「撃退」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 撃退とは

2021-05-05

anond:20210505052931

そこまで言うなら君が撮影現場まで行って般若仮面つけてチェーンソーとかもって撃退したら?

できないよね?

やる気ないよね?

それなのにそんな威勢のいいことを言わないの

2021-04-23

そこまで知ってるなら正解わかるだろ

ウマ娘に繊細ヤクザやってるのは競馬ファンじゃなくて

なんとかオタク因縁つけたいと頑張ってる例のリベサヨクラスタよ。

「何故馬主には配慮できるんですか(ニチャア)」がボコボコ撃退された悔しさに他のネタを探してるわけ。

ほんとは馬主を名乗りたかったけど無理がありすぎるので競馬ファンを騙ってこれならばれんやろと思ってるけど

繊細チンピラ競馬ファン」というちょっと競馬コミュニティ知ってる人が見れば不思議すぎる存在になってる。

 

はてサのJAMILARが何故か飛び出してきて「繊細チンピラ競馬ファン」を擁護してるのが答え合わせ過ぎるだろ。

 

こいつら本当にこんな感じのこずるい手ばっかり使うけど頭が悪いのですぐばれるんだよね。

悪い頭必死に搾って策略練ってやることがキモオタクの楽しみへの怨嗟因縁つけとか

これほどくだらない人生の使い方ほかにあんのかね。

https://anond.hatelabo.jp/20210423105727

2021-04-21

昨日帰り道ですれ違ったヘルメット男が急に方向転換して後ろついてきてめっちゃ怖かったんだけど

私も振り返って奇声あげながらカバン振り回して追っかけたので男が怖がって逃げてくれたの本当に助かったわ

やっぱガイ撃退には相手以上のガイになりきるに限るわ

anond:20210420203012

ホームレスとして生きるしかない人の抱える不安感やリスク普通生活をしている人へ抱くであろうさまざまな感情、そしてその背後の深刻な社会問題などを、純粋無垢女の子性で一切目に入らないものとして、あたか貨幣価値の異なる異国の部族のように接して、きれいでウェットな文章にしているところ。

行政とか電通とかPRとか関係なく無神経できれいごとグロテスク

女性ライター治安が良いとは言えない街に行くということで、たぶん安全対策はしっかりやったはずで(離れたところから男性スタッフが見てるとか、警報ブザーや暴漢撃退スプレーを持参してるとか)、それを書かないのは街のイメージアップのために読者を欺く行為だし、書いたら書いたでポエミーな物語が成立しないし。

あと、もしかしたら性的関係になるかも、という異性としての感情微塵も持っていない相手と二人で行動することをデートとのたまう奴はこいつに限らずくたばれと思う。

2021-04-09

色んな人から聞いた痴漢を避ける・捕まえるコツ

痴漢を避ける、撃退する方法

ハンドグリップをギチギチ握る

ライターカチカチで威嚇(火は出さない)

・赤いウィッグショートエクステを付ける。とにかく気の強い外見

ピーポくんストラップを付ける

・防犯ブザーぶら下げる

・黒マスクイカツク見えるらしい)

サングラス

痴漢抑止バッジを付ける

スマホを出して、いつでも写真モードにしていることをわかるようにする。例えば、自分の顔をうつしたり。

・「吐きそう」「おえっ」などといえば痴漢も離れる

・爪を伸ばす。手でガードしてもやめない場合は、爪をたてる

スマホを翳す

・「痴漢 捕まえる」などと検索

・「殺すぞ」とスマホメモなどに書いて見せる

ポケット六法を読む(官能小説を読んでいたりすると、OK娘だと思われることがある)

弁護士バッジをつける(痴漢ではないが車に靖国神社マークを付けていれば煽られなくなった、という話を聞いたので、靖国神社マーク効果あるかも)

自撮りする

自撮り棒を掲げる

裁判所封筒を持つ

着メロを鳴らす

110、とスマホメモに書いて見せる

カッターナイフの刃を外して胸ポケットに入れておき、痴漢かと思ったらカチカチ音で威嚇

・大股で立つのに加えて、猫背にならないように意識したり、腕を組んでつの有効

服装関係なく被害にはあうが、「生マン対策にはスパッツ重ね履き

抵抗する(痴漢は小心者。「抵抗しないのはOK娘だ」と認知が歪んでいるため、少し抵抗すればやめるという奴が多い。中には痴漢自体やめる奴も)

・しゃがむ

・向きを変えて睨み付ける

・低い声で咳払い

・「気のせいだ」と思わずすぐ振り返るくらいがいい

・周りを見回す、あらかじめ背後の人の顔を見る

毎日同じ時間電車同じ車両に乗らない

・ドア横の狛犬ポジションに尻を隠すように立つ

・不機嫌そうな雰囲気を出す

猫背にならない

・とにかく「痴漢さない。泣き寝入りしない」という気持ちを持ち続けたら逢いにくい

・降車後に駅員の元や派出所にとりあえず向かう。後を尾けられ自宅や職場学校場合制服があるので難しいけれど)を知られないようにするため。実際に被害届を出さなくても「彼女は止めた方がいい相手だ」と印象付けるため。

相手の特徴(身長、体形、髪型、顔の特徴、服装、持ち物、身に付けているもの等)をしっかり観察する。あえて無表情でジロジロ観察眼を向けることで相手に「身元を知られるかもしれない」という恐怖や警戒心を植え付ける効果がある

愛知県警がまとめた「防犯教室DVD」に盛り込まれデータでは、痴漢にあった際、睨んだり、よけたりするだけの「無言の抵抗」では、犯人の67%が行為を続ける。しかし、声をあげたり、手を掴むなど「明確な拒否」をすると、95%が犯行を断念する。

愛知県警公式アプリ「アイチポリス」には、「痴漢撃退ボタンを押すと、「痴漢です 助けてください」という文字が表示される。さらに押すと、本人の代わりに「やめてください、やめてください」と声が出る機能がある。

痴漢を捕まえる、訴えるコツ

鉄道警察隊相談

・声を出すなら「痴漢!」より「痛い!」

スマホのインカメラ犯行撮影

撮影の様子をわざと見せると、咄嗟に手で顔を隠すかスマホを毟り取ろうとしてくるから、その手の小指を狙って握り込んだ人もいる。小指は握り込んで変な真似をしたらすぐにへし折るくらいの気概で離さないのがコツ

・「犯行撮影してる」と叫ぶ(グループで行なって、いざとなったら仲間内で知らない人のふりをして庇いあう可能性がある。撮影を伝えれば、余計な者はしゃしゃり出てこない。)

・できれば触った手を掴み、離さない(離したら微物検査対策で手を洗われて証拠を消される。トイレ行きたい漏れそうとか言われても聞かない)

・近くの人を頼って巻き込む。声掛けられなかったらスマホにhelp!って書いて画面見せて

・声の出ない人用の助けを求めるアプリ「Digi Police」「don't worry」

自撮りする

・手を引っ掻くと犯人細胞が取れる

・体に伸びてる手を掴む、挟む、印をつけるなどすると証明やすい。相手の手と自分の体、直線的に続けてマーカーでひくと良い

検査キットは交番にある。犯人の手にビニール袋を掛けて他に触れないようにさせると良い

スマホのインカメラで触ってる相手の手を撮る、手の先から体まで続けて撮る、右手左手か、指輪や爪の形、服装など細かく記憶する。時間まで記憶するとベター

犯行の瞬間じゃなくても位置関係相手写真を撮ると何時何分に触られたか警察への説明証明が非常に楽

ツイッターで呟くとそれも証拠になる。オタクが「痴漢されてるwww(アニメキャラ名前)さん助けてwww)と呟いたツイート証拠になったらしい。ネット投稿した、誰かに相談した痕跡痴漢だけでなく性的虐待などの証明にも有効

第三者被害を受けていることを伝え目視確認してもらう。

ライブ痴漢行為犯人写真を撮って会場の警察に届けたら犯人が捕まったことがあるらしい

・たとえ犯人が逃げても、特徴を覚えていなくても、被害届を出すのは大事監視カメラに映っていたり、別件で犯人逮捕された際に、自分の提出した証拠品に付いた細胞がその犯人と一致することがある

特に路上痴漢は逃げられても監視カメラなどで捕まる事が多い。複数被害情報が寄せられると捕まりやす

・親や先生職場等にきちんと報告する。遅刻等の正当的理由理解してもらうため。そして痴漢被害オープンにし周囲にも注意喚起を促すため。また、学校等が駅や警察対応を求めることを促すため。より重大な犯罪に巻き込まれないよう、周囲のサポートを得られやすくするのが最も大事

警察は当たり外れが大きい。被害者に優しく正義感溢れる人達だったり、セカンドレイプして犯人の味方をしてきたりする。

被害届は受け取る義務がある

被害者も弁護士を雇う方がいい。被害者側の弁護士は少ないが、法テラスを勧める。また、ワンストップセンターレイプだけでなく痴漢被害者のための弁護士も紹介している。

示談する場合も「性依存症治療を受けるなら」と条件付ける事ができる。刑罰でも示談でも治療に繋げて欲しい

和解して被害届を取り下げなくても、痴漢から休業補填押収された衣服代を慰謝料という名目で受け取ることができる

・何度も被害の詳細を話したり、犯行再現したり、下着提出したり、何時間も拘束されたり、何度も警察検察庁に赴いたり、年単位時間かかったり、とにかく物理的にも精神的にも負担。「痴漢冤罪で気軽に小遣い稼ぎ」できる訳がない。

痴漢の刑は軽い。最初の2〜3回は罰金刑。その次にようやく刑罰が下るも、執行猶予だったりする。「痴漢冤罪で実刑」とかありえない。常習犯でも未成年受験生だという理由無罪になることさえある。

・傷が深い被害者ほど傷口を抉られる。ダメージの少ない被害者こそ通報し、被害を防いで欲しい。

・一人の痴漢が何百人もの被害者を生み出している。よって、一人痴漢を捕まえれば何百人も女性を救える

犯罪エスカレートする。痴漢被害届を出した犯人がのちに強姦逮捕される例も。盗難被害届を出したら強姦で…ということもある。

示談場合痴漢は「金で許された」と成功体験を覚えてしまうことがある

性犯罪(痴漢盗撮含む)の被害者には、日弁連犯罪被害委託援助により、相談費用二回分と着手金を立て替える制度があります原則として預貯金300万以下という要件があります自分被疑者弁護人交渉するストレスを負わなくてすみます

高校生で親御さんが被害申告をする場合など、資力要件を満たさな場合東京は平日11時-16時にこちらに電話かければ弁護士が直接話しま

03-3581-6666

https://www.horitsu-sodan.jp/soudan/hanzai.html

東京都の条例により、東京在住・東京現場の件などは、こちらの番号から相談した弁護士との1回目の面談は、相談料は無料

示談交渉が決裂して、被害者が被害弁償を得られなければ、弁護士報酬も0円、着手金の立替えを返還する義務もなしです。

第三者が止める・捕まえる

・「don't worry」というアプリを入れる

被害者に声を掛ける(知り合いのふりも有効)

加害者に「お姉さんに手が当たってますよ」などと声を掛ける

場所を代わる

犯行の様子を撮影

・怪しいのをガン見するだけでも抑止になる

・確保する時は両腕とベルトを後ろからしっかり掴む

・捕まえると協力金が貰える。

第三者証言は重大な証拠になる

参考

痴漢を避ける方法、中止させる方法まとめ https://togetter.com/li/1639005

性犯罪者(レイプ痴漢性的虐待など)を訴えた、捕まえた女性達のまとめ

https://note.com/kiss_a_mikan/n/n3a3403375ace

https://anond.hatelabo.jp/20210408230226

2021-04-04

クズライオンどもがことごとく他の動物たちに撃退される動画

https://youtu.be/VQet2A17vwY

普段は不意打ち、集団攻撃など、卑怯まりない手段で他の動物をさんざん文字通り食い物にして、好き勝手やっていたクズライオンたちが、ハイエナヌーバッファロー、ワニなどに撃退されるシーンばかり集まっている。

こうもライオンの負け戦ばかりが集まっている動画も珍しい。

この動画をUPしてくれた韓国人とはきっといい友達になれそうな気がする。

2021-04-03

ウルトラマン全然詳しくないんだけど疑問

何となく旦那ウルトラマン怪獣デザインイカシテルなーとか話してて、ふと疑問に思った。

宇宙怪獣ってウルトラマンが来てから地球に来るようになったの?

それ以前から来ていたとしたら、地球人はウルトラマン来るまで、どうやって宇宙怪獣撃退していたの?

2021-03-24

やっぱりポリコレ棒は武器として使い勝手がいいな

気に入らない奴を一発で撃退できたじゃん

しかしあの学者バカだよな

こんな使い易い武器自分用にカスタマイズして使わず否定するなんて

丸腰でやりゃそりゃボコられるだろ

まー結局やはり力こそが正義

2021-03-22

D坂

それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒はくばいけんという、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを啜すすっていた。当時私は、学校を出たばかりで、まだこれという職業もなく、下宿屋にゴロゴロして本でも読んでいるか、それに飽ると、当てどもなく散歩に出て、あまり費用のかからカフェ廻りをやる位が、毎日日課だった。この白梅軒というのは、下宿から近くもあり、どこへ散歩するにも、必ずその前を通る様な位置にあったので、随したがって一番よく出入した訳であったが、私という男は悪い癖で、カフェに入るとどうも長尻ながっちりになる。それも、元来食慾の少い方なので、一つは嚢中のうちゅうの乏しいせいもあってだが、洋食一皿注文するでなく、安いコーヒーを二杯も三杯もお代りして、一時間も二時間もじっとしているのだ。そうかといって、別段、ウエトレスに思召おぼしめしがあったり、からかったりする訳ではない。まあ、下宿より何となく派手で、居心地がいいのだろう。私はその晩も、例によって、一杯の冷しコーヒーを十分もかかって飲みながら、いつもの往来に面したテーブルに陣取って、ボンヤリ窓の外を眺めていた。

 さて、この白梅軒のあるD坂というのは、以前菊人形きくにんぎょうの名所だった所で、狭かった通りが、市区改正で取拡げられ、何間なんげん道路かい大通になって間もなくだから、まだ大通の両側に所々空地などもあって、今よりずっと淋しかった時分の話だ。大通を越して白梅軒の丁度真向うに、一軒の古本屋がある。実は私は、先程から、そこの店先を眺めていたのだ。みすぼらしい場末ばすえの古本屋で、別段眺める程の景色でもないのだが、私には一寸ちょっと特別の興味があった。というのは、私が近頃この白梅軒で知合になった一人の妙な男があって、名前明智小五郎あけちこごろうというのだが、話をして見ると如何いかにも変り者で、それで頭がよさ相で、私の惚れ込んだことには、探偵小説なのだが、その男の幼馴染の女が今ではこの古本屋女房になっているという事を、この前、彼から聞いていたからだった。二三度本を買って覚えている所によれば、この古本屋の細君というのが、却々なかなかの美人で、どこがどういうではないが、何となく官能的に男を引きつける様な所があるのだ。彼女は夜はいつでも店番をしているのだから、今晩もいるに違いないと、店中を、といっても二間半間口の手狭てぜまな店だけれど、探して見たが、誰れもいない。いずれそのうちに出て来るのだろうと、私はじっと目で待っていたものだ。

 だが、女房は却々出て来ない。で、いい加減面倒臭くなって、隣の時計屋へ目を移そうとしている時であった。私はふと店と奥の間との境に閉めてある障子の格子戸がピッシャリ閉るのを見つけた。――その障子は、専門家の方では無窓むそうと称するもので、普通、紙をはるべき中央の部分が、こまかい縦の二重の格子になっていて、それが開閉出来るのだ――ハテ変なこともあるものだ。古本屋などというものは、万引され易い商売から、仮令たとい店に番をしていなくても、奥に人がいて、障子のすきまなどから、じっと見張っているものなのに、そのすき見の箇所を塞ふさいで了しまうとはおかしい、寒い時分なら兎とも角かく、九月になったばかりのこんな蒸し暑い晩だのに、第一あの障子が閉切ってあるのから変だ。そんな風に色々考えて見ると、古本屋奥の間に何事かあり相で、私は目を移す気にはなれなかった。

 古本屋の細君といえば、ある時、このカフェのウエトレス達が、妙な噂をしているのを聞いたことがある。何でも、銭湯で出逢うお神かみさんや娘達の棚卸たなおろしの続きらしかったが、「古本屋のお神さんは、あんな綺麗きれいな人だけれど、裸体はだかになると、身体中傷だらけだ、叩かれたり抓つねられたりした痕あとに違いないわ。別に夫婦仲が悪くもない様だのに、おかしいわねえ」すると別の女がそれを受けて喋るのだ。「あの並びの蕎麦屋そばやの旭屋あさひやのお神さんだって、よく傷をしているわ。あれもどうも叩かれた傷に違いないわ」……で、この、噂話が何を意味するか、私は深くも気に止めないで、ただ亭主が邪険なのだろう位に考えたことだが、読者諸君、それが却々そうではなかったのだ。一寸した事柄だが、この物語全体に大きな関係を持っていることが、後になって分った。

 それは兎も角、そうして、私は三十分程も同じ所を見詰めていた。虫が知らすとでも云うのか、何だかこう、傍見わきみをしているすきに何事か起り相で、どうも外へ目を向けられなかったのだ。其時、先程一寸名前の出た明智小五郎が、いつもの荒い棒縞ぼうじまの浴衣ゆかたを着て、変に肩を振る歩き方で、窓の外を通りかかった。彼は私に気づくと会釈えしゃくして中へ入って来たが、冷しコーヒーを命じて置いて、私と同じ様に窓の方を向いて、私の隣に腰をかけた。そして、私が一つの所を見詰めているのに気づくと、彼はその私の視線をたどって、同じく向うの古本屋を眺めた。しかも、不思議なことには、彼も亦また如何にも興味ありげに、少しも目をそらさないで、その方を凝視し出したのである

 私達は、そうして、申合せた様に同じ場所を眺めながら、色々の無駄話を取交した。その時私達の間にどんな話題が話されたか、今ではもう忘れてもいるし、それに、この物語には余り関係のないことだから、略するけれど、それが、犯罪探偵に関したものであったことは確かだ。試みに見本を一つ取出して見ると、

絶対発見されない犯罪というのは不可能でしょうか。僕は随分可能性があると思うのですがね。例えば、谷崎潤一郎の『途上』ですね。ああした犯罪は先ず発見されることはありませんよ。尤もっとも、あの小説では、探偵発見したことになってますけれど、あれは作者のすばらしい想像力が作り出したことですからね」と明智

「イヤ、僕はそうは思いませんよ。実際問題としてなら兎も角、理論的に云いって、探偵の出来ない犯罪なんてありませんよ。唯、現在警察に『途上』に出て来る様な偉い探偵がいない丈ですよ」と私。

 ざっとこう云った風なのだ。だが、ある瞬間、二人は云い合せた様に、黙り込んで了った。さっきから話しながらも目をそらさないでいた向うの古本屋に、ある面白い事件が発生していたのだ。

「君も気づいている様ですね」

 と私が囁くと、彼は即座に答えた。

「本泥坊でしょう。どうも変ですね。僕も此処ここへ入って来た時から、見ていたんですよ。これで四人目ですね」

「君が来てからまだ三十分にもなりませんが、三十分に四人も、少しおかしいですね。僕は君の来る前からあすこを見ていたんですよ。一時間程前にね、あの障子があるでしょう。あれの格子の様になった所が、閉るのを見たんですが、それからずっと注意していたのです」

「家の人が出て行ったのじゃないのですか」

「それが、あの障子は一度も開かなかったのですよ。出て行ったとすれば裏口からしょうが、……三十分も人がいないなんて確かに変ですよ。どうです。行って見ようじゃありませんか」

「そうですね。家の中に別状ないとしても、外で何かあったのかも知れませんからね」

 私はこれが犯罪事件ででもあって呉れれば面白いと思いながらカフェを出た。明智とても同じ思いに違いなかった。彼も少からず興奮しているのだ。

 古本屋はよくある型で、店全体土間になっていて、正面と左右に天井まで届く様な本棚を取付け、その腰の所が本を並べる為の台になっている。土間の中央には、島の様に、これも本を並べたり積上げたりする為の、長方形の台が置いてある。そして、正面の本棚の右の方が三尺許ばかりあいていて奥の部屋との通路になり、先に云った一枚の障子が立ててある。いつもは、この障子の前の半畳程の畳敷の所に、主人か、細君がチョコンと坐って番をしているのだ。

 明智と私とは、その畳敷の所まで行って、大声に呼んで見たけれど、何の返事もない。果して誰もいないらしい。私は障子を少し開けて、奥の間を覗いて見ると、中は電燈が消えて真暗だが、どうやら、人間らしいものが、部屋の隅に倒れている様子だ。不審に思ってもう一度声をかけたが、返事をしない。

「構わない、上って見ようじゃありませんか」

 そこで、二人はドカド奥の間上り込んで行った。明智の手で電燈のスイッチがひねられた。そのとたん、私達は同時に「アッ」と声を立てた。明るくなった部屋の片隅には、女の死骸が横わっているのだ。

「ここの細君ですね」やっと私が云った。「首を絞められている様ではありませんか」

 明智は側へ寄って死体を検しらべていたが、「とても蘇生そせいの見込はありませんよ。早く警察へ知らせなきゃ。僕、自動電話まで行って来ましょう。君、番をしてて下さい。近所へはまだ知らせない方がいいでしょう。手掛りを消して了ってはいけないから」

 彼はこう命令的に云い残して、半町許りの所にある自動電話へ飛んで行った。

 平常ふだんから犯罪探偵だと、議論丈は却々なかなか一人前にやってのける私だが、さて実際に打ぶっつかったのは初めてだ。手のつけ様がない。私は、ただ、まじまじと部屋の様子を眺めている外はなかった。

 部屋は一間切りの六畳で、奥の方は、右一間は幅の狭い縁側をへだてて、二坪許りの庭と便所があり、庭の向うは板塀になっている。――夏のことで、開けぱなしだから、すっかり、見通しなのだ、――左半間は開き戸で、その奥に二畳敷程の板の間があり裏口に接して狭い流し場が見え、そこの腰高障子は閉っている。向って右側は、四枚の襖が閉っていて、中は二階への階段と物入場になっているらしい。ごくありふれた安長屋の間取だ。

 死骸は、左側の壁寄りに、店の間の方を頭にして倒れている。私は、なるべく兇行当時の模様を乱すまいとして、一つは気味も悪かったので、死骸の側へ近寄らない様にしていた。でも、狭い部屋のことであり、見まいとしても、自然その方に目が行くのだ。女は荒い中形模様の湯衣ゆかたを着て、殆ど仰向きに倒れている。併し、着物が膝の上の方までまくれて、股ももがむき出しになっている位で、別に抵抗した様子はない。首の所は、よくは分らぬが、どうやら、絞しめられた痕きずが紫色になっているらしい。

 表の大通りには往来が絶えない。声高に話し合って、カラカラ日和下駄ひよりげたを引きずって行くのや、酒に酔って流行唄はやりうたをどなって行くのや、至極天下泰平なことだ。そして、障子一重の家の中には、一人の女が惨殺されて横わっている。何という皮肉だ。私は妙にセンティメンタルになって、呆然と佇たたずんでいた。

「すぐ来る相ですよ」

 明智が息を切って帰って来た。

「あ、そう」

 私は何だか口を利くのも大儀たいぎになっていた。二人は長い間、一言も云わないで顔を見合せていた。

 間もなく、一人の正服せいふくの警官背広の男と連立ってやって来た。正服の方は、後で知ったのだが、K警察署の司法主任で、もう一人は、その顔つきや持物でも分る様に、同じ署に属する警察医だった。私達は司法主任に、最初から事情を大略説明した。そして、私はこう附加えた。

「この明智君がカフェへ入って来た時、偶然時計を見たのですが、丁度八時半頃でしたから、この障子の格子が閉ったのは、恐らく八時頃だったと思います。その時は確か中には電燈がついてました。ですから、少くとも八時頃には、誰れか生きた人間がこの部屋にいたことは明かです」

 司法主任が私達の陳述を聞取って、手帳に書留めている間に、警察医は一応死体の検診を済ませていた。彼は私達の言葉のとぎれるのを待って云った。

絞殺ですね。手でやられたのです。これ御覧なさい。この紫色になっているのが指の痕あとです。それから、この出血しているのは爪が当った箇所ですよ。拇指おやゆびの痕が頸くびの右側についているのを見ると、右手でやったものですね。そうですね。恐らく死後一時間以上はたっていないでしょう。併し、無論もう蘇生そせいの見込はありません」

「上から押えつけたのですね」司法主任が考え考え云った。「併し、それにしては、抵抗した様子がないが……恐らく非常に急激にやったのでしょうね。ひどい力で」

 それから、彼は私達の方を向いて、この家の主人はどうしたのだと尋ねた。だが、無論私達が知っている筈はない。そこで、明智は気を利かして、隣家時計屋の主人を呼んで来た。

 司法主任時計屋の問答は大体次の様なものであった。

「主人はどこへ行ったのかね」

「ここの主人は、毎晩古本の夜店を出しに参りますんで、いつも十二時頃でなきゃ帰って参りません。ヘイ」

「どこへ夜店を出すんだね」

「よく上野うえのの広小路ひろこうじへ参ります様ですが。今晩はどこへ出ましたか、どうも手前には分り兼ねますんで。ヘイ」

「一時間ばかり前に、何か物音を聞かなかったかね」

「物音と申しますと」

「極っているじゃないか。この女が殺される時の叫び声とか、格闘の音とか……」

「別段これという物音を聞きません様でございましたが」

 そうこうする内に、近所の人達が聞伝えて集って来たのと、通りがかりの弥次馬で、古本屋の表は一杯の人だかりになった。その中に、もう一方の、隣家足袋屋たびやのお神さんがいて、時計屋に応援した。そして、彼女も何も物音を聞かなかった旨むね陳述した。

 この間、近所の人達は、協議の上、古本屋の主人の所へ使つかいを走らせた様子だった。

 そこへ、表に自動車の止る音がして、数人の人がドヤドヤと入って来た。それは警察からの急報で駈けつけた裁判所の連中と、偶然同時に到着したK警察署長、及び当時の名探偵という噂の高かった小林こばやし刑事などの一行だった。――無論これは後になって分ったことだ、というのは、私の友達に一人の司法記者があって、それがこの事件の係りの小林刑事とごく懇意こんいだったので、私は後日彼から色々と聞くことが出来たのだ。――先着の司法主任は、この人達の前で今までの模様を説明した。私達も先の陳述をもう一度繰返さねばならなかった。

「表の戸を閉めましょう」

 突然、黒いアルパカ上衣に、白ズボンという、下廻りの会社員見たいな男が、大声でどなって、さっさと戸を閉め出した。これが小林刑事だった。彼はこうして弥次馬を撃退して置いて、さて探偵にとりかかった。彼のやり方は如何にも傍若無人で、検事や署長などはまるで眼中にない様子だった。彼は始めから終りまで一人で活動した。他の人達は唯、彼の敏捷びんしょうな行動を傍観する為にやって来た見物人に過ぎない様に見えた。彼は第一死体を検べた。頸の廻りは殊に念入りにいじり廻していたが、

「この指の痕には別に特徴がありません。つまり普通人間が、右手で押えつけたという以外に何の手掛りもありません」

 と検事の方を見て云った。次に彼は一度死体を裸体にして見るといい出した。そこで、議会秘密会見たいに、傍聴者の私達は、店の間へ追出されねばならなかった。だから、その間にどういう発見があったか、よく分らないが、察する所、彼等は死人の身体に沢山の生傷のあることに注意したに相違ない。カフェのウエトレスの噂していたあれだ。

 やがて、この秘密会が解かれたけれど、私達は奥の間へ入って行くのを遠慮して、例の店の間と奥との境の畳敷の所から奥の方を覗き込んでいた。幸なことには、私達は事件発見者だったし、それに、後から明智指紋をとらねばならなかった為に、最後まで追出されずに済んだ。というよりは抑留よくりゅうされていたという方が正しいかも知れぬ。併し小林刑事活動奥の間丈に限られていた訳でなく、屋内屋外の広い範囲に亙わたっていたのだから、一つ所にじっとしていた私達に、その捜査の模様が分ろう筈がないのだが、うまい工合に、検事奥の間に陣取っていて、始終殆ど動かなかったので、刑事が出たり入ったりする毎に、一々捜査の結果を報告するのを、洩れなく聞きとることが出来た。検事はその報告に基いて、調書の材料書記に書きとめさしていた。

 先ず、死体のあった奥の間の捜索が行われたが、遺留品も、足跡も、その他探偵の目に触れる何物もなかった様子だ。ただ一つのものを除いては。

「電燈のスイッチ指紋があります」黒いエボナイトスイッチに何か白い粉をふりかけていた刑事が云った。「前後事情から考えて、電燈を消したのは犯人に相違ありません。併しこれをつけたのはあなた方のうちどちらですか」

 明智自分だと答えた。

「そうですか。あとであなた指紋をとらせて下さい。この電燈は触らない様にして、このまま取はずして持って行きましょう」

 それから刑事は二階へ上って行って暫く下りて来なかったが、下りて来るとすぐに路地を検べるのだといって出て行った。それが十分もかかったろうか、やがて、彼はまだついたままの懐中電燈を片手に、一人の男を連れて帰って来た。それは汚れたクレップシャツにカーキ色のズボンという扮装いでたちで、四十許ばかりの汚い男だ。

足跡はまるで駄目です」刑事が報告した。「この裏口の辺は、日当りが悪いせいかひどいぬかるみで、下駄の跡が滅多無性についているんだから、迚とても分りっこありません。ところで、この男ですが」と今連れて来た男を指し「これは、この裏の路地を出た所の角に店を出していたアイスクリーム屋ですが、若し犯人が裏口から逃げたとすれば、路地は一方口なんですから、必ずこの男の目についた筈です。君、もう一度私の尋ねることに答えて御覧」

 そこで、アイスクリーム屋と刑事の問答。

「今晩八時前後に、この路地を出入でいりしたものはないかね」

「一人もありませんので、日が暮れてからこっち、猫の子一匹通りませんので」アイスクリーム屋は却々要領よく答える。

「私は長らくここへ店を出させて貰ってますが、あすこは、この長屋お上さん達も、夜分は滅多に通りませんので、何分あの足場の悪い所へ持って来て、真暗なんですから

「君の店のお客で路地の中へ入ったものはないかね」

「それも御座いません。皆さん私の目の前でアイスクリームを食べて、すぐ元の方へ御帰りになりました。それはもう間違いはありません」

 さて、若しこのアイスクリーム屋の証言が信用すべきものだとすると、犯人は仮令この家の裏口から逃げたとしても、その裏口からの唯一の通路である路地は出なかったことになる。さればといって、表の方から出なかったことも、私達が白梅から見ていたのだから間違いはない。では彼は一体どうしたのであろう。小林刑事の考えによれば、これは、犯人がこの路地を取りまいている裏表二側の長屋の、どこかの家に潜伏しているか、それとも借家人の内に犯人があるのかどちらかであろう。尤も二階から屋根伝いに逃げる路はあるけれど、二階を検べた所によると、表の方の窓は取りつけの格子が嵌はまっていて少しも動かした様子はないのだし、裏の方の窓だって、この暑さでは、どこの家も二階は明けっぱなしで、中には物干で涼んでいる人もある位だから、ここから逃げるのは一寸難しい様に思われる。とこういうのだ。

 そこで臨検者達の間に、一寸捜査方針についての協議が開かれたが、結局、手分けをして近所を軒並に検べて見ることになった。といっても、裏表の長屋を合せて十一軒しかないのだから、大して面倒ではない。それと同時に家の中も再度、縁の下から天井裏まで残る隈くまなく検べられた。ところがその結果は、何の得うる処もなかったばかりでなく、却って事情を困難にして了った様に見えた。というのは、古本屋の一軒置いて隣の菓子屋の主人が、日暮れ時分からつい今し方まで屋上の物干へ出て尺八を吹いていたことが分ったが、彼は始めから終いまで、丁度古本屋の二階の窓の出来事を見逃す筈のない様な位置に坐っていたのだ。

 読者諸君事件は却々面白くなって来た。犯人はどこから入って、どこから逃げたのか、裏口からでもない、二階の窓からでもない、そして表からでは勿論ない。彼は最初から存在しなかったのか、それとも煙の様に消えて了ったのか。不思議はそればかりでない。小林刑事が、検事の前に連れて来た二人の学生が、実に妙なことを申立てたのだ。それは裏側の長屋に間借りしている、ある工業学校の生徒達で、二人共出鱈目でたらめを云う様な男とも見えぬが、それにも拘かかわらず、彼等の陳述は、この事件を益々不可解にする様な性質のものだったのである

 検事質問に対して、彼等は大体左さの様に答えた。

「僕は丁度八時頃に、この古本屋の前に立って、そこの台にある雑誌を開いて見ていたのです。すると、奥の方で何だか物音がしたもんですから、ふと目を上げてこの障子の方を見ますと、障子は閉まっていましたけれど、この格子の様になった所が開いてましたので、そのすき間に一人の男の立っているのが見えました。しかし、私が目を上げるのと、その男が、この格子を閉めるのと殆ど同時でしたから、詳しいことは無論分りませんが、でも、帯の工合ぐあいで男だったことは確かです」

「で、男だったという外に何か気附いた点はありませんか、背恰好とか、着物の柄とか」

「見えたのは腰から下ですから、背恰好は一寸分りませんが、着物は黒いものでした。ひょっとしたら、細い縞か絣かすりであったかも知れませんけれど。私の目には黒無地に見えました」

「僕もこの友達と一緒に本を見ていたんです」ともう一方の学生、「そして、同じ様に物音に気づいて同じ様に格子の閉るのを見ました。ですが、その男は確かに白い着物を着ていました。縞も模様もない、真白な着物です」

「それは変ではありませんか。君達の内どちらかが間違いでなけりゃ」

「決して間違いではありません」

「僕も嘘は云いません」

 この二人の学生不思議な陳述は何を意味するか、鋭敏な読者は恐らくあることに気づかれたであろう。実は、私もそれに気附いたのだ。併し、裁判所警察人達は、この点について、余りに深く考えない様子だった。

 間もなく、死人の夫の古本屋が、知らせを聞いて帰って来た。彼は古本屋らしくない、きゃしゃな、若い男だったが、細君の死骸を見ると、気の弱い性質たちと見えて、声こそ出さないけれど、涙をぼろぼろ零こぼしていた。小林刑事は、彼が落着くのを待って、質問を始めた。検事も口を添えた。だが、彼等の失望したことは、主人は全然犯人の心当りがないというのだ。彼は「これに限って、人様に怨みを受ける様なものではございません」といって泣くのだ。それに、彼が色々調べた結果、物とりの仕業でないことも確められた。そこで、主人の経歴、細君の身許みもと其他様々の取調べがあったけれど、それらは別段疑うべき点もなく、この話の筋に大した関係もないので略することにする。最後に死人の身体にある多くの生傷についてPermalink | 記事への反応(0) | 22:40

anond:20210320203100

ゲストキャラでよければ、マスターキートンには色々出てくる。

ザクセンブルーの話の元貴族の老婦人とか、ホワイトゴッディスの話の考古学者とか、石畳石鹸水を流して敵を撃退した女たちとか、薙刀使いの老婦人とか。

最近漫画はよく知らないのだが、お仕事漫画カテゴリで、群像劇で女キャラを各年代複数用意する必要が出てくると、美人キャラばかりでは回らなそうだ…病院ものとかでないのかね?

2021-03-19

僕が女を嫌いになった話を聞いてください

僕はずっと女が羨ましかった。

普段は「女」なんて言い方はしない。「女の人」だ。

 

小さい頃から、「女の人は大事にしないといけない」「女の人は守らないといけない」という教育を受け、

漫画小説の中でも「女子供だけは守らないといけない」と、男たちは苦難に身を投げ入れていった。

女の子は周囲から可愛い可愛いと持て囃され、大人たちはみんな女の子に優しかった。

クラス女子ケンカをした時も、僕が一方的に悪いことになった。いつも頭を下げたのは僕だった。

 

大学生になってから、一段と女の人が羨ましくなった。

どのサークルでも、どのグループでも、女の人はウェルカムだった。男はなんとなく放置された。

女の人同士もお互いを可愛いと褒め合い、仲良くしていた。

着る服も安くて可愛いものが多かったし、選べる色が多かった。

 

社会人になってからもそれは変わらず、みんな女の人には甘かった。

からせめて僕だけは絶対に甘い顔はしないように、男の人にも女の人にも変わらず接した。

そうすると◯◯さんは怖いと言われた。

何か問題が起こると、決まって女の人はナーバスになり、ナーバスにならない僕の方が苦心惨憺を強いられた。

 

結婚した人たちは女の子が欲しいと言い、ペットを買う人たちもメスの方が大人しくて良いらしい。

人工妊娠ができるようになると、女性だけいれば良くて、男は要らなくなるそうだ。

 

そうしてずっと、男は要らないと言われ続けて生きていた。常に余り物としての振る舞いが身についた。

僕も女になりたいなあと思いながら生きてきた。

それなのに、最近インターネットではずっと「女は虐げられている」「男は加害者だ」と言われている。

 

頭では分かっている。

制度的に男性に有利なもの撤廃しないといけないし、守られていない女性の権利は守られないといけない。

当たり前の平等は、当たり前に与えられるべきだ。

それでもたまに、「なんでお前らの甘えに付き合わないといけないんだ」という気持ちがよぎる。

僕はここまで自分の足で立つ努力をしてきたのに、それをしようとせずに男を非難する言論を聞くたびに、女が嫌いになっていく。

 

頭では分かっている。

女性みんながそうではなく、その人がそうなだけ。

目立つ女の人が恩恵を受けていただけで、多くの人は普通に努力して生きてきた。

目立つ女の人も、そのことでたくさん苦労をしている。

そもそも女性を甘やかす社会構造自体男性が作ったもの

 

頭では分かっているけれど。

 

僕も鮮やかな春色の服を着て、

自分自分可愛いと褒め、

仕事で軽んじられたら理詰めで言い負かし、

セクハラおやじはピシャリと諌め、

痴漢を口汚く罵って撃退し、

殴られたら指を噛みちぎり、

殺されそうになったら死ぬ気で刺し違え、

誰の庇護も受けずに生きる女になりたかった。

 

そしたら、「弱いだけの人間が、性差別の話にすり替え甘えるな」って言えるのにな。

そのためにも、早く男女平等になってほしい。

ウマ娘の嫌いなところ

トレーナーが太もも触って蹴られるところ

そういうセクハラから暴力撃退ネタってシティーハンターで飽きてんだよ

2021-03-18

anond:20210318104533

海外で現地の子供達にチンクって囃し立てられた時に現地のおっさんがやめろ!てそいつらを撃退してくれて、その時におっさんに対して「当事者でもないのに勝手に関わってくるな失礼だ!」とは思わなかったけど増田はきっとそう思うんだね

2021-03-17

ネコ撃退法教えて

毎晩家の敷地に入ってフン落としにくんるですけど、撃退するにはどうしたらいいですか?

近寄らせない方法知りたいっす。

近所でネコに餌あげてる家あるんですけど野放しにするなよ。

2021-03-02

anond:20210302122350

人間がどんなふうにほかの動物昆虫植物領地争いをして虐殺撃退して寝る場所を確保してきたか映画にでもすればいいかもね

人間動植物生命の循環の成果である酸素ただ一つ以外、ほかの生物一切の生産物生活環境において取り入れないどころか排除を徹底してるわけで

家の中で落ち葉発酵してたりキノコが生えてたり鳥が巣をつくってたり他の動物昆虫と食料の備蓄をする空間を共有してたりしないよね

共生せずに他の動植物排除して皆殺しにして一切を立ち入らせずそれどころか塵やほこりや風に舞ってくる動植物の破片さえ生活空間から毎日排除してる

どうして入れないようにしてるの みんなの成育を阻害する密閉空間を地上にみっしりとはびこらせておいたそのうえで動物共存かいってるのおかしいよね

自分が手を下していないからいい 土地を切り開いた人間とか工事をした人間とか清掃をしている人間残酷人間から他の生物虐待しているし許せないけど

その人たちが働いて作った居住空間他者排除してのうのうと生活しているのは自然で美しいのかな

それでよく自分の体の内外でさえ多種の生物と生きていて活かされたり殺してもらったり食べさせてもらったり栄養に変換したりその人生で生み出される唯一の個人生産物である排泄物を処理してもらったりしてることを個別の事で一人でやってることだと思えちゃうよね

全部が連綿と繋がってるから利用して得たり奪われたり変化したあとに引き継いだり引き継がれたりするわけだし命が平等から同じ地上で循環していってると思うんだけど

循環からぬけまーすってそれもう生命を超えた存在になりますくらいのこと言ってる気がするけどやっぱり生きてくためになにかしら食べるんだよね

食虫植物に落ちた昆虫を助けて回ったりナマコ共生してる魚に自立を促したり寄生して行動を制御する微生物とか昆虫かに権利を説いたりしてるんだと思うけど他の動植物の成果を得るしか能がない人間動植物になにをお返しできてるんだろうね

仮に動植物ありがとうとか一緒にいてくれて助かるとかいつもお世話になってますと言ってくれるなら、それは人間が何をしたときなんだろね

2021-02-27

ちょっと迷惑というかうざいことをされて、やんわり示唆したけど開き直ったような発言をされてカッとなってしまって、その人の口調を真似た意地悪なやり方で撃退したらオロオロ謝られてしまった。開き直られたんじゃなくて本当に無知で、かつ思考力も落ちていた人なのかも知れなくて、罪悪感に襲われた。

2021-02-25

anond:20210224154916

救いたい気持ちはあるけどターゲット自分に移るのがこわい、って場合傍観者同士で徒党組んで、揃っていじめ証人になればいい

で、行動力を持って先生とか、監督する側に伝える

いじめられっ子⇔いじめっ子の関係性に下手に介入しようとするから個人的な反感を買うんだと思う

救う力のないやつが気持ちだけでいじめられっ子を救うための最短ルートは迂回からの報告よ

人間正義感を持ち始めて悪が委縮していくと気持ち良くなってくるから

傍観者側の仲間が増えていくうちにいじめっ子がどんどん人をいじめる惨めな存在だと全体から認識される

ただこの方法諸刃の剣で、いじめられっ子を救うつもりがいつの間にか「いじめっ子をいじめられっ子に変換する」っていうことになりかねないものなので、

悪だからってボコボコにするのも大概に

個人的はいじめっ子の自業自得からと思うけど、流れに便乗して元いじめっ子をいじめるのはまさに同じことの繰り返しになるのでほどほどに成敗したら自重しようね

私もいじめられてたけど機転利かしてこれに似た方法いじめっ子を撃退できたので有効なはず

2021-02-19

anond:20210219131712

自分撃退できないのを性別のせいにしたいんだ。

やつらこそ男女差別の温床。

戦え女ども

2021-02-14

セクハラってどうやってかわしたらいいの?

なんかもう女が自分ひとりしかいない旧態依然とした場所に何年もいるからどうやってセクハラかわしたらいいのか全然わからん

普通に甘んじて受け入れてる

おっぱいサイズとか聞かれるけどどう返したらいいの?

好きな体位はとか聞かれるけどどう返したらいいの?

今日の服エロいねってエロくねえよ死ね

触ってくんな死ね

なんかもっといっぱい女がいる環境に生きてる女からは然るべき機関相談すべきって言われるけどそこまで大事にしたところで私しか女がいねから四面楚歌になるのは目に見えてんだよ

もっとスマートセクハラかわせるようになりたいわけ

大学生の頃は男性向けポルノの話されたら女性向けエロ同人誌の話で撃退してたけど、私の攻撃手段なんてそれしかないんや

やだもっとスマートにかわしたい

全部正面から受けるの嫌すぎる

2021-02-04

GameStop株で空売りファンド狩りを誇ってた味方に裏切り喰らって大損w

売り抜けたヤツが空売りファンドと繋がってたらもっと面白いだろうな

空売りファンド撃退した時点で勝ち」とかぬかしてるアホがいるけど、高値でつかんで暴落して損こいたら負けだろ、何言ってんだ。

2021-02-01

「敵を救わないプリキュア」に女性視聴者が傷付いている不思議

最新のプリキュアシリーズNetflixアマプラで観れないじゃん。

ふざけんなよ。鬼滅の刃みたいに一気に観れるようにしろ

 

というわけで観てないんだけどキャラクターまとめみると感慨深いね

ダルイゼン」という病原体イケメン擬人化キャラクター存在人間っぽい見た目をしているけど人間ではなく、あくま病原体

ダルイゼンはキュアグレースこと「花寺のどか」を宿主として育った寄生虫みたいな病原体であり、のどかを長い間苦しめていた原因不明の病の元凶だった。

ダルイゼンは花寺のどかにしつこく執着し、絡んで、顔に泥かなんかを塗り付けるような嫌がらせをする。のどか不在のときには失望したそぶりをみせる。

その様子が「好きな子イジメ男の子」と人気。それも女性視聴者を中心としたカップリング的な人気に火が付く。

これ根深いよね。「女の子いじめ男の子」に萌えしま女性がいるんだよ。

女性はみんなそういう感性の生き物だと画一的に捉えるのは絶対にやめてほしいんだけど、

女の子いじめ男の子コンテンツが常に「加害男性自己弁護」というわけではないところに複雑さがあるんだよね。

これを好む女性が少数だけど確実にいるんだよ。

どうして女性に対して有害な振る舞いをする男性萌えしま女性が(一部とはいえ)出現するんだろう…。

 

ダルイゼンが、病原体擬人化キャラクター親玉存在から、「親玉と一体化して自我消滅させること」を迫られ、恐怖を感じ逃走。

逃走の過程病原体親玉から攻撃されボロボロになる。

ダルイゼンはボロボロ状態のどかを探し当て、自分のどかの中に匿って傷を癒してほしいと懇願するが、のどかダルイゼンの手を振り払い、

ダルイゼンの「お前俺に、言ったよな!?自分さえ良ければ良いのか』って!!結局お前も同じじゃん!!」と罵倒する声にも振り向かず走り去る。

プリキュアシリーズ魔法少女ものはここで自己犠牲をもって救う流れになることが多いけど、手を振り払って見捨てる展開が新しかたか視聴者に衝撃が走ったわけだね。

また罪悪感に訴えかけるダルイゼンのセリフいかにもDV男・ヒモっぽい…。

 

逃げたあとも、のどか葛藤していた。

ラビリンヒーリングアニマルという動物キャラ魔法少女のお供、マスコットキャラ的なやつ)は

のどかが「ダルイゼンを助けたいけどヒーリングアニマルの使命があるから助けられない」ことを悩んでいるのではないかと考えていたが、

のどかは実際には「倫理的には助けるべきなんだろうけど感情的に助けたくない」ことに悩んでいたのだった。

それを知ったラビリンに「助ける義理責任もない」と明言されたことで、のどかは吹っ切れる。

ここで感情的には助けたくないっていうのどか本音が示されて、お供キャラがその本音肯定してあげるのが良いね

本編でキャラクター本音をしっかりと描写するのは、キャラクターの行動の意味視聴者恣意的ねじまげさせないという点で重要だね。

 

のどかに拒絶されたダルイゼンは、仕方なく下水道に身を潜めていたが、自分を吸収しようとしている親玉キャラにいずれ居場所がバレると観念したのか、

強化アイテム的なもの自身に大量に植え込む。しか自身の許容量を超えた投与だったからか怪物に成り下がり、苦悶叫びを発しながら暴れる。

プリキュア達が現れ交戦するも、妄執のままのどかに迫り、以前と同様「自分を助けて欲しい」と懇願する。

助けを求めるダルイゼンに対してのどかは「貴方を助けて、貴方が皆を蝕むのをやめると言うの?」と質問をぶつけ、ダルイゼンがそれに答えられないのをみるや

「本当に『命の大切さ』が分かるなら、今まで人を苦しめて嗤う訳がない!」「自分の都合で私を利用しないで! 私は貴方の道具じゃない!」と完全に決別。

ダルイゼンを浄化すべくプリキュアのパワーのなんかの技を撃ち込んだ。

現在ダルイゼンは完全消滅は免れたもの意識を失っており病原体親玉みたいなやつに吸収合併された状態にいるようだ。

DVヒモ撃退劇みたいだよね。哀れっぽくふるまい罪悪感に訴えかけながら搾取してくる、徹底的に利己的で邪悪寄生虫を、堂々と切り捨てる。

ただこの展開にショックを受けてるのが「ダルのど」というカップリング萌えていて、

のどかダルイゼンを救って恋愛的に結ばれる展開」に期待していた女性視聴者女児ではない)というのが複雑な点。

これ本当に不思議だよね…。寄生生物病原体の男が、女の子長期間寄生してずっと苦しめてきて、

自分ピンチになったとき女の子に再度寄生させてくれるよう頼む、応じたところで女の子には何のリターンもない、

っていうクソ要望を、罪悪感に訴えかけながら押し込んでくるマジのクソ男の話なわけよ。

女性視聴者としてはクソ男滅びろとなるんじゃないかというのが普通想像じゃん。

でもこういう「女が全負け、100%の損失」の関係性に萌える女がいるんだよね。だからDVヒモ男のようなリアル寄生生命体がはびこるのかな?

こういう関係性に萌えない人間として、萌える側の人には教えて欲しい。「ダルのど」の何が良いの?

のどかがひたすら自己犠牲してダルイゼンを救うという流れに対して、のどかと同じ性別として、どういう良さを感じるの?

男の子女の子いじめているときその男女をカップリング化する、そういう関係萌え趣味はどこから来てるの?

全然からない人間にそこのところを教えて欲しい。

女性なのに女性嫌悪みたいな、異常な萌えツボに見える。

anond:20210201180649

どっちかっつーとママ層向けに思える

いかにもママ向けのクソ夫撃退漫画かにありそうな展開じゃない?

プリキュアママ層に媚びまくってるから、その辺からパクリしたんじゃないか

2021-01-28

anond:20210128174817

その通りの機能が付いてるぞ

着信したら機械自動電話取って、迷惑電話撃退メッセージを流しながら呼び出し音を鳴らし始める

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん