「コスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コストとは

2018-09-26

anond:20180926110631

社会コストを払わない個体に対してはあらゆる生物排除に回る

アリも魚も卵を破壊するよ

ただそれにも関わらず残っているし、ある程度の規模になると存在容認する動きになるそうだ

anond:20180926110453

なら種の保存に有効でない連中(LGBT)の分のコストを消費する謂れもないな。

anond:20180926105607

レアケースもなにも生存に優位に働かない出産コストを許容するとか無いか

anond:20180926104733 anond:20180926111903

どうもなにも勝ち残った強いオスメスしか子孫を残さないのが自然界において普通だが?

成熟していても子育てや狩りの役割に回る

ただし『タダ乗り遺伝子』『裏切り遺伝子』というモノが多くの生物や菌で確認されていて

コイツらは勝っていなくても(社会コストを払わなくても)遺伝子をちゃっかり残してきた

コイツらが増えすぎるとコミュニティ機能しなくなり絶滅するが

種としては生き残っており現代に至る

コイツらの存在理由目的はまだ解明されていないそうだ

個人的な推測では世紀末に備えてるのかまだ解決してない問題解決する余力を残してるのかもねと思う

anond:20180926100111

社会コストを払わずに子孫を残す気があります宣言をされてもね

なお、ホモアセクシャル代理母を使って子を残す権利があるとWHO(世界保健機関)がおっしゃっている

日本でも海外で1000万以上掛かる代理母斡旋ビジネスは大好評な模様

ホモレズの軸とは微妙にズレるが女装っ子の彼女がいる某御曹司話題になったね

なお後進国代理母商売は続々と禁止にしている

まぁ倫理的に当然だよな

anond:20180926084918

あれは漫画上ではいかに面白そうだが、いかんせん実際にやってみると、販促オモチャとしてもゲーム性としてもキツ過ぎる。

フィギュアは高いし、でもコスト抑えないとだからショボい。

印刷すれば済むカードに絞ったのもやむなし。

サイコパスまたは極端に幼稚な親たち

anond:20180926083743

はてなTwitter 界隈で見かける、寄生型のサイコパスと、依存心が高く無能で極端に幼稚な親たちは 、

いわゆる『タダ乗り遺伝子』を持つ人たちだと思う

利他的遺伝子を持つ集団タダ乗りでぶっ壊す

この人たちの命は軽い。数を産んでどれかひとつでも子が生き残ればいいという生存戦略方針だし

子がどれも生き残らなくても(子孫を残せなくても)自分が楽になれればそれで良いのである

自分学習したり就労した対価で子に適切な環境を作るという、社会コストを払う気はさらさら無い

子育てに限らず、可能な限りすべてをローコストで賄おうという生存戦略方針を立ていてる

(この人たちは余力を残しに残しまくって人生を過ごしてるけど、世紀末にでも備えてるんですかね?っていうね・・・

あるいはアーティスト活動したり人類がまだ解決していない問題解決する余力を残してるのだろうか?)

ただ、単に精神的が極端に幼い/無能なだけの人たちは、寄生サイコパス とは違い、

子に対する愛着は見せるんだよね

極端に幼稚で無能な親たちが自分を騙し騙しなんとか親を続けようというならば、

それに水を差して我に返らせてはいけない

その極端な幼稚さ無能から子育てや家庭を放棄しかねない。寄生型のサイコパス のように

2018-09-25

はてなで得た気付き

欲しいもの最初からそこにあった事に気付けた

有名企業に勤めようが、そこそこの年収を得ようが、母ちゃんの中の自分に対するすごいは、

車の免許を取ったこからずっと更新されないが(子ども仕事に興味ない)

ちゃんサイコパス では無かった

それでだけで十分とすべきだし、非常に尊いし、ラッキーだったなと思った

貧乏病気であるファイナンシャル行動のセラピー指導を受けるべき。超ポジティブに言えばアーティスト気質

家賃を払う、生活の予定を立てるという行為が出来ても、

人生全般において低コスト運用にこだわるヤツは、基本的寄生型のサイコパス である

ケチや非勤勉さが本能的に嫌われる理由理解が出来た

シリアルキラーブラック企業オーナーや辣腕弁護士などの肉食サイコパス に限らず、

サイコパス日常カジュアルに横にいるのである。あらゆるコスト他者押し付ける草食サイコパス として

年収は生まれ付きの要素が強いとか言うヤツは自身無駄にした教育費用皮肉ってるのかな?って思ってたが

ああ、うん、確かに言う通りかもなって思った

優し過ぎる人はいいように使われがちだし、

常用漢字が読めて算数が出来ても、会話が成立しないヤツはどうにもならない

こういう連中も意外とカジュアルに横にいる

考え方の違いとは要は生存戦略方針の違いで、生存戦略方針真逆でさえなければ、

どこかで噛み合うところもあるなと思った

PHP学習コストが低い

これ2000年代前半から言われてる気がするけど、元々は誰が言い出したんだろ

落とし穴の多さを考えると相当な嘘っぱち

anond:20180925185633

そんなことしたら学習コスト上がっちゃうじゃーん

PHP学習コストが低い言語からいいんじゃーん

っていう

ミニ四駆爆弾

自動車爆弾より低コストで作れてリモートコントロール可能でいざとなれば補足されてなお任務遂行可能凶悪兵器としてリアル流行りそうだけれど、流行ってないの?

多分1台あたり50ドル位で作れるはずだろ。おまんらも作らんのか?

削除逃亡増田言い訳

「頭悪いやつと対話するのはこっちにコストかかるから、お前が返信しにくい様にコストかけるために削除する!」

こっちとしては「頭悪いやつに言及される」「削除逃亡される」のダブルコストなんだが……

まさかお前自分が頭いいと思ってるの?

反論コストを高める理由説明した」とか言ってる逃亡増田がいる(ちなみにそのトラバも逃亡)

お前がいくら説明した」と思ってても、この場では「説明されてない」「説明になってない」が多数派の様だが?

まったく、頭いいつもりのヴァカはこれだから困る。

どうせプライドもないんだから逃亡扱いでなんか悪いとこでもあるんかね?

反論するコストを高めてるだけ」と主張する削除逃亡増田

反論するコストを高めて、議論の筋と関係ない部分で相手反論しにくくなるのって「反論を受けたくない」以外に理由あるんすかね?

人はそれを逃亡と呼ぶ。

人類宇宙に出ず、繁栄し、詰むSF?

魔術的遺伝子操作により

生殖コストゼロ

単独生存可能状態で生まれ子供

あらゆる耐性を手に入れる

全てのエネルギー遺伝子レベル生来能力で取り込めるようになる

人類は一瞬の宇宙進出のチャンスを逃し

セックス魔境→共食い→単一植物

の道を辿る。

最終的に泥のような脳のみと化し、文明細胞間の電気信号としてのみ存続する。

地球ブラックホール似て非なる外部からエネルギー情報を吸うだけの特異点と化す。

人類はただ地球質量を増やすだけの現象となる。

但しその人類史は、太陽系の終わりとほぼ同時に終わる。

それまでは人類の総数自体は増え続ける。

エネルギー保存則的に、宇宙進出なしにこれを上回ることは有り得ない限界点に辿り着く。

後は、人類定義を弄ってやれば、内部の無駄信号伝達に費やされるエネルギーも減って繁栄速度があがるかも。

2018-09-24

anond:20180924233912

高学歴、都会住まいトラップ

就職さえあれば、子育て実家サポートも期待できる地元が最強、というのは結論出てる。

物価も安い

学歴コスト部門から、小さくできるなら小さいほうがいい

こうやって(一部の)地方再生していく

もちろん再生しないで消えるだけの地方もある

anond:20180924200238

同意

三角関数公式とか、「暗記しなくても原理を知っていれば再現できる!」って言ってる奴がいたが、まあそりゃそうなんだが入試時間内でわざわざ公式再現する時間コスト半端ないわな

anond:20180924160234

俺もこれに同意

バカ相手難解なワードを減らそうとすると、必然的に長くなる。その結果、バカは結局会話に追いつけなくなる。

それに、頭が良ければ指示代名詞や省略された語彙がなになのか、言わなくても一発でわかるのに、バカはわからいから頓珍漢な返答ばかり。

まり、頭の回転が速いやつは頭の回転が遅いやつのために、わざわざ速度を落とさなきゃいけない、っていうコストなんだよな。

バカが「本当に頭が良い人はわかりやすく言ってくれるぅ!」っていうけど、それはコストを過大に負担してくれる奉仕型の優しい人であって、頭が良いわけじゃない。

anond:20180924162407

最近新築は、昔より工期が短くなってたりするけどね。

技術革新の結果はコストダウンであって、価格低下ではない。コストが減った差額分がメーカー利益になる。

anond:20180924102944

①世の中には現に悪文が存在する

現実としてどうしても読みにくい文は存在し、それを一つずつ潰していくのは不可能なので、

世の中で生きるには「悪文読み解き能力」が必要になってしまう。

理想論ではなく現実問題として、このような読解力を鍛える必要があるという話が1点目。

②難しい概念を、情報を失わずシンプルな文にすることはできない

Wikipediaの「流動性の罠」より

景気後退に際して、金融緩和を行うと利子率が低下することで民間投資や消費が増加する。しかし、投資の利子率弾力性が低下すると金融緩和の効果が低下する。そのときに利子率を下げ続け、一定水準以下になると、流動性の罠が発生する。

利子率(名目金利)は0以下にならないため、この時点ではすでに通常の金利政策限界に達している。金利が著しく低いため、債券の代わりに貨幣保有することのコストゼロとなり、投機動機に基づく貨幣需要が貨幣供給に応じて無限に増大する。

これが簡単な文か難しい文かと言われると、おそらく難しい文だと思う。

しか用語意味を過不足なく説明する上では最大限に単純化された文章である

(元の情報量を損なわずに、この文章をこれより簡単に書くことはできない)

大学職場ではこういう学術的な説明を読んで理解する必要があるので、読解力だけは先に訓練しておく必要があるという話が2点目。

単純化が向かないジャンル文章もある

たとえば小説特に純文学)など、読みやすくあることが最大の評価項目におかれていない文章形式もある。

勿論小説も読みやすい方がいいのだが、それはあくまで2次3次の評価点でしかない。

文章の美しさ、重厚さ、共感性などを踏まえ、その上で読みやすさが重視される)

これに加えて詩や韻文、俳句などはさら文字数や頭韻・脚韻の縛りもある。

こういう文章を楽しめるようにするために、複雑な構造を読み解く読解力が必要だという話が3点目。

anond:20180915214027

NEC研究提案会議テーマリーダープレゼンを行い、研究所長と中央研究所長が審査するものです。件の研究テーマも、江村氏の責任の下で承認されたもののはずで、それを「まだ~」という発言は極めて無責任だと感じました(私もその場にいました)。また、私がその分野に明るくないことを差し引いても、当時の技術水準であの研究テーマは極めて先端性を有しており、今後20年間のSIビジネスをけん引できる可能性に満ちているものだっと思います。それこそ、「企業の基幹システムAWSマイグレーションNEC見積もりも含め、一番仕事が早く、安心感がある」、というようなステータスにすることは可能だったと思います。江村氏はCTOになる以前は、常々からNECSIをもうやりません」と公言していましたが、NECSIビジネスレベニューの増大は不可能でも、規模としてのシュリンクが非常に困難です。そのため、最低限のSIビジネスをやっている人たちが、それで食っていくための武器必要です。特に外部リソース活用が不得手なNECにとって、NEC発の技術なのかどうか、非常に大きな意味をもっています。私がかかわるところでは、顔認識世界でみれば3流ですが、それでもNECであることを最重要視して商流に乗せています

専門性をもってビジョンを示すことは研究者として重要であることには同意しますが、それは提案を聞く姿勢がある場合に限っていえることです。江村氏の経営では、「わからんから却下、再提案」ということが横行していました。その分野のビジネス判断として事業部ネゴシエーションテーマリーダは実施してニーズ特定し、ビジネスチャンスを示すこと。そしてリスク要因として将来そのビジネスを取り巻く環境変化を示しても、江村氏はそれらを理解できず、却下することがしばしばありました。無論、配下研究所長がリーダーシップを発揮し、責任をもって推進する、と援護があれば進むこともありますが、NECではそのようなリーダーシップをはぐくむことは不可能でしょう。なぜならNECリーダーは、自身責任明確化しないまま、YesともNoとも言わずに、上位のポジションが空くのを待つことが基本姿勢からです。結果、研究者が優れた業績を上げればそのウマに乗ってポイントを得るし、却下した研究テーマで他社が優れたポジションを獲得しても、そのテーマ投資しなくて正解だった、などと宣うのです。

また、CTOブログ言語道断な内容という主張についても、元の増田同意です。研究資金獲得において、江村氏の発言は全く参考になりえません。資金投入の考え方として、客観指標主観指標の2つの側面があります。まず、エビデンス世界情勢への理解といった点で、客観指標としてガートナーレポートに遥かに劣ります。一方、主観指標として役に立つかといえば、意思決定として、NECが注力すべき研究テーマもぼやけており、責任をもって推進する、という姿勢は全く見えません。元の増田氏は江村氏をIT音痴と評していましたが、私はそれに加えてビジネス音痴でもあると思っています。江村氏が重要視し、集中投資したすべてのテーマ競争優位性を確保することができていません(劣化診断や農業ICT、そして漏水検知は試験プレスは出ているのに、正式に導入されたプレスは出ていないことからもわかります)。それを踏まえれば、キャピタリストとしてのCTOに対する評価は、落第も良いところかと思います。それでも江村氏がそのポジションについていることは、単に大チョンボやらかし研究出身の國尾氏の後釜という意味合い以上のものはないでしょう。

先日の増田以来、研究所内でも重役に対する評価が変わってきたことは喜ばしい点でもありますリーダーシップを発揮しようとしない所長に対するレポーティングは省力化を優先するようになりました。彼らはビジネスを動かすことも、資金調達することも存在感を発揮できないだろう、という見方が強まってきています。この、影響力がない仕事コストを下げようという試みが機能するかどうかは、彼らのプライド次第という面もありますが、うまくいかなければ転職しよう、という現場の考え方が出始めているように感じています

そうしたきっかけをつくってくれた元増田氏には最大限感謝と、そして今後のご活躍を祈念しております

2018-09-23

災害メリット

インフラ家財が作り直されるとき莫大なコストによって硬直化した金が動く

街や家や家電が買い替えられて消費も拡大するし新品になって気分もいい

下がった株価も上がるだけ

しろメリットしかないともいえる

我々はただ生き残ればいいのだ

anond:20180923014927

ティーン向けのポルノであることが何が問題あるのか

ポルノという言葉がただ単純に「存在することが悪」ということになっていないか

表現ティーン未満の子供に与えることの選別を親にさせることは「親」へのコスト強要することか

・これが「女性への」差別的レイプ的な表現なのか

若い子がセックスに興味持っちゃいけないの?

2018-09-22

想像力が足りないとかいうけど

想像力が足りないとかいうけど、他人社会について想像力を働かせることはノーコストなわけじゃないんだよな。

配慮とか思いやりとか優しさとか気遣いとか打算とか考察とか全部そう。

コストをかけるほど好きでもなければ自分にとって重要と感じていないなら、相手の心情も利害関係も考えてやるはずない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん