「下痢」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 下痢とは

2017-07-24

帰路でうんこ漏らした話

こんばんわ

タイトル通りです、ウンコが出ました

うんこもりもり森鴎外です

ここ数日の間の出来事です

いつも通り某所から徒歩で帰宅していると、おなかが痛くなってきました

この程度なら平気だろうと思ってました、おうちまで徒歩残り15分と言ったところです

5分ほど歩いていると、便意を催しました

便意です

便意っておなら出る前兆と似てる感じしないですか?

おならだったらいいなぁって思ったんですけど間違いなくうんこでした、もうそこまでいるみたいです

やべえなあこれおなかも痛いなぁやべえなあと思いながら速足で歩いていました

この時はまだ、間に合うだろうという感じというか、そもそも人生20年~30年の間くらいは生きているのですが、漏らした経験が無いのでまあ平気だろうなと

さらに2分くらい歩いていると、限界を感じました

つのから勝手に何か出てくるんですよ

感覚的にはおならが出そうで我慢して上手い感じに音だけ消したおならを出そうとしたけど密室からばれると思って力入れるも手遅れで帰っていかない、ずっとけつの間におならがいるって感じ

私の場合うんこなんですけどね

もういるんですよ、なんなら出てるんですよね

まあその状態キープして帰ってやろうと、いっそ開き直ったわけです

しかちょっと歩くとさらなるやばさを感じました

もう出るんですよ、出ると思った

車が横通り過ぎて行ったり高校生が歩いていたり、何も気にせずケツを抑えて歩き始めました

すると楽になったというか、もう何もなかった気がしてきてですね、勝ったなと思ったわけです

例えば飯食ってるときとか、おなか一杯かと思ったけどゲップしたらまだまだ食える気がしてくるみたいな

そう、気がしてるだけでまたすぐうんこがけつのあいだに現れようとしているんです

もう激痛です、無理です

この辺りでどうやって漏らすか考え始めました

近くにコンビニとか無いのでそこらの茂みとか探すんですけどなかなか無いんです

考えながらも足は家へ向かい続けています

超冷静です、世界一冷静にクソをどうやって処分するか考えています

足もすごいんです、競歩選手もクソちびるレベルの速さです、ちびるのは私なんですけどね

何度か同じようにして、出そう→けつを抑える→ましになるを繰り返してました

もう家は目前です、これは勝ったな、クソはトイレにするもんだなと

残り家まで2分と言ったところでしょうか、第8波がやってきたくらいでした

それまでの痛みとは違い、歩けないレベルの奴が来ました

ここは歩道です

歩けないんです、おなかが痛いしなんならおしりも痛いし頭も痛い

ついでにおしっこしたい

歩道です

ケツに力を今一度入れなおしました

しかしだ、それでも出てくるんだなぁうんこ

歩道なんだよなぁ

うんこが出てくるんだよなぁ

おならだと思ったんですよ

おなら我慢できないというか、おなら我慢するなんて体に悪いんですよね

我慢しようとはしたんですけど、もう出てくるんですわ

完全に歩けなくなってしまって立ち止まって数秒、格闘したのちおならが出たと思った

おならが出たと思った瞬間、おならでは成しえないぬくもりがケツ周辺を温めました

あったけぇ、、、

完全に決壊したダムでした

まぎれもなくダム、一切止まらない、もりもりなんてもんじゃねえ、ドババババババ

おならだと思ったそれはうんこであり、栓であった

一瞬でアナルガバガバ人間になってしまった

もう止まらねえ、腸内のすべての下痢うんこを出し切るまで止まる気がしねえ

ズボンの下からどろどろのクソが漏れてきた

グザイが柔らかいスープカレーみてえな感じだった

靴を汚したくないと思って前かがみになった、好きなエロ漫画と同じポーズだと思った

なんかもう一周回って気分がよかった

こんな経験初めてだ

私はここでうんこをしている

宇宙の真理にたどり着いたかのようだった

誰にも邪魔させない

時が永遠のように感じられた

ケツからももから足から全部が暖かかった

やっととまったと思ったらすぐさま周りを確認し、何事もなかったかのように家へ向かって歩き出した

雨がきっといつかきれいにしてくれる

梅雨が明けたなんて嘘に違いない

なんかおっさんとすれ違ったけど多分気のせいだろう

風呂場へ駆け込んでもうヒトグソひねり出してやった

今度はさっきと違って絶望しか感じられなかった

クソが

あほほど時間かけてズボンパンツ洗って風呂場も掃除してアホかと思って黄昏ていた

ついでに風呂場を掃除した

排水付近が気になってたのでちょうどよかった

入念に洗濯も2回回した、手洗いを3回した後でだ

本当に疲れた、もういやだった

翌日その道を通ると、道にカレーが置いてあった

知らないふりをした、ごめんな

みんなごめんな

2017-07-20

やり過ぎてしまう人々。

この間の、急性食塩中毒乳児死亡のニュースを受けて、厚労省食塩中毒への注意喚起をするようにとのお達しを出したとかで、それを受けた県から各保育施設通達が来たんだそう。今日近所の保育所併設の子育て支援センターに行ったら、その文書が丁度貼り出されるところだった。

で、それを貼り出していた職員さん達が話していたんだけれど、こんな当たり前の事がわからない馬鹿どこにいるのかと。事件を起こした保育士と認可外保育所特別オカシイだけというような事を言っていた。

大人が飲んでもしょっぱく感じる致死量食塩が溶かされた液体を、子供普通に飲む訳ないから、事件を起こした保育士は悪逆非道まりない方法でもって被害乳児に飲むのを強いたのであろうと。

でも、私は思うのだけれども、乳幼児って味にうるさいわりには塩味に鈍感なきらいがあるので、案外差し出されれば飲んでしまうのではないかと。それに暑さで喉がカラカラに渇いていたら、味とか関係無く与えられた飲み物をがぶ飲みしてしまう事は有り得る。

虐待的なやり方でなくても子供食塩過剰飲料を飲ます事は出来るかもしれないし、ならば殺意のないどころかむしろ善意のつもりで、つまり熱中症予防のつもりで子供を殺す事は起こり得る。特別邪悪人間で無くとも起こし得る事故だと思う。

という事を保育士さん達に言ったら鼻で笑われてしまった。

常識的に考えろと。小さじ一杯の塩を溶かしたコップ一杯の水なんか大人でも飲めないのに、自分でも飲めないものを小さな子供にやる馬鹿がどこにいる?と。

反論しても素人の癖に知った口をきくなという空気がむんむんに漂っていたから、私は押し黙った。

じっさい、アホほど塩を溶かした水を1歳の赤ちゃんに飲ませた人なんか私は知らないし。1歳の赤ちゃんが濃い食塩水自分から飲んでる場面も見たことはないのだし。

けれども、私は有り得ると思うのだ。

何故って、巷では熱中症対策として塩を強調した飲食物が大々的に売り出されているではないか

それらの売り場にでかでかと書かれた「塩」の文字。それを見て頭が\パーン/ってなっちゃって、自分でもやたらめったら塩分を摂り他人にもガンガン勧める、みたいな人がきっといる。そう思うのだ。

そういう事で塩分を過剰摂取をして危険な目に遭った人の体験談は聞いたり読んだりした事はまだ無いのだが、逆に、塩分の摂らなすぎで重大な健康被害に遭った人のブログなら読んだ事がある。

そのブログの主は当時妊婦さんで、妊婦健診の際に浮腫み防止の為に減塩することを助産師から勧められて、なんと減塩どころか無塩の生活を始めてしまったのだ。しか真夏。確か、一週間ぐらいしたら下痢が止まらなくなったと書いてあった。しかブログ主は無塩生活をしてしまった事への反省の色はちっとも見せず、それが私には衝撃的だった。

このように、なんかやり過ぎてしまう人っていうのはいものなのだ

他にも、冷えは良くないと信じて真夏に酷い汗疹ができるほどタケノコ状に着込む人や、意地でもエアコンを点けない人などならよくいる。

身体に良いと思い込むと止まらない、むしろ全力で死に急いでしま人達。そういう人が小さな子供の面倒を見ると危険なんだろうなぁ。

かといって育児プロだけに担わせるのも無理ってもんだし、それではやり過ぎてしまう人々問題解決しない。

やり過ぎてしまう人々のやる気スイッチを押さない事を考えた方がいい。

広告の打ち方や健康指導のしかたを、やり過ぎてしまう人々に配慮したものにすべきだろう。

ウンコ漏らした

当方便通貴族。便通/日は1.8くらいで、小学校低学年くらいか下痢にはなっても便秘になったことはない。

アニメイベント、朝起きてまず一回。昼前くらい現地に早めについてさらにもう一回。

その状態イベント開始を待っていたら、なんだか蕁麻疹がでて来た。

まえ、コミケ待機の時にもあったが、そのままじっとしてたら治ったので大丈夫だろうと思ってた。

イベント開始して、最初の司会や声優の紹介は覚えていたのだが、なんだか変な汗が出てきて朦朧として、およそ30分くらいの声優の生コメンタリーあたりはおぼろげに覚えているくらい。

上映が終わって、声優トークが始まったあたりで蕁麻疹も治まり意識も明瞭になってきた。

イベント終わって、野外の喫煙所タバコ吸って、なんか尻のあたりが汗で冷たいなーと、コンビニトイレパンツ下ろしたら、汗じゃなかった。

かなりビビッて医者行ったら、「場合によっては命に関わることもあるけど、まあ、たぶん大丈夫ですよ」と微妙な言われ方した。

それ以来蕁麻疹はでてきてないけど、正直どうするのが正解だったんだろ?

2017-07-18

マックうんこを漏らしそうになって人生が変わった

 それは昼下がりのマクドナルドでのことであった。

 わたしがいつものように夏の暑さとセミの音と夏休み乱交合宿の打ち合わせにはしゃいでいるヤリサ学生どもを呪いつつマンゴースムージーをすすりながら次の次の次くらいのどうでもいい会議書類に目を通していると、どこからか甘く懐かしいささやき声がひびいてきた。


「……すだちゃん。ますだちゃん。増田ちゃん? 聞こえる?」


 そ、その声ーーあなたうん子!


「よかった。おぼえていてくれたのね。忘れられちゃったかもと思ったけれど……」


 忘れるわけはない。

 わたしとうん子は小さいこから親友だった。

 うん子はうんこ精霊であるうんこに関するあらゆる事象を司り、時に歴史の流れを決定づけるほどの暗躍を果たしてきた。

 カエサルナポレオン徳川家康コロコロコミックドナルド・トランプ……偉人たちの便意と決断の裏には常に彼女の姿があったといっていい。

 わたし人生においても、常にうん子の助力があった。そう、幼稚園でのお遊戯時間うんこを盛大に漏らしてから、小二の給食、小五の運動会、中一の合唱会、高一の塾合宿ーーずっとわたしとうん子はいっしょだった。

 唯一の友達だったといってもいい。

 心無い同級生からうんこ」「うんこ漏らし」「下痢便カレー」「うんこに愛されし子」「ザ・うんこ」「進撃のうんこ」「逢うんこうんこ園(ジャンプ打ち切りマンガにちなんだあだ名は他にも30ほどあった))「うんこ界の稲尾和久(約三日に一度のペースで漏らしていたため)」などと残酷あだ名をつけられ、うんこにちなんだいじめを散々受けていたわたしに近づくものなどいなかった。

 だが、気にしなかった。彼女と一緒にいたころは、うんこを漏らすことがはずかしいことだなんて微塵も思っていなかった。

 パンツを茶一色に染めたことで母親からものすごく叱られて、ひとり部屋で泣きはらしていた夜にも彼女は現れ、

うんこを漏らすことをできるのは、選ばれた子どもだけなのよ」と、励ましてくれた。

 うん子さえいれば、わたしは他に誰もいらなかった。


 だが、いつのころからだろう。おとなになるにつれて、わたしには彼女の姿が見えなくなり、彼女の声が聞こえなくなった。

 大学生から社会人になる過程で段々と「ほんとうはうんこを人前で漏らすのははずかしいことなんだ」という意識が芽生えるようになり、今の職場面接を受けるさいの「うんこを漏らしたことはありますか?」というよくある質問にも平然と「ありません」と答えた。

 そして、毎月給料をもらい、ちゃんとトイレを便座に座ってやるようになると(ウォシュレット存在を知ったのもこのころだ)、うんこ精霊うん子の存在も忘れ去ったーー。


「落ち着いてよく聞いて。これから十数秒後にものすごい勢いで貴方うんこをもらす」

 再会の驚きをふっとばすうん子のことばにわたしはことばを失った。


 漏らす?

 このわたしが?

 立派な社会人であるこのわたしが?

 この増田??????


 わたし恐慌に陥った。

 今ここで漏らしたらどうなる?

 隣の席で互いに性的視線を送りっているヤリサーのブスどもは持ち前の野生の勘で間違いなくうんこのにおいを嗅ぎつけるだろう。そして瞬時にそのにおいの発生源を特定するだろう。

 彼らはわたしをゆびさして嘲笑し、周囲の客たちもわたし汚物を見るような視線を投げるだろう。

 そうだ、わたし汚物になるのだ。

 うんこ漏らした汚物ニュースはたちまちその日のトップニュースとしてローカル局報道され、会社にも伝わり、わたし面接ときについたウソをとがめられ(「おとなになってうんこを漏らすような人間が、以前にもうんこを漏らした経験がないはずがないよな?」)、おりもののついたナプキンがごとき扱いで会社から、そして地域社会から追放される。借りているマンションも追い出されるだろう。実家からも縁は切られる。

 それからは宿無し生活だ。行く先々でこどもたちから「いたぞ! うんこだ! マックうんこをもらした早打ちマックとはあいつのこと!」とはやしたられ、石を投げられる。

 額に投石を受けて、地に倒れ込んでも、わたしは「しょうがないんだ」と自分に言い聞かせなければならない。それだけの罪を犯したのだから……と。


「あきらめないで増田ちゃん!」

 うん子の声がクソみたいに悲惨未来予想から現実を取り戻す。

わたしがーーこのうん子がどうにかするわ。あなたうんこなんて漏らさせない。絶対あなたを助けてみせる」

 ほんとうに? と絶望するわたし疑念を口にしかけるが、できる、ほんとうに彼女なら可能なのだとおもいなおす。 


 なにせ彼女うんこ妖精。便意など思いのままだ。


 だがーー。


 あなたはそれでいいの、とわたしは言う。

 うん子にはうんこを漏らしたときしか会えない。

 今は声しか聞こえない彼女だけれど、わたしが「実」をこの場で出せば、その姿を現前させられる。


 あの愛らしい、あの懐かしい、

 わたしのたったひとりの友だち。


 会いたい。

 眼から涙が溢れ出していた。

 会いたい。会いたい。会いたい。

 うん子にもう一度会いたい。

 この十年間、十五年だっけ?

 ほんとうにいろいろあったんだよ。

 あなたに話したいこといっぱいあるんだよ。

 あなたから聞きたいこと、いっぱいあるんだよ。

 話したい、お話したい、

 三ヶ月溜めた便秘を吐き出すように私の話を聞かせたい。

 三時間つづく下痢便のようにあなたの話を聞いていたい。


わたしあなたに会いたい」

 とうん子は言う。

 だったら、漏らしたってわたしはーー

「でも、ダメあなたはおとなになったのよ、増田うんこを漏らすことをできるのは子どもあいだだけ。おとなはうんこをもらしちゃだめなの。わたしと会っちゃ、ダメなの」

 わたしマックの硬いソファの上で恥も外聞もなく駄々をこねた。いやだいやだいやだ私はうんこを漏らすんだ。

 だってそうすれば、あなたにまだ言ってないこともーー。


 うん子の「ふふっ」という笑い声が虚空のかなたか漏れた。戸惑うような、愛情の篭った吐息だった。

「ごめんね。ありがとうさようなら増田



 ブリブリブリブリブリイジギュルリルリイリブリッブッブッブッブーブリリリリィ!!!



 盛大に漏れる音がした。

 尻に湿ったものほとばしった。

 この感触

 十年間ずっと忘れていたこのなまあたたかさ。


 終わった、と思った。


 だが、不思議とヤリサーたちが異臭に気づいたようすはない。わたしにもにおいはわからない。自分の便だからだろうか?

 うん子の気配もどこかへ失せていた。

 わたしは平静を装って席を立ち、トイレへと向かった。

 便座に座って下を脱ぎ、解脱した僧侶のような心持ちパンツを見つめる。買ったときには真っ白だった、清純と純潔の象徴のようなパンツ……。


 白いままだった。

 夏空に浮かぶ背の高い雲、この前観た『メアリと魔女の花』に描かれていた積乱雲のように晴れやかな白だった。

 茶色い粘った汚れなど、かけらもついていない。


 わたしは漏らしていなかったのだ。

 だとしたら、あの確実に三リットルはぶちまけたような大きな排便音はいったいーー?


 トイレから出て、席に戻ろうして、店内がやたら騒がしいことに気づいた。

 ヤリサーどものあたりである。彼らの阿鼻叫喚が聞こえてくる。

「テメーおまえウンコなんか漏らしやがって」「マジふざけんな」「これからおまえの名前はウンコノミクスだ」

 わたしはそのまま席に戻らず、店外へと出た。

 雲ひとつない、パンツはいていないお尻のように清潔な空に、純白の肛門にも似た太陽が燦々と輝き、けがれのない世界をつつんでいた。

休日明けの朝食

食べたのは納豆ごはん味噌汁

冷奴焼き魚

休日に大して食っていなかったからか

必ず下痢便に変わってしまう。

いい加減食わない方がマシかもしれない。

2017-07-17

下痢してる時のご飯どうしてる?

昨日から明らかに下痢しててさ、水分を摂取しただけでも下痢が出ちゃう状態なんだよね

もう俺の腸の中はきっとカラッポ

でさ、こんな時ってご飯食べたら明らかに口から入ったモノタチは、十中八九下痢で出てくるってわかるじゃん?

で、考えるわけよ

食欲を優先するべきなのか、それとも明らかに下痢で出てくるから食べないべきなのか

みんなはこういうお腹具合の時はどうしてるの?

ご飯食べるの?

それとも下痢クライシスを恐れて食べるのを控えるの?

2017-07-16

鼻くそを食べなくなって1年、俺の体に何が起きたか

俺の身体と心境の変化を書き残しておく。

 1.食べ物に対する軽いアレルギー症状がなくなった

コーヒーが飲めるように、そして生玉ねぎが食えるようになった。

よってコーヒーは飲むと健康になるのではなく、飲める人は健康なんだ説を強く推す。

生玉ねぎも同様。

 2.後天性のワキガが消えた

1ヶ月目で左腋から汗と臭いがほぼなくなり、3ヶ月目で右腋の臭い正常化した。(普通に雑巾臭いで安定)

近年日本ワキガ体質やアレルギー持ちの人が増加していると聞くが、ぶっちゃけ大気汚染が原因ではないかと思える。

 3.腹の調子がよくなった

1ヶ月ほどで右脇腹の痛みが消え、慢性的下痢便秘お腹の冷えも解消。痔も良くなる。

 4.体重が5kg増えた

これは加齢が原因だと思うが、もしかすると鼻くそ神がお怒りなのかもしれない。

 5.綺麗好きになった

朝晩に欠かさず顔を洗い、歯も磨くようになる。今まで面倒だと思っていた掃除マメに行うようになった。

 6.脳の働きが良くなった

勉強中にイライラしなくなった。

 7.鼻くそを食べたいと思わなくなった

やっぱ有害物質だよね、これ


チラ裏以上

2017-07-09

定期的に下痢が止まらん時期が来るんだが

やばいかな?

2017-07-07

昨日は朝っぱらから水溶性下痢

前日から転院しようと決めていた。

下痢説明するのが憚られ、腎臓とは別件だろうと思い口を噤んだ結果、また抗生物質が処方される。

今朝も相変わらずの下痢抗生物質下痢助長させる事をすっかり忘れていた。

加えて、今日から生理。やっと来てくれたね。

暫くはヨーグルトでも食べて様子見するしか無いのか。全部一つの病気に紐付いてたら嫌だな。

2017-07-06

はい下痢確定

ごちそうさましてから

生肉つついた割り箸で食べていたことに気がついた

2017-07-05

知り合いの家の猫が明らかにストレス過多でかわいそうでみてられない。猫の嘔吐下痢が治まらず悩まされているのだけど、明らかに知り合い宅の乳児が原因。

原因が分かったからといってどちらかを手放すとか隔離するとかはできないし、知り合いも猫もかわいそう。

知り合いも猫のストレスの原因には気づいているのだろうけど、表向きそうとは言わないから猫を一時預かろうか? とも言えずもどかしい

まあ私の助けなんて求めていないだろうけど。

ウォシュレットで洗うとお尻の穴の腰に近い部分がピリって痛いんだよね。

でもティッシュで触ると痛くないんだよ。

これって皮がむけてるとかそういう系?

本当、お尻が心配だよー。昔肛門周囲膿瘍で手術したし。おなかが弱くて下痢になりやすいし。

こええええ。

2017-07-04

https://anond.hatelabo.jp/20170704043216

貴重な資料だ。

50年くらい続けて「あ~老けたなあ・・・」なんて思いそう。

下痢は撮ってないというのが残念。

なぜ私が漏らさねばならないのか

しか下痢便。

お腹痛いな~と思いながらも出勤前の夫が恒例の籠城をしており代わってもらおうか?と思いながらも踏ん張りきれてない状態職場に向かう夫を想像するとかわいそうで言えなかった。

皿を洗いながら尻への違和感不安確信に変わりながらも私は急激な便意を我慢できない体質なのか過去に何度かパンツを汚したことがあるのでそこは努めて冷静に何もないかのように振る舞い戦場から帰還した夫をさわやかな笑顔で見送ったあとトイレへと駆け込んだが時既に遅し。

なぜ私が漏らさねばならないのか?

なぜお腹が痛い。早く出てくれと言えなかったのか?

しろなぜ夫は妻のピンチに気付かずのうのうとトイレを独占できたのか?

夫よ

まじで時間のない朝に1つしかないトイレ独占するのやめろ。

もう5年位自分の排便姿を録画し続けている

タイトルオチなんだけど18歳のとき興味本位でふざけてカメラ付きケータイ動画を録ってから

大便が出る様子に魅了された結果、食べたものの記録と下痢でない限りはずっとそれを撮り続けている。

口に食べ物を入れて咀嚼されたあと、胃で消化されて腸で吸収されるプロセスに果てしない神秘を感じるし

異形の塊として肛門から出て来る様子がなんともたまらない、

しわしわに窄まった肛門が息むとと同時にまるで別の生き物のようにうねうね開いたりする様子や

限界まで開いたときに便が吐き出される様子をみてるとぞくぞくしてしまう。

また出してるときも興奮する、消化が終わって下腹部が暖かくなってきたあたりから腹痛になって

お腹にたまったものを腸をするする抜けていく感触が最高。

できるだけ長いほうが気持ちもいいので便は切れないように少しずつだそうとしたりする。

連休になったりするといいうんちを出すために、ちょっと我慢したり麦ごはんをいっぱい食べたり

乳酸菌入り飲むヨーグルトとか油多めのラーメンとかを食べたりすると

太さは3~4センチで50cmくらいのが出たりする。大きいうんちを見るととても嬉しい。よく出てくれましたって感じ。

撮るとき基本的には一段高くなった和式トイレを斜め後ろからビデオカメラで取ってる

お尻の穴が陰で見えずらかったりするのでライトレフ板を使って肛門を見えるようにしている

セルフタイマーが切れ録画が始まったあたりから徐々に肛門に力をいれてゆっくりぱくぱくさせて

便が出るあたりで、慎重に呼吸を整え便が切れないようにゆっくり出していく。

うんちがうんちでいられるのはお尻からぶらさがって便器に落ちるまでだと勝手に思っている。

出し終えたら肛門が閉じるまでじっくり待つ...おしまい

PCに撮りためた動画はめったに見ない、でも消したらもったいない気がする。

このままだけど一生撮りためそうだけどお嫁にいくかうんちと心中するかって考えちゃうよね...

2017-06-30

齢三十五、たった今うんこを漏らした

ついに、俺もうんこを漏らしてしまった。

うんこを漏らす増田をありえないと鼻で笑っていた俺も、

ついにこちら側へ来てしまった。

今日下痢気味だった。

会社ものすごい勢いの液状うんこをぶっ放して、

便器の横サイドがウンコまみれになるぐらいの下痢だった。

もちろんちゃんと掃除をした。

しかし、会社できっちりうんこしたため、通退勤時間に漏らすようなことはなかった。

問題は家に帰ってくつろいでいる時に起こった。

ベッドでスマホ見ながらダラダラしていると肛門圧力がかかる。

この感覚は屁である

俺は肛門を開けガスを放出した。

小気味いい音を発しながらくっさい屁が部屋に充満する。

なんて臭いだろう。

だが、屁とは臭いもの。気にしてはいけない。

俺は引き続きスマホでダラダラ過ごす。

すると、再び肛門に圧がかかる。

また屁だ。

俺は開門する。

べちゃ。

かい感触

俺は飛び起きてトイレへ走った。

ボクサーパンツおろした時点ですごい臭いだ。

紛れもなく液状うんこパンツに付着している。

俺は漏らしたのだ。

量にして大さじ二杯程度のうんこ

それでも漏らしたのだ。

しかし、俺も大人。この程度のことで落ち込んではいられない。

トイレットペーパーパンツを拭いて洗濯すれば復旧出来るのではないかと考えた。

その程度の傷だと思ったのだ。

だが、拭いても拭いてもうんこ茶色がつく。

拭いても拭いても血が取れないと嘆く定番のシーンのようだ。

パンツに顔を近づけてみると終末が訪れたような臭いがする。

このパンツの復旧は無理だ。

俺は諦めてパンツを袋に入れた。

そして、PCに向き合い増田を書き始めた。

2017-06-29

金持ち下痢便シェイクでも飲んでろ

な~にが豪華列車じゃぼけ

こっちは通勤定期20000円の殺人通勤ラッシュ中央線じゃアホ

金持ちに100億投資するぐらないなら、早く増発しろゴミJR

たまの旅行も座れない東海道線に乗って、鎌倉かいう人の海に飛び込みにいくだけじゃゴミカス

まれてこの方、16年も小中高大と国公立にお世話になって勉強して、手取り20万でひいひい生きてるんだわ。

結婚?金ないからできねーよアホ。現実を見ろ日本政府

それなのに、増税増税。どんなけ俺ら貧民から金をむしり取ろうとすんの。

だったら金持ちから、金取れよ。

ハイパーインフレとか起こせば金持ちの金は吹っ飛ぶぞ。

ハイパーインフレよりも、豪華列車とかグリーン車とかファーストクラスとか、相続貯金に5000兆%ぐらい税金かけろよ。

まあ、どうせ金持ち政府を動かしてるから何もできないだろうよ。やーいやーい!大失敗のアベノミクスー!!

金持ちはどうせこの日記見て、踏ん反り返って笑ってるんだろうよ。

金を右から左に動かすだけの何も産まない空き缶拾い以下。

ゴミみたいな稼ぎで乗る豪華列車楽しいか?w

楽しいだろうなーw

地獄に落ちろ。

来世生まれ変わるならソビエト人民に生まれたかった。

では。

2017-06-28

藤井聡太四段29連勝達成おめでとう!俺はプールに浮かんでたウンコ飲んじゃったよ!

一足早く近所の温水プールにて夏を満喫していた俺、深く潜って顔を上げた瞬間、息継ぎをしようと口を開けたその口内に固形物が入ってきた。始めは訳が分からず、軽く咀嚼したちゃったよ。牛肉の味がしたよ。

藤井聡太四段が29連勝。俺は肉の味がする糞を飲んじゃった。くっそー。カレーが食べれないじゃないか犯人は誰かわからんが、たぶん子どもだろう。だから言ったんだ。子ども大人を同じプールで泳がせるんじゃないって。

でもラッキーもあった。口の中を濯ごうとプールから出て、洗面台で口を洗っていたときたまたま隣に来た女の子中学生)が滑って転んだ、といっても少し滑ったくらいだったからケガとかなかったけど(たぶん)、そのとき大股で転んでしかも俺の方に尻を向けて水着が垂直に食い込んだケツを俺にこれでもかと言わんばかりに見せつけてきた。俺は思わず、飲み込んじゃったよ糞水を。うげー。。。なに?俺が羨ましいって?このロリコン野郎ども!自慢じゃないが俺は運がいい男だ。

結末を話せば、今、俺は便所で原因不明下痢に悩まされている。俺の人生下り坂だ。運命が29い。

2017-06-25

資格試験脱糞した話

ある特殊資格を取得するためにその日は万全の体制で臨んだ試験だったのですが、その日突然下痢に襲われ、とてもたえられずパンツを脱いでしまいました。

よくよく考えてみると、試験前にフレンドリーに話しかけてきた人からもらったジュースが原因ではないかと思いました。

彼はライバルを蹴落とすために姑息手段に出たのです。

あの時、彼は差し出されたジュースを何のためらいもなく飲む私を見て

『くくく そのジュースは超強力な下剤入り!!一口飲めば3日は ウンコ土石流みたく止まらねェ!お前 もうパンツはいテストを受けることすらできないぜ!』

などと思ったのでしょう。くやしいです。

2017-06-20

外出中にうんこを漏らしたけど、半日間気が付かなかった

 痔で血が出ていて、お尻に違和感があるのかと思っていたら、液状に近いうんこパンツに付着していた。

 血ではなくてうんこ安心…っておいおい。お腹がいたいなと思って常備してる下痢止めを飲んだのが昼前。漏れいたことに気が付いたのが夜。たぶん漏れたのは昼頃だと思う。

 漏らしたことに気が付かずに半日間も外で過ごしていた自分ちょっと驚きを隠せない。しかグループで行動していたのにそれを指摘する人がいなかったのがまた驚き…気を使わせてしまった。

 今回の件で学んだことは、うんこを漏らしたまま過ごしていても意外とスルーされるということ。あと、お尻に違和感を感じたら、早めにトイレに行ったほうがいいということです。

2017-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20170617215847

詳細希望の声があったので書きます

といっても大して面白味のある話じゃない。

まずおれは生来おなかが弱い。これまでも、もう少しのところを危うくトイレに駆け込んで事なきを得る、ということが年に数回はあった。

なのに趣味食事ストレス食いの悪癖もある。


はいえ、これまではなんだかんだと漏らさずに済んできたわけで、今回は何が違ったのか。

はっきりとしたことはおれにもわからない。きっと、要素の積み重ねなんだろう。

前の晩に日高屋ホルモン炒めを食い、ココイチで牛尽くしカレーを食い、しまいに家でよっちゃんイカを容器の半分も空けてしまった。

仕事が上手く行かないことが原因のストレスいである。

まずこの時点で屁が止まらなくなった。まったく愚かしいことだ。どうか笑ってくれ。


だというのに翌朝はよっちゃんイカの残りを空けた。それからアイスクリーム。そろそろ死ぬんじゃないのか?

そしてこの日の昼はおそとで焼肉。安い輸入肉の低質な脂とアルコールが俺の腸にダメージを加えた。

相変わらず屁は止まらない。腹の感覚もなにやらよろしくない。とはい便器に座っても大した物は出てこなかった。

経験的に言って腹を下すだろう、という予測はこの時点で立っていた。

でもまあなんとかなるだろう、とタカをくくっていたのだ……。


食事を終え、すこし煙臭い身を引きずって大都会ウィンドウショッピングを楽しんでいると、一回目の波。

さっくりと目の前の店のトイレを借りて済ませる。

これ自体は大したやつではなかった。ふつうの便意と言っていい。腹痛もあまり無い。出てきたのは消化不良気味のやつだったが、これは予想の範疇

ここで何ら問題なく対処できたことが、油断に拍車を掛けたのは事実である


(みなさんもご存知のことと思うが、下痢には波がある。

 一度トイレで済ませても、10分~20分くらいの周期を置いて二度、三度と便意の波が押し寄せるのだ。

 それは腹が空っぽになるまで続く。

 もちろんこの時のおれにもその認識はあった。だがナメてかかっていたのだ。

 腹痛があまり無かったこと、そして余裕を持ってトイレに駆け込めたことで。

 無意識に、さっきのやつでおしまいだろう、と希望的観測採用してしまっていた。)


さて、店のトイレを出てウィンドウショッピングに戻る。20分くらい移動したところで、第二波が来た。

それは慣れない街の、雑踏の真ん中でのことだった。

波ははじめ弱く。そして徐々に強く。

手近なコンビニで済ませようかと思ったが――――見当たらない。

気軽にトイレを使えそうな店がどうにも見当たらない。

冷や汗が滲み出した。


恥も外聞もなく、ここで目の前の居酒屋に駆け込んでおけばよかったのだろう。

血走った目でトイレを貸すよう懇願すれば、店員も断れまい。

だが尊大羞恥心がそれを許さなかった。おれは腹に爆弾を抱えて、孤独に街を彷徨いはじめた。


人混みがうとましい。小走りにもなれない。

相変わらず店が無い。クソッタレが。

波は徐々に強くなる。焦燥感が加速していく。


どうにか交差点に辿り着く。

正面にはデパート。知らない店だが、経験的に言って2F以上か地下に男子トイレがあるはずだ。

たとえ受付に身を乗り出してトイレ場所を尋ねても、店員は親切に場所を教えてくれることだろう。

――だがすんでのところで赤信号。ここが運命の分かれ道。

おれは右を向いた。高級ブランドブティックがあった。とりあえず横断歩道を渡る。

歩道から中を覗くと、白人イケメン店員と目が合った。

直感的に彼は貸してくれなさそうな気がした。

たぶんそんなことは無いんだろう。でもそのときはそう思ってしまった。

駆け足で通り過ぎると、隣にもビルがあった。

フロア表示で7階に男子トイレ

7階だと。

脈打つ腹を抱えてガラガラエスカレーターを駆け昇る。

全力疾走はできない。もう肛門まで来てしまっているから。

必死に括約筋を引き締め、腹の波と対話しながら昇る。

尻を庇って下肢のみを動かす、早歩きと駆け足の中間のような不自然スタイル

腹が数十秒周期でぐうぐうと鳴っているのがわかる。

超自我によって抑制された排便圧力が行き場を失い、ガスが腹の中で蠢いているのだ。

ひとたびぐう、と鳴るたび少しだけラクになる。そしてまただんだんと強まってくる。

これはクラシック演奏か何かか。

途中からエスカレーターが互い違い式になっている。フロアをぐるりと迂回しなければ上階行きに乗れないクソ仕様

万引き防止か? 誰がやるんだよ。

いらっしゃいませーと挨拶してくる店員を尻目に足を引きずる。

正直、5Fくらいでダメかな、という感じはあった。

ケツの穴を締め切れずに何かが漏れ出してしまったような。

でも希望的観測でひた走る。

7F。トイレ。太腿をぴったりと締めながら個室のドアを乱暴に施錠。

操り人形のようなぎこちなさでズボンパンツを下ろす。

はいやっぱりダメでした――――。


運良くビニール袋を持っていたので、ドロドロの汚物で汚れたパンツはそれに入れてトイレゴミ箱に捨てさせてもらった。

ビル関係者のみなさんごめんなさい。でも、自宅まで汚物を持ち歩く方が公衆衛生問題だと思ったんです。

ズボンにまでちょこっと染み出していた分はトイレットペーパー申し訳程度に拭き取り、カバンでなんとなく隠して帰宅

電車の中で特段イヤな顔をされたりすることはなかったので、たぶん臭いはしなかったんだと思う。そう信じたい。


途中、どうしても喉が乾いてしょうがなかったのでコンビニピルクルを買って飲んだら第三波が来ました。

乳酸菌が長期的におなかによくても冷たい液体が短期的に悪いに決まっておろうが。

正直アホの極みだと思うが、それくらい判断力ボロボロだったんです。

公園公衆便所で無事排便。おおむね水下痢

家に帰ってズボンを手洗いし、あとは何度かトイレで水下痢を出して一件落着でした。どこがだよ。


~おしり

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170615224929

同じく就職活動(まだ終わらない)中の21女だが私も最近痔になった。

私の場合お腹を壊したり説明会ばかりで食べてる暇もないなど一日一食、休みの日も寝たまま起き上がれない日が続き、ついでに50日来なかった生理がやって来て、もうなんかズタボロになって一日の半分くらいトイレにいたりした。

で、お風呂に入った時に、本当にふと思い立ってお尻のほうを、肛門のあたりを触ってみると、何か……まあイボ痔のイボが出てたのである

泣きながら調べたらマジで「押し込め」って書いてあったので泣きながら押し込みましたよ。

泣きながらボラギノール買いに行ったよ。

お腹がずっと痛いのもなかなか治らなくて、ずっと下痢が続いた。

ちゃんとしたものを食べてふつうの便をしなきゃいけないと思うとプレッシャーだった。

自分で言うのもなんだけど、私は全然便秘ではない人間だったのに、なんかもうトイレに行くのも排泄するのも怖くなってしまった。

今は、押し込んだものが出てくること……はたまにあるので、その度には押し込んでるが、初めのあのヤバい出方はない。

とにかく、長時間便座に座ってるのは本当にやめたほうがいいんじゃないかなー?

痔には年齢とか関係ないぜ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん