「生まれる。」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生まれる。とは

2020-06-01

anond:20200601121500

兄弟間での待遇格差や、兄が大学入学するまでと、弟が大学入学するまでとで両親の諸々の状況が同じとは限らんだろ。

6歳以上の差があれば、兄が大学入学した後に中高の一番勉学にコストがかかる期間を過ごすので、かなりの差が生まれる。

2020-05-27

anond:20200527093130

こういうやつがいから社員に甘い顔見せるとつけあがられるって風潮が生まれる。

ヤル気はあるんだろうけど、古巣からクレームつくようでは大きくなれない。

どっちにしてもコミュニケーションとってみれば?

形だけでもしおらしい態度みせてくれれば付き合い継続してもいいし、開き直った態度とるようなら出入り禁止だな。

2020-05-24

実際どこから炎上加担なんだろうな

テラスハウス番組の作り方が悪いみたいな書き方してる奴がいる。それも否定しないし本当のところの動機はわからないけど

え、じゃあお前は自分含め視聴者には責任がないとでも思ってんの?って話

anond:20200403084145 で 「○○が自殺したらどうすんの?」構文が印象は最悪、なんてブクマが星を集めていたけど、まさに今必要になったのがその想定じゃないの?実際岡村隆史平田オリザ自殺したらどうしたんだ。あるいは自殺でなくとも精神的にダウンして社会復帰できなくなったら?それはセーフか?死ぬこと以外かすり傷?

炎上が原因と仮定するなら、少なくとも一部の視聴者集団リンチ自殺教唆に加担してるよな

そして気になるのは、「じゃあどこから炎上に加担してることになるの?」というところだ。

現在俺は明確な基準を持っていないが、今反省しなければまた同じことを繰り返すだろうから、ここて言動パターンを列挙しながら炎上加担のボーダーを探ってみたい

誹謗中傷

・本人に対しオープンな場で誹謗中傷する

ここでいうオープンとは、不特定多数アクセスできるという意味TwitterとかFacebookとかブログとかはてぶとか増田とかで「死ね」「消えてくれ」と伝えるイメージ

さすがに言うまでもないよな。

・本人に対しクローズな場で誹謗中傷する

メールとかDMとか 

・本人向けでなく、オープンな場で誹謗中傷する

陰口の類。「あの人死んでほしいね」など。

・本人向けでなく、クローズな場で誹謗中傷する

メモ帳悪口を書くイメージ

なお実際にはクローズ度合いにもグラデーションがあり、鍵垢の親しい人に向けてのみだとしても、人に意見を伝えて影響を与えるなら、無縁とは言えない

批判

・本人に対し、オープンな場で批判を述べる

発言側、受け手側の両方で、批判非難区別がついてないと、精神ダメージ生まれる。俺の場合批判だとわかっていても内心つらい

・本人に対しクローズな場で批判する

人目につかないだけまだマシか?俺ならつらい

・本人向けでなく、オープンな場で批判する

議論を巻き起こして大きくなる可能性はある

・本人向けでなく、クローズな場で批判する

メモ帳批判を書く など  

ネガティブ感想

・本人に対し、ネガティブ感想を述べる

twitterで「応援してましたけど残念です」の奴がわかりやすい。俺だったらこれでも十分辛い

・本人向けでなく、オープンな場でネガティブ感想を述べる

「あの人は応援してましたけどね〜残念です」の奴

・本人向けでなく、クローズな場でネガティブ感想を述べる

日記など。さすがに対岸の火事みえ

ポジティブ

・本人にオープンな場で擁護ポジティブ意見を述べる

「わかります」「悪くないですよ!」「頑張ってください!」の類。いわゆる火消し。うまくやらないとさら炎上したりする。

俺が増田炎上したときは、めっちゃうれしくて感謝した。

・本人にクローズな場で擁護ポジティブ意見を述べる

DMで伝える場合オープンな場で行ってくれよ、と本人は思うのだろうか

■その他

炎上した記事書き込み拡散する

リツイートいいね など。もちろんブクマを含む。

実際の火事になぞらえて言えば、薪のようだな

現実に人と話す

さすがに本人まではかなり遠いかもしれないが、影響がないとは言えない

ちなみに実際には「相手」の変数公人著名人一般人さらには誰かの作品なんかも含まれるだろう。それによって深刻さは変わってくるのだが、別に区別しなくてもいいんじゃないの、と思う。

相手安倍でも枝野でもトランプでも習近平でも、きゃりーぱみゅぱみゅもつるの剛士でも、知らないどこかの男でも女でも若者でも老人でも、相手属性で言うこと決めなくてもいいじゃん、とね。相手が〇〇だからこれくらい言ってもいいか!っていじめパワハラと地続きだから

さてどうだろうか、どのパターンならOKで、どのパターンは慎むべきかなどの判断が少しでもはかどったなら幸いだ。

個人的にはSNS意見を言うときはなんであれ、炎心でなくとも火種火花や鱗粉になる可能性があるんだなと感じた。不要不急のネガティブ意見メモ帳に限る。どうしてもネガティブなことをいいたいときは、慎重な言葉定義で誤解を減らし、あくま意見に対する反対意見であって相手自身非難するものではないこと、そしてむしろ相手を立てることを表現しないとな、と感じた。

また自分経験から言えば、たったひとりから一見正しそうな意見でも、荒い言葉遣いでガツンと来られたら、そこそこ精神ダメージを受けた。

それが目に見えない大人から人格否定されてしまったら、どれだけつらいかからない。ヒトってたぶん、そういうダメージに耐えられるようにデザインされてない。

いくら考えても結局本当のところの動機はわからないけど、

少なくとも「理由があれば誹謗中傷してもいい」として振る舞ってる奴は、自分言動に線引きして制限したほうがいいんじゃないかな

じゃないと、また無自覚に人を追い詰めて、何かあっても「仕組み、仕掛ける側が悪い」って言い訳することになってしまうから

2020-05-23

観光列車で行くぞ

ブルジョワたちの鉄道イベントは、特別車両の貸し切り列車でやってくれ。新たにレジャーをつくるために、巨額の資金が投じられ生活鉄道を使う人は追い散らされる。そんなことを当然のように受け入れたりいっしょになって応援したりしたくない。むつかしいことを言っているようで、鉄道屋や周辺の自治体がやっていることは結局どれも金儲け。お金が動く。権益生まれる。人が蹴散らされて生活が奪われる。それが2013年から続く観光列車路線なら、そんなものは要らないと声を大にして言おう。定期の観光列車はなくしてくれ。差別排除破壊レジャー観光列車日本からやめさせよう「延期」じゃなくて中止だ中止だ、いや廃止廃止

人生真面目に過ごすと損する話

色々波乱万丈な人生みたいは話が世間にあふれているじゃん?例えば中高不真面目だったとかさ。

でもだいたいそういうやつって、過去にあれていても結果うまくいったりするわけ。そもそも中高生ときはわりと学生生活エンジョイしてるわけよ。

じゃ、おれにちょっと半生語らせてみてみ?

------

地方都市中流家庭に生まれる。

小学生低学年で逆上がりがなかなかできず、運動神経がよくないことに気づく。宿題はこなすことはできるので、なんとなく勉強は人並みにできるのかもしれないと思い始める。

高学年でバレンタインデーなどのイベントを知るが、全く数にはいってなく、チョコはもらえず。しかし異性に興味をもちはじめる。

中高生では優等生

はいいほうで模試でもだいたい学校の上位10%に入る。通知簿にはおとなしく真面目の評価。年によっては皆勤賞も。

一方で軽いいじめキツイいじりの中間のような扱いをされて、「学校楽しい」というワードイマイチぴんとこない。

似たような雰囲気の男同士で教室の端っこでもそもそしている。陽キャ女子と仲良く話しているのを尻目に、必ず逆転してやると負のエネルギーをためこんでいく。もちろん自分女の子と仲良くなったり告白されることもなく、大してコミュニケーションもないまま大学へ進学。

名大学へ入学サークル学業は充実する。ここでも真面目さを発揮し、GPAは良いほう。

研究室希望のところへ入るも、研究自体泣かず飛ばずサークルで仲良くなった女の子告白するも撃沈。就活に精を出す。

そのまま大手企業就職大企業のため親は大喜び。でも結局、童貞のまま。社会人になってもガールズバーキャバクラの類には行かない。でも、さすがに童貞のままじゃいかんと思い、会社の同僚とともに風俗へ。「なんだ、あれほど切望していたセ●クスってこんなもんか..」と27歳にしてやや幻滅する。

30前後彼女がいないことに本気で焦りだし、出会い系サイト女性と知り合う。そこで体の関係をもってくれたことに感激しつつ責任を感じ結婚する。しかし、体の相性もテクニックもしらない俺はまたたく間にセックスレスへ。家庭内自分価値を少しでも上げようと掃除洗濯・炊事と家事ほとんどをこなし、優しい夫をアピールしている。

せっかく入った大手だが、思った以上に収入はのびない。ホワイトっちゃホワイトだが、年収500〜600万がいいとこ。結局学生ときフラフラしてたやつらとそう変わらないどころか、彼らは自分で店を経営してたりする。学生ときに誓った逆転も、全くできていない。

------

はい、ここまで書いたが、これ真面目系クズの話に近いよね。でも別にクズ要素ないよね。で、増田結構当てはまってるんじゃないかと思う。もちろん、仔細は異なるだろうが、共感するところがある読者も多いのではないだろうか。

学生あいだは大人の言うことを疑わずに信じ、要領を得ることを知らず、モテに対しても斜に構え、特段の努力もしてこなかった。

今でも青春コンプレックスはぬけないため、日本ドラマはキツくてみれない。現実であっても、彼女に外でフ●ラさせたとか、会ったばかりの女とヤったとか、信じられない刺激的な話題で溢れている。自分人生にはそういう体験は訪れないんだろうと思うと、呆れ、絶望する。

大人は俺をこう育てたかたからこうなった。しかし、今になって自分人生でない気がしてくるのだ。

2020-05-19

anond:20200519135746

自分が「果たしてこれは面白いのか?」と悩んだとき解釈する一つの要素として、自身性別と作者の性別差異があることはままある。

あくまマジョリティ男性向け作品男性作者が、女性向け作品女性作者が描いていることにより安心生まれる。

マイノリティとして時々斬新な異性観点による異性作者作品がもてはやされることは、ままある。

2020-05-15

キズナアイ騒動に学ぶチコちゃんの分裂プラン

岡村降板させるより実りが大きいよ。

NHKインタビュー性的搾取問題になった時、キズナアイちゃんの中身が乗っ取られて人間宣言を発した。

いろいろあって最終的にキズナアイちゃんの中に複数人格が生まれ、それぞれが分裂して別の人生を歩むことになった。

チコちゃん場合、今は中におっさんが入り込んでマンスプレイニングを展開し、岡村ゲスト翻弄している。

これを機に各分野の運動家にもチコちゃんの中に入ってもらい、それぞれ福祉を訴えるチコちゃんジェンダー平等を訴えるチコちゃんなど分離独立してほしい。

矢部にも一体のチコちゃんに入ってもらう。

それぞれのチコちゃん岡村を叱り、やめちまえと叫ぶ。

今より健全体制生まれる。

2020-05-09

エロ漫画イラストレーターをやってるんだが…

2つ悩みがある。

1つは、最近エロ絵を描いている度にフッと冷めて絵の仕上がりが悪くなった。仕事でやっていたりするので冷めるとヤバい

一度冷めると3日位仕事にならんくらいにウンザリ状態が続く。その間に仲間の作家はどんどん絵を仕上げているというのに。俺は進まない。


2つ目は、特定タグの絵は評価が多いのに他の絵になると途端に興味を惹かれなくなりやる気が消え失せる。

主にデレステ関係一般絵を描くんだが一度描けば半日で1万いく位の評価がもらえるのに、全然関係ない作品(でもメジャータイトル)を描いても千すら越えない評価で終わることがある。

例えば鬼滅の刃なんかは話題タイトルからと描くが、まったく興味を持たれない。エロ絵にすると速攻で1万近くいく。一般絵で興味をもたれたい。

正直な所、エロなんかはラフを描くだけで5~6000の評価はもらえる。ラフなのにだ。どんだけエロに飢えているんだよと思うことはある。

評価してくれるし嬉しいのは間違いないのだが、一般絵は興味を持たれない。デレステだけは一般絵を描くと高評価になる。一度ラブライブ艦これも描いたがあのへんも一般絵の評価は高い。

それ以外はエロじゃないと興味を持たれない。あー、俺はエロ以外じゃ評価されないんだなーと落ち込む。

もちろんこれだけ評価もらっているんだからありがたい。絵を描き始めた人や描いているがなかなか評価をもらえない人と比べればぜんぜん違うし、今頑張っている人も増えるよう頑張ってほしいと思う。

こんなふうに落ち込んでいる。

まあ…たぶん自分の中で一般絵で勝負したいという自分と、評価はもらえて当然という感じのグルメになった自分が戦ってるんだなあ。

エロってちょろいジャンルなんだよ。その反面で一般絵を描くなら身体の動きや質感を覚えるのに大事ものではあるんだが、これを仕事にすると前述したような悩みが生まれる。

フッと冷めるのは仕方ないと思ってる。倦怠期みたいなもんだから

ただ…一般絵の評価は堪える。全然興味を持たれないのは辛い。ある意味初心者の頃を思い出す。誰にも見てもらえない時のあの辛さを思い出すのは痛い。

ああ、一般絵の評価やすのって、どうすればいいんかなあ。

2020-05-05

私の親は芸術と呼ばれるジャンルで食っている。親が芸術で食っているということは、子の私も少なから芸術理解者によって育てられたわけだ。

そんな私の感覚としては、芸術文化はほんの一部のお金持ちが育てている。市民芸術を育てるとはとても考えられない。

というのも親の収入の多くはお金持ち、パトロン依存している。

芸術に対してお金を出す市民ものすごく少ない。ほんの数千円すら出さない。

一方で、数十万円、数百万円出す人もわずかだが確実にいる。

例えば、作品を5千円で買ってくれる人を100人見つけるより、50万円で買ってくれる人を2人探す方が簡単、というのが芸術世界だ。

かつてそうだったように、所得格差により芸術家の生きる道が生まれる。

演劇界隈はどうしてそれがわからないのか不思議でならない。演劇パトロンに育てられていたのではなく、ただ演劇家志望から搾取していたからではないのか。

anond:20200505000330

ぜんぜん。楽しがってるやつの心境もまるで理解できない。

共感ニューロンが活発なら虐げられている対象共感して、痛そうだとか苦しそうだからやめるべきだ、という発想が生まれる。それが普通の反応。ちなみに扁桃体を手術で削られた少女は、ホラー映画を見ると爆笑するようになってしまったらしい。ニューロンとは関係ないが扁桃体問題かもな。どちらにせよ普通じゃない。

2020-05-02

anond:20200502124548

ゴールデンエクスペリエンスはいだって心のなかで生まれる。

それを得るために物理的な外界に依存するのは甘えなのである

物質主義を改め、我々の中にある本質的ものを見つめるウィークにしようではないか

2020-04-27

anond:20200427195802

農耕定住生活での力仕事重要性が上がったのではなく、農耕・定住生活で富の蓄積が起きたからだよ。

狩猟採集生活の時には、おおきな獲物を狩るのは男集団役割から、力仕事という面での重要性は農耕・定住生活と変わらない。

でも狩猟採集民は季節移動するため、富の蓄積が起こりにくい。

 

農耕・定住生活をするようになって、倉庫つくって蓄える、すなわち富の蓄積が可能になった。狩猟採集生活時代にも「富」はあったが、それよりはるかにでかい

役割分担も生まれ、つまり格差社会生まれる。蓄積される富はより大きくなる。

富の蓄積が起きれば、「誰がそいつをできる限りたくさん独り占めするか」という競争がより激しくなる。 

競争が起きれば男と女じゃ男のほうが圧倒的に有利だ。そもそも闘争適応して進化した性だから

そういうわけで、さら社会には地位身分というものが生まれ、同時に男女の間にも狩猟採集生活にはあまりなかった身分上下が開くようになった。

もともと女というのは男にとって唯一の生殖資源だ。そのため論理的には女を「男の管理下にある資産」としたほうが、男の利益を最大限追求できるからだ。女の人権蹂躙されるが。

 

農耕・定住生活になってからいきなり変わったのではなく、もともとあった性質がより強くあぶりだされただけのお話

anond:20200427154006

必要仕事ならそれこそ保護する必要がないんだよ。

必要仕事ではないが需要が見込まれからこそ保障する意義が生まれる。

風俗酪農家国営化する必要はないしされてない。本当に必要仕事なら自由化議論自体が起こり得ない。国でやらないといけない事だから

農業について言えば企業参加の促進などに助成金を出す。並行して自由化も展開する。企業がペイするレベルまで発展すれば保障する必要がなくなる。すでに農家依存しない体制が少しずつ進んでいる。当然だよね、なり手がいないんだから。本当に必要なら、徴農でもさせるべき?

風俗保障されないのはひとえに保障するに足る実需がない。風俗がなくても性処理には困らない。必要ではない。

風俗がないと性処理できないというのはそれ自体がすでに歪んでると思うよ。面と向かっては言わないけどね。

2020-04-22

一人暮らしの人は、今すぐ、パルスオキシメーターを買おう。

コロナ感染したら、ほぼ間違いなく自宅隔離になる。

そして、肺炎になったら、「耐えられなくなったら救急車呼べばいい・・・」と思っているうちに、呼吸困難意識を失って窒息死する。

実際、耐えられないなと感じて救急電話したとする。

あなた必死に、40度の熱が14日続いているんです、頭痛が痛いです、かなり息が苦しいです。と

自分の症状の酷さを思いつく限りの言葉表現して、繰り返し訴えたとしても、こう言われる。

「でも、水は飲めるんですよね?なら大丈夫です。」と。


大丈夫と言われたら、我慢するしかないじゃないですか。失神するまで。

失神後は当然、そのまま窒息死する。

これが今まさに関東で起きている現実である



だが、もしもパルスオキシメーターを持っていて、自身の経皮的動脈酸素飽和度( SpO2 )を伝えることができたなら、

あなたには助かる可能性が生まれる。

普段のSpO2 が 97 だったのが、この数時間で 93 になりました。」

電話で伝えれば、医療関係者は目の色を変えてすぐに救急車を送ってくれるかもしれない。


医療関係者自身重症度を正しく伝えることができる唯一の手段が、SpO2 なのである

コロナで自宅療養中に孤独死したくなかったら、今すぐ、パルスオキシメーターを買おう。

死んでから買うのは手遅れだからね。

2020-04-21

anond:20200411001225

その機械生産維持管理保守仕事生まれる。

自動車の出現によって、車夫や馬は不要になったけど、自動車産業の出現によって雇用は増えている。

2020-04-16

独身税のはじまり

コロナ対策として一律10万円の給付が始まるのがかなり濃厚になってきた。

これまで、収入一定まで下がった「世帯」に対して30万円の給付があるとか言われていたが、それもなくなった。

今回の一律、というのは全国民対象らしいので、夫婦であれば20万、夫婦子供n人で20+10n万。

単身だと10万。

等しく税金を払っているはずなのに、この差はなんだ?

子供がいる家庭は、10万円がそのまま子供の小遣いになるだろうか?

なるわけない。家庭の金になるだけだろう。

ならば、子供が1人いるだけで、消費支出10万も増えるのか?

普通10万もかからないだろう。

よしんばかかるのだとしても、習い事をたくさんさせているとか、やたら食費かかるとかが理由であって、病気などの致し方ない理由以外が大半だろう。

そもそも子供がいるってのは、それなりに経済地盤が固まっているからこそなのではないか

それなのに、子供がいるってだけで家庭で消費できる金が10万以上増える。


独身独身でない世帯で単に2倍以上の給付額の差が生まれる。

等しく国にお金を納めているはずなのに。

これは実質の独身税だろう。



日本は単身世帯を切り捨てようとしている。

このご時世に。

結婚が全てらしい。

このご時世に。


まあ少子高齢化が進んでいるし、さもありなん、か。

将来のために罪なき子供にはすくすく育ってほしいし、大人だって必ずしも罪があるわけでもない。

非常事態のための貯蓄をしておかないのは一種の罪であろうが、

それができない人が大勢いるのも分かる。


ともかく、国は独身より夫婦を、子供のいる家庭を選んだ。当然だ。

今後日本を発展させていくのは子供なのだから

日本に住む独身よ、これから独身税が始まるぞ。

独身負け組だ。恥を知れ。

GWでの感染拡大シナリオ

仕事が減っていることもあり、有給休暇の推奨などで例年より長期休暇になる。

現在緊急事態宣言によって効果が表れる時期で、毎日感染者のグラフが右肩下がりになり気が緩み始める。

せっかくの長期休みなので出かけたいという雰囲気蔓延してくる。

10万円交付が確定し、それをあてに先に使っても問題いかという雰囲気生まれる。

既に長期の外出制限に飽きてくる。


以上からGW明けでは感染者数がグラフからは減っているものの、リアルタイムでの感染者がわからないこと、

経済へのダメージから緩和される。


5月末に感染者数が増大してくる。

2020-04-15

zoomコミュニケーション、むずくね?

仕事zoom使っている人に相談。助けてほしい。アドバイス下さい。

はっきり言って、zoomでのコミュニケーションがうまくいかない。

こんなご時世なので、Twitterで、zoomのことがよくトレンドに上がる。色々チェックしてみると、どこぞの企業の人事や偉い人は

「むしろzoomSkype面談でのコミュニケーション能力も重要なんじゃないか?」とまで言っている。

僕が感じている問題点は、


zoomで音声会議をすると、相手の顔が見えない。表情が見えないので、相手が何を考えているのかわからない

雑談を交えながらのコミュニケーションができない

相手の話にリアクションしづらい

といった点だ。

相手の顔が見えない問題

僕の会社でのzoom会議は、基本的に音声会議だ。

相手の顔が見えないので、僕の発言内容に肯定的な反応を示しているのか、否定的意見を持っているのか、なかなか見えてこない。

かといって、こちから「~さん意見ありますか?」と指名してしまうと、学校の授業のように「突然の名指し!」という展開になってしまう。

音声会議だと、自分の考え方や会議での意見が、どのように捉えられているのか、僕の発言を受け止めた人の「もっとこうした方が良い」というサインを見逃してしまうのだ。


雑談交じりのコミュニケーションが出来ない

普段会議で議題を話す合間に少しだけアイスブレイクとして出来ていた近況報告や、「そういえば~」から始まる話題を吹っ掛けにくい。

なので、どの部署の、誰が、どのようなことを考えて、行動しようとしている…という思惑が読み取れない。

出社して雑談すれば、「最近さ~」と話し始めることもできる。その話を聞いて「この人は次にこういうアクションを取るだろうな」と予測して、

社内の見えない動きを確認していたが、それが出来なくなってしまった。

相手の話にリアクションしづらい

zoomにはslackでいう、リアクション機能が無い。slackで投げかけられた質問や疑問にはリアクションが返せる。顔合わせの会議は、リアクション(表情)で返せる。

だけど、zoomだと返ってこない。どうしたものか。

話を聞きながら、頷きたいところだが、複数人になると、同時に皆が頷きハウっているような気持ち悪い音が生まれる。

なので、迂闊に頷けない……。

zoomに、コメディお笑い番組のように観客が「わーっはっはは!」と笑うSEとか、「いいね!」という声が流せるSEボタンとか、そういうリアクションが流せる機能実装されて欲しい……。


コミュニケーションが正直苦手な僕は、リモート期間に評価もっと落ちるのではないかと、ひやひやしている……。

2020-04-14

anond:20200414090242

国全体の資金需要資金調達しての支出ISバランス投資)と資金供給(貯蓄)は一致するのだから

家計資金供給側として、企業資金供給側なら政府資金需要にならんと経済がどんどん低下していくよ。

そして、企業資金供給側なのにフリーハンド減税をしまくった。減税された金は溜め込まれさら経済を落とした。

財政均衡を狙いたいのなら企業資金需要側になるように、貯蓄を減らして設備研究投資を増やすように導かないとならなかった。だけどそれもしなかった。

間違った政策を30年やったからの失われた30年。ましてや今回はコロナで人死まで生まれる。

今はどう見たって医療用品以外前向きな設備研究投資は起きない上に、企業がいつまで持つかとリスクが取れない状態

そもそも民間が取れるリスクなんて限られてるんだよ。民間万能主義が間違ってたってこと。民間で受け止められる容量を超えるリスク政府が取らないとならない。

あと、財政破綻自国通貨建て借金では起きず、外貨借金で起きる。国際収支の経常赤字とき外貨借金は増えるが、日本は今厚い経常黒字を出している。

財政出動は景気を良くするから輸入を増やす働きがあり、経常赤字側に傾けるが、経常黒字を維持している範囲では問題ない。

てか、経常黒字を維持するにはなおさら民間海外に物を売る必要があるからこそ、設備研究投資を導かないとならない。

今まで財務省がやっていた財政均衡主義は、最後の落とし所(=企業資金需要側に回り、財政出動しなくても景気が回っていく)も見極めず、

また誤った財政破綻論(=借金財政破綻が起きる。だがあくまで起きるのは外貨借金によるもので経常黒字下では増えない)によるもので最悪な行為

財務省たちは善意でやってたというのだろうが、誤った正義感ほど迷惑ものはない。

2020-04-13

anond:20200413002154

バブルが発生して崩壊すると、倒産危機局面した企業が大量に生まれる。さらバブル崩壊で少なからず損をしているからその損を取り戻そうとする。

倒産危機必要なのは現金。そこで、バブル崩壊後も利益が出た時、貯蓄と設備研究投資の按分で、高貯蓄低設備研究投資になる。資金過不足統計では資金余剰になった。

けども、低設備研究投資ということは、産業の進展も起きないということ。とすると海外とくらべてどんどん技術進展が遅れていくということだから

さら日本貸し剥がし構造改革とやらをやって大量に企業を潰した。企業ますますビビって金を貯めこみ設備研究投資をしなくなった。

どこかに金をかけずに儲かるネタがあるはずだと這いまわるだけになった。同時に大学運営費交付金も削減していたから、大学発のテーマも生まれなくなった。這いずったところで何もない。

起業だけ煽るが、おだてるだけおだてて使い捨てられてボロ雑巾になるような連中を増やしただけ。若い人間はどんどんビビってますます保身にはいった。

起業の掛け声をしてくれるやつだけ増やそう増やそうとする。ドッグレースラットレースだと、歩みだした連中をしばくことだけ上等になる。煽る仕事をやらされる連中も哀れなものだ。

更に貯蓄傾向が強いのにフリーハンド法人税減税をした。金はますます貯めこまれ、景気は落ち、低設備研究投資となった。

ということで、バブル崩壊後、さらにその後の貸し剥がし構造改革で、金貯めこむばかりで、低設備研究投資を加速させたから。

なお、リーマンショックでも欧米2010年から資金余剰側に移ている。もちろんコロナで全世界大量の企業危機にあるから、ほっといたら資金余剰側になるな。

一方でMMT政府の役目が重要視されているのと、自国通貨建て国債財政破綻しないんじゃない?っていう疑問が投げかけられている。

対処は、企業利益で貯めこむのと設備研究投資税金で分けることだな。高い法人税の元、使ったら減税の余地を多く儲けておくか、留保課税か。

世界的にもしばらく新しい技術冬の時代になるだろう。そこで、政府自国企業を低貯蓄高設備研究投資に導くことに成功した国が一足先に復活するという形だと思う。

2020-04-05

どんなに技術が発展しても人間孤独はなくならないのでは?

孤独嫌悪して恐怖する機能は今のところ人間生存に有利に働く一方で

それを埋め合わせる文化技術も年々発展してるけど

人間価値観相対的である限り孤独はずっとなくならないのでは?  

  

どんなに今の基準からみて完全に孤独を埋め合わせられる技術サービスがうまれて、気軽にそれを享受できるようになっても

ちょっとした差から満足できず、喘ぎ、新しい孤独が生まれるだけだし。  

  

孤独嫌悪し、恐怖する機能自体を消してしま技術はまた別の話となる。

それをつかった人間はもう人間じゃない別の生物だ。  

孤独嫌悪し、恐怖する機能があるが故に人間は群れて、感情知識を共有し、生殖をして発展してきた経緯がある。

でもその割を食って苦しむ犠牲となる人間は必ず一定生まれる。  

  

孤独が完全に消えたら苦しみもないしどんなに楽だろう思ったけど、

そんな今の人類が滅びる技術を使うことは未来永劫許されない  

  

誰かが手を下さない限り

2020-04-04

失ったものの大きさに気づく

今日も何もできなかった。昨日も、一昨日も、先週も、先々週も。

部屋は乱雑に散らかり、湿った匂いを振りまく。堆積する洗濯物と本。傍らにあるピアノは、厚い埃に覆われている。

風呂に入るのが途方もなく億劫に感じる。食後の歯磨きをする腰が重い。それだけじゃない。出歩かない日に着替えをしないのはもともとだけど、爪も伸びるままだし、日課の朝洗顔おざなりになったし、ある日目についた眉毛は気づいてから2週間そのままだ。

やらなきゃいけないことはたくさんあるし、やりたいことはそれに輪をかけてたくさんある。先方へのメールアポ取り、日課ピアノ練習、チームの作業TOEIC勉強、部屋の掃除勉強ならプログラミングもやらなきゃいけないし、他に溜めている仕事もある。全て進行していない。現状を鑑みてできないはずがなく、単純にサボっているだけとしか言いようがない。毎日惰眠を貪り、空いた時間起きることもなくゴロゴロし、ギリギリ体が動くとき思い出したように少しゲームをして、ただ夜が更けるのを待ち、空が白み始めた頃になって、今日も何もできなかったという後悔・自己嫌悪とともに眠りにつく。そんな毎日を過ごしている。どう考えてもサボっている。

そう。できないのではない。やる気になれない。もはや自分が頑張ることに意義を感じない。今の頑張りが明日につながるようには、到底思えない。今頑張ることは、明日含み損を減らしこそすれ、すでに抱え込んだ大赤字を解消してくれるわけではない。雪だるま式に増える借金の、無限に膨らみ続ける利息に押し潰される人生しか思えない。

誰も助けてくれない。おそらく、自分明日を気にしてくれる酔狂はどこにもいないのだろう。自分過去に目をかけてくれた人もほとんどいないから。私はこの数年間、日々硬直と停滞が進む体と神経に抗いながら、ボロボロになっていく心を誤魔化しながら、それでもできる範囲で実績を積み上げてきた。だとしてもそういうことなら、その実績はハリボテだし、ひいては自らの人生も廃棄寸前の見切り品しかなかったということだろう。そうではないと言える証拠は乏しいが、そうであると言える状況はいくらでもある。

どうしてこうなってしまったんだろう。どこかで道を間違えたことは分かっているが、どこかを修正してもこうなる未来から逃れられない気がする。

こんな状況だから……というわけでもないが、『恋する小惑星』というアニメを観た。『恋する小惑星』に登場するキャラクターたちは、与えられた問題に対して先送り的な解決法を見出しているシーンがいくつかあったように見受けられた。

正直、はっとさせられた。誰に限った話でもない、みんな明日に対する無力感は持っているし、それを根本的に解決する力を持っていない人だっている。でも、自分の周りにいる誰かが受け入れてくれるなら、明日意味生まれる。明日に何かあるなら、今日頑張れる。関係によって、問題をうやむやにしてしまうことで、多くの人は救われる。私にも、そのような光景があったならば。

いや、違う。私にも確かにあったのだ。単に選ばなかっただけで。選ばぬことを選んでいるうちに、一向に姿を見せぬ青い鳥を探し求めているうちに、褒め言葉や励ましは全ておべんちゃらに聞こえるようになり、損得勘定によって物事判断するようになり、快晴の空に思いを馳せる心の余裕が追いやられ、やがて慈しみの関係絶滅したのだ。それからのことは、語るに及ばず。私は、自分の逃した魚がどれほど大物だったかを、この段になって初めて悟った。

しかし。だからといって、だからといってどうすればいいのだ。もはや人と話していても言葉が通じている感触がない。失われた関係も、捨て去った機微も、粉々に崩れたパーソナリティも、もう戻っては来ない。軌道修正するにも、燃料の残量は少ない。気づいたところで、目の前にそびえる借金が消えてなくなるわけではない。

価値のない人間の行動に、価値は見出されない。価値のない人間言葉は、空虚のものだ。価値のない人間との関係は、価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない

詰んだ。来ないかもしれないかもしれない明日に、望みをかけて耐え続けることに何の意味があろうか。どうして誰かの代わりにもなれない欠陥品なのに生きていかなきゃいけないのだろう。これから何年、督促状でできた蟻地獄に耐え続けることになるのだろう。

存在しないと分かってもなお、私は銀の弾丸を探し続ける。生きている感覚がない。きっと4割位死んでいる。

2020-04-03

フェミニズムしんどい

最近コロナ一色であまり見かけないがそれまでじわじわ毒が回るようで見ていてしんどくなっていた。

東大医学部での女性減点や性的虐待を行った父親への無罪判決(3月に逆転有罪になったけど)は許せないし、仕事用の靴だってフォーマルものであればパンプスじゃなくてもいいしローヒールでもいいと思ってる。

女性ってだけで差別されるのは納得いかないし、女性はこうでないと!という決めつけは本当に嫌いだった。だからフェミニズムを知ったときはいわゆる女性から外れる自分肯定されたみたいで嬉しかった。

どんな人たちが行っているのか、どんな事をしているのか知りたくて色々調べてSNSフォローして、この人たちを応援したい、少しでも生きやすくなりたいと思った。

だけど、段々違和感が出てきた。

まず、フェミニズムとは女性の権利を守ることだと私は思っていた。だから女性の権利の為に声を上げる人は全てフェミニストという認識だった。

でも女性の権利を守りたい人どうしで対立がしばしば起こる。

リベラル男性だっているし性犯罪に本気で怒る男性もいる。だからまり主語として男性を使いたくない、そもそも一般的男性像も良くないかこちらも改善していこうと説く人たちと男性利権意識改革を何故差別された女性が行う必要があるのか、と考える人の間で対立が起こるように思う。

正直どちらが間違ってるとも思わない。アプローチ方が違うだけで対立するほどのことかと思ってる。

女性の権利を守りたい、という同じ目的で何故対立を見ないといけないのか。

対立が大きくなると色々な人の意見が出てくるが、大体外野ミソジニーミサンドリーの殴り合いという地獄生まれる。

しかもこの外野対立がどんどん広がって

似非フェミ名誉男性なんて侮辱フェミニストを名乗る人たちまで言い始めてる。

まともな意見を言ってる人がたくさんいるのは知ってる。でももう、その人たちの意見がかき消えそうになるくらい差別ねじ曲がった意見が目につく。

献血ポスター就活サイト広告が最たる例だった。

公共広告として適してるかどうかの議論でどうして胸の大きい女性への差別発言が出てくるのか。

差別を無くして生きやすくするための活動差別発言の応酬なんて本末転倒だ。

もうフェミニスト批判フェミニスト達への批判も見たくない。

素晴らしい活動だと思っていたのに、今はもうフェミニズムという言葉を見るのもしんどくなってしまった。

[] #84-3「幸せ世界

≪ 前

「さっきの続きだが、“本来なら存在しなかった世界”って何だ?」

分岐によって自然発生的に生まれ世界ではなく、次元の過干渉により発生した世界システム不具合バグのようなものだよ」

それからガイドは色々と説明してくれたが、俺はSFが得意ではないため雰囲気理解することにした。


噛み砕いていうなら、世界ってのは木のようなものだ。

可能性の数だけ枝分かれするが、逆に言えば可能性が0ならば枝分かれもしない。

しかし“本来なら存在しなかった世界”は、その“0を無理やり1にする”ことで生まれる。

木をいじくって枝分かれさせたり、枝を折って別の土地に植えているってことだ。

「ボクの時代では、そういったものは“分裂世界”と呼んでる」

「だが、お前も未来からやってきて俺の時代干渉しているじゃないか。それと何が違うんだ?」

「ボクは世界が分裂しない程度の干渉に留めてる」

「俺の知る限り、そうとは思えないんだが」

「そう簡単に分裂したりしないよ。“因果力”があるからね」

専門用語固有名詞を使うときは、先に説明してくれ」

ガイド曰く、その“因果力”ってものが働いているおかげで、多少の変化なら世界帳尻を合わせてくれるらしい。

要はフィクションとかでよくある“運命は変えられない”ってやつだ。

しかし、その“因果力”を超える程の変化が起きると、運命は変えられる。

それと同時に世界は分裂してしまうんだ。

そして“因果力”は世界のものが持っており、分裂すると弱まってしまう。

そのまま弱り続ける(分裂し続ける)と世界は形そのものを保てなくなり、やがて消滅してしまうってわけだ。

ポケットを叩くとビスケットが増えるが、実際は割れて二つになるだけってことだな。そのまま叩き続けると粉々になる、と」

「その分かりにくい比喩、前も言ってたけど……本当に覚えてない?」

そういえば、何となく覚えがあるな。

同じ喩えを使いまわすとは、我ながらよほど気に入ってたと見える。

まあ、とにかく世界が分裂するのは危険だってことは分かった。

このままだと俺のいる世界も消えてしまうから、放っておくのがマズいってのも分かる。

今までガイド目的を知らないでいたが、こういった次元トラブル解決するためだったんだな。

にわかには信じがたいが、信じなかった時の代償があまりにも大きいので協力するしかない。

だけど、まだ気になることは残っている。

その解決に、何で俺が必要なんだろうか。

「もう一つ疑問があるんだが……」

尋ねようとした時、間が悪くアナウンスが入る。

「間モナ目的地デス」

機械音声により、俺の質問はぶった切られた。

「衝撃ニ備エテクダサイ」

「よし、次元の歪みに入るから気をつけて!」

「気をつけてって、一体どう気をつけ……」

その後、体全体に凄まじい衝撃が走り、またも俺の言葉は掻き消された。

・・
・・・
・・・

「ほら、着いたよ! 起きて! しっかり!」

心なしか、声が聴こえる。

俺はゆっくりと瞼を開いた。

「あ、やっと起きた」

どうやら気絶してしまったようだ。

「気絶って、こんな風になるんだな……いつつ」

気だるさと共に、頬に僅かな痛みを感じる。

俺を起こそうと、ガイドが引っ叩いたのだろう。

「さあ、ついてきて!」

ガイドが遠くから手招きしているのが見える。

意識朦朧としていて、まだ状況を把握し切れていない。

だが、酷い目に遭っているのだけは確かだ。

不本意、不可解、不愉快

やっぱりエイプリルフールで、俺は弄ばれているんじゃないのか。

「不」の感覚から、「負」が、疑念が湧き上がってくる。

何はともあれガイドの頬を引っ叩こうと、俺は身を乗り出した。

しかし、そんなことはすぐにどうでも良くなってしまった。

「なんだ、ここは……」

次 ≫

2020-04-02

コロナ頑張れ!超頑張れ!1万人以上殺してくれ!

コロナの影響で社会が変わっていく。

宅急便が面会不要になった。

テレワークが増えた。

遠隔診療が実現するかもしれない。

満員電車も多少は緩和された。

無駄に人と人が合わなくなった。

ネット活用が増えた。

これは前からやるべきことだった。コロナにケツ叩かれてやっと実現してきている。

まだまだ改革が足りない。遠隔診療はまだやるのかどうか不明だしテレワークも一部企業しかやってない。通信教育もやる気配がない。

なぜやらないのか。それは危機感が足りないからだ。まだ数十人しか死んでいない。これじゃあ全然足りない。身近な人が死んで初めて実感が生まれる。

1万人以上死んで、政治家専門家がこの状態が数年続くと宣言したあたりで一気に社会が変わる。改革される。

社会変革は数万人程度の命よりも価値がある。

コロナ!頑張れ!超頑張れ応援してるぞ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん