「何となく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 何となくとは

2017-11-19

「成長」って何なのだろう?

昨日は日没後、自転車駅前図書館に行ってきた。

田んぼの間を走って県道に出て、古びたスーパー駐車場を横切り高校周辺の路地に入る。

ランニングしている野球部員がふざけて追っかけてきて、少し気持ちがほぐれた。まだ自分高校生ぐらいに見えるだろうか。

駅の裏に自転車を止めて、地下道を通る。貧乏そうな老人が一人横切り、私の前を歩く女子高生

勉強しないとああなっちゃうんだよ」

とか話してる。

何となく自分が笑われたような気持になって、早足で彼女たちを追い抜いた。

芥川の「河童」を借りた。少女終末旅行に出てきたので物語と何か関係があるのか気になった。

  

高校通信高校に通っていたことがコンプレックスで、実際高校生活ってどんな感じなのかなって思って色々想像したりした。

行きたいなら努力して行ってみれば良いのだけど、自分のやりたいことに対して何も自信が持てなくて、自分が活かされる場所を求めようともしない。

厳しい環境に晒されて、自分の形が崩れてしまう恐怖があって、

案外不幸になっても平気で生きてしまって、でもある日大切な人からあなたはそれで満足なんだね」って言われたら

「本当はやりたいことも、欲しいものもあった。でも諦めるしかなかったんだ、こうするしかなかったんだ」

って叫びたくなるのだと思う。

絶望どん底でやっと楽になったのに「損だ」「得だ」と囃したてられるのが堪らなく苦痛で、

でも決して現状に満足しているわけではなくて、でも何で何もしないのかよく分からない。

「成長」って何なのだろう?

  

スーパーにも学校帰りの高校生がちらほらいた。しばらく店内を徘徊してアーモンドチョコナタデココグミを買った。

それほど食べたいとも思わなかったが買っておいたほうが得なのかなと。

帰ってから買ったお菓子を食べたが一度に食べてしまい苦しくなってしまった。

  

夢に小学生の頃のいじめっ子が出てきた。逃げようとする彼の胸ぐらを掴んで

「これから度々、心の中の後ろめたい気持ちが、後ろ暗い過去が、チクチクと顔を出して、お前を苦しめ離さない」

と言ってやった。

2度寝して起きたのが11時半。

今日履歴書は書かなかった。

私には、仕事がある。

だけど、それに付随した同行業務何となく続いている。

車で送って言われて車を出して助手席に彼を乗せ、運ぶ。

ご飯食べよ、って言われたら一緒に食べて、誘われたらカラオケにも付き合って。

彼の奥さんの手料理を一緒に食べたこともある。

  

たまに、家に送り届けて旅行の準備も手伝って。

新幹線の乗り継ぎや飛行機ホテルの手配。

報酬は変わらない。

だけど、一生懸命にやらなきゃ契約継続されない。

普通だよね。

  

別に、いい男を紹介して貰えるわけでもない。

それなのに、君もいい年をしてるんだから結婚するしないは自由だけれど、子供だけは産んでおけ。出来れば40手前なんて、言われる。

  

彼と彼の部下とも一緒に、会社研修を受けたこともあった。

ハラスメントコンプライアンスの件だ。

オンラインでも、オフライン講師から説明も聞いた。

  

彼は、自由特殊から、変化は望めない。

他人の考えなんて、半日ぐらいの外部講師研修で変わるのだろうか。

  

彼の部下が、一人。

私も仲良かったけれど、体調崩して、お休みすることになってしまった。

総務・人事の方に報告をして、彼からハンコを貰って。

お元気でって、メール書く。ゆっくり休んで下さいねって。

  

そしてまた、彼の部下が復帰すると、また、別の人が休職

そして、今度、3月には同時に3人の人が辞める。

契約社会から

  

今いるポジションよりも、上に上がるのでオメデトウの人もいるんだけれど、なんとなく、いつの間にか、辞めることが決まっているしてる人もいる。

ちょっと淋しいけれど、新しい人も受け容れることになるよ。

  

権限で、一人の人間によって、簡単に人は切れないけれど。任期制職場だと、ああ契約終わりなので、と言われて終わる。だから一見するとしかるべき手続きを踏んでいるので何が彼の周りで起きているのか、考えているのかって見えてこないよね。

  

私は、契約を切られたくないから頑張るよ。

頑張ってるよ。普通ものね。社会人なら、これくらい。

2017-11-16

anond:20171116152522

以前に地方巡業を見に行ったことがあるけど、若い見習いみたいな力士たちが、裸足で道を歩かされていたのを覚えている。

「ああ、角界ってこういう世界なんだな」と、その様子だけで何となく感じたよ。

2017-11-15

10年前に好きだった子のTwitterを今だに見ている

お互い結婚して、子供もいるのにずっと見ている。

10年前、その子のことがだいぶ好きだった。

日中メールしていた気がする。

彼女には彼氏がいたにも関わらず、2人で何度かデートしたりしていた。

仲も良くて、何度か彼氏から奪ってやろうと試みたけど、なかなかうまくいかない、ギリギリで釣れない女性で追いかけがいがあった。

彼女は追いかけて、チヤホヤする俺を楽しんでいる感があった。そんな上下関係は嫌ではなかった。

友達の友達友達で、出会った時はまだ俺には彼女がいて。

2回目に会った時に、俺の指からペアリングが外れているのに気づいて声をかけられた。

指輪つけてないんだねー」

それだけでだいぶドキッとした。彼女と2回目に会うまでに4-5か月の期間が空いていたからだ。

そんなことを覚えている彼女に一気に興味が湧いてしまった。

それから10年。

彼女結婚出産Twitterで知った俺は未だ彼女Twitter何となく見てしまっている。

子育てに関するツイート散見されるが、共感できるものばかり。

お互いに子育てツイートをしていると、たまにあちらから無言でいいね!が来ることがある。

俺もたまに子育てツイート共感したらいいね!をしている。

彼女子育てツイートいいねし合う、今の状況をどう思ってるんだろう。直接リプライを送る勇気はない。

彼女がどんな気持ちTwitterを見ているか知らないが、こんな変な体験ができる現代の世に感謝します。

2017-11-14

車の暴走ニュース

かなり適当なことを書くが、ご容赦いただきたい。

全く理解できない行動…と言いたい反面、

何となく理解できてしまう気がするんですよね。


お母さんを後ろに乗せて→、色々辛いことがある中、介護責任を果たそうとしているのかと思いました。

でも、心のバランスがなかなか取れなくて、

その中でもやらなきゃいけないことがあって、いっぱいいっぱいで。

で、その中で、

事故を起こしてしまって、

ぞっとしたり、自分人生が「なんでこうなの?」と嘆く気持ちになって、

そんな投げやりな気持ちになったときに、

たまたまハンドルを持ってしまっていた気がする。


事故も、逃げてしまおう!って魔が差したんじゃないだろうか。

良いわけないけど、

いっぱいいっぱいの時には、予想外の思考になるもので。


そして、

あの逮捕劇へ?



死者が幸いにもいなかった&

ひき逃げとなった方も、幸い軽傷だったから書ける話ですが、

こんな精神状態になるまで

個人をほおっておける社会にも、疑問を感じる人はどれくらいいるんだろう。

anond:20171114180626

それは何となく分かる。

だって普通に考えて「ジャップ」(カタカナ英語)に「オス」(カタカナ日本語)組み合わせだよ。

頭悪っていうかなーんも考えてないだろ。侍ジャパンぐらいアホな言葉。まぁ、侍は英語でもサムライから侍ジャパン別にいいのか。

高校生の時に付き合ってた子とは、学校帰りデートサイゼ寄ったり、休みの日に一日遊んだ後に吉牛行ったりしてた。

大学に入って年上との交流ができたら、「飲む」という選択肢が一つ増えるので店選びが変わるし、

ごはんを楽しく過ごそうと考える場合には、店を事前に選んでおいて予約をしておく、というコードを知った。

じゃないと行きたい店が埋まってて店探しが大変とか、えいやと飛び込んだ店がいまいち何となく盛り下がる…

それなら事前に準備をしようよ、と学習するからだ。

社会人になったら、それぞれ自由時間を合わせるのがさらに大変になって、店選びやダンリコードの重要性を理解した。

大学生社会人吉牛サイゼデートしないか、といえば、そりゃ別に行くときもあるんじゃないか

そこに必然性があれば。

猛烈に腹が減ったとか、吉牛食べたことが無いから連れてって!(友人の実話)とか。

その年齢に応じたふるまいや付き合いをしてこなかった人が、上記のような"必然性に応じたその時必要な行動"を理解できなくて、

下らないことでワーワー言うんだろう。

そもそも、店のチョイスが、サイゼ吉牛ってところがまた釣り感満載

2017-11-13

職場

職場に行くのが辛い。

転職したばかりだというのもあるが、前職と大体同業なのに、私の今までのスタンダードと今の職場スタンダードが違い過ぎて業務がまずしんどい

正直、人間関係も上手くいっておらず孤独感と自分の役の立たなさに毎日自己肯定感がすり減っている。

今までの職場業務が辛いことはあっても職場人間関係が悪いことは無かったのでどうして良いかも分からず土日はひたすら仕事のことを考えないようにしている。

が、ここ最近職場で泣きそうになったりすることもあり、そろそろやばい気がしている。まさか自分がこうなるなんて夢にも思わず、これがうつ病なのかなとぼんやりと思ったりしている。

転職休職退職。どれも何かに負けた気がするのでしたくない。どの選択肢をとっても別に死ぬわけではないのだけれど、決断して実行する余力が無くて何となく耐えながら明日職場に行くんだろうな。

ネットで話題になってる色んな記事を見ると、「自分は甘えたり頼ったりが下手」と思っている人は多いんだな

逆に「自分はそれが上手」と思っている人はどのくらいいるんだろう

何となく、隣の芝は青く見える理屈で、同じ程度に甘え技術がある者同士の場合(それを客観的評価するのは難しいだろうが)

お互いに「あいつは甘え上手で自分は下手」と思いそうな気がする

2017-11-12

やっぱり彼女がいる男を好きになっても良いことなんてなかった

anond:20171105214518 の続き

あれからずっとaikoばっか聴いてるよ本当自分いい加減にしたら??浸るな浸るな。

でもシャッフルで「二時頃」が流れてきた時は自分黙祷を捧げてる。自分と重ねんな。これはaiko経験たことなんだからaikoも色々大変だったんだな…分かるよその気持ち…知らんけど………。

で、今日友達みんなで会って彼とも久々に会った

何をどんな風に話せばいいのか全然分かんなくて多分一度も目を見て話せなかった気がする

途中で彼が帰りたいようなことを言い出した。なんかあんの?って聞いても曖昧な返事。

何となく嫌な予感はしたこの時すでに。

1人の子が「彼女とは順調?」って彼に聞いた。

「ん〜まあ。今日も今家にいるんだよね。」




あ〜〜〜〜〜〜〜〜

オッケー。

って思った。一瞬もう何もかもが無になった。喜怒哀楽も何もない。無。


なるほどね〜〜だから帰りたいのね〜〜オッケーオッケー。仕方ない。それなら帰るべき。

はえ〜〜帰っちゃうの?もうちょいいろよ〜〜って言ってたけど、私ともう1人の友達は またね つって彼を帰らせた。

またねって言ってはみたものの、また会うことあんのかなとか思ったり分かってたけど彼女存在には勝てねえよって思ったりで心が死んでた!!!!!!!!今すぐ家帰って部屋のベッドに倒れこんで泣きたかった!!!!!!!!

こういう時に良い人ぶる自分本当バカかよ。

ももう心が散って散って散りまくったので、きっとこれが失恋なんだと思う。


この前の旅行写真、見せてくれてありがとう

やっぱり写真撮るの上手だね。











ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜失恋した時にオススメaikoの曲何かあります!???!!???!

2017-11-11

明日結婚式がある。

といっても自分結婚式ではない。中学時代の友人の結婚式に呼ばれている。

この数年で友人たちが次々と結婚していく。もうじき三十路を迎えようという年齢だが、田舎という地域性のためか結婚は皆早い。

特にマイルドヤンキー”と言われるような人間たちではなく、ごくごく普通社会人でも30前には身を固めている。

自分の周りだけかもしれないが、中学時代の友人達地元に残っている人たちは、ここ1,2年であらかた結婚した。

特段これと言って恨めしいとか、妬むとかそんな思いはまったくない。

財布へのダメージは頭が痛いが、素直に祝福できる間柄だ。参列するつもりでしっかり準備も整えている。

新郎公務員田舎では羨望の眼差しを贈られる、エリート代名詞だ。

で、そのお相手新婦側も公務員と、なんとまあお固い雰囲気になるのかどうなるのか、少し下世話な好奇心も湧いてくる。

ところで新婦側のプロフィール確認してみると、何となくその経歴に覚えがある。

どうも、自分新婦と一度顔を合わせているようだ。

数年前、居酒屋で男女2対2で飯に行ったときのこと。男側は今回の新郎自分女性側は今回の新婦とその友人だったか同僚か。

これがきっかけで新郎新婦出会ったのかと思うとそうではなく、実はその以前からお付き合いをしている関係だったらしい。

となると、あの食事会って何だったのだろうか。

新婦の友人さんが、誰か紹介してほしい、とかいう流れにでもなったのだろうか。

よくよく考えると、この新郎にはとても世話になったもので、何度も合コンやら異性の絡む飲み会などに呼んでもらうなど随分気を使ってもらった。

実際のところ、中学でもクラスは違うし、高校も違う。中学時代も一緒に遊んだ覚えはあんまりなく、共通の友人を介して絡みがあったかどうかくらいの仲だった。

社会人になってから何人かで集まった飲み会たまたま再会して、それから飲みに行ったり遊びに行くようになった。

特に、これと言って彼女がほしいとか誰かを紹介してとは一言も言ったことがないが、自分恋愛遍歴について話すことも無かった。これは当然の話で、今まで彼女いたことが無い以上話せることが欠片も存在しないのだ。

から恋愛ネタを振られたときは「彼女いない=年齢」を全く隠さなかったのだが、かえって彼に気を遣わせていたのかと反省

そしてわざわざ気を遣わせたにも関わらず、恋人ができるなどの成果を出せなかったのが大変申し訳無い。穿った見方だが、この結婚式に呼んだのも無理にでも出会いの機会を作ろうと取り計らわれたのかと思ってしまう。

この新郎だけではない。

年収20代後半男性の平均程度はあり、極端に悪いわけでもなく性格特に問題ないと思われているようで、「彼女いない=年齢」である旨を告げると驚かれ、何度か会う内に「女性を紹介したい」と持ちかけられる。

だが如何せんコミュ障の身には、いきなりLINEIDメールアドレスを渡されただけでは、相手に興味も抱けず、特に話すこともないなぁ・・・と思ってしまうのである。それでも20代前半の頃は「いい加減この歳になって彼女がいないのは気持ち悪いと周りに思われている」と考えて、何とかメールLINEのやり取りをしたりアポを取って飯に行ったり頑張ったが結局「彼女いない=年齢」のままだ。

ここ最近も友人と職場の人からそれぞれ女性を紹介されたが、片方については1通目のやり取りの自己紹介で力尽き、もうひとりの方はとうとう何も連絡を取らなかった。そんな訳で、ここ最近女性を紹介される流れになると、「いきなり連絡先渡されても相手に興味を持てないから連絡しないんですよね」と言ってしまうようにしている。その方が相手に失礼もないし、今後の面倒も減るだろうし。

結婚式に行くために、散髪にも行ってきたが、そこでも「紹介したい女性がいる」と言われ、連絡先を渡されそうになった。「連絡取らないかも」と匂わせても「なんならこっちで日程調整しようか?」と一歩も引かない。個人的仕事趣味で予定が12月半ばまで詰まっている以上、アポ取ってもらっても予定通り動けるかもわからない。

何とか結婚式終わってから考えると答えて解放されたが、次の回避策を検討しなければならない。

心配してもらえるうちが華なのかもしれないし、とても贅沢な悩みかも知れないが、正直恋愛結婚も諦めているし、したいとも思えない。

今でさえ家に帰ったら一言もしゃべらないしメールLINEもやり取りはしない。家に帰ったらコミュニケーションスイッチを完全にオフにしたいのだ。恋人や家庭を持ってしまったらそういう訳にはいかないだろう。

まして、恋人を持ったことが一度もない以上、恋人がいることの良さもわからない。甘い蜜を一度でも吸ってしまったら、無くてはならない物のように認識するかもしれないが、経験がない以上そんな心配もない。

そもそも土俵に上がる気がないのに引っ張り出されそうになるのはなかなかしんどいである

他に同じような悩みを持つ人はいるのだろうか?角を立てずに解決する方法があれば是非ご教示いただきたい。

2017-11-09

才能の定義

 才能の定義っていうのは、何かの道を進もうとした人なら皆一度は考えたことがあるのでは無いのだろうか?

 よく言われるのは「努力努力と思わない才能」「人より短い期間でより先へ進んでしまう才能」だと思う。

 しかし、私が考える才能がもう一つある。それは、「向かうべき先が見える才能」だ。

 そもそも努力できるということはどういうことだろう?短い期間で先に進めるのはなぜだろう?それを考えると、「向かうべき先が見えるから」なのではないかと思うのだ。

 向かうべき先が見えるから努力できる。向かうべき先が見えるから最短距離を選べる。そういうことなのではないのかな?と。

 この先に何があるのかわからずに努力できる人はきっと少ない(いや、先が見えないのに何か努力するのは辛い、の方が正しいかも)。先のことがわからないのに早く成長することもきっと難しい。でも、先が見えていればそこに向かって努力するのは辛くないだろう。どこが向かうべき先なのかちゃんとわかっていればそこにたどり着くのは早いし、それは側から見ればとても早い成長に見えるだろう。

 そしてもしも、見えている「向かうべき先」が今まで誰も見たことがないもので、その誰にも見えなかった先にたどり着くことができたのならば、それは間違いなく「天才」の成せる技なのだろうと思う。

 これは、私なりにすごい人の話を聞いたりして考えた仮説。天才って呼ばれている人は凡人には見えないものが見えているらしいってことだけ何となくわかることから考えた話。

2017-11-08

前髪に関心がなかった。

例えば、久しぶりに会った女性同士の会話や芸能人ゲストを迎える番組で。

女子トークの「おおー、Aちゃん髪の毛切ったのー?」とか、タモリさんの「髪、切った?」を知っている。

髪型の変化に気がつけるとモテる、なんて、話も聞いたことあるので分かる。

  

しかし、前髪。

まず、自分美容室で髪の毛を切って貰うときに「前髪、どうしますか?」って聞かれていたことに対してテキトーな返事だった。いや、どちらでもっていう気持ちだった。

そして、たまに、職場などで耳にする前髪についての話題

「あれBさん、前髪作ったの?」「前髪、切ったの?」

それに対する当人の返事は『うん、思い切って』とか『うふふ』だったりする(うろ覚えだが)。

どうも、前髪はかなりクリティカルなことのようだ。女性にとって。

前髪を作る、だと?

この会話には、自分はピンときてなかった。

もみあげの長さとかは、何となく分かる。ルパン三世は、長いよな。

パーマにするとか、カリアゲるとか。うん、個人代名詞にもなるよね。

そして、染めるならハッキリ分かるよ、この間、高校生茶髪がどうとか、茶髪弁護士とか話題になっていたよね。
ミュージシャン女優さんの髪型の変化でロングからショートは分かる。イメージチェンジが大きいからさ。

だけど、前髪の話題はピンとこなかった。

かに、オン・ザ・マユゲ。聞いたことあるキーワードだけど、意味が頭に入ってこない。

頭の中は、はてなマークだらけだった。

前髪の変化は、全体の中の極一部でしかないと見ていたからだろう。

気に留めないのでは、音声や文字情報も頭に入ってこないし、記憶にも残らない。

  

  

今日ツイッターバナナマン髪型の変遷があって、はっきりした。

設楽と日村の二人の髪型比較

設楽が、数年単位髪型が変わるのに対して、日村はデビューから一切変わっていない。

(前髪も、後ろ髪も日村は変わっていないよっていう指摘だった)

Before/Afterで、示されると分かりやすかった。

前髪が変わると、印象が変化するんだな。変わっていないと、印象も変わらないな...。

そして、個人的趣味の話なのだが。

最近フォロワー数1万超えをしているインスタグラマーさんをフォローしているのだが。

ロングヘアの人で、帽子姿もある。

そこで、おでこが出ているときと、おでこが隠れている写真を並べて表示してあるので、女性髪型に疎い自分でも比較検討可能になった。

かなりハッキリ差がある。顔のおでこ、白い部分がハッキリするんだよね、その人。

インスタだと自然過去写真まで一覧で見ることが出来るので、気がつくことが出来た。

ここ数日仕事が立て込んでおり、SNSのチェックが出来ない日が続いた。

今日やっと時間が出来たのでさくっと流れを追ってみようとしたが、当然情報量が多過ぎて遡るなんて無謀な事だと悟った。

ただちらっと見てみただけでも、数日前とそこに広がるツイートはまるで違うように感じた。感じたというより、まるで違う。話題も興味も流れも全てが違う。

その時何となく思ったが、こういうのでSNS疲れみたいな物を発症するんだろうな、と。

この流れにしがみついて一生懸命追いついていこう、離れられない、と無理をする人が一定多数いるんだろうな、と思った。

ただそれだけだが、数日でこんなに変わってしまうなんて不思議だと、小学生みたいだが簡潔にそう思った。

自分はあまり気にする人間ではないから、するりと自分のペースで戻るんだろうけどな。

昔あるサイトランカーで界隈では有名だった人がトレパクバレしてアイス食ったままツイッター更新も止まって事実上失踪したと思った案件があったんだけど何となく思い出してググったらシレッと復帰してた。

強心臓じゃないとクリエイターなんてやってらんないか。懐かしい気分になった。

2017-11-07

アンゴラ村長とかひなみれんとか美人じゃないけどややよくて何となく落とせそうな気がする顔の人につける総称が欲しい

2017-11-05

[]

今回は少年ジャンプ+

ファイアパンチ 74話

サンネネトのやり取りが中々に興味深い。

サンアグニに対する信仰偶像に近いんだけれども、それが軽薄ではなくて確固たるものだということを読者にも分かる理屈説明している。

「人は信じたいものを信じたいように信じる」と語られているが、実際それがままならないことがよく分かる。

物語を追っている読者目線で見れば、どちらが正解を言っているかは明白なんだけれども、その前提がない立場だと主張を信じてもおかしくないような論理が展開されている。

メタ的に見れば、本作の能力における説明の粗探しを逆手にとっているとも言えるね。

ジャンプ作家育児に精を出してみた 15話

社会通念に対して、中々に優れたバランス感覚をお持ちだなあと思った。

公衆ベビーカーのスペース問題や、赤ん坊の泣き声問題について正当な権利を主張しつつも、それをウザったいと思う人間気持ち自体否定はしていないのが良い。

もし論理の殻に閉じこもった社会不適合者だったら、「正当な権利行使しているだけで何も間違っていないのだから、ふんぞり返ってればいい」なんてことを言ってたかもしれない。

作家自身がそう思った経験もあり、思われるような立場になって、経験つんからこそだってのが伝わってくる。

社会において重要なのは許容と順応で、それを育むのに杓子定規正論はむしろ害悪だってことを、経験者だからこそ理解しているんだと思う。

「そういうのに寛容でいられない人間愚か者」となるのではなく、「そういうのに寛容でいられる人間は偉い」のほうが健全だもんね。

意見押し付けることはよくないことだが、どうせ押し付けるならポジティブであってほしいし。


彼方のアストラ 45話

上手いこと繋げたなあというか、こじつけたというか。

説得のためにすげえ尺使ったなあとは思うけれども、実際問題として人間が長年積み重ねてきたもの本質ともいえるもので、ちょっとやそっとのことじゃ変わりたくても変われないだろうからね。

メタ的に見れば、「生まれから宇宙に飛ぶまでの十数年の人生」と「宇宙に飛んだ後の数十日間の人生」の戦いなわけで、後者が勝る説得力を持たせたるためには必要ドラマだったとは思う。

それにしてもアレだね、『ナルトしか古今東西ドラマにおいて、主要人物が体の一部を失うことによる絵的な力は凄まじいよね。

今回、「もうどうしようもないんだ」のシーンのくしゃくしゃな表情も中々よかったけれども、ラスト付近の見開きが個人的に効いた。

「そこに見開き持ってくる!?」と思ったんもん。

まあ粗探ししようと思えばいくらでも思いつく場面ではあるけれども、それで持っていかれた。


ヒット作のツメアカください! 1話

あー、あの作者のかあ。

『デッド・オア・アニメーション』は「やりたいことは分かるんだけれどもなあ……」みたいな作品だったが、そのあたりの作家性の問題点担当がちゃんと指摘しているところが良いね

それをメタネタにして、「氷コーヒー」だとかいう話の本筋と全く関係ない情報に1コマ割いている箇所が、あんまりちゃんと機能していないのも良い。

そんなつもりで描いていないならそれはそれでネタだし、そのつもりで描いているのならさほど面白くなっていないのが、これまた担当の指摘を裏付け構成になっている。

本題の話については特に感想を書くようなものはないかな。

そもそも「中堅漫画家が色んな人に話を聞いて学ぶエッセイ漫画」は割と“鉄板”になっているんだよね。

近年だけでも『ジャンプの正しい作り方! 』などのサクラタケシ氏の企画モノ、『大亜門ドンときいてみよう!』、『中川いさみマンガ家再入門』とかあるわけで。

特にコンセプト丸かぶりな『中川いさみマンガ家再入門』とは確実に比較される。

あの漫画、色んなクリエイターの言ったことを読者にも何となく伝わるよう落とし込んで説明するのが上手いからね。

有名な漫画家に話を聞いているだけでも面白いけれども、それだけだと作家の手柄じゃなくて担当など企画を持ってきた人間の力が大きいよねってなっちゃう。

それを今後どうするかってのが課題だろうね。

2017-11-04

anond:20171103231017

何となく女性っぽいけど、女性ヒトカラ専門店以外は危険と聞いた(女性一人と見ると変な男が入って来がち)。

専門店は鍵かけられるからいいけど。

普通の店でも女性専用フロアとかある店なら大丈夫かも。

2017-11-03

推しアイドルを辞めた。

 一ヶ月ほど前、推しアイドルを辞めた。

推しとある男子アイドルグループ所属していた。デビューしてからもう数年。所属グループの売り上げは鳴かず飛ばず。正直、人気とは言い難い。むしろ全くと言って良いほど売れてない。この何年かなんてほぼ休止状態に近かったくらい。毎月スケジュール更新されるけど、それも真っ白。昔からファンなんて今はもうほぼいない。いるのはタイとかベトナムとか、その辺の海外ファンだけ。自国ファンは皆無といっていい。

 活動しなくなってすぐに、メンバーの脱退もあった。辞めてから麻薬でしょっぴかれたメンバーもいた。オタクメンバーが繋がってたことがそのオタク本人にバラされる、なんて不祥事もあった。なんとも絵に描いたような三流アイドルだけど、それでも私はそのグループと、推しのことが大好きだった。初めて推し出会った時の感動は今でも忘れられない。

 推しは元々ちょっと変わった子だった。芸術肌というか、個性的というか。お姉ちゃんがいるせいか男の子っぽくない、ちょっと女の子っぽいところもあった。絵を描くのが好きで、ダンスが好き。でも可愛らしい見た目とは逆にゴツゴツしたアクセサリーが好きだったりとか、服も小物も黒ずくめかと思えばやたら極彩色の柄ものをチョイスしてみたりとか。好きなアーティスト映画ちょっと年代男の子からはズレてて、いわゆるサブカル男子っぽい感じだった。

 でもステージに立っているときはどこまでもキラキラアイドルで、ファン思いでメンバー思いで、明るくて甘ったれで、なのに時々ハッとするくらい儚くて、綺麗で、かと思うと地方出身から男らしいところもあって、方言サバサバしてて、笑い声がうるさくて、年上のメンバーにべったりしたり、年下のメンバーを溺愛してたりして、でも同い年の子にはツンケンしたりすることもあって、そういう色んなとそろのギャップと、どっか不安定で危なっかしいところが好きだった。

 グループとしての活動が目に見えて減り、歌を出すこともなくなり、前述のあれやこれやが続いたある日だった。推しSNSを始めた。推しバレ覚悟で書くけど、ツイッタープロフィールには一言、paradise。インスタにはbutterfly。こりゃ拗らせてんなあと笑った。

 もちろん、投稿内容もお察しであるツイートポエムと呼んで差し支えない感じだし、インスタの写真モノクロ彩度MAXフィルター5枚重ねみたいなのばっかり。公式ファンクラブ名があるのにも関わらず、なぜか自分ファンのことをbutterflyと呼び始めたのも面白かった。私も自分のことbutterflyですって名乗ってた。この辺りまではまだ、推しの行動をそれっぽいなあって笑いながら見れていた。

 でも、そういう不思議な行動にだんだん違和感を覚えるようになった。最初にあれ?と思ったのはツイッターで生配信を始めたあたりだった。初めは推しけがずっと見れるなんて!と思って喜んで見てたけど、見てるうちに初めは小さかったその違和感がどんどんハッキリしていった。

 こんな喋り方する子だったっけ。

 こんなこと言う子だったっけ。

 そんなことがちょっとずつ増えていった。でもカバー動画とかダンス動画みたいなのも出してたから、歌やダンスが嫌になったわけじゃなさそうだし、それくらいは好きにしたらいいよ、と思っていた。

 そうしたら少し目を離した隙にものすごい長髪になってた。ろ、ロン毛ブームなのかな?と思って見守っていたら、とうとう首の後ろにタトゥーを入れたらしい写メを上げてきた。ファッションタトゥーで済まないような、毒々しくて大きいやつ。親が泣くからタトゥーはしないって言ってたのに。この辺りから、いよいよちょっと変なんじゃないかと思い始めた。

 元々そういうところのある子ではあったけど、歯止めがきかなくなったように思えたというか、これは明らかにおかしいなと思うほどになっていった。ファッションで済まないようなタトゥーもそうだし、生配信で虚ろな目で1時間近く、淡々猟奇殺人事件の話したりとか、事務所の後輩とあんまり仲良くない、好きじゃない、と吐き捨てるように言ったりとか、あとはそこにコメントしてくるファンにマジギレして配信ぶち切ったこともあった。その時は本当にショックだった。今までの推しなら絶対やらなかったようなことだった。ファンにはとろけるような甘いことしか言わないし、怒ってもメッ!て感じだったし、心配から言うんだよって言ってくれるような子だったから。

 そういえばマネキンの生首に名前つけて友達って紹介してたこともあった。怖くて名前は忘れたけど、もうなんかその頃にはなんにも笑えなくなってた。

 何かがおかしいって、ズレてきてるって思った。もう止められないところまできてるなって。推しものすごい勢いで暗い方へ転がり落ちていくのがわかった。でも私たちには、そしてメンバー事務所にも、多分どうしようもなかった。

 そしてある日、決定的な事件が起きた。

 推しが、生放送自殺未遂した。

 

 外出先から配信だった。もう明らかに様子がおかしかった。泣きながら「死にたい」って言ったり、道路を背景にして、笑いながらどの車に飛び込もうかなって選び始めたり、泣いてたかと思ったら狂ったように笑い出したり、ものすごく情緒不安定だった。見ていられなくって携帯の電源ごと切った。そして、もうダメだって思った。きっとこの子はもう限界なんだろうって。薄々感じてたことが、確信に変わった瞬間だった。

 そこからしばらくして、インスタに投稿があった。今見たら消えてたから正確には思い出せないけど、「皆さん心配かけてすみませんでした。僕は今、治療を受けています」と、そんなようなことが落ち着いた文章で書いてあった。

 涙が溢れた。病院に行くほど酷かったんだという思いと、ちゃんと治療を受けてるんだという安心と、推しが心を病んでしまうほど辛いことがあったんだって現実とで、泣いた。もちろん幻滅したわけじゃないけど、ただただ辛かったし、これまでのいわば奇行みたいなものにきちんと理由があったんだってわかってホッとした部分もあった。

 そこからは辛くて、怖くて、推しの動向を確認するのをやめた。ただ、久々に配信を見た時に自分Aセクシュアルであることを明かしたのにはちょっとびっくりした。けど、それに関してはなんとも思わなかった。人それぞれだし。ただ個人的にはバイなのかなぁと思っていたので真逆でびっくりしたくらい。つくづく現代を生きづらそうな子だなぁ、とだけは思った。

 そこからは一時期より落ち着いた、まあ拗らせてるな、くらいの更新が続いた。事務所の指示なのか本当に安定してたのかはわからないけど、表面上は元気そうだった。実家にも帰ってるみたいだったし、家族は変わらず仲良さそうだし、仲のいい友達とも遊んでいるみたいだし、それで安心していた。

 そうしたら先月、ものすごく長文の投稿があった。

 何だろうと思って、でも本当は読む前から何となくわかっていた。不思議と落ち着いた気持ちだった。

 

 そしてそれは案の定、脱退しますという挨拶文だった。

 そこにはいろんなことが書いてあった。最初メンバーが脱退したときすごく辛かったこと、笑って見送らなきゃと思ったけど本当は心が引きちぎれるくらい辛かったってこと、ずっとそばにいるって約束したファンのみんなに申し訳ないって、約束を守れなくてごめんなさいという言葉が何度も出てきた。今まですごく辛かった、たくさん泣いた、というくだりで、とうとう耐えきれずにわあわあ泣いてしまった。

 最初に辞めたメンバー推しとすごく仲が良くて、本当のお兄ちゃんみたいに懐いていたから、当時はものすごく心配していた。案の定の子はあの時それを抱えきれなかったのだと思うと、そして珍しくぽつぽつと囁くように語られたあの子セクシャルも、きっと長年抱えていた大きな悩みや痛みのもとであったのだろうと思うと、推しの味わったであろう途方もない悲しみと痛みに涙が止まらなくなった。胸が苦しくなった。そんな中、気丈に頑張っていたのだろう推しの、アイドルとして見た最後笑顔が頭をよぎった。これまで話した色んなことを思い出した。

 推し推しのいたグループメンバーと、そこのファンは最早友達か近所のお兄ちゃんかみたいな距離感だったので、私も推しとはとてもファンアイドルがしないような話をたくさんした。学校休んでサイン会に行ったりしてたまに叱られることもあったけど、もう本当にしょうがないんだからって笑ってくれた。そして必ず手を握って目を合わせながら、いつもありがとうね、って笑ってくれた。手の骨が折れた時もギプスでガチガチに固めた手で踊りまくってサイン書いて、痛くないよって笑うような子だった。チョコレートが好きで、渡すとその場ですぐに食べちゃう子だった。あげた手紙をちゃんと読んで、次に会った時にその話をしてくれる子だった。誕生日も先にお祝いしてくれた。そんなことを次々と思い出した。

 推しが弱かったと言われればそれまでだ。アイドルに向いてなかったと言われればそのとおりだと思うし、甘えだと言われればそうかもしれない。同じような経験をしたって、もっと辛いことがあったって、立派にアイドルしている子なんて大勢いる。

 でも、私の推しは耐えられなかった。そしてアイドルを辞めた。それが全てだ。

 周りに推し推しグループ好きな人が皆無だったので、この気持ちを分かち合える人がいないのが辛い。でも、推しの方が多分もっと辛いし、辛かったはずだ。

 辛かったよね。しんどかったよね。嫌なこと、苦しいこと、悲しいこと、傷ついたこと、たくさんたくさんあったよね。大丈夫だよ。そんなに気に病まなくていいよ。私は辛くないよ。あなたが辛かった時に笑いながら「辛くない」と言ってくれたように、今度はこっちが言うから大丈夫、ちゃんと笑ってお別れできるから大丈夫。だからもう休んで良いよ。辛い時は辛いって言って、たくさん周りに甘えていいよ。

 だけどお願い、これだけは守ってほしい。頼むからもう二度と死にたいなんて言わないで。自分から死のうとなんてしないで。あなたが死んだら悲しむ人が、あなたの思ってるよりたくさん、たくさんいるから。

 本当に、本当に、今までたくさん頑張ってくれてありがとう。思い出をありがとう。私の十代の終わりと、二十代の初めにあなたがいてくれたことが、何よりも幸せだった。誰よりもキラキラしたアイドルだったあなたのをことを、わたしはずっと忘れません。ありがとう。ずっとずっと、大好きです。

バカにされやすい人の原因は3つの特徴から成り立つということ

inoueです。

悲しいですが、世の中にはバカにされやすい人とバカにする人がいるもの

バカにされやすい人の原因は3つの特徴から成り立ちます。「別にバカにされてもいい!」と思う人はいいのですが、やはりバカにされるのがどうしても嫌な人もいます

バカにされやすい特徴から何かを学んでは、バカにされない人生を歩んでいきましょう。

これを見ている人は、少なくとも私のような人間を目指してくださいね


バカにされやすい人の原因とは?




バカにされやすい人といっても時と場合によります

基本的な原因としては知識不足と反抗心がないというもの。反抗しない人間一見優しい人にも見えますが、バカにされる=なめられる状態にもなります

知識不足はその分野について勉強すればいいだけなので、バカにされたくなければ知識をつければいいだけ。

バカにされやすい人の原因は基本的にこの2つですが、どうやら特徴は他にあるようです。


バカにされやすい人の3つの特徴




私の自論としてバカにされやすい人の3つの特徴は以下の通り。





誰にでも優しい



バカにされやすい人の特徴に「誰にでも優しい」というのは何となく腑に落ちないもの

誰にでも優しいことは素晴らしいですし、人間としては最高の性格。けれども、よくよく考えたら誰にでも優しいということは誰にも好かれないし、嫌われないということ。

バカにされても気づきませんし、気づいても責めません。

当の本人がそれでも構わないのなら、別にそれでもいいのですがそれではあまりにも悲しすぎます

誰にでも優しいことは良いことですが、バカにされてまで良い人を演じるのは辞めたいものです。


知ったかぶりが多い



知ったかぶりが多いのはその分野について興味があるか、ただ優越感に浸りたいだけ。

知ったかぶりは見栄を張りたいという裏返しですが、バカにされやすい人の特徴でもあります

もっと知識をつけていれば、別に知ったかぶりをする必要もないのです。知ったかぶりをすることで、人生を損している人は山ほどいます

からこそ、知ったかぶりをせずにバカにされない人生を歩んでいきたいものですね。


広く浅くの博識人間



かに広く浅くの博識がある人はどの分野においても何となく重宝されそうな感じもします。

けれども、一歩間違えればバカにされやすい人にもなるということ。

その理由は、広く浅くの博識は人生に何の影響もないからです。バカにされやすいというと少し語弊がありますが、広く浅くの博識人間はいずれは誰にも相手にされないということにも繋がります

どうせなら狭く深くの博識人間になりたいものです。


バカにされやすい人の原因は3つの特徴から成り立つということのまとめ




別にバカにされても構わない人はそれでもいいでしょう。

自分人生自分で決めるべきですからね。

バカにする人よりもバカにされる人の方がまだ愛敬があっていいもの。けれども、バカにされやすい人になると人生において不利になることもしばしばあります

からこそ、適度にバカにされては上手にそれを利用していきたい。

ここまでくればバカではありませんが、やはり何ごとも考えることで打開策は見えてくるということです。

バカにされたくなければ、もっと真剣になって考えていきましょう。

2017-11-01

夫とのセックスがつらい

夫が風俗に行ったことが発覚した。私は寛容な妻だと自分で思っていたし、風俗浮気ではないと思っているので、「行くんならばれないようにするのがマナーだ。次から気をつけてくれ」というようなことを伝えてすぐに許した。

でもその時から夫の相手をするのが何となく面倒になった。

夫が風俗に行ったことが心に引っかかっているのだと思う。自分でも驚いた。今でも『風俗浮気ではない』と思っているし、気にすることではないと頭では考えているからだ。

セックスが楽しくなくなった。誘われれば応じるけれども非常に面倒になった。

これだけならば、きっとしばらく時間を置いて私も自分の心を整理できて、元通りになるんだと思う。

問題は今私達が妊活中ということだ。

病院に行って排卵日を特定して性行為もつ。一月に一度、私から夫をセックスに誘わなければいけない。それが苦痛になってきた。

仕事から帰ってきた夫をセックスに誘い、面倒な顔をされると、私は何をやってるんだろうと思う。私だってセックスしたいわけじゃない。風俗に行って悪びれもしない夫にセックスを頼むことのなんと屈辱的なことだろうか。

かと言って妊娠を先送りにする勇気もない。年齢を考えると時間無駄にするわけにはいかないからだ。

夫は私がこんな思いを抱えていることを知らない。

話したくてもこの話をすれば、風俗通いを蒸し返したと嫌な顔をされるだろう。一度許すと言ったならもうその話を蒸し返すべきでないと私も思う。

早く妊娠して、夫とセックスできなくなってしまいたい。

電ファミニゲーマーって何者なの?

ここ数年のオタクネットメディアにおいてほぼ最強クラス面白さを誇っているんだがコイツら何者だよ。

名前が「VWXYZ-ドラゴンカタパルトキャノン」や「デュエルセイバーディスティニー」を彷彿とさせるごちゃまぜ感な所を見ると何となく正体は分かるんだが詳細が分からない

2017-10-31

anond:20171031153530

日本で、(サザエほどではないが)割と昔からある作品の設定を現代に合わせて作り変えた例というと

しまじろうのらむりんとにゃっきいの入れ替え、があるな。

「元気で運動得意で賢い女の子で、母親が働くシングルマザー」と言う

ポリコレの塊みたいな設定のにゃっきい一家を新たに入れる為に、古臭い設定だったらむりん一家リストラした。

親が気に入らない要素があったとしてもタダだから何となく見てくれる、

親は本当は見せたくないけど子供が見たがるから嫌々見せている、と言う構図も発生する事もあるテレビアニメと違って

しまじろうテレビアニメもあるものの、メインは通信教材だから親に金出して契約したいと思わせないとならないわけで、

テレビアニメだけの作品よりずっとその辺は敏感にならざるを得ないんだろう。

共働き家庭も増えているのに、共働きの親が登場キャラ母親が全員専業主婦という教材に金を払いたがるか?ってやつで。

小町でやれ!な話

LINEで都合を聞いて既読は付くが返事が無い場合に、数日返事が無かったので「すまん、他当たる」と送ったが。「今、忙しいから」の一行の返事も送れない程忙しいのか?と。非常にモヤモヤする。グループラインなら返事が無いときはよくあるけど、二人でのやり取りの時ね。

こちらは性格的に、チケットが1枚しか無い時、誘いのメールを同時に複数人に向けて出したくないタイプなので、返事を待っちゃうんだけど。今は、複数人にシレっと出して、OKがバッティングしたら「誘っておいてなんだけど、先約決まっちゃった。ゴメン」で済ませる人が主流派なんだろうか?

期日も迫っちゃうし、何となくモヤモヤした話でした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん