「課金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 課金とは

2018-12-17

スマホゲーに課金をしなくなって半年近くが経った。

課金をしなくなった経緯としては、それまではガチャかに必死になっててある程度課金してた(それでも課金から見れば微々たる金額だけど)。

薄々「当たるかどうかも分からない物に課金するのもなぁ…いやでもこのキャラは欲しいしなぁ」と思いつつも課金してガチャを回してたある日

Steamで毎年恒例のセールが始まった、大した量ではないが何作品買って、いつもならセールで買って積んでいたのだが、今回ばかりは気になっていたゲームがあったので早速インスコして遊んだ

それがもう面白くて面白くてハマった。

何がいいって、スマホゲーと違ってスタミナ気にしたりとか、ガチャとかしなくてもゲーム代(と場合によってはDLC代)を払うだけでフルに楽しめるんだもんな。当然だけども。

数年振りにちゃんとしたゲーム遊んで、この感覚思い出した。

それに、自分が何故スマホゲー(とガチャ)するのかを考えた時、性能として欲しい事は稀で、基本的にはキャラデザに惹かれている事に気が付いた。

性能ならともかくキャラデザで惹かれているなら、ネット上でも見れるし、なんならアートブック的なのも後発で発売されたりするから、それでいいんじゃないかと思った。

そういう事もあって課金するのがバカバカしくなったので、気になるキャラ出て来ても無料で手に入る範囲のモノでガチャして終わるようになった。

はいっても全く課金しない訳ではなく、「有償石を買えば確実に手に入る」って感じのキャンペーンがやっている時はたまに課金しているけどね。これは確実に手に入るからいかなって。

anond:20181217173014

彼氏ゲーム好きすぎて、ゲームばかりしてイライラさせる。

彼氏は、外に出るのも外食も好きじゃない。私は外にいくのがすき。

彼氏映画を見ても、大体感性が同じなので同じ意見しかならない。

彼氏は、外に出るのが好きじゃないか登山なんて(以下略)

彼氏が、たかゲームに月5万も課金しているのを見るとうんざりする。

彼氏が、スポーツ趣味とするわけがない。私は散歩が好き。

彼氏は、自分が気になる漫画小説しか見ない。私は雑食で何でも1話見るし薦められたらなんでも見る。

彼氏は、魚介類ナマモノ)が全てダメ。私は大好き。

彼氏は、すべてにおいて否定的。新しいお店に食べに行くということも一切したがらない。私はその反対。

同じゲームを長時間遊べる人尊敬する

スマホアプリや、家庭用ゲーム機(PS○、Nintend……)などなど

機種問わず、同じゲームを長時間飽きずに遊べる人尊敬する。

私が唯一長くやった(クリアした)ゲーム

ポケモン(赤、緑、ピカチュー)

牧場物語(ゲームボーイ)と、PS4のニーアオートマタ(最新作)だけ。

スマホゲームで2年続けてる(しか課金している)とか言うと

「よく何も得るものが無いのに金と時間を費やせるな」って思う。

仕事義務感で面倒ながらできるけど、ゲーム義務感持たされた瞬間にやる気無くなる。

そして、義務感がないとやる気は継続できないから結局続かない。

同じゲームを長時間遊べる人凄い。

anond:20181217015647

5000-6000円くらいじゃない?

あと、ゲームとしてシューティングや格闘はゲーセンのほうが人気があって

オンライン対戦ができなかったため)

ゲームアーケードで発表→半年後とかにゲーム機で発売

アーケードでの練習用、あるいはアーケード課金ができないへたくそが買うの物みたいなイメージがあった

その点、家庭用据え置きゲームオンリーだったため、RPGが人気になったというのもある

2018-12-16

PayPayの今後の展開を勝手想像する

今まで一部のアーリーアダプタしか関心のなかったQRコード決済を100億円キャンペーンで一気にお茶の間レベル話題まで持っていくことに成功したPayPay。

今後PayPayが何を狙っているのか、頭の整理を兼ねて想像してみようと思う。あくま想像なので、他に観点があれば指摘してもらえると嬉しい。

(今話題になっているクレカ不正利用の話とかはしない。全体の戦略から言えばすぐに修正可能些細な話なので)

ステップを考える

まず、今後PayPayが「勝つ」までに必要ステップを整理してみよう。細かいことを言えば色々あるが、ざっくり考えると以下のような順番だと思う。

1.ユーザーに導入してもらう

2.加盟店に導入してもらう

3.二回目以降の利用を促し、ユーザー日常的に使う決済手段になる

4.収益を上げる

現状

このうち、1については今回の100億円キャンペーンで「アプリインストールさせる」「初回決済をさせる」という大きなハードルを超えた。

この結果をもって2の加盟店営業を進めようとしているのも周知の通り。

問題は3,4について。

3については1月付与される100億円分のPayPayボーナスによって2回目利用を狙っているはずだが、日常になるにはまだ弱い。普通にやったら普通に付与分のポイント使って終わるよね。

そもそも利用をした人ならわかるだろうけど、QRコード決済はクレカSuicaに慣れた日本ユーザーにとっては面倒。クレカや非接触決済が使える場面でわざわざ「スマホロックを解除してアプリを立ち上げ、QRコードを読み取って金額入力し、確定ボタンを押す」という動作をするのは相当な理由がないと難しい。

PayPayを日常化する方法を考える

上記問題解決する方法は大きく3つ。

1.決済にかかるステップを減らし、非接触決済並みに簡便にする

2.面倒さを乗り越えるだけのメリット(今回の20%バックキャンペーンなど)

3.クレカや非接触決済が使えない場所を主戦場にする

このうち、1についてはQRコードという手段を使う以上、非接触決済以上に簡単にすることは難しそうな気がする。2はありえるが、永遠に20%バックをやり続けるわけにもいかないよね。

というわけで、本命と思われるのが3。中国AliPayやWeChatPay同様、「そのへんの屋台個人店でもPayPayが使える」という状態を作ること。

「どこの店でもPayPayが使える」という状況であれば、ユーザークレカが使える店ならクレカ、使えない店ならPayPayと使い分ければいい。

そして、クレカとの勝負に勝つのは難しいが、現金との勝負であれば勝算はある。現金比であれば利便性はそんなに変わらないか優位だし、ポイント活用やお得感の演出Softbankの得意技だし。

だとすると、次に考えるべきは「どうやってクレカや非接触決済の入っていない店にPayPayを導入させるか」だ。

これはある意味単純な話で、それらの店に今までクレカなどが入っていなかった理由を考えればいい。大抵は「コストがかかる」か「ニーズがない(顧客側が現金多数、店主に新しいものを覚える気がないなど)」のどちらかだと思う。

特に低単価高回転の飲食店などでは営業利益率は10%を下回ることが普通だ。そこで3%超のクレカ手数料は大きく、導入したくてもできない店舗は多い。というわけで、「コストがかかる」への対応はご存知の通り、各社手数料無料の加盟店獲得合戦

大手利用者数の多い決済手段には放っておいても対応するし、ユーザー決済手段分散する。小規模事業者現金オンリーの低単価チェーンをどれだけ開拓できるかがQRコード決済の日常化と競合との差別化ポイントだと思う。

そして、直近の営業手数料無料キャンペーンによって獲得した100億円分のポイント残高とユーザー基盤によってPayPayが圧倒的に有利になった。

手数料無料期間が終わった後の加盟店維持をどうするかって問題は後述。

あとはニーズがない店への対応か。ソフトバンクグループ営業力で程度ねじ込んでいく気もするけど、そこは問題にならない程度にやれればいいんじゃないかな。

収益化の方法を考える

最後に考えるべきは「どうやって収益を上げるか」だ。

選択肢としては

1.決済手数料によって収益を上げる

2.決済データを使ったマーケティング広告収益を上げる

あたりが考えられるが、2だけで決済ビジネスを支えることは難しいので、なんらかの形で決済手数料は取ることになると思う。

そうすると難しいのが前述の小規模事業者への対応。ここについては、決済方法オプションによって課金体系を変えることで、加盟店獲得と収益化の両立が可能になるんじゃないか想像している。

PayPayには決済の方法が2通りある

ひとつビックカメラのように客がカメラQRコードを読み取り、金額入力して決済する方式。もうひとつアプリを立ち上げたときに表示されるバーコードを店の端末で読み取り決済をする方式だ。

顧客側の利便性は明らかに後者のほうが高いが、店側にPayPayに対応したバーコードリーダーPOSシステムが用意されている必要がある。

この2種類の決済手段を用意することで、

・低収益の店は利便性が低い代わりに無料もしくは1%手数料QR決済

POSが導入されているような大手利便性の高い代わりにQR以上クレカ未満の手数料リーダー決済

という棲み分け可能になるんじゃないだろうか。コスト側のデータがわからいから収支が釣り合うかは不明だけど、少なくともクレカよりは損益分岐点を低くできそうな気がする。

似たような例としては、リクルートAirレジがある。

Airレジは基本プランでの導入は無料だが、周辺機器オプション機能を利用するためには費用がかかる。

そういえばAirレジAirペイQRなんてのもやっているので、PayPayもそのうち対応するだろうね。

https://airregi.jp/mp/

もうひとつ重要そうなのは券売機への対応かな。特にラーメン屋立ち食い蕎麦みたいな業態で非現金決済を導入できたら大きそう。

来春以降にPayPay導入を表明している松屋では既にQR対応(今はクーポン読み取り用みたいだけど)の券売機がある。

https://gigazine.net/news/20161220-matsuya-bulgogi/

似たような端末を券売機無料で付けるくらいはやりそうだよね。

おわり

というわけでまとめると

みたいな感じになるんじゃないかなーと。

から見てるとまさに群雄割拠って感じで楽しいね。2-3年後が楽しみ。

2018-12-15

田舎住み25歳男がマッチングアプリ使った結果wwwwwww

投稿です。拙い文章で長めに書きますが、身バレ覚悟で色々書いてます。生温かい目で見守って頂けると幸いです。

ひと昔前に流行った、マッチングアプリ使用結果投稿を見ながら、マッチングアプリ使用してた。

先日退会したので、その結果を述べる。

結論から言うと、出会った人数4人、彼女はできなかった。彼女作りの手段としてはオススメできない。

【筆者スペック

25歳の男。工業系の会社員年収は400万円程度。北関東ちょっとした都市在住。

雰囲気イケメン(たぶん)、冷静に見るとブサイク

学生時代はぼちぼちモテたが、社会人になってから出会いが皆無なため、かれこれ5年彼女がいない。ヤバい

使用アプリ使用期間】

P〇irsを使用。選定理由は、アクティブユーザーの圧倒的な多さ。

w〇th、タ〇プル、イヴ〇ヴ、om〇ai無料登録して使っていたが、アクティブユーザー数は体感で2~3倍は違う。

これがデメリットとも捉えられることは、今になって言えることだが…

追加課金はしてません。使用期間は3ヶ月。

【総マッチ数】

忘れた。30くらい?

アプリ上の表示は直近1ヶ月のマッチ数だが、その数字の最高値20

おそらく、県内男性会員の中で、上位20%くらいには入る人気なんじゃないか

アプリで会った子に男性会員を見せてもらっての体感

出会った子とその顛末

1人目:JDぽちゃブス(ごめんなさい)。異性と知り合っても友達まりしそうな感じの子

マッチして2週間くらいやり取りした後、イタリアンランチした。

話してるのは楽しかったが、見た目が好きになれなかったことと、

いかにもJDな賑やかな雰囲気社会人じゃないことが引っかかりこちからフェードアウト

2人目:1つ年上。銀行員スリムでドレッシーな着こなし、顔も可愛かった。

マッチして2週間くらいやり取りした後、カフェ&図書館ぶらぶらした。

この人、数日前にアレルギー反応でぶっ倒れ、当日は駐車場で物損事故して来られてびっくり。デートがブレたわ。

でも、読書旅行と気が合い、話してても楽しかったし、手ごたえはあった。

しかし、早速LINEで次のデートに誘ったらスルーされて終了。ムズカシイネ。

3人目:1つ年上。地方公務員片瀬那奈さん似の美人さん。

マッチして1週間ちょっとスタバデートした。

旅行音楽と気が合ったが、どうも相手の会話が進まず。自己開示&質問してもイマイチ乗ってこない。

微妙空気のまま終了し、一応1月に飲みに行こうと口約束して終了。年明けに誘ってみるけど、無理だと思う。

4人目:1つ年上。営業さん。ロキノン厨。低い声と、三日月みたいな可愛い目のギャップが良かった。

マッチして2週間くらいでスタバデートした。スタバ最強説。

おっとりな感じで、話してる最中スマホチェックしたり伸びしたりあくびしたりと、奔放な感じ。

それが、交際しても気楽に過ごせそうで逆に好印象だった。こっちも気が緩んで色々話した。

LINE交換を忘れていて、終了後にLINE IDを送付したものの、数日経っても登録して頂けず、アプリ退会に至った。

女性会員の特徴(彼女作りにオススメできない理由)】

学生社会人も、ギャルも清楚系もコミュ障っぽいのもメンヘラっぽいのも、色々な人がいる。

主に清楚系にアプローチしていたが、その方々はおそらく、男性への理想が高いのではないか

女性がもらう「いいね!」は、100以上/月が当たり前。色々な男とやり取りし、出会っていく中で、

段々と理想が高まっているのではないだろうか。その証拠に、なかなか退会しないアクティブユーザーが多かった印象。

また、女性無料なので、男性との温度差もあると思われる。

事実、やり取りしている人からも、「何となく周りがやっているから始めてみた」との声が散見

アプリ上のやり取りが途切れるのは当たり前、マッチして最初メッセージに返事が無いこともザラ。

更に、退会する直前も、楽しくやり取りしていて「退会するのでLINE交換しませんか?」と誘った瞬間に連絡ストップした子が2名。

しょせんネット出会い、SNSみたいなものなので、それらを否定する気は無いが、男からすればしんどい

マッチングアプリモテ方法

先人の増田さんの方々がおっしゃること、ググると出てくる情報基本的有効

ニコニコ笑顔で撮れた奇跡写真使用する、入会直後に「いいね!」をもらいまくっておく等。

また、独自の工夫として、重すぎず軽すぎずの自己紹介文になるよう気を付けていた。

とまぁ、彼女はできなかったものの、得られたものは色々あったので良かったかなと。

お試しでやってみるには、3ヶ月くらいがちょうどいい。一番人気は6ヶ月とか催促されるから要注意です。半年とか絶対疲れるww

カップルイベントの時期が来ても忘れてるくらいだったのに、今年はアプリ恋活に失敗したおかげで、

来たるクリスマスがめちゃくちゃ寂しいじゃねぇか! どうしてくれんだよ!

貧乏の子供だけど金持ちになりたい

金持ちの子供は両親の優れた遺伝子を受け継いで生まれてきて、幼少期から高額教育課金をされて楽勝極楽人生を歩み、ついでに親の資産を受け継ぐ。

俺みたいな貧乏の子供は、ゴミ遺伝子を受け継がされて、ゴミみたいな劣悪な環境で、努力強制されて、なれるのは労働者階級奴隷

なんだよこれ。誰だよこの仕組み作ったやつ死ねよ。

俺みたいな貧乏の子供がちょっと不満を口にしようものなら、大衆は待ってましたと言わんばかりに叩きまくる。

努力をしないで親の力で楽に楽しく生きている金持ちの子供には何も言わないのにな。

金持ちの子供も叩けよ。努力が足りない!努力しろ!ってさ。

はてな民馬鹿から、それが資本主義だ(ドヤァ…)みたいなことを言うんだろうけどな。

資本家じゃないのに資本家目線で語んなよ。滑稽だぞ。

貧乏の子供として生まれて分かったことは、世の中金が全てってこと。

振り込め詐欺だろうと違法アダルトサイト運営だろうと金を掴んだ奴の勝ち。

ただ真面目に生きるとか馬鹿のすることだわ。あほらし。

資本主義社会で、死ぬまで労働者という名の資本家パシリをやり続けるとか馬鹿馬鹿しい。やってらんねーよ。

俺は金持ちになって、金を持ってない奴をバカしまくったり、顎で人を使う人間になりたい。

金で自由自在人間を動かして多くの苦しみを与えたい。

グレーな金貸しをやって債務者自殺まで追い込みたい。

とにかく金で人を苦しめたい。金持ちになりたい。人を殺してでも金持ちになりたい。

俺は金持ちになる。

2018-12-14

anond:20181214082956

課金額=誠意ってのは初めて知った。

毎月10連一回分じゃ駄目なのか…。

anond:20181214082727

それは貴方FGOに対する誠意(課金額)が足りないからそう見えるだけです

2018-12-13

anond:20160622100234

>私の昼夜逆転や突然の欠勤もなくなり、ゲームに月数万も課金することがなくなり

 

本人も自己批判しているからあまり言う事も無いけど、これにはさすがに配偶者としては夫であれ妻であれ介入しない訳にもいかないだろう。

2018-12-12

JK美容垢が尊い

 最近女子中学生女子高生美容垢を覗くことにハマっている。知らない人向けに説明すると、「美容垢」とは、コスメダイエットに関する情報を主に発信するツイッターアカウント総称で、化粧品レビューメイクテクニックを中心につぶやくコスメ垢」や、整形したい・した人の「整形垢」、ダイエットの経過を報告する「ダイエット垢」などがその内訳として存在する。

 その中でも、アラサーOLの私がハマっているのはJCJK女の子たちがつぶやいているアカウントである。たいていK-POPアイドルか、乃木坂女の子たちが憧れで、プチプラコスメ校則にひっかからないギリギリメイク方法特に涙袋の錬成に命かけてる)や、シースルー前髪の作り方などを画像にまとめている。彼女たちにキーワードは「透明感」「消えてなくなりそうなほど儚い」など、とにかくなんか白飛びした画像みたくなりたいらしい。強めの囲み目メイクが最高にイケてた女子高生時代を生きていた当方としては時代の変化を感じざるを得ない。

 で、正直こちとら化粧し続けて10年以上のキャリアがあり、課金顔面を強化し続けてきた身としては、そのメイクテク特に参考になるものはない。むしろ医学的根拠のないダイエット方法RTしたり、アイプチやりすぎの目元を晒したりしているのを見ると「おいおいやめとけって」みたいな老婆心がムクムクと湧いてしまう。

 なのにどうして目が離せないのかというと、そこにはもう私には手に入らない「尊さ」が存在するのである

 ギトギトの性欲と食欲に支配されている(偏見オブ偏見ですすいません)二次性徴期の男の子果たして気づいてくれるのかはわからないけど。

 こんな目的で閲覧されているなんて彼女たちも気持ち悪いと思うので、フォローもせず、こっそり覗いている。年増のBBAマウンティングと思われてもしかたない。でも、明日会議資料だとか、来月のカードの支払いとか、子供を生んでも働けんのかなとか、働いても働いても埋まらない男女のもろもろの差とか、そんなことはまだ考えなくていい女の子たちの顔は、彼女たちの夢とか憧れとか嫉妬とか劣等感とかがぎゅうぎゅうに詰まった小宇宙なんだと思う。その小さなさな努力はどこまでも輝いていて、本当に尊い願わくば彼女たちが少しでも自分の顔を好きになれますように。そのまつげのくるんとしたカールが、いつもより調子の良いアイプチが、あなたの大好きな人に気づいてもらえますように。

anond:20181211010549

うたプリ・アイナナ・アイチュウ・あんスタなど女性向け男性アイドルゲームをやってる女オタです。

元増田が挙げてるゲームは一通り触りました。

ラブライブ課金もちょこちょこしつつ2年くらいやったものの、スマホの買い替えのタイミングデータが飛んだとともに卒業。単純に曲が好きなのと音ゲーが好きなので続けていた(当時は男性アイドルものの音ゲってあまりなかった)

アイマス:というかデレマス?しばらくやったものの、メインストリーいまいち肌にあわず半年もたたずフェードアウト

バンドリ:ほんの少しだけかじったけれどなぜか肝心のゲーム画面で致命的な音ズレが発生し(設定いじっても治らない)そのままアンインストール

ナナシスゲームシステムについていけず脱落。でも最近一新されてやりやすくなったんだっけ?

わたしも周りは女性向け男性アイドルもの推している人が多いですが、スクフェスに限っては関係なく多くの人がプレイしていた印象です。

ただ、私の周りは逆に「女性」で元増田と同じヘテロだけど、男性向け(?)女性アイドルゲームがメインジャンル(そして男性アイドルモノはほぼやらない)という人が結構いるので、

やっぱり好みなんでしょうかね。また、女性アイドルもの男性アイドルもの関係なくプレイしている人ももちろんたくさんいます

本当に浅い考察なんですが、男性向け(女性アイドルもの)って結構キャラ」にフォーカスしている感じがするんですが、

女性向け(男性アイドルもの)って「キャラ」よりも「ストーリー」にフォーカスしているものが多い気がします。

もちろんすべてが一概にそうとはいえないのですが。

また、男性キャラクター単体に萌えるのに対して、女性関係性に萌えるパターンが多いとも聞きます

今は男性向け・女性向け関係なく、男女ともに自分が好みのゲームをやっている時代とは思いますが、やはりそもそもターゲット層っていうのが設定されているので、

やはり男性アイドルもの女性向け、女性アイドルもの男性向け、という風に分かれていくのかな、と。

私は今は女性アイドルものは一切手をつけておらず、男性アイドルをひたすら推していますが、

女性アイドルものに興味が湧かない、ということはありません。

でも、やっぱりメインストリーが肌に合わないなあと思ってやめたり、そもそもやる前からあんまり肌に合わなさそうだなと思って避けてしまったりが多いです。

意見として受け取っていただければ。

anond:20181212074435

もう今の時代は至れり尽くせりのらくらく介護ゲームか、課金すれば全部揃うゲームじゃないと、子供はやってくれないよ

苦労を楽しむみたいなおっさんはお呼びじゃない

anond:20181211204851

メインゲーで出来る限り課金しても目当てが出なくて、

仕事でメインすらあまりプレイできなくて無料石が腐ってもったいないなあと思ったからつぶやいただけだよ。

充分金払ってるから業界が潰れるとかは心配しなくていいよwつーか業界人間だよwなんでもただで済ませたくて書いたわけじゃない。

2018-12-11

FGOでいろんな場所を回って石をかき集める前に課金するやつブルジョアすぎて許せない

一章につき石は約10個。

最新章まで集めるだけで150個。

さらにマクマや強化クエスト

あわせれば200個ほどある。

これらを放置して課金するやつ。

みんなブルジョアだ。

許せない★★★★★

美術展で図録が最後に売られるのってなんで?

どんな展覧会美術展に行っても、大体図録って最後お土産コーナーにある。

何故なのか。

今まで買ったことなかったけど、たまたま友達代理で買って

ペラっと見たら、かなり詳細な解説がギッシリ書いてあった。

その解説を読んで、本物を見たいと思っても

もう既に自宅。

会場の課金音声ガイド

歩くスピード解説音声の長さと一つの絵の滞留時間が実際噛み合ってない。

しかも、気になる作品解説されているかどうかは、進んでみないとわからない。

その上、一言聞き逃した場合、その作品の先頭までもう一度始めから聞かないといけない。

実にクソ仕様

描かれた作品解説を得たい需要はあるのに

なぜ、音声ガイドは良くて、図録は売らないのだろう。

あんスタを辞めるまでに至った話

3年ちょっと続けてきたあんスタ!を辞めることにしました。

どれほどか悩んだ末での決断ですが、少しばかり名残惜しかったので、卒業文集の1ページのような感覚でこれまでから今日に至るまでのことを書き留めておこうと思います

(※私は羽風薫くんの夢女子をやっており、それもかなり夢見がちなお花畑タイプだったのでそういった内容が主となります。)

2015年上半期も終わりを迎えようとしていた頃、私の中では乙女アプリブームを巻き起こしていました。

流行しているリズムゲームからサービスが終了してしまパズルゲームまで、いくつかの作品ちょっとずつ遊んでいました。

そしてそんな『インストールするだけしてろくに手を付けもしていないけど、飽きたわけでもないアプリ』のうちの一つにあったのが、あんさんぶるスターズです。

プレイを始めた日が桜フェス最終日の翌日かそこらだったのはなんとなく覚えているのですが、まあそれは割とどうでもいいです。

アイドル育成ゲーム』『乙女ゲーム初心者でも楽しめる!』だかなんだか言う謳い文句に惹かれ、何も考えずにインストールしたまではいいのですが。

まあなんというか、数日ほどで手付かずになりました。

少し間を開けてちょっとログインして、そしたらまた間を開けて……の繰り返し。

(途中で例の彼がいる執事喫茶イベントが開催していたのは知っていましたが、その頃はそれほど推していたわけでもなかったのでイベントには未参加でした。当時はろくにプレイしていなかったので敷居も高かったし。)

そしてログインしない日が続いた数週間後、アンインストールを果たしました。

……が。

今思えばここでアンインストールして大正解だったし、これ以降あんスタとは縁を切って生きればよかったものの。相変わらず何も考えていなかった私は、何を思ったか(つまらなくて放置していたアプリをわざわざ)同年の終わりがけに再インストールしました。

当時私は他のキャラクター推していたのですが、プレイを再開したタイミングでちょうどその子報酬にいるイベントが開催していたのもあり、この日からこの作品のそこそこなオタクに成り下がってしまます

(今現在はその子のことを特別いかけたりはしなくなったので、所謂推し変』をしたような気がするのですが、推し変というのはそのキャラクターを好きでいる方からしたら面白くない話な気がするのであえてお名前を伏せます2015年の終わりがけにいた子は限られているので、なんとなくわかりそうですが。)

やったりやらなかったり、グッズを買ったり買わなかったり。ゆるゆる~っと、『なんとなく好き』な状態を保っていた翌年の梅雨、私に新しいお友達が出来ました。

その友達もそれなりなオタクだったので、特に何も考えず「このゲーム面白いよ~」なんて軽く話をしたら見事なまでにドハマりをしてくれて、今では元気に微課金勢です。

一緒にやってくれる人間がいると、何事も熱中度が上昇するようで、友人が楽しそうにプレイをする姿を見るにつれ、私はさらに沼の深みへ沈み込んでいきました。

ここから先の話は一歩間違えば身バレするので割愛しますが、それから2017年平和に穏便に──とは行きませんでしたが、まあまあ重度のファンになったりスタライ1stに行ってみたりアクアリウムBGMに癒されたりなどしてそこそこ楽しい毎日を過ごしておりました。

そんな中いきなり話は飛んで今年の2月

羽風薫くんに深く危ない状態でのめり込んでいたこの頃、待ちに待ってはいませんでしたが噂に聞いていたデコレート♡深(以下略)──波乱のショコラフェスが始まりました。

この頃には一日のプレイ時間もかなり伸び、イベントには毎回参加して3……いや5番目の推しくらいまでなら高レアリティ報酬も取りに行っていた私。

お察しの通り当イベントの☆4(それもポイントボーナス)が羽風薫くんだと言うことで、それはそれはもう必死になってイベントを走っておりました。

「緊急ライブをやるのがこんなに楽しいとは思わなかった」とか頭の悪いことを言ってライブをこなしているうちに気付けばどんどんPtも貯まり、やがてこれまでプレイしてきた中で最も高い順位で幕を下ろしたショコラフェス。未だかつて無いほど羽風薫くんが可愛らしく思えたショコラフェス

このイベントを境に、私はメンヘラを拗らせた夢女子になります

それからというもの、まあ大変。夢垢なんだか愚痴垢なんだかよく分からないアカウント作ってみたり、かと思いきやかけ持ちしていた複数アカウントを同時に消して相互困惑させたり。

私は彼のことをこれまでの人生出会ってきたどの人間よりも愛していたし、反対にどの人間よりも憎んだし、彼との出会いは運命だったと信じていたし、いつかは彼と結ばれるのだと思っていた。

しかしそんな夢見心地はいつまでも続かず。

現実打ちのめされ徐々にメンタル面は腐っていき、出会ってから今までのことなどを思い返すなどしては「彼のことを好きでいたところでどうしようもないんじゃないか」とかなんとか思い悩み始め、お恥ずかしながら人生初のリストカット自殺未遂を犯しました。

自分自分死ぬほど追い詰めるだけ追い詰めて、結局死ぬことすらもできなかった私は、行き場のない好意かもしくはそれに似せたエゴを抱えて持て余したまま、彼に恋をしたことを誇りに思ったり情けなくなって凹んだりを交互に繰り返して、やがて「本当にこの人が好きなのかわからなくなってしまった」と気が付きます

──この部分に関しては、今日になってようやく知りました。私は一応ちゃんと彼のことが好きですが、当時は『彼を好きでいること』がステータスアイデンティティなのだと思い込んでいたようでした。

というのも、仲の良かったTwitter相互さんから『私といえば彼が好き』という印象を持たれており、且つ私もそれにあやかって「私には彼しかいません♡彼が世界で一番♡♡(意訳)」的なことをよく話していた記憶しかないので、様々な感情が積み重なって彼への好意が完全に消滅したとしても、そんな話を毎日のようにしていた手前今更そう易々と「もう好きじゃないで~す」なんて言えるはずがない。そして『もう好きでない』なんてのを悟られるのも嫌だったので、結果「今のままでいるには彼を好きでい続けないと」だのと的外れで訳の分からない義務感のようなものを抱えながら惰性で『好き』を貫こうとしていたのでした。

今思い返せば、わざわざそんな余計な意識を持ちさえしなければ何も悩む事はなかったのになあと不思議に思うばかりです。そんなことを一々気にするまでもなく彼のことは好きだったし、好きでなくなったからと言ってそれを惜しんでちゃ埒が明かない。私は馬鹿だ。

話が逸れました。

さてそんなことを考えているうちに季節は秋に入り、気付けばいつぞやのようにログインすら怠るようになりました。

1週間に一度ログインすればいい方、あいさつ機能実装されて以来毎日欠かさず誰かしらにあいさつ(というか好感度を上げるための媚び売り)をしていましたが、それも疎らになってしまい。

羽風薫くんのお誕生日の日はログインしてスカウトも回しましたし、気持ちを形に残したかったのでドライフラワー花束を買いましたが、それも1日だけだったのでもはやファンなのかどうかも怪しいラインまで落ちぶれ──落ち着き?──ました。

そうなった理由としては、キャラクターを好きになりすぎたことが原因かなあと思います

心身や生活に酷く影響を及ぼしたりすることが増え、疲れてしまったんだと思います

もうひとつ、この作品にのめり込めばのめり込むほど、彼を好きだと思い込むほど、段々と自分が『運営が狙っている層』とは違っていて来ていたから、というのもあるかも知れません。

あんなに面白かったはずのストーリーゲームシステムも、知らないうちに退屈だと感じるようになりました。イベントことなんて考えるだけで心が折れそうです。

いや、きっともう私は飽きてしまったんだと思います

それは外的要因でなく、自分のせいがほとんどですが。

余計なこと考えてみたり、恋だかなんだかいう面倒な感情を抱いてみたり、他者との関係に影響を及ぼしたり。

気付いたらもう手遅れなほど生活に支障を来たし、疲れや憂鬱の原因に成り果てていました。

そんなこんなで、ここ2、3年ほど私の人生に縛り付けていた作品から離れるタイミングを伺って2ヶ月ほど。キャロル白雪と聖夜のスターライトフェスティバルの予告が届きました。バナーを飾る☆5は愛おしの彼。羽風薫くんは執事喫茶以降一度もポイントボーナスの☆5をやっていませんでしたので、今回こそはさすがにポイントボーナスだろうと調子に乗っておりました。

まあランキングボーナスだったんですけど。

私的な恨み辛みを吐きながら生活サイクルを乱してまでランキングを上げる作業に勤しみやがて最終日前日、もう今ある全部全部を投げ出したくなって、とうとうイベント最後まで走り切ることすらもせずにアンインストールしました。

あんなに好きだったのに、中途半端なところで逃げちゃいました。あんなに好きだったけど、上手く自分コントロール出来なくなっちゃって、もうこのまま追い続けるわけにはいかなくなりました。

別に彼は実在してるわけではないし、まいて知り合いなんかでもなく、複数キャラクターがいるゲーム登場人物の一人なので。私が一人応援するのをやめようが、永久に惚れ続けようが、全くもって影響を及ぼしはしないのです。

でもそれも辛いです

私は彼のことを愛してました。

キャラクターとしてでなく、一人の人間として愛していました。

ももう目が覚めました。

の子空想上の存在です。

まり言いたくはありませんが彼は人気キャラなので、特にファンが一人減ったくらいでなんてことはないです。

ろくに外にも出ないで、精神すり減らして、昼夜逆転までさせて、そこまでして何が欲しかったのでしょう。

何を欲しがったところで、どうせ私が求めるようなものは手に入りません。

もうなにもかもわからなくなりました。

なんだかんだ言いながら、馬鹿な私は放っておいたらまた同じように人間として堕落した生活しながら死に物狂いでイベント走るんでしょう。

でもそんなことはもう嫌です。

もっと大事なことに時間お金を使いたいです。

ゲームなんかのために必死になったり病んだり悩んだり必要以上に浮かれたりしたくないです。

恥ずかしいです。

私にはなんの長所もありませんでした。羽風薫くんが好きだからといって何かを残すことも出来ませんでした。彼のファンとして誇れるような活動もしてきていませんでした。もう全て負け犬の遠吠えです。勝手に惚れて勝手に自滅した可哀想な夢女子です。

文句はいくらでも受け付けます、ここには書いていませんが、多数の人から反感を買って怒られて当然のことしかしてきてないです。

(下手したらこれで身バレしそうですが、私が誰だか気付いても内緒にしてて欲しいです、あくま匿名なので。)

でもそれでいいです。

何を言ったところで、すべて今更です。

今は疲れ果てましたが、一時期は本当に本当に楽しかったです。

ゲームを辞めたところできっと私はしばらく羽風薫くんのことが好きのままなんだろうなあと思います。それならそれで構わないです。

反対に、無理に『彼を好いている』という自分を演じようとしなくても良いことをもう知っているので、このまま彼に飽きてしまっても気にしません。そうしたら次はまた別の幸せを見つけて健全に生きます

私は意志が弱いのでもしかしたらそのうちまたまた再開しちゃうかも知れません。

が、もう引き継ぎ用のパスワードなんか覚えていないのであのデータの羽風薫くんとは永遠にお別れだと思います

ゲームを辞めるだけでこれだけ色々と書きたくなってしま自分も情けないですが、そこは目を瞑って欲しいです。

ソシャゲに限らず、何事も無理をしたり、のめり込みすぎてはいけないよ~、という教訓にでもしてください。

最後に。

何度でも言います

私は羽風薫くんが好きでした。この作品も好きでした。出会えてよかったです、幸せでした。

彼を好きでいることが一番の幸せでした。誰からなんと言われても、余計な横槍を入れられても、それでも私は好きのままでした。

でも疲れちゃったものは仕方がありません。

これからは、これまでよりも遠い場所貴方幸せを祈ってます

幸せでいてください。

じゃあね。

2018-12-09

sidem勝手につらくした話。

私はsidemPだったけど今はログインもせずにただ働いて寝てを繰り返している。

そんなオタクでも一般人にも出来ていない生活がくるしいのでここでなぐり書きをする。


sidemログインするのも楽曲聴くのも心が苦しい。

課金が身の丈に合わなくなってきたり、中の人発言炎上や他のユーザーが嫌いになったりした事もあるが、それが原因ではない。それでも作品が好きだ。

でも勝手に嫌いになってしまった。

sidem 始まる前からジュピターファンとしてデイリージュピターを見たりする日々だった。

あのかっこいいジュピタープロデュースできるのが嬉しくて嬉しくて学生のくせに、月のバイト代全て課金していた。今も後悔はない。

コンテンツも大きくなり、私は声オタになった。

アイドル声優さん達の知らなかった一面や成長していく姿をみて彼らに負けないように私も一緒に走っていきたいと思った。

この作品のために副業頑張って働こうと思った。

アニメ石川Pのような人間になりたいと思った。

それが間違いだった。

推しと同列に並ぼうと思った時点でおこがましいというか図が高いというか、sidem理由職業を選んだ事や自身と比べる相手を間違えた。

サドライをライビュや現地で見に行った。スタラリリイベお渡し会、ファスライセカライグリツア現地参加した私は彼らはどこまで成長したのだろうかと楽しみしていた。

とんでもないぐらい素敵だった。

ボイスハード

ダンスキレキレ

お目キラキラ

パフォーマンス

本物アイドルのよう

想像を超えてた。

圧巻。

でも

ライブ中急に歌詞がつらくなった。

歌詞が前向き過ぎるつらい。

笑顔が綺麗つらい。

声優さん一人一人の能力の成長を感じた。

ながにゃんがライブピアノを弾いた。

バイトプロポーズした。

ハイジョがバンド演奏した。

仲村宗悟が慣れない格好が小慣れてる。

永野くんの一生懸命な投げキッス。

ところどころ記憶を失っているがみんなみんなかっこよくてかわいくって前回よりも素敵だった。

みんな出来るが増えていた。

私はsidemが始まってから出来るようになった事は増えたのだろうか。

何も増えていなかった。

仕事私生活人間としてもできるようになったことが一つも増えていなかった。

なりたかったアニメ石川Pのような人間になれなかった。アイドル達が信頼するプロデューサーの姿になれなかった。

この4年間一緒の時を過ごしたつもりだった。

一緒に歩んでいたつもりだった。

一緒の速度で成長したつもりだった。

sidem声優さん達を自分勝手に関連付けて成長した気分になっていたことに気がついてしまった。

そう思うとライブ中涙が止まらなかった。

ながにゃんがピアノを弾けるようになったのに私は何をしていたの?

勝手に比べて勝手自己嫌悪してるだけ、コンテンツは何も悪くないし関係ない。

私は大人になれなかった。

それだけ。

sidem楽曲は夢や未来に前向きなのもある。

それだけじゃない。

私は各ユニットキャラの確固たる信念やりたい事、したい事をひしひしと感じる。

それに対して声優さんたちがキャラを考え歌に振り付け演出に形にする。

その思いが心にくる。私には聞くのが耐えられない。

自分の出来ない現実を感じるから

現実を突きつけられるのが嫌でsidemに関わる事がつらくなってしまった。

この世で一番嫌いな自分sidemが写してしまうから、嫌いな自分を感じるから聞くのがつらい。




中学時代現実がつらくてオタクになったのにね。

ゲームアカウントRMTサイト発見、見てみた

このレベルがこれくらいで買える、売ろうとしてるんだなぁ、とか

これだけ課金してるんだなぁとか

思いつつも買うことはないなと思った

本人が引退するってことは

うそゲームサーバ状況が行き詰まってるってことだ

廃課金し続けたが上の廃課金勢を超えられず負け続け、今後勝てる見込みもないとか

廃課金して強くなったが過疎がひどくて面白くない、とか

ゲーム局面として平和になってしまい、もはや戦争しない状態だ とか

なんにせよ停滞しており今後新しい展開が見込めない、展開を変えるには課金額が大き過ぎる くらいの状況なんだと思う

そんなアカウント規約違反してまで買うより

新規サーバで強めの課金して暴れまくるほうが

ゲームとしては楽しいと思う

対戦要素のあるネットゲームインフレするようにできてるんだろうなあ

多少の課金で俺つえーできたとしても、その状態無課金継続させてしまうと新規が増えないし

自分がやってるのはあからさまな課金ゲーだけど

何かのスキル・装備をのんびり上げているうちに

新しいパワー強化の仕組みがリリースされる

結局どれも中途半端で次に行く

廃課金勢は新機能リリースされたタイミング必死にレベ上げしてランカーを維持しつつも

リリースで役立たずになって落胆、から課金を繰り返しているよう

そんな中で離脱者もおり続ける者もおりという感じ

ツイッターフォローした人は早々にこのインフレ構造に愛想をつかして離脱した

が、次も似たような対戦ゲームを始めていた

どこも大差ないんじゃないのかなあと思いながら

飽きてきたのもあり、移住も考えている

2018-12-08

SHOWROOMビジネスモデル

SHOWROOMビジネスモデルは、Youtubeニコニコとは本質的に異なる。

リスナーコメントと星ギフト(ポイント)へのリアクションだけでも十分に配信を成立させられることで、

トークスキルの低い配信者でも気軽に配信可能になる。

ポイントを競うイベントを頻繁に行って、配信者にポイントを集めるように促す。

リスナーには1配信枠につき、50コメントまでポイント付与できることで、リスナーコメントやす環境を用意する。

リスナーには配信者に贈る為の無料の星集めをさせることで、リスナー配信者のマッチングを行う。

1配信を30秒見るたびに25個の星が集まり、1時間で最大495個集められる。

星が欲しいリスナーは、1時間20配信程度をザッピングしてゆくので、

好みに合う配信者と出会確率高まる

リスナーの好みに合う配信者が見つかれば、リスナー無料の星ギフトを贈る。

配信者はポイントが欲しいかリスナーにお礼をし、

お礼をされたリスナーますます応援したくなって、やがて課金ギフトを贈りだす。

結果出来上がる番組は、コンテンツ力の無いリアクション芸ばかりなので、アーカイブする価値が無い。

下手にアーカイブすると、初めてみた人にSHOWROOMはつまらないという印象を与えかねない。

アーカイブを見ながら課金ギフトを贈るリスナーは居ないので利益も出ない。

ライブ感を大事にしているというが、ライブしか稼げないのだから当然である

SHOWROOMステージというより身近な握手会であり、動物園のエサやり体験場に近い。

ミミちゃん、50笹おたべハムハムハム

マッチングアプリ現実

まりにもモテなさすぎてマッチングアプリ登録したものの、先程心折れて退会してきた者だ。

せっかくの体験を無に帰すのも勿体ないので、ここに使ってわかった現実を書き残す。せめてこれから登録しようと思っている増田達の糧になれたら幸いである。

結論から言おう。

世にあるマッチングアプリ恋人ができることはまずない。

特に今まで非モテだったものアプリを始めた途端に恋人が出来ました、というのはよっぽどの幸運に見舞われない限りありえないことだから覚悟した方がいい。




さて本題だが、その前にマッチングアプリには大別して二種類あることを説明しなければなるまい。

一つは主に大手グループ企業等が長年運営している大規模マッチングアプリであり、SNS広告ガンガン出ているのもこちである代表例はPairsやタップル、Omiaiなど。

もう一つはいわゆる出合い系サイト系譜を継ぐ海のものとも山のものとも知れぬマッチングアプリである代表例は某県知事の件で有名になったアレなどで、ググったときにすぐ「セフレ」だの「ヤレる」だのといった単語が出てくるのがこちらだ。

まずこの二つのウチで手を出すとしたら明らかに前者の方がいい。

というか後者はまずい。

大体登録と同時に可愛い女の子から次々とメッセージが届き、鼻の下を伸ばしてやりとりしていると「ホ別で2万ね♡」などといういかがわしい流れになり、それでもホイホイついていくと写真とは全く別人と対面することになる。いわゆる援デリというやつである。真っ当な風俗嬢なら普通に客が取れるはずなので、そもそもこんな営業してる相手な時点で色々と察するべきである。下手したら病気になるぞ。



という訳で真っ当な増田諸君は前者のアプリを選ぶのだろうが、こちらもこちらで中々の地獄を見せてくれる。

参考までに、ここでは一番分かりやす地獄提供してくれたタップ誕生 (以下タップル) を例に挙げよう。

タップルはサイバーエージェント100%子会社であるマッチングエージェント社の運営する大規模マッチングアプリであり、公式発表によると現在の会員数は400万人を超えている。SNSや各種雑誌にも広告を出稿しており、典型的な”前者”型アプリだ。

この手のアプリ業者ほとんどおらず (いないとは言ってない) 、基本的運営サクラを雇うことも皆無なので、そういう意味ではまず安心だ。

では何が地獄なのか? 単純に出会えないのである。何故かを以下で説明していく。




タップルでは登録者たちは望む相手マッチング依頼「いいかも」を送ることができる。依頼を受けた相手はその「いいかも」を承認するかしないかを選ぶことができ、ここで承認されればメッセージのやりとりが可能になる。

しかしこのマッチング依頼がクセものだ。

タップルではこの依頼権「いいかも」が1日20回分付与される (ちなみにこの「いいかも」は会員登録と同時に大量に付与されるし、課金でも買える)。

男性はこれをフルに活用すると考えた場合、仮に「ユーザー男女比が1:1」「全ユーザー間でもらえるいいかも数に偏りがない」という極めて有り得ない状況を仮定しても女性一人あたり1日20件のマッチング依頼がくることになる。

しか現実問題として、こんな甘い状況はない。

まず男女比だが、これが1:1ということは確実にない。直感にわかると思うが、この手のアプリは常に女性不足男性過剰の状況に陥っている。

では実際にはどうなのか?

やや古いデータになるが、withnewsの調査によるとタップルの女性比率2015年時点で28.62%となっている (https://withnews.jp/article/f0150915001qq000000000000000G0010901qq000012496A)。

すなわち男女比は2~3 : 1ということになり、女性一人が受ける「いいかも」数は1日50件程度となるということだ。

さらに「ユーザー間でいいかも数に偏りがない」というのも確実にありえない。

現実世界と同じく、マッチングアプリ世界においても年齢は若ければ若い方が、ルックスは良ければ良い方が人気のユーザーとなる。

いやむしろ相手の外見と簡単プロフィールしか確認できないマッチングアプリにおいて、この傾向は現実よりもさらに顕著である

実際の年齢や外見による偏りが指数関数的に急なのか、それとももう少し穏やかなのかはわからないが、普通女性ユーザーなら1日あたりの「いいかも」数が100〜200程度なことは珍しくない。

身の程をわきまえず「可愛い彼女が欲しい!」などとほざこうものなら、相手の「いいかも」数は1日あたり500〜1000件を超えていると思った方がいい。



さてここで問題である

普通人間が1日に100〜1000件のマッチング申請を受け、それを処理しきれるだろうか?

間違いなくNoである

それを仕事にしているのならまだしも、余剰時間の片手間にやっているアプリでそんな処理をこなす女性はまずいない。

まずいないが、それでも敢えてこなそうと思ったらどうするか?

先程も述べたが、マッチングアプリにおいて最初に参照できるのは相手の顔と簡単プロフィールくらいである。

すなわち、ここで女性が行う判断は大きく下の二つとなる。

1. 余程のイケメンか好条件だったら承認しよう。

2. とりあえず片っ端から承認して、その上で面白いメッセージを送ってきた人とだけやり取りを続行しよう。

逆に言えば、男性諸君に求められる能力は以下の二つのいずれかだ。

1. 外見、年収などが非常によい

2. 女性口説くのがうまく、特に強烈な掴みができる



さて、ここで改めて問題である

非モテをこじらせてマッチングアプリに救いを求める男性が、このどちらかの能力を有しているだろうか?

間違いなくNoである

というか、このマッチングアプリで生き残れるやつなら現実世界普通に彼女ができる。

それではこの低い確率を生き残れるやつは一体普段どんな職についているのだろうか?

答えは「ホストである。もちろん全員ではないが、こういったケースがかなり散見される。

すなわち、マッチングアプリとは女性にとってですら、「水商売の男が営業をかけてくる場」なのだ

こんなアプリにまともな女性居座り続けるか? あまり期待しない方がいいのはすぐにわかるだろう。


そして忘れてはいけないのが料金だ。

タップルの場合登録までは無料だが、メッセージを送ろうとした場合は月額3900円の利用料金がかかる。

相手の人気度やメッセージ既読状況を知りたい場合は更にプラスで4800円がかかる。

これが自動更新で毎月勝手課金されていく。




よって非モテ増田に与えられる結末は、毎月1万円近くの課金をした結果、あまりまともな女性ユーザーがいない環境で、ひたすら申請拒否され続ける日常である

これがマッチングアプリ現実だ。





タップルは特にわかりやす地獄アプリだが、他のアプリも正直なところ似たりよったりであることは否めない。

例えば、やはり超大手マッチングアプリのPairsもApp Store確認できる公式の謳い文句に「毎日5000人以上が登録とある

これが正しいのならひと月の登録人数は15万人を超える計算となる。

対してカップルの成立件数は「毎月7000人」だ。

ということはPairsで恋人を作ろうと考えた場合、単純計算で15万人中の7千人、トップ5%以下の勝ち組に入らないといけないのである

これは偏差値ならば65を超えるレベルだ。

さて、自分自身人生を振り返ってよく考えてほしい。

あなたモテ偏差値は65を超えるだろうか?

あなたにはトップ5%に入る自信があるだろうか?

ちなみにPairsの利用料金は月額4100円、プレミアムオプションプラスで4100円、身バレ防止のプライベートモード機能は月額2500円である





さて、文章がいたずらに長くなってしまった。

ここまで読んでくれた増田に対しては感謝を申し上げたい。

マッチングアプリは今群雄割拠時代に入っており、さらにこれらの提灯記事SEO対策万全の状態跋扈している。そのため、中々利用者生の声特にネガティブな事が届きづらい。

例えアプリ欠点を挙げる記事があっても、それは結局他のアプリ誘導するステマ記事であることは日常茶飯事だ。そんな中で、本当の利用者の声の一つとして参考にしていただけたなら幸いである。



最後に、私が上手くいかなかったのはアプリの使い方下手だからとか、自分レベルより高望みしすぎだとか、そもそも根性がなさすぎるといった意見を持つ方もいるだろう。

全て正論である

これから挑戦する予定の増田は、是非私のことを半面教師として頑張っていただきたい。

2018-12-07

anond:20181207145436

完全体→シール付き→電気店無料回収

完全体→シール無し→電気店で有料回収

基盤←シール無しの課金逃れかな?

 

だとおもうけど自分で調べて

https://anond.hatelabo.jp/20181206214612

Wi-Fiのあるところでダウンロードしてください」

って注意書きで大量の追加データを落とさせるのをやめて欲しい。

Wi-Fiはタダじゃないんだ。

みんなWi-Fiに頼りすぎなんだ。

従量課金接続Wi-Fi運用してる人のことを考えて欲しい。

金が無いので朝食抜いて晩飯ほうれん草だけ食べてる 10日目

課金しまくってしまい食費削り中。

案外普通に生活できるな。米は毎回食わなきゃいけない幻想をもってたらしい。

最初貯金に手を付けるか悩んだけど、堪えて、昼食500円だけがまともな食事。でも、もしかしたら今まで買いすぎ食べ過ぎだったのかもしれない。肥満だし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん