「明日」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 明日とは

2018-06-25

「楽に生きてもいい」とは言うが

自分自身医者も私が精神的に病んでいるというのは分かってはいるが

精神病んだ人に対して「楽な生き方をしてもいい」と説明される事があるけど

極論だと言うのは分かっているが、私のような人にとって楽になれと言われたら正直、死ぬ事以外考えられない

それ故、死ぬまで治らずに病み続けるんだろうなって思う

人生の半分以上病み続けて、何やっても治らないんだから色々と諦めがきている

理論理屈説明されても、死ぬ事以外で楽に生きるって分からなくなってしまったな

そもそも私が楽に生きていた時はあったのだろうか。そんな疑問を抱えつつ明日も嫌でも生きてしまうのだろう

明日の朝ぐらいまではこの話題以外スルーされそう

anond:20180625165153

おいおい、もう一人の低能先生候補である安倍bot先生を忘れたのかよ。

炊きつけさえすれば明日にでも安倍総理を襲いに行きかねんくらいに病的だぞ?

どうせ明日になったらはてなはこう言ってる

パンティ

低能先生話題一色だな

明日になったら止むだろうけどもう飽きたわ

はじめて会社をずる休みした

タイトル通り。

体調悪いんで休みますと言ったら、特に抵抗もなくスッと通った。まあ当たり前だけど。

でもこれでまた明日行きづらくなった。

今はまだ平気だろうけど、日が落ちたぐらいからまた嫌な気分になるんだろうな。

ずる休みなはずなのに、なんか体に力がはいらないし。なんかもう本当に体調悪い気がしてくるし。

まあここで図々しく遊びに行ったら出来たら、そもそもずる休みなんてしてないんだろうけど。

美容室施術失敗されて電話して直しお願いしたら担当者は今施術中だから電話出られないって言われてずっと受付してくれた人が一々「少々お待ちください」つって担当者確認しに行ってただけでもいや担当者一度電話出て謝れよって思ったんだがさら明日休みから明後日以降でとか言われるしわかってるけど良いからまず一言謝れよ。施術当日の、次の客が待ってるからって最後適当にやられてさっさと出ていけって感じの空気出されたの思い出して余計にイライラする

anond:20180625103328

明日は我が身と自粛してくれれば良いのだけどな

明日からはてなは美しい世界

低能先生もいない。hagexもいない。世界は少しずつ綺麗になって行っているわけだよ。

喜べ、皆よ! はてなから憎しみが二つも消えたぞ!

今のうちに次にヤバそうな人の候補を集めておこうぜ

ネガティブ記事しか書かないやつ

個人攻撃するやつ

・単に口が悪いやつ

これらを兼ね備えたやつは明日にでも…! 気をつけようぜ、な!

(今からはてなブログを漁って贖罪の羊を見つける作業を始める)

はてな匿名ダイアリー閉鎖のピンチ

明日になって増田がいきなり閉鎖してたらお前らどうする?

少なから増田書き込み警察に控えられることはほぼ確実だろうが…

消された書き込みも含めて提出されるだろうから、お前ら覚悟しておいた方がええで。

anond:20180625015930

明日上がるであろうヤフー記事ブクマカ全員でブクマしよう

そして追悼コメパープルスターを全員でつけよう

anond:20180625014711

いね

明日、刺されるかもしれない身だから。。。

anond:20180625013855

だめです(╹◡╹)明日のために体休めて!

anond:20180625004500

ワールドカップハゲックスの話題でそれどころじゃないからまた明日になってから書き込みした方がいいよ

頭痛いつらい

明日の準備やらんと寝られへん

2018-06-24

昨日は仕事だった

今日はどうにか休めた

明日からまた仕事

土日は休みの予定だけどどうなる事やら

ここのところずっとこんなざま もちろん有給なんぞ幻の存在

あー、ため息が止まら

ため息すると幸せが逃げる、って言うけど、たぶん自分幸せはもう冥王星軌道の外側くらいには逃げてるだろうな

いや、もしかしたらボイジャー探査機パイオニア探査機も追い越してるかもしれん

腹減った時って、このまま餓死してみようかという誘惑に駆られるよな。

悪魔「へっへっへ、このまま何も食わず餓死しちまおうぜ」

天使「だめだよ、ちゃんご飯を食べて明日からまた死ぬほど働かなきゃ」

明日月曜日

敷き詰められたコンクリートの上

毎日通勤電車にのる人々は

血管を通る血液みたい

ピストンのように送られ

街が動き出す

明日月曜日

いってきます

ふるさと納税制度通販じゃないって言ってんだろ!!

ふるさと納税って「寄附」なんだよ。品物がすぐ欲しかったら店で買えよ。

そんな元ふるさと納税担当スタッフ愚痴から「お得にふるさと納税☆完全攻略☆」みたいな内容ではない。

完全攻略とは言わないが、強いていうなら「お米20kg」や「切り落とし5kg」なんかの量で釣る特典は大家族でない限りやめた方がいい。

どう考えても保管場所に困るし、美味しいうちに食べないと意味ないだろ。

あとはあれだな。HP商品説明欄に、品物の提供元が書いてあると思うんだけど、その会社名調べてみて、通販事業やってるか確認しといた方がいい。

ブームに乗っかって、通販なんかしたことない個人事業主ノウハウもなしにめちゃくちゃな出荷してる場合もある。

勿論、しっかりしているところもあるし一概には言えないが、出荷漏れ多数に梱包材なしで卵や果物を出荷されてクレームの嵐だったよ。

なんでまたこんな記事を書いたかっていうと、この春、仕事を辞めたからだ。

数年前、ワンストップ特例制度が出来て確定申告不要になったので、俺もふるさと納税に手を出してみた。

単純な俺はふるさと納税で各地域特産品やお礼状(ただの印刷だけど)を貰って喜び、自分が寄附した自治体名前を聞くとなんだか嬉しい気持ちになった。

それに、「ふるさと納税寄附金で●●が実現」みたいな記事を読むと、自治体担当者もいきいきと仕事をしているように見えて、当時の職場に不満を持っていた俺はこの制度に携わる人達が羨ましくて仕方なくなっていたのである

そんなとき派遣ではあったがふるさと納税業務スタッフ募集文字を見つけた。

ふるさと納税ってその自治体の人が全部管理してるわけじゃないのか、という衝撃があったが、「今でしょ!」が流行していた時代だったので、すぐに退職し俺は派遣スタッフとなった。

ちなみに基本給が激安のゆるブラック企業正社員だったので、派遣のほうが年間50万円給料が高かった。

俺の話なんて読み飛ばしてくれて結構だがこれだけは言わせてくれ。

俺はふるさと納税制度が好きだった。遠く離れた土地に何か縁が出来る気がして好きだった。

当初は、志や目標なんていう立派なもの特にないが、とにかく好きな制度についての仕事に就けたことが本当に嬉しかった。

それなのに、同じ職場の先輩達は、口を揃えて「寄附者が嫌い」だという。寄附してくれてんのに?と、まだ純粋だった頃の俺は不思議に思った。

が、仕事を初めて2日目には「おや?」と思うことが出てきた。

寄附者データ登録したとき名前と住所と電話番号がきちんと入力出来ていない人多すぎない…?

入力情報の見直し出来ない人多すぎない…?それできちんと社会でやっていけるのか…?

自分名前すらまともに確認出来ない人間がまともにHPの注意を読んでいるだろうか。いや、ない。

そして研修も何もなく(派遣ってそんなもんなのか?)コールセンター仕事も回された。

これも、しょーもないお問い合わせの多いこと多いこと。

・品物が届くのが遅い(申し込みから1週間以内でキレるのはさすがに早漏だろ)

半年上前に届いたお米にカビがはえた(も っ と 早 く 食 え)

・品物が不味かったから返金しろ(口に合わなくてごめんだけど過度な期待はやめて)

・全部食べて手元にないけど腐ってたか代替品送れ(腐ってたのお前の頭だろ)

明日にはお米がなくなるから早く送って(お米買うお金ないならふるさと納税する余裕なくない?)

領収書が届かない(HP上に発送の目安書いたから見て)

チケットの期限切れてたけど使えるよね(ええ…1年間何してた…)

チケット失くしたから再発行して(再発行不可って書いたし管理ちゃんとして)

ワンストップ申請したのにお金が返ってきてない!詐欺だ!(なんで現金8,000円返ってくると思ったんだよ)

お問い合わせ内容はこんな感じなんだけど、賢い人はまず調べるから、しょーもない問い合わせするやつしかいないよな。

個人的に好きなのは「得だと思って納税したのに限度額を超えていたから返金してくれ!詐欺だ!」かな。

この口座に振り込んで、なんてお知らせしてないのに詐欺扱いされたの初めてだよ。あとこれ寄附だから

ほら、もうふるさと納税は得だのなんだのって囃し立てるからやばい人のたまり場みたくなるんだよ。勘弁してくれ。

この記事読んでくれる人達は上に書いたような人間じゃないって信じてるからな。

計画的に賢く控除を受けてくれ。

寄附者側もだけど、最初にも書いたように提供元結構やばい

誰が特典の審査してんのかわかんないけど、してない可能性大だろ。

「届きません」って寄附者から問い合わせあるまで5ヶ月出荷されなかった事例もあった。ちなみに発送漏れだ。それこそ詐欺だ。

数量が足りないことも割りとある素数でも素数じゃなくても数えてくれ。

それと、ふるさと納税業務委託受けてる会社は寄附者のこともその自治体のことも好きじゃないし思い入れもないと思うよ。少なくとも俺の職場はそうだった。

自治体側も増えすぎた業務を別の会社委託してんだから、直接的に寄附者と何かやりとりあるわけでもないし、「お金入ってきたらそれでいいわ」ぐらいにしか考えてないとこもあるんじゃねーかな。そういう自治体には「お前の地域に金落とした寄附者だろ何とかしろ」って言いたくて言いたくて震える。

でもチ●イスブログの顔出しまでしている人達がそうだったら悲しいから、地域を良くしようと頑張っている自治体と、ちゃんと寄附しようって気持ちでこの制度を利用している寄附者もたくさんいることを信じてるよ。

納税して貰った酒飲みながら書き殴ったから寄附者のこと笑えない酷い文章だろうな。

何にしても裏側なんて見るもんじゃねえ。

明日に備えてエアコン掃除した。

しか結構臭うな、無香料にすればよかった。

人生がつまらない

ああ、あまりにつまらない。

一歩間違えれば自分も狂った犯罪者のようになるのではないか、そう思うときがある。

しかし、そんな行動力などないから、人生がつまらないとこうしてのたまっていることしかできないのだろう。

時間を潰すための本なら大量にある。しかし読む気がしない。

仕事に打ち込めばいいじゃないか。そんなストレスが溜まるようなことは平日だけで良い。今日休日だ。

恋人を作ればいいじゃないか。誰が相手にするというのだ。

瞑想?してるわ。気分が落ち着くのはその時だけな。現実的解決策にはなっていない。そこに救いはないのだ。

筋トレもしてみた。やる気などは出ず、疲れただけだった。

何より朝からシコったのがいけなかった。それは夜に、寝る前に、嫌なこともあったけどこれでスッキリ明日も頑張るぞとやるからこそ意義のあるものなのだ

(実際女性はそれを頻繁にはしないような気がしているが、それで一体どうやって生きているのかこれまた疑問ではある。あとやめ時はどのタイミングなのか)

こうして現実に向き合うハメになってしまった。ハメたことはない。

30を前にして、決められたイベントはすべてこなしたものの、その後自分で行動しなければ何も起きないことを知った。

(ひどいミソジニーではないとは思っているが、このあたりも女性の方がある程度有利だなとは思っている。上位層を見て言っているだけだったなら申し訳ないが)

友達恋人とどこかへ行くこともできず、洒落た店を知っているかといえば何も知らず、ただただ外面だけをなんとか取り繕って生きている。

中身がない。いくら他人を認めても、自分は認めることができず、虚無な抜け殻が今この文章を打っている。

人生がつまらない。いや、人生を歩んでいない。生きていない。死んでいる。

就活つらい

なんの捻りもないタイトルしか思い付かなかった。

それほどまでに私は疲れてる。疲れきってる。


明日締め切りのESを半分書いたところで手が止まってしまった。

何も文章が出てこなくなったから。

質問に対して自分の正直な考えと、就活本に書いてあるセオリーとを照らし合わせて、正解の文章を考えようとしても、何も浮かばなくなってしまった。

考えれば考えるほどこの企業の志望度は高くなっていき、同時に書けなくなっていく。

ひどいジレンマである


私には夢があった。

夢を叶えたくて就活を頑張った。

正確には頑張りたい、と思った。

でも次々と志望業界企業が落ちていく中で、根本的に自分は向いていないのだと気づいた。

それどころか、1mmの努力も出来ない自分いたことに気づいた。


夢破れた私を横目に、友人たちは次々に内定を獲得していく。

私はコミュニケーションに難があるわけではない。

バイト接客業もやってて評判いいし、大人からも可愛がられるタイプだ。

あなた就活大丈夫そう!」って色んな人から言われた。

プライドがこうして形成されていったのだろう。

どうして夢もないあの子適当企業内定もらって、どうして夢のある私はこうもうまく行かないのかと、自問を続けた。

出した答えは、私は自分が思うよりはるかに「何者」でもなかったのだ。


朝井リョウの『何者』という小説がある。

就活について生々しく描かれた本で、2年前くらいに私も買い、読んだ。

怖くなった。

私も就活とき、こうなってしまうのだろうか。

こんな怖いことを乗り越えられるのだろうか。

そんな思いから読み終えたあと『何者』を本棚の奥にしまった。

面白い本だけど読むと不安になるから就活が終わるまで読まないておこうと思ったのだ。

だが今思うと不安になる一番の理由は、登場人物拓人が私と似ていたから。

そして今まさに、私は拓人と同じ状況に置かれている。


この記事を書いている横に本棚から引っ張り出した『何者』を置いてある。

本来ESを書かなければいけないのでまだ本は読んでいない。


ちゃごちゃしてしまったがプライドを失い、どん底にいる今でも言いたいことがある。

企業は合う、合わないがあるから、落ちた企業は合わなかったんだよ」

就活 つらい」とかで検索すると出てくるフレーズ

というか、どのサイトもどんなキャリアアドバイザーも言う台詞

私はこの言葉を信頼していない。

何故なら合う、合わないなんてどうでもいいからだ。


やりたい、やりたくない、なんじゃないの?

合わなくても、やりたい仕事ならそんなの乗り越えられるんじゃないの?

合ってもやりたくない仕事なら意味ないんじゃないの?

やりたい、やりたくないにしろ、合わなかったら辞めればいいと思うけど、やりたい仕事から転職したほうが経験値になるんじゃないの?


こんなことを未だ言ってるから就活の波に乗れずうだうだ海底に沈んでいるんだろう。

中途半端に「個性的」な自分でいたくなかった。

完璧に「何者」かになりたかった。

就活に毒されているかもしれない。

でも私は起業する気もないし、フリーターになる気もない。

もちろん留学する気もだ。

あくま新卒の、正社員としての人生がほしい。

「何者」かになりたかったのに、こんなにも「普通」の考え方をしてしまうのは、本当に我ながら笑える。


正直辞めたいし、しにたい。

人間のものをやめてしまいたい。

でも私はこの世にすがりつくものがあるし、親にもお礼したいと思ってる。

から、頼むから、私を殺さないでいただきたい。

就活メソッドには中途半端しか従えないし、プライド絶妙に高い、そして「何者」でもない。

でも雇ってくれればちゃんと働くし、周りへのご機嫌取りだってするから



こんだけ書いといて結局何が言いたいのか分からない文章にも嫌気が差してくる。

ES書けない。

面接も印象はいいはずなのにうまく行かない。

就活つらい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん