「参加者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 参加者とは

2018-11-18

anond:20181118095342

かに社会シュートをしなくて困る事なんか無いけど、社会シュートしない生活送って楽しいのかって話で。

部屋で一人でアニメ見てシコってるやつより、フットサルシュートして打ち上げに行って参加者女の子と付き合ってるやつの方がどう考えても人生楽しんでる。

氷河期世代日本の文化を豊かにしているのかもしれない

この世代は、中年になっても趣味の集まりに参加し続けている人が多くて文化の発展に貢献しているという点はポジティブ評価したい。

自分学生の頃は、例えばアマチュアオーケストラ混声合唱団に40代男性なんて滅多にいなかったのね。極稀に自営業とかで、ちょっと変わり者っぽい人が一人いるかいないかで。

学生~せいぜい30歳までの若い社会人退職後のお年寄り中年女性主婦のみという人員構成だった。

それが今では、人数比でも団体運営事務を取り仕切っているという点でも就職氷河期世代男性が中心になってる。

一昔前だったら、職場では管理職で働き盛り、休日家族サービスで、とても趣味音楽時間なんて取れないか引退していた年代なのだろうけど、幸か不幸か(いや世間的には不幸なんだろうけど)未だに仕事にも家庭にも大した責任を負っていないので時間があって、金も自分一人の生活趣味に使う程度ならあって、だから趣味活動を続けられている中年男性が珍しくなくなったということだろう。

他人事みたいに書いてるけど、僕自身、この歳までシフト勤務できっちり定時上がりの現場仕事やっていて、平日午前中に学生さんやお年寄りと一緒に練習ミーティングに参加し続けられるなんて若い頃には想像してなかった。

きっと忙しくなって趣味は30歳ぐらいで引退だろうと諦めていたので、それが続けられているのは、まずまず幸せことなのかなと思う。

学生の時からボランティア活動を続けている同い年の友人に聞くと、やはり同世代参加者が多いそうで、特に東日本大震災以降に顕著に中年男性参加者が増えたそうで、

「俺たち、同窓会でもどこの現場に行ってもバリバリ管理職やってますみたいな同世代まり見ないか経済的には活躍できなかった世代なんだろうけど、その分、日本の文化活動とか東北復興かに貢献してるってことでいいんじゃないかな?」

という与太話で盛り上がって楽しく飲めたので忘れないように書いてみた次第。

2018-11-17

オタクが登壇するイベントについて

こんにちわ

アイドルオタクです。

皆さんはオタクが登壇するイベントは好きですか?

ぼくは嫌いです。

まず、オタクが登壇するイベントとは何ぞや?と言いますと、"イベント参加者の中から抽選で選ばれたオタクがコーナーのお手伝い等をするイベント"のことです。

別に、「ぼくは推しちゃんのためにチケ代を払ったんだ!」とか「チケ代払ったからには一分一秒でも長く推しちゃんを見ていたいんだ!」とは言いません。

でも、オタクを見るためにイベントに行きたいわけではありません。

ぼくにはほんの少しガチ恋のケがあるからかもしれませんが、登壇したオタクがイジられてるのを見ても何も楽しくありません。

あと最前おまいつがうっかり当たったときの登壇後の斜に構えた感じが臭すぎて寒いです。

あと友達多いオタクが登壇したあと内輪ネタで客席と盛り上がってムダな時間がかかるのもうっとうしいなと思ってしまます

あと少しガチ恋のケがあるので同担を見ても楽しくありません。

でもアイドルちゃんファンを大切にしようと、ぼくたちオタクステージに上げようとしてくれます

大半の人が当たれば嬉しいだろうし、オタクが登壇するイベントも好きなんだろうなと思う。

でもぼくは嫌いです。

からと言って、そんなイベントはやめてしまえ!なんてクレームは入れないし、5ちゃんねるで文句垂れるつもりも無いし、ファンを辞める気もありません。

チケ代返せ!とも言いません。

何が言いたかたかというと、目の前のただの紙切れになってしまったチケットを見て愚痴りたくなっただけ。

アイドルちゃん、空席を作ってしまってごめんね。

でも仕事疲れた体で楽しいはずのイベントに行ってオタク内弁慶するのを見て疲れるのは嫌なんです。

あーあ、オタクが登壇するイベントは明記したうえで執り行うべし、っていう法律が出来ないかなあ。

2018-11-14

身内創作を追い出された話

主観バリバリの薄い記憶頼りの書き残し

身内創作をしていた。

といっても、とあるユーザー名前が「(都道府県名前をもじって他の国に当てはめたようなもの)○○の✕✕(職業)」という形のもので、それに便乗した数名のユーザーから少しずつ広がり知らない間に身内創作の形になったもの

最初は3名で、私はそのうちの1人とTwitterで繋がっていたのでその存在を知った。

「私も参加してみたい」という旨をほかの2人に届けてもらうと、「私の名前から始まったやつだけどね、いいよ」だったり「いいんじゃないか」という返事だったため、私も名前出身地をもじり職業をつけたものにした。

その身内創作自分職業名前とした(例えば会社員という職業なら、「会社員さん」というキャラだったり)キャラを作って遊んでいた。所謂うちよそで、キャラ同士の会話文を書いたり絵を描いたりして楽しんでいた。

百科事典記事を作ったり、コピべbotをつくったりしていた。

少しずつ人が増え始め、ワイワイと楽しんでいた。すると、とある新規参加者中の人が、身内創作の発端となった(Aさんとしよう)Aさんの動向を監視?するために参加したというようなことが明らかになった。その人はどうやら2人くらいと結託していたようで、私たちメンバーを「○○(身内創作名)のゴミ共」のような名前リストに追加した。

続いてその身内創作アンチを名乗るもの煽りをしてきたり、色々と引っ掻き回された時期があった。

結局その煽りアンチはAさんだったのだけれど、「暇だったから」とか「反応見るの楽しかった」と言ってきて私達もそれでいいかスルーしていた。

それからはほんの少しずつ、人がその身内創作から抜けていった。

そんなある日、私は「この創作を抜けろ」とAさんに言われた。

私はその当時の身の回り人間愚痴を裏垢で吐いていた。こういうの嫌だよねーとか、そういうのを言っていた。そこで私は少しだけAさんの愚痴をこぼしてしまった。「ちょっと怖いんだよね」とかそういう小さなものだった。そこで私は親身に話を聞いてくれたBさんに、LINEで「どういう所が怖いの?」とかを聞かれた。いきなりの凸だし怪しまなかったわけではないけど、私は人を信用しすぎていた。「悪い人じゃないんだけど…」というような内容を言ったあと、別のLINEの通知が来た。Aさんからだ。

「悪いけど、愚痴を言うような人とは繋がれない。こんな人が身内創作にいると嫌だし、他の人と繋がっているとあなた活動が嫌でも目に入ってしまうから身内創作を抜けて欲しい。関係者とも全員繋がりを絶ってほしい。」と、これを大体そのまま言われた。正直「はあ……。」という感想しか出てこなかったし、まともに相手をするのも面倒なのでハイハイ言ってLINEブロックTwitter関係者を全員ブロックした。Bさんからも「お前は人を信用しすぎだ、バーカ」というようなLINEがきた。

そこから私は本当に「信用」できる人とのみ交流を続けながらその垢を使い続け、数回の垢移動をしながら今に至っている。

正直、当時のことは私も幼かったし実際に操作していたのは現実的キャラじゃなく、見方によっては「チートキャラ」という風に見えてしまキャラだった。その事もAさんは「なんでもできすぎ、チートかよ」「以前から合わないと思っていた」と言っていたらしい。

ただ、そんなに不満があったならブロ解一発で済む話だったんだけどな、とモヤッと来るものがないわけではない。

けれど今は目の前の活動に専念しようと思う。拙い文章だったけれど、ここまで読んでくれてありがとう

anond:20181114164030

・まず表現の自由が「表現者自由」でなく「表現を受け取る側の自由」と思い込んでた

表現者自由」として「広く頒布する自由もある」とずっと言ってる。

ホント人の話読んでねぇな。

・そして、BL本には有害図書指定はおこっていないとおもっていた。

俺がいつそんなことを言ったんですかねー

一般女性が指摘したこと規制本が増えるとおもっていた。実際は発売前に議会などで決定されている。

それも言ってねぇな。

フェミ規制目的とした扇動を辞めろ」と言ってるだけだ。

・で、いままでに一般女性が指摘したこと規制がかかった作品リストはあるのかと尋ねたら

CMという棲み分けできない(子供が目にする可能性がある)ものだけを挙げてきた。そりゃそうだ。

え、なに勝手例外作ってるの?

子供が目にする可能性があろうがなかろうが、表現自由

子供が目にしてはいけない」も勝手に作られた前提。

書店ではなく電子書籍ネット通販で買えばいいだけで、成人女性はたいていそうしている。

なぜ自由戦士は電書が買えないとおもったのか。

未成年で電書登録できないのか。

なら子供のくせにエロ本リアル書店で好きなだけ買いたいなんてワガママなだけだろといったら発狂して最初から表現の自由ガーを繰り返し始めた。

「なぜ書店で売ってはならないか根拠法は?」と聞いてるのに「書店ではなく電子書籍ネット通販で買えばいいだけ」は答えになってない。

オタク趣味書店で売る権利はあるし、それを妨げてよい根拠は皆無。

論点先取のうえ、曲解妄想詭弁オンパレードだろうが。

さら腐女子プロ漫画家表現自粛させられた経験として

黒子のバスケ脅迫事件

があるのも知らなかった。犯罪がおこりそうなとき参加者全員が安全第一でやる。あたりまえだよな。

犯罪が起こりそう」って何を根拠に言ってんの?

てかお前のいってる「犯罪」ってこの場合何?脅迫事件みたいな急迫不正問題があるの?


複数増田混同して同一人物扱い、論理的自明でないこと(「子供に見せられない表現」等)を前提に据える、相手を貶すような妄想

お前の文章にはなんら論理がない



それで、一応もう一回聞いといてやろう。

オタク規制を迫られる法的根拠は?そのボーダーラインは?他の趣味との差別根拠は?

・「オタクとは何か」決める権利がお前にあるの?その権利裏付けは?

anond:20181114160619

横さんにはすまないが、こいつは常識がないのでどれもつまらないと思う。

・まず表現の自由が「表現者自由」でなく「表現を受け取る側の自由」と思い込んでた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1 表現の自由作品発表するがわのためのもの

  

・そして、BL本には有害図書指定はおこっていないとおもっていた。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/ss/bukai/H28yugaitosyo.pdf 拷問本、BL本もエロ本同様規制対象だ。

 

一般女性が指摘したこと規制本が増えるとおもっていた。実際は発売前に議会などで決定されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%AE%B3%E5%9B%B3%E6%9B%B8#%E6%B5%81%E9%80%9A%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C

 

・で、いままでに一般女性が指摘したこと規制がかかった作品リストはあるのかと尋ねたら

https://anond.hatelabo.jp/20180927093435

CMという棲み分けできない(子供が目にする可能性がある)ものだけを挙げてきた。そりゃそうだ。

どれもさほどオタク向け萌えコンテンツには見えない。

指摘した側は原作レイプとか現実認識を曲げるものフィクションとして棲み分けしろっていってるだけ。

子供が目にしてはいけない作品女性用に存在していないわけではなく(2つ上のリンク指定図書リストにあるとおり)、

書店ではなく電子書籍ネット通販で買えばいいだけで、成人女性はたいていそうしている。

なぜ自由戦士は電書が買えないとおもったのか。

未成年で電書登録できないのか。

なら子供のくせにエロ本リアル書店で好きなだけ買いたいなんてワガママなだけだろといったら発狂して最初から表現の自由ガー(受け取る側の自由よこせ)と繰り返し始めた。

 

 

さら腐女子プロ漫画家表現自粛させられた経験として

黒子のバスケ脅迫事件https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E8%84%85%E8%BF%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

があるのも知らなかった。犯罪がおこりそうなとき参加者全員が安全第一でやる。あたりまえだよな。

 

常識だと思うんだがなー

2018-11-13

TwitterLINEに次いで未成年出会えると噂の「ひま部」というアプリインストールしてみた。

堂々と「彼氏彼女募集中の人来て~!」といった名前グループがあり、そのグループだけで参加者は1万人を超えていた。

ひま部は基本的学生しか登録できないシステムになっており(自称なのでいくらでも詐称することはできる)、確かに出会いの場としては良いのかもしれないと思った。

しかし、当然ながら会員のほとんどがギラギラしていて好ましくない。全ての投稿が表示されると思わしきタイムラインには、学生らしい些細なことでの言い争いも起こっているようだった。

ここでは登録した時点で初めての投稿自動でされるようで、それが20件ほど「いいね」されていた。だが、以上のこともあって15分ほどで退会した。

2018-11-12

恋活婚活を切り分けて、婚活をしようぜ

https://anond.hatelabo.jp/20181111063412

当方婚活経由で結婚したアラフォーオッサン

元増田と元々増田 https://anond.hatelabo.jp/20181111063412 に言いたいことがあるのだが、アプリ所詮恋活メイン、我々のような奴にこそちゃんとした相談所やお見合い等が相応しい。

俺が活動してたのは2010年前後で、アプリは今ほど無かったから、そこの事情は変わってるかもしれないことだけは予め言っておく。すまん。

  

まず、アプリって何百人とマッチングしてお互い良い人いればお付き合いになるわけじゃん。

数百~場合によっては4桁人数の「いいね!からベストパートナーを絞り込めてお付き合いに至った幸運な人はそれでいいと思うのよ。

でもさあ、問題は本気度なんだよ。良い人がいれば付き合いたい、と、悪くなければ結婚しよう、では本気度が違いすぎる。

俺も当時アプリ(と言うかWeb婚活ページ)で約2年かけて数百件マッチング20人くらいの人とお会いしたよ。

わかったのは、本当に色んな人が世の中にはいるってこと。

良い人がいれば付き合いたいとか言ってるような人はむしろ可愛いもんで、最悪だと『昼飯や夜飯、酒代奢らせて食費浮かせる目的』の奴すらいる。

あと相手の身元が証明されてるかどうかが結局わかんないってのもポイント。婚歴無しなのは本当だったけど実は子供がいるとか会ってから言うなよっつー話で。

  

ガチ相談所やお見合いだと、相手の婚歴、子供の有無、年収が少なくとも第三者確認されてるから、そこが大きい。

個人的には、あのクソ高い入会費や月会費は、それらが証明されているという事実のために払っていた、と言っても過言ではない。

そしてガチ相談所のメンバーは、やはり結婚に対するモチベーションが違う。(親に無理やり入れられてクッソ不貞腐れて活動してる男女もいるらしいが、そういう例外はここでは無視する)

ぶっちゃけ俺は大手O相談所で、経験者ならわかるはずだが、入会するために最低2回は事務所に出向かねばならず、必要書類その他のめんどくせえ準備をして、それでも入会した奴は最初からして本気度が違う。

元増田と元々増田、その歳まで童貞だったということは、恋活(俺的にはアプリは全て恋活カテゴリだ)は向いてない。速やかに婚活ガチ相談所かお見合い)へ移行しよう。

  

最後に、俺から見たアプリ相談所等のメリットデメリットを書き記しておく。前述のとおり2010年前後記憶によるものなので、今とは違っている部分があることを念頭においていただければと思う。

  

アプリ

 メリット

  とにかく手軽

  月額費用が安い

  幅広く色んな人とマッチングできる可能性あり

 デメリット

  手軽が故にダラダラと『より良い人』を探してしまいがち

  『良い人がいれば付き合いたい』とか結婚ではなく恋愛目的の緩い奴が大量にいる

  そういう奴に限って『良い人ってどういう人』のイメージが固まってない(すまんこれは俺の私怨込みだ)

  見た目(写真)、年収、婚歴等が実はまったく証明されていない。盛ってる奴が多い(とは言え、盛ってる奴は数をこなす何となくわかるようになる)

 アプリ総評

  ギリアラサーまで、できれば20代年齢の人が、中長期的に『恋人』を探すには向いていると思う。特に男の場合インパクトのある高年収か見た目の良ささえあれば有利に勝負できる可能性はある。頑張れ。

  

パーティ

 メリット

  やはり直接多くの人と接触できることは大きい。まだるっこしさが無い

  短時間で数をこなすので、あんまり緊張している暇が無い

  一回あたりの費用は精々数千円なので、行きまくらない限りそんなに費用がかからない

 デメリット

  見た目がアレな奴は全然ダメ。ただし清潔であればなんとかなる

  やはり恋活目的者が多く、結婚相手真剣に探してるって感じの人はあんまりいない

  「友達の連れ添いで来た」とか言うマジで邪魔参加者が時々存在する

  場合によっては、『短時間でアレな奴約10人との面接連続して行う』ことになるため、外れのパーティだと疲労感がすごい

  アプリと同じく、年収その他が証明されていない場合が多い。盛った上で女を食おうとするバカ男が実在する

 パーティ総評

  それなり以上の見た目とコミュ力のある奴なら勝負になる。ただしアプリと同じく「まだ見ぬもっと良い人を求める旅」に出かけてしまうと帰って来れなくなるぞ! オタ限定とか、カテゴリを絞った感じのパーティだと勝率が上がるかもしれない。頑張れ。

  

大手相談

 メリット

  本記事で何度も言ってるが、収入、婚歴等の身の上が証明されていること(証明できる書類を提出しなければ入会できない)。写真もそんなには盛れないので実物と違う人が来ることも無い

  結婚に対する意欲の高い人がアプリパーティと比べて明らかに多い

  担当アドバイザーさんを有効活用すれば、時に耳に痛いこともあるが、けっこう有効アドバイスをしてくれるので、家族や知り合いには黙って活動してるけど誰かからアドバイス欲しい、みたいな時に助かる

  相談事務所側でマッチング作業をやった上で毎月決まった人数を紹介してくれるため、自分で選ぶ労力はかなり減る

 デメリット

  それでも入会費、会費は高い。入ったからには本気で活動して1年以内に相手決めて退会する等の目標を設定しないと、年間約20万円がずっと出ていくことになる。

  『ここまで辿り着いてしまった人』ということで男女ともにアレな人がいる。アレでなくても、異性経験が乏しく、異性の扱いに慣れてない人が多い。

 相談総評

  ぶっちゃけアプリと何が違うかと言うと、身元の証明と、紹介される人数が限られていること。そこで「こんなアレな人ばっか紹介しやがって」と憤るか、「紹介されたからには、この人たちと真剣にやり取りしてみよう」と思えるかで明暗は分かれるだろう。ここまで来たら、良い人がいたら結婚するんじゃなくて、問題なければ結婚するんだ。頑張れ。

  

最後に、相手に対して「良いと言うか、特に問題無かったので結婚を決めた」俺だが、幸せ結婚生活を過ごせているので、結婚生活をちゃんとやる能力は恋とは特に関係ない。頑張れ、元増田と元々増田よ。

2018-11-11

anond:20181111180718

そうなのか

金払って書籍を買わないとなると業界も衰退するし

その分野の参加者ほとんどが趣味の人みたいな時代になったりもするのかもなあ

2018-11-10

ヒプノシスマイク好きな人たちが使う「勝たせる」という言葉が嫌い

ヒプノシスマイク好きな人たち、結構割合で「推しディビ(ディビジョン)を勝たせる」って言うけど、私あの表現がめちゃくちゃ嫌い。

しかに、ヒプノシスマイクキャラクター所属するディビジョン同士がhip-hopアーティスト作詞作曲したラップでバトルし、その勝敗投票で決めるコンテンツだけど。だけどさ。

ファンがやってる事って、単にCD買ってるだけじゃんって思うんだよね。曲を作るのはアーティスト、歌うのは声優、それで「勝たせる」ってなんか烏滸がましくない?CDを「頑張って買う」っていう発想、おかしくない?って思うんだよな。

何を頑張ったんだよ。

ただCD買ってるだけなのに、物語参加者の気分になれるの、よく考えられたコンテンツだよなって思うわけだ。

いや、意味合いとしてはわかるし、自分の好きなキャラクターに勝ってほしい気持ちもわかる。私もそう。わかる。

けど、それで「病む」とか「推しディビが勝てるか不安で泣きそう」とか、いや落ち着けよ。

頑張ってるのは、アーティスト声優なのに、なんでCD買ってるだけのお前が病んだり泣いたりするんだ。

買いたい人は買えるだけCD買ったらいいと思う。でも、沢山買えないからって「私はそんなに積めないから…」とか、そんな自分を責める必要なくないか

作り手のアーティストも、声優も、「同じ人に沢山CD買ってほしい」なんて言ってないじゃん。hip-hopが、ダーティー文化じゃないっていう形で、世の中に広まってほしいって言ってるじゃん。

それって、「沢山の人にちゃん音楽を聴いてほしい」ってことじゃないの?

「沢山の人にちゃん音楽を聴いて貰った上で」評価されて、それが投票っていう形になって、結果勝ちたいってことなんじゃないの?作り手の人が言ってる事は。

誰でもいいからとにかく沢山CD買えと思ってる人がもしいるとすれば、たぶんレコード会社の人だけだと思うよ。AKB売ってるレコード会社からそれは仕方ない。

レコード会社に踊らされすぎじゃない?って思うわけ。(キングレコードごめん)

「勝たせる」ってさ、あまり物語踏み込みすぎた表現じゃない?CD買う事が義務になってない?そんな気持ち応援するのが、めちゃくちゃ楽しいならいいと思う。

そういう戦闘民族みたいなオタク一定数いることもわかる。でも、自分はそうじゃないのに、無理して、結果「病む」とか「泣く」とかになるなら、そんな馬鹿馬鹿しい話はない。

ここからは私の身の上話になるんだけど、数年前まで私は、結構本気(と書いてマジと読む)でとあるヴィジュアル系バンドの追っかけをやっていた。所謂バンギャだった。

本命バンドオリコンランキングに入れたくてCDをアホみたいに買ったし(CDを買うと参加できる握手会があったのもある)、チャレンジングなキャパライブはとにかく埋めたくて、チケットを余分に買って無料友達に配ったりした。

本命麺が貧乏だという話を聞くたびに、服やら何やらプレゼントした。

そんな事をして、ヒプマイオタクの人たちがいうような「推しを勝たせた」気持ちになっていた。

最初のうちは、純粋バンドに有名になってほしい、バンドマンに良い暮らしをして欲しいという気持ちでやっていた事だったけど、1年、2年とそんな事を続けているうちに段々と苦しくなっていった。

ファンの母数が増えるに従って、自分より自由に使えるお金の多い子も増えていった。そういう子たちに、買うCDの枚数で負けた、あげるプレゼント金額で負けたと、嫉妬してる自分に気づいた時、私の中で大切な事が「バンドが有名になる事」ではなく「本命麺に使った金額で他のファンに勝つ事」にすり替わってしまっていると気付いた。

バンドが有名になる夢を叶えて貰うために使っていたお金という手段が、自分がそのバンドにどれだけお金を使えるか見せびらかす為のものになってしまっている事に気付いた時には、私はバンギャ活動がとてもつらくなってしまっていた。

誰とも戦ってなかった私ですら、こうなった。

明確に対戦相手のいるヒプノシスマイクオタクが、対戦相手相手推しディビにどれだけお金を使ってるか見て、自分と比べ病んでしまう事は想像に難くない。

ヒプノシスマイクというコンテンツは、めちゃくちゃに楽しい楽曲はかっこいいし、声優さんのラップめざましく上達していくし、木村昴はいい奴だ。

からこそ、息長く楽しめた方が絶対幸せだと思う。

もし、今、推しディビを「勝たせなきゃ」CDを買わなきゃって義務感で焦ってるオタクがいたら、ちょっと一息ついたらいいんじゃないかなと思う。

一息ついてもやっぱりCDを沢山「買いたい」それが楽しい!と思うならそうしたらいいし、もしそれが自分にとって苦しいならコンテンツとの関わり方を少し見つめなおしてもいいのかもねと思うよ。

よく寝て、身体と金は大切に。

TLのオタクたちが、まだ始まってもないシンジュクvsヨコハマで既に病み始めてるので書きました。

山嵐最高!!!

2018-11-09

やたらと張り合ってくる人が鬱陶しい。

Twitterはてブ掲示板など1つの話題について多くの人がコメントをする場所に参加すると他の参加者よりも気の利いたことを言ってやろうと張り切る人を見かける。私はそういう人に鬱陶しさを感じる。こういう発言をするとお前の方が鬱陶しいとカウンターをくらわせようとする人が現れるがそれもまた鬱陶しい。単に意見交換をすれば良いと思うのだけどなぜ他人に勝とうとするのだろう。

2018-11-07

anond:20181107145708

議事録なんて、取り調べや裁判書記じゃないから、

さえ書いてあれば良いのに、何故か全員の全発言残したがる奴居るよね。経験ジジイに多い。なんなの?TRPGリプレイでも読みたいの?

参加者意見もそれぞれこう言ったではなく、同じ意見ならまとめるべきだし、反対意見無ければ即終わるしな

あと、新入社員で1回怒られたらムキになってリプレイ形式にする奴は多い。大体「読めるか!」言われるが

2018-11-02

渋谷ハロウィン参加者田舎者って言ってたけど

https://bizspa.jp/post-80365/

これを見る感じだと、都民ばっかりじゃない??

田舎叩きしている増田くん達は、どう釈明してくれるわけ??

2018-11-01

anond:20181101125829

一部のバカを全部と言うのが許されるなら、コミケ参加者を全員徹夜組開幕ダッシュ児童性犯罪者予備軍扱いも正当になるのでは?

2018-10-31

anond:20181031114527

コミックマーケット81 スタッフからの一言コーナー

女性島暫定廃止

ここからは毎回お願いしている部分……だったのですが、女性島について様々ご意見いただき、次回から女性島という大規模な配置寄せは廃止することにいた致しました(続く)。

C80まで男性ジャンルでは、ジャンル特性上、申込責任者女性サークル独立させて配置しておりました。担当者内では通称女性島」と呼んでおり、女性島内さらジャンルを分けて配置しておりました(続く)。

女性島につきまして、同ジャンルサークルが周囲に少なかったり、売り子さんが全員男性等の理由サークル内に男性が多い場合には周りから浮いてしまう、また、作家さんが女性であることを対外的に公開していないサークルもいる、という観点から問題がないわけではありませんでした(続く)。

男性向に女性サークルが極端に少ないことからスタートした女性島ですが、男性向での女性サークルの増加が顕著な昨今、メリットよりもデメリットを感じる方のご意見を多くいただく形になっておりました(続く)。

ここ数年の間、様々な検討を重ね、今回女性島の暫定廃止を決定しました。暫定としているのは、強い要望があれば復活の目を残すという意味です。可能な限り多くの参加者にとって気持ちの良い参加をお手伝いするのが配置担当の役目じゃないかなと思っておりますので、思考停止せずに検討していきたいと思います(続く)。

ただ、男女比としては傾きが大きいので、女性サークル孤立しないよう配置配慮はできるかぎり行なっていきます(続く)。

今回の女性廃止により「男性希望」などの記載不要になりますよろしく承知おきください。また、お知り合いのサークルさんなどにもお伝えいただけると助かります

男性向に女性サークルが極端に少ないことからスタートした女性島ですが」と明確に書いてありますが。

やっぱり男性差別主義者って妄想根拠なのね

2018-10-30

個人によるサブカルメディア放送歴史

海賊放送(不法無線局)

アマチュア無線FM放送によって法律違反した電波帯利用、強度電波によって放送される無許可ラジオ

当然ながらバレると摘発され罰金刑を貰うが、無線局運営者が学生だったりすると注意だけで済むことがある。

アマチュア無線をやっていると「ラジオやったら面白いんじゃね?」と発想しやすいため(未成年なら尚更)、アマチュア無線全盛期ではかなり問題になった。

ただし、地域アマチュア無線コミュニティが大抵は遵法派が多いので、地域アマチュア無線コミュニティメンバーから摘発される前に無線上で注意することが少なくない。

クロスベアリング法などによって不法無線局(≒自宅)は簡単に割り出されるので、法律は守ったほうが良い。

この件で代表的ものは「FM西東京事件」が有名。運営者は大学生だった。

ミニFM

免許必要としない無線局で、放送法上では放送局ではない。

超極狭エリアでのみ受信できるFM放送で、実際のところコチラがサブカル放送のメイン。

大半が音楽を垂れ流すミュージックラジオであったが、普段音楽を流しつつ、番組表を作りトークラジオもやるという局もあった。

リスナーからメッセージ郵便局私書箱を設置して受け付けるスタイルほとんど。

稀に地域アマチュア無線おじさんがやる気を出し地域イベント情報提供を行う目的ラジオ放送したりするのに使われたこともある。

この特性から同人誌即売会などでもミニFM限定的に開設されることも多々ある。コミケ参加者バッテリ駆動できるFMラジオ受信機を持っていくと新たな楽しみが増えるかも知れない。

Podcast

長らく個人によるサブカルメディア放送ミニFMが主要なプラットフォームであったが、ブロードバンドの登場によりミニFMからインターネットを通じて放送するPodcastへ移行する者が増えた。

WMAMP3で収録し配信するスタイルは非常に気軽で様々なPodcastチャンネルが生まれたが、Podcastブーム煽りを受けてあまりにもPodcastチャンネルが生まれすぎて混沌と化す。

そして同時に今までリアルタイム放送をしていた者達からするとPodcast感覚が掴めない、配信する環境を整えられないという欠点存在していたので、Podcastリスナーを取られたミニFM局が終了するなどが相次いだ(ミニFM終焉の原因がPodcastかは不明)。

Podcastは全盛期よりもリスナーが減ったとは言え、幾度かの転換点を迎えて今日も続いている。

ネットラジオ

ブロードバンド進化のお陰でリアルタイム配信可能となったことで誕生した音声配信サービス

日本では「らじおちゃんねる(後のねとらじ)」がブームとなり認知度が上がり、更にTVワイドショーで紹介され一部の一般人にすら認知されるようになった。

2ちゃんねるの実況板文化から派生したインターネットラジオを介した声によるTV放送実況は文字ベースの実況からの1つ転換点だったと言える。

極少数例ではあれど、ゲームを同時に起動してボイスチャットのように利用してMMORPGなどをプレイする用例や、ビジュアルノベルゲームをみんなでプレイするなどの用例もあった。現在で言うゲーム配信に近い。

こちらも全盛期と比較してリスナーは減っているが今日も続いているが、個人的な印象としてPodcastの方がリスナー人口は多いように感じる。

インターネットラジオが登場した頃にはミニFMはほぼ壊滅状態にあり、現在では極々一部の趣味人によってのみ期間限定運営されていることが多い(有名な老舗もいくつかはある)。

Adobe Flash

様々なメディアを埋め込みつつ、プログラマブルプラットフォームとして開発されたシステム

2ちゃんねるを中心に爆発的流行をし、現在Webクリエイターの中にはFlashで注目された者も居る。

現在でいうところの「コラボ」も数多く行われ、様々な表現実験の場となり、今でも参考になる発想が多い。

企業Webサイトでの採用事例も多く、インターネットの一時代を築いたと言っても過言ではない。

現在は惜しまれながらもAdobeFlashサポートの終了予定発表やHTML5の登場なども合わさり採用ゼロに近いものとなっている。

ニコニコ動画

Youtubeに感化され、2ちゃんねる実況板の影響を取り込んだ動画文字を表示するスタイル確立したのがニコニコ動画

当初は違法動画アップロードサービスと化して居たが、MAD動画ブームを皮切りにクリエティティの発露の場として成立する。

Flashからの移行組も数多くおりニコニコ動画黎明期を支え、次代にその技術を伝えた。

TV番組実況やゲーム実況が映像と音と文字により完全に成立。

2ちゃんねるDTM板のVOCALOIDスレしか注目されていなかったVOCALOID初音ミクの登場によりニコニコ動画で再評価され爆発的ブームが起こる。

初期のVOCALOID2ちゃんねらー全体で言えば知らない2ちゃんねらーの方が圧倒的に多い状態であり、何ならDTM板住人であってもDTM Magazine読者くらいしか知らないレベルであった。

更にはMikuMikuDance(MMD)の登場により、Flash時代ではマシン性能の兼ね合いで難しかった個人による3D表現が本格化。

現在Vtuberに近いMicrosoft Kinectとの連携によってMMDモデルを動かす試みなどが始まる。

そしてニコ生リリースされるとリアルタイムゲーム実況が確立され、現在Youtube LiveやTwitchの萌芽とも言える状態だった。

一部では現在でいうところのVLOG投稿する者もおり、様々な試みがなされた。

しか運営側の迷走の伴いサービスのコンセプトや品質陳腐化し、対応が後手になってしまユーザが離れるという事態に陥った。

現在ではユーザ目線での改善に力を入れているらしく今後どうなるかが注目される。

Youtube

そして現在個人によるサブカルメディア放送Youtubeがメインのプラットフォームへとなっている。

特徴的なのがニコニコ動画では登録者すべてがいわゆるニコ厨と呼ばれていたのだが、Youtubeでは動画投稿者がYoutuberで視聴者リスナーと呼ばれている点である

ニコニコ動画からコンテンツをそのまま移行したYoutuberも数多いが、元々ニコニコ動画投稿していた者は実写系が少ないという特徴がある(一部例外も居る)。

ニコニコ動画が自らコケたという部分もあるが、堅実に強化とユーザビリティの向上に努めたYoutube日本サブカル層も無視できなくなり、今日Youtube人気を決定付けた。

ニコニコ動画時代では少なかった顔出し実写系動画が増えたり、マシン性能の向上によって実現を果たしたVtuberの登場など個人によるサブカルメディア放送は転換点にあると言って良い。

次は何か?

プラットフォームの移行が発生するかはわからないが、これまで顔出しを拒んできたサブカル層が徐々に顔出しするという動きが昨今では起きている。

日本ではこれまで大手メディアの影響などにより社会全体でのオタク蔑視時代があったりなど海外に比べてサブカル層は顔出ししにくい環境であったとされてきたが、世代交代が進んできたのかサブカル層の顔出しが起きている。これは良い環境変化だと言える。

この次に何が起きるか?と言えばおそらくは「実名活動・顔出しの敷居がより下がる」程度にしか予測はできないが、様々な選択肢が増えることは歓迎したい。

視点を変えれば旧来のサブカル層が若い世代が持つ印象に救われつつあるわけだが、その若い世代技術継承したのは何だかんだで活動を続けてきた旧来のサブカル層なので、今後とも持ちつ持たれつという関係を築けていけたらなと思う。

そして続けて現れる今の若いサブカル層の技術継承した次代・次々代の子たちがどんな風にクリエティティを発揮するか楽しみでならない。

ブラジル"極右"大統領誕生に寄せて 今度こそまともな分析が出ることを望む

ボルソナロ大統領資質には大変な問題はあるのかもしれない。

だがただ単に資質問題があっただけなら大統領に選ばれないわけだ。

なぜ選ばれたのか。

その理由の冷静な分析がなければボルソナロに対抗する術すら得られない。

トランプ大統領誕生とともに、Brexitという現象2016年にあった。

このとき青天の霹靂だったため、冷静な判断ができなかったという言い訳もあろう。

だがその後にドゥテルテが生まれ、そしてボルソナロが生まれた。

またメルケルはCDU退潮の責任をとって党首を辞任した。

これだけの潮流が生まれて、なお「愚民主義」ですべてを説明しようとするのは、

それこそその愚民未満の愚かな行為である

なぜトランプ・ドゥテルテ・ボルソナロが選ばれたのか。

なぜメルケル思想は退潮したのか。

「正しい思想理解しない支持者がバカから」などという分析にすらならないニヒリズムに陥ってはならない。

はてなでもそうしたニヒリズム蔓延している。

オリンピックボランティア参加者消費税増税支持者に対して安易ニヒリズムに陥っている者は多い。

ニヒリズム知的逃避だ。

不愉快現実から逃げてはならない。

まずは目の前の現実を受け入れたところから分析しなくてはならない。

なぜ支持者がいるのか、その理由を知らなくてはならない。

そんな支持者の存在は信じられないと、地動説拒否した中世カトリック知識層のようになってはならない。

今すべきことは、

ボルソナロがいか差別主義であるかという情報「だけ」でなく、

「なぜ」ブラジル国民ボルソナロを選んだのか、その理由情報に接することである

2018-10-29

anond:20181029152244

大抵のイベントでは参加者勝手頒布って言ってるだけで申込書には販売物とか書いてあんだけどね

2018-10-27

IT系勉強会では

マスクもせずにゴホンゴホンやってる最低限の咳マナーのなってない奴、口臭い奴は主催者権限で会場から追い出してほしい

参加者もも自覚があるならとっとと帰ればいいのに

IT技術勉強するより社会通念を理解するのが先ではないのかな?

2018-10-25

anond:20181025170532

一部大学ミスコン芸能人女子アナ輩出ルートとして確立してるから

今更辞められないってのがある

新規で始めようとすれば当然反対に遭うし

地方の小さなミスコンだと参加者がいなくて自然消滅とか

「既婚者でも男でもいいです」と言う良く分からん事になってたりするが

ジャンルやめたい

ジャンルやめたいというか自カプやめたい。自カプの界隈に入れない。普段文章書かないからまとめられてなくて読みにくい内容になってしまった。

私の活動しているジャンル原作が1年前に終わっていて、今や閑古鳥状態になっている。私は昔から原作が大好きで未だに毎日ツイッター作品名検索をかけたりしているが、殆どツイートしている人はいない。自カプも然りで、元々男女カプがメインのジャンルなのでBLの自カプで目に見えて活動している人口は片手で数える程しかいない。

この間原作の作者作品プチオンリー東京で開催された。私も絶対に参加しようとバイトをして貯めた少ないお金でやりくりして、入稿してなんとか東京まで辿り着いた。底辺サークルなので本自体殆ど売れなかったし、同カプのフォロワーがお情けで買ってくれた程度だったので惨めな思いをした。同人初参加だったし絵も話もお粗末だったのでそこはいいとする。

問題はその同カプのフォロワーで、参加した同カプサークルは私以外全員ツイッターで繋がっている。私は参加者の中で1人だけ相互ではない人がいた。(Aさんと呼ぶ事にする)

会場では初参加でありながら大手サークルのAさんとBさんが隣にいて、大盛況。そして何度かイベントに参加しているCさんがその隣でAさんとBさんと仲良く会話しており、大手のDさんが少し離れたサークルで次々と本を完売させていた。私は底辺だったし同カプの中で1番端に配置されていたので、最後まで会話に入れず浮いていた。そこまでは折り込み済みだったので気にしていなかった。

そうしている内に午後になり、私は少し席を外して他のサークルを物色していた。するとその間に仲良くしていたA、B、Cさんのサークルが全て片付けられており、戻ってきた頃にはもぬけの殻状態になっていた。その後残っていたDさんとだけ挨拶を交わした。

会場を出た後ツイッターを見ると、アフターの楽しそうな画像が流れてきた。Cさんのツイートだった。

Cさんとは普段リプを交わしたりツイートをファボしたりしているので、私の中では仲が悪い訳ではないと思っていた。が、多分嫌われているんだろうな、とこの瞬間思った。

Cさんは所謂誰にでも話しかけるタイプで、同カプの中では頭領の様な風格があった。精力的に活動しているらしく、自カプの二次創作botを作って内輪で楽しんでいた。

以前は私もツイートを楽しく見ていたが、余りにも解釈が合わないので二次創作botブロックした。このブロックしたのがバレたのかもしれない。私は同人は最低限の会話が出来ていたら良いと思っていたので、ツイッターでは一方的ツイートしたりフォロワーツイートをファボしたり、たまにリプする程度でそれなりの距離感を保っていた。

しかしCさんを始めA、B、Dさん達はそれぞれオフ会やアフターをしたりイベント前日に遊んだり、個人友達として関わっているのが見受けられて正直羨ましかった。

今回のアフターも参加していなかったDさんは前日に誘われていて、誘われなかったのは私だけだったらしい。訳の分からない疎外感に蝕まれて、宿泊先で朝から号泣してしまった。

大量の在庫を抱えて東京から出て帰宅する。それだけで良かった。しかあんなに楽しみにして一生懸命準備したのに、行かなきゃ良かったと心底思った。私みたいな底辺はいなくても誰も困らないし、何より同カプのサークルは私以外全員仲が良いから。それになんとなくなんの罪もない自カプの事も嫌いになりそうで怖かった。

アフターに誘われなかったのは未成年だったからかと思ったが、全くそんな事もなかった。

アフターに誘われなかった位で、という話だが、他にも色々あって(これ以上言うと悪口になるので割愛する)自カプの事は今も昔も世界一好きだけど、界隈に馴染めなさすぎてやめたい。今後は他ジャンル作品で参加するつもりはあるけど、今回の自カプでは二度と本は出さないと思う。小さいジャンルでは馴れ合い必要という事を身をもって知らされたという話。

2018-10-22

自分が作ったサービス(サロン)で生きていけるのはサロンオーナーだけ

自分が作ったサービスで生きていく」というコンセプトの

WEBエンジニア向け?のサロン流行ってて謎だったんで、

ごく短期間入会して、Slackログを覗きに行ってみた。

けど、370人以上会員がいても、ほとんどがワナビー初心者で見てるだけ。

ほとんど収益構造を考えないプロダクトばかりで、

そこに対して、サロンオーナーちゃんアドバイスしないで煽るだけだし、

マネジメントがゆるゆるすぎるから、立ち上がってもすぐに立ち消える開発プロジェクトばかり。

今や、オーナーニュースレター配信所、かつ、

オーナーが持ってるメンタリングサービス先生斡旋所みたいな感じになってる。

この内容で、毎月3000円取って、「開発室」を名乗ることに対して、呆れてしまった。

本当に「自分が作ったサービスで生きていける」ような人なら、

毎月3000円払って、やってる「気」にだけさせるサロンには参加しないしなぁ。

行動できないから、そのサロンで心を落ち着かせているのかもしれないけどさ。

コミュニティSlackログを読み続けたり、仲間を集めるとか言う前に、

その金で技術書買って地道に体系的に勉強して、その時間コード書きまくって、

何でもいいか自分一人でリリースしたほうがずっといいよ。

からそう思う。サロンに参加して安心しきるのは、かなりまずいよ。

今、このサロンは、急に人が増えてしまった結果、コミュニティ運営がうまく行かず、てんやわんや

しかも、参加者情報発言勝手に外部に流してしまいそうになって、トラブってるのを見て、

俺はここに何らかの情報を預けたくないし、この人のサービスを使いたくないと思ってしまった。

オーナー発言類を見てると別に技術力も経験熟練してなさそうだし、コミュニティ内の報酬設計も弱いから、

いよいよどうしてこのサロン流行ってるのか、みんなが退会しないのか、わからなくなってきた。

なんとなくだけど、「自分が作ったサービスで生きていく」というキャッチコピーが、

プロブロガーとかアフィカスとかねーよw俺は奴らとは違う。俺は、俺のサービスを作って生きる!』みたいな

プロブロガー界とは違った種類のワナビーの夢センサを刺激して、人を集めたのかもしれないな。

集客コンセプトは素晴らしい。でも、ワナビーばっかりだから、事は前には進まない。

自分が作ったサービスサロン)で生きていける」のはサロンオーナーだけ。

夢を掲げる系サロンは、無責任になりがちだよなぁ。

オーナーも、メンバーも、正直どう思ってるんだろうな。

anond:20181022131731

そもそもコミュニティコミュニティ境界があるってのもどっちも幻想でしょ。世界には人間個人しか居なくて、それをクラスタ単位で見るってのは、認識能力限界がある知性体のオートカテゴライズ機能ってだけだよ。その証拠にTwittterに「キモオタ死ね」って書いたらその矢はWebぱうわで拡大されて(潜在的には)自分以外の全人類Twitter参加者から言い過ぎか)に配達されてしまう。自分以外の全員(か、まあ、少なくとも興味ある数千人に)「「「「「「「「「「お前こそ死ねブス!」」」」」」」」」」と言い返されちゃうゾってのが話の実相だ。

結局理非をわきまえて、誤解を受けないように謙虚発言するってのは、トーンポリシングでもアカデミズムでもヘタレでもなんでもなくて、世界に対して「わたし暴力とは距離を起きますよ」「わたしから殴らない代わりに殴り合いには参加したくありません」っていう自己紹介なんだよね。

それをしないで暴力ウェルカム言動してたらそりゃバトルになるわここはファイトクラブなんだから。それを自己責任って言うならまあそうだけど、仕方ないだろ。やっぱ教育大事だっていういつものオチしかない。

[]コトノハ〇×の「複垢連投オヤジ」の理論支離滅裂な件に関して Part.3

コトノハ〇×(http://kotonoha.cc/)において、現在問題となっている大量の複垢を用いて大量連投を行うユーザー(以下:複垢連投オヤジ)と闘って感じた支離滅裂理論に関して言及していく。複垢連投オヤジに関してはanond:20180217203415記事を見てもらえれば詳しく分かるはずである

私は、このコトノハ〇×において、複垢連投オヤジから最も個人攻撃を受けてきた被害者のひとりである
迷惑なことに、複垢連投オヤジ自分理論は押し通すのに他人理論には常に批判しかしない。
ここで、私に対しての批判暴言に対して言及していくことにする。

Part.1(anond:20180718031445)、Part.2(anond:20180906111008)に引き続きPart.3。
呆れるほどに自分勝手複垢連投オヤジである

しりとり

私が5ちゃんねるにおいてコテハン(固定ハンドルネーム)で参加しているしりとり板に関して、ルール違反を指摘した投稿に対して、突如クレーム嫌がらせ投稿が行われたことに関して。
この嫌がらせ投稿は当初は複垢連投オヤジだと断定できなかったが、後の挙動により複垢連投オヤジ粘着嫌がらせ行為の一環であると確定した。複垢連投オヤジが行った行為は、ルールを指摘されたことに対する逆切れ荒らし行為であり、ユーザー全員がスルーして平常通りのしりとり投稿を続けている。

しりとり板のルール

しりとり板には、しりとりを始めとした言葉遊びスレッド言葉遊びを楽しむのが基本の板であり、私以外にもコテハン利用者がおり、新スレの乱立やルール違反等の迷惑行為を繰り返さない限りは問題無く利用でき、空気に馴染むことが出来る。ルールは、5ちゃんねる自体ルールしりとり板のルール、各スレッドルールである
スレッドによっては通常の言葉遊びのつもりで参加しようとすると引いてしまうような、非常に細かなルールが定められており、高度な言葉遊びや、ジャンル指定した言葉遊びも楽しめることは大きな魅力である。このような細則文句を言う人は居らず、しっかり守られているのが大きな特徴であり、簡単ルールで楽しみたいなら通常のスレッド、より高度なルールで楽しみたいなら上級編と棲み分けがされている。
ここで、複垢連投オヤジクレームを言ったのはとあるスレッド上級である勝手ルールを決めるな等と言っているが、スレッドルールに従わず自己ルールで参加するのは荒らし同然であるコトノハでのオオヒダタカシ氏が定めた簡単ルールさえも守れない人は何処でもルールは守れないのである

複垢連投オヤジに対する他参加者の反応

複垢連投オヤジ荒らし投稿は、全ユーザー無視している。ID複数あり、複数人で会話しているようにも見えるが、コトノハと同様、複垢連投オヤジひとりによる自作自演だとバレバレである上記に書いた通り、しりとり板においてルール違反を繰り返し、再三の注意に応じずに続けている場合荒らし行為になる。今回の上級編では、地名人名使用は一切禁止であるが、上記荒らし投稿と同一のIDであることから複垢連投オヤジ複数地名等を投稿していたことは一目瞭然であるしりとり板においては、優しい方ならルール違反を指摘するが、繰り返し行っているようならば指摘無く無言で飛ばして繋げられることが多い。
ジャンル指定しない漢字言葉遊びの応用編(中級編、上級編など)の場合投稿の質を上げる為に「地名人名法人名禁止」を入れる場合が多い。地名人名法人名が入ると大幅に難易度が下がってしまうからである。○○県、○○市で大量に繋げられることや、苗字使用を認めれば使用可能単語が大多数になること、また略語も含めれば○○大、○大生、○○工業など、大学名や高校名の投稿も出来てしまうためである
荒らしやその場で作成したような創作語や造語使用の防止策として、「品性を疑うもの禁止。」、「googleフレーズ検索10ヒット以上の語のみ有効とする。」などといった条件が付け加えられる場合も増えている。
上記ルールを加えない場合四字熟語漢字取りでは地名創作語、高校名が大多数を占める事態になっていたこともあった。

Yahoo!知恵袋

私がYahoo!知恵袋活動していることに関して、複垢連投オヤジ嫌がらせ目的の回答をしたり、コトノハ内でコトを投稿したことに関して。

複垢連投オヤジに対して

Yahoo!知恵袋において、質問する際にID公開とID非公開(匿名)を使い分けることがある。匿名質問したい質問も極一部存在するが、大方は複垢連投オヤジひとりに対する対策である
複垢連投オヤジの回答は全て回答になっていない回答であり、不快である。その理由は、文章をすべて読まずに批判するか誹謗中傷するだけの内容の回答がほとんどであり、回答に不必要URL複数記載されているかである。そのURLには勿論コトノハ関連のもあるが、今のコトノハを素晴らしいと思っているのは恐らく複垢連投オヤジだけであるのでやめてもらいたい。他のユーザーコトノハに参加したとしても、少しして複垢連投オヤジの異常性に気付き、複垢連投オヤジ行為コトノハ内で荒らしに対する抗議の逆ギレであることに気付くだろう。
また、厄介なことに複垢連投オヤジYahoo!知恵袋でも大量の複垢使用している。私が複垢連投オヤジに回答されると当然の如くブロック通報を行っている。注意喚起を行うこともある。しかし、注意喚起すると削除して新しいアカウントで再回答されることもある。別の質問でも新たな複垢が登場する。
加えて複垢連投オヤジYahoo!知恵袋の当該アカウントにおいて私の質問嫌がらせ目的の回答以外行っていないため、その点でもすぐにわかる。
コトノハYahoo!でも、荒らし対策複垢を容易に作成出来ないようにするべきだと思う。

■他の回答者への反応

複垢連投オヤジは他の回答者の反応も含めて批判するネタにしているが、厄介なことに、複垢連投オヤジにとって好都合(私に対する批判悪口に相当する内容)の回答のみ見て評価しているようである
質問への回答で、回答者人間である以上、内容は千差万別共感もあれば批判もあって構わないと思っている。今回の質問は、私が以前は熱中していたが今は気分でプレイしているスマホゲームに関する質問であり、ひとつ嫌味を含む内容に質問が行われ、複垢連投オヤジがそれに固執しているというものである。その内容は、私がゲームに対してコミュニティ荒らしているように捉えられたこと、もうひとつ無課金者やガチ勢でないのに文句を言っていることに対する反感だったようである。その方は、自称エンジョイ勢のようであるが、プロフィール過去質問、回答内容を見る限り明らかにガチ勢であり、このゲームプレイしていて語りたいならば最低でもこれくらいあって当然だと言っているように思える。
ガチ勢は怖いと言われ、ガチ勢基準押し付ける人が居ることも分かり切ったこである
複垢連投オヤジ文章物事本質を捉えようとせずに、自分にとって都合の良い回答だけ勝手解釈している。本当に30代後半の頭脳なのか疑いたくなる。

コトノハは変わった

複垢連投オヤジが時々言う、「オオヒダタカシ氏の方針ではコトノハは廃れてしまうので、コトノハオールスターズが新しい方針にした」という関連の文言やコトに関して。
これは私に対してだけではなく、複垢連投オヤジが全ユーザーに対して言っていることである

そもそもコトノハは、以前からオオヒダタカシ氏が放置状態であるのは言うまでもないが、そのままで大きな問題は起きなかったのである。時々変なユーザーが居たが、今のように衰退することは無かった。寧ろ複垢連投オヤジ以外のユーザーは今までのままで普通に楽しんでいた。
しかし、複垢連投オヤジ複垢連投行為を行うようになり、コトノハは廃れるようになった。

2018-10-21

切断処理信者は全員知能が低く卑怯例外はない

何かネット炎上した案件があると、必ず出てくる「切断処理信者。特徴的な発言は以下のとおり。

このような主旨の発言をしたやつらは、ぜったいに、かならず、一人の例外もなく知能が低く卑怯者です。

間違いはありません。

なぜ彼らは知能が低いと言えるか

切断処理」という言葉に明確な定義はありません。

しかしこの言葉を好んで使う人たちから推察するに、切断処理とは、

ある属性思想趣味・主張――ここから簡単に「グループ」と呼びます――に属する一部の人を、「この人は私のグループではない」「この人の行動はグループ全体の意向とは異なる」と表明し、あるいは攻撃することだと思われます

さて、この時点で知能の低くない皆さんはお気づきかと思います

一体、誰が、どの立場で「同じグループか否か」「このグループ意向は何か」を決めるのでしょう。

男、女といった属性はいうまでもなく、フェミニズムヴィーガニズムなどの思想だってスタンス解釈多種多様です。

たとえ宗教であっても、教典を定めているにも関わらず、解釈時代によって多くの派生が生まれますし、その派生のなかでもどれだけ敬虔かに個人差があるでしょう。

例えば企業社長のような、メンバーのはっきりした集団の長でもない限り、あるグループ代表して意向を述べたり、あるグループメンバーかどうかを他人が決めることは不可能です。

こんなこと、おそらく知能の高い皆さんには当たり前のことと思いますが、

切断処理他人に迫る人たちというのは、こんな当たり前のことさえわかっていないのです。

かわいそうですね。

でも、もしかしたら切断処理信者はいうかもしれません。

「何もグループ代表して言えというんじゃない、お前自身が何に賛同するか/何に反対するかを言え、俺が求めている切断処理とはそれだ」と。

でも彼らは気づかないのです。

その「個人個人主義主張」は、彼らの目の届かない範囲で日々無数に当たり前に行われていることに、

そしてそれを「切断処理信者」の目の前でやれ、と強要する大義などどこにもないことに。

いえ、その切断処理信者が、たとえばものすごい影響力のあるジャーナリストだとか、何万人にも発信できるメディアをもっているとか、そういうことであれば、「個人主義主張」を伝えることに、人によっては意味を見いだせるかもしれません。

しかし、「切断処理しろよ」と喚いているのはただのブックマーカーとかただの増田かせいぜいただのブロガーです。

そんなただの人に、「私個人はこう考えている」となんの代表でもない個人が伝えること。

それの、どこが、「切断」なのでしょう?

ある個人が、個人の主張を言うことを強要した。残った事実はそれだけだというのに。

けれど彼らはわからないのです、そんな程度のことが考えられないのです。

彼らは、ひとつの「グループ」に見えるものでも、実際には色々な立場と考え方があるということに耐えられないのです。

そういう処理能力の弱さを、知能が低いと言わずしてなんと言いましょう。

なぜ彼らは卑怯者だと言えるか

そんな知能の低い彼らは、どうして他人切断処理を迫るのでしょう?

それは、彼らが卑怯からに他なりません。

前述のとおり、ひとつの「グループ」に見えるものでもそのなかには無数の考えと立場があります。当たり前ですね。

しかしそんな当たり前のことを、切断処理信者理解できません。

それは知能が低いのが理由だとお伝えしましたが、もうひとつ理由があります

彼らは、本当はその「グループ」に興味がないのです。

炎上した案件に飛び付いただけで、

炎上する問題が出た背景も、その「グループ」にどんな考えの人たちがいるかも、全然興味がないのです。

彼らは、ただ炎上した案件に飛び付き、気持ちよく叩ける相手を叩きたいだけなのです。

しかし、その「グループ」をまるごと叩いてしまうと、他の人から自分が叩かれるのは目に見えています

から彼らはいうのです。

「いっしょくたに叩かれたくないのなら、問題を起こしたやつらを内部批判して別の名前をつけろ」と。

まり気持ちよく叩いても誰にも非難されない、そういうサンドバッグを作って自分差し出せ、と言いたいのです。

それが彼らのいう「切断処理しろ」の正体です。

他人を叩きたい、けれど自分は叩かれたくない。

差別をしたい、けれど差別主義者と言われたくない。

から同じ「グループ」に見える人たちに、「叩いていいグループ」の切断を迫るのです。

本当に卑怯気持ちの悪い考え方ですね。

なお、実際にはそんなことは不可能です。

前述のように、なにかを代表して発言することは、現実組織でない限りはほとんどすべての人にとって不可能からです。

また、炎上案件というのは傍目には分かりやすく誰かが悪者でも、その「グループ」に近しい人にとっては非常に複雑で簡単には解決できない問題が絡んでいたりします。

あるグループについて深く知れば知るほど、簡単に誰かを「切断」すれば済む問題など存在しないことに気づきます

大抵の問題は、まったく興味のない人間勝手断罪できるようなものではないのです。

これも、知能が高くできうる限り公正であろうとする善男善女のみなさんには当たり前のことなのですが、切断処理信者にはわからないのです。

悲しい生き物ですね。

切断処理をしたつもり」の人たち

しかし、切断処理信者バカ卑怯なくせに声だけは大きいので、

時に哀れな人たちが騙されて、言われるがまま「切断処理をした」と言おうとします。

たとえば以下の増田です。

https://anond.hatelabo.jp/20181015091744

オタク普段からオタクに悪い人はいない」と言ってるけど

徹夜組に対する対応を見る限り既に切断処理してる

コミケ禁止されている「徹夜組」、つまり前日から会場に列を作り並ぶ行為禁止されています

深夜に大量の人がたむろすることで近隣住民不安煽り、また現金精算が基本の即売会に並んでいるとあって犯罪の温床にもなりやすいからです。

しかし毎年徹夜で並ぶ人たちはあとを絶たず、これには毎年ネット上でも批判の声が上がります

まだ13日なのにコミケ徹夜組大量発生か!? 徹夜組へのメッセージが(画像で)集まる - Togetter https://togetter.com/li/860094

では、これでオタクコミケ参加者の「切断処理」は終了しているのでしょうか。

答えは「お前んなかではそうなんだろう、お前んなかではな」です。

もうちょっというと「は? だから???」です。

いくら画像大喜利徹夜組批判してみたところで徹夜組はいなくなっていませんし、近隣住民不安は消えません。

徹夜組対策のために実際に汗をかいているコミケ運営についたは畏敬の念に堪えませんが、

コミケ徹夜待機が「オタク」というグループが起こしている問題だということに一切変わりはありません。

彼らの大事な「切断処理」なんてその程度のものです。

仮に「切断処理をした!」と主張したところで、せいぜいがインターネット議論ごっこ武器程度にしかなりません。

そもそもがくだらないのです。

誤解しないでいただきたいのは、ルールについての草の根啓蒙否定するわけではないということです。

明確で正統なルールがある場合においては、みんなで少しずつ意識を高めていけるのはいいことです。

しかしそれを「切断処理」と呼ぶの馬鹿げていますオタク関係ないことになるわけでは、ありません。

知能が低く卑怯者のはてなユーザーをどうするか

このように、切断処理信者は頭が悪く卑怯インターネット上の議論しか興味のない、大変残念な人たちです。

では、同じ「はてなユーザー」というグループにそのような残念な人たちを抱えてる善男善女の読者の皆さんは、いったいどうしたらいいのでしょう?

答えは簡単です。

どうもしなくて、いいのです。

だって単にたまたま同じサービス使ってるだけの他人です。

あなたは、あなた主義主張を、あなたのしたい場所あなたのしたい相手にしていけばいい。

あなた賛同したいと思った意見賛同し、反対したいと思った意見に反対し、発言したくなければ発言しなければいい。

他人に「切断処理しろ」などと迫られる必要はありません。

切断処理信者のような残念な人たちを放っておいては、はてなユーザー全体がレベルが低いと思われ」ますか?

もし万一そんなやつがいたら、そいつもおろかな切断処理信者というだけです。

オタクも、フェミニストも、男も女もみな同様です。

ただ、ルールや法に抵触していたら、善男善女義務として粛々と通報しましょう。

また、あなた自身批判したいと思った場合はいつでも遠慮なく批判しましょう。

我々に必要なのはたったそれだけです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん