「感情的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感情的とは

2017-09-26

無意味署名活動の意義 ~署名自己循環~

馬鹿の書いた文なので読みづらさと論考の浅さはご勘弁。

なんとか読み取って言わんとすることを拾って書き直してくれる人が現れることを祈って・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

署名活動無意味だ」

ただし、署名活動無意味になる状況は限られている。

すなわち、署名活動メッセージを受け取る相手が、参政権と関わりのない企業であること。

署名を受け取るまでもなく消費者意見がまとまり企業等に伝わっていることがある。

前者は、法的に署名運動意味を持っていないこと。

後者は、法的に意味を持っていない場合署名活動が持つ効果、「消費者意見をまとめ伝える」ことが既にされている状況を示す。

特に後者は、SNS時代現代において起こるようになり、また起こりやすい状況である

分かり易い例で言えば、SMAPの存続、解散撤回を求める署名運動けものフレンズたつき監督の存続署名運動がある。

どちらの例も、署名がどれだけ集まろうと法的強制力はない。その意味に限れば、署名活動無意味である

しかし、実際、SMAPしかり、けもフレしかり、無意味であるのに署名活動がされている。

何故だろうか。

その理由は当然、「意味がある」からであろう。

ではその意味とはなんだろうか。

前述の通り、署名活動無意味であると全員が認識していれば、そもそも署名が集まることはない。

まり署名活動参加者は、単に無意味活動だとは思っていないのである

ここで大きく2つの心理が考えられる。

1つは、意味があると思い、署名活動に参加している可能性。

そしてもう1つが、「システムとして無意味だと分かっていてもやる」という儀礼的、感情的活動参加の可能である

後者儀礼的、感情的参加の可能性は、法的に意味がある場合の、本来署名活動に倣ったパフォーマンスのようなものだろう。

無意味だと思っていてもやる」 この儀礼感情的参加による何かしらの影響が、署名活動意味となっている可能性がある。

ここで、一旦「何かしらの影響」の検討は棚上げし、

冒頭で無意味説明した状況かつ、消費者署名活動意味があると考えて参加している前提で、

活動の流れを簡単検討する。

はじめに個人によるネット主導や、ファンクラブのような集団主導で署名活動が動き出す。

すると、署名活動中にはネットニュースになったりテレビに取り上げられたりされ、活動はヨリ認知される。

署名が集まると、嘆願書企業に提出される。

この様子は、ときテレビ雑誌などのマスメディアで流されることもある。

なるほど、署名活動によって、『世間意味があると思われている「署名活動」』の情報が広がっているのだ。

企業の単なる動静でもなく、消費者群の大きな潮流でもなく、「署名活動」の情報が伝播しているのだ。

これにより、「署名活動」がされたぞ、○○万人も署名したんだぞ、企業はどう動くんだ?という見方がされる。

署名活動」がされたという見方、法的強制力のある場合に倣った見方がされている。

そう、参加するほうも儀礼的なら、世間見方も同様に儀礼見方がされるのだ。

すなわちこれは、法的強制力とは直接関係のない、社会による風潮であり、勝手ルールなのである

署名意味がない→署名が集まらない→無意味 でもなく

署名に法的強制力がない→無意味 でもなく

””署名意味がある→署名が集まる→世間マスコミが注目する→企業が注目され、圧がかかる→有意義”” なのだ

加えて言えば、署名による圧により企業が動けば、署名意味があるという最初の要素に立ち返り、署名活動自己循環する。

署名意味がある」という定義けが世間に残り、自己循環の度に、署名意味関係は強くなる。

ただ厄介なことは、「署名意味がある」という定義は、参政権に基づいた署名も、企業への署名も、同じ定義を共有して考えられてしまっていることだ。

これが、法律社会の風潮との誤差になっており、度々、「署名無意味だ」と言われる原因ともなっている。

この流れは、血液型性格診断と似ている。

血液型性格診断は、科学的に全く根拠がないとされている。しかし、実際はA型几帳面であるとかO型はガサツであるとか、よく耳にする言葉である

幾度となく科学的に否定されようと、その声が絶えることはない。

それはおそらく、実際に血液型性格が一致していることが多いからなのであろう。

なぜ一致してしまうのだろうか。

科学理由ではないところに、根拠を求めるとすれば、個人心理社会にあるだろう。

全く勝手な推測だが、例えば「A型几帳面だ」と周囲の人間が思っており、

そのように言っていれば、言われた方は暗示が働き、几帳面として振舞うように個人性格が方向付けられてしまうのではないだろうか。

思い込み自己暗示の力である

全ての人間が周囲から情報性格が決定づけられるとは当然考え難いが、それでも多少の影響はあるだろう。

人間生物根拠とは無関係に、社会的心理的作用として、血液型性格因果関係を持つこともあるのである

からこそ、血液型性格診断のもの科学的根拠はないという、ただその一点で血液型性格診断否定するのは浅はかではないか

そして、本文の主題に立ち返り、換言すれば、

署名活動のもの強制力だけで無意味と切り捨てるのは浅はかであるということ。

意味がある」という前提が意味のないことを意味あるものにしてしまうパワーがあるということが言えるだろう。

署名活動無意味だ」

簡単に言ってしまうのはもったいない社会不思議なパワーを、今こそ使いこなすべきではないか

たつき監督。がんばれ。

PS.

 つらつらと、署名活動応援するようなコメントを書いてきたけれど、どちらかと言えば私は活動否定派です。

 署名活動をするなら、もうひと工夫するべきだと考えています

 単にこうしろああしろ等と、感情と風潮に訴えるだけの署名には効果を感じません。

 というのも、なんというか現代合理主義社会関係に見合ってないからです。

 かと言って、不買運動を起こすなんてのは、ホトトギスを殺してしまうようでスマートじゃない。

 だから、その間を取って、「ユーザー意見聞かないと、これこれ買うの辞めますよ」って署名を集めるのはどうでしょう

 すぐに不買に動くわけじゃないから、企業も損をせずに対応を決められる上に、ちょっと意見の強さは増すし。

 うーむ。でもこれじゃまるでゲームを取り上げるお母さんのやり口だな・・・

TeXWord

なる議論があるらしい。

学生Word論文を書いて来たら、それだけで不合格推定が働くという研究者の方もいらっしゃった(さすがに理不尽だと思う)。

私自身は出身学部バリバリ文系で、職業も数式と無縁の類なので、Wordの方が圧倒的に使う頻度が高い。

だが、最近趣味数学をやるようになって、TeXにも触れるようになった。

それで何となくTeX派の言いたいことも分かってきた(そもそもWordTeXを同じ土俵比較するのがおかしいという批判は一旦措く)。

ぶっちゃけて言えば、TeXでできることのほとんどは、Word2010でもう出来てしまう。

そのためTeX派の主張・反論はかなり苦しく、感情的ものが多いのだが、なぜそこまでTeX固執するかと言うと、TeXの方が楽しいからではないか

いくらショボい文書を作るにも、TeXだと様々な問題が生じ、それをググって解決する。そして出力される美しい文書

この過程が非常に楽しく、無味乾燥になりがちな文書作成作業創作性を帯びてくる。

出来上がった作品は眺めているだけで楽しい

はいえ数式のない文書すらTeXで作るという人はさすがに意地を張りすぎだと思う。

今後もTeXとともに数学勉強していきたい。

kmizuとかいScalaおっさん

「噴飯モノ」とか「すっぱい葡萄」とかそういう強い言葉相手罵倒しながら「いや、これは罵倒じゃなくて批判ですし、なに感情的になってんすか?こっちは理屈通ってるのに相手感情的で困るわ〜〜〜」みたいなこと言ってるのほんと感じ悪いんだよな。Scala自体はすごく好きだけどあいつのせいでScalaプログラマとは関わりたくないって思ってしまう。Scalaコミュニティのひとたちはあれでいいと思ってんの?ぜったい関わりたくないわそんなコミュニティ

2017-09-25

怒ったときだけ結果を出す部下をどうしていいのかわからない

これは愚痴だし、自分でやらないといけないのはわかっている。

怒らないとやらない部下がいる。

手を抜いているわけではないはわかるし自分なりに仕事はしているのだろう。

そもそも仕事の仕方を分かっていないので、杜撰仕事しかできていない。

怒らないでも行動を喚起できれば良いのだろうが、丁寧に考え方や仕事の進め方を伝えてもメモも取らないし、その通りにしない。

こちらで文章にして期日を切ってやるべきことを粒度を小さくして渡してみても、言ったことをやらないで自分のやりたいようにしかやらない。

自分なりのやり方で成果を出してくれるのなら、それでもいいんだけれど、非常に杜撰仕事しかできない。

やり方を伝えてみても、その通りには動いてくれない。

唯一、ちゃんとやるのは感情的に怒って「なんでやらねえんだよ」「いいからやれ」と言ったときだけだ。

そんなことはしたくないのだが4ヶ月に一回程度しか怒ってしまう。

そして怒ったときだけ結果を出してくる。

怒らないで成果を出してもらうアプローチが見つからない。

2017-09-24

anond:20170924211041

俺にしてみればネットでひたすら煽るだけの人たちの気持ち理解できない。

いや、人を煽る事で自分鼓舞する事で言語能力を高めようと辞書引いたりさ、

未知の領域に踏み込んで情報収集たり、知識や興味の幅を広げようするのは分かる。

けど、明らかに感情的喧嘩腰になって墓穴掘ってるだけの人がいるんだよな。頭悪いのかなって。

匿名で直接的利害関係にない間柄で少しの暴言が許される場所なんだから

リアルでは中々しずらいディスリスペクトで己を鼓舞して見識広げたり物を熟考したりする機会にすりゃいいのに、

壁殴って血だらけになってる馬鹿が凄く多いなって。

感情的に人や物に当たる奴は死んで欲しい

感情的に人や物に当たる奴が許せない

人や物に当たるというのは「他責的行動」の一つであり精神的に自立していないからとのことだ

幼稚、稚拙、キレてる奴をそう切り捨てるのは簡単だが、一緒に仕事をしていかなければならないケースも多い

そういった連中巧く躱し、伝播する不快感を除去するのには一体どうすればいいのだろうか?

誰か教えてくれ

アクアリウムひっくり返し親父を評して

男は論理的女は感情的と言ってる人がいて

論理的とは…?となった

2017-09-22

[]映画脳男

めっちゃ頭いいけど感情と痛覚がない人間が、自らの手を汚すのを厭わずに悪を裁く、のを捕まえようとする話

乱歩原作らしいけど全然知らなんだ

うーんいまいちだったなあ

ひたすら爆発&バカ刑事が首突っ込む&私情入れまくり感情的仕事する精神科医コンビネーションで、ひどい邦画だなあという感想

ラストの落ちは乱歩賞っぽいなと思った

ラストだけはよかった

まあかなり思わせぶりなことやってたけども

2017-09-21

anond:20170921223942

自分のこと言われてるわけでもないのに自分のことを言われたかのように怒ってる、自称正義の男らしい意見ですね。

感情的反論してる時点で自分にもその傾向があること認めてますよプププ

シンデレラガールズに対する批判について

同僚の皆さんこんにちは

最近またちらほらシンデレラガールズに対する批判と言いますか、同僚に対する批判と言います

相変わらず減らないですね~

内容を見て「あーすごく感情的になってるなぁ」と思います

すごく大事なことだと思います自分感情を隠しつつコンテンツに向き合うのはとてもきつい事ですからね。

どこかいいはけ口を見つけられれば一番いいのかも知れませんね。

そこで同じ気持ちでいる人を見つけられれば気持ちを共有できていいかもしれません。

しかし、しかしですよ?

その反対も普通にいるわけです。

なにかんがえてるの?ですとか、頭おかしいんじゃないの?とか。

批判に対する批判は当然あるものだと思います

シンデレラガールズ本体運営方針アイドルの扱いなどに不満を持つのはわかります。こんなん、自分と思ってたんと全然違う!罠や!運営の罠や!って言いたいんですよね?

でもあれなんですよ。

お前がそう思うならそうなんだろう。声の中ではな。

ってことなんです。

みんなそれぞれ考え方がある訳です。

自分の思うとおりにいかず、運営イラッと来る部分もあるかと思います

未だに自分担当デレステSSR実装されてない人や、声帯実装されていない方も沢山いらっしゃいます

不満を持つのは悪いことではありませんが、八つ当たりはやめて下さい。

もう嫌だから担当やめる!という方。

是非やめてください。

無理して続けてもストレスが貯まるだけです。

ストレスを貯めながら続けるのに相当する意味がないのなら今すぐ離れましょう。

意味存在するなら続けましょう。それだけのことなんです。

そんな簡単に考えられないよ!という方。

そもそも娯楽コンテンツということを忘れていませんか?

楽しむことが大事です。落ち着きましょう。

そろそろまとめます

担当のことでいろいろ考えるのはとてもいいことだと思います。でも担当のことで揉めるとほんとうに厄介です。

周りから見たらその担当品位を下げようとしてるの?としか見えません

その批判に対して自分担当アイドルはまだ〇〇なのにとか言ってるのも同じです

とりあえず落ち着きましょう

批判する余裕があったらその分自分担当するアイドルの良さを布教しましょう。

デレステSSR実装されてないアイドルSSR実装を夢見てトレーニングしてるんです。静かに応援しませんか?

声優さんがついていないアイドルは声がつくその日を夢見て頑張ってるんです。応援しませんか?

みんな一生懸命なんですよ。尊くないですか?私は彼女たちがとても尊く感じています

ここまで読んでいただきありがとうございました。

稚拙な文ですがご容赦ください。

最後一言

なんでも批判は消えろ

2017-09-18

anond:20170918201808

仮にアンジェに何らかの策があったりなんてこともなく、本当に逃げようとしてたならもっと上手に逃げられたんじゃないのかなって。

プリンセスプリンセスで状況を把握できないような人ではないように思うし、アンジェにしてもプリンセスにしても、何らかの考えがあっての行動ことだといいなあって。

あくまでこうなったらいいなあって思って書いたので、アンジェは実際は逃げるしかない状況になったから逃げようとしただけかもしれないし、プリンセスはどんな状況になっても王女になることを頑なに諦めないだけなのかもしれないし……。(プリンセスに関しては多分そうなんだろうけど、流石にもう少し状況理解した上での行動はできるはず……)

ただやっぱりあまりにも今回はアンジェしろプリンセスしろ感情的に振る舞っていたので、どちらもわざと演じてた、とかだといいな。嘘が一つのテーマ作品なのできっと何かしら……。(希望的観測

ゼルダさんは今回でも微妙に気付いてそうな感じもありましたが、次回予告を聞くとやっぱり暗殺失敗は察するみたいですね。

ゼルダプリンセス銃口を向ける、とのことですが、結局ゼルダも味方で(Lサイドの人間で)、銃口を向けたのも騙すため、なんて……。(やっぱり希望的観測

2017-09-16

リアリスト淡々と、冷静に

こういう言葉使うやつに限って感情的

「女は感情的」なのではなく

当たり前ですが、人間には感情があり、それは男女どちらも変わりありません

しかし、嘆かわしいことに、世の中にはまだまだ「女は感情的」という偏見がまかり通っています

ではなぜ、こんなふざけた偏見がなかなか払拭されないのでしょう?

大げさなことを言えば、それこそまさにあなた方のせいなのです

そう、あなた方が女性感情ばかり、むやみやたらにチヤホヤするからいけないんですよ

女性らしき増田が弱音を吐こうものなら必死に慰め、「日本死ね」と叫ぼうが問題にしないのに、

男が同じことをすると、これがどうしたわけか厳しい

リベラル自称リベラルが多いというはてなですら、このザマです

しかもそれを個人的な嗜好に任せてやっているからタチが悪い

まり皆さんは女性感情サラダ刺身のごとく賞味するのに、男の感情はまるで生肉のように扱う

そのままではとても食えたものじゃないし、モノによっては有害ですらあると

からこそ、男は生の感情に頼ることなく、後付けで理屈をこねくり回さなければならない

でもこれ、まさに「ジェンダーバイアス」以外のナニモノでもないんじゃないんですかね?

だとしたら、そういうのが嫌いで、普段文句言ってる人というのは、女性に対する抑圧と同様、

男に対するそれにも反対してしかるべきでしょう

それが面倒なら、男が言うに任せればいいわけです

ところが実際には、男がそういうのを何か言うと、フェミの皮被ったミサンドリストがやってきて、

「よしよし」がどうとか言いながら、真っ先に封殺しにかかるわけです

れいったいどういうことなんでしょうね?

まあ、どういう文章を好もうが、そんなもの個人自由です

しかし、あなた方の個人的な嗜好が集まれば、女性感情的発言ばかりが持ち上げられて行き、

結果的に「女は感情的」という偏見再生産に貢献する、ということは自覚すべきだと思います

2017-09-13

社長についてアドバイスください

30人ぐらいのスタートアップ役員やってます

3年ほど前に大学の同期だった友人の会社に参画したのですが、社長たる友人の行動が社員から非難を浴びて困ってます

社長結構自由な人で、定時間内もオフィスにいないことが多々あります

グループウェアでは「外出」になっており、基本的携帯電話も繋がるから問題無いのですが、定時出退勤が原則社員からは、その行動について「社長だけズルい」と不満が上がっています

社長社長仕事をしていないわけではなく、トップセールスで大きな案件を決めて来たり、どこからともなく優秀な人材を引き抜いて来たりします。

ただ社員からはそう言った結果が見えづらいので、単に社内におらずサボっているように見えるのです。

役員社員立場が違うというのは理解していますが、それを説明したところで社員感情的に納得しないと思いますし…色々と板挟みになっています

何かアドバイスがありましたら、お寄せいただければ幸いですm(_ _)m

2017-09-12

あの

明日好きな人と13:00に地元観光地(寺)で待ち合わせしてるはずなんだけど、

いつも通りなのかな。

観光地からジロジロ見られたりするの?


まぁ、何回直前で止めて待たされたという感じだろうから、色々うまくいくといいなと。

感情的に。

2017-09-11

勝ち負けにこだわる人から卒業する!本当の意味での人生ゲームとは?

以前の私は勝ち負けにこだわる人でしたが、今日から勝ち負けにこだわる人から卒業します。

自分自身人生に影響しないことは全て許していきますし、素直な心でこれから人生を歩んでいきたい。

最近になって感じることは、人生において勝ち負けなどはそれほど重要ではないということ。

けれども、人生というのはゲームに近い存在というのは否めません。本当の意味での人生ゲームとは一体何なのでしょうか。

勝ち負けにこだわる人から卒業すれば人生は楽しくなる




冒頭にも書きましたが、過去の私は勝ち負けにこだわる人で負けず嫌い性格でした。

まらないことでも感情的になり、無駄エネルギー時間を費やすことも度々。大人になればなるほど丸くなっていくものですが、私自身はまだまだ精神的に子供なので丸くはなれませんでした。

もちろん、今現在精進中ですが、ありがたい日々のコメント等に胸を打たれております

勝ち負けにこだわる人から卒業すれば、人生は途端に楽しくなってきます。これは体験済みですし、これからも維持していきたいもの

これからはつまらないことやくだらないことで無駄時間を費やすことはないでしょう。


本当の意味での人生ゲームとは?




よく人生とはゲームに例えられるのですが、本当の意味での人生ゲームとは自分自身との戦い。

他人と争っても傷つくだけですし、何も得るものはありません。むしろ、失うことばかり。本当の意味での人生ゲームをしっかりと理解しては今後の人生を少しでも楽しみたいもの

もちろん、ゲームには勝ち負けがありますし、勝ち負けがないとゲームではないという人もいるでしょう。

考え方は人それぞれですし、要は自分自身が心の底から楽しければいいということ。

どちらにしても人生というゲームには時間制限がありますからね。


アンチ否定されることにも感謝





人気ブログになればなるほどアンチ否定されることはよくあります

けれども、そこで感情的にならずにアンチ否定されることにも感謝すると人生好転します。

そうすることによって勝ち負けにこだわらない人にもなれますし、何よりも心が穏やかになっていくのです。

以前の私はつまらないことやくだらないことで怒っていましたが、何ごとも感謝することでその怒りはどこかへ消えていくもの

それを教えてくれたのもアンチ否定してきた人。今思うと感謝しかありませんね。


勝ち負けにこだわる人から卒業する!本当の意味での人生ゲームとは?のまとめ





やはりブログ毎日継続して正解。

ブログに限らず、何かを年単位継続すると普段気づけないことにも気づけますブログ継続して書いていくことによって、勝ち負けにこだわる人から卒業できましたからね。

まらない人間やくだらないことをスルーする力も付きましたし、本当にブログ継続私自身にとって最高のスキルアップです。

これからドンドンブログを書いていきたいですし、新しいサイト現在進行形ですが作っていきます

このブログサイト毎日のように読んで頂いている方には感謝の心でいっぱいですし、これからもちょくちょく読んで頂ければ嬉しい限りです。

それでもまだまだ勝ち負けにこだわる人は、少しだけも勝ち負けから離れると本当に精神が清々しくなりますよ。

本当の意味での人生ゲームはこれからです。

自分自身にとっての楽しい人生ゲームを作り上げていきましょう。

2017-09-10

ブラック企業税金を使って欲しくない

何年か前に、(株)静岡パブリック・リレイション (www.prii.co.jp/) という企業派遣で働いていた。

こちらの業務員に対する対応は本当にひどくて、自分は最終的に裁判をするまでになった。

以下に書いていることは、裁判でも証言として提出してある。

こういう企業静岡県仕事をまわしていて、自分が払った税金がいまも支払われていると思うとやるせなくなる。

数年前、自分静岡パブリック・リレイションから派遣されて、静岡県島田市作業現場で働いていた。

その日、自分作業現場で腰を痛めてしまい、仕事を途中で切り上げて帰宅をした。

それまで自分は腰を痛めたこともないし、腰の持病もない。ここの作業現場で重いものを運んだら腰をひねって動けなくなってしまった。

そして、仕事場での怪我なので治療費労災で支払ってもらおうと思って派遣元である静岡パブリック・リレイションに電話をかけた。

すると、そこから相手対応は信じられないぐらいにひどかった。

自分パブリックレイションの電話番の人に要件を伝えてしばらくすると、自分携帯女性(声の感じから多分50歳以上)から電話がかかってきた。

電話にでてみたけれど、その女性はかなり感情的になっていて、正直何を言っているのかわからない。

ちょっと古いたとえだけど、この、ハゲー!と怒鳴っていた豊田真由子議員みたいな感じだった。)

多分、静岡パブリック・リレイションのえらい人なのだろうけど、自己紹介すらしないのでよくわからない。

とりあえず、その女性は私に軽く罵声を浴びせた後に、「腰を痛めたことは会社責任を取らない。労災請求するな、国保でも使って自己負担治療しろ」と言ってきた。

自分はできるだけ穏やかに、仕事上の怪我なのだからそれはおかしいのではないか、と論理的に話をしたつもりだけど、相手感情的になりすぎていて話は全く進まないまま1時間以上その人と話をした。

最終的に、とりあえず会社に来い、とその女性から言われて電話は切れた。

自分静岡パブリック・リレイションの元では派遣アルバイトとして登録をしているだけなので、それまで本社に行ったことは面接の時しかない。

いきなり来いと言われても、そんな感情的になっている相手の元には怖くて行きたくない

自分労基署相談した。

静岡労基署からは、とりあえず治療をしてから領収書を取得してくれたらなんとかすると言われた。

病院に行くと、雇用主記入拒否という形で労災請求ができる、と言われたのでその助言の通りに書類を書いて、自分労災によって治療費負担することな治療をすることができた。

治療は始まったけれど、腰を痛めてしまっているのでその日から自分仕事をすることができない。

仕事ができないと収入がないので困る。

医師相談をすると、確かにこの腰の状態では仕事をするのはできないだろうと休業補償請求できるような診断書を書いてくれて、休業補償請求方法も教えてくれた。

医師に言われた通り、休業補償を支払ってくれと静岡パブリック・リレイションに電話をしたけれど、また先日の女性が出てきて感情的に怒鳴るので全然話にならない。

とりあえず会社に来い、といっているけれど、そんな感情的に怒鳴る人の元に行くのは怖いので、労基署相談をすると、こちらも雇用主記入拒否という形で休業補償請求できるとのことだったので、その通りに請求をして、休業補償問題なく支払われた。

しかし、怪我をしてから初めの三日間分の休業補償は待機期間ということで、雇用主(静岡パブリック・リレイション)から直接支払ってもらうしかないようだった。

仕方がないので、その三日間の休業補償を支払ってくれと静岡パブリック・リレイションに電話をしたけれど、電話受付の女性から、「あなたから電話は受け付けるなと言われている」と伝えられてそれ以上の話は進まない。

メールを送っても無視されるし、手紙内容証明を送っても返事はない。

挙句に、その月に支払われるはずだった給料給料日に支払われない。(こちらは書類で支払い請求をしたら、すぐに振り込まれた。)

仕方がないので静岡県労基署相談をすると、相手人間から話し合えばわかるはず、というだけで対応をしてくれない。

静岡県労基署にはその後もなんどもこの件を相談したけれど、毎回、そんな感じで話し合ってくれというだけで何も対応をしてくれなかった。

正直、これも本当に困った。

どうしたらいいのかわからないので、県の無料弁護士相談をすると、弁護士は、そんなの少額訴訟をすれば一発で解決ですよ、と言ってくれた。

自分はその弁護士の言う通りに訴状を書き、未払いになっている三日間ぶんの休業補償裁判費用の全額を要求して静岡パブリック・リレイション を少額訴訟で訴えることにした。

訴状を送っても、静岡パブリック・リレイション からは何も連絡がない。

裁判当日になっても裁判所には静岡パブリック・リレイション の人間は現れずに、けっきょく自分裁判官の二人で欠席裁判をすることになった。

自分医師診断書など具体的な証拠も全部揃えているので、私の言っていることは全て認められて、請求額を全て要求できることになった。

裁判終了後に、その裁判結果とともに請求額の支払いを相手に催促したけれど、それでも静岡パブリック・リレイションからの連絡は全くなくて一向に支払われる気配はない。

仕方がないので強制執行手続きを取り、相手財産差し押さえようとしたところで、ようやく私の元にお金が支払われた。

お金は支払われたけど、一連の件に関して相手から連絡は一度もなくて、謝罪言葉などは一言もなかった。

後日、裁判所事務員愚痴るように私に教えてくれたが、静岡パブリック・リレイション側から裁判所電話があり、そんな裁判ことなんて聞いていない、そんな判決は認めない、とずっとゴネていたそうだった。

静岡パブリック・リレイションは静岡を中心にしてイベントの設営を主な業務にしていて、地方自治体から受ける仕事もたくさんある。

自分が働いていた静岡県島田市現場も、島田市主催するイベントの設営の仕事だった。

自分は、自分にこんなひどい対応をした企業自分税金を支払っている地方自治体仕事を依頼しているのが嫌だったので、島田市市役所に今回の裁判の結果と合わせて、静岡パブリック・リレイションにもう仕事を任せないでくれ、と頼んだ。

しかし、島田市は、この企業問題ないと判断している、という返事のみで、私の意見は聞き入れてくれなかった。

静岡パブリック・リレイションには、静岡県から直接イベント設営の依頼も受けていた。

自分は同じように静岡県にも、こういう悪質な対応をする企業仕事を任せないでくれと頼んだ。

しかし、静岡県からの回答も、問題ないと判断しているとのことだった。

静岡県民として、納税者として、この企業が私にたいしてしたことに裁判結果もはっきりと出ているのだから地方自治体が我々の税金を使って仕事を依頼するのはおかしいと思っている。

こういう企業に、自分が支払っている税金一円たりとも使って欲しくない。

自分島田市静岡県に言っていることはおかしいのだろうか。

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

近親相姦法規制の是非について、いろいろ議論拡散しててモヤモヤするので自分なりにまとめてみたい。

<2017/9/10 12:21 ブクマ数187users 追記した。イヤマウンターへの回答になるか分からないけど…あと微細な誤字修正

 2017/9/10 23:01 ブクマ数350users 良い指摘も貰ったので再追記&読み辛い記号は省略して浄書した。>

近親相姦と近親婚の区別

まず、近親間の「性交」と「婚姻」を分けて考える必要がある。

前提の確認として、2017年現在日本には、成人(=18才)した近親間のセックスを取り締まる法律はない。

ただし、13歳未満に対しては例え同意があっても強姦罪強制性交等罪)が構成される。(刑法第177条)

18歳未満であれば、地方自治体が定める青少年保護条例に基づいて規制されうる。(淫行条例

また、3親等以内の近親間は婚姻はできない。(民法第734条)

成人した近親間の合意に基づくセーフセックスなら許容されるか?

たとえ法律的に禁じられていなくとも、現時点では、近親間でセックスすることについて、単純に不快感を感じるから反対するという意見大勢を占めると思われる。

しかし、不快感だけに戻づいて法規制を行うことは、「ゲイ不快から反対する」となんら変わらず、その他の行為にも「利害関係にない他人の心情」という不確かな要件法規制を成しうるため、不快感法律根拠にするのは避けるべきだろう。

規制根拠としては、「年長者が年少者に対して、権力的優位を利用して性交する虐待可能性がある」から禁止という論理展開をとるのが適当だろう。

そして「権力的優位を利用した強制性交」というところまで抽象化すれば、これは何も近親相姦に限らないと気付くはずだ。最近大学教授学生を言いくるめ性的関係を迫る事件が起きた。

慶応大教授女子大生を「洗脳不倫 “先生とだったら世界征服も”週刊新潮 2017年9月14日掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09061659/?all=1

年齢差、年収差、肩書、男女…あらゆる要素で権力勾配は生じうる。相手の弱い立場につけ込み強制的関係を迫るのは近親間に限らない。20歳差以上もある男女や玉の輿と呼ばれる婚姻を訝しむ人は、暗黙的に権力勾配による強制性を疑うのだろう。

かと言って、権力勾配がない平等な男女でなければ性交婚姻できないとするのは現実的ではないように思われる。

生物として長年同棲した人間は互いに性欲を感じない」という意見もある。(ウェスタマーク効果

では、年長・年少の差異(=権力勾配)がない双子が、生まれてすぐ別々に過ごし、互いに成人した後出会ったのちの近親相姦はどうか?

成人した両者が合意の上で、子どもも儲けず血も交わらない安全なセーフセックスをする分には、外部の人間がそれを規制する根拠は乏しいと思われる。

「両性の合意に基づく婚姻」の捉え方

現在日本には同性婚制度が存在しないが、近年の議論として、「同性愛者・両性愛者・性転換者(LGBT)にも同性同士の婚姻を認めるべき」という意見がある。

日本国憲法第24条では、「婚姻は、両性の合意のみ」に基いて成立すると定めている。

ここから(もちろん歴史的な経緯からも)長らく「婚姻とは、男女間の契約であることが含意されている」と認識され、現在同性婚は認められていない。

しかし、この「両性」には男同士・女同士も含まれるとして、LGBTにも婚姻を認めるべきという容認論が出てきた。

アメリカでも同様の議論がなされ、リベラル派は賛成し、宗教保守派は反対している。

保守派は、反対理由として「LGBT間の婚姻が認められるならば、近親婚、複婚(ポリガミー一夫多妻多夫多妻制)、児童性愛ペドフィリア)も認めることになるだろう。」と主張している。

http://www.hrc.org/blog/texas-legislators-argue-same-sex-marriage-leads-to-incest-polygamy-pedophil

まり、「両性」にLGBTが含まれるなら、なぜその「両性」が近親ではダメなのか?なぜ「両性」が2人の関係でなければならないのか?3人でも4人でも彼らが合意すれば外野が口を出す必要はないではないか?相手児童でもいいのではないか?(いやダメである。)という論理だ。

親子ときょうだいの区別

次に、近親の組み合わせが、親子ときょうだいの場合を分ける必要がある。

一般的に、親子ならば、父×娘、母×息子。

きょうだいなら、兄×妹、姉×弟が想定される。

しか最近LGBTを擁護する世論考慮すれば、近親相姦・近親婚においても父×息子、母×娘、兄×弟、姉×妹の組み合わせすら理論上ありえる。

そして、異父母きょうだい×異父母きょうだい、親×連れ子、親×養子、連れ子×連れ子、3親等まで広げれば叔父×姪、叔母×甥、祖父母×……さらにそれらの複婚関係……といった創作の題材になりそうな組み合わせも無限にありえる。

多様性絶対善」なのか?形を変えた優生学批判されないか?

「近親交配しないのは不利な劣性遺伝子顕在させず、生物的な多様性を保持するため」として近親交配に反対する意見がある。

ここで注意したいのは、劣性(潜性)遺伝とは、即、不利な形質を示すわけではない。

もちろんハプスブルク家ロマノフ家の例を出すまでもなく、近親交配によって虚弱体質等の潜性遺伝子顕在することもありえる。

しかし、サラブレッド育成や家畜品種改良に見られるように、近親交配(インブリード)によって、人間が有利と認める形質を顕現させる交配は日常的に行われている。

では、優れた(とされる形質を持つ)人間を顕現させるための手段として近親交配を行うことは許されるのか?

かつて優生学として批判されたのではなかったか

優生学」とは、表層的には「優れた人間人為的に作り出す」を意味するが、もっと抽象化すれば「社会に貢献する人間遺伝子操作で生み出す」ことである。「優れた子を産み、社会へ貢献せよ」という繁殖圧力が埋め込まれている。

同様に、遺伝子多様性を守るべきという立場は、(遺伝多様性を備えた「=優れた」)子どもを儲け、社会に貢献することを暗示的に求めていないか?

「多様な遺伝子(=新たな「優れた人間」の基準)を持つ子を産め」という圧力である

日本の国力を維持するために子どもを2人以上作るべき」という意見は、時代遅れの家父長制として批判されるだろう。

では、この考えを拡張した「人類繁栄遺伝子多様性のために、近親相姦子どもを儲けるべきではない。遺伝子的に遠い組み合わせを選ぶべき」という意見優生学として批判されないのだろうか?

なぜ、見ず知らずの他人社会のために、子ども遺伝子多様性を考え子作りしなければならないのだろう?また、子どもを作らなければならない社会的圧力は、不妊夫婦LGBTカップルにも襲い掛かる。

(※再追記)「遺伝子多様性」についてコメント重要な指摘があった。

要旨としては、「一個体単体での多様性存在しない。遺伝子多様性とは、社会全体で見たときに様々な遺伝子をもった個体がいて、あらゆる環境変化にも社会全体として生き残る可能性のある個体を総体として保持する状態を指す」というものだ。

まさに、そのとおりである

元増田コメント欄 http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170908230300 で、「近親交配は遺伝子多様性を狭める」「『血が濃い』子どもを産むのは多様性に反する」といった反対論がいくつか見受けられた。

似た遺伝子を持つ近親が交配することで生まれ子どもは、その遺伝子一族が持つ因子以外の多種多様な因子を持たず不都合が生じるといった主張だろう。

これを受けて、一族が持つ因子と異なる個体と交配することを「遺伝多様性」と表現した。

だが、「社会全体の遺伝多様性」と捉えなおしても、やはり結論は変わらないだろう。

社会全体の遺伝子多様性考慮せよ」ということであれば、近親交配で生まれた「血の濃い」子どもだろうが、高齢出産で生まれ障害児やダウン症児だろうが、互いに遠い因子を持つ両親からまれた「(元コメントが支持する)多様性を実現した」子どもだろうが、すべてイコールなのである

どんな組み合わせの子もも、何に役に立つかわからないから全て尊いのだ。

酷い貧血で苦しむ鎌状赤血球を持つ個体は、マラリアに耐性を持つ。

「血が濃い」ことによって何らかの潜性遺伝が顕現し生活不自由を生じるかもしれない。だが、それすらも何らかの環境で役立つかもしれないのだ。


カンブリア大爆発で生まれた珍奇な生物は、ほとんどが「失敗作」だったかもしれない。

生物ミクロにおけるあらゆる試みは、現時点で正しいかどうか判断できない。

しかしたら将来、障害児が持つ因子がを生かしておくことが正解だったと判断される時代が来るかもしれない。

ミクロレベルでは、将来どんな因子を持つのが有利なのか判断できないし、そんなことを判断して子孫を作るわけではない。

(※再追記ここまで)


互いに愛し合う両性は、人類遺伝子多様性を守るために子どもを儲けるのではないはずだ。

多様性を善とするならば、近親交配で生まれ子ども多様性一種として認められないのか?

「生まれ子ども可哀想」という意見もあるだろう。

「やーい、インブリード」「お前の母ちゃんふーたり」「淫乱家族」「本能自然の摂理に反している」「相続税が複雑になる」といった差別罵倒を受けるかもしれない。だが、これはLGBTが受けてきた偏見のものである歴史は繰り返す

富裕層節税に使う」といった意見は単なる税制の失敗であり、状況に合わせた税制改正対応すべきであって、税制設計ミスが人々の自由恋愛を拘束してよい理由にはならないだろう。

意図的遺伝子編集は許されるか?

近年、CRISPR/Cas9の登場で、生物遺伝子を直接改変する「ゲノム編集」が技術的に可能になってきた。

まるでタトゥーを彫るごとく、遺伝子編集し、発現する特質コントロールする時代がいずれ訪れる。

多様性が善」ならば、各人が好き勝手自分遺伝子編集することは許容されるのか?

自分の子希望通りに設計する「デザイナーベビー」もいずれ可能になるだろう。

果たしてデザイナーベビー子どもに対する人権侵害なのか。アメリカ宗教保守派は、受精卵にも人権は生じると主張する。だが、精子卵子状態から設計」し始めたらどうなるのだろう?

予め遺伝子由来の病気が顕現することが分かっていて、予防的にゲノム編集による遺伝子治療を施すこととの線引きはどうするのか?

また、近親交配に反対する理由として挙げられていた、生活上不利な劣性(潜性)遺伝子の発現を抑えることができるのならば、近親交配は許容されるのか?

「近親交配で生まれた『失敗した』子どもは間引かれる」という意見もある。だが、遺伝子治療によって間引く必要がなくなったらどうなるのだろう?

女性を交換財産としていた時代の名残

文化人類学観点から近親婚に反対する意見がある。

「女は、他の家に嫁がせ血族ネットワークを拡大し一族繁栄を図るための道具」という認識から、女は他の一族に対するプレゼントとして考えられていた時代があった。

まり、「身内で女を消費するな。嫁入り前の性交大事な贈答物が『キズモノ』になる」から近親相姦を禁じる論理だ。

これも現在では、前時代的家父長制と批判されないだろうか?

婚前交渉を『キズモノ』となじる貞操観念も、もはや薄れつつある。

そもそも婚姻」の意味が変容しつつある

何のために婚姻をしていたのか?

家督」を守り繋げるため?

子どもを育てるため?

相続上の利益を守るため?

家族になったという感情的な満足を得るため?

婚姻制度形骸化し、婚外子一般化しているフランス北欧では、事実上多夫多妻制度に移りつつある。

皮肉なことに、女性は一度子どもを儲けると長期間にわたって身体不自由が続くため、自由恋愛事実婚社会では一夫多妻に近い形態をとる。(奥さんが子育てをしている間に、男が他の女に会うなんてスキャンダル最近もあったね。)

一人の恋愛強者男性精子バラまき、多くの女性子どもを産ませる。恋愛弱者遺伝子は途絶える。(安心したまえ、恋愛強者の子ども達は社会全体とキミの税金でしっかり育てるから。)

まり一夫多妻制の基では、社会遺伝子プール多様性を減らす方向に働く。

これは、社会遺伝子多様性を守るために規制されるべきだろうか?

自分の頭の整理のために書き散らしたので、結論はない。

※「気持ち悪い」「素直に近親相姦したいだけって言え」⇒つまりフィクションお姉ちゃん最高!飯田ぽち。先生の「姉なるもの」好評連載中!

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM09000031010000_68/

相手クトゥルフ神だったらいいよね!自然に反したおかし衝動創作物で紛らわそう!

2017-09-07

anond:20170907111253

でた。

主語デカイことそれ自体問題だと思ってるやつ。

主語がでかくても、いいたいことが当てはまってれば問題ない。

そいつらみんな死ね

って思ってるなら、主語デカ問題は発生してない。

問題になるのは「女は感情的理屈が無い」みたいな、全体に当てはまるとは限らない場合

男のここが嫌い

女よりメンタル弱いくせにプライドは高いんでしょ

からちょうどいい接待みたいな対応してあげないといけないんでしょ

でも熟女趣味じゃない人は彼女に母を求めてないんでしょ

女の感情的なのとかヒステリーがうざいってよく聞くから合理的淡々と話をしたら冷たいって言われちゃうでしょ

もうめんどくさいで候

2017-09-05

何かを批判すると、「じゃあ、お前はできるのか」と言ってくる人につ

子供時代にはよく以下のような会話をした

「ここはこういう風にした方がよかった」

「お前はできない癖に」

「.....(何かおかしくね)」

このように言い返す人達根本にあるのは

できない奴は、'良い点悪い点が分からないはずだ'、ということと

なんかムカつく、ということだろうか。

一つ目の変なところ

例えば、美術評論家が絵がうまいのか?と考えれば、必ずしもそうではなく

逆に、一流の画家が一流の批評家かというと、必ずしもそうではないような

二つ目の、ムカつくことがおかしいところ

今の状況は、もっと良いものを目指して、改善点を言っても

批判されたのでムカつくから意見を耳には入れない

ってことで、改良っていう最初目的が遂げられてないですよね。

これってよく日本人(アジア人?)が欧米人と違うところと言われると思うんですが、

感情が入ってしまって議論ができないってことですよね

確かに、自分にとって都合の悪い意見を聞くのは耳が痛いのはよく分かる。

自分の悪いところや、見落としていたことを指摘されたり、好きなアイドル週刊誌に撮られたりすることには

耳をふさぎたくなる、そして感情的になり、客観的思考ができなくなることはよくあるでしょう。

幸か不幸か、インターネット世界では、自分が知りたいことをピンポイントで探すことができます

まり自分に都合の悪いことには耳をふさぐことができるのです。

検索エンジンを使い、自分の耳に心地いい意見だけを拾い上げ、

そして、都合の悪い意見は初めから無かったことにできる。

これでいいんですか?

対立軸

あくまでもアメリカ北朝鮮ブレインストーミングしてみると、

アメリカ北朝鮮
二大政党制一党独裁
感情的(※トランプ政権限定理性的
多数派少数派
多民族国家単一民族国家
金持ち貧乏
戦争を望んでいない好戦的
現実志向正論志向
資本主義共産主義
世界中コネあり世界孤立
コネ主義実力主義
日本のケツモチ中国がケツモチ
情報公開主義秘密主義
浪費好き節約第一
覇権零細弱小国
リソース豊富リソース貧弱
国民幸福第一国民無視
キリスト教が主(プロテスタント清教徒キリスト教ローマ・カトリックバチカンイエズス会?)だけ例外的許可
身内を粛清(※トランプ政権限定身内を粛清
言論封殺(※トランプ政権限定言論封殺
極端(※トランプ政権限定極端(金正恩政権

細かく掘り下げると非常に対称的のように見えて、似たもの同士

北朝鮮大日本帝国の生き写しであるという見方もある

掘り下げるとまだまだあるかも知れませんが・・・

全ての人間の根源的な欲求生存

両方の陣営が持つ要素はどちらも重要

もうちょいバランス良く偏らないものですかね

理想的バランスが取れれば、どちらも理想的な国になるのですが・・・

2017-09-04

[] #35-3「非人道的な寛容」

「ミミセン、あえて頭の悪い表現で言ってやる。お前は、自分悪者になるのが嫌なんだ」

「そんなことは……いや、そうかもしれない

ミミセンはしゃらくさい子だが、こういう所は妙に素直だ。

今回はそれを利用させてもらうことにした。

「それがダメだとは言わない。人間は大なり小なり、醜い部分を心の中に隠し持っている。なぜ隠して生きていこうとするか分かるか?」

「えーと……社会に順応するため」

また随分としゃらくさい言い方をするなあ。

「まあ、そうだ。だが自分の心が醜いからと目をそむけて、良い人間でいようとしても精神が磨耗するだけだ」

「その実感はあるけど、だったらどうするの。あの人みたいに怒鳴り散らせばいいの?」

「そうじゃない。だがな、ミミセン。心の中だけでなら、お前を咎める者はお前以外に誰もいないんだ。お前はもっと自分の中にある邪悪さと向き合うべきだ」

俺がミミセンに説けるような、具体的な答えは持ち合わせていない。

だが、良い人間でいようとすることは決して万能ではない、と説明するくらいは出来る。

「そうか……そうだったんだ。綺麗なところも、醜いところも含めて僕なんだ。僕の心は僕のものだ! ありがとう、マスダの兄ちゃん!」

本当にミミセンは賢いやつだな。

俺の意図するところさえ超えて、勝手にいい感じの解釈をしてくれる。


それから数日後、ミミセンはまるで憑き物が落ちたかのように穏やかな表情をしていた。

「どうしたミミセン。随分と調子がよさそうじゃないか騒音問題解決したのか?」

「まあ、解決ってほどではないけどね。今でも耳栓必要だし。でも前みたいに心を乱されることはなくなったよ」

「聞きたいものだな」

ちょっとした心境の変化。認識の変化さ」

「それを具体的に聞きたいんだが」

「この前、言ってただろ。『心の中だけでなら、お前を咎める者はお前以外に誰もいないんだ』って。説明してしまったら意味がなくなる」

「確かに言ったが、俺がお前を咎めないなら問題はないだろ?」

根負けしたのか、バツが悪そうにミミセンは呟いた。

「……赤ん坊は人じゃない」

「……はあん?」

理解が追いつかず、素っ頓狂な反応をしてしまう。

「だから赤ん坊を人だと思わないようにしたんだ。同じ人間だと思って、対話理解してもらうことが可能だとどこかでアテにしているから、自分ではどうにもならないことにまで嫌悪感が増す」

また随分と開き直ったな。

俺のアドバイス関係しているとはいえ、正直ちょっとヒいた。

「じゃあ、赤ん坊の泣き声に怒り狂う人の罵声は?」

「あれだって同じ人間じゃない。感情的で、理屈が通じない。赤ん坊と一緒さ」

なるほど、そうきたか

一応、話の筋は通っている。

「難しく考える必要はなかったんだ。何が好きで、何が嫌いで、何が良くて、何が悪いと思うかが重要なんじゃない。ただ“そういうもの”として受け流す。それが本当の寛容さだって気づいたんだ」

こうしてミミセンの嫌いな雑音ランキングは大きく変動した。

それは赤ん坊を泣き止ませることでもない。

赤ん坊の泣き声に怒り狂う者に、寛容さを説くことでもない。

根本的な解決をしたというわけでもない。

ただただ受け流すことだった。

ミミセンは、それを人を人とは思わないことで達成したのだ。

勿論それは褒められるような考え方ではないが、その実ミミセンは誰も脅かさず、極めて平穏対処したのである

「マスダの兄ちゃん、僕は悪い子だよね……」

「ああ、そうだな悪い子だ。だが、悪いことはしていない」

(おわり)

2017-09-03

https://anond.hatelabo.jp/20170903151723

女叩きの正体が、

断片的な情報から感情的判断を下してしまい、その感情が解消するまではどんな理屈でも怒りを止めることができない。

という動物的な性質を嫌ってのことだとしたら、まあ救いようがないとは思う。

こういう性質男性にも(とくに高齢男性)見られるけれど、ホルモンの影響が顕著に出やすいのは女性からねぇ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん