「無職」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無職とは

2018-10-15

日本からオタクの消えた日

 大失敗に終わった東京五輪から10年、日本人口が3ヶ月の間に1割近く減った。

 東京五輪の際、国内外フェミニストたちによる精力的な活動により日本オタク文化世界的に批判された。初めはゾーニング問題から始まったという。世界から、そして国内から批判を浴びた業界人たち(すなわちアニメゲーム漫画ラノベ特撮アイドル声優等)はまず自分たち正当性を主張した。ポルノではなく文化であり、芸術の一形式であると。しか反論すればするほど批判の声は高まり圧力に負ける形でゾーニングせざるを得なくなった。オタク文化は18歳以上のものとされたのである

 ゾーニングによってオタク文化は守られ、それ以上存続に関わるような決定的な批判を浴びることは避けられた、業界人たちはそう思った。しか事件が起きた。20年代に頻発した女児殺害事件である最初事件センセーショナル報道された。犯人オタクだったからだ。犯人の家にはアニメキャラクターポスタータペストリーが飾ってあり、性器剥き出しのアダルトフィギュアが部屋中に溢れていた。フェミニストがこの事件に食いつかないわけがなかった。事件とともにオタク批判が盛り上がった。さらオタクにとって不運だったのは似たような女児殺害事件が再び起こったということであるフェミニストオタクという存在危険性を主張しはじめた。この二番目の事件において犯人オタクではなかったが、フェミニストたちの激しい主張により、いつの間にか世間認識は「犯人オタクである」となっていた。

 悪意というものは一番弱いところに向かうものだ。東京五輪の失敗を受け、多大な負債を抱えた人たちが次々に女児殺害していった。20年代女児殺害事件常軌を逸していたと言っていい。今一度確認しておくが、20年代の一連の女児殺害事件において犯人オタクだったのは最初事件だけであるしか20年代の痛ましい事件はすべてオタク責任ということになった。話がやや複雑になるが、中には「俺はオタクだ」と名乗った犯人もいたが、実際に捜査してみるとオタクではないというケースもあったようだ。精力的に活動する反オタク主義フェミニストたち、彼ら彼女らに賛同する一般市民自暴自棄になって事件を起こす犯人たち、国内マスコミ、そのすべてが全責任オタクに負わせようとした。

 そしてオタク絶滅法(「オタクと判明した場合、即座に死刑に処する(その場での殺害も可)」)の登場である世界的に死刑廃止されていく中で信じがたいことだが、2030年代の日本は完全に狂っていた。東京五輪の失敗というトラウマからいまだ回復していなかった。日本全体が生贄を求めていた。何かに責任を負わせてすべてを清算たかった。ゾーニングによって世間の表舞台から消えていたオタク文化が再び掘り起こされていった。すべての業界関係者業界を支えるファンたちが問答無用連行され即日処刑、あるいは抵抗する場合はその場で殺されていった。多くの血が流れ、あっという間に日本からオタクと名乗る者が消えた。フェミニストたちは最大の功労者として権力を握った。これで日本は復活できる……人々の熱狂は大変なものだったそうだ。

 しかしこのゆがんだ悪法が人々を本当の意味幸せにするわけがない。日本人が反オタク主義に慣れきったころ、一つの事件が起きた。ある会社で働く女性社員上司に叱責された。同僚のインタビュー記事などによれば、叱責はどの会社でも日常的にあるような軽いものだったという。しかしその女性社員は叱責されることに慣れておらず、ものすごいショックを受けたらしい。鬱病になって会社をやめることになった。歴史的に大きな事件が起きるときには様々な要素が偶然絡み合うものだが、この場合もまさにそうだった。女性社員フェミニストだったのである

 彼女はもちろんフェミニスト栄光を知っていた。誰もが絶望しきっていた東京五輪の失敗からフェミニスト主導のオタク絶滅政策によって日本が復活するという栄光歴史を。無職になっていた彼女はある日会社を訪れ、自分を叱責した元上司に向かってこう言い放った。「この人、オタクです」

 周囲にいた人たちは青ざめた。それが意味することを理解していたからだ。しかしまだ事の重大さを真に理解していたわけではなかった。彼はオタクではないのだから、そんな言いがかりだけでどうすることもできないだろう……。監視装置が「オタク」という言葉を感知すると自動的通報され、すぐさま警察がやってきた。取り調べが行われ、元上司スマホが調べられ、自宅に向かった捜査員はあらゆる端末のデータを調べた。数時間しても彼がオタクであるという明確な証拠が見つからなかった。警察フェミニストの女にこの男が本当にオタクであるのかと確認する。そこで女はただこう言ったそうだ。

「私はフェミニストです」

 その場で元上司は「オタクである」という理由で射殺された。フェミニストの女は死んだ元上司の顔に唾を吐きかけると帰っていった。

 この一件はマスコミによってオタク絶滅政策の一環である報道された。しか職場の同僚たちは反論し、事件真相ネット上で速やかに広がっていった。「オタクという明確な証拠がないにもかかわらず、フェミニストオタク認定されただけで殺された」 フェミニスト理論上誰でも好き勝手に殺せる……

 反オタク主義に固まっていた日本が少しずつ揺らぎ始める。それは反フェミニストという形で現れた反動であるフェミニストの大物が暗殺されると、オタクを名乗る集団による犯行声明動画サイト投稿された。地下に潜っていたオタクたちが立ち上がったのだ。オタク絶滅法の施行された30年代は高度な監視社会だった。だが監視社会はテロを防ぐことができず、フェミニストは次々に殺されていった。

 やがて人々は東京五輪の失敗はオタクだけのせいではなかったと気付き始める。たしか東京五輪を契機に世界的なオタク批判が巻き起こった。しかオタク絶滅法は人道に反すると諸外国から批判を受けたことも事実であった。それでも当時の日本にはもう一度立ち上がるための生贄が必要だった……

 私は日本州に生まれたことを嘆いてはいない。この島には悲しい歴史がある。私たちはそういった負の側面を背負っていかなければならない。オタク絶滅法以降、日本少子化人口減少はさらに進み、今や人口は3000万人程度だ。最近愛国者たちによる独立運動が盛んで、毎日どこかで集会が行われているが、私たちはかつての日本国を美化するようなことがあってはいけないと思う。

2018-10-14

anond:20170611063612

個人的意見ですが、「30代童貞無職であることに引け目を感じる必要は無いと思いますよ(^^)

2018-10-13

Googleの話が出てたが

無職が一発逆転する方法なんて話がたまにネットで話題になるがこれは簡単なことで

ちょっとがんばってGoogle Code Jam決勝進出ぐらいしてみるといい

引く手あまたやで

今日も塩パスタ

明日も塩パスタ

明後日も塩パスタ

はー、無職ってつらいなあ。

2018-10-10

anond:20181010153144

物心ついた時からそう

実家でも一人暮らしでも

好きな家具置いて好きなものに囲まれリラックスできるようにしてても緊張度70なんだ

次の日休みでも無職ダラダラ期間でも誰にも会わなくても

なんでだろーなー

査読の一番の効用時間節約だっていうのは、今回の件で実感されたんじゃないのかな。

・聞き役が女ばかり→去年は男だった

・相槌を打つだけ→質問などもしており何をもってそう記述したのか不明

このあたりは、査読があれば必ず突っ込まれたはずで、多くの人はそこら辺がフィックスされた

文章を読むことができたはずだった。

ペレルマン無職からあれで許されるという面があるわけで、職業研究者なら他人時間

使うことにもう少し謙虚になってよいと思う。

anond:20181010010330

私よりも夫のプライド的にどうなのかな?という心配はある

過労→鬱→数年無職とかが多分私も本人も1番きついか

家庭に!笑顔が!欲しいんです!

2018-10-09

anond:20181009123024

年収だけでなく年齢にも自称オッサンにはばらつきがあって、

年収1500万円の大学の同期と比べて自分年収600万円だから金がないと思ってる首都圏の30歳の自称オッサンは、助かる可能性がある。

小学校からずっと不登校無職の50代のオッサンは、助からない。

自分は終わってると思い込んでるだけのオッサンと、本当に助からないオッサンいるから、連帯できない。

anond:20181009122431

自称キモくて金のないオッサンなかに年収1500万円の大学の同期と比べて自分年収600万円なことにキレてる首都圏オッサンと、

年収300万円未満の地方高卒オッサン小学校からずっと不登校無職オッサンなどがいて、状況が違うんだから連帯できないに決まってる。

公務員試験勉強してたら親父から突然「公務員試験受けるな。お前は九割九分九厘無理。一縷の望みもない」と言われた。

母親との些細な事で起きた喧嘩で俺もついでに嫌われてしまった。まぁ何年も同じことが度々起こってるわけだが。

で、「職歴1年(公務員)、30近い逃げ癖ありのデブがどこ行ってもダメ

「今生きてることに恥は無いのか、いい身分じゃないか

公務員ダメ正社員ダメ30にもなってフリーター、どんな優しい奴に生かされてるんだ?」

「じいさんが生きてたらお前とっくに殺されてるのにな〜」

職歴一年のお前と卒業後今も働いてる同級生と、稼ぎも人間性も劣っていることを毎日考えて生きろ」

「何もできないお前、自分で何ができるか一晩考えろ」

去年の半年が過ぎた頃から前職を辞めた。ホモ上司によるセクハラ記憶に新しいが、そんなことは些細なことで、自分仕事のできなさに嫌気が指し自殺未遂した。親父は最初こそ心配したが、今となっては俺の過去の失敗(公務員以前の超短期職歴とか)を延々と話しずっと責める。で、今日の朝「もう一度公務員試験頑張ろう」「でも人間の道から外れていることは自覚してな」だってwwwwwはいいつものパターンきましたwwwwwwwwこれ何度目かなww

あーつら。ホント何度目だ。俺がやらかしたことで一部の親戚から絶縁された(丸一年電話土産が来なかった)のは本当に申し訳ないと思ってるし、家族にも未だ迷惑掛けてるよ。大学時代アルバイトもせずに安い賃貸一人暮らしまでさせていただいた。ただ飯いつまでも食うわけにはいかないし出て行きたいけど貯金100万切ったよ。でもそういう話すると「魚の世話はお前の仕事だ。出て行くとして、金魚がどうなってもいいのか?」「ただ飯の恩を仇で返しますってか?ハハ」と思い止まらせにくる。何をどうしてほしいんだよ・・・聞いても「低能無職は俺の言うことに従え」。母親にも似たようなことを言って大抵1週間は互いに口を開かなくなる。

「俺に文句があるなら意見を具申しろ」と言うのでせっかくだから自分意見を言えば「ただ飯食らいが本当に意見を言うとはな」「お前には恥も後ろめたさも無いことがわかったよ、二度と喋らねぇ」

お前にかけた金を返せだぁ?社員時代に「子から金を受けとるのは恥」と言って受けとるの拒否したし、今のアルバイトで得た金も受け取らない。だから代わりにこそこそドラッグストアで洗剤買って申し訳レベル家計負担軽減はしている(つもり)。

うーん、低能なりに親父が俺にどうしてほしいのか考えても、俺に自殺してほしいという結論しか出ない。最後の究極の逃げだな。

自分に非がある状況を何がなんでも避ける(他人に罪を擦り付ける)タイプなので俺を殺すことは100%あり得ない。ってことは、俺が自発的死ぬのを待ってるってことだよな・・・

ハングマンノットの結び方はとりあえず覚えたが、資格無し職歴カスが一縷の望み(正社員採用)ってどう掴むんだ?もういい加減疲れた

2018-10-08

社会に居場所がない

無職40代

会社辞めてからなんか気力が無くて、ずっと無職でいる。

働いてないと、なんか自分が透明になったような感覚がある。

誰にも見えてないんじゃないかと思える。

会社にいっていた時代の友人はどんどん疎遠になっていった。

辞めたとたん。無視を決め込む人がほとんどだったが、

少しだけ、声をかけてくれる人もいた。

そんな人も、徐々に会話が合わなくなり、自分の後ろめたさから距離を取るようになっていった。

なんの才能も無い凡人である自分に、色を付けてくれたのが、やりたくもない仕事だったし、

会社というブランドだったんだと思う。

ほんと、無色になってしまった。

無色は孤独だなあ。

2018-10-07

無職とき共産党の一員になりたいと思って調べてみたら、ちゃんとした仕事を持ってないと入れませんみたいなこと書いてあってとてつもなく萎えたことがある。それ以来信用してない。

無職で余裕がなくさらに鬱だとさ

なんとか応募書類を作って面接にこぎ着けたとしても

日々の暮らしに精一杯で余裕なんて一ミリもないか

「将来のビジョンは」とか聞かれると答えに屈しちゃって何も言えなくなっちゃうな

また一社落ちて悔しいよ。

anond:20181007114500

セックスワーカー議論でもよく言われる話だけど

急に廃止されたらそういう人たちの食い扶持を奪うことにもなるわけだよね。

無職になった彼女たちは誰が養うの?

2018-10-06

価値提供できず無職

六本木ベンチャー企業に勤めていたが「会社にどんな価値をもたらせますか?」という質問を繰り返し繰り返し受けていたら病んで結果的退職となった。

質問を重ねる話法は元々苦手だったんだけど、目標なり課題なりを上司と話すたびに「それはチームにどんな価値をもたらしますか?」「どんなメリットがありますか?」「会社にとってどんなプラスになりますか?」「チームにとってのメリットとは何ですか?」と畳み掛けられるたびに自分に対して懐疑的になり段々と自信がなくなり、休職の末の退職だった。

ここまでにいたるに約2年。上司との面談は2週間に1度。2週間ごとに価値のある人間だったかを問われ続け辛かった。こういうのは自己肯定感が強いと耐えられるものなのかな?具体的に自分の成果が数字で現れるような職種ではないのでなおさらどうしたらいいのかわからなかった。

この価値提供問答に先輩達は(就活のノリで)茶番ショートコントで乗り切ると言っていたが本当に何もしてないのに茶番ショートコントが上手い人が評価を得ていたこもつらかった。それが社会と言われたこともあったが茶番価値になってしまうわけで、茶番うまい先輩に押し付けられたタスクを深夜になるまで対応し続けた日々は何だったのだろうと遣る瀬無い気持ちになった。

すぐ業務で使えるわけではないが将来的に必要かもということを勉強していた時もそれって必要ありますか?今業務で使わないですよね無駄ですよね価値なしと言われてそこまで言わなくても…と口に出しそうだった。価値提供とはなんだったのか?今でも価値メリットという言葉を聞くと頭にモヤがかかる。

さらに追い討ちをかけたのは婚活だった。婚活の場でも「あなた結婚することで相手にどんな価値提供できますか?」だった。家事は一通りできるし節約レシピは得意だけど「相手が家庭的な女性を求めてないなら価値がないことになりますよ?」だって家事くらいみんなできるので価値ではないとのお言葉もまぁそうだよねと思いつつそれならもう圧倒的な収入とか実家の太さとか揺るぎないアゲマンとかそういうのし価値がないのではと思い詰めるくらいには視野が狭まっていた。

そろそろ社会復帰しなければならないのだが「あなたにはどんな価値が?」とフラッシュバックして動けなくなる。自分にはどんな価値があるのかこの歳でわからないなら社会的に価値はないということなのかな。価値提供できるようになるにはどうしたらいいのかわからない。そもそも価値って何だろう?

恋人仕事辞めたから連絡無視してる

もうすぐ過去恋人になる人間のようななりをした生き物の話。

3ヶ月くらい前に5歳年上の恋人仕事を辞めた。

そういえば仕事辞めたんだ〜などとあっさりと伝えてきたから私はてっきり次の仕事が決まっているものだと思っていたがそんなことは無かった。人生世知辛い

奴が仕事を辞めるのは3年ぶり2回目である

告白されたときも実はプー太郎状態だったらしい。私には塗装業と言っていたのに。

去年、奴が事故で車を潰し、次の車を買わなければいけなかったときに発覚したのだが、奴は3年前の無職間中にローンを滞納し、めでたくブラックリスト名前を連ねていたらしい。

その時に買おうとしていた車は50万程の値段だったので、ローンが通らないのなら現金ニコニコ一括払いするかと思ったが、その思考は甘かった。女の子が好きなボディクリーム香りよりも甘かった。

奴は一切貯蓄をしていなかった。

お店でそれを隣で聞かされる私の気持ち想像してみてくれ。

今日は一旦帰りますねウフフなんて言いながらその日は店をあとにした。

未だにわからないのは、どうして私の倍近い手取りがあって、実家暮らしで、実家に金を入れているわけでもなく、出かける時はほぼほぼ私の車で出かけていて、外食した時もだいたい割り勘だったのに、奴が貯蓄をしていなかったのかである

いろんな人がいるんだなぁ。

さて、3ヶ月前に奴が仕事を辞めた話に戻る。

前述の通り(というかあれはごく一部なのだが)のことをやってのけてきた上に仕事を辞めたなどと言われた私の心中は穏やかなはずがない。

次の仕事が決まるまで連絡をしてくるなと言い、奴もそれを承諾したのでめでたくストレスフリーな日々の幕開けであった。

といっても、共通の知り合いがいる鳥が飛んでるSNS等ではできるだけ普通に振舞っていた。一貫してLINE無視していたが。

しかしそれが良くなかったらしい。

とうとう「LINE無視するのにこっちには投稿するんだね」などと凸ってきた。メンヘラムーブである

なんやこいつこっわ...と思ったが何も見なかったことにしてスルーした。

そして先週あたり、新しい仕事が決まったようで、日曜日時間が取れないかと前日の夜に連絡が来た。

しかし私は日曜日ロックフェスに行く予定を組んでいたのである。鳥が飛んでるSNSにも何回も行くぞ行くぞと投稿していた。

チケットも買ってるんるんと準備していたのに、である

さすがにその日は時間が取れないと送ったところ、斜め上の返答をしてきた。

たった数千円のチケットの方が俺より大事ならそれでいいんじゃない

"たった"?!たったたたた"たった"?!?

人が楽しみにしていたものをたった数千円扱いされて怒髪天をついた私は奴に以前からロックフェスに行く予定をしていたことや人の楽しみをそういう言い方をするのはよろしくないことを説明したのだが、また斜め上の返答をしてきた。

数ヶ月連絡無視された俺の気持ちも考えてよね

お前に楽しみを潰されかけてる私の気持ちも考えてくれ。お前が仕事を辞めてなければこんなことになってないのにこの言いようである。すげえよお前...その面の皮の厚さどれくらいあるんだよ...機会があったら測らせてくれ。

それと私には察してちゃん相手する趣味はない。

次の日にロックフェスを楽しんでいたら奴はまた鳥が飛んでるSNSに凸してきた。

連絡無視して行くロックフェス楽しいか?

しかったです!!!!とても!!!!!

2018-10-05

就活つらいよ

もう10月じゃん

9月卒業からもうただの無職だし

お祈りメール見るたび心臓が痛くなる

2018-10-04

じいさんが死んだ

平均寿命をとっくに越してるのに、死因が老衰でないのに血というか家系を感じる。

父は「もう苦しまずにすむから良かったね」って言ってた。父がそう言うんだからそうなんだろう。

さっき亡くなったじいさんは母方なんだけど、我が家祖父母の中で一番乗りになった。

父方母方の祖父母計4人は皆揃って平均寿命をとっくに越していて、そして何故か揃って調子が悪い。皆入院中だ。

人生ってプラスマイナス、凹と凸がなんだか噛み合うようになっているなぁとなんだか思う。

私は今ニートみたいなものである仕事で体と心を壊して休職中と言えば耳障りはいいが、家で寝て起きてスマホしかできないどうしようもない人間もどきだ。

どうしようもないのは兄弟も同じだ。

兄は一番早く産まれてきて、期待もお金もたくさんかけられた。でも全部上手くいかなかった。兄は全てを放棄して飛行機距離へと逃げた。自分はめんどくさい親と兄の橋渡しをし、関係一人暮らし実家程度の距離感くらいになった。兄は自分が見てる限りはほぼ無職であった。今何してるか知らないが、いとこ→おばさん経由でFBハッチャケてるのを知るのはマジで恥ずかしいのでほどほどにしてほしい。仮想通貨もほどほどにね…

姉は重い統合失調症だ。私が小さい頃からずっと。思春期からずっと統合失調症の人と思春期統合失調症家族に潰された人はどっちが辛いだろうか。私にはわからん。わからないが、今現在は姉の方が確実に辛い。姉は今二度目の精神病院入院中だ。前に警察経由で入院したときは3ヶ月で退院したしそれくらいで普段レベルに戻るかなと軽く考えていた。半年以上経つ。他の統合失調症患者さんから苦情が来て個室になった。母も姉の担当医兼自分担当医も「良くない」と言う。姉の前では私のうつ病はかすむ。姉もどうしようもない。どうもできない。

実家にいるのは私と両親だけになった。田舎の大きな家は3人には広すぎる。

私はこれからしばらく頑張らなければならない。お通夜お葬式に出ること、両親のフォロー家事等々。普通の人より頑張らないと私はできないから、頑張るよ。

家にいない兄と姉の代わりにずっと家にいる私に役目が出来た。仕事一人暮らししてた時には出来ない、今の私に出来ること。それがじいさんが亡くなったことによってもたらされた。不謹慎だけど、自己中だけど、ありがとうおじいちゃん。頑張らせてくれてありがとう

頭でまとめないでザカザカ書いてたら次の日になってしまった。熱まで出てた。本当どうしようもないグズグズの人間もどきだな。

anond:20181004173128

精神病の人なのか、鬱傾向なことを精神病と呼んでいるだけの人なのか知らんが、後者だとするとしてマジレスするが。

その苦しみは行動しないと変わらないなあ。

例えばお前がキモイと言われるような特徴を持つ人格だとしてだよ? それが「食事してるときに口を開ける」というよくある特徴だとしてだ。もしもお前が何もしなければ、それは確かにキモいかもしれない。しかし、もしもお前が口を閉じて食事をするように自分のクセを改善したならば、お前はこう思うことができるだろう。「よし、俺は少なくともクチャラーと呼ばれるキモイ存在ではないな」と。

もしもお前がニートだとしてだ、さら無職であることを引け目に思っているとして、じゃあ引け目があるからと引きこもっているとお前は永遠に引け目を持ち続ける。就職活動をすれば、少なくともお前は永遠に無職のまま引きこもって最終的に親に暴力をふるうニートよりも上等な存在だ。就職できればなおいい。職場でも新たな引け目は生まれるだろうが、次も戦うなり逃げるなり改善にむけたできるだろう。

こういうことは何にでも言える。苦しみを持ち続けるのは、苦しみが変わらないからだ。苦しみを変えればいい。「そんなこと言ったって変えようがないじゃないか!」という苦しみなんて、幸い現代日本には少ない。イケメンだとかブサメンだとかいう話は、少なくとも変えられる話だし。

.

更に、この話にはもっと即物的オチがある。

人間の脳っていうのは、活動すればポジティブになり、活動しなければネガティブになるようにできている。

ポジティブから活動できるんじゃないってことだよ。逆。

上のような理屈でもなんでもいいから、動いて活動してできれば筋肉を使えば、大抵の鬱はなおる。

から動け。

FF10-2の思い出

ゆ り ぱぁ〜 (ニチャァ

あれ以降マトモなシナリオナンバリングが出てないという…2003年から始まった暗黒期はいつ終わるんだろうなぁ

真の主人公バルフレア、高貴で重力操る無職がパルシでコクーンファルシでドーン、ホスト4人の陰湿ホモ旅行

…あれ?全部予算切れの如く最後適当未完成品の発売じゃね?

2018-10-03

anond:20181003195459

子供にも払う制度にしたら

イケメン愛人x3+子供x8で無職の子だくさんがそこらに量産される

人口減少状態を10年でひっくり返せそうだ

全ては手に入れられなかったけれど

僕はQUEENファンなのだが、I WANT IT ALLという曲が好きだった。この曲の、特にブライアンメイのソロの部分~Not a man for compromise and where’s and why’s and living lies~「妥協したり、場所理由のために生きたり、偽りの人生を生きるような男じゃない。だからこそ全てを賭けて何もかも手に入れてやる」・・・そういう歌に、当時15歳の僕はひどく感銘を受けた。何度もこの歌を繰り返し聞き、辞書の側面にこの歌詞を書き込んだ。そして人生に夢も希望目的意識も無い偏差値45の私立高校生だった僕は、人生目標として独学による早稲田大学合格を打ち立て、何を思ったか高校中退してしまった。校風が合わないこともあったが、自分を追い込み、それこそ全てを賭けるに相応しいと思ったのだ。しかし高い意識目標とは裏腹に自堕落受験生活。元々要領が悪く遅々として進まない独学に焦りを感じ、代ゼミ社会科目の単科でリズムをなんとか維持するも、現役は全落ちし、一浪の果てに偏差値50の私大法学部しか引っ掛かからなかった。しかし、(方法方向が間違っていても)それなりに努力していた僕の姿を見ていた父の言葉は優しかった。「もう1年やってみるか?」泣きながら自宅の窓から外を眺めていた僕はその優しい言葉にとても惹かれたが、自分学歴面のハンデや就職時年齢を考慮して、今後受験を続けては人生へのリスクが高すぎると判断し、コンプロマイズ(妥協)の道を選ぶことになる。偏差値50の私大へ進むよ、と答えた時、僕のI WANT IT ALLは終わり、僕の心は死んでしまった。

早稲田だろうと滑り止めだろうと、どの大学に入ったとしても、大学へ入った時点で偏差値呪縛やしがらみから解き放たれて大学生活を充実させるべきなのは間違いない。今では心からそう思うし、妥協して腐っている新入生には、偏差値呪縛から解放されて人生を楽しんで欲しい。しかし僕にはそれが出来なかった。話しかけてくれる数少ない人達好意を踏みにじり、常に孤独を選んだ。そして心が1度死んでしまうと、頭が何かを理解しようとすることを拒否してしまうのだ。高い教科書を何冊も買い読もうとしても、講義いくら受けても、言葉言葉の間に繋がりが見いだせず、混乱しか引き起こされなかった。次第に大学へは通わなくなり、1日のほとんどを自室から出ずに過ごすようになる。1度も大学へ行かないまま2年前期が終わったとき、僕は「ヨシ、もう死のう。友人もいない、勉強もできない、頭も死んでいるし、どうせ妥協した人生だ。僕の負けだ。もう死のう。」と思い立ち、同じ旨の遺書を書き置きし、身辺整理してから実家を出た。家族迷惑がかからないどこか遠くで自殺しようと、ひたすら電車を乗り継いだ。電車が止まれ路地公園で凍えながらうずくまり、朝になるとまたひたすら電車であてもなく遠くへと揺られた。九州へたどり着き死に場所を探していたときの事だ。ある駅のマクドナルドで座っていると、隣に明らかに知的障害のある若い男とその父が座った。その父は、食事をしている我が息子に愛しそうにカメラを向け、楽しそうに、笑顔写真を撮り出したのだ。その親子の姿に私は衝撃を受けてしまった。なんという父親の愛だろう。もし僕に障害のある息子が産まれたら、この父親の様に心の底から息子を愛せるだろうか。そこにあるのはただひたすらな無条件の愛だった。自分の両親顔が浮かび、次の瞬間僕の目からは涙が止めどなく流れ、いてもたってもいられずすぐに席を離れた。泣きながら公衆電話を探し、実家架電した。「今から帰るよ。ごめん。」と。自宅へ帰ると泥のように眠った後、今後のことについて話した時も父は優しく「もう大学は辞めるのか」と尋ねてきた。僕はもう迷わずこのまま通う事を選んだ。大成功けが人生では無い。あの親子のおかげでそれを本当の意味理解し、心の再生は近づいていた。大学では相変わらず孤独だったが、それからは全ての講義に欠席せず、聴講したのを録音して更に講義録を作り、試験対策も死に物狂いでやった結果、本当にスレスレで4年で卒業できた。留年が無く卒論必須ではない法学部からこそだったと思う。しか就職活動は完全に捨ててバイトサークル等もせず、卒業だけを目指していたので、卒業して無職になってからは、今後の人生方向性は定まらず、これにも困りきってしまった。なにしろ受験大学勉強だけしか知らず、その他は中学生時間が止まっているのでやりたいこと、人生目標なんてものは無い。呂律は回らない、言葉は詰まる、人生経験は何一つ無い。そのため就職活動は困難を極めた。臆病で説明会面接で行った会社インターホンを押せずに帰ったりもした。結局数社説明会を受けたりボロボロ面接をしただけでやめてしまい、困った事になったなと思いつつも1年ほどダイソーの釣具で海釣りばかりしていた。けれど何か人生軌道修正をする糸口が欲しいと思い、就職活動の練習のために一般教養科目だけで受験できる公務員試験受験した。これがトントン拍子に進んでしま採用されることになり、現在はもう5年が経とうとしている。面接相手が、実際の職場で会うことはまず無い公務員試験だと、堂々と話すことができたのだ。それに法学部出身故の法律素養が意外と仕事や昇進で役に立ち、年齢的には結構早く昇進もさせてもらっている。何がどこで繋がり役に立つかは、なかなかわからない。確かに僕の人生妥協の先にある人生だが、これは妥協や敗北ではなく、小規模な成功と換言できるのではなだろうか。大大大勝利だけに囚われて孤独で苦しい人生から抜け出せなくなるより、戦略的人生スライドさせていくことも、ひとつ人生としてはありなのではないかと思った。

anond:20181003184830

40過ぎの無職仕送りで支えられる親は上流つってもいいだろ

anond:20181003154332

横ですが、いやー、ポライトに徹するのが一番安全ですよやっぱり。

気にくわないことがあったら晒してくる取引先なんか使いたくないでしょう。別の優良案件しますって。

ギャラが安かったら断る。引き受けたなら手抜きとか意地悪とかしないでやりきる。これがセオリーかと。

まあ私は無職なんですけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん