「ジャケット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジャケットとは

2018-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20180617202633

マジで婚活パーティは当たり外れの差が激しすぎる。

デブオヤジコミュ障ばっかり。

女性OLが多いので身だしなみに気を遣っているのに、男性は人を不快にさせるような見た目だと気付いていない感じ。

多分ファッション誌を一度も読んだことがないんだと思う。

それでも明るくて楽しく会話できるなら細かいところは気にならなくなるのに、さら根暗で会話が成立しないか女性接待しているような気持ちになる。

礼儀がなっていない人は、黙っていて喋らなかったり、やたら上から目線説教してきたり。

こうゆう人がネットでいきがっているんだろうな、と思う。

まずはジャケットを1枚買ってから参加してほしい。

そして、受け身の姿勢をやめてほしい。

そういった男性ありのまま自分を受け入れてほしいと思って参加するから女性から嫌がられるんだと思う。

2018-06-14

anond:20180614201607

HINOMARU歌詞はまーいいとして、そんなに日本LOVEなのにジャケット白人女性なのがダサいなーって前も書いたよね。

なんで日本が好きなのに、女の人は白人女性なの?外人欧米人コンプ強すぎて凄い恥ずかしい。

日本LOVE歌詞が無ければ、ジャケット白人女性綺麗ですねー。ファン女性自分と比べようがないので無難ですねですむんだけど。

[] ユニクロへのお願い

新幹線で刺殺された事件は、防刃や防弾の服が普及していれば、死なずに済んだのでは?

 

この防弾スーツを開発したのはカナダスーツテーラー、Garrison Bespoke。

ジャケットの裏側とベストの表側などにイラク戦争時にアメリカ軍の装備に使われていたのと同じカーボンナノチューブのシートが6層にわたって織り込まれていますが、通常防弾チョッキに使われるケブラー繊維よりもはるかに薄くて柔軟性があり、50%も軽いものです。

お値段は20,000カナダドル(約190万円)

 

 

これユニクロが量産したら、1着1万円ぐらいになるんじゃね?

てなわけで、よろしく頼みますわ。

2018-06-11

anond:20180611074550

わかる

俺も「まずは後ろからジャケットを被せて視界を奪い…」とか考えてる

2018-06-09

服に穴が空いたので買わないといけない

のですが、本人が全く服に興味がなく、わたしセンスZEROなので男性のことまで知るよしもなく。

調べようとしたんですが、どこをみてもヒゲ、そしてメガネヒゲヒゲ帽子メガネまたヒゲ。やってられん。

適当にまとめたので、ファッションなんて微塵も興味ない人が服に穴が空いて致し方なく代理を買うときの参考にしてください。

似た体型や雰囲気の人を街で観察する。20代ならファッション投稿アプリ、30代は公園のお父さん、40代から海外ファッションを参考にしたらいいのかも。

男性はシルエットが勝負。とにかく身体にピッタリしたものを着る。(なんたらライン20代のオシャレ男子しか出てこないので参考程度に。)

がっちりめの人は首・手首・足首を見せ、華奢な人は隠す。

黒・紺・白・グレー・茶色の、無地であればだいたいなんでもOK(雑だなぁ)。

上は半袖Vネックポロシャツか、Tシャツ(+ネイビージャケット)、白シャツ。冬ならニット(+白シャツ)。どれも必ず丈短めに。

下は細身ジーンズに、スニーカーや革靴など。靴は難しいので目立たないやつで。白いパンツ、尖った靴は難易度が高い。

買う場所は、アウトレットデパートHPを見て、共通して入っているところで探す。普通に「◯代 男性 ファッション」で探しても。

インナーは安くていい。ジャケットコートちょっといいところで。ブランドの値段がかけたい金額に見合わなければ、ファストファッション下位互換を探す。

面倒がらずに必ず試着する。

上級になるかハゲたら、ストール帽子メガネストライプヒゲとかを追加で装備。

サングラスをかけない。短パンを履かない。

初心者方針はそんなところです。以上です。

2018-06-08

anond:20180608204428

椎名林檎は良いのに言われちゃうんだなぁって感じ。


HINOMARUって曲が入ってるCDジャケット白人女性なのね💦

日本が好きなのに、日本人はジャケットに向かないのかな

和風日本モデルを使ってほしかったな。

2018-06-06

anond:20180605151152

全くおっしゃる通りですね。→

何かで「平服」を指定されて困ったら「カラージャケット」にすれば皆がカジュアルに寄せてきてもフォーマルすぎないし、皆がフォーマルに寄せてきても浮かないか大丈夫だ、って書いてあった。

平服指定されたら基本スーツで」というのはそれと同じで、「それが一番無難ですよ」って事なのである

なお、自分センスに自信があるのであれば、何を着ていっても構わない。外すと恥をかくだけである

これが日本

冒頭、ワンルーム

車イスに乗る老婆と中年男性

中年男性甲斐甲斐しく老婆をベッドに乗せる。

老婆の首を絞める中年男性

その姿をケータイ撮影する男性マイクを突きつける芸能リポーター

スマホに目をおとしたま、歩きだす男性

これが日本


歩き続ける男性。曲調はアイドルポップ。

男性の背後で制服姿の男女が踊る。

男女は、ひとりずつ退場していく。

幾人かは、ジャケット羽織り。

幾人かは、酒を手に。

幾人かは、ブーケを手に持ち。

ある女子は、子連れ男性に連れられ。

(この瞬間のみ、画面上に煽りたてるような罵倒文字が踊る)

そして、最後に残されたものは、立ちすくんだまま動けなくなる。

男性は歩き続ける。

混沌とした遠景では、アニメCGキャラクターたちが生き生きと動いている。

————

場面が変わり、童謡を歌う幼児の姿。

カメラが水平に移動すると、同じように童謡を歌う老人たち。

そこに高齢ドライバー運転する乗用車が突っ込んでくる。

これが日本


ワイドショーの司会が、これまで歌詞説明している。

眉根を寄せながらフリップをめくる。

大げさにタレントが驚く。

————

歩き続ける男性

背景には老若男女が入り乱れて踊る。

皆が目を瞑っている。

ぶつかり合うことはない。

男性スマホポケットしまい、拡声器を取り出す。

皆は走り去る。散り散りに逃げていく。

男性一言も発することな拡声器を捨て、少し目を瞑る。

男性はまた歩きはじめる。

————

男性ワンルームに戻り、ポケットからウォークマンを取り出す。

音楽を聴きながら踊る男性

カメラは中空へと浮かび上がる。

沢山のワンルームで、沢山のひとがそれぞれのダンスを踊っている姿が見える。

————

男性が歩いている。

たくさんのひとに追い抜かされる。

2018-06-05

anond:20180605153232

同じくググっていろいろ読んでみたけど、例えばパーティーであれば、

ジャケットを脱いだときに(そもそもなるべく脱がない方が良い)シャツを人目にぶっ放さないように(きちんとした場においてシャツは下着であって見せるものではない)内側にベストを着用して、

紺とかグレーとか縦のストライプじゃなくて高貴な色である黒の単色スーツを着て(仕事で使うスーツの流用じゃなくて、そういう場用のを着てきましたよと)、

白いやシルバーネクタイ(黒は葬式臭い)つけて胸ポケットには三つ折りチーフ入れて、

ちゃんとしてるけど主賓よりは目立たないくらいのレベルでまとめあげて、

ここまでやって初めて「平服でお越しください」に対するアンサー、ってことでいいのかな

でもビジネスにおける平服私服普通に仕事スーツで良さそう

anond:20180604162819

平服でお越しくださいとコンサルティングがあった場合ビジネス鎧がコアコンピタンスであることを意味しています」←は?

平服ってランゲージには「ふだん着ていつつパラレルタスクを消化している衣服」って、この前読んだビジネス書に書いてあったよ。

この先の時代を生き抜いていけないキミそのスーツM&Aに高みを目指したり散歩に出かけたり、英字新聞読了したりするんですね。

え、「礼装じゃ...取引先との商談が上手く行くことがなくてもwinwinでしょう。一般的にはよ」と読み取れる意味話題になって、「改まった場所でも逆に恥ずかしくないアパレル」を着るのがコンプライアンスだって

じゃあそう言えばいいじゃない、それに私はこんな所でくすぶる気はないです。

こういう日本を変えないといけない。

平服」というランゲージにそんなアフォーダンスはありませんよ。

ビジネス用語不自由なんかな(笑)

まぁ、薄々感じてはいましたが。

この案件が激動の時代LAで流行忖度要求する形になるやり方ですか、また1つ勉強になった。

こうしたアンチテーゼに対して「真意が伝わらないというより、あえてしなかった」と言いたいことは分からなくもないよ、でもねエクスキューズしますように別途調整になんのかな、っていうね。

人材発掘はオフィスカジュアルで構いません。はい、今の発言シェアしといてね」とプレゼンするのも、「オフィスカジュアル、ってか普通ここまではいいよね?」をAARRRしているんですよね、あなた方は。

Yジャケットジャケットにトラウザーズですよ。

重ね重ねヒアリングしますが、あなたそれで勤労感謝の日、働けていることに感謝過ごしているんですか?

なぜなぜ分析して言外の意を聞き手にくみ取らせるような言動をなさるの…、ホリエモンの言う通りでしょうか、間違いないよ。

フュールジッヒなさっていないようなのではっきりとフィードバックして差し上げますが、甚だ自分勝手で幼稚です…、だってスティーブ・ジョブズも言ってたからね、俺はもう卒業したけど。

anond:20180604162819

実に根本的な問題として、服屋で一般に「礼服」として売られているものが古式ゆかしいドレスコードとしては「略礼装」であって「礼装」ですらないことが全ての認識をゆがめているのではないかと感じられる。

実のところ、あの「礼服」はぎりぎりで平服の分類だから普段着ていてもおかしくないはずではないか

何かで「平服」を指定されて困ったら「カラージャケット」にすれば皆がカジュアルに寄せてきてもフォーマルすぎないし、皆がフォーマルに寄せてきても浮かないか大丈夫だ、って書いてあった。

平服指定されたら基本スーツで」というのはそれと同じで、「それが一番無難ですよ」って事なのである

なお、自分センスに自信があるのであれば、何を着ていっても構わない。外すと恥をかくだけである

その点では女性は大変で、これという決まった礼装が規定されていないために礼装が必要な時には常にセンスを試されているのである。(和装だと紋付き留め袖とか規定されていそうだが、洋装ではマナーブックに「ふさわしいもの」としか書かれてなかった。)

2018-06-04

平服でお越しくださいと案内があった場合スーツが基本です」←は?

平服って言葉は「ふだん着ている衣服」って意味なんですけど。

あなたそのスーツで買い物に行ったり散歩に出かけたりするんですね。

え、「礼装じゃなくてもいいですよ」という意味であって、「改まった場所でも恥ずかしくない服」を着るのが常識だって

じゃあそう言えばいいじゃないですか。

平服」という言葉にそんな意味はありませんよ。

日本語不自由なんですか?

これが今はやりの忖度要求するやり方ですか。

こうした抗議に対して「真意が伝わらなかった」とでも言い訳するつもりなんでしょうね。

面接私服でかまいません」というのも、「オフィスカジュアル」を要求しているんですよね、あなた方は。

Yシャツジャケットスラックスですよ。

重ね重ね聞きますが、あなたそれで休日過ごしているんですか?

なぜ言外の意を聞き手にくみ取らせるような言動をなさるのでしょうか。

自覚なさっていないようなのではっきりと指摘して差し上げますが、甚だ自分勝手で幼稚ですね。

オタク街コンに参加してみたけど……

きっかけは友人が参加したことだ。友人は「思っていたより楽しかったし連絡を取る人もできた」と言っていたので私も機会があれば参加してみたいと思うようになり、何となく探してみたら丁度都合のいい時間のものがあったので参加を決めた。

ここで私のスペック

>20代 学生 バイト&夜職 普通体型 普通顔面

今回参加した街コン20代限定であったが男女合わせても私が最年少であった

人参加だったため、会場に到着すると同じ一人参加の方とペアを組んでの参加となった。ペアの方はThe オタク というわけではないがどこか垢抜けない事務職の方

正直私の引き立て役だなぁという感じ

席には私以外全員揃っていたので急いでプロフィールカードを記入。男女比は1:1ではなく男性が多く4:2という形であった

記入も終わり、スタッフの方が開始のアナウンス。いよいよ街コンスタートである

開始と同時に自分プロフィールカードを用いて自己紹介。ここではじめて男性陣の顔を確認したが、まぁ普通にいい感じなのが2人にThe オタクが2人程度…

期待はしていなかったからショックを受けるなんてことはなかったが悪い意味想像通りでわらう。

The オタクの1人はもう喋り方がオタク。もう何だろう、オタク想像してみてって言われてその通りって感じ。見た目もオタク。お前らそれで街コンくるんだ…そっか…

偶然まとも2人は私の前であったためまともな方達と会話をして全員とLINEを交換して2組目へ。 ペアの子ごめんね

2組目は正直覚えてない。記憶にないけどマシなのも強烈なのもいなかったんだと思う。ごめんな2組目

3組目はこの街コンに参加し続けて仲良くなったという4人グループ。本当は2-2で参加していたらしいけど5回以上参加して同じになってってお前らどんだけだよ……

地雷しかなかったけど顔はそこまで悪くないし皆マシだった。正直この街コンに参加した中で1番まともだった

オタク街コンなのにここのグループでは 【酔わない酒の飲み方】、【酒が弱くても相手の気分を良くする接待の仕方】、【酒が弱い人でも大丈夫な酒】

について話してた。これ普通街コンじゃん。帰り際にめっちゃ感謝されたからまぁいいけど……

4組目は1番強烈であった。

まず男性陣5人。1人は明らかに場を回すためのサクラ、1人は私と同年代というけれど見た目は30越えてそうな人、1人は一応街コンなのにキャラTにジャケットという格好の強者、あと2人は覚えてない。印象薄いのか他のキャラが強かったのか…どっちもかな

とりあえず最後の組スタート!となってもまぁ誰も口を開かない。お前ら彼女作りに来たんだよな?話題振れよやる気ねぇのかよ。サクラが場を回してても誰も会話をしようとしてなかったからもうダメだと思ってとりあえず私とサクラで話を振って無理やり会話をすることに。

会話をしようにもすぐ話を振ると会話のキャッチボールを知らないような方達だったので強制シャットダウンとなってしまうのを避けるためにyes.noで答えられる質問同意を求めるようなことを振って無理やり場を盛り上げる。とりあえずここはそれでしのいで終わったらこ地獄のような街コンも終わりだと思ったので酒を飲みながら接客モードで頑張りました。無銭接客つらい。

一番衝撃的だったのが、サクラが「何で自分モテないと思う?」という話題を振った相手が「分からない」と半ギレ気味に答えていたんですが、その方の服装が 何かのアニメ美少女キャラクターが全面にプリントされていたTシャツ+気休め程度のジャケット羽織って下はジーパンだったこと。いやいや理由それでしょ??鏡みてきた??オタク街コンといえど街コンなんだからそれなりの服装で来いよ。。。誰か教えてあげて。。。

とにかく2人で話を繋いでやっと終了。この回ではLINEを交換しなかったけどしたくなかったからむしろよかった。

そして終了後、二次会へ行くグループとそのまま帰宅グループへ分かれて私はそのまま帰宅へ。

全体的な感想としては今回ははずれと言っていいと思う。男も男で婚活しに来てるくせに服装から喋り方などの面でオタクというところに甘えすぎている。オタク街コンといえど女はそういうところを見ると引いてしまうぞ。

参加者女の子パートナーの子しか知らないから何とも言えないが男はふわっと知ってる程度~ガチオタクまで様々。

FGOをやっている人やテイルズ好きな人比較的多かった印象。でも割と好きなアニメなどはバラけていた感覚なのでその時次第かと思う。

男の方が多いのと会話の時に女にいか自分存在を知らしめるかが鍵。印象が薄いままだと短い時間で何人もの人と交流するため、LINEを交換してもこの人誰だっけ?となって次に続かない。実際私も約20人ほどと交流LINE交換をして、覚えているのは最初グループで同じグループ企業に務めている人だけだ。LINE名前自己紹介で聞いた名前が違う人はLINE交換の時に自己紹介の時の名前を入れるのは必須かと。

アイコン写真じゃない人は写真の方がこの人だということが伝わるので交換した時に写真も送るか尋ねるといいかも。

いきなり写真を送るのは気持ちいかタブーね!気をつけてね!

あと気をつけて欲しいのが、オタク街コンからといって服装や話し方、会話をすること。いくらどちらもオタクだと言っても普通キャラクターものTシャツ街コン用に着てくるのは女の子は引きます。また、話し方も自分では気づかないかもしれないけれどオタクっぽいのはだめ。分からなかったら周りにいる一般人に聞いてみて。

あと、自分コミュ障アピールなのかクールアピールなのかわからないけど話さない人。街コンに来る意味がありません。気を使わせないでください。ただでさえ皆初対面で彼氏にしよう、彼女にしたいと思って周りに気を使いながらさんかしているのに何も喋らないでいると、ただ印象に残らなかったり印象が悪くなるだけです。そして余計な労力を使わせないでください。話さなくていいのはランクS以上のイケメンだけだからそこは覚えとけ。

もし自分ランクS以上のイケメンだと思ってたら、それは間違いだから周りの評価ちゃんと聞け。

これから参加する方の参考になったらいいなと思います

別のオタク街コンに参加していないか雰囲気はわからないが、私が参加したオタク街コンには2000円でも払う価値はないと感じました。今度は別の会社街コン行っていい人と出会いたい!!

2018-05-28

最近の悩み

男性視線が怖い。

上司とかお店の店員さんは何もなく普通に目を見て会話できる。

じゃあ誰だというと、職場にいる若手(高卒)男性社員だ。

なんとなく察している方もいると思うが、私の職場工場で、私はそこの事務をやっている。

私の仕事現場の人とはほぼ関わりのないもので、どうしても資料を取りに行く関係現場の人のいる部屋?に行くくらいだ。

私が困っているのは、通勤だ。

特に帰りはバス停まで行く間にたくさんの若手社員に埋もれる。

彼らはやたらと人の顔を見てくる。そしてデカいとかかわいいとか俺は好みじゃないとか話している。

ただ前を向いているだけだったが、必要以上に顔を見てコソコソ話をしているのが気になって仕方ない。

バスの中では初めてはいつだったかとかボーナスをもらったら風俗に行きたいとか大声で話している。

もうこんなに暑いのにまだジャケット羽織って猫背になってうつむいている。辞めたい。

まり遅くまで職場にいると働き方改革のためか「早く帰ってね」と言われるので残れない。

自意識過剰と言われたらそこまでだから誰にも相談できない。

2018-05-27

ズボンって言ってるのがもうオッサンの証なのよね

デニムジャケットのことをGジャンって言ってるでしょう?

2018-05-25

anond:20180525144956

利用価値と言われると困るが、存在価値ならある。

スマホPC関係は、服装で言えばジャケパン伝統スーツに似ている。

ジャケパンジャケットパンツ)は扱いが楽だし動きやすいため、機能性だけ考えればジャケパンが上だろう。

しか正式な場に出向く際にはどうだろう?そう、伝統スーツの出番だ。

何より貫禄と品格が違う。重厚な装いは他者を圧倒し、女性を魅了する。

これと同様、スマホ機能性だけで考えればPCを概ね圧倒した存在と言える。

しか電車の中でスマホをイジる姿とノートPCを広げ画面を見つめる姿を同時に想像して欲しい。

スマホの側はゲームLINEでもしているかのような軽い印象を周囲に与える。

一方、PCに向き合う姿はビジネスのもの仕事できる、仕事してる感は洗練された印象を周囲に与える事だろう。

ツールというのは、それ単体の機能性や利便性だけでは語れず、持ち主の雰囲気や周囲の空間のものをどう変えられるか…そうした点も重要な要素となる。

2018-05-15

百合豚クソオス界隈の女と女百合絵師の話

 ※これはフィクションです。実在人物団体、界隈などとは一切関係ありません。

 そのひとが描く、すらりと伸びた手足が好きだった。

 何にも染まらない白い肌が同じように白い肌と重なっている。草原の中に佇む、少年とも少女もつかないその姿は確かに静止画としてそこから動かない筈なのに、きっと誰にも捕まえられない。吹き抜ける風のように自由で追いかけても追いかけてもすり抜けていくだろうから

尊い

 そんな私の口から零れたのは、たったそれだけ。ツイッターで回ってきた、その美しすぎるイラストについて、私はそれ以上語る言葉を持たなかった。

 いや、持てなかった、と言うべきだろう。私のような語彙力のない人間がありふれた陳腐言葉で褒めちぎっても何にもならない。

 だからただ「尊い」とそれだけ言っていればいいのだ、そうだそうだ、それが正解だ。

 残念なのは、一回しかふぁぼが出来ないこと。見た瞬間に無意識に1回ふぁぼって、見入って息をするのを忘れて、それからやっと呼吸を再開した時に手癖でもう一度ハートマークを押したら、ふぁぼが解除されてしまった。正直あと億万回押したい。ツイッター仕様変えられないの?

 これだからツイッターはなんて思いながら、絵についてるツイートに目をやった。

『久しぶりにオリジナルのこたちかいたたのしい』

 なるほど、確かにたことないキャラだと思ったけど、やっぱりオリジナルだったんだ。そして”久しぶり”という言葉から察するに、普段二次創作をやっている人のようだ。

 ツイ主のアイコンは、知らない2頭身の金髪女の子キャライラストだ。アカウント名は@noanoa_hc、スクリーンネームはNoa。

 初めて見る人だ。世の中にはまだまだ私の知らない素晴らしい絵師さんがいるんだなぁと思いながらその人のプロフィールページに飛んだ。

 固定ツイートを見てぎょっとした。

 女の子女の子キスをしているイラストだった。一人はアイコンにもなっている金髪ロングの女の子、もう一人の子茶髪ポニーテールだ。

 オリジナル中世的で絵画的でもあった雰囲気とは全く印象が違う。女の子らしさを凝縮したふわふわキラキラした世界。可愛らしい色合い。

 でも確かに絵柄は同じだった。すらりとした手足のタッチは同じ。間違いなくどちらもNoaさんが描いたものだということは分かる。

 そうかそうか。なんだ、その、普段百合?をやってる人、なんだ。え、それってどういうこと?

 っていうか百合って男向けのだよね?そういえば時々BLとか少女漫画作家さんが百合描いてるの見かけるけど、正直仕事として依頼されたからだよね。好き好んで男のために消費されるようなものを作る女なんていないでしょ。

 だったら何?このひとは一体何なの?bio見る限り商業作家さんではなさそう。お仕事用別アカウントもないみたいだし。趣味百合をやってる女のひと、ってこと?

 何のために?……百合二次創作って売れるのかな?

 ああ、そうだ、きっとそうだ。それを収入源にして本当にやりたいオリジナルやってるひとなんだ。なんかそれってすごい。女を消費したがる男を食い物にして自分の好きなことの肥やしにしてるってことだよね。格好いいな。

 私は男子の絡みを主食にしているし、可愛い受けより美人男前な受けが好きだから、こういういかにも”かわいい”を強調したイラストを見ていると少し居心地が悪い。だけどやっぱり絵柄自体は好みだから不思議とずっと見ていられた。もうフォローするしかなかった。

 Noaさんのツイート頻度はそんなに高くなかった。2~3日に一回つぶやけばいい方。おはようとか疲れたとかの一言だけだったり、突然おいしそうな飯画を上げたり、内容はまぁ普通だ。口調は結構乱暴な感じだけど、名前からしても多分女のひとだろう。あんなに繊細で美しくて尊いイラストを描ける人が男であるはずがないと思う。

 そんな普通ツイートに混じって、週に1回平日(後にそれが毎週水曜日であることに気付く)に何かのアニメの実況をしているらしいことも分かった。

 最初は何のアニメなのかよく分からなかったけど、ツイートがやけに熱いなと思っていたら、その日のうちにワンドロを上げたりすることも多くて、例の固定ツイートにしている女の子達が出てくるアニメのようだった。

 イラストはワンドロにも関わらず、毎回クオリティが高くて、知らないアニメだけどNoaさんのは別だ。即座にハートマークを押して、でも少し考えてそれを取り消した。

内容が内容だから自分フォロワーさんにこんなのが回ったら絶対迷惑になる。みんな百合の耐性ないもんね。

 だから私はNoaさんを追うためだけのアカウントを作り、改めてフォローし直した。ふぁぼ欄がNoaさんのイラストツイートで埋まっていくのが嬉しかった。

 Noaさんは週末には時々オリジナル絵も上げてくれた。キャラは私が初めて見た時のものと同じだったりそうじゃなかったり。とにかくもうNoaさんの絵が全部好きだった。

 というかNoaさんのことを好きになっていた。低めのテンションからジャンル話題に食いつくときギャップが最高だし、普段砕けた乱暴な口調も格好良い。何か自カプについて考察みたいなことをツイートして界隈からのふぁぼリツをかっさらっていったかと思えば、オリジナルの儚げなイラストで私達を殺しにくる。

 ツイート頻度が高くないことは重々承知の上で、それでも今日は呟いているかどうかと、毎日のようにアカウントを見にいった。

 そうしていると段々話しているジャンルの内容が気になってきた。気になりすぎて動画サイトで探して、アニメを前クールから全部追った。

 正直そこまで私には刺さらないアニメで、男同士でやればいいのにと何回も思ったけど、ツイートの中身がスラスラ分かるようになったのは本当に良かった。

 TLを読解出来るようになると、それまで見えていなかった色々なものが見えてくる。

 ジャンルの界隈の人でいつもNoaさんの考察空リプしてる人、それに丁寧に対応するNoaさん。時には長めの議論に発展することもあるけど、いつもNoaさんが綺麗に論破してしまう。

 そして、Noaさんをしきりにご飯に誘ってくるのはいつも同じアイコンだった。休日の度に何度も何度も図々しい。でもNoaさんは優しいからその誘いに乗ってあげていた。

 TLに流れてくる二人分のスイーツ画に吐き気がした。Noaさんはお前のSNS映えのための道具じゃないんだぞ。

 無事に現行クールの話数に追いついた私は、水曜日にはリアルタイム視聴もするようになった。Noaさんの実況を見ながら見アニメは格別だ。離れているのに、お互い顔も本名も知らない関係なのに、一緒の時を過ごしている感じがする。

 そして、見ているうちに私はある思いが日に日に強くなっているのに気が付いた。

 Noaさんの自カプ、BLじゃない?と。

 女王様系の金髪ロングと、従者的な幼馴染の茶髪ポニーテールBLじゃ王道中の王道関係性じゃない?断然金髪が受け。大人っぽいのに可愛いところもあって女王様美人受け、最高じゃん。茶髪の方は幼馴染だからってこともあって、金髪傍若無人な振る舞いを上手いこと扱っていて、なんかちょっと熟年夫婦感があるんだよね。もしこの二人が男の子だったら私の好みどストライクだ。本当になんで男同士じゃないんだろう。もったいなさ過ぎる。

 いよいよ私は我慢が出来なくなって、その思いをNoaさんのマシュマロにしたためた。Noaさんが私の考えをどう思うのかが知りたくなった。

 メッセージを送った瞬間は正直冷や汗が出た。これまでイラスト好きですとか応援してますとかそんなことしか送ったことはなくて、CPについて聞くなんて初めてだったから。

 百合ことなんか全然からないけど、やっぱり男体化って話題はよくなかっただろうか。でもでもNoaさんの普段発言じゃ、金髪茶髪に付いて嫁とか夫だとかい言葉だってよく出てくるし、彼氏面とかも頻繁に言ってるし。それにオリジナルの時はどちらかというと少女より少年っぽさの方が強調されたりもする。”男キャラ”についてそこまで拒否感はないはず。いやでも。そんな考えが頭の中をグルグル巡って、やっぱり送らなければよかったとさえ思った時、それは起こった。

『男体化!その手があったかー!ありがとうございます!!』

 TLに現れたその文字列を見た瞬間、私の体温は5度くらい上がったんじゃないかと思う。

 その後Noaさんは続けざまに男体化について3ツイートくらいのツリー形成して思いの丈を語った。もちろんマシュマロのお返事含め、それらは全部スクショした。

 Noaさんが、あのNoaさんが、私の意見を拾って、それに賛同、私と同じように萌えてくれたのだ。

 自分性癖にとことん刺さるBLを読んだ時くらい嬉しかった。嬉しすぎて文字通り部屋の床をゴロゴロ転がり回ってしまった。

 数時間後に男体化イラストが上げられた時には確実に一度心臓が止まったと思う。

 これだと思った。二人の少年はばっちりNoaさんの絵柄にハマっていた。そうなのだ、これが金髪女王改め王子茶髪従者の真の姿だ。彼らはその女性性を捨てることで、真に美しい姿に、概念にまで昇華したのだ。

 その後もNoaさんは度々男体化イラストをUPしてくれた。それに触発されて界隈の他の絵師が同じように描き始めたけどやっぱり全然だめ。Noaさんじゃないと、”少年”のリアルな質感は描けない。絶対に。やっぱりNoaさんは男同士を描くために生まれてきたんだと思う。これまでの百合をやってきたのは金髪王子茶髪従者に出会うための布石だったんだ。私はそう確信してさえいた。

 自ジャンルオンリーイベントサークル参加募集が始まったのはちょうどそんな頃だった。Noaさんがサークルカットと共に『新刊男体化漫画やります』とツイートした時は、見間違いじゃないか5度見くらいした。

 大好きなNoaさんが、他でもない私が布教した大好きな男体化カプで新刊を出すのだ。信じられない思いだった。というかこんなにいいことばかり続いていいのか?とさえ思った。

 そして、一番重要なことはイベントに行けばNoaさんに会うことが出来るということだった。一体どんな人なんだろう。いや素敵な人に違いないとはもちろん思っているけど。これまで飯画や上げられる写真には本人は全く映り込んでいなくて、顔もそうだが服装雰囲気なども一切分からなかった。でも、会えるのだ。せっかくの機会、Noaさんと自カプについて話がしたい。

 そのためにも私はもう一度アニメを隈なく見返した。金髪王子茶髪従者についてやれるだけ考察を重ね、解像度を上げることに専念した。

 いよいよイベント当日。

 一般入場が開始された瞬間に私はまっすぐNoaさんのスペースを目指した。15分前にTLをチェックした限りでは設営完了とのこと。新刊表紙の茶髪従者にお姫様抱っこされている金髪王子を目印に人の波をかき分けて進んだ。

 パンフレットとスペース番号を何度も見比べながら場所を確かめる。ああ、私Noaさんに会うんだ。そう思うと心臓はがなり立て、喉はカラカラに乾いてくる。歩みを進めながらも深呼吸してごくんと唾を飲み込んだ。

 スペースには大きな列こそ出来ていなかったものの、既に5~6人並んでいた。開始直後にってすごくない?やっぱりNoaさんって人気作家なんだ。

新刊1冊500円になります

 声の主の方を視線で辿って息を飲んだ。めちゃくちゃ美しいひとがそこにいたからだ。可愛い、ではなく、キレイなどでは足りず最早「美しい」という言葉しかさない顔の造形だ。

 身長は170cm近くあるだろうか、きれいめのジャケットクロップデニムカジュアルダウンしている姿が様になりすぎている。

 耳が見えるくらいの明るい色のショートカットの髪が、さらさらと額の上で揺れていた。

 一見して男か女か分からなかった。どっちと言われても信じることが出来そうだ。確かなのはその人が美しいということ。

 そしてそのひとの胸元に名札がついているのに気が付いた。

 ”Noaだょ”

 崩した文字だけど、確かにそう書かれている。Noaさんだ。Noaさんなのだ、この人が。この美しいひとが。

 聞こえてくる「ありがとうございました」の声は見た目の印象よりも少し高め。それに何より名札から下をよくよく見ていると、柔らかそうな身体つきが見て取れた。Noaさんは女のひとだ。メンズライクだけど確かに女のひと。男装カフェかにいても不思議じゃないタイプの。私だってあんな風に顔が良かったら男装コスだってしてみたいと思ったことが1度や2度くらいある。もちろん鏡を見てすぐに諦めたけど。

 Noaさんは私の理想のひとだった。あんな風になりたかったと思えるひとだった。最高のイラストが描けて、TLでも人気者でその上顔やスタイルまで美しくて格好いいなんて。すべてが私の理想通りだ。こんな素敵なことがあってもいいのだろうか、本当に。

 私はの緊張はいよいよピークに達し、息が上手く出来なくなってきた。

 無情にもNoaさんの客さばきは高速で一気に私の番になってしまう。

「あ、あの、しんかん1部、くださひっ……」

 噛んでしまった。

 やばい恥ずかしい。一気に顔に血が上ってくるのが分かる。今すぐにでも逃げ去りたい。そんな私を気にも留めずにNoaさんは新刊1冊ですね、と私の震える手から500円玉を受け取った。

 何をしているのだ。こんなことで怯んでどうするのだ。何のためにここへ来たのか、何のために夜通しアニメを見返したのかも分からなくなってしまう。

 私はNoaさんのから新刊を受け取ると、「あの」と切り出した。

「あの、実は私、Noaさんに最初マシュマロで男体化よくないですか?って言った者なんです……!」

 よかった。今度は噛まずにちゃんと言えた。少しだけほっとする。

「そうなんですか!?えー、ありがとうございますー」

 Noaさんは目を見開いて驚いて、すぐさまぱぁっと明るい笑顔を浮かべる。

「うわー、じゃあこの新刊出せたのもあなたのおかげじゃないですかー。えー」

「いえいえそんな全然です!あの、やっぱ二人の関係ちょっと少年的というか、男体化すると無垢な感じがめちゃくちゃ出るというか、それがNoaさんの絵柄に合うんじゃないかってずっと思ってて」

 やばいなと思いながらも一気に捲し立ててしまった。やばいな、Noaさん引いてるかな。ちらりと顔を見ると、Noaさんは先程から変わらずニコニコとした笑顔のままだった。

「いやぁ嬉しいなー。マシュマロもらった時私もその手があったかー!って思って興奮しちゃって。ほんと”少年”って儚げな感じがこの二人っぽくもあっていいですよね」

 なんてことだろう。私が思い描いたような展開が繰り広げられている。本当に夢かもしれない。それなら覚めて欲しくないけど。

 そう思っていると、隣のスペースの人がNoaさんに声を掛けた。

「るかちゃーん、今ソラリよんさんからラインきて、今日打ち上げ来れるかって言ってっけど、参加でいいよねー?」

「ん?ああだいじょぶー」

「りょ~!」

 背中である長い髪を綺麗に巻いたその女は、Noaさんの返答を聞くが早いかキラキラしたネイルの指先ですぐさま返事を打ち始めた。

 なんだこの女。やけにNoaさんに馴れ馴れしくないか?あのNoaさんだぞ?分かってる?

 隣のスペース誰だったかな、ほとんどNoaさんしか見てなかったからよく覚えてない。でもお品書きポスター新刊表紙に見覚えがあった。

 こいつ、毎週末NoaさんをSNS映えの餌食ににしているクソ女じゃないか。いつもこんな風に馴れ馴れしくNoaさんに絡んでるんだ。最悪。胸の中にモヤモヤした感情がくすぶり始める。

 でも同時にそれが正しくない感情であることも私には分かっていた。だって私はオフラインのNoaさんのこと、ほとんど何も知らないのだ。隣のクソ女の方がずっとずっとNoaさんを分かってる。他にも打ち上げの連絡をしてきたソラリよんか誰か知らないけどそういうやつとか、打ち上げに来る他のメンバーなんかの方がよっぽどNoaさんを知っているはずなのだ

 それでも、それだけで私がこの人たちに負けていると思いたくなかった。私はそんなみんなから慕われている神絵師同人作家Noaさんに布教してそれをNoaさんも気に入って新刊まで出したのだ。それをさせたのは、間違いなくこの私。

 気が付いたらNoaさんが再び私の方を見ていた。

「そうだ、よかったらあなた打ち上げ来ませんか?」

「え!?

 いきなりのことにひっくり返ったような声が出てしまった。

「あ、お時間あればいいんですけど」

「えと、ぜんぜん、全然大丈夫です」

「よかった!男体化のこともっとお話しましょ」

 Noaさんは白い歯を見せながらニカッと笑った。笑顔があまりにも眩しすぎる。Noaさんはクソ女の方を振り返る。

「ねー、もりーぬさん、打ち上げもう一人追加でいいー?えーっと」

 そしてもう一度私の方を振り返って聞いた。

「すいません、お名前、教えて頂けますか?」

「あ、双樹、です」

「りょーかいです。もりーぬさーん、”そうじゅ”さん、追加で。そ、1人。あ、そうじゅさん終わったら連絡するんでライン教えてもらえません?」

 それが私がNoaさんと”繋がった”瞬間だった。

 Noaさんのスペースを後にして、会場をぼんやり歩く。正直百合がメインのジャンルから男体化で本まで出しているサークルは少なかった。打ち上げの時にNoaさんと話すネタになるだろうと買い込みたかったが、Noaさんに触発されて突発で出したコピー本みたいなのが数冊だけしかなかった。それでも収穫は収穫だ。

 どこかでご飯食べて戦利品に目を通して、打ち上げの連絡を待つとしよう。

 Noaさんのスペースは会場のだいぶ奥だったか入口まで地味に距離がある。それにまだ一般入場が始まって30分も経っていないわけで、色んな列が進路を阻み、色んなスペースに向かう人が色んな方向を目指して進むに進めなくなって新たな混雑を生んでいる。ぼーっとしていたら人の波に攫われてしまいそうだ。

 そういえば今までBLオンリーオールジャンルには参加したことがあったけど、百合がメインなのは初めてだ。どこもかしこ女の子イラストポスターやらなんやらが目につく。そしてそんな会場にいるひとの8割くらいは男性なのだった。確かに女性はいるし、サークルで参加している人には女性が多いようには思うけど、客はみんな男性だ。こういう男女比のところに初めて来たから余計にそう思うのかもしれないけど。やっぱり百合男性向けなんだ。男女もの男性向けほど直球のエロじゃないにしても、キレイ理想女の子女の子世界ってやっぱり男の考えた理想郷で、男のための消費物に他ならない。

 よかった、Noaさんが男体化をやるようになって。あの美しいひとが、例え売れるからってこれ以上男のための消費物を作り続けるなんてもったいなさ過ぎる。、

 そういえばさっきNoaさんのスペースに来てたのもほとんど男の人だった。男体化でもちゃんと買ってくれるってことはやっぱりNoaさんの画力漫画の上手さだよね。

 いや、待てよ。もしかしてNoaさんガチ恋勢なんじゃないの?だってあれだけ美しいひとなんだし、それもない話ではない。だって元々百合が好きなのに男体化の本を買うなんてありえない。絶対あいつら内容なんて見てないんだ。ああやっぱり男って最悪。Noaさんもこのまま男体化続けて、早くBLにきたらいいのに。

 人込みの中、男がこっちにぶつかってくる度に聞こえるように舌打ちしてやりながら、私は何とか会場を出た。

 連絡を受けて、打ち上げ会場となる居酒屋に集合より少し早い時間に到着した。既に店の前でNoaさんとクソ女、それからいかにもな感じの男オタクが2人いた。Noaさんはすぐに私に気付いてくれて、私をそこにいた人達に紹介してくれた。一通り自己紹介が終わるとクソ女が男達に身内的な話題を振って私以外の4人で話し出した。何これ居辛ら過ぎる。私が死んだ魚のような顔になってもクソ女と男共は全く気付いていないようだった。最悪。

 するとNoaさんが、急にこちらを向いた。私は慌てて生き返った顔に戻る。ヤバイ、見られたかな。Noaさんはこちらを見てにっこり笑うと、クソ女と男共に「そろそろ時間だし先はいっとこ」と言った。流石Noaさん。きっと私を気遣ってこう言ってくれたんだ。まだ来ていない人が2~3人いるらしかったが、その人達にはクソ女が連絡することになり、私達は店の中に入った。

 ビール乾杯した後、早速みんなアニメ今日イベントの話をしたり、戦利品について語り始めたりする。

 席順は奥からクソ女、Noaさん、私。そして向かい側に男が二人。男のうち1人は赤髪紫髪姉妹が自カプらしくてその話をNoaさんに振ってくる。

「82話のお姉ちゃんの妹への眼差しがやっぱりすべてを表してるんすよ」

「あれはね。流石に言い逃れ出来ない」

「っていうかソラリよんさんの新刊が、全部やってくれたからなー」

「空白の8時間!!」

「いやまじで空白の8時間ってなにっていう」

 そんな会話が次々と展開されていく。なにこれ。っていうか赤髪紫髪カップリングって何で人気あるのか不思議なんだけど何で?今日イベントでも島が出来て

2018-05-14

スカートをケツの下にしまえよ

なに立ち上がったときにこっちが上に乗っちゃってたからってムッとしてんだよ

テメーがはなから裾を横に出さずにケツの下に入れときゃこうはならねーんだよクソ女

クソオヤジジャケットの裾も同じだから

時代遅れのクソダサ丈長着るなら気を付けろや

2018-05-13

ITフリーランスだけど

今の時期はTシャツとか五分袖のカットソーにおとなしめのネックレス

下はデニムとかチノパン

靴はニューバランス

新しい仕事相手面談に行く時はさすがにジャケットぐらいは羽織

そういう感じです

RX1ちょっと欲しいと思ったんだけど

コンデジとしてはでかすぎる(ジャケットポケットに入れて常時持ち運ぶとかきびしそう)

・40万円出すなら普通のフルサイズミラーレス買う

という2点で却下になりました

2018-05-06

anond:20180506153205

そのアニメにおける制服シングル3つボタンだったから、その意味でも一番下を開ける可能性はあるか。

2つボタンで一番下開けるのも、別に悪いとは思わないけど。

ちなみに男は男で、ジャケットシャツのフルオープンは、胸板が厚いかボディのフレーム感ががっしりしてる奴じゃないと似合わない。要するにヒョロガリはNGジャケットならインナーパーカーでも着てればごまかせるけど)。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん