「創造」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 創造とは

2018-12-08

anond:20180602125034

誰かがブスだからという理由で心の底から笑ったことがない

誰しもそうだろうと思う

人の意外性や創造性や肯定的共感、そういったものへの驚嘆に笑うという行為が付着するんで、顔の造形がよくないことばかりをプライマリにする必要などどこにもない

大体2度も見れば顔面など無味乾燥記号になる

友近鳥居みゆきは綺麗だが、美醜とは無関係技術教養ものを作っている

2018-12-04

山手線の駅名公募結果発表について

 以下は一般公募で駅名を送っていた一個人意見

 ニュースによると、64,052件、13,228種から選ばれた「高輪ゲートウェイ」は36人の応募による130位の、いわば不人気の駅名。

 JR東日本グループ理念には「お客様地域の皆さまのために」と明言されている。

 にも関わらず、わざわざ不人気だと知らしめて、まるで炎上商法のように、個々の駅名の得票数公表し、議論を呼ぶ形で報道した。仮に炎上商法だとして、JR東日本グループ理念にあるような「信頼される生活サービス創造グループ」の手法として正しいマーケティングだったのか。

 今回の「高輪ゲートウェイ駅」について、総事業費5000億円と言われる「グローバルゲートウェイ品川」の構想が影響しているとの指摘が上がっていることはご承知の通り。事実グローバルゲートウェイ品川プロジェクトは、「全て自社主導で進めていく」と、品川開発計画グループ福田久雄氏が2017年11月24日インタビュー記事で答えている( https://emira-t.jp/city/4857/ )。私鉄沿線開発でもなければ、もう国鉄でもないただのJR東日本が「街づくり」とは随分大きく出たものだ。だったら先に田町駅を開発してくれよ。とりあえずアトレ作るだけでもいいから。

 もし「グローバルゲートウェイ品川プロジェクトの要と位置付けて、駅名は社内で検討し、自社主導で意思決定したと発表してもどこから文句は出なかっただろう。けれど駅名を一般に広く募集し、集まった64016件、13227種を無視する、言わば無駄公募を行った。その費用普通に広告を打てばよかっただろ、と一般公募に応募した地元民は思う。もしくは「○×ゲートウェイ駅」にするので、○×に充てる地名募集しています、という形式でも一般公募可能だったはずだ。

 何も130位、36票から選ばなくても同じことが出来た。票数や集まった駅名候補公表しないという手もあった。

 なぜ一番ヘイトを集める広報を打ったんだ、JR東日本

グリッドマンアカネちゃん、何か悪いことしたか

別に自分創造した世界で何してようがそりゃ神の勝手だろ

ネグレクトしたりされたりしててかわいそとかモラルが歪んでて間違ってるとか現実じゃないならどうでもよくない?

からは醒めるのが当然だみたいなこと言ってるけどイタイ妄想やめて俺たちと仲良くしよーやってのもリア充3人組の勝手理想だし

どうせ現実に引き戻されたところでケツデカ星人と主人公がくっついて取り残されるだけであぶれた眼鏡餓鬼とでもくっついてろってかって話じゃんね

2018-12-01

6分悩んでNTR拝借しました

20:12に自室に入り、6分選りすぐりました。

作品に恵まれ我が家家庭内ではできないような体験をすることができました。

ありがとうございました。

NTRについて

寝取られとは、国語辞典的な定義では動詞「寝取る」の受動形の名詞化された言葉である。性問題用語としては、自分の好きな異性が他の者と性的関係になる状況・そのような状況に性的興奮を覚える嗜好・そういう嗜好の人に向けたフィクションなどの創造物のジャンル名、などを指す。ゲーム業界などでは、NTRなどと呼ぶ場合がある

寝取られ - Wikipedia

NTRを選んだ二つの理由


急所の伸びが激しい

マゾヒズムくすぐり、強い興奮を覚えます

家庭内環境への絶望

嫁は結婚以来私に一筋で、NTRは実現しそうにありません。

そんな感じで、金も夢も誇りも無くした(個人股間です)私はNTRを選びました。

視聴先はAvgleで、searchを使って探しています。引き続きアウトプットしていく予定なのでよろしくお願いします。

anond:20181130112105

自分言葉意味にこだわってしまうことが多い方だからわからんではないけど『言語を「その場に応じたことを言うゲーム」だと思っている人がいる』と想定するのもまた、意味にだけこだわりすぎた言語解釈ではないか

言葉定型文や連想意味にこだわらずに使われることはよくある、さらには「その場に応じたことを言う」のですらなく、応じて無いような、ランダムパターンで使われることも多くて、そうしたナンセンス面白かったりすることもある、

言葉がそうした意味・秩序ではなく、無意味無秩序も示すことがあるからこそ意味に縛られない自由創造性みたいなもの言葉にあらわれ得るんではないかな、、、

言葉の「意味・秩序」を「無意味無秩序」によって危険さらすことで「笑い」を生む方法論ということについて書いたことがあるけど、それによって言葉の「意味・秩序」のパターン更新されるのではないか、ずっと同じ意味パターン言葉というのは閉塞して面白くなくなり、ずっと予測可能言葉連続になり、その言葉の活性が失われるのではないか

もちろんあまりにも言葉無秩序化が進んでも意味が失われて言葉の伝達道具性が失われて崩壊する危険はある、

でもまあ意味にこだわる気質わからんではないかな、自分もそういう論理的に全てを解釈しよう、みたいなところはあるな、でも言葉現実論理的解釈から外れることができるからこそ動いてゆける、みたいなところはあるなあ・・・

 

2018-11-30

anond:20181130112105

個人内面」や「自我」と呼ばれるものも、またある種のゲームではないだろうか?

表現する行為を通してしか内面」や「自我」は現れないのだから、それらは「ある性格類型キャラクター)が、この場面でどう発言するかを過去との一貫性を保ちながら場面に応じて工夫し、時には意外性のある発言をして、キャラクター自体をも新たに構築する」ような創造的なゲームだと言えるかもしれない。

そして、我々は複数ゲームに同時に取り組むこともできる(複数マルチエンディングRPGを同時に行うとき、あるゲームでは英雄を演じ別のあるゲームでは混沌の王を演じることも可能だ)のだから現実世界でも、「個性自我ゲーム」を遊びつつ、ときには「公式儀礼ゲーム」を行ってもよいのではないか。両者で我々が演じるキャラクターは(質的にも)異なるが、二つのゲーム自体に決定的な差異や、まして優劣などないのではないか

2018-11-26

面白い小説を読んだ

趣味文章やら小説やらを書いてる人間です。

とは言ってもここ数ヶ月は私生活が忙しかったりだとか、書こうとしても文章が思い付かなかったりだとか、そんなんであまり書けてないけれど

そもそもたくさん書くときと全く書かないときの落差が激しいタイプではあるけれども

それでも文章は、物語は、小説は好きだから読んだら書いたりするのはとても楽しい

書かないときはもっぱら商業同人版権創作わず色々読んで、素直に泣いたり笑ったり怒ったり緊張したり恐怖したりと楽しんでいる。

多分、作者というより、読者側の人間なのだろう。

読者側の人間ではあるけれど、好きだから書いてしまう。書いてしまうから思考が作者側、というより小説を書く人間に寄ってしまうのかもしれない。

タイトルの話をここでするのだが、面白い小説を読んだ。

それはある有名な作品二次創作だったけれど、とても面白かった。

原作では語られなかったし、だからこそ創造できるもしもを体現たかのような話だった。

ストーリーもそうだが、何より文章が上手かった。

2次創作は、割と文章力よりもストーリー、何より発想の面白さが重視されているような気がする。

日本語ちょっとおかしくっても、面白ければオッケー。擬音語だらけでも内容がわかればオッケー。

最近ネット小説ライトノベルもそんな感じだ(昔からそういうものもあったけれど)

私自身、頭を軽くして読みたい時に重宝しているからそれをどうこういうつもりはない。

極論、小説など面白ければなんでもいいのだ。

綺麗な言葉だけで着飾った文章だって面白くなければキザで堅っ苦しいつまらないものだ。着飾った言葉でより話の世界に巻き込んでくるものもあるが、それは言葉面白さがあるからだろう。

とにかく、物語など、小説など、面白ければ何でもいい。

そこに好き嫌いは当然存在するから、話はここまでにするけれど

さて、話は戻るが、面白い小説を読んだ。

ちょっと湿っぽい感じだけれども、文章破綻なく書かれてて、むしろ言葉がよりストーリーに引き込んでいくものだった。

玉石混交混ざるネットの海で、たまに運良く見つかる宝石だ。

評価もそれに相応しくかなり高い。

読者の私は素直に感激した。ブックマークもしたし、高評価もした。掲載されていた場所個人サイトなら、拍手もしていただろう。

だが、それと同時に嫉妬する私もいた。

文章を書く、小説を考える、物を書く私だ。

文章の上手い人は大抵ずっと文章を書いている人間だ。

投稿作品からみても、おそらく小説の作者はずっと文章を書いていた人間だろう。きっと、どこかで筆を置くことがあったとしても、ふらりと筆を持ってそれからまたずっと文章を書いていく人なんだろう。勝手妄想に過ぎないけれど

私はそれが羨ましかった。羨ましかったら自分も好きなように文章を書けばいいのだけども、私にはそれが出来なかった。出来なくなっていた。

出来ないことは羨ましいのだ。だから、それが出来ていると勝手に思っている人を羨むのだろう。

というか、稚拙文章しか書けないことを自覚しながらも、自分より評価されている人間を妬んでいるだけなのだ

勝手だ。随分と傲慢だ。

私は勇気などないから、心の中でそう思うだけでそれを相手に伝えようとか、誰かに知って欲しいとかは特にないのだけれども

それでも、面白い話を読むたびにモヤモヤとそんな感情を持つ私もいるのだ。

深夜のテンションで書き散らしたこ感情ネットの海に放り投げる。

少しでも報われたらいいなぁ……

何に、とかどう報われたいとかは特にないけれどね。

2018-11-16

増田廃止すべき

増田プロ創造性、文章力ユーモア集中力猥褻思考力などの能力が突出している。

せっかくの天才頭脳増田などという、生産性ゼロのくだらない無益ブクマ稼ぎに費やすなんてどうかしている。

増田増田だって増田が無い世界に生まれていたら……何になっていただろうか? やはり増田になっていたのではないだろうか。

とにかく増田をいますぐやめろ。

増田を今すぐ廃止するべき。

https://anond.hatelabo.jp/20181115064814

2018-11-15

将棋廃止するべき

将棋プロ創造性、記憶力、判断力集中力論理的思考力などの能力が突出している。

せっかくの天才頭脳将棋などという、生産性ゼロのくだらない無益な遊びに費やすなんてどうかしている。

羽生善治藤井聡太だって将棋が無い世界に生まれていたら、天才プログラマーになって世界を変革する素晴らしいサービスを生み出していただろう。

将棋なんてくだらないものがあるせいで貴重な才能が失われている。将棋を今すぐ廃止するべき。

2018-11-14

今の日本の何を壊せばいい?(創造のための破壊)

なんか今は行き止まり感がね

停滞ではなく、袋小路にいる感じ

2018-11-13

[]アンドリュー・クロス

1784年イギリス・サマセット州の裕福な家庭に生まれた。

20歳になる頃には両親とも亡くなり、アンドリューは遺産相続した。

大金を得たことで、彼は電気鉱石研究にのめりこむようになり、自分のための科学研究所を作り上げた。

彼は体系的に科学を学んだわけではなく、在野のアマチュア研究者にすぎなかったが、

電線を巡らせて空中電気を調べたり、大容量のボル電池を開発したりするなど、

いくつかの成果を上げて「稲妻と閃光の男」と呼ばれていた。

1836年、電気を用いた結晶実験を行っていた際に、実験器具の中で小さなダニが大量に生まれたのを発見した。

新聞はこれを「アンドリュー・クロスが新しい生命を生み出した」と報じて、そのダニを「アカラス・クロシ」と命名した。

生命創造は神の領分を侵す行為だとされ、アンドリューは激しいバッシングさらされた。

ただしアンドリュー自身は、ダニの卵がどこからか紛れ込んだのだろうと考えていた。

バッシングに嫌気がさしたアンドリューは科学実験から引退し、1855年に亡くなった。

2018-11-10

レゴがない家で育ったばかりに

何の創造性もない大人になった

2018-11-08

anond:20181108130524

私の記憶に色濃く残っているのは、富山レース生地製造工場長。どんなものづくりもそうだと思うけど、レース生地の「良さ」って、その生地の注文主のニーズによって定義が変わる。繊細な柄行みたいな品質のみが価値なわけではなくて、少量生産対応できたり、強度が保てる強い糸が使えたり、製造速度が早かったり、織り傷の発生頻度が少なかったり、何を大事に作るのかが毎回違う。

例えばその工場長は、サンプル反を安価に気軽に作りやすくするために、30メートルくらいある織機を半分に分断して(!)、試し織りをに出来るようにリビルドしていた。初めて聞いたときは繊維メーカー仕事範疇とは思えなくて、何度も聞き返したよ。お金のないデザイナー要望するような生地もこれなら挑戦しやすいし、そういうニーズに応えることで自分たち技術の幅も広がるからやったんだと言ってた。可憐レース生地の仕上がりと、つなぎを着て織機の歯車に油をかけるおじちゃんギャップ尊敬の念を抱いたよ。

ちなみに、高価で高性能なレース織機はフランス製造されてて、今はもう中国あたりの大資本がそれを買ってヨーロッパ顔負けの高品質生地を作れるんだって。糸と機械がよければ、人が工夫しなくても一定基準以上のプロダクトは場所を選ばず製造できる。それなら間接費が安い場所拠点を持ったほうが理に叶うよね。でも、小さな会社はそう簡単場所を移すことはできないし、今いる場所収入を得ていかないといけない。だから古びたシンプル機械に手を入れ続けて製造可能性を広げることに余念がない。そうしないと質✕コスト評価軸だけではすでに中国に負けてるからって言う。若く野心的なデザイナーの難題に応えたり、飛び込んできた短納期生産を叶えたり、それ以外の多様な「良さ」を備えるためは機械を加工することは必然なんだって溶接跡が残り、アルミテープで巻かれ、絶妙サイズの木っ端が噛まされた機械なんかを見るたびに、職人さんにとっての「手」とは機械や道具までのことだなって思う。このレース工場特殊なわけではなくて、全国の町工場でも類する工夫を見かけたよ。併せて、多様であることは資本ない人々がそれぞれの実りを目指せる方法なんだとも思った。働いている現場の人にとっては当たり前すぎてピンとこない発見かもしれないけど、出来上がったものを買ってただ使うことしか知らない私には衝撃だった。

おっちゃんたちは勉強熱心で、必要とあらば60を過ぎてもプログラミングを勉強してマシンに応用してたりするけれど、やはり使われている情報が高度になりすぎると力及ばなくなるのは想像できる。(そんな高度なマシン中小企業が装備できるかっていう別の問題もあるけど)だから、人にアレンジされ易い余白を残す製造機器や道具が残る方法はないかなって個人的には願っている。発明大企業ラボだけで独占されるべきではなくて、市井製造現場努力を重ねる人々の手にも生まれるほうが面白いと思う。創造はいだって喜びに溢れてるし働きがいになる。安価・高性能・高効率な完成された機械だけじゃなくて、人と一緒になって発明を生みだすような余白のある機械ガジェットがこの後も人類と共にあるといいよねって。

anond:20181108055934

興味深い例だと思う。機械がある程度改造できる余地があってはじめて、創造性を発揮することができるように見えるから

その機械というのはどれほど複雑、精密なものなのかな。

機械の部分をいじって、全体の動きを変えることができるには、部分と全体の関係をある程度理解している必要がある。

そして、それぞれの部分は、人間の手でいじって、壊さずに変えることができるくらいには、単純なものでなくてはいけない。

最近PCで失われてきているのは、この部分と全体の関係じゃないかという気がする。

Macみたいに製品が高度化して、部分と全体の有機的な結びつきが、ものすごく緊密になっていくと、部品ひとつづつ取り出して交換したり、改変したりすることが難しくなってくる。

ぜんぶひとつボードにはんだ付けしてあったり、糊付けしてあったり、フィルムで覆ってあったりするので。

素人の手で分解修理することができないから、お店に持っていくしかない。預かった側も、複数部品が一つのボードに合体しているので、多くの部品を、あるいは本体のものを交換ということになる。

作り手の企業意図したとおりに動くよう、PC設計すればするほど、ユーザーにとっての遊びの要素がなくなっていって、ユーザー受動的な消費者になってしまう。

最近、作り手の企業ユーザーとの間の、この不均衡がやや極端になってきている気がする。

これにはビジネス上の理由もあるのかもしれない。

PCコモディティ化して、PC製造販売普通にやっていると利益の薄い産業になったので、製品ブラックボックス化してユーザーに触れないようにすることで、定期的な買い替え需要が発生することを確実にする必要があるのじゃないかと思ってしまう。

AppleMacを毎年少しずつバージョンアップして発表するごとに、スペックが上がれば値段も上がっていくのはあたりまえだと消費者は納得しがちだが、必ずしもそういうことはないと思う。

テクノロジーはすぐにコモディティ化して、価格が下がっていくという視点がここには抜けているから。

部品がとても交換しやすかったThinkPadMacと同じ途をたどっていることは、こうした兆候の表れかもしれないと思う。

今年発表されたThinkPad X280では、これまで取り外し可能だったバッテリーが内蔵型になり、かんたんに交換できなくなってしまった。メモリフィルムに覆われて、どこにあるのかわからないようになってしまった。

2018-11-06

anond:20181106123344

プリパラのあれのことだとして話を進めるが、もともと未就学児向け作品のグッズとして絵柄が相応しくないという批判にある程度正当性があると判断があったから中止したんだと思うが。

もしそうでないなら販売側が突っぱねるべき問題であって、それは結局批判者が潰したんじゃなくて、フェミニスト(そう呼ばれるべき存在かどうかはともかく)のクレームは「きっかけ」にすぎず、どのみち勝手に潰れる運命にあったものということになるんじゃないのかな。ある属性に対する憎しみのあまり視野狭窄に陥っているというか……。

はいはーい、フェミクレームが通ったら正当性で通らなかったら性差別なんですねわかります

そもそも口出す資格すらないってわかれよカス

具体的に創造されたあの絵柄がお蔵入りになったことをもって「表現の自由」に対する攻撃と見てしま気持ちはわからないでもないが、

それはそれとして、あの絵柄を出してしまうのを「表現暴走」と見る向きがあるのもむべなるかなという気はする。

それ、お前の感想ジャン。

暴走」or「not暴走」ってフェミ勝手に決めていいのか?

あの絵柄は「試しに作っては見たものの、偉い人からNGを出されてしまう」みたいなものがうっかり一般の目に触れてしまったみたいなもんじゃいかな。

そうやって一般消費者の目には触れないまま世に出ない試作品はいろいろあるが、この件ではうっかり発売寸前のアナウンスまで出たもんだから

こう言ったら失礼だとは思うけど、表現の自由がどうこうというのはただの建前で、あたかももらえると思った玩具を寸前取り上げられたオタクが拗ねて八つ当たりしているかのように見えるんだよなあ。

こうやってフェミの罪は偶然や相手の罪に転化して言い逃れする。

キッタネー奴らだよ全く。八つ当たりはどっちだよ

anond:20181106092110

殺された抱き枕ってプリパラのあれのことかな。プリキュア抱き枕批判があっても発売されたし、グリッドマンのも取りやめにはならないだろう。

 

プリパラのあれのことだとして話を進めるが、もともと未就学児向け作品のグッズとして絵柄が相応しくないという批判にある程度正当性があると判断があったから中止したんだと思うが。

 

もしそうでないなら販売側が突っぱねるべき問題であって、それは結局批判者が潰したんじゃなくて、フェミニスト(そう呼ばれるべき存在かどうかはともかく)のクレームは「きっかけ」にすぎず、どのみち勝手に潰れる運命にあったものということになるんじゃないのかな。ある属性に対する憎しみのあまり視野狭窄に陥っているというか……。

 

具体的に創造されたあの絵柄がお蔵入りになったことをもって「表現の自由」に対する攻撃と見てしま気持ちはわからないでもないが、それはそれとして、あの絵柄を出してしまうのを「表現暴走」と見る向きがあるのもむべなるかなという気はする。

 

あの絵柄は「試しに作っては見たものの、偉い人からNGを出されてしまう」みたいなものがうっかり一般の目に触れてしまったみたいなもんじゃいかな。そうやって一般消費者の目には触れないまま世に出ない試作品はいろいろあるが、この件ではうっかり発売寸前のアナウンスまで出たもんだから、こう言ったら失礼だとは思うけど、表現の自由がどうこうというのはただの建前で、あたかももらえると思った玩具を寸前取り上げられたオタクが拗ねて八つ当たりしているかのように見えるんだよなあ。

2018-11-05

平気で知名度のある名称を借用するセンス自分は持ち合わせていない

この前ブログ

http://tango-ruby.hatenablog.com/

この方の記事を読みました。

内容は別として目を引かれたのは、そのネーミングセンスです。ジャバ・ザ・ハットリ。何とも痛快な借用じゃないですか。

これは単なる一例なのです。

例えばご存知ドラクエから勇者ああああとか。ヒャダインなんてまんまじゃん。

でも勇者ヨシヒコとかは違うんですよね。あれはパロディ。ジャバ・ザ・ハットリは自分には残念ながらそのきらびやかセンスを持ち合わせないキレのある借用。

他にもあるんですよ。

例えばラッパーダースレイダーとか。

ちなみにラッパーはクソ多い。このパターン。多分元の語のライム結構キマってて、それを使った方がハマるからじゃないか邪推

この割と流行った子供受けするコンテンツから名を借りるパターンって、いつも見るたびに、「ヤラレタ」

って思っちゃうわけですよ。

っていうか、ヤラレタじゃなくて、「ずるくね?」の方が近いかも。

だってオリジナルそのネーム創造して広めるのけっこう大変だったじゃんっていう。

同意はしなくてもいい。書きたいだけ。

2018-11-03

他人とかどうでもいいだろ

何で俺様他人に気を使わないといかんの?他人が俺に気を遣えばいいだけで、俺が他人に気を使う必要はないだろ。

俺が世界の中心であり創造者。俺のおかげで俺以外の人間は生きられているんだから感謝して欲しい。

2018-10-30

本当に良いアイディアを持っているなら絶対にビジコンに出すな

タイトル通りでビジコンにネタ披露すると大きな資本を持つ企業アイディアだけパクられる。

これはリアルガチな話しで実際に自分もパクられたから言っている。

ビジコンは大抵ゴミみたいなアイディア博覧会になることが多いがほんの一握り才能のある奴やたまたま思いついたとんでもないアイディアを発表されたりする。

しかし、そういう奴やそういう自覚があるやつは本命アイディア絶対に発表してはならない。

学生が考えたアイディアなんて価値ほとんど無いから誰もパクったりしようとしないとか半分本当で半分ウソ

社内で賃金払ってアイディアを出させるより吉野家の持ち帰り牛丼学生に奢ると喜んで無償アイディアを出してくれる

それをパクった方が効率がいい

新規ビジネス創造インターンとか採用もできるので一石二鳥こんな効率良いやり方やらない手はない。

おまけにワンデイにしちゃえば安上がり

自分アイディアをパクったのは株式会社ピク○ブ

どのサービスかは言わないが最近出たWebサービス

この会社のこときらいじゃないけど学生アイディアを丸パクリするのは良くないよ(びっくりするくらいにそっくりそのまま)

アイディア著作権もクソも無い。自分の負けだよ。

2018-10-20

anond:20181020132312

グノーシスは、神という状態否定してないよ。神という理想状態に、自分が至ればいいのだから

世界創造した唯一神はいない。世界は神が創造したものではなく、自分創造したもの。それだけの話。

世界創造した神はいない(現代科学常識

西洋人も「理神論」で、創造神はいないって認めてる。

アメリカキリスト教信者で「地球平面協会」があるけど、あれが共和党の主流とか、アメリカって教育水準が低い国だね?

 

anond:20181020123842

2018-10-17

日本経済が衰退する理由トップがアホばかりだから

社長仕事ってのは、社員パフォーマンスを最大限に発揮させるお膳立てをすること。

プログラマースキルアップ支援しないIT企業は、ハッキリ言ってトップが能無しなんだよね。(辞めて正解。バカに付き合うのは時間無駄

 

職業プログラマーじゃないアホが「教えないことが伸びるコツ」なんて言ってるようだけど論外だねw

2018.10.5 サイエンスライター 竹内

 

フリースクール校長として、プログラミング教育実践するサイエンスライター竹内薫は、「教えない」ことの重要性を説く――。

プログラミング大切なことは、問題発見し、その解決方法創造する力だ。

これは、暗記式の勉強では絶対に身につかない。

それを身につけるには、子どものうちから自分で考えて自力解決するトレーニングをさせるのがいい。

こういう妄想に取りつかれると、日本経済沈没確定だなw

 

anond:20181016205509

NEC凋落洒落になってないね

anond:20180911165115 NECで何が起きているのか

anond:20180915214027 今後のご活躍を祈念します。

anond:20180924103013 NEC研究提案会議

anond:20181017233425 NEC組織的課題

anond:20180912073056 NEC全盛期を知っている人間からすると、今の凋落ぶりは目を覆うばかりだよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん