「相対的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相対的とは

2019-03-20

相対性理論がなんなのかは分かりませんが……

相対的」の対義語みたいなやつは「絶対的」ですね。

絶対的光速を考えると、すべての空間が同じ時間の流れということになりますね。

その場合相対性理論かいうのは光の速さが重力の影響で空間ごとに違うというやつじゃないですか?

(詳細は物理学者に聞いてください)

anond:20190320021857

ちゃんと読んでないけど

田舎だとブ男もブ女もそんなに傷つかないうちに出会えて

それなりの者同士たのしくやってるのに

都会だと、鮮麗された人々と大多数の標準レベルの人たちが集まる中で

ブ男女同士が出会う前に傷ついちゃうんだよね

きっとそういうことなんだと思うよ

世界的の各地のもっと田舎臭いというか原始的社会なら、

ブ男もブ女も普通にくらしていけるのに

なんか社会きらびやか進歩しちゃったか

世の中についていけなくなってるんだよ

から時間はかかるけどブ同士が出会確率相対的に低めだけども

居ないわけではないから、辛抱強くにこやかにさえしていれば、きっといつか理想のブに出会える。

ネットでひねくれたあとは、自然笑顔をとりかえして日常をやりすごしてね。

2019-03-19

anond:20190319135933

何もしなくても特に理由なくモテしまうと、常識的に考えても相手側が逆におかしいということになっちゃうので

相対的自分が優れているという環境にいけば、何もしなくてモテ理由を作れて便利、ということかと思う

でも、実際には人を好きになるのに理由とかないんだけどね

ぶっちゃけ、本当はモテより「何もしてないけど俺sugee」を求める気持ちのほうが強いんじゃないのかな。

尊敬されたり、慕われたり、誰かの役に立って感謝されたり、物事に主導権を取ってコントロールできて、さらに失敗しない。

そういうのが欲しいのであって、モテあくまでその副産物という感じ。

2019-03-18

日本にきて成功できる外国人金持ちだけだってことに早く気づいてほしい

日本物価が高くて単純労働賃金がぶっちぎりに(物価から見て相対的に)安い

貧乏な国の人間が来て単純労働をしても仕送りどころか日本でまともな生活ができない

実際のところ労働力不足ってのは奴隷不足なだけで一般職日本人ですら高倍率なわけだ

まり貧乏な国の難民日本での高待遇を夢見て来たところで

日本がウエルコネなのはゴミクソ賃金で働く奴隷であって、カタコトな日本語で

文化の違う人間を人並みの労働条件で扱いたいっていう会社は無いので

アンダーグラウンドに潜って犯罪に手を染める

こんなもんちょっと想像力のあれば小学生でもわかる理屈

日本に足りないのは奴隷であってホワイトカラー労働者じゃないんだよ

anond:20190317212717

これなんかわかるんだよな。もっと別の症状かもしれないけど

高校当時はさ、写真1枚だけでも十分な空想ができてたし、そこに魅力を感じていたのだけど、今はそれができない。恐らく記憶が薄れて来たというのが大きいんじゃないかと思うけど、成長して芸能人とかAVとかも含め多くの異性を知ってしまったというのもある。

記憶問題というと、当時は、狭い世界の中で、別に仲良くなくても同じクラスで四六時中一緒という異常な環境にいたわけで、こんな発言するだろうなとか一挙手一投足が具体性を持って再現できていて、そこには紛れもない知り合いの虚像存在していたので、空想物語性を持って捗っていたのだけど、それがいまや断片的な記憶しかなく、頑張って想像してもどうもリアルイメージが描けず、結果、ハリボテがただエロい格好をしてるだけといういまいち抜けない状況に陥る。特に年を食ってくるとただのエロ画像なんて見飽きてるわけで、そこにある物語で抜きたいわけよ。いやもう、実は抜くのすら不要で、そこにある物語に没頭したいわけよ。でも描けない。高校当時はいきなりテロリストが攻め込んできたとか、異能の力に目覚めたとか、学校異世界転生したとかいろんなフィクションを想定して、知り合いの異性との物語を絶えることなく紡ぎ出していけたのに、今それをやると知り合いの性格がみんな同じような感じになって、というかどこかのアニメで見たようなキャラクター性格に似通ってしま全然面白くない。多くの世界を知って、より緻密に空想世界を描画できるようになってしまったのも災いしてる。飽きてるのもある。異界の化け物にとらわれて、なんか微妙衣服のはだけた知り合いを異能の力で救い出す、とか、またそのパターンかよと。しかも救い出してから関係性の構築に全然リアリティないよと。というかお前、歳がおかしいだろうよと。もっとこう大人になって仕事場取引先として昔の知人に出会って、その後、じわじわ仲良くなってきゃっきゃうふふとかないのかよと。いやもう全然面白くないよそれ。仕事とか空想世界に出してくるなよ萎えからしか全然リアリティーないじゃんその空想。異性の大人になった姿、うまく想像できてないじゃん。そのOL姿や振る舞い、どうせどっかのAVから引っ張ってきたやつじゃん。というか昨日見保険営業のやつじゃん。

もう一つは、やはり知り合いの異性の相対的優越性が低下してしまったという事実100人しか異性を知らない状態で、クラスで一番や二番目に可愛い異性とか、それはもう空想も捗ったわけだけど、芸能人とかも含め1000人の異性を知った状態で、しかもそこに時間軸もかけあわされ、今可愛い誰々、当時可愛かった誰々、とかと比較し始めると、どうしても知り合いの異性の評価相対的に低くなってしまう。頑張って空想をはじめても、いやそれもっと誰々さんの方が盛り上がるんじゃね、そもそもリアリティもそっちの方があるんじゃね、とかノイズ邪魔をする。じゃあ、その誰々さんで空想しようとしても、学生の時みたいに濃密な時間を一緒に過ごしてるわけではないから、やはりリアリティがない。そもそも最近AVの方々のレベルが高過ぎて、そっちの方がいいじゃんとかなって、そっちならわざわざ空想する必要ないじゃんとかもうね。

で、そんな症状に陥って既に何年も経ってるのだけど、何かできないかと思って、例えば高校中学の時みたいに盲目的に誰かに夢中になれないかと、アイドルとかを検索したりもした。アイドルオタになれば、十分な空想ができるだけ相手を知ることができるんじゃないかと。別にエロいことを考えてるわけじゃない。先にも書いたけど、そこにある物語に没頭したいだけなのよ。でもこれもうまくいかなかった。まず動機が不純というか曖昧というのもあるけど、これだと決めた異性が見つからない。というか歳を食い過ぎてアイドルはみんな同じような顔に見えるし、じゃあ三十代くらいの芸能人はというと、ちょっといいなと思う人はいても、演じる役や流行、出演する番組にあわせてすぐ茶髪パーマにしたり濃いメイクしたりファッションを変えてきたりして、想像一貫性を持たせられない。途中でこれじゃないなとなるケースも多々。何年も見た目を変えず揺るぎなく自分の好みに合致する異性なんてまず存在しない。

と、長々と書いたけど、最近は就寝前の想像力を持て余して、国際紛争とか異能の力で解決したりしてるわ。

anond:20190318100806

だろうね

相対的にそうなった話に過ぎず

決して美談などではない

2019-03-17

ハリウッド映画脚本女性容姿描写の話と愚痴

VOGUE特集か何かでのそういうツイートを見た。

脚本容姿についての描写性別で偏りがあるんだって話。

それを書いた人は男性に書かないなら女性も書かなくていい、というような事を書いてた。

いやそれも違うんじゃないのって思った。

男性でもキャラクターを表す上で容姿描写される事自体はあると思う。

実際ハリウッド脚本現物読んだ事なんかないけど。

でも女性脚本による恋愛映画なんかでの相手役の描写には間違いなくあるはず、というかセリフバンバン出て来る。

ハンサムだと表される役の俳優さんはまさにそう演じているように見えるし、そういう作品女性監督女性脚本コメンタリなんか大体ずっとハンサムハンサム言ってる。

キャラクター容姿の詳細自体性別関係なくあるものだろうしプロットに関わるなら余計にそう。

から問題脚本にそういう見た目の描写がある事じゃなくて何でそれが女性に偏りがあるかって事だと思う。

まずは単純に女性脚本家の絶対数問題はあると思う。

創作する上で登場させるキャラクター理想を反映させるのは珍しい事でもないし、その中で外見の描写が入る事はある意味当然の事でもある。

から女性容姿を讃えるような描写が多くなってるのは単純に数の偏りって面があるんじゃないかなと思う。

でもこれはたぶんそういう話ではないとは思うけど。

脚本容姿描写する目的ひとつに書いた人間が持つキャラクターイメージの伝達がある。

これはキャラクター創作、脚色する上での要素だからそれ自体問題ではない。

美しさを描く事に罪はないし、美しいとするキャラクターを作る事にも問題はない。

美しさは主観的定義によるものから

そして次いで、ひとつ客観的な印象の提示がある。

外見情報によって社会的にそのキャラクターがどのような立場、印象にあるかを客観的に示す要素。

問題はこっちにあると思う。

これも社会一般の印象を引用するに過ぎないわけだからそれ自体問題ってわけではない。

問題なのはその引用した社会一般の印象の方。

男性キャラクターでも必要なら容姿描写される。

それが性別で偏りがあって女性描写必要とされる事が多いなら、それは男性以上に女性容姿共通認識として印象への判断材料ひとつになっている、またそれだけ女性容姿ステレオタイプ的な印象が紐付けされている、という事になる。

男性より女性の方が容姿の美醜が社会的立場内面性格を表す要素として一般的認識されている、そういう話。

脚本という性質イメージを伝えるためにステレオタイプ共通イメージを用いた伝え方をするのは、あくま方法論としては仕方ない部分もあり、それは責め切れない面もある。

だけど恐らくツイートで訳されていた女優さんたちの口ぶりからは、そういう脚本家側の引用する共通認識彼女達の考える、今意識として持つべきとされる認識が許容する範囲を越え、既に共通イメージとしては過去のものとすべきところから引っ張られたもので、そういうところに辟易しているのだとそう感じた。

から男性を書かないなら書かなくていい、は、ある意味思考停止的な発想だな、と思った。

書いてる事が問題なんじゃなくそう書く事で伝わる共通認識があるとする、そこに問題意識を持たない事に平然としてそれを書く、その感覚問題なんだから

それは今後女性脚本家が増えて理想像を反映した男性容姿描写が増えても解決するものじゃない。

美しさの描写といっても同じように男性脚本家の理想を表した女性像の描写も、個人的範疇のものはそこに自由はあるべきで批判すべきものでもないし、キャラクター主観としての描写安易非難すべきものじゃないし。

考えるべきはその価値観社会のどこからどういう体で引用されたものかって部分なんだと思う。

容姿描写自体問題なんじゃないんだ。

でも見てる近辺でたくさんRTされてて何も言えずに誰も見てないような増田で書くのだ。

気がちいせえ。



あとついでに言うと容姿を美点とする場合に知性や能力性格比較して容姿で表される事自体問題視する人もいるけど個人的に正直それこそ問題だなと思う。

書いたみたいな容姿偏重問題なのは分かるけど、それなら必要なのはその容姿地位まで知性等の要素を持ち上げる事で、バランス取るために容姿を落として相対的にやるのは結局今まで知性で苦汁舐めてた感覚容姿を持ってる女性に味わわせる事になってて、それって知性を持つ女性を掬い上げるために容姿を持つ事の価値を低く見積もり直すって事だからどうなのって思う。

突出した美しさと突出した知性はどちらも自立して価値が同じようにあるべきものなのに、今は美しさそれ単体では魅力として、特に女性意識として認められなくなって来てる部分はあると思う。

からこそ美しさだけで女性を表す事が問題視されるんだとも思う。

魅力ある人間とされるものを表するに足りない要素だけで、その相手表現する事になるから

悪意は無くても、あなたはそれしか持っていない、となってしまう。

同時に男性からは根強く美しさは魅力として捉えられる部分も大きいから、女性が知性を自立した魅力だと捉えていてもそれ以上に求められるという面もある。

その齟齬でまた女性側に容姿が持つ価値への否定的感情が増してまた男性との価値観差異が酷くなって、となった結果また容姿価値を低く見積もってそれを世に提示して、更にまた容姿を褒められる事への価値を低く捉えるようになってって女性自尊心には悪循環に思える。

からそれを止めるために男性が美しさって要素へ持つ価値基準否定して齟齬を埋めようってなってるんだけど。

やっぱりそれも男性が高く認める美しさって要素の価値を下げさせる事によって、それ程には正しく評価されてないとされる他の面との差を縮めようというやり方で、それは魅力としての美しさっていう本来多くの魅力がそこにあるべき正しく高い位置に置かれていたそれさえその価値を失わせる結果になる、というかなってるわけで、やっぱり良いやり方とは言えないんじゃないかな、と思う。

本当は美しさもそれだけで100%魅力だし知性も性格100%の魅力なのになって思う。

絶対値あんま変わらない相対的な差の埋め方って何にしてもよくないよほんと。

美しい事の価値を据え置かないで下げてバランスとるの求める人多くて内心悪手でしかないってほんと思ってる。

思ってるけど匿名でもないと言えないのだった。

そして溜飲を下げるのだ。

気がちいせえのだった。

よくないわ。

2019-03-16

無能が居て、勝手に心が苦しくなってきた

会社無能が居て、よくイジられている

彼は無能だ。周りの彼に対する人物評という相対的評価、生み出した数字という絶対的評価、どちらの評価軸で考えても無能言って差し支えないだろう。

おまけに外見もあまりいい方とはいい難い。清潔感を損なっているわけではないが、なんとなく自分が異性だったら避けて通るような雰囲気だと思う(もっと具体的に説明できるが、この場にはふさわしくないだろう)。

で、ホントによくイジられている。職場の会話は多い方だと思うが、仕事の話を除いた彼の会話は、ほぼ彼をイジる話題が発端だ。

毎日同じようなネタで、僕を含めた周りはゲラゲラ笑う。

彼はというと、時に場の空気を読んでたどたどしくも三枚目に徹し、時に聞こえなかったフリのような生返事を返し、時に無視していた。

彼が居ないとき、盛り上がる話題があった。彼がいかダメかという話題である

「○○君、成長どころか退化しているくさくな~い?」

「○○、そんなことも知らないの? 子供じゃないんだからさ……」

書類を読んで一発でわかるって、○○には別の才能があるんじゃないか?」

そして締めの言葉が、

「まぁ、○○だからな……」

はいつも、この会話へ普通に参加しつつ、でもなにかモヤモヤしたものを感じる。

できるだけポジティブに考えるなら、「まぁ、○○だからな……」で終わらせず、会社として、無能を有能へ教育するために「じゃあどうするか」と続けるべきではないのか。

そんな事を考えて、僕は頭を振る。

「思いついたプランを何個か列挙して、良かったものを試してみよう。もちろん仕掛けるのは君だ」

そんなことを言われたならたまったものではない。

いや、本当にたまったものではないのは、一番地位の低い人間を失うことだ。そして、順位が変動した結果、自分がその地位へ落ちてしまうことだ。

分かっている、周りの非情な連中と僕、根本で考えていることは同じだって

でも反面、周りの「私は○○よりは優れた人間だ」とふんぞり返っている人間より僕は優れている、という自負もある。

無能積極的攻撃する人間より、僕のほうが断然マシな人間である

そんな自負によって、結局僕も彼をダシに心の安定をはかる。

なんて醜いのだろう。

ドッペルゲンガーのように、自分たちを見て思う。

僕が欲しいのは弱者からの信頼よりも会社業界からの信頼だってはっきりしているが、彼がイジりに対して言葉に詰まっているとき、彼だけミスを許されず当然のように残業しているとき、彼に話しかけられた時だけ変わる態度を見たとき、もし僕が彼だったら、と考えると泣いてしまいたくなるような罪悪感を感じる。

彼は何事についても、努めて考えないようにしているふうに見える。多分、考えすぎると鬱になってしまうのが分かっているのだろう。だから、僕が代わりに彼について考える。まるでダメ人間から這い上がっていく漫画主人公みたいに。どうすれば彼をバカにしている彼女を黙らせられるか。どうすれば彼を荷物と考える上司計算間違えを認めさせられるか。

でも、いくら考えても現実的ビジョンは描けない。彼は単純に、全く成長しない無能だった。

「思いついたプランを何個か列挙して、良かったものを試してみよう。でも、彼はきっとどのプラン半笑いごまかして、手を付けないだろうね……」

有能に見える有能にお願いがある。あなた支配しているコミュニティパワーバランスを揃える努力をして欲しい。力に差があるのはお互いに辛い。

有能に見える無能にお願いがある。無能を使って自分相対評価を上げないで欲しい。その場では笑っていても、誰かはきっとあなたから離れる事を考えている。

無能に見える有能にお願いがある。謙虚に振舞うのは美徳だし、静かに暮らしたいのも理解ができる。ただ、あなたが有能を示すだけで救われる存在がきっといる。

無能に見える無能にお願いがある。自分の力で、周りとの力量差を埋めて欲しい。できないならば、自分に合った環境へ静かに去って欲しい。

なーに変なことを考えてるんだろう。それで片付けられない日々が、また来週から始まる。

偽善者結構勝手にそうなっているという感想もっとも。だが、僕は少し苦しい。

2019-03-14

anond:20190314072242

何十年か前は洗髪なんか週二、三回ってのが一般的だったけどな

ただ今の時代毎日洗う人が大多数の中でサボる相対的臭いが目立つだろうし、昔だって体は毎日洗ってた

2019-03-13

anond:20190313094933

客観的に見たらされてると思うよあくま客観的にだけど

男性制限っていうのはたぶん主に乗車の自由制限だよね

女性は乗ろうと思えばどこにでも乗れてそういう意味では自由への格差がって感覚は分かる

でも現実的には専用車両本来意図としてその乗車の自由をフルで得るどころか乗車自体女性が毎度安全って面を賭けなきゃ手に入れられないって状況からその均衡として出来たものでもあるから経緯を前段階として考えるとそこでは突出した男性との格差があるとは言えないとなると思う

男女での安全面での格差男性車両選択する自由制限バランス取ってる感じ

女性の他車両への乗車も可能ではあるけどやっぱり効果的な対策はまだまだだから女性専用車両導入以前の安全を賭けるって部分は解消出来てなくて一般車両女性が乗車していてもそういう面では男性と同じ権利下での乗車とは言えないんじゃないかなと思う

女性一般車両に乗るためには一旦自分安全差し出して降りる時に戻って来る、来ない可能性もある、それが朝夕毎日って感じ

厳密に言えばその安全面の対策鉄道会社側が男性に放ってるとこあるしその結果痴漢冤罪対策も含め男性も"普通の行動"以上の事を強いられてる現状があって精神的な圧迫感を追う事にもなってるだろうし男性が乗車の権利女性との格差として完全に享受できてるかと言えばそれも微妙だと思うんだけど

でもやっぱり実際の被害可能性だけで言ってもそれを格差として男性側の自由を制する事でバランス取ってる現状があるのかなと思う

それでも女性専用車両は配置や全体の乗客割合に対する車両数の面で当然普通一般車両へ乗車するのと同じには出来てないわけだからそういう選択体験格差っていう自由度の部分では制限されてるところはあると思う

その制限を解くには安全を賭けなきゃいけないっていう前提条件もあるしそこ考えると差はあると思うよやっぱり

欧米女性差別って考え方はそういう部分なんだと思う

何かしらもし有効対策がとられるなら何も賭けなくてもどこでも気にせず関係なく乗れるのにそうじゃないまま"安全場所"の提供女性の行動を制限する事で成立させてるわけだから

男性痴漢冤罪って意味ではそこあるんだけど対策に求められる労力や日々の生活への影響とその効果って面では同程度とはならないように思う

女性権利を得て男性制限されてるように思えるのも当然だし相対的には実際そうだから絶対的格差バランス問題でそうなってるってだけで

今のは結局単なる応急処置的な対策解決策とは言えないし書いたように女性もそれで完全に安全な乗車を享受出来てるかと言えば全然だし男性にもその皺寄せが行ってて痴漢の罪を性別全体に負わせてるわけだからそこはそこで差別的だなとは思うんだけど

からって応急処置必要な事に対して解決案があるまで処置を止めようっていうのも意味分かんないし難しいんだよやっぱり

2019-03-12

anond:20190312121320

ハリウッドとはいえ

アベンジャーズとかファンタジーの超大作みたいなやつは、社運をかけるような制作費で作る映画

映画会社、作ってもせいぜい夏用に年に1本ぐらいや

ところがここ数年、ハリウッド大手映画会社は潰れたり合併して急減少しているので、当然そういう映画は減る

我々観客は見る量が減るわけじゃないし

劇場への供給量は維持しないといけないか

相対的に大作の制作本数が減って見えるんだな

anond:20190312095802

ループ脱出条件を設定しておかないと元弱者相対的勝ち組に登って行って最終的に全員死ぬ

2019-03-08

anond:20190308213132

相対的なことを指す概念なのに絶対的定義なんてあるわけねえじゃん

賢い小学3年生レベルのことを大発見顔で書くんじゃねえ

若い女の子が好きな男の人って

歳を取っても18~23歳とかが固定で好きでそれ以上は無理!なのか

相対的自分より若ければよくて例えば自分が50歳の時に相手が37歳だったら若いじゃん!って許容範囲が広がっていくのか

どっちなの?

2019-03-05

相対的幸せになるには

自分より幸せなやつを消していくしかない

2019-03-04

anond:20190304203807

そういう状況だと、相対的年齢差で上下関係規定するのはやめておいた方が良い。同じく学ぶ関係同級生を上から見る必要もないし、見られる側がいい心持ちになる筈もないだろう。

お山の大将になる位なら、ちょっと年下だけど友達って方が心の糧になると思うぞ。

2019-03-03

anond:20190303184855

いかすごくないか相対的なもんだろ

アニメ作品は50年続いているものがないからすごい、飲食店短期間で多くがつぶれるからまぁまぁすごい

日本人は50年生きてるのがうじゃうじゃいるからすごくない

おまえらはありふれていて全くすごくない

anond:20190303155253

たぶん批判報道の萎縮は民主への政権交代から相対的感覚に思える

前のコロッコロ変わってた時の報道が加熱してたのは政権交代ってある意味望みがある状態だったからで結局今それやったとこで着地点はどこなんだって話にマスコミ的にもなってるとこあるんだと思う

麻生のちょこちょこある意図と違うように取ってるってキレてるやつも報道はするけどコメンテーターが今辞めた方が国にはマイナスとか言ってる始末だし

いや現実的なのはそれはそれで良いのかもしれないけど

やっぱり問題野党の不甲斐なさにあるように思う

政権運営託せると思える党が他にいればまた報道選挙も変わって来るようには思う

2019-03-01

anond:20190301210722

豊富な品揃えということは、その分人が集まるから相対的人件費が少なくてすむんだ。

コンビニは、深夜だと本部まんじゅう1つ売れても儲けだが、店舗は大損するという形態から強引に本部が24時間営業させる。

そんな弱いやつをいたぶるようなのはやめたほうがいいのと、やはり深夜に開いてるのは数kmクラスの商圏を持つ大型店だけのほうが望ましいと思う。

2019-02-28

女性を消費するって言葉の氾濫

本来被害を受けた当事者への共感を伴った義憤によって分母を大きくする事で加害側への責任サイズを正当にしそこに個人に納まらない社会においての蔑視観念の影響が認められるなら啓発としての批判的働きも含めというような概念で本当は消費できない存在をそのように扱うことへの糾弾皮肉意味合いを持った言葉なのに今では性的な消費という言葉拡大解釈させて女性という概念への被害を叫ぶ事で属する自身をも直接的被害者としてカウントさせ正当化させるための単なる利己的なツールと化してもきているようで辟易する

加害者責任制裁を求めるのも当事者である被害を受けた女性によりも集塊した個々の怒りに対して望むような傾向が見られるし主観の域を出ない個人感想主語を"女性"とすり替え同調を誘う事での自己正当化また溜飲を下げるための手段非難のための免罪符としても使い勝手良く氾濫してしまって意味性としてはむしろ正当性が削がれていっているように思うしそこに危うさも覚える

その言葉は多くを包含する女性という概念の下で主観的なものに左右される消費への定義を振るうものであるのに消費という単語が持つ即物的客観性を含んだ印象のためにさもそこに共通する絶対的基準存在するかのような錯覚を起こさせ個々に主観を反映させたそれを自身正当性担保としたならそこに齟齬や違和は当然生まれるし実際見ていると女性間でさえ性的価値観の差や意識差においてその寛容さ奔放さを自身との相違でもって本来は違って当然で双方が尊重し合うべきものであるあくま相対的ものしかないそれを性の消費へ加担しおもねるものだというような非難へ繋げていて(エマワトソントップレス写真問題が分かりやすい)それは女性選択できる性的自由度の幅を狭めるようなもの全体主義的というかほんとどうなってんのというきもちになる

それは加害者としてファンタジー現実区別がつかない人間だけでなくそ性的対象にも原因を求める痴漢自衛論的な発想でそんなものでも"被害を受ける女性性"を盾にすれば正当性を伴ったあまりに大きすぎる分母の代弁者として振る舞えるそんな客観的正当性を欠くような類の安易な乱用が許されるガバガバな現状はともすればそのまま安易女性性が消費できるものだと定義認識されかねずそれはいわゆる二次元キャラクターなんかに対して更に顕著で代弁し得る被害者がいない分自身がその対象を受け入れられない不快に感じたそれを消費されているとして被害を主張し嫌悪不快感の赴くまま狭く特殊世界性的意図や人によってはポジティブ性的さと捉える類のまた場合によってはそんな意図自体から無いようなものにまでその責任を取らせるため拳を振り上げ本来は絵や漫画に限らず性的なまたは偏った視点による都合のいい理想像としてそのために用意されたもの次いでそれらへの一方的性的視点現実女性は全くの別物で前者に後者を反映させる事はあってもその逆は原則的に無いとすべきところをむしろ進んで混同を招くかのようにそこに消費できる女性性が存在しているまたその性的な偏った視点が消費され得る現実女性性を含むものとするそれこそ現実に生きる女性への冒涜でそれは特殊嗜好やそこへ向けた性的娯楽表現社会における女性男性定義するような性的玩具女性性を認め性的な消費だと言うような話でその辺の誰かが言ったおっぱいエロいって発言が胸を象徴としての性的な興味の個人的な発露なのかフェティシズムとしての限定的性的嗜好によるものなのか対象ポジティブ性的魅力の客観的優位性を語るものなのかそれとも女性性的な消費物としてしか捉えていない事での無意識発言かなんて場合によっては当人にも分からないのに性的さや性的な魅力へ惹かれるそれ自体を消費だとするそれは傲慢以外何なんだという話でもの区別がつかないのかと思う

私はそれこそそんな身勝手に"女性が消費される"なんて言葉が使い回されるそれに"女性という概念が利用され消費されている"という気持ちになる(皮肉

いや実際性的ものに限らずそんな類の感情にまで体よく使えるそれこそ消費という言葉の現状へ思う事でもある

言葉自体を使う事被害を訴える事共感や怒りそれ自体社会の在り様を問う事疑問を持つ事嫌悪感や不快感その苛立ちをどうにかしたいという気持ち許容しかねる性的価値観被害者がいなくても"女の子"とされるものの後ろにいる人間への非難めいた感情やその影響への懸念やそれを示す事それが問題なんでも悪いわけでもなくそれが本当に正当性のあるものかそのマイナス感情自分帰結するものではないかその対象個人的なものかまた属するグループの特徴か社会に反映され得るもの社会を反映したものかを考える必要を欠かせたまま通用させてしまいかねないその責任感の無さから軽率さでお手軽にやってしまえるそこが言葉の持つ重さに対してあまりにもに思えるしそれが招く扱う内容や巻き込むものの影響のサイズを考えればそんな程度に扱えるものではないはずなのにと考えてしま

個人的にはそれが気に入らないもの非難排除する印籠または虎の威を借る狐的使われ方だとしてかわいさややわらかさみたいなものを弱さだと前提として定義してその上で"弱い女性"を理想化している事での消費という捉え方での使われ方が無意識男性性への優位的価値基準に基づく無責任さを見るようで本当に恣意的独善的できらいだし理想像偏重さへの抗議の意としてそれが言われる事もあってでもそれは他を貶めて相対的に優位さを確保するやり方でその度そんな事に問答無用で総意として私が女性という性で巻き込まれまた使い方如何でその責任まで勝手に負わされることになるその不当で理不尽ガバガバさがほんとうにほんとうにきらい

そしてきらいだけどそれは個人意見でそれに異を唱え打ち捨てたいと思う人もいるように本来性別のようにグループにおける総意とは"個人的に""私は"の集約であって集約されるという過程飛ばし個人主観で代弁できるようなものじゃなくするべきでもなくまた次いでその中に見られるあくま問題解決への手段である問題提起とその周知を自尊心を満たすための個人目的としてとやってそのためにと短絡的に対象を大きくとり優生学的に貶し相対的また絶対的優越に浸りそれを自己肯定感へ繋げ反芻するその姿は痴漢や他の性的被害に対して女性への蔑視思想でもって心無い人間によって見られるようなそれでもあり持ち出す内容やその是非倫理性は違っていてもそれ以前に同じ事をしているというその影響は個人でなく"女性"の代弁としてやるには確実にあってそうしてしまう事で女性言葉"としての説得力が失われていき実際そういう観念でもって本当に総意の力が必要とされている場でもその説得力の有無をこちらへ突き付けるような人間が少なからずいるその事も恐ろしいしその必要な人のための必要な場のためにも代弁者とするなら個人的な部分をこえたところでの危機意識は持つべものだと思う

個人として何を思うのもどんな価値観を持つのもそれを発表するのも基本自由ではあるけど少なくとも女性というだけでなく大きな枠で多くを巻き込む事になる上で代表として語るならその自覚はあるのかそれがどこから来たものかそこに客観性が含まれるか主観とは区別できているか自論であるなら自身でそうだと理解しているかそれを示せているかひとつくらい考えて使うべきだと思う

本当にひとつでも十分なのにと思う

というような事を消費という言葉を見る度思って胸焼けを起こすので文字に起こした

提言とかでさえない

おしまい

2019-02-27

anond:20190227205341

わかるわかる。よっぽどへぼい絵ばっか上げてても「絵師です」とか自称して元気にやってるの見るとなんぞ不気味な感じがする。

へぼい絵をありがたがるのはなんでだろうと考えていたら、アインシュタイン時間平面は空間距離に応じて開いていくと言っていたのを思い出した。したがって絵の価値もまた相対的かつ流動的なもので、自分との距離感によって価値が変わるのだと気がついた。したがって元気なおしゃべりを増やせば距離感が縮まって価値高まると考えてみた。全然検証はしていない。

ちなみにTwitterであげたらRTなんぼくらいになる?フォロワーはなんぼ?

anond:20190227082528

別に殺伐ちゃうやん?

人として常識的範囲には優しくあるべきやし場合によって必要ケアもすべきやけどそれはあくま仕事必要って共通認識上でって話やで

結果同じケアでも部下のために仕事とかは何かちゃうやん

しろジャパニーズサラリーマンはそこの意識混同し過ぎな傾向あると思うわ

個人で気にかけるのはいいけどそれが会社人間関係よくするためにって言うのは何かお花畑ブラック匂いするもん

だって上司が部下想って部下のために仕事して気にかけて人間関係良くなったとしたらそれ原因はその上司で元々アレやったのが解消されたってだけでメソッドとかではないやん?

仕事必要だった相対的自身改善人間関係改善のための部下を想っての行動って定義するんはやっぱクソ感あると思うわ

仕事スムーズに行かす事に向かってれば自然とそうなる普通気遣い問題解決感情的な一方の価値観で求めるのは関係としてクソまっしぐらやでやっぱり

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん