「報酬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 報酬とは

2019-02-21

弁護士保険を探してプリベントというのを見つけたのだが費用がよくわからん

https://preventsi.co.jp/sp/product/details

このページに

報酬金・日当・実費等が発生した場合は、対象とはならない」と書いてあるのだが普通は依頼したら報酬とか日当とか実費って発生するんじゃないの?

法律用語では違う意味なの?

anond:20190221050338

増田は主戦場じゃなくなっててとぎゃったーが主戦場になってるから知らんのだろうけど訴えた側は「もともと非商用おっけーなので商用利用だけに絞った」っていってるし

増田消されたのでこちらで」で始まるブログの人のリンク先冒頭の自己紹介が「みなさんこんにちは●●●●ライターの××です」。

普通ライターってのは、原稿報酬なり給与が発生してる人が自称するんやで。

引用は一部コピペで主客転倒しないことなどの要件があるのに●●●●編集部はそれをライター教育していなかったのが落ち度。

てか●●●●というメディア勝手自称しちゃったアフィカス個人ならたしかに少額だろうし巻き添えくさいけど、どこでアフィカスする場合にもプラットフォーム規約に「著作権違反すんな」って書いてある。引用万能論(そんな論に法的正当性は一ミリもないんだが)で90%をパクりで構成したもの自分原稿として提出したヤツはタヒねって結論はまっとうだと思う

2019-02-20

最低賃金を上げると全ての賃金があがります

最低賃金が上がると最低賃金ギリギリ報酬しか出していない底辺バイト給料けが上がると思っていませんか?

違います

理由は、ちょっと考えればわかります

anond:20190220041035

報酬を認めると患者財産を見て5000万円の要求だって

娘さんかわいいなとか要求はどんなものもあり得るね

現状関係者と最低限の利権関係者だけで回ってるところに変なのが混じって風紀が乱れる

個別交渉報酬なんて認めれるわけない

anond:20190215001520

美味しいごはん食べれるくらいの報酬なんて求めちゃいけないと思うし求める事自体が間違ってると思う

奉仕活動一種なんだから身銭切ってやるのが普通でしょ

そもそもそれが気になる経済状況の人はドナーになったり奉仕活動なんかしなくていいんだよ

自分生活に余裕がある人が余裕のない人を助ける気持ちでやればいいの

ボランティアってのはそういう事。お前を助けるんだから見返りよこせってのはヤクザのやり口と紙一重だよ

ただ病院側の対応への不満に関しては超同意

ドナーへの心のケアくらいはきちんとしろ

あと利益が出るとまずいのは商売になるからってよりホームレスやす温床になるからやろ

2019-02-18

頑張るのはいだって楽を手に入れたいか

小中高で勉強頑張れたのも、大学に受かって理不尽な親から離れて生活するため

大学院で研究頑張れたのも、労働報酬が発生する環境への切符を手にするため

では、就職したら?何のために頑張ればいい?お金休みが月数回しかなくて使う機会もないのに?今より楽できる環境に逃げるための準備をする時間さえないのに?

臓器提供報酬メモ

2,3万出したところで「美味しい食事」「快適な移動」「休職保障」すべてを賄えない、つまりこの程度の金額ではドナーの増加は見込めない

かといって数十万の報酬を出すとなれば臓器売買となるので犯罪者悪用防止策および倫理的議論必要になる

anond:20190218101633

金だけじゃ足りないといいだしたか

こういうのがいるか報酬なんて設定したらとんでもないことになるってわかるよね

anond:20190218092245

でも術後術前に美味しいものが食べたいってあったぞ?

交通費とか旅費程度を気にせず,手術前後に美味いもの食って,

なおかつ仕事の面でマイナスにならない程度の補償なり報酬が欲しいんだよ。

これ当たり前の感覚じゃないか

anond:20190215001520

「術後つらたんから帰りのタクシーくらいは許可出してよ」なら

大いに理解出来るけど

ただ、デスクワークでない場合に限り、上限日数を定めた上で給与保証はあってもいいよねとは思う

anond:20190217212605

くどくてごめんね

2個あるから大丈夫ってよく腎臓を売るのが冗談で使われるけど

冗談で済んでるのは決して利益を得れないようになってるからだよ。

限界回数を理由に、だから十分な報酬があっていいだろう、とすると何も持たないガチ弱者がそれに頼りはじめる。

なんせ骨髄って死ぬかどうかまで切り詰めるなら短期間で6~7回いけちゃうから

書類では2回ってことにしておこうってブローカーが湧いてもおかしくないよね。

一般市民カルテ個人的に回収するだけでも裁判沙汰でしかほとんど勝てた例がない。

麻酔を打たれてる間何が起こったか完全にわか患者はいない。

からそこはほんとうにガチガチにしておかなきゃいけない。

融通をきかせるリスクのほうがどでかいから

なのでたまたま近くに住んでいた

たまたま仕事休みがとりやすかった

増田もいってたけど複数人に声をかけるのは

「そのくらいの負担ならまあ」ときっちり経費を回収できる保証がなくても応じてくれる人はいいかなというくじ要素も込みでやってる

しかケチかもしれないけど、タクシーバスの誤差、有給一日分くらいまあいいよって思えるくらいはお金に困ってない人が結局対象だという解釈でいて、ちょうど良いと思う。

2019-02-17

anond:20190215001520

>肝心の骨髄を提供するドナーが無報酬

これ常識だと思ってた。

報酬が出るようになると、生活のために売る人が出てきちゃうからだよ。

ひどいと「売らせる人」が出てきちゃうからだよ。

どの国でも同じ道をたどったので、命にかかわらない献血の時点でそうなので、どの国でも一緒。

けがでちゃだめなの、絶対

置き換えてみて、生活のために医学の道を志す人がいくら増えても

ひどいと医学勉強他人にさせようとする人がいくら増えても、問題ないでしょ。

全然同列じゃないから落ち着いて~。

765ASはもう休んでいいんじゃないかなと思う

まず前提に置いてもらいたいのは、別にASが嫌いでこういうことを言ってるんじゃないってこと

ただまあ、13年以上も経ってまだまだやろうとしてるのはともかく、先輩面して出張ってくる(おもにPがね)のは疎ましく思うよ

13年の重み

2005年アイマスが始まってから13年が経ち、現在に至るまでシリーズとしては876、シンデレラガールズミリオンライブSideMシャイニーカラーズが出てきた

とは言っても、2012年アニメもやったし、2014年劇場版もやってることから、それらとはほぼ独立して展開を続けてきたのがAS

その間コンテンツとして拡大し続けてきたし、2015年のMOIW2015(西武プリンスドーム)では4万人弱も動員したライブが出来たのは当然のように凄いと思う

一方で、シンデレラガールズモバマス)では初期に客寄せパンダとして実装されてたり、ミリオンライブグリマス)では正統続編かのようにその存在ピックアップされてきたのはご存知の通り

ゲームではアケマスからステラステージまで、いくつものシナリオ存在してる

そこからやっぱり思うのは、アイドル13人を描くのに必要ものはすべて出し尽くしたと思うんですよ

ゲームもある、アニメ映画もある、ドラマもある、曲もたくさんある

今もASのPをしてる人の気持ちもわからないでもない。俺ももともとそうだったからね

飽きた、と言う表現はどうかなと思うけれども、個人的にはすべて(コンテンツの成長含め)見たいものは見れた、と満足してる

今でも曲は聴くし、別に嫌いになったわけじゃない

今はミリオンライブのPなんですが、やっぱりその根源からミリオンライブにはAS愛着を持ってる人は多くて、息苦しいなと感じることはある

13年と6年じゃそりゃそうなるわなとは思うけれど、やっぱり今頑張って欲しいのはシアター組の皆にだからなぁ

ASとシアター組の格差

よく言われるのは、ミリシタではAS冷遇されてる、って話

ミリオンライブASありきのコンテンツだという人もいるけど、んなこたぁないと思う

その根源の設定が、「765プロ劇場を作って、そこで新しいアイドルプロデュースする」だから、わからなくもないけど

やっぱりミリオンライブをここまで大きくしてきたのはシアター組の魅力によるところが大半を占めると思う

前述したとおり、元ASのPが多いっていうのは事実なんだけど、そこで止まってたらミリオンライブはここまで大きくなってない

一般的ミリオンライブ暗黒期と呼ばれる、2nd(2015頃)~4th(2017、ミリシタ発表)まで支えてこれたのはシアター組の魅力のおかげに他ならない

運営も頑張ったかもしれないけど、やっぱりユーザー側も散々な目(グリマス改悪等)に逢いながらもある程度耐えてきた

その間ASは10thライブゲームマストソングスプラチナスターズ、ステラステージ)の展開に恵まれてたし(そこについてとやかく言うつもりはない)

その一生懸命報酬ミリシタでシアター組が優先されることのどこが悪いのだろうか

何度も言うけど、ASはその年数から、何度も何度も出番を貰ってきて、たくさんのシナリオとたくさんの曲をもうすでに持ってる

わがまま言うな、という言葉しか出ない

結局つまるところ

俺はASにもう満足してる

アイドルスターは常に目標を目指し続けるコンテンツなんですよ

暫くの間、春香コミュからくるドーム公演を目標としており、その目標を達成した今

ASは何を目指すのか、それをもう一度考えてほしい

ステラステージではやよいの親がもし定職に就いていたら?という設定であるからも、もうシナリオ考えるのも難しいんだと思う

やっぱり今思うのは10thで一旦立ち止まってたらよかったと思うよ

カタルシスを最も感じる場所で最高の幕引きをしてたらまだよかったなぁと思います

anond:20190216154041

 はてな匿名ダイアリーには3000文字文字制限があるらしい(?)ので、そのくらいを目安とした。

 ついでに言うと良いアイディアが浮かんだとして個人的メリットがないのだし書く必要がない。

 情報を出し惜しみする社会を実現するためには仕方のないことだ。

 まぁ、せっかくなので少しぐらいは書いておいてもいいかもしれない。

 しかし、読み返してみればアイディアはすでに書いてあるも同然では?

書店図書館漫画喫茶改善

・有料サイン会

競技化して対戦する(スポーツのように)

 まず書店図書館漫画喫茶改善については、いくつかあるだろう。

 サイン会を有料とするのは、すでに書いたとおりだ。

 今検索してみたが「有料サイン会」は海外スターは行っている様子ではある。

 (隠語として「交通違反」を指す意味もヒットする)

 「サイン会作家負担となっている」という話を聞けば、ファンとして作家のことを考えているほど行きづらくなるような気がする。

 タダ働きで疲れるサイン会よりは閑古鳥が鳴くぐらいが丁度いいとすら言えるだろう。

 もしかすると報酬は出ているのかもしれないが、明言しない限りは基本的にタダ働きと思われているような気がする。

 サイン会で作者に直接支援できるとなればファンは気兼ねなく駆けつけるのではないか

 ついでにTシャツなどを販売してもいいかもしれない。

 他には直接的な支援ではないが「元作家従業員として優先的に採用する」というシステムはどうか?

 作家の中には書店図書館漫画喫茶が衰退しようが構わないと思っている者も少なくはないだろう。

 特に図書館漫画喫茶に関しては、商売の妨げとなるのだからむし積極的にそれを望んでいるのでは?

 このとき、こういった店舗が将来的に自らのセーフティーネットになるのであれば無下にはできないだろう。

 元作家従業員とする方針を持てば店舗同士の競争において「作家生活を支えたい」と思うファンの来客を促すことができる。

 作家を目指すには引退後がネックだが、このような流れができれば挑戦しやすくなるはずだ。

 次に競技はどんなものになるだろうか?

 競技には得点を競うものだとかタイムを競うものだとかがある。

 今回は「本」と「タイム」の組み合わせで考えてみよう。

 そうすると、とりあえず「本の即売」を競技化するということが思いつく。

 「競技即売大会」とでも言うべきだろうか?

 チームに分かれて対戦して先に本を売り切ったほうの勝ち。

 勝利チームの購入者は栞のようなちょっとしたグッズが貰えたりする。

 ブックカバーを装着しなければならないなどのレギュレーションによってバリエーションが作れる。

 もっと競技について言えば、流行らせようと思って流行らせるのは難しいだろう。

 良い感じの競技自然発生することに期待するしかあるまい。

 その他にも挙げておこう。

 とりあえずシンプルに「直接会って仕事の依頼ができる」ような施設がないように思える。

 その場所に足を運びさえすれば、適当仕事にありつけるというような施設だ。

 漫画なんかでは○○ギルド的な仕組みがよく登場するような気がする。

 それは漫画家が「なんかそういう仕組みが欲しい」と思っているからなのかもしれない。

 既にこのような施設存在していてもおかしくないように思えるが、あまり話を聞かない。

 まぁ、挙げはしたが出版社立ち位置としては難しいだろう。

 こういった施設を作るとしたら出版社関係のない人間だろうか?

 それを警戒して、やっぱり出版社が先手を打って囲い込みを狙う可能性もなくはない。

 実物とテジタルの違いを考慮するなら「その本とセットとなる読書空間」というのはどうか。

 映画などは自宅でも見ることができるが多くの人間映画館に足を運ぶ。

 違いはどこか? 「没入感に違いがあるのだ」と映画愛好家は言う。

 では本の没入感を高めるための仕組みを考えるなら、どうなる?

 トータルコーディネート的に「その施設で読むことで最大の没入感が得られる」というシステムだ。

 例えばファンタジー風、サイバーパンク風の内装を持つ部屋で、その世界観人物になりきった状態で本を読むのだ。

 他には「人が住んでいる部屋」という設定の施設と「住居者が残した日記帳」という設定の本を組み合わせるなど……。

 当然ではあるが本の内容も、そのように考えられている。なんならコスプレも組み合わせる。

 本のスタンドアロンで消費可能性質は利点ではある。

 その利点を捨て、環境との組み合わせで最大の効果を得られる方向での優位性を獲得するのだ。

 施設がメインならば施設にあわせて作品を仕上げることとなるだろう。

 逆に作品がメインなら簡単内装を変更できるような仕組みの施設となるだろう。

 本などを「布教」という言い方をすることがある。

 この布教という概念も、もっとうまく使えば良いように思える。

 現状ではファンが本を2~3冊買って身近な人間に配る程度だろう。

 そこで「本を布教したい人」があらかじめ料金を支払い本を確保する。

 「この本を欲しい人はいいか?」と問いかけると「欲しいです」という人が出てくる。

 転売されるかもしれないので布教したい側も相手を選べるようにすべきだろう。

 そこで希望者の中から大丈夫そうな相手を選べるというような仕組みだ。

 これは実際の施設でやってもいいしネット上でも実現はできそうだ。

 「ほしい物リスト」はあっても「布教したい物リスト」はないように思える(※未調査)。

 他にも、

道の駅にある「蕎麦打ち体験」のような作家による「作文体験」「漫画執筆体験

特定飲食店食事をすると収益作家還元されるシステム(協賛店?)

外国人観光客向けの持ち込んだ絵本漫画などを翻訳してくれる施設

 のような仕組みが思い浮かんだ。

 施設という方向性を挙げさえすれば、この程度のアイディアならすぐに思いつくと思ったのだが……。

 なにも思いつかないのか?と逆に聞きたい。

 まず前提として「画期的な万能の施設により全員の作家がどうにかなるとは到底思えない」というのがある。

 作家性との相性もあるのだし、一種類のいい感じのアイディア解決するのは不可能だろう。

 結局は「なんか施設を使ったら」という曖昧方向性の話以上にはならないはずだ。

2019-02-15

恋愛依存の人は

確率で他にやることがないんだよな

いや、厳密にはやること自体は山ほどあるんだけど、つまらないとか低報酬からやりたくない

から無料で、ドバドホルモンが出る恋愛依存してしまうんだろうな

うわっ労働者賃金高すぎ!?を解決するはあちゅう奴隷化メソッド

ブラック企業経営している皆さん、こんにちは

従業員から搾取してますか?MeToo最低賃金、高すぎますよね。

交通費の定額化、タイムカード操作名ばかり管理職化、30分単位計算時間カット

そんな従来型の搾取(搾取1.0)では、様々な策を駆使しても、共○党や活動家に阻まれしまう。

そんなイタチごっこ疲弊して、ついつい賃金を払ってラクしていませんか?

私も数年前まではこの「最低賃金の壁」に阻まれ

言われるがままに法外な賃金労働者に納め、経営に苦しんでいました。

中国ロシア北朝鮮といった先進国では「搾取存在しない」が当然の常識なのに、

日本の古臭い労働者保護政策の前では通用しない。世界トレンドから取り残されていますよね。

しかし、もし仮にですよ、ずばりゼロ円で労働者を働かせる方法があるとしたら?

そんな夢のような方法が「オンラインサロン」という看板を掲げることで実現可能なんです。

私が発見し「はあちゅう奴隷化メソッド」と名付けました。

労働基準法第5条には「労働者意思に反して労働強制してはならない」とあります

まり、自らの意思で参加させる仕組みさえ作れば、合法だと認められているのです。

そもそも労働という概念が無いか労働基準法適用されない、

宗教マルチ商法社会主義ハイブリッドで編成された完全合法の最強メソッドなのです。

みんな好きでサロンに入り、好きなことできてかつ色々学べるんだから報酬でも問題ない。

そもそもオンラインサロンってそういう仕組みだから、わかってる人が入るもの

これで活動家批判も完全論破可能です。そういうことだよー。

私自身もこのノウハウを活かして、2018年には従業員賃金ゼロ化を達成。

一人あたりの年収を年間160万円もカットできましたので、効果実証済です。

最強ノウハウの全てを一冊にまとめた「はあちゅう奴隷制合法メソッド」。

ブラック企業経営者すべてに知って欲しいので、今回、特別に30万円で提供させていただきます

最低賃金を払い続けることで経営者の皆さんが失っている余計なコスト

月に数百万円にもなります。それがこの最強メソッドゼロになるのです。

しかに30万円は安い金額ではありませんが、一日にコーヒー1杯分の出費で人件費ゼロに。

この価格は、むしろお得すぎると思いませんか?

さぁ、実践するならキャンペーン間中の今です。数には限りがございます

みんな、この最強の方法を知っても、まだ労働基準法で消耗してんの?

MVP制度と褒め合いでモチキープ法

・信頼を裏切れない空気感の作り方

・共同経営者の経歴詐称がバレた時はこうシラを切ろう

論破されたら弱者カードをちらつかせよう

マイノリティアピールに使える結婚相手の選び方

ネットで実情が知られても退会しない「真のバカ」の見つけ方

といった最強のノウハウが1冊に凝縮された最高のメソッドを駆使し

最低賃金どころか刑務所をも下回る賃金ブレイクスルーで「最低の向こう側」へ。

稼ぐための仕組みを根底から覆す「搾取2.0」の時代を一緒に創りましょう。

増田はえらい anond:20190215001520

参考になった

ドナーやる時は足が出ること覚悟でやるわ

交通費とか旅費程度を気にせず,手術前後に美味いもの食って,

なおかつ仕事の面でマイナスにならない程度の補償なり報酬が欲しいんだよ。

これ当たり前の感覚じゃないか

美味いものは知らんけど、

タクシーで術後は帰れるくらいの交通費と旅費は不足なく出して欲しいよね

仕事面の補償患者を助ける気があったら満額した方がええわな

中には提供してもいいけど生活が厳しい方もいるだろうし

デスクワークなら復帰まで時間いるかもしらんし

骨髄バンク感想追記あり

30代男。

数年前に骨髄バンク経由で実際に骨髄を提供した。

移植成功し,患者さんから

回復して家に戻れた。ほんとうにありがとう

との心のこもった手紙をもらった。

それ自体は満足しているが,骨髄バンクの仕組みに不満が残っている。

結論もっとドナー大事にしてくれ


金銭面のサポートが薄すぎる

事前の健康診断リスク説明は充分すぎるほど行ってくれる。

手続き途中で気が変われば,患者さん側が移植を受け入れるための前処置(大量の抗がん剤を投与しつつ放射線を当てて白血球自体を全滅させる。当然そこでドナーから移植が中断すると死ぬ。)の前までであれば,いつでも中断できる。


しかし,金銭面が不満すぎる。

自宅から病院までの交通費は出る。

ところが,骨髄バンクのコーディネーターさんは極めて細かくこの経費を確認してくる。

「自宅の〇〇バス停から△△病院前まで640円ですね」とか。

タクシー希望ですがバスしか出せませんでして」とか。

そういうのを移動のたびに訊かれるし,こっちは用事があって別経路で行くことになっても最短経路以外では申告できない雰囲気

コーディネータは気を使って嫌な雰囲気にならないようにしてるんだが,

人命がかかってる大変なイベント10単位まで細かに精算しなきゃいけない制度というのは,どうなんだろうか。

あと,全日程を通じて合計5000円だけもらえる。支度金だって

自分は遠隔地での移植だったので電車費用は別途もらえたけど,

旅行のためのこまごまとした道具類を用意して,帰りは荷物宅急便で送ったら5000円じゃ足りなかった。

自腹だよ。

移植前に美味いもん食うとかも,当然自己負担



あ,医療保険自治体によってはドナーへの給付金があるけども,俺の保険自治体もそんな制度は無かった。

これはドナー登録の時点で周知しておくべきだ。

移植要請があってから保険加入は,たぶんできない。


休業補償が無い

おれは朝起きてダルかったら電話一本で有給取れるぐらいユルい職場

骨髄提供のためなら当然に休みがもらえる。


でもこれ,俺の職場からこそ出来るんだぞ。

普通民間企業だったら有給自体めちゃくちゃ取りにくいだろ。

自営業だったら自分が動けなけりゃ即詰むレベルだろ。

事前手続きで3回程度は病院に行って半日つぶして,

移植数日前から体調万全にして絶対風邪をひかないようにして,

注射10回ぐらいはうたれて,全身麻酔で手術して,

24時間ぐらいは点滴つないでて,翌々日には病院を追い出されて,

それから数週間は腰が痛い状態が続くんだぜ。

肉体労働の人だったら,仕事できない期間も生じるだろうよ。


それでも1円の支援もないんだぜ。例外なく。

白血球の相性って数十万人に1名のレベルですよードナー登録してくださいねーって言ってるけど,

おまえそれゼロ円でやれって言われたら,数十万の1どころか数百万分の1になるじゃんよ。

助かる人だってからないだろうよ。

ぜひ提供したいという人でも,カネという現実問題を突き付けられた時には,躊躇するだろうよ。

医者製薬会社報酬あり,ドナーは無しってどうなんだ


骨髄移植にかかわる医者製薬会社報酬を得ているよ。

そりゃ当たり前だし正当だ。

なのに,なんで肝心の骨髄を提供するドナーが無報酬で,

ともすれば足が出るような制度になってるんだ。

法外な報酬をよこせと言ってるんじゃないぞ。

交通費とか旅費程度を気にせず,手術前後に美味いもの食って,

なおかつ仕事の面でマイナスにならない程度の補償なり報酬が欲しいんだよ。

これ当たり前の感覚じゃないか

多くのドナーは人命救助という崇高な役割を果たせた満足感と,

患者さんが極めて厳しい環境にあることを想って,報酬なんか二の次だと考えているはずだ。

それはそれで素晴らしいよ。言葉にならないぐらい偉大な行為だと俺は思ってるよ。

でもさ,補償制度をしっかり構築していれば,あと数千人,数万人救えたんじゃないの?

1991年骨髄バンク設立以来,いったい何人のドナー金銭理由提供を断念した?

病院関係者が意外に冷淡だった

いろんな体験ブログを見てると,ドナーは偉いということで病院関係者からチヤホヤされることが多い模様。

でも,俺の場合はそうではなかったな。

退院するとき,「それじゃ出ますね」とナースステーションに声をかけたんだけど,

「あ,おつかれさま」の一言だけ。出てきて見送るとか,無し。

なんかもっと劇的なやつを想像してたんだけど,違ったな。

馬鹿みたいだけど,涙が出そうになるぐらい寂しかった。

手術後で腰が痛い状態で,荷物を抱えてヨチヨチと駅まで歩いたよ。

圧倒的に気の毒な患者さんたちを相手にしてる医者看護師から見たら,ドナーなんて健康のものなんだから丁重に扱う存在ではなかったんだろうな。

でも俺はまた提供する


骨髄提供は一生に2回までと骨髄バンクで決まっているとのこと。

なのであと1回は提供できる。

不満はたくさんあるが,結局,俺が我慢すればどこかの誰かが命を救われる可能性があるのだ。

から提供はする。

ただし言うことは言うぞ。

【201902172340追記

意外に反応が多くて驚きました。

ただ,これで提供を保留する方もいらっしゃるかと思うと心配です。

報酬制度は将来的に改善余地がある長期的な課題だとは思いますが,とりあえずはぜひ提供していただきたいと思っています

↓にて移植前後の細かい流れをアップしていく予定です。

https://porque2nd.hatenablog.com/

2019-02-13

悟空って可愛そう

何年かに1回は地球平和報酬ももわず守っているのに働かないことでチチから文句言われるなんて。

はてなブックマーク運用お仕事仕事

https://www.lancers.jp/work/detail/503190

はてなブックマークアカウント運用(育てていく)して頂くお仕事です♪

面白いネタ話題になっているネタ、凄い話やノウハウ的なお話を各種サイトから探し、はてなブックマークして頂くのが仕事です。

1日1020記事ブクマ程度。(月間300〜600ブクマ。)

報酬5,000円(継続可能性99%)

作業時間は、1日10分程度です。(慣れてくれば5分程度)

1日5分、ブクマを育てていくだけで月5000円?

2019-02-11

anond:20190211145100

リスク報酬バランス問題だと考えてるからじゃないの

経営者横領危険度は高いが成功すればかなり儲かるし

公文書改竄成功すれば身内でのランクが上がっていいところに天下りできるとかそういう利得があるのだろう

同様に底辺アルバイト高賃金になればショボい悪戯承認欲求を満たすということが魅力的な報酬ではなくなる

個人的にはこのモデル一定説得力はあると思うし実際に高賃金になればイタズラは減少するだろうとは思うけど

一方で金に関係なく目立ちたいと思ってるような人達一定数いることも事実であり根絶することもできないだろうとは思う

anond:20190211144707

ワイは低賃金非正規からいたずらするっていう人に高賃金正規職員公文書改ざんやったり億単位報酬経営者横領してることをどう思うのか聞いてみたいやで

ソシャゲカードイラストを描く仕事をしている人間だが

全てのカードイラストを社内で全部製作しているようなメーカーは少ない、基本的メーカーイラスト製作仲介業者委託してる。

メーカー(発注者仕様書・監修)←→仲介業者(イラストレーターの取りまとめ・稀に仕様書から作ることも)←→外部イラストレーター(仕様書の指示にそった絵を描く)

カード製作にはメーカー要望から作った仕様書がありそれを仲介業者が取りまとめて外部のイラストレーターを見繕いイラスト製作するというのがおおよそこういう行程なんだが

そのカード仕様書は新しいイラストを作るに当たってメーカーから指定まりカードイメージ要望が詰め込まれていて、具体的な内容はメーカーによってピンきりなんだけど

既存の他のゲーム作品ピクシブイラストなどネットや他のアプリスクショから拾ってきたと思われる画像が多数貼られていて、このような感じです。見本としてに伝えてくることが多い。

絵が描けない発注者の伝えたいと思われるそれらのイメージを汲んで、それら既存・見本とはまったく違う新しいイラストイラストレーターは製作するべきなので

これら提示した見本のようなイメージですが、全く同じようにはしないでくださいって指定をしてくるメーカー普通は大多数なんだけど、

ごくごく稀に見本と全く同じにしてくれとごねるメーカ仲介業者がいる。ポーズ一つにしたって真似したらパクリになるので嫌ですよとオブラートに包んで伝えても

わかってくれないのがちらほらいる。あまりにも既存ゲームキャラ類似してたり、ツギハギキメラみたいなカードが時々あるのを見るたび

そういった意識の低いメーカーだったかあるいは仲介業者仕事投げたのかな?とも思うんだよね。

売れてるものシステムイラストテイストを似せたゲームがまかりとおる業界ではあるけれど、

いくら星の数ほどアプリゲームがあるとはいえパクリまがいにまで似せたものは、どこにもプレイヤーがいるんだからいつかばれるに決まってるし

絵を描いたと自分名前を出さない代わりに報酬が良い仕事もあるけれど、既存ゲームとまったく同じような絵にしたいならその本家イラストレーターに頼めばいいじゃんって思うし

こちらのオリジナル力を信じてもらえなくて本当に腹が立つわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん