「レビュー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レビューとは

2021-08-01

anond:20210801162656

「す、すごい…!うますぎる…!」みたいな文面の商品レビュー多すぎ

素直に『わかりません』と言ってくれるプログラミングスクール出身エンジニア

最近案件自分メインで担当することが増えた。

自分仕事としては案件進めているうちに出てくる課題とか機能追加とかバグ修正とかを設計してIssueとして作って他の人に振ったり自分作業に当たったりと色々なんだけど、

最近とあるプログラミングスクール出身の同僚エンジニア(最近同じ部署になった)が自分案件アサインされた。



先日その同僚エンジニアとあるIssueを初めて振った。

内容としてはとあるテーブル特定カラムバリデーション処理が漏れいるから追加してもらって、なおかつユニットテスト修正する、というもの。まあ簡単な奴。

Issueを振ってからしばらくすると同僚エンジニアから質問が来た。

ユニットテスト実装方法がわかりません。」

「ん?」と思った。いや別に特殊ことなんて何もないIssueだし似たようなテストケースリポジトリ上に山程あるしどうにでもなるじゃんって。

まあ特に考えず1個のテストケースを例として自分で作ってみて、「残りは○○の場合とXXの場合と△△の場合テストケース網羅してください」みたいな返信をした。

しばらくするとまた質問が来た。「△△の場合テストケース実装方法がわかりません。」

いやいや、そんなん頭使ってどうにかこうにか考えろよって。案件特有ビジネスロジックのことを聞かれるならわかるけどこんなレベル対応どの企業のどの案件で振られても同じことやるだけやん。

この質問してるのが未経験入社1ヶ月目の新入社員なら自分笑顔で答えるけどこのエンジニアは俺よりキャリアが長いらしい。

その同僚エンジニアはわからないことがあるととにかく素直に「わかりません」と言ってくれる人だった。

成果物についても指摘事項があまりにも多く、自分(というかその人以外)がやったら10分くらいで終わる対応に数時間以上かけて説明して修正してもらうという感じになった。何のための仕事をしているのかよくわからくなっていた。


自分ITエンジニアが「わかりません」という言葉を使うのは例えばどうしても再現性がなくてログにも何も残ってない謎の不具合とか、コンパイラインタプリタレベル不具合で現時点で解消方法がどこにも載ってない奴とか、そういうマジで「参りました」的な状況だけかと思ってた。

こんな公式ドキュメントデバッグツールだけでどうにでもなる状況で「わかりません」を使う人に遭遇するのは初めてだった。



その人はとにかく「わかりません」が多い。

レビューの指摘の意味がわからない、指摘内容はわかっても修正方法がわからない、影響反映を洗い出してほしいと言ったら影響範囲の洗い出し方がわからないと言われる。何ならわかるのか教えてほしいくらいだった。

うっすら評判悪いのは知ってたけど実際に仕事してみると尋常じゃないほど酷かった。

こっちもいろいろ対策を考えた。

Issue振るときソース上に「↓ここの○○をXXになるよう修正してください」とコメントを書いてから仕事を振るようにする、「わかりません」が来そうな部分は先手で予想して回答を載せる。

でもダメだ。こちらの対策なんてものともしないように全てを掻い潜ってくる。

もはやその人に仕事を振るのは「この作業担当してくれたら助かる」ではなく「この作業であれば流石に”わかる”だろう、そして単純作業の量が多いからしばらくは邪魔されないだろう」という感じにできる限り疑問点が少なく時間がかかる作業で”遠ざける”のが目的になっていた。

最低でもあと1年くらいは人事はこの状況らしい。。。

こういう状況ってどう扱うのがいいんだろうなぁ。

2021-07-31

anond:20210731194246

置き配でもちゃんと届いて良かった。

ちなみに、あの星芋ってどのくらい美味しい?

レビューで絶賛されてたけど、そこまで美味しいものなのか不思議で。笑

アクアは意外といい

新型アクアヤリスハイブリッドが登場したので、やや中途半端イメージがあるかもしれないが、実車見たり、レビュー見てたら、意外といける気がしてきた。うへえ顔の縁取りはG・Zがシルバーになるようで、そっちの方がデザイン的には良い。アクア機能的にはほぼ全部入りに近い。電動パーキングブレーキは無くて足踏み式だが、全車速対応クルーズコントロールで、停止まで出来る。発進はアクセル踏む必要がある。

技術的見どころは、バイポーラニッケル水素電池採用(最廉価のBだけリチウムイオン)。これで電気の出し入れが早くなった。燃費は下位グレード程良くなる。Bはタイヤが細いのが効いているかもしれん。

クリムゾンってなんで人気なの?

最新作が1位取ってるんだけど

レビュー評価悪いんだわ

その割には売れてて

謎の作者。   

ファンはいっぱいいるけど

あえて感想は書き込まない? 

他の作者のだと

ランキング上位取ってると絶賛されてるんだよね。

2021-07-30

将棋運ゲー」と理解できない者が語るゲーム論はどんなに頑張っても曲芸の域を出ない

ゲーム盤の上に乱数発生器が載ってなきゃ運が絡まないと思ってる奴らの底知れない浅さたるや。

競技遊戯といったもの本質がまるで見えてない。

人間ルールや道具を作り出したあらゆる遊びや試合といったもの絶対的に対人であるということさえ理解できないのだろうな。

ファンタジー世界で「皆には見えるオーラエーテルが見えない存在」が時折題材になるが、立ち位置としてはそこに近いのでは?

ある種のクオリアのようなものが生まれつき欠如していて、普通に生きていれば見えるようになるものが生まれつき絶対的に見えていない、そうとしか思えないほどに、鈍感力無限大の彼方へと突き抜けている。

だがそれでは、ゲームを論じることは出来ないのだよ。

たとえば味覚障害のあるものが「味覚障害のある人間なりに匂い香りと見かけだけで食べ物評価する」といった奇策を打っても、それが真っ当なレビューの一つに数えられることは永遠にない。

将棋(を含めて全てのゲーム乱数発生器の搭載の如何を問わずに)運ゲー」とういことが理解できない人間が語るゲーム論は、絶対的に致命的に圧倒的に絶望的に喜劇的に根本的なピント調整が永久不安定なままで語られていく。

しかに彼らの語る論がたまたま偶然あってしまうことはあるが、それは単なるタイプライターを叩いた猿がシェイクスピアをかきあげたと言うだけであって、その主張の正当性は結局その著者たる猿本人によっては一切担保されないわけである

著者本人が一切正当性担保できないのでは、それは「論」ではなくて単なる「談」、ジョークブックに載ることはあってもマニュアルに載ることは永遠にないのだ。

2021-07-29

かりんとう饅頭のうまさ

かりんとう饅頭、どうでもいい雑魚和菓子だと思って適当に食ってみたらかなりうまかった

イメージとしてかりんとう念頭にあります、っていうナメた感じじゃなく、ちゃんと、何も知らずに食ってもかりんとうを想起するかもしれないと思えるくらいかりんとうっぽかった

中身は安納芋餡のやつを食ったんだが、それもいい感じに外側とマッチしていた クセのない甘さで、かりんとうを補強してくれる

近所にかりんとう饅頭うまい店があるらしい 海の近くにある小さい和菓子屋で、なんでもうまい特にかりんとう饅頭が絶品、というレビューが多い 

外側がカリッとしていて、歯応えが絶妙、とかなんとか

もういくしかねえなと思っている

市のホームページには「ワクチン個別接種可能病院」として乗ってるけど、実際この病院大丈夫なのか?

なんかHPが怪しげな美容クリニックだなあ

痩せサプリランディングページみたい

Googleレビューサクラくさいし、うーん

でも会員登録すれば予約できるっぽいんだよな

いつ更新したのかわからないニュースに、予約可能ですって書いてある。。

電話番号とか打ち込んでいいのかコレ…?

 

わからんコロナ怖いけど怪しい病院個人情報取られるのも怖いな…

他の病院にしてみるか。。

2021-07-28

Game*Spark編集長勝手失望した話

はじめに自分政治スタンス説明しておくと、非自民党支持者で、また地方住まいかつノーテレビのためオリンピック可能ならば中止それがダメならばワクチンが行き渡る2022年まで延期というもの。なので、ワニウエイブ氏の記事が仮に彼の note で発表されていたのならば「語調はキツイがこれもまた東京五輪開会式レビューであるな」と受け取ったと思う。ただそれが政治的中立に見えるゲーム専門メディアに発表されたのがショックだった。

目次


記事ゲームメディア範疇を逸脱していると感じられる理由

東京オリンピック開会式への怒りと絶望ゲームへのリスペクトがない演出とそれをありがたがる人々が許しがたい」 https://www.gamespark.jp/article/2021/07/25/110634.html

問題記事乱暴にまとめると

というものだ。自分が最も疑問に思うのがこれは誰に向けて書かれた記事であるのかと言う点だ。はたして Game*Spark の読者に向いて書かれた記事なのか?

自分は、開会式ゲーム音楽使われて喜んだ大衆の大半は、非日常でよく知った音楽が流れてきたから単にアガっただけだと感じている。そこに国家威信の誉もなければ愛国も何もない。そんな気持ちが大半の読者に対して、実際に開会式を見ていない人が「自らの政治スタンス自覚しろ。楽しむのは現政権を支持するのと同じだぞ」と攻撃的に主張するのはいゲーム専門メディアとして良いやり方なのか?自分はそうは思わない。

また仮に読者を攻撃するような内容ではなく、あくまでワニウエイブ氏がそう感じているだけであるという内容であったとしても、最終段落

秋には衆院選がある。もちろん選択自由だが、老人たちに「ゲームファンは大増税しても何しても、ゲーム音楽を流してれば文句わずに従うチョロい連中」などと思われないことこそが本当にゲーム文化を守ることや、リスペクトすることにもつながるはずだ

というのはライター政治性が強すぎて、中立的ゲームメディア標榜するならば絶対排除しなければならなかった。この文から始まる段落は「政治家の老人達を落とすために選挙へ行け」という主張になっていると思うが、これまでの前提と合わせると 政治家の老人達オリンピックに関与する与党政治家 となり、この段落自民党政治家を落とすために選挙へ行けという主張になる。重ねて言うが、特定政党擁護批判するようなもの中立的ゲームメディアが載せることは絶対にあってはならないものだ。なぜ政治批判に繋げる?なぜオリンピック組織IOCJOC東京都批判を超え衆院選という国会の話を持ち出すのか?

めちゃくちゃ些末だけど「『ファイナルファンタジー』や『サガ』シリーズは、“かみ”を殺したり、環境テロリスト主人公だったり、その世界の仕組みそのものを恨むような反権威的なシリーズのはずだ」これ前者のゲームFF7)が環境テロリスト後者(サガ1)が神殺しなので、前段と後段がチグハグ説明になっていると思う。

賛否を受け編集長が出した声明から受けた印象

7月25日掲載オリンピックに関するコラムにつきまして」 https://www.gamespark.jp/article/2021/07/27/110661.html

二日後に出された編集長声明は、記事賛否を受けたものとして完璧な内容に思う。記事を削除したり、チェック不足言い訳したり、ライター責任としたりするようなことはしていない。ライター記事の依頼をしたこと批判覚悟して掲載に至ったこと、そしてすべて編集(部|長)の責任であることをはっきりと宣言し、ライターおよびその記事の内容を守ることを表明している。だからこそ自分は「読者を攻撃する文調かつ政治的中立とはとても言えない」コラム記事掲載問題ない判断した編集部と編集長失望を覚えた。なぜならば、このレベルの内容ならば今後も編集部として注釈なく掲載するつもりであることが本声明によって肯定されるからだ。少なくとも自分はそう受け取った。今後、自分は Game*Spark攻撃的な主張も政治的中立ではない内容も載せるメディアとして見るようになるだろう。

政治的中立性について補足すると、声明では「常に特定政治思想を背景にしながらコンテンツ制作しているということもありません」とある自分直ちに Game*Spark が左や右に偏ったメディアとなるとは考えていない。しか自分危惧しているのは、これから Game*Spark に対して「左だから」「右だから」という要らぬ対立軸を立てレッテルを貼る輩が出てくること。ゲーム業界は娯楽をターゲットにしているため政治から逃れている部分があるのに、なんでこっちから飛び込むのよ…

強調しておきたいのはこれが一概に悪い変化というように考えている訳ではないということ。もしかしたら政治色の強い記事を好む人が多いかもしれないし、政治性を明らかにした記事の方が読み応えがあるものができるかもしれない。ただ自分にとってはそれは not for me だ。

全く読む必要がないパート

スペースが余ったので自分ゲムスパに対する感想でも。自分にとって Game*Spark/INSIDE は他のメディアがやらないような泥臭い企画をやったりしているけどイマイチ一流になれないゲームメディアというものだった。ただ大手メディアにしては珍しくコメント欄を開放しており、読者との距離が近く独自コミュニティ形成されているように見えた(某通はコメント欄をすぐに封印たからね…)。今でも続いている「来週はどんなゲームを買うか」等のユーザーアンケート豊富なところもそれを後押ししていたところがある。あと変な企画もいっぱいあった。「インサイドちゃんゲーマー相談」とか誰得ものもあった。それから脇が甘くてたびたび炎上謝罪していたイメージもある(栗本チャレンジとか)。

しかしここ2-3年はライター独自性を生かした企画が次々にヒットしており、個人的には最大手(F, D, 4)とはまた異なる面白い立ち位置メディアになっている印象だった。例えばFE風花雪月の「なんでそんなことするんですか?」とか現役パイロットによる Microsoft Flight Simulator の紹介、あつまれどうぶつの森生物DPZ でおなじみ平坂さんが紹介する企画など目の付け所が良い企画がいくつも発表されていた。なので編集長が交代し、ライターが生き生きする良い方向に変化しいるなあと感じていたところに今回のこれがあった。

気持ちとしては「たまに通りかかるグラウンドで見かける近所の草野球チームが最近いい感じになってきたけど、急にダーティープレイをするようになって驚いたし、今後もそのレベルプレーをすると聞いて驚いた」に近い。

監視社会だよなぁ

SNSキャンセルカルチャーグーグルマップレビュー等。

中国のことを揶揄しているが、信用スコアを取り入れる思い切りの良さが無い分、人が人を監視し合っていて非常に空気が悪い。

anond:20210727162354

2019年薄暮 (アニメ映画)なんて、京アニ作品でなければ震災性的要素を挟むなとアマゾンレビューでボロクソなのに

京アニであればすべての表現が許されるかのよう

ゲスパの五輪開会式批判記事の釈明について

はてなー大絶賛

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.gamespark.jp/article/2021/07/27/110661.html

釈明文中にはこうある。

開会式を見ていないことは致命的な欠陥ではないと判断しました。」

まずこれを是と感じる時点でかなり感覚おかしい。

東京五輪とその開会式を取り巻くその状況が記事対象

だとすれば、賛否どちらでも開会式は見なければ記事は書けないはず。

なぜかというと元記事タイトルは「ゲームへのリスペクトがない演出とある。見てないのに演出の何がわかるんだお前は。

余談だが釈明文中にはこうもある。

レビューについてはメーカー提供のものは利用せず、自費でゲームを購入してからクリアまでプレイすることを必須としています

とすると栗本チャレンジ真実ということになる。(参考 https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A0%97%E6%9C%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

普段からゲスパに接してきたゲーマーからすると、「んなわけねーだろまた与太記事量産しやがって」になるんだけど反五輪?だからはてなーには好評みたいだね。

本は本じゃないと読まない

電子書籍を積み続けて幾星霜。やはり本は本でないと読まない。視界に入らないか存在を忘れる。アプリを開いても最近読んだ漫画ばかり表示される。

本ならば読めと言わんばかりに机に1冊置いておけば、時間はかかるがそのうち手に取り読んでいた。

電子書籍を読む唯一のチャンスは、なんとなく漫画を読みづらい通勤中だった。今は通勤もしないから完全に機会を失った。

今日も熱のこもったレビューを読んでSF小説ポチってしまった。読みもしないし、買った理由存在さえ忘れるのに。本で買えばよかった。

電子書籍で買ってしまった面白いであろう大量の本をほしいもリストにまとめたので、好きにしてください。何かの間違いでこちらに届いたら、きちんと読みます

リスト

2021-07-27

なんか全体的にオタクエロコンテンツに勢いがなくない?

あくまでも私見でだがどうもエロ供給する方もユーザーもここ最近元気がないように思える。

ここでいうエロというのはこれを書いている俺が男性オタクからオタク系の男性向きに限定させて貰うが

例えばエロゲーは衰退していると言われているがそれは泣きゲーなどシナリオ重視した作品での話で

しろ本来の姿である実用性重視のヌキゲーが戻ってきて同人系も出てきて盛り上がると思いきや、なんか伸びないのである

そもそもユーザーが減ってきているし、レビューするサイトも少なくなってきている。

エロ漫画も似た傾向になってきていると思う。どちらも相変わらず供給し続けているとは思うが

ちょっと前だったらエロ漫画話題になる事も珍しくはなかったのだがここ最近エロ漫画の影も薄くなっているのは気のせいだろうか。

エロ漫画活躍した作家一般向けの商業漫画を描き始めるというのも影響しているかもしれないけれど

それよりやはりユーザー離れも若干感じる。10年前はもっとエロ漫画について語られていたのではないだろうか。

それから同人コロナ禍によるコミケ中止がかなり大打撃を与えたのだろう。ほぼ電子メインに移行したサークルもいれば

最後に開催したコミケそれっきりのサークルも多い。何とか委託しているサークルもあるがそれでも紙の同人を手に取る機会は確実に減ったと思う。

デジタルコンテンツも昔と比べれば大作が作られなくなったと感じる。DLsiteの累計ランキングでも見れば分かると思うが

特に3D系は本当に減ってきていると思う。前編として出した3D作品がとてもクオリティ高くて続編期待したのにそれっきり、というパターンも多いが

今はソフトも機材も充実してきているはずなのになかなか力入った3Dエロが作られなくなったのは一体なぜなのだろうか。

割れかい諸悪の根源が一向に無くならないから作るの馬鹿馬鹿しくなったというのはあるかもしれないが)

あ、でも同人RPGは今が最高に盛り上がっていると思うわ。

2021-07-26

anond:20210726205440

してない人に言わんでくれ

ワイは餃子事件の時、片っ端から通報したぞ。たぶん1000くらい

増田もそうしてくれ

 

2020-09-29 (anond:20200929222522)

ちょっとアレな人相手商売してるからね。当然かと

餃子事件、彼の信者のアレな人たちのレビュー酷かったよ。片っ端から通報しといたけど

店主がGoogleに問い合わせて削除対応してくれたみたいね

2021-06-16 (anond:20210616160900)

ワイいろいろ通報して凍結させてるけどコイツフォロワーいっぱいのつよつよアカウントなので凍結されず

トランプの時に通報したら多数の通報が同じくあったのかデマアカウント表示されてたけどそのくらい

はすみとしこ氏も同じく。フォロワーいっぱいのつよつよアカウントなので凍結されず

不愉快から視界に入れないうちに裁判関係かなんか知らんが凍結されてた

 

ちなみにフォロワー数が少ないよわよわアカウントだと他人暴言嫌がらせ(例えばホリエモン餃子事件)してるだけで

凍結されるし、個人ターゲットにしていない差別発言でも凍結される

人間受け入れがたいものをそのまま受け入れるのはものすごく難しいということ

セッション」という映画をご存じだろうか。


まず言っておくが、自分はこの映画を見ていない。

ストーリー公式http://session.gaga.ne.jp/intro/から引用

名門音楽大学入学したドラマーのニーマンは、伝説の鬼教師フレッチャーバンドスカウトされる。彼に認められれば、偉大な音楽家になるという夢と野心は叶ったも同然と喜ぶニーマン。だが、ニーマンを待っていたのは、天才を生み出すことにとりつかれ、0.1秒のテンポのズレも許さない、異常なまでの完璧さを求めるフレッチャー狂気のレッスンだった。さらフレッチャー精神を鍛えるために様々な心理的ワナを仕掛けて、ニーマンを追いつめる。恋人家族人生さえも投げ打ち、フレッチャーの目指す極みへと這い上がろうとするニーマン果たしてフレッチャーはニーマン栄光へと導くのか、それとも叩きつぶすのか─?


もう7年の前の映画なので、結末を軽ーく言ってしまうと、最後はニーマン決死演奏をして、フレッチャーが微笑むというラストらしい。その時に「褒めは甘えへの一歩だから」という理由絶対口にしない「よくやった」を言ったとか言わないとか。


この手のスパルタ教育オッスオッスオラオラソイヤソイヤ!みたいな教育論、反吐が出るほど嫌いなので見ていないのだが、

結末もなんちゃらの王将社長新入社員が抱き合って号泣するだとか、和解するだとか…結局そういうお話かよ。と思ってさら反吐が出た。

タイトルの通り、到底受け入れられないものだった。


そんな時、ある映画レビューを見かけた。


フレッチャー最後笑顔は、ニーマンを称えるものではない。」


あの笑顔は、賞賛ではない。

フレッチャーは『世界最高のドラマーを育てる』ということに狂ったように取り組んでいる。

あの笑顔は、まるで「マッドサイエンティスト世界破滅に導くような兵器を開発した時に出る高笑い」のようなものだ。

決して賞賛ではない。自らの狂った欲望が叶ったからの笑顔なのだ、と。


これだああああああああああああ!!!!ってなった。

さらさらに。


https://www.youtube.com/watch?v=yec5Ima5eHY


アカデミー賞ノミネートされたときの、フレッチャー俳優へのインタビュー


うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!そうだ!!!そうなんだよ!!!!!ってなった。

もう受け入れ態勢完璧。これは、問題提起だ!と受け入れてしまった。



かくして、全く受け入れられない映画は、受け入れられる映画になりましたとさ。


人間、嫌なものを見ると、見て見ぬふりするか、何とか好意的解釈して受け入れざるを得ないもんかな。やっぱ。

anond:20210723214152

プロ映画レビューにも脚本ボロクソ書かれてるのに何言ってんだお前

大ヒットしてる事と脚本の出来は別ものってこともわからんのか

2021-07-25

アラサー男、乙女ゲームにはまる

某有名漫画家さんがシナリオキャラデザやを手掛けた学園系乙女ゲームにハマった。

あの作品を「乙女ゲーム」とくくっていいはずがないが、とりあえず男キャラ攻略できるので分かりやすくそう呼んでおく。

Twitterでは呟きづらいから書き散らさせてくれ。

元々、有名漫画の方のファンで絵柄や画風が自分の好みど真ん中だった。あの絵柄で新しいキャラクター、イラストが見られるなら買ってみたいと思った。

恋愛シュミレーションゲームっぽいストーリー導入や設定に二の足を踏むも、Amazonで同性のレビューを見つけたことに背中を押されて即ダウンロード版を購入。プレイを始めた。

……とてつもなく良かった。面白かった。導入の「男子校性別を偽って入学」という点で「はいはいよくあるオタク女が好きなハーレムモノね」と舐めていたプレイ前の自分を恥じた。

有名漫画家さんの描いたキャラクターやスチルを見ることができ素晴らしいのは大前提として。

システムがまず良い。

このゲーム自分ステータスにある6つのスキルを上げることで、ストーリーを左右する「学校内成績」が良くなる。スキルごとに対応した攻略キャラ好感度勝手に上がる。自己研鑽に邁進していればストーリーが進むのだ。

なんとなく乙女ゲームとかって「好感度を上げつつストーリー関係するスキルを磨きつつ」みたいな二足の草鞋方式が多い気がしていたので新鮮だった。普段ギャルゲ含む恋愛シュミレーションゲームやらないから完全にイメージだけど。

ストーリー内の選択肢、どれを選んだとしてもキャラクターの好感度が下がらないのも乙女ゲーム初心者としてはありがたかった。

キャラクターとストーリー、良い。

主人公が強い。攻略対象がいるものの、きっとひとりで生きていける。実際どのキャラクターも攻略しない主人公独自ルートがある。全ルートやってみた上で、俺は誰とも恋愛関係にならない独自ルートの話が一番しっくりきた。

攻略キャラたちも格好良い。ビジュアルもいいが、個性も強い。

ゲームストーリーは大筋が決まってるんだけど、それぞれのルートで各キャラクターが「このときこんなこと考えてたのか」って分かるのも納得感がある。

攻略対象キャラたちもやっぱり個性が強い。

攻略はできないがサブストーリーは用意されているので、それぞれの思いや過去を知ることができるのが嬉しい仕様主人公親友(女)の水着姿もグッときたが、某キャラのサブストーリーは男でも思わずドキッとした。海外に連れ去られたい。


音楽も良い。

主人公攻略キャラクターの声優さんたちが歌っているんだが、これらの曲を使った音ゲー要素がある。音ゲー好きとしてはたまらなかった。

楽曲好きで思わず9月に出るボーカルコレクションCDアニメイトで予約した。ギャラリー機能内の音源を聞いて、CD発売まで耐え忍ぼうと思う。


個人的意見だがとりあえず「全て良い」しか言えない。説明書きだけで乙女ゲームの類と決めつけて忌避するにはあまりに勿体無い作品だった。Amazonレビューを書いてくれた男性よ、後押ししてくださってありがとうございました。

これから回収しきっていないスチルを回収してきます

細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」レビュー。」

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2107/25/news017.html

全部ではないもの賛同する

要はリアリティラインの話だよね

子供勝手に動いて解決する話にしたければ、大人の目の届かない所で勝手やらせるか、そもそもそういうのがおかしくない架空世界観を作るかにすべき

子供が一人で勝手に動くのを、現実とそう変わらない倫理観世界大人肯定しちゃ駄目でしょう

【定期】ハクスラモンスターズかいクソゲー

前回

https://anond.hatelabo.jp/20210617075441

https://anond.hatelabo.jp/20210617192030

 イベントが始まった。アプリリリースから1周年記念ということで、例によってチケット販売イベントが始まっている。

 チケットとは周回1回毎のアイテムドロップ率を上昇させる課金アイテムであり、ガチャとは違ってキャラクターの入手保証存在せず使用タイミング個人自由に委ねられている。この事実によってゲーム中のキャラクターいくら弱体化しようが「いや、キャラクターの弱体化とチケット関係ありませんけど??」という立ち位置で返金を避けられる超画期的システムだ。

 とはいえ因果関係が断絶されていてもユーザーの好感とは別の話で、毎度毎度不具合ナーフの度に申し訳程度の詫びチケが配られている。

 バランスについては仕方ない。強すぎたら弱体化するのは当然。けれど今回やらかしたのは最速実装1日ナーフ告知。瑞麗というキャラが弱体化された。

 前回の記事で「イベントが終わってから悠々自適ナーフすんなよハゲ」と言った立場ではあるのだが、さすがにイベント開始直前に実装して1日でナーフ宣言するようなキャラ実装するなよと言いたくなる。が、今回の主題はそこでは無い。そもそもこの運営キャラクターの強弱を理解しているのか?

 瑞麗は他の追随を許さない性能を持っていたから弱体化する……などと書かれているのだが、とてもそうとは思えない。

 確かに瑞麗の持つ固有スキル祈り』はこのゲームにおける必須スキルと言っても過言ではない。継戦能力を向上させる優秀なスキルであり、ネタパーティでもない限りはこのスキルを持ったキャラクター採用する。そういう意味では他の追随を許さないのは間違いない。

 しかしその場合他の追随を許さないのは『祈り』であって瑞麗ではない。他の祈り持ちであるアナ』の立ち位置が弱体化前の瑞麗によって危ぶまれたかというと絶対にそんな事はなかったはずだし、そうならないと言うことは他の追随を許さない瑞麗より強いアナの方が問題だ。もちろんアナを弱体化しろという話ではない。

 強いから弱体化と言うのは構わないがあまりにも言い訳ゲーム乖離し過ぎている。とりあえずこれ言っとけばいいだろう、というようなバランス調整テンプレを他から持ってきたようにしか見えない。

 以前からずっと思ってきた事だが、このゲーム運営インディーズメジャーの悪いとこ取りを目指してるのかとしか思えない程の悪手を繰り返す。他のインディーズゲームとのコラボ!と鳴り物入りで登場したスキルがあらゆる条件下で1ダメージになるというテストプレイ以前の動作確認すら行われていない疑惑どころか確証に近いレベル根拠を生み出してしまった事もおかしいし、それが単なるかませにしか見えない程のバグが多発し、体調が悪かったですなどというあまりにもテンプレートな言い訳構文ですべての言論封殺公式アカウントと連結した個人アカウント顧客レビューに対する愚痴連呼

 確かに世間でヒットしてるゲーム戦略は参考になるのだろうけど、参考にする所を間違えてません????あるいはインディーズから叩かれにくいという世界システム悪用しているのか?

いやいやいやネタ再利用が早すぎるでしょう

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/gigazine.net/news/20210725-cognicull/

数学物理学知識理解するための「足りない知識」を「ツリー構造」で掘り下げていける学習サイト「コグニカル」レビュー - GIGAZINE

↑これが現時点244userで、はてブトップに上がってたけど、コグニカルってつい最近はてブ話題になったばかりでしょう↓。

コグニカル

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/cognicull.com/ja

今年の3月にバズって、はてブは3244user。

サイト管理元があまり明確でないところがあって、工作可能性もあるけど、それでもトップコメに100スターは付くくらいには読まれているはずなのに。

なんで今更そのサイトを紹介する今月にできたページがはてブにあがるわけ?

コピペネタが数年後に再ブレイクするのはよく見るけど、このサイトは高々4か月しか経ってないよ?

それだけ新規参入者が居たり、前回のバズを見逃した人がいたってこと?

ネタ再利用が早すぎるでしょう。

竜とそばかすの姫のレビューが軒並み「この監督やばい」感出してて笑

「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージ脚本の致命的な欠陥

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2107/25/news017.html

[竜とそばかすの姫] - レビュー 現代における『美女と野獣』の寓話を語りましょう

https://jp.ign.com/ryu-to-sobakasu-no-hime/53430/review/

『竜とそばかすの姫』解説細田守作品賛否両論になる理由が改めてわかった

https://cinema.ne.jp/article/detail/47108

「竜とそばかすの姫」の違和感を紐解く-誰のための何目線映画だったのか -

https://note.com/meiroman/n/nfd547b8b82b2

 

まあ細田監督エグい題材扱う割に最後性善説で閉じるのがよくわからんところはあるよね

2021-07-24

anond:20210724133649

簡単からやってというような依頼時の態度の問題

納品された成果物レビューするのとは全然別の話だろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん