「体験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 体験とは

2019-01-22

anond:20190122012523

ほんの一部の犯罪者とは私は考えられない。

私の周りにはそういう傾向の人は何人もいたので。

実際の体験からそういう認識に至った。

から男性保育士の話が、単純に漠然とした性差別男性嫌悪?イデオロギー?のような捉え方をされてると

そうじゃないって言いたくなる。

痴漢被害なんてめったにないだろって言ってた男性といっしょだと思う。あなたが知らないだけだよって。

anond:20190121104653

てか、これはゲームの熱い体験を重ねすぎた末に、ゲームプレイしなくてもゲームクリアした感覚になって半ば満足してしまう、悟りに近い症状

2019-01-21

anond:20190121165031

横だが、お世話される側とする側は違うんじゃねーか?

君はダウン症児として育てられる体験については1例を語れても

ダウン症児を育てる親の体験については何も語れないのでは。

自分肯定して生きてみようと思う

自分に優しくして自信を持つというのは、

どの哲学書でも言われているが、非常に難しい。

自分場合さいころにある組織に属していたが自分の出来が悪くて、

同級生大人にずっと怒鳴られて生きていたので、

自分はほかの大人よりも劣っている」

自分なんて何も価値がない」

という価値観を心の奥でずっと持っている。

その他にも生まれた時から体にコンプレックスがあるのも大きいと思う。

要は自分に一切自信がない。

対人関係でも相手に本当の自分を見られてまた否定されるのが怖くて、

正面から付き合うのが出来ず相手に深く関わろうとしない。

おそらく人を遊びに誘ったことなんて、片手で数えるぐらいしかない。

なので親友とか頻繁に連絡を取り合うような友達は一人もいない。

ただ自分に自信がなく何事も謙虚相手意見尊重するので、

学校組織会社内でのコミュニケーションは人よりも評価されるぐらいにはうまくいく。

恋愛においても自分に自信がないのですごく奥手になる。

唯一お付き合いした相手もすぐに幻滅されて別れた。

もちろんいまだにそういったことはしたことがない。

これもコンプレックスの一つになっていると思う。

小さい頃の体験からくる価値観を変えるのは本当に難しい。

自分に自信がつくようなことをすれば自然に自信がつくんじゃないかと思って、

世の中的にはい大学といわれている大学を出て、

いい会社に入っていいお給料をもらっても何も変わらなかった。

またお金はあっても自分はそのお金をかけるだけの価値はないと思ってしまって、

旅行趣味にも一切使えないので、ただお金けが溜まっていく。

オタクの人などが自分だけの趣味のためにお金を使えるのは本当にすごいと思う。

でもこの考えを変えようと思う。

だってこのままだとずっと過去を引きずって、

ずっと不幸に生きて行かないといけない。

人並みには幸せになりたいし、子供が好きなので結婚もしたい。

人間物事をすべて自分の感じ方で捉えるので、

自分意識を変えるしかどうしようもないと思う。

具体的にどうするのって話ですがまずは

をしてみようかと思う。

(もしこうすればいいよってことがあったら是非教えて欲しいです。)

一年後にでもこのエントリーをもう一度見て、

自分に対して自信が持てるように変わっていたら嬉しいなと思う。

2019-01-20

独り立ち

成人式の時や大学卒業式の時に自立を意識した。しか意識するだけの甘ちゃんだった。

今1番大人として自立して生きる必要性を痛感している。

なぜ今感じたのか、それは祖父母介護で疲れている両親の姿を見たからだ。

人が自立するための一番のカンフル剤は、今まで自分を守っていた存在が衰えるのを見ることかもしれない。

高校大学サッカークラブなど私が不自由なくキャリアを選べるように金銭面で準備してくれていた両親。

高校大学私立予備校にも通った。公立高校からストレート国立大学に行った人より1.5〜2倍程度学費がかかってるのではないか

高校選びや大学選びも一緒に考えてくれた。

冷凍食品の時もあったが家に帰れば必ず晩御飯を出してくれた母。

休日サッカー試合のためにほぼ毎週車で送迎し、応援してくれた父。

親は強くていつも子供を助けてくれると思っていた。

親は強いなんて呑気すぎる。びっくりするぐらいの親不孝者だ。

そんな親不孝者が先日帰省をした。両親の白髪がとても増えていた。

衝撃だった。

学生時代から一人暮らしをしている友人たちは既にこんな気持ちがすさむ体験を何度もしているのだろうか。

結婚記念日にに贈ったFire TV Stickも忙しくて使う暇がないらしい。

帰省した時はとにかく会話を盛り上げた。会社なら滑るようなネタ価値観が同じ家族なら盛り上がる。私が話して両親が笑顔になるのならいくらでも話した。今まで隠していた彼女の話した。遠回しに自分が今の生活に不満がない事をアピールした。これ以上両親の悩みを増やしたくなかった。

休日2日間を祖父母介護センターで費やした母は私の食生活を気にしていた。

先程まで自分の両親の介護をして今度は子ども心配をしている。少しは自分の体の心配をしてほしい。

おそらく今でも私が助けを求めたら両親は全力でサポートしてくれるだろう。毎日ご飯を出してくれたように。毎週サッカー応援をしてくれたように。

でもそんな甘ったれた事は言ってられない。

自分で生きなければ。

両親を安心させなければ。

思うままに描き殴ったら900字になってしまった。

この書きなぐった思いもいつか薄れてしま人間記憶構造が恨めしい。

少しでもこの思いを持ち続けるためにここに記す。

C++人生台無しにした。

柴田望洋先生明解C++

STL標準講座

テンプレートテクニック

・Effective C++

More Effective C++

・Modern Effective C++

C++ポケットリファレンス

・入門Qtプログラミング

実践Qtプログラミング

・Effective STL

Boost C++ Librariesプログラミング

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

C++ テンプレート完全ガイド

OpenCV for C++

・大規模C++ソフトウェアデザイン

MakeGitなどコマンド系の技術書 複数

・Database系の技術書 複数

ネットワーク系の技術書 複数

Linux系の技術書 複数

Windows系の技術書 複数

自作ハード系の技術書 複数

・他の言語技術書 複数

15年かけC++を独学した。

上記書籍を何度も熟読し、

C++実装も規格書も、C++によるライブラリ実装

Boostソースコードも常に読むよう心がけた。

土日も祝日も平日朝も平日のしごと終わった後の夜も、

ずっと一人で努力し、風呂トイレ、布団の中でも勉強し、プログラムを書いた。

基本情報処理ソフトウェア開発者試験ネットワークスペシャリストとデータベーススペシャリストを取得した。

しかし、正社員はもとより、時給2000円の派遣プログラマも時給1200円のアルバイトスキル不足で何十社受けても一社採用されない。

とはいえ面接官のレベルは「STLなんて初めて聞いた」「gccて何かの会社?」

C++企画書(誤字ではない)を書いてる人なんてのがいるの?」

「じょーほーしょりしけんてのがあるの?外国の話?」

といったもので私の実力は全く理解されていなかったのだが。

独身で、一切を我慢して娯楽を全く体験しないまま40歳になってしまった。IT業界人間すべてが恨めしい。

貯金100万もなく、素人が書いたプログラムに対して手順書のとおりにマウス操作してエクセルテスト結果を書くだけの仕事ばかりしている。

C++じゃなくてCかC#Javaか、とにかくC++以外だったらこんな事にならなかっただろうに。

何の意味もない、苦しかっただけの、最悪の人生になってしまった。

一番嫌いな人間自分がなってしまった

小学生のころからずっと洋ゲーマニア

中学生になってから日本語版じゃなくて英語のまま遊ぶようになって、高校生になるくらいには9割理解できるようになってた。

日本語版やめた理由翻訳クオリティーが低いから。

有志翻訳プロ誤訳だらけで目も当てられない。

誤訳するやつは人間以下、生きる価値なし、俺のほうが絶対うまいわ、とかクソ翻訳者への憎悪を育てながら10年位生きてきたの。

洋ゲーに育てられたからには恩返しは義務ゲーム翻訳は俺の天職」みたいな考えで、掲示板で見つけた「英日翻訳募集中」の求人に応募、そのまま採用

ジャンルは雑多だけど、ゲーム関係仕事もそれなりにもらえる。

単価はクソ安い。

書けないけど、時給換算したら目も当てられない。

そんでつい1ヶ月くらい前に、あるゲーム翻訳をする仕事が回ってきたからいつも通りこなして、そのときはそれで終わり。

何度も見直ししたし問題は無かった。

で、今日、今になって誤訳発見したの。

しかちょっと詳しい人なら一目で分かるレベル誤訳。大誤訳

しかゲームだよ。コンソールで出るんだよ。実況動画とかも出るわけ。

超短いゲームで、4つしかないアイテムの1つを誤訳しちゃったんだよ。

で、多分「これって〇〇じゃないですよね…」みたいな反応するのよ

レビューで指摘されんのよ絶対

「✕✕が〇〇となっていますがこれは誤訳

ていうコメントで溢れかえるんだよ。

クオリティーの低い有志翻訳、某オープンワールドゲーの機械翻訳レベルの仕上がりを嘲笑ってきたんだけど、俺のミスはそれ以下。

資料をチラ見したら気づくレベルなの。

雇い主が持ってくる仕事は玄孫請け孫請けくらいのが多くて、責任所在地不明

クレームはどこかで止まるから、口を閉じてれば何も起こらない。

実は大手ゲーム翻訳できる話がまとまってて、もしこれを伝えたらそれも白紙なっちゃうし、大学卒業したら本物のプロになりたいからこの話は墓場まで持っていく…予定。







この場を借りてお詫びします。

ゲーマーの皆様へ

僕はあなた体験を汚しました。

本当にごめんない。

ゲーム開発者の方たちへ

僕はあなたゲームを汚しました。

本当にごめんなさい。

洋ゲー

僕は親不孝者です。

本当にごめんなさい。

VRChatで美少女になって頭をナデナデされるということ

はじめに言うが、自分VRChatをはじめて間もなく、他の先行者に比べて非常に遅いスタートで、何の経験値技術知識も有さず、高価なVR機器も所持していない。特別ことなどなにもない、ただの1ユーザーである

VRChatの技術的な側面だとか、クリエイティブな側面、コミュニティツールとして、ゲームとしての側面。その特性経験から得られる知見などについて語る記事はすでに多くある。だからあえて今、何もない自分が語れることを、始めたてのどこにでもいる普遍的ユーザーVRChatで最初に感じれることだろうエモーショナルを、とても小さな発見と大きな感動を、美少女の姿になって頭をナデナデされるということを、ここに書き記そうと思う。

先日知り合いの教えてもらいながらはじめてVRChatをやってみた。steam無料ダウンロードできる。VR機器も高スペックPCも一切必要なく、steamである程度ゲームができる程度のマシンであれば問題なく起動が可能だった。UIは全て英語だが、操作に難しいところはなく、英語なんてできなくてもなんの問題もなかった。

worldのメニューにはたくさんのworldが表示され、正直よくわからなくて混乱しかけたが、ありがたいことにかわいいキャラ画像が使われているworldを直感的に選ぶと美少女avatarを配布するworldにたどり着けた。置いてあるavatarクリックしてメニューfavoriteすると自分美少女になった。といっても視点はずっと一人称なため、たとえ自分美少女になったところで実感は薄い。PCの前にいるのは紛れもなく自分であり美少女ではない。美少女のいい匂いもやわらかい感触も耳に優しい声音もない。美少女スキンかぶっただけのおっさんだ。ほとんどのworldにはmirrorが設置されていて、それを通して自身の姿を見ることはできるが、現実自分客観視できないようにVR自分客観視することもできない。

ただなにはともあれ、美少女の皮を手に入れることはできた。さてどうするか、話すのだ。VR“Chat”である。そう、これはChatツールなのだ。いろいろできるらしいけど正直なにもわからない。とりあえず感覚的にavatar状態他人交流できることはわかる。人が多いworldにいく。外人だらけだ。なにをいっているのかわからない。日本語が通じる相手がいるだろうworldをsearchする。検索ワード[JP]、[japan]、[japanese]。なかなかみつからない。なるほど、検索性はあまりよくないようだ。twitter検索をかけた。

VRChat観光ガイド (@GuidesOfVRC) | Twitter / https://twitter.com/GuidesOfVRC

紹介されたworldを検索していく。やっと日本語が通じる相手を見つける。最初コミュニケーションを取るまでこれだけのプロセスが要った。「なんのためにこんなことをしているんだろう」そんなことを考えつつ、初対面の人と会話をする。初対面の人にいきなりこちから声をかけるのは失礼じゃないだろうかなんて馬鹿なことを考える前に誰かから声をかけられる。『ハロー』『こんにちわ』『こんばんわ』挨拶を交わすと自然に会話が始まる。リアルコミュニケーションよりずっと手早い。avatar同士のコミュニケーションVRChatがはじめてではない。今日までずっと遊び続けているMMOFPSゲームででもキャラクターを介したコミュニケーション日常的に行ってきた。会話の内容も特にかわった話はない。適当雑談をして、なんとなくで盛り上がったりする。まるでそう、MMOログインしてゲームプレイをせずにひたすら仲間同士で会話に興じているような感じだ。そうして自分は、そんなどこか懐かしいような不思議と落ち着くコミュニケーションをする最中、頭をナデナデされた。

今まで自分体験してきたバーチャルコミュニケーションでも、バーチャル身体接触を伴うものはたくさんあった。ハグのモーションで親交を深めたり、キャラクター同士にキスをさせたり、互いに銃口を突きつけ合ったり。ナデナデはそのどれでもなかった。一人称視点の先にたしかに話している相手がいて、その相手の手が自分の頭へ伸びている。あらかじめ用意されたモーションではなくHMDトラッキングにより、相手自由に手を伸ばして、思うままにこちらの頭に触れている。頭の上で手が動いているのがわかる。相手は微笑んでいる。自分はその時、たしかに可愛がられていた。美少女としてナデナデされていた。相手が、美少女自分のことを、かわいいと思って触れる。そのプロセスが圧倒的リアル感覚を伴って伝わってくる。「いったいなんで!?」「どうして?」そんな驚きがある。バーチャル自分もそんな顔をしていたかもしれない。自分が可愛がられているという理解がある。理解してしまう。自分のことをナデナデしてくれている相手を見ることが、mirrorを覗き見るよりも強く今の自分の姿がどうなっているかを感じさせる。自分がいまどうなっているのかを理解する。その時、自分はたしかVR美少女になった。自分遺伝子の中に眠る美少女だった可能性の情報が刺激され、目覚めてしまう。自分の中に眠る美少女が揺り起こされてしまう。かわいいって思われている。愛されている。ナデナデされている。それらの情報が、本能に眠っていた自分の中の美少女によって幸の感情に変換されていく。うれしい。恥ずかしい。気持ちいい。複雑な感情が激動して綯い交ぜになっていく。バーチャル空間に生まれエゴと自らのイドが対面する。なにを書いているのかわからないがつまりそういうことだ。そうだ、自分美少女になりたかったんだ。

VRChatで美少女になって頭をナデナデされるという体験は強烈な感動を生み出す。この感動は大した用意も設備もなくともPCさえあれば、わずかな手間暇のみで味わえる。それが伝えられたのならば、この上ない。

アカシアの根を煮てお茶を作って飲んでみた話(アワヤスアナログ体験)

ネットで話題になっていたアカシア茶(アワヤスアナログ)を自宅で作って飲んでみたので

ここに今日トリップ体験談を残して置きたいと思います

2019/1/19(土)

被験者

身長165cm 体重 68kg

性別:男

年齢:30代前半

うつ病療養中(治療薬などは1ヶ月以上服用していない)

体調:健康

食事お茶を飲むために昼食と夕食を抜いた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 18:30 ー自宅でお茶作り開始

     9gのACRB(アカシアコンフサルートバーク)粉をコップ1杯程度の水(南アルプスの天然水)とポッカレモン(大さじ1)とクエン酸(1g)を少々

     オーロリクス150mgを砕いて混ぜて鍋で15分程度煮る。

     この時点で相当の水が蒸発して無くなってしまったので少しだけ水を継ぎ足す

■18:50ー火を落とし コーヒーフィルターにかけ不純物を濾過する。

    渋み成分を取るための清澄(コラージュ)等はしない。

    卵白を作るのが面倒だったのと、豚皮コラーゲンベントナイトを持っていなかったので

    そのまま飲もうと考えた。

■19:00ーお茶を飲む30分前にオーロリクス 300mgを服用する

    今回お茶にまぜた分と合わせてオーロリクスは合計450mg使用した事になる。

    通常600mgまで服用するらしいが自分の体が小さいのでそんなにはいらないだろうと考えた。

■19:30ー濾過したお茶がコップ1杯分になるまでグレープフルーツジュースで割り一気に飲み干す

    コラージュをしなかったので吐き気下痢の症状が激しくならないか心配になる。

    グレープフルーツジュースのおかげで、お茶のまま飲むよりもかなり美味しく飲めた。

    部屋を暗くして、1時間程度のミックスリピートにして再生

    サウンドビジュアライザーなどVJ映像を部屋のスクリーンに表示させる準備などを整える

    突然の下痢に備え大人用のオムツを履く

    椅子にすわりパソコンで音と映像をいじりながら遊ぶ

■19:50ー映像と音を流し続けて20分ほどで体の感覚が鈍くなりはじめ、トイレに立つが足元のふらつき出したのを感じた。

    目を閉じるとマンデルブロ集合の動画のような不気味な模様がまぶたの裏に見え始める。

    目を開けている時の幻覚はないが、意識が混濁しはじめて目を開けているとさらに酔いが強まる感じがして非常に辛い。

    かなり急速に酔いが回っている感覚があった。

20:00ー完全に泥酔状態になる。感覚ではテキーラショット10杯一気飲みしたぐらいの酩酊

    頭がぐるぐる回り正常な平衡感覚が失われ立っている事が難しい。

    何かが(誰かが)自分天井側に引っ張りあげようとしている感覚がある。

    魂(意識)が肉体から分離して空中に出て行ってしまうような感覚に驚き抵抗する

    強烈な寒気、吐き気、閉眼幻視に襲われるが必死に平静を保つよう集中する。(幸い下痢の症状は無し)

    あまりに寒くて布団にくるまり暖をとる。寒さにブルブル震えながら寝転び耐える。

    飲みすぎて完全にアルコール中毒で苦しんでいる時の状態酷似

    音楽ライブ会場にいるような臨場感があるがそれを楽しむ余裕がない。

    

    意識が濁流の中に流されるような感覚があり、自分精神を安定した状態に保つのが難しい。

    必死で濁流に飲み込まれぬよう意識の舵を取って飲み込まれないよう耐える。

    流していた音楽現実世界意識をつなぐ命綱となって非常に助かった。

    音楽がなかった意識がえらい所に行ってしまう所だったと思う。

20:15ー寒気、吐き気、閉眼幻視がおさまり携帯をいじり人にLineできるぐらいの心の余裕が生まれる。

20:30ー症状がほとんど落ち着くが精神的な影響が微かに残り、誰かと電話で話たくなる。

    3時間以上の友人たちと長電話をする。(楽しく無限に喋り続けられる錯覚を覚える)

    芸術的創作活動へのモチベーションが湧き遊びはじめる。

■4:00ー全く寝れないので体験記を書く

   お茶を飲んで効果が抜けてから5時間は眠れなくなるのではないかと思われる。

■翌朝ーかなり良く寝たように感じる。何年ぶりかに夢を見ないで寝る事ができ、すっきり目覚めた気がした。

   意識がかなり明瞭になって体も軽くなったように感じる。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

お茶を飲んでから1020分の効果が発現しだした時の作用が強烈すぎて

肉体から意識だけ空中に吹き飛んでしまうような感覚10分程度続いた。

今回は運良く自分意識コントロールできるレベル効果だった。

これ以上、摂取していたら、おそらく一時的意識コントロールを失う可能性があった。

逆を言えば、完全にトリップしてしまうような分量でなかったので

アワヤスカのような瞑想的なトリップを行うにはもう少し分量を増やさなければならないと感じた。

これ以上の分量でやる場合は、自力意識を保つのが難しく1人でのトリップリスクがあると感じたので

次回お茶を飲む際は誰かにトリップシッターを依頼してやった方が安全だと感じた。

ここで書いた分量と同じもしくは、それ以上の量の分量を初回に試すのはオススメしません。

一般的には3〜5gの分量でも十分体験できるとの事ですので無駄に初回から大量に飲まないようにしましょう。

自分で試したいと思った人は下記のHPをじっくり隅々参照して、経験者の意見を聞いてから試される事をオススメします。

薬草協会HP

http://aoi-do.com/

大学入学してから周りの人は新たな人間関係築いてていろんな体験してる

高校の時陰キャ仲間だった友人も広い交友関係を持っている

それに比べて自分は家に引きこもってばかりです 友達もいません

しにてえ しにたいわ

ちょっとでも嫌なやつを片っ端からミューとした

タイムラインに誰もいなくなった

ドラえもんか何かで見た、嫌いな人をどんどん消していったら最後地球に1人だけとなってしまった話を疑似体験したようだった

2019-01-19

成功の色は何色か

マネジメントにおいて、部下に成功体験をさせろと言われるこのご時世。

肝心の成功体験定義はなにか。

営業職の人は、契約件数?売上目標

こと新人教育に絞れば、おそらくはじめての成約といったところか。

では、私のような研究開発職での成功体験はなにか。

商品上市特許の出願?論文投稿学会発表...etc

何を持って成功なのか。かの有名な発明家であり科学者でもあるアインシュタインは私は失敗したのではない云々かんぬんという名言を残しているが、日々の愚にもつかない実験結果すべてが成功体験か?

結局は、何が成功かということは、自分で決めたことに対する自分評価で決まることなのか?

社会人生活2年目を終えようとしている私は、未だ成功体験がない。2年どころか学生生活から研究活動において、およそ成功体験と呼べるものはない。

来年はどんな失敗体験をしようか。

2019-01-17

発達障害起因の愛着障害パーソナリティ障害を抱えている。

セルフケアのため心理学書を読み漁り、マインドフルネス認知行動療法といった個人療法を行っているのだが、

遡るほどに、小中校大学と、自分個性もっと理解していたなら、家庭不和に囚われて情緒不安定になっていなかったなら、

もっと普通にもっと真面目に、学びたいことに集中して楽しい学生生活が送れただろうに、と無念の思いが溢れてきて、

身を引き裂かれそうに苦しくて、涙がいくらでも溢れてくる。

 

ふつう勉強たかった。

ふつう友達をつくりたかった。

ふつう学校行事体験してみたかった。

ふつうに、学生生活を送りたかった。

 

そう思うほど、醜い諍いに子供だった私を巻き込んだ両親への憎しみが湧き起こってしまう。

両親もまた、母は発達障害気味(無自覚他者に指摘されると激昂する)で、父は自覚ありのパーソナリティ障害自発的に通院していた。

パーソナリティ障害の専門書では、両親(特に母親)に育て方を責めるといった、過去の変えられないものを恨み続け激しい怒りを覚えるのは精神が未熟な証拠で、責任転嫁していると記述してある。

しかにそうだと思う。反面、今はまだ、納得がいかなくてつらい。

自分でどうしようもないものを恨み、呪っている状態が、まさにパーソナリティ障害症例に当てはまっているなぁ、と心の片隅で思いつつ。

今は、とにかく、涙が止まらない。

 

----

 

無駄かもしれないけど…大学に通い直すために、今月から目的貯金口座を作って貯めはじめた。

十代はやり直せないけれど…学生生活をやり直すことはできるんじゃないかって…。

今の自分を支えているかすかな希望

anond:20190116134741

出版された有名な体験記は被害に遭った時刻が日中なんだよなあ…

自分で選んだことじゃん

なるべく言わないように気をつけたいと思っている言葉が、「自分で選んだことじゃん」ってやつ。

個人的体験に紐付いてこの言葉をあまり言いたくないと思ったので、簡単自分語りから始める。

僕は自宅から勤務地までがそこそこ遠い。県を一つまたいで、ドアtoドアで2時間半弱といったところ。

朝は早いし、必ずしも早く帰れるわけでもないので、必然睡眠時間が短くなる。

睡眠時間が短くなると頭は働かないしメンタルの方は弱ってくるしで、泣き言を言いたくなる。

職場まで遠いか寝不足でつらい、と言うわけだけれど、そこで出会ったのが「自分で選んだことじゃん」という言葉だった。

何も間違っていない。間違っていないんだけど、それを言われると本当に立つ瀬が無い。口をつぐむしかない。愚痴くらいは言わせてほしい。

このある種の自己責任論はとても息苦しい。何も言えなくなってしまうな、と思う。

自分の外部の環境に原因を見出し自分は悪くないと言いたくなることや、改善したいからこそ自分の外部の原因を探すことだってあるのに、自分内面問題にされてしまうと、甘んじてこの辛さを全て引き受けなければいけないような気持ちになる。

つらいことや失敗があったときに、自分でね、これは自分責任だって自己帰属するのはいいんです。

他人に言われると、何も言えなくなってしまうんです。

ましてや疲れているときなんかは正常に思考が働かないのだから自分責任他人責任環境責任、などをきちんと分けて考えることなんてできやしないんです。

そんなコンディションで「自分で選んだじゃん」なんて言われると、それを無条件に受け入れざるを得ない瞬間だってあるんです。

ということで、自分が嫌だったことはなるたけ人には言わないようにしよう、の精神で、「自分で選んだことじゃん」をなるべく言わないようにしよう、言うにしても状況をきちんと考えようと思ってるよ、って話でした。

この言葉で奮起できるパーソナリティの人や、状況なんかもあるんだとは思うんだけれど、叱咤激励にならないんだとしたら建設的な声かけには微塵もならないような気がしている。

ぶつかってくる女さん

身長がでかくて体重もそれなりに。ゴツイ。イカツイ。

日常的に柔道やってる勤め人だから、道でもいらぬ恐怖感を与えることもあるのはわかってる。

そんな外見だから、変に喧嘩売ってくる人もいないし、もちろんおじさんはぶつかってこない。

ぶつかってくるのは女性特に話に夢中になってたり、女子高生とか横並びで自分世界があるのか

狭い道でも隊列縦にしたりしないよね。彼女らの意識はどうなんだろうか。守られてる。

狭いとこはデカイ体ながら、体を縮こませてよけるんだけど、怪我してる時とかはとっさの動きができない。

こっちも気を付けてるけど、彼女らはフラフラっと向かってきてぶつかってはじめてこっちに気づく。

どこを見ているのだろうか……

ただでかいだけの汚いでかいおじさんなんて女は誰もみてくれない。リアルで視界にない。メスレーダーに反応してない。

男性は意外とフラフラしてるジジイでもぶつからない。この町では接触はすぐ喧嘩になるからな。

男として終わったジジイですらちゃんとみてる。周りにどういう人がいるかは。

生きるためだもん、いかついやばそうな男や、性的魅力のある女なんか、見逃すわけがないわな。

個人的体験からいうと、基本的にぶつかってくるおじさんは人をちゃんとみて女を狙い暗い欲望果たしている。

フラフラ見境なくぶつかる男なんて生き残れないから。

自分の不注意でぶつかる女が、ぶつかってはじめておじさんを認識したのに、「ぶつかってくるおじさん」って名称が世にあるもんだから

騒いでるバカももちろんいるだろう。

でもそういう馬鹿一定数は仕方ないよな……

2019-01-16

とある腐女子に恋してる(かも知れない)とある腐女子の話

女のクソ長文だと言われるタイプ文章なので、読むならそのつもりで。

仲良くしている同じオタク腐女子の友人がいる。彼女絵師、私は字書き(端くれだけど)。数年前、あるジャンルを通じて知り合った。

彼女がそのジャンルで出した本をイベントに買いに行った帰り、勇気を出してツイッターフォローしたら、気づいた彼女リフォローしてリプをくれたのがきっかけで交流が始まった。私が当時ピクシブに置いていた小説彼女ブクマしてくれていたのだ。

相互フォローになって数ヶ月後、同じイベントに出る機会があって、その前乗りで初めてオフで顔を合わせた。以来、年3~5回くらいのペースで遊んでいる。

同じカプを推してるのに、せっかく会っても何故か違う話ばかりしてしまうのが不思議で、でもカプに限らず色んな話や体験を共有できる彼女とのそんな時間が私は大好きだ。

最早オタク友達というより普通に友達という感じなのだが、実は少し前から、私は彼女のことを好きなんじゃないかと思っている。

オフで会ったのが5回か6回を数えるくらいになった頃から、会っていない時でも、ふと彼女のことを考えることが多くなった。

最近タイムラインで見かけないけど元気にしてるかなーとか、次会った時にはこんな話をしたいなとか。

遊ぶ時も、他の友達の時はもっと仲間がいたら楽しいと思うのに、彼女の時はできればふたりだけの方がいいなーなんて思ったりする。

あと、そういう夢を見た。我ながらあまりベタで起きた時にびっくりした。

彼女への気持ちに気づいて、私がそれに焦っていないのには、元々の私のセクシャリティのことがある。

彼女を含め誰にも言ったことはないが、私は恐らくバイだ(異性も好きになったことがあるからビアンではない)。

以前にも同性の人が好きだったことがあって、何なら腐女子になったのも、その悩みを解く糸口を探していた時に、百合小説サイトに行きついたことがきっかけだったりする。百合だけでは飽き足らずにBLに手を出して腐女子になった。

つの間に好きになっていたのか、時々思い返してみたりするけどよくわからない。そのくらい、気づいたら好きだったなと思う。

自分小説を書く時にはやれきっかけだの何だの偉そうに書いてるくせに情けない体たらくだ。

彼女のどういうところが好きなのかもよくわからない。というか現状知る限りで嫌いなところなんてない。

もうちょっと健康に気をつけて欲しいとか、特にイベント前に徹夜原稿するのは身体を壊しそうだからやめて欲しいとか、欠点や弱点はいくつか挙げられるけど、嫌いにはなったりしない。

でも、好きになるって本来そういうものかもなとも思う。

お日様に当たると心がほこほこするとか。お月様を見て綺麗だなと思うとか。そんな割と当たり前な感じで、彼女のことが好きだ。

タイムライン彼女が何気ない日常の呟きを零してるのを見ると、そうして彼女今日を生きているだけでその日がいい一日なような気がする。

正直、一度ならず二度や三度くらいは、そのことを彼女に言ってしまいたいと思ったことがある。

別に付き合いたいとか思わない、ただ知って欲しい。伝えたい。貴方といる時間が私は一番幸せだと思ってるよ、会えない時でも貴方も頑張ってるんだと思うとそれだけで私も頑張ろうと思えるんだよありがとう、ということを。

でも、多分ずっと、私はそれを言わないままでいると思う。

言ってもきっと、彼女偏見をもって私を拒絶したりはしないだろうという予感はある。彼女腐女子からというのは、BL所詮ファンタジーなので関係ないとして、その上で、実際のLGBTに関する話題に対して、彼女肯定的意見を述べているのを目にしたことがあるからだ。性別関係なく、誰かが誰かを特別大事に思う気持ちはそれだけで尊い、と。

ただ、だからといってそれと彼女が私をどう思うかは全くの別問題だ。

それに、仮に彼女が私の気持ちを受け入れてくれたとしても、それで彼女幸せでいてもらえる確証がない。

私と彼女がそういう仲になったとして、家族や友人はどう思うだろう。多分白い目を向けられる。最悪失う。私は彼女から彼女大事家族や友人を取り上げてまで、自分の想いを突き通そうとは思わない。

から私は、何があっても絶対彼女にこのことを打ち明けないと決めている。墓まで持ってく。

って、決めてるんならそれでいいじゃんって話なのだが、それですんなり口を噤めるようならそもそもそこまでの想いじゃない。

気持ち悪いと自分でも思うけど、彼女新幹線の駅まで見送った帰り、その日めいっぱい我慢した気持ちのやり場がなくて、電車の中でぼろぼろ泣いたこともある(他に乗客ほとんどいなくてよかった)。

彼女彼女で悪い。そういう人だから、時々言うのだ。本当に気安く「大好き!」「結婚しよ!」と。

オタクにはよくあるノリだと思う(よくあるよね?)。私以外の友達にも言っているのも知っている。

冗談なら言わないで欲しいだなんて言わない、冗談でも言われないよりは言われる方がそりゃうれしいに決まってる、言って欲しい。

ただ、そこに彼女と私との間にある越えられない温度差を感じた時、やっぱりちょっと、切ないなと思うのだ。

私はその言葉を真に受けないために必死なのに、すっごく簡単に、言うんだなぁ。そりゃ言うか。普通、仲良くしてる女友達自分のこと好きだとは思わないもんな。

彼女に対して申し訳ない気持ちになることもある。

彼女は私のことを結婚してもいいくらいの友達だと思ってくれている。その気持ち全然違う想いを隠して、私は彼女に会っている訳だ。ある意味裏切りだよなぁ、と。

そう思う度に、また決意を固めることにしている。やっぱり墓まで持って行こうと。嘘も死ぬまでつき通せば本当になるだろうから

何かの拍子に彼女にいらないことを言ってしまいそうな自分が怖い。匿名で吐き出して誰かに笑ったり貶してもらったりすれば少しは抑えが効くかと思って、だからここに来た。

おかげで少し落ち着いたかな。

こんな私的一方的な話を読まされた方はたまったもんじゃないと思うし、正直「で?」って思ってる人ばっかりだと思う。

から、まぁ、何かの糧にしてもらうんなら、

友達に気安く好き~とか言っちゃったりする腐女子の皆さん、こういう理由腐女子やってる人間も中にはいからあんま気安く好きとか言わない方がいいかもよとか。

あと、もし、もし万が一、この彼女って自分のことかも知れないと思ったあなた

お願いなので、何も見なかったことにして、次会った時も、気づいてないふりをしてください。

私は貴方との今の関係を変えようなんて少しも思ってないです。たまにしんどくなったりはするけど、貴方友達でいられなくなるより何億倍もずっといい。

無理そうなら、私から遊びに誘うことはもうほぼないので、フェードアウトしてください。

あと、ありがとうございます。いつも。全部。直接は一生かかっても言えることはないので、ここで。

めっちゃ長くなったな~。

こうやって現実を書き出してみると、やっぱBL百合世界の彼や彼女はすごいな~と思う。

すごいよね。告白しようとか天地が180度ひっくり返ったって思う気がしないもん。小説事実より奇なりだね。

これが本当の話か、それともこれも小説かは、読んだ人次第ってことで。

真実は私のみぞ知る。

ソフマップグラドルと付き合いたい

どんな感性を持っていればあんブサイクグラドルになろうとするのか体験したい

anond:20190116023402

ふーん、元増田個人体験ではそうだったか

そう考えたんだね。

2019-01-15

パンティー抜いちゃいけません!

被るのダメ!だけじゃなくて、

体育館では「壁沿いに行列作って順番にパンティーを並べるもの」だと思ってる人がいて困る。

(定員数のある体験系の展示や、ギャルパンティーみたいに1作品大人数が集中している場合は順番の意識必要だけれども)

anond:20190115001416

一回は読んだ

証拠と言えるものはないけど読みたくないなら自分で調べてくださって結構

調べる気がないなら信じなくてもいいよ

でもやっぱ信じてほしいなあ

体験してほしいよ

2019-01-14

丸腰のパレスチナ人を戦車でハチの巣にするイスラエル人

イジメられっ子って、いざ自分が強い立場になったら、自分の辛い体験を棚に上げて、他人イジメるようになるね?(不思議

その人が現在何に一番メリットを感じているのかを検討しないとその人の正体は分からない

 ア 増田猥談

 イ 2ちゃん中傷

 ウ 正論が通じないからもう他人を怒鳴り散らす段階

 エ 正論はもう一回終わったから、これしかないと思って狂ったようにもやってない

 オ 実際生活では、もう滅茶苦茶なことしかしてない、知性を使うメリットも感じてない、勉強したことは全部忘れて

   とにかく人を怒鳴り散らしたい

 カ 背景に深い絶望感や、ショッキング体験を抱えていて、もう肯定的なことには狂えず、自閉的で他人接触したくなく

   自分を裏切った者に対する憎悪感情が著しく激しく、何かあると昔が良かったことを知っているため、腐っている現在

   他人罵倒したくて仕方がない、自然とそうなる

 ここまで重症だと、精神障害2級とは言い難い。1級である

はじめて本気で課金した

欲しいキャラがいた。

自分はいわゆるガチ勢ではないし、課金するのも初めてなんだけどそのキャラ可愛いし何より戦力として十分すぎる能力があった。

コンビニで3000円払った。

クワクした。

課金する。

スマホの残高に3000円の文字

ガチャを回す。

結果は通常のガチャと変わらずだった。むしろクソみたいな内容だった。

その後に物凄い後悔が襲ってきた。

こんな事の為に自分は3000円を投げ出したのか。

3000円あったら何が出来たんだろうか。考えたらキリがない。

服が買えたかもしれない。未来につながるモノが買えたかもしれない。生活が困窮した時の為の蓄えに出来たかもしれない。

何か面白い体験ができたかもしれない。

ちくしょう。もう二度と課金ガチャはやらない。

二度と。

2019-01-13

知らない人に声をかけられたシチュエーション

ブルースブラザーズのTシャツを着て札幌駅前をブラついてたらニヤついたおじさんから「良いシャツ着てるねー」と声をかけられた

野球戦後、他球団ユニフォームを着ながら地下鉄東豊線に乗っていたら、地元日ハムファンのおばさんに「どうして日ハム応援しないのか」と質問された

・夜中に豊島園映画館に行く途中でおじさんに道を尋ねられた。「この辺のことはよく知らない」と言うと「そうかーごめんなー」と言われた

池袋駅構内を歩いてたらブサイクホスト崩れがついて来て「モデルに興味はないか」。ずっと無視してたけど、池袋から有楽町線の改札あたりまで話しかけてきた

都営地下鉄三田線に乗っていたら、おじいさんが「3億円事件犯人は俺だよ」と話しかけてきた

真夏京都観光レンタサイクル二条城から京都駅へ向かう途中で信号待ちしていると、東南アジア系の若い男が「今日暑いねー」。「そうですね」と返した。当日は35度以上あった

ブサイクな男だと、25年以上生きていてもこの程度の体験しかありませんわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん