「日中」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日中とは

2018-01-18

俺のオフィスがうるさすぎてもう限界

正面のお前

タイプ音がすさまじい。「ズダダダダダッダッ!」ってそんなに強打しなくても入力できるよ。

薄いMacブックだからか、振動が俺の机にも来るんだ。勘弁してくれ。

あとため息。

「ハァ~…」「ハ、ア~ァ…」朝一からため息連打すんな。疲れてんなら帰れなんなら休め

左サイド

「ズルルルルルルゥー!!」と爆音で鼻をすすってからの「エ”エ”ン”」という淡切り。

バカか?鼻かめよ。すするから淡がからむんだよ。

左奥(ラスボス

イスが鳴る「ギィーッ!」

鼻を一日中鳴らす。「スンッ…スンッ…」犬かお前は。

日中淡切り。

デスクモチモチバリバリ食事爆音のシャックリ「アァッ!!」

コーヒー爆音ですする。「ズルルルルルルゥー…ズッ…」

コーヒーを入れるために頻繁に席を立ち、食器ガチャガチャ鳴らす

そのくせ、ラジオから流れる音楽には敏感で、激しめのラップロックがかかるとチャンネルを変える。


お前らよお…家じゃねえんだからちょっとは気を使えよ。

いい年こいて誰にも注意されてこなかったんかよ。

別に物音立てるなってんじゃねえんだよ。

「抑えられる音」を周りを気にせず出しまくるから嫌なんだよ。

2018-01-17

anond:20180117172513

共産党の支持者ってお金持ちが多くね?

平日の日中にあれだけ動員できるのは、夫の給料だけで生活できる専業主婦とか、不動産持ちしかいないだろ

まり彼らこそ資本家階級であり打倒すべき存在

付き合えなかった男の話

もう結婚してて、それなりに幸せ暮らしてる主婦

それでもたまに思い出してしまう人がいる。

その人は、元カレでもなんでもない、告白したら振られてしまった人。

でも今まで付き合ったどんな元カレよりも印象深く、忘れられない人だ。

彼とは同じバイト先で、私はフリーター、彼は学生

4つくらい年下の彼のことを、最初は真面目で謙虚好青年だと思っていた。

バイトで同じ内容の仕事をしているのもあり、そのうち彼とは自然とよく話すようになっていった。

私は当時よくバイト仲間とお酒を飲みに言っていた。男の子と飲むことも多々あったけど、あくまでもバイト仲間としてワイワイするだけで、誰のことも異性としては全く意識していなかった。

彼は、いつ誘っても忙しいからと断ることが多かった。同じ周りのバイト仲間の学生たちも、「○○くんは謎が多いから」「○○くんは真面目だから」と、一線を置いていた。私自身も何度か断られているうちに、きっとお酒の席やワイワイしてる空間が苦手なんだろうなと思うようになっていった。

その日のバイトは彼も私も17時上がり。(彼は日中講義のない日だった)予定もなかったので、私はダメもとで彼を飲みに誘ってみた。

すると、彼はこう言う。

今日は、他の人は一緒じゃないんですか?」

私は、もしかすると二人きりだと嫌なのかな?と思い、ああ、じゃあ誰か呼ぼうか?と提案した。けれど、彼はこう言う。

増田さんと、二人きりなら行きます

それを聞いて、思わず私は目が点になってしまった。

二人きりなのは、もちろん構わないのだけど。

どうしてなのか、それ以上の意味はらんでいる気がする。

その当時、私には彼氏はいなかったのだけど、恋愛対象として見るつもりの全くなかった彼に、まだ働いてる時間なのに不意打ちでそんなことを言われ、(誘ったのは私からだが)少しだけ舞い上がってしまった。

結果、じゃあ、二人きりで行こうか。と、いう流れになった。

はいえ、この時点では全く好意を持ってるとかそんなんではなかった。

なんだか緊張するので、店は個室居酒屋かい雰囲気場所ではなく、バイト仲間の野郎どもと良く行くタイプの、焼き鳥日本酒ビールしか出てこない、常に親父がテレビ野球中継見ているみたいな雰囲気大衆飲み屋へと連れていった。普通、男女のカップルでは絶対に行かないタイプの店だ。

彼は、「僕、こういう雰囲気の店、好きですよ」とにこにこしていた。こうやって二人で飲みに行くまで知らなかったけど、きれいめのファッションがよく似合うおしゃれな男だった。正直、ファッションセンスはとても、ものすごく好みだと思った。

とりあえずビール枝豆乾杯する。飲んでる彼のことを初めて見た。酒が苦手だと勝手に思っていたので、ビールガンガン空けていく彼にものすごくショックを受けた。こんな話、聞いてない。知らない。そんなに飲めたんだ?と聞くと、「酒は好きなんですよ」と、いつもはしないタイプのにこやかな笑顔で笑った。

酒が進むにつれ、彼はどんどん饒舌になっていった。

普段飲み会を断るのは、本当の自分とのギャップに周りがびっくりしそうだから、というのが一番の理由らしく、真面目そうに見えるが実はお調子者で、どんな相手でも絡んでいってしまうので敢えて避けているとの事だった。

また、普段は気をつけているが、そこそこ口が悪いらしく、友達の前だとくだけた口調で話すらしい。

これは、内緒ですよ。なんて口に指を当ててしーっとするジェスチャーをされて、不覚にもどきっとしてしまった。

なんだか、開けてはいけない扉を開けてしまった気分だった。

一軒目の店を出て、そこそこ酔いも回っていたけれど、なんとなく解散ムードにはならなかった。

「もう少しだけ、一緒にいません?」

なんて聞かれて、正直ちょっといい気分だった。

二軒目は、普通に個室居酒屋に連れていかれてしまった。もうどこでもよかった。もうすこしだけ、二人きりで話がしたかった。

そこでした話は、今ではもうほとんど覚えていない。でも、向かい合わせでも座れるのにいつの間にか隣に座ってて、彼が

「酔った増田さん、全然バイトの時と印象違ってかわいいです」

「これ食べます?あーんして」

なんて感じであやされているのは記憶にある。久しぶりに、ものすごく、女として扱ってもらえて、すごくドキドキした。その日の夕方までなんとも思っていなかったはずの彼が、信じられない位かっこいい男の子に見えて、つい、私も、普段隠してた自分の女っぽい部分をさらけ出し始めた。

「このままじゃ帰れないです。責任とって…」

なんて、わかりやすく甘えて。

彼は、そのままタクシー自分の家まで私を持ち帰って、その夜は、最後まではしなかったけれど、それなりにエッチなことを沢山した。

夢みたいな時間だった。

それまで、自分はあまり自分のことを女だと思ってなかった。それなのに、彼は、たった一晩で私の女の部分をこじ開けた。

あんなに真面目そうに見えたのに、どうして。

別に今まで私のこと好きだったとかそんなんじゃないのに、どうして。

家にコンドームがないからと最後のそれは断ったくらい遊び慣れてなさそうなのに、どうして。

たくさんの「どうして」で胸がいっぱいで、でもなんだか嫌ではなかった。

結果、彼とどうなったかというと、このあと彼のことを好きになった私は、次のデート約束を取り付けるものの、そこでふられた。

理由は、「増田さんは僕と似すぎてるからダメ」で、今思い出してもなんじゃそりゃって感じだ。ふられた直後はショックで顔も見たくなかったけど、バイト先で会う手前平然としていなければならなかったし、他のバイト仲間は私たちにそんなことがあったなんて誰も知らない(知ってても困る)から、この期間が一番きつかった。

やがて彼と私は、バイトの中でもお互いに違うポジション仕事担当するようになり、一緒のシフトに入っても、休憩時間さえ被らなければ、顔を合わせることもめったになくなった…………はずだった。

彼は、あの夜以降、なぜかよく飲み会に顔を出すようになった。

今まで真面目で通してきたキャラが一転、女の子大好きキャラになり、女の子からは嫌がられていたもの男の子から面白いと絶賛され、バイト内での友達も増えたようだった。

それを別の輪の中から見ながら、(元気そうでなによりだな)と思っていた私だが、しばらくは彼と会話をする気にもなれず、半年くらいはずっと無言か、業務上必要な会話も明らかに塩対応だったと思う。

年下にいいように遊ばれたな、というのが正直な気持ちだった。そんな自分が恥ずかしくて、なるべく早く次の恋がしたかった。

そんなある日だ。

閑散とする時間だったので、自分ポジションを私一人で回していたとき、急に彼が私のところへ来たのだ。

お久しぶりです」

なんでもないような感じで普通にしかけてくる彼に、私は全身から警戒オーラを放っていたと思う。すると彼は、近寄ってきて、急に手を取って私の手になにか握らせる。

びっくりして中を覗くと、クッキーだった。

「一人で頑張ってたから、ご褒美……」

困ったみたいに言う彼に、なんだかおかしくなって私は大笑いしてしまった。ありがとう、って言ったら、彼は、

「やっと俺に笑ってくれた」

と嬉しそうに笑うので、すこしだけ、やっぱこの人のこういうとこ、スキだな…と思った。

それ以来、つきあってるわけではないのだけど、バイト中に遊びに来たり、一緒に食事に言ったり、バイト帰りに自転車二人乗りでどこかに行ったりと、私がバイトをやめるまでよく遊ぶようになった。

彼は、バイト先では絶対に言わないが私のことを増田さんではなく名前で呼ぶようになり、慣れ親しんだ友達に接するみたいに私をぞんざいな態度で扱うようになった。でも、たまに○○さんの名前かわいい。なんて言いながら頭撫でたりするので油断ならなかったが。

私も、彼のことを好きだったのかどうなのか、思い出してもわからない。けれど、ものすごく一緒にいて楽だった。あの日以来、キスも何もしなかったけど、彼の前では無理せずに、女の子でいられた。女扱いされてなかったのに。

今思えば、お互いに、別に理想相手でも付き合いたい相手でもなかったんだと思う。

ただ、どうしようもなく、性癖に刺さる相手だった。

それはきっと、うぬぼれでなければそうだと思う。

だって、当時こっそり覗いた携帯メモリー、女の名前は私だけだったから。

それがすごく、嬉しかった。

まぁ、彼女じゃなかったんだけどね。

というわけで、私が県外に就職し、3年もしたら別の男とあっさり結婚したのでこの件はわたくしだけの思い出話なのだけど、何が恐いってつい最近私は一方的に知ってしまったんだよね。彼、今わりと近くに住んでるっぽい。偶然見つけてしまった。

なんでなんだろう。

県外も県外、行き先も何も知らせてないのに。

どうやら今は向こうにも相手がいるみたいだし、私も太って誰だかわからなくなったので大丈夫だと思うけど。

でも、今が幸せから願う。どうか、出会いませんように。

たぶん彼がまたあんなふうに仕掛けてきたら、どうなってしまうかわからないなととっさに思った自分がいた。

こんなこと、誰にも言えない

そのくらい、どうしようもない恋を、してしまたことがあるんだ。

anond:20180117151954

だよね〜〜〜??????

日中炬燵の中に居るんだけどさ〜〜〜〜それでもしんどい!!!!!外出るの億劫!!!食材買い足しになんとか外出したけど…

お外寒い!!!!ありえん!!!関東でこれなら北はどんだけ寒い!!!!???無理!!!明らかに無理!南の島行きてえ〜〜〜〜〜〜鬱〜〜〜〜〜〜

2018-01-16

日中武力衝突したら

日本の肩持たないといけないの?

2018-01-15

つまんない人生

自分が甘いっていうのは重々承知

しか人生に対して全くヤル気が湧かない。

今すぐ死んでも後悔しないけど死ぬ気概もない。

仕事に行けば楽しいし、人並み以上の給料はあるから生活不自由してない。

ただ趣味もなく、適当スマホをいじってるのが一番楽。

そんなんだから休日も一日中家に引きこもって出勤の時間が来るのを待っている。

彼女も車も家も全く欲しいと思わない。

ただ25歳にもなると周りで結婚する人なんかも出てきて自分ダメ人間なのではないか劣等感が少しだけ。

思えば周りに合わせて大学まで行って、たまたま始めたバイトから社員になって、何一つ自分がやりたいことをやってこなかった。

そしてやりたいことも特に思いつかない。

人生ってなんだろう。なんで生きてるんだろう。

絶望しかない

母親から離れたくて就職一人暮らしを始めたのに

独立後すぐ母は父親から浮気されたDV受けただのと言って

うちのアパートに転がりこんできた

私の好きなようにインテリアしていた部屋は母の趣味のものが置かれ

片付けの出来ない母のせいで部屋はどんどんものが増え汚くなった

キッチン勝手ものの配置を変えられ今では私が料理する事も許されなくなった

母はタバコも吸うのでアパートの壁はタバコのヤニで黒く汚れはじめている

よく毒親から逃げる為に一人暮らししろって言うけど、結局逃げても無駄だったよね

母はパチンコ借金作って自己破産した事ある人だから当然貯金も無い

なのに働こうともせず一日中スマホゲームばかり

私の給料だって一人暮らしでそこそこ暮らしていけるレベル、決して多く貰って無い

これから死ぬまで私がこいつの面倒見なきゃいけないわけ?

ないわマジで 絶望しかない

陽当たり

よく家を見に来る人で「南向きの部屋がいい」っていう人いるけど、そんなに太陽の光を浴びたいなんてほんとに思ってるの?って思っちゃう。日頃からそんなに太陽感謝して、外出する度に「あー、今日太陽気持ちいい!」なんて思わないでしょ?なのに家の中のことになると急に「太陽太陽!」っておかしくない?しかもこのご時世、太陽に代わる暖房機器とかなんていくらでもあるんだからさ、なおのことそんな陽当たりがどうのとか関係なくない?しか一人暮らしとか共働きとかさ、太陽が出てる日中に家に居ないでしょ?気にする必要ないじゃんって思っちゃう。みんな変なとこにこだわるんだね。

地方の深夜2時のドンキホーテ

anond:20180114104825

深夜のドンキホーテって、都民にはヤンキーしかいないイメージだろうが

地方ドンキホーテは違う。

もちろん地方のほうがヤンキー率は高いので溜り場になっているのだが、

地方の深夜2時のドンキホーテ知的障害者お一人様の来店率が異常。

客には何もしないのだが、店員にやたら迷惑をかけている。

たまに深夜のドンキホーテにフラッと買い物に行くのだが、

そのたび必ず知的障害者お一人様たちが大勢いて迷惑をかけているのを見て

ドンキホーテだけでは働くまい、と思う。

と言いつつ、俺も昔深夜のコンビニバイトしてて、

こちらも深夜2時以降に知的障害者お一人様が多数ご来店される。

女性なのにオヤジ週刊誌エロ記事を大声で朗読して爆笑してる奴、

手伝ってるつもりなのか、コンビニで一番忙しい商品入荷時にご来店してきて、こちらが綺麗に陳列した商品をわざわざ無関係の別のコーナーに雑に押し込む奴、

女性店員しか会話せず急に腕を引っ張っりだす奴、

「こないだね、ディズニーランドに行ったの!30万!」という、何が30万なのかわからないフレーズ毎日連呼するために来店するおばさん、

「ねー今何時ー?ねー、何時ー?今何時ー?ねー?このクリームパン何味ー?ねー、今何時ー?いま何時ー?」と永遠時間以上聞いてくる奴、たくさん来た。

で、タチが悪いのが、こいつらはバラバラにくる。

やっと奴が帰った…とホッとしたのも束の間、すぐさま別の「奴」が来る。

深夜のコンビニ地獄なのだ

養護施設で働いてるんじゃねーんだぞ、俺は。

店長相談しても、「そのままにしておいてくれ」しか言われないのでどうしようもない。

なぜ地方は深夜にこういう他人迷惑かけるレベル知的障害者が一人でよく歩いているのか?

昼間はあまり見かけないタイプだが、深夜から早朝にかけて急増する。

あれだけ丑三つ時はウヨウヨ徘徊してんのに、決まって朝の5時には一斉にいなくなる。

俺の推理としては、おそらく昼間は施設なり保護者なりが監視しているのだろうが、

深夜、それらが寝静まって監視が緩むと脱走してくるんだろう、と思う。

で、朝の5時までには回収されると。

しっかり管理してくれや…

といいつつ、「奴ら」が一日中いる店もある。

家電量販店ゲーセンだ。

この二つでも働いた経験があるんだが、これらに至っては深夜営業ではない。

から夜と、至って普通営業時間なのに

開店から閉店までずっといる。

ゲーセンでは金も持たずゲームする訳でもないのに一日中店内を徘徊され、プレーするわけでもない筐体を陣取られ、

家電量販店では隣にコンビニがあるにも関わらずカップ麺一個だけ買って、あとはずっとゲーム見てるかマッサージチェアで寝るかだけで一日中いるし…

となると、俺の「深夜に監視の目がなくなって脱走」パターンだけでなく、一日中パターンもあるので何とも言えなくなってくる。

謎だ。

それにしても、なぜ俺は店で買い物したり働くと「奴ら」に遭遇することが多いのか…

いざ迷惑かけられないとわからんだろうけど、

こっちが真面目に働いてる最中に遭遇すると、「奴」としか言えなくなるよ。

2018-01-14

ジェットコースターの席にカメラ付けたら面白そう

任意ON/OFF選べる

表情の動画撮る

チケットIDパスワードが載ってて

日中ネットからダウンロード

  

後でみんなと見て笑い転げたりSNSにアップしたり需要有ると思う

ってゆーかそういう楽しみ方してみたい

  

今の技術ならそんな難しくないんじゃないのかな?

  

遊園地中の人居たら実現してくれよう

アニメ制作進行やってみて

数年経つので、やってみて分かったことを書いていく。

ちなみに自分はこの業界に足を踏み入れる際に具体的な業務内容など知らなかったので、特に自分が驚いたことを書く。

1.アニメーター制作進行が探す

はじめて話数担当になった時は、先輩からアニメーターの連絡リストをもらって片っ端から電話だった。L/Oと原画作業のいわゆる営業。その後に信用を得て交流をもって、自分キャパを拡げる。

この話数は出来がいいな、という時は制作進行の実力も大きい。

制作会社で拘束していたり、プロデューサー制作デスクからの紹介もあるので、一概に制作進行の力だけではないけれど。

2.徹夜が多い

これは一般に有名かもしれない。

アニメーターは主に日中作業なので、回収は夕方~深夜。翌日演出さんに見てもらうために朝までに素材をスキャンしたり演出に素材入れしたり、というのが自分スタイル(スケジュールに余裕がある時は別にして)。日中デスク業務などを片付ける。これを基本に、演打ち・作打ち・作監打ち(総作監打ち)・CG打ち・色彩設計背景打ち・撮影打ち・カッティングアフレコマーキングダビング・ラッシュチェックなどが入ってくる。

話数掛け持ちしてると忙しい。

スケジュールが無い話数はホントにキツい(1ヶ月とか)。

生活が不規則になるので睡眠時間マネージメント必要外回り運転もあるので用心がいる。

休める時は就業時間中であっても休むのが鉄則になる(というより就業時間ほとんど意味を成さない)。

キツいとは認識していたが、味わってみるとホントにキツかった。はじめの頃は、納品出来ないんじゃないかという恐怖もあって気が休まらなかった。

もう二度とやるものか〜!という気分になるけど、終わってみると達成感で高揚。気がつけばまた戦場に赴いている。ハート・ロッカー

3.離職率が高い

こちらも上記理由と併せて有名かな。

キツいから辞める、という理由ほとんどかと思うが、2~3年くらいで他社に移るという人も多い(渡り鳥のように1年毎に居場所を変える制作進行もいる)。とにかく流動性は高い。

翻って、周りが辞めていく中で同じ制作会社に残り続けることで制作デスクへ昇格!ということもままある。SHIROBAKO主人公のように入社2年目でデスクというパターンあながちウソではない。

4.制作演出監督、というルートがある

演出家志望の若者制作進行をやっている場合が多い、という事を自分は入るまで知らなかったのでとても驚いた(みんなプロデューサー志望かと思っていた)。

自分が今まで一緒に仕事をした監督ほとんどは制作進行出身だった。

たまにアニメーターになる制作進行もいると聞くので、アニメ業界は良い意味で大らかだなあと思う。

5.意外と業界狭い

○○さんが××制作会社に移ったらしい…という噂が風のように広まったりとか。

知り合いアニメーターの友人が実は自分も知り合いだったりとか。

三鷹荻窪井草辺りで深夜にご飯食べてると、隣が他社の制作だったりとか。

他社作品を観ていると大抵一人二人は知ってるアニメータークレジットされていたりとか。

意外とある。狭い。

_


ざっくり書いた。働いてみて、キツいけど楽しいというのが自分の所感です。

ときたま話題に上がる賃金問題については敢えて触れなかったけど。

あと人狼制作日誌とかくろみちゃんとか妄想代理人とかSHIROBAKOとか、業界内幕モノはこの世界に居たら一層面白いと思う(ハケンアニメ!は掛け離れ過ぎてるけど)。

2018-01-13

anond:20180113173837

灯油は去年18リットル1200円で、今年1600円だからな。

雪国の老人が古い家の8畳間で日中つけっぱなしにするとして、2日で18リットル使いきるだろ。

月6000円出費が増えてるわけか。

anond:20180113072541

1日中電車が入ったり出たりする東京駅もおかずに出来る人ですか?

anond:20180112170210

自分経験による主観的な話と

ウェブ上で聞きかじった残酷物語

知識不足による誤解・曲解と(SES・準委任派遣契約区別できてないとか)

センセーショナルにするために適当に膨らました話とが

ごっちゃになってて、知ってる人にも知らない人にも読んで得しない文章だなあと思った。

「ここ最近の話」で言うと、ユーザー企業が人に割く予算ますます減っているので

エンジニアリング能力提供できない人間には金を払わないユーザーが増えてる。

多重請負だとユーザー側も結構金額払ってるわけで、

金額に見合わない目に見えるレベル無能は秒で替えろと言われる。

日中Excel表いじってるだけの仕事が許されるとか逆においしいし

他で使えない人間はそういう現場に放り込む。

SES会社簡単にクビにするほど人は余ってないし、無能なだけならどうにか使おうとする。

「多くの場合派遣会社営業は客に従うため客が「安くこき使いたい」と考えて

評価低賃金を主張したら余程の事がない限り営業は客に従う」ってのも、

営業は客にヘーコラしてる印象かもしれないが、馬鹿じゃなければ高く売りたいに決まってる。

SES場合メンバー評価は客から評価鵜呑みにせざるを得ない状況は大いにあるが

営業はことあるごとに値上げ交渉してるんだよ。

もちろん、それがメンバー給与に反映されてるかどうかは別で、

客には高く売って給与は安く抑えるというのがSESで儲ける常套手段なのがクソという話はある。

「こっちは金を出してるんだから教えることに時間を取ることもミスすることも許さない」

なんてのはSESなのになんで客が教育しなきゃいけないんだとしか思えないし

ミスが許されないのは業務なんだから原則当たり前だろ。

(小さいミスが大きな損害に直結するような運用おかしいとかいう話は別)

専門学校プログラミングを学びjava資格も取った新卒が客先でシュレッダー係りになっていた」

という話にしても、

まず「専門学校プログラミングを学びjava資格も取った新卒」ってどうなのってのと

(いやまあそれ以下でも平気で採って出すのがSES会社だが)

前述の通りシュレッダー係に金払う余裕があるユーザー企業って今日びどれだけあるねんってのがあって、

雑用メンバー入れられる余裕のあるチームならベテランもいるだろうし

ある意味では成長機会に恵まれ可能性さえある気がする。ガチャレア引くレベル確率で。

単独派遣のほうが悲惨なケースが多いだろう。

SESがクソなのは時間単価契約なので効率よく働くより長時間働くほうが売上が上がるため

生産性向上のインセンティブが発生せず、長期間ダラダラと続ける方が会社にとっておいしい構造であり

特に若手にとっては成長機会が奪われることが大きな要因だろう。

#年齢がある程度いってて特定領域に特化して技術力が高い人など、SESがうまく機能するケースもなくはない

人件費の差額で儲けるモデルから売上のない社員がいると利益率が目に見えて下がるため

ちゃんとした研修をしている時間はなく(時には虚偽の経歴で)すぐに客先に送り込まなければならない。

また勤務時間が長すぎる、人間関係がきつい、現場業務自分のやりたいことと乖離しているなどの理由

現場離脱したくても会社社員の思いより売上確保を優先して継続させる方向に力が働き、実際そうさせることが多い

#もちろん会社によっては社員気持ちを優先してくれる場合もあるんだけども

自分過去に「この客はやばい、すぐ抜けさせてくれ」と訴えて2ヶ月で抜けたことがある

そもそも社員幸福会社幸福が一致しないビジネスモデルであるのもクソである要因だろう。

まあ別に「ここ最近」に限った話ではないということと、

「せざる負えない」は「せざるを得ない」だぞというのが言いたいことだ。

2018-01-12

めんどくさい

料理がめんどくさい。

掃除洗濯も、食器洗いゴミ出しも、

なんなら風呂に入るのも歯磨きも、仕事に行くのもめんどくさい。

ゴミ箱ゴミを入れるのすらめんどくさい。

いや、やるけどね。

やらないと怒られるから、やるけどさ。

1日中ベッドに寝て、点滴で栄養補給して、生きていきたい。

あ、ネット環境だけ与えてください。

毎日家の掃除して洗濯してご飯作って仕事して、身だしなみに気を配ってたまには趣味に興じて…っていう人達超人に思える。

みんなめんどくさい気持ち押さえ付けて日常を頑張って充実させてるの??

どうせ発熱するならインフルがいい

朝。なんだかだるくて、お腹も痛くて。

だんだん寒気も酷くなってきたし、肘や肩、腰、背中が痛いんです。

「これは」と思い、熱を測ると7度8分ありました。

インフルエンザ予防接種は受けていましたが、イコールでかからないわけではないらしいとも聞いていて。

ベンザブロックが「鼻から?喉から?」と言うように風邪なら鼻水や喉の痛みから始まるのが普通でしょう。しかしそのいずれの症状もありません。

熱が8度を超えたのを確認して、近くの内科に行きました。そこで測った体温計を見ると、なんと6度8分。

「は!?

病院の体温計で思ったより数値が伸びないと、なんとなく悔しくなります

問診票にインフルエンザ検査希望することを記入して、インフルエンザ検査しました。

何度かインフルエンザ検査をしたことがありますが、個人的にあれは採血よりも嫌いです。

鼻の中の粘膜に小さな棒を突っ込んでイジイジするんですが、その突っ込み具合に個人差がありますよね。

ついついクシャミが出そうな程度にサワサワする人もいれば「奥歯ガタガタ言わせたろか」というくらいに突っ込む人もいます

看護師が「サワサワタイプ」とか「奥歯ガタガタタイプ」とかバッジをつけてくれればわかるんですが、こればっかりは入れてみないとわかりません。

奥歯ガタガタタイプ看護師さんからつらい検査を終えて、診察を受けると「今朝から熱が出たんじゃ出るわけないよね」と。

うわ、やられた。早すぎパターン

体調悪くなったら早めに病院に行きたいのに、インフルエンザはある程度仕上がってから行かないとタミフルもらえないんですよ。

明日になってもまだ熱があったら、もう一度インフルエンザテストを受けるように言われました。

その日の日中から熱はグングン上がり、39度に到達。

「これは確実にインフルだ...」

翌朝起きると、熱は8度2分。

うわ、やっぱりダメだ。

しかし、異変が。朝食を少し食べて薬を飲むと、少し気分が楽になってきました。

「これは」と思って熱を測ると、7度4分。

「あら、下がってる。」

...これはもしかしてインフルではないのか?

今日、わざわざインフル検査を受けなくても、安静にしてたら完治するんじゃないの?

そう思って夕方まで安静にして、再度熱を測ると7度2分でした。

予防接種を受けると症状が抑えられる」

という情報も加味すると、このなかなか熱が下がらない感じはインフルだと、改めて思いました。

改めて病院へ行き、熱を測ると6度5分。

「ヤバっ」

なんでこう、病院だとベストが出せないのか。出ろよ、7度台。

インフルチェックはこんな時に限って「サワサワタイプ」。

おいおい、こんなヌルいサワサワでウイルス検出できんのかよ、頼むよ。

結果、インフルではありませんでした。

採血の結果も異常なく、お医者さんから「うん!異常なし!」と。

うるせえ、何が異常なしじゃ。こちとら異常ありと思って2日休んどるんじゃボケ

そして、今朝熱も引きまして。無事に出社しました。

あの熱は何だったんだろう。大人が38度出すなんて、普通じゃないだろ。まあ、ただの風邪か。

普段風邪を引かないのでただの風邪で熱を出すのがかっこ悪いと感じてしまう。インフルであってほしかった。

「どうせ熱が出るなら、ある程度大ごとがいい」という、お話でした。

悲報俺氏17歳にして怠惰が治らずwww学校サボるwwww【助けて】

なるべくたくさんの人に見てほしいのでこのようなタイトルしました。

助けて!知恵を貸してください。

わたくしは不登校児です。

まずは私の懺悔を聞いてください。イタくてクサい犯行記録をよんでください。

新学期が始まって2日経った。まだ一度も学校には行っていない。

行ってきます、と家をでて、電車に乗る。乗り換えの駅で降りる。ベンチに座る。電車から降りた人たちが群れをつくって階段へ向かうのを眺める。平日朝の駅には美しい秩序がある。目当ての群れに入りさえすれば、あとは無思考でも乗り換えのホームへ人が運んでくれる。ちょうど目当ての群れはベンチの前を濁流のように動いている。私はただ立ち上がればいい。しかし立ち上がらない。人びとをじっと見つめる。カナダグースが多いなあと思う。

やがて体が凍えてくる。始業時刻をとっくに過ぎてしまたことを知る。そこでやっと立ち上がることができて、私はよろよろと改札を抜け、すぐそばスターバックスに入ることができる。

あとは授業が終わる時間までカフェを3軒くらいハシゴする。大きな図書館に行くこともある。それらの中で私は本を読んで、リブログして、あるいはじっと考える。なるべく現実とかけ離れていることを、虚空を見つめて考え続ける。

父親単身赴任母親も働いて日中は家にいない。帰ったほうが節約になるし、テレビ見れるしあったかいし寝れるし絶対そっちの方がいいけれど、大学中退した四つ上の兄が一日中いるのでそうもいかない。

サボっても、家に連絡が来ることはない。電話線を抜いたから、きてるかどうかもわからない。

夕方家に帰って、自室で音を殺して弁当を食べる。

まずもって、誰にもバレない。慣れたものである

初めてサボったのは中学一年生の時である。その頃は今と家庭状況が違ったので、昼前には家に帰ることができたが、家に連絡が入ってバレてしまった。

中学二年生からは真面目に通っていたのだが、高校一年生の夏の終わりから、私のこの悪癖はまた顔を覗かせ始めた。

バレるたびに私の信用はゼロになる。

バレなくても、学校に行かないことで学校友達や仲間に迷惑をかけまくる。「ばり休む子」という色眼鏡で見られる。

中1で失くしたものをせっかく取り戻したというのに(うちは中高でほとんど生徒のメンバーが変わらない。99%同じ160人)、また自分でそれをぶち壊してしまった。

困ったことに、サボるときLINEアプリを開くのが苦痛になるため、友達心配するメッセージに返すこともできない。電話もでれない。みんな優しいので通知3,000とかいちゃう。ごめんね。

未読無視したままでも、それでも久しぶりに学校に行くとみんなはすごく嬉しそうにしたり、ほっとした顔をしてくれる。笑ってイジってくれるし(また鎖国〜?と言われる)、一緒にLINEを返してくれる子もいる。

幸せだなーと思う。

自分はクソ人間だが、何故か私は縁に恵まれている。私の周りは良いやつばっかり。みんな善良で、ユーモアがあり、親切で、努力家で、芸術が好きで、頭がいい。

でも私はまた休んでしまう。その度に友達は手を差し伸べてくれる。私は甘んじてその手を握り、そしてまた強い力で振りほどいてしまう。

ほんとうに申し訳ない。

言い訳します。

中1の頃も高1の頃も、学校をサボった朝、私は自殺しようとしていた。

朝起きて、自分の一番好きな服(母校がガチで好きなので制服のことです)に着替える。何事もないよう装う。さもいまから学校にいくんですよ、昨日の続きの人生を送りますよ、という風な態度をとる。ここでちょっとでも変なことをしたら、死ぬ自由を奪われてしまう。

自殺を決意したとき特有の見え方で輝いている母親の優しい眼差しなんかを目に焼き付けて、いつもよりも良い匂い空気を吸い込む。

駅のホームで、さあ死ぬぞ、と靴を半分脱ぐ。そういえば、滞りなく通学していた時期に、人身事故で困ったことがあったなあ。線路に飛び込んで死んだら、損害賠償ヤバイってマジなのかな…。そんなことを考えていると、通過列車アナウンス流れる死ぬならやっぱ通過じゃない?止まるやつより速いから確実そう)。

入ってくる電車がやけにゆっくりに感じて、運転手さんの顔をじっくりと見てしまって、見てしまうと、もうダメで、私はまた靴をはくのです。

それの繰り返し。

電車ではムリだとわかったので、今度は家で首を吊ることにする。初めてつくった縄はぐちゃぐちゃだったなあ。つくるのにすごく手間取ってしまった。今ではだいぶ上手くなった。私のロフトベッドの桟には、試行錯誤の縄の跡がついている。

しかし、首吊りというのも難しい。首に縄をかけるのは能動的なものなのである。よほど強固な意志があるか錯乱していないと、ブレーキがかかってしまう。好きな音楽をかけてなんとか自分を励ます首に縄をかけたとき、本当に優しい気持ちが溢れてくる。人類すべてに対する、焦がれるような愛情ほとばしる。世界がはちゃめちゃに美しいと感じる。えいと椅子を蹴ったけど、結局縄はするすると解けてしまった。そして私は明日のために、明日自殺自由を奪われないために、急いで証拠隠滅をはかる。

他にも二つくらいの方法を試したけどダメだった。準備の最中にお母さんから今日の、晩ごはん肉じゃが(*^_^*)高いお肉を、買ったよ♪お出汁をとっておいてね!」などとLINEはいると、(私にとって)自殺直前特有の激しい愛情あいまってもうダメなっちゃう。

他の二つのことは(というか実は飛び込みと首吊りのこともなんですけどね)主題に全く関係ないので書きません。

しかし私は死ななくてはならない。前はただ自意識から逃げたくて死のうとしてたし、今もそうなのだけど、私はもうわかっちゃったのだ。

私に伸び代はない。

せっかく中学受験して、一生の誇りになるような学校に入ったのに残念だけど、私は17歳になっても怠惰が治らなかった。そもそも自殺成功しないのも怠惰が原因ですよね。

はあ…。

すみません時間がないのに、なんでこんなにたくさん書いてるんだろう、焦ってるから考えられないのだと思います

どうしたらいいですか?

中1のときと高1のときは、ヒリヒリするほど自殺への欲求がありました。おかしな話ですけど、私は生きるために、自殺しないように、学校をサボって自分を休ませる方法を編み出しました。

そのときは、そうしないとマジで気が狂うと思ったし死ぬと思ったから、罪悪感とかは後々になってでてくるものだった。

でも、今はどうなのかわからない。

死にたいという気持ちは消えたことがない。

でも、あの頃ほどじゃない。

今の私はただ、怠惰から学校をサボっているのではないかな。

というかたぶんそれで間違いはない。宿題終わってないから、嫌やねんな。そう。

罪悪感がすごい。いつかバレるのではないかという恐怖もすごい。みんなそうだと思うけどうちの母親は怒ると人格が変わって、マジでなんでもする。風呂に沈めてくる。

兄貴は今は肩身がせまいか大人しくしているけれど、去年の4月まで私は生傷が絶えなかった。顔と耳に血豆ができた状態学校に行って、ウケると思って「兄貴にやられた!」と言ったら、みんないいとこの子なのでガチマジのドン引きをされた。私の立場が悪くなったらすぐまたあの頃に戻ると思う。ホント関係ない話だけど、「君の名は。」でみつはちゃんにはいった瀧くんが胸を揉むシーンが、マジで無理いろいろ思い出すからアニキにされたこと、思い出したくないし文章にしたくないけど伝えたいので、↑で察してほしい。毎日だった。

とにかくサボってることをバレるのが怖い。

今日母親に「増田新学期の始業式から学校に行ってて嬉しい!」と言われた。行ってない!!!ごめんお母さん。

もういっそ全部バレてほしい。もう嫌だなにもかも。

でもたぶん、明日も私は学校はいけません。

私はこれから大丈夫ー?」という友達LINEの通知をオフにして、電気を消して、明日段取りを考える。いつも通りの顔で、いってきますと言わなくちゃいけない。

みなさん、私はどうしたらいいですか?今から何をすべき?明日はどうすべき?

知恵を貸してください。

読んだらわかると思うけど、かなり焦っているし取り乱しています。文頭と文末がしっかりしていないし、言葉も間違いまくってるとと思う。わかりにくいでしょう。

助けて。

2018-01-10

anond:20090421194404

あー覚えてる

カレーって冬以外は日中室温に晒してると普通に傷むからの子カレー作ったことないんだろうなと思ってた

anond:20180110131307

というか一日中家にこもって独りで漫画だけ描いてたらどんだけ才能あっても枯渇するよなあ

情報要れなくても漫画書き続けられるやつなんてヒットした漫画家の0.1%いるかいないか

アシスタント時代のひどい思い出

自分最初最後アシスタント経験をしたのは15年程昔のことだ

その先生同人仲間の一人に紹介された

通いのできる距離じゃなかったので2泊三日ほどの日程で手伝いに行った

当時自分はロクなバイトもしたことがなかったので、一日中絵をかいて金が貰えるなんて夢のような話だと思った

しか職場には自分より絵や漫画うまい人達がたくさんいて技術業界の話をたっぷり教えて貰えると期待した

から歩いて20分ほどの古い木造一軒家で近所には家と学校田んぼしか無い

汚部屋一歩手前のような散らかった室内で、掃除もしておらずホコリまみれだったが、漫画家は忙しいと聞くしこんなものだろうと納得した

先生室内犬を2匹ほど飼っていた。

かに、事前に犬がいるのだが嫌いじゃないか?とは聞かれたけど、自分が想定してはい大丈夫ですと答えた犬は

繋がれた犬とか躾けられたおとなしい犬の事で、床においたボストンバッグおしっこをひっかけたり床にウンチをころがす犬の事ではなかった…

トイレは用意されていたが、先生がまったく掃除しないので犬もイヤになったんだろう。

からといって粗相を許す気にはなれなかったが…それにファブリーズふりかけてゴメンね〜ですませた先生の事はもっと許せなかった。

休憩は食事を取る時間と、寝ていい5時間だけ。

食事の休憩も、マトモにとれるのは昼食だけでキツかった。

多分先生自身がすごく小食な人だったからだろう。

朝食は当然のように何も用意されていなくて、運が良ければ食堂の棚にバスケットに5個一袋みたいなちいさいロールパンが置いてある

先生が起きていれば頂いて良いですか?とか聞いてそれを食べ、すぐ席に着く。

それから昼までの長い長い数時間空腹のまま仕事。そしてやっとお昼ご飯を食べられる。

食べ終わって少々の雑談をしたら先生が席に戻って作業を始めるので、そこからまり長くは休んでられない空気

たばこを吸うスタッフはちょくちょく携帯片手に外へでてしばらく戻ってこないので、ほんとに羨ましかった。

そこから寝る時間まで、なぜか食事は無かった。これが本当につらかった。おなかがすいてしかたなくなったら、戸棚のロールパンが残ってれば許可とって食べた。

一度〆切前で全員が徹夜に近い作業をさせられたあと、さすがに自分も腹が減ったのか食料を買ってきて夜中に差し入れてくれた事があったのだが

なぜかお菓子みたいな小さなパンとか、を一人一個づつみたいなおどろきの内容だった。

せめて弁当だろうと空腹を抱えてとても期待していたからだ。

一回目これでものすごくこりたので次に呼ばれたときカロリーメイトをたくさん持参した。

もう行かない、とか、食事を出してくれるように頼む、とか、そういう事を考えることが出来なかった。

アシスタントってこういうもんなんだ、つらいもんなんだ、って勝手に思っており

どう考えてもおかしいよな、と思い至るまでに数年はかかった。

疲れ切った体で唯一許される休息の5時間に体を横たえようとしたら床にしきっぱなしのぺらぺらの敷き布団がやたら湿っており

部屋から室内犬が飛び出していくのが見えた。

さすがにこれを我慢するのは無理だったので布団を替えて貰ったが、よくよく思い返してみると前日までの布団もうっすら湿っていたし

明るい場所で見るシーツ粗相と思われるシミだらけでぞっとした。


自分が人に手伝ってもらう立場になったときはなるべく相手がつらくないようにと気を使ったが

自分あんな思いをさせられたのにこの子は運が良いな、とかいうわけのわからない嫉妬のような思いは頭の片隅にあった

そのうちデジタル技術の発展でアシスタントを使う必要が無くなり本当に助かった。

2018-01-09

anond:20180109141200

日中保育園に預けてるだけで他人任せとな。ごきげんっすね。

低能先生の特徴、噂

・ほぼ毎日、一日中ランダムネットしている

自分以外は「低能」と見下している

・たまに買い物に行く(親のおつかい

選挙投票に行ったことはない

プライベートは明かさないと言い張る

ネット上での雑学勉強には熱心

更年期障害のおばさん

中学校時代から不登校になり今に至る

他には?

掃除機が壊れて丸3年経った。

買い換えようと家電店に行ったが掃除機どれも高い。ネット民が好きなマキタ充電池とかゴミ袋とか考えるとなんか面倒…と手ぶらで帰ってきたのが3年前。

家の床は全部フローリングだし、仕事やらで日中は家にいない大人しかいてないし、ペットも飼っていないし鉢植えがいくつかあるぐらい

そもそも大して広くもない家、それほど掃除が大変なわけじゃないか…、とマイクロファイバーのモップを買い、もともとあった使い捨てモップと併用することにした。

平日は目についた埃や髪の毛をささっと取る程度の雑なそうじ、休日マイクロファイバーのモップで水拭き、というサイクルを3年やってみて

年末大掃除がどんどん楽になっていることに気付いた。

水拭きすごい気持ちが良い。週に1度(2週に1度のこともたびたびある)水拭きするから大掃除力点をおく必要がなくなっている。

水拭きするついででサッシの桟の拭き掃除もできるし隅っこのほこりもきれいになる。

使い捨てモップの水拭き?用のシートは香料がいまいち苦手で馴染めなかった。水拭きで全然いい。

うちはリビングが南東向きで風通しも良いので、水拭きが乾きやすいというのも大きいかもしれない。あとフローリングの素材にもよるか。

問題梅雨時~夏。雨の続く時期には水拭きはあまり気持ちよくない。6月あたりは「やっぱ掃除機のが楽~~」と思う。

あとクローゼットの下のところとか掃除している時は掃除機の方が圧倒的に楽。あれは吸い取るのが一番楽だなぁやっぱり。

その対価を払う価値があるほど素晴らしい掃除機があれば買いたいと思うが、今のところはそれが出てこない。うーん。掃除機、高すぎないかなほんと。

anond:20180109114633

んな時間も体力もねーよアホか

てめー一日中漫画描いてから言えアホ

お前は自分業界代表して集団訴訟できんの?

んな力あるわけないじゃん

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん