「ぼっち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぼっちとは

2017-10-17

anond:20171017122239

それは、ある程度以上の階級お嬢さん

昔なら良妻賢母教育を受けて同階級のおぼっちゃんの妻に納まっていた所を

今は男性と同じような教育を受けて高学歴を手に入れてキラキラ仕事に就くようになった、ってだけだからなあ。

ある程度以上の階層に限った話でしかない。

下の方の、碌な教育を受けられず良い仕事にも就けない貧しい家の娘は

成り上がるなら「玉の輿に乗って専業主婦しかない、と言う状況は変わらないし

実際はそういう育ちの悪い女が玉の輿に乗れるケースなどほとんどなく

結婚しても同じような低い階層の男の為に稼ぎつつ家事育児介護を求められるのが関の山、ってのも同じ。

んで時代的に女への結婚圧力が薄れてきたのもあって、

前者は結婚しなくても自力で食えるし家事育児とか面倒だし仕事もしにくくなるから独身でいいわ、となり

後者も「玉の輿」なら乗りたいが仕事家事育児介護全部負わされる生活するくらいなら貧しくても独身でいいわ、となったのが

非婚化と少子化の原因だと思う。

anond:20171016224902

すごいわかる

普通がどんなんかわからいからいつもキョロ充だったりぼっちだったりする

2017-10-05

出会い厨街コンで男8,000円、女2,500円。男性差別女尊男卑だ」

キモヲタ街コン8000円 女2500円 やはりここでも搾取されるwww 男女平等って何だろうな | やらおん

http://yaraon-blog.com/archives/114399

↑に限らず、TV男性タレントゆうきゆうとか言う精神科医もどきクズが声高に叫ぶこの理論

あのな、そうなるのは出会いコンが必然的に『圧倒的多数出会い厨ヤリ逃げ精子脳男と、そいつらを警戒して迂闊に寄り付かない女』になる構図をはらんでいるかだっての。

まず出会い厨のヤリ逃げ精子脳男というのは、現実問題オタ非オタを問わず世に恐ろしい数で存在する。リアルにもネット上にも。

SNS女性名登録しようものならその瞬間に出会い厨からのフレンド申請殺到するので、女性名顔写真は避けた方が良い」という常識存在するレベルであり、男だって軽くネカマしてみれば何匹でもたやす釣り上げられる。

彼らは365日24時間ヤれる女を求めて蔓延するウイルスのようなものだ。

そこまで酷くなくても、恋愛コミュニケーションを望む傾向の高い女性に対し、単純に性欲の解消を第一に求める男性は現状少なくない。

そんなできるだけ多くの女とヤリたいだけの手合が「街コン」なんて美味しい女食いの場に目をつけない訳がない。

通常のナンパと違い出会いを求める女が最初から集まっているのだから駆け引きの手間が丸々省けてラク、結婚を餌にすれば簡単にヤれる、人間関係のしがらみも無いので楽々逃げられるという理屈だ。

そして、日頃隙あらば襲ってくる出会い厨の猛威を思い知らされている女はそうなる事を察して警戒するので、多くはその手の街コンは避けて信頼出来る友人や同僚を経由した内輪的な合コンに参加する。

かくして必然的に無策で街コンをやろうとすれば募集状況は、性欲でギラついた男9に対して女1(最悪、男10で女0)というのが常態化する。

当然だがこれでは会が成立しない。さりとて出会い系ヤリ逃げマンを事前に抑止して、本当に誠実なお付き合いを求める男女だけを選り分けるのは不可能だ。

薄々わかっているであろう事とはいえ「1夜限りの出会い厨ヤリ逃げ精子脳男が混じってますから気をつけてください」という類の生々しい注意を改めて表に出したら、女性は嫌になってますます遠ざかる。

利用者に脅威を与えるようなドロドロした内情を決して臭わせないように、それでいて何とか男女比を揃えるための苦肉の策が、例の参加費設定と言うわけだ。

主催者側は不平不満を買い得るとわかっていても説明するに出来ないジレンマを抱えているが、それでもなおまるで効果の現れない男女参加比率を見れば誰でもお察しだろう。

それをネットで「男性差別女尊男卑だ」と騒いでいる男性達は、故意か天然か、ヤリたがり男達の集う背景をきれい無視している。

特にゆうきゆうは「男にとっての恋愛=一人でも多くの女を性欲のはけ口にする事」と考えてその欲求不満ミソジニーこじらせた典型的精子脳側の張本人で、

一体どんな神経で「会費設定は男性差別だ」と言えるのかマジで理解できない。

==========================================================

とらのあなが始めたオタク専用婚活サイト『とら婚』のサービス内容がガチでヤバ過ぎるwwww 「デート当日にスタッフ密着」「婚前交渉は成婚扱い」 : オレ的ゲーム速報@刃

http://jin115.com/archives/52167242.html

悲報とらのあな婚活イベント企画男性満員御礼女性参加者0 : ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー

http://gahalog.2chblog.jp/archives/52406299.html

==========================================================

というか冒頭で触れられてたとらのあな婚活街コンはこの惨状だろ?「デートスタッフ尾行します」てww

「完全に『普通結婚相談所が匙を投げるレベルのクソコミュ障底辺ぼっちダメ人間』を想定したサービスだな。婚活界の教育困難校みたいな。」とまで言われる始末。

こんな婚活以前のキワモノしか居ないのが最初から見えてる街コン、まともな女は金積まれても絶対参加しない。参加者0人は当たり前だwwwwww

しろここまで男オタクに媚びへつらった婚活サービスなんて他にないぞwwwwwww

2017-09-28

仮にぼっち結婚したら

式とかどうすんだろう

親族だけでやんのかしら

艦これRPG -着任の書-と艦これRPGぼっちリプレイ「空はあんなに青いのに」を購入してさあ机上演習だ!

…と張り切って艦娘を選んで鎮守府の設定をメモして鎮守府名前を決めた所気付いてしまった。

一人で張り切ってサイコロ振ってあーだこーだしてるの、傍から見たらものすごくアレな人なのでは?

追記:無事グットエンド。寂しさは胸に残るが楽しかった

anond:20170928104201

逆に純粋に金で結びついてるだけなのは残るだろうから、そういう率が増えるかも。

金持ち男が女を手当で囲って、女は手当目的でそれに応じてる、っていう。

夫婦と言うより愛人関係か。

あと昔ながらの家同士の繋がり目的で親に決められた相手結婚する名家ぼっちゃまとお嬢様、というようなのも残りそう。

未だにいるからねえそういう人種

2017-09-27

友達0人で友達がほしい人はMLMをすればいい

初めに言っておく。

私はネットワークビジネスをしたくない。やたら勧誘されるので詳しくなってしまっただけだ。

ちょっとこちらで吐き出させていただきたい。

MLMってなんぞや?

と思った方、私も聞けばわかるけど自分では思い出せないので今調べた次第です。

(確かMLNだったかな〜と思ったら違った)

MLMって言えばかっこよく聞こえる、マルチの悪いイメージを隠せると思って言っているんじゃないかと私は思ってしまう。

最近また勧誘されまして。

知人と2人であってたのに途中から上の人が合流してタブレット説明してくるよくあるパターンですよ。

いや私ね、A社T社N社M社…など勧誘受けてきたから、はいはいまたそれかってスライドなのですよ。

時間もったいないからそれ知ってますって伝えているのに、彼らは愛するビジネスを語りたくて仕方がないのだよ。マニュアル通りにしか伝えられないとかじゃないわけですよ。

ロバキヨ、Bクワパブロ、オーガニック基準……

私を勧誘たかった知人より詳しくて驚かれましたよ。

私は別に今まで勧誘してきた人たちと縁を切ったりはしていないんです。

そんなにしつこくなかったからでしょうか。私が始めたいと言うのを待っている感はとても伝わってきますが。

それか海外へタダでいけちゃう特典をもらえるレベルの上の方の人達からでしょうか。

いや、本当わたし人を紹介できるわ。

やりたいの?どこの会社?って。


で、ようやくタイトルの内容に入るわけですが、彼らのコミュニティはすごいね

友達"0人" ←ここ大事

友達ほしい人にはオススメだと私個人的には思う。ぼっちからリア充気分を味わえると思う。

何かしらイベント多いし、ちゃんとした人に紹介されたのなら一緒にがんばろうって面倒みてくれるし。

勉強会やらなんやらで脱引きこもり

友達0人だと製品を紹介して絶縁になるリスクないし、恐れるものは何もない。

じゃ、誰に売っていくんだよって話だけど今はノルマのないマルチもあるし、とりあえず自分が使う分だけ購入して紹介者に利益が入るっていう貢献活動にはなる。だから必要とされる感も味わえる。

別の知り合いは女子会飲み会企画して勧誘きっかけを作っている。かくいう私も、転勤してきてこっちにまだ友人がいない方、っていう言葉に惹かれて春に参加して勧誘されている。

私には商品を紹介したい友達はいないと伝えたら、元から友達には伝えずにこれから作る友達勧誘したら良いと言われた。

ボーリングだったり飲み会だったり、すでにネットワークビジネスをしている人が何も知らない友人を連れてくるイベントの場はたくさん。

裏で今日はこの子を連れて行きます、お願いします、と上の人に伝えておいてさりげなく知り合いになるとかね。ちなみにこのイベント時間内には一切マルチのこと出てこないんですよ。

何回か誘ってもらって多くの人と顔見知りになって、頃合いをみてお店に連れていかれたりね。

ホームパーティーとか料理教室とか少人数のやつでやっと気づく人が多いですね。

盲目になれば楽しめるんじゃないでしょうか。どんなにネズミ講とか批判されても同じチームのビジネス仲間は失わないので1人にはならないし。

あ、でもいろんな派閥が有りますらね。同じ会社ビジネスでも付く人が違うと全くやり方が違っていたりしまからね。ノルマとかも会社規定じゃなくて自分達で勝手に決めて追い込んでいたりするんじゃないでしょうか。

私はですね、

最近本業手取り16万が相変わらずしんどくて、もう1つバイトをしようかなぁと思っているところなんです。(本業副業不可なんですけどね)

そんな私をきっと彼らは権利収入だの、仕組みを変えなきゃだの、Eクワは〜、だの可哀想な目で見てくるんだろうなぁーと、ふとこんな記事を書いてみたわけです。

それが嫌なら縁を切ればいいんですけど、普通にごはん行ってますからね。さりげなくしかネットワークのこと言ってこないし。


ただ私は全力でそこは無視する!!

絶対私はネットワークビジネスなんかしない!!!

2017-09-25

shin5とかいう嘘つきネタパク愛妻家

https://twitter.com/shin5mt

https://twitter.com/shin5biz

愛妻家ツイッタラーとして話題の男

結婚しても恋してる」とかいうクソ自己顕示欲まみれな本を出した

漫画では足長小顔イケメン愛妻家のように描かれているが実際は胴長顔デカずんぐりむっく

一人息子がいる現妻の家に転がり込んで結婚した

妻の連れ子はハブって自分との間にできた子供だけ可愛がってる

自称愛妻家だが妻の臨月に本を出して休日サイン本を量産

カツセマサヒコや5歳と仲良しアピールをしているが仲間に入れてもらえないぼっち

自分の不幸を盛りに盛ってサブアカメンヘラ三昧

他人の不幸に大喜び

最近Twitterでバズったネタを丸パクリして自分の子供に同じことをやらせた(赤ちゃんの腕がちぎりパンに見える云々)

ハリネズミを3匹飼い始めたが3匹いっしょに写っている写真はなく、ストレス耐性の低いハリネズミを頻繁に外へ連れ出して撮影ハリネズミ写真集出版予定

ハリネズミでも】shin5ヲチスレ part.7【金儲け】

http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/twwatch/1505229031/

2017-09-22

金正恩委員長果樹園を視察…北制裁強化後、民生活動目立つ

https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-198111/

ぼっちゃんが目覚めたのか

NORTH KOREA HAS 1.2 MILLION TROOPS BUT CANNOT FEED THEM

http://www.newsweek.com/north-korea-cant-feed-all-its-12-million-soldiers-654732

より速い経済成長率は、北朝鮮が16年間でこの国に影響を与える最悪のものである米国機関によると、干ばつの結果から北朝鮮を守れない。衛星画像から分析した結果、7月国連食糧農業機関FAO)は特別な警告を発し、2017年の収穫量は30%減少し、農家への農業支援を呼びかけると予測した。

先月、北朝鮮は何らかの理由もなく、予定されていた国際ビール祭りを突然中止し、干ばつが明らかに認めようとしていたよりも厄介な問題であるとの推測に至った。

世界食糧計画WFP)は、約2,500万人の人口の約70%が、手頃な価格栄養価の高い食糧に十分な量で定期的かつ信頼できるアクセスをしていないと推定しています

FAOは、北朝鮮が最悪の干ばつに襲われたとFAOは警告している。

人道援助機関によると、人口の大半は米、トウモロコシコムギなどの主要な穀物提供する政府公衆配給システムに頼っているが、WFPは1日当たり400グラム穀物しか政府の平均より低い573グラム目標

WFPは、その活動の一環として、必要な国への基本的義援金提供するために、外国から自発的寄付を集める。 8月初旬、ロシアWFPを通じて800トンの小麦粉北朝鮮に納入した。WFP輸入品使用して、穀物ビスケットなどの栄養補助食品製造し、その後国内流通させる。

http://www.newsweek.com/north-korea-cant-feed-all-its-12-million-soldiers-654732

ビスケットうまそ

偉そう過ぎてびっくりだな

そんなんだからずっとひとりぼっちなんだよ

2017-09-18

最近の女オタ向けのイケメンキャラ露出多い衣装って

びんぼっちゃまみたいな衣装になってるのをたまに見る

2017-09-16

https://anond.hatelabo.jp/20170916193032

(遅かれ早かれ自民族だけで独立は出来たのに)

それはどうかなw

まず自分に都合のいい推論でしかないし

百歩譲って仮に自力で最終的に独立できたのだとしても

早い方がいいし助けがあった方がいいじゃんなあ?


「遅かれ早かれ」なんて暴論は

その”誤差”の数十年数百年の東南アジア人民の被支配下塗炭の苦しみを全く無視しなければ出てこない考え方ですなあ

いや~~~~レイシストには困るわwwww


頼んでも無いのに勝手国境超えて来て

普通にまれてたねえ

地元民との連帯なしには無理だよーん

政治経済民族宗教問題すっちゃかめっちゃかにして

混乱は元からだし植民地支配から闘争独立するのに

混乱ゼロなんて有り得ないね

馬鹿ぼっちゃまの発想だねえwwwww


敗戦後、負けた癖にアメリカの一番弟子になって

侵略受けた自分らを差し置き、世界第二位まで上り詰める

偉大なアジア希望だねえ

「同じ黄色人種だ」「我々も白人に負けないんだ」という幻想を与えたねえ


成長期は金だけばら撒いて、身内ではさんざん後進国と貶してきたくせに、

韓国じゃねえんだから

いちいち東南アジアにそういう変な蔑視向けるのは韓国人が大好きだねえ

現在になって、人口風向きが悪くなると今更アジア盟主ヅラして

アジア盟主」とかいうクッソキモい言葉韓国人以外好まないね

中国は?と思うかもしれないが彼等は「大中華」なので「アジア盟主」なんて卑屈なタイトルは使わない)



「高度なスキル持ったやつなら移民してもいいでw」

おまえらってワイの事好きなんやろ? ファックしたいほど濡れ濡れなんやろ?(ゲス顔)」

とかキモおっさんも真っ青のキチキモフレーズ言ってくる老衰国家

そんな国に好意もてると思うか?

日本アジア孤児!ってわめきたててたのに

普通に中韓朝以外から好感度高いのがばれるようになってくやちいくやちいwwww

日本すごい系ブログですら少なくともお前等と違って

日本好意を持つ外人の声」を紹介するときソースリンクぐらいは貼るねえwwwww


常識だよ常識

東南アジアの国々はこう思ってるの忘れんな

せいぜい中韓けが異様に敵意をもやしてるのを

アジア全体の声と嘘ついても突っ込まれづらかった時代はよかったねーwwwwwwwwww

旅行に誘われてうれしかったんだけど、女子二人旅じゃなく、いつのまにか三人旅の予定になっていた。

とても良い人。でも、個人的に苦手な人が増えてしまった。

誘ってくれた人とすごく仲が良いし、きっと私はひとりぼっちになることが多いと思う。

心配になってしまって今からとてもしんどい

旅費も思っていた以上に高額だし、恥ずかしいけどお金理由に断ろうかなあ。

まあこうやって断ることにより、人間関係自分で絶っているのは分かるんだけど。

友人が少ないの、何でも不安に思って臆病になって踏み出せないからって分かってるんだけど。

傷つかないほうがを選んでしまうよね。

2017-09-13

わたモテとわたもて

日記書こうとして長文書いてたら消えやがった!!!悲しすぎる

わたモテの中で

「年を取る度に一人行動することがどんどんと増えていった気がする」

という文があってそれが印象的だった。

まさに私もそう思う。

カラオケとか、食事とか、映画館とか。

複数でしていたものが段々と一人でするようになった。

一緒に行動する友達がいない人はここに共感する人は多いんじゃないだろうか。

でも共感してるのにセリフうろ覚えっていう。どこの巻だったっけな…?

腐女子主人公女の子が異様に周りがモテる少女漫画もあったけど、

(ここのタイトルも私がもててどうすんだみたいなだったらから、略して「わたもて」だ)

痩せて綺麗になって友達好意も向けてる人もわんさか出来て…じゃなくて

わたモテくらい徹底してくれたら面白かったのにな。(それじゃ流石にモテいか

わたモテ主人公腐女子ではないけど、まあまあのオタクで、友達がいない子なので、

物語序盤はかなりリアルぼっちあるあるエピソードワンパレードで心にくる。

席外して戻ったら、友人と話してる子に自分の席占領されてたりとか、文化祭準備中やることなくて

やっと与えられた仕事いか時間にゆっくりと作業するとかね。

最初少女漫画は、男子高校生同士BL妄想に楽しんでる主人公が、

なぜかその対象から好かれてなんでだよ!?ツッコミを入れている構図が固まっちゃってるし、

それ故に先の展開も予想出来て、連載としてはちょっとイマイチ

あと恋愛がメインなだけに、主人公のBL好きもファッションに感じてしまう。

どうすれば面白くなるか考えてたけど、BL好きの主人公がなぜかモテるしか主人公はBL好きだから自分よりも他の男子が仲良くやってる方が楽しいんだ、という矛盾した構図がキモな以上、難しい…。

1巻だけしか読んでないのでもしかしたら先の方まで見たら面白いのかもしれないけど、

最初だけ触った感じの感想でした。

2017-09-11

お祭りに一人で参加

するのは痛いですか?

お祭り行きたいのに友達いなくて詰んだ

【追記】

地方でやる大きめな秋祭りに行ってみたいんだよね

山車とか地元の舞とか見に行きたい

ぼっちにはハードル高いわ

2017-09-08

https://anond.hatelabo.jp/20170908065220

何かに出会うためだと思う。

ヒトかもしれないし、モノかもしれないし、

食べ物かもしれないし、経験かもしれないし、思い出かもしれないし、その街の雰囲気かもしれないし、帰ってきたときに気づく自分の街かもしれない。

ただいえるのは、旅は思い出だ!とかグルメだ!とか決め込んで出かけるのはもったいないと思う。

何かに出会える楽しみを持って、行ってから考える、決めるって方が旅らしい気がする。もちろん最低限のリサーチはしておきたいところ。

かいってみたけど、結局は連れ合う誰かと旅先であーだこーだ盛り上がるのが一番楽しいんだろうなーー

ぼっち旅つれ〜〜〜

ツイッターで滅茶苦茶攻撃的なイキリオタクボイスチャット通話してみたら

温和なおぼっちゃんみたいな声と喋り方で笑ってしまった

2017-09-07

血はつながっていないけどばあちゃんは確かに俺らのばあちゃんだった

少し前の話だが、ばあちゃんが死んだ。

ばあちゃんと言っても血は繋がっていない。隣に住んでるばあちゃんだ。

うちは母子家庭で、当時40になったくらいの母さんと、小学生のおれと、弟の3人家族だった。

まぁ母さん一人の稼ぎじゃもちろん裕福ではなく、地味な暮らしをしてた。

小学生だった俺ら兄弟はまだ金の使い方も知らなくて、友達の持ってるゲーム機とか、はやりのソフト

カードゲームなんかをいいなぁと思いながら、ま~子どもと言ってもその辺の雰囲気は分かるから

いい子ちゃんしてわがままもそんな言わなかった(小学1年の弟はまぁまぁ駄々をこねてたけど)。

それより俺らがしんどかったのは、母さんが全然家にいないことだった。

小4と言ってもまだまだ子どもなので、寂しいは寂しい。

朝俺らを送り出して仕事にいく母さんは、9時10時まで帰ってこなかった。

そうなると俺は小1の弟を放っておけないから家に居がちになるし、夜はどうしても家で2人ぼっちになって、

母さんが作ってってくれたご飯やら買っておいてくれたパンやらを食べて、テレビを見たり2人で小突きあって時間を過ごした。

そんな俺らに救世主が現れた。隣の家のばあちゃんだ。いま思えば60代前半のばあちゃんは

「おばあさん」ていう歳ではなかったのかもしれないが、俺らはばあちゃんて呼んでた。

ばあちゃんとじいちゃんは、月4万5千円のボロ戸建てに住む俺らの家の隣の、それなりに広くてきれいな一軒家にずっと2人だけで住んでた。

日本家屋って感じの畳部屋ばっかの家で、中庭があってっていう少し広めの家だ。2人の子ももいたけど、あまり見かけたことはない。

ばあちゃんとの出会いは、笑っちゃうんだけど、柿どろぼうだった。

ばあちゃん家の庭には大きな木が何本かあって、中でも2階以上の高さの柿の木は、毎年沢山実をつける。

俺らは塀越しに手を伸ばして棒とか使ってとってたんだけど、ある時、「上の方のならもっと獲っても気づかれなくね?」

ってなって、こっそり隣の庭に入って木に登って獲ってたんだ(普通にDQNだな)。

ガラって音がして家の窓が開いて、あ、ヤバイってそっちを見たら、にこにこしたばあちゃんが顔を出して、「おとなりの●●くんと●●くんね」って言われた。

俺らは怒られるものとばっかり思ってたから拍子抜けして、「こ、こんにちわ~」って間の抜けた返事しかできなくて、

そしたらばあちゃんが「柿が好きなの?沢山持って帰りなさいね」って。

「え、いいんですか?」って聞いたら「私たちだけじゃ食べられないし、木にも登れないから、窓から手が届くところ以外は鳥のえさなの。

だったら沢山食べてもらった方が柿も喜ぶからね。お母さんに持ってってあげて」って言った。

緊張が解けてどっと安心して、ずうずうしく「あざ~す」みたいにそのまま沢山とって、ばあちゃんがくれたビニール袋に入れて持って帰った。

夜に母さんがたくさんの柿を見て驚いて、勝手に入っちゃったけど怒って無かったよって言ったら、ちゃんと謝ってこい!って怒られた。

翌日母さんに持たされたりんご持って謝りに行ったら、「そんなことよりうちにあがんなさいよ。蒸しパン沢山作ったのよ」

って言われて、またほいほい中に入って食わせてもらった。

それをきっかけにお隣によく上がりこむようになって、ご飯だのお菓子だの沢山食わせてもらった。

一度、「柿盗んでた時なんで怒んなかったの?」って聞いたら、「うちにはもう息子たちも寄り付かなくって孫にも中々会えないから、

何かあの木に登ってるところ見たら嬉しくなっちゃった」って言ってた。

今思うと、ばあちゃんも寂しかったのかもしれないし、何より隣だから母さんは母子家庭だってことを話してたと思うし、

ばあちゃんは俺らが2人だけで家で過ごしてることとか、うちがあんまり裕福じゃないこととかもわかった上でそう言ってくれたのかなぁって思う。

チビだった弟はことさらばあちゃんになついて、子犬みたいにばあちゃんの近くをうろうろしてた。

多分話を沢山聞いてもらえることとか、すごいねえらいねって褒めてもらえることとかが嬉しかったし、やさしいばあちゃんが好きだったんだと思う。

家庭環境からお察しだが、今まで周りにじっくり話を聞いてくれる大人なんかいなかったから。

そんなこんなでばあちゃんには沢山世話になって、俺が高校入って部活に精を出したり、

弟も大人びてきて友達と外で遊んでばっかりだったりして通う頻度は減ったけど、ばあちゃんは変わらず俺らを可愛がってくれてた。

ばあちゃん家に呼ばれた日のご飯は育ち盛りのおれらを意識して、どんどん肉が盛り込まれ、量もすごいことになってた。

夏は庭で花火をして、すいかトマトやらきゅうりやらを冷やしながら食べた。

(もちろん、じいちゃんも色々世話をやいてくれたし、ばあちゃんがそんだけ俺らに手をかけてくれたのもじいちゃんの広い心のたまものだと思うからめちゃくちゃ感謝はしてる)

そんな時だった。ばあちゃんが脳溢血で倒れて、後遺症からじいちゃん一人では世話が難しく、しばらく入院した後施設に入ることになった。

俺らは病院へお見舞いに行ったりしたけど施設となるとなかなか行きづらく、

施設も遠くて、大学に入って日常生活がにぎやかに忙しくなっていた俺は自然と疎遠になってしまっていた。

弟はたまにお見舞いに行ってたみたいだ。

そこから2年ほどで、ばあちゃんが死んだという知らせがきた。

母さんから電話でその知らせを受けて、俺は泣きだしてしまった。でも、泣き出してしまった自分に驚いた。

なぜなら遠くに住んでた方のじいちゃんが死んだ時は、葬式では少し涙ぐんだが、こんなに泣いたりはしなかったからだ。

堰を切ったように自然と涙がボロボロ出てきて、ああ、家族が死んだんだ、もう会えないんだっていう寂しさつらさがガーって襲ってきた。

急いで家に帰ったら、同じく飛んで帰ってきた弟がいて、顔を合わせた瞬間またボロボロ泣いて、

「にいちゃんばあちゃんが死んじゃった」って子どもみたいに泣いてて、ああ、こいつも同じなんだなって思った。

通夜にも告別式にも出た俺らはあちゃんばあちゃんってボロボロ泣いて、花入れて出棺する時はことさら泣いた。

しわくちゃになったばあちゃんが、穏かな顔で寝てるみたいで、手を触っても硬くてひんやりしてて、たまらない気持ちでいっぱいだった。

実際の孫たち(もちろん顔見知りではあった)はそこまで泣いておらず、

俺ら兄弟尋常じゃない様子に若干引いてた。

じいちゃんは、俺らのそんな様子を見て、「ありがとうな…」って涙ぐんでた。

ばあちゃんがいない喪失感は大きく、何か実感がわかないなぁってしばらく思ってた。

ばあちゃんは俺らの本当のばあちゃんだったよ。沢山可愛がってくれたばあちゃんは、本当のばあちゃん以上に俺と弟のばあちゃんだった。

血のつながりも大事だ。だけど人と人の絆には、血縁関係ないと思う。

一緒に過ごした時間や思い出が多ければ多いほど、繋がれるものなんだと思う。

から、俺らとばあちゃんを一緒に過ごさせてくれた全部と、ばあちゃん本人に感謝してる。

ばあちゃん、愛して育んでくれて、ありがとう

ばあちゃんの蒸しパンがまた食べたくてしょうがないよ。

すげえ長くなってしまった。どうしても吐き出さずにはいられなかった。読んでくれた人はありがとう

2017-09-03

秋祭りかいきたいなぁ

でもぼっちから行けない

悲しい

会話が続かない

俺は高校二年生。

人見知りでコミュニケーションが苦手なんだけど、それでも一応人と話せる。特に自分と同じかそれ以下のコミュ障となら、生き生きと話せる自信がある。

今年の5月くらいから知り合いになった二人がいるんだけど、二人ともコミュ障。俺はクラス孤立したくなかったから、愛想よく近づいて二週間くらいで仲良くなった。

二人とも性質の違うコミュ障で、一人は会話のキャッチボールが出来ないタイプ、もう一人は喋り方がうざくて、えぐい返ししか出来ないタイプ最初はまあ何とかなるだろうな、とか楽観視してたんだけど、4ヶ月経ってこれはもう無理かなと思い始めた。

この二人、単一でならまだ会話出来るんだけど、二人一緒になると相乗効果カオスになる。

何か話題を膨らませようとしても、一方が別の話題をぶっこんできたり、ネガティブ発言空気を悪くする。もう、一つの話題3分持たないレベルしかも、その二人はそこまで仲がいい訳でもないから、俺が間に入らないといけない。二人の対応を一手に引き受けて、なおかつ会話を続けなきゃいけない。正直、面倒くさい。

クラスの他の奴等も、二人の事を避けてるせいで、必然的に俺の所に来る。近付いてくんなオーラだしても来る。そして自分の話を勝手にし始める。俺の意見なんか多分あまり気にしていない。俺を承認欲求を満たすための道具に使っているとしか思えない。まあ、俺も孤立しないために付き合ってる訳だから、お互いウィンウィンなんだけど、なんかなあ。もうちょっと何とかならないかなと思う。

会話って、お互いに楽しく、時々ボケたり突っ込んだりしながらするモノだと思っていたのに、今はそういう感じじゃない。必死話題を振り絞って、出来るだけ広げようと頭を使って、終わる事には精神的にクタクタになってる。

から一年生の頃のクラスメイト廊下で話したりすると、会話がちゃんとできてめっちゃ楽しい。これ。これが会話だよ、とか心で叫んでる。

なぜ二人とも自分の異常さに気付いていないのか。それとも、気付いた上でこれが自分個性だとか思って開き直っているのか。

どちらにせよ、会話出来ないのは駄目だと思う。人として。こいつ等がそのまま成長して、社会でやっていけるのかと思うと少し不安になる。二人みたいなのとしか一緒に居られない自分にも不安になる。

いっそ二人と距離を置いて、ぼっちになろうか。このまま苦しむより、一人でいた方が楽な気がしてきた。

2017-09-01

女同士につかれた

男じゃないから男同士のことは分からないけど、とにかく女同士の関係疲れた

常に値踏みをされていて、「この子可愛いから一緒に居たらモテるから仲良くしよう」とか「この子ハイスペック(というか派手な)仕事をしていて華やかだから高まるから一緒にいよう」とか、そんな心が透けて見えててしんどい

もっと言うと、そこの中から1人ぼっちになりたくなくて、そんな目線に合わせようと頑張っている自分を感じるときが一番つらい。


ただ、話してて楽しいから、とか、目的が同じだから一緒に行動を取るとか、そういうことじゃダメみたいだ。

よく学校内での女子カースト制度とか言われてるけど、社会出てからもずっと続くんだねこれ。


思い切ってぼっちになろうと思った夏の終わりなのでした。

大森靖子ミスidに与える影響について

まず最初に言っておくが私はけして大森靖子のことが嫌いというわけではない。

彼女はどういうスタンスであれ、自分作品を世に発表し続けている。それはアーティストとしてあるべき姿だし、

素晴らしいことであると思う。

歌も聴いたことがあるし、以前CDアルバムも買わせていただいた。

声も、歌詞や曲もご自身作成されてるし、ライブなども積極的に行っていて感嘆したのを覚えている。

昨今口だけ達者でさして大したものを作らず、他人責任をなすりつけ悲劇のヒロインで人に当たり散らしている馬鹿ばっかりだから

しかミスid審査員彼女が務めるのはいかがなものかと思う。

彼女はよくも悪くも、世のメンヘラたちに影響を与える存在だ。

歌詞や振る舞い、ファッション生き様までメンヘラが憧れるのもよくわかる。

過激だなぁと思いつつも、人を引き付ける魅力を彼女は持っているし、何より行動力を持っている。

けれども残念ながら、それがメンヘラほいほいになってしまっていて、昨今のミスidファイナリストが大変つまらない量産型メンヘラばかりに成り下がっているように思えてならない。

学校に馴染めませんでした」「友達がいません」「引きこもりでした」「精神を病んでます

どこからどう見てもメンヘラ披露大会になりつつある気がするし、それが特別かと言えば別に特別なことではないだろう。

つの時代だって学校に馴染めない子はいるし、友達がいないやつも、引きこもりもいる。

様々な理由で様々な世代精神を病んでしまう人はいる。

別に10代や20代女性が病んだところで残念ながらそれはさして特別ではない。

動機わたあめのごとく、中身がなく、圧縮してよく見てみたらちっさいものばかりだ。

魅力がないのだ。行動力もない。かといってそれを埋めるような知性や、行動力も感じられない。

審査員もあれだけいるのに、みんな信者のように大森靖子が好きですとか、クリープハイプが好きですとか、メンヘラから出そうだな~出た~!って

アーティストばかり出すのはなんとかならないんだろうか。

なんなんだもう、好きなアーティストに認められるための大会だったら、せめて大森靖子主催美少女コンテストでも開催してそっちでやってくれ。

話を戻すが大森靖子がいることによって、「メンヘラ社会に認めてもらうための大会」にするのはよくない。

ミスidあくまでいままでの正統派美少女を探すコンテストではなく、少し変わった、今までいなかったような女の子を発掘するためのコンテストだったはずだ。

ぼっち世界を変える。」と2018では掲げているが、本人にある原石のごとき力を誰も見つけていない、それを発掘して世に発信しようというコンテストではないのか。

けして本当の意味友達のいない、メンヘラを探すためのコンテストではないだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20170901051754

sideM公式ツイッター仕事しないかぼっちだと情報入りにくいし

チムイベやライブイベのシステム上、

地雷を踏みたくないのでツイッターでPを一切フォローしない、Pのツイートは見ない、チームも入らない同僚も作らない、っていうのは難しいか

嫌なら見るな鎖国しろハイ解決おしまい!っていうのは難しいんだよね

心中お察ししま

越境とは別件だけど私も地雷持ちだから人のツイートはなるべく見ない、情報は2chで仕入れる、アイテムカード譲渡システムはないものと思う、チームは誰推しでもいいところに入れてもらって担当上位イベ来たら一人でも爆走する、くらいで妥協してる

2017-08-30

なんか結婚できた

今年の2月に結婚したのだが、そこに至るまでの経緯がかなり変わっているので、ちょっと文章に残しておこうと思う。

彼女最初に会ったのは13年前なのだが、最近までほとんどまともに会話したことがなかった。

最初に会ったのは留学先のトロントだった。バイトしていた和食レストランで、数回だけ彼女シフトが重なった。その店は日本人留学生積極的に雇っていた。

彼女は僕より先に帰国した。連絡先を交換することもなく、軽く挨拶だけして別れた。特に仲良くなったわけでもなかった。

数年後、彼女マッサージ嬢になっていた。いわゆるグレーな店ってやつだ。僕はサラリーマンになっていた。会社帰りに先輩と酒を飲んで、酔った勢いで入った店に彼女がいたのだ。体のラインがくっきり見える白いワンピースを着ていた。スカートパンツが見えるぐらい短くて、とんでもなくエロかった。お互いに顔を見合わせて、アッという顔をしたが、それ以上は話さなかった。僕は普通にサービスを受けて店を出た。とても不思議な気分だった。

それから数年後、僕はわけあって会社を辞めて、埠頭倉庫日雇いバイトで食い繋いでいた。バイト先には雑多な人々がいた。中国人フィリピン人孤独な中高年、ヤクザを抜けて堅気になった人。

僕にとってこの職場はすごく快適だった。前職で人間関係のゴタゴタとか、派閥争いとか、そういう面倒なことをたくさん経験して、心底うんざりしていたので、それらがほとんど無い倉庫環境は、とても心地よかったのだ。

ある日、その倉庫彼女派遣されてきた。彼女元請け会社事務員という立場だった。彼女は僕の顔を見て、アッという顔をした。それから互いにニヤッと笑った。マッサージからどういう経緯で事務員になったのか、ちょっと興味が湧いたが、尋ねる機会は無かった。彼女とは昼に食堂ですれ違うだけだった。目が合うと、お互いにニヤッと笑った。

それから僕は転職が決まり倉庫をやめた。再び会社員になり、あっというまに数年が経った。僕は33才になっていた。恥ずかしい話、何年もまともな恋人ができずにいた。いつのまにか独りに慣れていた。僕はどこにでも独りで遊びに行く「ぼっちおじさん」になっていた。映画、芝居、フェス登山、何でも独りで出かけた。特に淋しいとも思わなかった。でも、親や友人にはずいぶん心配されるようになっていた。

ある日、割と好きだったアーティスト来日中だと知った。しかも翌日にライブがあった。休日だったので、行ってみようと思ったが、当然のようにチケット完売していた。当日券の販売もなかった。そこでいちどはあきらめたが、なんとなくチケキャンを調べてみたら、ちょうど一枚余って売りに出している人がいた。申し込んだら、あっさり取引が成立した。時間がないのでチケットは当日に現地で手渡しということになった。

そこに現れたのが彼女だった。待ち合わせ場所彼女が現れた時、僕はアッという顔をした。彼女もアッという顔をした。僕らは互いに声を出して笑った。

二人で並んでライブを見て、大いに盛り上がって、そのまま酒を飲みに行った。こんなに何度も会うのはきっと運命から、もう結婚しちゃいませんかと僕は彼女に言った。

そうしましょう、と彼女は言った。そして、その日の夜に二人でラブホテルに泊まった。婚姻届を出したのは、それからわずか6日後である

彼女宝石の鑑定士になっていた。留学生マッサージ嬢、事務員、会うたびにころころ変わっていて面白い。13年というのは、そういう年月なのだろう。

彼女もずっと未婚で、数年前から焦って婚活などもしていたが、なかなかうまくゆかずにいたらしい。そんなときに僕が現れて、いきなりプロポーズしてきたので、乗ってみたという。決め手は「いつみても顔色が良いから」だそうだ。年収とか、素性とか、そういうことはもうどうでもよかったらしい。長年の婚活で、そこにこだわりすぎて疲れたのだとか。13年間、いつみても顔色が良い男はなかなかレアだと思ったのだそうだ。顔色を褒められたのは生まれて初めてだった。

僕らはお互いに日雇いフリーターだったり、怪しいマッサージ嬢だったり、色々な時期を経ながらもしぶとく生きてきた。今後もどうなるかわからない。でも、何があってもきっとしぶとく生きていくだろう。今のところ結婚生活は順調である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん