「振り付け」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 振り付けとは

2022-06-27

アイカツおじさん

アイカツおじさんなんだけど、アイカツライブin武道館無料公開されてて見に行ってワンワン泣いてしまった。

https://twitter.com/twitcasting_jp/status/1539082266143752193?s=21&t=LhI7DvXQAPH8B06T_HzPjw

アイカツって物語自体がチクチク展開の一切ないハイパーポジティブな話で、当時心が弱ってた自分ですら見るたび前向きになれる本当に好きなアニメだった。

ラブライブとか最近アニメアイドルもののことはよくしらんのだけど、アイカツキャラ声優歌唱担当が別々で(途中から変わったけど)ライブに出てくるのは声優じゃなく歌唱担当

人達がどこまで真剣アニメを見ていたのかわからないけど、歌唱だけにも関わらずキャラクターを壊さな発言パフォーマンスは本当にファンとして嬉しかったし、全ての曲についた振り付けを必ず踊ってくれてどれだけ苦労したんだろうと改めて感動した。

歌唱しか担当していない秋葉原アイドルちゃん達が子供から大人まで見ている国民的(?)アニメキャラを背負う重圧はどれだけ大きかっただろうと思うだけで泣けてくるわ。

本人たちの活動だけでは絶対立たなかったであろう武道館に、アニメキャラクターが彼女達を連れてきてくれたと言うのもまたアイカツだね!という感じで泣けてくる。

もう周りにアイカツなんて呟いたり話したりしてる人がいないのも寂しくて別の意味で泣けてこんなところに来てしまった...。

アイカツはいいぞ...

2022-06-13

グラビアDVDでたまに見るガチ勢が好き

世の中の大半のグラドルは見た目以外にほぼ能のないアンポンタンである。したがってグラビアDVDもお決まり定番シチュエーション構成されているものほとんど、なのだが。

たまーに、ちょっとした特技を持っている子がいる。

モデルが何らかの特技を持っている場合、その特技はグラビア作品の中で積極的に取り上げられる。たとえばチアリーディングダンス経験者は比較的多いようで、そういうモデルさんの作品ではキレキレのダンス披露されるのが定番だ。もちろん、なるべく胸がよくはずむような振り付けがなされる。

 

私が好きなのはスポーツ競技経験がある人。

たとえば大川成美ソフトボールが特技で、ウィキペによると中学時代全国大会MVP高校時代国体出場というガチ経歴。作品でも野球プレーするシーンがたびたび出てくる。バット捌きやボール捌き(比喩ではない)は堂に入ったもので、ノックしている姿は普通にカッコイイ。早いテンポであげられるトスすべて芯でとらえている

日向泉テニス強豪校の出身団体全国優勝経験もあるガチ勢。

ちなみに経験の有無に関係なくグラビア作品にはテニスのシーンはよく登場する。スカートが短くてかわいいコスチュームが多いし、動けば胸がよくはずむし、「汗をかいたから」と服を脱がせやすからだろう。

だが、日向泉作品では様相が明らかに異なる。まずモデル目の色が違う。キャピキャピ感皆無の真剣ガチトレを見せられるのである

 

いずれの作品にも言えるのは、こうしたガチポチャプターは「グラドルスポーツを楽しんでいる場面」ではなく、「選手がとんでもない露出練習している場面」として楽しめるということ。これは興奮しますよ。

そしてもうひとつアスリートなので肉体が引き締まっていてとても美しい。この要素もたいへん高ポイント

 

かにもこういうモデルさん・作品がありましたら教えてください。

2022-05-22

一般ライブ地下アイドルに初めて行った

30代後半

音楽はそこそこ好きだけどライブには行かない勢

知り合いに誘われてライブ地下アイドル体験した

基本お祭りなのはどっちも一緒なんだな

青森ねぶたを思い出した

自分は体で表現するの苦手なタイプだけど

 

ところで地下アイドル10曲以上歌ってたけど

あのスカートを存分に振るための腰をひねるような、ジャンプがすごく多い振り付けってどこが最初だったんだろう?

薄い知識だけど、モー娘。にもAKBにもなかった気がするんだけど

今時のアイドルステップ(右行って腕を上げる、左行って腕を上げる、みたいなやつ)もいつからあったっけ??

地下アイドル特有

プリパラの時にはもうあったかなあ

2022-05-01

推しVTuberが死んだ。

有名なヲタクコールに「私が生まれてきた理由」みたいな言葉が入ってたのを思い出した。

最初こそ馬鹿にしていた。私が生まれてきたのは私が生きる為だ。それを他人に委ねるなんて馬鹿じゃないのかって多少苛立ってもいた。

去年の2月、その人に出会った時。真っ先に「生まれてきた理由!」だと思った。漫画表現で言えば桜が散っていたし集中線も引かれていたと思う。

その人の声を聞くだけで心臓が高鳴って、その人が笑うだけでなんだか嬉しくなりもした。

幸せだった。

その丁度1ヶ月後の事。

その人は歌を発表した。それもとんでもないクオリティで。

芯の通った力強い歌声のはずなのに、その芯は僅か1mmにも満たないんじゃないかってぐらい細くてその周りで霧を纏っているような歌声だった。

それでも確かにその芯は存在感を放っていて、でも掴もうとすればするほど前後不覚になった。

正直死にそうだった。

私が恋したこの人は、可愛いだけじゃなくカッコ良いのか。どこまで私を惑わせれば気が済むんだ!とFF0アカウントで暴れた事もあったような気がする。

その時からもう、その人以外見れなくなっていた。

夢中だった。

時は過ぎ、つい3ヶ月ぐらい前の事。その人と仲の良い3人組でまた歌が投稿された。

歌だけではなく、今度はダンスも付いてきた。

私は先入観が酷い方で、少し捻った見方をしてしまいそうだった。この人に合うのはもっと夕暮れのような歌だろう!とか、俗な言い方をすれば"エモ"な歌だろう!と。

私は馬鹿だった。

1番初めに歌を聴いたあの時のような、素敵過ぎて冷や汗が出て、指が震え画面スレスレまで前のめりになるような感動。

でも私が心を奪われたあの歌達とは一風変わって、今度は物凄く楽しそうに歌っていた。

不思議ダンスもノリノリでへんてこな動きも、妙ちきりんなのに可愛さ余るその全てを愛おしく思った。

3人でくるくるお互いを追いかけるように回る振り付けの時、楽しさのあまり「えへへっ」と笑っていたその人は、私がそれまで見てきた2年間1番楽しそうだった。

聞き終わったあと、不思議と涙が出ていた。

紛れもなく愛だった。

昨日、有料会員だけが見れる所である発表があった。

今までで1番大きな発表。

正直、あまり記憶に無い。

人間は興奮し過ぎるとつい記憶を無くしてしまう生き物らしい。どこかで聞いた。

卒業するそうだった。

別名義での活動に重きを置くようだった。

私はその別名義も知っていた。

どうすればいいかからない。

私にはわからない。

別名義のその人は本当にその人なのだろうか。

私は見た目も好きだったけれど、声も話し方も笑い方も、かなり天然な所や意外とズバズバ言う所、ゲームが上手くなくてでも頑張り屋さんで、あぁ。

好きだ。好きだ。

過去形なんかじゃない。好きだ。

だって絶え間なくこの愛はこの胸で確かに彷彿としている。

好きだ。

なのに、どうして名義が変わるだけで私はこんなにも苦しんでいるのだろうか。

見た目だけが好きだったんじゃない。

なら別名義で活動していてもどうだっていいだろ。

わかってる。わかってはいるんだ。

その人が居なくなっても追い続ける事は出来る。

別の場所ちゃんと生きている。

しかも今度は会える形で。

寧ろ喜べばいいぐらいじゃないか

それなのにどうして、こんなに胸に虚無感が存在しているのか。

虚無感でいっぱいになった胸がキシキシと痛むのか。

結局の所、私はその人を本当の意味で好きだったのでは無かったのだろう、と気付いたのは今朝だった。

泣きながら目が覚めた。

その人のツイートを見て、時が過ぎれば全て消え去り、もう会えないのだと実感した朝だった。

ガラス割れる音が遠くで聞こえて、何か割れたんだと探しに行こうとした。

前に進もうと地に足をつけた時、強烈な痛みが走った。

ガラス片が大きなまま散らばって、その周りには熱湯が滴る。

持っていたマグカップを落としていたようだった。

自分の中で色んな物がぐちゃぐちゃに壊れていた。

まだ何も整理出来ていない。

今こうやって書いているのさえ、今何を書いたかわかっていない。サラサラ記憶が砂になって消えていくような感覚だ。

こうして書いて、何がしたいのかもわからない。

こんなもの、誰も見ないでくれ。

何にもならない。何にも。

今もiPadからその人の歌が流れている。

やはり、私はこの人が好きだ。

少し、落ち着いてきた。

この歌、好きだったんだよなぁ。

今思えばその人に出会うまで、私は随分空虚人生だった。

何も楽しいことなど無かったように思う。

出会えて良かったな。

うん。

私が好きになったこの人にもう新しいものは増えない。それどころか全てが消え去りその人がここに確かに居た痕跡がほぼ全て、失くなる。

寂しいけれど、お別れを言わなければならない。

書いてた意味がやっとわかった。

私はこの人がここに居たと誰かに叫びたかった。

メリッサキンレンカがここに確かに居たのだと、記したかった。

ここは私なりの、あの人と私の想いの墓石だ。

ここに全て置いていく。

ありがとう、愛している。

私の全てだったその人へ。

ここに全て置いていく。

そして私はこの人生に幕を閉じる。

メリーが居なければ、私は生まれてきた意味を見失っていたよ。私が生まれてきた理由へ。

今までありがとう世界で1番愛していたよ。

2022-04-23

おっさんだけどKPOPの女性グループダンスを真似して踊るのが趣味

いや〜〜楽しい

特にTwiceのかわいい振付けや、AOAっていうセクシーなお姉さん系グループ振り付けが好きだ。お客さんを意識してめっちゃ笑顔でやってる。ちょっと雰囲気を出すために、金髪ボブショートウィッグとか、ピンクのロングヘアウィッグとか買ってやっているよ。

最初は自宅でやってたけど欲が出てきて、今じゃ県営のホールにあるバレエスタジオみたいな鏡張りの部屋かりちゃってるよ。今日もたんのしかった

2022-04-20

東京音頭東京音頭じゃない

ghostwire Tokyoというゲーム東京音頭流れることが時折あるんだけど自分の知ってる東京音頭じゃない。

振り付け東京音頭なんだけど音楽全然違う...

自分の知ってるのは

チャンカチャンカチャンカチャンカ ハァ〜

おどりおーどるなーあーら チョイト東京音頭 ヨイヨイ

はなのみーやーこーおおおのーはなのみやこのまんなかで サテ

ヤーットナソレヨイヨイヨイ

ヤーットナソレヨイヨイヨイ

てやつなんだけど

なんか全然違うピーヒョローチャカチャカみたいなBGMがかかっている

しかSNSとかで見てもだれも「東京音頭が違う」ってことに触れていない

みんな自分の知らない東京音頭を知っているのか?

それとも誰も自分の知ってる東京音頭を知らないのか?

2022-04-16

なんか抜けてるので俺が『ダンス・ダンス・ダンスール』のレビューするよ

結論から言うと0点です。

 

原作者も楽しみにして放映まで盛り上げてたのを見てるからネガティブなことは言いたくない。

でも初回の最初で「あ、これ駄目だ」ってなった。

 

ブランコバレエがもうダメなの。

俺は確信をもって言うけど、スタッフバレエに感動してない。

そこから繋がって、原作のことも愛してないと思う。

 

だってMAPPAだぜ?

技術力や体力は足りてるスタジオなんだよ。

からあの酷いバレエになるのは技術不足やリソース不足ではなく、スタッフバレエをあのように見てるってこと。

全然バレエタイミングになってない。

 

バレエの動き見て「すげえ!」って感動したことがあれば

業界屈指のアニメ技術力を持ちながらあんな物は作らない。作るわけない。

スタッフバレエに何も感じてないのがあのアニメを見れば手に取るようにわかる。

 

じゃあなんでこんなもんアニメ化したの?

そこが不思議

 

小学館から売り込まれたか

ジョージ朝倉ファンスタッフジョージ作品をやりたかったけど

溺れるナイフはもう映像になってるから今連載中の~みたいになったか

とにかく『ダンス・ダンス・ダンスール』のこともそんな好きじゃないね

 

あとさあ、

登場人物吹き出しの外の手書きでゴチャゴチャッと喋ってる台詞

たっぷり間を取って喋らすなって。寒くなるから

あいうのはカメラ他所へ振って画面外でちょっと遠い音で早口で喋らせたりしろ

これ『波よ聞いてくれ』とかにも同じ問題が発生してたよな。

 

でもうひとつ

主人公の潤平の声が汚いんよ。

いや声優は上手い人なんだろうけどさ。

なんか三枚目的な汚い声、善逸みたいな声を出すわけ。

 

違うだろうよ。

本来女の子みたいな、見た目だけなら王子様で通る少年なんだよ潤平は。

そして子供の頃からバレエに惹かれてた少年なんだよ。

父の死で無理にマチズモをまとおうと頑張ってきたけどちゃんと繊細な感性を持ってる少年

 

からもっときれいな声をベースに「ババア!」みたいな台詞を言わせるんだよ。

剽軽な汚い声でがならせてどうする。

解釈レベルが低すぎる。

 

もう何もかも駄目なんだよな。

3D使うのはいいけど腕の動きひとつだって動かし方のタイミングだろうが。 

ただ腕を動かすだけでも下手糞の棒みたいな動きから凄い表現力を放散する動きまであるぞっていう

そういうことを原作ではさんざんやってるわけでな。

 

あれ読んであんな、普通アニメと何も変わらない程度の労力しか籠ってない動かし方をするなら

それはやっぱり原作のこともバレエのことも愛してないんだよ。

 

ならなんでこんなもんのアニメ化に手を出したの?

それが本当に不思議で。

 

拘り込めることをさぼったり感激なく作品を作ったりするならこんな仕事やめちまえよ。

コツコツミスなくやるのが大事な堅気の仕事しろよ。

    

   

よかった探しをすると、脚本音楽別に悪くない。

だが作画監督バレエ…というか踊りに対して感激する感性全くない人間なのは確信してるよ俺は。

バレエ作画するにあたってたぶん振り付けは頑張って資料を揃えてる。

でも感性はない。

原作ファンでもバレエファンでもない奴だと思う。

踊りとかに全然興味がないって人間だね。

から振り付けを正しくなぞる以上のことがなんにもわからない。

そういう人間が付けてる動きだって言うことは一目見ればわかる。

 

俺が何にこんなにムカついてるのか、アニメ未視聴の人は1話でいいから見てみてくれ

そこで俺が何言ってるのかわからない人は作画監督側の人間だ。 

別に高度な水準の話はしてないのでわかる人は一目でわかると思う。

技術的な限界問題じゃなくて、表現しようとしてない、踊りに何か感じたことがない、って5秒見りゃわかる。 

  

 

 

…もちろん原作や題材に愛情もったスタッフアニメ化されるっていう方が稀有幸運なんだろうけどね。

https://anond.hatelabo.jp/20220415193928

2022-01-24

K-POPBTSやBLACKPINKの類似品ばかりという大嘘

”上から下までBTSやBLACKPINKの“もどき”があふれる韓国音楽ランキング番組を見ると、あきらめに近い絶望感を味わいます。同じ顔、同じメイク、同じファッションで、同じフォーメーション振り付け、曲調、歌い方のグループが延々と続くからです。(中略)

 楽器をまともに扱えるバンドほとんどいなければ、落ち着いたベテラン存在もない。なかに星野源コラボしたZion.Tや、ラッパーのMudd the studentのように、異彩を放つミュージシャンもいますが、チャートに占める割合としてはごくわずかなもの。”

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/joshi-spa.jp/1136077

は?

そんなわけねーだろ。

逆だよ、逆。

アイドル文化なんて韓国音楽文化のごくごく一部。

とりあえずさ、Melonって知ってる?

韓国国内で一番利用されてるストリーミングサイト

そのMelon2021年TOP100に入っている男性アイドルグループBTSだけ。

他のグループは1曲も入っていない。

1曲も。

女性グループの方が韓国一般大衆には人気だが

それでもTOP100に入れるグループは数えるほど。

じゃあ韓国人はどんな音楽を聴いてるのか。

Melon Chart 年間 TOP 10

1 Celebrity IUアイユー) 

韓国で圧倒的人気を誇る女性シンガーソングライター

まりにもデジタルチャート無双するため海外ファンから畏敬を込めて「デジモンdigital monster)」と呼ばれている。

10年前に夢色パティシエール韓国主題歌を歌っていた黒歴史あり。

https://www.youtube.com/watch?v=0-q1KafFCLU&ab_channel=1theK%28%EC%9B%90%EB%8D%94%EC%BC%80%EC%9D%B4%29

2 Rollin’ Brave Girls(ブレイブガールズ)

四人組女性アイドルグループ

四年前に発表した曲が突如としてチャートを逆走し、結成10年目にして奇跡の大ブレイクを果たした。

https://www.youtube.com/watch?v=-Axm4IYHVYk&ab_channel=BraveEntertainment

3 Dynamite BTS

説明不要2020年から継続ヒット。

4 Peaches ジャスティン・ビーバー

説明不要。昨年、会社合併によりアリアナ・グランデと共にBTSと親戚関係になった。

5 Next Level aespa(エスパ)

2020年デビュー四人組女性アイドル

奇妙なコンセプトとゴリゴリに攻めた楽曲が特徴。

https://www.youtube.com/watch?v=4TWR90KJl84&ab_channel=SMTOWN

6 LILAC IU

はいはいデジモンデジモン

https://www.youtube.com/watch?v=v7bnOxV4jAc&ab_channel=1theK%28%EC%9B%90%EB%8D%94%EC%BC%80%EC%9D%B4%29

7 Shiny Star ギョンソ

女性新人ソロ歌手BTSチャート独占を阻止したこと話題になった。(ごめん正直よく知らない)

https://www.youtube.com/watch?v=NuTNPV72rFo&ab_channel=1theK%28%EC%9B%90%EB%8D%94%EC%BC%80%EC%9D%B4%29

8 Traffic light イ・ムジン

男性シンガーソングライター

無名で終わった歌手引退した歌手が再起をかけて歌う『Sing Again』というオーディション番組に出演してブレイク

https://www.youtube.com/watch?v=SK6Sm2Ki9tI&ab_channel=1theK%28%EC%9B%90%EB%8D%94%EC%BC%80%EC%9D%B4%29

9 Butter BTS

2021年新曲

日本人の多くはBTSが曲出せば当然年間一位を取れると思ってるかもしれないが韓国国内ではデビュー二年目の新人アイドルに負けることだってある。ファンの母数や海外人気に歴然たる差があるのでCD売り上げは圧倒的にBTSの方が上だが。

10 Hold My Hand IU

10年前の曲がまさかチャート大逆走。はいはいデジモンデジ(ry

https://www.youtube.com/watch?v=BYQBs_4-MOo&ab_channel=1theK%28%EC%9B%90%EB%8D%94%EC%BC%80%EC%9D%B4%29

はい

この中で「BTSもどき」って誰のこと?

Brave GirlsやaespaはBLACKPINKと同じ四人組女性アイドルグループだが似てる所あるか?

面倒だからTOP10までしか貼らなかったが

TOP100まで見ればラッパーもいればトロット(いわゆる演歌歌手だっている。

アイドルオタクしか見てないような音楽番組チャートだけ見て寝ぼけた記事書いてんじゃねーぞ。

ついでに言っとくが男性アイドルだって世界的に売れてる連中はBTSとは違う路線勝負してるからな。

まさか全員で陣形組んで踊るパートがあるとかラップパートが必ず入るとか全体的にメイクが濃いみたいな「ジャンルの特徴」を指して「BTSもどき」なんて言ってるんじゃないよな?

そんなこと言い出したらメタルでもエモでもジャンルに詳しくないやつが見たら全部類似品に見えるだろうが。

2021-12-29

マトリックスリローデッドが凄すぎた

anond:20211228133030

マトリックスストーリーは、まぁ普通っちゃ普通だけど当時のハリウッドとしては斬新な方だったか

それより何よりアクションシーンが半端なく凄かった

世界観仮想現実にすることで普通人間のまま異常な強さっていうのを可能にしたんだよね

それまでの映画だと何かしらコスプレしてるか異形じゃないと異常な強さっていうのはできなかった(世界観的に)

マトリックスはそれを普通人間なのに凄い強いっていうのをやったのが斬新だった

なので全てのアクションシーンがワイヤーアクション使ったド派手な演出で観る人を魅了した

特に後半の銃撃戦で使われた火薬数は当時としては異常とも言える量で

それをスローモーション撮影するとかワイヤーアクション組み合わせるとか斬新すぎた

おまけに「スローモーション中にアングル変えたいよね」とかいウォシャウスキーワガママから

全方位にカメラ付けたスタジオ作ってワイヤーアクションしてCGで合成するとかとんでもないことしてた

「そこまでやるなら全部CGいいんじゃないの?」とは思ったけどね

あと、カンフー系のアクションを取り入れただけじゃなくて日本アニメを参考にして格好良さを追求したとこもかなりウケた

ウォシャウスキーってゴリゴリヲタク日本アニメ大好きってのはよく知られてて

そもそものコンセプトが攻殻機動隊だし

敵を空中でキックして地面に立つ姿とかアニメっぽさ全開

途中にオラオラシーンまであるラスト舞空術使うし

この辺の格好良さ+映像演出でかなりウケた


ただマトリックス次点リローデッドがとんでもなかった

今見てもネオVS量産型スミスの手数の多さは異常

あんなのどうやって振り付け練習したの?そして量産型スミスが本当に量産型すぎて圧巻

DVD買ってあのシーンだけ何回も見た。スミスの「More」が最高すぎる。

そんで極めつけが高速道路シーン

あれを撮影するためだけに高速道路を作ったっていうね。ヲタクに金を持たせたらろくな使い方をしない典型褒め言葉

ただストーリー意味不明で当時は「これだからヲタクは」っていう論調だったのを覚えてる

今見たらよく考えられてるなぁと思うけど時代が追いついてなかったな

エボリューションズは、まぁ、お察しください

2021-12-07

温泉娘について思うこと ホッテントリ入りにビビ追記しました

少し前に温泉娘が炎上した。もう過去のものになった感はあるが色々モヤモヤしたものがあってとりあえずここにまとめて書こうと思う。電車に乗ってる間暇なんでな。

別にフェミニストフェミニズムに対する批判ではない。

あれをオタクを呼ぶオタクに媚びてるみたいな批判反論があったが、正直あれを魅力に感じてあれを目的温泉に行くオタクって本当に存在したのか?(ここでのオタクはおそらく批判者が想定したと思われるアニメ二次元オタク定義する。一口オタクと言ってもそのスタンス多種多様である

オタク可愛い女の子イラストが描かれたグッズや本を集めるのはその絵自体が魅力だからではなくその絵に描かれたキャラの背後にある物語があったうえでなんだよね。それは2次創作でもそうで元になった物語がある。オリジナル作品評価される人もいるが稀であったり一枚絵の画力評価されており全体から行くと少数派であろう。

オタク温泉娘を見せても「可愛いね」とは思っても「魅力がある」と答える人は少ないだろう。温泉オタク温泉を巡るついでの楽しみとして温泉娘のコンプリートをするのはあるかもしれないが、アニメ二次元を主戦場にしているオタクがバックとなる物語のないキャラに惹かれて温泉に向かうとは思えない。これが例えばガールズアンドパンツァーコラボならわかる。茨城温泉熊本温泉大洗高校、黒森峰高校コラボする。他の地域温泉もそれぞれの土地を母校にする高校コラボするならコンプリートを目指すオタクもいるだろうがそうではない。オタク温泉に行ってあれを見たらちょっと喜ぶかもしれんが「ちょっと喜ぶコンテンツ」程度で集客プラスになるとは思えない。

女の子集客をするとして、昭和の発想だとその土地の若女将看板にすると思う。各温泉地の若女将を集めて美人コンテストを大々的にやって話題にする。なんなら婿探しなんてのもやったと思う。そういう生身の女性を使い客を呼び込むことを考えると絵になるというのはまだ時代マイルドになったととることができるのではないだろうか。

いや、本当に女性を扱うことへの見方が変わっただけだろうか?金の問題もあるんじゃないだろうか。

さっきは昭和ならと書いたが、一昔前ならご当地アイドルブームがあった。各温泉地でアイドルを作って盛り上げようとなったかもしれない。じゃあそれもやらないのは何故が。

金がかかるからだ。

名曲カラオケというわけにはいかない。衣装を作り曲を作り、振り付けを依頼して温泉地だけでなく温泉アピールのために各地に遠征をする。

運営コストがかかりすぎる。この点がご当地アイドルがさっさと終わった理由だろう。

ご当地アイドルが珍しい時代ならそれに興味を持つアイドルオタクも捕まえられたろうが、ご当地アイドルブームがさり地下アイドルは全く別のものとしてシーンに定着した今地方素人プロデュースするアイドルに入る隙はない。金と労力がかかるだけだ。

これらのことから、金はないけど何か人を呼ぶコンテンツが欲しい。そこで、『イラストならそこまで金はかからない」と選ばれたのが温泉であるというところではないか。そして「温泉を盛り上げるため温泉娘という看板娘のようなキャラをつくってほしい」と依頼したところ、アニメ風ととられるものになってしまった。

設定に関しては依頼側の要求が緩かったので製作者の悪い悪戯心も入ったかもしれないがそれを放置されたのだからそんなに気合いの入った企画ではなく、客を呼び込むためにやるいくつかのことのうち一つで大した思い入れプライオリティもない企画だった。

そんなところじゃないかな。

ぼちぼち駅に着くからこれで終わりにする。

まぁ、温泉気持ちいから行こうぜ。

追記

まさかホッテントリに入るとは思わなかったのでびっくりしている。

今まで何度かはてなTwitter炎上してることについて自分なりに考えたこと、思ったこと書いたことがあるけどずっとスルーだったしこれも旬が過ぎてるからスルーするだろうしとりあえず吐き出そうみたいな感じだったんだわ。

>すっごく関係のない外野からゴロ寝しながら考えたような実のない話。

いやほんとそう。電車に乗ってるとき暇だからつらつら書いただけ。マジ正解。

ブコメざっと読ませてもらった。

しか御朱印的にコンプリートしたい人は現れるよね。バックグラウンドへの妄想もむしろ古のオタク仕草っぽい。

何より声優まで関わってるのは知らなかった。これは本当に申し訳ない。

あと、これが擁護解釈されてるのもびっくりした。

冒頭でフェミニストへの批判じゃないと書いたけどもちろん擁護でもないのよ。

言いたかったのは

誰もいいアイデアが出せず、誰も熱い気持ち責任を持たずにやっていて中途半端に終わる町おこしあるあると、それにかけられる予算が昔より格段に落ちちゃってるんじゃないかなぁっていうやらせさなんだよね。俺も寂れる一方の田舎出身からなんかそういうふうに思っちゃったの。

いやーほんと言いたいこともわからないし読みにくい長文の駄文でごめんね。

とりあえず色々ありがとう

温泉娘について思うこと ホッテントリ入りにビビ追記しました

少し前に温泉娘が炎上した。もう過去のものになった感はあるが色々モヤモヤしたものがあってとりあえずここにまとめて書こうと思う。電車に乗ってる間暇なんでな。

別にフェミニストフェミニズムに対する批判ではない。

あれをオタクを呼ぶオタクに媚びてるみたいな批判反論があったが、正直あれを魅力に感じてあれを目的温泉に行くオタクって本当に存在したのか?(ここでのオタクはおそらく批判者が想定したと思われるアニメ二次元オタク定義する。一口オタクと言ってもそのスタンス多種多様である

オタク可愛い女の子イラストが描かれたグッズや本を集めるのはその絵自体が魅力だからではなくその絵に描かれたキャラの背後にある物語があったうえでなんだよね。それは2次創作でもそうで元になった物語がある。オリジナル作品評価される人もいるが稀であったり一枚絵の画力評価されており全体から行くと少数派であろう。

オタク温泉娘を見せても「可愛いね」とは思っても「魅力がある」と答える人は少ないだろう。温泉オタク温泉を巡るついでの楽しみとして温泉娘のコンプリートをするのはあるかもしれないが、アニメ二次元を主戦場にしているオタクがバックとなる物語のないキャラに惹かれて温泉に向かうとは思えない。これが例えばガールズアンドパンツァーコラボならわかる。茨城温泉熊本温泉大洗高校、黒森峰高校コラボする。他の地域温泉もそれぞれの土地を母校にする高校コラボするならコンプリートを目指すオタクもいるだろうがそうではない。オタク温泉に行ってあれを見たらちょっと喜ぶかもしれんが「ちょっと喜ぶコンテンツ」程度で集客プラスになるとは思えない。

女の子集客をするとして、昭和の発想だとその土地の若女将看板にすると思う。各温泉地の若女将を集めて美人コンテストを大々的にやって話題にする。なんなら婿探しなんてのもやったと思う。そういう生身の女性を使い客を呼び込むことを考えると絵になるというのはまだ時代マイルドになったととることができるのではないだろうか。

いや、本当に女性を扱うことへの見方が変わっただけだろうか?金の問題もあるんじゃないだろうか。

さっきは昭和ならと書いたが、一昔前ならご当地アイドルブームがあった。各温泉地でアイドルを作って盛り上げようとなったかもしれない。じゃあそれもやらないのは何故が。

金がかかるからだ。

名曲カラオケというわけにはいかない。衣装を作り曲を作り、振り付けを依頼して温泉地だけでなく温泉アピールのために各地に遠征をする。

運営コストがかかりすぎる。この点がご当地アイドルがさっさと終わった理由だろう。

ご当地アイドルが珍しい時代ならそれに興味を持つアイドルオタクも捕まえられたろうが、ご当地アイドルブームがさり地下アイドルは全く別のものとしてシーンに定着した今地方素人プロデュースするアイドルに入る隙はない。金と労力がかかるだけだ。

これらのことから、金はないけど何か人を呼ぶコンテンツが欲しい。そこで、『イラストならそこまで金はかからない」と選ばれたのが温泉であるというところではないか。そして「温泉を盛り上げるため温泉娘という看板娘のようなキャラをつくってほしい」と依頼したところ、アニメ風ととられるものになってしまった。

設定に関しては依頼側の要求が緩かったので製作者の悪い悪戯心も入ったかもしれないがそれを放置されたのだからそんなに気合いの入った企画ではなく、客を呼び込むためにやるいくつかのことのうち一つで大した思い入れプライオリティもない企画だった。

そんなところじゃないかな。

ぼちぼち駅に着くからこれで終わりにする。

まぁ、温泉気持ちいから行こうぜ。

追記

まさかホッテントリに入るとは思わなかったのでびっくりしている。

今まで何度かはてなTwitter炎上してることについて自分なりに考えたこと、思ったこと書いたことがあるけどずっとスルーだったしこれも旬が過ぎてるからスルーするだろうしとりあえず吐き出そうみたいな感じだったんだわ。

>すっごく関係のない外野からゴロ寝しながら考えたような実のない話。

いやほんとそう。電車に乗ってるとき暇だからつらつら書いただけ。マジ正解。

ブコメざっと読ませてもらった。

しか御朱印的にコンプリートしたい人は現れるよね。バックグラウンドへの妄想もむしろ古のオタク仕草っぽい。

何より声優まで関わってるのは知らなかった。これは本当に申し訳ない。

あと、これが擁護解釈されてるのもびっくりした。

冒頭でフェミニストへの批判じゃないと書いたけどもちろん擁護でもないのよ。

言いたかったのは

誰もいいアイデアが出せず、誰も熱い気持ち責任を持たずにやっていて中途半端に終わる町おこしあるあると、それにかけられる予算が昔より格段に落ちちゃってるんじゃないかなぁっていうやらせさなんだよね。俺も寂れる一方の田舎出身からなんかそういうふうに思っちゃったの。

いやーほんと言いたいこともわからないし読みにくい長文の駄文でごめんね。

とりあえず色々ありがとう

フラ・フラダンス

温泉娘について思うこと

少し前に温泉娘が炎上した。もう過去のものになった感はあるが色々モヤモヤしたものがあってとりあえずここにまとめて書こうと思う。電車に乗ってる間暇なんでな。

別にフェミニストフェミニズムに対する批判ではない。

あれをオタクを呼ぶオタクに媚びてるみたいな批判反論があったが、正直あれを魅力に感じてあれを目的温泉に行くオタクって本当に存在したのか?(ここでのオタクはおそらく批判者が想定したと思われるアニメ二次元オタク定義する。一口オタクと言ってもそのスタンス多種多様である

オタク可愛い女の子イラストが描かれたグッズや本を集めるのはその絵自体が魅力だからではなくその絵に描かれたキャラの背後にある物語があったうえでなんだよね。それは2次創作でもそうで元になった物語がある。オリジナル作品評価される人もいるが稀であったり一枚絵の画力評価されており全体から行くと少数派であろう。

オタク温泉娘を見せても「可愛いね」とは思っても「魅力がある」と答える人は少ないだろう。温泉オタク温泉を巡るついでの楽しみとして温泉娘のコンプリートをするのはあるかもしれないが、アニメ二次元を主戦場にしているオタクがバックとなる物語のないキャラに惹かれて温泉に向かうとは思えない。これが例えばガールズアンドパンツァーコラボならわかる。茨城温泉熊本温泉大洗高校、黒森峰高校コラボする。他の地域温泉もそれぞれの土地を母校にする高校コラボするならコンプリートを目指すオタクもいるだろうがそうではない。オタク温泉に行ってあれを見たらちょっと喜ぶかもしれんが「ちょっと喜ぶコンテンツ」程度で集客プラスになるとは思えない。

女の子集客をするとして、昭和の発想だとその土地の若女将看板にすると思う。各温泉地の若女将を集めて美人コンテストを大々的にやって話題にする。なんなら婿探しなんてのもやったと思う。そういう生身の女性を使い客を呼び込むことを考えると絵になるというのはまだ時代マイルドになったととることができるのではないだろうか。

いや、本当に女性を扱うことへの見方が変わっただけだろうか?金の問題もあるんじゃないだろうか。

さっきは昭和ならと書いたが、一昔前ならご当地アイドルブームがあった。各温泉地でアイドルを作って盛り上げようとなったかもしれない。じゃあそれもやらないのは何故が。

金がかかるからだ。

名曲カラオケというわけにはいかない。衣装を作り曲を作り、振り付けを依頼して温泉地だけでなく温泉アピールのために各地に遠征をする。

運営コストがかかりすぎる。この点がご当地アイドルがさっさと終わった理由だろう。

ご当地アイドルが珍しい時代ならそれに興味を持つアイドルオタクも捕まえられたろうが、ご当地アイドルブームがさり地下アイドルは全く別のものとしてシーンに定着した今地方素人プロデュースするアイドルに入る隙はない。金と労力がかかるだけだ。

これらのことから、金はないけど何か人を呼ぶコンテンツが欲しい。そこで、『イラストならそこまで金はかからない」と選ばれたのが温泉であるというところではないか。そして「温泉を盛り上げるため温泉娘という看板娘のようなキャラをつくってほしい」と依頼したところ、アニメ風ととられるものになってしまった。

設定に関しては依頼側の要求が緩かったので製作者の悪い悪戯心も入ったかもしれないがそれを放置されたのだからそんなに気合いの入った企画ではなく、客を呼び込むためにやるいくつかのことのうち一つで大した思い入れプライオリティもない企画だった。

そんなところじゃないかな。

ぼちぼち駅に着くからこれで終わりにする。

まぁ、温泉気持ちいから行こうぜ。

2021-09-27

アラサーOLが13年ぶりに田村ゆかりライブに行った話


※この記事は、2021年9月26日に行われた田村ゆかりLOVELIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*」横浜アリーナ公演の一ファンによる感想です。


私は都内に住むアラサーOLである

10年程前ゆかり王国民として熱心に活動していたが、生活環境の変化に伴い、徐々にフェードアウトした。

最後に参加したライブは、ゆかりんにとって初めての武道館公演、「LOVELIVE 2008 *Chelsea Girl*」だった。

そんな私が昨日、13年ぶりに田村ゆかりライブに参加した。


ライブに行くきっか

一つ目のきっかけは、カラオケである

最近ストレス発散に一人カラオケに行くようになった。そのときに歌う曲は、会社の同僚や最近連んでいる友達と行くカラオケでは歌えない、昔好きだった電波ソングゆかりんの曲だ。そんなきっかからSpotifyゆかりんの曲を聞くようになった。「恋せよ女の子」「童話迷宮」「Cutie Cutie」……曲を聞けばすぐに当時の気持ちを思い出した。このきっかから現在ゆかりん情報を少し検索するようになった。


二つ目は、Kさん存在だ。

Kさんは私が王国民だった頃に知り合った。その頃繋がっていた方々とは連絡も取らなくなってしまっていたが、Kさんは、私の誕生日を覚えていてくれて、毎年毎年誕生日に欠かさずメールをくれた。この13年間ずっとである。「おめでとう」「ありがとう」なんてことのない数通のメールのやりとりだが、私はいしかこメールをもらうことを毎年心待ちににしている。

そして今年の9月誕生日Kさんは今年もメールをくれた。私はそのときにゆかりんライブに行ってみたいと思っていると返信をしてみた。Kさん自分の参加体験を元に、チケット最近ペンライト事情等を丁寧に教えてくれた。

仕事が繁忙期のため予定が決められなかったが、ライブの前日夜に運良く翌日休めることが決まった。最近の曲も分からないし楽しめるだろうかと不安があったが、Kさんの後押しもあり、ドキドキしながらチケットを取った。


ライブ当日

ライブにはレポやセトリ等何も調べず参加した。現役時代サイリウムを片手に飛んで、コールをして、汗だくになりながらライブに参加していたが、光るものも何も持参せず会場へと向かった。


会場に入ると懐かしい光景が目の前に広がる。ピンクの法被とハチマキ…「ああ、戻ってきた」と素直に思った。

何より驚いたのが男女比の変化である。13年前は体感として男女比が9:1、もしくは8:2くらいだったが、なんと6:4くらいになっていた。


ライブが始まった。暗転とともに目の前にピンク色の海が広がる。


ステージには「ゆかりん」がいた。

そこには紛れもなく、13年前と変わらない「ゆかりん」がいた。フリフリの衣装ツインテール、そして可愛い声と振り付け、私が全身全霊をかけて好きだったゆかりんがそこにいた。

この約10年間、田村ゆかりは「ゆかりん」を続けており、「ゆかりん」であり続けていたのだ。

あの気張りすぎていないMC、どこか自信なさげなところ、どこもかしこも私の知っている「ゆかりん」だった。


王国の統制力の高さは健在だった。観客は皆揃って決まった振りをし、然るべきタイミングでズレることなく一斉に手を叩いていた。


かくいう私はほとんどすべてが初めて聞く曲であるペンライトもない。

周りの人たちの動きを真似していたが、やはりややズレるので、少し恥ずかしい。

変なところで手を叩いてもよくないと思い、控えめにリズムに乗りながらぬるぬると動いていた。


ゆかりんを全身で感じながら、ここはコールが入りそう、長い口上入りそう、そんなことを思いながらライブを楽しんだ。


fancy baby doll」では、本来世界一可愛いよ!」というコールが入るところは手拍子で応えるようになっていた。

揃った手拍子は、まさに現実にそのコールが聞こえるかのようだった。ゆかりんもそれを耳を澄まして聞いていて、その呼びかけに応える。言葉のない、しかし熱いコミュニケーションがそこにはあった。


ゆかりんは変わらず「ゆかりん」だったが、そのパフォーマンス表現力はアップデートされていた。表現の幅は広がっており、新たな面を魅せてくれた。


私が王国を離れて13年の間、いろんなことがあった。嬉しいこと、悲しいこと、様々なことを経験した。

ゆかりんだって同じだろう。迷いや悩みもあることだろう。だからこそ、MC言葉は深く心に響いた。


ゆかりん、これまでずっと変わらず「ゆかりん」でいてくれてありがとう

そして、この「ゆかりん」を続けられたのは、ゆかりんを支える桃色男爵やスタッフの方、そして何より応援し続けているファンの力があったからだろう。

ライブを通して、ゆかりんがこの長年のメンバーたちを信頼していることがありありと伝わってきた。


アンコールもアップテンポな曲が続く。あんなにたどたどしく振りをしていた私が、最後の曲では力いっぱい手を上げ、大きな音で拍手をしていた。


ライブが終わった。

ああ、一本締めももうなもうないのかと当時を思い出す。以前はよく隣の席の人に「ライブよかったですね!」と話しかけていたが、それも躊躇われる昨今の状況である

会場前では皆各々仲間と待ち合わせながら、感想を言い合っている。羨ましい。私も誰かとライブ感想を語りたいし、この13年間の知らないゆかりんを教えてほしい!そんなことを思いつつ、駅へと向かった。


当時は地方に住んでいたが、ファンクラブイベントライブの度にせっせと都内に通っていた。友達もたくさんできた。当時の交流mixiが主流で、いろんな人と繋がった。オフ会に参加したり、カラオケオールをしたり…。そんな仲間とライブの度に会えるのが楽しかった。その頃の仲間ももしかしたら同じ会場にいたかもしれない、そんなことを考えるとあたたか気持ちになる。


13年ぶりにも関わらず、すごく楽しいライブで、最高の時間を過ごすことができた。


ゆかりんは言う。「みんなの声が聞きたいな」

きっと、きっと、その日が来るはずだ。

その時に備えて私も準備をしなければならない。

今回のライブは、「fancy baby doll」と「お気に召すまま」の2曲しか知らなかった。まずは13年分のCDDVDを買わなければならなさそうだ。

それに、こんな素晴らしい体験をさせてくれたKさんにも直接お礼を言いたい。13年分のありがとうを直接伝えたい。


先輩王国民の皆さん、まだまだ何も知らない私ですが、これからよろしくお願いします。

2021-09-19

野外アニクラとか言う謎のイベント

アニクラというものをご存知だろうか?

私は今日まで知らなかった。

アニクラとはアニメクラブ略称らしい、

アニメクラブとは何か?

少年探偵団のような可愛いものではない。

アニソンクラブダンスをする、つまりオタクパーティーピーポーするという事だ。

野外とは何か?そのままである、みなぎったオタク達は外でオタ芸を全力で披露しているのだ。

知り合いに連れられて、私はそこに七時間いた。一曲も踊る事なく、ただ七時間

何やってんだよ七時間はい人間ウォッチングしてました。

実際、面白かったよ人間ウォッチング。彼らは真剣オタ芸を踊り、真剣アニソンを愛しているんだと外野の私にも伝わってきたが、彼らは余りにも特徴的すぎた。

知り合いへの語種として、今日のことは忘れないだろうし、鮮明に覚えておくために日記にしておく。

会長

ただの一般参加者にも関わらず、踊りへの参加率は8割を超えていた50歳後半に見える男性。みていた限り、今日参加者の中でも一番の参加率を誇り、七時間の内、五時間半は踊っていたと思う。同時に参加者の中で一番の権力を誇っていた。そんな彼の特徴は他の参加者に踊りを合わせないことであるオタ芸といえばオタクたちが一糸乱れぬ動きで腕を振るステレオタイプを思い浮かべるだろうが、彼は違う。圧倒的な曲の理解度で、子供を世話する歌のお姉さんのように小ぶりな動作で独特な踊りを披露する。ああい人間振り付け師になるんだろうかと心の奥底で考えていたところに隣の友人が、あれがパパイヤ鈴木?と聞いてきたので、とりあえずラッキィ池田と答えておいた。

登山家

会長と同年齢らしき男性会長の側近でもある。容姿肌色のダウンジャケットバケットハットと首からぶら下げた一眼レフカメラは完全に登山家服装であったためコードネーム登山家である。朝11時の開始段階では、カメラを構えオタク撮影していたために、運営人間かと勘違いしていた。日も登り切った正午すぎに彼はダウンジャケットを脱皮し美少女Tシャツ変態を遂げ、お前もかブルータス他人ながらに愕然とした。

筋肉

ランニングTシャツハーフパンツ、そしてランニングシューズ皇居マラソン来たのかコイツと思った30代後半らしき男性

筋肉体幹つけすぎたためにオタ芸のキレがつき過ぎており、オタ芸がもはや別のナニカに出来上がっていた。

界隈の有名人らしいが、非常にどうでもいいことである

スプラトゥーン

昭和の遺構のような茶髪長髪ロングにスプラトゥーンTシャツの30代風の男性

非常に多くの小道具を持参しており、会長登山家とよくソーシャルディスタンスライン越えする小コントをよく繰り広げていた。

プラシューターよりも強力な水鉄砲も持参していたがシオカラ節流れることはなかった。

シンデレラ

黒のゴスロリ服を纏った20代後半だと思われる女性10名程度で構成された会長グループに一人女性で参加していた猛者。

お願いダーリンという曲で、参加者ステレオタイプオタ芸披露する中、一人センターで某Vチューバー振り付けを完コピしており、オタサーシンデレラだと直感した。

・横ノリ

縦ノリのフロアから怒られそうな横ノリをし続ける細身長身の20代男性

参加した曲では大抵横にステップを踏み続け、その後ろ姿は完全にジョイマン高木であった。

・法衣

横顔がいとうせいこうに似ていた50代であろう男性

名前の通り、法衣をきてイベントに参加しており、手に持った日の丸扇子活用できる時にしか参加してこない。畢竟、ステレオタイプオタ芸に参加することはなく

会長グループにも参加しない孤高のソロプレーヤー

サンボマスター

身長、小太り、メガネの30代男性サンボマスター。嘘ですけど本当です。DJの前に立ち踊るオタクたちとは違い彼はDJの前に立ち、エアギターを引いてマスク越しに口パクで歌っていた。それっていいのかよ。

ハイキュー

隣で女性オタク向けのコスプレイベントが行われていたために起こった乱入イベント

ハイキューコスプレイヤーが通りかかったところに、DJハイキュー主題歌を流す粋な計らいをしたために謎のコラボが発生した。

オタクたちもオタ芸を控え、コスプレイヤーらの主題歌完コピ劇を眺めていた。現場は一昔前のニコニコ動画のような熱気で、大きな歓声に包まれていたが、後で考えると何だったんだあれは、と思わざるを得ない。

・チェリ男

ビジュアル系バンドドラムをやっていそうな20代後半だろう男性。顔がライオンを具現化したか如く強面で、初めは心のうちでライオンと呼んでいたが、オシャレな服装に見えたTシャツの色が完全にチェリオ飲料)の色で語感も良く、コイツチェリオ、そうチェリ男だと確信した。

そんな彼もオタ芸はしっかりと踊る。

雑記

イベント自体は開催に尽力をつくし来年の開催も目指すべく、参加者に(主に会長の一座だが)ソーシャルディスタンスを守らせ、会場周辺での酒類をしっかりと注意喚起をした上で禁止していた。私は二度と行くことはないと思うが、今後もしっかりと続いていくイベントだと思う。

忘れてはならないのは、これは野外で行われていたという事実である家族連れや観光客で賑わう有名神社の参道イベントで開催されており、目の前を通る子供達は、皆一様に怪訝な目でオタク達をみていた。隣の友人がこれがクールジャパンかね?と聞いてきたので、私はとりあえず、これはアビスだと返しておいた。

2021-09-15

119日後に(社会的に)死ぬオジ

通勤電車で数少ないJCJKを観察したよ!

テスト勉強派→スーパー家庭教師生徒募集のチラシを張らせてもらうよ!

。tictok派

ルート1→人気ユーチューバーになれば仲良くなれる?

 小生アコント持ってるけど収益化に至るほどではない

 BTSの、サルでも踊れる振り付け解説動画でも上げるか?

ルート2→美声を生かして「歌ってみた」を上げてみる

    田舎大人死刑はお母さんの影響で懐メロすきだから

    その層を狙って懐メロ歌ってみるか・・・

2021-08-02

三大、ちょっと恥ずかしい歌の振り付け

ジュリーが「パントマイムを演じていたよぉ」と何かパントマイムっぽい動きをする。

・ラン・スー・ミキが「ピエロが踊るぅ」と何かピエロっぽい動きをする。

あと一つは?

2021-08-01

anond:20210801015345

実は自分別に「この曲はこの振り付けだよね」とかは思ってないけどフォロワーが以前そういう話題で盛り上がってたのにその時その振り付け無かったこと指摘したり批判しなかったか代表して言ったんだけど

なんか波風立たせたくないからそう思っても言わないみたいなの嫌いだった

んで相手ファンも「これだから○○オタは」的な核心じゃない批判するから反論した

anond:20210801014703

いま調べたけどやはりコラボこちらの推しファンはめちゃくちゃ不満がってた

この曲といえばコレだよね!的な振り付けがあってそれが省かれたか自分も言った気がする

でも自分炎上したのは放送前だったような気がするからちょっと違うんだよなぁ

2021-07-25

着ぐるみオタク二次創作を嫌いになるまで

 おはようございます野良兎というものです。かつて着ぐるみでの仮装を楽しんでいた生き物です。

 今日はけじめとして、二次創作が嫌いになるまでの経緯を残しておこうと思います

少し自己紹介

 僕は着ぐるみというものが好きで、それが性癖と言える程度の存在です。どういう着ぐるみ想像つかない方は「着ぐるみ 美少女」などのキーワード検索してください。

 同時に、小説家と名乗るにはおこがましい程度の物書きをさせて頂いております

 僕は以前、twitterオリジナルキャラクター(以下A子)の着ぐるみ活動させるアカウント運営しておりました。お面自体は某工房製で、そちらや各所で多少迷惑をかけながら運営していたことを覚えています

あったこと前編

 そんなある日、お面を作って頂いた工房からイベントを行うので手伝ってほしいと言われました。内容としては「A子と同じ世界観学校舞台オリジナルキャラクターのお面を二つ作って売りに出すから、A子に紹介役をして欲しい」とのこと。

 今思えばこの時点で突っぱねるべきだったのですが、お世話になっている方だったので僕は引き受けることにしました。ただ、その時の違和感は今でも覚えています

「A子は学生じゃねえのよ」

 twitterアカウントを見れば学生ではないとすぐ分かるはずなのですが、その時は「まあ、忙しい方なので見てないんだろうな」程度に思っていました。A子はひとまず、その学校転入させました。

 それからステージでの脚本を考えて欲しい、自分パート振り付けを考えるように等、イベントまで様々な方に迷惑をかけながらそれらをこなし、イベント終了まで駆け抜けました。

 そして、例のお面(以下B子、C子)が売りに出され、無事新しいオーナーを迎えることとなりました。新しい二人のオーナーもなりきりアカウントをしたいということで始めたのですが、残念ながら諸事情で間もなく三人のアカウント活動を停止することとなります私自身はそれからも、同人誌か何かを作るのも面白いかもしれないと思い、”B子C子二人のオーナーにその確認を取ったり”その際の構成を練ったりしながら過ごしていました。

あったこと後編

 事件の始まりは、B子の妹と名乗るキャラクター(以下妹)の着ぐるみタイムラインに流れてきたことでした。

 曰く、B子が好き過ぎて妹を作った、名前も決めた、許可も取った、とのこと。話など聞いてなどいないし、なんなら見た目とストーリー整合性は取れてない。

 その時は、キャラクター性すら全く決めていないB子オーナー許可を出したのだと、僕は判断しました。

 許可を取ったということはほぼ公式宣言同義。当然、構想段階だったものはすべて白紙。「先に言ってくれれば設定をどうにかできたかもしれないのに」と思いながら、僕はB子と妹のオーナーに対して負の感情を持ったまま手を引きました。

 それからしばらくして、例の工房から「またイベントをするから、A子を連れて遊びに来て欲しい」と連絡がありました。お世話になっている相手なので、お邪魔しようと思ったのですが、脳裏B子と妹のことがよぎりました。顔も見たくない相手が来る可能性があるので行くべきではない。そう思い、僕は事情説明し断ることにしました。工房からの返事は「原作者には当然確認を取っているものだと思って返事をした、妹のオーナーはそんなに悪いヤツではないので出来たら許してやって欲しい」とのこと。

 それからしばらくして、妹のオーナーから長文の謝罪メッセージが届きました。「悪気はなかった。野良兎さんの話が好きだ。ストーリー整合性が取れていない理由は~、本当に申し訳ない、そのうえで本当に好きなので一緒に活動させて欲しい」のような内容だったと思います

 僕は勢いに押されて謝罪を受け入れ、妹オーナー和解してイベントにお邪魔することを工房に伝えました。

 その時の返事はだいたい以下のような内容でした。

「よかったね。あと、今回のイベントで前回の世界観と繋がっているキャラ二人(以下F子G子)出すから。表立ってそういう設定は出さないからいいでしょ。そんなわけでよろしく

 キレるタイミングを逃しがちな僕は、この場で何も言い返せませんでした。

 イベント当日。妹オーナーイベントスタッフらしく、僕に挨拶手土産謝罪を残し、慌しく駆け回っていました。

 暇だった僕がぼんやりしていると、B子オーナーを見つけました。声をかけると彼はヘラヘラしながら、

「すいません。先に言っておけばよかったんですけどね」

 と。「先に言っておけば~」は俺が言うセリフであって貴方セリフではないですよねと思いながら、「もういいよ。次からね」とあしらいました。

 その日はステージを眺めて退散。新キャラに関する情報は何もありませんでした。

 後日、妹オーナーやFの演者から改めて連絡があり、新キャラに関する設定を聞きました。

 F子はB子の幼い頃の知り合いで、今は機械化している。G子は大企業の偉い人の娘で、交通事故により機械化。

 F子はともかく、G子の関係性雑過ぎるなぁと思いながら更に切り込むと、どうやらF子の演者B子にぞっこんらしく。

 もうこれ、メアリースーみたいな夢女子と雑に用意されたモブやんけって感想しか抱けませんでした。

メアリー・スー https://ja.wikipedia.org/wiki/Mary_Sue

 こんなんを同じ話に突っ込むのかと、僕は今までやってきたことを穢されたように感じました。

 更に話をよく聞けば、妹オーナーは僕の話もアカウント投稿も読んだことな状態で「話が好き」と言っていたらしく、そもそもA子やC子を殆ど知らず思考に入れていない。以上の事やその他多くの要素から、僕は妹オーナーが「イベントを荒らされたくないが為にご機嫌取りをした」という結論に至りました。

 しばらくして、僕はA子に学校を退学させ、所持している面となりきりアカウントを全て処分しました。事実上キャラクター抹殺です。某工房製の面を視界に入れるだけで沸騰するような憎悪を感じるようになり、それに耐えられなくなったが為の苦渋の決断でした。六年間可愛がってきたキャラクターへの愛情よりも、キャラクターを都合よく使われ滅茶苦茶にされた憎悪が勝ってしまった事実は、今でも悲しく思います

後遺症

 気が付けば、僕は二次創作を煙たがるようになっていました。同様に、版権ものコスプレ着ぐるみも。

 理由簡単。都合のいいキャラクターを選んで無許可で使う行為が、僕の経験とダブって見えるからです。その行為は、あなた方が犯罪者と罵り忌み嫌う無断転載本質は何も変わらないのでは? その行為が、僕にA子を抹殺させたのでは? と。

 僕も版権キャラクターの面を所持していたので、自責の念もかなりあります。すべての面を捨てたのは、そういう側面も少なから存在します。出来ることなら抹消したい過去です。

 きっと、純粋ファン活動としてコスプレ二次創作をやっている方も沢山存在するのでしょう。しかし、残念ながらもう僕の目には殆どのものがそう映らなくなりました。自分承認欲や性欲を満たす道具としてキャラクターが無断で使われているように見えています。最早『異常者』と呼んで差し支えないほど、僕は多くを憎悪し、心の平穏の為にtwitterでも沢山のものブロックするようになっていました。二次創作に類するもののせいで、たくさんのコンテンツを嫌いになっていました。殆ど自業自得なのかもしれませんが。

言いたいこと

 ここまで恨みつらみを重ねてきましたが、別に二次創作をやめろ」という気はありません。きっと権利も何もありません。

 僕が言いたいのは「時々は、自分のやっていることを振り返ってみて欲しい」ということです。

 本来二次創作は、公式に見つかっていないからか、公式が見て見ぬふりをしているか存在できるコンテンツです。

 言い方を変えれば「公式が引き金を引けば、二次創作者の頭はいつでも合法的に吹っ飛ぶ」ということになります

 二次創作、あるいはそれに近い自称ファン活動をしている方々は、自分が殺されるかもしれないと考えたことがありますか? 自分の行動で誰かを殺してしまうかもしれないと考えたことがありますか? これはタチの悪い冗談でも脅迫でもないと、僕は考えます

 きっと僕を大袈裟だと嘲笑する方もいらっしゃるでしょう。しか事実、娘のように可愛がっていたキャラクター自分の手で抹殺するまで、僕は彼らと同じ思想に追い詰められました。

 貴方は、本当にファン活動をしていますか? 貴方第三者からファン活動をしているように見えていますか?

 僕のような異常者を再び生まない為にも、たまにはそういうことを考えてもいいと思います。誰かの為に、或いは自分の身の安全の為に。

2021-07-16

でもそんなの関係ねぇ!」の振り付け藤井隆ナンダカンダ」のサビ部やポケットビスケッツYELLOW YELLOW HAPPY」の冒頭部とほぼ同じだが、肘を曲げたワンハンドダンベル・ローイングスタイルである。また、小島自身振り付けが似ていることを、2007年11月17日放送分『エンタの神様』でネタにした。

2021-07-07

子供向けアニメ登場人物は踊れる

普段ダンスしてないキャラがよくOPEDで踊らされるけど、振り付け子供向けだから単純でも動きは正確でキレッキレだよね。

運動が苦手な子や年寄りもいるのに。

anond:20210707112939

言うて日本の方はまだデビューもしてないジャニーズJrグループなんやろ。

別にPVでも何でもなくただダンス振り付けを見せてますってだけの動画やないの。

なんで演者の年齢が同じなら同じ待遇のはずやという前提なんか分からん

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん