「感情的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感情的とは

2019-04-23

anond:20190423143746

男らしさにも女らしさにも好まれものと好まれないものがあるだろ。

まれる男らしさとは、決断力がある、力持ち、潔い、おおらか、我慢強い等々。

まれる女らしさとは、優しい、感情表現が豊か、細やか、寛容、無難等々。

まれない男らしさは、暴力的、鈍感等々。

まれない女らしさは、感情的嫉妬深い、細かい等々。

一長一短。

2019-04-22

技師によるラジハ3話感想

・診断がザルすぎてやばい世間病院もっとしっかりしてる。

検査で異常影が認められた時、医者に報告することはあっても「追加検査をさせてください」とは言えない。

・情に訴えても無駄。というか癌が見つかろうが技師感情的にならない。

・たまきが劇中で撮影しようとしていたのは、ほぼ間違いなく膝関節。

・たまきはなぜ自分エコーをやらなかったのか。

時間外に技師好奇心特定患者撮影することはない。

・ただし、自身体調不良があるときセルフ検査はおこなうことがある(違法である)。

大阪都構想を実現するのは「掃除」かもしれない話

2015年5月大阪都構想住民投票が行われた。

結果:

賛成:694,844票(得票率:49.6%)

反対:705,585票(得票率:50.4%)

この結果になったのは、結局、理屈じゃなくて感情だったのだと思う。

ふんわりと反対した人の理由・・・

住所の名前が変わるのが嫌だ(特に湾岸区が不評)

別に今のままで困ったことはない

区役所が遠くなるのはいやだ

上西小百合けしからん

(→個人的には上西小百合の件がなければ賛成多数になっていたと思う)


大阪維新の会ができて様々な改革が行われた結果、大阪の街は変わってきた。

街がきれいになってきたし活気もでてきた。役所改革を行って子育て世代にも投資を行うようになった。高校無償化中学3年まで医療費を実質無料、小中学校へのクーラーの設置、中学への給食実施などだ。


この結果、大阪維新の会の子育て世代から支持率はとても高い。

大阪維新の会は、選挙期間中以外でもタウンミーティングを数多く開催して大阪都構想への理解を深める活動を続けている。ホームページSNSでも他の政党に比べて格段にわかやす説明している。


から大阪維新の会は、地元大阪での選挙はとても強い。

よく東京メディア維新の人気をポピュリズムとか言っているが、全く違う。

他の政党と比べ物にならないくらい、地道な活動選挙期間以外も積み重ねている結果なのだ


今回の大阪市長・知事ダブル選挙でも維新支持層候補者への投票率はすごく高い。

でも、意外に「支持政党なし」の人からの得票率は高くない。

https://twitter.com/hikanorerere/status/1114901876758081536


大阪維新の会は、タウンミーティング街頭演説で丁寧に大阪都構想説明を積み重ねている。大阪の街も活気が出てきて支持も高まっている。

次に住民投票をしてら可決されると思いがちだが、住民投票は「賛成」か「反対」の2択だけだ。そこが普通選挙とは違う。

大阪市内の有権者大阪都構想理屈理解して賛同している人はたぶん約50万票、強固に反対する人は約40万票ぐらいだと思う。市長選投票率ぐらいならこれで賛成多数となるが、住民投票投票率が上がる。残りの50万票は、そんなに深く考えずに感覚感情投票している層だ。

反対派が、いろいろアピールすると感情的に「今のままでいいか・・・」というふうになる人が増えてくる。


じゃあどうすればいいのか?。

今の大阪維新の会理論理屈が先行しすぎだ。

これは創立者の橋下氏の影響が大きのかもしれない。

本当に大阪都構想を成立させたいのであれば、感情も動かさないといけない。

感情を動かすにはどうするのか?


それは「掃除」だ。

タウンミーティング街頭演説する時に、ゴミ袋とゴミばさみをもって付近掃除するのだ。

大阪はいまだに全国での犯罪発生率ワーストワンである

京都神戸に比べても、明らかに街の中に落ちているゴミが多い。

街がきれいになっていけば犯罪発生率自然と低下していくはずだ。

から街頭演説タウンミーティングの時に、必ずゴミ掃除をしてする。

大阪の街をキレイにして犯罪ワーストワンを返上しよう!」というキャッチフレーズを叫んでいる。

こういうことを積み重ねていけば、理屈ではなく、「あんゴミ掃除している人の言うことだから信用できる」と感情が動くことになる。

なんで、こんなことを感じたかというと、この前、居酒屋で隣におっさん2人組がいた。

「昔の天王寺公園青空カラオケとかあって大阪しかった。今の天王寺公園キレイすぎて味気ない」という話をしていた。

理屈でいったら10年前の汚くて治安も良くなかった天王寺公園より、今のキレイな方が良いに決まっている。でも人は理屈だけではないのだ。

こういった、過去哀愁を感じる高齢者層を動かすのに、今の理屈で攻める方策では難しい。若年層・子育て世代には今の戦略でいいだろうが、高齢者投票行動を変えるには感情しかない。

から掃除」で感情を変えるのだ。

この文章大阪維新の会の方に届くことを願う。

2019-04-20

女に混ざらない女の話で職場の某女性を思い出した

ショートカットにさばけた態度、いつもパンツスタイル、きっと彼女自分では 男性的な性格だと自認していることだろう

が、真逆

とても女らしい、悪い意味

狭い仲間意識陰湿な陰口、とても感情的で気分で当たり散らす、不満があるとギャアギャアと喚く

それも彼女脳内ではフランク男性的な振る舞いと変換されるのだろうか

2019-04-19

普段仲が良くても、揉めると全力で相手否定しに来る人の特徴

過去にそういうタイプ人達複数したことがあって、彼らには似た傾向があるように感じたのでメモ

ちなみにその人達は、自分と二人きりでいる時は仲が良いのに、みんなの前では自分小馬鹿にしてくるタイプあくま小馬鹿から、言われたら嫌だけど、場の雰囲気を壊したくて自分我慢してきた。でもそれがずっーと続いて、内心は相手に対する不満がどんどん蓄積されてた。

で、いつもみんなの前で小馬鹿にされるので、ごくたまに、後で二人きりになった時に「そういうのは嫌だからやめてほしい」と俺から伝えることがある。

相手名前を仮に「A」過去複数いたので正確にはA達)とする。

Aから言われることは大体同じで、大別すると以下に別れる。

●1.相手感情無視する

俺が「そういうのって失礼じゃん。不快だ」と指摘しても、Aは「別に失礼じゃない。不快に思うほうがおかしい」とか返してくる

●2.議論に触れず、「お前だって~じゃないか」と相手を責める方向で話をそらしてくる

友達なら互いに迷惑かけることはある。過去に俺がAから問題を指摘された時は、Aに謝罪したり改善したりその言葉に向き合ってきた。

でもAはまったく自分を振り返ろうとはせず、いつも俺を責める話にすりかえようとする。

●3.議論に触れず、相手の態度を攻撃しだす

こちらが怒りを含めた口調になると、「そんなに感情的になるならもう話すのはやめる」と返してくる。怒るのは良くなかったなと、こちらが反省して冷静に話を再開すると、今度は「上から目線で言われてるみたいでムカつくから話したくない」と言ってくる。

●4.極端な話をしだす

俺の指摘に対して「なに?じゃあ友達やめればいいの?」とか返してくる。こちらがそういうわけではないと言うと「じゃあどういうことなの」と聞いてきて、こちらが真剣に応えれば応えるほど、どんどん本筋とそれた会話になる

俺の望みは単純で、こちらが嫌がることをやめてほしいだけ。

それなのに、その希望を表明するだけで、上記のように泥沼のような会話展開になる。

別に100%改善しろとか言ってるわけではない。

俺はAから「悪かった」とか「これから気をつける」とか言われるだけで、俺はきっと救われる。

でもAからはそうした言葉はないので、ずっと普段は仲良くしつつも、

俺はみんなの前で小馬鹿にされて、たまに怒って上記1~4の話を繰り返すことになる。

Aは普段はいいやつなので、ずっと仲良くしたいと思ってきた。

ももういい加減に疲れてきた。もう無理なのかも。

2019-04-18

anond:20190418224756

フェミは「女・子供達の為」に「エロ表現ゾーニングor規制」を求める

これが全くの偽りじゃん。

自分のため」でしかない。

子供の為というなら証明できるはずだ。

それも出来ず、基準根拠もなく人権無視して喚くそれこそが「エゴイスティック反社会的意見」。

エロ表現を垂れ流す自由」?違うね。ただの基本的人権だ。

てかさ、お気持ち大事に」というなら、オタク表現者、流通関係者お気持ち大事しろよ。

自分らのお気持ちだけ押し付け相手お気持ち殺そうとしてるのに、なんで自分らの方だけ尊重されると思ってるの?

感情的反論」?バカ言っちゃいけない。こちらは基本的人権に則った原則論で充分なのだ


表現自由戦士達にできることは徹底して世間の目につかない場所に引きこもること

本屋コンビニや街のポスターなどの公共空間に「萌え」を出さないことだ

表現自由自殺ですね。「戦って」ない。お断りします

オタクには隠れる理由規制される理由もない。

基本的人権を自ら捨てたりしない。

嫌なら見るな

表現の自由戦士フェミに勝てない

表現の自由戦士は「俺達の為」に「エロ表現を垂れ流す自由」を求める

フェミは「女・子供達の為」に「エロ表現ゾーニングor規制」を求める

常識があれば一見してどちらがエゴイスティック反社会的意見かは一目瞭然なはずだ

表現の自由戦士フェミのことを「お気持ちヤクザ」などと揶揄しているけれど

裁判でもなんでも、結局は人間心証によって物事は動いているのだよ

本気でフェミに勝ちたいのならお気持ちバカにしてはいけない

感情的反論すればするほどポイズン・ウェルによって返り討ちにされるから

表現の自由戦士達にできることは徹底して世間の目につかない場所に引きこもること

本屋コンビニや街のポスターなどの公共空間に「萌え」を出さないことだ

そこまで配慮してやっとフェミと対等に戦うことができる

北風と太陽を教訓にしろ

2019-04-15

創作物に対してキレる人たち

創作物に対してキレる人達がいる

例えばキャラクタータバコポイ捨てをした時に、マナーという点からキレるような

でもそれは創作物だ、現実ではない、キレるのはおかし

 

不思議なことに、マナーに対してキレる人が、凶悪犯罪を犯した犯人キャラクターに対しては冷静だったりする

創作物からそこでキレる必要はないんだが、これでは整合性が取れない

 

結局の所、キレる因子というのはどれだけ身近な出来事で、想像できるかどうかにかかっている

事象と人の距離によって反応が変わる。「感情距離依存」とでも言おうか

こういう話の研究はあまりいたことがない

 

この現象は色んな所で見かける

例えば、犯人被害者が居た時に、被害者側の危機管理を叩くという不思議なケースが存在する

これも、叩いている人にとっては被害者側の方が距離が近いから起きることだ

犯人は遠いから、その人がどれだけ凶悪犯でも「怖い」とは思っても「叩く」に至りにくい

 

何かの事件(例えば人が死ぬような)が、知人に起きた場合日本で起きた場合海外で起きた場合イメージして欲しい

その際にまったくリアクションは変わってしまうはずだ

海外で起きた殺人事件に対して、若干茶化したところで炎上はしないが、国内だと炎上してしま

 

ある人にとって遠い出来事適当に茶化したら、近い人がキレるという現象もある

特に性別国籍など、属性に関わるもので起こりがちだ

 

人間感情距離によって変わるとしたら

変な話、好きな創作物の中の出来事と、海外出来事だと、創作物の中のほうがより「現実」であったりする

だとすれば、無自覚距離感のみによって感情を動かされている人と言うのは現実創作の境い目が曖昧なのかもしれない

まあ、インターネットニュースで起きてることなんて、ほとんどの人にとっては創作のようなもの

しかしそれによって、身近な人を傷つけている可能性があるというのも事実だと思う

 

あと、キレている対象炎上している対象が一番悪いものかと言えばそれはNOだと言える

その出来事大衆が「より身近に感じられる」からキレているわけで、だとしたらもっと闇が深いもの別に存在するだろう

荒れてるからと言って悪い状態とは限らない、ただし感情的な人にとっては由々しき出来事なのだろう

 

まとまりが無くなった、これ15年くらい前から考えてるんだけど、そのうちどこかにまとめたい

2019-04-14

理性的に話ができる元請け中国人社員

感情的に喚きパワハラ紛いの発言をする自社の日本人上司

人間的にも給与的にも前者が上だな

大手日本人としてもレベル高い会社中国人正社員で入ってる時点でめちゃくちゃ優秀なんだろうな

「お」と「を」の違いを口頭でどう説明する?

紙とか使って説明するなら書けばいいので誤解はありえない。

問題は口頭で説明するとき

おれは

重い「を」と軽い「お」

説明する。

そしてこれはどうやら栃木県民にしか通じないらしい。

東京にきて10年目にして知った衝撃だった。

他の人にきくと、

「を」は「うぉ」、「お」は「お」

発音することで呼び分けてるらしい。

おれにとっては

「を」も「お」も「お」

なのだ違和感しかない。

追記

思ったよりも伸びて焦った。

そしてたくさんの「お」と「を」をありがとう

重い「を」と軽い「お」がおれの30年の人生絶対基準たった。

「を」に「うぉ(wo)」なんて発音存在することは衝撃だった。

そしてこれを知った今でもいおれはそんな発音できないし、重い「を」と軽い「お」は子どもにも伝えるだろう。

これはおれの譲れない価値観だ。

でも、こんなにも多くの人の「お」と「を」に出会えたのはすごく嬉しい。

おれは意見とか価値観多様性があることはどんなことでもとてもいいことだと思ってる。

そしてその意見をぶつけ合って議論すべきだし、その議論される場所があることは本当によいことだし、批判もどんどんすべきだと思う。

からおれはツイッターかぶコメが好きだ。

ただ、それは前提としてお互いに理解し合う姿勢がなきゃダメだと思う。

おれは「うぉ(wo)」とは発音しないけど、君が「うぉ(wo)」と言うのは(なんか嫌だけど)尊重するってことだ。

色んな意見があっていいんだよ。

常識」とか「一般的」とかい言葉で少数を見捨てたり、ロジック正義と言わんばかりに正論振りかざしてねじ伏せたり、(被害者でもないのに)被害者ぶって感情的に争ってはダメだ。

議論して、批判し、時には否定だってあっていいかもしれない。

でも最後相手意見価値観を腹落ちしなくても認め、存在を許容する。

対立意見を許さない、存在を消そうとする、自分と同じ意見に変えてやらないと気が済まないというのはもう最悪。戦争のもと。

もう一回いうけど、お互いを理解し合う姿勢を前提に、自分価値観意見に自信を持って主張していきたい。恥ずかしいことは何もない。時には否定されてもいいと思う。

LGBTフェミニズムポリコレ東大祝辞批判とか、レイプ無罪判決批判とか、みんな「お」と「を」の複雑なバージョンだと思ってみて。

ほら、重い話が軽い話に感じるだろう。

2019-04-13

楠本まきインタビュー記事炎上した本当の理由

読み直すと1章目はいいことを言っていた。「漫画偏見助長してはいけない」と。

問題は2章目でこのあたりから調子に乗ってくる。まず「ガイドライン」という言葉ヤバイ雰囲気を感じさせる。タバコ規制の件に反対していたという話と合わせれば皮肉だという見方もあるが、大ベテラン漫画家として言葉の選び方が不用意であったとしか言いようがない。編集者漫画家の話し合いでバイアス表現を考え直すというだけにすべきだった。


だが、本当にまずいのはこの後。ここが多くの人を怒らせた。

サンデーを読んでいたが、少年漫画誌に出てくる女性キャラクターには性格意志がない」と。

名探偵コナンなんかには若干批判余地もあるが、サンデーの顔といえば高橋留美子先生あだち充先生。その女性キャラクターに「性格意志がない」なんていうのは暴言まりない。藤田和日郎先生だってそんなこと言われたら怒るだろう。もし言うとしても少年漫画への偏見に頼らず、具体的な事例を上げて堂々と批判すべきである

元々はより現代少女に即した表現を求める建設的な話だったのに、ただの男性側ディスに堕したのは残念である


この段で感情的になった人たちが、先のガイドラインに猛烈な批判を加えたという要素もあると思う。楠本まき先生あるいは記事編集サンデー作家陣に謝罪するか、発言について主語を大きくし過ぎたと訂正すべきである

氷河期世代への就労支援やるよって記事叩かれてるけど

何が気に食わないんだ?

はてなでも前々から生活保護費用の増加とか言われてて、金の件でやっと重い腰上げたんじゃん。

流石に遅言ってのは分かるけど、過去に戻れない以上、愚痴しかないし。

あと生活保護受給への規制をかけるなんて一言も書いてないのに、そう言う風に読んでる奴多すぎる。勝手感情読んで(決めつけて)勝手に怒るの流行ってんの?


やっぱ、はてなのやつは文盲タイトルしか読めないで、感情的なコメントしかかけないんかな。

2019-04-12

上司に追い出された

上司に追い出しをされた結果、とあるIT企業休職して1年近くになる。

個人的に色々思うことがあるので、増田名物の社名リークはしない)

なんども不幸なコミュニケーション上の事故だったと思って反省をしたが、何度考えても、経緯と結果のどちらに軸を置いて判断しても追い出されたという結論しかならない。自分の言行を過度に暴力的であったと仮定して、自分から見た事実の一切を全て自分に都合の悪いように解釈してようやく不幸な事故だったと結論するしかできない。

予め断りを入れておくが、本件は関係する人によって全く異なった見方になるだろうのは間違いない。人によっては、自分が以下で述べる内容について「よくもいけしゃあしゃあ厚顔無恥言葉を述べるものだ」と思うだろう。しかし、私は私としてこのように感じた、という趣旨で書く。なにせ1年以上前ことなので記憶曖昧なので、細部について自分に都合のいいように誇張が入っている点はご容赦願いたい。

経緯

事の起こりははっきりしていないが、休職する1年以上前

当時、自分と当時の直接のチームリーダーにして上司(Aさん)は同じプロジェクトに取り組むことになっていた。

しかし、

などがあり、あまりにもこれは酷いと人事方面に上訴し、自分7月からは当時のサブリーダーのBさんの下に入ることになったものの、最終的なレポートライン上にはAさんは存在したままだった。

また、Aさんは常に新規商材の開発・開拓希望していたが、自分オペレーションの整理が主業務であり、観点の違いか意見対立することが多々あった。その過程で、自分も非常に強い意見を言ってしまたことに関しては後述の点から後悔している。しかし、少なくとも自分と若干名のチームメンバーとの後に話した認識では、正論ではあるもの言葉遣いについて問題があるようなケースはそれほど多くなかったと聞いている。

他にも

などなど推挙に暇がないが、会社的にはもはや自分は一切の弁明を許されていない模様であったことと、言った結果として何かが覆ることは一切ないのと、言っても無駄しか思えなくなったために言っていないことも多い。何より思い出すだけで心理状況が本当に沈んでしまうので心底厳しいものがある。

その後、特に私に対しては明確な注意も仲裁もないままに半年以上が経過した。

結果

  • 私が元々の事業から異動することになった
    • Aさんが体調を崩し、二度と戻ってこれないかもしれない以上、懲罰として異動させざるを得ないとの説明付きで。
    • 異動先には私の椅子はなく、そこで求められたのはいわゆる「仕事を探す仕事」であった。
    • 懲罰人事であったので、私には一切の弁明の機会はなかった。人事との面談中、私が発言した記憶にない「私の発言」を幾つも聞かされた
  • 二度と戻ってこれないはずのAさんは、私の異動した1週間後に意気揚々と復帰してきた。その後も意気揚々キャリアを歩んでいるらしい
  • 私は、異動後、精神的な不調に苛まれるようになり、休職することに。思考力も言語機能も一時期全てがダウンし、寝て起きる以外で1日を過ごすことができなかった

結果に着目した場合、(健康面に関しては、期間の有無が重篤度合いを示す訳ではないので、このような言い方は非常に慎重を期するが)Aさんに健康面を理由に罪をなすりつけられて追い出されたなとしか思えない。

経緯に着目した場合そもそも一度人事的な抗議を行ったものの、私は終ぞAさんの手駒から離れることはできなかった。結局はどう頑張っても対立軸にしかなかった上、私の言行に問題があるとしても、それについて一切の仲裁も何もなく「いざ問題が起きたので異動させます」というのは、異動が確定するまで泳がされたという印象しかない。

反省

何点かある

  • 問題を早期に上司上司に上訴しなかったこと. 理由は色々あるのだけれども,一番は上訴した結果,自分が悪いことにされて追い出されるのではないかというのが怖かったのが一番大きい。
    • 何れにせよ結果的には追い出されたので, 早めに上訴した方が相互の傷は浅かったはずだ。
  • 相手に言質を与えるような言動をしてしまたこと。自分過去感情的発言が色々な人を不本意ながら傷つけてしまった事は結果として非常に良くなかった。これについて不快な思いをした各位にはお詫びしたい
    • 同時に、それは自分を追い落とそうとする人々に対して格好の餌を与える結果にしかならず、自分にとっても不利益を被るものしかなかった。

今後

正直、体調・復職ともに戻れるかはわからない。

戻ったところで、自分は「人を追い込んだ上に自爆して、会社の籍だけ貪る」悪人という評価のままなだろう。

そしてAさんは順調に出世を続けている。今後、Aさんが会社の中では正義であり続けるのだろう。

自分はどうだろうか。戻ったところで、どのような椅子が渡されるのかはわからないし、同僚と話すのが怖い。同僚に何を話しても「お前がこの意見に反対したことで、私の人格否定された思いだ」などと言われてしまえば、また懲罰が下ることになると思うと、もう何も言えるとは思えない。そもそも自分が取り組んでいた仕事も全て追い出しの前後キャンセルさせられた。もう何かが残っているとは思えない。

諦めて辞めるべきなのかもしれないが、しかし、転職先を考えるほどの気力はない。

anond:20190412140642

じゃあその可能性を自分で追求したらいいじゃん、増田以外で

感情的かまってちゃん主題違いスレに繰り広げ始めたのはおまえのほうですよ

恥知らず

2019-04-11

部下がいる人教えて

フミコフミオさんの記事はてなトップに出てて我が身を思い出しモヤモヤしている

少し前にメンタル病気をして、その影響で机の上が結構散らかってた

で、直属の上司に何回か遠回しに注意されたんだがどうすることも出来ず、結構怒りを買ったっぽい

症状が緩和して机の上が片付いた今でも冷遇されてる(他にもちょこちょこあったけど主な原因は上記みたい)

迷惑かけたことは申し訳ないと思ってるが、自分仕事で(ましてや机の整頓のことで)、かつ病気人間にそこまで感情的になる意味がわからなくて困ってる

こういうときどうしたらいいのかな

前は割と好きだったし辛い

anond:20190411162705

少なくとも多くの国で安全性確認されていて、多くのひとが利用しているものを「怖い」だの何だの言って感情的忌避してるの、対策取る気がないのとほぼ同義なんだからそのまま無限に苦しんで死ねよって感じ。

anond:20190410180012

嫌なら見るな、は「感情的に"嫌"だというなら、見なければいい」

批判するならちゃんと見ろ、は「きちんと見て、理解したうえで批判せよ(感情論邪魔)」

どちらも私的感情に基づく否定建設的でないから場に持ち込むな、という事で矛盾してないじゃん。

2019-04-10

anond:20190410171528

そうでない理由はないでしょう。その可能性に委員会は賭けたんです。

よくご存じですね。委員会の人ですか?

医者に出来ないことはありますが、医者行くのやめたら健康になる可能性に賭ける、という主張に合理性はありません。

よくできたアニメ、よくできた物語は、ある程度人の心を動かす力があります。それで足りないと思うなら、それ以外の方法論を捜すことはできますが、「単にテーマ追求をやめる」ことには意味がないです。

作品のゴールが、売上やエンタメ作劇論でいう面白さ以外にあるとしたら、けもフレ2が失敗だったのかさえまだ判断できないでしょう。

私は前に「商業作品なのだからファンへの悪意で作品を作るわけはないだろう」と主張しました。

もし、けもフレスタッフ商業以外の目的のために、エンタメ基本的面白さ、そこから来る売り上げを捨ててるというのなら、彼等は要するに、商業的な基準で動いてないわけです。だとすると、彼らが一期および一期ファンへの悪意で作ってるという推測も同程度に合理的ということになります

他の目的もあるけど、商業的な目的も重視してる、というのなら、商業的な面では失敗ですね。

すいません。アイデアの語を選んだのが誤解を招きました。「一般的な作劇として...そこに意味を持たせるわけです。キュルルが人類の罪深さを知って、それを贖罪しようとするとか」について言ったつもりです。

「とか」と書いた通り、キュルルが贖罪する必要はないのです。意味を持たせろと言っています

俺も生死は問題視していません。けもフレ2作劇の方向性がみてとれる判断材料として取り上げたつもりです。

なるほど。それはそれとして、ビーストの生死を隠す作劇のために、キュルルを薄情に見せたら、作品評価が下がるという点は変わりません。

そうでしょうか。意思のない怪獣が大暴れするとか… 観念的な代理役がアクションを行う作品はあると思います

お話の流れ的にはキュルルの「解りあえなかったとしても、解ろうとするのは別にいいじゃん」から来てるのに、全然解り合おうとする様子も、解り合った様子もないところが、まず肩すかしです。

次に怪獣人格がない場合は、「家族怪獣のせいで失って復讐鬼となった男」とか「怪獣によって故郷を失った人々」とか、そういった感情移入要素を起きますビースト場合特に何とも誰とも繋がってないので、感情移入が、ほとんど、できません。

必要がある”とまで言える理由がありますか。俺のようなネット考察班が表立って声を上げにくいのは、養護即悪の空気があるからです。

必要」と書いたのは書きすぎかもしれませんね。初見面白くないと感じる作品の、考察は、されにくく、されても特に人気に繋がらない、と、訂正します。

不快感を与える行動をしたヤツが酷い目に遭うのが気持ちいいわけです。

違います。「酷い目にあって当然だ、と、思えるキャラが酷い目に遭う」のが気持ちいいのです。「酷い目に遭って当然だ」と思えるのは、悪いやつ、嫌いなやつだったり、悪いことに対して責任があるキャラクターです。

不快感を与える行動をしたとしても、そいつ責任がないと同情できるキャラは、酷い目にあってほしくありません。

より細かい話をすると、そいつに全く責任がなくても、あまりにも疫病神キャラに対して「酷い目に遭ってほしい」と思う場合もありますが、そういう場合は、そのキャラ自体が嫌いになっています

ところでキュルルちゃん評価下落はある程度は、けものフレンズ全体として問題ないのではないでしょうか。売りたいのはサーバルカラカル・ペパプといった動物擬人化キャラクターでしょう。人気アンケートをやったらけもフレ2が生み出したイエイヌは、かばちゃんサーバルと二位を争えるレベルの人気になるのでは。

前にも述べましたが、主人公キャラ不快感を感じると、作品全体の評価が下がるんですよ。またイエイヌ相対的に人気が出たでしょうが、「イエイヌは好きだが、けもフレ2という作品は嫌い」という人は、イエイヌグッズとかを買う可能性が低いので、ダメです。

区別がつかないのはそのとおりだと思いますしかしもともとのお話は”悪意”かもしれないが”無能説明がつく”だったでしょう。どちらでもあり得るわけです。「いい加減な脚本ではない」と説得はできませんが、「現実的な厳しさを描いた」で説明可能と申し上げています視聴者の悪意説を推していますが、確かに、退屈だったから説にも説得力を感じました。実態は両方なのかもしれません。

ですから現実の厳しさを描く」ために、わざわざ伏線放棄してつまらないと思わせる必要はないのです。

現実の厳しさを描くからといって、面白作品を作ろうと思えば作れるのに、わざわざ、つまらない作品制作者が目指した、というのは、私から見て悪意のある解釈です。

「また会おうね」「約束だよ、かばちゃん」。これは通常のドラマであればどちらかが旅立つときに言うセリフではないでしょうか。でもこの後は両者ともパーク内に留まるわけで、これは作劇的にはおかしいといえるのでは。「遊びに来てね」「行くよ… 絶対」などのほうがふさわしいように思います素人でも秒で思いつき、しかも尺も取らず演出も変わらない。制作無能では説明するのは厳しくないですか。

そのセリフについて制作者が無能だと言ってるわけでも、現実の厳しさを目指すのが悪いと言ってるわけでもないです。単に、現実の厳しさを目指しながら、伏線を処理して、面白物語を作れるでしょうという話です。

ポスター的な告知絵(なんていうんでしたっけ?ああいうの)は楽しそうにしてるサーバルカラカルですが、あれを例えばカラカル腕組みさせるとか… そのような感じでしょうか。でもそれはどれほど効果があるのでしょう。

もっと全く違う印象のものにしたほうが良いでしょうが、さておいて「これはけもフレ1とは違う作品で、違う切り口で作っているんだな」と視聴者に心構えをさせ、けもフレ1と違っても、単なるミスではなくて、何か意図があるのかなと考えさせる効果があります。つまりけもフレ2をけもフレ2として評価やすします。

アンチするやつはするでしょうが、そういう層の数や説得力が減るでしょう。

そうでしょうか。けもフレ1の最終戦リピートする視聴者はそんなに多いと思わないです。

けもフレ1の最終戦闘は、感情的にも、アクション作画的にも非常に盛り上がるところであり、かなりリピートされてるかと思います

そのため前期では戦闘の期間を一話くらいに短く収めた。今期では長くして多くのフレンズ交流を絡めた代わりに、緊張感を抑えたのでは。ホテルでのパンダの振る舞いやペパプへの妄想など、戦闘中にさえ気を抜ける掛け合い漫才が入ってきます

けもフレ1でも、これまでのフレンズが、これまでのかばちゃんとの思い出を生かす形で大勢出てきますし、フレンズとの交流を絡めることと、緊張感を保つことは両立します。

戦闘中に長い掛け合いや、ほのぼのとしたコントはやりにくいですが、戦闘中にやらなきゃいいだけの話です。

エンタメドラマ的には失敗。そのご意見には納得できました。これはエンタメドラマではなく… ミステリを目指したと考えるのはどうでしょうバラエティ漫才ミステリの間の子です。視聴者タイプを A.漫才で和む B.ドラマを楽しむ C.考察する の3つに分けて考えて、A,C を重視したためにBへのフォローが疎かになってしまったのでは。

ミステリなら、「謎の存在であるキュルルが、スケッチブックという手がかりを追って、おうちを捜す」という話で、キュルルの正体もおうちも見当たらない時点で、零点です。

漫才で和むのはいいんですが、「恐ろしい敵との生死を賭けた戦闘中に、緊張感のない漫才をやる」は、両者の良いところを打ち消しあってます

Bだけがおろそかなのではなくて、AもCもダメなんですよ。

アニメ料理に例えるのに躊躇はないけど、それぞれで想像しているものが違う。これを面白いと思いました。でも看板にハッキリ”優しい世界”ですと書かれてはいなかった。観客側の受け入れられる間口が狭すぎるのが問題かと申し上げています(その狭さを作った責任が観客にないとしても)。

観客に問題があるとしても「商品内容をはっきりさせて誤解させない」ことは商売原則倫理であり、そっちはそっちで問題だというだけの話です。

2019-04-09

感情的物言いを控える、というのは社会人の基礎スキルだと思っている

上司という立場になれば、相手を怖がらせ脅し威圧的に従えようとするのではなく、理解を促す

その辺はもう世間一般パワハラ教育で周知されてるようなものだと思っていた

社内の部署をたらい回され、いろんな上司に当たったがそんなやつはいなかったか

記憶に残るクソ上司ですら、努めて冷静に振舞っていた

が、今日 感情的にネチネチ人格攻撃する上司と名の付く立場人間を見た

「は?バカにしてんの?バカにしてるよね!そう見えるんですけど!自分ではそう思いませんか?は?冗談意味わかんないし全然空気読めてませんけど!」

うわぁ、と思った

その後も延々とその調子で、正直話すのが面倒になった

この会社中小企業だということは分かっていたが

もっとレベルは低いのかもしれない

ファンネルに構う奴ってクソすぎない?

ファンネル説明するまでもないけど

界隈Aがあったとして

Aのファンとか、知り合いとか、関係者取り巻きがやんや言うシーンってあるじゃん

例えば泣いてる女の子がいて、仲の良い子が「ちょっと謝りなさいよ男子!」っていうあれだよ

周りに対して攻撃的ではない中心人物の、代わりに怒りっぽ人が攻撃したり騒ぐ現象

 

ファンネル、要は攻撃的だったり感情的だったりする人ってどの界隈も一定層居る

から誰か中心的な人が困ったり、落ち込んだりするとファンネル勝手に飛び出していく

まあクソな存在だよファンネルってのは、その中心人物のためにやってるふりして、その実自分感情的に暴れたいだけだから

 

でもそれをあげつらって、「ファンネルが酷い、あの界隈は糞だ!」っていうやつはもっと最悪だと思う

確か荻上チキだったかが、「相手悪魔化」って言ってた気がするけど

界隈の下層の人達ファンネル)の言動を指さして「あいつらは糞だ」っていう行為なんだよ

はてブだと特にTogetterまとめでよく見る

それで、特にその事象を浅くしか知らない奴らが「この界隈は糞だ」とか言い出す

いい加減にしろ

最悪、そいつがまた新たなファンネルとなって暴れ始める

地獄かよ

まあ地獄なんだけど

 

1.中心人物A

2.中心人物B

3.中心人物Aのファンネル

4.中心人物Bのファンネル

5.中心人物Aのファンネルプロパガンダに感化される馬鹿

6.中心事物Bのファンネルプロパガンダに感化される馬鹿

7.中心人物Aのファンネルプロパガンダに感化される馬鹿に構う馬鹿

8.中心人物Bのファンネルプロパガンダに感化される馬鹿に構う馬鹿

 

なにより問題なのは、話が中心人物を置き去りにすること

2019-04-07

女性限定〇〇は男女差別だと思う

女性限定メニュー女性限定プランなど。

他の差別差別である認定できる理由をそのまま当てはめれば差別になるが、

そこに妙な、感情的とも思える理由が紛れ込んで差別ではないということになっている。差別でないと言われてもなんともすっきりしない。

しかもこの手の差別は意外にも比較的新しい。10年前にはあんまりなかったはず。

検索して、差別でないとする論拠を探してみたがいまいちしっくりこない。

「男女逆だったら差別になるでしょ」って言ったら「女性男性とは違って○○だから」ってなりそうな予感。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8627177.html

https://www.j-cast.com/2010/10/28079450.html?p=all

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12129483802

https://lite.blogos.com/article/200079/

https://www.news-postseven.com/archives/20170216_492945.html?DETAIL

追記

女性は食べる量が少ないか

マーケティング上有利だから

多数が納得してると思われるから

というのは差別でないとする根拠としては弱いようなどうもしっくりこない感じがします。

男は女を養うんだから当然

そんなセコいこと言って男らしくない

というのもよく聞きます

就職氷河期はない」→「言葉遊びしたいなら他でやれ。 」

はてなどころかココログ記事に何を言ってんだ??

大学卒業してから1020年経ってるのにコンプレックスがひどすぎる

こんなブコメにどれだけスターつけてんの?おっさん??

他の時代と比べてどうなのかっていう分析をしようとしてるだけだろ

まともに文章も読めないくせに感情的になるなよ

言っておくけど就職が楽な時代でもおまえは就職できなかったからそこは安心しろ

2019-04-04

グレー企業に思うこと

誰もに同情されるほどのブラック企業ではなく、誰もが憧れるホワイトでもなく、日々それなりの不満とストレスを抱えつつそれなりの評価裁量を与えられる中小企業で働いている増田の、働いていて思うこと。

/新人に教えない

そしていきなりミスを責める。いきなり案件を任せる。プレッシャー意味のわからないことを言われ続けるストレスで辞めていった人が数多くいるのに改善されない。教えてほしいと声をあげた人が解雇される。

/情報共有や社内ルールの順守は、すればするだけ損

忙しく案件を任される人ほど情報の整理をせず、その案件の売上だけを上げて他の人が次に活かせる形にしない。でもそれで「自分しかできない仕事」ができて、また案件を任される。忙しいので社内ルールを守らず、そのフォローにまわって時間を費やす人が顧みられることはない。

/評価制度がない

/不公平

事務作業を軽視する、「後で話そう」、特定の人ばかり評価、新しいルールを急に持ち出して責める、感情的に見える

…私もたいがい感情的だな。でも、いやなんだよ。もやっとするんだよ。みんなどれくらいのストレスを抱えて仕事してるんだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん