「麻薬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 麻薬とは

2020-06-04

安穏土

都で鳴らした名もこの辺境では意味をもたない。名も果つる僻地、果名(はてな)の国は、大きく安穏土(あのんど)と伏魔区(ふくまく)に分けられる。

安穏土はその名の通り平和土地だ。田園を愛して勤勉に働き、土地を拓いて田を増やす…その生き方から増田(ますだ)と呼ばれる民が暮らす、のどかな一帯である

いっぽうの伏魔区はといえば、これは同じ国とは思えぬほどに荒廃した魔境である南蛮渡来の「星薬(スタア)」と呼ばれる麻薬蔓延り、これを奪い合って人々が常に争っている。ここに住まう民は、病に伏せり魔にとらわれ禍をまきちらす、伏魔禍(ぶくまか)と呼ばれ恐れられる。昔からここまで酷かったわけではない。かつて伏魔区の中心には美しい都があり、そこでは人々が肩を寄せ合って笑い、その日の喜びや発見を語り合う平和光景も見られたのだ。しかし人心が荒廃すると狼藉者たちはその都こそを第一に狙った。いまでは、廃区(はいく)と呼ばれる草の一本すら生えない荒地が残されているだけである

2020-06-02

anond:20200602150304

嫁にちょっとでも悲しい思いをさせたのが辛いんだよ。

あと、「たかが」という言葉麻薬だ。それをいったら人生だって地球だってそうなる。俺はその言葉を使わないよう、おぼれないようにしている。

自分に合わないものは何でも見下してよい、という傲慢しか残らないから。

ポリティカルポルノアディクションって保険適用しても良いと思うよね?

日本語でいうと何だろ?正義依存症?

たぶん馴染みなさそうだから簡単に言うけど、依存症の一つで、他人ミスや考え方の誤りが許せなくて攻撃的になることらしい。

潜在的には人口の三割が考え方の違いを許容できず、トラブルを起こしてしまうんだそう。

よく言う「政治宗教野球は話すな」ってやつ。正義の怒りを我慢できない人が三割いる。スゲー数字だよね実際。アメリカ差別反対の規則を入れるまで、大卒白人差別是正されないことを理由退職するなんてのもいた。

その割にデモ参加者が少ないのは、その三割の人たちも自分の興味のある分野しか反応しないってことだね。

身近なこと、あるいは身近に感じられることが舞台になる。

日本ではアベガーとかネトウヨとかで本気になってる人たちか。

昭和にも少し話題になって「チャンネル回すパチンコ」なんて言ってたけど覚えてる人いる?

アメリカではかなり昔から認知されてた。黒人公民権運動過激に阻止しようとする連中を、白い目(比喩)で見てた人がポツポツでたらしい。リベラルからノンポリからも、白人至上主義者からすらも。

まぁ当然で、当時の黒人家畜ではあっても敵じゃない。黒人平等は嫌だけど、それはそれとしてやり過ぎ、ということらしい。

日本では戦中の「敵性語禁止」があげられる。日本正義依存ピアプレッシャーと密接な関係があるね。昭和天皇の喪に服すとしてあれこれ禁止されたの覚えてるかな。

タバコ迫害の狂想曲も大きかったね。分煙増税は良いにしても、喫煙所撤廃や昇任の評価にいれるなんて不合理なとこまで行った。

過剰な取り締まりを行おうとする末端の憲兵暴走としては、西側よりもむしろ東側で良く見られた。

微小なものなら日常で色々経験すると思う。

こうした正義依存症の特徴はいくつかあるけど、DSM何とかによると「否定による合意を取ろうとする」ことが大きいんだって。ちな孫引きな。

ピンとこないよね。俺もこない。

戦争反対」「差別反対」「人権侵害やめろ」「ノーヘイト」「ストッ環境破壊

パッと見て、現状の否定ばっかなのわかる?

平和普及」「平等推進」「人権保護」「グッドラブ」「環境保護」でも良いはずだし実際にあるんだけど、怒ってる人は「反対」がどうしても多い。環境保護をうたってるひとも怒ることくらいあるけど、あくま依存症の人ね。

具体案を出すと当然ボロが出るから、完成品を否定する。「予めこういう基準で作れ」ってめったに出さない。

あくま否定することが本丸で、具体案を提案するとまとまりがなくなる。

この依存症の厄介なことは、本人はもちろん周りにも依存症って意識がないこと。正しさはアルコールより良く回る。

あと本人が不快なんだよね。不快なことって依存しうるわけ。DVする伴侶から離れられない、わざわざDVする人を恋人に選ぶ、なんてのもある。身近だと辛いもの好きとかかな、辛さって単に痛みらしいよ。美味しいのに。

不快なことを探しにいっちゃうあたり、本人にも苦痛なわけよ。アダルトショップまで行ってラブドールに怒ったり、「R18 真空パック」とかでググったりね。

何より信条が違うともう親の仇。ギャンブルドラッグ依存症って、集まると居心地良い。でも正義依存だと同じ正義じゃないと厳しい。政治系だと比較的集まり易い。現政権否定すればとりあえず一緒に怒れるからね。

不快でたまらないことを不快になりに探しにいく。んで怒り狂うわけ。

怒るということも快楽から脳内麻薬とんでもないけどやっぱ精神衛生上よろしくない。

依存症重要になるのは、快楽の強度じゃなくて快不快の落差なわけよ。タバコニコチン中毒で禁断症状から解放されるから中毒になる。他にも依存の形があるけど一つの理由ね。

不正義を探して怒る、これは本人の精神衛生にもよくない。怒りたいが為に支離滅裂な主張になることも多いし。っていうかほとんどの人間は理路整然と何かを主張できないよ。自分価値観を補強したいだけ。

正義感の強い人って大概がこの正義依存症なんだよね。とくに不正義に怒る人。正義と怒りは本来別なのに、不誠実に対して怒ることの快感に屈してる。

あと結構いるのが「自分が怒ってるのは不正義が存在するから」ってタイプね。

下手すると機嫌が悪いだけで周囲が間違ってることになる。俺みたいなぺーぺーならどうでも良いけど、部下をもつ上司だとヤバいよ。子供オムツ上手く替えられなかったから、書類不正義があるはず、ソースは勘、みたいな。

でもこういう人の治療には保険適用して良いと思うんだよ。

だってアニメから小説から漫画から道徳から、みんなして悪に怒れって教育するわけじゃん。

「怒るほどの悪ではない」って話はたくさんあるよ。創作では増えたよね。でも悪なら怒って当然ってことになる。

いや怒って良いんだよ。人は理不尽不愉快なことに怒って良い。

でも怒らなくても良い。怒るか怒らないか自分の都合で決めて良い。探しだして正さなくて良いのね。

他人や世の中じゃなくて、感情っていうのは自分表現するためにあるんだから

生真面目な人ほど、怒るべきって強迫観念かられてる。んで怒りすぎて依存症だよ。世の中って不正義で溢れてるからね。

さすがにこれは社会のせいでしょ。

少なくともパチンコよりよっぽど本人悪くない。

病織がまずないし、投薬やカウンセリングで必ずしも治るわけじゃない。でも治療しないよりマシ。

どう思う?やっぱ正義だし仕方ないと思う?

  

思ったより長くなっちゃったけど読んでくれてありがとう

ちなみに全部俺の創作から真に受けないでね。

💩プリプリ

追記

難しい😣

いくら修正

それっぽさを増すよう協力しろクズども。

2020-05-28

刑事訴訟法改正についてのお知らせ\(^o^)/

この度の解釈改正「桜を見る会」めぐる首相告発を不受理 東京地検:朝日新聞デジタル)によって、以上の犯罪告発はできなくなりました\(^o^)/

以下の犯罪告発も、事実上できなくなりました\(^o^)/


\(^o^)/

2020-05-25

テラハの件で山里ラジオを待ち望んでる自分

テラハの件で山里ラジオを待ち望んでる自分がいる。


別に山里を叩きたいわけじゃない。

しろ「叩かれるんじゃないか」と先回りして心配している。

でも彼が一体何を言うのかすごく気になっている。


一方、そんなことが気になる己に嫌気がさす。


これ岡村炎上の時もそう。

ちょうどひと月前、件の発言があった岡村ANNから

先週、ナイナイANNに変わるまで聴いてる。

岡村ANNはだいぶ前から聴くのを離れてたのに。

炎上があってから気になってしょうがない。

「何か起きるんじゃないか」と思って聴いた。

火事を眺めに行く行為だと自覚しながら、聴いた。

正直、いまはもう少し醒めていてもう聴かない気がする。


星野源『うちで踊ろう』にアベちゃんが便乗して炎上した時も

週明けの星野源ANNでこれに言及するんじゃないかと思って聴いた。

「もしかしたら星野源政治信条を表明するんじゃ?」

「それによって叩かれたり称賛されたりするんだろうな」と思っていた。

結果何も起こらず、肩透かしを食らった気分

…になっている己に気が付いて自己嫌悪した。





これに限らず

昨夏の吉本反社問題の時は芸人ラジオを追っかけまくったりした。

クドカンコロナに罹った時も彼のレギュラー出演するラジオを聴いた。


対岸の火事、深刻そうなポーズをとりながら

明らかにエンターテイメントとして楽しんでる自分が嫌だ。

麻薬的で逃れがたい。


俺みたいなやつは誰かに対して加害者だったりするんだろうか?

2020-05-24

anond:20200524144722

麻薬並の快楽物質出るんだよ

天然物はすぐ分解されるけどな

anond:20200524144530

取り上げると発狂するって完全に麻薬ですよコカインかな?

2020-05-20

anond:20200520201600

しか脳内麻薬の分泌だとも言えよう

あんたが脳内麻薬の分泌を嫌うのはよおくわかるよ

歴史図書館には

脳内麻薬の分泌を促進する薬物で人生台無しにした人間リストでいっぱいだ

だが

旨いことと脳内麻薬の分泌

という両者の差は

そう明瞭なものではない

旨いという感覚脳内麻薬の分泌を生み出すように

脳内麻薬の分泌もまた旨いという感覚を生み出す

そう思ったことはないか

2020-05-19

錬金術Twitterを手放すハガレン読者への違和感

Twitterをやめて初めて鋼の錬金術師の結末が腑に落ちた同人字書きの話

しかに、ツイッターは便利で麻薬のように楽しい10ちょっと前に生まれたポッと出のサービスに過ぎない。

ハガレン作中におけるアメストリス錬金術ツイッターよりもはるかに古い歴史があるが、「お父様」の目的のために歪められた邪悪技術としての側面がある。

これらをバッサリ切り捨てても、人間が生きていくことができるかどうかで言えば、まあそれなりに生きられるだろう。錬金術存在しない世界はもちろん、ツイッター存在しない生活だって、今の我々にも想像するのはさほど難しくはない。その意味ではどちらも、単なる不用品嗜好品と言ってもいい。

しかし、じゃあ元増田はどこまでが、人間本来の分相応な力だと思っているんだろう?

ハガレン世界には、錬金術と並ぶ特殊設定、機械鎧オートメイル)も存在する。元増田は、これには特に思うことはないんだろうか。あくまで欠けた人体を補う義手義足の延長だから人間の在り方を極端に変えてしまうことはない?本当にそうか?

現実の話に戻ると、元増田はこんな希望を語っている。

Twitterを退会し、同人交流をやめてできた時間の中でやりたいことは意外と早く見つかった。小説映画など色々なものに触れてみたい。

映画誕生19世紀末。人類史全体から言えば、これだってかなり新しい技術だ。

小説にしたって、その作品形式自体は古くから存在するだろうが(どこまでを「小説」と呼ぶべきかはともかく)、現在書籍が読者の手元に届くまでには、やはり無数の新技術が関わっている。

映画を見に行くには電車か車にも乗るだろう。何よりあの文章を全世界に向けて公開するにはインターネット、そしてここ、「増田」という最先端IT企業はてなの超技術結晶たる場が必要だった。

それらは全て、現在はごく当たり前の存在だが、生まれた時には人間にとって「良くも悪くも影響力が大きくて、世界もの見方を変えてしまう」不自然ものだったはずだ。

もう一度言うが、元増田現在文明の成果のどこまでを手放せば、自分が「振り回され」ずに生きていけると信じているのだろう。

これは極論めいた揚げ足取りだろうか。俺はそうは思わない。

なんにせよ、ハガレン読者のある意味での素直さと、そして鋼の錬金術師という作品自体に対する違和感再確認させてもらった。どうもありがとう

2020-05-18

他人に見せただけで捕まるもの

を皆股間に飼ってると思うと不思議な感じがする

見せただけで捕まるってのはなかなかの犯罪度ですよ 児童ポルノとか麻薬(持ってるだけで捕まる)に次ぐんじゃないか

2020-05-16

[] #85-3「幻の10話」

≪ 前

それから数日後。

「それでは第○○回、『チキチキ! ヴァリオリ制作委員会』の会議を始めます

総務である父の宣言と同時に、その会議は厳かに再開された。

ズズズッ」

「ジュルジュル」

「フーッ……フーッ…………フーッ!」

談合室に集まったスタッフたちは、拍手の代わりにコーヒーをすすって応える。

前回の反省点を活かし、今回は昼食後のブレイクタイムに行われていたんだ。

「フーッ……なあ、いつも思うんだが、砂糖入れすぎじゃないか? フォンさん」

青汁しかり、こんなもの割り切らないと飲めません」

フォンさんの前には、フロストシュガー入りの小袋が大量に開けられていた。

彼はコーヒーが好きなわけでも、甘党というわけでもない。

ただ体が欲しているか摂取している。

「ふっ、何らかのフィードバックを期待するなら、俺は栄養ドリンクでいいな……フーッ」

栄養ドリンクだってほとんどカフェイン砂糖がメインでしょ」

「だが煩わしくない」

先ほどからコーヒーを吹いてばかりなのはシューゴさん。

彼も黒い飲み物は好きではない。

それでも体が欲するから嫌でも飲んでいる。

他のスタッフたちも似たようなものだ。

必須ではないし、好きでもない。

ないならないで構わないが、あるならば漫然と求める。

それは社会人に許された強い味方(合法麻薬)だからだ。

「では飲みながらでいいので聞いてください。三回目となるヴァリオリの完全版制作について……」

昼食後で腹もふくれ、スタッフたちの精神は穏やかだった。

「前回の会議では、三回目となるヴァリオリの完全版制作において、特典映像として“幻の10話”を追加するかどうかで話し合いました」

それでも“幻の10話”と聞くと、室内は途端にピリついた。

カフェイン効果を発揮するには些か早すぎる。

「……そこで情報共有のため、今回は当エピソードについて資料をまとめてきました。お手元の資料を御覧ください」

スタッフたちは言われるまま、“幻の10話”に関する資料を読み始める。

中には絵コンテキャラクターデザインなどがまとめられていた。

「“お手元の資料を”……はんっ、一度は言ってみたいセリフだ」

シューゴさん含む古参スタッフたちは、まるでパラパラ漫画のように読み進めているが、新人スタッフにとっては興味深いものばかりだった。

特に彼らの関心を引いたのは脚本だ。

内容とかではなく“脚本があること自体”に。

「え、ヴァリオリにも脚本あったんですか!?

新人スタッフが驚くのも無理はない。

ヴァリオリの制作には、これまで脚本と呼べるようなものがなかったからだ。

次 ≫

2020-05-14

anond:20200514151513

他人いじめると脳内麻薬が出るらしくそれと同様で論破すると脳内麻薬が出るんだと思うの

あとは若者の中で顕著なのは何も言わなければ相手意見を認めたことになるから

とりあえず反論しておかないと自分不利益を被るって自己防衛機制が働いてるのではなかろうか

2020-05-13

男なら一度はセックスしておいたほうがいい女のタイプ3選

自粛生活がつづいて誰とも会えない状況なのでオナニーばっかりしている。

もちろんAVも見るが、今までしたセックスの思い出にはかなわない。

何度も自宅オナニーすることによって、自分のなかで男なら一度はやっておいたほうがいい「最高の女」が確定した。

身長が低い女の子

大学生ときに一時期付き合った女の子身長が150センチを切っていた。体重も40キロ前後だったのではないか髪型金髪のおかっぱだった。

の子と初めてセックスしたときは、脳天に電流が走るような衝撃を受けた。人形のように軽いかである。それでいて全身から女のにおいがして、わずかに弾力のあるすべすべの肌をしている。「なんだこれは」と驚愕した。

対面座位をすれば弾けるように女の身体が浮く。重力によって女が落ちてきて肌と肌がぱちんとぶつかる。この感触がよかった。ふわっと浮く身体、ぱちんという音、女の嬌声、まるで音楽演奏しているかのようだった。

つん這いにさせ、細い腰をつかんで後ろから何度も突くと、そのまま女の身体が砕け散ってなくなってしまうんじゃないかと思った。とにかく女を見るとセックスしてしまいたくなり、何度も何度もした。毎日セックスしたいと思える彼女は初めてだった。

この女とは八か月ほど付き合ったが、私の浮気によって関係破綻した。女が同居しているルームメイト口説いていることが暴露されたのだ。

女との経験によって、私は身長の低い女性を見るだけで興奮するようになってしまった。その女性が対面座位で身体を浮かす瞬間を想像してしまうのだ。

②ちょいポチャの女性

社会人ときに初めて付き合った女性は、おそらく標準体型よりプラス10キロぐらいの「ちょいポチャ」だった。胸が大きく、垂れていることが服の上からでもわかって、腹の肉がパンツウエストベルトにはみ出ている。年齢は私より一回り上だった。

私は太った女性と付き合うのは初めてだった。しかし、この女の格別さは、初めて抱きしめたときにわかった。身体をクッションに埋めたかのような感触だった。なるほど、「肉布団」とはこのことかと妙に納得したものだ。

女の服を脱がし、ベッドに転がして、上に乗った。女の肉に自分身体が沈む。私は「なんだこれは? ……なんだこれは?」と驚愕しながら、女の唇を吸っていた。

また、太っているからかはわからないが、汗をかきやすく、セックスを始めるとすぐに全身から汗のにおいを発散させていた。それがまた、女特有のにおいと混ざり合って、部屋に女から発せられる湿った空気が充満していくのだ。

女は正常位で腰を振っていると、しきりにキスを求めた。舌を絡めあいながら突かれることを好んでいた。さらに、舌を絡めているときに、よく頭を撫でてくる。まるですべてを受け入れてくれる弥勒菩薩と、溶け合って混ざり合っていくかのようだった。

女と付き合っているあいだ、セックスをするといやなことをすべて忘れられた。素粒子となって宇宙を漂っているかのようだった。

女との交際半年ほどで終わった。私がセックスばかりを求めるので、「私はセフレじゃない」と啖呵を切られた。それっきりである

③何かしら芸能活動をしている女性

数年前に一時期付き合った女は、料理研究家としてたまにメディアに出ていた。元々は女優を目指していたのだが、個性をつけるために料理を始めたパターンだ。痩せていて身長は170センチほどあり、ヒールを履くと「ただものではない」感が、立っているだけで出ていた。

正直、その見た目とステータスに魅かれて付き合った感は否めない。女が横にいるだけで、周囲の男への優越感でドーパミンが止まらなった。

この「優越感」は麻薬のようである。女と歩いているだけで、うっすら射精しているかのような感覚がずっとつづくのである。だれか男が女を羨ましそうに見ていることがわかると、顔がにやけてしょうがなかった。

女はツイッターもやっていて、フォロワーもそこそこいた。女が「おはよう」とぶつやくと、ファンの男たちがリプライを送っていた。それを見るたびに、「おれはこの女の肌をさわれるぞ」とほくそ笑んだ。

しかし、女とのセックスは味気ないものだった。痩せぎすで身長が高いので、抱いても骨ばっていて弾力も薄い。自然セックスの回数は減っていった。

それが原因ではないだろうが、女の心が私から離れていくのが、日に日にわかった。私自身も、女と会えなくても何も感じなくなっていた。

私もツイッターをやっていて、拡散を狙った投稿をするのだが、それが外れるたびに女に見下されるのではないかという気持ちが湧いてきた。女が監視をしているかのような気分になった。これはもう潮時だと確信した。

今では女のフォロワーは3万を超えている。今でも女についているリプライを見ると、うっすら射精する感覚がよみがえってくる。私のフォロワーは2000人弱である

2020-05-12

anond:20200512115412

死刑廃止は反対だが、検察官内閣意向による任期延長は反対してるぞ。

死刑廃止論者は政府完璧だと思いすぎている。メキシコ麻薬マフィアみたいな政府よりも強い無法集団が現れた場合のことを考えていない。

メキシコ麻薬マフィアボスが金をかけて脱獄を2回もして、メキシコじゃどうしようもなくなったから、麻薬マフィアボスアメリカ収監することになったりとかな。

なお、死刑廃止論では議論する気はない。

2020-05-09

気がついたことがある

脳内クリトリス的なものがあるのを発見した。

そこを弄ってるのをイメージすると

脳内麻薬みたいなものじわじわ出る感覚がして

なんだかわからん大丈夫……という気分になり、気持ちいい。

脳の右側の奥の方(中心に近い位置?)にあるっぽい

これみんなあるのかな?

ガナニーみたいなやつだったら嫌なんだけど

エンターテイメント商品価値というのは「印象」だ。

  • いい感じ/悪い感じ
  • 楽しい/楽しくない

もちろん人によって感じ方は違うので後味の悪さが好きということもハッピーエンド陳腐だと感じるということもあるだろう。


しばしば映画音楽演者による犯罪理由として作品が取り下げられる場合がある。

そういった場合に「作品の良さには関係ない」と主張する人が現れるのだが、私は作品価値は損なわれると思う。

だって印象が悪いじゃん。 印象が商品価値なのに印象が悪くなったら商品としての価値は当然に下がる。


だが、逆に犯罪理由作品の印象が良くなったと感じてしまう人もいるかもしれない。

例えばヤクザ映画演者麻薬の類をやってたらリアリティが出る、演技に深みが出ているように見えるかもしれない。

これは商品価値が下がるよりも大きな問題だ。

業界犯罪を抑止しようとするインセンティブが低下するからだ。


エンターテイメントにかかわる人間の行動はその作品価値を左右するよ。

作品販売するのを止めてしまうほどのことかどうかは別だけど、関係ないはずはない。

2020-05-08

anond:20200508212555

社会的活力が失われ、社会生活文化は廃頽の一途を辿った。人々は無気力化し、老若男女を問わず麻薬や酒、性的乱行や神秘主義にふけるものが続出した。あるいはスピード暴力に刺激を求め、事故犯罪が激増し、反比例して検挙率は低下した。生命を軽視しモラル嘲笑する傾向は深まる一方だった」

ってなってるからだよきっと

anond:20200508131744

例えば、ビル建てようとしたが、一区画の家が立ち退いてくれない時とか、

株主総会取締役に対していつもごねてくる株主がいるとか、

企業製品で稀だが深刻な不良があったとして、これは不良だ!といってくる人間がいたとか、

あと性風俗とか麻薬とか、

そういう裁判の場で争えないような内容について決着つける仕事とか、本当は禁止されてるが高い金払っても欲しい客がいるという仕事暴力団が呼ばれる。

から表向きは「任侠」を名乗るんだよねぇw法じゃなくて情で動くからと。実際は金のために暴力使ってるだけなんだが。

2020-05-07

anond:20200507154209

? その主張、俺の主張と全然関係ないじゃん

「この緊急事態にわかやすい敵を作って騒いでいるだけの人たち」がお前の敵なんだろうけど

俺が言ってる「わかりやすい敵」は麻薬組織とか既得権益みたいな作られるまでもない明らかな悪のことだぞ

何ならコロナの話は全くしていない

anond:20200507152043

NHKとか麻薬組織を潰せる政治家の話をしてると思うんだけど安部のどこが該当してるのか聞きたい

2020-05-05

生き続けてほしいという祝福と呪い

祖母が末期癌で入院している。

最近麻薬のような強い麻酔薬を入れないと痛みをごまかせない段階に至った。祖母は81歳だが全くボケておらず、マスクをしたまま面会しても三人の娘と五人の孫を識別できるし、冗談を飛ばす余裕もあった(ただ面会後は丸一日寝てしまっていたようなのでやはり疲れさせてはしまったようだが)

けれど、投与を始めてからは話しかけてもああとかううとか唸る程度で殆ど反応を示さず、会話もできず、指一本も動かせず、自力寝返りを打つこともできなくなってしまった。ただ、薬が効いている間は目が虚ろなのだが、時折目に光が宿るので、その合間を見ては話しかけたりしていた。

投与を始めてから三日目、看護師さんに歯磨きをしてもらった直後、突然祖母が暴れ出した。本当に、指一本も動かせないような容態だったのに、点滴を外そうと暴れて、「殺して」「早く死なせてくれ」と泣き出した。親戚で必死にとりなして、落ち着く薬を投与してもらい、事なきを得たが、私は無意識のうちに「ごめんなさい」と涙が出てきた。「息をするだけで痛くて苦しいとわかっているのに、おばあちゃんに生きていてほしいがために、苦しさを強いて生かしてごめんなさい」と。

延命治療家族エゴだと思う。祖母が好きだから、愛しているから、家族祖母がどんな姿になっても、一分一秒でも長く生きていてほしいと願って薬を投与して生かそうとする。医者だって患者を生かすために手を尽くしてくれる。ただ、意識があるのに話すことも体を動かすこともできず、ただ黙って死を待つのは、あまりにも残酷ではないのだろうか。

私は祖母の嘆きを聞いて、もう最期を迎えさせてあげてもいいのではないかと思った。ただ叔母らは、「大丈夫からね、もう痛いことはしないからね」と祖母をとりなし、薬の投与を続け、まだ自然死をさせてやるつもりらしい。いや、全然大丈夫じゃないじゃん。祖母は薬の投与で再びあまり動かなくなった。けれど、たどたどしく「終わり、終わり」と投げやりに呟いている。親族は相変わらず、祖母の呟きを聞いては涙している。

誰も祖母を苦しみから解放してやる気がないらしい。

ただ、早く逝かせてあげるのが祖母にとっての幸いなのではないかと、こんなふうに考えているのは私だけなのかもしれないと思うと、なんだか急に恐ろしくなった。おかしいのは私なのか、親族なのかがわからない。愛しているから生きていてほしいのか、愛しているか解放してやりたいと思うのか。人によるのだろうか。たまたま私の親族が前者の思考だっただけで、世の中には私のように考える人も多いのだろうか。

勿論、祖母のことは好きだ。というより、毎朝毎晩仏壇に手を合わせて念仏を唱え、「ご先祖様助けてやってください、安らかに逝かせてやってください」と一心に祈っている85歳の祖父を想うと、祖父意思尊重すべきなのだろう。祖父は、祖母がどんな姿になっても、一分一秒でも長く生きていてほしいのだ。

生きることも難しいが、死ぬことも大変だ。

アフターコロナ

社会的活力が失われ、社会生活文化は廃頽の一途を辿った。人々は無気力化し、老若男女を問わず麻薬や酒、性的乱行や神秘主義にふけるものが続出した。あるいはスピード暴力に刺激を求め、事故犯罪が激増し、反比例して検挙率は低下した。生命を軽視しモラル嘲笑する傾向は深まる一方だった」

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん