「差別的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 差別的とは

2017-10-18

差別的から女性容姿やら厚化粧やらを揶揄しちゃいけないっていうコードがあって、

小池百合子を厚化粧なんておじさんが言った日には総攻撃を食らう世の中だけど、

そこで鬼の首をとったようにおじさんを攻撃した女どもが

次の瞬間にはイケメン話題で盛り上がっているのをみると

なんだか釈然としない男は俺だけじゃないと信じてる。

ハゲ社員ハラスメントで失った

アパレルチェーンの店長をしている。アパレルでは男性社員は少ないため、女性ばかりの部署殆どだ。そんな中、自分部署に初の男性社員Aが配属された。Aは仕事ができ、体力があり、他の女性社員比較しても優秀な新入社員だった。しかハゲだった。

1年が経過したある日、彼が辞表を提出してきた。彼のメンター役だった社員Bのハラスメントが原因だった。BはAを嫌っており、Aがハゲだったことで嫌がらせを繰り返すようになったのだった。BはAの毛根を否定したり、ハゲ差別的な内容を職場で話すようになっていた。AはBの問題について、当初は管理職相談してきた。しかし、今までハゲ社員を受け入れた経験がなかったために、前例がなくどのような処置をすべきかわからなかった。

自分から見ればBは単に典型的ギャルで、ハゲネタに弄っているだけのように感じられた。Bは長いこと勤めており、勤務中にAに嫌がらせしていることに正直呆れはしたが、口頭での侮辱行為に対してはそこまで重い処分を行うことはできない。

(追記: 一応Bには,事情聴取というか事実確認面談は行った。Bは行為を認めたがハラスメント意図はなかったと話し、ただ弄っているだけなので自分発言でAがそこまで傷つくとはわからなかったと説明していた。)

Aには笑って誤魔化せばいいのではないかと伝えた。今の仕事が続けたいなら我慢してもらうしかない、どうしても耐えられないなら君の異動を検討してもいいとも譲歩した。

それから半年ほど経過し、Aは辞表を提出してきた。Bのハラスメントによる精神的苦痛が大きいこと、被害者側の異動が納得できないこと、マネジメント側の対応失望たことを彼は淡々と語った。他社から引き合いがあり、新しい環境気持ちを入れ替えて頑張りたいとも話していた。

こうなると自分としては困る。アパレル業界想像以上に体力仕事だ。貴重な男性社員ハラスメントで失ったとなると、管理側の評価に影響する。あの手この手で彼を引き止めたが、彼の意思は固く、結局そのまま転職していってしまった。

本社に再発防止策を提出しなければいけなくなったが、どうしたものか困り果てている。私も髪は少ない。

近所にモスクができるのが怖いと言うと差別的に聞こえるが

近所にハッテン場ができると

2017-10-16

anond:20170905114938

フジテレビは結局「ホモ差別的に呼んで申し訳なかった」と言っているので、その基準で言えば、今のBL好きさんのホモ連呼も全部謝罪案件になると思うけど。大丈夫かね?

自分らだけはセーフとでも思っているの?

保毛尾田保毛男差別トラウマか(とあるゲイ意見

保毛尾田保毛男について思ったことを書く(長いからな)。ちなみに自分ゲイ当事者なのだが、今回の保毛男批判運動にはまったく乗れなかった。自分は毎年LGBTパレードに参加したり応援したりしにいく程度には差別運動には親和性のあるゲイなのだが、とにかく乗れなかった。どうして乗れないんだろうという内省をしていくつかの視点を得たので、ここに書いていく。

まず自分リアルタイム保毛尾田保毛男は見ていない。なのでとくにそれでゲイである自分が傷ついたという経験もないし、幸い(?)、学校で保毛男ネタいじめれらたこともない。とはいえ、「今の視点から見れば」、LGBTについての適切な情報がろくになかった放映当時、保毛尾田保毛男が「ホモってこういうものなんだ」という偏ったイメージを流布してしまたことや、ゲイ当事者テレビ流れる保毛男を見て「僕はこんな気持ち悪い生き物と同じなんだ」という同一化をして傷ついた、という批判は、(繰り返すが)「今の視点から見れば」差別的お笑いなのだという意見があることは気持ちの上ではわからなくもない。しかし、放映当時は差別問題としてゲイだのLGBTだのがエントリーしていなかった時代だったわけで、時間を遡ってなにかを批判することに正当性があるのかは分からない。重要なのは保毛尾田保毛男によってトラウマを抱えた当事者一定数いた」という事実はどうやら本当だということだ。

そして2017年になって保毛尾田保毛男が復活した。放映当時と時代は変わっている。LGBTという概念がそれなりに普及して、ネットを含むメディアにおいて、さまざまなLGBT情報や、顔を出している当事者に触れることができる時代になった。そんな時代保毛尾田保毛男が復活すると聞いて、自分にはむしろよい好機なのではないかと思っていた。それはなぜかというと、往年の「保毛男=ゲイ代名詞」という時代翻弄された解釈から、「ヘンテコだけど、どこかチャーミングな、ゲイなのかもしれないけど、なんだかよくわからない独特な変なキャラ」という解釈で保毛男を捉え直すだけの、余裕のある社会時代(それはLGBT当事者も含めた)になっているのではないかと、自分は思っていた。そして、現に復活放送の内容でも(自分は見損ねてしまったので伝聞で恐縮だが)ホモ一般を明確に差別するような言動ex.ホモは頭おかしい、死んだほうがいい)はなかったようだ。そもそもホモではなくて噂」というキャラなのだ。それでも「ホモじゃないの。あくまで噂なの」というネタ差別だと主張する人はいるようだが、カムアウトする前に三ツ矢雄二がやっていたグレーゾーンネタと同じようなもので、「明確にしないこと」をネタにしているギャグだと自分は感じている。

しかし、そうではなかった。当事者トラウマ自分が思うよりもずっとずっと深かったのだ。顔を出しカムアウトして反差別活動をしているようなメンタルの強いLGBT当事者でさえ、いやむしろ、そういう人たちこそが一丸となって、復活した保毛尾田保毛男批判した。差別だ、この時代にありえない、と批判した。自分にはよく分からなかった。あの復活放送のなにが差別的なのか分からなかった。冒頭にも書いたように乗れなかったのだ。なので、彼ら・彼女らの批判を読み漁ってみた、そしてある共通点に気づいた。その共通点というのは「自分子どもだった頃、保毛尾田保毛男のせいでこんなんも辛い目にあった、苦しかった」という自分史を綴り、それゆえに「保毛男はダメだ」と主張していることだ。彼ら・彼女らは「復活した保毛男」を批判しているのではなくて、「往年の保毛尾田保毛男」を「今の価値観から批判している、その根拠は、彼ら自身トラウマなのだということが、徐々にわかってきた。そして、このことが、僕がこの一連の保毛尾田保毛男批判に乗れなかった理由だったのだなと気づいた。つまりトラウマのない人にとっては「復活した保毛男」はとくに差別的でも何でもないものなのだ。その点で(話はそれるが)、BPOが「問題ない」と判断したというのもよく分かる。なぜならBPOは「復活した保毛男」を判断するわけであって、「往年の保毛男」を判断するものではないからだ。

ここで自分が主張したい意見は2つある。

ひとつは、過去の時点において差別問題として十分に認識されていなかったが故の行き過ぎていたかもしれない表現を、「今の価値観から断罪する」ことは正当なのかどうか。自分は正当だとは思わない。時代が変わっていくというのは過去を許容していくことだと思うからだ。LGBT当事者にも、保毛尾田保毛男流行っていたときに「ホモだと疑われたくないから、自分も一緒になって保毛男ネタを笑っていた」と自分史を綴っている人が少なくなかったが、しかし、そんなふうに、保毛男ネタを一緒になって笑っていたその傍らに、一緒になって笑うこともできなかったLGBT当事者がいたかもしれない。でも、そんな「一緒になって笑っていたLGBT当事者」を「今の視点から「おまえもいじめに加担した加害者だ」と批判するような言説は聞いたことがない。それはやはり「知らなかったがゆえの過去」を許そうということじゃないんだろうか。

もう一つは、トラウマを手当することの重要性だ。反差別運動をしているような心の強い人でさえ、過去トラウマと、現在を切り離して考えられなくなるほどに、トラウマというのは人間精神を縛り付け歪めてしまもの(=呪いなのだ。これまでのLGBT運動は、こういう深いトラウマを手当てしきれてこなかったのではないかと思う。この点については、当事者の一人として反省し、教訓にしていくべき論点になりうるのではないかと思う。「保毛尾田保毛男で傷ついた過去を語る会」のような、トラウマを吐き出して、呪いから自由になるようなピアサポートもっともっとあってもよかったのかもしれない。

(これはあくまで、自分個人的意見だ。復活した保毛男を批判してはいけない、とは思わないし、批判して得るものも失うものもあると思っている。ただ自分は、差別の名のもとに他者糾弾するだけの社会にならないことを祈って、せめてもの活動として、ひとりのゲイとして、ここに記しておく。ここまで読んでくれてありがとう。)

既婚者の人格

サンプル数 n = 5くらいの話だけど、公の場で大声でネトウヨトークしてたりするし、日頃から「妻が~妻が~」と愛妻自慢をしながら独身弱者を殴るアルファツイッタラーとかもいる。

前々から「既婚者だからといって人格者とは限らないよなーわりと差別的だなー」って薄々思っていたのだけども、

それもそうで、マクロの傾向として女性高収入男性を選ぶし、さら年収が+150万円くらいないと子供作らないわけで、

独身よりも既婚者、既婚者よりも子持ち、のほうが収入が多い傾向、仕事生活タスク実行スキルが高い、社会的強者の傾向にあるわけで、

となると弱者に厳しい考えを持つ人の比率も増えるってことなんかなー。累進課税がその考えを後押ししているのかね。やっぱり。

そりゃあ自分の子障害あるケースとか、低収入夫婦・低収入家庭とか、マイルドヤンキー家庭、DINKS、いろいろケースもあるけども、

マクロの傾向としては、ゆるやかにそういう傾向がありそうな感じはする。(要検証)

ノブレスブリージュなんて幻想だったんや。カネモチにとって何の得にもならんしな。

しかし、もし敬虔宗教信仰があるケースならば話は別だろう。信仰の中でノブレスブリージュが重視されているならば、それが実施される。

海外はいつも宗教戦争してる。宗教は怖い。みたいなイメージあるけど、宗教社会に与えてる功罪ってのはそれぞれ大きいのだろう。

銃社会なんかも、銃乱射事件でばかりピックアップされるが、ふだんから「銃があるからこそ派手にひどい扱いはできない」「侮辱するような、ストレスかけることはできない」という心理が働くからこそ、上司から部下へのパワハラなんかも軽減する効果があるだろうし、企業ブラック化を食い止めているメカニズムもありそうだ。

料亭とかキッチンで働く人同士は、刃物を扱っている関係で、ふざけたらヤバイ。仲良く話し合おう。みたいな心理が働いてたりするとかいう話も聞いたことある

2017-10-15

anond:20171015122652

「明らかな差別的待遇」かどうかを決めるのがてめーの感性以外の何なんだって話だろ

だったら特定のナニモかに肩入れするよりは公平にやった方がいい

その方が今リベラル無視されている弱者も救われるよ

https://anond.hatelabo.jp/20171015121624

救うべき対象を選り好みしてるのは「自分が納得する奴じゃなきゃ救いたくない」と言ってるお前だろ。

明らかに差別的待遇を受けてるマイノリティを救うのに好みも何もあるかよ。

2017-10-12

反差別船には絶対乗りません

差別には反対ですが

反差別の旗を掲げてるうさんくさい船には絶対乗りません

なぜかと言うと自分が受けてる差別解決する為の船に乗ることは拒むのに

こっちにはお前らも乗れと強要してくるからです

そんな差別的な扱いは断固として拒否する

それだけの話です

こちらとしてはこの世からあらゆる差別を撲滅する為にどんな差別とも戦う用意があります

から同性愛差別にも人種差別にも反対しますが

絶対反差別船には乗らないし、一切の関係を持ちません

反差別船は単なる差別集団からです

LGBT擁護されてハゲデブブサイク非モテ権利はどうした

って言ってるやつってハゲでもデブでもブサイクでも非モテでもねーだろ

弱者には反差別に乗るメリットがない」これは本当に真理

大体さ、LGBTへの当て付けのようにハゲデブブサイク非モテ権利ダー権利ガーとか言ってるやついるけど

当事者はそういうハゲデブブサイク非モテレッテル貼られたままで権利を獲得したいとか思ってないからw

ブサイク非モテに当てはまるけど毎日化粧水つけたり表情筋鍛えたり眉毛整えたりしてるしお金溜まったら形成手術と整形やるって決めてるし一刻も早くブサイク非モテレッテルから逃れようって思ってるから

ブサイク」「非モテ」の属性に押し込められてはい権利ですよ〜とか差別されない権利持ってこられても断固拒否するわ

LGBTへの権利ハゲデブブサイク非モテ権利をぶつける奴って

 

 自分ハゲデブブサイク非モテであると認めその属性に安住する覚悟

 

この過程見事にスルーしてるか経験すらしない望まれた外見で生まれてきてるのがよく分かるわ

弱者には反差別に乗るメリットがない」?そりゃそうともハゲデブブサイク非モテ権利ガーとか喚いてあたか差別解消を訴えつつ

弱者故に卑屈になってしま心理につけこんで雀の涙ばかりの権利と引き換えに「ハゲデブブサイク非モテ」という差別階級を温存しようとしてるのが丸見えだもん

ハゲデブブサイク非モテ」みたいな差別することを目的として差別するために分断された属性を温存して権利やる代わりにその属性と墓まで一緒に添い遂げろとか差別加害者傲慢まりねぇんだよ

髪はやしたい、体重減らしたい、整形したい、モテたいって言ってる俺らに『「ハゲデブブサイク非モテ」と言う属性に安住してくださいね権利ガーと喚いてやるから』って言われてもそんな反差別に乗るメリットなんてねーよ

 

まれ無差別健常様には分からんだろうがなハゲデブブサイク非モテ権利と「オタク」の権利とじゃ天と地ほどの差があんだよ

オタク自分オタクだと認めて誇りを持って生きることができ、オタクと言うだけで過小評価されたり差別的言動を受けたりしない権利

LGBT権利と対比させるならむしろオタク権利ってすぐわかるだろ

anond:20171011081045

2017-10-11

https://anond.hatelabo.jp/20171011081045

士農工商えたひにんも底辺弱者自分より下がいると満足するためのもんやろし

ネット差別振りかざしてる男性も言うたら自分が男で異性愛者で日本人だと生まれ持ったもんしか誇れるもんがない情けない底辺なんだろうなと思ってみてる

国が豊かだとグローバルになるし、貧しくなると差別的保守的になるし

差別って元々底辺弱者プライド守るためのもんよね

どれだけ能力が無かろうと惨めだろうと努力せずに自分より努力し優れた誰かを自分の下にしてバカにできる

anond:20171011081045

正しい。

LGBTに対する差別反対運動は広い視点で見ると、単なる社会グループ間の社会的地位獲得競争の一つであって、LGBTに属する人達がいま「批判されざる立場」という免罪符を獲得しようと努力しているだけ。

その活動は当然彼らの権利だけど、彼らが強い地位を獲得すると、彼らがより人間として生きやす環境を得られると同時に、彼らに向けられていた社会全体からの踏みつけ圧の方向は、彼ら以外のグループ相対的地位の弱いものに向けられる。

自分次の免罪符を手に入れられるのが自分たちのいるグループだという勝算がないのであれば、積極的LGBTグループに対する差別反対運動に協力するのは自らを害するのに等しい。

ただ、自分差別されてきた側であるという自覚があるなら、彼らに対して自ら差別的対応をしないように心がけるというのは、非合理かもしれないけど人間としては間違ってないと思う。

anond:20171011081045

お手本のように間違ってる。

まずお前は[(経済的,社会的)弱者↔︎強者][被差別者↔︎差別者]という分類をしているけど、資本主義マクロ経済に従えば経済的社会的弱者というのはほぼ固定的なんだわ。一部の例外を除けば、お前もお前の子孫も末長経済的弱者であり続ける。これは経済的被差別層なんだな。お前も実力と関係なく区分され、差別される側だ。サプライサイド経済学なんか信じてるのは無知弱者だけだ。

一方で、健全社会はお前のように教養がなく、経済学倫理学も学んだことがないような奴にも発言自由を与えるべきだと考えてる。言論の自由だな。こんな概念はもともとなかったが、JSミルをはじめ論客の主張を元に人々が支配から勝ち取った権利なんだな。

かにお前の発言不快で、無知教養がないことが透けている。でも、そんなお前だって社会の中で不自由なく生きる権利がある。それは、お前が無知からとか不当な理由安全に生きられないような社会でなくすためにあるんだわ。同様にどのような先天的属性を持つ人でも、この社会不自由なく生きる権利がある。お前が許されるんだから当然だろ? 彼らを守ることには、すなわちお前が不当に差別されない権利を守ることでもある。

いか、まとめるぞ。差別的な行動が許容されないのは、この社会自由平等という基礎的な人権に基づいているからだ。この権利があるから、お前のようなクズものうのうと生きていられる健全社会が作られているんだ。お前も俺も差別に立ち向かう義務があるわけだ。自分生存安全を守るためだ。

2017-10-10

anond:20171010123150

お前自身が、ニート差別的に見ているから、ばかにされたとおもってるだけなんじゃねーの?

2017-10-07

外国人外人と呼ぶ人に引いてしま

外国人のことを外人と呼ぶことに抵抗がある。

理由は多分、中学だか高校だかの英語教科書の題材で、ある外国人ガイジンと呼ばれて、差別的で非常に嫌な思いをしていると言う話が掲載されていたからだと思う。嫌な思いをする人がいるならやめようと思った。Sunshineだったかなあ…。

ところが社会人になってみると、平気で外国人社員のことをガイジンと呼ぶ同僚上司は多いし、何せ自分の妻や妻の両親まで外国人ガイジンと呼ぶのでびびる。みんな抵抗無いのかなあ。

2017-10-06

どんな差別的な考えを持っていても構わない

それを表に出さなければ。って、もっとはっきり言った方がいい。

考える事自体を改めさせたり、消したり出来ると思っている連中が多過ぎる。

学歴って単なるブランドではないな

と思った。

普通の四大を出てる人はなんだかんだちゃんと会話ができる。コミュニケーションが取れる。日本語が通じる。生きて行く上で最低限必要知識を持ってる。最低限のモラルはわきまえている。「マジでこいつ本当にやべえな」ってやつはほとんどいない。

ところがこれが、偏差値40以下とかのFランク大学人間や、勉強ができない荒れた生活をしていたといった理由で中卒高卒になってしまった人となると全然そうではないのだ。やべえやつばっかり。

ある人は仕事はできてもモラルが欠けているから平気で職場人間パワハラをしたり、上司にやたらと楯突いたり、大声で差別的発言を繰り返していた。

ある人は昼のワイドショーでもやっているような労働基準監督署労基法存在を知らずに違法労働従事させられていた。(パワハラレコーダー日記などで記録にとる、労働時間手帳に控えておくといった労基に訴えでる際にやっておくことについても説明したが「よく分からない」と一蹴された)

ある人はニッセイビルの中に入っている会社を見て「これってニッセイの子会社なの?」などと抜かした。

ある人は人の話を全く聞かないので「13日にもってこい」と言ったもの10日に持って行き突き返される、11日に持って行き突き返される、をなんども繰り返していた。

ある人は小学生でも笑わないような低レベルでつまらないギャグおもしろいと思っていたのか繰り返し披露してきた。

ある人は「自分の言い分が間違っているかもしれない」という考えに至らないのか、間違った言い分を大声で投げつける悪質で低レベルクレーマーになっていた。

とにかく本当にやべえやつが多すぎる。企業大卒主義学歴フィルターは「マジでやべえやつを弾ける」という点ではある意味理にかなってると思ったし、ぼくもこういった人間ばかりの地元にはもう二度と帰りたくない。

[] #38-4「危ないアニメ

こうして謎のワンシーン挿入が巷で物議を醸すなか、シューゴさんや父たちは会議を開いて修正案をひねり出していた。

「当分はあのカット対応するとして、これからの内容について考えていきましょう」

「ご意見の傾向としては、ヴェノラとリ・イチの武器に関しては苦情はきていませんね」

「まあ、あいつらは魔法とか超常現象とかだからな。真似したくて出来るものでもない」

「そうですね。チョウナ・ブーメランを使うイセカと、弓を使うウロナをどうにかしましょう」

「具体的にはどうするんだ。あいつらのメイン装備だぞ」

「そりゃあ~やっぱり人に向けたら危ないとかで色々理由をつけて使わせないように……」

「アホか! 武器は人に向けて使うもんだろうが! あいつらは戦うために旅をしているんだぞ。物語根本から崩れるわ!

「ですので比較的殺傷力の低い武器に変えるということで」

「それですらファンから不満が出そうだが……まあ、代替案だけでも聞こう」


====

「くらえ、ウィンナーヌンチャク!」

「なんだそれ?」

「イセカの新武器だ。これなら危なくないだろ?」

ウィンナーが?……まあ、チョウナ・ブーメランよりは危なくないけど……」

「ハッハー、くそダセぇ!」


====

「『私はヴァリオリのことが好きですが、食べ物で遊ぶのはどうかと思います』という苦情が……」

「新たな問題が浮上しましたね……」

「まあ、ぶっちゃけ食べ物武器ダサかったから、変えられるのはよかったがな」

武器は変えず、流血描写を変えてみますか?」

「たとえば?」

「……緑色とか?」

あんたの血は何色だ。それに色を変えようが血であることは変わらんだろうが。なんで血の色を変えたらセーフになるんだよ」

「“ホモ”みたいなものですよ。ホモセクシュアル同性愛者を指す言葉ですが、略語ホモ社会通念上は差別的認識されています。なので言葉定義としては問題なくても、厳密にゲイレズと言うみたいなものです」

「フォンさん。共通点の少ない別事例を例えに持ち出すのは、ただの詭弁だぞ」

「でも何となくは伝わるでしょう」

「だから詭弁だって言ってんだよ」

「フォンさん。ただのレスバトルで是非を問うならともかく、俺たちは表現ダイレクト作品に反映させないといけない。これはそのための会議なんですよ」

「失礼しました……では真面目な提案をすると、こういうのはどうでしょう?」


====

「いくぞ、木の棒!」

「次は、何の新武器の真似事?」

「見ての通り、木の棒だよ」

「は? 実際のアニメでも、そんな棒切れで戦ってること?」

ダサいよな」

「そういう話をしているんじゃない!」

「どういう話なんだよ」


====

「『私はヴァリオリが好きですが、前回の放送内容については問題があると考えます。木の棒はそこら辺に転がっており、子供簡単に真似できてしまうので危険』という苦情が……」

「そのクレーマー、毎回『ヴァリオリが好きです』だとか前置きを置くが、すげえ嘘くせえ」

「一通り踏まえてみると、暴力描写のものが駄目ってことらしいですね」

「はあ!? そいつそもそも本作をちゃんと観ているかどうかすら怪しいんだが。こんな本作の根本から変わるような提案をしてくるか?」」

邪推したって仕方がないですよ。ひとまず対処しましょう」

はいはい、要は危ないものですよってのも含めて伝えればいいんだろ?」


====

「どうしたんだ、シロクロ。そんなに怯えて」

「ああ! 木の棒が! 木の棒が!」

「何をそんなに怖がっているんだ?」

「みんな逃げろ! 木の棒が爆発する!」

「え? どういうことだ。ひょっとしてただの木の棒じゃないのか!?……って何も起きないじゃないか


====

「『必要以上に怖がらせる表現子供トラウマを与える。あ、あと私はヴァリオリが好きです』……とのことです」

「ああ、もう! “必要以上”ってどの程度だよ。そもそもアニメ自体が余剰なもんだろうが」

「あれも駄目、これも駄目。じゃあ何だったらいいんですか」

「それはオレに対して言うセリフじゃねえ。もとからこの修正案自体に反対だったんだよ」

「今さらそんなこと言わないでください。不服でも従うって言ったじゃないですか」

「それでこのザマだから言ってるんだよ」

シューゴさんの怒りは爆発寸前。

そのピリつきはスタッフたちにも伝染し、この時の現場空気は最悪だったらしい。

「ですが厳しいものがありますよ。イセカもウロナも設定やキャラクターってものがありますし」

「もうイセカとウロナをリタイアさせるか?」

「投げやりにならないでください。ファンが怒りますよ」

「これまで斧や弓で戦ってきたキャラが、お花畑理由ダサい武器を使っているほうがファンは怒るわ」

(#38-5へ続く)

2017-10-04

これは差別だなんだ話はほどほどにしてっ!ねっ?!

昔好きだったマンガ読んでても「あっ、これは差別だな…差別的表記」とかなっちやってるの!嫌なのよ!

もう差別反対大嫌い、だけどほどほどにね!ほどほどにしようよ!お願いだよ!

じゃ来るなよって!?うんわかる、わかるけどはてなも好き!来たい!

もう少し柔らかく批判否定して欲しいな…だめ?

https://anond.hatelabo.jp/20171004205016

増田に書くことって、日常生活で到底口にできない失礼で差別的本音だと思うけどね

anond:20171002020433

保毛尾田保毛男トラウマからやめろっていう話だけ

ってことにしたいんですね

散々ステレオタイプ差別的表現って言われてたろ

2017-10-03

みなさんのおかげですって、人気があった20年以上前でも、

すでに十分差別的というかいじめっ子目線で嫌いな人は嫌いだったし

PTA的なモノからは頻繁に非難されていたよね。

炎上したのは、時代演者時間を経て変化しているのに、ノスタルジーと焼き直ししか無かったからだろう。

もっとシンプルに言えば、単に面白くなかったからだ。

もしくは『制作者およびバブル世代ノスタルジー喚起のため、オリジナルのまま焼き直しいたします』とでも

キャプションを入れておけばよかった

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00531068-shincho-ent&p=1

2017-10-02

とんねるずは今回の騒動についてコメントすべき

欧米コメディアンなら~って言説をよく耳にするが欧米コメディアン差別的だとして炎上することは多い。

2013年にはアカデミー賞で司会をした「テッド」のセス・マクファーレン女性差別ゲイ差別的だと批判され炎上した。

日本と違うのは批判されたコメディアンが、詭弁だろうが逆ギレだろうが論理的であろうがコメントして何かしらの反応はするところだと思う。

なぜマスコミはこの騒ぎを受けてとんねるず本人に取材しないのか。

そもそも一気飲みを流行らせた第一人者として一気飲みで死んだ若者たちについてどう考えてるかなぜ誰も今に至るまで、とんねるず秋元康取材してないのか。

夫がネトウヨでうざい

夫、今体調崩して休職してて、いやそれはいいんだけど

ちょっと回復してきて暇になったのかずっとスマホいじってて

どうも2chまとめリーダーみたいなの読んでるみたい

もともとちょっと所謂ネットにどっぷり系だなとは思ってたけど

最近頓にうざい

話す相手が私しかいないから向こうも世界が狭くなってるんだろうが

思ってもいいけどテレビ見ながら差別的なことを口に出すな

私が今仕事ちょっと辛いとかほかに個人的ストレス抱えてるのもあって最近口きくの面倒になってきた

いや、どっちかというと個人的ストレスのほうが原因として大きいんだけど

なんか趣味も合わないしなんで結婚したんだろうって思ってきててそんな自分がいることがつらい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん