「生命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生命とは

2017-11-22

anond:20171122155220

ああ、お前は盛大な勘違いをしていたのか。

誰も死ねなんて言ってないから。

「新しい人間を作るな」

つってるんだよ。

それのどこが殺人なの?

お前が性欲発散のためにオナニーして精子出したりアクメしたりゴムセックスするのは殺人罪に該当すんの?

違うでしょ?

新しい命を作らなければ、問題連鎖は止まるんだよ。

それが何で死にたがりに繋がるの?

個体的な死と種族的な死は完全に別問題だろ。

死にたがりじゃなくて、むしろ新しい生命=新しい死なんだけど。

こどもを作る方が死を肯定してるとしか思えんのだが。

anond:20171122151018

「女は男と同等の知能を持つ知的生命である」事を認識できていない男って沢山いるよね。

まるで、「男は知能を持つ知的生命である」とでも思っているようだが、それはとんでもない勘違いだ。

anond:20171122141453

AVなんかは二次元じゃなくて三次元でしょう。

エロ媒体でなくても「どっかの男性向け記事に書いてあった女性像」を鵜呑みにしてるのもよく見かける。

女は恋愛ファッショングルメしか興味ないとか、そういうやつ。

「女は男と同等の知能を持つ知的生命である」事を認識できていない男って沢山いるよね。

anond:20171122120709

https://anond.hatelabo.jp/20171109192654増田を思い出したけど

上の増田本質的には非モテではなく、男子校から工学部に行っただけのコミュ力はちゃんとある人っぽいか

若くて頭が柔らかいうちに現実女性とまともに交流出来る機会を得られて、そう大事に至らなかったようだけど、

女性に縁がない上にコミュ力もない男性が、エロ本なりエロゲなり何なりを鵜呑みにして

「女の本質エロに出て来る女と同じ」「女は知的生命体ではなく、セックスして白目剥きながら奇声を上げるだけの生き物」と思い込んで

それを女性の前でも出すから嫌われて、女性相手にされないかますますエロにのめり込んでそれが事実だと思い込んで…

と言う負のループになってるケースって普通に多いんじゃないかと思う。

女性虐待侮蔑するようなエロ規制されればそういうのは減るんだろうか。

それともそういうものが闇に潜るだけなんだろうか。

でも闇に潜れば安易アクセスできなくなるわけだし、すべての男性がそういうものを探し出す努力をする訳でもないだろうし。

仮に「政治的に正しいエロ」が大量に生産されて、中学生くらいになった時点でそういうものばかり見せれば、

それが普通だと思い込む男性も増えるんだろうか。

2017-11-21

生命目的自己繁殖することだけなら適齢期を過ぎた独身者たちはみな自殺するだろう

anond:20171121213304

偉い

よく断った

あとできるならばそのゲス重役の社会生命も奪う方向で動いてほしい

他にも犠牲者が出る、既に存在するであることが容易に想像ができるので

それが社会正義

出世をエサに娘を差し出させようとするクズを許すな

3次元エロ見るの怖い人っている?

今日、数年ぶりにAV的な動画を見たんだけど怖すぎて引いた。

元々、男優が無理っぽい体勢でカクカク腰振るのは滑稽で笑ってしまうたちなんだけど、そんな笑い吹き飛ぶくらい女優の喘ぎ声が怖かった。

アァア〜〜アァアア〜〜アァア〜〜〜っていう、文字にすればごく普通?の演技っぽい喘ぎ声なのかもしれない。

けど、昔何度か遭遇した、道端で気絶して泡吹いてる人や、入院した時同室だった患者さんのうめき声にそっくりで、生物的な恐怖を起こさせるような、とにかく生命的に問題がありそうな声だった。

トラウマになった。怖くて今日眠れないかもしれない。

2017-11-20

anond:20171120220402

SF好き的には人口子宮は熱いトピックスじゃないかなぁ。私は男性だけど、実現したら面白いな、と思います

政治的にも女性出産から開放する訳で素敵なんではないかな。

一方で、嫁さんを見ると、新しい生命お腹の中にいる、というのも楽しそうではあった。楽しくなければ2人も産まないだろうし。『新しい赤ちゃんお腹の中でウゴウゴしてる』って女性のみの感覚だし幸せそうであった。

まぁそういう幸せがありつつも、学歴/キャリア/仕事を逃せない女性高齢になり妊娠できずに悩む女性も多いわけで、そういうの開放するのも良いことだなーと。

2017-11-18

日本人の性欲

日本人はまだ欧米人ほど性欲に飢えていない。本当に質の良い趣味の合った相手を選ぶ余裕が残されている。

 

欧米人セックスをしすぎて飽きてしまい、ノーマルセックスヘテロ)では満足を得られなくなってしまった。

欧米人はよりハード性的刺激を求めて、ヘテロ以外のアブノーマルな、あらゆる性癖を開発し続けている。

しかし、近年日本欧米化してきているので、ヘテロ以外のアブノーマルな性欲を求める日本人が徐々に増えてきた。(マスメディアによる宣伝も大きい)

 

あらゆる交配が実験され、人類を超える知的生命体が誕生すれば、凡庸人間は淘汰されるだろう。

 

数が少ないうちは特殊に見えて、数が増えると常識に見える。

性癖とは単に相対的問題に過ぎず、今当たり前を思っていることは未来では通用しない。

anond:20171117234138

マクロで見て、適正数を超えたか自然と適正数に戻るようによりもどしが起きてるだけなのでは?

社会保障制度があるから人口構造計画と違ってくると困るということで、成人した個体自給自足ないし個々人で生命維持のための共同体構成し、それが不可能になったら死ぬのが当たり前だったら少子化問題になることすらなかっただろうね。

anond:20171116192055

https://wired.jp/2017/10/10/epigenetics-mechanism/

後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明

DNAという「生命設計図」に書き込まれ遺伝子は、環境生活習慣によって変化することが近年の研究でわかっている。

エピジェネティクス」として知られるその変化は、次世代にも遺伝する。そのメカニズムを、ドイツ研究グループが解明した。

DNAという「生命設計図」に書き込まれ遺伝子は、環境生活習慣によって変化する。

ソース

https://wired.jp/2017/10/10/epigenetics-mechanism/

2017-11-17

広島大 長沼毅 学生暴行報道に対するやりきれない思い

報道がとても信じられなくて、続報を集めていたところ、Yahooニュースコメントに内部を知る人物書き込みを見つけた。

私は広島大学で勤務していたこともあるし、先生市民講座を受講したこともある。

みんなでお誘いして一緒に日本酒を飲みに行ったこともある。そのときは、陽気な楽しい酒で、酒に飲まれるような飲み方ではなかったように思う。

南極観測隊の隊員だった頃の話、宇宙生命体に対する考察、極限で生きる生物の話、野口聡一さんと競った宇宙飛行士試験の話、大好きな日本酒の話、やる気のない学生の話、大学煩雑事務作業の話…。

四方八方へ向かう先生の話は時間を忘れるほどに面白かった。

まだまだやりたいことがたくさんあるんだというすごい熱量を持った先生だった。

テレビ出演も増え、これからますます有名に、そしてたくさんの業績を積んで行くだろう将来がなんだか誇らしかった。

一緒に市民講座を受講していた小学生男の子が「将来先生研究室に入りたい!!」と意気込んでいたのを切なく思い出す。

先生は「僕はもう退職してるかもしれないけど、どこかで一緒に研究できるのを待ってるよ」と。

私が知るのは先生のほんの一部でしかない。ネットコメント鵜呑みにすべきでないこともわかっているが、もし書き込み事実なら、あの報道はあまりにも一方的でやりきれない。

日本では貶められた先生の評判の回復は難しいだろう。

今後は海外活躍して、研究を続けてほしいと思う。

yahooニュースコメントより抜粋

科学界のインディ・ジョーンズ」が学生暴行 広島

11/10(金) 10:29配信 朝日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000020-asahi-soci

M*****

内部の方から聞きましたが、(学生の方がよっぽど悪質なようですが)そもそも大学がきちんと事実確認しようとしないのが問題のようです。

悪意に満ちた勝手な言い分でも一旦主要マスコミ流れると、教授側ができることは限られてしまます

見かけ教授が悪いような印象を広めれば社会的ダメージは相当なもの

今回、学生は過剰に守られてるようです。

しかし言ったもん勝ちの社会にしてはいけないし、それこそ、この学生が変な学習をしてしまうことになり、教育上も非常にマズイです。

徐々に真相が広まることを期待します。

HARU*****

学生さん、今勝ち誇った気分でいるかも知れないが、君のやったことを多くの人は知っている。今回の件は君にとって大きな傷になった。

長沼教授は確かに厳しい。

その想いを理解できないと理不尽と感じ逆恨みする者が現れるのも分かる気がする。

でもいずれ理解できるようになる者も多いはず。

長沼教授にはこれを教訓に、なるべく敵を作らないようにして欲しい。

その点、今まで多くの人が気を揉んでいた。

どうか自分の為、周りの為に。 <h3>o- *****</h3>

マスコミ各社,揃いも揃って学生(とその親)の嘘を鵜呑みにして事実と相当かけ離れた報道をしていることに呆れ果てる。

院生長沼教授が大嫌いで,たびたび,わざと怒らせるようなことをして挑発してた。

この時もルールを守らず叱責を受けたことに逆ギレして自分から胸ぐら掴みに行き,話さないので教授が足払いしたら尻餅をついただけ。

それを親と一緒に大騒ぎして警察にも大学にも嘘八百並べ立て。

広島大学は内部調査をきちんとせず,学生の嘘を鵜呑みにして教授を不当に処分した。

馬乗りになって首絞めたりなどしてないし,他の学生どころか本人へのハラスメントもない。

ハラスメントはなかった」と当初彼は言っていたのに突然主張を翻したのは誰かの入れ知恵かもね。

なぜ大学がそうまでしてこの親子を守るのかが最大の謎。

モンペ対応を誤って親子を図に乗らせたことを誤魔化すため?それとも弱み握られてるか逆に何かもらってる?

学生暴行広島教授罰金傷害罪、「科学界のインディ

11/9(木) 19:27配信  時事通信社

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20171109-00000106-jij-soci

y******

この院生の嘘に騙されてはいけない。

真実を知っている人はたくさんいる。

ルールを守らない,再三の指導にも従わないなど態度が悪いから叱責されたのにそれを逆恨み

自分からつかみかかって足払いされ,尻餅をついただけ。腰の骨折などしてない。

レントゲンでは見えないくらいのごくごく小さなヒビが入っただけ。翌朝には普通に歩けた。

彼はおそらくこういうチャンスを狙っていたのだろう。大嫌いな長沼教授を陥れるために。

しかしたら都合よく編集された「録音テープ」とかも週刊誌に売り込んでるかもね。

警察にも大学にも(親にも?)嘘の証言を繰り返してるうちに,「嘘もつき続ければ真実になる」とか思っちゃったのかな。

あなたの思い通りになるほど世の中は甘くないです。

kant

腰の骨折ってないと思います。翌朝一人で歩いていましたから。

先に学生から教授に飛び掛かって暴力行為を行ったのがこの事件の原因じゃないですか。

深夜に飛び掛かられて冷静でいられる人間ているんですか? 

学部の中では知らない人間はいないはず。

教授学生にケガをさせたことは確かに悪い。

ただ、この学生普段の異質さに気づいているのは自分だけではないはず。

著名教授学生に馬乗り、「死ね」と首絞め罰金

読売新聞

https://ヤフコメ.com/comments.html/20171109-00050017-yom-soci

sbr*****

関係者から聞いた話。

学生は悪行やミスが多く日頃から先生に厳しく指導されてた。

船上実習で貴重な水を使って禁止されてる洗濯してるとこ見つかり注意され、突然つかみかかって周囲が止めてもやまず先生はやむなく足払いで制止。

その時も頭打たないよう先生かばってたらしい。で痩せた学生は尻餅で骨にごく小さなヒビ。

数日は普通にしてたのに下船後に急に騒いで自分救急車呼んだ。

親は医者、で、この診断。

大学はろくに調べずこの処分

マスコミ鵜呑みでこの報道冤罪じゃんか。

yahoo知恵袋

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12181913037?__ysp=6ZW35rK85q%2BF

natsumi228490

報道真実は全く違います

真実学生による逆ハラスメントですよ

普段から素行の悪かった学生長沼教授指導に反発。

教授を陥れるため仕掛けたもの

真水が少なかった調査船で禁止されていた洗濯をわざと教授の前で始め、それを咎めた教授学生が掴みかかった。

その手を解くため教授が足払いしたところ、尻もちついて小さなヒビ。それだけ。

ところが、このチャンスを狙ってましたとばかり、親とともに大騒ぎ。

警察大学暴行、唾かけ、首しめなど嘘の証言をした。

大学は内部調査をせず学生の言い分を鵜呑み

嘘がそのまま大手マスメディアに流れてしまった。

ツイッターなどで拡散し、今も多くの人が誤解したまま。

学生は「してやったり」と思っているかも知れないが、大間違い。

周囲の人は学生の悪行を分かってますよ。

anond:20171117112316

身長乙武さんが絶倫であったように、

基本的に背が低い人は成長・維持に生命エネルギーが使われない分だけ精力が増すんじゃないか説。

充実したセックスライフを送りたかったら、低身長男を選ぼう。

2017-11-16

anond:20171116101756

前回の、ツーショット写真が公開された不倫騒動のあと、山尾志桜里全裸写真とか言うのが話題になった。違ったらしいが。

実際は、まぐわっているところの動画があるんだと思う。隠し玉として持っていて、文春が訴えられたら、それを公開して二人の政治生命弁護士生命を断つつもりだろう。それまでは良い記事ネタから動いてもらったほうが良いだろう。

マグワイ動画といっても、明るいまままぐわう人は少ないので暗くて誰だか判別が難しいかもしれない。でも、声ならある程度誰だか分かるな。

文春にとって、ホテル従業員を買収するなんてお手のものだろうから、きっと動画はあるのだろう。

山尾たちもホテルを使わずに、支援者個人宅やマンションを使えばいいのに。

そこが罠かもしれんがな。

2017-11-12

ネットde真実だの揶揄するが

ここみたいな匿名でなんでも書ける場所こそが真実かつ人間の本性

人間差別と決めつけが大好きで、他の人間の足を引っ張って引きずり下ろして踏み潰すのが大好きな陰湿生命

こんなのが霊長とか笑えますわ、「インケンサベツダイスキニンゲンザル」に種族名を変えたほうが良いと思うウッキー

2017-11-09

性的女性人間としての女性を分けて考えるのが難しい

15歳のころにエロゲを覚えて、

CLANNADとかの純愛系を経てBLACK LILITHピンポイント/キングピンの凌辱物を好んでプレイするようになった。

そこで出てくる女性は、巨乳バカで感度が高くて男にとって(オレにとって)都合のいい存在しかなくて、

男子校から工学部に進んだオレにとって女性ってコレだった。

そんなだから生身の女性とは喋ることさえ縁遠くて、コンビニ中国人が唯一の女性との接点だったんだけど、

何年か前に研究室の同期のオタク女子と偶然に奇跡的に意気投合して、一緒に飯行ったり(2人でではない)そいつの知り合いを紹介してもらって一緒に遊んだりした。

いままでオレの中の女性とは「きもぢい゛ーっ みゅくぴゅーーーってっ きもぢい゛ぃーーっ!!!」 って白目剥きながら叫ぶ動物しかなくて、

街角で歩いている女性の「本質」もそんなもんだろうと思っていた。

から女の子としゃべったり、事務的ではあっても同じ時間を過ごしたりを通じて、それが間違いだとわかった時に、

女性っていうのは僕と同じ(というか僕より上等な)知的生命体で、一緒にいると楽しかったりきゅんとしたりするんだってわかって、

僕のクズっぷりに絶望している。

いまからでも僕はやり直せるのだろうか、人間人間コミュニケーションを築けるのかと思う一方で、

いざ恋愛関係になったりもっと関係が進んだら、オレは「きもぢい゛ーっ みゅくぴゅーーーってっ きもぢい゛ぃーーっ!!!」 を相手に求めてしまうかもしれないと恐れている。

性癖恋愛感情を分けて考えるのって可能なんですかね!?

2017-11-06

女性はか弱いので守りたいと思う気持ちはあれど・・・

女性は男と違って力が非力な人も多いし、男と身体的な構造生理があったり生命を生む事も出来るし、

それに伴う激痛も耐えていかなくちゃならないというハンデもあるから守って行きたいという気持ちはあるんだけど。

それを理由に横柄な態度になったりするような女性を守っていく必要はあるのかなと思うこともある。

特に男尊女卑だなんだという割に、男と違って陰湿嫌がらせを考える事もどちらかというと女性に守れと言われても、守る必要あるの?と思わなくもない。

男は群れになるよりも孤高で考える人が多く、女性場合は仲違いも多いけど基本は群れて不平不満をつのらせた挙句個人をいたぶる行為をする。

こういう事をしている姿を見てしまうと、さて女性は本当にか弱いのかな?と疑問に感じる。

身体的に弱いとしても精神的な苦痛を与えてくるのは、どちらかというと女性の方が強い気がするんだけど。

まぁ男の場合はクソ野郎ほど暴力で物を言わせようとするクズが多い。

お互いどっちもどっちという考えであるならば、男が女性を守るという必然性は感じない。

いや、そういう女性もいるけど基本的女性はか弱い生き物だと主張するのであれば、せめて守られる側は態度を改める必要があるのではないだろうか。

守られる側の女性は、自分お姫様のようなイメージを持っているのかもしれないけど、その考えを捨てて一人のただの何の変哲もない人間として考えて欲しい。

もしお姫様のような考えで、守られるのが当たり前という態度であるならば。

男尊女卑というもの存在しないし、むしろ女尊男卑になっているだろうと思う。

男という存在女性を守りたくなるのは、女性謙虚であればあるほど守りたくなるものであって

守って当然という考えを持つような女性は守る必要もなければ、養う気にもなれないというのが世の真実ではないだろうか。

知性を持つ食人種が倫理的葛藤したり人類交渉したりする、バトルや恋愛とかがメインでない物語が知りたい

旧題:吸血鬼絶対悪ではない吸血鬼物語があったら知りたい

2017/11/06 18:34追記)タイトルに関して「別に吸血鬼じゃなくても」という意見があってそれは実際そうなので一般化して「捕食者が絶対悪ではない食人物語があったら知りたい」って頭のなかで書き直してみたら「『野火』じゃねーか」っていう気がしてきた。まああれは非常時における食人であって習慣としての食人ではない。

全部満たしていなくてもいいので吸血鬼種・人類種間の種族間の問題を描くような物語があったら知りたいです。

よろしくお願いします。

--------------------

追記:

吸血鬼に限らなければ2以降のデッドライジングがそんな感じか。

--------------------

追記2 (2017/11/06 17:32)

うぉっと、こんなにブクマがつくとは思いませんでした。

吸血鬼ものが一大ジャンルであるということを再認識しました。

全体的に単に私が読書不足なだけでサーベイ代行とかそういうのではないです。

そもそもこれを考えたときに視ていたのは『クジラの子らは砂上に歌う』です。

クジラ側の住人(特にチャクロ)などが感情共感を仲間かどうかの規準とおいている(まあ大抵の少年少女向け物語ではそうですが)のが気になって、

この世界に行動レベルでは倫理的逸脱をしないサイコパス存在したらどう扱われるのだろうとそのようなことを考えました。

しかし、共感ベース倫理を組むというのは上に書いたように多くの物語でそうですし、(少なくとも感情レベルでは)現実世界でもそういうところはあるだろうとは思います

ざっくりとした理解では食肉に絡む動物擁護派の一部は忌避行動で苦しみを測れるとし、実際攻撃に対して忌避行動をとるので苦痛を感じているはずだとして屠殺を伴う食肉が倫理的ではないとしていたと思います(それでファイナルアンサーかはともかく)。

もし、動物が人語を語るのならば苦しんでいるか否かは動物たちの語る言葉によって判断されるだろうと思います

何れにせよ共感を持てる対象かというのは言語的反応や身体的反応が似通っているかによってたいてい判断されているんだろうと思います

そして身体的反応と言語的反応を比べた時言語的反応のほうがおそらく重要視されるだろうと思います(*書いてから思ったが要検討:「言葉は嘘をつくが、目は嘘をつかない」とか)。

それで言語レベルでより強い共感性を持つ捕食者・被食者の集合というものを考えたとき吸血鬼に思い至って上のようなものを書いてしまったわけです。

http://b.hatena.ne.jp/entry/347980048/comment/hobo_king

hobo_king 本文を読むに「『その生態の特殊性から過去において様々な軋轢を生んだ吸血鬼だが、現代では人間(食料)への最大限の配慮を主張する個体存在する世界吸血鬼物語』があったら知りたい」って感じ。長い。

だいたいそんな感じです。

http://b.hatena.ne.jp/entry/347980048/comment/Silica

id:Silica タイトルの付け方が…吸血鬼ものじゃなくても、知的生物同士が捕食被食関係にあるような世界を描いた作品あるけど、そういうのはどうなんだろう

タイトルは追記にゾンビの話書いた時点で書き換えるべきでしたね。上のように言語レベル意味を共有できる知的生命ならいいのでぜひ知りたいです。

仮に吸血鬼絶対悪だとしたら人類もしくは吸血鬼どちらかが早晩絶滅するから物語が成立しないってどこかで読んだ気が。

これは数理生態学の本読むとそんな単純なものでもないというのがわかると思います中学理科でもあったように肉食獣が増えると、草食動物が減り、餌が減った肉食獣の生存率が下がり、やがて草食動物が増えという感じで振動します(植物の絡みは省略)。1捕食種-1被食種のケースが最も単純で、そうでないケースではもっと全種全滅みたいなケースが起きる確率は減ります

とは言えウナギの例もありますし捕食者の補色ペースが早すぎたら絶滅ということもあるかもしれませんね。

その他色々有り難うございます。気になるやつから読んでみます

2017-11-04

ネタばれブレードランナー2049の感想とアラ探し

すっかりおっさんになってしまい、映画の出来・不出来を語り合う友人も周りにいないので、ネットに書いてみることにした。

ネタばれ多数。未見の人、傑作だと思っている人は読まない方がいい

結論簡単にまとめると、映画的に正当な続編になっていても、あの時代設定のSF的な延長になっていないと思った。「メッセージ」は傑作だと思ったんだけどなー。

ブレードランナー(第1作)

自分ブレードランナーを見たのは、初回公開時の16歳のころ。名古屋で「燃えよドラゴン」と2本立てだった。

当時、ブレードランナーには2つの画期的な点があったと思う。

ひとつは、地続きの未来バラ色じゃないというビジョンを、明確に具体化したこと。

それまでの地続きの未来イメージは、2001年宇宙の旅(1968年公開)とか2300年未来への旅(1976年公開)とかに描かれた、ピカピカのスゴイ科学世界だった。

2300年未来への旅ディストピア映画だけれど、誰も見たことがない輝かしい世界を描くとき、ピカピカに描くのが当時は当たり前だった。

それに対して、文明が衰退した未来を描く映画SF小説は、あくま核戦争でという分断された未来位置付けられていた(地球燃え尽きる日:1976年公開、マッドマックス21981年公開)。

スターウォーズ(1977)やエイリアン(1979)で描かれ始めたように、スゴイ世界なのに汚い・ポンコツ世界が地続きで存在しているという、(当時にしては)画期的ビジョンブレードランナーで完成した。

ブレードランナー未来が暗い理由は、原作小説とは違い環境破壊のせいだった。いつも酸性雨が降っているという地球温暖化を先取りしたような設定。

そのために、人類の多くが宇宙移住して、それでも残っている人々は人口過密の大都会で生き延びている。

自然破壊が進んで本物の動物ほとんど死に絶えていて、映画で登場する動物ほとんど全てレプリカントという世界だったんだよ。

もうひとつインパクトが強かったのは、レプリカント(ネクサス6型)の設定。人間よりも肉体的にも頭脳的にも優れているけれど、感情移入能力が著しく低いというあたり。

コミュニケーション能力問題を持ち、常日頃から疎外感を感じている世界中オタク琴線を捉えたんだと思う。

ただし、ディガードがレプリカントではないか、なんてネタディレクターズカットあたりが公開されるまで考えてもみなかった。

で、ブレードランナー2049がどうなっていたかというと

大目
「あ、続編なんだな」と感じさせる作りになっているのは良いんだけれど、それがホウボウありすぎてなんだかナーという印象。
イモムシ
食料不足の解消のために、太陽光発電で大量のイモムシ(プロテイン)を育てている・・・しかに、映画的なインパクトはあるけれど、それは絶滅してないの? と真っ先に思ってしまった。エサはどうするのとか。せめて、ミドリムシのほうが良くないか太陽光発電はエサになるのか。
停電(Blackout)
前作からストーリを分断する仕掛けにしか見えないので、個人的には興ざめ。
ネクサス
作られたのは、大停電の直前?ってことだよね。ネクサス6で設けた短寿命のというセキュリティ制限を外したの? 頭が悪すぎる。そして彼らが、レイチェル出産に立ち会ったのだとすると、デッカードたちの逃亡から後だよね。第1作の当時は、ネクサス7が試作段階でネクサス8はリリースされていないんだから(2022年らしい。あれ、出産2021年6月10日では?)。
ジョイ
あなた特別」なんてセリフ、全てのお客につぶやいているだろ。Kも、それを真に受けるなよ。当然、みんなレプリカントプロジェクションマッピングして性交に使っているんだろ。あんなにカワイイ献身的AIがいたら幸せじゃん。すでに、現代においても「俺の嫁」とか言っている奴がいっぱいいるんだから、Kが孤独感を感じている気がしない。
Kの自宅の前の浮浪者
30年たっても、まだ浮浪者あんなにたくさん生き残っていけるのはどんな社会だ。公共事業は、レプリカント一部の人間が引き受けていて、オフワールドには行けないけれど、ベーシックインカムとか実現されて人間であれば死なずに生きていけるということか。天国じゃないか
マダム
なんで地球に残っているの。オフワールドに行けばいいのに。いったい、どんな秩序を守っているのさ。前作の警察署長は、もっとやる気のないデブで、やるせなさがあったのに。今回は、美人でやる気ありすぎ。
レプリカントの性欲
なんのために、そんな機能がついているの?生殖能力もないのに。他の性的サービス担当レプリカントとやる必要があるの?
スキンジョブ
自分レプリカントと気付いているなら、たとえ共感能力があっても、罵倒も気にならないようにしてあるのでは?人間の側も、本当にレプリカントを嫌っているなら、時計仕掛けのオレンジのような、もっとひどい事するだろ。
ラブ
なんで、ばんばんしまくるの。自分と同じ顔をしたレプリカントが虐げられるのをみて、あんたが一番動揺するんじゃないのかね。
ラブの命令を受ける娼婦
なんで、あんたが寄りによって、ラブの命令を受けるの?
スクラップ
衰退している地球で、どこからあんなに大量に回収してくるの?
孤児たち
なんで、そんなに大量の子供がいるの? あんな軽作業は、頭の悪いレプリカントを作ってやらせろよ。
デッカード
誰に何を教え込んだの? 自分の子供ではないよね(出産には立ち会わず立ち去っているから)。
木馬
出産に立ち会っていないなら、デッカードは、いつ渡したの?
核爆発
前作からストーリーを分断するために、安易採用されている気がするんだよな。チェルノブイリ(1986)とフクシマ(2011)を経て、メルトダウンが実際に起きた地続きの未来に生きている我々にとって、その程度で困る気がしない。
成長するレプリカント
Kは、成長するレプリカントだったってこと? それ自体奇跡なのでは。そんなすごいもの、誰がどこで作ったのか。ネクサス8が自分たちで用意したのか。すでに革命成功しているのでは?
レイチェルの復活
そんなに驚くネタかなー。だってレプリカントなんだから、同じ型からいくらでも再現できるでしょ。それは、愛情を注ぐ同じ対象のはずがない。大量生産された製品を見て、同じ製品ができてきたからって動揺するか? ウォレスも、そのくらい気づけよ。あのVFXがすごいというネタも見かけるけれど、そっくりさんをもう一度出すなんて、そんなに難しいかそもそもスタイリッシュ記号的な意匠だし、映画館で直接見比べているわけではないんだからターミネータでもやってたじゃん。映画的にもオーバースペック
前作の引用
多すぎるし。ネットの評判をつらつら眺めると、それに言及している(というかそれにしか言及していない)のが多いけど、そのせいでストーリ破綻しているんじゃないか
そもそも
なんで、あんなに特別レプリカントが2体も、LAPDに配置されているのサ?

結局のところ

ビジュアル的には、現代の当たり前をひっくり返しているところがまるでなく、前作のインパクトに及ばない。

そして前作では、人間であるかないか関係なく、自分生命にジタバタすること自体が生きること、だったはずなのに。

今作では、誰かのため、大義のために生きて死んでのが人間という話になっていて・・・それって、非人間的な重労働を強いられるレプリカント存在のものじゃん。

メッセージ矮小化しているだろ。

2017-11-03

人類生命体の頂点として責任を果たすような作品

人類よりも知的生命体がいた!とか、人類よりも自然のほうが強い!みたいな作品は多いけれど、

その逆に人類がどうあがいても生命体の頂点で、人類以上の生命から攻撃恩恵もなく、

何らかの地球規模の問題に対して人類自身が考えて解決しなければならず、

かといってそこで人類が己の自業自得で自滅するのでもなくて、

なんとか万物の霊長としての使命を果たす様な作品ってありますか?

2017-11-02

アメリカの銃規制が進まないのには3つの原因があると思うという話

表題の件について、自分が納得できるだけの解説をしている記事があまりない、というか、前々から日本一般の人々にはあまりこの問題認知されていないような気がしていたので、需要があるかは分からないが個人的見解をまとめる私的メモという意味も含め、ここに記載しておく。

1つはアメリカ建国理念から来ていて、もし政府民衆に圧制を強いるとき民衆には武装して蜂起する権利憲法で認められているためである

もともとアメリカという国自体が、イギリスをはじめとする欧州圧政から独立してできたものなので、国家民衆が作るという意識が強い。そのためアメリカ合衆国は、政府暴走した場合対処法を、憲法公式に認めている。これが有名な「合衆国憲法修正第2条」である政府民衆国家権力で押さえつけ、搾取するような事態になれば、国民武装して現政府を打倒し、新たな政府を打ち立てることができる。(もちろん、他国から侵略に対する抵抗の意味もある)

そして最も重要な点は、そうするために国民武装することを、政府制限してはならないということだ。銃の所持を規制することは、すなわち武装することの規制に繋がる。これは国民のための権利であるから政府主導で銃規制をすることに対して、「そうやって武装できないようにして、俺たちに圧政を敷くんだろう?」という反発が生まれる。から規制は是か非かについて、明確に政治的正しさを持つ答えがなかなか出ないのである。極端な話、トラ○プが本当に危険独裁体制を築いたとき、現憲法下であれば銃規制を叫ぶリベラリストたちでも平等武装蜂起する権利を有している。

2つ目はより現実的市民生活に関する問題で、アメリカの広大な土地に起因する。

アメリカ田舎は、日本人には想像も付かない規模で広い。隣家まで車で何十分というケースはざらだ。たとえばワイオミング州鳥取県両国において最も人口が少なく、約56万人とほぼ同じだが、人口密度はおおよそ70倍以上にもなる。そんな地域でもし何か起こったとき警察保安官が到着するのを30分とか1時間、悠長に待っていられるだろうか?

こういった背景からアメリカでは田舎に行くほど、セルフディフェンスとかホームディフェンスと呼ばれる概念が浸透している。異常に治安が良いと言われる日本でも、ご近所同士のいさかいが原因で刃傷沙汰に発展するというのはよくある話だし、痴話喧嘩もあれば家庭内暴力もある。野生の危険動物だっているだろう。そういった事態に陥ったとき自分の身を守れるのは自分だけだ。だからみんな銃を買う。西部開拓時代、多くの人が傍らに銃を置いて眠っていた頃と、根本的には変わっていない。

なお、アメリカでこういった田舎に暮らす人たちは、人口の1割である3000万人ほどもいるという。3000万人と言えば近年急速な発展を遂げたメガティ中国重慶市と同じくらいだ。メガティ1つ分の国民安全自衛に委ねられているという、ある種異常な状態なのだ

3つ目はもっと単純で、ここまで広がってしまった銃を今さら回収するのが非常に困難な点にある。

アメリカでは1億丁以上の銃がすでに流通販売されており、およそ国民の2人に1人は銃を持っていると言われている。これほどまでに庶民の手に広まった銃を没収していくのは、そもそも物理的に難しいし、誰が何の権限でどのように回収するのか、抵抗に遭わず安全に回収できるのか、回収した大量の銃はどう保管あるいは処分するのか、これらのコストは、回収に応じない場合罰則は、などといった行政上問題も山のようにある。

ちなみに例として、戦後日本で行われた武装解除の際に提出された刀剣類の保有数は、平均して大体3軒に1軒くらいだったらしい。しかしもちろんそれがすべてではなく、未だに先祖の持っていたものが蔵から出てきたというニュースもあれば、土中に埋めるなどして隠匿したなどの話も聞こえてくる。またこの中に近代火器は含んでいない(登録された刀剣類の数を参考)。しかもこれが実行できたのは、敗戦という歴史的大事と、それに伴う武装解除のための占領政策GHQによる外圧という側面が大きい。平時にこれ以上の規模の銃規制を実現するのがいかに難しいか分かっていただけるだろう。

ここまで記したように、アメリカ国民にとっての「銃」とは何よりもまず自分自身安全保障するための道具なのである政府侵略者犯罪者、敵意を持った隣人たち、危険な野生生物などから自分生命財産家族、そして自由権利を守るための唯一にして最強の道具だ。

これが決して建前ではなく、国家の根幹と現実に即した実態であるというのが、今回私の言いたかった見解だ。これを読んだ方の、この問題に対する理解一助にでもなればと思う。

なお、一部の人たちが馬鹿ひとつ覚えのように諸悪の根源として扱ってしまうので、ここでは敢えてNRA=全米ライフル協会に関する記述は控えさせていただいた。ただ、誰もが銃を規制したいのに一部の頭おかしい人によって阻止されているという構図が正しくないということは、これを読んだ方になら分かっていただけると思う。

禁止にしてほしい設定

20歳未満の女性以外が足を踏み入れると生命維持が困難になる地域がある。というかその地域物語舞台

別にいいんだけどね、安易というかね。

2017-11-01

フォトショ加工止めろ

グラビアアイドルフォトショ加工はグラビアアイドル生命を短くしてることに気づけ。

特にソフマップでの宣伝の時なんか分かりすぎて、自分から処刑台に進んできてるだけじゃねえか。

加工したら加工する分だけブスだって言ってるだけになんぞ。

リベラル成仏する日

リベラルっていう用語は今では多義的なっちゃって拡散しているんだけど、源流をたどると「絶対王政などに見られる巨大な権力者に対して個人自由を守り社会を安定させ豊かにしていく思想」があるよね。国の命令で、一般的民間人生命やら財産やらが奪われてはならない。思想発言には自由があるべきだし、職業結婚相手強制されるべきではない。個々人は個々人で自分人生を生きる自由がある。古典的自由主義としてのリベラル

いま日本では、リベラルが退潮とか危機とか言われているけれど、どう考えても歴史もっとリベラルが花開き成果があるのが現代だと思う。古典的自由主義者が目指した自由繁栄の国が、いまの日本だよ。

もちろん、リベラルという語の示す意味合い歴史によって徐々に変わっていった。いま死のうとしているのは、後発の変化した後のリベラルなのだ、という指摘は正しい。

しかし、でもだとするのであれば、その主張方法も変えていくべきだったのね。一番古典的リベラルは上記のように「巨大な権力者恣意的権力乱用から市民市民自由を守る!」というものだったから、その主張手法は「だから権力者日本場合首相とか与党とか政府)を厳しく監視してそれを咎めていかなければならない」であるわけ。日本野党国会で、やたらに与党に噛み付いたり、「安倍政権九条を変更すると即座に戦争を開始してしまう!けしからん、断固打倒!」というのは、たしかに、古典的リベラルの主張としては正しいわけ。なにせ彼らは「巨大な権力者恣意的権力乱用から市民市民自由を守る」が主張なのだから

でも最初に述べたように、古典的リベラルが憂いていた社会問題――たとえば王様個人的鬱憤やら貴族の内輪もめで戦争を開始して農民の命がゴミのように消費されるとか、身分差の下位の側が奴隷としてなんの自由選択権もなく酷使されるとか、餓死するとか――そういうのは、現代日本においてほぼ解決された。こういうことを言うと顔を真赤にして「現代ブラック労働問題が!」とか叫ぶ人はいるけれど、少なくとも法的な側面ではかなりのケアが進み、運用側の問題へと問題は進んでいる(日本生活保護の捕捉率はたしかに大問題だけど、運用問題ではある)。

まり古典的自由主義者は、打倒すべき問題殆どを失ってしまった。日本社会で言えば、1970年代公害訴訟あたりの時期で、社会的使命を一旦果たした。そこで寿命を迎えたと思うのね。

もちろんそこで社会問題がなくなったという話じゃないんだけど、それらを指摘して解決していくためには、リベラル名前を変えるか、名前を変えなかったとしても少なくとも主張方法進歩させるべきだったわけ。なにせ古い主張とその手法は、古い問題最適化されているわけだから。「安倍政権九条を変更すると即座に日本戦火に包まれる」なんて主張を、現代日本国民の誰がどれだけ信じている? 1%もいないとおもう。現代日本人の殆どは「政権監視して非難すれば問題解決する」なんて、もはやファンタジックおとぎ話だと感づいているんじゃないかな。

現代に残る社会問題は、格差にせよ人口減にせよ、少数の絶対悪者が陰謀の結果日本に振りまいた災厄ではなく、すべての日本国民利害関係者として今まで行ってきた選択の結果起きた、避けえない出来事であって、誰か少数者をリンチしてスッキリしたとしても、解決なんて出来はしないって気づいているんじゃないかな。

にも関わらず、いわゆるリベラルと言われる組織政治家が懐古的な「邪悪政府陰謀論」を卒業できないのは、本当に卒業できないわけじゃなく、そういう手法卒業しないことで利益を得ていた既得権集団だっただけなのだ。そういうことがほとほとわかっちゃった。そういうのがこの数年の政治状況じゃないかな。

いま日本リベラルに愛想を尽かしたり、叩いたりしている国民も、一番最初に述べた「国の命令で、一般的民間人生命やら財産やらが奪われてはならない。思想発言には自由があるべきだし、職業結婚相手強制されるべきではない。個々人は個々人で自分人生を生きる自由がある」という意味では、立派なリベラリストなわけね。それらは当たり前にいつでも手に入る無価値な宝物ではなかった。たとえば北朝鮮ではそういう社会が実現されてないもの

からその部分は歴史に対して胸を張っていいとおもうのだ。そして同時に、自分たちがそういう意味ではリベラリストなんだからリベラル必要以上に憎むべきではない。少なくとも歴史のある時期、それらは社会必要で、現代の豊かで平和社会につながる重要な役目を果たしたわけだから

一方で、そういう言う意味では、リベラルという看板は役目を終えたし成仏すべきだと思う。現状、Webやらマスコミで「リベラル最低だ」っていってるのは、かなりの程度死体蹴りだ。「リベラルという少数悪が邪悪だったので社会が悪くなった」というのは、まさに駄目なリベラルがすがりついていた思想のものだよ。すがる側も、嫌悪する側も、もうリベラルから卒業しても良い時期だ。

2017-10-30

anond:20171030101833

そこにも日本人を蝕む心理的ブロック存在する

他人迷惑をかけるやつは死になさい」

努力が足りない、自己責任

現実生活保護を拒み餓死する人間

受給してもらえずに死ぬ人間

これらの心理的ブロックによって不幸になっている

良い国民根底にある恥の感情悪用している

真っ先に守らないといけないのが彼らの生命だが

現状の制度道徳価値観では彼らを救うことができない

特に前者の他人迷惑をかけるなら死を選ぶタイプには

生活保護は何の解決にもなっていない

BIで「当たり前のもの」という認識をさせなければ彼らの生命を守れない

そして認識も変える必要がある

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん