「住民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 住民とは

2018-11-17

anond:20181117224010

犯罪を減らしたいなら住所の変更を不可にして

国に大きく貢献した人間のみに首都への移住を認める制度にすべし

犯罪者が出たら近隣住民連帯責任刑務所

これで日本世界一平和江戸時代のような国にもどせる

2018-11-16

FRIDAY NIGHT IN ZMOI

熱いブランデーコーヒーを飲みながら、この話をしよう。

ズモイにも白人観光客がくるようになった。まだまだ少ないながらも、ズモイ国際スキー場という、巨額の投資による観光開発のおかげだ。ズモイは静かでささやかな、しかし豊かな街だった。かつては。

今は、ズモイのかつての中心部は寂れていて、まるでゴーストタウンのようだ。しかし、ズモイの南西部スキー場のある一帯は、ポツポツと場違いな大型ホテルが建っている。

それが成功しているのかわからない。昔から住民には、ほとんど縁のない話だ。外地人間達が、外地人間達に向けて商売をして儲けているのだろう。しかし、ズモイの山はかつての神の棲まう山だった。いや今も。そこに伝わる伝説は、ズモイを囲む山々が、神々の会議の跡だということを示している。そんな山々が乱開発されそうになったのは数年前だ。数少ない住人達必死抵抗と、それに対する行政府企業強硬姿勢。姿が見えなくなった者もいた。

ズモイでは、それを神の臍に迷い込んだ、と言う。しかし私は知っている。彼らは犠牲となったのだ。

この顛末については、またいつか話そうと思うが、この争いは結果的には、どちらから見ても敗北の苦味を多分に含んだ幕切れとなった。

そして、ズモイの神の一人は、あっけなく殺された。

2018-11-13

メトロレジデンスを利用してみた。外資の風が強すぎ.

2017年楽天から出資を受けたと少しばかり民泊業界ニュースになったMetroResidencesという会社

どうやら楽天からもらったお金日本にも進出していた。(本社シンガポール


彼らのビジネスモデルビジネスマンに特化した民泊というもの

空き家もってるオーナーが、メトロレジデンスに家を貸付。それをメトロレジデンスが客付けをする形。

メトロレジデンスはグローバル企業関係を構築していてグローバル企業従業員出張するときメトロレジデンスを使うんだとか。

基本は企業向けらしいが、どうやら個人でも使えるらしい。


会社概要ホームページ記載がなかったが調べた感じではこんな感じ。

会社名:MetroResidences Japan株式会社

設立2017年3月

資本金:2,500万円

所在地東京都港区赤坂9-6-30乃木坂プレース201

代表:Lester Kang

従業員数:8名

2018年11月現在


レビューを書いてるサイトがないか探したが、Google Mapクチコミ以外では見つからなかった。

Gooogle Mapレビューも5と1と両極端で悩まれる…

従業員による評判なども探したが見つからず。そりゃ8人でやってる会社だもんな。

ただ、常に求人採用を行っているようでこれもまた悩まれポイント。①拡大のために人を雇っている ②ブラックで人が常に辞めている のどちらか。


スタートアップなんてこんなもんかと思いながら試しに問い合わせをしてみた。

ちょうど東京で1ヶ月ほど仕事が入ったのでレオパレスアパホテルと迷ってメトロレジデンスにもメールをしてみた。


が、日経っても返信なし…

さすが外資だぜ…グローバル企業勤めじゃない人間には用はないってことか…


とは言え出張の日は近づいてきているので、電話をかけてみた。

営業担当の人がいないらしく、スーパーバイザーと名乗る男性が出た。

そこで一言


「俺は営業部署に移動してきたばかりだから知らない」


さすが外資日本サービスを展開しようとも外資姿勢を崩さない。



その後メールで2週間ほどかけて予約完了

メール日本語文面から従業員の方はおそらくネイティブジャパニーズではなさそう。

努力して日本メールを書いてくれた営業の方には感謝しかない。


金額の内訳はこれ。

賃料:22万

敷金11

週次清掃:2万/回×4回=8万

――――――――――――――

合計:41万


敷金はチェックアウト後に返ってくるとはいえ、なかなかの金額



そしてチェックイン

チェックインまではフロントデスクチームという人たちから丁寧な案内メールが来る。

いざ部屋に入ってみると、まぁ普通…。

悪くはないがマンスリーマンションと違うところがない。

1回2万円のお掃除サービスをつけたが、帰宅してみると私物がなくなってる(果物とかお菓子とか軽いもの)。

まぁホテルでもたまにそういうことはあるから仕方ないか。お皿と床は綺麗にしてくれてた。シーツも変えてもらってスッキリ



ここで事件

僕はとあるマンションの一室をサービスアパートメントとしてメトロレジデンスに案内されたのだが、

同じマンションの人とエレベーターで一緒になると「民泊で泊まってる人ですよね…?中央区民泊禁止なんですよ…」とこっそり言われる。

え、違法…?

しかしたら違法片棒を担いでしまたかもしれないと非常に不安に駆られる。

というかマンション住民からの白い目を背に帰宅しなければならないなんてチキン日本人にはきつい。


針のむしろのようなマンション生活も終わりが近づき、チェックアウトをしようとすると

フロントデスクチームの人から「鍵はポストに入れておいてください」というメールが届く。

鍵はポストに…?そういえばチェックインの時も宅配ボックスから取れと言われたな。ビジネス向けとは言え民泊から仕方ない。

ただポストに入れておいてその後誰かに鍵を取られてしまったらどうするんだろうか。僕に請求が来るのだろうか…。

とにかく、こうやってメトロレジデンスの人とは一度も顔をあわせることのないまま宿泊は終わった。

デポジット全額返ってきてよかったよかった。(チェックイン・チェックアウトどちらも立会いがなかったが、もし部屋がめちゃくちゃ汚れててもお金取らないのかな。)


総評すると、悪くはないけど色んな不安が常につきまといすぎてリラックスできなかった。レオパレスに比べたら高いけどもそこまで値段に見合ってるとも思えなかった。

あとはなによりレスポンスが遅い…!日本語が下手なのか、あまり丁寧ではない言葉を使われるので驚きもする。

旅行趣味から一度体験たかったけどこれならAirbnbでよかったな

2018-11-10

スモールワールド

ニコニコ動画で、

俺がお気に入りに入れてるブクマカらしきアカウントがさ、

はてなと一切紐づけてない俺の動画広告しているとき

ネット世界のすごい狭いところを一周してきたかのような感覚

ニコ動住民は減ってるって聞くのに

世界狭いわ

億ション価値って?

近くに最上階3億で即完売したとかい億ションがある。

…が、自分にはそこまでしてあそこに住まう価値が分からない。

最上階の眺めがいいと言ったって近くの東京都庁展望からの眺めと変わらんし見たければそっち行けばいい。

だってマンションから出てきて一回の松屋に入っていく億ション住民を多数見かける。

それなら俺が食ってる飯のほうがまだマシだわ。

買い物だって周辺のマルエツLIFEだろ?もしくはヨドバシAmazonとかの通販。俺と同じじゃん。

クリーニングだって平均年収貧乏人の俺が使っているのと同じその億ション1階にあるクリーニング屋だろ。

専用バージムがあるというが、ぶっちゃけ近くのバージム行ったほうが億ションより安上がりだろ。

他何?投資?どうせオリンピック後に嫌でも不動産価値下がるだろ。

億の価値があるとは正直俺には思えないのだけど、まあ価値を感じるやつもいるんだろうねえ。不思議世界

2018-11-07

anond:20181107223611

40年も自宅に引きこもってて、近所住民存在すら知らなかったのに、生きてた奴もいるくらいだからな(そいつは流石に言語能力喪失したらしいが)

地方が閉鎖的な理由

地方は閉鎖的だとよく言われるのだが、なぜ閉鎖的なのか理由を考えてみた。

閉鎖的だと新しくやってくる人たちを受け容れないのだから素直に考えれば人を増やさないことを目的としていると思う。

人口増加を避けるために閉鎖的になっているということは人口が増えると困るから。元々地方経済自給自足+その地域に住んでいる住民必要な分の経済で回る仕組みで経済圏が閉じていた。外から人が入ってきたら中の資源を奪い合うことになるので困るのだ。収穫量が一定でその収穫分を分け合うだけの社会なので生存可能人数が決まっている。もしその地域人口が増えることがあったらおそらく生存可能人数を超えることになるので誰かを排除する仕組みが発動して外部に追い出すことになるだろう。

人口は増えるより減るほうがましなので、同調圧力をかけて共同体からはみ出す人が出たら排除する。それで問題がなかったので、ずっとその排除して人口一定内に抑える仕組みを発動させていたのだと思う。共同体の存続のために。

しかし今は環境が変わってしまっている。共同体内部向け以外の経済の仕組みが入ってきてしまったために地域必要人口数と経済活動の規模がリンクしなくなってしまった。

近隣トラブルの萌芽を感じた話

今日不燃ゴミの日だった。

わが家のゴミ出しは私の担当だ。

妻が用意したゴミ袋を出勤時にゴミ捨て場に持って行く一般的スタイル



わが家は20軒ほどの分譲地。

月替わりでゴミ捨て場の清掃当番が回ってくる。

ゴミ捨て場に行くと若い男性ゴミの整理のようなことをしていた。

私「おはようございまーす」

軽く挨拶をしてゴミ袋を置こうとしたそのときだった。

男「不燃ゴミは透明の袋ですよね?」

私「はい?」

男「不燃ゴミは透明の袋ですよね?」

そう、妻が空きビンを詰めたゴミ袋は白い半透明の買い物袋であった。

ちょうどいい大きさの袋がなく、分別できてるか確認できればいいだろうとそうしたらしかった。

私「あ、そうでしたっけ。失礼しました。」

一旦家に戻って無色のゴミ袋に詰め直し、再度ゴミ捨て場へ行く。

男はまだ同じ作業をしていた。

一旦手を止め私の全身を舐め回すように眺め、不満そうな顔で何も言わず元の作業を再開した。



引っ越してきてから1年ほど経つが、その時間ゴミ捨て場の整理をしている人を見かけたのは初めてだ。

そう言えば数日前に分別ができていなくて回収してもらえなかったゴミ放置されていたことがあった(わが家のものではない)。

今月の当番だった彼がそれに切れて毎日監視するようになったのかもしれない。

とは言っても人の挨拶無視して開口一番ゴミ袋の色にまで噛み付くのはちょっと異常だ(もちろん間違えたわが家に非があるのはわかっている)。



現時点ではちょっと神経質な住民が近所にいる程度の話だ。

しかし何が彼らの逆鱗に触れるかわからない状態で暮らすというのは漠然とした不安を感じる。

無理して家など買わず賃貸我慢してればよかったのだろうか。

2018-11-06

岡山用水路を塞ぎたいならお前らが金を出せ

県南だけで総延長6000kmあるんやぞこっちは

しか住宅地や通学路はほとんど柵着けて対策済み

工場地帯や離れの田んぼなんて町会で負担しようものなら数世帯で数百メートル負担せにゃあかん

うそんなところでおっ死ぬやつは死なせたほうがいいだろ。自殺だよ自殺

あと用水路は定期的に浚渫しないと機能しなくなるわけで、それは住民自分らでやってんの

本当の本当に全域に柵つけたらこれも困難だし、暗渠にしたらそもそもできねーよ

そうすると税金作業徴収する必要も出るけど、正直それくらいなら肉体労働で収めさせてほしい

ほんま他所もんは好き勝手ばっか言ってから他人事だと思いやがって

anond:20181106095354

沖縄でも住民集団自決させられた場所って日本軍がいた島だけで

日本軍がいない場所では集団自決が起こっていない

日本軍あるところ乱あり

北斗神拳みたい

2018-11-05

坂本弁護士一家殺害事件が再び起こりかねない!?

住民の音声データ アレフに誤送信 NHK札幌放送局 2018年11月2日 23時00分 | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181102/k10011696841000.html

オウム真理教から名前を変えた「アレフ」に関連する取材で、NHK札幌放送局が行った住民インタビューの音声ファイルを取り込めるメールを、担当ディレクターが誤ってアレフ側に送信しました。NHK関係者謝罪するとともに情報の取り扱いを一層厳格にし、再発防止に努めていきます

誤って送信されたのは、NHK札幌放送局取材班が、札幌市内にあるアレフ施設の関連取材で行った住民へのインタビューの内容を文章化してもらおうと、業者に依頼したメールです。

このメールには住民6人のインタビューの音声ファイルを取り込めるアドレスが入っていましたが、1日、担当ディレクターが誤ってアレフ広報部にも送っていました。

NHKは2日、ファイル送信システム運営会社に連絡して音声ファイルを取り込むことができない状態にしたほか、アレフにもメールの削除を依頼しました。

またインタビューに応じた人のうち、連絡先がわかった人については経緯を説明したうえで謝罪しました。

NHK札幌放送局は「関係者に深くおわびします。報道現場での情報の取り扱いを一層厳格にし、再発防止に努めます」というコメントを発表しました。

これを見聞きしたとき、ゾッとした。背筋が凍るってマジだわ。

こんなの謝罪で済まへんで!!!

もし当該の住人だったら、普通に訴額 1 無量大数円ぐらいで損害賠償請求裁判やったるわ。

TBSビデオ問題と状況が酷似しているやんか!

1989年TBS番組スタッフが、坂本弁護士オウム真理教批判するインタビュー映像放送前にオウム真理教に見せたことで、坂本堤弁護士一家殺害事件の発端となったかもしれないマスゴミによる報道被害とドンピシャやん。

ほんまに、死者が出ーへんことを祈るわ。

マジでこんなん、公共放送とか、勘弁してくれ!

バイク音うるさい」路上少年を刺した疑い、男を逮捕

11/5(月) 9:06配信 朝日新聞デジタル

 路上にいた作業員少年(17)をサバイバルナイフで刺した疑いがあるとして、愛知県警中署は5日、名古屋市中区新栄3丁目、無職大島雅弘容疑者(34)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。少年は左胸を刺されて1~2週間のけがで、大島容疑者は「バイク音がうるさかった。殺すつもりはなかった」と話しているという。

 署によると、4日午後11時5分ごろ、大島容疑者の自宅の近くにある新栄公園そば歩道上に少年が知人4人といたところ、大島容疑者に突然襲われたという。知人の1人が110番通報した。署には当時、付近住民からも「バイク音がうるさい」と苦情が複数、寄せられていたという。



素晴らしい。

無職はこういう形でDQN駆除奉仕すべき。

国連真実を指摘する記事が歪める福島真実

この記事

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20181104-00102874/

本論は啓蒙であるが、例示が正しくない。


まずは科学事実からということで、福島県放射能測定マップを見て欲しい。

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/


2011年2018年マップを読めば

原発事故当時と比べて放射線量が高い地域は大幅に減少している

放射線量が高い地域もまだごく一部存在している

という2点が読み取れるだろう


リスクある原発の廃絶という目標」を言い訳にして前者を無視すること、あるいは「福島被災地域の復興という目標」を言い訳にして後者無視することはどちらも科学事実に反する間違った態度であると言わねばならない。


記事冒頭に挙げられた「年間20mSvを下回るがまだ線量の高い地域重要部分なのに記事では省略されている)に子供妊婦を帰還させるべきではないという国連特別報告者報告」と「被爆による疾患の増加は有意に見られず出生時異常の増加もないという予測を述べた原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)報告」は何ら矛盾するものではない。

石戸記者は前者は「被爆リスクは高い」後者は「被爆リスクは低い」だから矛盾すると雑な論理を展開しているが、前者と後者は同じ福島でも全然違う場所の話をしていると考えねばならない。

なぜなら後者放射能の高い地域から避難が(比較的)迅速に完了したことによる結果として健康被害がなかったという話であり、暗黙の前提として今後もわざわざ危険地域に入って過剰な放射線を浴びに行ったりはしないという考えによる予測であるからである。極端な例を考えれば、「福島安全になった」という雑な考えを持って事故の起きた原子炉建屋の中で長期間暮らしたりすれば当然健康被害が出ると考えられる。

国連を全て一緒くたにしはいけないという指摘をする記者が、福島という地域を雑に一括りにして「安全」という評価を下してしまうのはとても残念なことである福島市も公的避難は行われていないし、会津などにいたってはそもそも風評被害しかない。国連と同じで福島も一つではないのだ。当たり前のことなのだが自分のことになると見落としてしまうのはよくあることであるが。


さて、問題放射線量による安全危険の線引きが実際何が適切であるかということだろう。実のところ放射線量安全危険の線引きは専門家にも難しい。

一応こんな記事を探してきたから暇なら読んでくれ。

http://tomioka-radiation.jp/2016/09/30/1msv_and_20msv.html

放射線普段から人間が浴びているという科学事実やその線量は例示しつつ、20mSvがどうなのかの名言は避けてるね。

今回国は国際的避難基準を元に20mSvを帰還の基準にできると考えているようだが、避難基準と帰還の基準は別なのでは?というのは誰もが考えつく指摘である

いや20mSv以下なら避難しなくてよいのでは?と反論が見られるかもしれないが、事故の混乱の中で住民を残らず強制的避難させる基準が高めになることは何ら不思議なことではない(そもそも隣の村が強制的非難させられてるのに自分たちは対象でないからといってのんきに住み続けてあまつさえ自主的に逃げ出す人を非難するのもどうかという気もするので基準より多くの地域で実際に避難が起こることは想定内であるべきであった)。

さっきの記事を読んだ人なら航空機乗務員目標である年間5mSvより大きな値を設定するのはおかしい(基準航空産業を不当に圧迫していると主張するようなもの)ではないかと感じる人も多いと思う。


「年間20mSv安全だと専門家は主張している」なる主張に反証を一つ上げておく。2011年時東大の教授だった小佐古敏荘氏のことを思い出して欲しい。彼は子供たちに年間20mSvまでの被爆を許容するという政府方針に涙ながらに抗議し、政府役職を辞任したのである記憶力の低い国民たちは覚えてないかもしれないが(皮肉)、当時は大きなニュースだったはずだ。

結局のところ年間何mSvまでなら安全かは専門家でさえも正確には誰もわかっていないし、小佐古氏の主張が正しいとは限らない。しかし、放射線量がまだ多めである地域子供たちを帰還させるという「人によっては泣いて嫌がること」を実施しようとするのは、まさに人権問題だと思うし、特別報告者が人権委員会話題にしようとしたこと自体は(それをそのまま結論にするのは安直であるとしても)まさにやるべき仕事だったと思う。これは決して石戸記者の指摘する福島に対する差別偏見という全く別の人権課題相殺されるべきものではない。

結論としては、国連権威(そんなもの本来最初からないのだが、国連世界政府ではないし、そもそも政府だってそんなに信頼してはいけない)を利用する人を非難し、国連への誤解を解くという目的を果たしながら、福島の一部に残る放射能問題専門家意見権威としてとり上げた上に都合の良いように解釈して自分の望む結末に捻じ曲げるという非常に残念な記事であった。



余談1:国連人権委員会について

今回の記事を見て、国連人権委員会特別報告者など要らないと単純な反応をした者が多くいた。特別報告者の報告をそのまま権威付けに使おうとする一部の反原発派の姿勢問題であったと思うが、国連人権委員会あるいは特別報告者というのは第三者委員会のようなものとして必要とされていると思う。原子力の専門家集団ほとんどが発電所建築専門家であり原子力ムラ(実際そんな村は存在しないので不当な呼称であると思うが)と貶されることもある。実際福島以前の基準やらかしていたわけで、専門家というのも常に当てになる存在ではない。(特に右派には)人権委員会日本関連での事実誤認事件が気になっている人もいるだろうが、人権委員会廃止を唱えることはロシア中国北朝鮮安全保障委員会ですら問題になるレベル)における人権侵害問題を軽視することにもつながると考えるべきだろう。


余談2:実際どの地域避難者を帰還させるべきかという政治判断問題についての個人的意見

もう一度2018年福島県放射能測定マップを見て欲しい

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/

年間20mSvは一時間あたりに治すと2.3μSvである地図オレンジ色の点に相当する(こう考えてもかなり高いし、こんなごく少数の点に人を戻していったい何をしたいのだろう)。地図を見ればもうほとんどの地域が水色から白なのである。せめて半分の10mSvか四分の一の5mSvに設定すべきではないだろうか。帰還の完了を焦らずに住民安心という福祉政治的にも重要視すべきだと考える。

2018-11-04

ネットリンチとは

自分匿名掲示板住民でありid晒して何かを主張する気は無い臆病者だ。

その中でも自分が目にしてきたきんもー☆や某弁護士代表されるような事件は憂慮すべきものだなあと考えていたけど

ドブスを守る会Twitter界隈で炎上したのを見たときはこれは面白い時代だと思った。

id晒して何者かの非道ネット晒す行為というのは晒すという行為正当性告発したい非道を天秤にかけて対決する行為であって高潔さを感じたかなのだ

結局のところ正義はその対決の結果如何、すなわち民意で決まる。バランスは後から取れば良いのだから晒して世に問うというのがリンチというのとは一線を画すると思っている。

華氏119

なんというか絶望的な話が多かった

リントっていう全米最貧の都市は今まで五大湖から水を引いてて、綺麗な水道水が流れてたんだけど

共和党州長企業利権絡みの私欲でフリント川っていう工業廃水を流してる川から水を引くことを強引に決めて、

汚染された水道水が流れ出し水道水を飲む住民健康状態ドンドン悪化する

住民がどんなに抗議しても州は水の汚染度のデータを書き換えたりして安全と強弁し動かなかったけど、

リントにあるGM工場水道水を使って車のボディーの仕上げをしてたらボディーが錆びるという事が起きたら、州長はすぐ動いた

工場「だけ」五大湖から引いた水道水を使うように工事を行って、フリントの市民はそのまま放置された

そんなとき民主党大統領オバマがフリントにやってきた

フリント市民はオバマ改善を期待したが、オバマ演説の壇上で「喉が渇いた」と猿芝居をして

リントの「安全とされる」水道水を飲むパフォーマンスをしてフリントの水は安全だとアピールした(正確には口をつけるだけで一滴も飲んでない)

フリント市民は全てに見捨てられたという絶望的な終わり方だった

2018-11-03

anond:20181103094102

ならなぜ都会のITネオリベ弱者切り捨てを叫ぶのか。

サンフランシスコ家賃高騰に反対した地域住民を見下す人間のクズ日本にも大量にいた理由を答えろ、ITネオリベ

2018-11-02

N H Kクソバカやろw

これで住民宗教団体から嫌がらせでもされたらどう責任取るんかね?

anond:20181102001947

あなたが使ってる電気は、原発事故リスクに怯えながら暮らす地元住民の恐怖の上に成り立っています(原発は停止していてもリスク

山口組×ハロウィーン

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15532655/

文字通り血塗られたお菓子をもらって喜んでる住民なんなの?

市民を騙して泣かせて締め上げて場合によっては殺して稼いだお金で購入したお菓子だぜ?

そんなもん、よく食うよな?

人としてどうなんだ?

2018-11-01

anond:20181101102245

それ事業者向けであって、隣の住民がうるさい、臭いかに全然使えない法律だけどな

2018-10-31

anond:20181031213218

現世程度の認識「我思う故に我有」なんて言っても地獄住民嘲笑すると思うわ

肉体という枷に束縛された不完全な五感、霊のことをほとんど感じることができない

2018-10-29

あーあまた東京都民

放射脳地元住民に嫌われてサヨク選挙負けた」とか言うんだろうな

誰のせいでそうなってんのか

どうせ原発事故が起きたときだけ仲間面してその後は平気で怖がる人バカにしたり

逆に地元に住んでる人間が一番の加害者と言わんばかりにこき下ろしたりするくせに

2018-10-27

はてなー公認差別対象

下記の人々に対する差別は、はてなでは差別としては扱わない

理由差別では無く合理的区別から


ネトウヨ

過疎地住民

地方公務員

高齢者

喫煙者

新幹線肉まんを食べる人

水産業者 ←NEW

俺は障害者が大嫌いだ

タイトルの通り、俺は障害者が大嫌いだ。嫌いになったきっかけが2つある。

-----

1. 小学生時代

一学年10人程度の小さな小学校に通っていたが、一学年上に言語能力問題を持った障害者(A)がいた。

周りの奴らが優しい奴ばかりだったから、特に障害を持っているからといって見下したり貶したりしていなかった、そう接するのが正しいんだなと思って俺も雰囲気でそうしていた。

小4のある日、Aと話していて急に大声で怒鳴られ、体格の良かったAに突き飛ばされた。正直詳しく何があったかは覚えてないが、いきなり顔つきが豹変して怒鳴りだしたときの顔は覚えている。

そこから先生や親と話し合いになったが、なんとなく「まぁAはちょっと普通の子とは違うからしょうがないよね、増田も許してあげてね」的な結論になった。Aは心のこもってない「ごめんね」を言い、先生も親もも解散ですかねみたいな雰囲気だった。

俺は「あんなに怖かったのに許してあげてねで済ませてほしくない」みたいなことだったと思う。そのときの「ハァ何言ってんだコイツ」みたいな先生の顔を見て、小学生だった俺は「何やっても周りは障害者の味方すんだな」と思った。

2. 大学時代

今の話だ。地元田舎から都会に出て大学院生をやっている。都会といっても中心部から電車で30分も行けば住宅街の広がる街になる。割と夢だったひとり暮らし満喫しているが、最近同じアパートに住む斜め向かいの1人の住人(B)に悩まされている。

そいつは40〜50代くらいのおっさんでら俺が引っ越してきた4年前には既に居たと思う。たまにすれ違うことがあっても帽子を目深に被って明らかに目を合わせないようにされていた。

ここ1年くらいだろうか、夜に家で作業をしているときに、外から怒号が聞こえてきた。言い合いをしているという感じではなく、誰か1人吠えてる感じだ。なんか気味が悪いなと思っていた。

そこから気にしだしたせいもあるだろうが、怒号聞こえる回数が増えた。ドアは開けなかったが夜中3時にゲームをしてる時、昼過ぎ作業をしてるときちょっと早く目が覚めた朝6時、夜10時過ぎに宅飲みをしてる時など、時間を問わず5〜15分くらい怒号が悪いな聞こえるのだ。それがひどいときには1日1回は聞こえるようになっていた。

ある時恐る恐る外に出てどこから聞こえるか確認したところ、Bが住んでいる部屋の中からだった。大家さんにどうにかできないか相談したが、「張り紙を貼ったり何度も注意はしてるんだけどねぇ、あの人ちょっとかんしゃく持ってるっぽいしねぇ」とぼかされる。

今年の夏、やけに大きい音で聞こえてくるなと思ったときがあり、Bの部屋を見てみると、ドアを開けて怒鳴っていた。本当にブチ切れそうになった俺は警察を呼んで注意してもらうことにした。10分ほどで警察が来て、注意をしたあと(その注意の仕方もヒドかったが)周りの住民への聞き込みだろうか、俺の部屋へ来たので少し話した。「ずっとうるさいんでなんとか対処できませゆか、退去させるとか」と言ったが「いやぁたぶん彼、障害持ってるっぽいからねぇ、また声が大きいとかあったら教えてよ」とこちらもはぐらかしてくる様子。(そんなん言うたら毎日来てもらうことになるけどええんかと言いたかった)

-----

俺は障害者ってのはある程度好き勝手振る舞って周りに迷惑をかけても許されるもんだと思っている。だから障害者が嫌いだ。

サンプル数2で語るな」と言われると思う。もちろん全ての障害を持った人がこうだとは思っていない。しか人生2十数年そんなに障害を持った人と接することはないし、パラ五輪目指して頑張る人など人間的によくできた人ってのは一部だと思うし所詮テレビの中だけの存在だと思っている。もし次何かの機会で障害を持った人と会うときは少なからず悪いイメージを持って接すると思う。

頼むから次に会う障害者には迷惑をかけられたくない。

anond:20181027014053

これなー

FPなんか

シリアでは現在AFP首都ダマスカスDamascus)に支局を持つ唯一の国際通信社だ。シリア人のジャーナリストたちが常駐しており、隣国レバノン首都ベイルートBeirutから政府軍支配している地域記者を送ることもある。反体制勢力の戦況についても、地元記者から情報を得たり写真動画を送ってもらったりしている。

 ただ昨年の8月以来、私たちは、反体制派が支配している地域記者を送ることはやめた。危険すぎるためだ。外国ジャーナリストがそうした無法地帯に飛び込めば、誘拐殺害されるリスクが高い。AFPに定期的に動画などを提供していた米国人ジャーナリストジェームズ・フォーリーJames Foley)氏が8月に、IS殺害されたような悲劇が起こり得るのだ。反体制派が支配する地域では、外国ジャーナリストはもはや地元住民の苦しみを外部に伝える目撃者としては歓迎されておらず、攻撃ターゲット、あるいは身代金のための「商品」として見られている。

 そのため、AFPフリージャーナリストが、私たちが足を踏み入れない地域取材してきた素材を受けつけないことにした。これは明確な決定であり、周知するためにもここで念を押しておきたい。フリー記者シリアに行って取材してきた情報写真映像も、私たちは使わない。

フリーランスはシリア内戦で大きな犠牲を払ってきた。大きすぎる犠牲だ。そのようなリスクを背負おうとする彼らの背中を、私たちは押したくはない。

こうやってきちんとしている

日本通信社マジで舐めてるいろんなもの

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん