「主語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 主語とは

2022-01-25

増田で対多数に向けた主張をする無意味

あのさ、増田だぜ?

自分でアンフェミ増田書いてからツイフェミみたいな反論書き込んでもバレないんだぞここ?

こんなところでスケールデカイ主張や主語デカ反論して何の意味があるのよ。

これがツイフェミならまだ動機だけはわかるんだよ、主張内容はともかくさ。

あそこで主張するとどんだけトンチンカンでもタイミングと運、あとは上手いことフォロー多い連中や界隈の目に止まれば最悪通っちゃうからさ、是非はともかく無駄ではないわけ。

増田だぜ?

複垢を用意する手間なく幾らでも議論が盛り上がってるようでっち上げられるんだぞ、こんなとこでどんな高尚なお話したところで日の目を見ることはないの。

それをお前らときたら人気エントリが同じ話題で埋まるくらいフェミ話題に囚われてなんどもなんども、お、今日の人気エントリはまあまあマトモだな? 昨日一昨日本当に酷かったよ。

もっとシンプルに私は認めない俺は気に食わないとかさ、個人の主張に留めた方がスッキリすると思うんだけど。

アメリカガチシステム開発現場を行動観察

アメリカガチシステム開発現場を行動観察

ここから今日の本題です。

アジャイルコーチとして、アメリカガチの、ガチシステム開発現場に、言うたらエスノグラフィ(行動観察調査)をしてるようなもんです。三流プログラマながら。

そういうリファレンスみたいなことをお伝えしたら、皆さん(Regional Scrum Gathering Tokyo 2022の参加者)が喜んでくれるかなとか思って、内容を構成しています

ただ、僕が知っているのはマイクロソフトだけですし、自分職場だけなので、主語が大きすぎるとか、そう言うのはやめてください。心が傷つくから(笑)

そういうのを踏まえて聞いてください(笑)。全部一次情報で、人から聞いたものではないです。ちょっとだけマネージャ関連のところはマネージャに聞いたところもありますが、基本的には自分経験したことのみで構成します。

ウォーターフォールは使われていない

まず滝。ウォーターフォールがどれぐらい使われてるのかって話ですけど、これは簡単です。ゼロパーセント、本当に見たことないです。

fig

からといって本当に素晴らしいスクラムをみんなやってるかっていうと、そうでもない。どれぐらいプロセスに対してマチュア成熟)かはチーム次第なんだけど、少なくともイテレーティブじゃないのはないし、アップフロントデザイン(開発前の仕様策定)を大量に時間をかけてやってるというのもない。

デザインドキュメントっていうのを書く人もいれば書かない人もいて、書く人が多いですけど、書いても5ページぐらい。

何年か前にサム・グッケンハイマーというDevOpsで有名な人が日本に来たとき日本のお客さんに「ウォーターフォールアジャイルメリットデメリットを教えてください」って聞かれて、彼が「ウォーターフォールは全くメリットがないのでやめておきなさい」って言い放って。

僕が当時そのことをブログに書いたらすごい炎上しましたけど。

私は間違っていた。ごめん。ウォーターフォールは何のメリットも無い - メソッド屋のブログ

分かります。誰も使ってないんだから。やっぱりもうやめといた方がいいですよね、正直話無理があります

開発者それぞれが責任を持って設計実装する

次は、僕のチームがどんな感じで運用されてるかっていうお話します。

マイクロソフトには統一プロセスとかなくて、基本的にチームをどう回すかはチーム次第なんですよ。でもだいたいみんな似たような感じでやってると思います

基本的にはスモールチームです。どんな大きなプロジェクトであっても、スモールチームの集まりって感じです。

自分のチームについては、これがよいやり方かは分からないですが、個人商店みたいなもので。「IC」というのはIndividual Contributorですね、開発者

fig

マネージャからアサインされるバックログ基本的にはふわっとしているので、ICがそれを明確にします。

IC仕様自分明確化して、自分デザインして、インプリメントする。だからそれぞれがレスポンシビリティを持っていて、それぞれが実装をする。

ただ、同じマイクロサービスメンテする役割の人みたいなのがいて、それは「Buddy」(バディ)みたいになっていて、僕の場合は例えば「スケールコントローラー」っていうのを開発していますが、スケールコントローラーのチームでバディになってると、質問というかお互いに話が聞きやすい。すぐに答えてくれやすいですね。

他のチームとかになると、ちょっとバリアがあって。やっぱりみんなそれぞれの仕事をやっているので、プライオリティがそれぞれあるんですよ。だから違うチームの人になると意地悪じゃなくて彼らのレスポンスは1日に1回とかになったりするわけですよね。仕方がないことです。

多分このチームの単位マネージャ管理できる最大以下の人数で構成されてるんじゃないかなと思います。だから本当に自分のチームはそれぞれが個人商店みたいな感じですね。自分レスポンシビリティを持って自分でやる。それは新人であっても一緒です。

司会)ここでちょっと会場から質問が入りました。このチームというのはどういう単位なんでしょうか。プロダクトの単位なのか、どういう単位なのか。

(右下の点線で囲われたところ)このチームはスケールコントローラをやっていて、(右上の3つのICを指して)このあたりはプラットフォームと言って中の基盤みたいなことをやってたりします。

でも基盤もかなり巨大なので、内部でいくつか分かれているんですけど、同じマネージャが見て、みんなを助けている、という感じですね。

司会)隣のチームと、このチームを分けているのは、マネージャが違うだけ?

ええと、大きな機能で分かれているというのがあります。例えば隣のチームはランタイムっていうチームなんで、Azure Functionsのランタイム担当してるんですよ。

給料を上げるのは他人との競争ではなく自分との戦い

さて、エンジニア評価っていうのはどんな感じになってるかっていうと、この図にはマイクロソフトは入っていないのですが、僕の友達に「ゆうさん」っていう人がいて、彼がブログGAFA給与体系みたいなをまとめてくれて、マイクロソフトも似たような感じです。

参考:GAFA米国本社エンジニア年収ジョブレベル別に比較してみた【GoogleAmazonFacebookApple

この図がまさに僕が言いたいことなので、この図を使います

fig

こういう情報って外部に公開されてるので別に隠すことはないし、マイクロソフト給料の額とかも調べられるんですよ。

どういうふうになってるかっていうと、エンジニアとしてランクがあるんですよね、「SDE1」「SDE2」とか。マイクロソフト場合は「シニアソフトウェアエンジニア」があって「プリンシパルエンジニア」がある、みたいな。

このランクの人はこういうことができる、っていうのが明確に定義されていて、それによって給料が決まるんですね。

から自分給料を上げたかったらどうするかっていうと、プロモート(ランク上げ)してもらえるように頑張るって感じです。他の人との戦いじゃないんです。

いまより一つ上のランク仕事をしばらくしていれば、マネージャが「こいつは今はシニアだけどプリンシパル仕事してるからプロモートしよう」とノミネートしてくれる。

そうやってノミネートされたら次のレベルに行けるし、行けなかったら転職をする。転職するとそこでネゴシエーションやすいので、その時に例えばシニアとかプリンシパルになれればその給料がもらえる。

ただ、そういうふうに上に行くとレスポンシビリティも大きくなるので、自分でチョイスする感じですね。自分でチョイスするし、自分との戦いなので。だから他の人と比べて不公平とか全然思わない。

給料を上げたかったら次のレベルになればいい。そういうアクションをとればいいので、あくま自分との戦いって感じになります

マネージャ自分仕事キャリアを助けてくれる

マネージャ存在っていうのは僕的にはすごい(日本と)違ってるように感じています

日本にいるときマネージャって進捗管理課題管理をしたりとかして、プログラマとか開発者を指揮するとかそんなイメージだったんですかね、僕のイメージとしては。

アメリカ場合は、彼らが重視してくれるのは僕のキャリアなんですよ。僕がハッピーかどうかとか、僕がキャリア成功するかっていうのをすごい重視してくれるんです。

fig

これまで何人かマネージャが変わりましたけど、みんなそうでした。マイクロソフトには明確にそう定義されているんです。だからマネージャはみんなそういう動きをしてくれます

マネージャ大事仕事アンブロック」

マネージャのすごく大事仕事に「アンブロック」というのがありますIC、つまり開発者の人がどこかで詰まっている状態になると、マネージャが助けてくれる。ブロックされているものアンブロックしてくれるんです。

fig

例えば、僕が技術的に詰まるとして、誰かに聞かなあかんけど、誰か聞かなあかん人がなかなか答えてくれへんとか、そういうこともあるかもしれないです。

そういうブロックをされる状況が一番生産性を阻害すると思うんですね。

そういうときマネージャアンブロックを手伝ってくれる。ある人に繋いでくれたり、マネージャ経由で他の人が僕に協力してくれたりとか。

マネージャが、このプルリクエストを見たら分かりやすいよと教えてくれるとか。

基本的納期の設定はない。マネージャも急かさな

あと結構面白いのは、少なくとも今の僕の職場では、納期基本的にない感じです。

fig

あるときもあるんですよ。どんなときかっていうと、マイクロソフト最大のイベントの「Build」というのが5月ぐらいにあって、そのキーノートで発表される予定のプロダクトみたいなもの。それが決まったら納期があるのかもしれないですけど。

基本的納期的なものはなくて、できたときが終了なんです。

マネージャも僕に対して「早くしてください」って言ったことは1回もないですね。どっちかというと、僕が「何か遅くてごめんな」とか言ってたら、「いやそんな気にすんなよ」って、「よくあることだよ」とか言われたりする。

これは多分いろんな意味合いがあるんですよね。多分クラウドプラットフォームって、難しいことがいろいろあって、例えば自分が1週間でできるって思ったのに2カ月かかったりとか、ほんまにあるんですよ。

例えば、JVMにあるJarをアタッチするだけに見えた仕事に、僕は半年かかりました。

僕の能力のなさもあるかもしれないですけど、そういういろんな予想外のことが起こる。

やっぱり世界中の人が使うプラットフォームなので、よく分かってない実装とかしたらむちゃくちゃになるんです。ちゃん理解して、より良いアーキテクチャを作らないとひどい目にあう。

から多分マネージャ絶対に急かさないんだと思いますちゃん理解して出来るようになれば、次からは開発が速くなる。だからマネージャとしてはそこで急かさないことによって未来への投資をしてる感じなんじゃないかなと、僕は思ってます

バックログはあり予定もあるが、達成されないこともしょっちゅう

司会)すいません、マネージャの話しに行く前に。質問が集まっていて。納期がないという話に関して皆さんが大混乱に陥っていてですね(笑)納期がないとすると逆に何があるのか。バックログみたいなのがあるのか、ロードマップがあるのか。どういうものを始点に駆動されていて、牛尾さんの仕事が始まるのか。

バックログですね。大きなトピックだけはある。今期はこれをやろう、というのはあるんですよ。

だいたい今期はこれとこれをやっていこうというのがあって、それを荒い粒度ですけどブレイクダウンしたストーリーにして、それをICアサインするんです。

でも、それが今期に達成されないということはしょっちゅう起こります

思ったよりもすごく難しかったとか、あるシステムで改変が入るのでそれまで作れないとか、そういうのがしょっちゅうある。でもそれでそのICが責められることはないです。

変化は見通せないので仕方ないですよね。オーガナイズはされているけど、できなかったときはできないと認める、ということです。

司会)お客様からバックログの元になるような要求がきて、それがリリースされるまでのタイムスパンはどのくらいなんでしょうか?

僕らの場合プロダクトオーナーみたいなチームとしてプロダクトマネージャがあって、バックログの発生元はプロダクトマネージャが決めるのですが、そのインプットソースとしては、彼らの戦略(ストラテジ-)とカスタマフィードバックですね。

あとはハッカソンエンジニアがなにかプロポーズするときもあります

そういうもののなかからプロダクトマネージャが、今期これをやればインパクトがあるんじゃないかと考えるものピックアップされます

で、それが達成されてリリースされるまでの期間は本当にピンキリです。

僕の場合は、早いときは1週間で終わりましたけど、さっきの話みたいに1週間で終わると思ったやつが半年かかったこともあります

僕の上司で僕よりもプログラミングができない人はいない

ではマネージャ技術力の話に進みたいと思います

僕の上にはプリンシパルマネージャがいるんですね、それが日本で言ったら課長みたいなもので、その上に部長みたいなのがいて、で、テクニカルフェロー、これは事業部長みたいな感じです。

彼らの技術力はどんな感じか。

僕の1つ上の上司は、Azure FunctionsのJavaランタイムをイチから書いた人です。

その上の人は、Azure Automationの開発をしている人で別チームなので細かいところまでは知らないのですが、技術力がハンパない、ということだけは分かります

何でかと言うと、どんなテッキー話題を振っても、ものすごく早く深く理解するんです。彼が経験したことのないことであっても、Kubernetesでも、彼がやったことのないPythonとかでも、完璧理解してアーキテクチャの深い話をするんです。

給料が高くて当然だと思いますね。

fig

で、テクニカルフェロー。これはAzureの主要なサービスをイチから書いていたりします。

まり何が言いたいかというと、僕の上司で僕よりもプログラミングができない人なんて一人もいないんです。

そしてこういう人が僕の仕事サポートをしてくれる、応援をしてくれるわけです。

からこんな上司に何かを説得する必要なんてないんです。彼らがテッキーミーティングに参加して、しかも僕らにすごい鋭いアドバイスをくれるんですよ。

皆さんがもしマネージャをやるときには、こういう人たちと世界で戦わないといけない、ということをちょっと意識していただきたいんです。

へーOutlookぽちぽちけがスキルのクソ雑魚ポンコツ年功序列PMになってるようなケースがないのねアメリカ

2022-01-24

少女漫画しろ何にしろ、万人に合うものなんてなくない?

まず定義として何を『少女漫画』にするのかもわからないので、ここではざっくり掲載誌少女向けなのかを基本に話を進めていく。

(少女向けにも『りぼん』『なかよし』のような小中学生向けのものから高校生くらい向けの『マーガレット』、学生から社会人以降までの女性に向けてそうな『Kissz』『Flosers』などあって、たぶん元増田さんたちは、この辺もざっくりひとまとめに『少女漫画』としているようなので、私もそれに倣います)

当方、四十路オタ女(夢女気質)で、小学生の頃は『なかよし』派。特にあさぎり夕作品が好きで『なな色マジック』や『アイ・Boy』をバイブルに生きていました。どちらかというと強めの女の子・頑張る女の子自分の願望を乗せて楽しんでいたんだと思う。

中学校からは『SLAM DUNK』、『幽遊白書』のブーム到来でジャンプ鞍替えアニメで『ママレード・ボーイ』や『美少女戦士セーラームーン』を、ちょっと小馬鹿にしながらも毎週欠かさず観るというちょっとこじれた楽しみ方をしていた。いつかのセーラームーンED曲だった『乙女のポリシー』は、当時、元気をもらえたので今でも大好き。

高校からはどっぷりサンデー派。『名探偵コナン』や『らんま1/2』『俺たちのフィールド』『からくりサーカス』『GS美神』『パトレイバー』『ジーザス』。あの頃のサンデーが一番好きでした。(今も楽しい作品があるんだろうけれど、ちょっと追いついてない)

社会人になってから、まわりが「オタクから足抜けいたしやす!」とリアル恋人を見つけては、生身の男たちとの逢瀬の話を聞かされ続け、流されるように男の人と人並みに恋愛し、結婚。そして離婚した。相手にもいろいろ問題があったけれど、私自身まだ二十代前半で未熟だったし、それまで読んできた少女漫画の影響を受けすぎてて『自分献身的に尽くしていれさえすれば、相手も同じように(もしくはそれ以上に)愛情を返してくれる』と思い込んでいたのが敗因だったと思う。察してちゃんも入ってた。結婚生活必要なのは明確なコミュニケーションで「皿洗って」とか「誕生日には花をプレゼントして」とか、要望をきちんと言葉にしなければいけない。共同生活において気持ち要望言語化は男女ともに必要スキルなのだと全部が終わった数年後くらいに反芻してやっと理解した。それと共に恋愛ごとで自分感情コントロールできなくなるのがイヤでたまらなかった。ドラマ映画漫画恋愛フィクションからこそ楽しいのであって、自分人生実践するものではないなと痛感した。恋人から結婚生活期へと移行した段階で、自分がか弱いヒロインでいては生活が成り立たないことにショックを受けつつ、自分ソルジャークラスチェンジさせた。そうするとみるみるうちに配偶者は私を『オカン』として扱うようになって、『なんでやねん』と思ったものだ。実践できてる人もいるかもしれないけれど、私には恋愛結婚を両立させるのは無理だなと再婚した今でも思っている。(現夫との関係は「たまにセックスする親友」といった感じ)

そうやって再びフィクション恋愛冒険やバトルやミステリ世界に舞い戻った。結婚前との明確な違いは『少女漫画』が楽しめなくなっていたことだ。リアル恋愛をしてしまったあとではヒロイン王子役のディスコミュニケーションにいちいちツッコミ入れてしまい、どのキャラにも共感できなくなった。『俺様』とか『S系王子』とかに顔がいいだけの情緒不安定な男に振り回されるのなんてゴメンだし、恋人関係でもない男に壁ドンされたら即通報だ。いやいきなり通報はしないまでも「ちょっと、近いです」といって距離は取る。

全部が全部ダメになったわけではなく、『君に届け』とか恋愛を中心にしつつも女友達友情とか主人公の頑張りとか描かれている作品はやっぱり楽しい最近は『スキップローファー』が面白かった。

あと、『ミステリと言う勿れ』は恋愛を主軸にしてないし、男性でも楽しめるかなと夫にオススメしてて3巻くらいまで一緒に読んでいた。ドラマ化を機会に、続刊を一気買いしたんだけれど、ここ最近はてブ界隈を読んで「そうか男性には楽しめない内容だったか」と続きは私一人だけで楽しんでいた。

本棚で続刊を見つけた夫は「続きがあるなら教えてよ!」とぷんすこしながら続きを読み、10巻の最後でまんまと涙ぐんでるのを見て、この人と結婚してよかったな…と思った。それと同時に、楽しめる作品てやっぱり人それぞれだよな…と再認識した。

もちろん他にも夫にオススメしたけれど、ピンとこなかったらしい作品女性向け・男性向けともに何作かある。逆に夫にオススメされたけれど、私が楽しいと思わなかった作品もある。

まり、長文書いて何が言いたかたかというと、女性だってその時その時で読んでて楽しいと思える本は違うので、でっかい主語で『男性も楽しめる少女漫画』に楽しめなかったとしても、その作品、果てはジャンル全部を貶めないで欲しい。

それはそうと恋愛マンガ揶揄したコメディLOVELESS』、『月刊少女野崎くん』はちょっと読んで欲しいと思う。((『月刊少女野崎くん』はガンガンコミックなので、少女漫画の枠に入れていいかどうか迷うけれど)『LOVELESS』の方は、『ペケ』を描いていた新井理恵作品で、斜に構えて難癖付けたがる人には刺さることが多い。ここまでツッコミを入れてくれたなら、もう私にやることはないなと思わせてくれた。自分の中のモヤモヤ昇華され、憑き物が落ちたように、再び少女漫画世界を斜に構えながら楽しめるようになった。

楽しめなかったのならすまない。

『Not For Me』の精神で、自分の楽しめる作品の良いところだけを語って欲しい。

2022-01-23

anond:20220123194924

例の雁なんとかさんも割と「女性」が主語だったりするのでその辺結構弁えてる(正気範囲)感はあったな。

狂っちゃうとここが本当に個人への執着になっちゃうから

anond:20220123170344

それがどんな機能だったかを明らかにして一つ一つ代替手段提示していく努力必要になると思います

の文の主語を「女性側が」「差別されている側が」と解釈した人が怒ってると思う。

このツイートだけ見るとそう読めてもおかしくない。

実際はどんな文脈かは知らんけど。

anond:20220122132640

もう主語大きいぞって書く人力ボット実装してほしいよね。パンティとかしゃぶれとかクンニとか無駄なことしてひまつぶしてんじゃなくてさ。

顔ではない 性能厨だ

叩かれるのを覚悟主語を大きく 身も蓋もない差別的な話をするけれども

女は言うほど男の顔を見ていない

男を顔で選ぶ人は「面食い」と呼ばれるくらいには珍しいと思う。体感的にはクラスに1人。典型的イメージホスト貢ぐ人。

男の世知辛さってパラメータを見られることじゃないの。典型的には年収ね。

うろおぼえだけれども結婚相談所ブログの人が「女は自己紹介シートを隅から隅まで読んでくるけど男は顔しか見ていない」みたいなことを書いていたように思う。

これは言い換えると男は外見を見て女はパラメータを見てるんだよな

自分の話をいたしますと

夫は私より20センチほど背が低いし、シュタゲダルよりぽっちゃり系ですし、年収では選んでございません。

でも2次元キャラの話になると私も他人事ではありません

推しの好きなところは?」という質問「性能」と答えている人がいて笑うと同時にそうだよなぁ・・・

お前は推しSSR から R 相当に格下げされても愛せるか?

推しナーフされても私は推し続けるけれども・・・確実にブチ切れるだろうなぁ

「刺さる環境がある」? そう言う問題じゃないんだよ!

強さって魅力の一つなんだよな・・・

多分現実世界ではスキルパラメータ職業年収に置き換わるのでしょうね

顔でジャッジされるのもきついけど パラメータジャッジされるのもきついだろうな

パラメータといっても色々なんで、評価軸が増えたらいいですね

ところで男性の皆様はパラメータは気にならない者なのでしょうか?

あなたはRキャラ久遠指輪を渡しまたか

anond:20220122221212

2022-01-22

自分は察しが悪く、妻は説明が悪い

さきほど妻が一人で出かけるとき、私に向かって「あ、ティッシュ」と言った。

自分は、それが何を言いたいのかわから、おそらく以下のどちらかと想像した。

ティッシュを取ってほしい

・もらってきたポケットティッシュがあるから渡したい

 (妻は肌が弱いので、配られているティッシュは使わない)

聞いてみると、

 妻がリビングティッシュを使い切って、新しいのを出し忘れていたことを伝えたかった

ということだった。

こんなこともあった。

二人で街を歩いているときに、妻が遠くを指差して「あ、アレ!」というのだ。

私にはそれが何を指しているのか、それで何を言いたいのかわからない。

聞くと「あの赤いやつ!」という。私の視界には、赤いもの複数あり、やはり特定できない。

結局、赤いなにか(失念した)が、何日か前に妻が話していたものであり、その実物があったことを訴えたかったらしい。

結婚して10年、付き合い始めから含めると20年になるが、ずっとこんな感じだ。

自分はこのやりとりがストレスなので、ちゃん主語と述語を話してほしいと妻に言い続けているがさすがに治ることはない。

なお、私の視点で書いているので妻に非があるような印象を与えているかもしれないが、自分も察しが悪いと認識している。

上司特定の一人だが)に資料説明しているときに「そういえばこないだ説明してもらった資料にさあ」と言われる。

資料説明は頻繁にやっているので、その情報では特定できない。(と自分は感じる)

また、「この内容は次の定例会の報告に含めよう」と言われることもあったが、当時その部署では定例会複数ありやはり特定できない。

後者については、他の同僚も聞き返していたので私の察しの悪さだけの問題ではないと信じているが。

永久に繰り返す定義論争

どうも、言語ゲーマーです。

最近少女漫画定義論で盛り上がっていたみたいですね。

もう何回目でしょうか、この手の定義論争は。

少女漫画か否かレーベルで決まるなら移籍した途端に少女漫画でなくなるのか、などと、ラノベ定義論の時と全く同じことを言っています

まさにスニーカー文庫から角川文庫に移った実例がいくつかあったため、エッジケースとしてよく議論されていました。

外形は全く同じなんですよ。

ラノベ定義論争、SF定義論争、本格ミステリ定義論争、ハイファンタジー定義論争、ロック定義論争、メタル定義論争、渋谷系定義論争、ロキノン系定義論争、オープンワールド定義論争……

あのねえ、数学用語定義ならともかく、人の世に、はっきりくっきりここからここまでがこの言葉範疇ですって線引けるような概念なんか無いんですよ。

エッジケースなんて人によって判断が分かれて当然でしょう。

それでも、少なくともワンピース少女漫画ではないし、ガラスの仮面は誰に聞いても少女漫画といえる。

少女漫画という概念定義はなく、それでも明確に、皆に共通するイメージがあるんです。

それはレーベルだったり、内容だったり、読者層だったり、色んな要素なんです。

どれかひとつじゃない。

要素全部なんです。

全部なんですが、全部満たしていることが要件ではない。

少女漫画っぽさっていうのは、色んな要素でちょっとずつ結びついている。

あれとこれはここが似ている、こっちはこういう要素が似ている、似てる・似てる・似てるを繰り返し、あまり似ていない両端の漫画同士でも同じ少女漫画というカテゴリに入れられる。

これが家族類似性です。

ウィトゲンシュタイン「ゲーム」という単語定義でこれを説明しました。

一人でやるゲームもある。勝敗のつかないゲームもある。会話だけで行うゲームもある。

サッカーソリティアマインクラフトはその構成要素は全く似ていないですが、どれもゲームと呼ばれます。これらうまく包含してしかゲームでないものを含まないようにする定義など不可能なのです。

上に挙げた全ての定義論争はこれと同じです。

我々が扱っているのはそもそも自然言語だということを真摯認識すべきなんです。

どうして定義なんかしないといけないのでしょうか。

少女漫画とくくらずに、「少女漫画レーベルでは、」とか適切に限定した主語を使って語ったらいいだけではないのでしょうか?

2022-01-21

anond:20220120193311

ん?

それは一般論だよね。

できればあなた自身はどうするか、主語を「自分」にして語ってくれると嬉しい。

2022-01-19

anond:20220119121028

女の女体や女性性を求めて結婚するなら、より強いより人気の高い男に靡くっていう女性性によって浮気されても文句言えなくなることになるな。

自分の都合の良い女性性は良くて、自分に都合の悪い女性性はダメみたいにみんな言うし男も女もおんなじだろ。

主語が小さい、人間はみんなダブスタ

2022-01-17

anond:20220117104525

ほらこういう根拠のない説を振りかざす奴が出てくる。

根拠はあるんじゃねーの。男の自殺率が高いのはデータがあるし、toxic mascliunity は心理学論文提唱されて、広くそ存在が信じられている。男性ホルモン男性に多く分泌されて、支配欲を高める効力があるのは実証されてる。

男の方が友だちが少ないのか? これについては、なんとなく少なそうなイメージがあるが実際の調査でも全ての年代で友だちがいない人は男性の方が多いようだ。

マウンティング習性が友だちを減らすか? マウンティングしてる相手に弱みを晒すのはマウンティングを解いてるのと同じだから原理上あり得ない。マウンティングされてる相手に弱みを晒すのは被支配から典型的男性習性真逆だ。マウンティング癖が友だちを減らすのは実証はないが論理的帰結ではあると思う。

こういう人たちは雑に主語デカくして色々な人を“巻き込んで”いくんだよなぁ。

人を巻き込んで問題解決を図る、人間関係を重視する女性的なやり方は、問題個人という点ではなく面で受け止める戦略だ。それぞれ異なる才能を持った多様な仲間たちで協力しあった方が、各個撃破よりも効果的に事に対処できる。

「争い」に巻き込んでいるわけじゃないのだから取り立てて問題視する理由がない。

anond:20220116140446

cinefuk マウンティング依存に気付けないから弱音を吐く事ができないし、それが『男の自殺率が高い原因』なんだけど、自称弱者男性(の守護者)」もマウンティング依存から、結局メンタル痛めつけられた男性は救われない ジェンダー オタク 漫画 メンタルへルス 増田 2022/01/17


bigapple11 例の「少女漫画人間関係やりすぎ」増田の話してるんだろうけど、自分もあれ読んで、何でも単純な勝者か敗者かでしかものを見ないから男は生き辛い(友達おらず、孤独に陥る)んじゃねーのって思ってた

2022/01/17




ほらこういう根拠のない説を振りかざす奴が出てくる。

こういう人たちは雑に主語デカくして色々な人を“巻き込んで”いくんだよなぁ。

2022-01-16

anond:20220115114244

捗るだけど

作業がよく進むみたいな意味の「○○がはかどる」がずっとあった使い方で、主語なしで単に「便利」みたいな意味の「捗る」が流行ったほうだよね

anond:20220116120546

伸びてるスレが良いスレってことはない。だいたい少し間違ってるとか主語が大きすぎるとか微妙な話を決めつけで書くと各陣営と識者の書き込みが来て長くなる

2022-01-15

anond:20220115233901

主語を省いたら私のことに決まってるじゃないですか

怒りやすさは更年期ですの?

おほほほほほほほ

ババアでございますかしら?

anond:20220115232554

主語はぶいて他人の事みたいにいうのやめなさい!

anond:20220115184145

地雷に当たったらお気持ちを吐かずにはいられないのが腐女子から仕方ないのですわ

なぜお気持ちを吐くのが間違ってるみたいに思っているのか??

お気持ちを吐けよ。表現の自由だろ。

読者が興味ないなら、スルーするさ。

クレームを含めた消費者交流を、モラル的によくない、と思ってる界隈の方が特殊だ。

腐女子関係ない。主語が小さい。

anond:20220115184145

地雷に当たったらお気持ちを吐かずにはいられないのが腐女子から仕方ないのですわ

なぜお気持ちを吐くのが間違ってるみたいに思っているのか??

お気持ちを吐けよ。表現の自由だろ。

読者が興味ないなら、スルーするさ。

クレームを含めた消費者交流を、モラル的によくない、と思ってる界隈の方が特殊だ。

腐女子関係ない。主語が小さい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん