「日常」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日常とは

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724174530

なんでいきなり上から目線なんでしょうか?

はてな怖い・・・

ま、一応礼儀として答えます

・「暮らしにくさ」

無意味事業仕分け口蹄疫などの対応の遅さ(これは親戚がひどい目にあいました)、尖閣などの対応、そして震災時の対応などなどです。

直接個人暮らしにこれだけの被害が、とはここでは示せませんが、今より暮らしにくかったのは確かです。

英語

用意された読む文でなくても日常会話は出来るようですよ

政治的微妙表現は難しいでしょうけれども、やはり首相であれば挨拶簡単な会話はせめて出来るべきなのでは?と思います

・代案が民進党

民進党が代案もなしに突っ込んでばかりいるからです。

ちなみに自民党でも石破はだめでしょうね(個人的意見ですけれども)。

とにかくあなたがどういう立場なのか分かりませんが、私は書いたとおり、どこの誰なら誰も文句を言わないのか?と

疑問なので、他の方のコメントのように、誰々でいいんじゃね?的な答えが欲しかったわけです。

理由も添えられていたら最高です。

健康にいいとか悪いとか言われている食べ物飲み物

色々な食べ物飲み物健康にいいだとか悪いだとか言われているけど、それらを摂取しなくても、つまり適当食事でも別に普通に生きられてるんだよね。別に何の不具合もなく日常をさ。ということはさ、健康にいいとか悪いとかい食べ物飲み物は、おおよそ自分の体には影響してないってことだよね。つまりいい悪いの食べ物なんて存在してないみたいなもんじゃない?

サイゼリヤ日常からデートで使うな←wwwwwwwwwwwwwwwwww

都会いいな・・・

ファッションヘルスダブルブッキングされた話──あるいは客の民度謝罪ソリューション

 先週のこと、ファッションヘルスダブルブッキングを食らった。

 前の日に電話お気に入り女性の予約をして、1時間前に確認電話をして、そこまではまったく、いつも通りだった。いつも通りと書くくらいにはファッションヘルスにいつも行っているし、その中でも数年間にわたって通っているくらい、いつも行っている店での話だ。

 確認電話で指示された通り、予約時間の15分前に店着した。いつものように受付で予約した女性名前自分名前(偽名だ)を告げると、受付順番待ちのカードを渡されて待合室に通された。ちなみに、箱ヘルである

 数分後、再び受付に通されると、店員がぶっきらぼうに、こんなことを言う。

申し訳ありませんが、昨日予約をいただいた時点でAさんにはすでに別の方の予約が入っておりまして、本日はこの時間からお遊びいただけません」

 断固とした言い方だった。その言葉ほど申し訳なさそうでもない。

 怒髪、天を突いた。ハゲ上がるほどの怒りが、身体中を駆け巡る。ファッションヘルスを直前で取り上げられるとは、それほどの事態である。前日予約から10時間以上かけて徐々に気持ちを作り上げてきた私には、目の前の店員(クソ)を怒鳴りつける権利があっただろう。

 だが、相手ファッションヘルス店員であるファッションヘルスプレイルームには、すべからく「本番強要されたし者にはそれなりの対処をいたす」的な貼り紙がある。こうした店には「それなりの対処」要員がいるということだ。私はとりあえず怒髪を収め、「あ、えっと、えー……」と、曖昧リアクションをぶちかますにとどめた。

 すると、再度、店員謝罪をする。

申し訳ございません」

 この店には数年にわたって通っているが、初めての経験だった。おそらくダブルブッキング意図的ものではなく、本当に単なるミスだったのだろう。そしてそれは「私がAさんと今から遊ぶ」という予定にとっては、取り返しのつかないミスであった。

 取り返しのつかないミスをしたとき、どう謝れば相手が納得してくれるのか。

 私たち日常の中で、しばしばこうしたケースを「謝罪する側」として経験することがある。とにかく平身低頭相手気持ちを逆なでしないように、心の限り下手に出て、許しを請う。それが常道であるはずだ。

 だが、この店員謝罪からは「許してもらおう」という意図はまるで感じられなかった。「別にどっちでもいっすけど」「キレて帰ってもらってもいっすけど」彼の態度は、言外にそう述べていた。

 ファッションヘルスの客層、あるいは客の民度というものを考えた。おそらく、こうしたミスは往々にして起こるのだろう。そして、キレる客も少なくないのだろう。相手は性欲を持て余している上に、金を払ってその性欲を解消しようという人間だ。そして、今この瞬間、ファッションヘルスのほかに行き場所がなく、相手もない、そういう人間だ。そういう人間相手ミスをしてしまったとき、「キレて帰ってもらってもいっすけど」という態度は、実に正しいものだと思えた。もとより説得は不可能だし、事態リカバリすることはできない。そうした客の怒りに、彼らは何度も触れてきたのだろう。だから、彼らは「許されなくてもいい」というソリューションを選んでいるのだ。

 ダブルブッキングされたことに加え、いい大人から「説得不能な民度の低い客」と扱われたことへの怒りに打ち震えながら「うー……そうなんすか……」と、つぶやいた私に、店員は「今すぐでしたら、このお2人がお遊びになれます」と2枚のパネルを出してきた。好きな方を選べ、ということらしい。

 冗談じゃない、と思った。私は行きずりで来店したわけではない。お気に入り女性を前日に予約するということは、これはもうデート約束である。前日から、その女性のことばかり考えては勃起し、オナニー我慢することに苦心してきたのだ。今さらほかの女性と遊ぶ気になんて、なれるはずはない。

 だが一方で、御し難いほどに性欲は膨れ上がっている。そもそも数年にわたって通っている店なので、女性サービスレベルについては、ある程度信頼もしている。だからといって、あのお気に入り女性を裏切るのは……。

「でも、指名料は取るんですよね?」

 気が付くと、私は一歩前に進んでいた。指名料は2000円である。予約をドタキャンされた上に、代替女性に対して指名料を払うのは、これは道理が通らないだろう。そう考えていた。

「いえ、特別サービスしますよ」

 ならば話は早い。2枚のパネルのうち、背が低くてかわいらしいタイプ初見女性を、私は指差していた。数年にわたって通っている店なので、パネルマジック加減についても、それなりに心得ている。

 私は予約していたのと同じ、60分コース選択した。指名料を差し引かれたとしても、安くない金額である。安くない金額なので、財布に忍ばせていた500円の割引券を差し出す。すると店員は、「あ、特別サービスしちゃったんで、割引券はちょっと」と言い出した。

 特別サービスとは何事だ。こっちは予約の確認電話までして、クッソ暑い中30分も電車に揺られて来ているというのに。ドタキャンしといて、何が特別サービスだ。

 私は彼らを怒鳴りつけるかわりに「あ、そっすよね……」と番号札をふんだくって、待合室のカーテンを引き、ベンチシートに座って横柄に脚を広げた。怒りはまだ収まらない。代替女性に対して、いつもより乱暴プレイスタイル選択してしまうかもしれない。恨むなら店員を恨むがいい。ルール内であれば、何をやってもいいのがファッションヘルスだ。考えうる限りの恥辱を尽くしてやろう。待合室のテレビの下が本棚になっていて、「ゴルゴ13」の単行本があきれるほど並んでいる。

 間もなく、1人の客が入店してきた。受付での話し声が聞こえる。私が予約していた、あの女性名前が聞こえた。ダブルブッキングのもう1人の、私より先に電話をした男のようだった。私から彼女を奪い取った憎き悪漢は、どんなヤツなのか。

 カーテンを開けて待合室に入ってきたのは、本当に、なんの特徴もない男だった。紺のスラックスに白のワイシャツで、手ぶらだった。30くらいかもしれないし、40くらいかもしれない。金持ちかもしれないし、なけなしの金をはたいて来店した貧乏人かもしれない。

 不思議と、憎しみは湧かなかった。ただ、この男が私のお気に入りのあの女性あんなことやこんなことをするのだという事実けが、悲しかった。彼女の表情や身体の部位や舌使いをリアル想像できるだけに、とても悲しかった。頭の中が、あの女性の痴態で満たされていった。

 そして、勃起した。

 勃起したまま、私は店員に呼ばれ、代替女性と対面した。写真パネルとほぼ相違ない、かわいらしい女性だった。白く柔らかいさな手で私の手を握り、プレイルームに案内してくれた。そして、廊下を歩きながら、会うなり勃起している私の股間を触って、大変喜んでくれた。

「あ、もうこんなになってる!」

「か、かわいいから……もう勃っちゃった……」

 彼女が私の股間を握る手に少し力をこめて、私は「うっ」と唸った。目の前に天使がいた。その後のことは、あまりよく憶えていない。

酒苦手だから酒苦手な人と結婚したのに、相手が酒好きになっちゃった

夫のことは大好きで、結婚自体に後悔とか、離婚とか、そういうのじゃなくてただの愚痴…というかなんだろう、心のもやもや

自分日常的に飲酒する人が苦手。(他人が毎晩晩酌していると聞いても気にしないけど、自分自分の夫だったらできたら日常的に飲まないでほしい)

自分の夫の好きなもの否定したくないから 酒がそんなに好きじゃない人と結婚したのに、相手が酒好きになっちゃった

長くてすみません

--

前提として、わたし(妻)一族は少なくとも祖父母の代から全員酒に弱い体質。

田舎ヤンキーな弟(中学でグレてタバコ吸いだした。今は20代半ばになり人格的には落ち着いた)も、缶チューハイ1本で顔真っ赤。

父親母親も350ml缶1本も飲めばヘロヘロ

まれから現在まで、お正月の集まりなんかで酒が食卓に出てきたことは一度もない。(みんな飲めないから)

※父や母が家で時々、年に数回、忘れたころに缶チューハイ1本くらい飲んでいることはあった。

わたし一族の中ではちょっと飲めるほうだけど、学生の時友達居酒屋行ったときについ飲みすぎて2回失敗してるので それから職場や友人の付き合いで1~2杯程度しか飲まない。顔真っ赤になり毎回心配される。(失敗:あるお店ではいろんなお酒3杯飲んで吐いた。別のお店ではサワーとか4杯飲んで倒れた)

対して夫の一族はみんな酒飲み。そして酒に強い。何杯でも顔色変えずに飲んでる。

正月にはお酒とかあるのが当たり前だし、なんなら毎晩晩酌してる。

ただ、父親が酒癖が悪いタイプだったようで、飲むとよく母親や他の家族ケンカをふっかける(?)人だったようで、それが原因で「夫と兄弟(夫は3兄弟末っ子)は酒が苦手」だと聞いていた。

--

夫と付き合う前にも2人付き合ってる人がいた。

ひとりめは高校生から3年間くらい。3つ年上の人。

最初普通にしかったけど、別れる前1年間くらいは彼が仕事とかで鬱気味になって、病院で薬もらってた。

眠剤飲んだらすぐ寝ればいいのに、朦朧とした意識のまま電話かけてきて何故かずっと罵られた。

お酒を飲んで、馬鹿にされたり罵られた時もあった。

普段は優しかったけど、やっぱり時々馬鹿にしてきた。「こいつ馬鹿から絶対○○(当時ニュースとかで話題になっていた政治問題とか)とか知らんでw聞いてみなww」みたいなことを彼の兄弟とかに言われたりとか、あ~この人わたしの事見下してるんやなあ、って思ってた。

ある日、いつもみたいに夜寝る前に電話かかってきて罵られて、「死ね」って言われたらなんか気持ちがスーッと冷めて、そのまま彼が別れ話してきたか同意して別れた。

翌日からご機嫌取りされたけど、そのまま復縁せず別れた。

(色々罵られてたあの頃のことは今でも少しトラウマ。)

-

ふたりめは大学入ってから3年間くらい。バイト先(※彼は18から社員になったが)の2つ年下の人

すごく大切にしてくれたし、わたしもすごく大切にしたと思うし、いい関係だったと思う。

でも、自分でも理不尽申し訳ないと思っているんだけど、

ある日から彼がお酒を飲むようになってそれが嫌で別れた。(18とかで飲んでいても、職場の人もあまり咎めない…というか、飲酒をわりと勧められた。今思えばクソだね)

飲み会の後わたしを家まで送ってくれている途中、結構酔った彼はトイレに行きたくなったらしいけど田舎で無くて、そのへんに立ちションしだして。

その姿見たらなんだか サーーー と冷めてしまった。。理不尽だなと自分でも思う。

あと一人暮らしだった彼は仕事の後ほぼ毎日晩酌してたみたいで、ビールとか箱で買ってたんだけど、「そんなにお酒代かけるのもったいないなー」って思ってしまった。

もちろん酒は個人嗜好品から好きなら好きでしょうがないし、強制的にやめさせるーとかはおかしいかなって思ったか特に言ってない(自分バイオリン趣味だけど、「金かかるね。やめたら?」とか制限されたらいやだし)。

そんなことがひっかかってて、なんとなく好きかどうかわかんなくなって別れてしまった。

--

22歳から現在まで働いている職場はみんな酒好き。

飲み会も以前はそれなりに多くて、若い女性社員だったわたしお金は払わなくていいけどお酌要因(?)でよく飲みに呼ばれていた。

でも酔った上司や先輩にお酌するのも、話を延々聞くのも苦手だったし、

お酒沢山飲めないかジュース飲んでれば「こういう時は飲めないやつも薄めた酒か、最低でもウーロン茶か水にするべきだ!!」と上司に言われるのが苦痛だった(その人はもう辞めたので、今はジュース普通に頼める)

酒癖あんまり良くない人も多くて、酔うと下ネタばんばん飛ぶし、仕事のこと説教されるし、しまいにはある先輩は毎回次の日「昨日は飲みすぎた~覚えてないw」と言ってくる。

--

前置きが長くなったけど。

今までの人生のなかでわたしは、

日常的に飲酒するのはお金もったいないと感じる(酒は体に良いわけでもないし、太るというイメージがあるため。)

飲酒して人が変わるようなタイプはだいぶ苦手。

■育ってきた環境的に、日常に【酒】はなかった

■私個人は飲めないけど付き合い程度で時々飲む。ビール果実酒好き。

という価値観をもっている。

--

夫とは21歳くらいのとき趣味の集まりで知り合った。夫は2つ年上。

わりとすぐに打ち解けて仲良くなり、何度かふたりで出かけて、夫から告白されて付き合って、数年後に夫からプロポーズされて結婚した。

今はもうすぐ結婚してから丸3年たつ。

大きな喧嘩などもなく、夫から大事にしてもらえて、夫婦はいいほう(だと思う)。子供はまだいない。

夫と付き合っていたころ、「親が酒癖悪いの見て育ったから、兄弟みんなそれを反面教師というか、飲めるけど酒好きではないんだよね。付き合いでは飲むけど」と聞いていた。

これまでの人生から結婚するなら【付き合いでは飲むけれど普段積極的に飲まない】って距離お酒と付き合ってる人にしよう。って思ってた。

かいことだけど、結婚って生活から そういう細かいところの価値観が似ている人のほうが二人ともストレス少なく長く一緒にいられるかなって思って。

お酒好きな人毎日だとしても、酒癖悪くなく節度もって飲む人)に、「お金もったいないし体に悪そうだしお酒飲まないでよ」なんてかわいそうかなって。

からそもそも毎日酒飲む人・毎日晩酌するような人とは結婚しない方がお互い幸せだと思って。

-

夫とは時々デートで飲みに行ったけど、ふたりとも上記の価値観だった。

夫は梅酒とかちびちび飲む程度で、わたしのほうがむしろ仕事の後のビールおいしいよ!飲んでみなよ!」なんて言ってビール飲ませてたり。(弱いから1杯しか飲めないけどビールはおいしいと思う)

から結婚を決めた時、決め手の一つだった。【酒は付き合い程度な人】なのが。

(もちろん、それだけが理由じゃないけれど。でも日常的に飲む人なら 結婚しても幸せにしてあげられないかもしれないな、と感じて結婚しなかったような気がする)

-

だけど、ここ1年くらいで、夫は酒好きになってしまった。

そもそも夫は体質的には飲める人。家族のことや、酒の味に慣れてなくてビール焼酎などが美味しく感じないからそんなに酒好きじゃない。って人だったらしい。

結婚前に転職した職場が毎月会議会議後に飲み会がある会社だったことで、酒の味に慣れた(ビールが美味しく感じるようになった)

実家友達と付き合いで飲み会するが、梅酒だけでなくてビールウイスキーハイボールが飲めるようになったことで もともと酒に強い体質なのもあり飲み会お酒を飲み続けられるようになった(前は梅酒サワーウーロン茶、みたいなかんじだった)

友達家族も酒好きが多い。集まればだいたい酒がついてくる。

こんなかんじで、お酒が好きになってしまった。

-

スーパーに買い物に行くと、お酒コーナーを目で見ていたり。(「買う…?」と聞くと喜んで、1~2本だけ買って帰ることがある。)

時々仕事帰りに一人で買ってたり。

でも、わたし日常的な晩酌があまりきじゃない(お金もそうだけど、上にも書いたけど日常的な飲酒は体に悪そう、太りそうとあまりいいイメージがもてない)のを知っているので、「ほんとうは一緒に晩酌とか憧れるけど、あまりきじゃないの知ってるから」と遠慮してる。

-

最近夫は太ったのを気にして、夕食のご飯を豆腐に置き換えたりゆるく糖質制限ダイエットしているんだけど、「そんなならお酒飲まなきゃいいじゃん。」と思ってしまう。

お酒控えて、ご飯はバランスよく食べたほうがいいんじゃないかと。(日常的に飲みはしないが、週末とかに友達実家家族と会うとけっこう飲む。)

飲み代だってけっこうかかるんじゃないのかなって思ったり。お小遣いの使い道はお互いの自由にしているけど、「たりないな~」とか思われているのかな…って気になるのはすこしストレス

家族が好きなもの嗜好品は嫌な顔せず用意してあげたいのに、自分ビールは好きなはずなのに、最近は【酒】がちらつくとなんだか嫌な気持ちになってしまうのがすごくいや。

こんな気持ちを抱きたくなかったから酒好きじゃない人と結婚したつもりだったのに、結婚後に酒好きになっちゃた。もちろんそれだけが理由結婚したわけではないけど。

優しい夫は酒好きになってもわたしに遠慮して家ではあまり飲まない。

我慢させてるのがすごく申しわけない気持ちになる。

こんな気持ちになりたくないのに、もやもやしてしまう。

理系留年中退してしまパターンまとめと対策

留年は怠け者がすることで本人の自己責任論にされてしまいがちであるが、

特に理系の一部大学、一部学部学科にいおいては日常であり、

ちょっとしたことで留年してしまう。

留年すると学費減免や貸与奨学金が止められてしまい、これらを当てにしていた学生は良くて休学、最悪の場合退学を余儀なくされる。

この分野に関して、知見が溜まっていないと感じる。自分の周りの留年中退経験者人の経験を教えて欲しい。

ちなみに自分胃腸炎にかかり、10日ほど動けなかったら実験を2回欠席、1回分のレポート未提出とみなされ必修の実験単位を落とし留年し、

学費を稼ぐためにバイトを増やしたが勉強時間が確保できず留年を繰り返し体調も崩し中退した。

2017-07-23

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありません

名言ぽいことを書いている本などを読むと、「人生とは何か?」「人生とは旅である」といったことがよく書かれています

別にそれらを否定するわけではありませんが、本当に人生について考えるときに「人生とは何か?」と、哲学めいた本を読んでいる場合ではないということ。

あらゆる名言本に一時的な安らぎを求めるのはいいですが、それではいつまで経っても人生について何もわかりません。

人生とは何か?

今回はこの哲学いたことについて、気軽な気持ちで少し考えていきましょう。

本気で考える!人生とは何かということ

私なりの自論で「人生とは何か」というと、それはできる限り怠けること。 

毎日日曜日的な生活実践することです。そのためにも経済的な余裕はもちろんのこと、精神的な余裕は必要不可欠。 

どちらが欠けていてもこれらの生活は成し遂げられません。

中には仕事一筋の人生の方がいいという人もいるでしょう。それはそれで素晴らしいことですし、考え方は本当に人それぞれ。

大切なこと自分にとって、「本気で楽しい人生とは何か?」を追求し続けることですからね。

そこに他人の目やくだらないプライドなどは必要ありません。あるがままのスタイル自分人生を築きあげていきましょう。

真面目に生きることだけが全てではない

世の中の大半の人達は、他人と同じような生活をしがちです。

違うレールに外れることを極度に恐れすぎては、望んでいない人生勝手に歩んでいます。それ故に文句愚痴を吐いては精神病み毎日まらないとボヤキ倒す生活

果たして、それらの人生は本当に自分自身が望んでいた人生なのでしょうか。

真面目に生きることだけが人生ではないですし、全てではありません。もちろん、犯罪者になろうということではありません。

 真面目に生き続けてきた中で、ふと「人生とは何か?」と哲学めいたら、それは少し危険信号ということだけは理解しましょう。

人生とは何か?」と寝る前に考えてしまう人へ

人生とは何か?」と哲学いたことを考えるのは、寝る前に多いという人は結構ます

私自身も寝る前にはよく「人生とは何か?」と哲学しました。

別にそれを考えること自体は悪いことではありませんし、むしろ考えるべき行為いつまでも他人人生ばかりに嫉妬している人生よりかは数百倍マシですからね。

けれども、毎日のように「人生とは何か?」と哲学めいては、名言本などを読んでいる場合ではないということ。

人生は行動なくして変化は訪れません。頭の中やネット上の妄想だけでは何も生まれないということです。

今のつまらない人生を作り上げてきたのは、紛れもなく自分自身です。

人生とは何か?」と疑問に感じたら、まずは過去の人生を見つめ直すチャンスですよ。

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありませんのまとめ

人生とは何か? 

究極の名言であり、究極の疑問でもあり、究極の課題でもある言葉

あなたにとって本当の人生とは何でしょうか。

まらない日常を繰り返しては、ストレス解消のために他人を傷つけることでしょうか。

嫉妬愚痴に侵されては、安酒でも飲みながら一時的感情を忘れることでしょうか。

いつまでも哲学めいた本を読んでいる場合ではありません。また、このような記事検索から見つけては読んでいる場合ではありません。 

もっと他にするべきことがきっとあるはず。いえいえ、必ずあります。 

兎にも角にも、この記事が「人生とは何か?」という道しるべ的なきっかけになれば、本当に嬉しい限りです。

https://anond.hatelabo.jp/20170722210312

なんか本人には落ち度のなさそうなクズって感じだから本人が持って合わせた正味性格なんだろうなって思った。

まり俺より下っぽいから少しほっとした。

反面、努力して大学行ってるから本気だして一つのことをやらせたら人並みかそれ以上のことができそうだから、うかうかしてられねえなとも思う。

日本社会においてどんなクズでも社会生活を送れる程度には社会の仕組みがしっかりしてる。

上を見なければ一応食ってける程度には稼げる。

愛情を得るのはお金には変えられない。

死ぬ時に振り返っていろいろあったけどなんとかやりきったなって思えるように、俺は最低限のラインをそこにして生きている。

人生はなんとかなる。

夢を見なきゃなんとかなるし、安い趣味だっていろいろある。

俺はネット画像をたくさんひらってクソなやつらばかりが集まる掲示板でワイワイやるのが趣味だ。

ネットさえできるお金があれば問題ない。

土日は画像リネームで1日が潰れる。

画像リネームしてフォルダ分けしておくと画像掲示板で流れに応じてすぐに画像を貼れるからいっぱいレスもらえて嬉しい。

俺の日常はこんな感じ。

おれだって負けず劣らずクズだけど毎日はけっこう楽しい

クズクズなりの生き方があって誰にも否定されないし社会から否定されないか大丈夫だ。

https://anond.hatelabo.jp/20170717002523

ノイタミナ放送されるようなアニメを見ればいいのでは?

漫画小説と同じでいろんな人向けの作品があって、大人の視聴にも耐えうる作品づくりをしているレーベルクリエイターなんかも沢山いるわけだし。

その一方で、ラノベ系のような若者ウケるジュブナイル冒険譚だとか、きらら系とかの萌え主軸の日常風だとかもある。

そういうのはかなり練度の高いオタク向けハイコンテクスト作品だったりするので、ついていけない人が見ると幼稚に見えてしまう。

アニメは「放送される」形式から選ぶ意識が乏しいのかもしれないが、それにしてもわざと幼稚に思えるものを選んで見ている気がする。

一体どこを情報源にして自分が見る作品を選んでいるわけ?

アニメなんて表現手法しかないし、それ自体レッテルを貼れるもんじゃないことは理解してるんでしょ?

だったら真面目に自分にあった作品を選ばないと。本気で作っている業界人達に失礼だよ。

だいたいアニメアンチとして掲示板なんかでケチをつけている人達も、

あなたと同じで、「自分に合わない」作品を、なぜか無理して見続ける傾向がある(その作品アニメ代表だとでも思い込んでいるんだろう)。

そうやってネガティブ意見を発信、感染、拡大させるうち、自分は賢いと盲信するようになる。

いずれは意思疎通のできない、驕り高ぶった狂人と化して手がつけられなくなる。そうならないことを祈るよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170723140619

俺も、2サイクルエンジン派で4サイクルエンジンなんか信用してなかった。

でも電子回路技術が入ってから、出力は回転数全域で4サイクルエンジンの方が上回った。

そしてエンジン制御コンピュータ制御が入ってからは、燃費は遥かによくなった。

えてして2サイクルエンジン過去技術となり、いまや小型で高出力がいるチェンソーと草刈機程度にしか新規開発はされていない。


技術革新が進みそれらが熟成して信頼性が確保され、その技術発展の成り行きを、子供のころから大人になり新たに子供をもうけられる年齢になるであろう次の世代が成長とともに毎日目撃する。

そして、彼らとともに育った新しい技術を、日常一助として使うことを選択する。

これまでも繰り返されてきた歴史の一ページってとこ。


そうなりゃ、俺たちと俺たちがAIを信用しないとかいう戯言なんざ失笑される存在になるのさw

だいたいPC携帯/スマホ常識で、そろばんは古いってのも、俺たち世代常識だろ。

俺らの親の世代は、電卓信用してないか普通にそろばんつかってるよw失笑もんだろwww

それとおんなじことが起こるだけの話さ。

今まで本当にごくごく普通日常ツイートをたま~に出力していた人が

例のうなぎの件で一日100近いリツイートをしだしたのを見て、

教養のない人が自分理解できる狭い範囲

大義名分を持ったと思い込むとこうなっちゃうんだと実感した。

 

教養がないというのはただただ頭が悪いということではなく、

いわば神経が肌の上にむき出しになっているようなものなんだな。

なんだか無性に死にたくなった

なんだか無性に死にたくなった。

理由はもろもろだが、なにか一つ大打撃になるようなものはなかった。

私にはいつも何事にも「生きるか・死ぬか」の選択肢が付いてくる。

立ち行かなくなったらいつでも死ねばいいと思っている。

まり、常に死が付きまとっている状態だ。

でも死にたいと思っている訳ではない。

そこに選択肢として存在しているだけ。

いつもはおとなしくしてくれている自殺願望がふわっとなんの前触れもなく暴発することがある。

それは、「辛いことがあって死にたい」ということではなく、「これ以上生きているメリットを感じない」と感じたときだ。

誰かに怒りを感じるでもなく、自分を責めるでもなく、今までのパッとしない道のりを振り返り、それでももしかしたら、まだ見ぬ成功体験があったかもしれない人生を思って、流れの速い雲を眺めながら泣いた。

ベランダから地上を見て、終わりをイメージした。

ボーッと、休日出勤でも深夜まで働いているであろう人たちが放つ光の夜景を眺めた。

いけないことなんか無かった。全てに理由があって、こうならざるを得なかった。

あるいはその当時の自分判断能力が鈍かったり、逃げ出してしまったり。

物事は悪い方向に転んでから初めて議論に上がる。

悪く転がらないよう尽力してことなきを得た物事日常としてすり抜けていく。

そうやって、私の死もすり抜けていくのだろう。

そんなことを思いながら、なんとなく歯を磨いた。

コーヒーを飲んだ。

明日から先の未来への意味は全く感じない。

でも死ぬ気は失せた。

2017-07-22

隠された意味が分かると本当に恐怖を覚える日常会話

小学生の実の子供「お母さん、今朝のお味噌汁、白いぽよぽよしたものしか入ってないけど・・・ 何これ?」

一番良い結果を使う試験に何の意味があるのか

とある部品メーカー製品テスト担当してる。

このテスト現場が酷い。

社内や納入先規格を満足出来ないと何度もテストを繰り返し、OKデータが取れるまで繰り返す。

さすがに日常使用範囲内で故障するような状況であれば検証して対策を行うが、市場不具合が発生しないだろうなという判断が下されれば無視をする。

この"市場不具合が発生しない"と判断する人間が優秀であれば問題は発生しないだろうけれど、こういったリスク排除するための試験規格なのでは?

なにかを始めるのが怖い

変わりたいって思っているけど始めることができない、何かを始めることが怖い。例えば10000時間法則ってのある。10000時間、何かに没頭したらその分野で天才になれるって話だ。10000時間ってたら1日1時間やったとしても10000日、27年・・。果たして何かを得られなかったら?いつもこう考えてしまうのが情けない。明日死ぬかもしれないし、積み重ねても意味ないって思うんだ。でも今日後悔してるのは昨日も何も始められなかったこと。ネット見て音楽聞いてるだけの日々。もう非生産的日常をやめにしたい。何かを積み重ねたい。明日死ぬとしても。おりゃあもう、20代前半だけども大学行くよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170722185211

こんな負け犬の掃き溜めみたいな場所でいい雰囲気なんて作れるわけないんだよなあ

日常で受けたストレス他人にぶつけて気持ちよくなりたいだけのクズしかいないんだぞここは

2017-07-20

スペース増田のこと

みんな大好きスペース増田だが、召喚の条件がいまいちからない。

なんとなくホッテントリから来ているんじゃないかという印象があるが、一般化できるものだろうか。

そこでとりあえず、2017/07/20 9:30現在増田下部(スマホ版は上部)に表示されている「人気エントリ」8件および「注目エントリ」8件の計16件について、スペース増田の出現の有無を調べて下表にまとめた。

最初リンク貼ってたんだけど、リンク多すぎでスパム扱いされたのか投稿できなかった。そういう仕様だっけ?)

人気エントリ

元増田(anond:~)ブクマトラバスペース増田
私は警察に行くべきか?(20170719194655)7312あり
2回以上アニメ化された作品(20170719153257)34011あり(微妙・削除済み)
twitterの使い方がわからない(20170719151636)14411なし
最近思ってること(20170719125912)1285あり(削除済み)
墓参りに行ったら火の付いたタバコが供えられていた(20170719103638)2157あり(削除済み)
あいちトリエンナーレで某ジャーナリスト芸術監督をするらしいけど(20170719064948)1427なし
孤独耐性とひきこもりの才能(20170719021542)844あり(削除済み)
メリットの衝撃(20170718200500)3853なし

注目エントリ

元増田(anond:~)ブクマトラバスペース増田
はてなCTO伊藤直也さん(20170720064104)51なし
悩んでる(20170719235353)283なし
すげー不思議なんだけど(20170719231510)172なし
ボウリングが好きなんだけど(20170719230133)170-
火曜日サザエさんやってたよな(20170719204920)171なし
ラーメンは 麺の入ったスープなのか ..(20170719160250)221なし
メアリ(20170719113703)90-
便座の裏にチンチンの先っちょくっつける人って気持ち悪くないの?(20160712134216)31なし

気づいたこ


あとがき

こんな ことをしていて 楽しいですか

もっと 時間は 有意義に 使うべきでは ないですか

外は いい天気 ですよ

https://anond.hatelabo.jp

https://anond.hatelabo.jp/20170720092742

依存症のあるものとして、タバコアルコール、ついにソシャゲと来たか

日常に支障がなければ大丈夫じゃない?これを実況して動画あげて仕事します!ってなったらあせったほうがいいと思う

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719191631

https://togetter.com/li/1131177

そういう調子クソリプ合戦大喜利?)、

このまとめを思い浮かべたな。

しかここの別の記事でなんか言われてたやつだった気がするけど。

まさにそんなかんじのクソリプが延々と繰り広げられて地獄だった。

それをまとめたのが対して伸びてないあたり

これぐらい日常茶飯事なんだっていうツイッターランド地獄さを感じる。

日常アニメが2クール目の終盤で唐突に鬱展開&全滅エンドやって伝説になる夢見た

2017-07-18

俺が風俗遊びをやめた理由

この20000円があったら彼女に美味いもん食わせてあげられるな

この20000円があれば2人でホテルに泊まって日常を忘れられるな

でもフェラをちゃんとしてくれないと

およよ?20000円払って風俗行ったほうがマシでは?となる

よね

字画判断姓名判断が賑わせてるが、俺はそれよりもずっと害悪だと思ってるものがある

厄年存在

正月神社にお詣りして、いきなり目に飛び込んでくるのは、厄年の年齢と生年リスト

あれ酷くないか

1年の初めからあなたの1年(または半年)は終わってますよ。

と冷酷に言い放つポスター

ネガイメージで1年という長いスパンを開始させられてしま害悪だと思う。

これも厄年と似たような迷信だとは思うけど、やっぱりネガイブイメージを引きずってると日常ネガイブに寄せられていくと思う。酷い話だ。

個人的にはそもそも外国厄年が無いと認識した瞬間、俺は厄年を全く気にしなくなったし、むしろ厄年という制度自体が厄だと思い始めた。

上西議員は正しい

あの議員は嫌いだし辞めてもらいたいけどサッカーに関して言ってる事は正しい。

サッカー好きって、他人人生自分人生乗っけたがるよね。

凄いのは選手であってお前ではない。

オマケに負けたら不機嫌になるし、サッカー勝敗日常に持ち込むなんて幼稚すぎ。

それだってお前が勝ったわけじゃないからな。

これに対して「殺害予告されても仕方のない事をした」と言いだすし。

殺害予告犯罪だろ。

ほんとモラルねぇなサッカーファンは。

観戦で暴動起こすスポーツなんてサッカーくらいだしな。

夢女が性欲持て余して死にそうな話

スパムみたいなタイトルになったんだが、本人大真面目でここにしか書けないんだ。

オチ無いし長いけど、こんな頭おかし葛藤してる人間もいるんだなってくらいで見てもらえたら嬉しい。



物心がついた頃から2次元に恋ができた。

3次元に恋しなくもないが、没頭するのはいつも漫画アニメ男性キャラクターだった。

そして、もうひとつ物心がついた頃からエロいものが好きだった。男性向けの。

それぞれに目覚めたのが小学生の時だった。どうしてこうなったかは分からない。

ともかくまだPCが家庭に普及していない頃だったので、頭の中で夢妄想をし、そういう絵を描いたり、またひっそりと落ちているエロ本を読んだりしていた。

そして時は経ち、ネット環境を手にした小学生半ばの私は、毎日毎日夢小説エロコンテンツを読み漁っていた(年齢制限を守っていなかった事については心から反省している)。

ネットという海を漂い膨大な情報摂取した私は、妄想では我慢できずに行動に移したくなってしまった。

そう、簡単に言えば恋人セックスがしたい!という気持ちが湧いてしまったのだ。

しか自分小学生。間違ってもそんな事はできない。

だが、2人ではできなくとも1人ではできる。

自慰という手段によって!!!!!

そうして小学生にして自慰行為というものにも目覚めてしまったのであった。

いつか漫画のような素敵な男とエロ本のような滅茶滅茶に気持ち良さそうなセックスが出来る事を夢見て。きっと中学高校に上がれば彼氏も出来、そんな未来がーー



と思っていたのだが。

現在大学回生。全くそんな未来は訪れていない。

というのもまず物理的な理由

中高大、エスカレーター式でずっと女子校を選んでしまったのであった。彼氏どころか、日常的に顔を合わせる異性がまずいない。これでは恋に落ちれるわけがない。

そういう出会いを求めていたわけではないが、エロコンテンツが好きだったのをきっかけにハマった男性向けのジャンルで、オタサーの姫的なものになった事もあった。

だが、身近に男がいても、彼氏は出来ず。

何故ならもうひとつ精神的な大きな理由

2次元彼氏がいたから。

そう、相変わらず夢女子も拗らせていたのだった。

2次元キャラクターに本当に恋をしている。しすぎて、頭の中で作り上げた理想キャラ像に敵う現実の男が見つからないのだ。

相変わらずセックスはしてみたい!でもこれだけ心の中で愛している人がいるのだから軽率に体を許すのは嫌だ!!でも女としてヤってみたい!!!R-18夢小説感謝!!!でも足りねえ!!!現実でヤりたい!!!けど相手がいない!!!推し3次元召喚されてなにかの間違いで恋人になってくれ!!!

という気持ちで延々と自慰行為に耽る毎日が何年続いているだろうか。そろそろ解放されたい。

ファッション誌のアンケートとか見るともう初体験を終えてる人がほとんどな割合の歳だし、そろそろ女の身体を持つ人間としてそういう事をしたい。

でも、心から好きな人セックスができるってことに希望が無いし、もう本当に適当な人としてしまっていいのでは?って想いが日々強くなってるんだけど、受け入れきれない自分もいるわけで。

女性向け風俗とかで推しコスしてそういうサービスしてくれるとかあったら喜んで行くのに…

自分自分で煮詰める日々があとどれくらい続くのかと思うととてもつらい。どうしたらいいんだろうなあ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん