「グロテスク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: グロテスクとは

2018-10-15

2018年秋の連ドラの第1話をいろいろ見ていく

まだ未消化のや未放送のが多いがひとまず。

あくま1話感想なんで、2話以降どうなってるかは関係なし。

特に気に入ったのは◎、まあまあ気に入ったのは○。

 

まんぷく

<あらすじ>

インスタントラーメン発明するらしい。

感想

15分では特に良いとも悪いとも。

アラサー安藤サクラは役柄の18歳に見えるとまでは言わないにせよ年齢不詳な感じに頑張っているが、姉のアラフォー内田有紀は素で下手すると安藤サクラより年下に見えるくらい年齢不詳なので、なんだか不思議な感じになっている。

 

警視庁捜査資料管理室(仮)』

<あらすじ>

捜査資料データ化する男が安楽椅子探偵……ごっこ?

感想

一人芝居の分量が多い分、説明ナレーションを多用したり、主人公推理の酷さを本編内でツッコまず予告でメタ的にツッコんだり、かと言って一人芝居を貫くわけでもなく……ならずっと二人芝居にした方が無理がなかったんじゃ。

 

PRINCE OF LEGEND』○

<あらすじ>

王子キャラの男達が伝説王子の座を競う現代逆ハーレムものってことでいいのか?

感想

逆ハーレムに興味なくても楽しめる程度にきちんと馬鹿馬鹿しい。

1話のメインの王子の、死んだ母親から酷い夫の代わりに理想王子として育てられたという設定はグロテスク呪いに思えたが、作り手は自覚的っぽく、ヒロインについて心酔する母の生まれ変わりかもなどと多くの女性が引くであろう台詞まで彼に言わせてるあたり興味深い。

14人の王子ドミノ倒しみたいな壁ドンアイキャッチは絵的には面白いが、王子の、延いては女性の好みの多様性否定に思える。

 

『天 天和通りの快男児

<あらすじ>

ざわざわ賭け麻雀

感想

麻雀がわからないとやっぱりもどかしさがあるのと、人生を賭けたドキドキとかべつに味わいたくないなぁというのと。古川雄輝の役も、思い上がった若者鼻っ柱を折られてスッキリという役割なのだろうがあまり酷い目にあってほしくない。おかやまはじめの追い詰められた小市民役はハマっていたが。

 

ブラックスキャンダル

<あらすじ>

木村多江の次は山口紗弥加復讐するよ。

感想

下世話な面白さは『ブラックリベンジ』同様。夏恋(字面込みで憶えやすい役名だ)って女優スキャンダルの餌食にならなかったのは都合が良すぎだが。整形前のヒロイン松本まりかの熱演もいいが、悪役平岩紙の「しろなんて言ってないよぉ」「夏恋、頑張って」の言い方がツボ。

 

このマンガがすごい!

<あらすじ>

このマンガキャラを演じたい!

感想

出来あがった実写作品(とあれで言えるかはわからないが)よりも制作過程のアレコレがメインで、テレ東一連の人気役者を使ったドキュメンタリードラマっぽいな。……このシリーズ、わざとらしくて苦手。

ガラスの仮面』でキャストにド素人集めて上手くいく話があったけど、やっぱり素人素人だと思った。

 

結婚相手抽選で』

<あらすじ>

オトナ高校』や『恋と嘘』のシリアス版。

感想

主題歌が『オトナ高校』と同じ高橋優っていいのだろうか。こちらの暗さの方が彼に合っているかもしれんが。

シリアスな分、非現実的な設定が飲み込みづらい。いや、現実にあの法案が通ることはなくても、本音では肯定ちゃうような政治家結構いそうではあるが。

主人公に真面目に申し上げておくと、恋愛できなくても欠陥品ではないし、合コンの女は酷いが、劣等感を埋める為に結婚を強いられる社会を望むのは相手のことを考えてなくてアウト。

 

深夜のダメ恋図鑑

<あらすじ>

だめんずぶったぎってすっきり。

感想

うーむ、原作から大きな改変はないけど、原作面白さが再現されてるかは微妙な感じがする。「もうちょっと聞いて貰えます?」って、ほんと、何故もうちょっと聞かずに話の流れを止めたのだろう。あと現実感がないとすっきり感も薄れるという点で、コメディ的な誇張も注意が必要だと思った。

 

『SUITS/スーツ

<あらすじ>

弁護士織田裕二が、ちょっと悪どいけど勝つ。

感想

原作海外ドラマは知らない。織田裕二が少々ダーティなのだが、準主役的な子分中島裕翔もぶっとんだ設定かつ強かさも気の毒さも欠いた微妙問題児で、感情移入のやり場に困った。

 

『過ちスクランブル

<あらすじ>

社員社長と客の三角関係

感想

仕事能力が低いからといって恋を成熟させる資格がないわけではないが、しかヒロイン応援したくなる要素が恋敵が悪女であることくらいしかないのはつらい。

 

『僕らは奇跡でできている』○

<あらすじ>

一風変わった動物行動学の先生

感想

やたら地味な企画だが、『ざんねんないきもの事典』のヒットあたりから企画だろうか。まったりと楽しくはある。あの宿題は調べるなと言われてもみんなネットで調べちゃうだろうと思ったが。あと動物行動学+人間ドラマって自然主義誤謬っぽくなりそうと思っていたが、1話童話うさぎと亀って動物行動学と関係なかった。

 

中学聖日記

<あらすじ>

高校じゃなく中学教師と生徒と恋愛もの……って今までにあったっけ?

感想

センセーショナルに思われそうな題材だが、パスワードが盗まれたりとかボヤ騒ぎが起きたりとか、高尚ぶらず普通にセンセーショナルな作りであった。

夏川結衣池谷のぶえと紛らわしい感じになっているのは役作りだろうか(年相応なだけではあるが)。

 

『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』

<あらすじ>

演劇開演前のドタバタ

感想

会話劇としてクスリとくるところはあったもの脚本の妙を感じるまでには至らず。男二人の髪型被りに意味はなかったんだな。

 

『獣になれない私たち』◎

<あらすじ>

恋人社長も同僚も営業先も両親もみんないっぺん母ちゃんの腹の中からやり直してきな!!とぶち切れられない理性の人。

感想

いや父親は死んでるし母親は縁切ってるし会社最後に少し救いが見えたが、それにしてもヒロイン境遇のしんどさに震える。救いが見えたと言ってもタイトルからしてどこまでヒロインが戦えるかわからんし。ぐいぐい引き込まれたのはさすがの野木脚本で、今クール本命だろうという予想はクオリティ的には全く裏切られてないけど、次回以降の視聴率大丈夫か。いやここで脱落する方が後味悪いからみんな見続けようぜ。

 

リーガルV ~元弁護士小鳥翔子~』

<あらすじ>

鉄オタの元弁護士弱者を救って金儲け。

感想

主人公珍名を付けようと思いながら小鳥遊というド定番を選ぶ思考回路の謎。

初回の題材が痴漢冤罪なのはいいとしても、自称被害者は真面目な女子大生「と見せかけて実は」ホステスで金目当ての狂言でしたって世間バイアスに全乗っかりだな。次回予告でもハニートラップなんて文字が踊ってたのはまあ、次回を見てからコメントすべきかもしれないが。

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』

<あらすじ>

Pure Soul』とその韓国リメイクの『私の頭の中の消しゴム』は憶えてるがその日本リメイクの『私の頭の中の消しゴム』というのが思い出せないが本作はべつにリメイクじゃない。

感想

合理主義的な松岡昌宏婚約する戸田恵梨香合理主義っぽいが、癒し系ムロツヨシにほだされていくのかな……と思いきやムロツヨシは捻くれてて、なのによくわからんけど戸田恵梨香が菊地・獣・凛子もびっくりの理性のなさでムロツヨシに突っ走ってて理解不能だったのだが、あれはひょっとしてアルツハイマーの症状として理解不能な感じなの? それとも単に大石脚本ヒロインから理解不能なの?(『コントレール』の肉食系で済ませられないヒロインを思い出した)

 

忘却のサチコ

<あらすじ>

大変旨~私は忘れる君を。

感想

婚約破棄、小説家長谷川朝晴、そして忘却……って紛らわしいけどアルツハイマーものではなく、グルメものというあまり興味のないジャンルだが、たしかに美味しそうだし、グルメ以外のパートコミカル演出も効いている。

2018-10-14

anond:20181013125559

いつもの人?

また完全に正しい部分と完全にキチガイな部分を採点してみたけどどうかな。

評価点数(各10点)コメント
クオータ制批判10/10完全に正しい
Affirmative Action批判10/10完全に正しい
男女のフェアな扱い10/10完全に正しい
優生思想0/10完全にキチガイ
スティグマ的態度0/10完全にキチガイ

総合点:50点満点中30点

あなたは本当に頭がいい人なのに、杉田水脈と同じキチガイさがあるね。ゴールとして目指している社会自体が狂ってるというか、それはあまりにもグロテスクすぎると思うな。

2018-10-10

anond:20181010181601

ブレンダおじさんの件は男体持ちに女体が蹂躙されてるのが構図としてグロテスク

2018-10-08

anond:20181008141304

vtuber台本に沿って演技をするより中の人アドリブ的に話すコンテンツから(もちろんキャラクターとしての芝居は入ってるが)。

実在人物名前と姿を騙ってなりすましてる気持ち悪さがある。例えばこれでガワが自分の手描きキズナアイイラストとかだったならともかく本物のキズナアイの姿を借りてるのでよりグロテスクに見える。

そこらへんはライブ配信で喋ってるとこ見た方がわかりやすいと思う。

https://youtu.be/pivuub7oqNQ

2018-10-07

グロテスク癒し

自分グロテスクもの癒しを感じるようになったのは、過去職場で本当にストレス人物がいて、気分がひどく落ち込んだり身体が痒くなったり精神的に限界と感じてた頃で、正直毎日自殺願望かまたは相手への殺意しかなくて大層辛かった。

まぁどちらも簡単には叶わない事なので、代替的にネットで牛の屠殺とか画像検索して、命を終わらす事を擬似的に体験した気分になれて、それでなんとなく救われていたんだと思う。

何がきっかけだったのか詳しくはないが、今は昔に比べて漫画フィクションの中にも簡単に死が出てくる気がする。それも惨たらしいヤツだ。

この世は需要供給。つまりそれが求められているんだろうなと思う。悲しい事にいつのまにかこの世はとてもストレスが多くなって、老若男女、みんな疲れてそういう癒しを求めているんだろうかと何となく思う。

2018-10-02

沖縄が嫌いだった

といって沖縄という土地やそこで住む人々が嫌いなわけではない。

リゾート地としての沖縄だ。

リゾートホテルであれ、そうでない普通ホテルであれ、本土から沖縄旅行をする人はその非日常を楽しむ。

日常自然尊大な態度を引き起こす。

そういう宿泊客を見るにつれて、自分も彼らと同じなのではないかと思うようになり、自然沖縄から足が遠のくようになった。

なぜ彼らを自分の鏡としてみたのか、なぜ不快に思うのか、そのときすぐには気付かなかった。

後でよくよく考えてみれば、あの尊大な態度は基地問題の相似形であり、そのグロテスクさゆえに直視できなかったんだなと。

2018-09-26

風俗嬢のみる夢

私は8月上旬からホテヘル嬢という介護職に就いている

昼間は真面目に美大生をしている

ここ最近、夢をよく見る

しかもその半分はグロテスクだったり胸糞悪い内容だったり、あまり気分が良くないもの

私自グロには耐性があまりにもない為本当にやめてほしい

取り憑かれてるのだろうか?

8割くらいはホテヘル所為な気がしてくる。

霊的な勘は一切無いから余計怖い

とりあえず次の出勤日は塩でも担いで行くか。

2018-09-25

日本沈没回避は手遅れ?

自分の身は自分で守る

余裕があれば周囲の人も助けたい。

速度ではなく加速度を見よう。日本の先行きは暗い。

 

巻き添えを食わないように準備している人達が増えている。

赤信号みんなで渡れば怖くない」と言って、他人を引きずり降ろすことに躍起になるより、自分自分を守った方が良い。

 

嘘で塗り固められた幻想の中で楽しむよりも、グロテスク真実直視して、対策を練った方が良い。

痴呆になってしまった人は救いがたい。賢者同士で結束して、この危機を乗り越えるしかない。

2018-09-23

現代というのは世界の様々なものに夢を見ることが出来ない。

ネットには異世界転生という小説ジャンルがある。

その中でも注目を浴びているのはやはりチート能力異世界で優位に立てる能力)を主人公なりが持つというものだろう。

他者よりも優れたところが欲しいという人間欲望に応じているものなのだろうか。

如何に他者よりも優位性を持つかというのが人生において快適に過ごす方法なのかもしれない。

それはカネや容姿学歴コミュニケーションなどというものだろう。

自分には親の小金以外全くない。

それは置いておいて、現代というのは海外に夢を見ることが難しい時代だろう。

というのも、海外への夢というのは大抵は異世界転生というものからだ。

海外自分が優位性を持てるかもしれないという夢があったのだ。

それは昔なら経済的豊かさだった。

フォーディズム(難しかったら検索しよう)な資本主義経済的に優位に立てたお陰で一瞬だけ得たものだ。

しかし、経済的格差が国別では縮まるともはや優位性などない。国内でもグロテスク格差が広がっている。

ただ、まだ優位性を得られるかもと思う人はいるようだ。

高校生の時に欧州某国大使館職員が何故か出張授業を英語でやった。

何もわから睡魔との格闘だったが、選抜クラスの冴えない女は一生懸命質問をしていた。

彼女西洋ロマン主義というのか、ここではない何かを得られると思ったようだった。

自分には何も関係がない話だった。

現代というのは世界の様々なものに夢を見ることが出来ない。

大抵は自分の扱いというのが分かるからだ。

まぁ、自分就職先も進学先もない状況だ。

どうすればいいのか教えてほしい。

2018-09-17

anond:20180917213610

日本痴漢が増えるのは、すべてはモザイクが原因だと思うんですよ。

青少年女性器に興味を持ちはじめる時期に、それをモザイクやぼかし、謎の光によって隠ぺいしてしまう。

その結果、青少年は過剰なまでに女性器に対して欲情するようになる。

だってみたいと思った時にそれが見えない状態になっていたら、ますます、興味をもってしまう。

グロテスクな形状をグロテスクなままに最初から見せておけば、好きな人でもない限り触りたいとは思わなかっただろう。

過度に隠蔽したせいで、女性自身が被害を被っているのに、いまだにモザイクが無くならないのは不幸でしかない。

2018-09-16

anond:20180915111053

追記

基本的自分は「ポルノとしての性的消費」と「芸術表現としての性描写」には質的差異があるという立場を取っている。

ラノベBLなどのポルノ対象人格リスペクトするだけのものがなく、都合のいい世界の中でお人形遊びしている(そこに暴力性、差別性などがある)。芸術表現として許容される性描写は深い人間理解と同時に理解不十分というせめぎ合いの中で生まれる(個々人の人格のアンビヴァレンツ、曖昧さ、捉えきれない無限性。もちろん古典では雑な性描写もあるが、今回は女性人権が拡大した現代の話)。

ラノベBLによくある都合のいい男性描写女性描写自体他者尊厳に対する暴力であり(テンプレキャラクター化とでもいうか)、それを象徴するかのような下手で誇張された表紙は刺激の強いグロテスク表現だ。ただし、これはポルノ商品に限らず通俗的な「物語全般に常に含まれ問題でもある。今回ラノベBLが取り上げられているのは、ポルノ商品はこういった暴力がより際立ちやすいという性質を持っているため。行き過ぎたポルノ商品芸術表現としては到底擁護不可能であり、全年齢向けで平積みするのは不適切だと考え、適切なゾーニングを求める。

ポルノ商品社会には需要があるので表現出版自体規制することは権力暴走でもあり絶対に許されるものではない。しかし行き過ぎた暴力自由として認めることは同時に他の誰かの自由侵害することにもなり、そこに闘争状態が生じる。だから適切なゾーニングをして被害を受ける人の数を減らすよう努力し、穏やかに棲み分けられるようにしようという話をしている。ゾーニングされてもポルノ商品を求める人は問題なく購入できるし、同時にポルノ商品求めない人たちはポルノ商品によって無差別暴力を受けることをゾーニングによって回避することができる。デメリット購入者にほんの一手間余計な手続きのれんをくぐるなど)を要求するということがある。想像力の豊かな人はゾーニング表現規制の引き金になってしまうと危惧するが、それは権力監視することによって回避するしかないだろう(そういった監視が面倒だという議論はあってもいいが、個人的にはまったく感心しない)。

また、「ポルノとしての性的消費」と「芸術表現としての性描写」を明確に区別することが困難であるという議論はあるだろう。まず間違いなくパラドックスが生じる。完全な境界線を引くことはできない。グレーゾーンは常にある。しかし完全な区別ができないからといって、不完全な区別まで不可能というわけではない。その辺りは政治問題になってくる。全か無かの話ではなく、程度問題になる。だから冷静で建設的な議論必要だ。

オタクが「こいつ話にならないな」と思うのは勝手だが、こういう考えの人間もいるということだし、社会の一員として生きて行くということは、こういう考えの人間とも折りあっていかなければならないということだ。フェミニストの言い分が100%通ることもないだろうし、オタクの言い分が100%通ることもないだろう。完全に論破して終わりではなく、妥協点をどこに見つけるかという議論必要だと思われる。

ごめんな、くたびれはてこさんの旦那さんが亡くなったじゃないですか

申し訳ないんだけど、彼女攻撃的な言動が多くて、しかも誠実さがない。

ある属性の、自分に近い人間利己的な欲求の為に、公平性を一段下げる、みたいな所が嫌いで

多分、この人、将来、結構な不幸になるんじゃないの?と思っていた。

で、旦那さんがガンで亡くなってて、それもtwitterなりブログで公開されてた訳ですよ。

この自分の周囲の事をネタにしてる感もどうなんだ、とも思った。もちおさんはさ、そりゃ妻を愛してるからネタにするのもかまわないかもしれない、愛する妻の希望なら、と。でもそれ過去の全てのエントリで喜んでたのかな?なんだか彼女には更にグロテスクものを感じてしまった。

私は妻にブログネタにはされたくないなぁ。

あとまぁ、ガンの告知からエントリの「私は夫を労る優しい妻」的なエントリの作ってる感が怖いのもある。

で、こっからなんだけど、旦那さんがかなり苦しい最後だったようで、あー、やっぱり彼女は不幸を作り出す何かがあるよな、と思ってしまっている。

若くしてガンになる方はいるし、それと彼女メンタリティ無関係だ、ということは分かりつつ、でも彼女邪悪さを感じてしまっていて、それしょうがないんじゃないの?と思ってしまっているんだよなぁ。合理的じゃないとも思うんだけど。

2018-09-14

ラノベポルノ表紙問題容姿の悪い人の性欲を社会でどう受け入れるかという問題

結局これは容姿の悪いキモいオタク(40-50代の素人童貞独身おっさん)がオナニーしてるようで気持ちが悪いということなのだろう。

容姿の悪いキモいオタクの性欲がラノベポルノ表紙に凝縮して表れている。

はっきり言って、ラノベポルノ表紙を見たとき自分が汚いおっさんレイプされたような気持ちになった。

ラノベの表紙にはオタクの性欲が詰まっているというか溢れ出している。ラノベからは精液のにおいがする。それがキモいんだと思う。



たとえば雑誌エロい写真が表紙になっているとか言うけど、ああいうのがそこまで気持ち悪いと思わないのは、想定される読者層がそこまでキモくないからだと思う。そのエロい画像なり写真容姿の悪い人たちがオナニーしているという連想が働きにくい。

普通雑誌はそれぞれ読者層に偏りはあるのだろうけど、それでも平々凡々の普通の人たちが読者層なんだろうなというニュートラルな印象を受ける。つまり普通雑誌の読者層は顔面容姿偏差値にして45-60程度の人だとなんとなく思っている。

一方ラノベ場合は、表紙を見た瞬間にキモいおっさんオナニーしてるという想像が働いてしまう。ラノベの読者層はスクールカースト底辺にいたような人たちしかいないと想像してしまう。顔面容姿偏差値にして45未満。

結局自分の中ではこういう差があると思った。ラノベは表紙自体キモいけど、事実がどうかは別として、それを手に取る人間顔面容姿偏差値にして45未満の人間であり、40-50代で独身素人童貞という連想自動的に働いてしまう。そして性的アピールの激しい絵柄はそのキモい人たちの性欲が濃密に凝縮されているように見えてしまう。

キモい人のむき出しの性欲、つまり女性に対する征服欲みたいなものがそこに表れている。これがキモいというか、グロテスクというか、おぞましいというか、恐怖すら感じる。自分ケダモノレイプされたような気持ちになる。

しかしこれはすべて感情問題でもあって、キモい人に対する差別心が生んだものでもあると思った。イケメンにも性欲はあるだろうけど、イケメンの性欲はそこまでキモくない。一方、グロメンの性欲は、キモいどころか恐怖である。これはやはり容姿差別なんだろう。



ラノベポルノ表紙がいいものだとは思わないが、そのポルノキモいおっさんたちが救われているというのも事実としてある。そして同時にその表現によって傷つく女性たちもいる。これもまた事実だ。

自分はどちらかが死ねばいいとは思わない。お互い共存することが大事だ。そうなると、やはりゾーニングだとか売り方の問題になってくるわけだけど、それを言うと、表現規制だといってラノベオタク発狂してしまう。どうしたものか。「嫌なら見るな」のごとく「売り場に近づくな」論も出てきた。でもそれは大型店舗でもない限り無理というものだろう。ちょっと漫画コーナー付近を歩いていていつの間にかラノベコーナーに入り込んでいたなんてことはよくある。女性子供漫画コーナー付近をうろつくなと? それもまた不当な排除だろう。

ラノベポルノ表紙がなくなるとキモいおっさんの性欲のはけ口が減ってしまうので、それも避けたい。しかし、ポルノ絵で傷つく女性たちが出ないようにもしたい。お互い歩み寄りが必要で、女性側はラノベ規制しろと軽々しく言ってはいけないし、ラノベオタク側はポルノ絵を受け入れろと傲慢に言い放つべきではないと思う。




ラノベオタク自分たちこそ真の弱者だと思っている。自分たちはこんなにも差別され迫害されているのに、誰から弱者扱いされない真の弱者だと。

一般的世界では白人男性・健常者が強者で、弱者といえば非白人の弱い女性たちということになっている。日本男性海外に出れば弱者側に回ることもあるかもしれない。が、一般的に言って、日本において日本人・男性・健常者はやはり強者だ。キモいラノベオタクが「俺らは弱者だ」と言ったところで、世間は受け入れないだろう。日本はいまだに男性中心の社会だし、女性差別過去にもあったし、現在存在する。ネットではラノベオタク大勢力になってしまったため感覚麻痺しているかもしれないが、男性というあるだけで君らは強者である、まずはそれを理解するべきだ。君たちは差別され迫害されているのではなく、暴力を振るい、他者を抑圧する側の人間であるということ。女性たちが声を上げるのはそういった大前提がある。

そういう認識に立った上で、君らは自分たちを真の弱者定義するのではなく、男性社会で敗れた「強者の中の敗者」であるという理解をするべきだ。そして世間は「強者の中の敗者」つまりキモいラノベオタクを受け入れなければならない。飼い殺しにしなければならない。それがラノベポルノ表紙の役割なのかもしれない。たしかにその表現暴力的で、女性差別的だ。しかし、男性優位社会において、男性として敗れた人間の居場所も作っておいてやらなければならない。それは競争社会において重要なことだろう。人間尊厳最後生命線。




やはり売り方の問題になってくるのだろうか。しかしやはり「表現規制だー」の大炎上が待っている。ポルノ表現を維持したまま売り場を少し変えても彼らにとっては表現規制なのだろう。なぜ不当に隅へ追いやられなければならないのかと感じるのだろう。

おおっぴらにポルノ表現を、つまり彼らの煮えたぎった精液を社会にぶちまけて、社会から批判が返ってきたら彼らにとってはそれが差別なのだ。彼らの被害者意識はとてつもなく強いため、現状のままで問題解決へ向かうのは難しいと思う。

現時点でできる精一杯のことは、ラノベポルノ表現を見たとき、鳥の糞がかかってしまったとでもいうように、残念に思いながらも諦めるしかないのだろうか。しかしこれでは傷つく女性たちが救われないのだが……。

2018-09-11

おっさんだけど妊娠する夢を見た

夢の中で、俺は妊娠していた。強烈なビール腹のように腹が膨れ上がって、兎にも角にも怖かったしfグロテスクだった。

妊娠きっかけは、酔ってどっかの知らない女とセックスしたことだと覚えていた。いやなんで男が妊娠するんだよ!と俺は周囲に訴えたが、コイツ何言ってんだ?マタニティブルーか?という感じで取り合ってもらえなかった。せめて出産の痛みに耐えられないから、無痛か和痛にしてくれ!と医者に訴えたら、無痛と和痛の麻酔の量は一ミリリットルしか変わりませんよと馬鹿にされ(※当然だが事実とは異なる)、なぜか自然に産むことに決定された。孤独感がすごかったし、絶望感がやばかった。こんなものいらねえ、妊娠なんかしたくねえ、階段から落ちて流産すればいいのでは?とか鬱になってるんだが、一方でこの子供を守らなきゃとか思ってる自分もいた。妊娠は嫌だ、妊娠する前に戻りたい、なぜ妊娠なんかしてしまったんだと悶々としてるところで、散歩に行きたい犬に起こされた。当然だが俺は妊娠していなくて、マジで泣きそうなくらいホッとした。

2018-09-06

小池晃ツイートがクソな理由

政府北電の発表は、あきらかに福島第二原発事故とその事故経緯を踏まえた発表なのに、カケラ理解できてないって点。

3.11との向き合い方で、原発推進反原発グロテスクなまでの違いが浮き彫りになってる。

2018-08-31

anond:20180831113541

誤変換をあえて使うのはネットスラングというのが正確かな。

少し話がそれるけど、文脈に関わらず機械的不適切ワード扱いされてしまサイト投稿するときは置き換えとかが必要になってしまう。

例えば、メタルスレイダーグローリーというゲームがあるけど(私は遊んだことがないけど)

ここの「グロ」が「グロテスク」のグロ表記たまたま同じなので、それが原因で投稿エラーになる場合メタルスレイダーグ□(ろではなくて四角)ーリーとか置き換えられている時がある。

そういえば、ヒットマンコントラクトというゲーム名がエラーになったことがある。スペースか何かを追加して投稿した気がする。

全然別の固有名詞なので対策しなくちゃいけないというのもおかしな話だが。有名ブログとかはスパム汚染されるリスクがあるのだろう。

あとは実名ではなくて、広く普及している略称があればそれを使うかだな。

いくらやましいスパムではないとはいえ投稿をチェックしているのは人間ではなくて、プログラムなのでこのあたりは限界だな。

2018-08-21

現実アニメだったらもっと生きる気力がわいたのに

現実キモい3次元、これこそ惨事。目に映るのはグロテスク

どうやって現実をひたすら耐えればいいんだらうか

沙耶の唄みたいだね、現実って。人間は歩くグロ画像

2018-08-19

光の粒になって消えるやつ止めろ

人間の死について軽く考える切っ掛けになる

死ぬことの最もグロテスクな部分は死体が残る所にあるんだよ

もう動かなくなった身体死化粧をまぶして消臭剤まみれになって納棺される姿こそが死の本質なんだ

それから逃げるぐらいならキャラクターの死なんて描くな

2018-07-27

婚約者の口が軽すぎる

先日、聞いて仰天した話。


私:30過ぎ♀、仕事結構きつめ、年収そこそこ、都内トップ私立大学文系卒、容姿自称まあまあ。

が、仕事忙しすぎてヤバいと思ったのでネットde婚活

つり合いの取れる男性を見つけて婚約中、お互いの両親も面談済み、披露宴会場も予約済み。披露宴招待客も決めて、お返事待ち中。


彼:30後半♂、仕事は相当きつめで社内のホープ都内国立大学法学部卒、容姿は…敢えて一言で言えば小デブ

が、本人いわくモテない生活に終止符を打ちたくてネットde婚活

つり合いの取れる女性を見つけて婚約中、以下同文。


彼は私の容姿をそこそこ気に入っている模様だけど、決定的なのは学力年収だったそうだ。子供バカなのは耐え難いが、私の遺伝子なら大丈夫そうだと。

社会的なつり合いを重視して選んだお互いであるわりには、夜の相性はかなりいい。思ったよりお上手でした。ごちそうさま。


さて、ここから問題

その婚約であるが、どうも問題含みの人柄だという話が聞こえてきた。

一つは、酒に酔うと女性関係について口が軽くなるらしく、私との夜の相性についても、社内で暴露しまくっているらしい。身体の特徴とか睦言のボリュームだとか。

むろん、そういう事を言われるのは恥ずかしくってたまらないし、全く知らない他人♂が自分についてそういう好奇の目で見ているということ自体が耐えられない。

「やめてほしい」ということも考えたが、そういうことを言うこと自体嫌だ。

もういい年なんだから、治るものは治っているはずなんだから、きっと治らない病気みたいなものなのだろう。



もう一つは、実は女癖が悪いらしい。酔った時に過去女性自慢をしまくるらしく、どうも相当な数の女性と付き合ったと言うことらしい。

聞かされて仰天して、彼のスマホを漁ったら、出ましたよ、某クラウドに入れてある自分で撮ったらしいあられもないファイルの数々。

20人近くになんなんとする、見るも不愉快な、それそのもの行為写真動画隠し撮りとかではなく、あからさまに合意の下での撮影

高校生みたいに可愛い子、山本美月みたいな正統的美女おっぱい怪物みたいに大きい女性妊娠線があらわな中年女性。見た目が良ければ何でもよいのか。

私とのときに全くそういうことを求めなかったのはいったいなんでだろうと考え込んでしまうくらいの量。しかほとんどがゴム無しのグロテスク写真病気心配

さすがにこれは衝撃で、彼に「つきあった女の子、何人くらいいるの?」「その中で私に決めた理由はなあに?」と聞いてみた。

過去については曖昧な答えに終始して、だけど私と付き合ってからは私だけで、絶対浮気なんかしないって力強く言うばかり。

かにクラウドの中には、私と知り合って2~3か月で切れている女性が2人ばかりいたし、それ以降新しい女性はいないので、あながちウソでもないのかもと思ったり。



正直、こういう人と結婚するのは生理的嫌悪が走りました。変態でしょ、どう見ても。結婚したって浮気可能性めちゃくちゃ高いよね。

怒りとともに婚約破棄しようとその瞬間は思ったのですが、よくよく考えれば、婚活市場ではハンデにしかならない学歴と職歴を抱えた30前半の、容姿特筆すべきものがない女性OKと言ってくれる男性なんてそうそういるわけでもなく。むしろその職歴と学歴がいいって言ってくれるなんて、ほぼレア中のレア

女癖のことさえ目をつぶれば、条件的には申し分もなく、彼のご両親は、とても誠実そうな人たちで、しか日本屈指の大企業の元最高級幹部、毛並みの良さも折り紙つき。もちろん本人も、これまでの経歴も申し分なく、出世コースまっしぐら、かなり確実なソースから聞くところによると、ほぼ役員までは当確、らしい。もちろん彼の年収は1000万超えてます


さて、どうすればよいのかしら。結婚すべきなのか、婚約破棄すべきなのか。

ちなみに、ここに書いた彼に関する情報は、私がここ3年ほど交際している男性から聞きました。

彼の上司で、会社の人事担当役員をしてましたから、間違いないと思います。その人は50代、結婚対象にはなりえません。

婚約者が暴露した私の夜と身体の特徴は、きわめて正確な描写だと褒めておりました。いい加減にしてください。



なお、私の年収も1000万超えてます

2018-07-25

ヒプノシスマイク世界は「古来から女尊男卑世界であった」設定ではなく、「もともと男尊女卑社会だったが、女性優位の社会制度へ変更された」社会だという解釈だったので、よく使われる「超女尊男卑」に疑問がある。

あれは「社会制度だけ見れば女尊男卑だが、(少なくともある年齢層以上の男性の中には)根深男尊女卑思想が残っている」という状態しかない。

そんなふうに「最初から女尊男卑を前提としている」社会ではなく、「ここから現状を反転させて、女尊男卑社会を成立させるとしたら?」という「if」としては、ヒプマイの世界は割とリアリティのある状態に思える。

いくら社会制度を女性優位に変えたとしても、女を蔑む男の意識がそう簡単に変わるわけがない。

だいたいが「男女平等」ではなく「男性優位」を「女性優位」に変えただけの社会なので、そりゃ反発がくるだろう。

社会制度は女尊男卑に変えても、ミソジニーが逆に強化される世界設定だ。

「では、そんな設定を、お前の倫理思想的に肯定しているのか?」

と言われると、べつに肯定はしていないです。

ただ、否定もしていない。

だって現実ミソジニー存在するから

フィクションにおいて、それが存在しない「if」を描くのもアリだし、それが存在する「if」を描くのもアリだと思うんですよ。

私はヒプノシスマイク気持ちよく快適なコンテンツだとは思ってないです。

女尊男卑男尊女卑人間を消費することも同時に存在するグロテスクコンテンツだと思ってる。

そのグロテスクさに、「女の圧政に争う男」という構図自体に、私個人面白さを見出しているだけ。

からミソジニー無自覚である」「作品内のミソジニー肯定している」ってわけじゃないんですよね別に…

2018-07-22

相互理解ヒプノシスマイクと私

ヒプノシスマイクジェンダー観点で少し問題になっている。このことについて思うことはたくさんあるが、それには私より言語化の上手い素敵な人が言及してくれているので、それをきっかけに思ったことを垂れ流すだけにする。

私はオタクだ。小学生の頃にルッキズムと体育至上主義社会に淘汰され、中学で立派な陰キャになった。学力だけはそこそこ程度あったけれど努力ができず第一志望の大学には落ちた。国語が得意で数学物理が大の苦手だった。卑屈でコンプレックスがキツくて、大学に入る前に埋没手術をした。可愛くて美しいコスメや服が好きだ。コスメ垢や美容垢のベスコスを頼りに顔面と格闘している。今は無理にアパレルバイトをしているけれど、体育会系のノリについていけず半年でやめようとしている。身長は平均身長ジャストBMIは18で19に載るとダイエットを始める。ソシャゲイベント課金する。至って「普通」の今どきのオタク女と言っても過言ではないなと思う。

でも私は「最近よくいるオタク女」にカテゴライズされる気はない。

私は女の子が好きだ。今好きな人女の子だ。彼女の全てに敬愛と愛しさを感じる。この気持ちは他の女の子にはぶつけられないくらい大きいから苦しい。けど恋とか友情とか分類しないで「愛」という概念に括ってみたらちょっと軽くなったよ。自身の肉体が弱っちいことに腹が立つのに、スナイデルワンピースを着るときこの身体で良かったと思ってしまう。不謹慎ジョークで笑う。ウナギ絶滅キャンペーンでも笑った。誰かに食われて絶滅するのを見守るより、この舌で味わい胃液で溶かして絶滅させたくない?でもTwitterでは「高度な皮肉」として褒められてるのを見てなんか違うっぽい、ってなった。こういうとこがオタクの悪いとこなんだろうな。カシスオレンジよりも作を飲みたい。コスパがいいかGUの服を買うのに結局似合わない気がして着ないか本末転倒。部屋の整理ができないしタスクを先送りし続けるし指差し理解できない方向音痴なので、今年中に発達障害検査を受けに行くつもり。社会理不尽が憎い。馬鹿みたいに全ての人が幸せであればいいと願ってしまう。だから社会学を専攻することにした。力強い歌が好きだ。ラップハロプロ椎名林檎も大好き。こんな乱文じゃなくて人を少しでも元気づけられる切実で丁寧な文章を書けるようになりたい。昨日行ったカラオケMAX藍原ことみさんの歌声に惚れた。美しかった。渚のバルコニーで待っていたい。

これは全部全部私だけのものだ。痛みも悩みも楽しみも、全く同じもの他者と共有することはできない。似たものシェアすることはできるし楽しいけれど、私達は皮膚一枚を隔てているから本当の本当に触れ合うことはできないのだ。私はとても子どもっぽいので、ときおりそれがひどくつらい。

話を冒頭に戻す。私はこの件を受けて、「ヒプノシスマイク ジェンダー」「ヒプノシスマイク 女尊男卑」などでパブサした。すると、たくさんのヒプノシスマイクオタクツイートしていた。私は、最近ジェンダー論が盛んだからきっとオタクコンテンツにおける政治性への言及が見られると思っていた。自己他者境界を線引きできないのが私の最悪な癖だ。そこで見たツイート群は、想像はるかに超えて地獄だった。フェミ(笑)ジェンダー(笑)と言われているのを見るたび、自分の学ぼうとしている学問自体馬鹿にされているようで、涙が溢れた。私は後期の授業にジェンダー論を取るつもりだった。コンテンツ政治性はないと断言するものや、こうしたコレクトネスを求める人々に関して、生きづらさを嘲笑ツイートもあった。苦しかった。中には私と同じように痛みを感じている人もいて、さんざん迷った道でようやく見知った景色を見つけたときみたいにホッとした。皮一枚隔てているからとかなんとか言いながら人一倍誰かと分かり合いたい自分馬鹿みたいだった。

こうして書いていると、自分が色んな感情四方八方へ引きずられていて笑ってしまう。世界史日本史で出てくる、手足を馬とか牛に引かせて八つ裂きにする処刑方法を思い出した。①オタクとして、ラップ好きとして、ヒプノシスマイクを好きになりたい気持ち・②フェミニストや社会学を学ぼうとしている立場から許せないと思う気持ち・③その気持ちを誰かと分かり合いたい気持ち、という子どもっぽさだが、③はきちんと制御しなきゃな。③の気持ちが昂ったとき、ほんのときどき、「あの『分かってない』オタクにこの問題性を『分からせたい』」と思ってしまうのだ。自分でも自分感情グロテスクさに吐き気がする。まるでナロードニキじゃないか。その行く先が暴力であったことを思うと、私は心底自分嫌悪する。大好きなあの子王子様性を見出ししまときと同じくらい自分気持ち悪い。ちなみに「こんな匿名ダイアリーグダグダ自慰みたいな日記書いているのも気持ち悪い」というのも誰より私が思ってる。

人と人が分かり合えないけど理解を示そうと努力できる社会になってくれ。今年のクリスマスプレゼントはそれがいいな。中身がマジで子どもなのでお願いサンタクロース

2018-07-16

anond:20180716094624

ここでの問題は、男女の性別より、世間知と立場で勝る大人が年少者を性的支配することの是非だと思うの

バランスを取るため、幸色のワンルームとかこのドラマみたいに、成人女性or成人男性が未成熟少年一方的支配して、なぜか少年のほうも喜んでいるとかい作品も作って広めよう☆

さすれば、男→少女場合だろうが、同性だろうが、いずれもいかグロテスクな発想かよくわかる

2018-07-05

真実選択

人生とは冒険だ。

儚く消えてしまう虚栄を追いかけるより、グロテスクでも永遠真実を見つけた方が良い。

 

虎穴に入らずんば虎児を得ず

苦しみに直面したとき「なぜ苦しいのか?」「苦しみを解決する方法はあるのか?」と自問自答してみよう。

知恵を磨くための冒険入口は、苦しみの中に隠されている。

あなたは今、その入口に立っている。

 

  1. 引き返して、苦しみを誤魔化す人生を選んでもいい
  2. 突き進んで、苦しみの原因と解決法を知る人生を選んでもいい

 

いずれを選ぶにせよ、制限時間は100年だ。

チャンスは1度だけじゃない。実はいつも選択を迫られているのだ。

ベストを尽くすためには、その前にベスト選択をしなければならない。

 

未来自分から今の自分へのメッセージ

「今この瞬間からでも、違う人生を選ぶことはできる!」

死ぬときに後悔だけはするな!」

後悔したくなければ、勇気を出して決断することが重要だ。

 

anond:20180703210030 もう死んだ方がいいんじゃないかな

2018-06-12

ラノベ読んでる40代おっさんは、すぐ他人に「死ね」という。40代おっさんが「死ね」ってどうなんだ。幼稚すぎるというか、あまりにもグロテスクじゃないですか。

しょうもない青春小説もどきを読んで「いい話だなあ」とか言ってるんですよ、彼ら。萌えラノベバカにしながら、そういう似非青春小説がすごい文学だとでも思っているみたい。感動が好きなんだよね。ピュアなんだよね。40代になっても。でもそんなピュアおじさんたちが「死ね」という。自分の好きなもの批判されると「死ね」という。自分の大好きな感動できるラノベは崇高なものなので批判など死に値するというわけ。このピュアさ。ろくに人生経験読書経験もないから本当にいいものがわからない。陳腐で幼稚な感動ストーリーを本物だと思い込んでるんだよね。そんなの普通の人は20代のうちに卒業するんだけど。

まあラノベ読んでる40代おっさんピュアなのはいいや。そういう人はまあ見下される対象なのかもしれないし、個人的にもグロテスク存在だとは思うけど、まあそこはいい。とにかく他人に「死ね」とか簡単に言わないでほしいね。きみたちが「死ね」と言ってしまうのは単に想像力がないからだ。きみらはラノベ読んでる俺たちは想像力が豊かと思っているだろう。でも実は逆なんだよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん