「自転車」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自転車とは

2018-06-24

コンテキスト

昨日自転車で走ってたら、小学生男子集団の一人が「僕は!毎日!元気に!おしっこします!」って楽しそうに言っていたので笑ってしまったのだが、どういう文脈だったのか気になる。いじめっぽい雰囲気は全くなかった。

2018-06-23

anond:20180623143523

自転車みたいなもんさ、

あるコツを掴めるかどうか

俺は、風呂場が狭いと

テンション下がるようで

一人暮らししてからやっていないが

というわけで男女仲良く自転車通勤しましょう

https://anond.hatelabo.jp/20140627003807

電車での痴漢対策痴漢冤罪対策として自転車通勤への切り替えが有効

https://togetter.com/li/1123440

医学自動車依存者は最も健康寿命が短く長期間苦痛を伴う癌にかかりやすい。更に、壊疽や失明心臓病、脳梗塞免疫不全等の合併症に苦しんで死亡する率が高く実際に短命。歩行者はそれよりは善いが、自転車通勤者など自転車によく乗る者ほど最も健康寿命が長く、実際に長寿。 - Togetter

https://togetter.com/li/1123813

2018-06-22

anond:20180622164342

お前が自転車乗れなくて一生乗れませんと不貞腐れてる間にみんな一生懸命練習たか

今これだけ世間とお前の間で差が開いてるんだゾ

お前のダメなところは未来想像したり自分の望むゴールに向かって努力現実に置き換えていく行動力展望が圧倒的に欠けているところだゾ

一見現実的なようでいてこれから現実になっていく未来についてまるで予想できてないので単なる現実メクラになってるゾ

からでも遅くないか自分人生、もうちょっと前向きに頑張ってみようヤ

VLOGYoutuberが好きだ

VLOG(ヴィーログ/ブイログ)とはVideoLOGの略称で、BLOGテキスト日常ログであるのならば、VLOG映像日常ログという表現が解りやす

日本でよくあるような室内で商品レビューをしたり、ゲーム実況したり、馬鹿騒ぎしたりする日本Youtube動画フォーマットとは違い、北米を中心として発展した動画フォーマットで彼らをVLOGgerと呼ぶ

基本的アウトドアであり、普通日常生活で行った商店街飲食店ウォーキング自転車自動車移動、旅行などを一人称視点で時にはトークを交えながら日常を紹介するという動画フォーマット

商品レビュー日本のものとは一部違う部分があり、最大の違いが日常を映すというフォーマットなため商品レビューした商品が後日のVLOGにも登場し、使い続けている様子を観ることができるという違いがある(つまりレビュワー長期間使っている商品こそ良い商品だと判定できる)

日常映像・音声問わず不快な雑多なノイズが多いため、それらを機材や収録技術などで可能な限り廃して品質劣化を少なくしようとするというのもVLOG文化の特徴の1つ

映像作品としての性質も持ち合わせ、ドローンからの美しい空撮や、アクションカムによる激しい動き、洒落トランジション、挑戦的な色味表現など、日本によくある室内型では編集効率上で廃されてしまう部分にもこだわっているVLOGも数多い

個人的面白く感じるのが、特別な日にフォーカスしたものばかりてはなく、ホームビデオかと思うような本当に極々普通日常を切り取っているVLOGgerが少なくないこと

チキンレースのように過激表現に向かうのではなく、切り取られるのは日常の大切さや、家族愛友情、そして故郷の様子などであり、本当に普通生活を送る人がVLOGというジャンルYoutube動画投稿をしている

VLOGの影響は室内型で人気を博したYoutuberにも及び、突然人気YoutuberがVLOGという単語を用いて動画投稿をするなどの現象が起きている

ただ、既にVLOGへ興味をフォーカスしている人々は知っているだろうが、VLOG積極的投稿するのは30代以降が多く、その視聴者層も同様に30代以降が主流で、若者流入が非常に少ないという面を持っている

これは撮影機材やパソコンなどにこだわり始めると資本的な余裕が必要になること、映像制作動作編集一定以上の知見が必要なことに由来すると思われる

しろ1020代若者最近の興味はVLOGgerではなくVTuberの方で、刺激を求める彼らが何の変哲もない日常を切り取ったVLOGは少々つまらないのではないかと感じる

日本で主流の室内型Youtuberがどうにも合わなくてYoutubeをあまり観ないという人は、一度VLOG検索し視聴してみては如何だろうか

anond:20180621172232

みんなお金持ちだなあ。

いま400万くらいなんだけど、結婚しないならずっとこんくらいでちょうどいいかなという気がする。

節約して好きな自転車買ったり多少贅沢もできるし。

収入やすより仕事減らしたいわ。

anond:20180617202633

マジレスすると英語とかプログラミング勉強会。あとはクライミングとか自転車とかの運動系

お前自身がイケてないとイケてる奴には会えないぞ。

ちなみに理系男子って言っても普通に商社マンバリバリ営業してるやつもいるかステレオタイプやめろよ

自動車の配光が歩行者をよける構造になったら自転車LED規制かね

自転車のとげとげしい光を放つLEDライト規制されるんだろうか

日本畜生どもは××に屈しろ!!

 鉄道おじさんこと高山直人です。

 現在我々は混乱下にある、というのが私の基本的認識です。

 これは、何かレトリック言葉のあや)として云うのではありません。

 また、「1995年オウム問題以来の、いわゆる『刹那的社会』に、我々は巻き込まれ事実上参加しているに等しい」などと云っているのでもありません。私の認識は、そんな寝ぼけた老害のようなものとは違います

 いま起きている気味悪い殺伐事件は、本物のテロではないことはもちろん、誰かの仕業でもないのです。

 では、いったい何が起きているのか?

 本当は分断が起きているのです。

 これは、私の独自見解ではなく、欧米の一部の学者たちの見解に私も賛同しているだけですが、彼らの文章は私ですらコムズカシくて一般の人にはとても読めたものではありませんから、私なりにかみくだいて説明すると、現在おこなわれている分断は、かつてのような目に見えるものではなく、社会の内側での左派右派の分断であるということです。

 今日の混乱(分断)は、最初は「社会貧困」を口実として始められますが、その構図は当初の「経済的な貧富」からどんどん拡大し、最終的には社会に属する人間すべてが個人単位にまで分断されます

 これは現在世界のあらゆる国で程度の差はあれ進んでいる傾向で、実はアメリカの「トランプショック」の本質もここにあります(その証拠に、トランプ政権では白人フラストレーションクローズアップされていますが、アメリカは極端な個人主義に分断が進んでいます)。

 我が国突入しているのも、実はこうした分断です。

 我が国の分断では、それは最初1992年貧困階層可視化として始まりましたが、やはりその後、なし崩し的にその対象を拡大し、今や、かつては「弱者」ではあっても「被差別階層」ではなかった行為さえもが分断抗争によって次々と差別されています。偏った娯楽性の高い趣味現在では「オタク」とか「娯楽廃人」とか呼ばれます)や、重労働者に対するレッテルなどはその典型ですし、また、私たち差別階層が作っている社会のひずみが原因であるに決まっている地下社会モンスター化や極端な治安の悪化に対し、その原因を反省改善する努力をまったく放棄して、ただ揉み消しで対応しようという方針もその一環です。

 好景気愛国心をも疑う安倍批判論者ではありませんが、社会のこうした風潮を、「いかがなものか」と憂えているのは私一人ではないはずです。もしかすると、これを読んでいるあなたも同じ気持ちいるかもしれません。しかし、残念ながらあなたは、つまり私たち現在、圧倒的な極左ないし極右でありますしかも、その問題意識をいいかげんなところでアイマイにせず、よーく突き詰めてみればやがて気づくと思いますが、もはやこの社会左派ないし右派にとっては、そんな問題意識を持ってしま私たちのような存在自体が、何やら不気味で恐ろしい「敵」なのです。奴らは、私たちに対して混乱を仕掛けてきているのです。

 我が国における(他の国でも同じですが)国民同士の対立は、すでに戦争内戦)の域にまで達しているのです。

 私は、この期に及んで「反戦」を訴えるような非現実的夢想家ではありません。奴らは、不安が高じてヒステリー状態になっていて、もはや説得に耳を貸さないことが明らかであるからです。この内戦は、私たちが一人残らず消えていなくなる(何か口実をもうけて「アウトロー」とされて社会的に抹殺されるか、それを恐れて完全に沈黙するか)まで終わりません。

 また、私はもともとリベラルであり、景気拡大には反対しない立場です。例えばカジノ欧米型のリベラルビジネスなどとはむしろ推進すべきだと思っています私たちにとって、現在もっとも憂えるべきは左翼の拡大ではなく右翼の拡大です。従来の寝ぼけた老害の「反戦派」は、ここのところがまったく分かっておりません。むしろ寝ぼけた老害階層は、そのお家芸である「単純で分かりやす理屈」を掲げ、右翼力の拡大を率先して推し進めているようなありさまです(秋葉系サブカルオタクのもの抹殺要求する保守階層や、ゲームのものの撲滅を要求する似非リベラルなどがその代表です)。

 私は、現在のさまざまの不気味な犯罪精神貧困者増加の背景には、共同体進歩的社会崩壊があると考えています。「問題解決」のためには、奴らが推進する文化弾圧のような対症療法ではダメで(そのような弾圧化は、ますます人々の心にストレスを生み、結局はさらなる問題悪化を招きます)、共同体進歩的社会を再建する粘り強い努力必要です(「公共交通全否定」「高校生オートバイ推進」「自転車たたき」「IT拒絶」などはこれに反する破壊行為です)。このあたり、私の見解はむしろ保守に近いのですが、残念ながらほとんどの保守は、考えが浅いのか、「問題解決」には弾圧を、というヒステリー同調しています

 私は、奴らから社会の敵」「未来の敵」のように見なされているみなさんに、団結を呼びかけます

 奴らの勢いは、とどまるところを知りません。もはや「話し合い」は不可能です。

 何度も云うように、私は「反戦派」ではありません。私たちに残されたただ一つの選択は、団結して「応戦」することです。

 現段階では、まず団結し、私たちの側の隊列をととのえることです。

 ネットでのゲリラ工作活動は、何よりも私たち共感するみなさんに、このような形で大々的に団結を呼びかけるための手段です。

 私の見解に「なるほどそのとおりかもしれん」と思う方、まずは行動しましょう。ネットでの宣伝やビラ配りやポスティングです。奴らに反撃していくための、行動を始めようではありませんか。もちろん外国人や、未成年者やノンポリも大歓迎です。

 何しろ奴らは圧倒的多数派であり、私たちは圧倒的少数派ですから、今回の行動で、成功する可能性は、完全にゼロであると自信を持っています

 むしろ何かの間違いで成功ちゃう私自身がビビってしまますが、まあそのようなリスク覚悟の上での呼びかけです。

 しかし私に共感するみなさん。

 私に共感される人間が多ければ多いほど、私ですらビビってしまうのですから、奴らはなおのこと恐怖のズンドコに突き落とされるのは間違いありません。あなたが実行して成功するかしないか二の次です。たとえ成功しなくても、一人でも声が多ければ、奴らはそのぶんだけ慌てふためくのです。私たち存在を、目に見える形で奴らの前に突きつけてやることには、これから反撃を開始するにあたって、大きな意味があります

 そもそも奴らのために存在する、私たちにとってはバカバカいかぎりの民主主義という社会デモでも選挙でも勝負にならないほど不利です)において、「一声の重み」など嘘八百もいいとこです。誰がどうしようが、奴らの支配はこれっぽっちも揺るがないからです。しかし、今回の私のような人間の登場となると話は変わってきます成功しようがしまいが、その一票は奴らを心の底から動揺させる「重み」を持ってしまうのです。ざまあみろであります

 どうせ何もしないでは何も変わらないのです。

 民主主義ではとりあえず奴らに一泡ふかせておいて、私たちは、民主主義などというクソみたいなもんの外で団結を開始し、奴らを本格的にギャフンと云わせる、大革命の恐ろしい陰謀を、着々と進めていこうではありませんか。

2018-06-21

ヒステリーババア

バイクで自宅の前に着いたとき

自転車に乗ったババア(35歳ぐらい)がやってきて

「今、路地を走ってきたでしょ」

「危ないんで止めてもらえますか」

「私、あんなの初めて見たわ」

と次々に文句を言ってきた。

そのときは頭のおかしババアだな、と思って無視を決め込んでいたけど

「猛スピード暴走したならともかく時速15kmぐらいで何が危ないんですか」

「この路地を通らないと帰宅できないんだから通って当たり前でしょ」

「それともアナタどこでもドアを出してくれるんですか」

そもそもアナタ取締り担当警察官か何かですか」

アナタ文句を言われる筋合いはありません」

「それより傘を差しながら片手で運転するの止めてもらえますか」

アナタのほうこそ立派な道路交通法違反ですよ」

「私、そんな危ない自転車運転初めて見たわ」

これらの言葉がスッと出てこなかった自分反省

anond:20180621151556

馬鹿にされても仕方ないと思うよ。大学時代自転車世界一周してきましたというような本物のバカ以外は。

2018-06-20

パンティパンクというのを考えた

パンティーの普及した別の世界線。

パンティ自転車パンティ飛行機パンティーター。

スチームパンティーのパンティーがパンティーに世界

そこで人類パンティーによる繁栄謳歌していた。

しかし、突然なぞの奇病が流行り始める。

これはブリーフ派の陰謀か、それとも世界線の歪みか?

2018-06-19

嫌われて部活を辞めた話。

高校生の時、部活同級生から無視されるようになった。

高校入学したばかりの頃、毎日が楽しかった。関西でそこそこ有名な進学校に受かり、高等教育を受けなかった親が泣いて喜んでくれたことが誇らしかったのを覚えている。

部活小学校から続けてきたこともあり、サッカー部に迷わず入った。中々ハード高校部活にも少しずつ慣れ、試合にも出れるようになってきた秋頃からじわじわ部活同級生の態度が変わってきた。

部活が終わると皆で日課のように立ち寄っていたコンビニも、皆俺を置いていくようになった。急いで着替えて走って追いかけると例のコンビニの前に皆いて、少したむろして解散すると、いつも同じ電車で帰っていた同級生は俺と話そうともせず、スタスタと先に歩いて行ってしまうようになった。最初は話しかければ素っ気なくも会話があったが、気づいた時にはすっかりスルーをされるようになっていた。休み時間に話しかけても部活同級生は俺の言葉に反応をしなくなった。自分でもいよいよこれは無視されている、と気付いた。

この頃から世の中の景色が一変した。あれだけ毎日通うのが誇らしく、楽しかった校舎も見るだけで気分が沈むようになった。それでも通学の自転車時間は一瞬で過ぎ、家を出て次の瞬間には学校の前に着いているように感じることがよくあった。

同級生と会うのが怖くなり、学校休みがちになった。胃が痛くなったり、身体が鉛のように重くなった。

世の中には殴られたりカツアゲされたり、物を隠されたり、もっと卑劣いじめをされる人が沢山いることは知っているが、人からこんなにもあからさまに嫌われることが生まれて初めてで、辛かった。

なんとか部活に出た日は、それでも練習が終わるとひとりぼっちになるのが嫌で、真っ先に着替えて日課コンビニに置いていかれないようにもした。無視されることに変わりはなかったし、思考回路がもう萎縮していた。

もうこんな生活は続けられないと思い、小学校から続けていた大好きなサッカーを辞めようと思った。顧問部活を辞めたいと切り出すと、

「辞めたいなら主将自分で話せ」

と突き放された。

部活辞めてどうするんだ、どうせ髪染めて煙草でも吸うようになるんだろう」

と言われた。この時顧問は部内の1年生に何が起きているか、把握していなかった。

中々主将に切り出せず、1ヶ月経ってようやく辞めたい旨伝えることができた。この1ヶ月毎日「言わなきゃ」と頭に渦巻き、それでも言い出せず、意識朦朧としていた。

やっと主将に辞める意思を伝えた。

そのあと駆け足で顧問

主将に言いました、もういいですか」

と言った。顧問

「そうか、元気でな」

とあっけらかんとしていた。

この日から俺は帰宅部員になった。

体調は少しずつ回復し、学校でも違う方面友達と付き合うようになった。今まで怯えて過ごしていたことが嘘のように思えるようにまでなり、日常を一応は取り戻すことができた。

—*************

辛い思い出だが、何故こんな目に遭ったのか、20年近く経った今でも考えることがある。この件、自分に原因があったと思っている。

原因は、自分の話ばかりしていたこと。人の話に自分の話をすぐに被せていたこと。どんな話題にも返しは「俺はー」だったこと。これに尽きると思う。理由もなく嫌われた訳ではないのだ。高校1年生といえど面倒くさい奴と思われたのだろう。

しかし、集団無視はきつい。どうか嫌いな人にもそういう罰は与えないでほしい。一生のトラウマになってしまうこともある。俺が今もし部活で一緒だった彼らに道端で会ったら、間違いなく物陰に隠れると思う。

そして、理由は様々あれど、部活を辞めることは決して恥ではないと思う。長い人生部活辞めたことなんてほんの些細なことです。本当に些細なこと。

部活を辞めてしまった学生の皆さん、どうか負い目を感じずに興味の持てることを探したり、一生懸命勉強したりして楽しく過ごしてください。

乗り物に乗るすべての人へ

自転車から自動車まで車と名前のつく乗り物を運転する人は、

自分行為で人が怪我だけでなく、死亡する可能性があると認識してほしい。

スマホ見て音楽聞きながらの自転車

やたらと騒音撒き散らしてスピードを上げるバイク

右折左折中にスマホに夢中になる自動車

あなたたちの不注意で怪我をしてしまう人がいます

俺は大丈夫、私は大丈夫という人、その慢心が自分どん底に落とします。

乗り物を運転するのなら、その乗り物は人の命を奪う可能性もあると認識し、節度ある運転を心がけてほしい。

私は車の事故に遭遇して寝たきりになりました。

リハビリをして、今は回復しましたがそれでも半身にしびれが残っていて、時々動かしづらくなります

細かな作業をすると手が震えてうまく行きません。

事故の原因は余所見運転による不注意でした。

事故を起こした方は、最初のうちは反省していませんでしたが10:0という結果で罰則が入った後、後悔をしていました。

これが不注意で事故を起こした挙げ句の自らで自らを陥れた結果です。

近所の方は、スマホを見ながら音楽を聞いていて後ろから衝突され、今は杖をついています

スマホを見ながら音楽を聞いていたのは社会人でした。いい歳しているのに、この有様です。

はいえ、老若男女関係ありませんが、それでも社会人になってもこのような不始末を起こすというのは

やはり子供と比べれば、当然強い批判を受けます

それはともかくとして、乗り物を運転する人は気をつけてください。

相手を傷つけるだけでなく、自分立ち位置すら危うくなります

普段から注意しておけば、他人を守るだけでなく自分も守れてしまうのでお得です。

もちろん事故を受けてしまった側も普段から気をつけるようにしないといけません。

お互いで注意していって事故を少なくできる世の中になればいいですね。

救急車横転のニュース見ました?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00105045-kitanihon-l16

現役救急隊員ですが、緊急車両事故ニュースはやっぱり聞きたくないですし、自分も気をつけなくてはと肝に銘じるところです。

迅速かつ安全搬送のため、周囲確認や余裕を持った減速を心掛けてはいますが、どうしても皆さんに道を譲らせたり止まらせたりしてしまう状況になってしまい、申し訳ないと思っています。ご協力に心から感謝します。

私の所属している消防機関では、交差点では助手席に乗る隊長ハンドルを握る機関員が、左右の交通歩行者自転車安全確認するまで徐行ないし停止するように教えられています必要に応じて音声案内を流し、左右の交通が完全に止まるか、走行してくる車両がいないことを目視して、ようやく交差点を通過できるのです。

今回の事故も、目撃者証言によれば「救急車はサイレンを鳴らして速度を落としながら交差点に進入、その直後に救急車の左後部に乗用車がぶつかった。」とのことで、救急車側は安全確認して交差点へ新入したのでしょうが、新入した直後に衝突してしまったようです。これは、救急車側の安全確認が足りていなかったと言われても無理はありません。

緊急車両走行に対して一般車両が進路を譲るのは道路交通法第40条で定められています救急車などの緊急車両は、サイレンや音声案内、マイクでの広報によって緊急走行であることを周囲に知らせますが、それに気づいて進路を譲ったり止まったりするかは、結局ドライバーさん次第なのです。気づかなければ止まることもできないし、気づいていても譲れないこともあると思います

そういう車両に対して緊急車両側ができること、それは「待つ」ことです。緊急走行中であっても、止まるまで待つ。緊急車両が通行できるほどの幅まで避けて譲ってもらえるまで待つ。安全確認できるまで待つ。

サイレンや音声案内を鳴らしても気づかずに止まりそうにない車両が近づいていたのなら、救急車は待たなければ行けませんでした。そこは救急車側の落ち度でもあります

どんなに「一刻も早く病院へ到着したい」「傷病者のもとへ辿り着きたい」と思っていても、事故を起こせばその時点でその救急車は救急搬送が出来なくなります。ましてや、乗っている隊員や傷病者、家族医師に更なるケガを負わせてしまうことにもなります市民安全を守る消防職員が、それを脅かしてはなりません。

私達は市民安全のため、決して皆さんに危害が及ばないよう、最大限注意を払います

こんなお願いをするのも失礼ではありますが、救急車や消防車などの緊急車両走行しているのに気づいたら、早めに進路を譲ったり、止まって頂けたら幸いです。

二度と緊急車両事故が起こらないよう、私達も自覚を持って任務に当たりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

JRが月3000円で貸自転車してほしい

観光地はいいけど辺鄙な街で電車を降りると交通手段が乏しい

どうせ土地が余ってそうな場所なんだからレンタル自転車を大量においていてもいいじゃないか

既存レンタサイクルって整備が怪しげな奴しかないんだよ

2018-06-18

自転車で細タイヤってバカじゃないのか

スリップしたり溝にはまるだけ

ツーか早く移動したいなら車でいいじゃん

なんでわざわざ自転車スピード狂きどってんだ馬鹿じゃねえの

2018-06-16

あっやべぇ、今自転車ライトから高校時代思い出しちゃってものすごく死にたい気持ちになった

とりあえずおいしい晩御飯食べてオナニーして明日はなんか楽しいことしよう

自転車ってなかなか止まんないよな

大丈夫やと過信してる人ばっかりやで。

人生もそうや。そこで止まれ勇気大事なんやで。

2018-06-15

タマグリ

自転車に乗ったらサドルタマタマがグリってなった。

軽く悶えた。

2年ニートだったけど久しぶりに働き始めた

っていっても知り合いの手伝いみたいなもの一般企業に比べたら超ゆるい。半在宅で事務所に行くときは家から自転車で15分、朝は1011時に行ってやることやればいつ帰ってもいい。遅くまで仕事してる時もあるけど、昼寝してもいい。もちろん給料は少ない

こんなゆるいのにめっちゃしんどい

働くってこんなに疲れるっけ?働いてる全員すごすぎる。えらい。こんなにゆるく、責任がなく、少し知識があれば誰でもできる仕事でも帰ったら夜はもう家事なんてしたくないし特にご飯なんか作りたくない。友達と飲みに行くのも疲れる…ぼんやり30歳までに子どもがほしいなと思ってたけど、なんか自分の体力では無理だって感じた。兼業母達ほんとにすごい。責任ある仕事して家族支える父達すごすぎ。もちろん独身でも働いてる人えらいよ。みんな当たり前みたいにしててすごすぎる

自転車に乗ってる奴は普通の顔で歩道を走るな

危ないし、法律違反なんだからせめて申し訳なさそうにしてくれ

なんで日本ってヌーディズムや裸体運動が普及しないのだろう

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25203.html 

すっぽんぽん自転車に乗ってでもしてるヨーロッパみたいな風景が年に一回くらいはあっていいはず

子供学生おっさんもおばさんも爺さんも婆さんも漫画太郎作品のように全員が服を脱いで解放される日があっていいはず

自衛隊基地大自然で裸になってペイントしてるんだよな

公務員だけずるいぞ

大阪は、歩くスピードは言うほど速くないと思う。

東京が段違いに速い。空港の歩行スピードは、特に速いと思う。

だけど、大阪自転車ママチャリ速い。

踏切とか、信号とか。切り替わる前後が一番、多い気がする。

平均的な大阪人は短距離競争や目先の損得勘定を常にしていて目ざといという印象を持っている。。

2018-06-14

護身術携帯武器

法律無視してマイルールを優先するアウトローを参考にしてみよう。

工夫次第で武器転用できる日用品は多い。

常に周りを見渡して武器に使えるかどうか?発想を鍛える訓練を心がけたい。

ハンマー、傘、フライパンボールペンゴルフボールスコップ、砂、石、自転車サドルドライバーレンチ、いろいろあるのではないか

昔の農民は農具を利用して一揆を起こしていた。(ヌンチャクトンファーは農具だった武器

anond:20180612003346

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん