「暮らし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 暮らしとは

2018-04-20

ポメラニアン騒動を今しがた知った

1日住働いて苦しい生活を変えようとしない安倍政権避難するのではなく生活保護でのうのうと暮らしている韓国人を叩くのは面白い

まぁ確かにこの絵で描かれた韓国人生活保護制度を悪用しているのだが、働き詰めになっているのに生活が裕福にならない現状を打破しようとしないのはなんだか釈然としない。

anond:20180420102756

高学歴であっても基本ホモソーシャルの中で暮らしてるとお友達エロ会話をすることは割と嗜みとされてるくらいの社会スキルらしいぞ。

anond:20180417154847

図々しいなんて思う必要ないと思う。悪いタイミングでハッとさせられちゃったんだなあ。

この出来事を、「要求過剰な母親が、隣に居合わせたかわいそうなOL理不尽に批難してる」話として捉えてる人が多いみたいだけど、全然そんな話じゃなくないか?と個人的には思う。

たとえるなら、連日のブラック労働に心身をボロボロにされてるタイミングで、

ふとトリートメントの広告を見かけて、

ポスターのサラツヤ髪に「自分、髪とか肌とか荒れてんな…」

って気付かされて、その瞬間、抱えてたしんどさがドッと押し寄せてきて、無性に涙が止まらなくなった。

みたいな。そういう次元告白に聞こえたけど。

そりゃ、このたとえ話だって聞きようによっては

モデルさんに対する嫉妬」って話に捉えられるかもだけど、

それは要素のごく一部分であって、そこだけを拾うのが妥当だとは思われない。

隣の乗客ポスターモデルさん)を積極的に批難したいわけじゃなくて、

見たタイミング自分にとって最悪すぎたせいで悲しくなってしまったんだよ。というふうに自分には読めた。

なので、不幸な鉢合わせ事故だね…とは思うけど、あなたが悪いとか図々しいとか思わない。

もちろん隣の女性に愛想がないなんてことも全然思わない。

その女性だってそれぞれの事情があるだろうし。


ここからは完全に私の勝手な推測だから、そういうの嫌だったら読み飛ばして欲しい。

応援してる人間がいるよ、ということだけ伝わればいい。

>無、なんだ……と思って悲しくなったんだと思う。

っていう記述を見て、あなたはこのとき「お前はひとりぼっちだ」と社会に突き付けられたような気分になったんじゃないかな…と感じた。

分かったような口をきくのは申し訳ないんだけど、

「せめて、厚顔無恥で図々しい母親だとは思われたくなかった。我が子を迷惑子どもだと思われるのも嫌だった。

 だから最低でも、謝った、という姿勢を示しておきたかった。

 けれど、それが門前払いされたことで、莫大なモヤモヤや焦りが手元で行き場をなくしてしまった」……のではないのかな、と。

愛想笑いが欲しかったっていうのも、事実でありつつもド真ん中ではないんじゃないかな。

愛想笑いで「子育てが色々大変だってことぐらいは分かってるつもりですよ」というアピールひとつでもあれば、

お姉さんが内心でクッソうるせえなあと思っていようが、多分いたたまれなさに耐えられたんだろうけど、

その道が言い訳余地もなく閉じられてしまったせいで、一応こっちは謝りましたよ、という形を取ることもできない。

言うなれば感情の行き来が閉ざされたことに対する孤立感。

そっちがつらかった、ってことじゃないのかなぁ。

この考え方でいくと、謝る時間さえ取らせてもらえたなら、

そのあと舌打ちをされても(門前払いよりは)耐えられた、ってことになるけど。


「お前はひとりぼっちだ」と社会に突き付けられたような気分になったのでは…、という話に戻る。

これもまた想像なんだけど。

まず、以下のような前提があったとする。

子どもを連れ歩くって、やっぱり色々迷惑かけるよね…とあなたは十分に理解し、戦々恐々としている。

けど、あんまりくそこを意識しすぎてしまったら、マジでから一歩も出られない。

程よく目を背けないと、現実的には暮らしていけなかったりする。

からほとんど自分に対するハッタリだと自覚しつつも、

「いやいや世の中には『別に構いませんよ』って思ってくれる人もいるはずなんだ!」って自分に言い聞かせて外に出た。

(繰り返すけどこの前提は全部想像に過ぎない。)

で、そういう不安強がり葛藤を抱えて、自分鼓舞しながら外に出たタイミングで、

ハイやっぱりそんなの所詮思い込みでした~!って知らされたら、そりゃあ心だって折れると思うんだよ。

子ども迷惑がる人がいるという事実

ハイハイそりゃ知ってましたよ。って感じかもしれないけど、その当然のことにさえ耐えられない瞬間もあると思う。

それから

>無、なんだ……と思って悲しくなったんだと思う。

という部分に関して。

世の中の歌詞物語に「あなたひとりじゃない。きっと分かってくれる人がどこかにいる」みたいなメッセージってあるけど、

あの逆と言ったらいいのかな。

あなたがどれだけ葛藤してようが、申し訳ないと思っていようが、

 他人他人機微になど無関心であるし、あなたの肩身の狭さを了知する義理を持たない。」

という現実を突き付けられた(気分になった)。

それも最悪のタイミングで。

これは、そういう話なのでは…?憶測に次ぐ憶測で恐縮だけれども…。

要は耳栓を、

「本当は申し訳ないと思っている、とか、一言謝りたいだとか、そういうのは全部お前の問題だ。

 お前の困惑葛藤世間は関知しない。お前の懊悩は全てお前の中で飲み下せ」

みたいな、社会からの逆メッセージとして解釈しちゃったんじゃないのかな…。

「当てつけられた!」なんていう具体的な怒り…という部分も、ないことはないかもだけど、

なんだか、怒り未満の無力感、やるせなさで止まっているような印象を、あなた文章からは受けた。

で、これらの勝手な推測が、万が一どこかしら当たってるんだとしたら、

めちゃくちゃお疲れなんだと思う。

ぜひ自分を労ってあげてほしい。

子ども迷惑がる人がいるという事実にしても、

人間他人機微にそれほど関心がないという事実にしても、

元気なときだったら「そりゃそうだよな」ぐらいのテンションで受け止められるかも知れないが、何事にもタイミングというものがある。

20kgの荷物は元気なときなら頑張れば持てるけど、骨折しかかった腕で持っちゃいけない。

なので、色々書かれてるけど、「当然のことに傷ついてしまった自分は弱い人間だ」みたいなふうに思うのだけはやめてほしい。

図々しいなんて思う必要はない。

タイミングが悪かった。それだけのことだと思う。

2018-04-19

学生現在進行形黒歴史チェックシート

テストの隅の落書きSNSで公開している

・思いのほか上手く描けた落書きSNSアイコンに設定している

オタクなので好きなキャラに対するいかがわしい空想ノートにしたため友人に読ませている

・「少々ネタマニアックすぎたかな」と反省したことがある

グロやデスゲームはわりと好きw

・難しい言葉はかっこいい

社会不正と不合理に満ち満ちているがほとんどの人間はそれに気付かずのんべんだらりと暮らしていると思う

他愛もない議論の中で「論破」という言葉を使ったことがある

・時折ウィットに富んだ皮肉を織り交ぜつつ至極論理的に論敵を言い負かしたい

自分ってサイコパスなのかも?と思ったことがある

日常は退屈だしクラスの連中はつまらない

・顔は悪くないほうだが誰も気付いてくれない

モテしかるべきマインドの持ち主だが誰も気付いてくれない

自分と違う思想の連中はなぜか全員馬鹿ばかりだ

・誰にも秘密自分だけの「日課」がある

・突出していたい

誰も知らない音楽を聴いている

自分個性的だと思う

・誰も気付いてくれないが自分はかなり知性的なほうだと思う

難解な語句体言止めと倒置法を多用した小説を書いている

小説はまだ未完成だがとても面白いと思う

・少数派のほうがかっこいい

自分はもう成熟している


0コ当てはまったあなた大丈夫かな?心配です。

1~4コ当てはまったあなたはまあそんなもんです。みんなそうです。

5~14コ当てはまったあなたは厳しいので頑張ってください。

15コ以上当てはまったあなたは強く生きてください。これから大変ですよ。

人生最大の賢者タイムを迎えた

当方アラフォーおっさん

女性に縁がなく、気楽な独り暮らしもいいさと考えていた。

何より、独りであるという事は、自慰についても全く憚る所はない。

という訳で、最近乳首開発を始めてだいぶ感度が上がってきた。

そして、アダルトグッズにはチクニー乳首オナニー)専用のアイテムがあると知った。

その名も、UFO S.A。最先端技術とおまけのVR動画チクニーライフを充実背せているというレビュアーたちの声を読み、自分も購入する事にした。

値段は21330円。かなりの出費だがこれも独身彼女なしの特権である

しかし、到着した翌日に、親が倒れて入院した。峠を越えるとしたら長期戦だ。

ふと、射精もしてないのに妙に覚めてしまった。

俺は何をしているんだ。この2万円で親に何をしてやれたのだ。

これで落ち着いたとしても、UFO乳首にあてがう度にこの境地をぶり返してしまいそうだ。

それからというものUFOは結局一回充電はしたが使用せずに物置に眠っている。

人生でこんな長い賢者タイムは、好きだった子が青姦で立ちバックしてる現場に出くわして以来となった。

anond:20180419212337

そのくらいじゃないと、とてもじゃないけど一緒に暮らしては行けないと思うよー

赤十字に2万寄附した

台湾地震発生のニュースを見て、いてもたってもいられなくなったんだ。

台湾だけじゃない。熊本地震もまだ復興には遠い。東北も。

そもそも僕は必要以上に給与を貰いすぎなのだ。額は年齢平均程度だけれども共働きだし2人とも浪費癖もない。好きな時に外食して、たまにタクシーに乗ったりしても、口座には毎月5万程度は貯金できる。

投資にも興味ない。保険もいらない。

将来困ったらそのときはそのとき。そんな心配より今困っている人を助けるべき。

有意義に使うよ。

‪そう言う僕を妻は止めなかった。

ただ「昔はお互いお金がありませんでしたね」と微笑んだ。‬

大学生の頃に付き合ってからもう12年ほど。社会人になって就いたプログラマの職は手取りで14万だった。

1DKの関東郊外の小さなアパートに二人で暮らした。

今月はその妻と結婚して6年目の記念日だ。

結婚記念日に何が欲しい、と聞くと、首飾りを欲しがった。小さなダイヤの、首飾り。‬

珍しいな、と思いつつ、そういえば今までほとんどアクセサリなど買ってあげたこともなかったな。マルイで買った数千円程度の首飾りの他には結婚指輪くらいだ。

‪今まで我慢させていたのだろうな。

やや反省して、いいよ、と言い、週末に銀座ブランドショップで気にいるものを買ってあげた。

もっと稼がなきゃな。

金のない奴は無理して家出なくてもいいじゃんと思う一方

実家暮らしキモーイという気持ちも確かにある

みんなにお金が行き渡ればいいのに

子供お金が消えていく

アラフォー専門職母です。この春、一人っ子の娘を私立小学校に入れた。学費が高めの私立小。

公立でいいだろという夫に「私の給料で払うからいいでしょ」と啖呵を切って私立に入れたものの、お受験から始まって入学金、制服・用品代(バッグや夏冬制服あわせて15万超えた)、そして学費とじゃんじゃんお金が出ていく。あと、諸事情民間学童も使っていてこれも高い。気がついたら100万円を超えてお金が消えた感じで、これまでになかった勢いでお金が出ていくのにもうめげそう。

まわりをみると、「兄妹3人みんなここに通わせてます」なんていう人もいてすごい。しかもお母さんは専業主婦ぽい。お父さんは一体どんなお仕事されているんだろう。

稼ぎ手が一人の家庭で、子供に兄妹がいたら大変だな。共稼ぎだと、自分に何かがあったら夫に頼れる(はず)という安心感は一応ある。

幸いお金のかかる趣味もないし、つましく暮らしていこう。春のコートを新調したかったけど、延期だな。

(追記)夫も私も1本ずつ以上稼いでいるので、大学まではとりあえず大丈夫だと思う。出ていく勢いが急に増したので、気持ちがついていけてないという話。

自虐風自慢ダジャレ

この一ヶ月、クラシタだけ食べて暮らしたのは流石に悪手だった

海外幸せ暮らしている女性の設定なのに

海外幸せ暮らしている女性の設定なのに、

日本社会日本男性を呪う言葉ツイッターで延々と繰り返している女性

おまえはもっと素直になれるはずだ。

anond:20180419011918

単純に「住みやす暮らしやすい」というコスパ?の評価ではないような

気がする。

いや、俺もなにか根拠に基づいて書き込みをしているわけではない。

元日本人なんですコスモポリタンなんです」という人は、例えば中国人、例えば香港韓国台湾

の人に比べてかなり少ないように思います価値観の近いと思われるアジア比較してみました。

右翼的に言うと、我々日本人は「日本人は右も左もみな陛下の赤子」的な価値観から自由になるのが

極端に難しいのだと思います(繰り返しますが特に男は)。

2018-04-18

anond:20180418223527

暮らし形態によって違うんでしょうね。

自分一人暮らしからトレーをスーパーに捨てに行く時間もない為、必然的不燃ゴミとして処理せざるを得ないのです。

そしてそれは自炊をしているからなのですが、これが例えば毎食コンビニ弁当だとしたら、さら不燃ゴミが増えてしまます

夫の姓や夫の家系に入るのを嫌うのに、夫の精子大事だと考えるのは

anond:20180418152748

夫の姓を名乗ったり、夫の家系に入ったり、戸籍をいれたり

または、夫の親と暮らしたりするのも、嫌いだというのは、わかる。

自分は、誰のものでもないし、独立したパートナーとして生きていたい。

夫の親が、要介護になって介護なんかしたくない。たいへんだと思う気持ちもよくわかる。

血縁なんか、糞くらえだと思う。


ところがだ。

自分の子供がほしいとなったら、急に血統が気になる。夫の精子がー。

いやいやいや。

夫の親、嫌でしょ?介護なんかやりたくないよね。夫の姓になるのはどうなの?と思ってるんでしょ。

血縁家族家系なんて、めんどうな付き合いしたくないんだよ。

それなのに、なんで、夫の精子大事なの?

アホなの?

子供にも、同じ思いをさせたいと思ってるの?

それとも、自分だけは特別から子供とその伴侶に世話させたいと思ってるの?

つかれちゃった(追記あり)

何だかもう疲れた

たぶん他の人なら耐えられるレベルなんだろうなと思う

こんなので、これからやっていけるのか、この環境から抜け出した時にやっていけるのか不安

自分を変えるには環境を変えるのが手っ取り早いのだろうか

  • 追記1 180419---

技術職3年目女、昨日は一日中一人でデスクワーク残業45分してそのあと転職エージェント電話

仕事叱咤されたりすることはないし、残業特別多くしているわけじゃない

実家暮らしなので、生活サポートしてもらえる

これでなんだか疲れたとか言ってたら、この環境が変わったときやっていけるのか

  • 追記2 180420

さらに追記、

こんなに多くの方から、優しいコメント頂けると思っていなかったので、驚いてます

ありがとうございます

このところ、求人みたり、所謂自己分析をするのに少し疲れてしまった

考えるほど、自分本心は何?とわからなくなってきた

でも、自分を変えたいなと思うのは本当かなぁとか…

自分に自信がないので、模範解答や指針を求めてしま

すこし、自分本位で物事考えたり、休んだりしようと思う すぐには難しいかもしれないけれど

ちなみに、昨日はほんとに会社で話さなかった

ほんとに黙々と自分仕事だった

声出した合計時間3分くらいでは?と思う

男vs女ではなく、男&女vs既得権益にならないと、と言ったけど、非モテミソジニー男やヤリチンミソジニー男を肯定するわけではない。

ヤリチンミソジニー男は、リアルでの環境に気を使っていたら、ある程度、回避できる。(そういった、軽薄で、経験人数を増やすことしか考えてないような男が出没する場所を避ければ、関わらなくて済む、職場にいた場合は、避けられないけど…

関わりたければ、風俗キャバクラ出会い系ナンパ待ちをすれば、そんな男ばかり見える。

けど、非モテミソジニー男はネット上に多く目にする機会があり、自分が気を使っていても、目にしてストレスを感じる場合があるから、こっちの方がタチが悪い、と、個人的には思う(ネットしか攻撃できない非モテミソジニー男とリアル女性を傷つけるヤリチンミソジニー男と、どっちが嫌かは人それぞれでしょうが

そういった男たちは、女を見下し、消費し(二次元AV動画など、あくまで非現実の中でだけど)、キャバクラ風俗に通うヤリチンミソジニー男とやってることは変わらない、と思うけど、本人たちはそんな男たちと自分たちが同種だとは、気付いてないんだろうな、と。

そういった非モテミソジニー男の存在と、女性への差別発言が許される土壌がある社会のせいで、ネット上で、女性差別的な発言をよく目にするのが、疲れる。

最近は、ビッチという差別発言公的な場(匿名ではないレビューサイトなど)で許されていることに、納得がいかない。

日本の男だけが取り立ててクズなわけではなく、全世界的に男はそういった差別発言をする可能性があるけど、他の先進国では、それが社会的に許されていないか抑止力になっていて、そういった男の差別意識に満ちた言動が少ない、今の日本では差別発言社会的に許されているから、そういった言動が多い、だから社会的に許されない風潮ができれば、変わるんだな、と思ったけど。

そういった風潮に変わるためには、上の世代(50代以上は確実、40代も危ないかも…)が死ぬことが一番の近道で、日々、早く上の世代が死なないかなぁ…と思って、生きてる。

差別をしていいという社会、男女の扱いに差があった環境で育った世代は、骨の髄まで性差別意識が染み付いてるから自分たちが問題のある言動をしていることに、気がつかない。

よっぽど内省的な人じゃないと、差別意識無自覚

今の若い世代は、教育の段階では男女に差がないという環境で育っているから、平等意識が強い。(社会に出たら根強く残る男女差別に、疲れるんだけど、男も女も…)

から、そういった世代が中心となれば、自然と、性差別の少ない世の中になると思う。

性差別だけではなく、性別役割分業の意識をはじめとする、高度経済成長期だけに通用した価値観終身雇用新卒採用長時間労働や、そういった、今の時代に即していないのに上の世代過去にしがみついていて新しいシステムを生み出さないから、今の世に歪みが生まれる原因となっている、古い価値観システムたち。

それらが、上の世代死ぬことで、一掃されるのではないか、と、期待している。

から早く死んで欲しい、社会の中心から引退して欲しい(年取っても権力の座から離れたがらない人間が多いから、引退より死んでくれるのが一番いい)と思うけど、そういった老害的な存在がいなくなり、ようやく現状に適した社会システム運営できるようになったとき少子高齢化でこの国は立ち行かなくなっているかも、という懸念も…

過去から現在まで、いつの時代も、年寄りは昔のやり方に固執して、だけど数で勝る若い世代が現状に適したシステムを導入して、やってこれてたのかなぁ。

今は昔のやり方にこだわる古い価値観世代が数で勝ってて、いくら若い世代が現状に適したシステムを考案しても通らないのかな…と。

そう考えると、少子高齢化という、現役世代より高齢者の方が数で勝るような歪な状態になった時点で、日本は終わってたのかもしれない、初期にまともな対策をとればよかったのにね…

上の世代の、現状に適さない、過去システム延命させようとするやり方にはついていけないし、そういった世代死ぬまで待っていたら日本は終わってしまうかもしれないし、若者に残された選択ってなんなんだろう。

月並みだけど海外に出る、とかなのかなぁ。

そうじゃないと、この国で生き残る(最低限度の生活ができる存在として)のはハードル高すぎる。

現実には、海外に出るのはハードルが高いから、労働とかって社会活動はしながらも半引きこもりみたいな生活をする若者が増えてるんだろうけど…

外に出るのはお金がかかる、若い世代お金があるのは稀、半引きこもりで支出を抑えるしかない、と…

そうやって、老尊若卑な社会で、どうするつもりなんだろう…

海外に出る、まではいかなくても、地方移住で中心から離れた暮らしをするという若者が増えているのは、古い価値観(資本主義物質主義)から離れて支出を抑えて、長時間労働にも巻き込まれずに暮らす、という、古い世代固執する古い価値観に決別してる人が増えている、ということかな。

私もそういった暮らし方に近い。

私の観測範囲では増えているように感じるだけで、実際に地方移住する若者が多いのかは、知りませんが。

そうやって、全体の豊かさや幸せを追求した過去時代から個人の豊かさや幸せを追求した時代に変わっていくんだろうな、と。

技術の発展で仮想現実が今より充実したら、お金がかからず、個人幸せの追求であるネット社会が、今よりもっと大きな存在になるんだろうな…少し明るめの妄想

anond:20180418145544

それな。

女性社会進出というのは進めないといけないけど、

ここはちょっと引っかかるけど。

本当に「進めないといけない」のだろうか。

女性社会進出もタダではないわけだし。

平成29年度の男女共同参画局の予算は8,004,105百万円。

その内訳は、

・あらゆる分野における女性活躍 154,771百万円。

  - 男性中心型労働慣行等の変革と女性活躍

- 政策方針決定過程への女性の参画拡大

- 雇用等における男女共同参画の推進と仕事生活調和

- 地域農山漁村環境分野における男女共同参画の推進

- 科学技術学術における男女共同参画の推進

安全安心暮らしの実現 2,313,840百万円

- 生涯を通じた女性健康支援

- 女性に対するあらゆる暴力の根絶

- 貧困高齢障害等により困難を抱えた女性等が安心して暮らせる環境の整備

男女共同参画社会の実現に向けた基盤の整備 5,535,250百万円

- 男女共同参画視点に立った各種制度等の整備

- 教育メディア等を通じた意識改革理解の促進

- 男女共同参画視点に立った防災復興体制確立

- 男女共同参画に関する国際的協調及び貢献


女性活躍」「女性健康支援」「女性等が安心して暮らせる環境etc...

これだけの金が、女性のためにつぎ込まれてるわけで。

ここまでしないと社会進出できない、男性と対等に立てないのなら、もう社会進出するべきではないのでは?

女性社会進出経済界要望(+フェミの大声)によるものだけれど、

人口の伸びが経済の伸びに結び付く以上、基本的社会進出をさせないイスラームの方が、最後には勝ちそう。

努力と才能

「(適切な)努力をすればなんでも可能」論について。

結論)こういう言い方はしない方がいいと思う。

思考実験)適切に努力すれば、誰でも陸上100mで五輪メダルを獲れるのか?

論理的には、間違っている。なぜなら「全人類が適切に努力したとしても、確実にメダルを取れるのは3人だけ」であることは明白だから努力が叶う確率3/70億、それは限りなくゼロに等しい。少なくとも「誰でも」でないことは明白だ。

しかし、現実論として考えれば必ずしもそうではない。全人類競争に参加するわけでもないし、全員に「適切な努力」をさせるためコーチなどのリソース提供する資金はどこにもないから。つまり現実的には、「一部の人間が、おおむね不適切努力をしている」世界存在するだけであるから「適切な努力」の適切さの度合いを厳しくすれば、「適切な努力をすれば誰でも」ということは不可能ではないかもしれない。まあ、極端な場合、それはドーピングなど非合法手段を含む「適切さ」であるかもしれないが(あとで剥奪されても「取った」ことは実現できる…という意味においてだが)。

(本論)

大抵の夢は「五輪メダル」ほどハードルが高くない。たとえば「音楽家になりたい」くらいの夢なら、世界中で毎年数十万人がかなえているくらいのレベルの夢ではないだろうか。そう考えれば、現実論として、「適切な努力をすればなんでも可能」論はそれほど的外れでもないだろうことは認めよう。実際、遺伝子レベルの優劣それ自体が、どれほどその人の人生に決定的な作用をもたらすかというと、そりゃ大したことはないとは言えるだろうね。だが、実際は、生まれ落ちた瞬間から全ての「努力」はスタートしているのであり、ときにその差は「才能」と言うしかないほどに絶対的な差となることもある。

たとえば絵を描くことを例にとれば、日常のもの見方、感じ方、興味の持ち方…など24時間全ての時間が絵を描くためのトレーニングに直結するような(それこそ夢の中も含めて)生活を送ったAくん12歳と、まったくそういう興味をもってものを見たことがないBくん12歳が同時に画塾に入塾したとしたら、いろいろな技術を両者とも初めて身に付けるとしても、描く絵の質は数ヶ月のうちに天と地ほどの差ができるだろうし、そこから得られる賞賛などの成功体験と逆に受ける劣等感…など周囲からフィードバック、それによるモチベーションの差なども含めて考えれば、いくら後者が「後者なりの適切な努力」をしてもその差を埋めるのはまあ不可能だろう。そういう現象が世の中にあふれているのに、Bくんに「才能じゃないよ、後天的努力努力の質の問題だよ」と言っても、納得させるのはなかなか難しいだろう。

Bくんに対してAくんのことをどう説明してあげればよいのだろう? 「Aくんの方が努力してる」と言えばいいのだろうか? 現実には、Aくんは一日2時間しか絵の練習をせず、それ以外は、普通に景色を見たり興味のあるものを読んだりして暮らしているだけで、Bくんはその間一日6時間も絵の練習をしているとしても。それでもAくんの絵の方が圧倒的に「うまい」のだとすれば。その場合、Bくんに「君の努力の仕方は適切ではない」というのは、本当に適切だろうか。Bくんに、生まれからの10数年間を全否定して、もう一度

赤ん坊ものを見るその見方、感じ方から(神経回路の形成自体をやり直させる勢いで)修正して…という教育を施すのが適切な努力というものなのだろうか。赤ん坊が数年で実現することを大人になってから行おうとすると十年以上の時間がかかるかもしれない、しかも、十年以上たってやっと、Aくんの12歳にようやく追いつくだけだというのに? 私なら「Aくんには絵の才能があり、君にはない。人の才能をうらやむのは意味がないからやめなさい。」と言うだろう。

何かをあきらめる言い訳として「才能」という言葉はとても便利だ。人生時間というリソースは、誰にでも平等で有限だ。苦手な分野にそのリソースを投下するより得意な分野に投下する方が、本人も社会も得る利益は大きい。今のままのBくんにも別の「才能」がある可能性を否定するべきではないだろう。「才能」という言葉言い訳にすることを、大人にも子どもももっとカジュアルに許した方がいいと思う。

(参考)

作曲家渡辺崇氏、中学生から助言を求められたので「夢は叶う」という旨を伝えると返ってきた答えが物哀しかった→様々な意見とそんな人々へのエール

https://togetter.com/li/1218942

日本ハムの有力選手って何で不愉快な奴しかいないんだろうな

ダルビッシュ有大谷も清宮や中田さいてょに至るまでほぼ不愉快な気分しかない。

まず顔が生理的に無理だ。

ヤンキー上がりって感じの風体からなのか、その後怪我したり不調だったりしてもヘラヘラしてるからなのか

ダルに至ってはツイッター芸が非常に不愉快。このままアメリカ暮らしてくれたらいいのにって何度も思う。

思うのはダルの弟が関東連合クズからってのもある。イスラム系からいつ自爆テロ起こすか分かったもんじゃないし。

大谷はそういう意味では打たれてくれたら非常に嬉しく感じる。

サンモニでハリーがやはり日ハム贔屓にするけど、あれも不愉快だね。

日ハムはガッフェ以外クソってはっきり分かる。

2018-04-17

嫁が無職浮気してた

相手アラフォー実家暮らし無職という素晴らしいスペックなんたけど

この場合って慰謝料請求しても無駄

それとも糞無職の親に肩代わりしてもらえたりできる?

教えてエロい

生きづらさの話

ここ最近ずっと悩んでいて、頭の中がぐちゃぐちゃになっているので一度文章にしてみようと思いました。

最近ハタチになった大学三年生。実家暮らし。猫が好き。とある専門性の高い女子大に通ってて、バイト学内と学外でふたつかけもってる。人見知りで集団行動が苦手で、大学にはひとりも友達がいない。典型的な女オタクだけど、学部の特徴的にお仲間がいないのでなお友達ができず、ぼっち生活を二年間送ってきました。不登校になってから今日でちょうど一週間になります

事の発端は、新学期初日前夜に母から「つらいなら大学辞めてもいいんだよ」って言われたことだけど、それがなくてももしかしたら破綻してたかもしれない。私は小さい頃から学校というシステムが苦手で、十数年間毎日のように学校行きたくないって言ってたので(じゃあなんで大学進学したのっていうのは後述)。この春休みバイトに明け暮れ、学んでいる専門的な勉強を一切しなかったので、確かに新学期死ぬほど憂鬱だった。でも辞めるっていう選択肢は当時の私の中になくて、きっとまたなんとなーく、適当に、単位を取ることだけを考えて、寂しい大学生活を送るんだなって思ってた。だけどその母の言葉きっかけに、『学校行きたくない気持ちボロボロとこぼれてきてしまった。

から面倒くさいことが嫌いで、嫌なことはすぐに投げ出しちゃう意志の弱い人間だった。勉強運動も嫌い、やりたくない。「みんな頑張ってるんだからあなたも頑張りなさい」が嫌いだった。地頭と要領がよかったので高校はそこそこレベルの高いところに行けたけど、そこでも勉強しなかったので得意科目以外の成績はふつうに悪かった。でも、通っていた高校似非進学校である反面私のようなのが許してもらえるような場所で、友達先生も「しかたないなぁ」で流してくれた。だから学校は嫌いだったけど高校時代は楽しかったです。後にも先にもちゃん友達のいた学校生活はあの三年間しかない。サンキュー高校時代の友人たち、愛してるよ。

ただまぁ似非はい進学校でしたので、大学受験をしない子はほとんどいなかった。私も、高校卒業してすぐ就職っていうのは怖かったし、モラトリアムが欲しかったので大学進学を決めました。ただ勉強したくなかったので(今思うと怒られそう)、勉強しないでいい大学を考えた。のが今のところで、ずーっと続けていた習い事学問として学べる場所でした。家が近いし、身近に卒業生もいたので、そこ一本で落ちたら大学行かない!って気持ち受験。界隈では有名でそれなりにハードルが高かったはずなんだけど、なぜだか十月AOですんなり受かってしまった。拍子抜け。

もともとちゃんと参戦してたわけでもない受験戦争から早々に一抜けしてしまった十七歳私は、そりゃもう遊んだバイトして遊んでぽけーっとして。それでもまぁ習い事には行っていたけれど、オタク趣味が楽しすぎたのもあって、四月にはすっかり大学へのモチベーションを失ってしまってた。そんな状態入学して、周りには「ここにどうしても入りたかったんです!」って目をキラキラさせた綺麗な女の子たちがいて、授業は思ってた以上にキツくて、新しいことが何ひとつできなくて、友達がまったくできなくて、いろいろあって気づいたら引きこもっていました。これが第一不登校事件です。

その時はまぁなんとか復学(?)したんだけども、今また同じように部屋に引きこもっています。第二次不登校事件真っ最中です。

二年間、なんとかやってきました。友達いなくてもいいやって割り切って、集団を求められることの多い学部なのでそれはそれはしんどかったけれど(好きな人グループ組んで!が一番キツい)、ぼっちなりに誤魔化しながらやってきました。だけど急に限界がきてしまったみたい。寂しいもんは寂しいわ。

それと、今まで大好きだったはずの専攻を続けられる気がしなくなった。三年になって研究室に入って、同じ専攻のひとたちと作品を作らなきゃいけないんだけど、自分にできる気がしないんですね。体力とか技術とか、コツコツ積み重ねないとできないことなんだけど、最近の私はてんで努力をしていなかったので。自業自得なのはわかっています。でもなんだか心が離れてしまって、周りでキラキラ頑張っている子たちを見るのがしんどくて、激しい温度差を感じて、学校に行けなくなりました。座学がめんどいとか朝起きるのつらいとか卒業単位が超ギリギリとか他にも理由はあるけれど、大きいのはこのふたつだと思われます

行こうと思っても行けなくて、玄関までは行けるのにその先が踏み出せなくて、今はリビングにすら出られない。寝すぎて背中が痛いし泣きすぎて目が痛い。二重なのが自分の顔で唯一好きなとこなのに、瞼が腫れちゃって最高にブサイクなおめめになっちゃってる。ここ最近毎日アイメイクを涙で溶かしている。クレンジングいらず。

大学をやめようかな、と思いました。幸い親がとても理解のある人で、今まで投資してきたものを全てパーにしようとする私の行いを責めたりしないんです。兄弟もすごく真摯に私のことを考えてくれて、アドバイスをくれて。だけど私はいっこうに答えを出せなくて、家族迷惑をかけている。それがまたつらくて自己嫌悪して泣いてるんですけど一旦置いておきます

大学を辞めようかなって考えたとこです。昨日そう決めて、でも遺恨を残したまま辞めたくなくて、辞めたあとのことは何も決まってないけど明るい中退をしようって母と話しました。だけど帰宅した父に話をして、「だったら社会人としての責務を果たしなさい」って言われた瞬間、急に現実が襲ってきた。見えない未来が怖くなって、涙が止まらなくて、ぐちゃぐちゃになってそのまま部屋に閉じこもってしまった。

それと、泣きながら気づいたことがあって。大学を辞めよう、辞めたら楽になるって思っていたはずなのに、未練があったんです。それは十数年続けてきた、習い事から専門にした、大学で学んでいることでした。練習しなくなって久しいし、散々「もう嫌になってしまった」って言ってたのに、いざ辞めることを考えるとつらくてつらくてしかたなくて。諦めたくないって思ってしまって。うちの学校は三年と四年で作品を発表する場があるんだけど、そこに憧れた記憶が蘇ってしまって。冷めちゃったって思ってたのに、やりたくないって思ったはずなのに、結局私は捨てられないことに気づいてしまった。私という人間を形作るアイデンティティであったから。

自分や周りが思ってる以上に私はネガティブで、めちゃめちゃ自己評価が低い、らしい、です。しょっちゅう死にたくなるし自分必要とする人間はこの世にいないって思うし周りに迷惑しかかけない自分なんていなくなってしまえばいいのにって思う。正直イベント舞台ライブチケット取れてなかったら身投げしてた。オタクでよかった。だけど唯一、ずっと続けてきたそれは自信になっていた。んだと思います。ただネガティブな反面プライドが高いという面倒くさい性格の私は、思うようにそれをできない自分が許せなかった。できないならやめてしまえって考えた。でもそんな簡単にやめられないことにも気づいてしまった。うわっめんどくせぇ

だったら学校行けばいいじゃん、頑張ればいいじゃんって思いますよね、私も思う。だけどできないんです。今日も行こうと思ったけど、できなかった。バイトには行けたのに。頑張りたい、頑張ろうって思っても部屋から出られなかった。母が優しい言葉をかけてくれたのに何も言えなかった。申し訳なさすぎる。いい加減にしろって思ってるだろうなあ、私もいい加減にしたいです。

ほんっとうに生きづらいなって思います。今まったく未来が見えない。明日が見えない。しにたい。でもしねない。辞めたら楽になるって考えたけどそんなことなさそうだった。社会になんて出たくない。中退っていう経歴を持つのがこわい。でも学校にも行けない。なんでだろ。どうしたらいいんだろうね。

私はただ普通に生きたかった。普通に大学に行って、普通に友達がいて、普通に就職をして、普通にふつうに、ふつうってなんだろうね?世の中は普通に生きてる人たちで溢れているように見えるけど、どうやったらああなれるんだろう。めちゃめちゃ尊敬する。すごいなぁ。

だけど私が引きこもってる間に授業は先に進むし履修登録期間は今週中だし学費の納入期限は迫るし舞台チケットは当たるし推しイベの真っ最中から石砕かなきゃいけない。明日はどうすればいいんだろう。生きづらいのは誰のせいなんだろう。たぶん私のせいだなぁ。自己嫌悪はすすむばかりである

文章ぐちゃぐちゃですみません。読んでいただけたならありがとうございました。

本来いびつ関係を描いてる漫画

好き。

・親父の愛人と暮らす俺

・兄の嫁と暮らしています

とかみたいなの。

月曜日からバーベキュー

俺は、田舎でやること無さすぎて土日は庭先で一人バーベキューやってる実家暮らしサラリーマン

娘が大きくなったら家族キャンプに行きたいと妻が買いそろえたバーベキュー用品をフル活用して今年に入って20回はバーベキューをしている。

同居中の父母は流石に飽きて付き合ってくれなくなっていた。

昨日会社から帰宅したら隣県で働いている弟(不定休)が実家に帰ってきていた。

定時上がりでやることなさすぎる俺は唐突月曜日からバーベキューをしてはいけない理由が無いことに気づいて炭に火を入れた。

庭先に出しっぱなしにしているバーベキューコンロにアシナガバチが巣を作りかけているのを蹴飛ばして追い払い火起こし器の中で完璧に火の入ったオガ炭を

コンロにぶち込んで作りかけの巣を焼き払った。

ビール片手に冷蔵庫で行き場を無くしたタラ野菜ホイル焼きにしてバーベキュー用に冷凍常備している手羽中を焼いて弟に振舞った。

無口な弟とは特に会話は無かったが、焼けた具材を美味しそうに食べていた。ただ夜で寒かったのもあってビール一缶空けたところで弟は自室に退散してしまった。

家の中では父と母と娘が暖房の効いた室内で俺が焼いたホイル焼きをおかずに晩御飯を食べている。

庭先に一人残された俺は何をするでもなく熾火をただじっと見つめていた。

LGBTのTだけは違うと思う

レズゲイバイも、

恋愛対象や性対象が同性であるかどうかである

他者に向けた性欲のベクトルの向きである

トランスって、

トランスだけは「自分の性をどうしたいか」であって、

どんなふうに姿を装い、どんなふうに暮らしいか

そこには他人が入る余地はなくて、他人に向けた性的ベクトルは同性だろうが異性だろうがトランスと言われる。

なんかこの子だけ不憫

ネットには汚い女装レズおじさん達が溢れているから、他人に向けた性的ベクトルだと勘違いされてしまっているのではないだろうか。

オタクに恋は難しいを否定的に見るのが真のオタクホントか?

ホントオタクって、自分を「オタク」という集団に当てはめて考えないか

リア充オタク像が捻じ曲げられてる!」と言われても

はっ? 知らねーよハゲ なるだろ普通

 

「本当のオタク」っつうのが

「本当のLGBTQA」あるいは「ファッホモ」とか「マイノリティ」だのと

簡単に分割できるほど単純な話じゃないのは分かるよな?

 

LGBT内でも派閥はあって、マツコやその他芸能人みたいな

旧来型の笑いモノのゲイ像を用いて成り上がり

しろマイノリティを抑圧する側に回った

エスタブリッシュメントもいれば

誰にも相談できず、周りの目に怯えながら暮らしてるKKO+ゲイっつう奴もいる

 

そういう連続性や多様さを無視して

「本当のオタクハー」とか言い出すこと自体がもはやナンセンスでしょ

 

俺もラブライブ(ミューズの方な サンシャインはうせろ)

辺りまでは毎週10作くらいアニメ見てソシャゲに散財してたけど

それ以降はネトフリで洋ドラ見る方が面白いと分かって

以来オタク知識は止まっている

 

そういう場合はどう定義する? 

「本当のオタク」という乱暴ポリコレ棒で叩くのか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん