「現実逃避」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実逃避とは

2018-02-24

anond:20180222211209

うん。めちゃくちゃ肩入れしてるよ。私はナウシカという人物が大好きだし。

そして、ナウシカは現人類に肩入れしている。ユパが好きだし、アスベルやチククも好き。クシャナクロトだって好きだ。風の谷のみんなが好きだし、トルメキア人やドルク、蟲使いも。それ以上に王蟲が好きなんだけど……。いがみ合いは嫌いだが、いがみ合ってる人物のものを嫌っているわけではない。

その好きな人々を亡くしたくないんだよ。そのためにできることは何でもするだけだ。犠牲行動を「良い」と思ってやっているわけではない。行動原理は「その相手を助けたい」だ。そのためなら瘴気の中でマスクだって取っちゃうし、周りをドルクに囲まれて死の一歩手前だろうがトリウマを助けるのが先だ。「良いかいか」で判断してるような人にこの行動はとれない。

ナウシカ墓所が現人類邪魔から消したんだよ。私もその決断同意する。「私達のように凶暴でなく、おだやかで、かしこ人間」なんていらない。少なくともそれを生かすことによって自身の愛する世界を失うことになるのなら、その障害を潰すことを厭わない。

作中の現人類の多くはこの思考同意するだろう。漫画世界ではなく、今PCを閲覧している読者の多くも、ヴ王と同様に「そんなもの人間はいえん」と思っているだろう。

王蟲は変わったけど、新人類が変わるわけがない。それもまた思い込みにすぎない。

うん、それは私の思い込みだな。新人類進化して「凶暴で、おだやかでない、バカ人間」に、現人類並みに育つ可能性はあるよ。私はそれまで待てない、と言い換えるか。それにどうせ現人類並みになるならリセットせずに今の現人類を使えばいいじゃない。そしてそのとき墓所技術は現人類にとって危なすぎるの。そこの技術が現人類のいがみ合いの種の一つになってるから。「ヒトラーと同じだ」というが、ヒトラーなら優性思想から「おだやかで賢い人間」を生かすんじゃないの。知らんけど。

墓所側が攻撃するのは当たり前のことだ。旧人類の悲願は人間性の闇を捨てることだ。現生人類死滅させたいのも当たり前だ。それが残っていては計画が水の泡になる。交渉する余地など最初からない。武力で負かして交渉テーブルに無理やり着かせる必要がある。

あ、そういうこと言っちゃうんだ。じゃあまあ墓が弱かったから仕方ないね。「交渉余地すらない。武力で負かして交渉テーブルに無理やり着かせる必要がある」と言うからには負けた旧人類と新人類は黙って消えるしかないだろ。どうもあなたは「墓所が勝った場合人類交渉余地はない」しかし「墓所が負けた場合は、墓所交渉テーブルに着かせてもらえる」と思っているようだが、そんな甘いわけがない、巨神兵裁定はおりている。そして巨神兵プログラムしたのは旧人類だ。

新人類に正しい審判を下せるのは旧人類でも現生人類でも新人類でも王蟲でもナウシカでもない。はるかかなたの未来に生きる人類たちだ

あなた言葉には "説得力がない" んだよ。

「今」を生きるのに精いっぱいの人々にはるかかなたの未来に生きる人類を気にかけてる余裕なんかない。21世紀の現代日本ですらそうだろ。繰り返すけど、あなた物語の中の今を生きている人類に寄り添えていない。そんな人物の言説を誰が聞く?

古今東西、人を説得できないと物事は変わらない。国会でどれだけ「日本を良くする法だ!」と自説の正しさ唱えたところで、党内の票をまとめられなければ法案は通らず歴史は変わらない。

その、愚かな人類と決別しようとする "新人類教" では物語の中の世界を変えられないんだよ。せいぜい数千年後にまだしぶとく生き残っている現人類が「古文書見つけた!『お前ら人類虐殺者だ』『ナウシカ悪魔だ!世界を滅ぼしたのだ!』とか書いてあるよ。新人類だってさ」と珍しがる程度だ。

現生人類のみんながナウシカに心酔してたわけではないように、人間凶悪さを誰もが喜んで従っているわけではない

そうだろうね。そしてそういう人物は、誰かを殺す心配をするまでもなく、とうに誰かに殺さているだろう、と先にも書いたよ。

ナウシカ世界は、その環境過酷さにより人々がいがみ合い、憎しみ合っている。しかしそれぞれの人は "新人類ではない" から憎悪の一方で愛も持っている。良い一面も悪い一面も持っている。これが人間だ。そういう人々の行動を変えるにはどうしたら良いか。まずは説得だ。ナウシカは数々説得してきた。しかし凶暴で賢くない人類から、説得には応じられないこともあるだろう。では説得に応じない相手はどうすれば良いのだろうか?そう "行動を起こす" のだ。あなたは「交渉する余地などない、まず武力だ」と言っているが、まずは交渉、のちに行動。

最終話近く、マニ族とクシャナ軍がにらみあっている。ユパが、ケチャ年寄り連中と一緒に必死にマニ族を説得している。だがマニの若者たちは納得しない。彼ら彼女らも "復讐は何も生まない" と理性では分かっているのだ。だが自身感情を説得しきれない。そして、この気持ちを晴らすにはトルメキア人を殺すしかない、と"行動を起こし"クシャナに襲い掛かかった。(法の整備された現代日本では許されないよ)

ここでユパも説得は通じなかったことを悟り次の手段に出る。マニ族とクシャナの間に割って入り、マニの刃を受けることで双方の連鎖を止めた。先だって左腕も犠牲にし「この片腕、わしの心のあかしだ。たのむ判ってくれ」と再度説得。単なるきれいごとではなく、自らを痛めてまで訴える人間言葉は人の心に届く。(これには先立ってマニの僧正が同じ方法でユパの命を救っており、恩返しという側面と、僧正の念がこの場に出現しマニ族を説得するという流れになっている。この通り、聞かなきゃ殴るだけが行動ではない)

ナウシカも同様に、数々の行動によって人々を説得してきた。

ナウシカは恐れでためらうことが少なく、瞬時の判断力を持っており、おおむね良い方向に作用する。(主人公補正はあるが)

  • トルメキア軍を攻撃してきたアスベルを何の迷いもなく救出に向かう。単に"声"の主を探してたらアスベルがまだ生きてて遭遇しただけなんだが、死を目前にしながらも懸命に生きようとしている人間が目の前にいれば、躊躇なく助けるのがナウシカの特徴だ。

アスベル新人類と入れ替えてみたらどうだ?と言いたそうだな。やってみようか。新人類は生き残ろうとしない。生に執着しない。あなたと同様に「人間凶悪さを発揮し蟲を殺してまで生きようとは思わない」と言い残し、ナウシカに遭遇する前に蟲に食われる。おしまい

  • 粘菌に船を飲まれ「もはやこれまで」念仏を唱えだすチヤルカを問答無用で救出。説得の末、チヤルカの信頼を得る。
  • 王蟲の信頼を得ているので大海嘯の最前線に入れ、王蟲が怒っているのではないことに気づく。
  • 清浄の地から引き返すことで"森の人"セルムの信頼を得る。あなたなら「わ~い、清浄の地だ~」ともう帰ってこないだろう。
  • 腐海侵食され絶望する残された人々に対し「私たち風の谷の民は腐海とどうにかこうにかやっていく術を知っている。今残された土地は少ないが、まだお終いではない」と解決策を示している。


説得・行動・説得・行動だ。これによりナウシカは数々の障壁を超えてきた。残念ながらあなたの思惑とは違い、最終話ではもはやナウシカを止める人はいない。ナウシカはもう辺境の一首長ではない。行動により強力な支持者を得て、民衆を説得できる力を持った。ナウシカはみんなをつなぐ糸になれた。

あなたには説得力もなければ行動力もない。だから序盤で死んでいるだろうけど、それを大目に見てこの場で

新人類に正しい審判を下せるのは旧人類でも現生人類でも新人類でも王蟲でもナウシカでもない。はるかかなたの未来に生きる人類たちだ

と言えたとしよう。で?誰が耳を……あ!聞く耳持つ人がいたわ!墓所と守り人。ヒドラ

最後には旧人類の歩んだ道をなぞるだけだ。まったく徒労でしかない

これがあなた発言。そして墓所庭園の主『歴史は繰り返す』『お前達はその朝をこえることはできない』。そっくりだな!といってもあなたは墓の側に立って意見を出してるんだからそりゃそうか。

あなた墓所ヒドラだった場合、結局ナウシカを説得できなかったので歴史は変わらない。変えるとしたら、最後の生き残りの人々の前に現れ、今回の数々の教義を唱え、賛同者を募ってナウシカを止めてもらう必要がある。

そこにいる人々は、戦乱の世を必死に生き延び、死にたくないと願い、場合によっては人を殺めても生き延びてきた人たちである。その中でどのくらいあなた賛同者がいると思う?ナウシカを引き留めるには到底足りないと思うんだけどね。

ナウシカだって最初無垢でいたかったんだよ。でもそれだけでは自分愛する人は救えないと理解し、成長する物語だ。そしてナウシカは罪悪感や自己矛盾ちゃんと受け入れている。「人類を滅ぼしにいくのかもしれない」と自覚している。「悪魔として記憶されてもかまわぬ」と言っている。それに比べりゃ私たちなんて楽なもんだ。最後の決定をナウシカに任せちゃえるんだから。だからこそ、その決定について、ナウシカに責を負わせることはしないでおこうと思う。

あなたは、虐殺を犯したくない、無垢でいたい、と思っているようだが、一方で「まずは殴って言うことを聞かせる」と言う。あなたには矛盾があり、残虐で、勝手である。どう見ても現人類側の人間だ。

新人類だってあなた救世主だとは思えないだろう。「その人は私たちのために何かをしてくれたの?」「なんだ、世界の片隅で祈ってただけか」と。

あなたは、未来を変えたいが、自分の手は汚したくないという。墓所の主はそういう役割としてプログラムされているからまだわかる。しかあなたはには自分意志があるのに、その体があるのに、先へ進もうとしない。今の自分を超えようとしない。現人類より新人類側に思いを寄せている。もしかしたらあなた旧人類のように全てに絶望しているのかもしれない。どうせ全滅するのだから何をしたって同じか?「そうではない」とこの物語は示している。

ナウシカ行為正当性を産むことができるとしたら現生人類が生き残ることではなく、火の七日間を再度起こさないと確信に値するものを示すしかない。しかし作中の現生人類がそれを示すことはないまま作品は終わってしまった。

「答え」なんか分かるわけがない、っていうか自分で考えろってことだよ。人類は再度火の七日間を起こすよ。歴史は繰り返す人類は愚かだから正統性より目の前の命を取る。

今回私が書いたことはほとんど漫画の中に描写されていることだ。あなた最後の答えを知りたいというが、まずそこに至るまでをうまく読み取れていないじゃないか。まずもう一度通して読んでみてはどうだ。

あなたは結果を重視しているが、私は現人類過程を重視している。あなたは「自然に任せよう」と思っているらしいが、あなた自然だと思っていることは実のところ人間プログラムだ。穏やかで、賢い、人工の物体だ。自然体は許されない。人も動物も全てを書き換えるつもりだ。ナウシカ方法の方がずっと自然だ。「今」を乗り越えても、凶暴で頭の悪い人類は結局は滅ぶかもしれない。でも人類は滅んでも虫や動物は生き続ける。人類は滅ぶが、世界は滅ばない。とはいえ、人類はそんな簡単には諦めないという話だ。

たとえ過去1万回同じ過ちを繰り返したとしても、諦めなければ1万1回目でクリアできてしまうのが人類だ。1万1回やったけどダメだったから諦めたのが旧人類なんだろう。現人類は1万2回目、歴史は繰り返すしかしそれがいつになるかは現人類が決めるし、現人類はその今を精いっぱい生きるの。

このあたりはどこまでいっても平行線かもしれない。だからあなたが「私はナウシカ決断同意できない」と宣言すること自体問題はない。ただ、最後決断をした人物を責めてはいけない。私は旧人類の決断が間違っていると思うが、旧人類がそれしか取る手がなかったのだということは受け入れる。旧人類を責めはしない。現人類として、その決断には従わないという意思を示すだけだ。

1万2回目の人類最後ナウシカが決める。少数の反対を除き、私を含め大多数はナウシカ最後を託した。

歴史に埋もれたできごとが間違っているわけではないが、トルメキアとドルクをクシャナとチククが再興していくことを考えると、はるかかなたの未来に生きる人類たちはナウシカを「救世主」として受け止めることになるよ。「青き衣の人」として。新人類は生に執着しないが、もし執着するほど進化したとしたら、その時は現人類選択理解し受け入れるだろう。(同時にはなし得ないのでパラドックスだが)

あなたは現人類絶望しているのだろうが、それでも旧人類の決断自分を託すんじゃなくて現人類として自分で決めよう。誰から必要とされない自分なんていなくていいと思っているかもしれないが、人の評価未来を決めることはない。

本当に絶望の淵に立っている人に「マンガでこう言ってるし」「不安絶望も背負って、それでも生きていくしかない」と諭してもまったく力にはならないだろうなとは思う。私は漫画版ナウシカから力をもらったけど、絶望中にはせいぜい現実逃避として読んでただけな気がする。ある程度元気になって、現実世界に少し救いがあったからこそ、余裕をもってああだこうだ言える今がある。

はいえ、あなたは「マンガだし」と投げ捨てず、その内容について意見を書き綴れるくらいの力があるんだから、もう一度立ち止まって読んでみてはどうですか。

2018-02-21

失敗

無駄だとわかっているのにやっちゃたよ。

6000円損した。

なんで同じことやっちゃうかな。

現実逃避だよ。

さて何でしょう。

妹が大学に行っていない気がする。ここ2年くらいそんな気がする。

根拠はあまりないが、昔よく話していた学校の話をパタッとしなくなったりとか、休日は布団から出ないことが多いとか。

平日は一応家から出ているけどどこに行っているのか分かったもんじゃないと思う。

本来なら春から4年生のはずである

ここ2年私も精神的に不安定だったので異変に気付きつつも問題に触れられずにいたが、今から1カ月は割と余裕があるので少し気になってきた。

妹に「お前学校行ってるの?」と直談判する勇気はない。なぜなら、妹に正直に打ち明けられて寄っかかれたとしても受け止めきれる自信がないから。私もそこまで精神が強くない。大学相談室に引きずるのがせいぜいだろうが、妹はそれを望んでいるのだろうか。

妹に直接聞かずに、本当に学校に行っていて進学できているのかどうか確かめることはできないだろうか。


それとも母に問題を持ちかけた方がいいのだろうか。でもなぁ、母は最近祖母の世話や叔父のもてなしで忙しいしな、さらに心労を増やすのは忍びないよなぁ。というか鈍感な私でさえ妹はおかしいと感づいているんだから機微に敏い母が気づいていない訳ないと思うんだよな。分かったうえで放置しているのか。それなら私が相談するだけ野暮だしな。

妹はこれからどうするつもりなのだろうと聞かれるかもしれないが、私が推測するに妹はただ現実逃避しているだけだ。おそらく今後どうするつもりなのかも何も考えていない。出来るだけ長い間話を大事にせず結論を出さなくていい状態にしたいのだろう。

これが全部私の悪い妄想で、実際の妹は元気に学校に行っていて、ただお姉ちゃん学校のことを話さなくなっただけだといい。

どうしたらいいのだろうか。やはり妹に聞くべき?いやあ、でも妹が唯一気楽におしゃべりできる相手が私だろうし、そんな私とシリアスな話をしたくないんじゃないか。というか私がこのせいで姉妹仲が壊れるのが怖い。昨日見アニメの話とかできる関係を壊したくない。

2018-02-20

anond:20180220121931

レイプものエロゲをしたからといってレイプ犯になるわけではないけど

頭悪い上に自制の聴かない高校生にとってはやはり思想的な汚染考慮しないといけない

お遊びだよね嘘だよね軽い現実逃避です、と自己申告できるやつはいいよ

でも変な言い訳こねくり回して防衛しようとしてる可哀想な子も沢山いる

別に現実逃避すること自体はいいよ、けどそれもそこそこにして前進しろ

どっちこっち現実は無くならないわけで結局行動と結果しかない

異世界で行動できるなら現実でも行動できるだろ、と

異世界モノはそれにちゃんと誘導してやって教えてやれよと

現実逃避したい読者を逃がしたのなら、ちゃんとメンタル鍛えた上で現実に帰してやるのが書き手の役目だろ

逃げ続けても何も解決しないけど逃げるしかないやつを逃がしたのなら、

ちゃんと現実と戦えるようにして送り出してやれよ、と

 

それをせずに中途半端に未完で打ち切ってばかりいるか

いつまでも異世界モノで逃げ続けるリピーターになってんじゃねーか

本当に可哀想で仕方ない

異世界モノのテーマ魔王を倒すことじゃねえよ

異世界モノに逃げないといけなくなった読者を本当の意味で救うのがメインテーマ

それを忘れて売れることばっか考えすぎてクソみたいなものばっかになってしまった

逃げた先で問題のもの解決できるわけねえだろ

anond:20180220115304

楽しむって…

ラノベって他のラノベネタをパクってアレンジした内容ばっかじゃん

あれを特殊能力特殊世界とかマジレスマジレスデスカ?

散々使い古されたような設定のマイナーチェンジの間違いだろ

ネタパクるのは100歩譲って、せめて予想を超えるような話にできないのか

と、こういう要求をすると安易逆張りをして高年齢高校生目から鱗が落ちる

ウンザリなんだよ

登場人物はみんな主人公に優しくて言いなりで何だかんだで助けて

すぐ解決できるようなクソしょうもない問題をぶら下げて主人公をヨイショする

どんな異世界モノでも主人公をヨイショするための舞台装置

何やったって根本的なところはそこから一歩も出れない産まれときから死んでる話だよ

特にオタクラノベ作家の書く優しい主人公像には反吐が出る

大抵が礼を書いてる、特殊能力以外は糞雑魚なくせに態度はデカ

相手のことを考えているようで自分意見押し付けてるだけ、

それに感動して股を濡らすヒロインたち

でもハーレムにしたいか優柔不断主人公(俺)

マジでタン壷にでも入っててくれ

人形遊びがしたいならラノベ何か書かずに読まずにリカちゃんシリーズでも集めれば?

卒業ときラノベと違って限定品なら高く売れるかもしれないし

俺登場漫画ってネタと同じで本質的に俺が特殊能力受け取って異世界無双する現実逃避コンテンツから一歩も進んでねえから

どれだけ妄想世界にいきたくてもお前は転生なんてされねーよ諦めろ

下手な言い訳もすんな

オタクって現実逃避グセがあるなと思った

精神的に幼いままだからフィギュアとかロボットとか言うんだなと

幼さを残して社会性もあればいいけど、そうでない人もたくさんいるからな

2018-02-17

anond:20180212123643

と思うじゃん? だけどリアルがそれほど充実してる感じもしないんだよな〜

しろソシャゲやっていた方が悲しい現実を見ないという現実逃避機能してそんなこと気にならなくなっていてQoL高かったような気もするし。

元増田からの報告は以上です。

2018-02-13

少しただ書いておきたい話

ここに書くのは、特に面白い話はなく、ただただ自分に起こったことを何処かに吐き出したいだけの内容しか書いてない。

本当はTwitterかに書きたいは書きたかったんだけど、内容的に知り合いに言いたいけど、

でもそれを言ってしまうと気を使わせてしまうし、使われてしまうのも嫌だけど、

でも誰かに聞いてほしい。聞いてほしいけど、何か返答をしてほしいわけじゃない。

  

ただただ吐き出しておきたいだけの話。

  

ここに書いてあるのは、そんな面白くも、楽しくも、何もない話。

ただのある日の日記なだけ。

これを読んでも何もいいことは起きないし、もしかしたら琴線に触れてしまうかもしれない。

そんなことしか書いてない。

構成もなにも考えてないし、ただただ手の動くままにしか書かれていない。

そんなある日の日記をここに書いておく。

  

====

  

家が少しだけ広くなって、少しだけ静かになった

先日の話。

2月10日の15時半ごろに、家が少しだけ静かになった。

次の日の12時くらいに、家が少しだけ広くなった。

  

自分の家は5人で住んでいた。

本当ならこの表記は違うのだけれど、もしかしたら心当たりがある人もいるのかもしれないけど、それは別の話。

この家に引っ越す前に、もともと自分女の子を連れていた。

そんな状態で、なんだかんだあって、籍を入れることになったのだが、

相手男の子女の子を連れていた。

籍を入れる前からお互いコブ付きというなかなかに、なかなかな状態だった。

  

自分と、相手と、男の子女の子女の子の5人で、一緒に暮らすことになった。  

  

最初心配していたのだけれど、案外お互い合わせてみたら、いい感じの距離を保ちながら生活していた。

たまにどったんばったん騒ぐことはあったけれども。

自分の連れていた女の子は、全然人見知りしりをしない子で、

いやむしろもうちょっと警戒とかしたほうがいいんじゃないかって心配になるほどにすぐ慣れていた。

相手女の子は、ちょっと気難しい子で、最初ちょっと近寄ると走って逃げられてしまうような感じだった。

男の子はまた少し違った感じで、初めて会ったときも、向こうから挨拶してくるような子だった。

でも、ちょっと怒りっぽくて、何か気に食わないとすぐ起こるし、噛み付いてくるような子だった。

  

そして、この子相手のことがとっても大好きだった。

  

きっと宇宙一好きだった。他人推し量れるものでは無いかもしれないが、そうだろう。

自分相手を好きなことなんか目じゃないくらい大好きだった。

そして、相手もその子が大好きだった。

そりゃあ男の子が生まれから10年間ずっと一緒にいるような二人だ。

会って1年ちょっと自分なんか比べ物になんかならない。

二人で一緒の布団に入ってうとうとしてると、必ずと言っていいほど布団に潜り込んでくる。

しかも間にだ。隙間なんか無いのに、むりやり頭を突っ込んできて、

間を開けないと不満そうな声を出して抗議してくるようなやつだった。

でもそのくせ、腕枕にする腕は自分の腕をつかったりする。

そこはあんまり気にしないらしい。

  

の子はすごい寂しがり屋だった。

家にいると、いつも近くにいるか

相手の見える位置にいつも居座っていた。

寝るときは、いつも相手の布団に入って一緒に寝ていた。

それは、10年間ずっと一緒に寝ていたらしい。

たまに相手が家にいない時があり、

自分と3人で夜を明かすことがあったのだが、

その時は、自分の布団に潜って肩に頭を乗っけて寝ていた。とりあえず誰かにひっついて寝たいらしい。

相手が出かけていて、自分が家でゲームをしてると、

そろりそろりと近くに居座ってたりもした。

どちらかというと膝の上に乗っかることのほうが多かったが。

自分から膝の上に来ておいて、せっかくなので頭をなでてやったりすると、

最初はいいのだが、あまり長く撫でてると怒られるというなんとも理不尽なやつだった。

そんな感じで相手がいないと近くに寄ってくるのだが、相手が帰ってくれば走って出迎えていた。

自分とその子だけだと、寂しいからか近くにはいるけども、すごくおとなしかった。

  

それぐらいその子相手のことが好きだった。

  

でもご飯食べるとき自分の膝上に来る。

謎。

まりが良かったのかな・・・

そんなお互い大好きな二人だったけど、爪を来られるのがすごい嫌いらしく、

いくら相手でも大喧嘩になっていた。

自分も手伝うのだけれど、それでも大暴れだった。

  

そんな我儘で、寂しがり屋で、怒りっぽくて、

相手のことが大好きな子だった。

  

自分がその子のことをどう思うのか改めて考えるけれども、

完全に自分の中では家族になっていた。

家にいるのが当たり前になっていた。

ご飯を食べるときに膝に乗られるのが日常だった。

ゲームしているときに膝に乗ってくるのが普通だった。

布団に潜り込んでくるのが当たり前だった。

機嫌を損ねれば噛みつかれるのが当然だった。

  

それでも、彼は少し遠い場所に言ってしまった。

そんなことになった原因は、ちょっとまり考えたくはない。

正直、原因自体ははっきりしているのだけれど、

それを回避できたのかどうかとか、こうすればよかったのかとかは、

考えれば考えるほど、ただただ辛い。

  

彼と最後に会うときに、まさかこんなに涙が出てくるとは思わなかった。

ただただ咽び泣くだけだった。

結局、自分も彼のことが大好きだった。

形式だけじゃなく、完全に自分の中でも彼は家族になっていた。

  

そんな彼とは、もう会うことはできなくなってしまった。

正直、気持ちを整理することなんてできない。

ただただゲームをしたり、海外ドラマをみたりして現実逃避をすることが精一杯だった。

  

ここに書くことで自分の中で整理ができるとは思っていないけれども、

それでも、この気持を何処かに書いておきたかったし、

彼のことを何処かに書いておきたかった。

面白くもないし、楽しくはないし、何もないけれど、

それでも何かしらをしたかった。

何かをしてあげたかった。

花を添えてあげることはしたけれど、それとは他に。

  

  

これだけ書いて思ったことが、やっぱりすごい大事存在だったのだなと、改めて思った。

黒くて毛がもっさもさしてて、日に当たるとちょっと茶色みえて、

最初は毛が茶色だったらしく、その色が名前になっていた。

そんな彼。

自分にできることはただこうやって文を重ねることしかできないけれど。

  

ただどうか、安らかに

  

ありがとう

普通ってなに?発達障害ってなんなの?

軽度の発達障害かもしれないですね。

???何言ってんだこの医者は?

そも、私は手の爪や皮膚を毟ったり噛んだりしてもはや手の爪が足の指の爪レベルに小さくなるまでに症状が悪化した強迫性皮膚摘み取り症についてどうにかするために精神科受診したのだ。それがなぜADHDに…?

結局その日は薬しか進められなかったので、帰宅したのだが。

その日から私はことあるごとに「発達障害」というものについて考えるようになった。

発達障害の子とは偶然にも関わり合う機会も多く、仲の良くなった子達もいた。

だが自分とは完全に関係ないものだと思っていた。

だが、発達障害について調べるとそうとも言えなくなってきた。

元より私は個性的な、いや、ぼかすのは良くない。はっきりいって「変人」だった。

その兆候が強くなったのは中学3年ころから。だが周りの友人によれば中1時点ですでにおかしかったと言うので元から変人なのだろう。

…そう今までは思っていた。

だが、果たしてそれは元からの私の本質性格によるものなのか?

改めて考え直すと、違う、と気付かされた。

私は、ジェスチャーが異様に大げさで多い。一方的に喋ったり他人の話を遮ったり被せてしまうことが多い。貧乏ゆすりはないが足の組み換えの頻度が激しい。授業中に、しっかり睡眠はとっているはずなのに寝る、またはふとした単語から空想世界へとトリップする。会話中も同様、突然頭が別の方向へと行くため話が途中でわからなくなる。もしくはズレる。勉強で、異様に要領が悪い。簡単に言えば「どこを優先すべきか、どこが重要なのかわからない」のである

あれ、これ発達障害の症状じゃね?

それに気づいた時の絶望感たるや。

おかしいとは思っていた。周りから変人」と言われ続け、じゃあ自分変人なんだと、そういう個性を持っているのだと受け止め自ら変人を売りに生きてきた。

だが私は、「自分変人である」なんて思ったことはほとんどないのだ。

から見れば自分は「普通」で、なぜ変と言われるのかわからない。なぜ?私は普通のことを言って、行動しているだけなのに。今の言動や行動のどこが変なんだ?と。

そう、思っていた。

いつしか、忘れていたものだった。

忘れてはいけなかったのに。

どう考えてもおかしいじゃないか普通の人との感覚が明らかにズレている。

自分普通世間一般普通が違う。

授業は聞けなくても自分勉強すれば成績は取れたから授業に集中出来ないことを疑問視なんてしなかった。周りの友人に恵まれ変人という個性として受け入れられ過ごしてきたか世間からみて私がどれだけ『変』なのか、気づけなかった。

そう考え出してみれば私は発達障害という症状の心当たりばかり出てきて気づけば精神的にキャパオーバーを起こして、泣いていた。

正式医師に診断された訳ではない。でも、自分の今までの「ほかの人と違ったこと」を思い返してあまりにも辛くなったのだ。

人と同じことが出来ない、人と違うというのはあまりにもキツい。

現在の私の人間環境特に排他的で、異常なもの排除、煙たがるという空間であるからこそ余計に。

なんで?なんで?なんで?私は普通にしているだけなのにどうしてそんなひどい態度とるの?どこが変なの?今の発言のどこが空気読めてなかった?わからない、わからない、わからない、全然からない。

からない。普通って何?

普通ゲシュタルト崩壊である

今の私はそんな感じで精神的に限界にある。

からこそ今度正式な診断を受けに行く。

診断を受けて現実逃避してしまいたいから。

2018-02-08

現実逃避したいけど、もはや何していいかわからん><

物事が進まなくてつらい。

現実逃避したらもっと物事進まなくなるけど現実逃避したい。

でも現実逃避方法わからん

オナニーもしちゃった。

お金もない。

うーん走るとか以外で。何がある?

2018-02-04

RTオフ機能あるなんて知らなかったよ

Twitterで「あ、この人フォローしなきゃよかったな」と思う瞬間。それは「RTする内容がネガティブ話題が多い」人だったパターンだ。個人的には好きなものRTなら知らないジャンルでも楽しくなる。楽しそうに墓に入ったりする別ジャンルフォロワーを観て「あ、また極楽浄土にいこうとしてる」と思うのは楽しい

しか政治の内容、スキャンダルなど……確かに大切なことだし向き合うべき問題だとは思う。

でも私は現実逃避のためにTwitterに来ているのだ。Twitter電子リゾート地なのだ。それなのに、なんで現実ネガティブな内容とわざわざ向き合わなきゃならんのだ。短気なのでネガティブツイートを見るたび怒りに震えストレスが溜まる。ぶっちゃけ胃に悪い!胃腸弱い人間には精神死活問題だ!

先日、ようやくRTオフにする機能を見つけたので少しキレる頻度が減ることを祈る。

2018-02-03

二銭銅貨の内容

二銭銅貨を読んだ。

物語というものを読む機会が少なく、最後に読んだのも学生ときの授業中の気がする。しかし、何か退屈であり、お手軽に驚きという体験がしたかった。そこで、とりあえず有名な推理小説でも読んでようと思い、読んでみた。

江戸川乱歩がいつに生きていた人なのかは知らないが、たいへん読みやすい。私の知識料不足から、数回辞書を引いたが、この物語だけなのか分からないが難解な言葉もなかった。一点、強いて気になったのは、「のみならず〜悪い気はしないものである。」。これは、「悪い気はしなかった」とかではないと、誰が悪い気をしていないのか分からないのではない気がするものである。まあ、些細な問題である

さて、内容であるが、実際騙された。けれども、ふーんという感じだ。他の作品が読みたいとかなく、なんともない感情である

謎解きが始まる前に、自分でもどんなトリックが行われたのかを考えたのだが、何も思いつかなかった。それで読み進めると、考えたところで分かるトリックではなく、推理小説とは考えさせるものではないのだなと思った。まあ、この話の場合トリックなんてどうでもいいからかもしれないが。

やはり現実逃避はよろしくなく、お手軽に逃げず、驚きは学問から得んとしよう。

2018-02-02

政治とか経済不正が行われているのに、みんな平気な顔をして街を歩いている

今日ニュースを見ていると、政治経済ニュース憂鬱になる。

世界中政治家経営者格差に憂慮しているらしいが、誰も何もやろうとしないらしい。

国内では、籠池氏が私刑とも思える扱いを受けていたりする。

そんな状況なのに、よく皆平気な顔をして街を歩けるものだ。

気にするのは、芸能ニュースとか他人のつまらない書き込みとかスポーツとか自分容姿くらいだろう。

しかし、そのほうが確実に幸せになれる人間もいるのだ。

いや、幸せから気にする必要はないのだ。

今頃、慶応大学に進学しているケツがデカくて肌が綺麗なマナカちゃんは、求人サイトを見て笑っているのだろう。

顔がいい慶応生は、インターンだって引っ張りだこだろう。

何時だって愛されるためにまれてきた存在なのだ

高校生の時に自分被差別民だったが、マナカちゃんは祝福されたような存在だった。

そんな女の子政治経済を気にする必要ないのだろう。

しらなくても、容姿学歴で十分だ。

本当は自分も、政治経済よりも就活を気にするべきなのだろう。

ただ、低賃金労働集約産業過酷営業しか求人などなさそうだ。

関関同立グロメンは悲惨な結果が待っているのだ。

営業バイトしたことがあるが、あんもの3日も持たないから何もしないほうがマシだろう。

もう、やる気もない。

そのために政治経済不正を気にして現実逃避をするのかもしれない。

しかし、彼女みたいに就活に向き合ったところで笑える要素は何もない。

容姿をどうにかしようとしても、どうにもならなそうだ。

そうなると、政治経済を気にしていくしかないのだ。

しかし見比べれば惨めなのは明らかだ。

政治経済をぐちゃぐちゃ言う、グロテスク容姿関関同立底辺学部に通う学生

ただ、素直できれいな顔した慶応生。

でも自分が顔を気にしても良くならないのだろう。

出来ることなどないのだ。

2018-01-30

俺は、EXILEを許さない俺を許せない

弟の話をしようか


すみません調子ノリました。させてください弟の話。もうほんとまじで頼むから

増田、この前は聞いてくれてありがとう存在してくれてほんまありがとう増田。圧倒的感謝だよ。増田以外に頼れるやつがいないんだよ俺みたいなのには。

これはあれ、EXILE TAKAHIROをねえちゃんと呼ぶ弟がいる俺のあれです。真偽をどうこういいたい気持ちはわかるし何て言われても構わないって言うか正直圧倒的多数がこれを嘘だと言えば俺のこの目の前の現実も嘘になるんじゃないかと思うので嘘説を支持して。お願い。俺の分まで嘘だと言って。

anone。

結論我が家がとうとう破局をむかえました。みたいな、なんか今そんな感じの地獄にいる。

ここが地獄刮目して見ろ。見てくださいお願いしま

事の発端をどこに求めればいいのかはわからないが、まあ恐らくは弟がファンミに行けてしまった(2回くらいは行ってた、たぶん)ことが大きいのではないかと俺は思います

1回目のファンミ参加の後、弟は2年は付き合ってた彼女と別れた。たぶんこの前のにも書いた気がするけど。

理由はもちろんあれです。

お姉ちゃんのことが好きだから

彼女のことももちろん好きだけど、彼女お姉ちゃんを天秤にかけたときお姉ちゃんをとってしまうから、とかそんな感じの理由だったと思う。真面目かよ。後、なんかこれはちょっとプライベートな話だけどあれが機能不全になった、かもしれないとかで、そういうのも含めて別れた。と別れた後に聞かされた。いわゆる事後報告って奴。

そのときの俺の気持ち想像してみてほしい。正直夢だと思ったよ。だってこっちは今まで結婚視野にいれてる相手だって聞かされて会わされてきたわけで。弟が向こうに挨拶に行ったのかは知らないけど、うちには挨拶にって彼女を連れてきたりしてたわけで。なのに別れるってあい正気じゃないんじゃないかな。ぐらいは普通に思った。

しか彼女さんと2、3回くらいしか会ったことはない俺からすると、めっちゃうまくいってる感じしてたし。

お互いのことなんか好きなんだなぁってオーラが出てて、俺は、リア充乙!とか思いながらやけにしょっぱい彼女手土産ケーキ食べたりしてたんだよ。どこのケーキ屋のケーキか聞いときゃよかった。あのチョコケーキもう二度と食えないんだろうな。

でもまあ、当人である弟が別れたくて別れた以上、しかもかなりさっぱりした顔をしてたから俺としてはあんまり色々言えもせず、でそのときは終わって。終わっちゃいけなかったんだけど、終わって。

問題はここからだった。

その彼女がうちの母親に泣きついたのだ。

なんと弟は別れ話をするとき、別れよう。くらいしか言わなかった、らしい。

それで納得できるか、っていったら彼女さんは無理だった。まあ普通に考えると大学で2年以上付き合ってうまくいってて家族の紹介までされてた彼氏にある日いきなり別れようって、しかもなんの説明もなしに言われても納得できないよね人間だもの。俺も無理だと思う。彼女できたことないけど。

それで、彼女さんと仲がよかったらしいうちの母親は怒り狂って弟につめよって、なんとか復縁させようとした。うちは男兄弟から母親的にはなんか彼女さんははやくも娘も同然、って気分だったらしい。理想の息子理想娘。最高の気分だったんだろうな。

それで一月くらい諦めず毎日だってネチネチネチネチしつこく言った母親にさすがの温厚で優しい弟もブチ切れた。

俺だったらそんなことされた日には仕事以外引きこもってでも逃げまわる。なのに、弟はいい奴だからゴミ捨てとか家事とか色々してたこともあって母親と顔を突き合わせること多かったし、1ヶ月は正直めっちゃ耐えたなって感じだ。

ブチ切れた弟は、なんか、もう、すごかったらしい。筆舌に尽くしがたいとはこの事だと思う。

うちの両親は体面大好き人間から高校は有名進学校!で大学も国公立会社は一流大手!!みたいな、それいつの時代人間だよみたいな価値観の人たちでまあ俺はものの見事に失敗したんだけど、弟はその期待に見事応えてきてて、だけど鬱憤はやっぱり溜まってたらしい。当たり前か。

就職したら家を出ること、結婚する気はもう一生ないから孫は諦めてほしいということ、だから彼女とよりを戻すつもりもないし、そのことで親子の縁を切ってくれても別に構わない俺には姉ちゃんがいるから。

だいたいこれぐらいを母親にぶちまけたという弟は、次の日には家からいなくなってた。荷物も、あいほとんど持ち出してた。元から綺麗好きだったし荷物まとめてても正直誰も気づかないから、計画的反抗だったのかもしれない。

弟がどこに行ったのか俺は知らない。というかわからない。弟の交遊関係に詳しくない俺にはちょっと難しすぎます

俺はちょうどそのとき仕事デスマーチなうだったこともあってこの現場には居合わせられなかった。いたのは父親母親と弟だけだ。だから俺は弟とまともにお話しできてない。顔も合わせられなかった。

それに、後から父親に聞いて事の次第をやっと知ったので正直今でも現実味あんまりない。LINEは、してたんだけど、俺経由で母親が連絡してきそうで嫌だから、と断りを入れられた上で今はブロックされてるから、連絡もろくに取れずにいる。たぶん元気にしてるんじゃないかとは思うんだけど、思うだけだ。

母親はなんとか弟と連絡を取ろうとしていて、だからまあ俺のLINEブロックした弟はめっちゃしかったわけなんだけど、でも連絡がとれないからか八つ当たりがすごい。家にいるのは期待外れの俺だし。父親はそんな母親放置することで弟のことからも目を反らしてるし。家にもあんまり帰ってこないし。俺はというと明日仕事だし、明後日仕事

弟一人いなくなっただけでうちはぐちゃぐちゃになった。惨状がと参上って感じで目も当てらんない。

でもそれって当たり前のことなんだなって思う。弟は、すごかった。すごい奴だった。弟がいたから、今までうちは表面上は何の問題もないような顔してやってこれてた。だけどそれで、俺は弟にどれだけの負担をかけてたんだろう。

から兄的な呼び方で呼ばれたことがあんまりなくて、だからまあ正直言うと、だからお姉ちゃんって呼び方ででも弟に言ってもらえるTAKAHIRO嫉妬してあんもの書いて、でも、弟が俺のこと兄として見てなくても普通ことなんだよなそれってって、ようやく思えるようになった。遅いか。遅すぎか。今思えば今まで弟のこと庇ったり助けてやったりできた覚えがないし、むしろいつも俺の方が助けてもらってきたし。

からEXILEを許さない、なんてあのときはああ言ったけど俺は俺が、自分のことが一番許せない。

しろこれさあTAKAHIROさんには感謝しなきゃなんだよな。

俺は長男なのにこれまで何にもうまくやれなくて頭も悪くて親が言うように進学することも就職することもできなくて、なのに弟は親の期待っていう重たいものに俺の分までずっと耐えて応えてきてくれて、その辛さとか苦しさとかを癒してくれたのがきっとTAKAHIROさんだったんだろうな。だから俺は弟のお兄ちゃんになれなかったしTAKAHIROさんはあいつのお姉ちゃんになれる。羨ましいよ俺は。お姉ちゃんでもいいからなんか弟のためにしてやれる人間になりたかった。まあいっつも口だけ野郎からこんなことになってるんですけど。

なので、なのでまあ俺がちゃんと弟が頼れたり甘えたりできるような人間だったら、弟はこんなにならなかったんじゃないか、とかなんとか思うわけなんですよ。今となってはもう思うだけですけど。それしかできないじゃん。後の祭じゃん、これもう全部。


これさあ俺どうしたらよかったんだろ。どうしたら正解だったんだろ。

増田はどう思う?

あとさ、来季アニメなんかオススメある?来季じゃなくてもいいや。今季ポプテピ見てんだけど、できれば現実逃避に向いてる奴。母親のブチキレ無視できそうなの。






追伸

弟へ

しかしたらお前が見てくれるんじゃないかちょっとだけラッキーに期待して書くけど、

今までいいお兄ちゃんになれなくてごめん。まあ今度のことくらいは兄貴面させてくれ。親父と母さんのことはこっちでなんとかうまくやるから安心しろそれからLINEはまだブロックしてた方がいいと思う。母さん俺のスマホここ最近ずっと狙ってるから。諦めてほしいよな。

でもまあそのうち、飯行こうな。就職祝いもできてないしさ。

後、ハイローの新しい映画とかあったらそのときはまた一緒見に行きたいなって思ってるよ、俺は。映画感想話してるときのお前、めっちゃ楽しそうだったし。いい映画だったし。

それと、次お前に会うときのためにEXILEを少しは履修しておこうと思います

俺は大丈夫。なんとかなる。

からお前はもう、自由に走れ。琥珀さんみたいに。

インフル風邪にだけはまじで気をつけて。





追記

ハイローは全部一応見ました。俺はロッキーと尊龍さんと琥珀さんとスモーキーが好きです。

2018-01-26

現実逃避

やらなきゃいけないことが多いときほど他のことに目が行ってしまう。そういうのって試験前の学生かにありがちだけど、大人になっても直らないどころか悪化している気がする。

2018-01-23

anond:20180123021820

引っ越し先を知った時点で絶望してしばらく現実逃避してたが、貯金が尽きるまで逃避し続けたことで完全に詰んでしまった

どうしたらいいんだこれ

修士論文がつらい

修論締切直前の深夜にこんな駄文を書いているのは現実逃避以外の何物でもない.

私が3年間の研究室生活の中で自分自身や周囲の人間を観察していて気づいたことは,「指導教員の言うことを素直に聞く」人間は安定して成果を出しているということだ.

私は物事批判的に捉える傾向があり,他人の言説に対してまず疑ってかかるきらいがある.そしてさらにたちの悪いことに,私は自分のしていることに一度でも疑問を感じてしまうと,その疑問が解決するまで手が止まってしまう悪い癖を持っている.かつてこの性格が原因で4回生とき卒業研究を失敗した経験がある.

学部4回生研究では,指導教員が適切なレベル問題とそれに対するアプローチ提示して,学生はそれを黙々と実践し結果を得る中で,手習いのごとく研究方法論を身につけていくものだと思っている.

当然私にも指導教員から卒業論文テーマが与えられた.しかし私は論文サーベイ研究を進めていく中で,「そもそも問題設定に誤謬があるのではないか?」という疑問を持ってしまったのである.(当時の私が抱いた疑問はどうやら見当ハズレというわけでもなかったらしく,後になって隣接する他分野で私の疑問に答えるようなアプローチ研究されていることを知った)

私は指導教員自分の気づいた問題点について相談したのだが,私のコミュニケーションが拙いことや,指導教員自身がそのテーマに関して専門外であることもあり,その時は指導教員からどうしても納得が得られるアドバイスが得られなかった.そして私が「この研究には価値があるのか?他に良い問題設定はないのだろうか?」と悩んでいる間に,周囲の同期は順調に研究成果のようなものを出しはじめ,私は彼らへの劣等感から研究室に行くのが辛くなって家に引きこもるようになった.最終的には何とか卒論を提出し卒業はできたものの,私の卒業研究は見事に失敗してしまった.

この時の経験反省し,修士2回生とき((修士1回生の間は国外逃亡してた))に取り組んだ新たなテーマでは,私は指導教員の言うことに疑問を抱くことを極力やめて唯々諾々と言われるままの作業をすることにした.すると結果3ヶ月余りで成果のようなものを錬成することに成功し,(レベルは高くないが)国際会議論文投稿することができた.

何のアウトプットも出せないことに比べると「国際会議論文投稿した」というのは紛れもない進捗である指導教員の指示を素直に首肯できず,かといって自分で新たなテーマを打ち立てるほどのサーベイ力も発想力もない私のような人間は,やはり教員の指示に従って黙々と研究を進めるのが正解なのだ.私の失敗は文字通り「下手の考え休むに似たり」だったのだ.

でもその時に出した成果はまさに重箱の隅を突くような,問題設定や手法としての新規性が皆無に等しい研究だった.レベルが低い国際会議から通ったものの,僕が査読者なら間違いなく落としていただろう.この研究でもやはり私は指導教員に与えられた研究テーマ(というよりも問題設定)にずっと納得していなかった.それには私なりの合理的理由があったのだが,今振り返ってもその理由は間違っていなかったと思う.この時,指導教員にきちんと反論し,自分の頭で考え抜いて研究に取り組んでいれば,もっと満足のいく成果が出せたのだろうか?

少なくとも自分研究者に向いていないのは明らかである就職という選択肢を選んで正解であった.

私は自分アウトプット人格を切り離して考えられない人間なので,修論原稿を1字書き進めるたびに自分修士研究の不出来さ,ひいては自分という人間の不出来さを再確認させられ,物凄いストレスを感じてしま・・・

2018-01-20

休職中のブロガーブログ

そんなもの一体誰が読むんだよ。現実逃避するな

旅に出たい。

私の愛読書旅行会社パンフレットである特に好きなのはクラブツーリズムのやつで、いろいろな行き先のツアーがいっぱい載っていて楽しい普通旅行会社だったらだいたい行きたいエリアを決めてからその場所パンフをもらう式なので、なんとなく日程的に行けそうな国内アジアのものばかりもらいがちだけど、クラブツーリズム自分が行けそうにもない遠いエリアだろうが、そんなに休みが取れないだろうと思うような長期間ツアーもお構いなしに載せてあって、脳内妄想旅行を楽しむのに適している。

クラブツーリズムは良くも悪くも至れりつくせりで、一・二泊程度の旅でも「これでもか!」とばかり色々な名所を回るので、実際にツアーに参加してみると忙しくてしょうがないのだが、ペーパードライバー歴15年以上の私としては、交通の便が悪いところに行くならこういうツアーに頼らざるを得ない。あと、写真を撮るのが趣味なので、パンフを見ていると「ここにはこういう名所があるんだな」という調べもの材料にもなる。交通の便が良い場所なら往復のJR飛行機と宿だけとって、パンフからピックアップした良さそうなスポットに行けばゆっくり撮影できる。

が、問題仕事が不規則で人と予定が合わないことと、私と旅行に一緒に行ってくれる人がきわめて少ないことだ。前よりだいぶ一人旅にも慣れたけど、エリア的に一人で行きたくない場所(主にテーマパーク系)とか、二人以上でないと泊まれない宿が多く、行きたい場所を泣く泣く諦めることがある。一度一緒に海外に行ってくれた人がいて、その人とは他にも国内旅行に一回行ってるけど、わりとお気に入り場所リピートするのが好きみたいなのと、休みの予定が合わないので、なんでも声をかけていいのかが分からない。ちなみに私と同じ趣味(写真撮影)の持ち主で、かつ彼女の好きそうな場所花の名所が多い)を選んで日帰りで誘っても断ってくる人がいる。最近は始めから声をかけないけど、何がそこまでイヤなのか言って欲しい。

最近の悩みは、休みの日に寝坊してしまうことが多く、洗濯とか雑用をこなしているうちに一日が終わってしまうこと。せめて日帰り圏内スポットぐらい遊びに行きたいのにそれすらできない。こないだの休みに無理して富士山が見える(はずの)菜の花の名所に行ってみたが、家を出たのが遅すぎたのか、菜の花は見られたけど、富士山はお隠れになったままだった。でも久しぶりに長い時間電車に乗って遠足気分を味わえたのでやっぱりこうやって時々出かけないとだめだなと思った。

ちなみに私のシフト表は3日働いて1日休みみたいなパターンが多いので、珍しく2連休・3連休を確保してあるのにどこにも行けないと非常に悲しい気分になる。別に新幹線飛行機に乗っていくような遠い場所でなくてもいいんだけど、都内でもちょっとフォトジェニック場所とか美術館とか写真展とかぐらいは行きたい。最近めんどくさがりに拍車がかかって家の中が散らかってしょうがないんだけど、家の中を片付けるよりもどこかに行きたい。これは単なる現実逃避なんだろうか。

2018-01-19

anond:20180119030838

解決策示せなくて申し訳ないけれど、私も全く同じ状態です……。

現実逃避したくてネットにどっぷりなのも、脳と目が限界なのも、小をするだけなのにスマホ持ち込んじゃうのも全部一緒。


ネット中毒以外は健康だし、精神科にかかったこともないか素人判断だけど、私はもしかして精神的な何かなのかな?と思って認知行動療法とか試そうと思ってます

(まあ依存症って精神的なものですよね)

お互い改善しますように……。

スマホ離れしたいんだけどどうしたらいい?

いや、こんな時間に布団で増田書いてる時点でやめる気ゼロだろって思われそうだけど悪夢見て目が覚めちゃって…

父ちゃんが死んでしまった夢見て…(今月三回目)

どんどんスマホ触ってる時間が増えてヤバイ

仕事私生活ストレス重なって現実逃避してるのもあると思う

ただ目と脳の限界

英語アプリ音楽も目覚ましもはてブスケジュールもこの中だから手放せないんだよね…

最近は大じゃなくておしっこの時でもトイレに持ち込んで無駄に座ってる始末

取りあえず目覚ましは昔のガラケー引っ張り出してきて夜は別の部屋で充電しとこうかなって思ってるんだけど…

2018-01-18

anond:20180117235941

吐き気を催すだけでは、何の問題解決にもならない現実

綺麗事抜きにすれば、残念だけど、弱者は淘汰されるしかない?

甘えを求めているなら、現実逃避で短い人生が終わる。(合掌)

 

焼きが回っても自殺しないで、逃げて欲しい。

逃げるのも自分を変える1つの手段であり、変身願望があるだけまし。逃げは弱さではない。

2018-01-16

anond:20170814211726

店員ナンパする客を取り締まる法律必要ですね?

ストーカーって、自覚がないからたちが悪いね

現実逃避ではなく、妄想現実を生きる基地外のせいで、店舗を移動せざるを得なくなった店員さんがかわいそうですね。

増田の中には、店員を狙っている人なんて、まさかいませんよね!?

2018-01-15

anond:20180115113124

例題初めて聞いたけどオシャレやね、歴史に残る文章はさすがや

ミライアカリキズナアイより サイコパスだね シロイルカ

コンビニバイト せちがらいのじゃ 現実逃避 VR

77 75で間に接続詞?を入れるといいのかね

都都逸川柳の違いはなんなんだろう

2018-01-14

anond:20180114195025

不思議だよね

NGな男ランキングみたいなのでも大概上位にそういうの入ってるのに

そういう奴のまとめには女は何様だみたいに噛み付いてるし

不良男に大概女がいるっつーなら、逆に大概男がいる不良女みたいなのが男にモテるタイプだと思ってるのかと

俺がモテないのはどう考えても女が暴力的男が好きだからだという自分に甘い非モテ現実逃避が大半だとは思うが

女と居るから格好つけていきりたがる男が居るのも確かだし不思議勘違い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん