「ナショナリズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナショナリズムとは

2021-05-03

オリンピック商業主義

オリンピック商業主義だなんて昔から変わらない公然の秘密であって、今更すぎる。

オリンピック平和スポーツの祭典ではなく、資本主義ナショナリズム走狗しかない。

俺はあれが平和スポーツの祭典だと思い込んでる奴だらけだったのが悲しいよ。

中野信子の言っていることはおかしい、具体的に何がおかしいか挙げる

きっかけは母親が「空気を読む脳」を買ってきたことだった。以前からこの人の主張はおかしいと思っていて耐えられなくなりこの人の他の本も読み、言動についても調べた

酷い。矛盾だらけ、エビデンスにならない動物実験ソース、人を見た目で判断することは科学的に正しいという主張、本人の言っていることとも矛盾した倫理観

彼女がいつも言う「日本人セロトニントランスポーターが少ないか不安に駆られやすい」という理論、まずこれが怪しい。SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)について知っている人なら奇妙に感じるだろう。この薬は、セロトニントランスポーター機能をあえて弱めることでシナプス中のセロトニン濃度を増やし不安を和らげる薬だとされている。つまり彼女理論SSRI作用機序についての理論正反対なのだ。モノアミン仮説にもやや怪しい部分はあるが、正反対解釈というのは流石におかしい。神経科学専門家はどう思っているのだろうか。

些細なことから飛躍して「日本人の脳」を論じる。

空気を読む脳」で日本人サイコパシーの傾向が強い人が「どちらかといえば」少ないから内側前頭前皮質が発達していて倫理や美醜の観念に厳しくそれが変わりやすいのだと書いていた。当たり前だがサイコパスの人の数を正確に見積もるのは難しいのであってそういった数字は単なる誤差か診断基準の違いによるものである可能性の方がずっと高い。仮にサイコパスの人が少なかったとしても内側前頭前皮質が発達している人が多いことを意味するわけではない。サイコパスとは行動や心理をもってそう判断されるものであって実際に内側前頭前皮質機能が弱いとは限らない。内側前頭前皮質機能が強い人も弱い人も共に少ないということもあり得る。

ついでに「不倫」では日本人保守的で変化を好まない民族だとも言っていた。それなのに倫理観が変わりやすいらしい。数年前には問題でなかったことが問題になるのは日本に限ったことではないし「日本人の脳」に原因を求めるのは無理がある。

戦国武将精神分析」では汚い手も使って勝った徳川家康が今でも日本人理想モデルとして存在しているとも宣っていた。日本人は美しい敗者を好むのではなかったのだろうか。美醜の観念が変わりやすいのではなかったか

美醜の観念が変わりやすいのに何百年にも渡って義経のような「美しい敗者」が理想化されているらしい。

不倫」でもこういった飛躍がある。たかだか寝かしつけの習慣があるからといって日本人オキシトシン受容体が多いのだということにしていた。もちろん実際に日本人の脳を調べたわけではなし。スキンシップの総量が他の国と比べて多いか少ないかからないのであるオキシトシンの多い人は不倫傾向が弱いとも書いていたが、日本人不倫が多いという同著での主張とも矛盾する。(よくよく見ると厳密には比較不能な国際調査国内調査比較していたが)

更に、セロトニン神経細胞にはオキシトシン受容体存在し、オキシトシンが増えるとセロトニンが増えるという事実は「日本人セロトニンが少なく、オキシトシンが多い」というモデルとも上手くかみ合わない。彼女もこの矛盾に気付いているのか、週刊新潮 2020年12月17日号での佐藤優との対談でまだ発見されていない要因があるのかもしれないと言っていた。

彼女日本人論は矛盾だらけだ。

更に中国韓国の「反日」まで「セロトニンが少なく、オキシトシンに頼りがちな遺伝特質」のせいにしているのには呆れを通り越して笑ってしまった。歴史上何度も革命を起こしている中国人もまた、保守的リスクを好まない形質の持ち主らしい。

サイコパス」でフロイトトンデモだという声もあるほどだなどと書いていたが、リビドー無意識という概念の代わりにセロトニンオキシトシンや脳部位が万能の説明法として君臨するようになっただけで間違い方に大して違いはない。

この記事でも指摘されているように、彼女不要場合でもひたすら専門用語を使って話す。https://anond.hatelabo.jp/20150908145246そういう言葉を用いれば多くの人間科学っぽく感じてしまうことをわかっているのだろう。

人間でもそうだという根拠にならない動物実験をたびたび引用して人間の話に繋げる。キツネマウスプレーリータネズミサバクトビバッタと…

「脳・戦争ナショナリズム 近代人間観の超克」(嫌な部分が剥き出しで、是非お勧めしたい本だ!)で人間に何世代も飼いならされたキツネ容姿が変わってくることを挙げて人を見た目で判断するのは科学的に正しいのだという主張に持っていっていた。少し脱線するが「空気を読む脳」でもたかだか0.126の相関で「容姿と知能に関係がないとは言い切れない」などと書いていた。それだけの数値なら関係いかあったとしてもごくわずかな関係しかないというべきだろう。

戦国武将精神分析」でマウスを取り上げて人間テレゴニーが起こらないと証明されきったわけではないなどと立証責任押し付けた。確かに人間にもマイクロキメリズムはあるがそれはテレゴニーとは違うものだ。それにしても不倫バッシング批判する中野がヒト・テレゴニー説に対して好意的なのは面白い

不倫」でプレーリータネズミのAVPR1a遺伝子を操作すると生殖行動が変わり、AVPR1a遺伝子が人間ボノボで「ほぼ」同じだからといって人間本来ボノボのように乱婚的だと示唆した。

そのわずかな違いが重要な違いであ可能性はあるしAVPR1a遺伝子も実際は空間記憶能力に関わる遺伝子で空気記憶能力の高いプレーリータネズミは行動範囲が狭く単婚的になるというのが実際のようであるhttps://www.eurekalert.org/pub_releases_ml/2015-12/aaft-_4120715.php中野はかなり単純化・歪曲して解釈している。

空気を読む脳」で書いていたサバクトビバッタに至ってはなんとセロトニンが多いバッタ集団志向になるのだそうだ。同著での主張とは真逆だ。

文藝春秋4月特別号の「脳科学者が小室圭を「分析」する 世間常識はなぜあの母子には通じないのか」でゴールドウォータールールに触れておきながら小池百合子ドナルド・トランプサイコパスだなどと言っている。精神科医ですらない人間が直接の診察もなしであの人はサイコパスだなんだと言っているのである

ペルソナ」でセクハラ告発していたが、「脳・戦争ナショナリズム」では以前なら当たり前だったことも「セクハラ」「パワハラ」にされてしまうなどと言い、今日かわいいねと言ったら今まではかわいくなかったってことだと思って泣いた子供批判的に取り上げて世の中が過敏だというニュアンスを込めて論じていた。以前とは考えが変わったという見方もできようが最近でも「昔は乱婚だった、現在倫理を相対化すべきだ」という主張を繰り返している。当たり前だがある倫理が新しいことはそれを否定する根拠にはならない。私は乱婚社会を悪だとは思わないが。

ペルソナ」の話に戻ると、親と子の関係他人が口を挟むなとも書いていた。虐待の温床となる態度である。旧式の価値観に従っていい子でいるくらいなら~などと宣っているが、旧式の価値観にしがみついているのは彼女自身である

そして最後に「不倫」で書いていた、不倫遺伝子によって決定されているのだからそれを断罪することは差別優生学に繋がるという主張について批判しておこう。

別に不倫遺伝子とはあれば絶対不倫するという因果律支配する魔法のようなものではない。ある人はない人に比べてその確率が高くなるといった程度のものなのだ。もし殺人レイプのような重犯罪についてもそのような遺伝子があれば殺人レイプ断罪してはいけないことになってしまうだろう。不倫バッシング遺伝子のせいだとすれば不倫バッシング差別優生学だと断罪することもまた差別ということになり自己論駁に陥る。「あなたの脳のしつけ方」では後天的に脳を変えることもできるのだと書いていた。この頃はまだまともな内容を書いていた。

思うに、彼女の本がベストセラーになるのはこういった免罪的側面のせいなのだろう。そういった遺伝決定論に従えば不道徳な行動も遺伝のせいになり免罪される。世の理不尽なことも「脳や遺伝子のせい」とわかった気になれる。

橘玲の本のレビューにも「遺伝によって決まっているのだから学生時代あんなに頑張ることはなかった」とか「子育てするお母さんに読ませたい」というものを見た。遺伝率とは集団規模での決定係数のことであって個人レベルでは親のIQから予想された数値より高かったり低かったりして当たり前でどのくらい予想された数値と違うかも個人によるのだが。


この記事おかしなところがあったら、具体的な反論をしてほしい。私も流石に脳や遺伝子についてそこまで詳しいわけではない。中野の本を読み、関連する内容を調べた程度なのだ。それでもこれだけ矛盾が見つかる。

追記:2021/5/8

https://next49.hatenadiary.jp/entry/20161220/1482228666

2000年論文で「この損害回避セロトニントランスポータープロモーター領域遺伝子多型との関連を支持する研究と支持しない研究存在し,今後さらなる検討必要である」とあり、2009年メタ分析論文で少なくともフィンランド人サンプルにて不安遺伝子を持っているかどうかと損害回避性(harm avoidance)と神経症的傾向を持っているかどうか調べたところ関係があるという証拠はないという結果がでているのだからセロトニントランスポーター遺伝子が少ないから損害回避的にふるまう傾向があり、そのため、「上位の人間に対して勇気を持って行動できる性質」が日本人にないというのは適切でない主張。”

https://www.ncnp.go.jp/nimh/pdf/kenkyu59.pdf

さらに、この S/L 多型は、PET により測定される脳内 5-HTT 結合に影響しないこと、前述したように、5-HTTLPR の多型は S 型と L 型の 2 つではなく、14 種類のアリルからなり、それぞれの機能の異なる複雑な多型であることからS 型、L型の2分法での研究自体に疑問が生じているのが現状である

https://neurophys11.hatenablog.com/entry/2016/03/01/223747

ざっとこんな趣旨記事だが、先に書いたようにそんな気質のものがたった1つの遺伝子で決まるものでは無いんである。このセロトニントランスポーター気質を決めるというのは実は結構な前から沢山の論文が発表され、ある程度そう言える部分はありそうなのだが、それでもその決まる程度は極僅かで、決して「日本人気質」を作ってなどいない。

こういった「1つの遺伝子が性格を決めている」系の話は、すべて科学漫談として楽しんでおけばいい。特にセロトニントランスポーター気質を決めるという話は良く出てくるが、そんなにすごい力コレだけにはないですよ。”

https://www.amed.go.jp/news/release_20160128.html

SNP品質管理などから、最終的に1088名について解析を行いました。その結果、BMP2遺伝近傍SNPストレスフルライフイベント相互作用が、統計学的有意うつ状態と関連することを見出しました(図2、図3)。そして、抗うつ薬作用点であるセロトニントランスポーターなど、古くから知られる候補遺伝子には、有意な関連は認められませんでした。”

どうやらセロトニントランスポーターが「日本人らしさ」を決めているというのがトンデモだというのはまともな研究者ならすぐわかる話のようだ。中野信子はあまりにも本を流行らせ過ぎた。研究者はもっと積極的反論するべきだろう。

2021-04-18

anond:20210417214850

リベラリズム立場としてはだったら二重国籍を認めるべきだし

ナショナリズムとしては集団お見合いみたいなことをすればいいのかな。

2021-04-12

anond:20210411234311

まあコロナ前までは順調に増えてて都内コンビニ店員とか外国人だらけになったわけだし、実際そっちの方向なんじゃねえの?

この辺リベラルな人もナショナリズム的な見方少子高齢化問題を捉えてんのが不思議

皆現役世代が減った分外国人が増えるっていう一番現実的で実際に形になりかけてるシナリオ無視して語るよね。

不動産とかも頑なに人口減社会需要が保てないはずだから価格が下がらないのはおかしいって思い込んでる人いるけど外国人労働者が増える場合は彼らにも住む場所必要なわけでな。

2021-04-03

歴史家葛藤する

呉座勇一「炎上事件で考える、歴史家歴史修正主義者になってしまうということ | ハーバービジネスオンライン

https://hbol.jp/241894 @hboljpより

ブコメ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/hbol.jp/241894

そもそもの発端が網野善彦先生であったというのに、網野氏が最も嫌悪した「党派性」でしか発想できない貧相なコメントが多いのは、憂うべき事態だわ。

網野氏がまず嫌悪したのはスターリンの「民族」観の転向により始まった1950年代の「国民歴史学運動」で、運動内では、民族近代発明としていた歴史家たちは「近代主義者」として「査問」され「自己批判」を迫られた。

(まあ、査問された中には、元々のスターリン公式に沿っていただけの人もいたかも知れないが)

国民歴史学運動は、信じられないことに、1955年権力闘争による日本共産党方針転換、俗に言う六全協で終わりを告げる。

内部に葛藤を抱えない人間は、今でもこうした運動に乗せられてしまう。

北守氏の記事が深まらないのは、「歴史は誰のためのものか」という、網野氏もまた生涯をかけて葛藤し向き合った歴史学の問いに、「歴史修正主義者」というレッテルや、「つくる会親和的かどうか」という軸だけで答えてしまう点だ。

国民物語」は別に、悪しきナショナリズムのためだけに求められるわけではない。

最低限のナショナリズムがなければ、「日本の歴史」を我が事として捉えることも不可能になってしまう。

なぜ戦後間もない時期に、それが盛り上がったのか考えてみたことはあるのだろうか。

その意味で求められる「国民物語」に接近するだけで、「歴史修正主義者」のレッテルを貼るのは、およそアカデミシャンのする事ではない。

その葛藤理解しないのは、運動家の振る舞いだ。

網野氏だけでない、呉座氏も亀田氏も、そして今回は被害者である北村氏も、その「国民物語」に対する葛藤理解して発言していた。

北村氏は網野氏について「ロマンティックがとまらない」としていたが、このロマンこそ国民物語に対する距離感だ。

網野氏はそれこそ「実証的でない」という評価を受けることの多い歴史家ではあるが、北村氏をしてなお「その愛と情熱ロマンティックが分からないのも問題だ」としている。

くその通りだ。

北守氏の限界は、つくる会ラムザイヤーを「悪」運動とし、その運動を無力化するためだけに論を張ってしまう所にある。

そんなやり方では、1950年代と同じ轍を踏むだけである

追記

b:id:yas-mal

分かっていての揚げ足取りだろうし、こんな説明をするだけ野暮だけど、

いわゆる「歴史修正主義者」は大問題ですよ。実証性に欠けることが多いからね。

でも呉座氏も亀田氏も「歴史修正主義者」じゃないんですよ。

北守氏は、

・いわゆる典型的歴史修正主義者と「国民物語」という問題意識を共有した、あるいは関わりを持った

フェミニズム懐疑的である

だけの歴史家について、「歴史修正主義者だ!」と一段跳びに断定してる。

⑵また慰安婦問題については、呉座氏の「いいね」だけでその見解の全てを判断できると思ってる。

それらは「党派性」に縛られた振る舞いですよ、と言ってるの。OK

2021-03-28

anond:20210325124522

無印だと、欧米ASEAN諸国にも同じ商品を横展開してるじゃん。今回のは中国のMINISOとかがやった小汚い商売を再構築するのかー、しか需要あるんかー、というがっかり感がある。自分ナショナリズムの方の思想ネトウヨじゃないけど、ここまで中華手法を真似るのは世も末かと。

2021-03-17

anond:20210316232303

宗教自体ポリコレ違反なんだけど、ポリコレなんかよりも歴史が長い

ぶっちゃけポリコレ一種宗教だしね。

で、カトリックとかイスラム教とか、生き残ってる宗教ってのは、「宗教狩りをやったら戦争な」ってのを血塗られた歴史証明してるわけ

井戸に毒とナチス聖書のどれが一番虐殺に加担してるかって言ったら、そらトータルでは圧倒的に聖書だよ。

ポリコレっていう新しくて弱っちい宗教にも叩かれ駆逐されるのが、第二次世界大戦敗戦国ナショナリズムだ。

第二次世界大戦勝利国が主導してる世界宗教なんだからねアレは。

から本来ポリコレなんかがポリコレ教に所属してない人にあれこれ指図する資格はない。

でも、空飛ぶスパゲッティモンスター教や敗戦国ナショナリズムで、浅く広く多くの指示を集めてるポリコレ教に勝てるかっていうとそりゃ無理だよ。

ポリコレっていうのは正しさじゃなくて”政治的な”正しさで戦ってるんだから結局の所は本当に弱い奴の味方なんかしない。

味方をすると人気が得られる奴の味方をしてるだけ。

じゃあポリコレなんて意味ない死ねって言って殺せると思うなら、それはポリコレを甘く見過ぎ。

2021-03-14

anond:20210312111707

マジョリティに対しては「お前らのナショナリズムなんて幻想なんだよw」って小便引っかけるくせして

マイノリティ認定した集団民族意識はなぜか持ち上げてしま

バグみたいなものですね

2021-03-12

anond:20210311215043

フェミニズムにおける性別ナショナリズム化の何がいけないかというと、自己性別同化させることにより本来一人一人の人間が持っていた個というもの性別で上書きして消失させてしまうところにある。それは性別から解放ではなく性別への隷属に他ならないのだけれども、男という性別に対する性別二項対立階級闘争という構図からして見ると実に友好的な手段であるのも間違いないので今日もまた個を失い女性という総体と化したゾンビのような存在ネット上を徘徊するのである

2021-03-11

フェミニズム問題点

フェミニストの多くが女性という属性自分達のアイデンティティの核としてしまっているところに昨今のフェミニズムの大きな問題がある。

これは女性という属性を持つが故に社会的不利益を被っている事に対する社会変革運動というフェミニズム本質からかけ離れた性別ナショナリズム化とも言うべき危険な傾向なのだ

2021-02-26

思考の偏り

産業陳腐化して経済が衰退した地域では排外的ナショナリズムを支持する声が強くなる。逆に衰退していた地域でも新たな経済機会がみつかり経済が良くなってくると住民投票行動が変わるらしい。まあ簡単に言うと貧乏になって生活に余裕がなくなると極端なナショナリズムに走りがちだということだ。拡大解釈になってしまうが、これは人が何らかの悩みやコンプレックストラウマなどを抱えているとそれを補うために思考が偏っていってしま可能性を示唆していると思う。

最近の例だと、

https://anond.hatelabo.jp/20210218193205

アラサー腐女子だけどいつの間にかツイフェミになってたか絶望した」

で、「困っている人や現場のことを使って男性を責めたり自分を守っていないだろうか?」という問いがある。

この増田はなにか嫌なことや、悩み、問題があった際にそれは男性社会のせいだという結論を得るまで思考を続けてしま自身に気づいた様子を投稿。人気エントリとなった。

自分コンプレックス他者責任にしてしまっているだけの場合がある」

まさにこれで、多くの人は自身理性的でフェアな思想をもった人間だと自負しているだろうが、実際はそんなことはなく多くの人が自身の悩みやトラウマコンプレックスを補うような自身フォローするような思考をしているはずだ。

「悩みやトラウマコンプレックスがあったり生活に余裕がないならば思想が偏る」

が真であるならばその対偶も真なので

思想がフェアであるためには悩みやトラウマコンプレックスなく生活に余裕がある必要がある」

も真になってしまう。つまりあなたが理性的であるためにまず取り組まなければいけないのは自身の悩みやコンプレックスと向き合うことだ。

2021-02-18

anond:20210218173003

君主がいない国にもナショナリズムはあるでしょ

増田理論は単純に世界史を知らないから発生している

2021-02-14

桐生ココと茅野愛衣執拗攻撃する愛国中国人の恐怖

桐生ココは昨年9月の配信中にYouTube アナティクスによる国別視聴者数の結果を紹介して

その上位の国に台湾があってそれに言及したこと台湾は国ではないと愛国中国人たちに嫌がらせを受けて現在に至ってる。

茅野愛衣は今年の2月11日、ラジオ番組茅野愛衣むすんで、ひらいて」中にて”お仕事の合間に「むすひら」祈願”として靖国神社にお参りする内容を放送した結果、愛国中国人に目をつけられて集中砲火を浴びることになった。

これらはいずれも外国人がこぞって批判キャンペーンを繰り広げなければならないような重大な問題ではない。

些細なことをあげつらって寄ってたかって攻撃して個人いじめているだけだ。

中国は米中対立武漢コロナ民族浄化がらみの問題世界中からヘイト集めてる関係

政府批判をかわすために中国共産党は国民の敵意を他国に向けるように誘導している。

少なくとも国民他国憎悪を向ける偏った愛国主義を食い止めようとはしない。

そしてそれにともない中国内のナショナリズムが激化の一途をたどっている

中国愛国無罪はいまに始まったことでもないが、過去反日運動日本企業日本製品が主な対象で、政治的意図を持たない政治的影響力をもたない動画配信者や声優といった個人攻撃にまでは及んでいなかったはずだ。

多くの人は思うだろう。

中国人は余裕をなくしているなと。

私は愛国心によって暴走する彼らが恐ろしい。

いつどんなことで難癖をつけられて嫌がらせを受けるかわからいからだ。

まったく悪意がなくてもどんな些細なことでも彼らが敵とみなせば中国人の敵として認定されてしまう。

さら恐ろしいことに中国人から認定をされるとそれに巻き込まれたくない身内から問題無視されるようになるのだ。

外国から人権侵害といっていい誹謗中傷を受けているのにマスメディア国内リベラル無視し続ける。

無視されずとも中国人にとっての地雷を踏んでしまたこのひとが悪いのだから叩かれるのは当然だという態度を取られることもある。

私たち愛国中国人攻撃される個人を守る手段を持たない。

せいぜい個人アカウント特定される場所では中国について称賛以外の言及を控えるよう自衛するしかない。

私は愛国中国人執拗攻撃される彼女たちを見て心を痛めるしかないのが情けない。

2021-02-01

anond:20210201195441

ナショナリズムかどうかなんて微塵も関係ない。

いまは新自由主義か、ケインズ主義かでしょう。

自由主義政府が何もしないのが理想的だという考え。だから富の再配分をしない。

ケインズ主義経済に対して金融財政税制で調整する。金持ちに金を貯め込ませすぎると金の動きが滞るから、再配分もすることもある。

ある本を読んでいたら

ナショナリズム政権の方が国内での富の再分配を行う傾向にあるって書いてたぞ。

お前ら嘘つくなよ。

2021-01-12

anond:20210112001541

年齢と健康状態的に任期を全うできない可能性があるし、退任後の揺り戻しがやばそうだわ。

リベラル過ぎてやばいというより、それ故にバイデンが去った後にはトランプ以上にやばいナショナリズム時代が来るだろうという点でやばい

社会空気なんてどうせ時代ごとにコロコロ変わるんだから左も右も後のことを考えて程々にやっていただきたい。

2021-01-04

ナショナリズムが激化した先にあるのって

日本よりも狭い括りで地域を崇拝するようになるべきだと思うんだけど

なんで右翼って日本かいうでかい括りで生きてんの?

大坂なおみは金のために日本国籍取っただけの余所者と言ってみたり、外国差別される日本人に自業自得と言ったり、在日外国人叩いたりするわりに

埼玉から東京に働きに出たり、限界集落を捨てて都市で働いたりすることは許すじゃん

よくわからん

から出るな、村に生まれた以上村のために生き村のために死ね他所の村に逃げるな、余所者は来るな、とか言わないの?

ナショナリズムが行き着く先は、生まれ地域

血縁を最重要項目とする村社会じゃないの?

地元サイコー🙌地域活性化⤴︎⤴︎仲間ラブ

みたいな一生地から出ない多産マイルドヤンキーこそ右翼的な正義じゃん

のわりに、ネトウヨって独身中年ばっかなのも謎

2021-01-02

anond:20210101194159

もっと言うと研究費はナショナリズムと結びついてるよ。「偉大な日本」をつくるための予算からね。そういう意味では中国みたいなやり方もある意味正しい

2020-12-10

国家弱者のためのもの

弱者強者に奪われる。人間というのは自然状態では強者が力を持ち弱者は朽ちていく。弱者強者の良いままにされる。弱者を守るのは警察だ。公的医療だ。弱者を守るために強者よりさら強力な存在必要となる。それが国家だ。国家は外から攻撃には軍隊を持ってして国民を守り、国内強者から法律に基づいて警察を用いて国民を守る。国家必要とするのは弱者だ。だから弱者ナショナリズムに走るのは必然である強者国家存在していなくても強いので国家必要としない。強者リベラリズムグローバリズムに走るのは必然だ。人の世はいつも強者弱者の戦いである。

2020-11-07

anond:20201106185136

一言でこういうのがリベラルだとは言い表せない。

例えば民族主義ナショナリズムは駄目かと思ったら、韓国民族主義ナショナリズムリベラル観点だとむしろ高揚させるべきということになるし。

2020-10-30

ついに権力による表現への攻撃肯定し始めたはてサフェミニスト

セクシーすぎると批判され差し替えられた香港イラスト看板問題

https://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/2004043.html

 

はてサ及びフェミニストはいつも通りの反応を見せている訳だが、

彼らは分かっているのだろうか?これは権力から表現への攻撃である

彼らはよく「表現自由政府から自由であって、個人から攻撃表現自由ではない」といった理屈を持ち出す、

けれど件の看板への批判は劉佩玉議員が主導している事は話題の元になったツイートでも明言されている。

 

さて、この劉佩玉議員について簡単に(本当に簡単にだが)調べてみた。

民建聯という香港親中政党所属する地方議員であるらしい。

では民建聯とは?Wikipediaのページは以下の通り。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%BB%BA%E6%B8%AF%E5%8D%94%E9%80%B2%E9%80%A3%E7%9B%9F

 

ナショナリズムを主張しており、大陸側の中央政府に近い。国家分裂台湾独立運動新疆ウイグル自治区チベット反体制運動)および中央政府転覆を禁じる基本法23条に基づく治安条例の制定を香港政府が推進した時も、世論の反対に関わらず一貫して政府案を支持した。

行政長官中央政府と良好な関係を持つという前提つきであるが、行政主導の下における香港政治の安定を目指し、事実上与党的な存在であることを意識している。

ナショナリズムを主張する」「親中派」の「事実上与党的な存在

そんな政党議員による保守的表現への攻撃に、あろうことかフェミニズム的な共感を寄せたのが我らがはてサフェミニスト達だったのである

正直に言うと、少し笑えて来る。彼らは自分達のやっている事を分かっているのだろうか?

ゴリゴリ権力による表現への攻撃肯定するのが彼らのポリシーに則った事なのだろうか?

先日、漫画家赤松健表現自由に関するロビー活動を「ちょろい」「扱いやすい」「ちょっとくすぐってやれば腹見せて従う」と威勢よく批判していた彼らだが、

くすぐられる前からしっぽ振ってくぅんくぅん可愛い声で恭順を示し、あまつさえご主人様(先方は認識すらしていないだろうが)へ批判的な態度を取るものへ元気にきゃんきゃん吼える人達がそれを言うのか

いや、本当に勘弁して欲しい、ギャグセンスが高すぎる、腹筋を返せ、M1に出ろ。

 

表現自由政府から自由であって、個人から攻撃表現自由ではない」というのは昔の話、

今、彼らのトレンドは「(女性対象にした表現に限り)たとえ権力から攻撃であろうと、表現への攻撃にはしっぽを振る」、これである

さぁ、乗り遅れてはいけない、ご主人様には認識すらされてないので首輪自分で買いに行こう、売り切れる前に!

2020-10-25

anond:20201024235141

いやスガーリンは称賛の意味もこめて使ってるのでは?

実際ロシアでも未だにナショナリズムに使われてるし

2020-10-20

夢の中のホッテントリ

「てんてん」と「ぽよぽよ」の戦い

ウェブメディアルポみたいなもの

楽天(球団として?)のマスコットキャラか何かをめぐるはなし

マスコットには「てんてん」と「ぽよぽよ」の2種類の呼び方がある

・うち、てんてんの方が「てんは天皇からとられていてナショナリズム象徴楽天ファンネトウヨ」みたいな因縁をつけられる

 ・因縁をつけた記事はけっこうな分量で、因縁とはいえそれなりの説得力がある

・それを受けたファンは反発し、ネットちょっとした話題になる

・……というところまでが数年前

ルポの筆者は、ここ数年「てんてん」「ぽよぽよ」のどちらの呼び方が優勢か調べていた

・かつてはてんてん派が多かったが、いまは逆転している

ファンたちによる因縁への対抗運動が原因

ファンの団結力ってすごいね的なしめ方

(追記)

投稿時間6:23っていうのをみたら伝わるかもしれないが、これは朝一瞬起きたとき意識を失いかけながら書いたという気合の入った増田です

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん