それは秋までに接種が完了できると認識しているということですね。


ファウチ博士:いやそんなことは一言も言ってない。”もし”7~8割の大多数のアメリカ人がワクチン接種を受けていれば集団免疫が獲得できるということだ。正常性とはそういうことだ。今懸念しているのは、ワクチン接種を受けたがらない人たちだ。

重ねて、今後、ファウチ博士ホワイトハウスで定期的に記者会見を行うと発表。ファウチ博士は会見の最後にこう語る。

私が今後、会見でお伝えするのは、科学的な事実です。科学に語らせるのです。

https://www.nytimes.com/2021/01/24/health/fauci-trump-covid.html



記者とファウチ博士のやり取りは象徴的だ。

abcニュースは、この報道に「ファウチ博士ワクチン接種に大きな但し書きをつけた」とした。

記者もまた、住民ワクチンがいきわたるかどうかという、行政サービスデリバリー目線での質問だった。

abcも質疑の記者も、ミクロ視点で、アメリカ人がちゃんワクチンアクセスできるかどうかを問題視していた。

一方、ファウチ博士は、彼の答え方からわかるように、ワクチン接種の利益というのは、決して医療アクセスといった住民サービスレベル問題だけではなく、

感染症蔓延の克服だ。パンデミックの原因を取り除くために必要なこと、という視点発言していた。

ファウチ博士のいうノーマティというのは、個々人一人ひとりのワクチンによる免疫力強化というより社会全体の免疫力のことだ。バイデン言及していたことだが、ファウチ博士トランプ政権で一番欠如していた科学性を真っ先に訴えたのは本当に象徴的だったと思う。

報道機関は、どこの国であれ、しばしば災害事故殺人事件現場急行し、現場の窮状を訴えることでインシデント対応を促す。

しかし、インシデント対応と、リスク削減は根本的に発想の異なるものだ。

例えば、報道機関は殺人事件が起こってもセンセーショナル報道しがちで、背景にある社会保険の欠如とか貧困といった原因部分を軽視しがちだ。

リスク削減とは、簡単にいえば、そこで起きている出来事対応問題点ではなく、出来事の「原因」にスポットを当て、原因を取り除くことにフォーカスすることをいう。

ファウチ博士が強調していたのは、その原因分析科学的なアプローチでなければならず、そこがすべての出発点だということだった。

5月に入ってから報道、例えば「バイデン政権、若年層へのワクチン接種へシフト

をみても、一貫して集団免疫という戦略に基づいたワクチン接種促進を行っている。

https://abcnews.go.com/WNN/video/biden-administration-shifts-vaccination-focus-77501505

日本の状況~何を目指しているのか?

さて、日本を振り返って、今日もっとも足りないのは、

一体何のためにワクチン接種を促進するかという全体的な目標ではないかと思う。

住民ワクチンが行きわたるかどうか、の前提として必要なのは、なぜワクチン?という疑問に、「あなた健康維持」というだけではなく、社会システム視点から答えることだ。それが本来公共というものだ。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

をみても、残念ながら「あなた健康」以上の情報が見当たらない。

厚生労働省ワクチンによる集団免疫獲得について、明確な見解を示していない。

まあわかる。よくわかっていないリスク(不確実性)については、下手なことは言いたくないものだ。官僚特有のディフェンシブなスタンスがにじみ出ている。

でも実は、その科学的不確実性について沈黙する姿勢こそが、リスクガバナンスの内なる敵なのだ

水俣病代表される過去公害問題もその姿勢ボトルネックとなって被害の拡大が見過ごされてきた。

仮説を立てて意思決定をする勇敢さが必要だ。8割おじさんを思い出してほしい。

ファウチ博士科学的にすべてを見通しているかというと、そうではない。

接種されたワクチンによってどれだけの期間、有効免疫力を持ち続けることがえきるか、はっきりとした証拠1月の時点でも、今日でも出ていない。ファウチ博士が7~8割としたコロナウイルス集団免疫の仮説も、データが蓄積されるたびに、恐らく日々、新しい仮説に塗り替えられてゆくだろう。だからこそ、ホワイトハウスで毎週のように会見を開く、ということに意義がある。


疑問なのは日本において、そういったリスクコミュニケーションが開かれているのか、ということだ。

聞こえてくる報道は、直近のロジ課題高齢者の接種問題ばかりだ。

それもワクチン安全性広報であったり、供給のロジであったり行政住民サービス視点が中心だ。

それって、役場の窓口でやる会話でしょ。重要じゃないとはいわないけど。

河野大臣は、恐らく菅首相から突然、ワクチン接種促進担当として指名されて、戸惑っただろう。

感染症知識もあるわけではない。だからこそ、やれることを模索した結果として、接種促進のロジ分野に集中してしまった印象を受ける。

もちろんワクチン安全性広報することに意義がないと言いたいわけではない。

しかし、もっとも根幹にあるべきなのは、最終的なゴールを提示することだ。

高齢者の接種のあとどうなるか?何一つ見えてこない。

そしてそのゴールは、一定科学的な仮説に基づくべきものだ。

一体どれくらいでワクチン効果が切れてしまうのか。10年持つ、あるいは一生、抗体が働くというわけではあるまい。

そうすると、抗体を持つ人間が何%で集団免疫が達成できるとして、仮定したワクチン賞味期限以内に短期集中的に接種が完了しなければ

集団免疫がいつまでたっても確立できず、次から次へと新しい変異対応させられるということになる。

それは資源無駄遣いにならないのか?

アメリカがこんなにも早くワクチン接種のロジが進歩した理由ひとつは、バックグラウンドとして理解している接種戦略があるからではないだろうか。

やみくもに尻を叩いているわけではないはずだ。

日本では、菅首相唐突に思いついて7月末までの高齢者ワクチン接種を指示、混乱が広がっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7249a86abc1e3c08e948227e516500b4591578ce

日本国民の接種率(4月末時点)はわずか1.3%と経済協力開発機構OECD加盟国37カ国で最下位だという。それに比べ、米国は37%、英国は約36%、さら中国シンガポール韓国などアジア諸国より低い。その批判を抑えようと、菅義偉首相が連日、檄を飛ばしている。

7月末までに高齢者ワクチン接種を終わらせろ」

 そのとばっちりを受けているのが、武田良太総務相だという。

「これまでワクチン接種は、田村厚生労働相河野ワクチン担当大臣が中心だった。しかし、スピードが遅く、なかなか進まない。菅首相の“ポチ”と言われる武田大臣が呼ばれ、『とにかくワクチンを打ちまくれ』『何とかしろ』と厳命されたので、あたふたしています」(総務省関係者

やれやれ、だ。

目標管理もっと重要なことは、ゴールを共有することだ。

一体なぜ7月までに?

・いつものことながら急に何かを決心するくせに、目的意義を聞かれても答えが返ってこない。

方針方向性を共有したうえで役割分担を決め、タイムラインを設定するということもしない。

・うまくいかないと、キレて「みろ、周りはもう先に進んでるじゃないか、何してるんだ」と部下を怒鳴る。

無能リーダー典型的な行動パターンだ。

河野大臣にしても、自分プレゼンスをみせるいいチャンスだったのに。将来の総理大臣候補と目されているのだが。

残念ながら、ロジ担としてご本人が割り切ってしまたことで、

3か月の働きにもかかわらず、目先の短期的なロジ状況を伝達するだけの役人仕事になり下がってしまった。

ロジならロジでもいいのだけど、ドメスティックではない外交の動きがあってもよかった。

例えば、なんなら4月菅首相アメリカに飛んでもよかったはずなのに。

これではちょっと大臣仕事内容としては物足りないというのが私の認識だ。

全体を見ているひとは誰なのか。それが日本ではわからない。それが問題だ。

リスクガバナンスというのは、平時ガバナンスに比べてより高い能力水準が求められる。

リスク自体が複合的で、科学的にも不確実性が高く、そして社会政治的な影響について認識がばらつきやすい。

ワクチンも、そういう意味では、リスクコミュニケーション能力が試される課題

そういう認識で国のトップは動いてもらいたい。ロジ担じゃなく。。国民の皆さん、とか住民目線説明ばかりしててもね。

それは重要だけど、どちらかというと基礎自治体役割だよ。

anond:20210506164032

これネタ

マジでワクチンに触れるとこういう奴湧くんだな。

変異株に対応できるか現時点でわからないのは事実として、こっから元の発言のどこにどうデマ要素があるんだ・・・

もしかして不確定な願望とか全部デマって呼ぶようになった人?

最近良く見る「感染症対策を徹底した」という表現

最近だと音楽フェス系に行った人がよく言ってるイメージ

この表現すげぇ好き、何が好きって言ってる人が「ぼくの考えた最強の感染症対策」でしかないことに気がついてなさそうな感じが。

岩田健太郎氏がクルーズ船の対策に憤ってた動画が懐かしいよ。

僕もフェスライブも大好きよ、1年前は毎月は無理だけどよく行ってた。

関わる人達生活ちゃん保証されてほしいし、補償されないから実際に開催するって判断せざるを得ないんだろうなーと思うし。

現に行った人が投稿する写真とか見ると「おー、よく対策やってるなー」って感じがする。

けど人が集まる時点でリスクなんだよ。

お酒飲んで喋ってる人少数だった!印象操作!」って発言もよく見るけどさ、たしか印象操作なんだろうけどさ、その少数が原因でどれだけひどいことになるかってこの1年で見てきたんじゃなかったっけ?

早くワクチン打って心置きなく楽しめる生活帰ってきてほしいね

anond:20210506160521

少し前まで若者はどうせ死なないし副作用も怪しいし俺はワクチンなんか受けたくねーぞ!ってのが多数派だった

本当に? ソースは?

いざ始まったら高齢者優先はずるい俺たち若者に回せ!と言い出す人が増えた

本当に? そういう発言たまたま見ただけでは?

オモコロって編集部の大多数が

既婚者だしおそらく世間一般より稼いでるだろうしフォロワー何万もいて発言力も影響力もあるしファンもたくさんついてるような人たちがやってるコンテンツなのに、未だに「ステキな恋してますか? してねえか。こんなサイト読んでるんだもんな。」とかいう書き出しの記事書いて非モテに寄り添ってる風なの薄ら寒いPR記事だったかURLは貼らないけど。好きだからこそ薄っぺら煽りみたいなのやめてほしい。

anond:20210506114728

相手が女だったらセクハラ扱いされ会社を追われる元増田が例示する発言相手弱者男性だったら無罪なのだ

派遣男は人ではないか法律保護されなくていい

大阪府知事橋下徹という人が言っているのだけれど。

感染対策なんだと、根拠を持って感染リスクの高いところを止めていくんだっていう考え方、これは僕のもともとの持論なんですけど。そうであれば、根拠のあるところを止める、感染リスクのないところは営業させる、ここ政府がどっちか揺れ動いている」

具体的にどうすればいいの?この人の発言がたまにネットニュースに出ているけれど、

今は何をしている人なの?モノ申すことがお仕事

anond:20210506133257

弱者男性の話をしてるやつら全員に問題があるって発言が誰に対してのトーンポリシングなの?

anond:20210505103243

色々挙げてくれたけど、それらは全部実際に受けた差別じゃなくて、そういう差別発言をするやつがいる、ということでしかない。

そういう発言は許せないよね、というのはもちろんだけど。5chで黒人アジア人にひどい言葉を書き込んでるのと同じで個人の罪だ。無くしていくべきだけど、ゼロにしたいならラジカルな方法を採るしかない。

女性が受けてきた差別は例えば就職活動管理職試験性別理由マイナス評価をされたり、医学部入試秘密裏に減点されたりといった構造的、組織的な不平等だ。こういうことはゼロになるべきだし、世の中からなくなるべきだ。

感覚申し訳ないが、俺自身弱者男性…ブスだったり無職男性だったり…に対する差別はあるだろうと思う。俺も営業目指して就活してたいたが書類は通っても面接で通らず諦めて大学院に行きエンジニアになった。もちろん面接での俺の受け答えが悪かったのだろうとは思う。だが、営業連中と話すと何故人事は顔の良い馬鹿を集めるんだ?と思うんだよ。

からこそおれも「どんな差別を受けたのか」ということに対して、男性身長社会的評価が強く相関してるとか、女が評価した顔面偏差値が有業かどうかと有意とか、そういう例を探している。誰か知ってたら教えてほしい。

若年性老害イケハヤマナブ(仮称)さんの話

社会成功できず貧民窟に逃げ込んだネット芸人のIさんやMさん言動、どこかです見たなーと思ったら轢き逃げ飯塚と同じ論理構造なんですね。

あの年で飯塚と変わらない老害発言をしているのは、もはや年齢は関係なく「若年性老害症」みたいな精神病なんでしょうか?聞いたことないけど。

応募書類WindowsOSで作るのが常識じゃないの

大学事務バイトやってるんだけど、教員募集か何かで届いた応募書類(多分 PDF)がMacで作られたもの文字化け

してて上手く表示されない時にタイトルのような発言職場内であった。

正直まじか、と思ったけどこの界隈?業界はそういうもんなのかな

ちなみに職場では原則windows 使用ブラウザIE 使用が推奨されてて職員が使う事務パソコンには Microsoft

Edge は取り除かれてるみたい。

日本は貧しくなった教」の人

事ある度に「日本は貧しくなったなあ」とブコメしていく人って何がしたいの?

そもそも日本は貧しくなった」って言ってもGDPでは世界3位だし、この発言って今も貧しい東南アジアの国々に失礼だよ。

日本は貧しくなった」んじゃなくて、自分が貧しくて人生うまくいってないだけじゃないの? 「日本は貧しくなった」んじゃなくて、それ「自分は貧しくなった」って言えばいいのにそういうと心が壊れてしまうのかどうか知らないけどいい加減しつこいよ。

マイノリティでないことに越したことはない

と、私は思う。自分マイノリティではないのかとグダグダぐねぐね言ってる人がTwitterのTLにいて、ブロックするメリットよりもブロック(あとミュートも)して起こるだろうデメリットの方がはるかに勝るし、そもそもくだを巻かれて腹が立つ訳でもないので、TLに呟きやらRTやらが流れて来ると読んじゃう。

くだを巻いてる人がよくRTしている人達は本物のというか自己マイノリティであることを確信している人達で、まあそういう人達も世の中にはいるよね。ただ、くだを巻いている人の「私はマイノリティなのかもしれない」が諸々の事情で私には信じられんだけで。そんな、アイデンティティーってずっと揺らぎっぱなしなものなのだろうか? 

自分自身がどうにもこうにも世の中のスタンダードに合わなくて困る、辛い、というのは私にもわかる。自分と似たような人が見つからず、何か私だけが変なのではないか?と不安になるのなら私にもわかる。ただ、散々多くのマイノリティツイートを掘り起こして自身とその人達比較して「私はマイノリティなのかもしれない?そうじゃないのかもしれない?」とずっと揺れ続けるというのが、私にはわからない。

沢山のマイノリティ達の誰一人として自分には似ていなかった。私は誰とも違うようだ。私は独りなのだろうか?ならわかるのだが。

くだを巻いている人からすれば私もどうやらマイノリティの側であるようで、実際のところ私は先天性の重病を抱えて生まれてきたという点では本当にマイノリティで、重病自体は何とかなったにしても二次被害的に人生のあちこちで人並みから悪い意味で外れがちなことは確か。

ところがくだを巻いている人は私のその分かりやすマイノリティ性を知らなくて(当然だ。そんなことわざわざツイートしないもん)、私がとあるアニメキャラクターに物凄く長い間執心していて、しかもそのキャラが私と同性であるという点で、私をマイノリティのお仲間として見ている節がある。ついでにいえば私はBL読みでもある。だからといって、私自身が同性愛者だと言った覚えは更々ない。私のパートナーは異性であるし。でもパートナーを異性だから好きなのだと言った覚えもないし。なんというか、私の性的指向に関してはだな……まぁいいや、どうでも。過去に私はリアル世界自分性的指向に正直に発言したら「変態」と呼ばれた。と、いうことを呟いたことはないのでくだを巻いている人は勿論知るよしもない。

……何が言いたいのかわからなくなってきたな……とにかく、結局のところ問題自分が世の中と合うか合わないかということで、自分自身自分を受容できるかということで、合わなかったり受容出来なかったりしたら絶望だという……それだけのことなので……、ずっとわからないわからない言い続けるその真意って何?ぶっちゃけると、そうくだを巻き続けていれば輝かしいマイノリティ人達のお仲間に入れてもらえると思ってない?でも、マイノリティってあなたの思うよりずっと地味だよ。てか、マイノリティなだけのただの人だよ。せっかくマジョリティの側に混じれていられるんなら、それでいいんだよ。って言ったら怒りそうだからリプとかしないけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん