「批評」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 批評とは

2018-11-17

https://anond.hatelabo.jp/20181117160701

行を使い切ってしまった。

その他有望そうな作品


メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー賞作品賞さらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全の体制を敷いた。

あらすじ的には『プーさん大人になった僕』みたいな「少年時代から数十年後……」なやつで正直芸がないなという感想だが、やはり布陣の豪華さで眼を惹いているのか、各種オスカー予想サイトでも好位置につけている。


On The Basis Of Sex(ミミ・レダ監督

リベラル派の英雄ルースベイダーギンズバーグ最高裁判事の伝記映画

正直、作品としての評価はそこそこ止まりなのだが、題材のタイムリーさで群を抜いている。

ここ一二年の受賞傾向から読み取られるように、オスカー政治の場でもあるので、政権へのメッセージとして名誉枠的にどこかしらの部門ノミネートを受ける可能性はある。


バスターバラードコーエン兄弟監督

アカデミー賞常連コーエン兄弟の最新作。元はネトフリのドラマ用に書いた6つの短篇をむりやり一本の映画にまとめたオムニバス西部劇

ヴェネツィアでは好評を得て脚本賞を受賞したものの、ネトフリ映画オスカーでは弱い。ROMAとは違って長編でないことも致命的。

脚本賞ノミネートされるかどうか、というところか。

ちなみに日本のネトフリではもう見られるようになっとるぞい。観よう。


クレイジーリッチジョン・M・チュウ監督

オールアジア系キャストボックスオフィス第一位におどりでてハリウッドに衝撃を与えた金持ちラブコメ

多様性という観点でいけば黒人映画LGBTより恵まれていないアジア系英語映画も推されてしかるべきだと思うが、「内容的にはありきたりのロマコメなんで」と言い訳されて回避されそう。

去年の『ビック・シック』のクオリティでさえ作品からは外れたしな。


The Hate U Give(ジョージティルマン Jr. 監督

ヤングアダルト向け小説原作ながら人種差別に関しての深い洞察話題を読んだ伏兵作品

裕福な白人の子弟が通う高校自分も「白人的な振る舞い」をしながら友達付き合いをしている黒人少女主人公彼女は幼馴染の少年警官から理不尽に射殺される場面に出くわしたこときっかけで、自分の置かれた状況と社会に対して疑問をいだき始める。

ちなみにタイトル引用元はトゥーパックだとか。


Leave No Traceデブラ・グラニ監督

批評集計サイト RotttenTomatoes.com で195名の批評家が軒並みポジティブスコアを与えて支持率100パーセントを記録した作品。去年の『レディ・バード』を彷彿とさせますね。

PTSDを抱えるイラク帰還兵の男が幼い娘と森の奥で世捨て人のような生活をしていたら案の定福祉局に見つかり、真人間として暮らすように強制されるとかなんとかで始まるヒューマンドラマ

こういう「ロトゥン・トマト・パーフェクト」なインディー映画は『レディ・バード』みたいに配給によほどに力がないかぎりは作品ノミネートまでこぎつけられないが、一方で最近オスカーインディー作品に対して温かいのも事実

監督は『ウィンターズ・ボーン』でそれこそインディー予算映画作品賞にねじこんだ経験があるだけに、ありえない線ではない。

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-11-12

英語が少しできるようになると、他人発音批評するようになる

ハイ、俺ですね。俺も数年前だったら完全にトランプ擁護し、発音の悪い日本記者が悪い!と言ってた。恥ずかし。

大人になってから英語を学んだ人は完全には発音イントネーションを直せないと実感したとき絶望な。んで英語が訛ってることで、しか白人フランス人イタリア人は訛ってても何も言われないのに、アジア人が訛ってたら差別される絶望

この絶望を乗り越え、ノンネイティブ話者に優しくする必要性を骨の髄まで感じている。

まとめ:トランプはクソ

2018-11-11

萌えが何故性的意味合いを持つ(と思われる)に至ったか

元来「萌え」という語自体には性的意味合いは無く性とは別概念として捉えられていたが、一般へ広まると同時にオタクの間で使われなくなっていった過程で何故、性的意味を持つ(と思われる)ようになってしまったのだろうか。

1995年パソコン通信文化がまだ華やかだった頃に初版が発行された用語辞典通信用語の基礎知識」では萌えについて下記のように記している。

元々は、まだインターネットなど普及していない時代草の根BBSで、しか自然発生的に生まれたと考えられる用語である

それは男社会であるので、当初「萌え」が表現したものは、可愛い女の子の素敵な仕草を見て湧き上がる感情、であったと考えられる。

しか時代の変遷を経て、「萌え」という語も広く普及するにつれ、誤用なども含めて様々な意味で使われるようになったと考えられる。

従って、現在に至っては、萌えという語自体に明確な定義を与えるのは困難である

https://www.wdic.org/w/MOE/%E8%90%8C%E3%81%88

たとえばエロゲーに対する批評で「萌えゲー」と言われれば、それは「エロ要素が皆無か極めて薄い作風一般アニメ漫画作品のような可愛らしい絵」を指すもの解釈されるケースが多い。

しかし昨今多用される「萌え絵」は全ての二次元絵を内包する巨大な概念として使われている節があり、「萌え絵は性的だ」「萌えエロは違う」という不毛な争いをも生んでしまっている。

(そも、時代と共に変遷する性的概念定義することそのものに無理があり、また性的か否かは画風で判断されるものでは無い。性交を直接描けばR18だがベッドシーンならR指定一般指定、という実写映画のざっくりレーティング比較的分かりやす基準と言えるが何故絵に対しては画風で判断するのか)

仮説1:風俗店看板広告からの発想

風俗店看板広告で描かれる二次元絵のほぼ全ては無断使用であると言える。出典はエロゲーなこともあれば一般アニメ漫画であることもあり、適当に選別していることが容易に伺える。無断使用されている方にとって見れば迷惑なことこの上ないが、無断使用されていることなど知りもしない人が見れば「アニメ絵の風俗店看板→このような画風は性的である」と擦り込まれ可能性は充分に有り得る。

ちなみに何故、風俗店看板二次元絵を使うのかというのも疑問だが、一説に寄れば「写真看板広告に貼るとこの女性を出せという客が来る」からだという。さすがに厄介な客も二次元絵ならこいつを出せとは言わないだろうという自己防衛である。いい迷惑だ。

仮説2:萌え○○からの発想

一時期のメイド喫茶ブーム煽りで、JKビジネスを含むライト風俗雨後の筍の如く激増したという。

このような店が名乗り始めたのが「萌えリフレ」「萌えエステ」「萌えマッサージ」であり、上記と同様に「風俗店が店名に使う言葉性的意味を持つ言葉である」と擦り込まれ可能性がある。

仮説3:二次元絵は全て萌えである

プリキュアの絵ですら萌え絵だと言われるのであればこれが実は正解かもしれない。

2018-11-07

自殺すれば信者を作れる

anond:20181107193628

あやつじなんとかが自殺した件で、こうやって死んだ側に無批判賛同するものが現れることが分かった。

そして匿名ネット空間ではこれが悪用できるのではないか炎上商法進化版として。

匿名過激意見を主張・炎上拡散させる

自殺したフリをして同情を集め信者を作る

信者の一人として振る舞い、他の信者を先導、コミュニティを強化していく

死ねばだれでも仏になるという日本的死生観はある種の美徳だが、安易批評精神を捨ててはいけないと思う秋の夜

anond:20181106183256

トラバブコメの反応が全てを物語ってるんだよな。お前の主張は特に論じるに値しないテーマで、信頼性のある批評でもないので当然誰も反応しないと。絡んでるのほぼ俺だけだろ。b:id:hitebelだかb:id:HakkaLeichaだかどこの馬の骨とも分からないネトウヨサブアカブクマする程度が関の山反論もどこかで見たようなコピペの内容を繰り返すだけでキレもない。大人しくネトウヨコミュニティで「韓国けしからん」「然り」「然り」と仲間内で盛り上がってたらいいんじゃね?お前の価値は、こんなもの

2018-11-06

異形の女性普通男性恋愛を描いた作品

あるときツイッターでこんな意見を見た。

「異形の男性を愛する普通女性を描いた作品では真実の愛と評価される」

「異形の女性を愛する普通男性を描いた作品では歪んだ愛と評価される」

「その為か前者の作品と比べて後者作品はとても少ない。ここでも無意識のうちの性差別が表れているのではないか

と。

性に関する問題は今回は関係ない。

本当に少ないのか、歪んだ愛と評価されているのだろうかと考えてみた。


異形の男性を愛する女性作品と言われれば、真っ先に思いつくのが美女と野獣だろう。

千と千尋の神隠しハウルの動く城等のジブリ作品が思いつくが、こちらは人間の形をとることもでき、実際作中の大半を人間の姿で過ごしているので、今回は少し違うと思う。

千尋は龍の姿のハクを愛したわけではないし、ソフィーハウル魔物の姿を愛したわけでもない。

しかし異形の姿をとっても愛を失ったわけではないから同じことか。鎌爺なんか作中ではっきりと「愛だ、愛」と言っているし。

ゲーム世界だとピーチ姫を攫う大王クッパが思いつくが、こちらはピーチ姫好意を寄せているわけじゃないので除外。

しか作品テーマ、もしくはキャラクターの設定としてよく見かけるものではあるといえるだろう。

異形の女性が登場する作品となると、一番に思いつくのは人魚姫だろうか。

しか彼女王子に会うために声を失い、激痛を受け入れながらも人間の姿になっている。

それにそもそもその恋が叶わず泡となって消える悲恋物語である

また古くからある日本物語で思いつくのは妖怪、とりわけ雪女だろうか。

しかこちらも姿は人間であり、氷柱雪だるまの姿で登場するという話は聞いたことが無い。さらにこれも人魚姫と同じく、結ばれることのない悲恋物語

ファンタジーに登場する魔物のラミアやケンタウロスなど、上半身のみ人間女性の形を取り、下半身動物または魔物の体をしているキャラクターもいる。

デュラハンろくろ首のように首から上だけ異形の形を持つ者もいる。

それらと恋愛関係になる作品はいくらか思いつくが、特殊性癖だとの扱いを受けることは否めない。

暴論になるかもしれないが、ジブリのように子供も見る場所においても問題いかと言われると、微妙なところだともう。

やはり歪んだ愛という評価からは逃れられないのだろうか。

余談だが格闘ゲームGuilty Gearシリーズにはジャスティスというキャラクターが居る。

作中用語ギア素体と呼ばれるが見た目は完全にロボであるが、独立した思考女性人格を持っています

まり異形の女性というわけです。娘もいます

ただ恋愛関係にあったか、といわれると、正直微妙なところかと。


長々と書きましたが、特定作品批評しようという意図はありません。

タイトルにあるような作品に興味があるだけです。

そもそも真実の愛も歪んだ愛もその個人の感想範疇しかないわけで、不毛な話ではあるのですが。

2018-11-05

日本人馬鹿だって

迷惑度「急上昇」、満員電車の背負いリュック | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュース新基準

https://toyokeizai.net/articles/-/247146

トップコメがさ、アメリカ人は気にしないことで本質理解せずギャーギャー騒いでる日本人馬鹿だって言ってる。

俺さ、日本人なんだよね。だから真摯に受け止めて学べるところは学んで見直そうと思ったんよ。

でもあのコメほとんど納得できないんだよね。

あれがトップコメはてブ民の代表みたいな扱いでいいんかね。

だってさ、本質満員電車って間違ってない?本質って言うならそれ解消したら背中リュック邪魔だって思うこと無くなるんだよね?

でもすでに満員じゃなくても邪魔なやついるじゃん。全然本質つけてないと思うけどみんな賛同しちゃっていいの?

それからさ、あの人ってアメリカ人代表なのかわからないんだけど、仮にアメリカ人が目くじら立てないとするよ。日本の文化マナー問題提起外国を引き合いに出すまではいい。でも貶めに使うのは間違ってるよね。文化に優劣って無いでしょ。むしろ今の時代異文化を受け入れられない見識の狭さがバッシングされる世の中だと思うけど。自国文化も受け入れない人が世界文化を見つめろって筋通ってないと思うんだけど、そんな偏った意見トップで恥ずかしくない?

そもそもさ、本質見抜いて解説するだけで日本人馬鹿だって言えるほど高尚になれるのかね。俺はさ、本当にすごいのは本質を見抜いて現実とのギャップを行動で埋められる人だと思うんだよね。本質はこうだって批評するだけじゃ二流なのにデカイ顔してるの恥ずかしくないか

でもね、携帯リュック本質的には迷惑行為じゃないってのと、改善に動こうよって姿勢はいいなって思ったよ。それから満員電車が嫌だってのも伝わってきたし、満員電車が当たり前だって受け入れるなよっていうメッセージは感じた。

もっと他の記事で筋が通ったところでこのコメトップになってほしかった。

俺はあれがトップコメなの嫌だよ。

言葉を失うということ。

人は良くも悪くも、衝撃的な体験をしたとき、それを他者に伝えたくなる。

それがいわゆる芸術だったり報道だったりするわけだ。

批評とか批判とかは、他者フィルターを通したものしか通用しない。

他人表現に引きずられるのではなく、自分で見ろ。

っていうのが自己責任ちゃうかな。

2018-11-02

anond:20181102152733

お気持ちクレイマーが厄介なだけなのは、まず、絶対普遍として扱う「性の商品化=悪」とか「男女の役割の固定=悪」みたいな一律な基準でぶん殴る為だけに使われるので、あんまり参考にならないところ。

それが厄介なだけと言うのは増田個人お気持ちじゃない?

「性の商品化」や「男女の役割の固定」を見たくない人からしたら、それが不快だと言ってる人の意見は参考になるだろうし、

そういう人がそういう批評を見たり書いたりするのはただの言論の自由だし。

anond:20181102151448

そもそも「こんな女いねーよw」とけなしてる時点で知性もクソもないので

そう言う人がそんな事を気にしているとは思えない

プロ書評家だったり、アマチュアでも知的批評をしたい人なら、もっと言葉を選んでるだろうし。

2018-11-01

男性向け2.5次元が難しい理由列挙+思ったこ

元々ミュージカル観劇が好きだった人(or ミュージカルファンかつオタク女性)が

少なくなった舞台演劇の穴埋めに2.5次元に流れてきてその人がオタク女性を誘ったって流れじゃなかったっけ?

男性は元々のミュージカル舞台好きが少ないか最初の部分で凄い苦労すると思う。


アンケートとらないとわからないけど、多分舞台映画と同じでイケメン役者目当てに女性客がきてるよね。

男性は(あくま優先順位って意味で)役者目当てで観にいかないと思うから今のやりかただと男性向けはこれ以上の拡大がかなり難しいと思う。

役者以外の批評コミュニティや別の訴求力必要

監督がどうだとか、音響がうんたらとかストーリーラインがどうだとか。

まぁやっぱライブとかは見に来るのを考えると"歌の技術"かもしれない。

水樹奈々とか典型例だよな。

ようは"言い訳必要"


記事にもあったけど日常系とか女子高生ものみたいなの多いけど、のんびりすぎて舞台に向いて無さ過ぎる。


アニメだとテレビ放送してたりソロで見れるから男性ファンも多いけど

現実舞台で会場まで行ってセーラー服とかブレザー着た女性に興奮してる男性って絵面はきつすぎる(役者大人前提だよ)。

男性オタク基本的社会的圧力を受けてるし、そこまでいくと見に行く人が相当減ると思う。

はっきり言うけど、これで来る男性客は社会的立場を完全に捨ててる人しか来ない(まぁようはコアなオタク

そうなるとネット宣伝もできないし、拡散する方法がない。

男性側も社会目線を恐れてネット拡散はできないだろうね。

イメージ的に華やかな立ち位置舞台演劇でこれだと、女性役者側も嫌がると思う。

女性側はテニプリでも明らかなようにショタコン癖はあんまり叩かれないからなぁ。

あいつら設定上は中学生だよ(笑)

じゃあ、アクションものは?

ってなるとハリウット映画アニメには絶対勝てない


正直、かなり難しいと思う。

まぁ地道にやるしかないのかもねぇ。

海外男性向けのミュージカルとか舞台ってのは何があるんだろう?

それがヒントになるかもしれない。

2018-10-27

もののけ姫ナウシカみたいに全6巻の漫画で描かれてたら

もののけ姫批評映画版ナウシカ比較されたものはよく見るが、漫画版比較したものはあまり見ない。

映画と比べるなら映画漫画と比べようにももののけ姫は漫画で出ていないから、ということだろうか。

実際、もののけ姫ナウシカキャラ立ち位置みたいな構図がよく似ている。

故郷を出る主人公、男勝りな女当主そいつ対立する勢力の子息、巨大神、などなど。

ナウシカ漫画の1,2巻が翻案されて映画化された。映画の後にも物語はまだまだ続く。

もののけ姫も、漫画があったら1,2巻までの内容で、全体から見ればまだまだ序盤しか描かれていないといったところだろう。

3巻以降は、ジコ坊らに指示した朝廷勢力なんかも詳しく描かれ、キャラの濃い皇子もわんさか出てきて、武士同士の戦も泥臭く描かれるんだろう。

最終巻ではアシタカ天朝様とともにサンの案内で再びシシ神様と相まみえて壮大なスケールの問いが突きつけられて、アシタカサン選択を決めたところで終わるのだろう。

ああ読みたい。

2018-10-23

anond:20181023024859

うりぼうと美陽が見えることで、たとえばそれを女将ピンフリにつたえ、死者と伝えられなかった思いなどを相互にやりとりするようなことができたかもしれない。そんなシーンはおそらく女将ピンフリの感情を強く揺れ動かすことができる、感動的なシーンになるだろう。感動的ではあるが、それこそ死後また会えるというような誤解を生む安易に感動に走ったストーリーだ。

そしそてそんなシーンは存在しない。

いやいや、峰子が「ウリ坊のこと好きだったんだけどね」って言ったときにウリ坊が外に出ていって「おれも峰子ちゃんのこと好きやったで」ってつぶやいた言葉をおっこちゃん伝えてて感動的なシーンになってたって。

もちろん、美陽はそこにいること伝えようとしたのを止められて未遂に終わったのは「そういうことしなくても感動的なシーンになるよ」ってメッセージではあるので大意では同意するけど。

原作の話すると、映画で出てきた人たちの他に峰子の夫、グローリーの父母、居候男子小学生祖父、秋好旅館常連のおじいさん、台湾和風温泉女将など結構な人が死んで話題にされてる(映画に出てこない人物については固有名詞を省いた)。ある意味死をうまいこと使っているのは原作ゆずりで、あそこで批評してた2人が元読者だった可能性すらある(微妙小ネタに詳しい疑惑もあるし)。

anond:20181023161528

そうだね、キズナアイへの批評も支持者の擁護キズナアイがそこに配役されたからおこったことだからね。

anond:20181023112611

商業批評でも、実際は映画見ないで公開されたあらすじしか見てないとしか思えないようなのもあるしなあ

ギャラ少なそうだしそういう雑な仕事が出て来るのは仕方ないのかも

URL見てないけど

anond:20181023024859

評判がいいから叩いたろ!以外の何物でもないなコイツ



しかし、映画批評する人間って間違った内容で批評してもいいものなんだろうか

何度も見返すことの出来ない劇場作品からといってもさ

そこは取材費とかで何度も見て事実誤認はしないようにするべきだわさ

2018-10-21

anond:20181021093430

いや現美のほうが圧倒的に分かりやすいっしょ。

基本的に技巧に依存しないし、文脈批判批評性を普遍化しようという試みが大半だからある程度教養文章を読む力があれば一瞬でわかる

----------------

レスしてくれた人へ:「知ったかぶり」の孫レス、俺じゃないんで。反論になっていない反応をする馬鹿だと思われるの嫌なんでいちおう

2018-10-20

YUIMETAL

スーパーで夕飯の買い物をしている最中LINEの通知が届いた。

BABYMETAL新体制のお知らせ」という件名を見て、とたんに胸騒ぎがした。嫌な予感だったから、ボタンを押すのを何度かためらった。


結局、後回しにしても結末は一緒だと思ったので、買い物かごの野菜を袋に入れるついでに、LINEを開いた。

YUIMETALが脱退したニュースを私はそうやって知った。

そのまま家に帰り、風呂に入り、泣いて夕食を食べて、今少し落ち着きを取り戻してこれを書いている。


私がBABYMETALにハマったきっかけは、サマソニ2014の出演者紹介ビデオのギミチョコMV

不敵な顔で客席を煽る女の子の顔を目にしたかである

それがYUIMETALだった。

それからはよくあるメイトの話といっしょで、昼夜YoutubeLIVEビデオあさり、一週間後にはアルバムを買って

サマソニに参加した後は幕張に申し込んだ。

イベントホール最上階で見る米粒のような彼女たちのパフォーマンスに心打たれた。以来4年間、ずっとファンである

私はラウド系の音楽が大好きで、独身のころはよくモッシュピットでその場の有象無象がもみくちゃになる激しいライブが大好きだったが、

BABYMETALライブで初めて、地蔵になるファンの心境を理解したし、実際自分がそうなった。

ノリのいい爆音の中で、体を動かすことより彼女たちのダンスから目が離せなかった。

そういう体験BABYMETALが初めてだった。


本当は彼女活動中にこういう記事を書くべきだったが、私は心底YUIMETALのダンスに惚れた。

彼女ダンスは、静と動の緩急が見事だった。

私はダンス素人批評できるほど色々を知っているわけではないが、

激しく頭をふったかと思いきや、音ハメをするステップ乱れることもなく、

時ににこやかに時にクールに表情を作る彼女プロフェッショナルだと思った。

マニアックな話だが、彼女ダンスの中で私が一番好きなところは

ヘドバンギャーという曲の最後最後操り人形がこと切れるように、腕を持ち上げてぶらぶらと揺らす振付の部分だ。

彼女たちのことを良く知らない人に説明すると、BABYMETALライブは毎回ほとんど同じ曲で展開するが、

パフォーマンス中は曲転換の演出を除いてトークなしのノンストップライブである

およそ一時間半ほどのライブ中、インターバル3分程度の状態で、十数曲やるのが彼女たちのライブスタイルである

スポットライトや火柱などの演出の中、たまにバラードバンドソロを挟むとはいえ、ずっと踊りっぱなし、歌いっぱなしになる。

その運動量は凄まじいの一言に尽きる。

ヘドバンギャーは大抵ライブラスト前など、最後のほうに持ってくる曲だ。

BABYMETAL振付PerfumeMIKIKO先生がほぼ振り付けている。

ヘドバンギャーのダンスは、ジャンプ土下座などのダイナミックな振付から

先のMIKIKO先生らしい上半身の、特に腕の先までビタッと止める動きまで多様だ。

曲の中で腕をまっすぐ伸ばしながらも、肘から下をぶらぶらさせて

段々と力を抜いて座り込む一連の動作を見ていて気付くのだが、

YUIMETALはこの四年間ほとんど、あらゆるライブにおいて

持ち上げる腕を水平に保つ、姿勢を保持する長さが変わらない。

ピタっと水平のまま持ちこたえて、ゆっくりとしゃがみ込む。

その間の腕は吊り下げられたかのように持ち上げられ、キープされている。


真夏酷暑の中のフェスステージだろうが、パイロの炎をガンガン焚いて観客まで熱風の餌食になった幕張だろうが、

90分ノンストップで繰り広げるどのライブステージでも、タイミングは変わらなかった。

疲れていれば、腕を早く下してしまうほうが楽だろうに、彼女はそういうことをしなかった。

どの状況でも、いつものベスト振付を全うする。

そういうダンスへのプライド垣間見れるようで、私はそのパフォーマンスを楽しみにするようになった。

私といえば毎回のライブの総括としてそれを見逃さないように躍起になった。

祈るような気持ちヘドバンの腕の角度を見ては、その夜のライブもいいライブだったと満足するのが常だった。


YUIMETALのダンスは、上半身が激しい動きをする中一切下半身をぶらさな体幹の強さと動きのキレ、

バランスを保ちつつも、着地の位置まで決まっているかのように無駄のないステップなど

あらゆる点が華麗だった。

何度も上演する曲を、私が想像できないほど修練したのだろうと思う。

まりにも洗練されているので、見ていて重力を感じることがないほどだった。

そういう彼女パフォーマンスを、私はいつも楽しみにしていた。


YUIMETALのBABYMETALからの脱退はショックだ。

しかし、彼女は恐らくとても自分を強く持つ女性だということは、パフォーマンスの端々で感じていた。

その人が、あんなに大成功したグループを抜けるという意思を持ったら

これはもう何があっても覆らないのだろうと思う。

彼女がどんな夢を叶えたくて、あるいはどんな事情があって脱退するのか、私にはわからない。

でもあらゆる状況でも素晴らしいパフォーマンスをやり遂げた人が意思を持ったら

それは貫かれるものだと思う。

から彼女の脱退を承認した、このバンドに関わる全ての人に、彼女意思尊重してくれてありがとうと言いたい。

SU-METAL、MOAMETAL、そしてマネージメントスタッフにはこの状況下で、ひっそりと新体制リリース準備を進めたことは

頭が下がる思いだ。


私は来週、幕張イベントホールBABYMETALライブを観に行く。

奇しくも初めてBABYMETALライブを観たのと同じ会場だ。

大好きなYUIMETALはいない。そのダンスは二度と見れない。

新しい体制となったBABYMETALを、私は目撃しに行くのみだ。



BABYMETALは、パフォーマンス以外の意思表示の機会は少ない。

ファンとして感じていたYUIMETALの信念を、意思の強さに、私は心底惚れていた。

一回り以上も年の違う女性に対して、同じ女性として尊敬をしている。

彼女の体調の詳細は知らない。回復を祈っている。

水野由結の名義で発表されたメッセージどおり、己で決めた自分の夢に向かって、これから突き進んでいてほしいと思う。

これから人生女性としてのターニングポイントは多くあると思うが

どうかあなた未来が素晴らしく輝いていますように。

夢を見せてくれてありがとうあなたファンより。

2018-10-16

anond:20181016195319

少なくとも、DBの話を2~4つに分けて個別分析していない批評には1片の価値もないと思っている

anond:20181016194352

単純に批評としてつまんなくて、要するに愚痴だったのでキレてる

若者ならもっと挑んで行けよ!

2018-10-15

anond:20181015114512

他の人も言ってるけど検索したらいくらでも感想なり批評あんだろ

ここでぐちゃぐちゃ言ってる時点で構われたいだけにしか見えないんだよ

anond:20181015113856

みんなお前に時間かけようと思わないだけだよ

教えてほしいなら検索してみたらどう?

感想批評いくらでもあるよ

レッツ検索

2018-10-13

ネタタグ不快感やばい

他人が考えて発言したものに対して、「ネタタグつけて冷笑している人間はてなには多すぎる。古くからあるはてなー流のマウント芸ではあるが。

もはや真面目に物事を考えようという意志存在せず、気に入らない発言はすべて「ネタ」扱いで茶化して冷笑するのが癖になってる。

彼らは「俺は一段も二段も上のステージにいるぜ。世間バカどもときたら今更こんな話かよ。やれやれだぜ」そういってニタニタしながら全能感に酔うことにしか興味がない。

冷静に考えてほしいんだけど、きみらって別にそんなに頭良くないよね。なんでそんなに自分が偉い、正しいと思っているの?

高慢な態度のオタクがほんとに増えた。ネット時代になり、検索すれば各分野の初歩的な解説は出てくるようになった。でもなんでそれだけ読んですべてわかった気になっているのか。

自分の好きなものに対する雑語りを絶対に許さなオタクたちが、自分の知らない他分野、他ジャンル問題に関してはたった今検索して知ったような浅い知識だけですべてを知った気になって冷笑している。他人に厳しく自分に甘い。自分被害者意識だけは強く、他者に対する攻撃性は高い。

30歳を過ぎたいい大人たち(あるいはすでに50歳近いのかもしれない)が「ネタタグつけていまだに冷笑家やってる。斜に構えることしかできなくなった。いつの間にかそれが自分生き方になってしまった。そんな人たち。当事者意識がなく、上から見下ろす全知全能の神のような態度が当たり前になってしまった人たち。

科学的態度は人に客観性を身につけさせたが、そのせいで人は高慢になってしまった。実際に物事の中に入っていって役割を演じる人たちのことを、自分安全なところで冷笑するだけ、そういった観察者、傍観者が増えてしまった。「俺は批評するだけ」

勘違いしないで欲しいのは、きみらは観察者でも傍観者でもなく、プレイヤーの一人だということだ。

anond:20181012144629

小説家というのはなるものではなく、

書き続けたらなっていた、というものだと思います

からまず書いてみることだと思います

おれも恥ずかしながら、小説家になりたいと思っていたことが一時期ありましたがやめました。実際に書いてみて書き続けて他の人の批評を受けたり、書き溜めたものを後で見てみたりしてるうちに、小説家に「なる」ことなど、なんだかどうでもよくなってきたからです。

小説家になろうがなるまいが小説を書きたいから書く、というのが、書くことに対してより誠実な態度ではないでしょうか?

何を書いたらいいかと言うと、

今おれたちがどういう時代の中でどんな風に生きているか、というのをみんなが共感する方法で、しっかり文章で描き出す、ということではないでしょうか?

過去芥川賞作品は、大体がそういう基準に沿っているのではないかと思います

コンビニ人間」とか。

ちなみに、第一回の芥川賞受賞作は太宰治じゃない人が書いたものですが、おすすめです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん