「幽閉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幽閉とは

2020-12-25

anond:20201225113220

アニメ化部分しか見てないが、本好きの下剋上はわりとリアル世界観なのにマインがうかつに現代知識無双しすぎるので、

いつ幽閉だとか拷問だとかして現代知識を独占してやろうという勢力に捕まって

家族にもあれは偽物のマインだったと蔑まれるような鬱展開になってしまわないか

ハラハラする。

神官長はよく世界をひっくり返せるような知識泉源を前にしてあんだけ無欲な対応できるなと。

2020-12-15

西郷隆盛って主人公だよな

フィールドRPGでも戦略SLGでも主人公になれるポテンシャルを秘めている。織田信長主人公としたゲーム創作物は多数存在するけれど、西郷隆盛織田信長以上に主人公にふさわしいと思う。

人物

薩摩藩地政学的要素

ライバル要素

オマケ要素

でも…

2020-11-30

anond:20201126175208

恋柱は確かに入隊の動機は「????」だけれども、鬼殺隊に居場所見出し心理はそこまで異常でもないと思う。

 

見合い人格否定を受け続け、自分自身を殺してまで結婚しようとしていたときに鬼殺隊を知り、お館様に全肯定してもらったことで

彼女自分特殊体質ごと「自分」を受け入れられ、認められる世界を知った。そこで自分が頑張って役に立てるようにまでなった。

 

柱になるには「血を吐くぐらい厳しい鍛錬に耐える必要がある」わけで、おまけに彼女師事した炎柱は後継者である継子に課す試練が厳しすぎることで有名…という設定がある。

それを乗り越えたのだから彼女はそれだけ深く自分に加えられた人格攻撃に傷ついていたのだし、乗り越えられるぐらい居場所見出していたということ。

だいたい鬼殺隊のメンバー自己犠牲精神がやたらと高いうえに自己評価が低すぎるキャラが多い。

 

さら妄想を飛躍させるならば、キャラ設定からすると心の許容量が広い炎柱・煉獄さんからもお館様と同じように肯定される反応を得たのじゃないかなとも思う。

おまけに伊黒さんもいるしね。いつの時点で知り合ったのかは定かではないけれども(逆算すると恋柱は柱になるまでの期間が極めて短い)、

蛇柱の言動現代基準でもかなりレベルが高い。

・こまめに文通距離を縮める

女性コンプレックスを気にせず、逆に励まし、応援するように何度も食事に誘う(おそらく柱の財力にものいわせて奢っていたと思われる)

・そのたびに特別優しい目で見つめる

相手が困っていることを察知し、適切な贈り物を贈る(その贈り物は仲が良くなければ拒絶されかねない肌に身に着けるものである

 

12歳まで幽閉されていた割にはやりてである

 

諸々から、「現代基準でもおかしい」は逆かもしれない。

女性結婚以外に道がない大正時代からこそ、婚活彼女にとって生死を左右する問題だったはずで、

からこそあれほどまで打ち込んだのかもしれない。

2020-11-29

村上春樹小説に登場するヒロイン図鑑

 ギャルゲーのオープニングムービーのノリで紹介していきたいと思う。含ネタバレ


ノルウェイの森

ミドリ

「私なんかね、髪の長い下品女の子二百五十人くらい知ってるわよ、本当よ」

 ノルウェイの森はご存知ダブルヒロインシステムで展開する物語であり、正ヒロインの直子に対する反ヒロインミドリであるミドリは深い自己反省を行う直子とは正反対キャラクターとして描かれているものの、要所で当を得た優れた知性の持ち主でもある。物語の途上、直子との恋愛に疲れ果てていく主人公のワタナベに対して次第に親しみを募らせていき、最終的には恋に落ちる。明るくユーモラスだが苦労人でもあり、「人生ビスケットの缶のようなもの」という独自哲学披露する。

・直子

「たぶん私たち、世の中に借りを返さなくちゃならなかったからよ」

 正ヒロインヤンデレの先駆け。高校時代に亡くなった恋人記憶を延々引きずり続けており、その代償行為としてワタナベとの関係を求めた結果、人生が取り返しのつかないほどこじれてしまった。曰く「自分自身が二つに分裂して木の周りで追いかけっこしている」。物語の中盤から京都サナトリウムにて療養生活を送ることになるが、最終的にワタナベの魂を深淵へと引きずりこむこととなる。

レイコさん

私たちがまともな点は、自分たちがまともじゃないってわかっていることよね」

 ダブルヒロインと銘打ちつつも、中盤以降登場するサブヒロイン

 若い頃は有能なピアニストであったが、演奏ストレスにより精神に不調をきたしてしまい、それ以来人生に振り回れされ続ける。挙げ句の果てに、教師としてピアノ指導していた美少女レズレイプされそうになるなど、人生が取り返しのつかないほどこじれてしまった。主人公とのラストシーンで読者を激しく混乱させる。


海辺のカフカ

さくら

「なんかさ、うまく言えないけど、本当の弟みたいな気がしてるんだ」

 『海辺のカフカ』はドイツにおける「フランツ・カフカ賞」やイスラエル文学賞であるエルサレム賞」の獲得への原動力となった作品であり、ギリシャ悲劇の色彩とインスピレーションを帯びたポップな文体が特徴である主人公は十五歳の少年で、田村カフカという偽名を名乗っており、作中においてその本名は明かされない。

 作中一番最初主人公が邂逅する他者さくらであり、彼女もまた苦労人。幼少期から両親との折り合いがつかず、一刻も早く自立し一人で生きていくことを人生方針にしていた。職業美容師

 主人公はかつて姉と両親の四人暮らしをしていたが、その途上で母と姉は家を去っている。主人公はその、顔もろくに覚えていない姉の姿を、さくらへと重ねるのであるヒロインというか擬似的な姉とも言うべき存在

佐伯さん

あなたは誰なの? どうしていろんなことをそんなによく知っているの?」

 正ヒロイン。五十代の美しい女性であり一切が知的に洗練されているが、巨大なオブセッション強迫観念)によって人生を摩耗させている。

 彼女人物設定は『ノルウェイの森』をなぞる形となっており、先に紹介した直子の鏡写しのような存在である彼女が勤めている私立図書館は、かつての恋人父親の所有であり、話がややこしくなるのだけれどこの父親物語中には登場しない。問題はその恋人とのことで、彼女は幼少期から恋人と親密な関係を築くのだけれど、最終的に死別する。それから三十年以上もの間、彼女自身空虚人生に苦しみ続けた結果、主人公出会う。

大島さん

「いつそれを言ってくれるか、ずっと待っていたんだ」

 ヒロイン欄にこの人物名前を記すこと自体が既にネタバレなのだけれど、とにかくヒロインの一人。ボーイッシュ枠。


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

・美しい太った娘

「お願い、このままじゃ世界が終わっちゃうのよ」

 美しい太った娘。村上春樹1979年デビューして以来、1987年に至るまで十年近くキャラクター名前を付けるのが恥ずかしかったとのことで、一部の例外あだ名を除いてキャラクター無名である。よって1985年出版された本作においても、一切の登場人物名前は明かされない。

 幼い頃に家族を全て交通事故で失って以来、祖父である天才科学者の「博士」の元で純粋培養された少女。十七歳。教育方針によって学校には通わず英才教育を受ける傍ら、適度に脂肪を取らされ、適度に太らされている。性欲一般に関してあまり理解しておらず、主人公に何かと性的質問を向けては困らせる。

 「博士」による教育の結果、語学などの現実生活を送るための技術複数習得している才女。決断力というか胆力があるが、どこかしら世間知らずな面は否めない。

図書館の娘(表)

「それが何かはわからないけれど、どこかで昔感じたことのあるもの空気とか光とか音とか、そういうものよ」

 多重世界の表の側であるハードボイルドワンダーランド』に登場する娘。なお裏の世界である世界の終り』においても、同一存在として主人公の前に現れる実に因縁深い存在でもある。図書館リファレンス係をしており、主人公一角獣に関するテキスト請求したことから親しくなる。大食漢であり給料の大半が食費に消えるが、上記の娘とは違い極めて均整の取れたスタイルの持ち主である

図書館の娘(裏)

「――私の心をみつけて」

 多重世界の裏の側である世界の終り』に登場する娘。リファレンス係の娘の多重存在。「古い夢」と呼ばれる一角獣の頭蓋骨を、図書館管理している。

 『世界の終り』においては心は動き回る影の形で存在しており、影は人が大人に成長する前に特殊器具によって切り離され、埋葬される。その儀式を経た後は全ての人間は「完全」となり、年を取ることもなく何かに怯えることもない。彼女もまたそのようにして心を喪う中、やがて外の世界からやってきた主人公出会う。

・影(主人公

「俺は君をどうしても外につれだしたかったんだ。君の生きるべき世界ちゃんと外にあるんだ」

 おまけ。

 『世界の終り』に登場する主人公の影。頭の回転が速く機転が利くが、主人公と切り離されてしまったため大きく体力を奪われており、ほぼスペランカーと化している。

 『世界の終り』において門番の男に幽閉され、真綿で締め上げられるような虐待を受け続ける。


などなど

 俺は『騎士団長殺し』を除いて全ての長編読破しているんだけれど、まだまだヒロインはたくさんいる。あるいは続編を書くことになるかもしれない。

 村上春樹ネットで言われてるほどひどい作家じゃないので、皆も読もう。チャオ。

2020-11-27

「この世の一番暗い場所で誰かと誰かが邂逅する」シーンが好き

 暗い場所、なんか精神世界みたいな場所で誰かと誰かが邂逅するシーンが好き。以下、ネタバレを含みつつそれらのシーンを解説していく。

 エヴァ最終話近辺も似たような感じのシーンあるけど、あの辺は演出としてかっちりし過ぎているのでそこまで好きではない。


輪るピングドラム

 物語終盤において、主人公兄弟である高倉冠葉と高倉晶馬は、真っ暗な空間において隣り合う二つの独房にそれぞれ入れられている。飲み水も食べ物も見当たらないその場所で、二人は飢えていく。なお、二人の姿は物語中の青年の姿ではなく幼少期の頃の姿を取っており、したがってこのシーンが、現実ではない抽象化された世界出来事であることが示唆されている。

 お互いに独房から励まし合いつつも、飢えてかつえていく二人であったが、やがて兄である冠葉が叫ぶ。

「あった!」と。

「何が?」と晶馬が疲れ切った声で問うと、冠葉は「林檎があった。今まで気付かなかったけれど、独房の隅に落ちてた」と晶馬に伝える。「晶馬の方にも落ちているかもしれない、探してみろよ!」

 暫くの間晶馬は林檎自分独房で探すものの、そこに林檎はない。やがて諦めを含んだ声で晶馬は言う。「僕の方には無かったよ。おめでとう、冠葉は選ばれたんだ」

 この「林檎」はこの場合、「両親から愛情」のメタファーである。晶馬は幼少期において様々な事情により、母性愛情が欠落した生活を送っていたのである。冠葉はその乾き切った晶馬の言葉愕然とするのだけれど、自らの手で林檎を二つに断ち割り、そしてその一方を、独房鉄格子越しに、晶馬の方へと差し出すのであった。

 先程、愛情の例えになっていると説明した林檎であるが、同時にこの林檎は、旧約聖書における「善と悪の知識の実」のメタファーにもなっている。

 ピングドラムにおけるキャッチコピー複数あり、その内の一つが「僕の愛も、君の罰も、すべて分け合うんだ」である。愛と罪を共有する、というテーマが、この暗闇のシーンにおいては描かれているのである

「『列車』はまた来るさ」


リトルバスターズ!

 飼い猫「レノン」の後を追って、寮が併設されている学校敷地内を走る主人公。その主人公の目の前に、幼い頃の主人公の心の支えとなり、今もなお親友として日常を共有する棗恭介が現れる。夜の暗い中庭において、恭介はレノンを腕に抱えていた。これまで、レノンは度々メッセンジャーとして主人公翻弄していた。その尻尾に結び付けられた何者かのメッセージが、時に主人公を誘ない、時には誰も知りようのない個人的秘密示唆しもしたのである

 そしてその夜、いつものように主人公の理樹を誘なったレノンが最終的に辿り着いたのは、親友である恭介の元へであった。それを追ってやって来た理樹は、これまでレノンを介して自身メッセージを与え、様々な示唆を与えてきた人物が恭介だったことを悟るのである。恭介はこれまで理樹に対して、「この世界には秘密がある」とレノンを介して度々伝えてきた。そのメッセージを目にした理樹は半信半疑ながらも、示唆に従い様々な問題解決などを手伝う羽目となっていたのである

 全ては恭介の悪戯であったと悟った理樹は、「結局世界秘密とは何だったのか」と冗談めかして尋ねるのだが、「世界秘密は本当にあるんだ」という思いもしなかった答えに直面する。

「それは形而上学的に存在していたとされる世界のことか何かなの?」「そんなもの存在しないよ。この世界には秘密なんてない」そう困惑しながら言葉を返す理樹に対して、恭介は笑いながら身を翻し、闇の中へと消えていく。結論から言うと、恭介の言った言葉は本当であった。彼の言う世界秘密とは、恭介を含めた理樹の友人の一切は全て故人だったというものである。その事実に直面することで、主人公精神的に廃人となってしまうことを避けるために、超自然的な力を用いて恭介は理樹に対して幻影を見せ続けていたのだ。


ワンパンマン

「私はブラストヒーロー活動をしている者だ」

 原作ワンパンマン第106話、類稀なるエスパーとしての才能を見出され、施設に半ば幽閉されることとなったタツマキは心の調子を崩し、超能力の発揮を躊躇するようになる。その結果研究員たちによって部屋に監禁されるタツマキであったが、やがて研究施設飼育されていた実験動物暴走事故が発生し、あわやタツマキもその犠牲になろうとしていた。

 そんな時やって来たのが、後にヒーロー界を席巻することになる「ブラストであるブラストは危なげなく暴走中の実験動物抹殺すると、タツマキに対して自身趣味ヒーロー活動をしていると告げる。普段は働いているのだけれど、これはあくま趣味なのだと。

 とは言えブラストの強さは圧倒的である。彼はタツマキに「何故能力を使わなかった?」と問いかける。当時十歳の幼児だったタツマキは、一時的に心身の不調で能力が使えなくなったと釈明するも、ブラストはその言葉が嘘であり、自身根本的に人間扱いしてくれない施設研究員に対する、自己主張の一環であることを看破していた。「今後の君のために一つだけ教えておくよ」

「いざという時に誰かが助けに来てくれると思ってはいけない」

 ブラストヒーローであり、誰かを助ける側の人間ではあるものの、自らが異常者であることを自覚していた。つまり普通ならば、人は人を助けなどしないのであるタツマキは幼いながらにその事実を突きつけられ、やがて自身職業的ヒーローの道へと進むことを決意するようになる。誰も人を助けようとしないのであれば、自らが助ける側に回るしかないという事を彼女は悟ったのである


などなど

 他にもるろうに剣心追憶編の、剣心が巴を手に掛けるシーンで、巴の墓前の幻影を見る剣心のシーンとかも好き。

 そのシーンに至るまでに、巴のこれまでの記憶が暗闇の中でリフレインするシーンとかもかなり好きである

 これらのシーンに限らず、「暗闇の中での邂逅」は多くの場合その作品におけるハイライトと直結している場合が多い。凝縮された幻影とも言うべき、強烈なシーンとして、これらの暗闇は描かれるのである。恐らく、これらのシーンを描く作家の、作家性の極地が、これらのシーンには反映されていると言っても過言ではないとも思われる。

2020-11-09

推し役割が他のキャラに奪われ百合ネタにされた結果毎日吐き気と戦う日々になった

※これはしがない男女カプ好きによるただの小言である

私には好きなゲームがある。そのゲームは何作も発売されていて、何作か毎に舞台が変わるという特徴がある。それぞれ同じ世界を描いた作品ごとに「〇〇シリーズ」と呼ばれていて、その中でもとあるシリーズ(便宜上Aシリーズとする)のとある男女カプに私はとても嵌った。カップリングというものにここまで嵌ることがなかったぐらい好きになったし、そのカプがこの世に少ないのが信じられなくて自分で増やすしかないと決断し、20も半ばに差し掛かった年齢で推しカプのイラストを描くためだけに絵の練習を始めたほどには嵌った。二人が登場するゲームは何周も何周もしたし、何周しても二人がかわいくて仕方がなくて幸せだった。

2年前、その楽しかった日々の終わりが始まった。

そのゲームは、今まではシリーズが完結したらその後、そのシリーズの続編が出ることはなかった。(完全版でイベントが追加されたことはあったが。)しかしAシリーズ10周年を記念して、8年ぶりにAシリーズの続編が出ることが決まったのだ。

この時点で私は既に嫌な予感がしていたのだ。正直、もう既に終わったシリーズを変に弄って欲しくない。もう完結した世界からこそ、その後の二人を自由妄想できる楽しみがあったのだ。その未来が、私の最悪な方向に進んでしまう予感しかなかった。

なぜそんな不安だったかそもそもこのゲームの開発陣は、続編における旧作キャラの扱いが致命的に下手くそだったのだ。

その上そのゲームはどちらかと言えば女の子比重が偏りがちで、男性キャラはほんの一部を除きあまり良い扱いを受けていなかった。そもそもAシリーズは他シリーズよりも若干百合寄りなところがあり、そこは本当に苦手だったのだが、それ以上に推しカプが好きだったのでそこは見て見ぬふりをして遊んでいた。

しか問題が一つあった。私の推しカプの女の子側のキャラと、別の女の子キャラとの百合カプがゲーム内一大派閥を誇る程の超巨大界隈だったのだ。そう、私の推しカプはいわゆるマイナーで、対抗カプがメジャーだった。

わかりにくいのでここでは私の推しカプをX(男の子)とY(女の子)、別の女の子キャラをZとしよう。

それだけ人気が高いということは、続編にもそのYとZを登場させろという声は当然の如く高まる。私もそれ自体には半分諦めていた。だって実際人気あったし。そして私の推しカプは人気がなかったし。男の子は雑な扱いをされがちなゲームだったから出てこないだろうし。だからYとZは出てもXは出ないだろう。そういう諦めがあった。ただ、私はYZが所謂地雷だったのだ。そもそもXY固定だったので、YZに限らずXとY関連のCPはXYしか受け入れられなかった。男女だろうと百合だろうとBLだろうとXY以外無理だったのだ。

からどこかで「頼むからXとY同時に出るか二人とも出ないかのどっちかにして」「お願いだからZは出ないで」と本音では思っていた。前者はともかく後者は口が裂けても言えなかったけど。ファミ通や電プレで新情報が出るたびにZが出ないかビクビクして、出ると発表された時は本気で吐いたし、最後までXの登場を諦めきれなかった。結局Xは出なくて、YとZが一緒に出るという、この時点で最悪の道筋を辿っていたのだけれど。

そして約半年後Aシリーズの8年ぶりの新作が発売された。蓋を開けてみれば、私の推しキャラ、Xの唯一無二のアイデンティティ役割、そういったXを語る上で欠かせない要素が他のキャラに奪われていた。そう、他の誰でもなくZにだ。

ZがXの役割を奪って、あたか自分役割のように語っている様子を初めて見た時の気持ちは、出来れば二度と思い出したくない。

この時、私は初めてゲームの問い合わせ宛にただの問い合わせではなくクレームを入れた。そう、クレームだ。私の好きなXを雑に扱うな、こんな扱いあんまりだ酷過ぎる、受け入れられない、こんなのがAシリーズの新作だなんてあり得ない。そんな当時の荒れた気持ちをひたすら長文でぶつけたただのクレーム

でもそうでもしなければ当時の私の心は持たなかった。だって、私の大好きなXとYの関係性が、YとZにすり替わっていた。Xが初登場した時にあれだけキャラクターストーリー全てを通して丁寧に描いたXの役割が、そのまんまZに取られた。よりにもよってZに。そしてそれが「公式が大々的に送り出したAシリーズの正当続編」として出ていることに憤りを感じて仕方がなかった。

事実、Xの扱いに違和感を覚えていたものは私だけではなかった。私がXを好きだからXの扱いにキレているのかと思ったが、Twitterを見たら私程怒ってはいないものの、Xに対して「不憫すぎる」「ひどいな」といったことを言っている人たちをTwitterなど相当数見つけた。勿論私のようにXやXYが好きな人は同じようにブチギレていた。

ただXを出さないだけならまだわかるのだ。だって実際Xはそれほど人気がなかった。キャラ商売なのだから、人気のあるYとZを優先するのは商売として当然で、別にXが出ないのは納得していたのだ。でも、だからといってなんでXの役割を奪うの?どうしてそれをZに宛がって百合ネタにするの?YZはあれだけ人気があって公式から推しも手厚いのに、そこからさらにXの役割まで奪うの?そんなの絶対おかしい。こんな采配を下した人は頭がおかしいんだ。本気でそう思った。

えっ?なんでそんな見えた地雷なのに買ったのかって?Yがちょっとでもゲーム内でXの事話さないかなって思ったからだよ!!!一言も話さなかったけど!!!!いやそれにもマジで怒ってるんだけど!!!!あれだけの関係性なのに一言話題に出さないとかやっぱ制作陣Xのこと嫌いだろ!!!てゆーか役割奪ったこと以外にもいろいろ酷いか!!!Xの師匠キャラですら、関係性がありそうな他のキャラですら誰一人としてXのこと話さないし、近しい話題に触れるのにX本人の話は出ないのどう見ても不自然すぎるんだよ!!!マジでそれはみんな言ってっから

話がずれた。

その後、そのゲームDLCが出てストーリーが一部追加された。そこに私は一抹の望みをかけた。頼むからXの話題を出してくれ。誰でもいいから。このままXの役割存在意義も奪われ、あたかもXが存在しなかった世界になっているようなことはやめてくれ。Yじゃなくていい、誰でもいいからXの話題を出してくれと。本当はこんなXに酷い仕打ちをしたゲームにこれ以上お金を落としたくなかったけれど、藁にも縋る気持ちだった。

まぁそんな望みは叶わなかったわけだけれど。

お察しの通り、DLCでもXの話題は出てこなかった。この時点で、Xの役割がZに奪われ、不自然なほどにXの話題が出ない世界がAシリーズの最新作として発売して、そして完結した。

私はこの時からこのゲームを起動していない。さらに正確に言えば、カートリッジケースからも抜き元のパッケージソフトを戻して、ソフトごと押し入れの奥に幽閉した。その後このゲーム画集が発売され、もしかしたら画集ならなんか書いてあるんじゃと思い買ったけれどやっぱりXのことはどこにも載ってなくて、これも一緒に仕舞い込んだ。他の登場キャラたちに罪はないし、悪いのはZじゃなくてZにその役割を宛がった制作陣だからZには何の罪はないのだけれど、このゲームに関連するものを見るだけで発売から一年半以上経つ今でも毎回吐き気がするしたまに本当に吐く。だから仕舞い込んだし二度とプレイしないと決めた。それでも売ったり捨てたりできないのは、まだ心のどこかで「もしかしたらいつか私たちみたいな人間気持ちを汲んで追加ストーリー配信されたりするかもしれない」という甘い気持ちがどこかにあるからだ。ここまで心をズタズタにされたのに、まだ私は甘い考えを捨てられない。そんな未来は来ないのに。

あのゲームが発売されてから毎日が楽しくない。そりゃ毎日思い出しては悔しくて悲しくて吐き気に襲われるわたまにガチで泣くわで情緒不安定な日々を一年半以上ずっと送っているのだ。仕事精神を保ってるだけ私は立派だ。

私はあれからずっとあのゲームがこの世にでた事を呪っているし、あのゲームが発売されなかった世界に行きたいと本気で願っている。推しカプを見る幸せより、Xが受けた扱いを思い出す辛さの方が、今はまだ強い。そして多分、公式からフォローが入らない限りこの先ずっと。

このゲーム制作陣に言いたい。Xに対する虐めのような扱いをする作品を作って楽しかたか?私という一人の人間感情をここまでズタボロにしたゲームを作った気持ちはどうだ?

100%あり得ないけれど、もし届くのならどのキャラにもファンがいるという当然のことを思い出してほしいものだ。

2020-07-29

anond:20200729225843

遺体と魂があればいくらでも蘇生できるんだけど(上級国民はなんども転生してるよ実は。1000年以上記憶持ってる人も地下の結界幽閉され続けてるし。)

彼は魂が離れてしまたからもうどうにもならない。偽物の魂を吹き込んでもあの演技はできないからね。

2020-07-14

anond:20200714135029

えー

その後に幽閉されるしシャアと痴話喧嘩するからワイはええわ

2020-02-11

脳内爆弾

きょう、「さよならを教えて」というエロゲ存在を知った。

内容の肝は主人公に起こる奇々怪々な出会いイベント精神疾患由来であり、寛解する訳でもなく病状は淡々と進むというもの

古のオタクたちが綴ったブログに書かれた「さよならを教えて」のあらすじを貪るように読んで、10年前に工学部大学生だったころの記憶が厳冬の流水のようにひひたひたと流れ込んできた。

読書が好きだった。特に精神疾患について書かれた本が大好きだった。

医師の目を通して病識の無い人が狂っていく様子だったり、家族措置入院制度悪用して健常者を精神科幽閉する話だったり。

事実小説より奇なりというのはこういうことを言うのだ。

そういう本を読んでいくうちに、ひょっとして自分は何らかの精神疾患を抱えているんじゃないかという疑念に駆られるようになった。

特にひどかったのが、2か月の夏休み下宿に引きこもっていたとき精神状態は乱高下し、将来への不安も相まって最悪だった。

もし自分が狂って居たら、「自分は狂っていない」という自覚はあてにならない。もしかたらこうやって考え続けること自体病気なんじゃないか

今狂っていなくても、いずれ狂うんじゃないだろかという考えが頭の中に渦巻いた。頭の中に時限爆弾的な疾患があって、いつか爆発して発症するんじゃないかと恐怖した。

同時に、両親が私の自立を妨害しているという妄想に取りつかれていていた。何か私の人生良心に滅茶苦茶にされてしまうという根拠のない恐怖を感じた。

怖くて仕方がなかった。人生無意味さや空虚さに押しつぶされそうで、それはおいしいものを食べてもきれいな景色解決の助けにはならなかった。

医者には行けなかった。そういう勇気も無かったし、精神科の本を読みすぎていたせいで怖かった。私の正常性を私自身が証明できないということを認めるのが怖かった。

ひたすらに悩み、孤独を味わい、恐怖を感じて寝れなくて朝焼けの街を徘徊しているとふとストンとすべての悩みが消え去ったりする。

気分よく過ごしているとまた深淵に落ちたりする。

ときは過ぎ、就職して自分収入で暮らすようになると両親の恐怖妄想は消えていった。将来への不安はあるが、仕事上の具体的なものになった。

ただ、漠然とした恐怖と虚無が消え去って、過労と不眠症睡眠薬が手元にやってきただけだ。


今日は「さよならを教えて」を入り口自分過去を思い出した。現実こそが一番残酷で恐ろしい。

2019-12-20

anond:20191219180017

家族が抱え込むのでもなく、病院幽閉するのでもなく

当人生活費公費から出しつつ、地域包摂していきたい

2019-12-11

無慈悲判決理由平常運転

次官という社会的に高い地位を得てそして官僚という立場について世間一般の人よりも広く世間の情勢や政府政策について知る機会を得ていたのに、警察にも家族会にも民生委員にも精神科医にも自治体にも自治体運営する施設にもNPOにも相談することがなかったのは不自然まりない。

他に容易な手段がいくつもある中、敢て殺害という手段選択したのは、息子の恥を自分の恥と考えて座敷牢への幽閉にも比するべき心理的社会的処分固執した逮捕当時の供述?)結果、ついに我慢限界に達して憎しみから衝動的に至ったのであって、極めて無責任かつ身勝手な犯行と言わざるを得ない。

日本法律私刑による紛争解決奨励はおろか一切認めてはおらず、責任能力さえ疑わしかった一人の命が無残かつ安易に奪われた罪は、被告人社会的責任及び行為能力と比例して重いと言うほかなく、また同様に困難な立場に置かれた若者中立第三者としての行政に対する信頼を動揺させ、結果として同様の悩みを抱える親たちが責任から解放される機会の芽さえ摘み取ろうとした責任は重大で、情状酌量余地はない。

2019-11-22

沢尻エリカ逮捕安倍政権陰謀」と同じ思考回路の人たち

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/jisin.jp/domestic/1800895/

id:gesyo 許せません。遺族の心境を思うと怒りが湧いてくる。危険運転証拠証言が出てきているので、普通に重罪でしょう。

id:beramines37 いや牢屋に入れろ。奉仕活動もさせろ。足が動かない?ならなぜ運転したんだよ、フレンチに間に合うためなら親子ぐちゃぐちゃに轢き殺してもいいのかよ?ゴミ老人。お前は牢屋に入って死ね

id:bibicosa 罪は償うべき

id:sakazaki_dc 裁判なしで死刑にして国民の不満を抑えた方が得策だし、本人も高齢だし、それでいいと思う

id:racebyrace 逃亡の恐れと証拠隠滅の恐れはもう通用しませんよ。この人はお金を持っているようなので、余裕で逃亡出来ると思います。動けるようになった時点で逮捕すべきです。

id:allmanbrothers おいおいおい狂ってるな。きちんと豚箱にぶち込んで、そこで一生を終えてもらいたい。民事できちんと賠償もさせよ。

id:YokoChan 仮に服役なしでも、破格の賠償金を支払って、座敷牢幽閉して欲しい。万が一にもフレンチを食べに行ったりしないで欲しい。

id:tamatamayanyan 上級国民は下級国民を何人殺してもお咎め無しなんだね。死ねクソ野郎が。

id:fourddoor 証拠隠滅の恐れはないと言うけど、ドクターストップを言い渡した医師圧力をかけて口裏合わせるみたいな可能性はあったと思うんだよね

id:odakaho はいはい上級国民

id:masudatarou ちゃん獄死させてあげなよ

id:misopi こんなとき私刑があるんだろ!

2019-11-03

anond:20191103073736

まだ安楽死必要なほど、あなたは苦労してないし、周りにケチばかりつけて何にも行動してないだけだよ。

ハッキリ言って甘ったれ

まれた時から奴隷身分自由に将来選べなかったわけでもない。

まれた時から貴族で、その家名の罪のせいで幽閉された?

農民出身口減らしに親に殺されてしまう家庭だった?

親が売春宿子供売るような家だった?

男がみんな徴兵されて孤児だった?

寝てるときにいきなり爆弾落ちてくる?←現代

寝てるとき武装勢力拉致られて、知らん男と結婚させられて、毎日レイプされる?←現代

まだ子供のうちに親に売られて、何十歳も上のじいさんの多妻の一人にさせられて

子供生むためだけの道具になった?←現代

セックスで感じると声がうるさいからって、子供のうちに家族や住人に押さえつけられて女性器を麻酔無しでちょん切られた?←現代

衛生的な環境のおかげで流行り病で何万人て死ぬこともない←現代

水飲んだだけで死ぬこともない←現代

あなた自由だよ。

どこにいって、何をするのも自由なの。

人権があって、日本という国に守られて、保護されてる。

私は、現代日本という国に産まれたことに心から感謝してる。

そりゃ色々問題はある。

でも完璧な国なんてない。

そんなに日本文句あんなら外国行って生活してみなよ。

どんだけ日本が恵まれてるか分かるから

夜に女一人で出掛けてても襲われる確率が極端に少ないか

他の国の女性より圧倒的に自由に行動できるし

一人で車に乗るときに、一人だと悟られないために人形乗せる必要もない。

いきなり銃弾飛んでくることもまずない。

安心安全な国にいて外を知らないガキが、あれもいや、これもいやってダダこねてるだけで

恥ずかしいよ。

言い訳するのは簡単

文句言うのは簡単

その前に行動しなきゃ。

世の中、一代で成功する人、みんな資金ゼロからやってんだよ。

あなた成功する器ではないかもしれないけど

世間文句言ってたって何にも変わらない。

自分が変わるんだよ。

腐った世の中に見える舞台

キラキラ輝く世界に見えるようになるのは

自分次第。

今の先進国人間幸せだよ。

自由に道が選べて

選択が出来る

あなたが思う当たり前は、世界では当たり前ではない。

田舎にいくと、車がいる?

それはあると便利なだけで

毎日キロも歩いたり自転車で通学、通勤してる人もたくさんいるんだよ

都心なら家賃土地が高いか郊外に住んで片道二時間電車通勤もざらでしょ?

楽して怠けて文句言ってるだけの人間安楽死させろ?

アマちゃんもいい加減にしなよ

2019-09-25

新入社員の配属リスクについて

大学四年生の皆さんは内定式が近づいている頃でしょうか。

または、大学三年生の皆さんは夏休みに1つくらいインターンに行った頃でしょうか。

私は、現在社会人一年目でメーカー勤務。

長きに渡る研修が終わりようやく配属された。

その地がとある新幹線飛行機も近くに通っていない田舎町。

隔離された環境で半数は地域採用という非常にクローズした工場幽閉されてしまった。

当然、本社では進められている働き方改革もまだこの地域には普及しておらず、むしろ生産性のないローカルルールを覚えることから始まった。

気付いたら毎日暗い照明の工場デスク転職サイトを覗くようになっていた。

かに、私は就職活動の際には勤務地の希望は言わなかった。

しかし、人事は初期配属は勤務地も考慮すると伝えてくれていた。にも関わらずだ。

高齢化の進む工場。閉鎖的な環境

若手の離職率は5割はあるとのこと。

私はどこで間違ってしまったのだろう。

追記

勤務地伝えなかったら考慮のしようがないでしょそりゃ

言葉足らずで申し訳ありません。

就活後の配属面談時には、私生活事情東京に配属して欲しいと伝えました。その上で最低でも新幹線駅のある地域要望は出したのです。

2019-09-23

酒とタバコ佐藤ギャンブル禁止されたらその次に禁止されるのセックスだろうな

合法ドラッグ四天王5人目は何者なのか。

その謎に挑む中、私はふと自分の足元に目を向けた。

視界の端にうっすらと映った茂みの中にその答えを見た。

そうか……ドラッグとは何も道具とは限らないのだ……。

宗教ネットゲーム凶悪精神依存により神経系統までもを破壊するという。

実際、ギャンブル合法ドラッグ四天王の中でもナンバー2に最も近いとすら噂されている。

では、セックスは、オナニーはどれほどの力を持つのだろう。

古代キリスト教においては性的快楽禁忌とされ、純粋生殖行為としてのセックスが追求されていた。

ソドムが滅んだのはアナルセックスという非生産的活動に神が怒りを顕にしたかであるという伝承は、全世界教科書にのっていて小学生でも知っている。

ある時期のキリスト教徒は、ズタ袋をかぶって淡々と腰をふるのを正しい交尾のやり方として学んでいたし、膣外射精実質的オナニーだと聖書にも書いてある。

子供を産むこと以外を目的にしたセックスは、かつて合法ドラッグとして確かに扱われていた。

性的快楽目的としたセックスオナニー、奴らは大麻と同じように一度は幽閉されながらも時代の流れに乗ってヌルヌル脱獄してきた凶悪なのだ

日本は既に、合法ドラッグ聖地だった。

酒が飲めるタバコが吸える佐藤が食えるギャンブルが出来るオナニーが出来る。

やろうと思えばこれらをいっぺんにやることだって可能だ。

夢の薬物パラダイス

はやく全部滅びればいいのに

2019-08-07

anond:20190806185948

自分にできることは他人も当然できる(、だから自分には価値がない)」が真かどうかを確かめるには、他の組み合わせの時に「自己肯定感」が持てるかを考えてみると良いんじゃね

他人は出来るのに、自分は出来ない

これは凹むよね。

マラソンを一緒に走ろうね」って言ったのに、自分は体力が続かなくて棄権友達は余裕で上位完走、みたいな。

んでも「出来る人」を目標に頑張るとかいモチベーションを持つ人もいるんじゃないかな。

他人は出来ないけれど、自分だけは出来る

これ、一瞬マジ格好いい、と思うけど「出来ること」と「自分意思」に相関関係があるってエヴァンゲリオン見てたら気づくよね。

プラグスーツ着てエヴァに乗っかるとか格好いい感じもするし、レイちゃんアスカちゃんと仲良くなれるチャンスあるかもしんないって思うかもだけど、自分が心底嫌な事でも「自分しか出来ない」という理由だけだったら果たしてモチベーションになるのかは、怪しいよね。

例えば天皇陛下のように「生まれた瞬間に宿命付けられて」いるようなケース。

天皇陛下は分かりにくいかもしれないけれど、イギリスとかフランス王侯貴族の中には「王侯貴族」というだけで何の罪も無いのに殺されたり、傀儡として玉座に座らされた挙げ句幽閉されるなんてケースは幾らでもある。掃いて捨てる程ある。

他人は出来ないけれど、自分だけは出来る』というのは一瞬格好いい。でもそれは宿命でもあり、それを受け入れる事が出来なければスティグマとなりうる。

自己肯定感自分しか産む事が出来ない

自分にできることは他人も当然できる(、だから自分には価値がない)』と思う自由はある。

でもそこから抜け出したいと思うならあなた自身が「どのようにすれば自己肯定感が得られるのか」を必死に考える以外に道はない。

世の中の大抵の事は「自分以外の人が出来る」し下手すると「誰かのほうが上手くやれる」かもしれない。

あなた世界に名だたる有名人偉人ではなく、ただの凡人なのだろう。それは私も同じことだ。

それでもあなたに出来ることはある。歴史教科書に名を残すような、テレビに出るような、そんな人でなければ「価値がない」などということはない。

あなたは、あなた自身あなたの周りの人を楽しくさせたり、ニコニコしたり、面白いと思う事を共有したり、美味いモノを食ったりする事が出来る。

あなたという存在は生まれた瞬間に唯一無二の存在だということを「しる」必要がある。

あなた価値がある、とするならば、それは今この瞬間に「生きている」ということにほかならない。

anond:20190806185948

自分にできることは他人も当然できる(、だから自分には価値がない)」が真かどうかを確かめるには、他の組み合わせの時に「自己肯定感」が持てるかを考えてみると良いんじゃね

他人は出来るのに、自分は出来ない

これは凹むよね。

マラソンを一緒に走ろうね」って言ったのに、自分は体力が続かなくて棄権友達は余裕で上位完走、みたいな。

んでも「出来る人」を目標に頑張るとかいモチベーションを持つ人もいるんじゃないかな。

他人は出来ないけれど、自分だけは出来る

これ、一瞬マジ格好いい、と思うけど「出来ること」と「自分意思」に相関関係があるってエヴァンゲリオン見てたら気づくよね。

プラグスーツ着てエヴァに乗っかるとか格好いい感じもするし、レイちゃんアスカちゃんと仲良くなれるチャンスあるかもしんないって思うかもだけど、自分が心底嫌な事でも「自分しか出来ない」という理由だけだったら果たしてモチベーションになるのかは、怪しいよね。

例えば天皇陛下のように「生まれた瞬間に宿命付けられて」いるようなケース。

天皇陛下は分かりにくいかもしれないけれど、イギリスとかフランス王侯貴族の中には「王侯貴族」というだけで何の罪も無いのに殺されたり、傀儡として玉座に座らされた挙げ句幽閉されるなんてケースは幾らでもある。掃いて捨てる程ある。

他人は出来ないけれど、自分だけは出来る』というのは一瞬格好いい。でもそれは宿命でもあり、それを受け入れる事が出来なければスティグマとなりうる。

自己肯定感自分しか産む事が出来ない

自分にできることは他人も当然できる(、だから自分には価値がない)』と思う自由はある。

でもそこから抜け出したいと思うならあなた自身が「どのようにすれば自己肯定感が得られるのか」を必死に考える以外に道はない。

世の中の大抵の事は「自分以外の人が出来る」し下手すると「誰かのほうが上手くやれる」かもしれない。

あなた世界に名だたる有名人偉人ではなく、ただの凡人なのだろう。それは私も同じことだ。

それでもあなたに出来ることはある。歴史教科書に名を残すような、テレビに出るような、そんな人でなければ「価値がない」などということはない。

あなたは、あなた自身あなたの周りの人を楽しくさせたり、ニコニコしたり、面白いと思う事を共有したり、美味いモノを食ったりする事が出来る。

あなたという存在は生まれた瞬間に唯一無二の存在だということを「しる」必要がある。

あなた価値がある、とするならば、それは今この瞬間に「生きている」ということにほかならない。

2019-08-06

anond:20190806231359

精神病の身内を座敷牢幽閉しそうな増田だな

別に見苦しかったって当人が背負うなら当人自由だろ

痛々しいやつがいたとして増田人生と何も関係がない

2019-06-29

anond:20190629142605

家庭に幽閉された専業主婦も、離婚提案は拒むことが多い。

もっとも、彼女らの場合抵抗と自立のための牙すら男性社会から奪われてしまたから。

風俗嬢もきっとそうだろう。

2019-06-28

anond:20190627202643

聖戦士ダンバイン 

1983年昭和58年2月5日から1984年昭和59年1月21日まで、名古屋テレビ制作局として、テレビ朝日系列で、毎週土曜日17:30 ‐18:00(JST)に全49話が放映された日本サンライズ制作ロボットアニメである

異世界召喚されちゃった現代人がオーラバトラーに搭乗して戦うのだが。

ある日、コモン界にある「アの国」の地方領主ドレイク・ルフトは、捕獲し水牢に幽閉したエ・フェラリオのシルキー・マウを脅し、地上人(ちじょうびと=我々の住む地上界の人間ショット・ウェポンとゼットライトバイストン・ウェル召喚する。ロボット工学に明るいショットバイストン・ウェル固有のオーラ力に着目し、それをエネルギー源とする「オーラマシン」を開発、バイストン・ウェルに初めて「機械」をもたらした。当初はユニコン・ウー(馬に似た動物)に代わる移動手段程度の物だったが、やがて飛行兵器オーラボムさらには巨獣の甲殻を外装にまとい、内蔵された人工筋肉電子制御によって駆動する人型兵器オーラバトラー」(「巨人騎士」とも呼ばれる)へと発展した。

作品中に、家内制手工業LSI製造してる描写がある。

2019-06-03

江戸時代事務次官家老?)ぐらいの家だと息子が精神病だったら幽閉していた

殿様でさえも馬鹿だと過信が閉じ込めてたんだよな

2019-02-23

マイクラと俺

マインクラフトをやっている。

マイクラ楽しいゲームだ。どんな遊び方をするかで性格が出るのも楽しいし、完全クリアなどというもの存在しない。

俺がマイクラ出会ったのは大学生の頃だ。先輩がパソコンプレイしていたのを見て興味を持った。マイクラというゲーム名前は知っていたが、思ったより四角かった。

先輩は俺が興味を持ったのを知ると、喜んですすめてきた。先輩はクリエイティブモード(建築かに向いているほう。ジブリ再現とかはこっちでやってる)で建築をするのが好きだったので、当然クリエイティブモードプレイさせてもらった。

一人称視点に慣れていなかったし、グルグル動き回るので酔った。

よくわからないのでダイナマイトでその辺を爆発させまくっていたところ、先輩に止められて、俺のマイクラデビューは終わった。

その後、暇なときスマホ版のマイクラがあるのを知って購入し、サバイバルモード(探検に向いているほう)でプレイし続けて今に至る。

俺は洞窟探索や地下をひたすら掘り続けるのが好きだ。建築はとりあえず拠点もどきを作っただけだ。地下で鉱石を探し回り、強い武器を創り、また地下に潜る生活をしている。

マイクラプレイ動画はその辺に溢れているので、やったことがなくてもマイクラを知っている人は多い。俺の友達のAくんもその一人だった。

俺は当然喜んですすめたし、絶対面白い、と断言して一緒にサバイバルモード冒険した。まずは木を切る→石を掘る→地下に潜り鉄を探す、というところまで一緒にやった。

Aくんは突然出てきたスケルトン(遠隔攻撃してくる敵)に打たれまくったり、ゾンビに襲われまくったり、爆発に巻き込まれたり、高いところから落ちて死にまくった。

「向いてねーわ、これ」

何度か死んだあと彼はそう言い、マイクラをやめた。

それからしばらくして、Aくんにマイクラで家建てた、と報告された。

立派な家がそこにはあった。城とか、城下町とかもあった。コンビニもあった。地下の牢屋には村人とスケルトン幽閉されていた。Aくんは町を作っていた。

こんな感じで、世界は上手く回ってるんだろうと思った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん