「気質」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 気質とは

2018-10-18

anond:20181018005221

比べる気質だと相手が上手かろうが下手だろうが自分と同じだろうか絵の良さで距離を図測ろうとするものからうまくいかないんだよね

ひゃ〜むなしい

フェミニストミサンドリスト混同

ネット上の異様なまでのフェミ嫌いは、まあ一番の原因としては元々ネット男尊女卑ミソジニー的な気質が強いことによるんだろうけど、ツイフェミ責任も大きい。

ツイフェミミサンドリスト(=男性差別主義者)を自ら標榜するのも少なくなくて、すべてのジェンダーフラット幸福に、っていうフェミニズムの根本的な思想から離れていってる。

何でこういうガラパゴス化が起きたのか不思議ではある。

2018-10-17

anond:20181017082350

アジア人気質から言って、南北朝鮮みたいにしかならないと思いますよ。

欧米人のようにベルリンの壁を壊すことはできません。

2018-10-16

国沢光宏氏のあおり運転記事を論評する

はじめに

国沢光宏氏というモータジャーナリストあおり運転について書いた下記の二つの記事について論評をする。

あおり運転はあおられる方にも原因がある。なぜ譲らない? その原因は…

https://clicccar.com/2018/09/25/632769/

あおり運転はあおられる方にも原因がある」に対する反発意見への回答

https://clicccar.com/2018/09/27/633397/

国沢氏がどれほど影響があるモータジャーナリストであるのかは知らないが、少なからメディアに出てくる以上こういった社会問題に関連する記事を書くにあたり正確な情報を書くべきではないだろうかと考えた。

記事の要点は「あおり運転はあおられる側にも原因があり、その原因は後続車のジャマをしている(=ケンカを売っている)からである。だから後続車が来たら道を譲るべきである自分勝手ドライバーがいるのは教習所で遅く走る時は後続車に道を譲るよう教えないかである。だから教習所は教えるべきである。」である

全てが正確ではない、間違っているというわけではない。正しいこともあり同意できる部分もある。

しかし、記事の内容が全てであるかのような書き方は、間違った部分は間違った認識を広め、場合によっては間違った行動を引き起こす恐れがある(注意してもらいたいのは間違った行動はあおり運転のことだけを指しているわけではない)。

そういったことを防ぐためにジャーナリストであるのであれば正しい情報を書くべきである社会問題に関連する記事は一個人の感想(=主観)が入る車の試乗記事とは違うのである

ちなみに私は何度も上記の国沢氏の記事を読み直した。それは記事前後矛盾があり腑に落ちない点が自分の誤解なのではないかと思ったのも原因である

しかし、それでも腑に落ちない点は解消されなかった。二つ目の反対意見への回答の記事は国沢氏曰くもう少し解りやす説明したにも関わらずだ。

問題は何か?

問題は二つある、。

一つめの問題点は、国沢氏が「あおられる側にも原因をある。」とあおり運転は両方に原因があるとしている。

国沢氏の主張として、あおられる方の原因は後続車のジャマをしている(=ケンカを売っている)からであるしかし、全てを一つの原因と結論づけていいのだろうか?

あおり運転が発生した状況を分析すればケースバイケースでいくつかに分けることができる。

まりケースバイケースで原因が異なってくることを意味している。それは場合によってはあおられる方に原因が無いと考えられることもできる。

例えば私はこういったことを経験したことがある。

田舎区間のせいかガラガラ高速道路走行車線制限速度の100km/hで走行中、同じく走行車線を走る大型トラックが3台おり、速度差があるためトラックに追い付いた。

ちなみに私はクルーズコントロール使用して走行していた。その設定速度の誤差ははGPS速度計と比較して1km/h程度であることは事前に確認してあった。

前のトラックとは安全距離をこれ以上、確保できない距離まであと少しという距離まで近づいたところでルームミラーとサイドミラー確認した。

追い越し車線上には後方を商用車ライトバンが走っていがいたが、ルームミラーでは意識する必要が無いくらいの離れていた。そのライトバンが10km/hぐらいの速度オーバーで近づいてきてもそう簡単に追いつかれない距離である

ウインカーを出して、追い越し車線側に車線変更完了した。

徐々に大型トラックを追い越しいく念のためルームミラー確認したところライトバン距離が急激に近づいていることが確認できた。大幅な速度超過をしていることが予想できた。

大型トラック同士の車間距離は大型トラックへの安全考慮すると走行車線側に避けるには十分とは言えない。

そのため引き続き走行車線を走り続けた。もちろん大型トラックの追い越しが完了でき次第、走行車線車線変更するつもりで走っている。

しかし、大型トラックを2台目を追い越すころにライトバンが追い付き、ナンバーが見えない距離まで車間距離を詰められた。ライトバンあおり運転をし始めた。

そのあおり運転は3台目の大型トラックを追い越し、終わり走行車線に戻るまで続けられた。もちろん私は追い越しが完了次第、走行車線に戻っている。

ルームミラーに3台目の大型トラックの前の部分が映ったのを確認したらウインカーをだして車線変更をしている。そのまま追い越し車線を走行をし続けてはいない。

ちなみにあおってきたライトバン走行車線が空いているにも関わらず、私を追い越した後も引き続き追い越し車線を走り続けいた。

しかも、私が大型トラックを追い越す前から走っていた。私の後ろには走っている車は無く走行車線に戻るには十分なスペースがあるにも関わらず追い越し車線を走っていた。

このような経験したことがある人は少なくないのではないだろうか?

ここで原因を分析したい。

結論から言ってしまえばライトバンの大幅な速度超過があおり運転が発生した原因である

道交法に従い走行車線を走り、追い越し車線を追い越しのためだけに使用している。また、クルーズコントロールを使い制限速度で走っている。絶対そんなことはない、1km/hでもオーバーしているまたは遅いこともあるはずだって人もいるだろ。

かにその指摘はごもっともだろう。しかし、1km/h程度の差は今回のあおり運転が発生した原因に寄与していると言えるだろうか?私にはその理由が思いつかない。そのため考慮すべきことから除外する。

最後に追い越しが完了次第、走行車線に戻り後続車に道を譲っている。これも道交法に従った行為であるしかもこの追い越しは走行車線を走っている大型トラックへの安全配慮している。

ここまで私に何か落ち度があっただろうか?ただ道交法に従って走っているだけである

国沢氏の記事によればマナーが良いドライバーであるのであろう。しかし、私はこの譲るという行為により自分マナーが良いドライバーとは私は思っていない、単に道交法に従っているだけである

先にも書いたが追いつかれた車の義務として後続車に道を譲っている。状況的にマナーとしてではない。

一方、ライトバンはどうであろうか?大幅な速度超過をしている。先にも書いたが10km/hぐらいの速度超過ぐらいでは簡単に追いつかれない、また意識する必要性も無い距離であることを確認してから私は追い越し車線へ車線変更をしている。

また、もし覆面パトカーがいたら確実に捕まる速度である私自身、何度か覆面パトカーで捕まるのを目撃している経験からそう判断した。

ここで10km/hとしたのはメーターの誤差を考慮してであるライトバン制限速度で走るため誤差を考慮してメーター読みで110km/hで走っているかもしれない、しかし実際はメーターがほぼ実測に近い場合もあると考慮している。メーターには誤差があるからこれは仕方が無いことである

もしライトバンによる大幅な速度超過が無ければ私が大型トラックを追い越し終わるまでには追い付かない、すなわちあおり運転が発生する状況は生じなかったのである

から原因はあおり運転をしていた後続車にあり、あおられた側にはないと結論できるのである。そしてその原因は大幅な速度超過である

後続車の速度を見誤って追い越したのが悪いという人もいるかれいない。しかし、結局はその原因も後続車の大幅な速度超過が悪いという結論に達するだけである

後続車をジャマするからあおられる。だからあおられる側も原因があると国沢氏の主張は一部であっているかもしれないが、そうでない場合もあるのである

ここに書いたのは私が書いた経験の一例である。他にも分析をすればあおられる側に落ち度が無いケースはあると考えられる。


二つ目問題は、平然と矛盾している。誰か校正してないのであろうか?

補足記事に下記のように書かれている。

"・あおるヤツがすべて悪い"

"その通りだと私も文末に書いている。"

元の記事タイトルを見てみよう

"あおり運転はあおられる方にも原因がある。なぜ譲らない? その原因は…"

またその文末にはこう書いてある。

"そもそも3車線ある区間で大型トラックが一番右の車線を走ることは道交法禁止されている違法行為警察もキチンと取り締まれば良いと考える。とにかく後続車にケンカを売るような走り方を一掃することから始めるべきだろう。その後に残るあおり運転は明らかに犯罪者だと思う。遠慮や躊躇すること無く検挙し、一発免停などの厳罰処分をしていけばよい。"

何度もタイトルと文末を読み直した。

私にはタイトルと元の記事の内容からあおられ側にも原因があると国沢氏主張しているとしか読めなかった。そもそもそれを主張するための記事ではなかったのであろうか?

文末にあおるヤツだけが原因だと書かれている個所を発見することは出来なかった。

どこにあおるヤツがすべて悪いと書かれているのであろうか?あおられる側にも原因があると主張しているのが元の記事である。すなわちあおるヤツが全て悪いという主張は記事意図とは明らかに違う。。

国沢氏が補足記事に下記のように書いているが、読解能力問題なのだろうか?国沢氏の論理の展開力の問題校正問題ではないだろうか?

”よく読んで頂ければ記事に盛り込んであるのだけれど、昨今の人は読解能力問題なのか理解出来ないようだ。”

また下記の文も不可解である

"後続車のジャマをしなければいいだけのシンプル事象と全く違う。"

あおられる方だけに責任があると読める文章である。なぜならひとこともあおる方を指摘する文が入っていためである

主張が補足記事のなかで変わるためなにが本当の国沢氏の主張なのか理解し難い。この一文が国沢氏の本音の主張であり、他は建前ととらえることもできる。

また、この文を読んだときに国沢氏のあおり運転問題に対して自分主観だけに基づいて記事を書いたのではないかと疑った。

もし本当に国沢氏が先ほど引用した文にあるようにあおる方が悪いとと思っているのであれば「道交法を守ればいいだけのシンプル事象」の方が本質を表しているので適切ではないか

前を走る車も後続車も皆が道交法を守ればあおり運転は発生しない。それが出来ていないか問題なのではないだろうか?

にも関わらず国沢氏があおられる方だけ限定するのは不可解であるモータジャーナリストであるのであれば客観的考察をしてもらいたいものである


同意もできることも

早い後続車が来たら道をゆずることとそれを教習所で教えるべきという点は同意できる。道路の状況次第で適切に行うことは良いことである。また一部の犯罪者気質から防衛運転すべきという点も同意できる。

また、大型トラックが追い越し車線を走行しているのは道交法違反であり、円滑な交通を阻害しているという主張も同意できる。


まとめ

社会問題となっているあおり運転に関する国沢氏の記事は正確さにかけていることを指摘した。

まず、国沢氏の主張であるあおられる方にも原因があるというのは間違っていることを指摘した。

ケースバイケースで分析をしないとあおられる方にも原因があるとは断定できない。すなわちあおられる方に落ち度が無いこともある。

一部、そうったあおられる方にも原因があることもあるとうのであれば理解はできるが、国沢氏の文章にはそう書かれてはいない。

また、国沢氏の主張には明白な矛盾があることを指摘もした。あおられる方にも原因があると主張する記事でありながら、あおるやつが全て悪いと補足されている矛盾があった。

ただし、国沢氏の主張が全てが間違っているわけではなく、正しく同意できる部分もある。

あおられる方だけに責任があると読める文が含まれていた。コンプライアンスが厳しく問われる昨今、モータジャーナリストとしてこの文がいかがなものであろうか。

モータジャーナーリスト記事を書いてお金を貰い(このお金も元を辿れば一部は自動車メーカーもしくは関連会社スポンサーからであろう)、自動車メーカーや輸入代理店が用意した試乗車を公道もしくは自動車メーカーが高い金を払って借りたサーキットで試乗している。

もちろんメーカー宣伝してもらうために行っている。

いかえれば直接的、間接的に自動車メーカー関連会社と一緒に仕事をしているのがモータジャーナリストである。請け負っていると言う方が適切かもしれない。

そのモータジャーナリストである国沢氏のこのあおられる方だけに責任があるよめる文を記事に書くことに関して自動車メーカー関連会社人達はどう思うのであろうか?

私が自動車メーカー人間なら一緒に仕事をするのを止めたいと思う。一緒に仕事をすることでブランドイメージが損なわれる恐れがあると考える。

オナ禁5日目

ものは試しで開始してみたので所感等。

マジで抜け毛が減った。体感今までの1/4くらい。枕元や排水口に髪の毛が残らないのって素敵! リセしたら無限に抜けそうで怖い……。個人差はあるだろうが、2日目くらいから目に見えて減ってきた。

・存外髭は薄くならない。残念。これはもう少し継続したら効果が出てくるのかもしれない。

・目覚め良好。もともとショートスリーパー気質ではあるものの、起床時特有の倦怠感が薄れてきた。3時間睡眠でもパフォーマンス落ちない。コスパ良き。

・ムラムラはするが、抜きたい衝動に駆られるほどではない。しかエロコンテンツに触れたとき勃起する頻度は高くなったように思う。今まで夢精経験ゼロなので一度体験したくはある。

趣味を見つけた方が継続できそう。たまたま現在仕事多忙から興味がエロに向かっていないだけっぽいし、暇になったら普通にオナニーしちゃいそう。

こんな感じです! 増田各位も一度はやってみると見聞が広がると思います。もう少し続いたらまた投稿するかもしれません。

anond:20181016023133

気が短くて甘ったれ責任転嫁気質で何一つ同意できないおっさん。コト自体も雑で早漏だろうと思われる。とにかく、同じおっさんとして申し訳ない、としか言いようがない。

ちなみにLINEやってるなら、お金LINEペイで入金して貰えば会わずに済みますよ。今さらでしょうけど。

2018-10-13

anond:20181013072350

自殺しろと画面に向こうの相手に向かって脅迫するアスペルガー気質もいる。ここは心に闇を抱える偏執狂の巣窟に成り果てた。

2018-10-12

anond:20181012094032

ドラマでどれだけ方言指導を充実させても関西人から見て変に感じる理由が書かれている。上っ面だけ関西弁セリフにして脚本を書いても、関西人気質理解していなければ、それは関西人セリフありえないってことね。現代では地方若者気質東京化してきてるとはいえ昭和ドラマ登場人物を同じように全国均一化した気質脚本書いたらまずいわな。

2018-10-11

anond:20181011232426

実際に弓が生き残って使われてたようだし、火縄銃戦術の幅を広げるに留まる

コロンブスが死んだ年にザビエルが生まれているわけだし2世代差くらいなら

人口比と地の利戦闘気質でなんとかなるだろ

なお歴史に詳しくはない

2018-10-10

オタクフェミマジでキモくて不快から隔離されてほしい

主義主張正当性があるかどうかとか関係ないんだよね。さも上手いこと相手批判してやろうってことしか考えてないし自分の考えが絶対に正しいと思ってて、その前提の上で論を展開させようとする態度がマジでキモい。どっちも攻撃的で発言に躊躇いが全然ない。今のオタクってオタク名前を借りたDQNだろ。フェミ自意識過剰愛されない系ヒステリックババアだろ。オタクフェミ対立じゃねーだろこれDQNヒスババアが言い争ってるだけじゃん。クレーマー気質バカ共が喚いてるってだけ。お互いクレーマー気質品性や敬意を払えない余裕のないバカのくせに自分のことを賢いと思ってるのが本当に質悪い。お前らのブサイクな言い争いを目につく場所でやるな。不快ブスブサイク共はもう少し謙虚に生きることが出来ねーのかよ。だから差別されんだぞ。精神貧困層ども。

2018-10-09

anond:20181009120357

世界で300万本売り上げた日本オタクゲームには、

セーラー服を着ているリョナ絵』が出てくる

少女監禁拘束して恐怖する姿を撮影して喜んでるサイコパスが愛好している

そういうことだ

世界で300万本売り上げた」=「300万人に受け入れられてる」以上の何かではないが。

フィクションで好むことがサイコパスかどうかを判断する基準になると思ってるの?

もしなるのならミステリーを年50冊読んでる奴ってシリアルキラー気質か?

毎週火サス見てた俺のばあさんは?スタローンファンは?

コマンドーセリフ暗記してる奴はどうなるんだ?


からフィクション現実区別はつけろって。

はてブ本質文系差別

https://anond.hatelabo.jp/20181008004041

よくリベラル寄りの雰囲気を指摘されるけれども

文系差別気質がよりその本質だと思う。

文系権威主義には異常なほど嫌悪感を剥き出しにするくせに

理系権威にはすさまじく迎合するというダブルスタンダードが醜い

2018-10-06

anond:20181004041738

数年前の私じゃん。びっくりするくらい。

ちなみに私も元増田と同じで生きてる意味が分からなくて早く死にたいクチ。

でも死にたいけど、そんな簡単死ねないし、死ねないなら生きていかないといけないし、生きて行くならちゃんとした人間になりたくて、留年ギリッギリのところで学校カウンセリングセンターに飛び込んだ。

まじでクソみたいなプライドだけど、そのプライドが私をギリギリ社会人にしてくれた。

カウンセリングって病気の人が受けるもんだとずっと思ってたんだけど、知らないおばちゃんがただ話聞いてくれて、じゃあゼミ教授学科長に掛け合ってみるねって言ってくれただけだった。

単位計算とか卒業するのに必要な事とかそういう面倒な事を全部お膳立てしてくれたし、何もかもにやる気が出ない時にめっちゃ助かった。やって欲しい事しかしてくれなくて今でも超絶感謝してる。

うちの学校カウンセリング室はめちゃくちゃ有用だったから、元増田も一回行ってみれば?カウンセラーの人と相性悪かったらチェンジ出来たりもするしおすすめ

…とか卒業して社会人になる事を勧めてるけど、そんなちゃん卒業してちゃん社会人になった私は、現在ほぼニートしてる笑

私の場合は、前述した通りちゃんとした人間になりたい!っていうプライドけが苦しみながら働く事、生きることへのモチベーションだったんだ。

でもそういうちっぽけなプライドって永遠にエネルギーとして人を生かしてくれないんだよね。

そもそもちゃんとした人間なんていう普通の人がごくごく普通に生きてれば達成されるものになりたいって思ってる時点でお察しなんだけど、まあ、見事甘え癖のひどい駄目人間気質から抜け出せなくて、リタイアしました。社会人

今はもう、こんなどうしようもない自分を受け入れて、最低限親兄弟迷惑かけないように生きていこうって段々前向きになれてるけど、ここまでくるのにそれこそ学生時代より眠れない日々を送ったし、毎日死んだように生きてた。

なんとか社会人になってしまった反動なのかな。ギリギリ普通人間になれたのに、自分が頑張れなくて普通から脱落した事が本当にしんどかった。

日中ベッドで寝てた。布団の中だけが安心出来たから、眠らないのにずーっと寝てた。

その間、いろんな治療をした。

もちろん、学生時代家族にずっと内緒にしていた生きることへの疲弊した気持ちを隠し通せるはずはなくて、家族に、申し訳なくて消えたくなりながら、でもどうしてこんな風になってしまったのか分からなくて、つっかえつっかえなんとか伝えた。

親は完全には理解してくれなかったな。

普通に生きれる人達から、私みたいな人の事はやっぱり理解出来ないみたい。

それが原因で怒られたり泣かれたりしたし、そうしたらまた死にたくなるくらい落ち込むしで不安定な時期もあったけど、時間が経つと親も私が普通でない事を受け止めてくれたみたいで、すごく生きやすくなった。

まあ、諦められたとも言うんだけどね。何にも期待されないし、そういう風に考えるとそれこそ存在意義が無いような気がして無性に泣きたくなるけど、私が居なくなったら一番泣いちゃうのもまた、親なんだよね。

私が居なくなったら死んじゃうくらい泣いてくれる人がいる。

そう思うと、生きていくだけなら頑張れるかなーと思えてきて、私らしく自分に甘ーく死なない程度に生きてます

元増田は、というか元増田や私みたいに普通のことが頑張らないと出来ない人はさ、本当は普通に真っ当な社会人になりたいんだろうけど、私みたいにならないように、社会に出る前に留年してでも、自分ととことん向き合った方が良いよ。

私は、ずっと自分のことを勘違いしてた。

やろうと思えば普通の事が普通にできる人間なんだって思ってた。

ただやらないだけなんだって

でも、違ったんだよね。

人間の形をしてるんだけど、きっと私は陸で生きてる魚みたいなもんなんだと思う。

空気の中で息を吸って息を吐いてるだけで、そりゃもう奇跡みたいにめちゃくちゃ頑張ってる。頑張って頑張って呼吸して生きてる。

から、弱くて当たり前なんだよな。空気から酸素を吸う事が苦にならない人間普通にできるその先の事は、もうとんでもなく頑張らないと無理なんだよな。

からすぐガス欠になっちゃう。

そんな弱い生き物が、なんのために生きるのか、どうやったら生きていけるのか、そういう事にちゃんと向き合わないと、どんなに形だけ整えてもすぐにダメなっちゃうよ。

向き合ったら、えら呼吸もまあ悪くないよ。意外とそういうお仲間はいっぱいいるしね。

でもねー、そういうえら呼吸人間が、人並みに卒業して社会人になったっていうのはその先の人生でもすごく支えになるというか、あの時私すごく頑張ったんだなって褒めてあげられるから、やっぱりおススメです。

そして、一回ちゃん自分に向き合う時間を取って留年するのもまた、おススメです。わけもわから空気の中でもがかなくてすむもん。

まり自分の好きなように生きたら良いさ。多分全部不正解で全部正解だよ。

だってさ、私達生きてるだけですーーーっごい頑張ってるんだよ!偉い!!

2018-10-05

オタクとしてのスタンスの違い

 十人十色天上天下唯我独尊、誰一人として自分と同じ人間はいない。

から言われ続けているにも関わらず、やっぱり人間はどこか人間属性や種類に分けたがる。それは愚かなことである一方、経験から答えを導き出してより良くしたいという意識でもあるのだろう。

 オタク、という言葉も分類の一つだ。最近サブカルチャーへの風当たりも和らいで、オタクであることに罪悪感を感じたり、オタクであることを必死に隠したり(私個人としてはさほどオープンにはしていないが)、必死になって人権の為にオタク隠しをしなくてもよい世間雰囲気がある。そのこと自体文句も何もない、オープンオタククローズオタクに関しては、不利益をこうむらない限りは私は他人にあまり興味がないのでやりたいようにやってほしい。

 脱線が過ぎた、私が増田に書き散らしたかったオタクの種類は

短期スパンで次から次とジャンルを変えていく熱し易く冷め易い尻軽オタク

「一度ハマれば何年たとうが動きがなかろうがしつこく居座り続ける老害オタク」 のことについてである

 別に優劣を決めようという訳じゃない。だからこそどっちもマイナス印象の言葉で綴った。それにざっくり二つに分けたが、それぞれでもそれこそ長さなどで違いがある。じゃあ中間ってなんだよと言われればそれもよく分からない。全部を分ける必要もなく、でもそれでもやっぱりスタンスの違いは確実に”ある”と思う出来事が重なったので、増田に記している。

 

 私の友人には短期オタクが多く、一方私は長期オタクだ。長期オタク自分から見れば短期オタクは「落ち着きがない」「尻軽」に見える一方で「多くのジャンル雰囲気を知っている=知識豊富になることに繋がる」「好奇心の豊かさとフットワークの軽さは多くの場面でプラスに働く」という憧れも抱く。一長一短、単純な良悪でははかれないのがスタンスというものだと思っている。だから短期オタクであっても友人でありたいと思っている。思っているのだ。

 それでもやっぱり、次から次と、これがいい面白い、あれを見ろ、といわゆる「布教」をされるのは、勘弁して欲しいのだ。長期オタク気質もつ私にとっては、ジャンルにはまるということは、一生追いかけるものになることで、なんならサービス終了したソシャゲについても、あの世界観とキャラクターを愛してしまったが故に、終わった世界であってすらも追って(思い出して)いる。当然私もその時々で熱が高いジャンル、落ち着いているジャンルはある。だが、一度愛したら最後、ふとした瞬間に好きだという気持ちが止まらなくなるのだ。好きになれば手元におきたいものも増え金もかかるし、脳は一つしかない、自分が同時に考えられることなぞ少ないのだ、ジャンルが増えすぎると、困ってしまうのだ。

 短期オタクの友人は善意で進めてくる、同じジャンルにいると確かに話題を共有して楽しく話ができる相手だ。なにより友人の発想は面白く、友人でいたいと思っている。そもそも布教と言っても、不特定多数に向けて面白いよ~と主張するなら受け入れられる。でも友人である以上食事を共にしたりする、そのタイミングで直接進められてしまうのだ。時には布教をするために話しかけられたりする。一人だったら諦めもつく、複数人いるのだそういうタイプの友人が。

 進められている内容は聞くし、なにより自分の好きな内容について語る人間は得てして輝いており発言面白い。友人もこんな自分の友人をやってくれているのだ、進めようがやらないときはやらないし、見ないときは見ないと分かってくれてはいる。その時点で恵まれているとも思えるが、それでもやっぱり負担であるのだ。

 知り合いの短期オタクの中には、布教の際にかなり強い言葉を使う人間もいれば、前ジャンルに砂をかけるタイプ人間もいる、その行為はどうかとは内心思っているが、まぁ目をつぶろう。長所短所ものは言いようだし、しょうがない。

 もっと煮詰まった長期オタク人間からすれば、私であっても複数ジャンルを抱えている尻軽オタクだろう。そういう意識もある。

 でもたまに、勘弁してくれよ、と友人関係を放り投げたくなる気分になるのだ。結局投げないのだが。

 もっと上手に短期オタクと長期オタクとしてのスタンスを乗りこなしたいなぁと思う。

 はぁー、なんかいい案ない?

2018-10-04

anond:20181004230516

いや、だから、それが博打気質なんじゃないの?

芸能人とか芸術家目指すやつと同カテゴリだろ。

anond:20181004225943

元々ああい世界って実家金持ち自分必死で稼がんでもいい身分の人か

失敗して死体となっても構わないという博打気質が行く世界じゃないの

安定したいなら企業就職するだろ

親の顔見るたびに早く消えてほしいって思うけど、よくあることだよね

現在喧嘩してるわけでもないし、過去に大ゲンカしたわけでもないけど

から親には嫌な思い出しかない。

子ども時代のおれをストレス解消の道具としてしか見てなかった母親

他人の粗探しばかりして、何に対してもクレーマー気質父親

おれを育てる金を出してくれたことに対してだけは感謝してるが、それ以外は嫌な思い出しかない。

親が死んだときから自分自身人生スタートする気がする。虚しい。辛い。

うーん、まずい!もう一杯!

こういうこと言ってるから日本人からブラック気質が抜けないんだよわかってるか

2018-10-03

最近ネット放火したい人が多すぎ。

たぶん自分の狭量や偏屈晒すことに快感フェティシズムを持ってる人が増加してるんだと思う。

 

一昔前ならそれはただの醜い「露悪」と取られて相手されなかったと思うんだけど、

最近ネット上だとすぐそういうのに乗っかってくれる人が尽きないというか、

そういう悪意的解釈に「イイネ!」と感じるような陰謀論気質の人がうようよいて、

容易に思考汚染されちゃってくれるから共感を得ているような状況と認識して気持ちいいんだろうね。

これと同じ形態感染する思考汚染って古くはネトウヨ(中韓ヘイト)だと思うんだけど、

それがより一般層に馴染む形で別の形として進化したのが、放火炎上であって、

それに群がる繊細チンピラに姿を変えただけなんじゃないかなって思うね。

性への嫌悪とか、他人賃金に関することとか、流行集団への嫌悪

いろいろ過剰だし当事者でもないのに勝手に傷つけられたかのように感じて怒る人が多すぎる。

2018-09-30

立憲民主党支持者、あるいは野党支持者の受け身気質

立件民主党支持者、いや野党支持者の受け身気質が最大の癌であると改めて確信した


おしどりマコ擁立に怒れる立憲民主党支持者達、あるいは野党支持者達

彼らは皆雄弁に、そして理論的に立憲民主党枝野代表を素晴らしく批判している


だが彼らの多くの怒りからにじみ出るものは公憤なのか?

優れた野党が天から降臨し、口を開けていれば優れた野党が素晴らしい野党してくれるだろうという傲慢な考え

「天賦野党説」と言うべき甘ったれ妄想にそぐわないからキレ散らかしてるだけではないのか?

今のお前等に本気で枝野を、立憲民主党を叩き直す気概のある奴は何人いる?

別に内ゲバを見たいわけじゃない、だが薄っぺらい怒りと科学的なコレクトネスを見せつけて

何かしたつもりの連中にほとほと辟易した

から俺も怒りに任せ書き散らかした

今の立憲民主党は俺とお前等の鏡写しに違いない

----------------------------------------------------------------------------------------------

追記)読み返したら御託くっちゃべる連中ばかり目の敵にして、風評被害当事者の事なんざコレほども考えてねえ駄文だが、戒めにそのままにする

2018-09-29

職場ガチャがドブ続き。

多分世の中で8割くらいか認識されてるサービス会社に、事業会社でおおらかな気質だと紹介されて入ったが問題が多すぎて短期間でやめた。

ネットサービス会社なのに、悪評対策もしないらしい。

何を評価されてその役職についているのか、役員クラスしかからないだろう上の人間

どこの組織にもあるあるだろうが、色々すごかった。

人によっては人徳個性から許される振る舞いでも、一歩間違えたらセクハラパワハラなのにやっちゃうとこも、周りも、そういうものだと認識してるんだと思った。

まりに話が通じなすぎて自分おかしいのかと、別グループの人に状況を話したら、幸いこちらが間違っているのではなく、上の人間はいつもそんなだから極力関わらないという返事だった。

思いつく働きかけはしたし、力になりたいと言ってくれる人もいたけど、働きかけたところで自分にとっていいことはないなと思って離れることにした。

赤色を知らない相手自分が見えている赤色を正確に伝えられる能力自分にないし、やりとりを通じて赤色存在のもの認識させることすら難しいと思った。

働いている期間中コミュニケーション能力が高いと言われることもあったが、コミュニケーション能力ってなんだろうという疑問が大きくなった。

特別なことはしていない。

最近の忙しさを聞いたり、困っていることを聞いて、汎用性が高く具体的にすぐ動ける方法から抽象的なことまでいくつかを手短に話したくらい。

何より話を聞いてもらえる相手を求めている人が多かっただけに思った。

本来メンターや先輩がその位置な気がするが、そういうフォローはないようだった。

できて数年というわけでもないのに、謎は深まるばかり。

人が足りないと言い続けるくらいならフィルタを緩めて長期間いる派遣でもどんどん正規に切替たらいいと思うがそうはいかないらしい。

まともそうな組織の見ているもの、目指しているものは何なのか、中の人にはぜひじっくり聞いてみたかった。

次は変な人が少ないところに行けるといいな。

2018-09-28

名前のせいで背負わされた

私の育った場所は海から程近く、海沿いに小学校中学校高校と並んでいるとても良いところだ。

私は女であるにもかかわらず、男の名前をつけられた。名前意味するところは、「何かを創造するものである

父の思いを背負った私は、自立心にあふれ、成績も地頭力も悪くないし、利発で素直な為、声も大きくしかも遠くで聞こえるため、ちょっと目立つ存在だった。

将来はアナウンサーナレーターになりたいと思っていた。

海辺の街は中途半端なおんなおとこの私を広く優しく受け止めていたので、のびのびと育った。

萎縮しなければならない時は、機械設計生業としていた父の「何かを創らないと社会に貢献できない」というプライドを見せつけられるときと、母が暴力を受ける時、そしてそれに絶対的に立ち向かう時だった。

私は父の影響を受けて育ち、プログラマーの職についた。

技術者にならなければならないと思ったからだ。

技術者はかっこよかったし、父に憧れていた。しかし気づいていた、私には技術者気質はない。

どこまで自分他人を騙しながらソフトウェア業界にいられるだろうか…

そう思いながらも、これから大きなシステムを作り、管理職について、結婚をして、子供を作る。

それは実現すると思っていた。

2018-09-26

anond:20180926011839

かに他の国ではあんまりいないらしいが、日本だとうーうー言いながら駅で鉄オタしてる人をよく見る

日本電車が正確に時刻を守ることと関係があるらしい

決まったルールを頑なに守る自閉気質公共機関すらも縛っているのかな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん