「キリスト教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キリスト教とは

2018-02-21

東アジア東南アジア諸国歴史的英雄

日本織田信長坂本龍馬か。戦前なら楠木正成とか。他国と比べて「民族独立英雄」「侵略者撃退した英雄」が少ないのが日本の特徴か。北条時宗もそれほど人気ないし。
韓国李舜臣(1545-1598)李氏朝鮮の名将。文禄・慶長の役では水軍を率いてゲリラ的に戦いを進め日本軍を苦しめた。一度は更迭され一兵卒にまで身を落とすも後に復帰し、露梁海戦戦死した。
中国岳飛(1103-1142)南宋の名将。農民出身ながら、私兵を率いて金に対抗し、幾度も勝利を収めた。しか岳飛存在が和議の邪魔になると危惧され、罪を着せられて処刑された。
モンゴルチンギス・カン(1162-1227)言わずと知れた世界史上最凶の侵略者
ベトナム李常傑(1019-1105)大越の名将。特に北宋との戦いに勝利したことで有名。また国政にも関わってその手腕を讃えられ、後に神格化されて崇敬されている。
フィリピンラプ=ラプ(1491-1542)クタン島の領主イスラム教徒世界一周中のマゼランフィリピン上陸し、各部族にスペインへの朝貢キリスト教改宗要求したとき、ラプ=ラプだけがそれを拒否し、その後の戦闘マゼランを討ち取った。ヨーロッパ侵略に対抗した最初フィリピン人であるとされる。
インドネシアガジャ・マダ(?-1364)マジャパヒト王国の名宰相で、その領土現在インドネシアのほぼ全域にまで広げた。そのためインドネシア諸島統合象徴と見なされている。
マレーシアハン・トゥア(?-?)マラッカ王国に仕える無双勇士だったが、冤罪死刑を宣告された。ハン・トゥアが処刑されたと聞いた彼の親友は怒り狂って反乱を起こしたが、実は密かに生き延びていたハン・トゥアによって討たれた。死刑を宣告されても、親友を殺すように命じられても王に従った、ハン・トゥアの絶対的忠誠心が称賛される。
タイレースワン(1555-1605)アユタヤ朝の王にしてタイ大王の一人。ビルマ属国となっていたタイ連戦連勝で独立へと導き、「軍神」として崇められるようになった。ムエタイ創始者とも言われる。
ミャンマーバインナウン(1516-1581)タウングー朝の王。当時の王の乳母兄弟で、その崩御のあとに分裂したビルマ統一した。タイアユタヤ兵糧攻め降伏させて支配下に置いた。ナレースワンの台頭はバインナウンの死後より始まる。
ラオスアヌウォン(1767-1831)ヴィエンチャン王国最盛期の王にして最後の王。当時、ラオス属国としていたタイ独立戦争を仕掛けたが、敗れて獄死した。メコン川岸辺タイに向かって銅像が建てられている。

東南アジアで終わるつもりはなかったんだけど、面白くて掘り下げてたら疲れてしまった。またこんど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/358668340

神道宗教ではない=危険

いやーキリスト教がなければ「神道」「国学」なんて概念なかったろうから、ねえ?

anond:20180221021422

違法じゃないならやっていいのが法治国家だろ

倫理がどうとかいう奴は日本人じゃないかキリスト教圏でもイスラームでも好きな世界に行けばいい

2018-02-20

https://anond.hatelabo.jp/20180220143740

あれは今なら『もののけ姫』との対比で読むもんだわ。

ナウシカ世界のように旧人類の理性 VS 新人類の理性の構図だと(増田が言うように)決着が付かないので、もののけ姫では「神」を導入した。

はてなナウシカニヒリズムの話だと看破した人が居たけれど、まさにその通りだと思う。

ただそれだけだと納得のいく決着が付かなかった。ニヒリズムに陥るのも、宗教に走るのも、両方ダメ。それは分かる。しかし、具体的にナウシカたちはどうしたら良かったのかが分からない。

どうやったら理性を正しく行使できるのか?いや、そもそも理性を「正しく」行使することなんてできるのか?

こうした人間理性の限界に直面して、もののけ姫では「神」を出さざるを得なくなった。

この流れはヨーロッパ近代人が抱えてきた悩みをなぞっているだけだ。もののけ姫舞台室町時代日本だが、やってることは「神 VS 人間の理性」というベタベタ欧米思想。作中のたたら場は駿の思い描く共産主義社会(≒理性万能主義支配する社会)だろう。

からまぁ増田の問いに対する回答はまさに「どっこいどっこい」というところで、そうなっちゃうのも人間の理性の限界の顕れということだろう。「どっこいどっこい」になってしまうのはむしろ自然帰結と言え、作品価値を上げている。

欧米ではそこで「だからキリスト教に還ろう」という話になるわけだが、もののけ姫ではそこまで言ってないだろう。せいぜい「理性の限界自覚しましょう」ぐらい。この自覚がないまま各人が「正しく」理性を行使した結果がナウシカ世界惨状かね(言い過ぎ?)。アシタカの「共に生きよう」ってのはそういう意味だと思ってる。

2018-02-18

アガペー

う~ん、やっぱ日本じゃ「アガペー」なんて普段使わない言葉だよね?

周りで「アガペー」言ってるやつもいないし。

キリスト教教会って行く用事いから行かないけど、実際どうなんだろ?

キリスト教の人はよく「アガペーアガペー」言ってるの?

 

 

anond:20180218175556

生きる気力を奪うこの宗教への警告

noteにも上げたけれど(https://note.mu/ame_jw/n/n5a58d0ac9c3d)、できるだけ多くの人に見てもらいたいから一部内容を削ってここにも一応あげとく。それでも長くなっちゃった

私はエホバの証人信者だ。親が信者なので自然な流れで押し付けられた。

ここ最近組織への疑念がどうしようもなく膨らんでいた。でも真剣に調べる気にもなれず勉強言い訳直視することを避けていた。今まで信じ込んでいたことが覆るのが嫌だったし、なにより面倒だった。

そんな中で急に「嫌な思い出は全部宗教がらみ。愛の組織とか、幸せになれるとか、本当のはずがない!」と思った。今回は割と真剣に調べた。なんかもうエホバの証人を行き過ぎて聖書まで信じられなくなった。こうして私は目覚めた…。

この宗教の教えは、まあ宗教から耳障りの良いことがほとんどなんだろうけれども、今思うと人間に害が及ぶような内容のこともあったと思う。今日は一応注意して欲しくて害になる部分について書いてみた。同時に私なりの分析であって専門家意見でないし、ずっとエホバの証人真実だって信じてたい人は変な疑念を持たずに信じてた方が幸せかもしれないから読まない方がいいかも。ただ一つ言っておきたいけれど、終わりはあなたが生きてる間に来ない。

まず”耳障りの良いこと”について説明したい。これはキリスト教らしく博愛精神を説くものだったり、人を許しなさい、親切にしなさい、キレちゃだめですよetcといった類のもの。人として当然のことを言っているだけなんだろうけれども、外の世界普通を知らない私はこの宗教のみがそういう素晴らしい真理を教えているのだと信じ込んでいた。

さて害になる教えについて。

一つ目はとんでもない選民思想

この宗教信者でない人=悪。

みたいに教えられる。とにかくエホバの証人以外は信用できないと教え込まれていたために、友達にも心が開けない、妙に壁を作ってしまう。

しかもこの宗教信者以外と遊ぶのもほぼ禁止されているので、親しくなってもどの道…と言う感じで親しくなるのを避けていたので最近まで親しい友達ほとんどいなかった。

あと、エホバの証人=善

みたいに教え込まれてそれを馬鹿正直に信じてたから、そうじゃないエホバの証人に遭遇したときダメージが大きかった。「え、愛の組織の一員じゃないの?どうして嘘つくの…?」みたいな。まあこういうのが積み重なってこの宗教おかしさに気付けたのである意味感謝だし、人間からそりゃウソついたりもするんだろうけれど、当時は戸惑った。

二つ目は終末思想

最近知ったけれどこの宗教過去にも何度も「19XX年にハルマゲドンが来ます」と宣言して(正確に言うと匂わせて)外したらしい。

今も性懲りなく予言してる。予言によると30年以内にハルマゲドンが来てエホバの証人以外は殺される。愛の神に。

とにかくこの宗教において『終わり』というのは常に差し迫ったものとして扱われる。で、迫りくる終わりから人類を救わなきゃいけない。このためにあなたのドアをピンポンして謎の雑誌押し付けたり不気味なパンフやらをポストに残したりする。信者は大真面目だし親切心でやってる。

『終わり』は明日来てもおかしくないものから、当然将来のことを考えることは歓迎されない。だって、終わりがくるんだもん。大学なんて無意味。そんな時間あったら、何も知らない一般人を救うためにドアピンポンする活動時間を費やした方が益になると思いませんか?絵が描きたい?楽園に行ってから永遠に生きられるし永遠に絵が描けるんだから、今はとりあえずドアピンポン

そんな感じで勉強趣味も取り上げられる。

親がエホバの証人場合子ども勉強趣味もない空っぽ人間しかも「そのうち終わりがくるからあいいか…」という無気力人間になりやすい。(私の事です)

私はまあ偶然大学に行くことになったんだけれども、大学が勧められていないのはもちろん、人間無駄知識をつけると色々気付いてしまうからでしょう。

ちなみに『終わりがもうすぐ来るから』という理論結婚子供を持つことも勧められていない。

文章力がないせいでヤバさがあまり伝わってない気がするけれど、とにかくこの「選民思想」と「終末思想」は毒でしかない。

気を付けて欲しい。信者は確かに優しい人も多いけれど、だからといってこの宗教人生捧げてまで信仰する価値なんてない。

私が真理じゃないと確信するのにすごく役に立ったサイトを以下に貼っておく

一つ目、良心危機

http://www.jwic.info/franzbio.htm

本は読んでないけれど、こちらの無料公開されている要約でも私には十分だった。この組織教理を作ってた側の人の暴露本。出た組織の事を良く言う人なんていないだろうけれど、それでも適当な嘘には思えなかった。(私がこういう信じやすタイプから今まで組織にいたのかもしれないけれど)

二つ目JW解約

https://jw-qa.com/kaiyaku/

ホンマでっかTVに出てた佐藤典雅さんがこの組織を抜けるときに作ったという資料。すごく論理的で何が問題なのかとかはっきり分かった。組織の教えが論理的だと思って信じてた私の信仰心はこれで全くなくなってしまった。もっと感情面で信じていたら難しかったのかもしれないけれど、感情面で信じてる人にも結構効果的な内容だと思う。

佐藤典雅さんの書いた『カルト脱出期』も読んだ。アメリカベテル(この組織エリート中のエリート)で働いていた人が書いた本というので興味深かった。

三つ目、エホバの証人研究

http://www.jwstudy.com/

論理的かつ客観的エホバの証人教理矛盾について研究されている。

正直、教理重要なところって複雑な年代計算が関わっていたりして難しい。言い訳だけれどもそういう考古学的なことってギリシャ語ヘブライ語もできない私にとっては検証不可能に思える。

それに組織が「論理的だ」と強調してきたし、組織から与えられる出版物だけ読んでいると論理的に思えてくる。

そんなこんなで抜け出すどころか「調べよう」という気になるのも中々難しい。

楽なんだ。みんな優しいし、そのうち終わりが来るから将来のことを考えずその日暮らしの生活をしていればいい。努力も要らない、思考停止毎日

洗脳されてたんだと思う。私のとんでもない怠惰まで宗教のせいにするわけにはいかないけれど。

でもいつまで待っても来ない楽園ぼんやりと待ちながら、貴重な時間をただただ無駄にして生きていくのはやめようと思う。

これを読んだ人が一人でもこの宗教危険性を知ってくれたらいいと思うし、この宗教から出られるきっかけになったらと思う。

2018-02-14

anond:20180212233657

超有名だけど萩尾望都の「イグアナの娘」は、小学生の時に読めてよかったと思う作品短編だけど何度も読み返している。

「抑圧する母と娘」という構造の全部が詰まっているといってもいいだろう。



高尾滋てるてる×少年」は主人公女の子と幼馴染かつ彼女に仕える忍びの少年との恋愛が主軸だけど、物語の核心には主人公母親関係があるんだよね。

少女漫画としておもしろいかおすすめ。そこそこ長いかも。



小説おすすめは、笙野頼子「母の発達」。学歴主義で娘をがんじがらめにする母と、落ちこぼれてなおもがく娘のほぼふたりしか登場しない。

なお母は序盤早々に死ぬ(娘に殺される)が、そこからぶっとんだ物語が始まる、まさに「おかあさんホラー」。

物語は抑圧ターンともがきターン、解放ターンだけでできてるのに、なんでこんなにおもしろいんだろう。



海外小説では、ジャネット・ウィンターソン「オレンジだけが果物じゃない」。

狂信的なキリスト教徒の母から英才教育を受けて育った娘の話。

母の解釈では、果物の中でオレンジけがキリスト教的に正しいたったひとつ果物。そういう話。



以上、毒親持ちじゃなくても、未だに母を呪いのように感じることもある、どこにでもいる娘からおすすめです。

2018-02-10

anond:20180210211447

元増田文脈だと父の神のことを言ってたからさ、

キリスト教圏の方が日常的には明確に分けてる印象だよ。

イネ科(神) - 竹(父の神) - 筍(神の子)

として、三位一体からみんなイネの仲間なんですよーっていうのは確かに事実だし、竹とか馴染みの無い外人から見たら「全部イネ科なんだぜー!」っていうのはちょっとした雑学かもしれないけど、

日本人日常的な感覚からしたら、混ぜないようなもんだよ。

竹のことは筍業者けが考えて、

庶民は筍美味しいーって無心に食べてる感じ

anond:20180210210914

うん、

キリスト教圏では明確に分けてるよ

父の神自体は軽々しく口にしてはいけない存在

2018-02-09

ガンダム教養」で本当にいいのか?

https://twitter.com/nakatsu_s/status/961229701162283008

https://twitter.com/Beriya/status/961753995403345920

その昔、ローマ帝国ではキリスト教徒がボロカス軽蔑され弾圧されていた。ところが数百年後、ローマ貴族がみんなキリスト教徒になり、さらに数世紀が過ぎるとカトリック教会異端ボコボコいじめるようになった。

俺が20代のころ(1990年代当時)、自分らは高級車とか高級ブランド品とかゴルフとか料亭とか興味なく、漫画アニメゲーム教養で、実際にゴルフとか料亭とか面白くもなんとも思えないけど、本当にそれでよいのか? と、ばくぜんとした疑問があった。

ゴルフとか料亭とかを「好きになる」必要はないんだろうけど、上の世代と付き合うための基礎教養って身につけてないと大人としてダメなんじゃないかという不安

上記ツイート見ると、若いころの俺みたいな不安必要なくなったみたいだけど、自分世代の方が抑圧者になってしまった、この居心地の悪さは何なのだろうか。

俺は今、中世ヨーロッパキリスト教への改宗拒否してゲルマンの神やケルトの神を拝んでいた連中の気持ちがわかるような気がしてる。

2018-02-08

塩狩峠』を読み終わった

自分がのうのうと自堕落に生きていることを恥ずかしく思った

自分無能で役立たずで意味のない人間のように思えてしまって死にたくもなったけど、結局それじゃあ三浦綾子がこの本で書いたことを無視することになるし、どうにかして生きるしかないと思った

キリスト教についてなにも知らなかったけど少なくとも悪いイメージではなくいいイメージとして知識を蓄えられたと思う

別にこれ読んでいますクリスチャンになりたい!とは思わなかったけれど、今までなんとなく怪しいと感じていた宗教観を持っている人のこと、少しわかったような気がした

日本人クリスチャン人口1%だってあとで調べて知った時は、なんでそんなに少ないんだろうとは感じた

日本ではなぜ新興宗教のほうが人口が多いのか不思議(新興宗教もちゃんと知ればその理由がわかるのかもしれないけど)

犠牲主題だけれど、他にも色々教えてもらえたいい本だった

2018-02-06

anond:20180206115105

貞操観念別にキリスト教由来ってわけじゃなくて

儒教の影響下にあった極東の国々はだいたい有してるよ

anond:20180206131815

どこを読むも何もずっとそう言ってますが?

歴史的改善されていって今があるんです」

中世近世欧州では不倫男性特権であって女性搾取されていた側です」

こう言ってるんですが

一夫多妻制を取っていたのはどちらかといえばイスラム圏であって

キリスト教圏の中世欧州では不倫愛人が主だったと思います

anond:20180206113633

いや、処女に重きをおいたのはキリスト教的な価値観でそれ以前は別に

2018-02-05

母の愛は無償の愛という概念っていつ生まれたんだろうな

の子供は親にとってはただの労働力だったり、売って換金する為の商品であって

無償の愛なんて概念は無かったわけだが

いつからそういう概念が生まれたんだろうか

キリスト教の影響だろうか?「無償の愛」って元々キリスト教用語だよね?

いやキリスト教教義詳しくは知らんけどさ

それが同じくキリスト教聖母伝説と結びついたんだろうか

[]映画羊たちの沈黙

中盤まではめちゃくちゃよかったけど最後ちょっと雑だった気がする

あと犯人を追い詰めるところ、焦らずに救援まてばいいのにとかあまりにもお粗末なアクションシーン(そういう演技だとはわかってるけど)にちょっと興ざめしたけど、

まあがっちり脇を固めて犯人追い詰めても面白くないしね

タイトル回収はキリスト教関係なかったね

蔵リスの過去トラウマキーワードだった

あと今でもよく見る演出として、警官隊犯人の家に突入しようとしているのと家内部の犯人の動きが交互に映し出されて、「警官隊が今まさに突入しようとしているのは犯人の家だ」と視聴者に思わせてからの、

実はまったく違う家で、犯人の家の呼び鈴ならしてたのは蔵リスだったっていうミスリード招く演出面白いし好きだわ

気持ちよくだまされるっていうか

続編木に生ったけどハンニバルテレビ放送されることなんてまずないだろうからウィキペディアであらすじみたけどなんかいまいちよくわからんかった

しかジョディフォスターでないらしいし

同じ役はしないとかひゅーっかっけーす姐さん

ふーんそれにしてもウィキペディア面白い

れくたーは最初コネリーオファーいってたとか

それにしてもジョディフォスターキレカワだった

カメラワークほんとすき

たびたび主観カメラっぽくなるところと、れくたーはめっちゃ接写でうつしてれくたーはほとんどまばたきしないから目ん玉がガラス玉みたいだったところとか

音楽も印象的だった

2018-02-04

心をひらく

今日スペイン人のお爺さんと話しをする機会を得て思ったんですが、心を開いてる人は素晴らしいなあと。本当に晴れ晴れという意味で素晴らしいと思った。そのお爺さんは心が開いててユーモラスで面白くて良い人。

一方で私はいじけて心を閉じきってる。ソーシャルネットワークやっても心が閉じてるからすぐやめてしまう。続けられるのは本来自分を開示していない、はてブくらい。

ツイッターフェイスブック本来意味で心が開いてる人なら喜び続けられるのだと思う。もちろん個人情報開示などのリスクは別。結局は外に向けられた自分あるかないかということ。私はない。あるのかもしれないけど開くことができない。

それでまたそのお爺さんとの話に戻すけど、そのお爺さんと話してる中で普段から意識して実践してることは次の7つとのことだった。

・信じる

・委ねる

・愛する

感謝する

・悔い改める

家族や友人を心に思う

礼拝する

キリスト教圏の人なので多分にキリスト教的な要素を含んでるけどとても参考になった。自分も日々上の7つを意識して生きていこうと思いました。

日本人はパレスチナ人被害者像を設置しよう

他人に騙されないためには、言っていることではなく、実際にやっていることを見ないといけない。

 

第2次世界大戦悲劇

ユダヤ人ナチスホロコースト迫害された。

ユダヤ人自分たちが酷い目に遭ったのだから、力を持たない弱者立場理解して、弱者に対して優しくすべきではないのだろうか?

中東戦争悲劇

パレスチナインティファーダは「イスラエルによるパレスチナ軍事占領に対する2度の民衆蜂起(あるいは抵抗運動)」に対する呼称として一般的使用される。

イスラエル強硬派からは「国際社会を反イスラエルに向けようとするテロ作戦の一環」とみなされ、「蜂起を名目とした不均衡な戦争」として主張されることもある。

イスラエルの一部ではインティファーダとそれへの弾圧などにより「強硬な対パレスチナ占領政策」の誤りに気付き、良心的兵役拒否や和平支持などの運動が広がる契機となった。

イスラエルパレスチナ武力占領して、パレスチナ人を追い出した。

抵抗したパレスチナ人は、イスラエルに対してインティファーダという民衆蜂起を起こした。

素手で投石するパレスチナ人少年を、イスラエル軍兵士が銃で射殺していた。

 

ユダヤ人の中には、ユダヤ人祖国を作りたいシオニストと、そうではない非シオニストもいる。

シオニストの中にも、武力建国する強硬派と、メシアの到来によって建国を待つ穏健派もいる。

彼らも1枚岩ではなく、多数の意見がある。

 

ユダヤ教エッセネ派出身イエス・キリストは「無償の愛」(アガペー)を説いた。

当時のユダヤ教パリサイ派形骸化しており、神の恩寵無償の愛)を忘れていると、イエス・キリストに指摘された。

怒ったパリサイ派は、イエス詐欺師として当時のローマ提督告発し、死刑にした。

 

セムの人々(一神教ユダヤ教キリスト教イスラム教)は、神の恩寵を忘れて、今もお互いに殺し合いを展開していないだろうか?

 

日本平和伝道師

日本戦争加害者戦争被害者の両方を経験した。人間には失敗はつきものだが、同じ失敗を何度も繰り返すのは学習機能がなくて、アホだ。同じ過ちを繰り返さないように、自他ともに襟を正したい。

従って、日本人世界各地にパレスチナ人被害者像を設置して、戦争悲惨さを後世に語り継がないといけない。

みんなでクラウドファンディング資金を集めて、世界中パレスチナ人被害者像を建てよう!

anond:20180204094138

宗教の増殖

宗教の毒された人が増え続けている。

人類の半数は一神教に染まってしまった。

ユダヤ教=1500万人、キリスト教20億人、イスラム教10億人。

他にも、仏教ヒンズー教道教神道など様々な宗教跋扈している。

 

戦争をもたらす選民思想

ナチス弾圧されたというユダヤ人は、今パレスチナ人弾圧している。自分達を弾圧するのはダメだけど、他人弾圧するのは良いのか?

自分たちは神に選ばれた民(選民思想)だから、異教徒はどれだけ殺しても罪にならないというのか?

人類宗教の拡大によって、今後も戦争を続けるのだろうか?

 

宗教エゴの終極

「私の宗教は正しいけど、貴方宗教は間違っている」

「私は善の側に立っており、貴方は悪の側に立っている」

自分は正しいけど、他人は間違っている」

宗教をやっている人々は、他の秀派・セクト排斥する。

 

科学役割

宗教では実現できなかったことを達成するのが科学役割なのではないか

人間の相違点を明らかにするのが科学の役目ではないのか?

科学宗教迷信誤謬を解消しなければならない。

科学の発展なくして、人類平和未来はない。

我々日本人は最高の科学を発展させなければならない。

2018-02-03

anond:20180203233109

国教イスラム教にしてモスクを建てるだけ、キリスト教教会でも強制できれば何でもいい。

一見合理性がないかに見えて実は合理的なことの普及には宗教必要

2018-02-02

anond:20180202115618

まあキリスト教における原罪とさして変わりはないんだろうね。

とにかく人はみんなそういう罪を背負ってるけど、だからみんな天国に行けないっていうわけではなくて、とにかくそれがちょっとでも償えるように現世で精進しなさいよってこと。

2018-01-30

保育園反対運動本質は、騒音問題ではない

保育園設置の反対のための大義名分として、騒音などが挙げられているけど、それはまさに大義名分であり本当の理由ではないと思う。

はっきり言えば、保育園必要としている親そのものに対する批判非難なのではないか

具体的に言うと、保育園設置に反対している人たちの理由は、そもそも両親どちらかが働くこと自体に反対しているのではないか

もっと言えば、母親子供育児を放り出して働くこと自体に、強い抵抗感を持っている人たちなのだと。

父親は働き、母親は家の中で子育て家事をする」というライフスタイルが身にしみている人たちから見れば、保育園なんて異教徒宗教施設のようなものだ。

そんな人たちに「父親だけの稼ぎだけでは生活していけない」などと説明しても無駄

イスラム教徒に、キリスト教教義説教するようなもので、絶対相手に話は通じない。

保育園設置に反対する人たちの年齢層が比較的高い気がするのも、これで説明がつくよね。

逆に保育園ではなく、幼稚園建設工事だったら反対する人はいないと思う。

だって子供たちの笑い声は好きだからさ。

保育園の設置に反対する人たちも、はっきり言えばいいのだと思う。

母親が働く風潮を後押しする保育園は受け入れられないのだ」と。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん