「疲れた」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 疲れたとは

2019-04-26

どうやったら早く寝れるのかな

寝れない。

疲れた

ライブ地蔵オタク

前の人が地蔵だった。ピクリとも動かない。むしろ凄い。

警備員バイトを以前したことがあって、その時じっと立っていることの辛さを学んだ。

彼は凄いよ。感心した。多分ノリに合わせて適度に動いてる人よりも疲れたはず。

 

後ろの2人が、自分面白いと思ってるオタクだった。

1曲終わるごとに面白いことを言おうとしてるんだけど、面白くない。

聞こえてくるこっちがちょっと居た堪れなくなる感じだった。

 

そんな前後に挟まれて今回は席運がなかった。

anond:20190425154234

うちも似たような環境です

親は離婚するエネルギーお金もない感じ あとうちはもう少し介護度が進んでるから逃げるに逃げられない 私もできることはやってるけどもう疲れた

から増田みたいな外からの引っ張りがほんとにほんとに大切なんです 導いてあげて

2019-04-25

長い話

今、残業中なんですけどもうデスクで涙をこらえるのに必死で何もできないので気をそらすためにも自分の話を書きますね それぐらいは許される職場なんです。いいでしょう。私がすべて悪いだけの、きっといい職場なんです。

私は小学校中学校、合計で五年間ぐらい不登校保健室登校)でした。原因はなんだろうな。今考えてもわからないんですけど、とにかく行けなかったんですよ。なんでだろうね。

面倒くさかったんです。たぶん。鬱かなってちょっとだけ思ったりもしたけど、でも、私は当時からオタクで、ネット動画とかを見て笑ってたからただの甘えだったのかもしれない。徹頭徹尾、甘えているだけの人間なのです。小学校の三年か四年から二年ぐらい通えなくて、六年生で復帰したけど、中学校一年でまた行けなくなりました。勉強ができないわけでも無かった。昔から地頭は良い方で、ただ集中力は無かった。何事も長く続けられなかった。極度の面倒くさがりで、家事も何も一切できなかった。

両親は、学校に行きたがらない私を叱ることもなく、いろいろ考えてくれました。なんたらスクールみたいな不登校児の集まるところに連れて行ってくれたり、カウンセラーが居る部屋に週数回だけ通うように調整してくれたり。

結果としては、私は自分の中でなんで教室に行けないかからないまま中学の三年間を過ごして、そのまま都立チャレンジスクールっていう学校に進学しました。都立高校で、定時制

そこには私みたいに理由もなく学校に行けなかった人って全然いなくて、病気だとか、働かなくちゃいけないから夜間で通うとか、親が離婚してから生活が変わって学校に行けなくなったとか、たくさん理由があったんです。私はなんで自分がここに居るんだろうってちょっと思ったりもしたけど、未だに仲よく遊ぶ友達ができたのもここでした。

学校は楽しかった。

でも高校はやっぱり三年しかなくて、私は大学に行くことにしました。良いなと思った大学を目指して、母がこのころ癌になったのに無理して私に英語家庭教師までつけてもらったけど、受かりませんでした。その年だけ倍率が平素の三倍ぐらい高かったんです。なんでだろう。

結局私は担任先生の勧めで、少し遠いけど私なら絶対入れる私立大学文学部に入ることになりました。試験はびっくりするほど簡単で、これなら中学時代の私でも入れるな、と思いました。教科は現代文だけでした。

でもこの大学で、私は今でもたくさん遊びに行く友人ができたし、その一人は先日入籍しました。おめでとう。

大学は面倒くさいこともたくさんあったし、さぼったりもたくさんしたけれど、たぶん楽しかったんだと思いますバイトを始めたのも大学に入ってからです。最初は友人の勧めで飲食で働いていたんですが、給料未払いで数か月で辞めました。

次に私が応募したのは、カードゲームショップでした。ちょうど流行ってたんです。シャドバなんて出る前で、ハースストーン一部の人しかやってないし、MTGオンライン全然無かったころの話です。私はろくすっぽカードゲームなんて知らないままそこに面接に行って受かりました。

仕事はたぶん楽しかったです。結局二年半ぐらいやったのかな。みんなオタクだったし、嫌な客もいたしわかんないこともいっぱいだったけど、それでもバイトって責任もなくて気楽だったし、本当に楽しかったと思う。

その時直属の上司だった男の人とは今でもなんだかんだ年に数回会って、二人で飲んだり二回ぐらい日帰り旅行したり誕生日ディズニーしたり一緒にコンサートいったりします。私たち関係は何なのか、こうやって書きだしても未だによくわかりません。良い友人なのかな。友達以上恋人未満の関係結構好きです。気楽だし。いい関係ですよね。

そして私はバイトと遊びと勉学と文化コンテンツで日々を過ごしました。三人しかいないゼミでひいこら卒論を書き、その間に就活しました。

弊社は、確か私の学校に来ていたうちの一つだったと思います

私の父は大きな会社でそれなりに能力もあって、管理職ではないけれど責任感のあるポストについています。そんな彼と日々話をしたりしているうちに、私もこの業界にしたいな、と漠然と思っていたので、そこを受けてみることにしました。一応ほかにも数社受けました。

受かったのは二社。もう一つは金融系の会社で、少し怖くて辞退しました。その時私は卒論が楽しくて、就職の方がたぶん大事なのにそんなこと全然考えてなかったんだと思います

そうして弊社に決めました。もうゼミ以外には大学に来る予定なんてなくて、バイトばっかりしていて、オタク趣味お金を使いたかった。早く就活を終わらせたかった。

もともと視線恐怖症なのもあって、沢山の人がいる中で自分アピールしたりすることが怖かったのかもしれない。

私は卒論を頑張って(学部で優秀賞をもらいました)、大学を無事卒業して、弊社へ入りました。

入ってから、ああ、結構体育会系というか、業種のくせに古臭い企業だな、と思った事は事実でした。けど、父が言うにはこの業種の中小はみんなこんなものだという話だったので、特に気にしませんでした。自分マメさが求められる事務職は向いていないと思っていたからです。

それでも今の部に配属されて、訳の分からない言葉はいっぱいだし、教えてくれる先輩の一人は私に教える片手間ずっとグラブルをやっていた。もしかしたらグラブルをやっている片手間私に色々教えてくれたのかもしれない。

今のオフィスは、弊社の大口顧客(元請け)がほぼほぼ占めているビルです。

私は二年間、同じプロジェクトで、ワーカーホリック上司の下で仕事しました。

上司イエスマンから無茶な仕事をいっぱいもらってきちゃうし、自分ワーホリからほかの人も同じぐらい働けるとか思っていたし、謎に有り余る体力で飲み会かにも大体参加していましたが、怒らないし、わからないというとある程度は聞いてくれたりするし、たぶんとってもいい人でした。私が生意気言っても怒りませんでした。ただ彼自身は毎月残業60時間かいってるワーホリでした。いまでもそうです。

それでもそのプロジェクトは楽しかったです。つらいこともたくさんあったけど、愛着もありました。

なんだか身体おかしいな、と思ったのは去年のどこかぐらいからだと思います。去年は忙しい月が数回あって、残業が40時間を超えるぐらいの月が飛び飛びに数回ありました。

から起きるのが早くて、朝五時とかに起きちゃっていたんですが、三時ぐらいとかに起きちゃうようになりました。

私はスマホ依存症に近いものがあって、何かあるとすぐスマホを見ちゃうんですが、それのせいもあったのかもしれません。睡眠の質がきっとどんどん悪くなっていきました。

プロジェクトは今年の春が大詰めで、みんなピリピリしてたし、急な雑務も増えました。

ある日、一度、風呂場で痙攣のような現象を起こしました。

視界が一瞬真っ白になって、風呂場の椅子に座りこんだと気が付いたときには、身体のいろんなところが強くしびれていました。特に強かったのは手で、勝手に力強く握りしめられていて動かせませんでした。

母を呼びました。母は全裸で浅い呼吸をしながら手を強く握りしめている私のことをひどく心配してくれました。父も風呂場の外にはいてくれて、状態を調べたり、スポーツドリンクをくれたりしました。

その日は固まった手で何とか飲み物を飲んで、少ししたら回復しました。

でも、結局数日たってからも体調がすぐれず、午前半休を取って病院に行きました。

のしびれの正体も知りたかたからです。結果は「抑うつ状態から過呼吸引き起こしたのでは」ということでした。

医者さんには産業医面談を受けるように言われました。私は素直にワーホリ上司へそのことを話して、午後に出社しました。

休憩スペースで面談しました。診断の詳細、そして産業医面談というものを受けるかどうか。

受けるなら俺から上に言うよ。そういわれて、少し困りました。プロジェクトが本当に大詰めだったからです。私はその時まだ二年目のぺーぺーでしたが、そんな私でももしいなくなってしまったら困るかもしれないと思ったからです。結局上司はそのあと産業医面談の話はせずに、春から仕事の話をされて終わりました。

その週の金曜日、私はどうしても体調がすぐれず、うまく動けなくて、会社休みました。

もう一度産業医面談の話をしました。

私自身が、どうしてこんなにストレスを感じているかがわからなかったからです。それが仕事のせいなのか、無意識プライベートでため込んでいたのか(その時ちょうどフォロワーちょっとトラブルがありました)、単純に満員電車ストレスなのか、わからなかったからです。

翌週、私のところにやってきたのは課長でした。

別に産業医面談拒否するわけではないし、受けたいなら調整するんだけど」彼の言葉はこう続きました。「俺たちの権力より上だから部署移動とかを指示されたら逆らえないしなあ……」

課長は私が部署を移動することになってしまった場合人間リソースの低下を懸念していたのです。

「とりあえず、今月は今のプロジェクトを頑張って、春以降もう一度相談します」私は言いました。

しかしたら、本当に私が居なくなったことでこのプロジェクトクリティカルな何かが発生してしまうかもしれない。それが嫌だったのです。課長が明言してしまうことで、それが私のせいにされてしまうのも嫌だったのです。

薬を飲んでいれば出社はできました。なぜか倒れたときから咳が止まらないけれど、風邪が長引いているのだろうと思いました。

私は抗不安剤睡眠導入剤を内科でもらっていたので、薬がなくなった時についでに咳止めの薬をもらいました。

そうしたら、電車で倒れてしまいました。

咳止めとして飲んだ抗生剤と私の相性が悪かったのかもしれません。私は朝の満員電車の中でお姉さんに助けてもらい、途中の駅で降りて、でも歩けなくて、駅員さんに車いすに乗せられて詰め所みたいなところの長いすに横たえられ、母親が来るのを泣きながら待っていました。

母は病気です。私が高校の時からずっと治療しています。手術もしました。私なんかよりもずっと大変なのに、毎日ご飯を作ってくれて、こうして迎えに来てくれるのです。私は親不孝者でしたが、母が迎えに来てくれたので、駅から外に出ました。その日は散歩をして、会社休みました。

体調の悪化が治りません。毎日薬を飲まないとうまく動けません。

それでも日は回るので、春から新しいプロジェクトに参画することになりました。すでにある程度進んでいるプロジェクトは初めてでした。

私はわからないなりに、以前の経験知識を使って頑張ろうと思いました。そのプロジェクト上長は先日面談をした課長でした。

参画してから一週間ほどした日、私は唐突課長仕事の依頼を受けました。

曰く、新しく仕事必要ものを一から作るのだと。

この業種において、一から自分で作ることは大して難しくはありません。今のプロジェクトの様子確認も兼ねて、大丈夫です、やります、と言いました。

どうやら課長のその認識根本的に間違っていたらしいと知ったのは、その週末のことでした。

どうやらそれは、私が触ったことのないソフトを触って、すでに動いているシステムに「絶対ミスをすることなく」仕様追加をするというものでした。

私は困惑しました。だって自分が触ったことのないものを「ミスなく」と言われても困ります練習ができません。経験もありません。

しかも、それは私一人でやるという話でした。ベテラン技術者が後ろについてくれると言いましたが、彼は他の仕事で忙しく、週に一回、数時間様子を見てくれるだけでした。

彼がとっても忙しいのは知っていました。だから仕方ないとは思いました。上長に聞いていた話と全然違っても、もう請けちゃったと言われたら若手にはどうすることもできませんでした。

元請けからはことあるごとに「絶対ミスは許されない」と言われました。私は状況の調査から始めました。

手順書や設計書は用意されていました。ただ、前任の会社中途半端撤退していたため、それが正しいかどうかの調査から始めなければなりませんでした。

けれど、私が触ったことのないソフトウェアの設計違いを、どうやって見つければいいのだろう。それはとっても疲れることでした。

上長はいつもなぜか忙しそうで、私が疲れたとか、産業医面談の話についてを問いかけることは憚られる雰囲気でした。半分炎上していたのかもしれません。プロジェクト経験が私含め半分以上を占めていた上に、その中で唯一構築経験があった私が一人での仕事に回されてしまいました。

ベテランはしきりに「ポテンシャルを見込んで」と言いました。

ポテンシャルって便利な言葉ですよね。とりあえずそう言っておけば良い感をひしひしと感じます絶対失敗できない仕事を依頼されたなら、失敗しない人を連れてくればよかったのです。

私はそれでも何とか資料を調べて不明点を上げ連ねて、ベテラン上長との進捗報告に参加しました。訳が分からないことだらけでした。たくさんのことを言われましたが、すでに集中力平時の半分ほどしかなくなっていた私にとって、それは呪文のようでした。半分ぐらいわかりませんでした。わかったふりをしました。

産業医面談に行けなかったので、有名な精神科のある病院の予約を取りました。その時にはもう、睡眠導入剤がないと眠れない生活になっていました。

新しい病院で、紹介状は無いんですとだけ伝えて診察を受けました。睡眠導入剤のほかに睡眠安定剤をもらいました。でも、睡眠安定剤を飲んだら昼間もものすごく眠くなってしまったので、二回しか飲めませんでした。結局抗不安剤睡眠導入剤だけを今でも飲んでいます。飲まないと眠れないし、仕事に行けないからです。

このころからホーム電車に不必要に近づいてしまうようになりました。(私が使っている路線都内なのにホームドアがないのです)無意識でした。私は死にたいのかな、と思うようになりました。

転職をすればいい、とか、周りの友人は言っていましたが、どう客観的に見たって私のメンタルが弱いだけの甘えなので、私が悪いのです。昔から私が社会や親に甘えているだけなのです。その自覚があったし、転職はとっても怖いもののように思えて仕方がありませんでした。だって自分には実力がないのです。転職活動で落とされることも怖かったです。評価されないことは、訳の分からない仕事を一人でやらされることと同じぐらい怖いことでした。

今日も偉い人たちを交えての打ち合わせがありました。私はやっぱり、「絶対ミスできない」ということを念押しで言われました。それならなぜ、ソフトウェアに触ったことがないたかが三年目の私がその仕事をしなければならないのかがわかりません。他の人にも仕事内容の相談ができません。調べても全然出てきません。他のメンバーはいろいろみんなで相談しながら前に進んでいるのに、私は自分が一つわからないことがあるだけでそこに立ち止まってしまます解決策がわかりません。どうすればいいかわかりません。集中力がなくて、どうすればいいかもよくわからなくなってしまいました。

少し、辛いな、と思いました。

別に残業が数百時間だとか、あまりにも激務だとか、そういうことはありません。家族はとっても優しいです。私はきちんと笑えています。両親はたくさんのことに関して理解もあります。母は自分身体も悪くて病院に通っているのに、私が精神科に行くとき一緒についてきてくれました。

部長課長主任ワーホリですが、きちんとしてはいると思います中小ですが、それなりに長く続いている、頑張っている会社です。

から、私があまりにも社会に甘えているだけなのです。私が弱くて、今まで甘やかされてきたから、ちょっと普通なぐらいのところに来ただけで耐えられなくなっているのです。

それは悪いことだと思っていますだって私が弱いのが悪いんです。甘えなのです。でも、強くなる方法がわかりません。

どうしてこうなったんでしょう。生まれときから弱かったのでしょうか。私はどうすればいいのでしょうか。何が悪かったのでしょうか。仕事ができないことが悪いのでしょうか。

薬を飲んでいるとお酒が飲めません。友人との飲み会も、友人が気を遣って飲み放題プランを外してくれます。気を遣って一緒にソフドリを飲んでくれようともします。

優しさが申し訳ないです。私が弱いだけなのに。私が弱くて薬を飲んでいるだけなのに。

仕事が嫌いなわけじゃありません。色々考えて、正解を導き出せたときや、トラブル解決できた時はとっても楽しいです。

ただ、たぶん、もう一人だけいたら、こんな気分になっていなかったのかな、とは思います自分にとって、「絶対ミスできない」一人きりの仕事が、案外つらいのでしょう。ゆとりなのです。弱いのです。世間様に甘えているから仕方がないのです。責任を一人で負いたくないのです。「わからない」と隣に相談する環境が欲しいのです。

会社の最寄りの駅にはホームドアがありません。今は想像するだけだと思ってはいますが、段々と黄色い線の向こうを歩いていってしまって、いつか飛び込んでしまったら、と思うととても怖いです。それも、私が弱いからなのでしょう。

お母さんのごはんもっと食べたいです。

お父さんともっとお酒を飲みたいです。

生きたいです。オタク楽しいし、ちゃん毎日笑っているし、友人もいい人がいっぱいいます。でも、いつまで生きればいいのか、よくわかりません。勝手に涙が出たり、ベッドから動けなくなってしまます

私よりもっとつらい人はそれこそ数えきれないほどいるはずなのに、どうして自分はこんなにも弱いのか。どうしたら強くなれるのか。

なんで生きてるのか、わからないのです。

それを吐き出したかっただけなのです。

40台半ばになったオッサン若い世代に伝えたいこと

ちょっと昔のテレビでやってたことなんだけど、人の体の健康って突き詰めると姿勢食生活睡眠運動解決できる。これらが若いころから悪いままだと、40代・50代になってくると大きくなって響いてくる。

若いころは学生なら体育とか、友達と遊びに行ったりとかで体を動かしてるので実感沸かないが、30代以降になると体を動かすことがめっきり少なくなるので体が錆びる。若いころから体を動かす習慣が必要

若いうちから運動をやらなかったとしても柔軟やスポーツの前の準備運動的なものはやっておこう。 30・40代になったときに絶大な利点になる。

姿勢は正しく。 ただ、ガチガチ姿勢正しくすると回りに馬鹿にされると思う。 正しい姿勢からちょっと力抜いたぐらいでOK。

かっこいい人の猫背は大して格好悪く見えないかもしれない。 だから猫背に対しての見栄えを気にしないかもしれないが、猫背あなたが思ってる以上に超絶ダサい。 前歯が無くて禿げてるオッサンと同等ぐらい。

頬杖ほおづえ)は頚椎負担しかならないので絶対駄目。 ポーズとして取るならいいが、常日頃頬杖は駄目。

腹筋大事。 10回でもいいか毎日。 不可が少なすぎると感じたなら20回とか増やしてもいいが、いきなり負荷かけすぎても止めたくなるだけなので、軽い不可でいい。1年も経てばいい腹筋が得られるはず。(興味や余裕があるならインナーマッスルを鍛えるのもいいかも)

体重のみで他人比較して「私太ってる」なんて馬鹿げた比較不要。同じ1メートル四方の塊があったとして、片方は発泡スチロールでもう片方はコンクリート。これを擬人化したときコンクリートちゃんが「わたし太ってる(重い)」って凹んでるようなもん。

人によって筋肉の付き方(脂肪より筋肉の方が重い)、骨の太さ、内蔵等の大きさが違うのに他人と比べてもまったく意味が無い。

ご飯栄養)を抜いてダイエットして痩せたとか言いますが、私から言わせりゃ弱ってるだけ。飢餓状態に陥ってるだけ。そんな弱って健康じゃない人間のどこが美しいのか? そんなのゾンビ予備軍ですよ。

体ってのは食べないと満足できないようにできてるので、3食きっちりとる。 ちゃん食事を取らないと衰弱するだけで、衰弱すると食欲も無くなるので悪循環しかならない。

睡眠をする時間もったいないという感じはわかるが、夜に寝ないだけで体には悪影響が出る。 若いころは「若い」ってだけで回復するが、その夜更かしの週間が直せないままオッサンババアになると毎日疲れた状態スタートするので、見た目がもうヤバくなる。 とにかく夜は寝ろ。



こんなところかな。

とにかく、オッサンババアになったときのことを考えて習慣づけてないと辛いだけだから気をつけて。

2019-04-24

遅れまくって贅沢な鑑賞をした結果

2週かけて傑作アニメを2本、ほぼ毎日1話ずつ見るというのは、十分贅沢に含まれると思うのだがどうだろう。

なんでそんな事になったのかは今でもよくわからないが、とにかくゾンビランドサガとケムリクサを同時並行で見始め、昨日見終わった。

てか、リアルタイム話題になる程度に人気だった両作を、1~2シーズン遅れで見ることになった理由の一端は、半年前にこれまたふと始めたアズールレーンに、通勤時間と家で起きている時間の多くを取られたことにあるのは間違いない。

現代人のオフタイムアニメゲームがごたまぜになって、ユーザ時間の取り合いでしのぎを削るという現実証左かも知れない。

ちなみにアズレンもずいぶん遅れて始めたあたり、自分が筋金入りの流行遅れなのは確かである

ともかく、熱心にやりこんでいて気がつけば寒さも緩み、お陰様でゲームも9章まで行って個人的に一段落したタイミングで、魔が差したかのように上述のアニメに見入った次第。


その感想一言で言い表すなら、とにかくすげー疲れたに尽きる。

出遅れて見始めたアニメを一気見する人は多いと思うが、傑作の理由の1つである密度の濃い作品を、しかも全くジャンルが違う作品を2つ立て続けに見るのは、相当にエネルギーが要ることを思い知らされた。

もちろん、仕事の疲れや駄作につきあわされる徒労に比べたら、遥かに心地よい疲れだったが。

しろめったに出来ない贅沢な経験という意味で、ここまで素晴らしく心地よい疲れを提供してくれてありがとうと言うべきかも。


以下、ネタバレ有りの各論

いきなり笑った、どんどんアツくなった、そして続きが気になった絶許

なんでゾンビランドサガを見ることになったのかは、今以てよくわからない。

からないが、当初は物凄い事故に遭ったかのような衝撃、いや笑撃だった。主人公もいきなり衝撃を受けて死んだわけだし。

マジで冒頭の軽トラ、あれ初見で笑わない人なんているのだろうか。

興味はあれど全く楽しむ気ゼロ状態で見て、それでも初っ端から声を上げて笑った作品なんて、もしかすると、ハルヒのみっくるんるん以来かも知れない。

その時点で、個人的には良作確定である

ちなみに2周目もう1回あのシーンを見たら、今度はしっかり悲しかったので一安心である本来人が死ぬのは悲しいことだし。

さすがは傑作。


ただし、じゃあ2018年アニメとして、宇宙よりも遠い場所ゆるキャン△はたらく細胞より凄いかといえば、そこは微妙

気になったのはラスト3話。ラブライブ!第1期でやらかしたことまんまじゃねーか。

ラブライブ!でもラスト3話は当時から評価微妙だったのに、また繰り返すってどういうこと?

問題は、あの話を描くことで主人公さくらファンが増えるのか?という疑問。

この展開の先行者たるラブライブ!主人公高坂穂乃果は、件の展開が原因かはわからないが、特に女性ファンからの人気がワーストだったと聞く。

ゾンビランドサガの源さくらは、そこら辺どうなるんでしょうね?


でも、それ以外は本当に面白かった。

1話からどんどん盛り上がるその勢いは、間違いなく2018年アニメでは最高のアツさだったと思う。

そして一番の山場が中盤の6話7話。アイドル経験者の純子と愛、pixivでは純愛コンビと言われている2人のエピソードまさかアイドルアニメで「尊い気持ちにさせられるなんて思ってもみなかった。

多くのファン同様、自分もこの2人に最も惹き込まれた次第。

特に純子の可憐ルックスにお淑やかな喋りと、低くパワフルな歌声ギャップにはやられた。

対する愛の、今となっては懐かしいゼロ年代JKルックスキャラに、種田梨沙氏のキャスティングは本当に見事。


無理矢理まとめるなら、これは正しくラブライブ!2.0になるかもと思った(サンシャイン何それ美味しいの?)。別にそれが一番言いたいことじゃないけど。

ともかく2期は見逃せない。今から楽しみにしておこう。

平成の終わりと令和の始まりを、天才の出現で祝う喜び

けもフレという「他人の褌」から決別し、ケムリクサを作ったたつき監督はまさしく天才現るという形容が相応しい。

たつき監督作風の根幹は優しさであるとは各所で言われてきたが、その真骨頂は会話劇だろう。

どうやったらこんなに、不快なキツさのない会話が展開できるんだ?と思わずにいられない。もはや異能という他ない。

赤い木の発端も、その根っこには真剣な想いが流れていることを、誰の言動にも怒りを感じることなく見進められたのは、今振り返るととんでもない完成度と言わざるを得ない。

てか、個人的にはこういう展開を途中で白けず、逆にかなり真剣に見入ってしまったのは、実は色々アニメを見てきて初めてかも知れない。ちゃんと作られてれば面白いんだね。


もちろん、絵も素晴らしい。

物凄いディストピア感溢れる世界なのに、不思議と見ていて退屈だったり辛かったりというのがない。

これまた逆に「ここって、元々こういう場所かな?」と思いを巡らせたのだが、これも個人的には滅多にないことである

そこに来てラストのあの光景、まさに「驚きの白さ」であり、絵だけで喜びと安らぎが余すことな表現されていたと思う。

ちなみに最終回といえば最後の歌、エモかった。あんなに歌が神々しく聞こえちゃっていいの?みたいな。


というわけで、たつき監督未来宮崎富野押井レベルに到達するまで、頑張って生きてみようと決意した次第。

最後に忘れちゃいけないこと

作品共通点、それは男性声優さんの素晴らしすぎる演技。

宮野真守氏・野島健児氏ともに、あんなに難しい人物完璧に演じていた。

どちらも一歩間違えれば、かなりサムいイタいキャラになりかねないし、そうなったら作品としておしまいと言っていいくらい、物語重要ポジションである

それを見事にやってのけたことが、ご両人の役者としての厚みなのだろうと思った。

見終わった今、両作品を声でイメージしたとき最初に浮かんでくるのはこのお二方の声だったり。

[]4月24日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり

○夕食:白菜人参大根おろし、卵、手羽先味噌で煮たもの納豆

調子

むきゅー。

仕事普通

相変わらず体調がよくない。

よっぽど休もうかと悩んだが、今月一回サボってるし、あと水木金と三日行ったら10れんきゅー! なので、根性出して頑張った。

めっちゃ疲れたから早く寝たい。

グラブル

ししょうこうりんのデイリーをこなしただけ。

先週、試験選挙をサボった

つい忘れた ではなく、認識してたのに行かないことを選択したのだ、疲れを理由

大義よりは疲れたから寝ていたいが優先されるようになった

中年今日この頃

口淫って拷問並みに痛いってことを全人類に知ってほしい

1.限界まで大きな口を開けます

2.右手ピースしま

3.人差し指中指を少し曲げます

4.人差し指中指第一関節と第二関節を口につっこんでください

5.歯が当たらないように唇で包んでください

6.吸いながら首を前後してください(手ではなく首です)

7.これを5分以上続けます

顎、ほっぺた、くちびる物理的にとても痛い

実際は喉まで長さがある

個人的にはSMとか変態性癖の域なんだけど、最近少女漫画でも口淫する描写があって口でするのが当然みたいな雰囲気あって辟易する

口だぜ?物食べる器官だよ?そこに排泄する器官つっこまれるんだよ?正気?突っ込む側も大切な人にそんなことするなんて頭おかしいよ

児童虐待事件なんて最悪、こどもの小さい口だなんてもっと痛い

軽々しく「口でして」なんて言ってほしくない

口でする大変さを知ってほしい

-

追記1

>onim 口淫体験学級でどこかの旦那さんが「こんなの余裕だよ」って言いながら巨大ディルド咥えて腹筋して欲しい

元ネタ意識して増田を書いたのでこのコメントは正直嬉しい

竿を「魚肉ソーセージバナナで試して」というと「余裕だよ」という想像力が欠如した輩が出るので大きい体や口の人は手も大きかろう、手の感覚もあるから想像やすかろう、という考えて己の手で試してほしいと思った

でも伝わらない人には伝わらないんだね

本題とは逸れるけど、想像力ない人に解ってもらうのって難しいね

追記2

★口でするのが苦手な人、苦手な人がパートナーな人へ

時間頭を空中に頭を浮かせることすらかなりの苦痛なので相手の太ももお腹に頭をのせて舐めるのがオススメです

相手は重いかもしれないけどそれは我慢してほしい

舐めるのすら本当は嫌なんだけど、相手性癖なので仕方ないかなと)

舐めてる所が見られないので恥ずかしくないし、疲れたら頭乗っけたまま手だけでオッケーだし、跪いてるわけじゃないか奴隷感もないし

相手は顔が見たいとか言うかもだけど、知るかボケイマジネーション働かせとけっていうか多分真正面でもあんま見えてなさそうだし、ってことでスルーしてもいいとおもう

追記3

上の前歯と下の前歯の高さを測ったら3.4cm、唇で覆って、3cm(ちょうど平均的な日本人男性の直径と同じらしい)

やっぱり痛いよ…

仕事ができない

マジで仕事ができなくてつらい

今日上司からお叱り受けてる最中に「心外そうな顔」って言われてバチボコ正論言われて傷付いてるけど傷付いていい道理がないからって唇ひき結んで堪えてるんだわ〜!?めちゃくちゃ納得してるからこんだけ刺さってるんですが、

とか色々あった

考えとか、理由とか説明するのが苦手でよく黙り込んでしまうんだけど、

それが社会人としてあり得ないらしくて(自分でもそう思う)すごいそこでいつも憤らせてしまうというか、ああ多分これ苛立ってるんだろうなって何となく感じるのはあって、

でもだからと言って何かさくさくと話せるわけでもなく(なんならイエスノークエスチョンでも黙り込んでしまう)、2ヶ月くらい一緒に働いてきて改善もできないままで、多分それにも呆れられてるんだと思う。

今までこういう場面で黙り込んで逃げてきたんだろうとか、だから今困ってるんだとか、そのツケは自分で払え黙るなとか、そういうことも言われる。

かに今までもどうしても頭の中が真っ白になって営業やらのロープレで黙り込んでしまうこととかもあったし

学校とか親相手でもあったんだけど

黙りたくて黙ってるわけじゃなくて頭の中真っ白になってフリーズしてて、どうしたらいいのかわからない

どうしたらいいか自分で考えろって、確かにそれが正論で正しくて。でもどうしようもない、口を開いてもあ、とかえと、とか、そういうなんの意味もなさなものしか出てこないし

そうこうしてる間に苛立った相手にそうやって黙るくらいなら仕事するわもういい、とか、自分は忙しいから、と言われ、パソコンを勢いよくカタカタされ始めるといよいよこちらもなにも言えなくなって空気が最悪になる、という(何気ないとかじゃなくて明らかに苛立ちの発露としての発言だと思う)

発言をしてほしいのかさせる気がないのか、態度からもうよくわからない

仕事の引き継ぎすらろくにできず、報連相優先順位すら間違えているらしく、もうダメダメすぎて自分ことながらクソだなあと…

主体性もなく機械的仕事をするだけなら誰にでもできると。自分もそう思う。アイデアには具体性も何もないとかも言われた、もうわけがわからん自分がなにもできないことしかからない

物忘れが激しいのでメモをこまめにとってたんだけど、メモ取ることで仕事した気になって満足してる、って言われてからメモすら取れなくなって、色々頭からすっぽ抜けて飛んで悪循環

段取りもクソでマルチタスクもできない、自分仕事も見つけられない

色々、指摘されてることはたくさんあるけど正論すぎてキツイ

新入りのアルバイトの方が仕事ができるとか、

時給400円レベルの働きしかできてないとか

このままじゃ給料泥棒とか、

前の月言われたことしようとしたらそんなの意味ないとかって次の月にはなに言ってんのみたいな扱いを受けたりとか、

色々言われることもあって、

なんか精神割と病んでしまって(ふとしたタイミングボロボロ泣いてしまうとか、食事が食べられなくなったとか、遊べなくなったとか、ゴミすら捨てられなくなった、仕事行く帰る寝る泣くの繰り返し)、

泣きながら心療内科予約して、月初に行った、発達障害かもしれんねって知り合いに言われたのもあって

なんか初診でそのきらいがあるからって言われて検査受けた、結果は週末聞きに行く

こわい

もし発達障害でも違っても自分仕事をできないのは変わらないし、

その仕事のできなさ、がそれに由来するものだったとしたら、どれだけ頑張ったって自分普通と同じ水準まではなかなか持っていけないということで

もう、どうしろってんだって感じで

一般枠で採用された人間カミングアウトするのもだし、そもそも上司は多分理解がないし、

人事の人に言っても配置転換してくれる気もしないし転換したところで仕事も多分できず、というか多分人事も理解ないし、

社会に適合できない自分を消したくてたまらない

まわりはパワハラだと言うけど正論言ってるんだから向こうが正しい気もするし自分が脆すぎるだけなんだと思う

辞めたらお金なくて生きてなどいけないし

転職したってこれだけ無能ならどこ行っても同じみたいなこと言ってたし

逃げたって思われるのも嫌ででも耐えられなくて疲れたなあ

検査結果で発達だと診断されてもされなくても、心がしんどそうな気がする

まれてきて、無能でごめんなさい

と思う日がことさらに増えた

父親母親は穏やかに生きてくれてればそれでと言うけど、

そんなの果たせそうもなくてそれも申し訳ないな

半分眠った意識で書いてるから日本語おかしいな、やっぱり無能だ、支離滅裂だなあ

仕事ができない

マジで仕事ができなくてつらい

今日上司からお叱り受けてる最中に「心外そうな顔」って言われてバチボコ正論言われて傷付いてるけど傷付いていい道理がないからって唇ひき結んで堪えてるんだわ〜!?めちゃくちゃ納得してるからこんだけ刺さってるんですが、

とか色々あった

考えとか、理由とか説明するのが苦手でよく黙り込んでしまうんだけど、

それが社会人としてあり得ないらしくて(自分でもそう思う)すごいそこでいつも憤らせてしまうというか、ああ多分これ苛立ってるんだろうなって何となく感じるのはあって、

でもだからと言って何かさくさくと話せるわけでもなく(なんならイエスノークエスチョンでも黙り込んでしまう)、2ヶ月くらい一緒に働いてきて改善もできないままで、多分それにも呆れられてるんだと思う。

今までこういう場面で黙り込んで逃げてきたんだろうとか、だから今困ってるんだとか、そのツケは自分で払え黙るなとか、そういうことも言われる。

かに今までもどうしても頭の中が真っ白になって営業やらのロープレで黙り込んでしまうこととかもあったし

学校とか親相手でもあったんだけど

黙りたくて黙ってるわけじゃなくて頭の中真っ白になってフリーズしてて、どうしたらいいのかわからない

どうしたらいいか自分で考えろって、確かにそれが正論で正しくて。でもどうしようもない、口を開いてもあ、とかえと、とか、そういうなんの意味もなさなものしか出てこないし

そうこうしてる間に苛立った相手にそうやって黙るくらいなら仕事するわもういい、とか、自分は忙しいから、と言われ、パソコンを勢いよくカタカタされ始めるといよいよこちらもなにも言えなくなって空気が最悪になる、という(何気ないとかじゃなくて明らかに苛立ちの発露としての発言だと思う)

発言をしてほしいのかさせる気がないのか、態度からもうよくわからない

仕事の引き継ぎすらろくにできず、報連相優先順位すら間違えているらしく、もうダメダメすぎて自分ことながらクソだなあと…

主体性もなく機械的仕事をするだけなら誰にでもできると。自分もそう思う。アイデアには具体性も何もないとかも言われた、もうわけがわからん自分がなにもできないことしかからない

物忘れが激しいのでメモをこまめにとってたんだけど、メモ取ることで仕事した気になって満足してる、って言われてからメモすら取れなくなって、色々頭からすっぽ抜けて飛んで悪循環

段取りもクソでマルチタスクもできない、自分仕事も見つけられない

色々、指摘されてることはたくさんあるけど正論すぎてキツイ

新入りのアルバイトの方が仕事ができるとか、

時給400円レベルの働きしかできてないとか

このままじゃ給料泥棒とか、

前の月言われたことしようとしたらそんなの意味ないとかって次の月にはなに言ってんのみたいな扱いを受けたりとか、

色々言われることもあって、

なんか精神割と病んでしまって(ふとしたタイミングボロボロ泣いてしまうとか、食事が食べられなくなったとか、遊べなくなったとか、ゴミすら捨てられなくなった、仕事行く帰る寝る泣くの繰り返し)、

泣きながら心療内科予約して、月初に行った、発達障害かもしれんねって知り合いに言われたのもあって

なんか初診でそのきらいがあるからって言われて検査受けた、結果は週末聞きに行く

こわい

もし発達障害でも違っても自分仕事をできないのは変わらないし、

その仕事のできなさ、がそれに由来するものだったとしたら、どれだけ頑張ったって自分普通と同じ水準まではなかなか持っていけないということで

もう、どうしろってんだって感じで

一般枠で採用された人間カミングアウトするのもだし、そもそも上司は多分理解がないし、

人事の人に言っても配置転換してくれる気もしないし転換したところで仕事も多分できず、というか多分人事も理解ないし、

社会に適合できない自分を消したくてたまらない

まわりはパワハラだと言うけど正論言ってるんだから向こうが正しい気もするし自分が脆すぎるだけなんだと思う

辞めたらお金なくて生きてなどいけないし

転職したってこれだけ無能ならどこ行っても同じみたいなこと言ってたし

逃げたって思われるのも嫌ででも耐えられなくて疲れたなあ

検査結果で発達だと診断されてもされなくても、心がしんどそうな気がする

まれてきて、無能でごめんなさい

と思う日がことさらに増えた

父親母親は穏やかに生きてくれてればそれでと言うけど、

そんなの果たせそうもなくてそれも申し訳ないな

半分眠った意識で書いてるから日本語おかしいな、やっぱり無能だ、支離滅裂だなあ

部活を辞めたいあなたへ

労働疲れた新社会人へのメッセージはそこそこ集まってきた(だろう)から、ここでは部活動疲れた新大学生へのメッセージを送りたい。

前提として、大学部活動というのは結構ハードもので、現役3年間の80%を注ぎ込むことになる。友達はできるし飲み会もたまにあるが、それは「部活」のコミュニティのもので埋まると思った方がいい。

これはそういう部活に入ってしまった大学1年生に向けて書く。

まず、今すでに「部活きっかけで大学に通いたくなくなった人」「毎日部活行きたくないことで頭がいっぱいになっている人」「体調を崩し何らかの病院に行った人」は早急に退部の措置を取るべきである

まだ4月からもう少し頑張ろうとか、これから慣れるとか、自分で思ったり先輩に言われたりとあると思うが、これに絆されると上記の80%が失われるため、恐らく大学生活は楽しめない。

特に「体調を崩し何らかの病院に行った人」はいずれ辞めることになるか、単位を逃しまくるか(勉強を捨てる)の2択なのですぐに退部を考えた方が良い。

部活推薦という形で受験し、部活動前提で入学した自分は、入学式の少し前に1週間の「事前合宿」に参加した。所謂THE体育会系で、早朝5時起床で朝練習、寮用キッチンへと走り朝食準備、昼練習、寮用キッチンへと走り昼食準備、夜練習、寮用キッチンへと走り夕食準備、風呂支度、ミーティング自主練、12時就寝、というスケジュールを過ごし、正直そこで心をやられた。

新入社員研修合宿とかもこんな感じなのかなと思う。

この体験後に入学毎日部活に勤しむ日々が始まったわけだが、ここで上記の前提に気付き始める。終電で帰る先輩と終電が無くなり泊まり込んだ先輩のラップバトルは非常に参考になった。(退部決意の)

さて、結論から言うと1年生の5月末に退部するのだが、この間に内科メンタルクリニック学内カウンセリングへ通った。メンタルクリニックはろくに予約が取れず1回話しに行って終わったが、カウンセリングは何度か通った。(それでも空きはあまり無いようだった)

同時進行で「辞めたい」という話を先輩に持ち出した。体調不良で休むことも増え、部活に来なさいメールがバシバシ届き、この時点で円満退部は無理だった。「まだ早い、これから慣れる」「残りの同期の負担は考えないのか」など引き止められた。本格的に話をつけるときは2ヶ月間溜まりに溜まった鬱憤をぶつけられた。「お前に使った時間を返せ」「自分に甘い」「一生中途半端にして生きていけばいい」

退部した日の夜お寿司を食べた。

部活推薦だから退部できない…という人にも逃げ道になればと自分体験も書いた。(ちなみにほとんどの場合退部=退学にはならないが、母校から部活推薦は難しくなる。あなたが辞めたい部活に後輩を送り込みたくないと思うから、そこは考えないほうがいい)部活動に取り組む人を否定する気は無いが、大学卒業し働いている今も、退部が最良の選択だったと思う。自分には合わなかったというだけだった。

あなた部活を辞めたいのなら、まず「サポートをしてくれる大人」に相談する必要がある。上で言う「学内カウンセリング」とか、学生課(親身になってくれないかもしれないが…)とか、親でもいい、とにかく部内の人間でない大人

そして、先延ばしにしない。

答えを曖昧にしない。

間違っても「匿名ユーザーが勧めたから」なんて退部理由はやめるべきだ。あなた自身しんどいのならそれが理由だ。もう少し頑張りたいと思えるなら、それを止めたりしない。

あなたには大学生活を楽しむ権利があるよ。

良い思い出になるような4年間にしてね。

2019-04-23

新社会人になって

改めて自分って変わってるんだと思う

悪い意味

些細な日常会話にもズレを感じる。相手もきっと気づいてる。

社会人って学生時代よりも普通が求められてきつい。求められるっていうか、自分が順応できないだけなんですけどね。

まだそこまで大きな仕事振られてないし、飲み会も少ないけど、これから先が思いやられる。だんだん化けの皮が剥がれるのが目に見えてる。

いつになったら、みんなと同じ人間になれるんかなぁ。大丈夫になるんかな。

普通になりたい、普通ってなんだ、わからない

個性的で良いよとか言うけど、本当か?今すぐ俺と代われって言われてすぐ受け入れられる?違うでしょ。苦しくなるような個性なんていらないわ

この気持ちは同じような人じゃないとわからない気持ちだと思うし、わからなくていい気持ちだし、あーーーーーーーーーここまで勢いで書きなぐりました。一生これかねー疲れた

お酒飲んで酔っ払って疲れを癒したい気持ち

飲まずにさっさと寝て体を癒したい気持ち

ちょうど半々くらいだ

ああ疲れた辛いだるい眠い

田中サンドバック辞めたってよ。

田中サンドバック辞めたってよ。

どーも、田中です。10年ほど勤務した会社会社都合で解雇された。解雇されたことについては会社自体に恨みはない。むしろありがとうとお礼を言いたい。実際、社長には「感謝しています。」とお礼を言ったくらいだ。感謝理由は伝えてないけど。社長が、軽く微笑んだのを覚えてる。バカめ。お前は、地獄に落ちろ。いや、落ちるはずだ。楽しみ。

社内でとんでもなく嫌いになっていた同僚から離れるチャンスを棚ぼた方式でゲットできたのだった。嫌いになった同僚のプロフィールをさっくりと。歳は10上のバツイチ子供は二人。奴が入社してきて数年後トラブルを起こす。内容はよくある話で、社内恋愛内密にしていて、それをある日ぽろっと表したら次の日から口を聞いてもらえなくなったのだ。彼女は彼に好意を寄せていたのかもしれない。相手にはその時の心境を根掘り葉掘り聞き直していないから、私だけが全面的に悪い事になっていると思う。多分、他の同僚にもそう言いふらしている。私も若かったし、相手に花を持たすつもりで三年後なんとなく仲直りした。彼氏とは別れていた。

その頃彼女同窓会で再会した同学年の男性デートした翌朝は私を呼び出してお茶をするのが恒例となっていた。彼氏の話をこちから特に聞くことはしなかった。まるで興味がなかったかである彼女彼氏のことを二言三言喋る程度で、あとは会社悪口くらい。数月後、お別れしたと落ち込んでいた。多分不倫だと思う。パートナーにバレそうになって相手に切られた感があった。それを聞くつもりはなかった。落ち込んでいる人を傷つけられるほど私も悪人じゃない。そっとしておいた。

共通趣味もあり、何度か遊びに誘われた。せっかく誘ってくれているし、年上の方だから立てないといけないなと、付き合ってはいた。年を追うごとに誘いは増えた。子供が成人し、手がかからなくなったからだ。職場も同じで、部屋も同じで、スマホフェイスブックをいじってる以外は他の同僚とおしゃべりばかりしている彼女だんだんと苛立ちと嫌悪感を覚えるようになった。一緒に遊びに行っても楽しさ反面とても疲れる事に気がついた。歳上ということもあり、10代に接する様な物の言い方の時もあった。田中アラフォーなので、まともな金銭感覚で一通りの躾も入っており、一般常識はもっているつもりだったので軽く驚いた。他の上司・同僚の悪口の内容が凄まじいのだ。なんだったら数年前のことを持ち出しては愚痴を吐きまくる。その場にいない上司や同僚が気の毒なくらい。その人のことそんな風に見ていたのかと、引くぐらい。「自分はいいけど、他人ダメ自分旅行に行ったり、ブランド物買ったり、するのはいい。でも、上司や同僚はダメ。とんでも理論で周りを見下す発言ばかり。今思えば、劣等感嫉妬心の塊をむき出しで愚痴っていたんだと思う。気持ちいからね。

愚痴を聞かされる次くらいに嫌だったのは飲み屋に行って、頼んだ料理を「みんなが食べれるでしょ」と得意げに一口大に切ること。手作りつくねなんかほろほろですから、四当分にした日にゃ粉々ですわよ。また誰かの悪口散々言いながら飲み食いした後で言う定番セリフ「美味しいもの食べると嫌なこと忘れちゃうよねー」出来れば悪口聞かないで食べたかった。

休憩時間漫画を読んでいたら「また漫画買いやがって」と嫌味を言われるのは軽いジョブ程度。気がつけば必要のないところで怒鳴られたり、ストレートバカやアホと言われる様になっていた。旅行に行っただけで、「なぜ行った!」と怒鳴られたり、昼に頼む弁当の種類に少し迷っただけでも怒鳴られた。こちらとしては仕事も手伝って貰わないといけない立場だし、何かとお世話になっている。ましてや10年上の人に歯向かえなかった。なんとかヘラヘラしてやり過ごすしかなかった。真面目で小心者の私は二年近く悩み苦しんだ。毎日残業疲れたしんどい、苦しい、今後の遊びは断るしかない。しかし、観劇の誘いも、飲みの誘いも、旅行の誘いも断っても、断ってもへこたれずに誘い続けてくる。メンタル無駄に強すぎる。さすがバツイチ。なんでこんなに引っかき回されているんだろう?「(田中の)バカ!」と暴言を吐かれたら、自分も「バカ!」と怒鳴り返せばよかったのだろうか?

その他、私用の頼みごとを勤務中にさせられそうになったり。(ちゃんと断って家でやった。)休日に一緒に出かける予定を入れていても身内の用事が急に入った時は、「水道管の修理を待ってる」等とテキトー理由をつけて断られたりしたのに腹が立った。当たり前の話だけれども、親として身内を優先するのだ。寂しい時だけしつこく呼び出して、散々振り回しておいて、超自己中じゃん!やっと、目が覚めた。

ついに離れられる決定打起きた。またもや下らないことで怒鳴られた上に解雇通知が同時に重なった。これはダイナミックダイナマイトチャンス。何も言わずにそっと離れて私のことを忘れてもらってフェイドアウトしよう。このまま、50・60歳付き合って行って、偉そうな態度取られるのは我慢できない。ましてや私は彼女の部下じゃない。悪者になりたくない一心で残りの1ヶ月は何も匂わせず、通常通り勤め上げた。ところがどっこい、辞めた後でも連絡が来るのだ。無視した。それでも飲みに行こうと連絡が来るので根負けして行った。案の定料理は粉々にされ「美味しいもの食べると嫌なこと忘れちゃうよねー」の定番セリフ。殺すぞ。

他の同僚とは連絡を取っている。他の同僚に彼女とは離れたいと詳細を伝えたらとても驚いていた。「そんな風に田中ちゃんが思っているとは見えなかった」しかし、同僚から伺う彼女発言には驚いた「田中解雇されたことがショックで、私からの連絡に応じれない」お前さんのことが嫌いになったか無視している。偶然写っていた肉料理を取り分けられている写真見るだけでもムカつくからあなたが写ってる写真は全部消した。「今も会社から戻って来いと言われるのを待ってるはず」な訳ねーよ。時間が立てばいつか会うことができるかなんて軽く考えている自分もいたけど、フォローしていたSNSブロックした。もう、無理。嫌いすぎて、辛い。

会社を辞めてから、一人で部屋にいるからなのか、思い出しては怒り、思い出しては怒り、もやもやが消えない。いいこともあった。楽しい時もあった。優しい時もあった。どうしてなんだろう?頭に湧いてくるワードでひたすら検索してブログ記事を読み漁った。たどり着いた言葉モラハラだった。地味にモラハラを受けていたのだ、どうりで傷ついている訳だ。相手モラハラしている感覚がないから、急に連絡が付かなくなったことにオロオロしだしているらしい。理由想像しているだろうか?まさか、そんなことぐらいで嫌われているなんて思いもしないだろう。日々の積み重ねで嫌悪感憎悪をたぎらせてくれるには十分すぎる仕打ちでした。全国の部下を持つ上司の皆さん、部下への言動には気をつけましょうね。パワハラは思った以上に相手を傷つけていますからね。今回は同僚からなので、モラハラになるんですけど。一生、会いたくない人リストに追加致しました。さようなら

私は概念になりたい(頑張って生きてるすべての人たちのために)

ほんとは根暗なのに、そんな自分が嫌いで、外では頑張ってアゲて、明るく振る舞ってるすべての人たちへ。

これは全く茶化す意味合いはなくて、心からメッセージです。

君はすごいよ。そこに努力を振れるのが本当に偉いよ。

だって私にはとてもできない。

かなり気力使うでしょ。社会に馴染むために毎日毎日自らの体力と気力を犠牲にしてるなんて、そんなひたむきなことって、ない。

君こそが現代社会を生き抜ける人間だよ。社会性が高いし、今いる現実ちゃんと見えてるから

それを当たり前に、ひょっとしたら気付かないうちにやってるなんて、本当に、本当に、君は。

私はそんなあなたがただいとおしい。

きっとしんどいよね。お疲れさま。

あなたをただ強く抱きしめたい。熱い抱擁をしたい。頑張ったね、優しく囁き、ゆっくりと頭を撫でたい。

私は本気でそう思ってる。

あなたたちを抱きしめるにはどうしたらいい?

私は若くて、あまり美人でない女だ。

真剣に考えたけれど、私に抱きしめられたところで特にありがたみは無いだろうし、

でも一応若い女の形をしてるというだけで、誤って性的ニュアンス解釈されてしまったら、こちらとしても心外だ。あえて書くけどそういう気は一切無いので。

要はこの外皮が邪魔


から私は海になりたい。吹き抜ける風になりたい。熱い大地になりたい。すべてを包みこむ空になりたい。

あなたたちを抱きしめられるような概念になりたい。

頑張りすぎて疲れたすべての人たちを癒す存在になりたい。



いや別に「この世のためになりたい!人の役にたちたい!」等とは違うし

なんていったらいいのかな本当に 日記なのに適切な言葉が追いつかないんだけど

ほんとにいとおしさを伝えたいだけなんだけど 所謂コミュ障から

そんなこと考えてたら真っ昼間のカフェなのに涙が滲んできた。

美人なりに最近アイラインの引きかたを研究してるのが、たぶん今全部落ちた。

メイク結構好きなので、若い女の形をしてて悪いことばかりじゃないよなーとも思う。

だけど。

そんなものを超えた存在になりたいんだ。

正直なりかたはわからないし、今すぐには難しいだろうけど、なんだか願えばなれる気がしてきた。いつか、来来来世くらい?

ということで。

来来来世の人たちへ。待ってろよ。

絶対抱きしめに行くからな。

父親のこと

文章書くの下手でまとまってないけどただダラダラ書かせて。

父親が年々頑固になって、「ああはなりたくない」って言ってたじいちゃんそっくりになっていく。

歩き方もじいちゃんそっくり。話すこともじいちゃんそっくり

もうホントそっくりになっていってゾッとするくらい。

でもじいちゃん父親の違うところは社交性の有無。

じいちゃん老人会にも参加して、ご近所の老人たちと週に何回かは会って、カラオケしたり、将棋したりしてた。

でも父親仕事やめてからずーっと家に引きこもってる。

友達も遠方で、連絡も取ってないっぽい。なんかボケるの早そうだよなぁ…。

申し訳ないことに私は独身で、付き合っている相手はいるけど今の所結婚の予定はない。

とりあえず2ヶ月に1回は実家に帰って様子を見に行くようにはしているけど、行ってもただただ父親のため息と「人生疲れた」的な話を聞かされるので、正直ちょっと疲れてきてる。

孫でもできれば多少は…と思うのだけど、先に書いたように私自身にその予定がないし、兄弟結婚しているものの子供はまだ。

あと父親基本的に移動は車の人。家から徒歩5分の病院ですら車で行く。

正直ただでさえ家にずっといるのに、そんな近距離ですら車で移動するから足腰が弱って行くんじゃないかものすごく心配

しかも父方のばあちゃんクモ膜下3回やってるし、父親自体も高血圧から運転中にプチーンてきちゃったらもうどうしようって思っちゃう

最近車が歩行者に突っ込む事故が多発してるから余計に。

ヤフートップ事故ニュース出てれば絶対クリックして事故現場真っ先にチェックする。

今60代だけど、70後半にはもう免許返上してほしい。

運転してちょっとでも「あれ?」って思うことがあったら返上してほしい。

でもこれいうと絶対ブチキレするんだろうなぁ…。

うちの父親も世の中の高齢者の多くと同じく変な自信というやつをお持ちですから…実際に事故とか起こさないと「あ、俺やばい」と思わないやばい人なんだよな…マジ勘弁してほしい…

でもその血は自分にも流れてるんだよなぁ…。

今の父親を見て「ああはなりたくない」って思ってるけど、何年後かにはああなってるんだろうな…母親の血の方が濃く出てほしいなぁ…。

2019-04-22

全部AIに決めてもらいたい

https://anond.hatelabo.jp/20190422002407

自分情報を集めて、自分で考えて、自分意志責任で行動する…。

こういうのくっそだるい疲れた

もう全部AIに決めてもらいたい。

物心ついた時から適正職業に就くためのレールの上を歩きたい。

成功する確率が高いほうを常に選びたい。

可能な限り苦痛や不幸が降ってこない人生を送りたい。

AI思考を全部任せて、自分はこの世界で呼吸をしているだけという状態になりたい。

ぬわー疲れたー月曜だから今日映画行くぞ映画ーたぶんまにあうだろー

異業種交流会主催の人が詐欺師でした

10年ぐらい前にそこそこ盛り上がった異業種交流会

ある目的のもとにたくさんの支援者が集まった。

自分賛同し、そこに名を連ねた。

ブームは去ったその後も細々と運営を続けているようだった。

主催者は著名起業家

非常に華のある人物で、根っからスタートアップという風情。

まぁ裏を返せば理想と構想優先で地に足をつけるなんてまっぴらごめんだったのでしょう。

金集めも豪快だったらしい。

社債やら株やらなにやら発行しまくって出資金をかき集めてた。

繰り返しつぎ込むタニマチごろごろいた。

彼は別件で逮捕される。

それとともに出資するだけして見返りも特になかった債権者たちが一斉蜂起した。

4000万出してるだけど、2000万のうち500しか返ってきてない!

そんな話があちこちから同時多発的に噴出してきた。

騙されたのは女性信者が多かった。

どうやって丸め込んだのか知らないが、小金持ちの女性起業家が大量にひっかかってた。

ばばぁ殺しとは言われてたけど本当だったのかと感心した。

ぼかして書くの疲れたからここまで

プレゼントをしすぎる男

増田さん、その時計良いですね。超かっこいいです!」

今日増田はその取り巻きの男たちから洒落アクセサリーを褒められている。

俳優としてのキャリアを積み上げてきた増田は、お茶の間での知名度が高いだけに留まらず、業界内でも評判の高い偉丈夫だ。

昔は少しヤンチャをしていたという経歴もあって、少しチャラチャラした若手俳優から兄貴と呼ばれて親しまれている。そんな兄貴毎日のように子分・弟分達を連れ立って飲みに行ったり遊びに行ったりしているが、ここ数年は異常なほどに周囲の人々から褒められるようになった。

そして、もはや当たり前の光景となったその褒めるやり取りは決まって同じような結末を迎えるのである

「褒めてくれてありがとな。せっかくだからこれお前にやるよ。」

兄貴風を吹かせるためだろうか。それとも単に気前が良いのだろうか。

既に業界では常識となっているが、増田自身アクセサリーなどを褒められるとそれがどれ程高額なものであっても褒めてくれた人にプレゼントしてしまうのである

最初の頃こそ、より年次のいった先輩俳優や周囲の友人から窘められたり、

プレゼントといっても、最近渡しすぎではないか。」

心配されたりもしていたが、誰が何と言ってもプレゼント癖は治らず、ついには金目の物をタカるためではないかと噂されてしまうようなハイエナのような若手連中が常に周囲を徘徊するまでになってしまった。

-----

「そんな増田さんは、業界内でも有名なプレゼント魔とのことですが。」

とある映画宣伝としてのインタビューの場において、これまたお茶の間での知名度が高い女子アナウンサーからそう問われた増田は、少しはにかんでこう答えた。

「初めの頃は単純に善意だったんですがね。褒められたらそれをプレゼントする、ということを繰り返しているうちに、今回だけプレゼントしないのもどうなんだろうとか考えるようになってしまいまして。今では少しでも褒められると無条件にあげてしまうんですよ。もはや呪いの類ですね。今日もこのインタビューの前にそこのカメラマンネクタイピンをプレゼントしてしまいました。」

インタビュアー視線を向けられて恥ずかしそうに顔を背けるカメラマンは、ネクタイピンなんて普段使わないような格好をしており、このあとオンラインオークションなどで転売することが目に見えているような男であった。

それを見透かしたのか、若干の軽蔑眼差しを顕にした女子アナウンサーは、慌てて表情を正して増田に向き直す。

そして意を決したように深呼吸をしたあとに増田に向かって問いかけた。

増田さんといえば、都内の立派な一戸建て最近購入されたことでも話題ですね。なんでも歴史を紐解くと元は外国からいらした要人の方が住んでいた由緒正しいお宅なんだとか。私みたいな庶民では手が届かないような金額で購入されたとワイドショーでは騒ぎ立てていましたよね。羨ましいです。私もぜひ一度住んでみたいです。」

スタジオに居る全員が何も言葉を発することのできない、数秒の沈黙の間。

エアコンけがうごうと音を立てている。

その沈黙を破ったのは増田であった。

「いい家ですよ。あなたプレゼントしましょう。」

-----

インタビューのあともいくつかの仕事をこなした増田は、急遽マネージャーに手配させたホテルへと向かっていた。

今日疲れたが、いい仕事をできたと思う。」

声には出さなものの、充実感に溢れた表情がそう語っている。

ホテル前にタクシーを止める。

元々は家に帰るつもりであったため荷物ほとんど無く、タクシーから降りるのも一瞬である

さて、着替えなどはどう調達しようかと若干思考を巡らせながら、ホテルチェックインを行うためにカウンターへと足を向ける。

そのときだった。

増田に気づいたファンと思われる男が駆け寄ってきたのだった。

増田さん!」

突然知らない人物から声をかけられても動じないところはさすが増田である

一般的俳優タレントであれば、周囲の目が集まることを気に病みながら舌打ちでもするところだろう。

増田はにこやかな表情を作り、握手体制で初めて会うファンを出迎える。

「僕、増田さんのファンなんです。こんなところで出会えるなんて。握手をお願いします!」

初めから握手に応じる心づもりであった増田は当然のように握手に応じ、濁流のごとく話し続けるファンの声に耳を傾ける。

デビューから観ています!とはいっても最近オンデマンドサービスで観たんですが。」

「今度も大作に出るんですよね!絶対に見に行きます!」

まさか同じホテル増田さんが泊まってるなんて、夢のようです。今夜お部屋に遊びに行ってもいいですか?」

増田さんの生き方に、僕は憧れているんです」

増田の表情が瞬く間に変わっていく。笑顔は消え、無表情に近い。

自分勝手に喋っていた男も流石にその変貌には気づき、何か不味いことを言ってしまったのではないかと表情を曇らせる。

「僕の生き方が、羨ましいんだね?」

噛みしめるように問いかける増田

表情筋の配置こそニュートラルで、無表情という表現がピッタリだが、目だけは奥の方で笑っているようだ。

答えに窮している男の手を改めて強く握り返した増田は、ゆっくりと告げた。

「それでは、君に僕の生き方を譲ろう。次は君の番だ。頑張ってくれたまえ。」

呪いは、伝搬していくのである

職場メンヘラさん

職場メンヘラ♀さんがめんどくさい。

この際メンヘラなのか更年期障害なのかはどうでもいい。

とにかくその人がめんどくさい。

「〇〇さんの席で ムカツク って言ってたのなに?」←言ってない

「そうだよね増田さんはそうやっていつも否定するよね」←いつも言ってないからね

「でも言ってたじゃん。なんなの?」←言ってない

うはwwwwwめんwどwっwくwwっwせえええwwwww

まれる度に「言ってないよ。強いて言えば目の前でエラー吐いてるコピー機にムカついててすごく寿司食いたい(プンスコ☆」と斜め上に受け流してるけど本当にめんどくさい

どんな場面でも斜め上に受け流していたら職場天然キャラ扱いされだしたのも含めてめんどくさい。

同じような内容で上司に絡み同僚に絡み後輩に絡み、育ちのいい優しい先輩♂に依存気味。

定期的に通勤手段が被るのでその度に絡まれいたことに加えそれが原因でついに次の予定へ遅刻したので今後は毎回テキトー理由つけて一緒しないことに決めた。

病気母親と二人暮らし?大変だね。テキトー息抜きしろ自分裁量だよ。

アラフォー彼氏なし?知らんがな。優しい先輩♂は婚約なんや飲み会帰りに荷物♂抱え込んで困らせてんじゃねえ。

「なんかもう私最悪だよ。明日からはまともになる。誓うよ」→翌日「もう我慢できないから言うわ。影でコソコソ言うのやめてくれる?」←言ってなry

「ほぼ異動のない職場だし増田は定年までこんな私に付き合うんだよ!あきらめなよ!」←いやどす

もーどうして欲しいの。

職場の子ありママさんたち(メンヘラと同世代)に泣きついてヨシヨシしてもらい、

上長上長に異動したいと直談判したあとに「あそこ(地獄部署)にトバされたらどうしようここのほうがマシかな」と日和り(これはまあ別にいい)

なんとか盛り上げようとピエロった自分が温めた飲み会の席を「それよりさあ」で葬式にする。

上司てめえ「あれよろしくね(通勤いっしょになるでしょ」とか言って投げてくんじゃねえ。

自分メモ対策

なるべくメンヘラ特攻される場面を作らない(ぼっちになる作業メンヘラが忙しいタイミングに)

通勤ご一緒をあの手この手回避

「それよりさあ」が始まったら無視して隣のひとと勝手に盛り上がる

それでも特攻されたら「寿司食いたい」で受け流す

それでも続いたらわざと主語を取り違えて話を斜め上に流す

かにどうしたらいいんだ。

仕事も手伝った。

ママさんとメンヘラ自分の3人でカフェで甘いもの食べながら愚痴も聞いた。

ふたり仕事帰りにふかふかのパンケーキも食べに行った。

他人としては出来る限りを尽くした。

他人にこれ以上のことはしたくないし背負う気は毛頭ない。

もう疲れた。できればもう寿司の話もしたくない。寿司が汚れる。

疲れた

わたしの方が頭良くてかわいくて英語も話せるのに、どうしてあの子より苦労しないといけないの

どうしてわたし幸せになれないの

2019-04-21

anond:20190421230527

お前は妻も子もいる上級国民からお互い様」になるのかもしれんが、俺ら恵まれない下々の民からしたらそうはならない。

譲られるあてもなく譲らされ続けるのは「お互い様」じゃない。「搾取」というんだ。

それを仕事人生疲れた電車でやるのは暴力だろ。

女性専用車両行け。男から奪い取った聖地だろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん