「有害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 有害とは

2018-02-20

anond:20180220162134

お前の周りの喫煙者に言えよ。

一人で言う勇気がないなら賛同者集めてデモでもやれよ。

喫煙者この街からでてけー!!!でてけーー!!!

有害な毒をばらまくなー!!!ばらまくなーー!!!

喫煙者は家からでてくるなー!!!でてくるなーー!!!

あらやだ面白そう。やってよやってよ。喫煙所タバコ吸いながら見てるわ。

喫煙者は全員強制的隔離施設にぶち込むべきだと思う

受動喫煙防止のために、JAISTでは喫煙後45分間の立ち入り禁止が決められたそうだが、

ネット周りの意見を見ると、いまだに昭和脳の喫煙者どもが「やりすぎだ」と騒ぎ散らしており、本当に見苦しい。

ある者は「いったいどこでタバコを吸えばいいのか?」などとほざくが、とっとと禁煙する以外に何か選択肢があるのか?

禁煙が辛いなどとアホなことを言っている低能もいるようだが

体に悪いことを知っていながら自分勝手に吸い始めたのだから禁煙するのも勝手に苦しめばいい。

本当に禁煙したいと思っているならば、医者の手を借りてでも止められるだろう。

アルコール中毒なら、医者の手を借りるくせに。要は本気度が足りないのだ。

もし禁煙できないものがいるならば、一生家から出てこなければいいだけの話。こんな簡単な話もニコチン中毒者は理解できないのか。

まるでアル中患者のソレと同じだ。アル中患者が「じゃあどこで酒を飲めばいいんだ?」なんて言い出したら

当然施設にぶちこまれしかるべきだ。一人で急性アル中になるなら勝手死ね案件だが、酔っぱらって交通事故引き起こしたり、

他人暴力を振るったりするなど、アルコールもまた単なる嗜好品のくせに他人迷惑をかける点で何らニコ厨と変わらない。

アルコールについてはバックにいるスポンサー関係から排除論が揉み消されているだけの話であり、どちらも等しく滅びるべきだ。

はっきり言って喫煙者アル中同様、穢れそのものである身体有害であることを理解しながらそれでいて

なお有毒物質摂取し続け、かつ他の人間迷惑をかけ続ける「花粉をまき散らすスギ」のような人外生物

とっとと隔離施設にぶち込んで、人間さまに迷惑かけないようにするべきなのである

anond:20180219232323

バグパイプ奏者排除に潜む日本の病巣

演奏中45分間」も大学構内に立入禁止 北陸先端大が全面禁バグパイプに踏み切った理由

https://www.excite.co.jp/News/smadan/Z1509591737132/

上の記事を読んだ。なんとまあバグパイプ演奏中は呼気から有害音波が検出されるから受動騒音防止のため立入禁止なのだそうだ。

もちろん私は一定の分バグパイプに関しては異議を唱えるつもりはない。ネカフェで喫バグパイプブースに泊まることになった時はあまりの音に辟易した経験もあるし。

しかし、今回のJaist全面禁バグパイプや、居酒屋含む飲食店全面禁バグパイプの流れはあまり常軌を逸していると感じる。

バグパイプの音を聞かないでいられる権利」ばかりを尊重しすぎて、「バグパイプを嗜む権利」を脅かしていないかということだ。

バグパイプの音を聞かないでいられる権利」に正当性をもたせるのは簡単である。「うるさくて嫌だ」と主張すれば済む。さら一般の人が受動騒音として害になるか検証されていない、服についた音の微粒子やら呼気に含まれ有害音波についても、騒音過敏症の人の被害を引き合いに出せば、被害者簡単に創出することが出来る。

しかしながら「バグパイプを嗜む権利」の方は、「バグパイプを奏でたい!」といった子供じみた権利の主張以外に何が出来るというのだろうか。結局非喫バグパイプ者の支持をとにかく得にくい構造になっているのである

こうして「被害を受けない権利」だけが尊重され、「する権利」は衰退していく。

この構造は、現在日本のあらゆる場所で表出していないだろうか?

保育園では子供の金切り声による騒音を避けるため、園児たちは二重サッシで仕切られた室内でこじんまりと遊ばされている。

海岸での花火は近隣住民迷惑になるので禁止

路上駐輪は景観が損なわれるので即撤去

風俗店は即摘発

こういった流れが進行しているのも、活動的主体となりやす子供や若年層が減少し、一方で客体となりやす高齢者が増えたのと無関係ではないだろう。

どんどんと窮屈になる日本他人の多少の迷惑を許容する代わりに、「する自由」に満ちた社会のほうがずっと心地よいと思うのだが。

ひび割れ荒れた手にアロンアルファ

炊事家事で手がひび割れて、

ちょっと当たったりなんかしたら痛いし水触るとまた痛い

こういう小さいぱっくり開いたひび割れってアロンアルファで接着したらやっぱり有害

もういっそのこと接着剤で傷ふさぎたい!!!

他人に自慢させない奴がうざい

ちょっとした自慢ですぐマウンティングとけちを着けて他人批判するやつがうざい。

自慢してくるやつの中にはおだてればわりと有益情報をくれるやつがいるが、

いつもマウンティングマウンティングと言ってるマウンティング人は人の自由発言を妨げ嫌な気持ちにさせてくれる。

能力が上のものから学ぼうと言う真摯な態度も、

能力の下のものの自慢を聞き流す度量の広さもない。

まさに有害なので滅んでほしい。

anond:20180220130121

両方有害と思ってるけど、非喫煙厨は「酒は勝手に口に入ってこないか無罪」とか言うから意味わかんない。

喫煙所をなくすなら飲みニケーションもなくしてくれ

こういってもアル中煙草有害で酒は無害とか言い出すんだろうな

から内臓寿命縮めるし今は幹細胞を少量でも死滅させる結果が出てんのに

毒物飲んで楽しくお話?一人で死んでろよ

つーか酔っぱらって何が楽しいわけ?酒なんて大学生卒業しろ

いい歳したおっさんがこの酒はうまい!とかどんだけ尊敬しててもそれだけで評価下がるわ

何の栄養にもならない毒物飲んでいいね!って馬鹿すぎるから頼むからやめて

金の無駄、もう一度いうけど金の無駄

義理チョコやめませんかとかどうでもいいか飲み会やめろ

飲まないと場が持たない関係性なら最初から集まろうとすんな

酒の力に頼らないと言いたいことも言えない文化を変える努力しろ

店でアルコールを出すことを法的に禁止すればそれだけで飲酒事故を大幅に減らせるんだよ

人命や財産を優先して店内でアルコールを売ることを禁止すればいいだけ

酒飲みたければそれこそ煙草と同じように自宅でやってください

2018-02-17

anond:20180217185231

おれも一部の女性が怖いですよ

有害女性とそうでない女性を見分けるスキルは無いですし

anond:20180217184423

損得というよりは、恐怖だと思います

一部の男性が怖いのです。

そして有害な人と、善良な男性と見分けることができません。

悪い人ほど善人のように振る舞ったりするので。

男性社会的強者役割押し付けることが男性差別

男性差別」とは何かを一度整理しておこう。一言で言えば、表題の通り男性全般社会的強者役割押し付けることが男性差別である

女性差別本質が、女を社会的弱者として貶めることになるとすれば、男性差別はまさに正反対の素質を持って説明することができる。

社会的強者役割押し付けることである上に、女性差別と比べると、男性差別問題はあまり問題化」されない傾向がある。

社会的強者であることを求められるのであれば、デメリットよりもメリットの方が大きくなるからだ。

しか男女平等社会を求めるのであれば、男を一方的社会的強者として見なすことは有害のものである

女性差別是正すると同時に、男だけに求められている負担を軽減しなければ、男だけに不満が溜まり続けるからだ。

男だけ徴兵されること、男だけが総合職労働市場を独占する代わりに、男だけに長時間労働が課される事実

これは昔は男社会における男の勲章であったかもしれないが、男女平等社会においては男性差別と見なされる。

戦争になったら女も徴兵するべきだし、女も総合職で働くべきだし、(変な言い方だが)女も過労死すればいい。

女性専用車両問題については、男だけが乗車できない車両を設けること自体男性差別である

男は痴漢に合わない社会的強者なのだから、少しは我慢しろ、という考え方自体男女平等ではない。

痴漢ではない大部分の男性迷惑をかけることは男女平等社会観点から許されない。

2018-02-13

車を運転していて恐ろしくなる「殺人未遂ドライバー達」

私たち運転している車はおよそ1トンあります

1000㎏です。

そして鉄の塊でとっても固いです。

1000㎏の鉄の塊で、歩行者自転車にぶつかったら相手は死んでしまます

なので、あなたのその運転危険なんです。

人は歩いていてよろけないですか?

自転車は突然パンクして転びませんか?

あなたのその運転は、ほんの一瞬で人の命を奪います

私たちドライバーは常に楽をしています

自分の足であることなく、自分の足で歩いている人たちに有害排気ガスを浴びせ、吸わせて楽をさせてもらっています

私たちは1000㎏の鉄の塊を運転していますがえらくはありません。

しろえらいのは自分の足で歩く歩行者たちです。

私たちは楽をさせてもらっている代わりに、教育を受けて大きな責任をあずかっています

人のすれすれを走っては危険です、一時停止ではとまらないと危険です。

信号のない横断歩道歩行者が優先です、妨害してはいけません、鼻先を横断歩道の上に乗せるまえに歩行者が見えたら、載せないようにしましょう。

私たちは楽をしています

私たち毒ガスを撒いています

私たち凶器を預からせていただいております

奪った命は帰ってきません。

あなた正義感あおり運転幅寄せ、警笛をあびせ、

あなたの過信した運転技術で人すれすれに追い抜いたり、驚かせたり、

それらの運転ルールを知らない無知の下手な運転です。

正しくは、

人のそばを通るときは徐行です。

正しくは、

自転車を追い越すときは1.5m以上の横幅を開けます

正しくは、

信号で止まったときに目の前まですり抜けしてきた「自転車原付」は追い抜いてはいけません。

交差点内を抜けて車線内での走行が安定してから、そこでようやく抜きます我慢しましょう。本当に危険です。

私たちは車に乗って、石油を消費し、排気ガスという有害物質をまき散らして、だれよりも楽をさせてもらっています

時間運転疲れたり、眠くなったり、トイレに行きたかったり、携帯いじりたかったり、すると思います

でも、私たちは車に乗って楽をさせてもらっているのだから、少し心に余裕をもって相手への配慮を持ちましょう。

あなた運転殺人未遂ですよ?

2018-02-11

長女にのぶみの絵本を買ってあげなかった事を実は後悔している。

今年の正月に、近場で一番大きなTSUTAYAに娘達を連れて行った。一冊ずつ絵本を買ってあげようと思って。で、児童書のコーナーに入った時に条件を二つつけた。一つはオモチャ絵本(音の出るやつとか、オモチャレジスターや楽器などに申し訳程度に冊子っぽいものが付いてる物)は買わないこと、もうひとつ図鑑など単価が高過ぎる物は無理という事。それだけ約束させて、好きに選ばせるつもりだった。

長女はひとつ目の約束の時点でテンションダダ下がりだったが、クリスマスサンタさんと親戚一同から遊びきれないほどプレゼント貰ったばっかりなんだから、と説得。長女は渋々って感じだったが同意した。

長女は本好きで図書館では自由に借りて色々読んでるから、今回は何を選ぶんだろうと思ったら、数多の絵本の中からソッコーで選んだのが、まさかのぶみだった。ジュウオウジャーのやつ。

それは別に平積みされてた訳でなく、むしろ目立たない棚の片隅にひっそりと置かれていた。ひっそり……といってもそれは大人目線でのことで、子供からしたら棚の一番下の段って見つけやすかったのかもしれないけれど。

ともかくのぶみだった。あの、のぶみだった。

私は例の『ママがおばけになっちゃった』を読んだ事があるがあんまり良いと思わなかったし、ネットでの評判はあの通りだし子供有害説もあるので、正直言ってやっぱり読ませたくないっていう気持ちがあった。

それでつい反射的に言ってしまったのが、

「それはちょっとどうかな、ジュウオウジャーもうとっくに終わったし」

ジュウオウジャーとっくに終わったとか自分でも意味不明だと思う言い訳だ。だがなんか瞬間的にあの本を買うのを阻止するべきかもしれないという気になってしまったのだ。

そしたら長女はそれに物凄くショックを受けてしまい、絵本を選ぶのを止めてしまった。しばらくコーナーをさ迷い、自分の買いたくない本を買うという重すぎる任務を背負っているという感じで死んだ目で本棚を見ていた。

長女がふらふらと歩いて行った先に、特撮絵本の棚があった。長女がそれを見て言った事には、

「どうせこれも買っちゃダメなんでしょ?これは絵本じゃないし」

私が

「いや良いよ、これ買っても!これも絵本だし」

というと長女は

「ふーん。でもいいよ。これは絵本だよね、ジュウオウジャーじゃないから」

なんか色々誤解されていた。

長女は結局『ひつじのショーン』のアニメ絵本を数回「これは絵本?」と確認してから「これでいい」と選んだ。

のしばらく後に、先日のお詫びのつもりでまた娘達をTSUTAYAに連れて行ったのだけれど、長女は絵本の棚には見向きもせずにドリルの棚に向かって行き、入学準備ドリルをチョイスしてニコニコしていた。(以前からドリルが好きなのである)

絵本も買ってあげるよ?って言ったら「いらなーい」だそうだ。

のぶみ絵本の内容よりよっぽど私の一言の方が悪影響あった。

ネットリテラシー初級編

 

理由:

何かを貶める価値観が混ざった文章は、デマあるいは有害である蓋然性が高いため。他人に悪印象を刷り込もうとする発言は、偏った知見や利害の対立等の要因によって歪んだ認識に基づいていることが多い。よってシェアするべきではなく、ほとんどの場合シェアする必要もない。

補足:

善意にもとづく有益そうな投稿でも、そうした「○○下げ」を含むものシェアしないほうが望ましい。よほどその分野に精通した専門家でもない限りは、批判情報正当性一般人担保することは難しい。ネットや本で得た知見によって自分専門家なみだと誤認してしまやすバイアスもあるため、謙虚であること、アクションの前に一呼吸置くことが肝要である

 

 

っていうのは、例の台湾地震寄付がらみのデマツイートの教訓から

自分一般化して今考えたものだけど、…これ守れてる人いる?

よっぽど育ちのいい人なら無意識に守れているかもしれないけれど、多くの人は守ろうと心がけても難しいことだと思う。

女になりたくなかった

幼少期に女嫌いをこじらせすぎた。

原因は母親ヒステリー

毎日夫婦喧嘩は絶えず、家ん中じゃ麦茶が飛んで皿が割れた。

喧嘩の発端は、毎回、母親が突然に不機嫌になる事だ。

母は人付き合いが壊滅的に苦手だったが、父の仕事関係で、妻として表に出る事が多かった。

その中で生まれネガティブ感情が、大体二週間ぐらいかけて『そもそも結婚なんかしなけりゃ』という不満に発酵し、その後は『超不機嫌モード』に移行する。

そんな母の態度に、生来短気な父の堪忍袋の緒が切れると、家の中で怪獣大戦争が勃発するという仕組みだった。



──と気付いたのは大人になってからで、幼い私は兄と抱き合って震えながら、『うちのおかあさんは何故急に怒ったり不機嫌になったりするのだろう』と考えていた。

喧嘩が終わった後、私たちはよくベソをかきながら父に聞いた。『なんで母さん、ああなの』と。『気に入らないことがあるなら、言葉で言えばいいのに』と。すると父はこう返した。

『母さんは女だから。女の人は男の人と違って理論的じゃないから、よくわからないところで感情的になるんだ』と。

私は兄と一緒にふんふんと聞きながら思った。

『そうか、女だからか。女ってクソだな。』

健全な性の道を踏み外し出す、記念すべき第一歩だった。



第二ステージ

母親を疎み、兄や父と主に過ごしてきた私の読書習慣が、歪んだ固定観念をより強固なものとするに至った。

少年マンガの購読である

(先に断っておくが、私は少年マンガ糾弾する気は一切ない。ただ事実ありのままに書き記していくだけである。そして私はありとあらゆるジャンル漫画が大好きだ。)



兄弟と育った私は、コロコロを読み、ジャンプを読んで育った。父のコレクションである少年漫画に手を伸ばし、特にドラゴンボールを好んで読んだ。

しかし私はドラゴンボールブルマちゃんが嫌いだった。天才科学者とかそういう長所は、曇りきった私の目には見えておらず、『何も出来ない癖にすぐ泣いてすぐ叫び、恋や欲求にすぐ目がくらむ、ヒーローの足を引っ張る存在』とそんな風に見えていた。『ああ、父を煩わせる母と同じだ。やはり女というものはこういうものなのだ』と。



同時に、私の性の芽生えの切っ掛けもブルマちゃんであった。

詳しくは割愛するが、あのマンガって結構えっちだよね。

とにかく女体に興味を覚えてしまった私は、こっそり父の読んでいる青年漫画に手を出した。前に一度ちらりと見えた時、なんだか非常にえっちっぽいページが見えたかである

親の目を盗み、どきどきしながらページを開いた。そこには大人世界が広がっていた。

どろどろとした愛憎入り乱れる大人世界だった。女はひどく誇張された化粧と共に描かれ、男相手に股を開いていた。

べっとりとした口紅と真っ黒な性器が、多大なる忌避感を私に与えた。



『おヴぁああああああああああああ』と私は心の中で叫んだ。

ブルマちゃんの可愛らしいお胸とは正反対のものがそこにはあった。

だがリアル調のその漫画の方が真に迫っているような気がした。

なるほどこちらが真実だったのか、と小学三年生の私は納得した。

『女はクソだ、内面だけでなく外面も。』

齢九、私は何処へも辿り着かぬ道へと順調に足を踏み外していった。

ついでに化粧が嫌いになった。



さて私はある時期より、重大な気付きに直面する事になる。

それは『自分も女である』という事実であった。

私は自分母親のようになる事を極端に恐れた。ゆえに『感情的にならない事、理論である事』を信条に掲げて日々を過ごしてきた。

また、既に女という性を軽んじていた私は、『女子なんか』と遊べば『女』になってしまうと思い込んでいた。

ここでの『女』というのは、しばしば侮蔑的な響きを含むあの『女』のニュアンスだ。『まったく女ってのは』というあの感じだ。



女子ままごと菓子を好み、恋の話に興じるもの男子は外で体を動かし、虫やボールを追いかけるもの。前者は幼稚かつ非建設的で、後者建設的なもの──。

私は男子に混じって遊んだ。虫をつつき、ボールを追いかけ、カードゲームに興じては『女子にはわかんねーだろ』と男子と一緒に男ぶった。

てめーも女子だろ。

ともあれ男女問わずパンを履きまくっていた時期にそれを咎められる事は一切なく、私はこのままずっと『男』に混じって生きていくものだと思っていた。



しかし年齢が上がるにつれ状況は変わっていった。



中学時代より、『女子』としての振る舞いをするよう諸所で注意を受けるようになった。

足を開くな、スカートを履け、髪を整えて身綺麗にしろ

私はその度に反発を覚えた。それが身に染み付いた女嫌いゆえであるというのには、未だ気付いていなかった。ただ女らしくしろと言われる度、いいようのない嫌悪が体を駆け巡り、肉体を引き裂きたいような衝動に駆られた。

父や母も男勝りな娘の教育ほとほと手を焼き、私を『反抗期』と称した。私もそうであると思っていた。

──『反抗期』という言葉に、ひどく感情的な、理論の欠如の時期、という印象を見出した私は、すぐに『反抗期』を終え、男らしく振る舞うのをやめた。

女らしく振る舞う事もしなかったが、それで周りは満足したようだった。



さて年月が過ぎ、こうして高校までをしのいで来た私であったが、大学へ出るに当たり、いよいよ『社会』という漠とした強敵対峙する事になる。

家族は言った。『お前もそろそろ化粧を覚えないと』。

Wait, what?

私は心の中で叫んだ。脳裏に浮かんだのは、幼少期に見た、あのべったりとした口紅と醜い性器映像だ。

あの醜悪気持ちの悪い化学製品を、醜い女の象徴を、私に塗りたくれと言うのか。

女は醜いものだと教え込んだお前達が、今度は私に女になれというのか。そりゃないぜworld。



齢十八。私は化粧から逃げ回った。

言わずもがな、最たる要因は、家庭環境の最悪だったあの時期に読んだ例の青年漫画だ。

あの裸の女が身につけていた口紅だ。自業自得はいえ、最早トラウマだった。

親はありとあらゆる手で私を説得しようとした。

『最低限のマナーから』『そんなんじゃ社会でやっていけない』『化粧は有害じゃない』

『今はただの練習でいいから』『ええい駄々をこねるのをやめろ!』。



さて、呆れた事に私は自分がなぜこんなにも化粧品嫌悪を抱くのかを、未だ理解していなかった。

いくら醜悪描写漫画で見たからといって、なぜそれが全てだと思い込む?テレビを見ろ、タレント達は男女問わず化粧をして美しいじゃないか。──』

その裏に繋がる根深い『”女性性”への嫌悪』に気付けなかったのは、外面的な事に関して言えば、私の嫌悪がごく限定的である為であった。

化粧、ヒール、裸体を連想させるような肌の露出。装いに関して嫌だったのは、この三点に尽きた。

別に女の肉体を持っている事について、不満はない。

男の肉体が欲しいとも思わない。

着物であれば女性のものを好んで着たし、ミニスカートヒールでなければ、多少はフェミニンな装いも吝かでない。

非常にややこしく凝り固まった嗜好がどこから来たのかと、私は大いに悩んだ。

こうして書き出せば理路整然としているが、書いていない様々な事ゆえに気付きは遅く、私は自分が一体何故こうも屈折しているのかと懊悩した。



齢十八と半分。ようやく気付いた切っ掛けは恋だった。

幼馴染に、太陽のような男がいた。

高い背とおおらかな心が皆を惹き付け、彼の周りには男女問わず人が集まった。

私と男は気安い仲だった。ある時、抱えきれなくなった想いを彼に吐露した。

彼は赤面していた。想いが伝わったのだと浮かれ、私は何度も愛を告げた。間違いなく、あれがそれまでの生涯で一番幸せな時だった。

やがて彼は真っ赤な顔をして、はにかみながら、人を惹きつけるあの笑顔でこう言った。



『お前も可愛いよ』



大抵の女性であればここで舞い上がったのだろうか。しかし私は違った。

『おヴぁああああああああああああああ』と心の中で叫んだ。待て、お前、可愛いよってなんだ。可愛いよってなんだ。

かにも、私はその瞬間まで気付いていなかった。男に慕情吐露する事がどういう事なのかを。人として心から愛していたから、それを告げたい。ただそれだけだった。無責任な事だったと今なら思う。

いや、私は付き合いたいとは思っていたのだ。だがそれが必然的に『女扱い』に繋がるという事に気付いていなかった。彼は私に化粧やお洒落を望むだろう。まだ若く健全な男として、『可愛い彼女』を会得する事を望むだろう。

私は絶望した。

私はこの男を愛してはいるが、彼の女にはなれない。自分の中で育ててきた固定観念が、私に盛大に牙を剥いた瞬間だった。

ようやく私は自身に深く根をはる『”女性性”への嫌悪』に気が付いた。



私と幼馴染はどうともならなかった。

幼馴染も馬鹿ではない。彼は『可愛い』という形容詞がおよそ私には合わない事にすぐ気付いた。



暫く友人以上恋人未満のような関係を続けたある日、彼は言った。

『やっぱ俺、お前を女としては見れない。』

私は返した。

『然もありなん。』



さて、ようやく氷山の全容を眺める事が出来るようになった私だったが、ぎちぎちに凝り固まった偏見を見つめ直し、途方に暮れた。どれだけ難儀な奴だと。

いっそ潔く『俺は男だ!』と思えたら楽だった。

いっそ『女は等しくクソだ!』と思えたら楽だったかもしれない。

だが私は男でないし、女はクソではないし、女友達普通にいたし、大好きだった。

『””』を使って『”女性性”への嫌悪』と書いたのは、この『”女性性”』が、『世間一般蔓延してはいるが真ではない、女性に関する漠然として、かつ悪意を孕んだ偏見』に過ぎぬ為だ。

ネット漫画で嫌という程に見る”醜い女像”など、現実人間関係では見た事がない。

強いて言えば母親ヒステリーぐらいだが、それもも母親を一個の人間として見られるようになってからは、『母は女だからそうなのだ』という訳でない事を知った。



全てが根拠なき偏見ゆえと気付けたのなら、何も気にせず、ただ己として人生を歩めるだろうと思っていた。

だが、最早これは理論ではなかった。『女』として社会に出る事を考える度、『女らしい』格好をする度、どこからともなく嫌悪と惨めたらしさが迫り上がった。

『女の格好をすれば、きっと皆私を”女”と見るに違いない。甘ったるい菓子を好み、ぺちゃくちゃと甲高い声で噂をし、感情的に泣き叫ぶ、あの生き物と同類に思うに違いない。──』

『あの生き物ってどの生き物だ。お前の女の友人に、そんな奴が一人でもいるか。あと誰もお前の事は気にしねえよこの自意識過剰野郎。』

絶え間ない反駁でどうにかその考えを埋葬しようとするが、気が緩むと、それは何度でも蘇っては私の前に立ちはだかった。

また、たちが悪いのは、偏見が純然たる嘘でもない事であった。

私が私の中に根付かせた偏見は、何も初めから私が生み出したものではない。

漫画文学ネット、口さがない噂。

母親の姿。

買い物に少々時間をかけて良いかと問いかけ『女の子ってほんと買い物好きだよね』と返された事。

転んで涙を滲ませた私に『女って何ですぐ泣くの?』と問い掛けたクラスメイト──。



世間”が私を『女』と見る。女として生きたくない。いやそれは偏見に過ぎない。お前は女の友人達侮辱するのか。だがこの先、私が囚われてきた偏見と何度直面する事になる?

いっそ男になりたい。いやそれは逃げで甘えだ。男達をも侮辱する考えだ。だが少なくとも、私が嫌悪してきた女性性を押し付けられる事はなくなるだろう?



一つ、確かな事がある。私に恋愛が出来る気はしない。

私は幼馴染を心より愛していたが、『女』として扱われるのは耐え難かった。いっそ最初から男であったなら、私は彼を友人として愛せていただろうか。

近頃、新たに気付いた事がある。寝台で、男に抱かれる女としての自覚を得た途端、私は完全に不能になる。



必ずしも恋愛がしたいわけではない。

ただ目の前の人々を愛し、尊重し、あとは流れるままに生きていければいいと思う。

反面、やはり人と愛し合ってみたいという願いも漠然と持ち続けている。



こうなりたくてなったのではない。だが後ろ向きでもない。

『女はこうだ』『男はこうだ』と括る前に、目の前の人間を、一個の人間として見る事、

己と違う、十余年、数十年の生を歩んできた人間を、ただ一人の、別個の人間として尊重する事を信条に、

取り敢えず前を向いて生きている。

2018-02-08

anond:20180208191038

インスタへの妙な過剰反応とか見ても

とどのつまり屁理屈ゴネてるけどオタク

他人幸せ(に感じてしまもの)が嫌いなんだろうね

 

犯罪度合いで言えば、インスタで食べ残し撮ってチャラ付いてるリア充より

Twitterで駅員や警察中指立ててオラついてる電車アニメオタクの方が

まっこと有害であるのを俺は知っている

2018-02-06

地雷過激派オタクは叫ぶのをやめろ

※この記事地雷過激派ヒステリックオタクが嫌いな雑食オタク上から目線で語る記事です。

嫌な予感がした場合は閲覧をお控えください。




オタクをやっていて二次創作に触れていると、どうしても「地雷」という存在は避けて通れないと思っている。

人間から、一人一人好きなものもあれば受け付けられないものがあることも当然だし、それを否定はしない。

私は一般にいう「地雷がない」オタクである

雑種なお陰で色々なジャンルを楽しめているし、周りも交流しても好みで衝突することは基本的にない。

ただ、例外的に激しく地雷と考えるものが一つだけある。

地雷を声高に叫ぶオタクである

地雷を叫ぶ人からしたら、周りに対して「私はこれが嫌い!だから自衛するけど、周りも配慮してね!」というアピールをするこで、自分の居心地の良い環境を作るためなんだろう。

正直、個人としてはネットの中でくらいならそれくらいのワガママは通っていいと思ってる。

最高に面倒臭いけど。

しかし、最近よく目につくのが「私はこれが地雷ホント死ね!流す奴は悪!」みたいなことを喚く奴。

…それ、ただの嫌いなものへの悪口では?

古いオタクなので老害と思われそうではあるが、昔の同人サイトBBS交流時代はこんなことはなかった。

地雷がある人間は口を閉じて静かに同盟リンクを貼る。

決して相手や周りを攻撃することはなかった。

今はTwitterpixiv等で対人のやりとりが容易になり、また若いユーザー同人ネットマナーを学べる場がない。

そういう面もあるのかなとは感じている。

でも、そういう面を除いても地雷を叫ぶオタクが嫌いだ。

そもそも地雷への配慮を周りに求める」時点で面倒くさい。

いや、お前がミュートするか鍵かけろよ。

何で周りがお前の目を気にして話したい話題を遠慮しなければいけないんだ?

そのくせ、TLで少しでも触れてしまうと不穏な発言をしてくる。

お前の言う自衛って何?

一存で言語統制すんじゃねぇよと思ったりもする。

ブロックはしたらしたで共通フォロワー被害者面をする奴もいる。

偏見かもしれないが、地雷過激派には粘着質で大変短気な方が多いとお見受けする。

そんなに「自分が」嫌な思いをしたことが許せないんだろうか。

妖怪地雷喚きは

「嫌いなものを見せられた!周りが悪い!」

「これが嫌い!何故好きな人がいるのか分からない!」と、基本的に人に原因を求める人間が多い気がする。

いやいや、嫌いなのはお前の好みであって周りが悪いわけじゃないよ。

個人的好き嫌いへの悪口」を「地雷」という免罪符を付けて喚くのをやめろ。

例としてあげるならグループ食事をするときファミレス内で大声で

「アタシピーマンきら~い!!!!食べられな~~~い!!!ピーマン好きなやつ頭おかし~~~~い!!!!」

と叫ぶようなもんだ。

から何だ。ピーマンが嫌いなら静かに避けろ。

ちょっとピーマン入ってる~!!!アタシピーマン嫌いなの知ってるよね~~!?なのに皆が勧めたのが悪い!!!アタシ悪くない!!!!」

ピーマン嫌いなのは人それぞれだからアタシ悪くないよね?だから皆アタシに配慮して~~ピーマン食べるとこ見せないでよオエッ」ってことに近いのかなと。

極論かもしれないけど、私にはこう見える。

最近地雷論争が本当に馬鹿馬鹿しくて、

地雷持ちは短気を我慢して一呼吸置いて自衛しろ。もしくはブロックだ、だが後からぐちぐち言うな」

「雑食持ちは周りに地雷持ちがいたら、やんわり住み分けてあげようね。もしくはブロックだ、だが後からぐちぐち言うな」

で済むと思ってる。

だらだら学級会やるよりお互い自衛すればいい。

ただし、自衛してるのにあっちから難癖つけてくる強襲型地雷クソオタクダメだ。

根回ししてからブロックしろ

きっと雑食だったり、地雷持ちに辟易してる人は、ここまで読んで色々思い出させてしまうかもしれない。

申し訳ない。

地雷持ちで自分思い当たる節があったり罪悪感を感じた人は言動を振り返ってみてほしい。

ちょっと地雷自衛の仕方を変えるだけで、自分にとってもぐっと交流やすくなるかもしれない。

ただ、この記事を読んで偉そうに!とか好きで地雷持ちなわけじゃないのに!と怒りを覚えた人はその憤りを周りにぶつけないようにして下さい。

この記事という「地雷」を周りに叫ぶとはそういうことです。

地雷があることは決して悪いことではない。

その伝え方や地雷武器にしてしまっていることが周りに不快感を与える事例をたくさん見てきた。

時には論争や周りを巻き込んだ喧嘩をしたいが為に地雷を振りかざしている地雷クソオタクだっているみたいだ。

そこまでいくと精神の異常を感じる。

雑食の目から見た地雷持ちの一人演説

正直「生きにくそうだな」と思いながら見ている。

ネットであれだけ地雷地雷言ってたら、現実でもあれがいやこれが嫌い、みたいなことも多そうだ。

心に余裕を持とう。周りの環境をよく保とう。

そうすればちゃんと住み分けできる。

サンとアシタカだって出来ただろ。

相手人間だってことを忘れるな。

私は地雷を喚いて一人で怒って、思春期のガキのように一人で不貞腐れる

自称 地雷過激派

本名 自分の思った通りにならなかったので「私は傷付いた!周りが悪い!」と悪口言う野郎

が大嫌いである。

叫ぶのを止めて、深呼吸して、自分の考えをまとめてからしゃべれ。

単純に「ヒスッてキレる地雷持ち」が「落ち着いて喋る地雷持ち」になるだけだけど、大分有害度下がる。

全てのオタクコミュニティから口の悪い短気な地雷ヒス人間が減りますように。

2018-02-04

エロ有害ってのは根拠がある話なの?

誰が決めたんだ?

2018-02-03

anond:20180203163001

しろそういう過激フェミニストではない一般市民のような人間一見無害に見えて強い差別性をはらんだ発言のほうが

有害性がわかりにくく厄介だということが広く認知された段階に入ったってことじゃないでしょうか

ラディフェミのほうが自分たちが極論を言っている自覚がある分(自覚がない人もネットにはたくさんいますが)まだまともだという考え方もあるわけで

anond:20180123200155

感情自体個人のものから恨みつらみを持とうが、自由とは思う。

その上で、身勝手な思いだと本当に思ってるなら、身内と口頭とかLINEで済ませてくれとしか言いようがない。

外に表明した時点で、たとえ匿名だろうとこの増田尋常じゃないくら有害だと思う。

見ず知らずに、ただ好きなものを好きなだけっていう理由でこんな極端な悪意を向けることを、表明されたり、それを肯定してる人がいるのが可視化するのは、暴力だよ。

2018-02-02

anond:20180202130015

フェミニズム思想を突き詰めて考えてみると、女性自身自己決定権を最大限に尊重するということだよ。

しかし、その理屈だと「レースクイーンになりたい」という女の意思も、最大限に尊重されなければならなくなる。

フェミニズム思想が浸透すればするほど、男社会価値観が強化されるという矛盾もある。

それにフェミニズム思想対象は女だけではなく、もう片方の男にも適用される。

男の方が「若くて容姿の美しい女と結婚したい」という思想を持っていたら、フェミニストとしてはその意思尊重しなければならない。

>男社会が悪いってのはデフォでわかってるんだけれど、

社会の仕組みが女にとって有害となっている理由は、やはり男社会のもとでは女はお金を稼ぎにくくなるということなんだよね。

お金がないと、女自身自己決定権行使することができなくなる。

からこそ、歴代フェミニストたちは学歴を身につけ、起業家政治家などを目指していったのだと思う。

お金地位があるからこそ、女の力で社会を変えることができるようになった。

しかし、女がお金地位を手に入れれば入れるほど、女の生き方多様化するのか、と言われればそうではない。

表題に挙げたレースクイーンのような仕事はなくなり、頭のいい女しか生きることができないような社会となる。

2018-02-01

anond:20180131232533

レイプという単語には違和感を覚えたし、恐怖の捉え方も擬人主義的に感じた。

もちろん「実際のところ家畜は喜んで殺されているかもしれないぞ」なんて思ってもないし言うつもりもないけど、不確実な部分をさもこうだとむやみに感情を揺さぶワードで畳みかけてくるやり方は誠実な態度じゃあない。江戸しぐさと変わらん。

もう畜産なんて野蛮な文化はやめましょーね、で家畜を野生に還したとして、そちらの生活の方が恐怖や暴力と隣り合わせかもしれないし、もはやすでに野生化した家畜が暮らせる場所なんてないわけで害獣扱いで結局人間に殺されるというオチもつくかも。

食事という単なる嗜好のために生き物を殺すことの是非については、特に答えを持ち合わせてないけど、だったら植物だって生きてるよ? とは言いたい。

もう有機物を食べるのやめる?

から離れて、害獣害虫駆除とか、人体に有害ウィルスや菌の撲滅とかさ。ミミズオケラもみんな生きてるよ? 友達ではないけど。

いったいどこに線を引けば、恣意的な選別じゃあなくなるんだろね。

2018-01-28

センター試験ムーミン事件、現段階でのまとめ(+個人的感想

発端

センター試験地理Bで「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」を題材にした出題→怒り狂った受験生ムーミン公式垢に突撃

https://twitter.com/kyodaiochitaaaa/status/952017609196621824

その後の展開

暫定的結論

地雷踏み抜きすぎワロタ

個人的に考えてること

思考力を問う問題を作りたい」という問題意識理解できるし、共感もする。

でも、その「思考」というのが、断片的な前提条件をもとにステレオタイプ再生産してしまう方向に向かうなら、かえって有害なのでは? とも思える。

別教科の新テストでも事故が起きてる(http://harutaseiro.blog89.fc2.com/blog-entry-1667.html)のを考えあわせると、やっぱこの方向性危ういよ。

下手の考え休むに似たり、思いて学ばざれば則ち殆し、っていうけどまさにその通りで、前提となる知識を欠いた思索って往々にして間違った結論に着地しちゃったりする。

素人の柔軟な思いつきがトンデモを生むのなんてあちこちでさんざん言われてるのに、「思考力重視」はそれと逆行しているように見える。

下手に考えさせた結果ステレオタイプを強化したり事実とは違う思い込みを閃いちゃったりするくらいなら、まだ正しい事実をたくさん暗記させた方がマシなんじゃね? そっちの方が、大学以降で「考える」ための基礎体力がつくんじゃね? 高校時代は基礎トレーニングに専念した方がいいんじゃね?

ただ、まだ過渡期だからこれから洗練されていくだろうという擁護論もあって、誰しも最初の頃は躓くものだしトライエラーで成長していくものだということを考えるならなるほど理屈は通っているし、学びて思わざれば則ち罔しというのだから思考することが必要なことは間違いない。

でもそのトライエラーには受験生の1年か下手すると人生がかかってるんだよね。そこでトライエラーを続けて何か得られる見込みがあるならいいけど、本当にそんな見込みなんてあるの? って思っちゃう。だったら従来のやり方を踏襲した方がマシだってことにもなるんじゃないのかなぁ(や、従来のやり方でもたくさんミスは出てるわけですけど)

https://anond.hatelabo.jp/20180127215923

全く無意味論点逸らしの為のたとえ話。こんな粗雑な論に賛同が集まっている意味が解らない。


くだらなすぎるが同じことをやり返してやろうか?実に簡単な話だ。


一部の人間の行いを持って全体を判断する行為差別である。すなわち店が商品に防犯タグをつけたり監視カメラを設置したりすることは、客の大部分が泥棒ではないのにも関わらず、ごく一部の泥棒に対する被害妄想から、客を十把ひとからげに泥棒扱いすることと同義であり、到底容認できるものではない。従って監視カメラおよび防犯タグ偏見に基づく差別である



別に元増田がこういう主張をしたいと思っているわけではないが、やっていることはこのレベル詭弁である



陣営がこのような詐術に明け暮れてレッテル張りを論争と混同することは無益を通り越して有害である、即刻やめられたし。

2018-01-22

融雪剤に触ると炎症を起こす

融雪剤に使われる塩化カルシウムという有害物質を食物に使って販売している業者があるらしい

俺は間違っても買わないぞ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん