「ネットワーク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネットワークとは

2018-10-17

anond:20181017151850

pingおじさん「ネットワークつながらなかったらとりあえずpingね」

2018-10-14

anond:20181014222241

官僚主導による護送船団方式経済発展モデルは、バブル崩壊で終わってる。

日本ベンチャーが育たないから、日本経済も終わっている。(良さ気な若芽海外に買われる)

沈み行く泥舟から抜け出した日本人が、海外和僑人材ネットワークを広げて、未来の新しい日本を作るだろう。

現代奴隷売買である人材派遣会社では無理な話だ)

ワーママSE転職出来ました後日談

去年長い日記つけてたのを思い出したので見返して、コメを見て、気が立ってたなーとか申し訳なく思い、自分の思ったことを書いておきたくなった。

結論から言うと、あの後転職出来た。

もうすぐ試用期間が終わる。

増田の新しい勤め先は外資の下っ端。

今のところ短縮勤務のまま、英語も出来ないのに、普通に仕事している。

当時ぐちゃぐちゃしていた増田転職理由は、今考えると以下に整理されそう。

◾️転職理由

技術者なのに成長機会のない職場が辛い

・新しい技術改善案出しても否定的かフーンって顔

・短縮勤務だと給料が上がる見込みが薄い

事務契約管理など向かない仕事が増えて、評価下がるので嫌気がさしていた

旦那氏(同職場で一つ上の階級)から給与比重的に仕事を軽視されており、超ムカついてた

旦那から家事育児をこき下ろされ、プライドメンタルがズタボロで、なんらかの自己承認が欲しかった

下の二つは増田家庭固有の問題だと思われる。詳細は家庭板案件なので伏せるが、所謂モラ夫系。ありがとうもごめんなさいもお互い様精神なくこき下ろされても相手を慮る気持ちを持ちつづけられる超人はそうしてほしい。増田病みかけた。なので普通転職とは少し気持ちが異なるかもしれない。

話が脱線した。

これがどうなったかと言うと。

◾️転職

・新しい仕事給料アップに繋がりそうな内容、最新技術やらせてくれる。研修セッションネットワーク越しに受けられて最高。美容効果高い。

改善提案は実行可否はともかくプラス評価美容効果高い。

・短縮勤務だけど100万ほど給料上がった。上への道も管理系以外でも普通にあり、美容効果高(以下略)

ジョブディスクリプション(職務記述書)あるから基本的には事務契約管理作業不要美容(以下略)

旦那氏と給料が並んだので「じゃあ稼げば?」の返しに黙らなくなりプライド回復した。美容(略)

現場が遠いため、旦那氏に少し育児ルーティンを任せることに成功した。美(略)

・少し稼ぎが増えたので家事を金で解決できる範囲が増えた

・社名がそこそこ有名なので自己承認欲求が満たされた

経験を使って解決するから頭使うとか、年休が減ったとかは趣味的にはしんどいけど、基本いいことしか思いつかない。

旧弊社の人柄や居心地の良さが恋しい時もあるけど、でもやっぱり転職やって良かった。

人間、向き不向きがある。

増田家事より稼ぐ方が楽しいのだ。

育児家事は金でフォロー出来るところはしていくと割り切るほうがずっとメンタルが楽だ。

増田の持論は「根本的に苦手な内容は成長を考えず、その分強みを伸ばしてフォローを期待」だ。

なので稼ぎを今後も上げていきたい。

2018-10-11

日本社会学における査読論文価値研究者評価大勢

備忘録程度に

社会学における査読論文位置

一般に、日本社会学において査読論文は重視されます特に、若手にとって査読論文を出すことは研究業績を重ねる上で、非常に重要であると考えられています

ただ、以下の三点が一般的な「アカデミア」のイメージとずれているため、わかりにくいところかなと思います

雑誌の格が厳格に決まっているわけではない

日本社会学においては雑誌の格が明確に決まっておらず、これがIFやh-index論文の格がある程度自動的に決定される理系(+経済学)と違うところです。

たとえば、おそらく日本社会学で一番格が高い雑誌日本社会学会が発行する『社会学評論』でしょうが、これに掲載が決まったからと言って、マーケットにおいてダントツ評価が高くなるということは無いですし、掲載率も25%程度とそこそこ高いです。

一方、関東社会学会が発行する『年報社会学論集』や関西社会学会が発行する『フォーラム現代社会学』なども掲載率は同程度ですし、評価もされると思われます。つまり査読論文の質がジャーナルの格によって決定される、という仕組みが弱いです。これは社会学領域多様性手法多様性+後述する国際意識の弱さに起因していると思われます

また、『思想』『現代思想』といった一部商業雑誌や、『ソシオロジ』『ソシオロゴス』といった同人誌に近い形態を取る査読雑誌が、ある程度の評価を受けているという点も特殊かな。

依頼論文査読論文より偉いということはないが、同程度の評価はされる

依頼論文査読論文より偉いというのはまず無いと思いますが、一方で依頼論文評価されないということもないです。一般に依頼論文査読論文と同程度の評価を受けているかと思われます

ただ、依頼論文の質がピンキリだというのが所感です。

なぜ査読論文を書かずに本にしたがるのか

エライ社会学者ほど査読論文を書きたがらない、というのは事実です。というのも、彼らは自分の考えたことを本にしてまとめてしまうからですね。

ではなぜ本にしてしまうのかというと、査読を受けたがらないというのも確かにあるのですが、概ね①社会学ギョーカイ一定程度の市場があり、エライ教授がまとめた(キャッチーor教科書になる)本は出版社としても出したがる傾向が依然としてある②査読プロセスが長い(半年-2年)ため、自分の考えをとっとと出せる本のほうが魅力的③先述した社会学領域多様性手法多様性により、査読による集合知が先駆的研究場合働きにくい場合があるという点のほうが大きいかなと思います

特に特殊なのは①ですね。この日本社会学の市場の大きさが与えたアカデミズムへの影響は、無視できないと思います

なぜ日本社会学は国際化されてないのか

日本社会学がどちらかというと内向きな傾向にあることは否定出来ないと思います比較的国際化が進んでいるのは計量分析が盛んであり、アメリカ社会学親和性が強い家族人口ネットワーク社会学の一部と、伝統的に留学風潮の強い学説史・理論でしょうか。とはいえ後者はいわゆる「国際化」とはずれてますが。いずれにせよこれら以外の領域では、英仏独語論文を書くという行為はあまり一般的ではないです。

ではなぜ内向きなのかというと、前述したように社会学比較的まだ「売れる」学問から、というのが大きいように思います。つまり国内マーケットの中で、研究にせよ知名度にせよ院生にせよある程度獲得できてしまうという現状が、外に目を向けない元凶かなと。

もちろん社会学という学問が、もともと世界的な共有知を探求するというよりも、個別特殊的事例や、異なる側面から理論体系を構築する研究を好む傾向があるということも大きいでしょう。

ただ、国際化されてないからと言って国際化が評価されていないかというとそういうことはなく、IFを持つ海外査読誌に論文が載ることは、希少故に非常に意義があるものとして認められています

社会学ムラにおける研究評価

上記したように、社会学においては論文の格は雑誌によって決定されず、査読論文と依頼論文区別曖昧であり、内向き志向である。とすれば一体研究評価はどのようになされているのでしょうか?

この問に答えるのは容易ではないですが、平均的な回答をしておきます

博論単著の出来

まず重要なのはこれで、博論単著が出せるか、出したあと評価されるかは、研究個人評価に決定的な影響を及ぼします。

一部大学院で未だに課程博士をなかなか出したがらないのは、これも影響しています。つまり単著で出せるような博論でないと、そもそも就職が覚束ないという考えなんですね。

同様に、単著就職の際の評価点として重要です。

査読論文の数

査読論文の格が特に決まってないとはいえ査読論文重要評価対象とみなされているということは、先述したとおりです。ですので、いきおい査読論文の数は、若手研究者の就職にあたって非常に重要です。いくら良い博論単著刊行できたとしても、査読論文がない研究者が就職することは(比較的)難しいでしょう。

ではどのくらい必要なのかということですが、だいたい就職までに3~4本(紀要除く)書いているのが一般的なようです。

なお、海外著名ジャーナルや『社会学評論』に載っていると、当然その分評価されますが、評価が格段に良くなるということは無いように思います。これが「格がない」という言葉事実であります

最後社会学ムラ内での振る舞い次第…

どういうことかというと、結局いくら査読論文重要とはいえ、それ以外の仕事というのも社会学では評価対象となります。つまりムラのネットワークの中で、いか仕事(ブックチャプターや非常勤講師など)を貰えるかが、結果的研究評価において非常に重要ファクターとなるんですね。コネ採用されるというのはほぼなくなったと思いますが、未だに特定大学院生比較就職やすいのは、あるネットワーク所属していると、比較研究業績を増やしやすいということもあると思います。こうした状況の中で若手研究者は業績を稼ぐために媚びへつらい、顔を売り、己が付き合っていて気持ちがいい人間であることをアピールするために、愛想笑いを浮かべながら査読論文抜き刷りを配り歩くのです。

とはいえ、これは一般的な「社会」でも一緒ですからなんとも言えないですね。とかくこの世は世知辛いアカデミアがコミュ障楽園だと思っていたら、実はベンチャー企業営業類似スキル必要であることを痛感するのは、博士課程進学後になってからなのです。

ちなみに一部の大学ではこうした制度公的に備えているところもありますが、これは先述したネットワークが発達した大学への対抗実践として見ることもできるでしょう。

なお社会学ムラ内でのふるまいのコードは、一般的な民間企業とも、いわゆる「アカデミア」の無縫さとも異なる独自の体系があるのですが、それは省略

問題などありましたら、ご指摘ください。あくまでも個人的意見です。

anond:20181011065245

自然なこと。

人間の脳の記憶は、神経細胞ネットワーク構造のもの記憶していて、

常にネットワークは組み替えられて、記憶が整理されている。

その結果、過去記憶現在自分の都合の良いように改変されていく。

いじめっ子だった記憶がいつの間にか傍観者記憶になっていたり、

継母の悪行が、実母の悪行に入れ替わっていたり、いろいろ実例はある。

2018-10-10

anond:20181010181208

プログラミングが楽なのはそのとおり

Windowsとの違いだけどプログラミングをするためのソフトウェアとかツールを準備するのがWindows比較して圧倒的に楽

ダウンロードとかのネットワーク速度が同じならUNIX/Linuxの方が速くプログラミングのための環境を整えられることが多い

理工系アカデミックUNIX/Linuxが使われることもあり、研究段階のシステムUNIX/Linux向けに作られてることも往々にしてあり、Windowsだと実行速度に難があったり、そもそも動かない可能性がある

そんな理由からUNUX/Linuxの方がプログラミングするのが楽

とは言ってもWindowsを使ってるプログラマも少なくない数が居るよ

2018-10-08

anond:20181008173656

日経ソフトウェアの「コンピュータはなぜ動くのか」とか「ネットワークはなぜつながるのか」とかの入門書だな

じゃあその入門書ってどう探すんだよ、だけどAmazon口コミをひたすら眺めて評判よさそうのを選ぶのが吉。

2018-10-02

anond:20181002135545

田舎でもある仕事だとインフラ接客医療とかだけど、その辺の仕事目指してる人って東京に出ないからな。

俺の例だと東京にいる時はネットワークインフラとかサーバー構築とかやってたけど、田舎にはそんな仕事はもちろんなくて派遣PGになった。

同じIT系でも田舎東京では仕事の幅が全然違う。

2018-09-29

anond:20180929190742

自覚がない「用意」を用意と呼び出したら

脳はデフォルトモードネットワークで常に何か準備しているって身も蓋もない話になるぞ

2018-09-25

[]リンク集著作権があると主張がある。リンク許可を得るべし

校内ネットワーク活用ガイドブック

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/kounai/pdf/kounai.pdf

リンクについて

ホームページリンクについてはホームページ性格が万人に公開を前提としているも

のであり、ホームページリンクには著作権がないものと考える、とするのが一般的である

しかし、リンク集などには作成者がいるわけで、作成したリンク集に著作権があるとする主

張もある。従って、リンクを張る際には、該当ホームページ作成者に許諾を得ることを原

則とすることが望ましい。

(改行はそのまま)

リンク集に著作権があるとする主張もあるので、リンクを貼る際に該当ホームページ作成者に許諾を得ることを原則とすることが望ましいというのは変な記述に思います

リンク集に著作権がある場合があると、リンクを貼ることに許可を取るべきには関係が無いと思うのですが。

しろリンク集に著作権があるとする主張もあるという話をくっつけるなら、アドレスを貼った時点でリンク集の作成者権利があるため(アドレス権利存在せず)、リンク先のサイト作成者許可不要であるという記述の方がまだ自然に思えます

2010年に出版された「ised 情報社会倫理設計 倫理篇」という本でもこの文章は取り上げられており、この論理意味が分からないと書かれています

リンク集には著作権があるとする主張もあるからリンク先の許諾を得るのが望ましい」となると、もうわけがわかりません(笑)

ただしこの資料は「平成15年3月31日発行」との事なので仕方ない面はあると思います

当時はまだネット社会とそれにともなうマナー成熟していなかった事情があるのではないかなと思います

今でいうツイッターの「FFから失礼します」に事情は近かったのかもしれません。

からリンクには許諾を得ることが望ましいという記述が入ることになったのかなと思います

資料に書かれている「論理」は理解できませんが、「結論」は当時の事情が見えるようで興味深いです。

僕が非正規でいる理由

ひきこもり歴が5年ある31童貞です。

データえっせい: なぜ非正規でいるか

これ読んで思うことがあったので書きます

現在客先常駐派遣技術者非正規)と言う立場で働いています。はじめはこんなポジションに付くつもりは全くなかったんですけど・・・

なぜ非正規でいるのかって所にスポットを当てたいので過去お話は省き経緯とこれからを書きます

情報系専門卒は就職先が決められていた

そうです決められていたのです、5年間のひきこもり生活から抜けて情報系の専門学校に通い卒業の年。

当時は正社員で雇ってくれる大手中小求人の条件には漏れなく「大卒以上」の文字記載されていました。

学歴より新卒資格基本情報CCNALPIC lv.2・ORACLE MASTER Bronze)と知識でどうにでもなると言う勢いで20社以上に挑みましたがエントリー段階で全滅。

今ほどweb系にスポットがあてられていない時代だったので他を探すとなると中小零細SIerしか選択肢がなく否応なくそこに入社

大卒」と言う学歴の強さを思い知った出来事でした、今はweb系と言う選択肢があるので専門卒でも幅広い選択肢がありますね。

中小零細SIerほとんど客先常駐だった

これは周知の事実です、つまり大手に行けなかった人は漏れなく「非正規」の仲間入りです。

派遣会社正社員として採用され客先に常駐してる人は全員含まれているでしょう(正社員だけど派遣社員)

自分のやりたいことを主張すると非正規派遣がメインの会社しかなかった

私はIT業界を目指しておきながらプログラミングに興味がなく、ネットワーク構築やサーバー構築が好きな人間です。

今でも家にCisco中古ルーター(当時1万以上した!)とかCento OSが入ったファイルサーバー(電源壊れて動かない)やライブカメラサーバ

あります最近はLeafletに興味が沸いたのでJavaScript勉強を暇なときにしています

前の会社を「これ以上、派遣できる現場はないか有給取って転職して出てって」と事実上解雇宣告を受けてからネットワーク構築やサーバー構築や

インフラ系の保守運用職種に行きたいと思って転職活動を始めました。

web系やSI系を歩き回り、だいたい10社くらい受けましたがweb系は「実務経歴がない知識だけの人に来られても困る、プログラミングできれば別だけど」などと言われ不採用

SI系は「この職種は辞める人が少ないから空きがないんだよね、3年以上の実務経歴があれば違うんだけど」と言われ不採用になりました。

転職活動を始めて3か月くらいの時にやっと2社から採用通知が来ましたがどちらも客先常駐メインの自称SIerでした。

でも非正規でやりたいことができる訳ではなかった

今、2社のうちの片方を蹴って某客先常駐メインのSIer仕事をしています

雇用条件求人条件通りか念押ししましたが実情は予想通りでした、ネットワーク関係仕事元請けメインで緊急時下請け派遣が行う現場でした。

日常業務ヘルプデスク定例会資料作成カスタマーエンジニア的な仕事事務処理がメインで面白くない仕事です。

ただ前の会社と違い有給休日出勤時の代休が取れて夜勤も滅多にないため妥協しそうな自分がいます。(期限付き資格有効期限は既に切れ済み)

なぜ非正規いるか

正規ネットワークインフラエンジニアプログラマに比べて空きがかなり少ない職種でした、就職活動の時は「大卒」が大きな壁になり

転職時は「実務経験」が大きな壁になりました。1度でも非正規に足を踏み入れると非正規で培った経験知識転職市場に売り込むこと

になるためなかなか「非正規」と言う立場から抜け出すことが出来ません。非正規転職市場で歓迎されるのは35歳までです、36歳以上は余程の実務経験知識がないとゴミ同然です。

プログラミングが注目を浴びている今はインフラネットワーク知識はあまり喜ばれないので何とか実務経験を積んでステップアップするしか非正規から

抜け出す方法はありません。その入りやすさと抜けにくさにはまった私はもう2年か3年くらい非正規でいることになります

非正規から抜け出せない人たち

なぜ非正規でいるのか、それは入りやすさにはまったまま抜け出せなくなった人が仕方なく選択しているからです。

非正規も暇ではありません、正社員もしくは元請け正社員と同等の働き求められるため一部の人で言われている「非正規責任がないから楽」は過去のものです。

そんなパフォーマンスを求められ有給取得もままならない環境のまま36歳になってしまってから気が付いても、もう転職市場では歓迎されません。

転職にわかりましたがweb系も年功序列思考がうっすら残っています、そこそこ名の知れたweb企業面接官に

「一人前になるのは20年、二十二歳で入れば42歳でうちの給与水準通りの働きをしてくれるけど君30歳でしょ?」と言われ不採用の通知が来ました・・・現実は厳しいものです。

そんな現実があるので、解雇制限がなくなったら非正規がみんなハッピーになれるとは思いません。

36歳未満の諸君がんばろう

頑張りましょう、今が非正規から抜け出すチャンスです

元のブログは「みんな非正規にしてしまえ」と言う結論でしたが、転職市場では年齢制限が当たり前のように存在するため

正社員と言うポジションがなくなった瞬間相当数の労働者が路頭に迷うことになるか低賃金でボロ雑巾のように働かせられる事になると考えています

小学生プログラミングコンテストを見て、この内の何人が社会人になってもキラキラした技術者になれてこの内の何人が非正規に追いやられるのかなと考えてしまます

2018-09-23

chromeファイルダウンロードしてると、ファイルサイズ見るにダウンロード終わってるはずなのにダウンロード速度が0kb状態ダウンロード中っぽく止まるのが結構ある

しばらく待ってるとネットワークエラーになるから「再開」を押すと残尿みたいにダウンロード最後の数KB?を落としてダウンロードが正常に完了する

でもサーバーの都合によってはいったんそうなるともう再開できないやつも結構あって、それがでっかいファイルだったりするとまた最初からやり直しになってほんとイライラする

2018-09-20

anond:20180920115003

まあ、そういう土地にも昔からのヤーさんがいるから、そのネットワークに引っかかったってことやろ。

2018-09-19

とある会社機械学習環境を整備しているんだが心が折れそうだ

昨今流行りの機械学習プロジェクトがぽこぽこ立ち上がっている状況なのだが、一部の人を除き、apt-getで躓いているのは会社にとって損失だと考え、オンプレクラウドのようなものを構築することにした。

グループ全体の規模はそこそこ大きいが、将来単なるアッセブリー屋になることが目に見えている事もあり(今後20年以内には喰われてしまうという憶測もあり)ネットワークLinuxコンテナプログラミングが出来る自分が社内の機械学習、引いてはITインフラ民主化、なんだったら外販できるくらいのもの作ってやろうと鼻息巻いて無理やり一人プロジェクトを興すことにした。

まずは既存DHCPサーバ名前解決ができないDNSサーバからゲートウェイPCを用いてネットワーク的に分離、社内の物理的な設置スペースの問題デスクトップPCサーバPCが離れた所にあるため、WireGuardでVPN構築、ゲートウェイPCはそれぞれKea DHCPサーバ、PowerDNSサーバを稼働させ、OpenStack導入検討時に悩んだ鶏が先か卵か先か問題解決することにした。

上述の通り、システム構築にあたってOpenStackやMAAS,RancherOSなどを検討したが、社内のニーズを「100%」汲みとった上で、次世代オンプレクラウド個人的にはエッジクラスタがゆるく繋がるアメーバクラウド?のような呼称があっている気がするが)を構築するにはどれも痛し痒しで何かしら制限がついて回るのは許容できなかった。これは今後5年、特に海外事業所の開発者の事を考えた時には外せない要件だった。

とはいえmiekg/dnsを用いてCoreDNS進化版を作るにはリソースが足りず、BINDを用いるにはSA対応がしんどすぎるため、APIを備えており、今後も進化が見込めるであろうOSS、また必要であれば商用製品保守サービスが受けられる事から上記2つを選択した。

PowerDNSはさておき、ISC KeaはナウでYANGなLinux YANGに対応しようとしているなど(言いたかっただけ)、世の中のオンプレ環境を塗り替えるためには兎にも角にもAPIゲートウェイ重要だと考えたため、双方が提供しているAPIをうまく吸収するミドルウェア(とちょっとしたAPIサーバ)をGo言語作成した。

次に世の中のパブリッククラウドOpenStackなどを触ったことのある開発者はCloud-initに慣れているはずという前提の元、対応コスト勘案の結果、NoCloudで対応しつつ、上記APIサーバ連携し、ベアメタルマシン管理した事のある人はわかる、ベアメタルマシン特有の諸問題解決することにした。

まぁなんだかんだ大企業なのでお金解決する手段もあるが、そもそも高集積ラック搭載GPUサーバ購入の稟議が通るような会社だったら既にKubernetes導入しているだろうし、俺もこんなことしてない。

脱線したが、上記以外にも検証バックアッププランとしてAnsible記述などの作業はありつつも、3ヶ月かけてようやく基礎となるインフラ基盤が構築できたため、nuxt.js+go簡単フロントエンドサーバを構築し、一人情シス様相を呈している部下のリソース開放、Calico対応+Kubernetes導入、不安がっている上席が安心できるように、分かりやすい餅を用意しようとしている、というのが現状。

ここまで寝る時間も惜しんでトップスピードを維持したまま頑張ってきたものの、少し限界を感じている。

特にオンプレクラウド部外者が中々見えてこないものがあり、なんならその見えないもの限界まで吸収できるように、かつ現実的に実現可能ギリギリラインを狙っているのだが、そもそも周りに相談しようとしても何を言っているのか解説する所から始めないといけない。

覚悟はしていたが、ふとした時にとてつもない脱力感に襲われてしまう。

世の中を切り開いてきた諸氏はおそらく一度はぶつかったであろう、この内なる自分の壁をどのように突破してきたのだろうか?

ひたすら孤独との戦いだというのは頭では理解しているものの、突発的にくるこの脱力はいかんともしがたい。

推敲もせずに大変失礼極まるが、コメントをいただければ幸いである。

2018-09-13

FF9が一番好き

等身が高いキャラ全然きじゃない。

……FF7リメイクはやると思うけど。

8はさておき、10以降なんであんリア充みたいなCGキャラばっかなん?!

FF9が一番ファイナルファンタジーらしい。

話も世界観も。

FF15なんてゴミだったし。

頼むよ。等身が低いキャラでさ、もっとファンタジーしてくれよ!

異論は受け付ける。

オープンワールドなんかいらねーんだよ!ネットワークなんていらねーんだよ!

仕事中に勉強しまくってるエンジニアだけど何か?

最近エンジニア勉強について言及している記事をよく見る。

やっと、まともな記事が出てきた。

https://www.yutorism.jp/entry/Study

15分単位で細かくタスク管理されてる会社等では実践できないと思うが、

普通会社ならみんなこっそり勉強してるもんじゃないのか?

1ヶ月の仕事を2日で終わらせて18日間はずっと仕事してるフリして勉強をしていた。

専門書をPDF化して読んだり、自分趣味コード書いたり、トレンド技術リサーチなど。

すべて、暗号化してしまってある。ネットワークももちろん暗号化

IPAの高度試験も何個も取った。

この勉強という行為のおかげで長い目で見れば仕事還元できているのだが。

業務だけの断片的な知識だけでまともなエンジニアになれる訳がない。

そんな会社さっさとやめた方がいい。時間もったいない

2018-09-10

anond:20180907154041

単純に電源が生きてても、ネットワークが死んでたら使えなくね?

オンライン処理でしょ。ATMPOSクレジットカード電子マネーも。

POSはCAFISと通信できなきゃオンライン処理できないし、オフライン処理も電話承認必要だけど電話使えないだろうし。

2018-09-09

anond:20180909193854

何だかんだいって、配送する部分は一般道という公共財フリーライドしてるだけだから

Amazon専用道路ネットワークを全国に張り巡らせるとかしなきゃ改善しない

2018-09-07

anond:20180907001942

太陽光のほうが管理難しいぞ。勝手に発電されて勝手ネットワークに流されたら毎日今日みたいに停電するぞ。

それでもいいなら勝手しろよ。

2018-09-06

anond:20180906233139

スレ話題とずれるからコメントしない。

都市のような大規模ネットワークを安定稼働させる話と原発を使うか使わないか全然別という話をしている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん