「生まれる。」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生まれる。とは

2018-08-13

勝ち組ほどセックスしてる

セックスは体に良いからな。

しか勝ち組パートナーにしている異性は総合点が高い。

知性、財力、容姿などだ。

そいつと事後に色々とレベルの高い話を語り合うわけだ。

そしてたまには金玉の皮引っ張ってモモンガ〜とか言って遊ぶ余裕も生まれる。

とにかくセックスしろ

はやくしろ

セックス気持ち良さを感じない声でかいマイノリティに惑わされてどうする。

パートナーを見つける努力を怠るうつ病患者に惑わされてどうする。

そうやって他人の主張に惑わされて自分の本当の欲求に正直になれないところがお前の良くないところだぞ。

2018-08-11

今の時代に男に生まれ意味はあるか

女性の輝く社会女性社会進出改革によって男の肩身が狭くなってきていると言われている。

東京医科大の入試不正問題についても、大学側を批判する論調ばかりである

では、女性ばかりが注目される今の世の中において、男に生まれ意味はあるのだろうか。

答えは「ある」。むしろ女性の輝く社会を目指せば目指すほど、男の存在意義は高騰していくことになるだろう。

女性社会進出によって、女の仕事家事育児の分担問題クローズアップされている。東京医科大の問題も、本質を突き詰めるとここにたどり着く。

はっきり言わせてもらえば、ハードワークと家事育児の両立を実現することは不可能である

保育所の整備をするという選択肢もあるが、今後働く女性の数が無制限に増えていけば、保育所だけで解決することは物理的に不可能

ではどうすればいいかというと、ここで男の出番である

男が女の負担軽減のために自分犠牲にして家事育児を引き受けるしかない。ここでは、女が男に頭を下げる必要性が出てくる。

女性が輝こうとするほど、男に頼らざるを得ない構造生まれる。

まり女性社会進出改革の主導権を握っているのは、実は男性側ということになるのだ。

サマータイム実現のためのたった一つの冴えたやり方

法改正システム修正不要なやり方がある。

時計システムそのままで、全国民が心の中だけで時間を読み替えるのだ。

そうすれば、9時出社のはずが、11時出社になって朝の時間に余裕が生まれる。

出社前にオリンピックも観戦できる。

できないって言ってる人たちは発想力が足りないんですよ

2018-08-09

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/

共感性が高い人間同士が、効率性や抜本的な改善などを無視して、

感情労働を交換」することで世の中成り立ってるなと思うことは多い。

辛い気持ちを引き起こす根本原因が永久解決しないことが所与の前提となっていて、

他人から感情労働を受け取ることで気を紛らわせながらなんとか生きている世界観

彼らは生殖に向いているので多数派を占める。

多数派にとって気分が良いように常識や正しさ、文化は作られる。

共感性が低く感情労働提供ができないタイプで稼得能力が高い場合

その人が働きやすいように環境を整えると金になるから、周りが合わせてくれる。

性的魅力が高い場合も、パートナーが合わせてくれる。だから、本人は困らない。

「数」あるいは「客観的な質」しか力を持たない。

人が人に提供する価値は、稼得・性的魅力・感情労働に集約される。

すべてにおいて劣る場合、その人には客観的価値が無いということになる。

客観的価値が無いというのは、人に好かれたり尊敬されたりする機会が無いということだ。

もちろん、生存権利国家保障している。

しか一般市民である他者に、好かれたり尊敬されたりするのが基本的人権だとは言えないだろう。

好きな人を好み、尊敬できる人を尊敬する権利を、内心の自由を、すべての市民が持っている。

それが「弱者に厳しいシバ志向」とされるのはかなりきついことだなと思う。

「誰もが好かれ尊敬される権利を得た社会」を実現しようとすると、

「誰もが無条件に人を好きになったり尊敬したりする義務を負う」ということになる。

その義務を一生負わされるほうが、よほど「シバキ」だと感じる。

 

結局、yuzukaさんは、稼得能力性的魅力のあるパートナーに、

感情労働プラスアルファで求めることを諦めた。だから別れなかったということだと思う。

パートナー感情労働必須のものとして求める人は、

稼得能力性的魅力について妥協せざるを得ないこともあるだろう。

完璧な人は、どこにも存在しないとは言いきれないが、とても少ない。

yuzukaさんは看護師経験があることから共感性が高く感情労働が上手いタイプだと推測する。

でもパートナーはyuzukaさんの感情労働価値あるものとみなして受け取っているのだろうか。

「要らないし提供もしない。交換に参加していない」というタイプなんじゃないだろうか。

そこが分かっていないと、「こんなに感情労働してあげているのに返ってこない」という苦しみが生まれる。

返ってこないことは確実なので、感情労働の一切を辞めるというのもありなんじゃないかと思う。

行きたくない釣りに行かない」などだ。

どうしても感情労働の交換がしたいなら、今のパートナーより稼得能力性的魅力のレベルが下がったとしても、

感情労働が上手いパートナー選択するしかないと思う。

yuzukaさんは感情労働が上手く性的魅力が高いようなので、相手を探すことには困らないと思う。

自分アスペ傾向のある人間からかもしれないけど、定型発達者は全てを望み通りにしようとする人が多いと思う。

完全なパートナーを探したり、パートナー完璧にしようとして操作したり、

そしてそれらのほとんどが上手くいかなくて(当たり前)、悩んだり悲しんだりイラついたりしている。

そして悩んだり迷ったり自己憐憫に浸っている時間が長く、問題解決する気がない。

2018-08-05

anond:20180805120021

女の幸せ結婚妊娠なんて言う日本会議系のテンプレ話には付き合えない。

様々な人生があり、結局好きこそものの上手なれでこそ高技能者が生まれる。

2018-07-28

難行から易行への分派活動

ほとんどの宗教で、難行から易行への分派活動は見られるよ。

出家して俗世を捨てて厳しい修行をしたり、たくさんある戒律律法を守ったりすれば天国に行ける」という思想には納得感があるけど、古代中世の日々の生活で精一杯の厳しい世界でそうした生き方ができるのは、お金持ちや高位聖職者だけというのが現実だった。

まり難行系の教義だと、お金持ちと高位聖職者しか天国に行けないということになりがち。ということで、「○○するだけで天国に行ける」という教義分派活動生まれる。

キリスト教が「○○しろ、○○してはいけない」という定めがほとんどなくて、神を信じさえすれば救われるという教義なのは、当時のユダヤ教律法重視のファリサイ派が主流派で、それへの改革運動イエス・キリスト活動だったから。

もっとも、カトリックがあれこれ定めを勝手に付け加えたので、ルターがまた軌道修正せざるを得なかったけど。

以下の浄土真宗コピペも似たような感じ。

比叡山修行した法然。→浄土宗

ぶっちゃけ悟って仏になるの、俺ごときでは無理(←このへんが日本人謙遜

働いてる一般人なんかもっと無理。今の仏教は金と暇のある金持ちしか役立つ可能性がない。

でも安心しる。阿弥陀様って偉いお方が、自分が十分にレベルうpしたら

おまいらも引っ張り上げてやんよ、ていってる。これはそこに張るしかないっしょ。

はらたいらさんどころじゃないよ。「あみださまに、全部」 さあ何度でもいいつづけよう」

親鸞浄土真宗

法然さまはおおむね正しいけど、阿弥陀様なめすぎ。

念仏言った回数で差別するような方じゃねえはずだよ(←このへんが日本人的舶来びいき)

心に思うだけで、修行とか、戒律とか自分をどうにかする必要もないよ。

から俺なんか結婚だってちゃうもんね。ただ阿弥陀様に乗ればいいのさ」

おまけ 一遍時宗

「おまーも阿弥陀様なめすぎ。あの方は信者だろうと何だろうと、一切区別しないの。

まり俺たちは阿弥陀様のおかげで勝ち組。もう決まってんの。(←日本人暴走

から感謝の踊りを踊ろうぜ、let's dance!」

https://anond.hatelabo.jp/20180728124959

2018-07-27

[]エドワード・ブルワー=リットン

1803年、イギリスロンドン生まれる。政治家であり小説家

政治家としては1858年から1859年までダービー内閣において植民地大臣を担い、コロンビア統治などで成果を挙げて男爵位を授与された。

息子のロバートインド総督となって伯爵となり、孫のヴィクターは「リットン調査団」の団長として知られる。

一方、小説家としては1834年に発表された歴史小説ポンペイ最後の日』が名高い。

1839年に発表された戯曲リシュリュー』での「ペンは剣よりも強し」という台詞もまたよく知られている。

彼はケンブリッジ大学在籍時からオカルトに傾倒し、フランシスバレットの魔術教室で教えを学んだとされる。

秘密結社薔薇十字団に入団たか、あるいはパトロンとしてその活動を支えた。

魔術師エリファス・レヴィとも親交があり、その降霊実験を手引きしたとも。

オカルト思想をふんだんに盛り込んだ『ザノーニ』『不思議物語』といった小説執筆している。

さらに、彼の執筆したSF小説『来るべき種族』では、

超古代文明エネルギーヴリル」を保有する地底人が描かれ、

これに影響を受けてドイツヴリル協会という秘密結社設立されたという。

この作品で描かれる地底人たちは、自らの文明の優位を確信し、地上の劣等民族統治することを当然としていた。

その思想が、ヴリル協会を通して、のちにナチス人種差別政策オカルト趣味に多大な影響を与えたとも言われている。

1873年に死去。

2018-07-23

便利が不便を生んでいる。

ひとたび便利の味を知ってしまうと、それが人々の心に不便の種を植え付ける。

これまで感じることのなかった不便が、便利の数だけ生まれてくる。

便利化する社会が息苦しさを生んでいる。


自転車通勤から自動車通勤に乗り換えた時、人は便利を感じる。

しかし、自転車通勤に戻したとき、そこに不便が生まれる。

自動車の便利さを知ることで、自転車の不便さが重くのしかかってくる。


こういった例はいくらでもある。

エアコンのある生活が当然になると、エアコンのない環境下に不便を感じるようになる。

コンビニのある生活が当然になると、コンビニがない時に不便に感じるようになる。

最新ゲームに慣れると、昔のゲームシステムに不便を感じるようになる。


しかに「便利」は生活を豊かにする。

だが、時間の経過が「便利」を「当然」に変質させ、これまでの「当然」を「不便」にする。

この時、便利は人々を幸福にしているだろうか。

便利は消えて、新たな不便が増えているのではないだろうか。


上記理由から、便利を追求しすぎる社会警鐘を鳴らしたい。

少なくとも現時点で不便を感じられていない領域にまで便利さを求めることは避けるべきだ。

しかし、際限なく便利さを追求するのが資本主義社会であるため、マクロ的には便利化の歯止めを効かせることは不可能だろう。

だが、個人レベルでは便利化への抵抗が十分可能だと考える。

私たち個人にできることは、不便を当然と思えるように生活することである

そのためには不便な生活体験してみるといい。

例えば、スマホを使わずに一日過ごすという手軽なものでもいいし、寺で体験修行をするのもいい。

さすれば、当たり前のことにも幸福を見出せるようになるだろう。俺にはできないけどね。

2018-07-13

絵を描けるようになるまで

たまに「絵がうまくなるには」みたいな記事を見るので

私がまあまあ描けるようになるまでの経緯を載せておく。

めちゃくちゃうまくもないがなんとなくときどきpixivランキングはいれたりRTを稼げたりはする程度。

ノートにらくがき期

もともと授業中にらくがきをしてしまタイプの子どもではあった。

二次創作絵も描くことはあったが、下手くそ自分がっかりするのであまり熱心ではなく、もっぱらなんとなく、好きな漫画家の真似をしながら意図もなく女の子男の子を描いていた。

なんでか意味もなく女の子の目に涙かいて泣かせるとかね、よくあったよね。

お絵描き掲示板

ネットを始めた頃、お絵描き掲示板が爆発的にはやり

漫画ファンサイトで300*300の大きさに狂ったようにマウスで絵を描いていた。

もちろんこの頃も下手くそだったが、同い年くらいのこどもたちがなれ合いでほめてくれた。

なにもかも人まねだったし稚拙だったし、お絵描き掲示板機能制限されていたが、「人に見せるため」の絵をたくさんかけたのはよかった。

自分技術でも、すこしはかわいいとか面白いとか思ってもらえるように、モチーフや色使いや画面内の余白を意識したり、人の絵を観察する習慣がついた。

細部をちゃんと描くとほめられるし説得力がでることに気づいたので、服のディティールや靴や小物なんかを面倒がらず資料探してかくようになったのもこの頃。

③人を描くのって楽しいね!

http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/

しばらく小手先で描いていたものの、ガチで上手い人たちの絵がうらやましくなったので

当時流行っていたhitokakuではじめて「アタリをとる」という概念を導入した。

「上手い人たちは、顔を描くときに十字を描くらしい」

ということは知っていたが、他はなにも知らなかったので

頭のバランス、人体の骨格、全然できなかった手や足の描き方などをここで知った。

このときはじめて絵を練習するという行為をしたと思う。

ゆうちょうを一冊買ってきてお手本を真似していると、「自分に描けるもの」が飛躍的に広がったのを感じてすごく楽しかった。

この頃にペンタブを買った。

余談だが

東村アキコが「ロボット設計図」とめちゃくちゃにバカにしていたが

https://logmi.jp/259876

写真を見て漫画絵にレンダリングして模写できる」というのは結構習熟の必要作業だと思う。

絵心」ってなにか、といったら、見えてるところから見えない部分を想像する能力じゃないかと思う。

立方体を見たときの底面、手のひらを見たときの手の甲、立ってる足を見たとき土踏まず、顔を見たときの眼球。

目で見えてる範囲から見えない部分へどう繋がっているか、がわからず、「目に見えたものをなぞろう」としても、絵に落としてもなんか不自然になる。

なぞり書きだってうまくいかないときがあるのに、模写となるとなおさらだ

私には絵心がないので、それを理論的に教えてくれる「ロボット設計図」はほんとうにありがたかった。

漫画に挑戦期

お絵描き掲示板が下火になってくるとsaiを手に入れ、色塗りの技法効果お絵描き講座から仕入れて画面を華やかにできるようになった。

なんとなく上手く描けないな?というときもあったんだが、誤魔化しごまかしでなんとなくそれっぽい絵を描いていた。

ただ、漫画に挑戦してみた結果、ものすごい量の課題に否応なく気づかされた。

大きく分けて次の三つ。

1:パースがわからない。

2:意外と描きたいポーズが描けない。

3:白黒で見たときに絵の魅力がない。

⑤-1 パースがわからない

背景を誤魔化すにも限界があった。

それまでも、ときどき思い立ってパースについての解説をぱらぱら眺めてみたが

「あー、ふーん、相似ね? なるほどね???

みたくなってしまいよくわからないまま放置していたのだ。

ただ、人物からアイレベルを求めたりする解説ネットにいくつか掲載されるようになり、そのおかげでなんとなくそれっぽくできるようになった。

パースかんたん解説1:アイレベルの求め方 | 摩耶薫子着物の描き方」発売中 https://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=3933143


今も三点透視でばりばりに背景描けるぜ!って感じではなく

なんとなーく一点透視や二点透視のやりかたがわかったな、という程度だが

今のところそれで困ってないので、なんとなくの知識パース定規を駆使してなんとかしている。

ビルの谷間を駆け降りるような絵が描きたくなったらまた頑張ろうと思う。


あとは、人体のパースという概念を手に入れたのはすごく大きかった。

それまでも、たとえば奥から手前にまっすぐ伸ばした腕やあぐらを組んだ足なんかがうまく描けないという自覚はあったのだが

人体のパースがわかってないからか!と気づいたとき目から鱗だった。

『やさしい人物画』のパースのあたりが楽しくてたくさん描いた。

http://loomis.sblo.jp/s/ (※原書)

それと、人物を描くとき、アイレベルより上をあおり、下は俯瞰、と意識して描くようになった。

それまではなんとなくぺらぺらしていた自分の絵に立体感が出た気がして、これも嬉しくてたくさん描いた。


⑤-2 意外と描きたいポーズが描けない

漫画のなかで、どうも自分の描くポーズが硬い気がして嫌だった。

ポーズ個性がない。

たとえば歩く人を複数人描いたときに、左右どちらの足が出ているかの違いしか出せないこと。

本当はちゃきちゃきした歩き方、靴を引きずるような歩き方、スカートズボンの違い、ヒールと革靴とスニーカーの違い、色々あるはずなのに、絵のなかでそれが表現できない。

「絵になるポーズ」の絵しかない。

たとえば座ってごはんを食べる時に、背中丸めただらしない食べ方や、へんなコップの持ち方や、そういう「絵にならない」瞬間が描きたかったし、そういう絵のある漫画は魅力的に思えた。

これについては「他人を観察する」というのを意識的にするようになった。

居酒屋のシーンを描くなら居酒屋で、電車のシーンを描くなら電車

どんな人がどんなポーズをしているかをみる。

ばれない環境なら真似してみるのもよかった。

もちろんその場で全部覚えられるわけでもないが、インプットした分は絵を描くときになんとなくにじみ出てくる気がする。

⑤-3 模索中、そしてhitokakuに戻る

3についてはいまだに模索しているところだ。

白黒の絵の魅力はすなわち描線の魅力だと思う。

グレーで細かく陰影をつければ疑似カラーみたいにできるけど、それは私の描きたい絵ではない。

線の魅力って不思議なもんで、絵のうまさや好みとは別のところで

すごく魅力的でいきいきした線の人がいる。

もしや才能なのか…と思いつつ、ペンの設定を変えたりソフト補正を調整したり、何より繰り返してかきながら自分の思ったような線が描けるように練習している。

hitokakuのはじめは「◯と│をひたすら描こう」と言われるのだが、当時の私はほとんど飛ばしていた。

最近またやってみている。


フラストレーションモチベーション

私は「基本から、教本にしたがって、積み重ねるように」練習をするほどまじめにはなれなくて、

その時その時で絵を描きながら、「もうちょいこういう風に描けたら楽しいのに…」というフラストレーション自分なかに溜まったら練習する、という感じでここまで来た。

もともと私のやる気はそういうふうにできている気がする。

道具もあまり新調しなくて、

今使ってる道具をうんざりするまで使い倒しながら

新しいソフトほしいあたらしいペンタブほしい、とフラストレーションが貯まったところで買うと

わー!なんてべんり!なんてすてき!!と思えて格段に楽しくなる。


二次創作効能

最近気づいたこととして、

二次創作軽率にたくさんやった方がいい」

と思う。

オリジナルの絵を描くのはすごく楽しいのだが、

なんと言っても二次創作他人デザインだ。

そこには自分では思いもよらなかった意匠がある。

そして、好きな作品であればあるほど、顔をかわいく描くことにすごくこだわるようになる。

他人作品触媒にしていろんなアイデア生まれる。

ひとつ作品をねっちり長く描くことも、ちょっと好きな作品をたくさんかきちらかすことも、どちらもすごく絵の練習になった。




前述のように私は今もまだまだ完全に描きたいように描けるわけではなく練習中の身だが、

なんとなく、こういうだらだらした練習のしかたでもそこそこはいけるようになるぜと言いたくなった。

2018-07-04

100円あったら何買うか

むかし、信じられないくら貧乏だった。

今日明日食べるものにも困る始末。家にあるのはわずかな米。

給料日前のもっともひもじい時、財布の中には112円しかなかった。

昼は具なしのにぎりめし1つ、朝夜はなし、予備校勉強し(浪人生時代の話。お金なさすぎて現役ではお金まら大学行けなかった。予備校授業料免除してもらった)、夕方からバイト、もちろんお腹はペコペコ、しかし駅から40分歩かねばならない(駅から家遠い、貧乏ゆえ自転車などない)という毎日だった。

さすがに限界を感じて、駅近くの100円ローソンへ駆け込んだ。所持金112円の私が調達できるアイテムは1つ。

ここで、最もコスパの良いものは何か?という問いが生まれる。

この場合コスパが良いとは、調理がいらず、数回に分けて食べられ、多くのカロリー摂取できるもの

私の導き出した答えは、コインクッキーだった。

直径1〜1.5cmくらいの丸いクッキーがたくさん入ったやつ。バニラココアの2種類が入っていた気がする。

一粒一粒、噛みしめるように味わって食べた。ものすごく、甘かった。

そのあと、無事に志望校合格資金繰りも何とかうまくいき、晴れて大学生となった。学生時代もまあまあ貧乏だったけど、所持金500円くらいはあったかな?

卒業して会社に入って、こんなにお金がもらえていいの?!とえらく驚いたよ。いまはなんと貯金ができるくらい、それなりの生活を送らせていただいてる。

会社員やってる今も相変わらず貧乏性なので、100円ローソンパトロールは怠らない。今日たまたまお菓子売り場を見ている時に、あのクッキーのことを思い出したんだけど、その店舗には売っていないようだった。ふと懐かしくなって増田に書いてみた。あの時は、本当に救われた。ローソンありがとうクッキーありがとう

みなさんは100円あったら何を買いますか?

2018-07-02

コミュ力底上げ教育をしたら殺人が減るとは思えない

インセルによる大量殺人とか、九大文学部8年在籍製麺工場退職無職による殺人とか、

モテない・人間関係欠乏状態の人による殺人クローズアップされるけど、

モテない・人間関係に欠乏感のある状態殺人のような加害行動を安易に結び付けないで欲しいんだよね。

痴漢には既婚子持ちの正社員年収800万円くらいはもらえているような層がとても多いし、

集団強姦するDQN彼女持ちや、逮捕されても出所後に結婚しているようなのがとても多いんだよ。

っていうかコミュニケーション能力が高くて、配偶者子供などを比較支配できる立場を得ているにも関わらず、

更に支配したくてDV虐待・部下へのパワハラといった犯罪行為をするような人間がたくさんいるんだよ。

コミュニケーション能力が低い→孤独他人への攻撃行動をとる、という風に世の中が見えるのなら相当認知が歪んでる。

モテない・人間関係欠乏状態の人が嫌いだから避けたい」という欲望に「なぜなら危険から」という正統そうな理由付けをしたい人、

あとは「モテない・人間関係欠乏状態人殺しを生むぞ、だから孤独な俺を無償で助けろ」と社会を脅して承認強請りたい人、

そういう欲望が「高収入配偶者や子を持つ友達も多い人による加害行動」を徹底スルーする認知のゆがみを作っている。

加害行為を「減らす」のは、コミュ力を上げる教育ではなく、監視カメラを張り巡らせて加害行為が必ずバレて捕まる環境

殺人インセルのような人間は必ず一定生まれる。ゼロにはできない。

彼らはモテたとしても、友達がいたとしても、特有の考え方で被害者意識を強化しストレスを貯め、何かしらの理由を用いて人を殺す。

今日は姉の誕生日

わたしの母は中卒で上京してすぐ父親(大学在学中)と出会った。その後すぐに兄、姉を生んだ。その7年後、わたし生まれる。

いま30になってやっとわかってきたことは、わたしの両親はいわゆる毒親で、姉が私をマシな大人にするためにどれだけ努力をしてくれたかということ。

幼い頃からわたしを親の理不尽から守り、いろいろなところへ連れて行き、わたし可能性を説き、勉強して人の役に立てと言った。経済的援助もたくさんしてもらった。

我が家族はもうすでに離れ離れだ。個人的に困ったことがあっても相談できない。1年に1度も顔を合わさない。ひょんなことから食事をすることになっても、何を話したらよいかからない。

姉にはこれ以上心配かけられない。ちゃんとしなくては。そう思って当たり障りのないことしか言えない。

家族はいったいなんなんだろう

姉に対して反抗したこともあったけれども、家族のなかで姉が一番マトモな人間で、わたしのことも助けてくれた。

姉が踏ん張っている以上、わたしもしっかりしなくてはならないと思う。同時に、自分生活を維持するので精一杯な無力な自分に嫌気がさす。もういやだ、もうむりだ、そう思う。

お姉ちゃんありがとう。ごめんね。

2018-07-01

anond:20180701211252

まず「使えるかも」と思われないことには認識すらしてもらえない。

使い・使われる関係スタート地点で、その関係が長期になると情が生まれる。

使えない人は認識されない、何の関係も生まれない。

2018-06-29

入社三ヶ月の感想

https://anond.hatelabo.jp/20180528233406

試用期間がそろそろ終わるらしい。

今月は20~25hくらい。

【今思うこと】

・なかなかに黒い

今月末付で同じ部署の方が異動になる。しかも別の部署へ。イメージとしては技術部から営業部に異動、みたいな感じ。

役職名も○○部長付、みたいな謎の役職らしい。ひょっとしてこれは追い出しにかかっているのだろうか。おまけに組織図とか内線表には名前が載らない。これも嫌がらせの一環らしい。いい年した大人しょうもない……。

仕事が山積み

急ぎでやって、と割り込みタスクが山のように発生するため、もともとやっている仕事スケジュール表通りに終わらない。もちろん納期には勝てないので、残業してどうにかスケジュールを守らなければならなくなる。

今月でとりあえず20時間は超えているはず。正直残業ダメだ、体がどんどん壊れていくのが分かった。人間扱いを受けられない。

業務フローにクソデカボトルネックが作られた

タスクが終わらない要因の一つ。

ある処理を行わなきゃタスク達成にならないのに、ある処理を行う方法が「同じ課内で済む」から「他部署確認取らないとゴーサインが出ない」に変化した感じ。

要するに一人しかできない作業が生まれたということです。おまけにその一人(とてもえらい)は出張やらなんやらでほとんどいないので、いつ処理終わるの?

とは思っていても、新人がこういう謎業務フローに首を突っ込んでもろくなことにはならないので、諦めて黙っている。

上司が苦手

合わない。

普段発言がおそらく無意識攻撃的になっているので、まともに取り合うと疲れる。攻撃的な言葉こちらに向いていなくても嫌な気持ち生まれる。

【所感】

どうしてこの会社は今もなお健在なのか、と思ったけど、なんかうまく生きてきただけであと何年持つかなって感じがする。うーん……。

2018-06-28

はてな邪悪とかのはなし

俺は2chふたばも4chもTwitterFBも、加えて言うとしたらばやPixivもそれぞれ結構長くやってる増田で、一部ではコテハンすらあるけれど、この増田がそれらと比べてマシだったりあるいは邪悪だったりするなんて言う事実はないよ。

それぞれのサービスでも、それぞれのサービス内部で荒れてるところもあれば、凪いでるところもある。事実増田を5年以上使ってるけれどHagex氏はブクマを数回つけたつけられたくらいしか接点がないし、それも検索してわかったくらい記憶にない。先生に至っては存在認知してなかった。

そういう部分論を別にして、それぞれ全体を総括したところで、大した差はない。増田で数年前に何回か見かけた「増田はそれらのサービスの中で民度的にはまだマシ」みたいなのも幻想サービス全体の民度よりも、その時の話題リードしてる少数の書き手能力次第だよ。

たったひとつ問題提起したいのは、増田(と言われているサービス)界隈って実際には増田はてブ相互乗り入れあってコミュニティ形成している店なんだよね。増田は完全匿名IDすらでない)で、はてぶはアカウント名がでる。

IDが出るサービスTwitterしろFBしろ)はIDが出る故に功名心というか承認欲求がどうしても出ちゃって、結果としてIDごとの人気カーストみたいなもの生まれる。そこからまれ軋轢問題をどう処理していくか(あるいは処理放棄するか)ってのが設計上の課題になる。匿名型のサービス2chとか)は匿名である特性のものに、そういう自己承認トラブル抑制を期待している。

でもこの増田界隈はそのふたつの相互乗り入れっていう合体文化であるために、IDを明示したアカウントの人気カーストみたいなものと、匿名での煽り自作自演っていうものが融合しちゃってる。まあ、ありていにいって混ぜるな危険的なとこはあるよね。だからといって批判しようとかは思わないんだけど。なんせそれコミでいったところで、他よりましでも下等でもないって言う実感なので。

何にせよここは特別場所じゃないよ。だから事件が起きても「特別場所で起きた特別事件」じゃない。

2018-06-27

anond:20180627121320

無敵の人」が共産主義と違うのは、

特定イデオロギーに拠らないところ。

他人から承認されない」などの「不遇」そのものが条件なので、共産主義よりも弾切れしにくい。

社会がどういう形であれ、弱者を生み出せばそこに生まれる。


そして、「無敵の人」は命すら軽く見てる。

職業テロリストにはない、ある意味強みだよ。

anond:20180627095159

誰も助けないから、「無敵の人」が生まれる。

無敵の人」に襲われたときに、助けなかった自分の愚かさを悔いろ。

2018-06-26

やっぱり氷河期世代は処すべき

現代日本の不幸の根源となる氷河期世代が今すぐ消えれば、この世から不幸が消えるんじゃねーの?

氷河期世代という負債がなくなった分のリソースで、高齢者には緩やかに死んでもらって、未来ある若者投資できる。

食い詰めた者の孤独死も、財産尊厳も奪われ気が狂った者による自殺無差別殺人もなくなる。

まれから死ぬまでお荷物扱いが確定していた氷河期世代は、日本の不幸を背負って天に帰った救世主として生まれて初めて社会に貢献する。

かくして幸福大国ニッポンがここに生まれる。

2018-06-23

anond:20180623214000

こういう書き込みってなんで作品タイトルキャラを隠すんだろう?女性オタク界隈にありがちだがそういうのを見て常々思う。何か迷惑をかけるケースがあるとでも思っているのだろうか?そういう発想が理解できない。そりゃ例えば実在アイドル二次創作、のような分野だったら別だが、その手のアングラではない、一般的商業流通上にあるパブリック作品のことでも必要以上にボカして特定できないような書き方をする人が多いように思う。個人的には、自分の思ったことを匿名ですらハッキリ正面切って伝えられないのは、配慮ではなく惰弱なだけだと思う。偉そうに言うが、それは世の中に微塵も変化をもたらさない。もっと世の中と、他人と、その化学変化を信じろ他人の善性を信じて、自分の思いも過小評価したり卑しめたりするな。そういう声はきっと作り手にとっても貴重なものだ。具体的な言及きっかけで、興味を持って始める人がいたり、開発者に届いていったりして初めて、状況が変化し、何かが変わる。その可能性が生まれる。もちろんその変化を望む人と望まない人がいるだろうが、自分の鮮明な声が表に出ることを躊躇う必要はない。なぜなら、自分が発した声というのは所詮たくさんの声のうちの一つにすぎず、実際に変化があったとしたら自分だけの声によるものではないからだ。いい意味で自惚れるなという事だ。自惚れないからこそ妙な自意識を捨て、自我の殻を破って物が言えるようになるのだ。そうやって殻を破って発言する人たちの意見によって、世の中のあらゆる物事はつねにバランス調整がなされている。だから曖昧物言いをする人や裏でコソコソ言うことしかできない人というのは、その習性自体によって、自分を世の中とマッチしない生きづらい環境に自ずと追いやっているのだ。それでもそういう人たちの言い分としては、ただボカして一般化した言い方をして、自分の好みはバラさずに「分かる」「あるあるだね」と共感を得たい、それで十分だ、何か干渉したい訳でもないし出来るとも思わない、そんな所ではないか。そういう人がいてもダメとは言わない。だがそれはエゴだ。何かのコンテンツを楽しんでいるという時点で、社会に、コミュニティに、経済に参加している。無干渉傍観者ではありえない。自分の席はカウントされている。そういう場を仕切っている人たちは、ボカされた独り言をいちいち汲み取りに来ないし、直接言われた場合ですら腰を動かすのが重い、重くならざるを得ない人たちだ。ともかく、人の輪の中で生きている自覚があれば、フィードバックは責務に近いものだということ、その内容は率直なものであれば何であれ大事にされることが分かるはずだ。

 

主語を大きくして話すならば、日本女性社会進出がかなり遅れている原因の根っこには、このような「(思いはあるのに)ハッキリ具体的にどうしろと主張する習慣や発想がない」という、悪い意味の奥ゆかしさがあるせいだと思う。もちろん女性にもハッキリ言える分野はあるのだが(生活態度やマナーなどは言いやす典型)、「物事をどう進めるべきか」のような思想的・政治的な、言わば男性が主導してきた分野についての主張を適切な場で訴えられる人となると極端に少ない印象がある。まずはネット書き込みから、声を上げる練習をしてほしい。増田なんてそのためにあるようなものだ。もっとも、この件に関しては普通に運営要望メールを送るのが最善だけれども。すでにそれをした上で、ここで与太話をしているのだったら申し訳ない。

2018-06-20

anond:20180620004315

発達障害舐めんなよ。お前は部屋の体積の半分がゴミになっても後回し出来るか?そのくらい物事優先順位がつけられないという脳みそバグ生まれる。薬が効いて改善した人間からすると、脳みそが正常に働けばこんなに生きやすいのかと思う。早く発達障害の症状が出る薬できてお前にも体験してほしいわ。

2018-06-18

[]アルテミジア・ジェンティレス

1593年、画家であるラツィオ・ジェンティレスキの娘として、ローマ生まれる。

弟たちと共に絵画を学ぶなかで次第に頭角を現した。

画家としては、カラヴァッジョの盟友であった父を通して、カラヴァッジョの影響を強く受けている。

女性であったせいで満足に絵画技法を学べないアルテミジアのために、オラツィオアゴティーノ・タッシという画家教師として雇った。

しかしアルテミジアが17歳のとき、タッシは強引にアルテミジアと関係を持った。

結婚をちらつかせていたもののタッシにその気はなく、それを知ったオラツィオ強姦の罪でタッシを告訴した。

タッシは余罪とあわせて2年間の懲役を課された。

その取り調べのなかで、アルテミジアは真実を明らかにするために、すすんで拷問を受けたという。

こういったエピソードのために、アルテミジアは後世にフェミニズム文脈で注目されることとなった。

その後、別の画家結婚したアルテミジアは、フィレンツェで大きな成功を収め、芸術アカデミーにも加入することができた。

ガリレオ・ガリレイとやりとりした手紙も残っているという。

夫と別れたあと、ローマヴェネツィアナポリ転々とした。

一時期、イギリス父親と共に仕事をしたが、オラツィオはまもなく亡くなり、その後はまたナポリに戻った。

亡くなった正確な時期は不明だが、1956年ごろに疫病で亡くなったとも。

2018-06-16

同い年の俳優を推せない

舞台に通うのが趣味で、出演者の中で気になった人を追ってまた違う舞台に通うという生活をしている。

気になった人ができたら当然まずはプロフィールを調べるんだけど、そのときに同い年だとわかるとなんかモヤッとして推せなくなる。

「この人は私と同じだけの時間を使って私とこんなにも違う生き方をしている」ということがなんかモヤッとする。これが尊敬なのか嫉妬なのか自己嫌悪なのか何なのかわからないけれど、とりあえず雑念が生じてしまう。

同い年だって知る前にめちゃくちゃ好きになった人だったら「生まれ場所さえ違えば、この人は私の隣の席にいたかもしれない」っていう、よくわかんないけど後悔みたいな感情生まれる。

年上だったら素直に尊敬できるし、年下だったら「がんばってるなー」って応援する気持ちになれるのに。同い年にはそういう感情を持てない…というか、持てるけどそれ以上に雑念が生じてしまって嫌になる。

推したいのに、推せない

2018-06-15

奥さんのお腹が大きくなっていくことが恐い

自分の奥さんが妊娠していて、日に日にお腹が大きくなっていくんだけど、それを見ることが恐い。なにがどうなっているのか分からない。

奥さんにとっての子供は確かに存在するんだと思う。生まれるでの10ヶ月前後お腹なかにいて、自分の体の形がどんどん変わっていくし、体重も重くなって、体調も変化する。だから子供存在物理的に肌で感じることができる。子供がいなかったときと、お腹なかにいるときとではっきりした変化がある。

でも。自分にとってはほとんど何も変わらない。

だって子供が生まれるまでに自分したことは、数秒間射精しただけでしょ?

それだけなのに、自分のその行為が原因で奥さんのお腹がどんどん大きくなっていく。そるがめっちゃ恐い。異常事態だと感じてしまう。いまだに慣れないし、早くもとに戻ってほしい。

子供には、徐々にお腹が大きくなる奥さんのサポートを通して、間接的に関わることはある。でも、それはあくまで間接的な関わりであって、子供存在を実感することはできない。自分生活は変化するけど、自分の体には変化は起きていない。

たとえば、子供が奥さんのお腹を蹴ったとき

そのときに、奥さんにしてみれば自分の体のなかに別の個体存在していることがはっきり分かるんだと思う。でも、それをお腹に耳を当てて聞いている自分は、お腹がいきなり動いて怖い!としか思えない

これでもし子供が生まれたとしても、やっぱり自分は、その子自分の子供だということは理解できないような気がする。

射精する→奥さんのお腹が大きくなる→子供生まれる。

この一連の流れが矢印で繋がっているとは、頭では理解できても、どうしても実感できない。こんなので子育て出来るんだろうか。

みんなよく笑顔子育て出来てるなと、思った。

[][][] 科学を制する者が、地球を征する

強力な武器は、科学技術によって開発される。

科学力のない国は、強力なエネルギー、強力な武器を開発できない。

人類は、科学の成果を戦争に使ってきた。

 

アメリカが最強の武器を開発できたのは、最強の科学力があったからだ。

日本科学は、時代遅れ

日本武力は弱い。

 

日本政府は、外国圧力で、科学研究に力を入れることができない。

外国の手先が、日本の政治家の中にもいる。

彼らは、日本科学力を下げるために、科学研究予算カットする工作に尽力している。

 

日本人は人類で最高の知性を持っているので、日本人が本気を出したら、人類最高の科学力を手に入れることができる。

日本人は、地球支配者になれる可能性を持っている。

黄色人が地球支配したら、人種差別主義者は困るだろう。

なぜなら、人種差別主義者は、自分達が地球支配者になりたいからだ。

 

しかし、水瓶座時代は、もう始まっている。(たかだか人間には、宇宙運行を止める力などないからだ)

日本人の中からニュータイプ生まれる。

日本新世界創造の中心になる。

地球未来日本によって守られる。

2018-06-13

[]アニェス・ソレル

1421年、フランス生まれる。

一介の兵士の娘と言われるが、大変な美女で、教養もあり、20歳ときフランス王シャルル7世と出会い、その後に愛人となった。

フランス史上初の公妾といわれる。

これまで男性しか付けなかったダイヤモンド女性で初めて身につけるなど、贅沢のかぎりをつくしたが、四人目の子供を妊娠中に28歳の若さで亡くなった。

現代研究者調査したところ、遺骨から大量の水銀が検出されて水銀中毒死とされ、毒殺されたとも言われる。

自らの美しさに自信があったためか、片方の乳房を丸出しにすることを好み、その姿で多くの絵に残っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん