「秀吉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 秀吉とは

2017-11-20

大河ドラマの主役

どんどんマイナー人物になってるじゃん。

前々から大河日本史重要人物を十数人程度選んで、ローテ組んで使い回せばいいじゃんって思ってるんだよね。

十数年に一回なら「また信長かよ」って感じにはならないと思うし。

もしそうするなら誰を使うかってぱっと浮かんだのが下のリストだけど、ほかは誰がいたっけ。

源義経

平清盛

武田信玄

信長

秀吉

家康

徳川吉宗

竜馬

新撰組

2017-11-16

鳴くのが下手な戦国時代ホトトギスはどの武将を頼るべきか

正直言って信長秀吉家康はどれも可愛がってはくれなさそう。秀吉に鳴かせるテクニックなんてないし、いくら待っても下手なままなら家康もぶちギレる。信長は論外。というか大名クラスはみんな気性が荒そう。

良い候補ひとつは茶をたしなむ武将さんだと思う。でも美に敏感な武将さんが鳴けないホトトギス可愛いと思ってくれるだろうか?それが味わいだとか思ってもらえれば良いのだけど。

一番は何不自由ない御曹司なのに弱い立場も知る武将さんかな。真っ先に思いついたのは秀頼さんだけど最終的に焼かれるしな……。飛べるから逃げるのは簡単だけど後味悪い。やはり氏真さんか。なんだかんだで生き延びるその脇にはいつも鳴けないホトトギスがいたとか、ちょっとありそうじゃない?

anond:20171116125330

朝倉信長・・・かに成績優秀で美形だね、他人に厳しいというか最強キャラではあるか

右代宮秀吉・・・話が面白くて明るい、でも奥さんに一途じゃなかったか

菊池家康・・・優しいとは思えないし、三次元相手だと興味ないだろうね

anond:20171116130659

バイだよ戦国武将殆どバイだよ

そうじゃない秀吉武家の嗜みがない農家出身からだよ

織田信長前田利家との若い頃の肉体関係をみんなの前でのろけたと記録に残ってるよ

anond:20171116125330

家康は後家好き

まりセックスに自信がある

秀吉若い処女ばかり狙っていた

まりセックスに自信が無い

信長秀吉家康、この中で彼氏にするなら

信長・・・天才肌でイケメンだけど神経質で他人に厳しい

秀吉・・・話が面白くて明るいけど女関係がだらしない

家康・・・懐が広くて優しいけどあまり構ってくれなそう

誰にしようか迷う・・・

2017-10-29

ネトウヨ粘着クソリプブロックされて当然

あいつらこんな粘着して何が楽しいんだろう?

なんというか情けないというか、気持ち悪いクソ親父だな。

2017-10-15

https://anond.hatelabo.jp/20171015131114

秀吉が天下を治めつつあった頃の用語を持って「討伐=戦国」と言い出しちゃう奴は文盲じゃなくてなんなんだろうな。知的障害

anond:20171015130224

3世紀三韓征伐

古代14世紀蝦夷征伐 → 蝦夷征討。代々の朝廷が征伐をしている。

奥州征伐 →

1189年:奥州合戦鎌倉幕府奥州藤原氏征服

1590年:奥州仕置(豊臣秀吉により小田原征伐後に行われた)

東夷征伐 →

古代におけるヤマトタケル坂上田村麻呂の東征。

1333年鎌倉幕府倒幕(当時は「鎌倉幕府」という言葉がなかった)

関東征伐 →

古代ヤマトタケルの東征[5]、鎌倉時代後期から南北朝における後醍醐天皇による号令[6]。室町時代将軍足利義教鎌倉公方足利持氏対立から永享の乱。1560年~1569年の小田原城の戦いを端緒とする上杉謙信関東平定を目的とした遠征群。豊臣秀吉による小田原征伐小田原合戦)。逸話として江戸時代の萩藩毛利家の新年儀礼挨拶[7]。

1577年:紀州征伐 → 紀州攻め、信長紀州征伐と秀吉紀州征伐がある。

1582年:甲州征伐武田征伐。武田攻め。

1585年:四国征伐四国攻め。四国の役。

1585年:越中征伐 → 富山の役。佐々成政征伐。北国御動座。

1585年:上田征伐 → 上田合戦真田征伐。上田城の戦い。上田城攻防戦。第一次と第二次(1600年)がある。

1587年:九州征伐島津征伐。九州の役[8]、九州攻め。九州平定。

1590年:小田原征伐北条征伐。小田原合戦小田原攻め。小田原の役。関東平定。関東征伐。

1591-98年:朝鮮征伐文禄・慶長の役朝鮮出兵秀吉朝鮮侵略

1600年:会津征伐上杉征伐。会津攻め。

1609年:琉球征伐 → 薩摩琉球侵攻。琉球の役。征縄の役。

1864年長州征伐長州征討) → 長州戦争。幕長戦争。征長の役。長州の役。

馬鹿

2017-10-01

孤島の鬼

から少しずつ読み進めてたんだけど最近忙しくて間が空いちゃった

今日秀吉の手記の後半から久々に読んだ

年頃の男女が腰の所で繋がってるなんてとんでもないストレスだな

2017-09-17

anond:20170917214645

430年ぐらい前には、瀬戸内海には、村上水軍がいた。

太閤殿下秀吉様の時代になり、海賊禁止令が出て解体されてしまったね。

空海こと弘法大師様が、修行をされた霊験なるところで、お遍路の八十八ヶ所霊場だね。坂東眞砂子氏の原作映画化もしてるね。

  

今は、大きな橋もあるので、兵庫県からも、岡山県からも往来できるようになった。

最近は、柏島がインスタ映えするってことで、話題になってる。

2017-07-22

https://anond.hatelabo.jp/20170722000912

から田作りの際に稲と石灰を使ってるんだけど

たぶん秀吉石灰を土壌を良くしてくれる魔法の粉と思ってたんじゃないか

から草履生石灰をまぶして胸に抱いていた

汗で生石灰発熱したのもあるけど

それだけで信長の信頼を得られたわけじゃない

実際のところは信長水虫石灰の強アルカリ性によって

除菌消臭されたことによるところが大きいと思う

https://anond.hatelabo.jp/20170722000912

熱それは秀吉の愛だよって、さぶボケしようとしたけど、よくよく見ると文章よくわからんす笑 わいの理解力低いだけ?

熱ってなんですか

秀吉が懐に入れていた草履は熱を持っていました

その熱は秀吉の熱なのでしょうか

それとも特にのものでもないのでしょうか

秀吉が懐に入れたか草履が熱を持ったのは確かですが、その熱は秀吉から草履に移ったのでしょうか

例えばおっさんが汗を拭いたハンカチを他の人が触ったら「うわ、おっさんの汗!最悪!」となるじゃないですか

それと同じことなのか、それとも違うのか

熱ってなんなんですか

2017-07-14

https://anond.hatelabo.jp/20170714094812

秀秋が短命で、関ヶ原講談が作られた頃には小早川家がなかったからこそ、

寄ってたかって秀秋を悪者にして「西軍優勢だったのに秀秋の裏切りにより東軍が逆転」というストーリーが作られたわけで、

長命であれば後嗣もできて家が存続し、「秀吉虐待に耐えかねて権現さまに与した若きプリンス」的な扱いになったかもしれん。

2017-07-07

花戦さ感想メモ

河原生け花

前田利家がかっこよかった

女児毒舌畜生発言聚楽第落書き事件ばりの虐殺されても文句言えなかったが関白こらえた

その後やっぱり処罰されてちょっと驚いたが、親は見逃されてるあたり温情だし処刑も残念でもないし当然

池坊野村萬斎サイコパス

粥をそのまま自分で食べちゃうのは理解不能

佐藤浩市利休のなんだこいつ…顔

生け花の後のアレとその後のアレは予想できなかった

からさまな伏線だったけど二重になってるのは気づかなかった

記憶力が悪い池坊だけど逆に何年も前に一度あっただけの事をあれだけ覚えてる方がおかしいのかもしれない

利休切腹自体描写無しだけど敢えて描写してないんだろうなってシーンも多い

朝顔一輪だけ残して全部摘んだエピソード、数寄人は喜ぶだろうけど普通は不機嫌になるよね

秀吉ヤンデレ

野外利休ドール亀甲縛り

市川猿之助エンケンに見える

絵師ネキかわいい

猿顔がコンプレックスなのにみんな猿猿言って…でも考えれば元凶信長だよな

ちょっと反省したけどこの後秀次事件やら朝鮮侵略でやらかすんだよね…

2017-07-03

小池代表辞任ニュースブコメ情弱バカばかりで草も生えない

小池知事、「都民ファーストの会」代表を辞任へ:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK733SDSK73UTIL018.html

http://www.asahi.com/articles/ASK733SDSK73UTIL018.html

もうだめだ。はてなも完全に情弱バカの集まりだね。

2chやtwitterとなんもかわらん。むしろ下かも。

基本的情報を押さえてないで大威張りの情弱と、

別に難しくもない現在の情勢をまるで理解できてないバカ


きほん

都民ファーストの会は元から小池の秘書である野田数を代表にして今年1月に発足した政党です。

6月1日(だいたい都議選一ヶ月前)に、選挙の指揮のために小池が代表に就任しました。

7月3日、選挙が終わったので代表を野田に戻しました。

これは誰も隠してない事です。

このきほんを踏まえずに「騙された!」とか言ってるやつは単に情弱なだけ。


「野田が代表だなんて!」

You-me 小池さんが辞任した以上にあの人を代表に就任させたというバッドニュースにござりますよ 9 clicks

abracadabra321 野田数が党首ておもしろいな〜マジ右翼だろwww

もともと野田を代表にして発足した政党です。

お前等が知らないだ~~~け~~~。

情弱乙。

話にならん。

jyajyamaru1214 代表が野田数って…ネトウヨ総理にお灸を据えたら、ガチ右翼が出てきたのか

繰り返しまーす

野田は発足当初からの代表デース

今頃騒いでるお前等が情弱なだっけでーーーす

Josequervo 代表にまた野田とかマジで…。反自民都民ファースト投票して喜んでた人達に襲いかかった悲劇っつーか最早悲喜劇だな。

反自民は叶ったじゃねえか。

自民都議連を絶滅させてくれた百合子様とかばん持ちの野田様を拝めよ。

野田が嫌いなのに都民ファースト投票したんならそれはお前が情弱なだけだろ。

悲劇も喜劇もお前の頭だ。


小池都民ファ議員を見捨てた!」

k_oniisan ハシゴを外された‪都民Fの議員烏合の衆っぷりを遺憾なく発揮してくれそう。‬ 笑

aceraceae 梯子を外された人がたくさんいるかな。 政治 東京

これはバカの方ね。

はあ~あ?

何がどうハシゴ外されたんだよ。

食い詰め者も兇状持ちも民進脱北者小池様の後光でいきなり都議になれたんじゃねーか。万々歳だろうが。

事実婚女子アナやめて海外渡ってセレブっぽい生活でアガリと思いきや障害児産んで帰国して実家子育てしての臥薪嘗胆の日々送ってたプライド高そうな龍円愛梨もこれで人生一発大逆転だよ。今井絵理子と違って高学歴からもっとマシなこと言ってくれるよよかったね。

龍円に限らず都民ファ議員達は全員1日3回小池の方角に礼拝してるわw

ハシゴ外される」ってのはたとえば選挙前になっても小池が代表になってくれず

選挙で苦戦して落選していくとかそういう場合だろうが。

全員受かって、これから小池の衛星都議としてやっていくんだよ。小池にしたがい小池に恩返しする親子の仁義はこれからだ。

何がどうハシゴ外されてんだアホか。

小池都民ファから離れた!」

masamkur オリンピックとか、築地とか、まとまりそうに無いもんな、都フ議員

まとまらないわけねえ~~~~だろ!

もう都議会過半数小池様の衛星か盟友なのに何を言ってるんだ。

tikuwa_ore これはどういう意図?都議選都民Fに票入れた人って、大半が小池さんの活躍を信じて入れたものなのに、

真っ向からそれを裏切る形って酷くねえか?/野田数猪木さんに訴えられてる理由横領でくっそ笑えない。

小池百合子 都民ファーストの会 これはひどい 2 clicks

???

子分である都民ファ都議と擦り寄ってきた公明都議でなんでも出来るんだから

小池都知事の活躍はここからだろうが。

善政になるか悪政になるかしらんがここからスピード出るよ。

hoihoitea 何がしたいのだろうか。

何がしたいのだろうかってw

がっちり都政全部手中に納めてブイブイやるんだよ。


ねえ、なんでこんなに状況理解力がないの?

お前等はバカなのか低学歴なのか痴呆症なのかおしえて。


小池都民を裏切った!」

kamiokando それってあんまり都民のことを第一やと思ってへんやろ?

なんでやねん

過半数小池支持した都民のために都議会都知事が一丸になったパワーで小池の政策すすめていくんやろうが

shinichikudoh 何か目論んでそうだけどとりあえず支持者を騙してるような状況。とはいえ僕は都民ファースト投票した人に同情することはない。元自民と元民進が何人もいて公明と連携してる支離滅裂さを変に思わない方がおかしい。

から何をどう騙してるんだよ

小池が好きで都民ファに入れた有権者気持ちは1ミリも裏切られてないよ

都民ファパワーはみんな小池に集まって小池元気玉連打してくれるから見とけばいいだろ

おれはお前のバカさに同情するよ

あたまわるいといきてく苦労も多いだろ

anpo-sumeragi うーん。「小池都知事の党」だから投票した人はどう思うかね。

fankygoofy 小池さんが代表だったか都民ファーストの会候補投票した人もいると思うけど、、、

都民ファは全員で小池都知事の政策を支持して小池都政を推進していくためのロケットになるわけだから

小池支持者の願いどおりの都政が始まるんだろうが

何言ってんだお前等は

ほんとうに、脳大丈夫なの?

nakakzs 選挙直後なのに、その後継が選挙洗礼受けてない野田数氏ってどうなのよ。せめて議員から選ぶべきだろ。

名ばかりだったら事実上の院政だし、どっちにしても問題あるのでは。 政治 選挙 43 clicks

隠す気もなく院政にきまってんだろうが

寝ぼけんな

つか都民ファに入れてるやつは小池に入れてるんだから

院政しない方が裏切りだろうが

htnmiki 今回の大勝は「小池支持」の結果じゃないのかよwww 都民乙で〜す

乙はお前の脳みそだよwwwww

はあ~~あ。

こういうバカたちが全部死滅したら世の中もう少しはよくなるのにね。



「民進や公明が離れていくぞ!」

shibashuji 小池さん辞任より、野田数が代表って、民進鞍替え組や市民ネットは早速分裂しそう。 政治

ustam 都民ファーストの会の最初の仕事新代表を追放することかー。野田数が代表では、公明も離れざるをえないのでは?

kyo_ju 民進から庇を借りに行ってた人達は離党の口実ができてよかったんじゃね。 政治

小池にすがって小池パワーの傘に参集して来た奴等が離れる?w

アホちゃうか?

どういう認識力だとここまでアホ垂れな分析と予想が出来るのだろうか


つかさー

都民ファ候補達や脱北してきた元民進や擦り寄ってきた公明党が、このロードマップについて知らされてないと思うわけ?なんで?

もうこのへんはさ、申し分けないけども、

情弱とかバカとか超えて、あ、あんまりまともな仕事してこなかった人だなっていうのがわかっちゃうよね。

大勢を動かすとき段取りがどんなものかとか全くわからないわけでしょ。

おれも野田は頭おかしいと思うけど、野田の方がきみ達より仕事は出来るんだよね。よっぽど。

(ついでに、今回の小池の代表就任と辞任は

 別に内部的に知らされてなくても外部から見ても予測付く範囲のことでしかしてないんだけどね

 君達みたいな情弱バカにはわからなかったってだけでさ)



小池と自民はヤオ!」「小池は自民の別働隊!」

hyoutenka20 もともとの政治姿勢が反自民ではないし、都民ファ投票した層も多くは普段から自民党支持の人たちだろうから

特に遠慮すべき勢力はないし今後はなんでもありでしょ ほとぼりが冷めたら都議会自民党も与党化しそう

shoot_c_na ホンキで、自民と手打ちになる気がしてきた ニュース

hesocha そもそも自分の影響力を高めるために内田派と対立していたのだろ?目的達したわけだし、政権に擦り寄るに決まってんじゃん。

monochrome_K2 この判断は自民党の揺さぶりによるものであり例え代表を辞任しても党の参謀であることに変わりはないのだからネガティブに考え過ぎでは。

しろ問題にはあたらないみたいな対応より筋が通っていると思う 政治

なんやろねこいつら。

このへんは自民支持者も多いのかな。

よくもわるくも自民中心視点と言うか。願望入ってると言うか。

zonuzonu 小池もまた日本会議。自民と対立のふりしているだけ

zions 選挙目当てなのを隠しもしないとは。自民に離党届を出しただけで離党してないし、

戻って国政に挑む気満々じゃないか。反自民都民ファースト投票した人達はこれで満足なんですかね?

これはひどい 政治

この2人は陰謀論がかなり強烈にキマってるよね。

1人はアンチ自民でもう1人は自民支持かな。


zionsくんへ

選挙のための代表就任なのは最初から隠してないので

 今頃「選挙目当てだったとは!」とか言ってるお前が情弱なだけです。

・自民に離党届出してんだから筋通してるだろうが。

 離党届を受け取りながら小池の籍を除かない自民党が未練がましいだけじゃん。

 何でそれが小池責任なんだよ?

・自民に戻る?はあ?

 zionsは確か自民支持者だよね。ちょっと願望で夢見すぎじゃな~い?

 いまよりずっと万全だった自民を飛び出して一人で戦った奴が

 あの時よりだいぶズタボロのいまの自民に何で戻らなきゃいけないの~~~~??www

 もう小池ブランドだけで選挙に勝てるのに~~~~~???www

 むしろ自民に戻ったりしたらイメージ悪くなって損するだけなのに~~~~~?????wwww

・自民に戻る為に自民の籍が抜けてないってのも意味不明な説明だよね。

 一度離党したら復党できないわけでもないし。

 全部話が付いてて八百長してるなら尚更外部に疑われないようにすっぱり離党処理させたらいいじゃん。

 妄想にしたってストーリー支離滅裂すぎ。

 

 真面目な話小池が自民に戻るとしたら

 マジで自民が全面的に頭を下げて総裁の椅子を用意したときだろうよ。

 自民がそこまで思い切るには安倍がたおれて次の総裁もたおれるぐらい追い込まれときだろう。

 まあ自民もこのまま一直線に倒れたりもしないと思うがね。

 小池積極的に自民を攻撃もしないしな。何故か?

 民進系の下品な反アベ教達が目一杯下品な攻撃を勝手にやってくれるから

 小池下品イメージ付くことには手を染めずに静かに自民から剥がれ落ちてくるものを取り込めばイイのだー。

 


つかこ陰謀論コンビには現に小池によって自民都議連が大打撃受けてるのが見えないのかな。

これも全部自民党計画のうちなの?こえーよw

小池マジで自民と密に繋がってる別働隊だったら

ドン内田のマジギレとか安倍の狼狽とかもすべて計画上のお芝居で、

「2017年のこのあたりで一旦長期政権の膿が膨らむから

 2016年中に外に出ておいた小池さんがそれを食う。

 そして自民党の禊感が十分に達成されたところで翌年初に再度合流」

とかそういう数年越しの計画遂行してるってことだろ?

それだったらもう自民党強すぎるからアンチ自民の人達も全員諦めたらいいと思う。怖すぎるだろw


もう全然ついていけないバカ

qwertyuias 何がしたいのかわからん

kibarashi9 ほんとやり方が汚い。

kiyo560808 小池さんもずいぶん黒いな。。

お前の頭が悪いだけです

ただ小池自体はもちろん黒いです いまさらなにいってんだばーか

necDK こういうの防止するルール欲しいっすね

はあ?w

monobako2 普通、代表選するよね。

どこの普通だよ

勉強会から政党になったばかりでどうやって内部で選挙できるんだ

そんなんしたらそれこそ茶番だわ

marchrock 「東京の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じた」

お前の頭が悪いだけでーっす

outroad コレをワイドショーマスコミがどう伝えるか…好意的に伝えたら、ほんとにこの国のマスコミはアカンわ(;´Д`) 18 clicks

アカンのわおまえら脳みそだは(;´Д`)

shu-0820 大勝直後に辞任?!これは戸惑いますね。

都知事との兼任が厳しいのは分かるけれど、都民はなかなか納得できないのでは?

小池あっての都民Fと考えて票を投じた方も少なくないでしょうから。さてさてどうなる事やら。

リンク2017/07/03

戸惑うのも納得できないのもお前の頭が悪いから

なんかべらべら喋ってても中身が何にもなくて頭の悪さはよく出てると言う無様な奴

tikani_nemuru_M 政治不信投票行動無力感マックスにさせる力量はさすが! 

こうして有権者政治絶望することこそ、全体主義への何よりの地ならしであろう。 21 clicks

ね。

この規定路線のロードマップで「不信」とか「無力感」とか

僕は馬鹿でーーーっす!って言ってるだけ。

いっつも政治の話してるはてサの一味でもこれぐらい情弱バカなの。


圧倒的にマシな一部の人

yuichi0613 まあそうなるよね 選挙 政治 都民ファースト 小池百合子 5 clicks

ねえ。

普通の進行なんですけど。

こういうまともなブコメには全く星が付かない。

星ついてるのは理解力のないバカバカ丸出しなことギャーギャー言ってるブコメばっか。

kujoo 都ファ会議員の不祥事で足を引っ張られる前に離脱とは正しい選択でしょ。

運営より都政へ注力するという大義名分もあることだし。

まあ小池さん叩きたくても今の所ネタに乏しいからこんなんでも飛びつくしかないわな

いや小池の秘書が傀儡党首で

全員小池の威光だけで議席取ったような政党なんだから

不祥事起きたら小池に累が及ばないわけないだろ。

とはいえ子分の少ない人間が急拡大するには変な奴が大勢集まるのは覚悟でこれしかない。

秀吉みたいなもんだ。

sasanach 「都民ファーストの会」そのものから脱退したと勘違いしているようなコメントもちらほら。船長を辞めただけで、まだ下船まではしていない。

ちらほらどころかうじゃうじゃだろ。

バカばかりだよな。

いや、はてなでもここまで情弱バカが多いのかってびっくりしたわ。

下船も糞も、一蓮托生に決まってるじゃん。

橋下みたいに全部放り出して「政治家辞めます」なんてオプション小池には無いし。

uturogi_soy これで地盤は築いたし そろそろ好き放題やる気配がする

リンク2017/07/03

気がするじゃなくて確定なんだよなあ。

でも当たり前の情勢認識しててくれて嬉しいよ。

話の通じないキチガイ村で素朴に話の通じる人物にあったら天使に見えるよな。あの感じがする。

btoy 形だけ辞任すれば安心して院政をしけるし。都民ファースト小池氏の意向を反映させるだけの存在だし。何も変わらないから安心しよう。

うん。これだけなんだよね。

何言ってるんだろうねはほんとに。


まともな批判

hamukatumix そりゃそうだ。都議会与党の代表が知事じゃ座りが悪すぎる。

この、あたりまえの認識が、超少数派なのな。

つらみ。つらみってレベルじゃねえな。

キチガイしかいない話が通じない村に紛れ込んだみたいな気分だ。

それか重度痴呆老人施設とか危険な精神病患者の病棟とか。

type-100 都ファは別に支持していないが、建前だけでも知事と正当代表を分けるのは良いことでは。

うん。

マジで当たり前のことを当たり前にやってるだけなんだけど…

朝日新聞はこれ悪意を持って扇動しようとした記事なのかな?

さすがにそんなことないよね。

まさかここまで情弱バカがいて勝手に騒ぐとは想像してなかっただろう。

この件では朝日新聞は無罪だ。

quality1 「二元代表制等々への懸念があることも想定」←これ代表就任時からわかってたよね?おかしくないですか?

まあおかしいよね。

でもそのツッコミは6月の就任直後にすべきだったんだよね。

都知事小池都議会政党の代表も小池、おいそれぇ!もし都民ファ勢が過半数とったりしたら独裁やんけ!」

ってさ。

そして実際都民ファ勢が過半数を取ってしまった。

そしたら小池独裁丸出し過ぎる二代表制の形はさっさと解除したと。

アホ達は2周ぐらい遅れてて批判どころじゃないと。

グズどもがダウトすることも出来ないうちに小池カードが流し終わりましたって言うニュースなんだよなあこれ。

miz1972 安倍首相独裁とは片腹痛い。見せてあげますよ、真の独裁政治をね

過半数占めただけですぐ独裁者って言うのもどうかと思うがまあ独裁的なことが可能な勢力になったつーことだよな

はしご外した」「逃げ出した」とか言ってるトンチンカンバカに比べると

これでも比較的正しく現状を理解している賢者側だと言うね…


余談

kowyoshi 後任の野田数Wikipediaを見たらアントニオ猪木に訴えられているとのことなので、猪木と泥沼の争いをしているサイモン猪木らIGFの面々は野田と組もう。ケンドー・カシンの出番だ!(やめろ) 政治 選挙 東京 地方自治 17 clicks

おまえはちょくちょくプオタだけど結構ネタがふるいよな。

いまの新日やWWEは新たな黄金期来てるんだから見とけよ見とけよ~

taka37564 これあれだろ? 家康が早々に秀忠に将軍の座を譲ったやつだろ。政敵に奪われる前に自分の息のかかった者に譲って内輪で固定。

はい、小池の説明としても家康の説明としても間違ってます。

家康の将軍の座を誰が奪えたんだよ?言ってみ?

関ヶ原終わって、家康の政敵って誰だよw

賢そうに見えると思って適当なこと言ってるせいで却って無知」と「しったかクン」が丸出しだからな?

おめーが現代の政治にも過去の歴史にも全然詳しくないのはそのコメントだけでよーく分かったからもういいよ。


まとめ

都知事として新たに選ばれたのに自民都議連を始めとした古い都議会露骨対立姿勢出したわけ。握手も拒否するガキ爺とかね。

その時点で民意蔑ろもいいとこなんだがじゃあ都議選で白黒つけましょうとなって、小池要請した子分団体圧勝して都議会入れ替わったの。

なのでこれから本格的小池都政が始まるけど、独裁臭しすぎるから子分団体の代表は予定通り降りたの。

これだけの経緯と情勢を把握してない幼稚園児達に道理説くのも疲れるの。

まだもうちょい書いてたんだけど字数多すぎっていわれたからもうイイや。

増田字数制限なんてあるんだね。

superabbit 大阪と全く同じルートを辿っていることに草生える

そのうち、都民ファースト議員不祥事ポロポロ出てくるんじゃないの。

小池の是非はともかく、

根性ある奴が飛び出してきて自分の政党作って勝利すること自体を「大阪と同じ」でまとめられたら未来永劫政治改革なんか出来なくねーか?

こうやって雑に共通点あつめて「全く同じ」って言う奴知恵遅れの極地だからしんで欲しいよな

この論法の究極はちょっと誰かが大勝したら「ヒトラーと同じ」ってやるあれだがバカにも簡単理解できるのでバカの多い世の中ではヒットする

麻薬みたいなものなので法律で取り締まった方がいいと思う

あと不祥事は出ないわけないだろ 小池も織り込んでいるだろよ

追記

hungchang 代表は野田氏に「戻る」としている報道も多かったもんなあ。/ 大坂の陣以前の徳川家に政敵は数多くいただろうよ。

いねーよwww あの時点で家康から将軍奪えるやつを具体的に言って見ろよwww

関ヶ原勝利して天下は決まったの。そこで初めて征夷大将軍になったの。もう徳川の世です。大阪の陣は後始末です。

2017-06-05

これ突っ込み方でレベルを測定できる(アピールできる)良エントリじゃね?

http://anond.hatelabo.jp/20170605014204

kenjou なかなかおもしろいですけど、突っ込みどころは多いですね。「徳川」は新田源氏の「得川」から来ており、でっちあげではないです。早雲の伝説が生まれたのは江戸時代で、後北条氏自体は関与してないです。などなど。

リンク2017/06/05 Add Star

damae 徳川家康源氏だって時点で独自研究どころかただの妄想だよ。徳川家康家系図いじって源氏の末だと名乗っただけで、徳川氏松平氏)は清和源氏だなんて証拠は今の今まで一つも見つかっていない

リンク2017/06/05 Add Startsutsumi154

たとえばこの徳川に突っ込んでる2つ

どっちも間違ったことは書いてないけどいろいろわかってるのは圧倒的にkenjouのほうだよね

徳川家系は怪しい」なんてのは歴史まとめレベル知識で、そこで立ち止まって大威張りということは下の人全然それ以上のものがない

徳川新田系名乗ったか徳川なんやで」って知識アピールしたがるほうは、まだそれ以上のことも知ってそう

operator 平清盛伊勢平氏平氏の本流じゃないというのがポイントなのかなぁ?

リンク2017/06/05 Add Star

平家平氏のいち庶流」まあ歴史まとめレベル

death6coin だが、平将門本人には独立志向はなかったという説が

リンク2017/06/05 Add Star

ぶっきらぼうすぎるけどこの話へのツッコミとしては核心であり

そこを選べるということはわかってる人っぽい

瑣末な知識アピしないとこも大物感(シッタカが真似して失敗すると臭みが凄くなる)

Cunliffe 「(そして信長様~とか秀吉様~とか言っている時代劇が全部嘘っぱちだということも分かるだろう)」うん「真田丸」あたりから変わったよね。

リンク2017/06/05 Add Star

素朴なにわかなのでいじめたくならないにわか

真田丸()から変わった。お前がそう思うんなら(略)

one-chance 教科書全然書いてなかった部分。面白かった。忌み名なのは知らなかった! 鎌倉幕府

リンク2017/06/05 Add Star

にわかですらない、戦うつもりのない素直な感想 ただなんかこういう感想見ると互助会みたいに感じるようになったこちらの心のヨゴレ


かい

「この話をするなら北条なんて木っ端じゃなく千葉一族スポットライト当たるべきだろJK

かな

北条全然関東盟主なんかやれてないのはいちいち指摘しないのがスマートであり(眼鏡クイー)

鎌倉戦国時代に燦然と輝く北条家は、日本史教科書では分からない

http://anond.hatelabo.jp/20170604204919

日本史教科書いくら見ても本当のところは理解できないんですよ。

なぜ北条家が坂東武士の頂点に立ち、鎌倉幕府頼朝が作ったにも関わらず、北条がその後の支配権を握り続けたのか。そして戦国時代に「後北条家」が、北条家と特に関係がないのに成立し、関東盟主足り得たか源氏とは、北条とは何か。

北条は、坂東平氏の家柄である坂東平氏とは、桓武天皇の血を引く、関東にやってきた平氏総称であり、その五世である平将門新皇自称して、朝廷に対して関東支配権を主張して反乱を起こし、敗れた後に祟りを起こして神となったことで、関東に決定的な影響力を及ぼすようになった。

平将門は神である。そこを間違えてはいけない。平将門怨念とされるものは畏敬の対象として、現代人に対しても深く印象づけられているが、関東ではほぼすべての神社平将門を祀っていたほどに力があった。坂東武士たちにとっては、平将門は実際に神であり、朝廷反旗を翻し関東独立した政権を、坂東平氏が頂点となって打ち立てることは坂東武士の念願であった。平忠常というそのへんの平氏関東で反乱を起こしただけで一大ムーブメントになってしまうぐらい、平氏関東支配朝廷から独立するという夢は坂東武士の間に広がっていた。元記事に書かれている関東の有力豪族千葉氏上総氏は、平忠常の子孫とされている。

そこにやってきたのが源頼朝である源頼朝清和源氏事実上嫡流である清和源氏桓武平氏といった用語を知らない人のために説明すると、天皇家は偉いわけだが、子孫がいつまでも皇族だと皇族が際限なく増えてしまい、現代で言う宮内庁予算が際限なく増えてしまうので、どこかで平民になってもらわなければならない。平民になる時に、皇族には名字がないので、名字を与える必要がある。その時に、源、平の名字が与えられた。天皇の血を引くスゴイ人たち、という意味が源、平という姓には込められている。清和源氏清和天皇の子孫で源姓を名乗った人たち、桓武平氏桓武天皇の子孫で平姓を名乗った人たちである

たとえば足利も、徳川も、本姓は源である。源尊氏源家康が本名だ。なぜ足利とか徳川というかと言えば、源が増えすぎて区別必要が出てきたというのもあるが、源というスゴイ名字を出すのは気が引けたから、という要素が大きいように思う。本当の名字は避け、住んでる所を名字にする、といったことをして、木曽義仲とか、足利尊氏とか、あるいは自分でっち上げ徳川という名字を使った家康のような人もいる。これを説明するには、武士にとって本名いかに大切であったか述べなければならないが、面倒だ。武士の下の名前は諱(忌み名、呼んではいけない名前)とされていたということを考えれば、上の名前もそれなりに大事だということはわかると思う。(そして信長様~とか秀吉様~とか言っている時代劇が全部嘘っぱちだということも分かるだろう)

平忠常の乱を平定しようとした、桓武平氏嫡流平直方は、乱の平定に失敗するが、清和源氏事実上嫡流である源頼義を婿に迎え、領地であった鎌倉を譲り渡す。この時、鎌倉坂東源氏拠点であると同時に、平氏源氏嫡流が交わった聖地という意味が生じた。そこから八幡太郎義家が生まれ源氏の声望が高まり、その嫡流である頼朝権威づけていく。

ここまでくれば、坂東平氏である北条家が頼朝を婿にとり鎌倉本拠地に据えた意味が分かるだろう。平家源氏が交わり、鎌倉拠点とするというのは故実に則った神聖儀式なのだ。ちなみに、北条家が坂東平氏の由緒正しい血筋だというのはおそらく自称であり、フィクションである。だが坂東武士は将門の祟りの方が怖いので、血筋の細かい所は気にしないのだ。

鎌倉に作られた幕府は初めから天皇を中心とする朝廷対立関係にあり、承久の乱勝利することで朝廷の上位に立ち、皇位継承操作するまでになった。それはなぜかといえば、平将門朝廷から独立志向していたかである平将門怨念が実際に実を結んだのが鎌倉幕府である頼朝の下で働いた北条梶原三浦和田千葉熊谷などは、みな坂東平氏である。そして役割を終えた源氏はどこかに消えて、坂東平氏北条家による支配が行われた。

そして戦国時代、後北条家の話になるが、後北条家は伊勢新九郎盛時、北条早雲によって立ち上げられる。伊勢氏室町幕府政所執事の家柄で、ものすごく偉い。ちなみに桓武平氏である

室町幕府というのは北条家に牛耳られた鎌倉幕府を倒して出来た政権である鎌倉幕府内の源氏で最高の血筋だった足利鎌倉幕府を倒し、北条家はほぼ滅亡してしまう。そして源氏である足利京都朝廷とベッタリの幕府を作った。平氏による独立志向関東幕府から180度の転換である

史実ではものすごく偉かった伊勢新九郎盛時であるが、実家室町幕府の偉い家柄で、関東を牛耳りに来たというのは、いかにも坂東武士には都合が悪い。仕方ないので、先祖を辿れば同じ坂東平氏という縁にあやかって、北条の名を名乗ることにした。ちなみに名乗ったのは息子の氏綱の代である。そこで、おそらく後北条家のプロパガンダによって、歴史改変が行われ、謎の素浪人北条早雲が、下克上嚆矢となり関東に覇を唱えたという、我々のよく知るストーリーが現れる。よく調べると、全てデタラメである

これにより、なぜ後北条家が秀吉と争い、滅亡への道を歩んだかも分かるだろう。秀吉関白天皇代理である天皇と対抗する存在である坂東武士にとって、秀吉に降ることは、平将門祟りを招きかねない決断であった。そのため、天下の趨勢が決しても、徳川伊達の援軍が得られなくても、単身で秀吉と抗い、滅びたのである。それだけ将門の祟りへの畏れや、坂東武士の誇り、天皇家という存在に対する対抗心が強かったのだ。

平将門武士の始まりであり、武士スピリット体現する存在である武士は武装し土地を守り、権力に抵抗する存在であると同時に、一族で争い、殺し合う存在である。その構図は徳川家康武士を飼いならすことでご破産になり、そこにあった本質は見えにくくなってしまっているが、武士を知りたければまず平将門を見て欲しい。

続・山川出版日本史の何がすごいのか、さっぱり分からない

http://anond.hatelabo.jp/20170604204919

これの続き。(文字数制限にひっかかったので分割します)

  

三省堂日本史B 改訂版』(日B 015)

1183(寿永2)年、義仲軍は京都に入り、食糧不足もあって狼藉を続けた。京都にとどまった後白河法皇後鳥羽天皇即位させ、寿永二年の宣旨頼朝東国での支配権を認めるとともに、義仲軍の乱暴ぶりを口実にして頼朝上京要請するなど、政治力の強化につとめた。しかし、頼朝東国支配を固めるために鎌倉を動かず、かわりに弟の範頼・義経上京し、1184(元暦元)年、二人は義仲を打ち破った。

義仲が京都乱暴狼藉を働いたという記述があるのは、意外にもこの教科書だけでした。

兵糧不足のまま進撃して首都占領しても、どうせ軍規が乱れて略奪しまくるぞというのは、日中戦争における南京事件南京大虐殺)のことを言いたいのかなと思いましたが、それは深読みのしすぎかもしれませんね。どうなんでしょう?

  

また、これは下記の引用部分になりますが、頼朝が初めて上京したタイミングがいつだったかを明記しているのは、この教科書だけだと思います

(この点はとりわけ山川の『詳説日本史』が最悪です。頼朝西国での平家追討の仕事をすべて弟の範頼・義経らにやらせ自分はその間ずっと鎌倉にひきこもって地盤を固めていたという基本的事項すらも把握できない書き方がされているんです。)

頼朝挙兵以来、北条氏三浦氏などの東国武士たちと主従関係を結んで、彼らを御家人として組織した。そして1180(治承4)年、御家人の統率と軍事警察担当する侍所を設けて、有力御家人和田義盛別当長官)に据えた。さらに1184(元暦元)年、一般政務をつかさどる公文所(のち政所)と問注所を開設し、実務に優れた下級官人らを側近にして職務を分担させるなど、支配機構の整備を進めた。

頼朝後白河法皇要請を受け、範頼と義経平家追討を命じ、1185(文治元)年、長門壇ノ浦平氏を滅亡させた。後白河法皇頼朝権力拡大を恐れて義経を重用し、頼朝の追討を命じたが失敗した。逆に頼朝は、親鎌倉派の公卿九条兼実藤原兼実)らを朝廷重要政務担当する議奏につかせ、反鎌倉派の貴族追放し、義経の捜索を名目に国ごとに地頭を置くことを認めさせた。さらに1189(文治5)年、頼朝義経をかくまったことを口実に藤原秀衡の子の泰衡を攻め、奥州藤原氏を滅ぼした。こうして頼朝東国西国の多数の武士御家人として組織しながら、主に東国支配確立していった。

1190(建久元)年、頼朝挙兵後はじめて京都に入り、右近大将に任命され、後白河法皇没後の1192(建久3)年には、法皇の反対で就任できなかった征夷大将軍に任命され、名実ともに鎌倉幕府が成立した。」

当然ながら『詳説日本史』にも、侍所政所問注所地頭というキーワードは出てきますしかし、治承・寿永の乱とは別項に記述されているため、時系列が分かりづらくなっています

それに比べて、この教科書歴史の流れの中にキーワードを配置しています。だから時系列に即してこれらの言葉意味理解することができるはずです。

  

結びが「名実ともに鎌倉幕府が成立した」という記述になっているのも、味わい深いです。

鎌倉幕府の成立が何年かという論争を垣間見ることができます名目的には1192年に幕府が成立したと言えるが、実質的にはそれ以前から幕府政治機構ができあがっていたというニュアンスを含ませているのでしょう。

  

  

  

あとは、上記引用中の「義経の捜索を名目に国ごとに地頭を置くことを認めさせた」という記述が最高にクールです。

一般には1185年、義経の捜索を名目にして守護地頭が設置されたとされていますし、国ごとに置かれた役職地頭ではなく守護だと暗記している人が多いんじゃないでしょうか?

例えば山川の『詳説日本史』はそうなっています。それによると、頼朝は1185年に「諸国には守護を、荘園公領には地頭を任命する権利」を獲得したとされています守護は「おもに東国出身の有力御家人から選ばれて「原則として各国に一人ずつ」任命され、「大犯三箇条などの職務を任とし」て国内御家人を指揮統率し、とくに東国では在庁官人支配することで「地方行政官としての役割も果たし」ました。いっぽう、地頭は「御家人のなかから任命され、任務年貢徴収・納入と土地官吏および治安維持」です。「頼朝は主人として御家人に対し、おもに地頭に任命することによって先祖伝来の所領の支配保障したり(本領安堵)、新たな領地を与えたりした(新恩給与)」わけですが、このことが御恩と奉公関係となって封建制度の基礎となりました。

  

ところが、三省堂の『日本史B 改訂版』(日B 015)によると、ここの説明がこれとまったく異なります。私が先に引用した項では、1185年の出来事として守護の設置には言及せず、地頭の設置だけが記述されていますしかもその"地頭"は国ごとに置かれたものだとされているのです。

私は最初にこれを読んだとき、わけがからなくて混乱しました。それでがんばって自力で調べてみて(独学なので苦労したナァ)ようやく理解できたのですが、1185年の文治の勅許守護地頭が置かれたとする『吾妻鏡』の記述には疑いがあり、実はこれがかつて学者の間でも論争になったテーマだったらしいのです。

1960年石母田正が新説を発表したのですが、おおざっぱに言うと、新説では、この時点で置かれたもの守護地頭ではなく、地頭(国地頭)だったとしています。それはわれわれが普通一般に知っている地頭(荘郷地頭)とは異なり、一国を統括する強大な権限を持つ存在です。この国地頭はすぐに廃止され消滅しましたが、守護前身となりました。

三省堂教科書は、次項でそのことが説明されています頼朝がはじめは国ごとに"地頭"を派遣して荘園国衙領のいずれからも兵糧米を徴収させていたこと、そのやり方がひどすぎたから反発を招いて、以後は"地頭"に代わるものとして守護を置いた、という記述になっています。またこれに続いて、頼朝は「荘郷地頭と呼ばれる地頭を任命し」、平氏没官領や謀反人の所領跡で「年貢公事徴収治安維持に当たらせた」としています

このように、三省堂教科書では、「国地頭」と「荘郷地頭」をはっきりと区別しているのです。

  

実教出版もこの新説を採用していますこちらも合わせて読んでおくと、国地頭のことが大変よく分かります東京出版は本文の記述が旧説に拠っていますけど、欄外では国地頭が惣追捕使とならび、守護前身として存在していた話をちょこっと説明しています。これらの教科書は「国地頭」論争の成果を取り入れており、学問的に誠実だと思います

それに対して山川の『詳説日本史』は旧説を採用し、1185年に守護地頭の設置が認められたとする断定的な記述になっています。これが他の教科書とのあいだに無用矛盾を生じさせているのです。私と同じようにこの点につまづいて、困惑してしまった高校生が少なからずいるんじゃないでしょうか。

  

なお、山川参考書『詳説日本史研究』にもこの新説の紹介はありません。同社『日本史B用語集』には「国地頭」という用語掲載されていて、そこでは一応説明がされているんですが、あたかも国地頭が荘郷地頭前身だったと思わせるような記述です。

地頭(じとう)⑪:1185年、頼朝要請後白河法皇諸国公領荘園地頭を設置することを認めた。当初は1国単位荘園公領支配する国地頭を設置したが、まもなく平家一族の所領として没収された平家没官領と謀反人跡地に限定した荘郷地頭となった。しかし、公家寺社の強い反対で、一時縮小、承久の乱後に全国化した。任務土地管理年貢・兵糧米の徴収治安維持など。

地頭⑤ 荘郷地頭

  

山川出版日本史B用語集』より

ですが三省堂実教出版東京書籍教科書によると、国地頭はむしろ守護へと発展的解消を遂げたという記述なんですから、『日本史B用語集』のこの説明とはやはり若干の矛盾が生じています

「国地頭」を教科書に載せている上記の主要3社の文脈に従うなら、この用語独立の項目として取り扱うか、せめて「地頭」の項目じゃなく「守護」の項目にいれて取り扱うべきじゃないでしょうか。

  

(追記 これはインターネット上の情報なので私は未確認ですが、現在は『詳説日本史』にも国地頭掲載されているそうです。近年改訂されたんでしょうか。

予防線として言っておくと、私は高校日本史Bを履修しなかったし、大学歴史学勉強したわけではありません。高校時代文転して受験するかと生半可に考えていて(結局やめたけどね)、興味本位教科書を読んでみただけの素人です。

さいしょの方でも書いたとおり最新版教科書を持ってません。はてブでバズっていてびっくりしましたが、このエントリ専門家レベルのものとして受けとるのは、恥ずかしいのでやめてください。

再追記。id:HRYKtbykさん、確認をしてくださり感謝。)

  

  

  

(追記2

複数教科書を読み比べすることで、『詳説日本史』を読むだけでは見えないポイントが浮かび上がってきます

『詳説日本史』では、前九年合戦後三年合戦のところで、「これらの戦いを通じて源氏東国武士団との主従関係を強め、武家棟梁としての地位を固めていった」とあります。これが後の頼朝挙兵につながるわけですが、それは時代を経てからのことだから教科書のページが離れすぎていて、この関連が把握しづらくなっています

ここで例えば山川出版社新日本史B 改訂版』(日B 018)のような他の教科書と読み比べてみると、『詳説日本史』がこの簡潔な一文を通して伝えたかったことを理解することができるのです。(上述参照)

  

つぎは例えば、貫高制・石高制を見てみましょう。

『詳説日本史』によると、戦国大名性格は次のように説明されています戦国大名は「新たに征服した土地などで検地をしばしばおこなっ」て、それにより「農民に対する直接支配」を強化しました。そして国人地侍を取り込むため、貫高制を導入しました。これは戦国大名が彼らを「貫高という基準統一的に把握」して軍役を課す制度でした。それでここからすこし時代下り、別のページで豊臣秀吉太閤検地説明しています太閤検地により石高制が確立しました。それは「荘園制のもとで一つの土地に何人もの権利が重なりあっていた状態を整理」し、「一地一作人」を原則とするものです。農民は「自分田畑所有権を法的に認められることになった」わけです。

このような記述だけでも表層的な理解はできると思いますが、実教出版日本史B 新訂版』(日B 014)は、貫高制について「荘園の複雑な土地制度は貫高に組み込まれ大名統一的な国内政治を推進」するものとしています。『詳説日本史』ではせいぜい石高制と荘園制の関係しかからないでしょうが、本書はこのように貫高制と荘園制の関係を明示しているのです。

この視点を最もわかりやす記述しているのが、三省堂日本史B 改訂版』(日B 015)です。本書は貫高制、石高制、荘園制の全部を一つの項目に入れて記述しています。それによると、秀吉太閤検地を行い、「戦国大名の貫高制にかわって、それを発展させて全国に広げた石高制」を導入、その結果「荘園制を完全に崩壊させ」ました。このポイントを把握しておけば、中世から近世への社会の変化を、土地一元的支配確立荘園制の衰退・消滅という視点で見ることができます。本書の特徴は、貫高制・石高制をともにこの視点から語っていることと、しかもそれが荘園制を「完全に崩壊させ」たと言い切っていることです。

ちなみに、東京書籍日本史B』(日B 004)では、石高制を「近世封建制体制原理」と書いています。これがまったく新しい制度であることを強調しつつ、近世という言葉を使ってその射程を江戸時代にまで広げているのです。)

2017-05-19

園城寺(おんじょうじ)は、滋賀県大津市園城寺町にある、天台寺門宗総本山。山号を「長等山(ながらさん)」と称する。

開基(創立者)は大友与多王、本尊弥勒菩薩である日本三不動の一である黄不動で著名な寺院で、観音堂は西国三十三所観音霊場の第14番札所である。また、近江八景の1つである三井の晩鐘」でも知られる。

なお一般には「三井寺(みいでら)」として知られるため、本文では「三井寺」の呼称を用いる。

目次 [非表示]

1 歴史

2 伽藍

3 黄不動

4 文化財

4.1 三井寺秘仏

4.2 国宝

4.3 重要文化財

4.4 その他

5 御詠歌

6 前後札所

7 交通

8 周辺

9 脚注

10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク

歴史[編集]

三井寺7世紀大友氏 (古代)の氏寺として草創され、9世紀に唐から帰国した留学円珍天台寺門宗宗祖)によって再興された。三井寺平安時代以降、皇室貴族武家などの幅広い信仰を集めて栄えたが、10世紀から比叡山延暦寺との対立抗争が激化し、比叡山の宗徒によって三井寺が焼き討ちされることが史上度々あった。近世には豊臣秀吉によって寺領没収されて廃寺同然となったこともあるが、こうした歴史上の苦難を乗り越えてその都度再興されてきたことから三井寺は「不死鳥の寺」と称されている。

三井寺」の由来となった井戸「閼伽井屋」(重文

三井寺起源については、次のように伝承されている。大津京を造営した天智天皇は、念持仏の弥勒菩薩像を本尊とする寺を建立しようとしていたが、生前にはその志を果たせなかった。天皇の子大友皇子弘文天皇)も壬申の乱のため、25歳の若さで没している。大友皇子の子である大友与多王は、父の菩提のため、天智天皇所持の弥勒像を本尊とする寺の建立を発願した。壬申の乱大友皇子敵対していた天武天皇は、朱鳥元年(686年)この寺の建立を許可し、「園城寺」の寺号を与えた。「園城」という寺号は、大友与多王が自分の「荘園城邑」(「田畑屋敷」)を投げ打って一寺を建立しようとする志に感じて名付けたものという。なお、「三井寺」の通称は、この寺に涌く霊泉が天智・天武・持統の3代の天皇の産湯として使われたことから御井」(みい)の寺と言われていたものが転じて三井寺となったという。現在三井寺には創建時に遡る遺物ほとんど残っていない。しかし、金堂付近からは、奈良時代前期に遡る古瓦が出土しており、大友氏と寺との関係史料から裏付けられることから、以上の草創伝承は単なる伝説ではなく、ある程度史実を反映したものと見ることができる。

三井寺では、他宗で「管長」「別当」などと呼ばれる、一山を代表する僧のことを「長吏」(ちょうり)と呼んでいる。貞観元年(859年)、三井寺初代長吏就任し、その後の三井寺の発展の基礎を築いたのが、智証大師円珍である円珍は、弘仁5年(814年)、讃岐国那珂郡香川県善通寺市)に生まれた。俗名は和気広雄、母方の姓は佐伯氏で、円珍の母は弘法大師空海の妹(もしくは姪)にあたる。幼時から学才を発揮し神童と呼ばれた広雄は、15歳で比叡山に登り、初代天台座主義真に入門。19歳の時に国家公認正規の僧となり、円珍改名した。その後、比叡山規定に従って「十二年籠山行」(12年間、比叡山から下りずにひたすら修行する)を終えた後、大峯山熊野三山を巡って厳しい修行をする。このことから三井寺修験道とも深い繋がりを持っている。仁寿3年(853年)には唐へ留学して6年間、各地で修行青龍寺の法全(はっせん)から密教の奥義を伝授された。天安2年(858年)、円珍は多くの経巻、図像、法具を携えて日本帰国した。翌貞観元年(859年)、大友氏の氏寺であった三井寺に「唐院」(とういん)を設置。寺を整備して修行道場とすると共に、唐から請来した経典や法具を唐院に収蔵した。貞観8年(866年)、太政官から円珍伝法の公験(くげん、証明書)が与えられた。顕教密教に加えて修験道を兼学する円珍伝法は、これによって政府公認を得たわけであり、天台寺門宗ではこの時をもって開宗と見なしている。貞観10年(868年)、円珍天台宗最高の地位である天台座主就任。以後、没するまでの24年間、その地位にあった。

円珍の没後、比叡山円珍の門流と、慈覚大師円仁の門流との2派に分かれ、両者は事あるごとに対立するようになった。円珍の没後1世紀まりを経た正暦4年(993年)には、円仁派の僧たちが比叡山内にあった円珍派の房舎を打ち壊す騒動があり、両派の対立は決定的となり、円珍派は比叡山下りて、三井寺に移った。比叡山延暦寺を「山門」と別称するのに対し三井寺を「寺門」と称することから、両者の対立抗争を「山門寺門の抗争」などと呼んでいる。比叡山宗徒による三井寺の焼き討ちは永保元年(1081年)を始め、中世末期までに大規模なものだけで10回、小規模なものまで含めると50回にも上るという。

三井寺は、平安時代には朝廷貴族尊崇を集め、中でも藤原道長白河上皇らが深く帰依したことが知られている。これら勢力から寄進等による荘園多数を支配下におき、信州善光寺荘園末寺として記録に著れる。中世以降は源氏など武家信仰も集めた。源氏は、源頼義三井寺に戦勝祈願をしたことから歴代尊崇が篤く、源頼政平家打倒の兵を挙げた時にはこれに協力し、平家を滅ぼした源頼朝も当寺に保護を加えている。頼朝意思を継いだ北条政子もこの方針継承し、建保元年(1214年)に延暦寺に焼き払われた園城寺大内惟義・佐々木広綱・宇都宮蓮生ら在京御家人に命じて直ちに再建させている。しかし、園城寺僧侶として育てられていた源頼家の子公暁叔父である源実朝暗殺するという事件を起こしたために、以後鎌倉幕府より一時冷遇を受ける。だが、北条時頼の信頼が厚かった隆弁が別当就任すると再興され、続く南北朝内乱でも北朝足利氏を支持したことから室町幕府保護を受けた。両幕府のこの厚遇は、強力な権門である延暦寺勢力牽制するために園城寺に対して一定支援をすることが必要であると考えられていたからだと言われている。

文禄4年(1595年)、三井寺豊臣秀吉の怒りに触れ、闕所(寺領没収事実上の廃寺)を命じられている。三井寺が何によって秀吉の怒りを買ったものかは諸説あって定かではない。この結果、三井寺本尊や宝物は他所へ移され、金堂をはじめとする堂宇も強制的に移築された。当時の三井寺金堂は比叡山に移され、延暦寺転法輪堂(釈迦堂)として現存している。慶長3年(1598年)、秀吉は自らの死の直前になって三井寺の再興を許可している。これは死期を悟った秀吉が、霊験あらたかな三井寺祟りを恐れたためとも言われている。秀吉の再興許可を受け、当時の三井寺長吏・道澄が中心となって寺の再興が進められた。現在三井寺の寺観は、ほぼこの頃に整えられたものである

明治維新後は天台宗寺門派を名乗っていたが、1946年以降は天台寺門宗総本山となっている。

増田 長盛(ました ながもり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名。豊臣政権五奉行の第三席。父母は不詳、弟に増田長俊、子に盛次、長勝、新兵衛。官位従五位下・右衛門少尉

目次 [非表示]

1 生涯

1.1 仕官以前

1.2 秀吉近臣時代

1.3 郡山城時代

1.4 秀吉没後、関ヶ原合戦での転身、以後

2 子孫

3 主な家臣

3.1 一門衆

3.2 重臣

3.3 その他

4 脚注

4.1 注釈

4.2 出典

5 関連項目

生涯[編集]

増田長盛邸址(愛知県稲沢市増田町

増田長盛屋敷跡(滋賀県長浜市朝日町

生地は2つの説があり、1つは尾張国中島郡増田村(現在愛知県稲沢市増田町)[注釈 1]だったという説、もう1つは近江国浅井郡益田郷(現在滋賀県長浜市益田町)[注釈 2]だったという説がある。上野国存在した増田氏との関係不明である

仕官以前[編集]

秀吉仕官する以前の経歴は明らかでないが、一向宗徒であったという説がある。永禄7年(1564年)側室との間に長男・長勝を儲けている。

秀吉近臣時代[編集]

天正元年(1573年)、28歳の長盛は、まだ織田信長の家臣であった羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に召し出され[注釈 3]200石で仕えた[1]が、この時期に正室を迎えたと見え、天正8年(1580年)、嫡男・盛次が誕生している。盛次の誕生に際し、銘吉光九寸五分の短刀を与えたことが盛次討死後、乳母の口から語られて記録に残されている。

秀吉の麾下で中国攻めをはじめ多くの戦に従軍し、鳥取城攻めでは「陣中萬の物商の奉行」を命じられた。天正10年(1582年)には奏者に任じられ、上杉景勝との外交交渉などを担当した。同年の吉田兼見日記名前が登場している。

天正12年(1584年)3月小牧・長久手の戦いでは先陣を務めて兜首二つを取る功を上げ、この功績で2万石に加増され、翌天正13年(1585年)3月紀州攻めでは、大谷吉継と共に2,000の兵を率いて従軍根来衆津田監物、西谷延命院を斬った武功があったとされ(『根来寺焼討太田責細記』)、従五位下・右衛門尉に叙任されている。

天正18年(1590年)の小田原征伐においては里見義康担当の申次となり、安房国で差出検地の施行知行宛行状の発給を行っており[2][3]、後北条氏が滅亡すると、さら下野常陸安房大名に対する豊臣政権の取次となった[4]。この年、中村一氏駿河国駿府14万石に移封になったのを受け、近江国水口6万石を拝領している。

太閤検地では石田三成長束正家らと共に中心的な役割を担い、近江国美濃国越後国などの要地の検地奉行を務めた。普請積極的で、京都では鴨川に架かる三条大橋五条大橋改修工事にもあたり、三条大橋には今も長盛の名が刻まれる。伏見城の改修も分担した。

文禄元年(1592年)から文禄の役では、石田三成大谷吉継とともに朝鮮に渡って漢城駐留し、奉行として占領統治兵站に携わった他、碧蹄館の戦いや幸州山城の戦いにも参加している。

文禄4年(1595年、豊臣秀次秀吉の命で切腹する「秀次事件」が起きると、長束正家と共に秀吉との間に対立が生じた豊臣秀次の老臣を糾問するなどしている。文禄5年(1596年)にはサン=フェリペ号事件の処理で土佐に赴き、このとき対応秀吉によるキリスト教フランシスコ会)の弾圧日本二十六聖人殉教)の端緒を開いた。

郡山城時代[編集]

文禄4年(1595年)、豊臣秀長の後を継いだ豊臣秀保が没すると7月大和国郡山城20万石の所領を与えられる。高田一英・浅井井頼ら大和大納言家の旧臣の多くは長盛が召抱えた。長盛はまた郡山城に総堀をめぐらす大掛かりな普請を行った。東では秋篠川の流れを東に変えて水流を佐保川に落とし、西に多数の溜池を繋いで堀となすなどした。この普請のために大和から夫役徴発され、普請は翌文禄5年(1596年)に完成を見た。慶長元年(1596年)には紀伊国和泉国の蔵入地管理を委ねられている。秀吉晩年には五奉行となる。慶長2年(1597年)には再び安房国を訪れて、総検地を施行している[2][3]。

慶長の役では開戦後国内にいたが、慶長4年(1599年)に予定されていた大規模攻勢では福島正則石田三成とともに出征軍の大将となることが決定していた[5]。しかし、慶長3年(1598年)8月秀吉が没したためこの計画は実現しなかった。

秀吉没後、関ヶ原合戦での転身、以後[編集]

慶長3年(1598年)に秀吉が没すると、石田三成は反徳川家康立場を鮮明にし、長盛もこれに与して打倒家康の謀議に参加。慶長5年(1600年)には長束正家前田玄以など五奉行連判で家康悪事糾弾する弾劾書を示し、五大老毛利輝元宇喜多秀家擁立して挙兵西国大名西軍加担を要請する文書を送るなど精力的に活動した。

伏見城攻めには自ら参加し[注釈 4]、重臣・福原左衛門をして城内に籠る甲賀衆に寝返りを促し、落城に導いている(甲賀郡志)。大津城の戦いには一門の増田左衛門を陣代として軍勢派遣し、増田勢は大津城の湖水方面から城壁を越えて乗り込み攻撃した。同城の戦いではまた、家臣・中村金六が敵方勇士・浅見藤右衛門と組み打ちし功名をあげた。 しかし、一方で家康に三成の挙兵を内通し、また三成の資金援助要請も渋るなど対東軍への保身工作も講じている。9月15日に行われた関ヶ原の戦いには参加せず、毛利輝元とともに大坂城守備部隊として西の丸に兵3,000を率いて駐屯戦後9月25日出家して謝罪し、9月27日大坂城西の丸にて沙汰を申し渡され改易となる。その身柄は高野山に預けられた。

後に高野山を出て岩槻城主・高力清長預かりとなる。慶長19年(1614年)8月家康より召喚され大坂方への和睦の仲介を依頼されるもこれを断る。元和元年(1615年)、尾張藩主・徳川義直に仕えていた息子の増田盛次が長盛との相談の上で義直の了解を取り大坂夏の陣尾張家を出奔して豊臣氏に与したが、戦後この責任を問われ自害を命じられた。享年71。

三白眼であり豊臣家を滅ぼした元凶ではないかと後世に語り継がれている。安藤英男は、長盛が三成失脚後に100万石以上に相当する豊臣氏の蔵入地を一括管理していた点を指摘し、長盛が家康に通じずに蔵入地100万石がもたらす資金人員を豊臣家及び西軍のために振り向けたならば、関ヶ原の戦況も西軍有利に転じた可能性があったとして輝元とともに西軍敗戦の原因と分析している。

墓所埼玉県新座市の金鳳山平林寺。当初、騎西郡金重村にあった平林寺に葬られたが、松平信綱によって平林寺が移転された際、新座郡野火止に移った平林寺の境内に移された。明治年間、子孫が墓石を再度移転している。

2017-04-23

腐女子は何で嫌らしく最低最悪なのか

連中が言うには「私たち差別されてきたからー!不当に叩かれてきたからー!」と喚くが当然違う

いや、そういうおぞましい被害妄想も、連中の屑さの一因に間違いないが、連中は不当に差別されてきたことも叩かれてきたこともない

そんなことを言えば、ネットでも現実でも男オタの方がよっぽど叩かれている

では連中の被害妄想の原点は何か

まあ言うまでもなく、腐女子同士の内乱自治

特に腐女子による夢女子へのバッシングは激しく、勝った腐女子殆ど女子に対してどんな言いがかりを付けても構わないことになっている

彼女らは血で血を洗う腐女子同士の内乱に勝つと、今度は男オタへの侵略バッシングを始めた

まるで秀吉朝鮮出兵のように

しかし言うまでもなく、連中は本質的にバラバラであり、団結力を得るために必要なことと言うのが正に『被害妄想』なのである

正にドイツ人ユダヤ人へのありもしない被害妄想で団結したのと同じだ

結果的彼女らのやり口は完全なモワハラである

「お前らが叩かれるのはお前らが悪い」

言うまでなく、最も結婚してはいけない相手

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん