「治療費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 治療費とは

2019-06-11

社会人5年目になって久々にCLANNADリトルバスターズ!を観た

初めて増田になりました。

学生の頃にCLANNADアニメを観て、それは大層泣きました。

シナリオの都合のよさとか、主人公にキツい運命を与えすぎでは?とか、そういう理屈を超越したところにこの作品はあって、京アニは見事にこの物語演出してみせたと思う。

あの頃は家族とか友達とか人のつながりっていいな、と大まかにはそんな感想だったと思う。

しかし今の私は違う。見終わって、人はなぜこんなにも傷つきながら前を向いて生きなくてはならないのだろうと思った。

いやまあそもそも、5年目にして転職を2回しているような人生なので察してほしい。

働き続けることがこんなにもつらいのだと、布団の中で思う日々だ。

多分この日記を開いてくれた人はCLANNADリトバスをすでに履修済みだろう。よって割愛する。

私の胸を打ったのは、AFTER STORYに入って、朋也が働き始めたところだ。

卒業後にプーだったことを負い目に感じていた主人公は、自分仕事をみつけ、住む場所をみつけ、愛する人の5年目の高校生活を支える。

その18歳の岡崎朋也がなんともいじらしく、可愛く、行動してみせた自分がどこか誇らしく瞳が輝くも、あっという間に現実を突きつけられてしまうのだ。

新居に渚を迎えて浮ついた気持ち職場の先輩の芳野と初めて車で現場に向かったときに、すれ違った家族を窓越しに見送った時の未来を期待する表情。

それがもうたった一日の労働で、家に帰ったら愛する渚の話に耳を傾けられないほど疲れ切ってしまうのだ。

学生時代にはその細やかな描写に気が付かなかった、まったく印象に残っていない。

改めて視聴した今回は、汐をめぐる物語以上に、朋也が働き続ける姿が目に焼き付いて離れないのだ。

本人も作中で話してはいるが、学校生活では友人たちの悩みを解決し、手を差し伸べてよい方向へ導いてきた朋也が、

人を導くことができるという自惚れが、働き始めたことで一瞬で瓦解する。

労働とは、そりゃ楽しいこともあるかもしれないけれど、大多数は生きるために嫌々行っているものだ、

でも朋也は渚との生活を守るために必死で食らいつく。

学校が楽しくないからと不良のような生活を送っていたあの朋也が、逃げ出さずに仕事と向き合う姿は、まさしく日本という社会で生きるためには組織所属して労働しなくてはならないという現実を突きつけてくる。

古河だって流行っているパン屋ではないことから、渚や朋也の目にみえないところで重いそろばんをはじいているのだろう。

渚との生活を守るために、仕事をしている。

朋也は渚を失ってから仕事をしつづけた。本人はそれを汐からの逃避だといったが、生きるためにはお金必要で、庶民は働かないと生きていけない。

どれほど傷ついても生きることから逃れられないのなら、仕事をしたり、人とかかわって生きていかないといけない。

汐の治療のために仕事をやめた朋也は、汐が亡くなってしまったら、もう死のうと心のどこかで覚悟していたのだろう。(原作描写あったっけ…)

から生き続けるための仕事をやめて、それを察した芳野は戻ってくるようにと声をかけた。

5年目に触れたCLANNAD家族っていいなとか楽しい友達が欲しいな、とかCLANNAD人生とかそういうことも感じたけれど。

傷ついた人間もその傷が癒えずとも前を向いて生きろと、そんな空をつかむような悲しいエールを受け取ったのだ。

そして急にリトバスRefrainアニメがみたくなった。

リトバスこそ、そのような物語なのだ

いっき割愛するが、リトバス主人公親友たちを一度に失うという大きな傷を負う。

そして彼らが死ぬ運命は避けられぬのだと、その痛みを抱えてまでも生きろと言われる。

物語を通してハートが強くなった理樹は喪失をも受け止めて強く生きようとする。

まあ最終的にはうまいこと物語が展開してハッピーエンドになるのだけれども。

だーまえは何かとプレイヤーたちに強く生きてほしいと願っている気がする。

書を捨て街に出よう、じゃないけれど傷ついても現実逃避せずに真っすぐ生きてね、という応援

幸せになる番という歌なんて最もたるものだ。

ビジュアルアーツ20周年のイベントで配布された曲なのだが、わざわざイベントに来たような熱心なファンに「僕はもう大丈夫から 今度はそう、きみが幸せになる番だよ」なんて語りかけてくる。

オタクなんて大小あれども、傷ついて生きてきて、エンタメにそれを救われているような人間ばかりなのだ

そんなオタクたちに、現実に立ち向かえとスパルタ的に奮い立たせようとする。

あと多くのkey作品現実から逃げるとBADED行きなのだ、智代ルートなど非常に印象に残っている。

そこまでして、どうして生きていかねばならないのか、、、なんて思う。

俺たちは人生主人公なのだから現実から逃げずに、居心地のいい環境を作って、ささやかながら生きがいをみつけて、VAにお布施して生きろと。

才能もない、とりえもない、頭もよくない、覚えも悪い。

ぐずぐずに崩れた自尊心を取り戻す手助けをしてくれる渚や朋也、恭介や理樹、そんな存在は周囲にはいない。

そんな現実から目を背けるなということなのだろう。

久々にCLANNADを観て、そりゃあもう想像外の感想を抱いたのだ。

現実をまっとうに生きている人々が圧倒的に多い世にこんないじけた文章を残せるのなんてここしかない。

自室に引きこもっていたようにみえた恭介だって、実は虚構世界四苦八苦していた。己の失敗に落胆してはいても、決して行動をやめていたわけではない。

生きることとは行動なのだと、布団の中でスマホを触るオタク作品を通して鼓舞している。

もしもここまで読んでくれた人がいたらありがとう

サマポケ面白かったから買ってプレイしてね、プレイし終わってたらFD発売か京アニアニメ化することを一緒に願おうね。

あとVAにできることは、だーまえ後継者必死に探して育成することか、keyを畳んで新たな才能で作品を作るか、だーまえ治療費を全額出してあげてkeyブランドを守るかだ。

2019-05-28

安全ピンとかシャチハタとか

何が悪いって、「確実に痴漢だけに行使できない」ことだろう。

誤認やでっち上げ使用することができ、そして男性側には「痴漢をやってない証拠」を求められる地獄司法が待っている。


以下の対策と同時併用でない限り、一切認めるべきではない

・完全物証主義の導入(疑わしきは被告人利益に。なぜ痴漢適用外なんだ?)

痴漢における示談和解廃止犯罪者を金で野放しにするのもナンセンスだし、金目的冤罪をも生むから廃止すべき)

痴漢冤罪に対する誣告罪の厳格な適用(人の人生壊そうとしてるのにノーリスク?あり得ない)

痴漢を誤認した際は公の場で謝罪することを義務づける(同上。)

・「容疑者」を犯人として扱うあらゆる報道禁止判決確定までは犯罪者じゃないって基本を皆忘れてる)

安全ピン・シャチハタともに間違った場合補償義務付ける(安全ピンは治療費検査費、シャチハタ衣服の弁償など)


ここまでやらないと冤罪リスクは消えず、こちらとしても断じて許すわけにはいかない。

「私は被害者なのに...」は関係ない。君の誤認やでっち上げを受けた男は君の被害者

2019-05-20

嫁さんのためにがんばってきたはずが今週離婚しま

ぼく40代ちょいのおじさん。

ヨメもうすぐ40代マダム

子は無し。

ヨメさんがちょっと特殊病気にかかっちゃって

あんまり動けない体質だったのだが、

最近ようやく回復してよく動けるようになり、以前の職場にも復帰できた。

やったぜ!

ヨメさんが動けない間は(まあトーゼンだが)おじさんが

生活費治療費ガッツリ稼がねばならぬので、

まあ仕事もきつめに入れてがんばった。

てか、ヨメのためなら全然がんばれた。

で、お互い仕事日常生活軌道にのってきて、

ようやく人並みの暮らしだねーなんて話しながら晩酌してたら、

ヨメさんから別れを切り出された。

ヨメさん的には、

夫(オレ)が仕事に追われて、

忙しくて夜を共にできない(性生活のない)日が長く続いたことが

けっこうな心のダメージだったらしく、

自分を惨めに感じて、プライドも傷ついたらしい。

そのことで、夫(オレ)への愛情も薄らいでしまったらしい。

そっかー、ごめんな…

というセリフ以外に言葉の出なかった夫。(バカバカ!)

40過ぎてもフツウに涙って出るもんなのな!おじさん初めて知ったわ!

そんなわけで多少の話し合いもあったけど、

結局、今週夫婦解散します!

ちくしょー、がんばったのにな〜

ヨメさん傷つけちゃあ、夫 失格ですわな〜

まあ(元)ヨメが普通に暮らせるようになってよかったけど。

はぁーーーー。つらい、つらたん……

もうなにもする気おきねえですわ。

(と言いつつタイピングしているORE)

だいぶしにてえ

■以下追記(翌日 昼)

飲み屋のグチの垂れ流しのような文章にもかかわらず、

多くの人に見ていただいていて、

うれしいやら心苦しいやら…

労ってくれる優しいコメントも、厳しいコメントも、

感想も、つぶやきも、とても心に沁みます

職場ちょっと泣いてます仕事しろ

本当にありがとう

2019-05-03

anond:20190503152629

いいこと考えた、

30歳超えた独身男女には重税を課して

その金を教育無償化不妊治療費保険適応資金に当てればwin-winでは?

2019-03-16

病院で働いてるけど生保の人が文句言ってくる

消費税だとかは払ってるだろうけど、一般の人たちよりは払ってる税金が少ないわけで

クレカ作れないとかローン組めないとか制約はあっても生活出来てるわけで

治療費も一銭も払わなくていいわけ

それって一般の人たちが働いて納めた税金のおかげなんでしょ?

なら治療文句言えないだろうに、なんで思い通りの治療されないと怒るわけ???

保険効かない治療で、自費か役所に問い合わせるようになるって伝えたら受付相手文句言い始めた

受付の私に「声がでかくてうるさいと思ってた」とか文句言ったところで「じゃあ保険適用させますね」ってなる訳ないだろ

最終的に院長がなんとかするって言ったから、それを再度電話して伝えたら「ごめんね〜先生もすいませんって言っといてね〜」とか言い始めた

「思い通りにならないと文句言ってきて、思い通りになると猫なで声になる」っていう典型的クレーマー接客業サービス業あるあるだよね

この人が生保じゃなければ済んだ話だと思うと、困窮した生保の人には申し訳ないけど、偏見しかまれない

2019-03-14

anond:20190314154154

でもキモくて金のないおっさん難病に罹っても誰も治療費寄付してくれることはないので知名度にもメリットはあるのではないでしょうか

2019-03-06

anond:20190306210233

ネタマジレス申し訳ないんだけど、当たり屋ってコスパ悪くない?

いじめ自殺した人の裁判いじめっ子請求された賠償額が3000万くらいだったよね

死んでも3000万しか貰えないんだから

ケガ程度じゃ大した金額にならない。賠償の一部は治療費になるし、治療のために仕事を休んだら収入は減る

打ち所悪くて半身不随にでもなったらそんな数千万程度じゃペイできないレベル苦痛を味わう羽目になる

2019-02-21

介護職やってらんねー

認知症の入所者を車椅子に乗せるために抱きかかえる

手の甲を噛まれ

血が出る

感染症の恐れがあるため病院行き

病院から帰ってくるなり激オコ上司「お前の介助が悪いせいだ。治療費自腹か家族にお前が請求しろ

謝罪名目で訪れた入所者の家族「前の施設ではそんなことは無かったのに…」とだけボヤいて帰る

治療費の話などする暇もなくそもそも労災だろって話だし噛まれた傷跡はそうそう消えそうもない

5年間溜まりにたまった有給休暇全部消化中

2019-02-18

納得いかない

国民年金国民健康保険に納得がいかない。

お金は無いわけじゃないから払える。けど、払いたくない。その選択をする権利こちらにないことがすごく納得がいかない。

健康保険は、利用する場面は確実にあるしその状況によっては莫大な治療費が発生することもあるので仕組みとしては必要だと思うし、ちゃんと欠かさず払っている。けど、ここ10年くらいで、保険適用で支払いが軽減された額と実際に納付した額を比較すると、実際全く割が合わない。

それが「保険」たるものである、というのが基本的言い訳だと思うんだけど、いざというとき大金を支払うリスク回避する意味での保険だとするなら、現状そのリスク自分で負うからその保険をかけるかどうかの選択権をこちらにほしい。

また保険は、大勢お金を出し合ってリスク分散するものでもあって、それは確率的な機会が均等であることが前提になるべきだと思うんだけど、国民健康保険場合はそれが無条件に老齢の方々の治療費負担することに流れているのも、仕組みとしてどうかと思ってしまう。若い人が老人を支えるという思想はそれ自体はとても尊いものだと思うけど、それを社会構造として若い人に押し付けるのは、ちょっと無責任な気がする。

そしてこれ実際には国民健康保険「税」であり、払わないと脱税ということになるし、督促もそれ相応に厳しい。それが納得いかない。

これらに財源が必要なら、それはそれでちゃんと整理して徴収すればいい。「保険」を名乗らないでほしい。

そして本当に納得がいかないのが国民年金

そもそもこれも、積立ではないか配当金が必ず保証されるるたぐいのものではないというのが国の言い分で、そうなるとこれは保険でさえない。そしてこれまたこちらに一方的に支払い義務がある。

なのに当初契約?時のお約束一方的劣化更新され、支給開始年齢はどんどん伸び、支給額も少なくなる見込みで、そもそも財源が足りてないから将来的に足りなくなるのはどう試算しても明らかであるのに、色々と屁理屈をこね、こちらに譲歩を強いて「最終的はまあなんとかなるんじゃない」的なニュアンスで、無造作に金を請求してくる。

徴収した資金運用や、個々人の情報管理は呆れるほどずさんで、それが何度か公になっているにも関わらず、この仕組を是正する動きはどこからも起きない。変じゃない?これ。

そして、国民健康保険と違ってこちらは払わないことに実は具体的なデメリットが無い。

代わりに鬼のような催促はあり、催告状、最終催告状、そして外部委託による電話、最終的には督促状へとエスカレートしていき、それを無視し続けると危険という情報ネットには溢れかえっているが、体験や周りの方との情報を共有した限りではそれらのほとんどは脅し目的に近く、自分観測範囲に限っての話だけど、実際に強制執行された人を僕は現実存在として見たことがない。

僕は自営業なので周りには国民年金の方々がたくさんいるが、みんなあの手この手でかわして、実際に完璧に払っている人は少ない。中には自営業になったときに切り替えをしなかったらそのままなんの催促もなく、もう十数年なんのお咎めもなく払ってないというツワモノもいる。

別の知人から直に聞いた話では、納付を拒否して催告状、特別催告状、督促状、と段階が上がっても実際に強制執行になることはなく、最後まで粘ったのは電話による督促だそうだ。知人は途中で就職して厚生年金に切り替わったので、そこまでの未納分を催促期限切れとなる2年後の時点までしつこく電話をかけてきたらしい。

最初普通にかけてきて、適当にいなしてそのままにしていると、やがて月イチでかけてくるようになり、出ないようにすると留守電を残すようになり、しかも、その留守電無言電話で、本当に薄気味悪かったそうだ。最後は週1、週2ペースになり、最後の未納分の2年後がすぎると、パタッと止んだらしい。

なので、ネットアフィリエイト目的根拠のない言説に惑わされず、かつ執拗電話攻撃に耐える精神的な強さがあれば、年金は払わなくてもやり過ごせるという現実はある。

払わなければ将来自分年金支給を受けられないけど、実際それがどのくらいの確度で保証されるものなのか、現時点では誰にもわからない。資産的はもう確実に詰んでいるし、それに代わる財源や仕組みも色々と議論はされているけれど、現在政治システムを回している層の人達がそこにメスを入れて何らかの改革をしてくれるとは考えにくい。

その程度のものに、月一万数千円を60歳まで、今後の変更によってはそれ以上延々搾り取られるということが、理屈の上で本当に受け入れがたい。

でも僕は、それらの催促に耐えうるメンタルが無いから結局払ってしまう。実際これから、少しの間滞納していた分の納付に行く。

気持ちよく払えるものではないなと思いつつ、でもどこかである日滞納した金額強制執行されてしまうとそのときに困るから金額が小さいうちに、少し余裕があるときにまとめて払うという選択をしてしまう。

でも、年金機構適当にやってる破綻した仕組みに僕らが汗水たらして稼いだ金を貢ぐことにはやっぱり納得はいかない。

いや、国の仕組みだから、払わないやつらのほうがおかしいから、ってのが正論ってのはわかってる。わかってるから匿名で書くわけで。

でも納得はやっぱりしないもんだよ。

これから納付すんだけど、どっかに愚痴りたくて書いた。

あーほんと、むかつく。

2019-02-14

(2/16追記怪我をした野良猫動物病院に連れて行った話

仕事帰りに住宅街を移動していたところ道途中で小学生の子が数人なにかを囲っていた

一体なんだろうなと思って覗いてみると猫がどうやら傷を負って倒れているらしい


成猫で、模様はサビが入っているけど少し明るいか

まるっとしてたから耳カットは入ってなかったけど地域ご飯を貰っていた可能性がある

寒いのか震えていて寒いアスファルトに横たわっていたからその猫に自分ジャンパーをかけてあげた(おかげで毛だらけになったゾ!)

猫は頭に傷があって、周りに血だまりはなかったけれども立ち上がることが出来ないようだった

囲っていた小学生曰く、発見した時は最初はごろんごろんしていたけど、次第に静かになってしまったそうだ

近くに車の出入りが多い建物があったので、おそらくそからの車にやられたのだろう


えっ、こういう時ってどうするの?

動物病院に連れて行くの?動物病院ってクソ高くなかったっけ?俺のような薄給マン自分が連れてったらやばくね?

とかなんとか反芻しながらも、スマホで「野良猫 怪我」で検索してみたところ

「(このケースは)動物病院に行っても請求はされない?」みたいな記事発見

ならばということですぐさまスマホで近くの動物病院検索

うん、なかなか近いじゃない


電話して野良猫を見てもらえるかを確認して状態を報告、なんとか予約が取れたので運ぶことにした

流石に数キロあるだろう怪我猫を手で運んではいけなかったのでタクシーを呼ぶ

近くの量販店から急遽貰った段ボール箱を組み立てて横になってる猫をスライドさせてなんとか運べるようにした

猫は、怪我疲労で反抗する体力もそんなにないようだった


大通りの横に入ったところが発見現場だったので、やむをえず小学生タクシーを呼んできて貰うことにした

「猫を載せても大丈夫か聞いてね」と言ったから、こりゃ時間かかるだろーなと思ったら1分も経たないうちにタクシーを捕まえてきた

最近小学生凄い

後でタクシー運転手によく止まりましたねって聞いたら

小学生尋常じゃないくらアピールしてて止まらざるを得なかった」とのこと

わろす


タクシーでワンメーター程で、動物病院に着いた

病院について以上の顛末を報告、獣医さんが猫の状態一瞥する

「この状態では助からないことが多いが、預かって診ることは出来ます」とのことで

預かって貰うことに

名前住所電話番号などを伝えるだけで請求はされなかった


ちなみに猫の名前はニャンゴロー(その場の小学生適当に付けた)となった


「もし助かったらどうするか(保護するか」みたいな話も受けたが、

正直に自分は飼うことは出来ないけれど知人に猫保護に熱い人がいるからその人に頼ろうと思った

からこの猫が結果的にどうなっても連絡下さい、と言いその日は放免

結果自分が払ったのは運搬したタクシー代のみだった


後々調べたら基本的動物病院自由診療から野良生物診療を拒むことも当然あり

今回は野良猫に対して好意的動物病院が近くにあったのが良かった

また当然だけど、連れて行った人間が支払いをしなくてはならない事もあるという

ただしこのケース(野良猫怪我しているのを発見した第三者動物病院に連れて行く)は保健所にも病院から連絡がいくようで

その場合動物病院保健所の1次対応のような役割も担うことになるようで

それは恥ずかしながら初めて知りました


道端で傷ついた生き物を保護(助ける)することは誰かがしなくてはならないことだと思ってて

今回診てくれている動物病院にも本当に感謝したいと思う

個人的には、地域の子供に大人のかっちょいい姿も見せることが出来た

特にからの恩返しは期待しているわけでもないけれど


まぁ

良かったのかな

ということでニャンゴロー(仮)頑張れよ




2/16追記

追記するかどうか迷ったのですが書きます


先程動物病院から電話があり

本日の午前9時頃、ニャンゴロー(仮)は天国に旅立ちました

眠るように亡くなったとのことです


発見した際スマホ検索して”このケースは高額診療費が掛かる”という記事しか出てこなくても

きっとなにか違う理由を見つけて動物病院に連れて行ったと思います

自分にとって、病院に連れていく理由がなにか欲しかったんだなって

見て見ぬ振りをして立ち去る選択肢はありませんでした


亡くなった報告を受けた時に、獣医さんから簡易的な葬儀もこっちでしますと言われ非常に申し訳ない気持ちになり、

今回病院に連れて行ったのは自分だし、請求についても(そもそも連れて行く時に覚悟はしていたし)聞いてみたところ

大丈夫です”とのこと

ただし続けて”(この病院野良猫を診たということは)周りに言わないで下さいね”と強めに言われました


本当にかっこいいのは獣医さんでした



治療費原則仕事を依頼した人(動物を持ち込んだ人)が負担するものなので、ボランティアをしてくれる先生がいたとしても「野良猫はタダ」と誤解してはいけない。/医師応召義務で依頼者の支払義務は消えません


今後、自分と同じように怪我した野良猫動物病院に連れていくかどうしようかと考える人

しかたらこ記事にたどり着くかもしれないので

このブコメ拝借して最後に残しておきます

2019-02-12

anond:20190212151118

店の経営や雇われている人の生活責任は取れないし、その店の太客でも出資者でもないので、ちゃんとして欲しいとかは特に無いよ

行く前にステーキ焼いたのは意味不明だけど(電話番号教えた意味)、

ステーキは一応提供はされたわけで。それを拒否しただけなのでしゃーなしだと思う

ただ、安い店でも、命や健康に関わるのだけはNG

別の店で炙りをやった皿をそのまま手渡されて、うっかりそのまま受け取り、火傷をしたケースは、本社クレームを入れて治療費払って貰ったよ

ちなみにその店の店長さんは500円割引きで片付けようとしとった

どうあってもイヤなのは客単価高いのにオーナー道楽の店で、それを知らずに入ってしまった時に味わう不条理

そういう店を見分ける手段いからね

anond:20190212154437

おっさん胃がん治療費数百万円を募金しても集まらないけど、子供難病なら億円でも集まるとかな。

anond:20190212014912

ランチ時にステーキ食べに行き、提供時間は15分と言われ、オーダーするも、25分経っても出てこない

しかも店が混んでる様子もない

ランチ休みで来ているのでキャンセルすると伝えたところ、

あと5分で提供可能というので待つも、更に10分経っても出てこない

もう流石に待てないので出ますと押し切ったところ、

普通に満額料金を請求された、焼き始めてもいないのにだ (オープンキッチン)

まぁ店側にも店側の都合があろうと、満額支払い、じゃあ仕事が終わったあとに夜に食べに行きますと伝え退店、

その後、夜を待たずして携帯に鬼電

ステーキ冷めてるんですけどいつ来るんですか?」とのこと

いい加減ウンザリして2300円だったけどみなさんで召し上がってくださいとお伝えしたよ

クレーム食べログレビュー報復もしていない

こういうのはウンザリしつつも仕方ないで許せるんだけど、他では許せないことはたくさんある

追記(2/13)

1. 店名晒さないの?
 → なんのために?

2. なぜ連絡先教えたの?
 → 本人確認のため。来店前に連絡して焼きたてのステーキが再提供されることを期待して

3. なぜ店は来る前にステーキ焼いたの?
 → わかりません。自由な人たちだなとは思いました。再来店時に焼いてくださいと言葉で伝え、その場で双方の合意を取る必要性があることを学びました

4. なぜ払ったの?
 → 払えって言われたから。こちらに時間の都合があるように、店側にも店側の都合があろうから。もしお店が「満額払え。でも再提供はしない」なら、それはお巡りさん呼ぶしかない

5. ステーキ提供されなかったじゃん?
 → 提供自体はされたよ。指定した時間ではなかったが。冷めたの食べたくないし、いつ来るんだ?がウザかったので、みなさまで食べてどうぞはしたけど

6. なぜ増田に書いた
 → 他では許せないことはたくさんある (チラッ

7. 許せないこと
 → 命や健康に関わること(大した怪我ではなかったが) 例えば、

安い店でも、命や健康に関わるのだけはNG

別の店で炙りをやった皿をそのまま手渡されて、うっかりそのまま受け取り、火傷をしたケースは、本社クレームを入れて治療費払って貰ったよ


ちなみにその店の店長さんは500円割引きで片付けようとしとった

 → 客単価高い店で道楽オーナーに無下な対応をされること。バイトは必ずしも店の意思では無いけどオーナーは明確に店の意思。例えば、

オーナーの子どもが大騒ぎしている。しかも危ない事してたので奥さんに危なくないですか?って言ったら

「このくらい平気ですので放っておいてください」

身内と常連で大騒ぎを始める(なぜ本日閉店とか貸切にして一般客を断らないのか?)

隣の席にいた常連が頼んだ物を自分が頼むと無下に「無いです」、ウソやろ?

心優しい隣の常連が「ぼくの分けてあげてよ」というと「やっぱり2皿分ありました」おま・・・

決して安い店では無いのにカウンターで隣の席の人、それもオーナープライベートで付き合いがあるっぽい人がタバコを吸い始める

嘘やろ・・・

XXがお忍びできたというアピールしているお店で

凍ったしゃぶしゃぶ肉が出てくる、トイレに紙が補充されていない

2019-01-19

anond:20190119231935

ようれんきんみたいな奴やろ

撒き散らすと周囲の生産性が下がるから治療費のが安く済むやで

2019-01-03

70歳の母が病院に行きたがらない。

認知症ではないのだけれど、とある病気兆候が出ているので、

病院での検査を勧めても、かたくなに嫌といって病院に行こうとしない。

どうして、老人は検査が嫌いなんだろうか。

 

治療費も出すし、大病だったら困るから検査してほしい」と懇願しても「病院には行かない」の一点張り

 

その70歳の母親認知症になって数年前に亡くなった祖母病院に連れていくのに難儀してた話をしてたけど、

まさか母親祖母と同じく病院いくのを嫌がるとは。

家族って分かり合えない身近な他人だという思いを強くした。

2018-12-26

anond:20181226164417

孤独に生きるなんてことは問題ではない。

本当に、孤独に生きる老人の多くの問題は、今の健康のまま老人である日突然孤独死ぬなんてことはないことだ。

今の健康毎日どこも痛くなく起き上がれ、家を飛び出して階段を駆け下りて、走って駅に向かって、軋むような満員電車に乗る。

そういうまま老人で生きられることは100%ないと思うべきだ。

毎日身体のどこかが痛み、階段を駆け下りるどころか、階段を歩いて降りる事すらあぶなくなり、

走る事はまずできないし、満員電車に耐えられるような健康でもない。

簡単に言えば、誰の世話にもならずに、孤独に生きられる老人になることは、よほど運がなければ無理な望みだ。

毎日孤独のまま、身体の不調や足腰の痛み、そういうものを誰にも話すこともできず、医者に行っても治すことはできず

場合によれば、もっと深刻な身体の不調、毎月何十万円も治療費がかかるような病気になるかも知れず

ただただ、本当に苦しい毎日孤独に過ごすことになる。

孤独死とは、その苦痛の先にある楽園というよりも苦痛こそが人生だったと知る最後の瞬間である

2018-12-18

介護予備軍たちに告ぐ

私は昭和35年まれの♂で親は昭和3年まれの♀です。

もうかれこれ介護はじめて12年くらいになります

在宅 → 有料老人ホーム → グループホーム病院介護病棟介護医療

という流れで介護現場を見てきました。

これからは、徐々に在宅でみることに重点を置くようにシフトしてきていると思います


団塊の世代を親に持つ人は、まだ介護と言ってもピンと来ないでしょうね。

たぶん他人事でしょうね。自分もそうでした。ウチの親は認知症なんかにならないだろう、と。

でもその予想は見事に外れて今、重度のアルツハイマーで要介護5です。

在宅で、地域の人たちの協力を得て介護していきましょう、と言っても団塊ジュニアたちが自宅で親を介護できるでしょうか?

当然、親が要介護状態になったら施設に預けて面倒みてもらおうと考えている人がほとんどじゃないでしょうか?

自宅で介護となると、仕事を辞めざるをえなくなります

毎日付きっ切りで自分時間も持てません。それどころか睡眠時間を確保することも難しくなるでしょう。

ストレスは溜まるばかりです。

相談しても結局、他人事なんですよね。兄弟だって同じです。

仕事を辞めたら収入面で苦しくなります

介護疲れで心身ともに限界になります

楽しいことがなく辛いことだけがいつまで続くか分からないままずっと肩にのしかかります

たぶん、今より多くの介護殺人が起きるでしょうね。

だって生活満足度が一番高いそうじゃないですか?今の30代、40代の人って。

笑っちゃいました。介護生活に入ったら生活満足度なんて言ってる暇も余裕もありませんよ。

そういう世代の人たちが自宅で介護するんだから介護殺人が増えないはずがないんですよ。

覚悟しておいた方がいいでしょうね。もしかしたら自分が親を殺すことになるかもしれないって。

だってそんなことするわけないって思ってますよね。

でも、気が狂うくらいに大変なんですよ。ホント


で、もうひとつ自分は、施設に預けるから全然大丈夫って思っているあなた

全然大丈夫じゃありませんよ。

有料老人ホーム施設長が自信満々に言われました。「なにかありましたらこボタンを押してくだされば、直ぐに職員がまいりますから。」と。

そのボタンが何のボタンか分からないのが認知症なんですよね。

グループホーム職員ミス顔面を床に強打したときに言われました。「こんなことは日常茶飯事ですよ。ご心配ならご自分病院へ行ってください」と。

責任を追及して、治療費は出してもらいましたが、それから一気に状態が悪くなりましたが、なんの保証もないままです。

現在いる介護医療院は、今までで最低の施設です。エアコン温度設定ができない。

全館冷暖房温度調節はONOFFのみ。しか湿度は26%という最悪の状況。

食事介助も手荒くてグイグイ押し込む感じ。

なにか要望でも言おうものなら、「それでは他の施設に移られた方がよろしいんじゃないでしょうか?」と強気で横柄な態度。

改善する姿勢謝罪言葉もないです。

それでも、行くことろがないから頭を下げるしかないのが現状ですよ。


これが今の介護現場の状況です。

自宅も地獄施設地獄。なんか悲しいですね。しかも暗い未来しかない。やれやれ...

2018-11-30

キャバクラ大学学費を稼ぐ友人

タイトル通り、私の友人はキャバクラで働き大学学費を稼いでいる。

友人の名前ミカとしよう。ミカは今年の3月にバイトで知り合った友人で、大学2年生だ。誰もが振り返る、超絶ウルトラパーフェクトビューティーキュート女の子

最初ミカは心の壁が分厚かった。同い年なのに敬語を使ってくるし、やたら自分卑下してこちらを持ち上げるしで、「絶対こいつ家がやばいな」と察した。

色々と力技を駆使して私はミカの心の壁を破って打ち解けることに成功した。ある日、ミカは私に複雑な家庭事情を打ち明けた。

ミカの家は所謂機能不全家族」だ。カルト宗教信者の親の下で育ち、彼女は今も、恐らくそ洗脳が抜けていない。

ミカの母は高校3年生の頃、癌で亡くなった。亡くなる前から治療費が高額だから離婚したいだとか家族内で分裂が起こったり多くの問題があって、ミカ治療費を稼ぐために受験生ながらバイトに追われ、その上周りの大人母親の死後処理なども全て彼女押し付けた。

そんな中で勉強に集中できるはずもなく、成績は落ち、彼女は望んでいなかった大学へ進学した。

1年目は無利子の奨学金を月5万借り、祖母から残りの学費を援助してもらっていた。しかし家の家賃自分と弟の生活費、そして母の治療費へ充てた借金を返す為に稼がなければならなかった。父親単身赴任をしているが稼ぎが良くない。

彼女キャバクラバイトをし始めた。大学まで片道2時間かかるから、早朝に家を出て学校へ行き、夜は遅くまでキャバクラで勤務。そして帰宅・・・

2年生になる前、借金完済の目途が立ったので、キャバクラを辞めた。そしてこのバイトを始めたということだった。

しかし今年の夏、ミカが通っている大学祖母が進学を反対していた所だったこともあり、祖母ミカへの学費支援を打ち切った。ミカは、自分学費を稼がねばならなくなり、キャバクラへ戻った。

私とミカが知り合ったバイトは、1年続けることを条件に採用される。だからミカはこのバイトを辞めず週2で入れ、キャバクラでも働き、学校も通い・・・睡眠時間も休む暇もない日々を送った。

結果、ミカは倒れ、やむを得ない為こちらのバイトは辞め、稼ぎの良いキャバクラを続けることにした。

ミカバイトをやめた後、私は電話で「キャバクラで夜まで働いて、睡眠時間もままならないまま早朝家を出て・・・って体に負担かけてまで、ストレート大学卒業することにこだわる必要ある?」と尋ねた。

ミカは「母ちゃん遺言に、4年制の大学卒業して欲しいって書いてあったんだ~、今生きる意味、それがすべてって感じだから・・・」と言った。

「家の問題とか、自分大事にすることを覚えなきゃいけないこととか、痛感したよ。精神科受診した。大学も4年生になれば楽になるから、あと1年頑張れば大丈夫!」とミカは言う。

お母さんの遺言を守りたいのはわかる。遺言は故人から最後の贈り物だから大事にしたい。私も大切な人を亡くしたことがあるからわかる。

それでも、大学卒業するのは、今じゃなくていいと思うし、私はミカに体を壊すような生活を送って欲しくない。ミカ家族は今までミカ大事にしてこなかったし、それが変わることは正直望めないと思う。

私のエゴだっていうことも、他の家の事情に口は挟めないことも、彼女意思尊重するべきであるのは分かる。

でも、長年家族や周囲に洗脳されて、真面目な気質に付け込まれ本来大人が負うべき責任押し付けられ、間違った自己責任論を信じ込む彼女意思通りにすることが良い結果につながるだろうか。

弟はまだ中学生だし、ミカ精神病正式な診断が下っているし、二人とも公的機関によって保護を受ける権利がある。一度休んだって良い、というか休むべき。

それにミカは今までの苦労を鑑みると、どこでだって働いていける。大変だけれど、一旦働いて学費を確保してから通うとか、通信制を利用するとか、方法は他にもあると思う。学費の高い、今の私大に拘る必要もない。

勉強だって、私も自分勉強毎日追われているから一緒にするし、家から逃げたければ手段を一緒に考えるし実行を助ける。ご飯ならいくらでも奢る。

私が全て何とかすることができるわけではないし、自分意見押し付けるべきではないし、人の人生に介入する権利も、止める権利もない。ミカ人生からミカ自身で考えて選択することだ。

だけど、どうしてもモヤモヤしてしまう。

2018-11-15

労基署なんて、どうせ動いてくれないよ(追記あり)静岡パブリックレイションでのこと

2013年静岡にある静岡パブリック・リレイションという会社で働いていた頃のこと。仕事中に腰を痛めて休業をして病院にかかった

業務中に重いものを持ち上げたことによるヘルニアだった

仕事もできないし、治療費もかかるので会社労災保険と休業補償申請したところ、労災申請するな、自己負担治療しろ、と脅しのような電話がかかってきた

休業補償も、申請しようとしても動いてくれない。

ものすごい脅し口調で話すのでまともな会話もできないし、メール内容証明を送っても返信がない

もともと適当会社だとは思ってたけど、こんな対応をされるなんて本当に呆れた。

仕方ないので、静岡労基署相談をしたところ、私の担当になった若い女の人は、私のことをなんだかクレーマーのような扱いをして、会社と話し合いをしてください、としか言ってくれない。


どうすればいいのかも、とくに助言してくれない

三回ぐらい相談したが、その女の人はため息を付きながら、きちんと会社と話し合えば向こうも対応してくれますよ、というばかり

仕方ないので、私は静岡裁判所少額訴訟をした。

あたえまえだが、私の完全な勝訴で、言い分は100%通って、未払いの休業補償は支払ってもらった

けれど、そこまでの時間や手間は膨大で、私もかなり消耗した

たぶん、静岡労基署ちょっとでも動いてくれていたら、静岡パブリック・リレイションもこんなパワハラみたいな態度は改めたと思う

労基署が動いてくれないから、会社調子に乗っていたんだろう

労基署なんて、どうせ動いてくれないよ

日本社会では、私のような力のない労働者は、泣き寝入りをするか、こうやって面倒くさい訴訟をして消耗するしかないみたい











追記

いろいろとコメントを頂き、ありがとうございます

コメントから、数点追記しておきます

労基署によってはスムーズに動いてくれるところもあるようですね。労基署全てが駄目というような書き方をしてしまったのは申し訳なかったです。

静岡労基署でこのようなことがあったという実体験で書きました

労基署には、相談ではなく、申告という形できちんと書類を揃えて行くと対応が変わるという意見も参考になりました

私は何もわからず、まずは労基署相談という形で労基署に出向きましたが、事前に書類をきちんと揃えて申告をするという知識があれば少しは話しが変わったかもしれません。こういった役所相談するところではなく、法律に沿って動かすところ、というコメントは印象的でした

こちらも細かく書いてあり参考になりそうです

https://anond.hatelabo.jp/20181115190433


皆さんのコメントは参考になっています

ありがとうございます

2018-11-11

なんで癌の治療費無料にならないんだろうと

癌の発生は自己責任じゃないでしょ?

たばこ吸わなかろうが食い物に気をつけようがなる時にはなるのが癌なのだ

しかすると遺伝的かもしれない

障碍者手当てがあるのなら癌だって無料にしてくれてもいいのに

2018-11-07

労災ってどこから申請できるの?

キラキラIT企業ソシャゲを作ってて、長時間労働、激詰め、半パワハラ的なことを受けた挙句適応障害て診断されたのに、体調不良を人事に相談したら「成長通みたいなもん」とか言われ、耐えられなくなって辞めんたんだけど、これ申請できたのかな?

在籍時から退職後完治するまで3年くらい病院通って治療費かかってるんだけど

2018-10-30

お金を受け取ることが甘えていることになるのだろうか

色々あって親と仲違いして数年間連絡取らなかったんだけど、去年わりと重い病気が発覚してからまた親と連絡を取るようになった。

この病気の原因に親が少なからず含まれているので、当人達としては気にしているっぽい。

今日治療費の足しにしてくれとお金を渡された。今でギリギリなんとかなってるからいらないと断ったんだけど「こういう時くらい甘えればいいでしょ」と怒鳴られめんどくさいから受け取ってしまった。

ギリギリなんとかなってると言ったもののかなりきつかったのでお金があるのとないのではあるほうがいいんだけど…今のお金よりこれまでの人生の辛かった局面で助けて欲しかったというのが本音だった。

辛かった時に追い打ちをかけるのがうちの親だ。病気がわかって以来だいぶ丸くなりその言動に驚いたけど、過去の傷付いた自分は変わらないもんなんだな。

そしてこんなに素直に受け取れない自分もだいぶ悲しいやつだな。

お金を受け取ったらまたとんでもないことをされるのではという恐怖もあった。

そもそも親に甘えるってどんな感じなんだろう?死ぬまでには少し実感を持って穏やかにその時を待ちたい。

2018-10-19

anond:20181019051724

社会的では無いとは思ったが、反社会的かは分からないな。

実は雇われるまでバセドウ病で失職してたんだが、治療費も全額出して貰えた。

通院の時は代わりの人も出して貰えたしな。

ある程度怪しい仕事をする人間はやっぱ病気が原因では?

もちろん精神病気ダメだぞ。

2018-09-28

anond:20180928010217

本人が亡くなるまでは治療費としてキープ。亡くなったら他の○○ちゃん救う会募金するパターンが多い。(なお、どの会に募金するかの基準は謎である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん