「ページビュー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ページビューとは

2020-06-09

金を持たない少数派は無視されても仕方ない

はいろいろな意味で少数派だが、最近思うのは資本主義とは数の世界であって私のような存在を気に掛けるメリットがないことだ。

倫理的にはともかく、経済的には見返りがない。いい悪いではなく、そういう構造になっている。

から商売多数派を向いて行われる。

たとえば左利き用の何かは高額で製造されるか、あるいはそもそも作られない。

服のサイズ、靴のサイズ、その他諸々も相似形であろう。

金があれば作ってくれる。金があれば相手してくれる。金がなければさようなら

資本主義は数の世界だ。

売り上げもフォロワー数もページビューも多くなければ価値がない。そういうことになっている。

から多数派を向いて作る。そういう構造になっている。

…あれ、何を書こうとしていたんだっけ。うん、5000兆円欲しい。

2020-04-20

グーグル未来は無い

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292386.html

検索エンジンとしては、今やグーグルは断然トップというわけではない。他の検索サイトも、

グーグルと同じようなアルゴリズム採用して精度を上げているし、日本ではヤフーページビューグーグルのほぼ2倍だ。

グーグル検索結果は、ノイズが多く日付順ソートもできないので、最近は私はRSSリーダーテクノラティなどを使うことが多い。

グーグルビジネスモデルも、しょせん(GDPの)1%産業といわれる広告業にすぎないから、限界が見えてくるのは意外に早いだろう。

まさしく卓見のものの論考。

グーグルノイズの多さは呆れるし、ヤフーの牙城は当分崩れないだろう。

テクノラティ現在、洗えるマスクを紹介しててすごいと思った。

2020-03-03

anond:20200303015452

そこはニュース見ててもよくわからない。時事のほうがまともだし、NHKミスリードかな。この時期にページビューのために無駄に分断をあおるとか、どうしようもないな。

首相新型インフルエンザ等対策特別措置法と同等の措置を講ずることが可能となるよう立法措置を早急に進める

共産 小池書記局長: 新型インフルエンザ等対策特別措置法でも非常事態宣言は出せるので、新規立法より特措法の適用がよい

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200302/k10012309351000.html


首相: やるべきことは特措法にほぼ書き込んである野党とも相談し、どのように修正するか考えていきたい

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030200858&g=pol

2020-02-12

anond:20200212002527

まともな知見は得られなくてもページビューが得られるんやで

2020-02-02

不倫報道モヤモヤ

未だに渡辺杏東出唐田の不倫報道が続いてて、色々とモヤモヤする疑問を書いてみる。

・杏と彼女の子供たちは、騒動が続く事を望んでいるのか?

今後、杏と東出が離婚するしないに関わらず、この騒動を続けば続けるほど、東出をコケ落とす記事が出れば出るほど、今後、子供達のイジメ材料に使われる可能性がある。

・唐田はもちろん、東出も芸能界で生きていけないだろう。他の業界に行っても苦労するのは間違いない。

死ぬことも覚悟してるかもしれない。最近日本人の騒ぎ方から見ると、小保方女史の時のように誰かが死ねば鎮静化するのだろう。

そうやって死人が出た後の残った当事者といったら、気まずいものはない。今度は被害者加害者扱いされたり、当事者はぐっちゃぐっちゃになる事もある。子供にとっては、父親不倫で家を出ていく以上にトラウマになるだろう。


以上の事から、この不倫報道が長引く事は、杏自信にはメリットどころかデメリットしかもたらさない。報道が長引く事は、杏本人は望んでいないと推察する。

上記肯定とすれば、他の周辺、マスコミネタに騒ぐ人達マスコミ芸能事務所コメントに答えるする芸能人制作スタッフ等のメリットによって存続していると考えられる。


いくら有名税はいいつつ、子供まで犠牲に銭貰う仕事って大変だな、

自分が杏の立場なら、夫や父親は勿論ぶちギレ対象、でも、赤の他人が人の家庭の事に必要以上に無責任コメントして、人の心情逆撫でしてんじゃねーよ!ほっといてちょうだい!

との感想

あ、自分も同じ狢か。

2019-12-26

たまにブログページビューが増える謎

さっき、はてなブログページビューが今月100越えましたって通知が来た。

ほとんど放置してる、読者が5人くらいの、1日のアクセスが5以下くらいのブログなんだけど、今までにも1回なぜだか理由不明で2日で100越えたことがある。

今回は12/22に大量アクセスがあった。でもツイートがバズってもいないし、星を集めたはてブもない。どこかから流入したわけじゃないだろうな。最後更新半年上前で、過去クリスマス話題を書いてもいない。

なんじゃこりゃ…?

はてなブログトップランダムに紹介されるとかあるのかな?トップには数回しか行ったことないのでよくわからない…。

2019-10-27

anond:20191027222517

結局医者社会もっというと健康保険制度の中で生きているので正直なとこぶっちゃけしまうと協力できないケースもあるよね

たとえば人を殺したいので毒薬をくださいとか、自殺用のお薬くださいっていってまともにあしらわれるはずがない。

なので実現したければ個人的なつてをたどる(弁護士かに頼むのでもいい)か、徹底的に嘘をつくしか無いと思うんだけどさ

ここからは余談なんだけど

現代違法じゃないけど倫理にもとる行為ってページビューがあつまる

たとえばカニバリズムするとどうなるかとかめちゃくちゃページビューあつめたのね

外国アナウンサー自分の尻肉を外科医に切り取ってもらって食べた実験をしていたんだけど、外科医傷害罪であげられそうになったよ

なので、どうしても去勢したいというのをそういうのに詳しそうなトランスジェンダーの人に匿名相談して実際に自分の金で手術してレポする

とかやればかなり有名になれちゃうんじゃないの、という気もしま

オモコロさんとかにこのツリー添えて申し込んでみてはどうでしょう

ただマゾで被レイプ願望と結婚願望のある女性(わりといなくもない気がする)と気が合うセックスができるようになれば

普通に幸せ結婚ができるのではとおもうと将来が惜しい気もしなくもない

妊婦セックスとか安定期見極めててもスリルがあるしね

2019-07-27

増田海外旅行で遭遇した詐欺ネタがいまさら流行ってるけど、

国名 + scamsでググればいくらでも出てくる海外でもページビューを集める鉄板ネタなんだよね。

ちなみに日本だとぼったくりバー典型的詐欺として必ず出てくる。

2019-07-06

anond:20190705121803

そんなん「PV(ページビュー)」に決まってんだろ!

 

『見たところあいつのPV10万程度… 僕ひとりで十分だ!』

2019-06-12

アナティクスっていうの

ブログ書きはじめて1年半。ある専門分野の解説記事を気の赴くまま書いてる。

先週はじめてアナティクスっての見た。こんなのあるんだね。全然知らなかった。

なんか、リアルタイムで何人の人がなんの記事読んでいるとか分かっちゃて楽しい。あと気恥ずかしい。

月間PVっていうの、過去30日のページビューが125.0Kってなってる。

あと、ユーザー数が27.6K。2万人以上が見てるのかーってなんか実感ないけど嬉しい。

でも、なんか

広告っていうの?そういうのやってないから1円もお金が入って来ない。

どうすればいいか調べるのも面倒なので放ってある。

奥さんもったいないからお金もらおうって言ってるけど、

じゃあ、設定してっていったら、まあそのうちって言ってやってくれない。

2019-06-08

AmazonGoogleヤバいと騒いでたのに何も対抗できなかったのは灰色のサイなのか

ウェブ進化論』が出たのが2006年iPhoneが出てくる前の話だ。

このときページビューランキングだと、yahoomixi楽天の方がGoogleよりも上だった。

中国では既に規制されておりBaiduが、韓国ではNaverだった。

まだ日本ユーザーの70%がヤフーを使っていた。Googleの扱いは、安いハードを使って大規模処理を行っている点が日本では注目されていたように思う。

Google給料はその時から30台半ばで1000万超えていたが、そこから歳をとったら60歳手前まで給料が上がる給与体系ではなく、生産性に合わせて下がるアメリカ方式で、今のように神格化されるまでではない。


2006年だと日本ではプレステ3が出た年だった。トロ・ステーション毎日みていた人もいると思う。

プラットフォーマーがまだ日本にあった時代だ。


同年ニコニコ動画も出た。Tiktokに通じる踊ってみたなども出てきた。



2011年中国GDP日本を抜いた。これについても当時は中国統計は信じられないから、というような反応だったと思う。

2010年ファーウェイが、革新的企業としてFacebookAmazonAppleGoogleの次の5位にいるのも日本ではほぼ無反応だったか記憶している。

2011年ファーウェイ中国企業として初めて経団連入りしているが、これもこれから中国は大きくなるから付き合いしないといけないなというような印象を受けたのではないだろうか。



AmazonGoogleヤバいと感じつつ、茹でガエルとなったのはなぜか。

中国についても米国ヤバいと騒ぎ出してから慌てている。

2019-04-28

増田 広告画像出んじゃん もう、「はてな」はダメだな

はてなも、ついに力尽きたか

ページビュー毎の金が欲しいんだ。はてなは。

プライドはなかったのか?めちゃめちゃ目障りだぞ、あのWeb広告は。

もう終わったな、はてなは。

2019-02-08

anond:20190208053258

怒りを煽るようなものは関心を招くし視聴率ページビューをとれるから、、、、。

ネトウヨ左翼外国周りのトラブルばっかりにギャースカ言ってるようなもの

意図的無視する必要があると思うわ。ニュースなんてヘッドラインで軽く見てるぐらいでいい。よっぽどの大事件以外急いでみるもんなんて無いし。

2018-12-15

PR表記回避

大人Webライターヨッピーさんが、

PR表記タイトルにつけると、ページビューが減る!」

って言ってたのは懐かしいところですが、(まぁ切実なんでしょうけど

最近出た昭和あるある記事では

記事タイトルPR表記がなかったから、

「あら、この記事PR記事ではないのね」

と思っていたら、

ページの上の小さいところに

PR企画

って書いてた。

小さくてなかなか気づかないけど。

んで、このPR企画ってところをクリックしてみると、

----------------------------------------------------

PR企画

ライブドアニュースPR記事掲載しています

----------------------------------------------------

って一覧が出るのでやっぱりPR記事か!と思いました。

この手法でイケる(炎上しない)なら

今後はこれですすめるのでしょうかね。

まぁ別に

「今後はPR記事タイトルには、すべてPRってつける!」

とかは宣言してないでしょうし、

この体裁サイトだと、PRPRってうるさくなるから

PR表記を外したのかな?

この昭和あるあるページビューは、

PRがついている記事より多かったのでしょうか?

老婆心ながら気になるところです。

私は今後もヨッピーさんを応援します。

2018-12-14

anond:20181214150659

5回も10回も同じクソ気球揚げるな、ページビュー違いすぎる省庁がデマ訂正できなくてこまってるぞこのデマゴーグメーカー

って日○に知り合いがいたら叱ってやってくれ

2018-11-18

anond:20181118192759

クリックしようが、自動で変わろうが、十分な大きさのある画像切替えが行われているなら

それはページビューとしてカウントして差し支えないでしょう。

逆に、ページビューがそういう指標からこそ、ユニークユーザ数という別の指標ができたわけです。

目に見えないような1ピクセルの透過画像を1秒に何枚も表示を切り替えるのはアウトだけど、

一般的広告の用をなすレベル画像が十分に視認できる時間間隔で切り替わるのはセーフじゃないかな。

ページビュー定義を教えてほしい

https://twitter.com/ask_ohgi/status/1059724072047656960

https://twitter.com/kan1arino/status/1059814154855440384

ツイッターで言ってる人もいるんだけど、

画像の表示切り替えで1カウントPVアップしてるんかと。

これで問題なしならば、悪用する企業が出てきそうなわけ。

広告主が媒体資料見て誤解するのでは。

JIAAがガイドライン出していた気がする。

明日会社行って確認するけど。

素人見立てだが、これは景品表示法違反というのではないか

法律的にアウトって話では。

何にせよ、内容誤解して広告商品購入した広告主はそれなりにいそう。

2018-09-06

PCデポ記事についてヨッピーさんにあれこれ聞いた話(追記追記

独り言にて(ツイッターID:@hitorigoto4me)」です。

先日こんなエントリーを書きました。

PCデポ記事についてヨッピーさんにあれこれ聞いた話(前編)

https://anond.hatelabo.jp/20180902034231

で、わざわざ書くような事ではないかもしれませんが、ツイッターヨッピーさんにブロックされました。

ただ、これは私がPCデポに関するツイートをやめる意思はなく(止められる筋合いもないですが)、ブロックしない限りそれがヨッピーさんに届く可能性はあるよ、という内容のツイートをした結果です(誰にもメンションを付けていませんが、エゴサの鬼であるヨッピーさんには当然補足されていると思います)。

そのため、単純にヨッピーさんは私のツイートをもう見たくないというだけの事で、それ以上の意味はないと理解しています

ちょっと無粋かな、とも思ったのですが、書き留めておこうと思った事があります

先般、ヨッピーさんとのやり取りを終えたのですが、最後ちょっとドタバタがありました。

(きちんと終了宣言をしており、ブロックで逃げられたという話ではありません、一応。)

そこでずいぶんヨッピーさんに悪者にされたような気がするのですが、当のヨッピーさんが書いたブログはなかなか酷い出来でした。

私の発言は古いもの使用しているし、相変わらず一番のポイントだった8/20の背景は都合の悪い事をカットしてあるし、私とのやり取りはなんだったのかな、と。

なんなんだよもう、と言いたいのはこっちです。

ブログへの反論の一部は「追記」のエントリーに書きました。)

私にミスがあったのは事実で、そこを責められる事に反論はありません。

ただ、それでも全体として、私はそんなに文句を言われる筋合いはないと思うんですよね。

大原則として、私が私の文責(匿名ですが)で書く文章に対してヨッピーさんの検閲を受けるいわれはないからです。

下書きを見せたのは100%善意であって、私の誠実さ、公平さを証明するためのものでした。

と言っても私とヨッピーさん以外はこの経緯を知らないので、ここでざっと紹介しておこうと思います

経緯

最初ヨッピーさんとのやり取りはツイッター上でした。

しかツイッターは長文に向かず、私は長文を書く傾向にあるので、ヨッピーさんからメールでやり取りしようと提案がありました。

私はそれを了承し、以降メールでのやり取りになりました。

最終的に、ヨッピーさんが「T部長確認してるんだから間違いはないと考えている。違うというのなら当事者証言をもってこい」というような返答しかしなくなったため、それ以上続ける意味がないと判断してやり取りを終えました。

当事者証言を求める割に、まさに当事者であるケンヂさんのツイート提示しても「それはよく分かりませんが」と流してしまうので、それ以上何も答える気はないんだな、と判断しました。

その時私はPCデポに対して問い合わせをしていたので、その回答があり次第まとめの文章をどこかに公開し、それで終了とすると伝えました。

まり、やり取りを終了するのは私から切り出した事で、文章を公開する前から終える事は決まっていました。

私がヨッピーさんを怒らせて、そのせいでやり取りが終わったという事はありません。

メールでのやり取りを始める前、ヨッピーさんからメールの内容を公開してもいいとの話を受けていました。

そのため、私はまとめの文章を書くにあたって、メールの内容を引用するとしてもヨッピーさんの了承を得る必要はなかったと言えます

ただ、私はヨッピーさんに公開前の文章を見せました。

それは、ヨッピーさんがメールケンヂさんからメールを一部引用していたからです。

ヨッピーさんのメール内容を引用するのは問題ないとしても、ケンヂさんのメール言及した場合、どこまでOKかというのを確認する意味がありました。

なので最初引用可能範囲を尋ねたのですが、ヨッピーさんからは下書きを見せるよう求められました。

それで確認すると。

断る事もできましたが、それはそれで手段の1つなので、私は了承しました。

そして下書きを送った際、私は事実関係に明らかな間違いがない限り訂正には応じないと伝えました。

そして帰ってきたメールで、注釈を入れるよう求められたわけです。

注釈を入れるという了解は取ってないので、本来応じる必要はありません。

ヨッピーさんの言い方を借りるなら、そんな事は事前に言ってなかったのに、下書きを見せたらいきなり言い出したわけです。

しかし、ここは私のミスなんですが、「後編」で引用した部分しか見えていなかったので「このくらいならいいか」と応じてしまいました。

あの分量が来ていたのを知っていたら、断っていました。

了承した事自体が、私自身の見落としに起因するミスでした。

そして見えていた分の注釈追記して公開したところ、ヨッピーさんの抗議を受けた、というのが流れです。

腑に落ちないヨッピーさんの怒り方

メールの後半が省略して表示されていたのを見落として、入れる事を了承していた注釈を全部は入れていなかったのは事実です。

これは私のミスです。

なので、指摘を受けてメールを全文見ていなかった事が示された時点で「出先なので戻り次第確認して対応する」と返信しました。

ところが、ヨッピーさんはそれに対し「もう遅いし自分で書いたか対応しなくていい」と言ってきたわけです。

私はその必要もないのに下書きを見せ、事前に話のなかった注釈の挿入にも応じています

抗議内容が確認でき次第、対応するとも伝えています

注釈も当初確認できていた分については盛り込んでいるわけで、そこだけ見ても私が悪意を持って注釈を入れなかったと判断するのは無理筋です。

悪意があったのであれば注釈なんて全部無視しますし、そもそも下書きを見せたりしません。

ミスはあったとしても、私はやり取りを通じて、ヨッピーさんからの求めには誠実に対応してきました。

それを、たった1つ、しかもこんなミスでそこまで責めるの?と思うわけです。

しかも、自分で書いたというブログを読んだら、これがまた酷いわけです。

私の発言過去ツイートから引っ張ってきており、メールでやり取りした内容、まとめで公開した文章ほとんど反映されていません。

私が対応した部分には触れず、「約束したはずの、僕の注釈が入ってない」と全く対応していないような書き方をしています

2回に渡る解約ではケンヂさんが怒鳴って明らかにおかし手続きに導いた事はスルーですし、8/19のアポ取りでは揉めた事までカットしています

挙げ句の果てに、新しく出てきた背景を無視して「PCデポ要望だった」と主張しているんですね。

それで私には「反応を見る限り多くの人にはご理解頂いたみたいですし自分説明責任は果たしたと思ってる」と伝えてきました。

そりゃあ、ヨッピーさんの都合のいいように事情を取捨選択して書いたら、ヨッピーさんのファンは納得するでしょう。

でも、背景を大分カットしているのもさる事ながら、今回のやり取りで新しい事実関係が出てきた事をスルーしているのは何なんでしょう。

しかも、ケンヂさんが不当な要求をして口論になったという話です。

8/20店頭へ行く話に直結しているのに、そこを書かないで説明責任は果たしたとか、何の冗談でしょうか。

また、当時そう信じるのが妥当だったとしても、出てきた新事実を踏まえて「今」どう思ってるんでしょうか。

メールで尋ねた時も答えてもらえませんでした。

T部長最初ケンヂさんが来る事を前提に身分証提示を求めました。

しかケンヂさんはそれを断ったのです。

これは私の憶測でもなんでもなく、ケンヂさん本人の語った事実です。

それを受けてPCデポ(T部長)がお父さんを連れてくるよう求めたのですから、この一連の流れをPCデポ責任だとするのは無理があります

背景を無視してはいけないと私が繰り返し書いているのは、そういう事です。

身分証を持ってくるよう伝えなかった、としていますが、最初ケンヂさんに求めているじゃないですか。

対象がお父さんに変わっただけで、なんで不要になると思ったんでしょうか。

私の主張を憶測だと切り捨てる前に、新たに明らかになった事実を元にきちんと経緯を再検証してほしいと思います

それはそれとして


ヨッピーさんのブログ事情を知っていると「何言ってんの?」というレベルなのですが、さっき書いた「ファンは納得するでしょう」というのに思い至った時、疑問が解けた気がしました。

要するに、ヨッピーさんのブログは私の文章への反論ではなく、ヨッピーさんのファンに向けた文章なんです。

というのも、ヨッピーさんにとってはファンを抱えている状態が最も大切だからです。

ヨッピーさんはライターですが、フリーランスで、かつ専門分野を持っていません。

ここで言う専門分野とは、科学技術歴史政治等、特定ジャンルについて凄く詳しいという意味です。

文章力は非常に高いですが、専門性のある内容を語る事はできないのです。

もちろんそれを責めているわけではありません。

ネットメディア広告収入に大きく依存しており、広告収入にはPVページビュー広告の入っているページの表示回数)が必要です。

そしてヨッピーさんはそのPVを集める能力がとても高いです(あと話を聞くタイプ取材も)。

から専門がなくてもやっていけるのです。

一方で、これは結構危うい立ち位置でもあります

ヨッピーさんの持つPVを支えているのはヨッピーさん自身の人気です。

自分広告等なので、人気を高止まりさせないといけません。

忘れられないために発信をし続けないといけませんし、同時に自分価値毀損させてはいけないのです。

なので、自分知名度を上げた記事について、情報の切り取りやおためごかしを使ってでも、誤りを認めるわけには行かなかったのだと思います

このスタンスは、少し前にあった「広告記事タイトルPR文字を入れるか問題」にも現れています

ヨッピーさんは(その後入れるようにしたんだったと思いますが)入れなくてもいいという立場でした。

PR文字が入ると、PVがガタ落ちするからです。

これはつまり、読者は広告記事を読みたくないわけです。

タイトルPR表記を入れないで読んでもらうというのは、要するに読者を騙しているわけなので、筋論としては入れる方が正しいです。

しかヨッピーさんはPVの量が武器なので、それを受け入れたくなかったんですね。

筋よりもPV、となってしまったのは、先ほど触れた専門性にも起因していると思います

広告記事は通常の記事よりギャラが高い事が多いのでやりたいわけですが、ヨッピーさんの広告記事は、割とアレなんです。

ちょっと古い記憶で語っているかもしれず、そこは恐縮ですし全部がそうだと言うつもりはないんですが、アレというのは、広告する対象について知識もないし興味もないという事です。

というか、普通レビューを書けないんだと思います

頭皮エステ機器記事だったと思うんですが、全く関係のない知り合いの引っ越しの話を延々として、最後に「あっそうだ」と使っているところの写真を数点載せ、製品特性も売りも何も紹介しない、というのがありました。

かにヨッピーさんの記事ならPVは稼げるでしょう。

読んだ人の目に製品は映ったかもしれません。

ただ、ろくに使いもしない記事でその商品を魅力的だと思う人がいるでしょうか。

それって広告なんでしょうか。

製品レビューには、ジャンルごとに熟練ライターがいます

レビューには勘所というものがあり、ある機能がどういいのか、過去製品からどう進化したのか等、業界を長くウォッチしていないと書けないものが多いです。

ヨッピーさんに専門性がないと言ったのは、そういう事です。

ただ、それでも先ほどの記事が成り立ったのは、ヨッピーさんがPVを集められるからです。

数年前の記事なので、当時はいかにターゲット層に届くかではなく、どれだけのPVが見込めるかで広告を取れた時代だっただけかもしれませんが。

ともかく、知識量で勝る他のライター競争で勝つため、PVを減らす施策は認めたくなかったのだと思います

ヨッピーさんの強みはファンを抱えている事です。

から、あのブログにおいては物事の正しさや正確さなんてどうでもよく、ファンに向けて「俺は正しい」と説明し、ファン繋ぎ留めておければよかったんですね。

一応フォローしておくと、詳しい内容は忘れましたが、どこか場所地域自治体?)を紹介するという広告記事がありました。

「行ってみた」という体験型記事で、これはヨッピーさんの特性に非常にマッチしており、良記事でした。

特定方向に振った知識量を求められる記事でなければ、ヨッピーさんはとても良い仕事をされます

単純に、得手不得手、向き不向きがあるというだけの話です。

話を戻して

ヨッピーさんは多分、ずっと私との対話を切り上げるタイミングを見計らっていたのだと思います

タイミングというのは、効果的に切り捨てるタイミングです。

私に落ち度があったら徹底的にそこを責めて私を悪者にし、自分の正しさをファンに見せる、そういうタイミングです。

都合よく私がメール確認ミスったため、ここがチャンスと思ったのでしょう、徹底的にマウントを取りに来ました。

なんでこんなに怒ってるんだろう、と思ったのですが、ファンに向けて怒っていると見せる事が大事だったんですね。

それなら理解できます

ヨッピーさんはツイッターで「もういいです」等、私との対話を切り捨てるような内容のメッセージを送ってきました。

しかし、繰り返しますが、私は既にやり取りを終える事を伝えていました。

何も言わなくてもやり取りは終わるんです。

なのに、あえて終了宣言しました。

しかも、私がそれまできちんと対応してきたプロセス無視し、私がミス対応すると言っているのにそれまで断ったわけです。

そしてブログでは相変わらず時系列無視事情を都合よく切り貼りとやりたい放題です。

ヨッピーさんとしては、ファンが読んで納得し、ファンとして残ればOKなのでしょう。

それが「多くの人にはご理解頂いたみたいですし」という発言につながっているわけです。

まあ、それも処世術だと思います

ただ、それって「信者ビジネス」と言われるイケダハヤト氏と同じ道ではないですか。

まとめ


ぶっちゃけた話、私のような第三者が調べた程度で疑義が見つかり、突っついたら新しい事実しかも展開に大きく関わっている)が出てきたという時点で、この件に関してヨッピーさんの発揮した取材力は知れているわけです。

ケンヂさんはヨッピーさんに揉めた事を隠していました。

協力を依頼したのはケンヂさんなのに、当のケンヂさんから事情を全部話すほど信用されていなかったという事です。

T部長からも話してもらえていなかったという事は、両者に取材したのにどちらから重要な話を聞けていなかったわけです。

それで胸を張って取材したと言えるんでしょうか。

これはヨッピーさんのライターとしての特性だと思うんですが、相手好意的に話をしてくれている時は素晴らしい記事を書けても、複雑な事情を深掘りするのには慣れておらず、何か隠している人から事情を聞き出すという事はできないんじゃないでしょうか。

認知症老人ホームに入っている父親を連れてくるよう要請されたなんて、本来は秒で断る話です。

そこをケンヂさんがそう話したというだけで信じ、経緯を確認しなかったし重要だと思わなかったというのは、その程度の取材しか発揮しなかったという事です。

ただ、それでも私を責めれば人気を維持できると考え、機を逃さず、私に対応する暇を与えずにブログを書き上げた、その嗅覚と手腕は見事です。

新聞が間違った事を書いて、SNSで叩かれるというのは日常的に見られる光景です。

記事というのは、それだけ正確さと正しさが重要なんです。

それをおろそかにした時点で、ヨッピーさんは信者ビジネスに堕ちたと私は感じました。

オモシロ記事を書く能力はずば抜けて高いので、そっちに注力していれば良かったのに、と思わずはいられません。

冒頭で無粋かも、と書いたのは、私は別にヨッピーさんの商売邪魔をしたいわけではないのです。

直接ファンからお金を集め始めない限り、実害はほぼないとも言えます

ただ、信者ビジネスのダシに使われたのかと思うと、これくらい書いてもいいんじゃないのかな、と思った次第です。

以上です。

2018-07-20

青二才が脱はてな村成功している件について


【ブログ初心者必見!】SEOはこれをやれ!!3つの基本・5つの実践 – 青二才は振り向かない!!

SEOを人に教えている記事。 

内容が易しいからというのもあるが、構成的にも文章的にも非常に読みやす記事だった。文章うまくなってるじゃん。

それにしても青二才ブログ先生みたいなことをするようになったんだな。ブロガーで飯を食おうとする人間の行き着く先は結局ここかよ、という気持ちが無いわけではないが、ちゃんとした記事かいてたので特に文句は無い。

内容は初歩中の初歩だが、初歩を丁寧に教えるのはストレスが溜まるのでこれを丁寧に説明している記事には需要があるだろう。はてなブックマークについている読者の反応のレベルが低すぎてやや戸惑うが、無駄知識だけ多くて口やかましいが金にならない耳年増なはてな読者よりやる気はあるが頭すっかすかの素人を捕まえるというのは戦略として正しい。


決してはてな村の延長になっておらず、しっかり脱はてな村に成功しているといえる。



ついでだからPVなどの現状を確認してみた。

https://www.similarweb.com/ja/website/tm2501.com

6ヶ月平均の合計訪問者数

104.36K(104360セッション

訪問ページビュー

1.34(PV/セッション)

平均滞在時間

00:01:03

直帰率

86.72%

数字見方や注意点はこちらの通り。

SimilarWebの見方を間違えている人が立て続けに出ていてるのでSimilarWebの見方と数値のズレについて説明する - 鈴木です。別館


similarwebの結果では青二才ブログの6ヶ月平均PVは104360*1.34=14万程度となる。(※)

青二才はてなブログ時代20万だか30万PVとったと自慢していた時期があったからその頃と比べれば減っている。

しかし、はてなブログ時代と違い、炎上はてなでのバズにはまったく頼っていないのは明らかだ。

にも関わらず、検索流入メインで勝負してこのPV。そう考えると実質的にははてなブログの頃より成長していると言ってよいのではないか

これなら確かにSEOの話をする資格はあるといえる。


青二才、偉い。とてもえらい。




気になることが無いわけでもない。PVはともかくとして平均滞在時間が短すぎやしないか

青二才ブログは、そこそこ長文だ。平均して3000字くらいはあるだろう。ちゃんと読もうと思ったら普通の人なら3分はかかるはずだ。私は冒頭で引用したSEO対策記事最後まで読んだが3分以上かかった。ところが平均滞在時間は1分3秒しかない。私のブログも試してみたが1:33だったし、上のブロガーさんたちも1:30を下回る人はいない。単純に計算して3分の1の読者は数秒で「私が読みたいのはこれじゃない」と帰っているということになる。

なるほど、SEO対策した結果としてPVははてブに頼らなくてもそれなりの数字を維持できているようだが、読んでもらえていない率がかなり高いようだ。


直帰率も高すぎる。86.72%って。もうちょっとブログ回遊してもらえるように工夫しろよ。何の工夫もしてない私のブログですら80%以下だったぞ。

現状ではSEO対策として「検索エンジンから見栄えのよいサイト」は作れているようだが、そのことに頭がいっぱい過ぎて、検索エンジン経由でやってきた人が求めている情報提供できていないということではないのか。青二才記事の質の高さや中毒性のあるコンテンツが自慢だったはずなのに、どうしてこうなってしまったのか。

それともSEO対策メインにしているブログはみんなこんなものなのか。世のSEO対策メインのブログは、検索エンジンのほうばかり向いてないで、ちゃんと読者の見せるために自分コンテンツをしっかり磨けといいたい。googleは阿保とかいいながらgoogle奴隷になってるのダサすぎるぞ。


はいえ、思ってるよりがんばっててしかも成果を出してるようで見直した。青二才、がんばれ。

青二才、がんばれ。ブログタイトルがめっちゃ恥ずかしいんだがこれを恥ずかしいと思わないきみがすき。(ここまでで1596文字




(※)

注意点として、あくまでsimilarwebの数字から正確な数字かどうかはわからない。例としてはてな時代青二才よりも読者数が多かった有名ブログの結果をいくつか表示しておく。

今一番はてブでバズってる「不倒城」や「いつか電池が切れるまで」のPVが15万PV程度ということは考えにくいため、本当はもっといかもしれない。PV数40万と公表しているゆとりずむのPVも30万程度しかない。

以上を考えて、青二才ブログは14万PVではなく20PVを超えている可能性はある。

2018-06-27

anond:20180627110225

ページビューとか利用数が実際にどんだけなのかは分からんけど、

ダイレクト広告増田自体活用した非ダイレクト広告で、すでに十分マネタイズできてると推測されるんだよね。

ういういった意味機能的にはそのまま正式サービスとして扱っても問題ないと個人的には思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん