「顔面」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 顔面とは

2019-02-18

anond:20190218152906

東南アジア幸福そうな国は顔面レベルの平均が高い

これってどこの国?

anond:20190218152706

これはマジでそうだと思う

東南アジア幸福そうな国は顔面レベルの平均が高い

日本はそら金や快楽がないと不幸だろうと通行人の顔を見て思う

ただその場にあるだけで幸福を感じる国はルックスがいい国

2019-02-15

がんばって医者になった。振られまくったけど医者旦那とも結婚して子どもできた。

でも私は不細工だ。

スタイルはいい。しかし一生美人とは言われない顔をしてる。整形もしてみた。不細工のまま。

でも医者だし金あるし家庭もあるし、まあいっかと思っていたら、

旦那浮気した。

病院作業療法士で、若くて美人な子。

やってられんと思ったよね。

ずーっと勉強して頑張って専門医とってさあ、家事もやって子育てもやって

それで浮気されるかあ、そうかあ

話し合いの中で旦那、「美人でころっといってしまった」とさ。

「おまえはすごく性格いいけど顔はなんていうかその」だとさ。

全てのがんばりを不細工ってだけで否定された気分だ。

そんでやる気失って仕事できなくなって家にこもって3年経つ。子どもは親が育ててくれてる。

ついでに去年、体の病気も見つかった。普通生活できないらしい。仕事も無理らしい。

顔面偏差値至上主義の世の中を恨むよ。生物学的に美しい顔が選ばれるのは知ってるけどあんまりじゃないか

離婚はしない。旦那彼女と楽しくやってるのかな知らんけど。

不細工を傷つけた人たちが呪い殺されますように。

2019-02-14

ようやくコンタクトにした

裸眼で鏡を見ると目と鼻の穴がぼんやりあることくらいしか分からんくらいの近視

この間コンタクトを処方してもらった。幼少のみぎりにメガネを与えられてからというもの20年ぶりくらいに素顔と対面

俺の本来の顔ってこんな感じなんだな……

別に期待はしてなかったけどブサイクメガネは素顔もブサイクだわ。なんというか余白が多くてのっぺらしてる

メガネかけたほうがまだ顔面が賑やかな分マシっぽい

かわんごの顔が嫌い

正直俺はこれで最初から大嫌いだった

単純に顔面の印象で凄く卑しい奴のようなイメージを持った

やまもといちろうのほうが顔面はずっと良い

2019-02-13

anond:20190213231343

顔面へのハードル上がりすぎちゃう

女優は知らんけどアイドルとかアナウンサーはかわいくない言うても相対的なアレやろ

昼の番組とかの一般人素人美人○○とかのレベルで考えたらどこの局アナでも十分過ぎるぐらいやん

その仲間内がそういう仕事やってんなら別やろうけど

anond:20190213082914

実際にイケメンとか金持ち寄ってきたら結婚しそう。

顔面偏差値下の上とか、自分だと分からんからな。振り幅が大きい。

でんしゃのれない

こないだ、人生で初めて痴漢された。

下品表現があります、苦手な方はブラウザバックでお願いします。)

私は優良な受験生である

定期テストでは常にトップ10キープ。某旧帝国大学志望だが、模試ではA判定しかしたことがない。センター試験の結果も上々。マーチセンター利用で抑え、一般早慶上智を取りに行くつもりでいた。

……嘘である

センターパーセンテージゴミクズだったので旧帝は諦めた。某地方国立大学に志望先を変えたが、いかんせん不本意な変更のためちっとも二次試験へのモチベーションが上がらない。滑り止めの私立には落ちた。お先真っ暗な18歳女子高生である

前述の通りたいした脳味噌は持っていない。というか、受験勉強をあまり頑張ったとは言えない。はっきり言って容姿だってゲロ擬人化したようなものだと思う。おまけに太っている。女子高生というのは若くて元気なので、決して良い顔面を持ち合わせていない人でも雰囲気で可愛く見えるものなのだが、太っているとなると話は別である。おまけにプライドの高いオタクで、自分センスがあるのでみんなとはちょっと違うものを好きになるのだと言いながら、高尚ぶった漫画考察ツイートしたりする。たいした文章も書けないのに将来の夢は作家だ。どうしようもない人間だ。

こんな私だが、先日私大入試に向かう途中、連続で3回痴漢された。

1回目は電車内だった。カバンがやけにケツに当たると思ったら痴漢だった。30分間ずっと揉まれた。

2回目も電車内だった。挙動不審の男がいたのでクスリでもキメてるのかと思ったら痴漢だった。後ろならまだしも前を攻めてくるとは度胸がある。ずっときょろきょろしている様子は誰がどう見ても怪しかった。

3回目は駅構内だった。アンケートにご協力お願いしたいと言われたがその男バインダーファイルも持っていなかった。これはあやしいと思いつつ、しかし肩を掴まれしまったので恐怖で逃げられなかった。ずっと卑猥言葉をしゃべっていた。私は反応に困り笑ってごまかすだけだった。5秒だけ、と言ったかと思うと私を引き寄せ胸を揉んだ。意味がわからず硬直した。男はお礼を言って逃げて行った。

どれも私は声をあげたり逃げたりすることができなかった。

怖かったというより、そこには別の意識があった。

信じてくれなかったらどうしよう。

父は私のことを「一応女の子」と形容した。いつだったか学校休みがちになった時も「こんなに大きいお腹をこさえてるから動けないのか」とよくわからない暴言を吐いた。ナンパされカラオケに連れて行かされそうになった話も信じてくれなかった。「物好きがいるもんだ」と言った。

恐らく痴漢の場面を見ている人なんかいないだろう。彼らは巧妙に人から隠れる場所上記行為を行っていた。

もし私が痴漢冤罪をする人に仕立て上げられてしまったら?

こんな容姿自意識過剰とか思われたくない!

とはいえ、1回目の直後はしばらくショックで動けなかった。逃げ込んだトイレでぼーっとしながら、LINEを開いた。親友電話をかけ、なるべくユーモラスに出来事を話した。彼女は最寄駅まで迎えに行くと言ってくれた。道中詳しく話しながらも「なんかもうネタだけどね〜」とへらへらしていたのだが、それでも彼女は本気で心配してくれた。帰り際に私を抱きしめ、なんかあったら言うんだよ、と言い残して去った。感謝してもしきれないほど友達には恵まれている。来年から医大生の彼女は、最高の友人である

大人に言おうと決意したのは3回目の後である。道行く男性の顔が怖くて見れなくなり異常を感じた。一度最寄駅まで帰ってから一大決心をして学校に向かった。最終下校前になんとか滑り込み懇意にしている国語教師を呼んだ。彼の顔を見ると一気に気が抜けて安心できた。先生も私の話をちゃんと信じてくれて、頼りにしてくれてありがとうと言ってくれた。詳しい事は同性の先生の方がいいと女の先生を呼んでくれた。私のことを「面白い生徒」として扱っていた先生が、女性部分をちゃん尊重してくれたことが嬉しかった。先日アメリカ新婚旅行に行ったこ先生も、最高の教師である

さて3回痴漢にあった私は学習した。

まず、制服東京に出てはいけないのだ。

痴漢なんかする奴らは要するに女子高生ならどうでもいいのである。女の尻を触りたいだけなのである特に私のようななんかブスでポケーっとしてて騒がなそうな女の子は格好の餌食である

私は入試私服で行くことを決めた。

来たる2月7日法政大学試験日、私は小学生の頃から着ているおんぼろコートに身を包み、市ヶ谷キャンパスへ向かった。

行きは良かった。

女性専用車両というのは偉大なる発明である身体を包むフローラル香り、見渡す限り女性、さほどぎゅうぎゅう詰めではない車両痴漢で神経がぴりぴりしていた私にとって、安心できる空間

……問題は帰りである

夕方東武東上線下りの混み具合は絶妙である急行は座れないけど別にぎゅうぎゅうじゃないよ、程度。

ホームにはそれなりに人が並ぶ。

私は階段を登りきった途端硬直した。鼓動が早まるのを感じた。ひと、ひと、ひと、ひと……と思って動けなくなった。彼らが車両に吸い込まれても私は立ったままだった。階段を降りて、別のホームから出る普通列車に乗ることにした。それでも隣に男性が座っていると怖くて呼吸が早まった。ぶるぶる震える手でキーホルダーのぬいぐるみをもにゅもにゅした。途中でもーむりと思って電車を降りたりもした。それでも家には帰らなければならない。顔面蒼白で終点近くまで普通列車に揺られる私は異質だったと思う。ふらふらになりながら最寄駅に着くと、はあ、とため息をついた。

乗れないんだ、と思った。

もう、私は電車に乗れないんだ。

明後日試験だった。学習院大学の目白キャンパスへは池袋で乗り換えをしなければいけない。早めに家を出たつもりだったが、女性専用車両池袋駅に着くと、構内にはそれなりに人がいた。人の波をかき分けるうちになんだか気分が悪くなりスタバに寄った。店員のお姉さんの笑顔に元気をもらい、コーヒーを飲み干したのち山手線に乗車するため改札を通った。が、階段を登ってまた身体が強張るのを感じた。

ただ人が並んでいるだけなのに、怖い。ホームの柱に寄りかかっていると駅員さんに変な目を向けられたので、背筋を伸ばした。電車が入ってくると、中にたくさん人がいるのが見えて、また気持ちが悪くなった。人の出し入れを3回見て、電車に乗れないことを悟り、入場料を払って改札を抜けた。

1時間ほど池袋駅周辺を散歩した後、ゆっくりゆっくり普通列車に揺られて帰った。

流れて行く景色を眺めながら、私はどうなるんだろう、と思った。

親には受験をすっぽかしたことを言わなかった。

代わりに、痴漢にあったこと。それで電車に乗るのが怖いことを伝えてみた。母は笑った。

「そういう時期はあるわよね」

一瞬、意味理解しかねた。よくよく聞いてみると、母は思春期男性の目が気になってしょうがない、と電車に乗りながら思っていたそうだった。

「もう、好きな人以外嫌いだったから。男友達にそれ話したら、お前はそんな良い女じゃない、って言われたんだけどね」

間接的に自意識過剰だと言われているようにしか思えなかった。違う、あなたのそれとは全く違う、私はショックで一時的パニック障害のようになっていて、そもそも男性から目を向けられてるなんて思ってないし、身体勝手に、と必死反論を試みた。

けれど、上手く言葉にできなかった。

私大入試はまだ終わってない。国立二次だってある。

でも、私は当分、電車に乗れそうにない。

でんしゃのれない。

2019-02-12

実務不問

経験歓迎でクライアントへのヒアリングから企画要件定義開発運用保守全部やれってスゴい募集が飛んできて顔面草まみれ

成功報酬型だから真面目に募集かけてないんだろうけどもうちょっと現実味のある内容書こうよ

2019-02-11

女って顔面ちんこ当てて喜んでるのなんなの?

卑猥すぎだろ

なんかプラチナみたいな光沢のあるマイちんこ携帯して

顔に当てては恍惚とした表情して

完全に欲しがってんじゃん

2019-02-09

[] #69-5「愚者自覚

「よお、しばらくぶりだな。マスダ」

俺を呼ぶその声にギクリとする。

聴こえた方に目を向けると、そこにはツクヒがいた。

「お、おお、ツクヒじゃん。久しぶり」

そうだ、ツクヒ―――こいつがいたんだ。

「なんか手強い風邪だったらしいけど、治ったの?」

「そりゃあ愚問だぞタオナケ。治ってなきゃ、まだ休んでるっつーの」

「な、長く休めて羨ましいなあ……」

「ドッペルか……オレもそう思ってたんだが、今回はマジで酷くてな。何もする気が起きないし、大好きなラーメンすら碌に食えなかったとき絶望したぞ」

俺たちのいる学級はクセの強いやつが多いが、ツクヒはその筆頭だった。

その理由は、とある悪癖だ。

「まったく。オレの容姿が良ければ、ウィルスもここまで暴れなかっただろうに」

こんな感じで、ツクヒは自分コンプレックスに原因を求めたがる。

自分の思い通りにならないことがあったり、気に入らないことがあるたび、因果関係なく「これも全てはオレの容姿が悪いせいだ」とうそぶくんだ。

例えるならRPGの『呪いの装備』である

呪いの装備は大きなデメリットがあって、自由な付け替えもできない。

だけど多少のメリットもあり、その気になれば普通の装備より使える。

あいつがそこまで自覚した上で利用しているとも思えないけど、いずれにしろ卑屈な奴だ。

「うん? 見慣れない輩がいるな」

ツクヒは最近学校を休んでいて、ブリー君とは入れ違いだった。

ここにきて、初めて見たわけだ。

「あれが噂の転校生か。どうやらクラスに馴染めていないようだが」

「ま、まあ、まだ転校してから日が経ってないし……」

「ふぅん……とりあえず挨拶しておくか」

ツクヒはそう言って、ブリー君に近づこうとする。

俺たちはそれを止めようとした。

「私、挨拶大事だと思うけど、別にしなくてもいいと思うわよ」

「何でだ。クラスメートなんだから挨拶くらいしてもいいだろう」

「だ、だって……ツクヒはブリー君のことをよく知らないし、ブリー君はツクヒのことをよく知らないし」

「んん?……だから挨拶なり、自己紹介なりするべきなんじゃないのか?」

ツクヒの言うことは尤もである

ロクなことにならないという予感がありながらも、俺たちにはツクヒを止める理由がなかったんだ。


ツクヒとブリー君の初対面。

「よお、初めまして、か」

「あれ、きみは……」

「ツクヒと呼んでくれ。よろしく

「うん、よろしく

俺たちはハラハラしながら、二人の様子を遠巻きに見つめていた。

今のところは滞りなく会話が進んでいるようだ。

「どうだ、このクラスには慣れたか?」

「そうだなあ、ちょっと換気が悪いかな。椅子も座り心地がイマイチ

ツクヒの質問に、ブリー君がややズレた回答をする。

だんだん、雲行きが怪しくなってきたぞ。

「そうか、まあ気にするな。お前が美人ならば、すぐにクラスに馴染めただろうが、そうじゃないなら気長にいくしかない」

ツクヒはツクヒで、いきなり悪癖が出てしまった。

失礼なことを言っているが、まあツクヒなりの気遣いなんだろう。

あいつは自分容姿コンプレックスを持っていると同時に、それを便利な言い訳の道具だとも思っている。

ブリー君にも、その便利な道具を手渡したつもりなんだ。

だけど、そんなものが伝わるはずもない。

別に見た目は関係ないよ。仮にそうだとして、見た目で判断するような人と仲良くしても、ねえ」

ブリー君がそう言葉を返すと、ツクヒの眉の角度が少し上がった。

マズい。

「それに見た目を理由にするような人間と仲良くしたい人もいないだろうし」

そして追い討ちの言葉だ。

言ってることの是非はともかく、ツクヒのスタイル否定し、そしてツクヒ自身まで否定するものだった。

もちろん、ブリー君は悪意や皮肉をこめて、ツクヒを狙い撃ちして言ったわけではない。

ただ、人の機微を察知しないため、自分の言っていることで相手がどう思うか考えないんだ。

「そうか、そうか……」

口調は穏やかでありつつも、ツクヒの眉は既に急傾斜。

「お前の言いたいことは……よーく分かった!」

今日会ったばかりの人間に何かを踏みにじられた。

挙句、その踏みつけたモノを顔面にぶつけられたような感覚

上手く言葉には出来ないが、ツクヒはいてもたってもいられなかった。

スタスタと自分ロッカーに向かうと、ガサコソと何かを漁り出した。

おもむろに取り出したのは、大きな空のペットボトルだ。

それを二本携え、ブリー君のもとに戻ってきた。

「え、どうしたの、何そのペットボトル

ツクヒは有無を言わさず、片方のペットボトルブリー君の足元に放り投げた。

「オレと戦え! 決闘だ」

予感はあったけど、やはりこうなっちゃったか

(#69-6へ続く)

電子パンティにはメリットしかないはず

顔面を圧迫しないし、寝っ転がって見れるし、色あせないし、処分に困らないし、拡大できるし、2窓にもできるし、売る気も無い。

ポイントが5%とか言わず半額ほどコインが帰ってくる場合もあるし

なんなら今タダでパンティ1、2枚ほどなら買えるコインを持ってる。

めっちゃメリットしかないじゃん。

だがなんなんだろう、この『『実物』が欲しいんだ!』って感じ。スキャンティーに対しては顕著だ。

なんで?

2019-02-08

anond:20190208220807

うるせえなあお前ら女は劣等生物なの

黙って男に尽くしてにこにこ股開いてりゃいいの

文句言う前に家事は2000%やれ俺より稼いでこい顔面ガッキーレベルを保ち続けろ

2019-02-07

anond:20190207183319

心筋梗塞でぶっ倒れたとしても浴槽内に顔面埋まってたら飲む。溺死だったら胃の中どころか気管までお水でパンパン。飲みまくって死ぬからね。しか奥さんいなくて孤独死だったら風呂の中は地獄絵図だな。まあそれは風呂場に限らんか。つまり溺死体が一番保湿されている状態なのかも。

2019-02-04

マッチングアプリ登録してみました

男性側に言いたいんだけど…

一言だけのメッセージメールで返事がくるとホントに思ってるの?

女側が登録してすぐの、写真コメントも何も無い状態

「良かったらお話しませんか^^」

みたいなのが何通かきたけど、ポイント無駄打ち過ぎない?

プロフィールコメントが書いてあったとして、内容ガン無視メールも多い。

プロフィールみて気になりました。お友達になりませんか?」

みたいな。

プロフィールのどこが気になったのかを言いなさいよ。

まあここで何を言おうが定型メールしか送らない人には何も耳に入らないんだろうけど。

あと写真載せるならもうちょい服装とかさ、気にしない?

顔面ドアップもダメ

多少の顔の作りの悪さはしょうがないよ。

しょうがないなりに雰囲気をなんとかがんばろ。

ドアップややたらピンぼけした遠くから撮ったやつとか顔の一部だけとか載せるくらいならないほうがマシ!

顔がわからなさすぎるから証明写真載せたほうがいいんじゃない?って人が多すぎる…

その時の注意点はあごをひこう。ひきすぎはもちろんダメ

2019-02-01

anond:20190201224718

顔面偏差値30未満のおれに言わせれば、あいつはKKOなんかじゃない。

太って禿げてはいるが、肌の艶はいいし、目鼻立ちはちゃんとしてるし、努力して痩せれば、普通に女の子と仲良くなれる。

なのに、なんで人を殺したのか理解できん。

ネロリュック

不躾ながら個人的な印象を申し上げておくと、顔面偏差値48-58程度の特別ブスでもないしたいしてかわいくもない若い女性が使っているイメージがある。

ガチキモオタではないがあまりおしゃれでない表情の暗いおっさんが使っているイメージポーターよりややマシというところか。

しかしアネロリュック機能性を語るとはよくわからない話である

安い素材を使ったブサかわ系のデザインで廉価というのが若い女性に受けている理由である

安くておしゃれがおしゃれ。

外しのアイテムみたいなものですな。

2019-01-31

anond:20190131164740

かいそう。

よほど顔面で嫌な思いしてきたのね。

2019-01-30

醜形恐怖

の人は、自分顔面レベルコミュニティに足りていないかコミュニティにいるのが辛いと感じ、自分を守るため、仕事や友人知関係趣味の場を「一段下げる」そうだ。

要するに、自分が一番イケメンor美人になれることを最優先に、その他の条件は顧みずに飛び込んでいってしまう。例えば、一番の顔でいられるならブラック薄給でも心が落ち着く。といった具合だ。そこで落ち着けばいいが、醜形の人はありもしない欠点自分見出して辛くなって自殺したりする。この顔で生きていくくらいなら死んだほうがマシ、と。

病気だよな。醜形恐怖wwwwブスが辛いってかwww芸能人じゃあるまいしwwwwって思ってたけどわりと深刻だ

2019-01-29

馴れ合いのためのツールとしてのコスプレ

私、ただのアニメ見てゲームやって本読むオタクだったんですけど、

大学で知り合ってよくつるんでいた複数の友人がコスプレイヤーで、

の子たちと遊ぶ流れからカメラスタジオにお手伝いにいくことからまり

3年前ほど前から本格的にコスプレを始めました。

もちろん、世の中にはコスプレ職業にしてる方だったり、

自分コスプレ作品として売れるほどに完成度を高めてがんばってらっしゃる方もいますが、

(別ビジネスのためのツールとしてコスプレを利用するのも、まあそういうこともありなのかなとも思います。)

私はこの3年間も外のコスイベントに行く以外は基本的にその仲間と常に一緒で、

自分個人イベントに参加して~なんてこともなく、撮影会に誘われて~なんてこともなく、

自分が好きなキャラの格好をするっていうことや、見慣れた仲間が推しの格好をしてくれることが楽しくて、

個人的には友達と遊ぶ時にカラオケに行ったり、映画を見たりするのと同じ感覚コスプレを楽しんでいました。

ですが、ここ最近その仲間のコスプレ繋がりの友人レイヤーや友人カメラマンを紹介されたりもして、

その方々とTwitterで繋がったり、自ジャンルの話をしているとその併せの話を持ちかけられたりして

友達と遊ぶ=コスプレ認識しかない私はかなり戸惑うことが多くなってきました。

完全に私が人見知りで性根からぼっち根暗タイプから悪いんですが、

平成初期生まれでわりと子供のころからネットに触れてた人間としては、

どうしてもネットで知り合った人と実際に会ったり、遊んだりに抵抗があり……。

大学の友人のコスプレ参加の誘いを2、3年渋っていたのも、

 ネット上にメイクとはいえ顔面晒すという行為があまりに恐ろしく……)

友達とわちゃわちゃ慣れ合っていたいだけで、そのための手段としてのコスプレ

そういう方も他にいないのかなあ、と最近ぼんやり思っています

どうでもいい話ですが、ちょっと文章として形にして吐き出したかっただけでした。

2019-01-26

復讐する勇気がほしい

3年近く経った今でも、憎くてたまらない奴がいる。

電子レンジの待ち時間やら、掃除機をかけているときやら、そういうときにふっと、どうすれば家族迷惑をかけずにスマートそいつ復讐できるか考えを巡らせている自分がいる。

できることなら殺したい。たとえば災害時にそいつ瓦礫の下敷きになって身動き取れなくなっていたら、周りにそいつ以外誰もいなかったら、自ら手を下すまでは行かずとも、自分では絶対助けないし、そいつが救助されにくい状況を作るぐらいはすると思う。

できることなら死んでほしい。レイプでも手足欠損でも顔面火傷でもなんでも、そいつに生き地獄に落ちてほしい。

そう思っているのに、実際には私は何もできない。

今日はどうしてもどうしても我慢できなくて、そいつ職場口コミに星1つつけて消されない程度の悪評を書いて投稿した。投稿完了した瞬間、胸がすっとしたのと同時に、罪悪感と、自分投稿したのがばれたらどうしようという不安と、幼稚な言葉で幼稚な真似をしてしまった後悔に襲われて、すぐに消してしまった。

そんなに簡単個人特定されるはずもないのに、どうしてこうも小心者なんだろう。自分ゴミ箱蹴っ飛ばして散らかしたゴミ自分で集める悲しさがなんとも言えない。

職場を辞めてすぐに、そいつの連絡先は削除していた。それを使って復讐ができそうだなと当時から思っていたのだが、実行しそうで怖くてその選択肢を消してしまった。今は後悔する気持ちと、やっぱり消しておいてよかったという気持ちが半々だ。

きっと一生憎み続けるんだろうが、一生復讐はできないままなんだろうなあ。せめてあいつが私より先に勝手に、できれば孤独に死んでくれることを願う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん