「オファー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オファーとは

2017-10-22

アイドルやめたらAVオファーとかきた話。

ふとテレビを見てたら、売れてないアイドルがたくさん出てたので、思い出した自分の話。

アイドルやってました。売れてなかったです。地下アイドルとかご当地アイドルとか、そんな感じの位置でそこそこ活動してました。ファンさんは全員顔と名前一致するような、そういう規模感です。

幼いころから歌うことと人前でパフォーマンスすることが好きで、ミュージカル女優になりたかった。舞台映画にも憧れてた。一応ちゃんとテレビに出ている役者さんが所属している事務所に入って、気づいたら売れないアイドルをしてた。

「売れたら女優やりたい」とか言ってるアイドルを、それは無理でしょって思ってる人や、アイドル踏み台なのかって思ってる人は多いと思うけれど、公言するかは別としてそういうつもりでアイドルしてる子は多かった。

私も、アイドルとしての仕事は楽しくて好きで、一度も穴を開けたこともなかったけど、それは夢のための努力をしているつもりだったから。

アイドルをやめようと思ったのには特に大きな理由があるわけではなく、年齢もまだいけたし、いやな仕事があったわけでもなかった。ただなんとなく、「やめます」って言ってみて、そしたらどうなるんだろうかという、かまってちゃん的な気持ちが確かにあって、本気でエンタメ世界から消えるつもりはなかった。

周りの人にもファンさんにもすごく引きとめられて、別の枠組みのアイドルグループから誘われたりもして、自分は「アイドルとして」人から必要とされてるということが確認できて嬉しかった。

「次のステップに進むため」的なぼやっとした理由でやめると言い出して、それが今までの活動からしたら最大に話題になったから、アイドル以外の仕事オファーがきた。

週刊誌グラビアと、着エロIVそれからAV

芸能界を目指す女の子たちが働いてる」ガールズバーとかクラブとか、あと風俗のお誘いもあった。

エロ系の仕事はもともと事務所NGを出していたので、そもそもオファーがきていても知らされないこともあったと後から聞いた。AVの話は、事務所を通さず直接オファーされた。

アイドルをやってきた何年もの間に稼いだお金よりはるかに大きい金額を、一日で稼げると知った。AVに誘われて初めて、本当に心からアイドルやめようって思った。

アイドルをやめる」って言っても、当然ながらミュージカル映画女優としての仕事はこなかった。私がアイドルを続けていても、その先にある未来は歌ったり踊ったり演技したりすることじゃなくて、脱ぐことだけなんだと思い知った。だからもう、綺麗さっぱりやめようと決めた。

そのあとは普通に大学入ってサークル活動で歌ったり踊ったり舞台に立ったりをしました。芸名を使ってたからか、幸いにも表立って「元アイドル」だと言われまくるようなことはなく、たまにどこかで知った人がこっそり聞いてくる程度でした。

皮肉なことに、サークル活動で立った舞台が、今までで一番多くのお客さんの前でのパフォーマンスでした。

10代前半からずっとアイドルで、ずっと彼氏もいなかったので、大学で初めて彼氏ができました。

就活ときはどこまで言うか悩んだりもしたけど、なんやかんやで普通に今は働いています

人生の途中なので、特にオチとかはないです。

テレビで売れてないアイドルを見ると、やめずに続けてたらどうなってたのかなあ、と想像する。どうするのが正しかったのかは、今でも分からないけれど、とりあえず今の私は普通に幸せだ。

頑張ってるたくさんのアイドルの子たちが、一人でも多く夢を叶えられたらいいなと思う。

2017-10-21

SakuraGameの問題を掘り下げてみる

ここのところSteamパブリッシャーSakuraGameに関する問題が次々と浮上してきている。

ついには合意なしにストアページを公開したということさえ開発者本人から明らかになったけど、近い知り合いも同じことをされていたのでよくやっていることなのだろう。

ここの問題は、まだまだ根が深いのでこちらでつかんでいる情報をもとにいろいろ掘り下げてみようと思う。

SakuraGame問題とは

SakuraGameの問題は(細かい誤りはあるものの)この記事にうまくまとめられている。:

https://maruhoi.com/game/chinese-publisher-sakura-game/

Sakura英文翻訳の質は非常に低く、ゲーム内の画像の改変も相まって中国以外での海外の評判は記事の中にある以上に散々である

それがいかにヒドイか確認できる例(裸注意):

https://i.gyazo.com/aa574362f00b7ec5905a67809375fc5e.jpg

イケメンオーケー、この体勢なら、オレはすぐに妊娠ちゃうぜ」

(一体何のギャグか…)

これらへの不満に対するサポート放置なので、ユーザーヘイト開発者に向くことも多い。


Steamシステムは、プロモーションから販売までほぼ全てSteam内で完結するよう設計された閉じた形になっている。

それだけにデベロッパーパブリッシャーの信用や評価が非常に重要になる。

通常はクオリティの低いゲームを乱発するより質の高いもの継続して販売したほうが長い目で見ると多くの収益をあげるチャンスがあるのだ。

にもかかわらず、なぜ彼らはこうもリリースを焦って(デベロッパー同意を得る前にストア公開してまで)粗悪にローカライズしたゲームを乱発しているのだろうか?


まずSakuraGameの内情を予想してみる

この画像SteamSpyのSakuraGameの販売本数(の予想)を発売日順に並べたものだ。:

https://i.gyazo.com/d618a72102165431d2641cbb3f462c0d.png

8月以降にリリースされたゲームは一つを除いて10万本を越えるものはなく、少ないもので数千本

SteamSpyの販売数には返品されたものも含まれているし、ゲームが一番売れるのは40%や50%オフとき、更に各国の消費税差し引かれるので実際の売上額は先にリンクしたブログが予想するよりずっと少ない。

「数百万円でライセンスを買い上げた」という景気のいい話もあるが、実際会社として300万円の元を取るとなると5.5-6.5万本あたりが損益分岐点だろう。

Steamでは新しいジャンルゲームリリースすると大きな売上を上げることがある。

しかし、たとえ一本目よりできが良くても二本目、三本目となるにつれ、その売上は大きく下がってゆく。

画像販売数の推移をみると、Sakuraゲームも同じ道を辿っているのがよくわかる。

これから時間が経つにつれ、ある程度売上は伸びるだろうが、現状売上が数千本というものもあるから、これではやっていけない。

現に彼らも今後同じ収益を上げ続けることが難しいのことを自覚しているらしい。

わたしが話を聞いたデベロッパーには歩合制(しか機械翻訳にしてはかなり向こうの取り分が多い)でオファーが来たそうだ。

中国国内事情

Steamアクセスブロック可能

彼らが強引なまでにゲームリリースを焦るもう一つの理由中国政府によるSteamアクセスブロックを見越していることだろう。

中国では近年ネット検閲を強化しており、ついこないだ突然pixiv中国からアクセスブロックされたことも記憶に新しい。

既に中国ではSteam対抗サービスも始まっており、中国ゲーマーの間でもSteamブロックはいつになるかは分からないが時間問題であると捉えられている。

官憲の介入の可能

彼らにとってもう一つの問題は、彼らが中国ではご禁制のポルノメディアを取り扱っており、いつ官憲に潰されてもおかしくないということだ。

これは中国SakuraGameについての記事だが、この中でもパクリエロ問題が取り上げられている。:

http://www.chuapp.com/article/283291.html

ここのエロゲ中国語翻訳中国本土標準語ではない(でもある程度通じる)繁体中国語なのも官憲の目を配慮したものだろう。

素性が知れないということ

このパブリッシャー取引する上で大きな問題となるのが、ここが素性を隠そうとしているということだ。

わたしが話を聞いたデベロッパーには香港会社を名乗っていたそうだが、以前SuperStarのクラウドファンディングをした際の会社所在地はなんと「東京」だったとのこと。

更に、先にリンクした中国語記事によるとその実体四川省成都スマホゲーム制作していた会社とされているから、もうわけがからない。

四川ゲーム関係者に聞いたところ、ここに拠点があると見て間違いなさそうだが、さら親会社がありそうとのことなので、その実態は謎に包まれている。

メディアから取材も断っているそうだ。

日本ゲーム開発者SakuraGameを利用する際に認識しておくべきことをまとめてみる

1.ローカライズが悪く安かろう悪かろうイメージがつく可能性がある。

機械翻訳だったり、画像に手を加えたりするので作品本来の内容が失われてしまう。

また、それに対するサポートもしていないので、必然的ユーザーの不満が開発者にも向く。

2.政府Steamブロック官憲の介入により突然ビジネス破綻する可能性がある。

SakuraGameの売上は下がっており、このまま継続して大きな収益を上げ続けるのは難しい。

彼らもそれを意識しており、少々強引な手段を使ってでも稼げるうちに稼ぎたいと考えている。

3.素性が知れないので音信不通になった場合作品海外版権がどこに行ったかからなくなるおそれがある。

その後海外で日の目を見ることはなくなる可能性が高いし、巡り巡ったライセンスがどういった使われ方をするかもわからない。

ライセンスを取り戻すことも問題のある使い方に抗議することも非常に困難になる。

ゲーム開発者SakuraGameを利用する際にはこれらのリスクを鑑みて、彼らが提示する条件がそれを補って余りあるかどうか、そして彼らが信用に値するかどうか十分に考えた上で判断するとよいだろう。

2017-10-11

apple理不尽リジェクトは本当に理不尽

(記法めちゃくちゃですまん 初投稿なのだ リジェクト合戦してる人がんばってくれ オレは疲れたよ)

2017-10-05

新卒で優良上場企業に入ったけどブラックだった話。<1>

中堅関西私立卒業24OLです。

上場しており、勤続年数も長く、

綺麗な財務表を持つ

ホワイト商社に入ったにも

関わらず

新卒で入った会社ブラックだった。

長くなるが、どのようにブラックだったのかを書いていく。

研修

某●〇〇新薬さんにあったような

洗脳研修があった。(HP口コミサイトにはそのような記述はなかった。)

仕事内容

説明会で聞いた仕事内容と実際の仕事内容が全体的にかなり異なる。(ただし、嘘を言っているというよりうまく肝心な仕事の肝になる部分を説明していないだけ。最終面接では、少し仕事内容が明かされた。)また、私の配属となった部署では新人を入れる前にコストダウンという名目システムをかなり難易度の高いものしており、新人をいれたのはベテランシステム操作についていけなくなったという理由もあった。つまり簡単にいうと、面接では幹部候補だ、なんだとあおりつうめんどくさい複雑なことをやってもらう係として呼ばれたわけだ。

・配属部署

入ってから知ったが、

部署ごとに利益をでているでていないにかなり差があり、配属されたのは利益が全くでていない部署だった。(社外秘情報だった)そのため、自分や同期たちが部署に配属されたのは、約10年ぶりだった。

離職率

勤続年数〇〇年以上という言葉にいつわりはなかったようだが、私が配属になった部署では

本部長が配属されてから2年で若い人が3人3年以内で退職していた。人がばんばん辞めると社内でも評判の部署だったのだ。勿論、会社HPにはそのような記述はなかった。

・同じ課の上司たち

直属の課長株主会社からの異業種出向組であり、時々全く見当はずれの指示を新人である自分にとばしてきた。また異業種出身プライドが高く、会社カラーにあっていないこともあわさって社内からかなり評判が悪かった。普通指導員や間の管理職が間に入りフォローしないといけないところなのだが、指導員はアスペ気味で、「上司命令絶対だけど、異業種出向組課長の言うことをきいてミスしたのはあなたが何も考えないで仕事をしていたからでしょ?」のような言葉がけしかできないタイプの人だった。同じ課の営業事務さんは50過ぎ独身の超ベテランであり、仕事を教えているようにみせてたまにわざと間違ったことを教えたり、教えてくれなかったりすることがあった。例えば、ある業務イレギュラーなことがおこり、それについて質問し指示されたように仕事をするとなぜか多部署に回ってから修正がくる。その一連の流れをたまたま近くで聞いてきた本部長がフォローしてくれたのだが、それは基本中の基本であり、どう考えても意図的に嘘を教えわざとミスをさせたとしか思えない指示だった。ちなみに、教えてもらってないことが、なぜか教えてもらったことがあることになっていて怒られたり(一度は指導員が指摘し庇ってくれた)、彼女の隠していたミスで私がミスたこともあった。

・同じ部署上司たち

記述の通りかなり離職率の高い部署であり、その主な原因を作っている名物部長のことを私は心の中でパワハラ部長と呼んでいた。はたまた名前から想像いただけると思うが、終始パワハラをしている昭和の歩く化石のような人だ。配属して2週間も経たないうちに、私もその洗礼をくらった。上記で説明した営業事務さんに仕事を教えてもらい、初めてこなした受注処理で2,3点ミスをしたのだ。

ここで突然パワハラ部長が先にふんぞりかえったまま叫び始めた。「なんでそんなに簡単なこともできないんだ、頭がおかしいのか、代わりはいくらでもいるからさっさと辞めろ、この役ただずが、ブスのくせに仕事もできないのか」

驚くべきことに彼は一度スイッチが入るとまることをしらず、小一時間ほどずっと叫び続けていた。彼の中でターゲットになっている人間が2,3人おり、運の悪いことに標的となってしまった。波はあったが、結局私が退社するまで続いた。

・同じ課の先輩たち

先輩たちといっても、時代遅れ遺物たちがうごめく若手が少ない部署であったため、30代の先輩が6人しかいなかったが、様々な人がいた。(そのうち1人は私が在職中に退職し、3人は私と同時期に中途で入社された方だった。)仕事が抜群にできるかっこいい人もいれば、ミスが多くても愛嬌カバーする人もいた。共通していたのはみんながみんなほとんどストレスチェックでひっかかり、6人中2人が精神科に通っていた。そして、業務中死んだ目で上司会社の不満を述べ、新人をいびりながら仕事をしていた。正直、いくら仕事ができる人でもこんな風になりたいと思えるような人は一人もいなかった。

・同期たち

基本的に当たり障りのない気の良い奴ばかりだったのだが、一人どうしても相容れない存在の同性の同期がいた。簡潔に言うと、その同期は私と全く同じポジションを配属希望としていたのだが運悪く別部署に配属になった。女性の皆さんにはとてもなじみのあることだと思うが、女性同士は男性よりも分かりにくく出る杭を許さないことが多い。彼女は配属発表をさかいに少しずつ豹変して言った。彼女浪人しており、私より一つ年上だったのだが、二人きりの時だけマウンティングしかけ、年上先輩ヅラするようになっていった。彼女が理性をたもてていた営業研修までは陰湿嫌がらせのみだったが、(基本私はスルーするか、彼女距離をおくかだった)彼女営業成績がおもわしくなく、私にぼろ負けした後は周りの目を気にせずわたしメスゴリラのように鼻息荒く私を威嚇するようになっていった。そして営業研修後の本社研修で、同期や上司がいる前で「誰と寝たねん、それか誰の娘やねん」という暴言をはき、その横暴さと私たち関係性が会社で広く知られることとなった。これは書くか書かないか迷ったが、ここまできたら勇気をだして書いてみようと思う。研修中、彼女の部屋に呼ばれ、言われるがままにコテで髪を巻いてもらった。すると、突然、髪を引っ張る時にデコゴン、と熱いままのコテデコをなぐられた。あ、ごめん大丈夫?と軽く謝られたのでながしたがデコには2週間ほど火傷の跡が残ってしまい、2日ほどヒリヒリした痛みが消えなかった。コテで殴られた次の日が彼女誕生日だったため、私は同期に声をかけドッキリサプライズパーティー企画していた。私は色々と彼女に言いたいことはあるが、せっかくの誕生日だし、同期なのだから長い付き合いになるかもしれないし、謝ってくれたのだから昨日のことは水にながそうと思い何事もなかったかのように彼女に接していた。そんな彼女が私の顔を見ていった一言は、「〇〇ちゃん、デコどうしたの?大丈夫??」だった。

いや~忘れるわけないよね。びっくりするよねほんとにもう。おそらく、コテデコを殴ったのはわざとで、で自分コテで殴ってできたキズだってわかってて、でも自分誕生日パーティーかつ他同期の前では何も言えないということをわかって、いったのだろう。

・社内いじめについて

空気が読めず嫌われているおじさんが、ある朝会社に来ると新しく採用された人のためのスペースを作るどさくさにまぎれて、机と椅子荷物が隠されていたという事件があった。

そのような環境の中で大学出たてのぺーぺーが働くとどうなるかというと、もうひたすらにやんだ。周りの大学の先輩や友達相談にのってもらい、「この会社ちょっとやばい、3年我慢して逃げよう」と考えてはいものの、まともな指示をしない教えてくれない上司たち、呪詛のような言葉をひとり叫び続けているパワハラ部長、足を引っ張る同期に、必死仕事に食らいついたもののしだいにこわれていき、ミスを連発するようになった。(パワハラ部長には、ひどい時には通りすがりに「早く死ね」と言われることも何度かあった。)

そんな中、同場所別課の課長さんが私の様子を見かねて、別の部署に異動を働きかけてくれた。小さなオフィスだったため、良くも悪くもお互いが話していることは筒抜けでありそのため私も状況を把握できた。正直かなりホッとした。ある時、たまたま偶然飲み会で私の異動先の課長ら(A)と一緒になり、少し話す機会があった。その際に話題になったのが、私の異業種からの出向組上長だった。

「おれ、あなた上司嫌いなんだけど。挨拶されたことないからさあ。失礼だよね。」

ほぼ一言目がそれである

ここで私が悩んだのは、上司悪口を一緒になって言うか、現上司自分の身ができるだけ危うくならないよう、かばうかだった。正直、現上司仕事ができる様子はないし、変な指示をとばしてくるし嫌われてるし非常に上司として迷惑だ。でも50を過ぎて違う業界で急に管理職なんて苦労するのは当たり前だし、パワハラ上司を筆頭にまともな上司が少ない中、まだ私にニコニコとまともなフォローをしてくれるほぼ唯一の味方だった。そして私は考えた。もしかして、Aは私を試しているのではないのか?だって、現上司のことあからさまに悪口いうようなやつ、欲しいか自分悪口言われると思うんじゃないの?この会社暗黙の了解で競合の悪口他者に言っちゃいけないってあるし、きっとそうだ。

思考を巡らしたあげく、私は

挨拶をしていないというのは知らなかった、私や部署の人には挨拶してくれる。でも挨拶を本当にしていないならそれはショックだ。たまにこういうことを他の人からも言われるが、どうしていいかからない。」

となんとも容量の得ない

返答をした。

頭の巡りがわるい私が考えた当たり障りのない、返答であったが、翌日わたしが耳にしたのはAが私を気に入らない、いらないと言っているという話だった。

私は知らなかったのだが、異業種出向組課長を受け入れるに当たって業務良好だったのにも関わらず異動させられたのがAだったらしいのだ。つまり、異業種出向組課長のことは、私は何が何でも悪く言わなければならなかったのだ。

私はついに思った。

ダメだ、頑張ったけど

この会社での人生詰んだ、終わったわ」と。

そして私は決意した。

「1年きっかりで次決めて辞めよう」

決めてからは行動が早かった。

逆求人サイト(学歴資格、在籍企業情報登録すると企業スカウトしてくれるサイト。つまりこちから応募するのではなく、向こうからオファーがくる)に登録し、面接し、内定がでた。正直多少条件は前よりも落ちる。でも、やった!!逃げられる!!とは

思ったのだがその際かなり精神的にまいっており威勢良く「次決まったから辞めますさよなら」と会社自分決断に自信を持って宣言する度胸はなく、実際は

プルプルと生まれたての子羊のようにふるえながら「向いてないと思うのでもう辞めたいです、

無理です」と消え入りそうな声で訴えるだけで精一杯だった。

当時は自分では冷静に正常に思考できていたつもりだったが、かなりガタがきていたのだろうと思う。まともな自分であれば突っぱねられたはずが、

「1年で辞めたら、この先ずっとなんで1年で辞めたの?って言われるよ」

「君はすごく必要人間だよ。これからもこの部署でこの課で頑張ってもらいたい。」

「同い年の息子がいる、娘のように思っている」

異業種出向組の課長の歯の浮くようなあることないこと綺麗事言葉にだまされ、私はきまった内定を蹴り、慰留してしまった。

続く

2017-09-29

まあ考えてみりゃ10年前とはい年収1000万のオファーもらった男なんだよな俺

だいたい高卒32歳で1000万てとんでもなかったなw

受けときゃよかったマジで

まああの時期承認欲求満たされまくったからいま武士は食わねどなんとやらみたくしてられるようなもんだが

2017-09-25

日本人絵師はほぼ駄目

あいつらテンプレートみたいに体格が一つしか描けない。

そのキャラクター毎に普通人生があり、そこまでの経験や生い立ちから骨格から皮膚のシワまで変わってくるもんだ

欧米ではそういう考え方が普通だし、そこに師事している中国韓国絵師も同様の考え方を持っている事が殆どである

日本人でそういう描き方が出来ている絵師はmadac氏ぐらいしか居ない。

氏のみ欧米の水準に達していると言えるし、実際に世界中からオファーが来ている。

ただ、氏は未だ道を極めていないと謙遜している。

欧米スタンダードである、毎秒毎の経験を全て画力向上につなげるという行為日本ではじめに実践した方でもある。

日本人絵師はほぼ駄目

あいつらテンプレートみたいに体格が一つしか描けない。

そのキャラクター毎に普通人生があり、そこまでの経験や生い立ちから骨格から皮膚のシワまで変わってくるもんだ

欧米ではそういう考え方が普通だし、そこに師事している中国韓国絵師も同様の考え方を持っている事が殆どである

日本人でそういう描き方が出来ている絵師はmadac氏ぐらいしか居ない。

氏のみ欧米の水準に達していると言えるし、実際に世界中からオファーが来ている。

ただ、氏は未だ道を極めていないと謙遜している。

欧米スタンダードである、毎秒毎の経験を全て画力向上につなげるという行為日本ではじめに実践した方でもある。

2017-09-22

anond:20170922114559

憤慨ブコメってどれのこと?

2017-09-21

オファー

sugimurasaburoさんと下町ぶらぶら散歩ロケをしたい。

マネージャーさん、連絡お待ちしております

仕事が遅い

もこなせない

一定クオリティは保てる

それに対する評価もまあまあ得ている

でも期限を守ることがなかなかできない

今の所オファーは請けきれないくらいあるもの

そのうち仕事こなくなりそうで怖い

そんな部分を変えたいけどどうしたらいいのか

自分の思うクオリティで提出したいんだ

向こうはその8割でいいから早く出せ、量だせ、期限守れと思っている事は知っている

だけど自分が納得できない仕事を表に出したくない。

あと根本的に仕事に対するエネルギーというかパワーも人より少なめ。

なんかおすすめ自己啓発本あったら教えて

2017-09-17

芸能人声優をやることについて

赤旗日曜版の裏面に玉木宏氏が出ていた。

16歳でスカウトされ18歳でデビューした玉木氏。

下積み時代アルバイトを掛け持ちしながら暮らしていたそうだ。

上京して最初に住んだのは築55年のアパートで、日当たりが悪く、虫が多かったらしい。

そこを引っ越しから金欠状態が続き、よく電気、ガス、水道を止められたし、

ロウソクの灯で風呂に入ったこともあるらしい。

ウォーターボーイズで一躍脚光を浴びてから生活は楽にはならず、

朝ドラこころ』に出演するまでバイト生活を続けていたそうだ。

 

そんな玉木氏の信条は「経験値を増やしたい」。

「先輩方を見ていると経験した者勝ちな気がするんです。この方はこんな経験をして

今があるんだなとか。それが存在感や余裕につながると思うんです」

自分で触れて初めてものが見える。常に刺激を求めていますね」

 

これを見て、芸能人声優について考えてみた。

ハングリー芸能人は、声優オファーがあったときも、自分に向いているかどうかを

迷うことなどないのであろう。初めてのことなら、何でもとにかくやってみるのだ。

玉木氏は「嫌なことでも続けていれば、ふとした瞬間に楽しくなる」とも言っている。

 

南海キャンディーズ山里氏が以前、声優技能に敬服して、自分なんかがやっていい仕事ではないと

謙遜していたが、そんな山里氏は、子供私立大学に行かせる家に生まれている。

2017-09-14

どうすれば、もっともっと働きたいと思えるようになるのだろう

生きていける最低限のお金さえ手にできれば、あとは限界までダラダラしてたいと思ってしま

自分がなりたかった職業で、技術もそれなりに持っており、仕事オファーも請けられないほど来ているのに

やる気だけが出ない。自分に何が足りなくて、どういう方向に考えを改めれば変えられるんだろう。

仕事が楽しくてしょうがなく、寝る間もおしんで働くような人間になりたいのに。

仕事内容が楽しくないわけじゃないが、作業にすぐ飽きるし、ゲームしたり寝てたりするほうが楽しい

最低限の仕事しか請けていないのに、それすら納期に遅れがちで

自分根本から変えないとだめだなと思うのだが、何をどうすればいいのかわからない。

2017-09-11

正社員になれそうだ

一応前提として身バレ防止用にいろいろとボカすのとフェイク混ぜて書く。

離職期間はあるものの、実質3年ほど派遣社員として在籍した会社から雇用オファーをいただいている。

プログラマーとして勤務していたのだが、元々ソフトウェアエンジニアが少ない会社ということもあり、重宝してもらった。

が、現実はそう甘くなくて人が少ないゆえに様々な事が降りかかってきた。ソフトウェア理解のないハード屋さん、無理難題をふっかけてくる上席、仲間がいない孤独・・・

離職期間というのは現実から目を背けたいあまりに逃げ出した期間だ。

当然現実から逃げただけではお財布は寒くなる一方でまがりなりにも大企業ということもあり、在籍中は派遣社員ながら結構もらえていた(と思う)

まりにもお財布が寒くなりすぎてカードが止められたことで現実に戻ってきて、前の上席に泣きついた。ら、割と簡単に戻れた。

だけども周りが頭いいこともあって付いていくのが精一杯でやっぱりしんどかった。

最近は頭のいい人たちの真似をしたらソフトウェア周り以外のことはそれなりに取り繕えるようになってきたんだけども、その段階になって派遣期間満了が近づいていることに気がついた。

色々と揉まれたこともあって、フリーランスとしてやっていこうと考えていたんだけども、なんとなく中途採用の話を上席に聞いてみたら結構本気で動いてくれたようだった。

ようだったというのは裏が取れないのと確約はされてない(コンプラだの考えれば当たり前の話というのと派遣元の手前そうなる)からだが、人事関連に手を入れるのは昨今の情勢を考えると結構リスクあるように思う。

そもそも私がいる部署プロパーが基本で事務のオネーチャン以外で派遣社員は片手で数えるくらいしかいない。

というのも専門性新規性が高い領域なので、私みたいにフクザツな経歴の持ち主以外は好き好んで派遣社員でくる必要がない。

ということに気がついたら派遣でやっているのが馬鹿馬鹿しくなりフリーランスになろうか他にいこうか考えていた所、上述のような状況になった。

正直金銭的には色々と周りがぶっちゃけてくれたこともあって、今より確実によくなる。というより経歴考えたらほぼ奇跡に近い。

会社の信用、額面の給料福利厚生職場環境、一緒に仕事をする仲間・・・マジでこんな話あんのかっていうくらいだと思う。

んだけど、ハイリターンではないことがどうしても悩んでしまう。ハイリスクではあるけども、生き様としてそれでいいのかと。

学歴キャリア双方ともに訳がわからない(と実際に言われてる)ので、ここまできたら寧ろその訳のわからなさを武器にのし上がっていきたいと思っていた矢先のことなのだ。

ハイリターンが欲しくて今まで何回もピンチになってきたけど、その度に親だったり友人だったり嫁だったり子供だったりに助けてもらってきた。たまたま運が良かった。野垂れ死ななかった。

ももうそんなラッキー限界に近いことも悟ってて、だからこそ確実に勝てる方にベッドすべきだという考えだった。

けどそんなので俺の人生おもしろいのか?ソフトウェアというよりプログラミング人類史上初めて共通APIとして使える最高の技術じゃなかったのか?そしてそれを武器に裸一貫で勝ち抜いて今まで否定された生き方復讐するんじゃなかったのか?

ケツの青いガキの考え方が未だに抜けていなくて未だにこんなことを考えてしまう。

若さは有限だ。時間は有限だ。情熱は有限だ。

俺はどうするべきなんだろうか。

いつもウンコ漏らしてる増田諸氏のクソみたいな助言はクソの役にも立たない事ばかりだが今日に限っては俺が下痢ピーのようだ。まったく話にならないな?

2017-09-01

経産省OBドットコモディティ創業者の車田直昭氏の再就職に思うこと

経産省OBドットコモディティ創業した車田直昭氏が、ヘルスグリッド株式会社社長就任した。Webサイトには以下の文章掲載していた。

このたびヘルスグリッド株式会社におきまして、株主総会および取締役会が開催され、代表取締役社長として車田直昭が選任され、就任いたしました。また取締役には、山田恒夫および山羽教文が選任され、就任いたしました。今後、創業時の棚橋孝江の構想である健康情報に関するプラットフォーム構築等を推進してまいります。今後とも引き続き倍旧のご指導支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます

しかし、就任直後に社長棚橋孝江氏に交代させられていた。これでは社長就任した意味がわからないし、車田直昭氏にとっても不本意だろう。

ただ、そもそも経産省OB証券金融業界にもコネクションのある車田直昭氏が、どうしてヘルスケアをやろうとしたのかも気になる。フィンテックがこれだけ注目されている昨今、フィンテックベンチャーからオファーはなかったのだろうか。ドットコモディティ株主だった楽天証券松井証券だってオファーを出さなかったのだろうか。

官僚天下りがいろいろと問題になっているが、単純に規制だけすればよいというものでもないだろう。また、退職後に民間企業から必要とされるような人材を輩出するということも、これから必要になるのかもしれない。

車田直昭氏の再就職と直後の社長退任の話を聞いて、そんなことを思った。

関連エントリー

2017-08-30

https://anond.hatelabo.jp/20170830003208

金がもらえるかどうか。オファーされた金額仕事への評価

自分仕事は嫌いじゃないしむしろ好きで楽しいと思ってやっているが、金を貰えないならやる気はゼロになるな。

そういう意味では金額自己顕示欲が満たされたバロメーターと言うか、言い方を換えれば金を貰って自己顕示欲を満たしているのかもしれない。

まぁ金出してくれる人がいるうちが花だと思ってやってる。

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828164251

事前打合せしてるに決まってるんだから

この日にサプライズオファーしますので、盛大に驚いてください。

どうぞよろしくお願いします。

女性スポーツ出場をサプライズオファーってありえるの?

生理だったらどうすんの?

綱引きとか玉入れ程度なら騙し騙しできるだろうけど。

長距離走とか無理じゃん?

スポーツ選手大会出場の日にならないように、ピルで調整するらしいし。

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817033705

TV雑誌等のメディア業界AKB坂道系の大手だけじゃなく、マイナーアイドルともある程度付き合って仕事を振っておく必要がある。マクロでは独占禁止法問題もあるしミクロではアイドルを抱える事務所と付き合いを持たずに急にオファーを出すと軋轢を産みやすいか

そういうのを嫌って、ある程度人気がでそうなマイナーアイドルも単体で使うんだけどそれを自分の人気と勘違いする奴が現れる

それがもがとかいアイドル

グループを離れれば、事務所の他の推しとの付き合いを持つほうがメディアとしては得

もがはあっという間にメディア露出なくなるよ

2017-08-03

え、みんなそんな年収で働いてるの?:転職活動をやめて労基署に行こう

入社5年目。残業は多いが未払いはなし。収入は悪くないと思ってた。

自分市場価値をなんとなく知るために某大手転職サイト登録した。

次々とオファーが来るがそのことごとくが今より1〜3M¥は下。

まさかと思い、大学の同期知人にもそれとなく聞いてみたが、

あながち場違いな値ではないらしい。

え?マジ?みんなそんな低い年収で働いてるの?

え?マジ?残業代全額出ない?おたく一部上場のくせにそのコンプラどーなの?

そんな感想ばかり抱いた。

当面は今の会社に居ながら、給与さらに上げる交渉材料にするために評価につながる仕事を頑張るムーヴを採る。

あと入社する前にはそういう法定時間外労働は未払いの時代があったらしいので、暗黒時代に戻らぬよう組合活動を敢行。

いつでもホットライン労基署駆け込みできるように連絡先の確認スマホGPSログの定期保管を実施

残業代が出ないとお嘆きの方へ:

算数できますか?

時間外手当て、深夜労働手当て、休出手当てを各々の社則から引いて本来もらえるべき賃金計算してみましょう

固定残業代契約は明確にされてますか?何時間分がみなしなんですか?その額面は適正ですか?

転職するよりも労基署を焚き付けた方が手っ取り早いことが多いと思います

え?「残業代全額支払ってたら会社が潰れる?」そんな脆弱会社、どうせ未払いなくてもすぐ潰れますよ。

泥舟からはさっさと乗り換えましょ、最後労働者権利を振りかざしてから

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170801235400

……あのな?

 まずコスパを考えるなら自分の労力と時間もそれに含めろ。

加えて、それが多少は分かるようになったら(実際にしないと無理だけどな)、今度はオマエの相談に乗る他人の労力と時間だ。

 これは本当に善意で言ってやってるんだが、そこをはき違えると例え同じ趣味界隈の人間との交流ができても、ぶっ壊れる可能性が非常に高いんだ。

仲間が欲しいのかPCが欲しいのか能力が欲しいのかも絞ったほうがいい。


 そしてもし仮に姫がしたいんなら、エントリをすぐに消してPCパーツやブランドマーケティングオファーを探してからはてブロ登録して同じ記事を上げろ。自撮りは顔を出すな。服装に関してはオタクを殺す**等の記事を参考にし、指先や服の裾などを少しづつパーツ写真に見切れさせてから「何を買えばいいかからない、今日も見るだけで帰った(><;)」系の記事をひっそり投稿し続けろ。その内にコメントがクソのように増え出すから、後はその中からスキルがあってサイコ野郎じゃなさそうなのをじっくり吟味していくだけだ。

 いいか? ぶっ壊れる可能性は非常に高いんだ。壊れる前提で行動するか、壊れないように慎重に組み続けるかどっちかしか方法はない。

壊れるのが怖ければ何も行動しなければいいが、得られるものもない。自分で何かを作り始めるってのはそういう事なんだよ。

2017-07-28

一迅社が、異世界転生とかギャルとか男女入れ替わりとか

商魂たくましいというか雑な企画力テーマ選定でアンソロジーを量産しておるのじゃが

今度出る本のテーマが「たわわなおっぱい」で、

オビには「カバーイラストライトノベル人生』のななせめるち!!」って書いてあるんだけど

「いや違うだろ、それオファー理由とは違うだろ」って思った

特に悪感情はないけどツッコミせざるを得ないのでここに記す

2017-07-25

ヤフコメ利用者はほぼ40代?痛いコメントを書いている人に伝えたいこと

Yahoo!ニュースに書かれているコメントを略して「ヤフコメ」といいますが、噂ではヤフコメ利用者はほぼ40代とのこと。

真意はよくわかりませんが、ヤフコメ欄を見ていると確かに痛いコメントが多いです。

トレンドブログネタを探すときには何かと便利なYahoo!ニュースですが、私はヤフコメ欄もよく見るようにしています

実際にヤフコメを書いたことはありませんが、やはり痛いコメント批判コメントは多いもの

ヤフコメ利用者には、なぜそのような痛いコメントが多いのかを私なりに考えてみることにします。

ヤフコメ利用者40代が多いと仮定する


勝手イメージですが、40代というとサラリーマンなら出世している人と永遠に出世できない人に分かれています

40代ヤフコメ利用者で、永遠に出世できない人が書いていると仮定すると、その理由はたんなる憂さ晴らしでしょう。

毎日ストレスを手軽に発散できるので、ヤフコメを愛用している人も少なくないはず。お金も掛かりませんし、誰にも迷惑を掛けませんからね。

ヤフコメ内容が当たれば、SNS機能によくある「そう思う」「そう思わない」の「いいね!」的なものが多くつけられるので、多少の承認要求も満たせます

出世できなくてもやはり誰もが認められたい


40代人生の約半分にもなりますので、出世コースを外れた人は会社以外で楽しみを見つけなければなりません。

とりあえず正社員になれば「安定」という名の「安心」が消えつつある時代で、出世できなくても別に何とも思わない40代も多いはず。

それでも、人間なら誰もが認められたいという承認要求はあります

ヤフコメにはその効果があるので40代はとくに利用者が多い、と仮定すると出世を諦めた人がヤフコメ承認要求を満たす気持ち何となくわかります

痛いコメントが多いのはそれが本音ということ


基本的にはヤフコメ匿名で書けますし、痛いコメントが多いのはそれが本音ということ。

普段おとなしい人が匿名になれば、痛いコメント誹謗中傷コメントを書きまくるのは非常に怖い気もしますが、人間というのはそんなものです。

仮面を被れば通常以上のパワーが出るアニメキャラクターと同じようなもの

からこそ、ヤフコメ欄は本音で語られていますし、極端なことをいえば今現在の「人間の心」がわかるアイテムでもありますね。

もちろん、ヤフコメだけで人間の心の全てはわかりませんし、40代が多いとなるとさらに偏りますが、トレンドブログ作成するときには参考になります

ヤフコメを書くのならブログを書こう


常に思っていることですが、ヤフコメフェイスブック等に毎日何かしらの文章を書くのなら、ブログを書くことをおすすめします。

ブログなら自分の考えや思っていることを好きなだけ書けますし、場合によっては「お金」も稼げます

ブログを通じて新たな出会いもありますし、仕事を貰えた人もいますからね。私のブログサイトにも仕事オファーがたまにきます

同じ意見を書くなら、個人ブログを立ち上げて好きなだけ批判記事を書くべきです。実名がイヤなら匿名でもブログは書けますし、書き方がわからければ調べればいいだけのこと。

ヤフコメ利用者はほぼ40代?痛いコメントを書いている人に伝えたいことのまとめ

とにかく40代ヤフコメ利用者はとくに、痛いコメント批判コメントを書くのなら、ブログを書きましょう。

確かに短い文章は書きやすいですし、批判コメントなどを書くのは簡単なのでストレス発散にもなります。だからといって、ヤフコメを書いたからといって人生好転しませんし、お金も稼げません。

もちろん、お金が欲しくてコメントなどを書いているわけではありませんが、少なくともそのヤフコメを書いた時間で何かが生まれることはしたいもの

そういう発想ができないか出世コースに外れたというのもありますが、人生はいつでもやり直せます

それに人生出世だけではありませんからね。

こんな感じで40代の人に限らず、ヤフコメ利用を卒業してブログを書いてみませんか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん