「演奏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 演奏とは

2018-09-23

星屑ランデブー

カール・セーガンという天文学者が、私たちは"星の子"だと語った。

それは僕たちが”この母なる星”に生きている、と言ったありきたりな安っぽいポエムみたいな意味言葉ではない。僕たちを形作る、窒素カルシウム鉄分炭素も、全てかつて崩壊した星々の内部で作られたもので、僕たちの体は星の欠片で出来ている、という意味の何とも奥深い言葉だった。

雨の昼休み図書室でこの言葉を読んだ小学生の僕は何だかわくわくした。

遠い宇宙で星が産まれ、そして滅び、いま僕の身体になっている、と思うと僕の全てがきらめく気がした。

右手人差し指の先っぽで蛍光灯に白々しく光るこの爪も、いつかどこかであの夜空に浮かぶ星々の一つだったのだ、と思うと言葉にできないときめきを感じたのだ。

チャイムを聞いた僕は鼻息荒く本を閉じ、僕の体は星で出来ているんだぞ!と考えながら午後の眠たい授業を聞いた。

数ヶ月もしたらすっかり忘れた。

高校生になった僕は放課後書庫女の子と二人でいた。

文芸部部長として本の整理をする彼女と、友人を待っている間に煙草を吸える場所を求めて部室棟にたどり着いた僕は、蜜蜂の羽音みたいな吹奏楽部演奏を背景に殆ど忘れてしまった沢山の話をした。

ある日、吹奏楽部ブラームス練習していたころ、何の話の流れでかも忘れてしまったけれど宇宙の話になった。

彼女カール・セーガンのその言葉を知っていた。

僕は数年ぶりに思い出したその言葉に懐かしさを覚えながら、俺の体が星でできてるなんてって、わくわくしたよ、と言った。

彼女は「私もそう思った!」と急に大きな声で言った。僕たちは透きとおったオレンジの光の束の中で見つめ合い笑った。

この人差し指の爪もさ、星でできてるんだな、って感動したんだよね、と言いながら煙草匂いのついた右手差し出すと、ピアノを習っていたという白く細長い人差し指彼女がそれに触れた。少しだけ湿り気を帯びた指先は柔らかく暖かだった。

「あの映画みたいだね」とやけに赤い唇で彼女が言った。そう言えば聞こえてくる曲をブラームスだと教えてくれたのも彼女だった。

そのとき、僕は、何故か急に、眼鏡をかけて髪をまとめブレザーを着た彼女も星の欠片で出来ているんだ、ということが、あの日僕の感じたときめきが、本当の意味でやっとわかった。

いつかどこか宇宙の彼方で輝いていた星が、いま僕の全てを形作り、いつかどこか宇宙の彼方で輝いていた星が、いま目の前で笑う彼女の全てを形作っている――――――

僕は何だか泣きそうになって、煙が目に染みたなんて誤魔化したあと金木犀の香りの帰り道を息を切らして走った。

きらめく星屑で作られた僕たちが、出会ったり別れたりを繰り返しながらまた星屑になり、そしていつかどこか遠い星でまた出会う。

きっと僕たちはこれまでも出会ってきたのだ。それはどこか遠い星で寄り添い合う二つの水晶だったかもしれないし、暗黒星雲彷徨う二つの塵だったかもしれない。

僕たちはブラームスを響かせる金管楽器だったかも知れないし、甘く漂う金木犀だったかも知れない。



何が書きたくてこの文章を書き始めたのか忘れたしちょっと眠くなってきたんだけど、これをキーボードで打っている僕のきらめく指先も、これを読んでいる君のきらめく瞳も星屑で出来ているっていう、なんかいい感じの話で終わりにしていい?いいよね、ありがとうおやすみ

2018-09-20

1980ツアーの聞き比べしてるけど初期ライブって会場ごとに全然違う演奏してて本当に油断ならねえなあ・・・

こういう音源って誰が流出させてんだろ。

2018-09-18

明坂さんのRoselia卒業美談にしないでほしい

先日バンドリ!内のバンドRoseliaイベントがありそこで明坂聡美さん(白金子役)が卒業されました。

それについて思うことをちょっと書きます

今年5月にもRoseliaは1人卒業された方がいます

遠藤ゆりかさん(今井リサ役)。彼女声優廃業されました。

それはしょうがない。人生色々あるし、そういうこともあるのでしょう。

仕事を辞めた人に仕事をしてもらうことは出来ない。

でも明坂さんは違う。声優業は続けていかれる。

じゃあなぜ卒業になったか

今年3月突発性難聴発症され、「ライブイベントに体が耐えられないから」卒業なんです。

これってもう本末転倒じゃないですかね。声優さんなんですよ。

そもそも実際に楽器演奏するライブバンドである必要があるんでしょうか。歌を歌うだけではダメなんでしょうか。

運営側も無理させてる自覚はあるでしょう。

5ユニット全部にバンドさせてはいませんもんね。やってるのはポピパとロゼリアだけ。

それで負担が増えて声優交代ってもう何のための声優なんですか。

そりゃイベントライブは素晴らしいものです。でもそれが最優先になったらダメでしょう。

近年の声優さんをアイドル化して何でもかんでもやらせていくスタイルの歪みが出ていると思います

明坂さんには本当にRoselia頑張っていただいて、お疲れ様でしたという気持ちです。

でもそれを美談にしないでほしい。こういったことはたぶん他の作品でも起こるんじゃないかと思ってます

その前に業界声優さんに無理をさせる形にストップをかけてほしいと願っています

2018-09-17

ベストアルバムマスタリング

ボーカル聞かせてたいのは分かるけどさ、演奏の音量下げるナッツ

で、ベース下げてマラカス強調とかなに考えてんの?

シングルそのまま採用してくれよ

2018-09-13

演奏

猫の尻尾の付け根を叩くとニャーニャーいうので

これを楽器代わりにできないかと思い音楽に合わせて猫尻を叩いてみたけど

叩いてから鳴くまでのタイムラグ一定じゃないのでうまくいかなかった

理論通りにはいかないもの

2018-09-04

家庭教師先が教育ママで見てるのしんどい

https://toyokeizai.net/articles/-/235822?display=b

この記事読んで、佐藤ママバイト先のご家庭のお母様にちょっと似ててつらくなった。

当方大学生小学2年生の女の子家庭教師

の子はだいぶいい学校に通っていて、小学校なのに成績順に席が決められるような学校

宿題テストも厳しくて、塾や教室を掛け持ちしながら、家庭教師を何人か雇っているらしい。ちなみに私は宿題テスト勉強を見てる。

だけど任されっぱなしというわけではなく、基本的にお母様が自分仕事である楽器演奏をしながら、娘が家庭教師に教わる様子を見ている。彼女音楽関係お仕事なんだけど、だいぶその道のプロフェッショナルって感じで、努力家なんだろうな…と見てて思う。

しかし何が気が滅入るって、私が教えてる間も、横でお母様が「スピード!! あなたスピードが足りないの!!」と怒鳴ってることである

なんでそんなに時間がかかるの? と常に怒っているのだ。

お母様曰く、何をさせてもこの子スピードが遅い、ご飯を食べるのも百ます計算するのも漢字ドリルをするのも遅い、とおっしゃる

「実力はあるんですが、とにかく時間が足りなくてテスト全然点数が取れないんです」と私に言う。

とにかく時間を測って宿題テストをさせている。そして時間内にできたら「ほんとに!?」と目を輝かせて抱きしめる(家庭教師の前で…すごい…)。

しかにその子ちょっと集中力はないな〜〜〜と思う(ただ平均的な小学2年生の集中力ってどんなもんなのか分からない)。

だけど家庭教師から見て、たとえば計算スピードが遅いのはもっと簡単で基礎的な計算の反復が足りないからじゃ? と思うし(たとえば19−5の計算が遅いのって、9−5の計算が遅いからじゃん、みたいな)、さらに横で親が楽器がんがん弾いてそのうえ何かあるたびに怒ったらそりゃ集中できないよなぁ……とも思う。

でも私を雇うクライアントはお母様なんだし、教材を簡単にしようとも言えず、楽器やめてくださいとも言えない。ただの大学生バイトだしな。

しっかし親子バトルを横でずーっと見るの、正直しんどい

なんであんなに母親という生き物は怒鳴ってばかりなんだろう?????

ちょっとお母様この子が家を出ていくまでそんな感じでい続けるんですか……と、つっこみたくてしょうがない。

佐藤ママ記事を見てたら、娘さんが高校生になるまで(ていうか一生?)このままなのかなぁと心が痛くなった。

まぁお母様のいないところでは立膝たててごはん食べたり、クソババアって言ったり(苦笑)、その子も大概っちゃ大概なんだけど。

の子が「背中かゆい!」って言ったらお母様が飛んできて、家庭教師の横で思いっき背中掻き始めるとか。びびる。小2ってそんなもんなの???

うーん、それにしても私は感情を無にして母娘の攻防を見ながら粛々と働くしかいかなぁ。

読みづらい文章でごめんなさい。

この家庭教師バイトでよりよい働き方がある案がございましたらぜひ教えてください……。

それにしてもなんで人の怒鳴り声って自分が怒られてるのじゃなくてもしんどいんだろうね???

2018-09-03

色んな人に会いたい

片っ端から自分のことは好きですか?」って聞いてみたい

尊敬してる画家自分自分作品のことが大好きらしい

憧れてる指揮者自分自分演奏が大好きらしい

私の知り合いの頑張ってる人も自分のことが大好きだと言っていた

うちの鳥(かわいい)も自分のことが好きだって言ってた

もしかして、私目線で素敵な存在というのは「自分のことが好き」なんじゃないか

だったら「自分のことが好きです!」と迷わず言えるように頑張ったら素敵な人間になれるんじゃないか

なんて仮説を考えたので、確かめるために色んな人に「自分のことは好きですか?」って聞いてみたい

ロックフェスという猿のオナニー会場へ行く話

一昨日、友人に誘われて山中湖で開かれた某ロックフェスに行ってきた。

好きなバンドが何組か出演するという事で数週間前から楽しみにしていた。

到着早々、好きなバンド演奏だったので近くで観ようと前の方に行った。

だけど、汗だくの気持ち悪い男女にもみくちゃにされ一気に萎えしまった。

臭さと汚さで気持ち悪くなって人混みから離れて観たらDVDで見るのと大して変わらない迫力だったし、

それなら空調の効いた部屋でくつろぎながら観たほうがいいなと思った。

演奏中、観客は馬鹿みたいに同じ様に手を振っていた。熱心な信者みたいで気持ち悪かった。

空っぽになって隣のやつと同じ動きしてて、こいつら周りが手を振るんじゃなくて

うんこ食い始めても、迷わず同じ様にやるんだろうな。

隣のやつは音程の外れた気持ち悪い声でボーカル

一緒に歌っててボーカル声聞こえないし。

お金払って汗だくの音痴な声聴きにきたわけじゃないんだけどな。

前のやつらはドヤ顔でうんちく語って、後ろではブスがブスをナンパしてるし、

各々の欲求満たす為の動物園かと思った。

あと通路で大の字に寝てるやつだったり、道端で飯食べてるやつだったり

全体的に民度が低くて、コンビニで座り込んでカップ麺食べ出す様な、

あいタイプ人達が集まるのがロックフェスなのだ理解してから

少し心が穏やかになった、と同時に帰りたくなった笑。

1万円払って他人体臭と汗を浴び、バンド演奏が始まるまで立ってそいつらとぎゅうぎゅう詰めで待ち、

他人音痴歌声聴く。これが発展途上国のスタデツアーとかだったら文句は言わないけど、

上記の様な体験想像していなかったから最悪の体験だった。

毎年毎年、好き好んで休日を削ってこういうイベントに参加するのってすごいな。

こういう気持ち悪いイベントを全力で楽しむ為に毎日働いて人生捧げているって虚しくないのかな。

ライブ行った回数を自慢気に話すやつって「暇で〜〜〜〜す!」って自己申告している様なもんだろ。

1日を棒に振って後悔したけど、頭の悪い人達自分が思っている以上にいることが知れてよかったし、

あいイベントをよだれ垂れして喜べる人たちが一番幸せ者だろうな、とも思った。

ライブの音も悪いし、何一つとしていいところがなかった。

バンドスタジオ収録を360度カメラで撮って、

それをヘッドマウントディスプレイ体験する。

バンドを目の前で観れるからかに臨場感がある。

くそういうのが当たり前になって欲しいなと思った。

2018-09-01

35000人の前で人生最大のピンチに陥ったB'z稲葉氏を見れて良かった。

※B'zファン以外に向けて書いた文章であり、2曲だけネタバレありますので、注意してください。これまでのネタバレ被害の方、本当に申し訳ありません。

すごいものを見た。誰もがそう思っただろうと思う。

B'zの30周年ライブ in 福岡

一曲目で所々声が出ない稲葉氏。素人が見てもあからさまに調子が悪い。

でも、認めようとしないかのようにいつものようにシャウト。しかし、すればするほどガラガラ声に。

例えるなら、俺が酒飲んだ後にB'z歌う時みたいな声になった。

B'zファン稲葉氏のストイックさに誇りを持っていたので、まずそこまで事故レベル調子の悪さに唖然

稲葉氏の顔は青ざめる。しかし、歌うのをやめることは絶対にしなかった。お約束CDよりかなり手数の多いシャウトもサボらなかった。声はガラガラだが。

そのため、ファンはそのガラガラ声のまま、3曲聞いた。

会場は暗転して、どよめいた。

稲葉氏には稲葉氏が全て、というような女性ファンがたくさんいる。彼女らは既に40-50代であることも多く、体も強いとは言えない。

そもそも会場が非常に蒸して暑かった。そのため、心労と重なりバタバタ倒れ、何人もの女性が運ばれていた。

暗転は10分以上続き、誰もが「今日は中止」と思った。

しかし、稲葉氏がステージ上に現れた。そして稲葉氏はこう告げる。

「声の調子が良くなくて、聞苦しい声になってしまい本当にごめんなさい。正直なところ、このまま聞き苦しい声とならない状態ライブを続けられるかどうかは自信がありません。だから、皆さん僕が歌えるかどうか厳しい目でジャッジしてくれませんか。こんなことは初めてで、本当にごめんなさい。もしまた聞き苦しい声になってしまったら、その時は必ず埋め合わせをします。今日の僕のありのままの姿をしっかりと厳しい目で見てください。」

おそらく、稲葉氏にとって35000人の前で聞くに耐えないガラガラ声になるというのは人生最大のピンチだっただろうと思う。

しかし、彼は35000人の聴衆の前で「この俺を見てくれ」と言った。かっこ悪い自分をしっかり見てくれと。

黙って引っ込むこともできたと思う。しかし、今日自分の至らなさを正直に認め、引っ込まなかった。そして、調子が悪いなりの歌唱しかし、これまでにない鬼気迫る歌唱を見せてくれた。

謝罪してからは常に水を側に置き、曲中も何度も口にして喉を潤しながら歌っていた。正直、何度も水を飲む姿はカッコ良くはないかもしれない。でも、死ぬ気でステージで這いつくば稲葉氏はこれまでで一番カッコ良かった。

この人はこの仕事に、こういう姿勢で向き合っているのか。

「自信がない。」と率直に語り、初めて見た稲葉氏の弱さ。しかし、それを曝け出す強さ。そこは今までそれとなく聞いてきた歌詞主人公の男そのままだった。

正直、B'zなサウンド歌唱が好きな俺はそこまで歌詞を読み取っていなかった。いや、読み取ってはいたけど、作られた小説国語テストのように読み取るだけだったと思う。

「B'zの歌詞は確かにこの人が書いているんだ。」


初めてB'zの作品血液がドクンドクンと脈打って流れ始めた気がした。

B'zは安定した演奏を聴かせてくれるもの、と安心しきっていた自分はB'zのことを何も理解していなかった。

35000人の観衆の前で人生最大のピンチ真正面に向き合う稲葉氏の歌唱は胸に響きまくった。

謝罪後に歌った「裸足の女神」と「WONDERFUL OPPORTUNITY」には胸を熱くさせられた。曲を知らない人はぜひ歌詞を読んでいただきたい。

何度もMCを挟み「心配事や悩みをB'zのライブの時だけは忘れて楽しもうとしているのに、何で僕の心配をしなきゃいけないんだよ、と思いますよね。」ということを何度も言っていたのが印象的だった。そういう強い意識を持ってライブに挑んでいたことが手に取るように分かる言葉だった。


こういう時に何でも野球に例えるのはおっさんの悪癖だが、今日稲葉氏は調子悪いなりに、要所要所を抑えるようなピッチングをしたと思う。

謝罪後はシャウトの手数も減り、原曲より長音をいたずらに伸ばさなくなった。でもファンが「聞きたい」と思うポイントの長音やシャウトは全力でやってくれた。そのポイントで全力を発揮できるように温存しながら歌っていたのだ。

俺は個人的には普段今日の歌い方でも十分なんじゃないかと思った。

普段いか稲葉氏が手を抜かずによりB'zらしくシャウトをし、長音を伸ばしてくれているかがよくわかった。

9回に全力を尽くす抑えの投手が先発で出てきて、1回~9回までミス無しで全力投球をして完封する。

そんなピッチング絶対にしなければいけないのが稲葉投手なんだな、と思った。

しかし、野球選手は「調子悪いなりのピッチング」もする。俺はそれも立派なプロだと思う。

なぜならピンチでしっかり全力投球をして抑えるからだ。今日稲葉氏はメロは控えめに、サビで全力投球するような歌唱だった。

全体を通していつもより声量不足気味ではあったが、やはり要所は圧巻だった。凄かった。

稲葉氏はライブの終盤で「30年やってきてこんな経験は初めてです。つまりはこれも30年やってきたからこそできた経験ということです。30年やってきてよかった!」と言い放ちました。これがプロなんだ。

結局、音楽鑑賞という気持ちは消え失せ、スポーツを見ているような気分でライブを見ました。

地方大会から一人で投げぬいてきたエースピッチャーが打ち込まれている。でも、ブルペンに他に投手はいない。

マウンドに上がるのは稲葉投手だけ。ここまでどれだけ練習しているか準備しているか、実力もみんな知っているから、誰も責められない。

一人戦うエースと、いつもどおりで淡々仕事をこなすことでサポートするキャプテン松本。なんか甲子園みたいな気持ちだったな。

俺が普段カラオケキツイ場所が、今日稲葉氏もキツそうだった。

そんな姿を見て、当然だが「稲葉さんも紛れもなく、俺と同じ人間なんだ」ということを感じ取った。




今日稲葉はこれまで見てきた稲葉で間違いなく最悪の稲葉だったが、これまで見てきた稲葉で間違いなく最高の稲葉だったとも言える。




稲葉氏は「ライブが始まっても自分の声が全然でなくて、真っ青になる夢をよく見る」と語っていた。

まさにその夢が現実になったのが、今日ヤフオクドームだったのだ。

稲葉氏は人生の最大のピンチにああやって向き合うのか。

言葉で言うのは簡単だけど、ピンチ真正から向き合うとはこういうことなのか。

最高、と言って良いのかわからないが、プロとは何なのか思い知らされたライブだった。

俺もまた月曜日から自分仕事一生懸命に頑張ろう。

https://whitebox-inc.com/library/staff/takashima-maro/

2018-08-31

そういやこないだ出張欧州某国の某空港にいったらピアノあったからその某国出身作曲家の曲をうろ覚えで弾いてたら、なんか通りすがりの人にスマホ動画とられてたんだがあれもSNSなんかにアップしとるんやろか。素人街角うろ覚え演奏の何が楽しいんだろうか(弾いてた当人はすごく楽しかったです。)

2018-08-30

錦糸町北口路上カラオケ

なんなん?

すっげぇ邪魔なんだけど、なんで取り締まられないん?

百歩譲って、自作の曲を演奏するならまだ路上ライブとして成立してるけど、過去ヒット曲を延々と歌ってるのはアリなんか?著作権的にも。

何かの利権か?

2018-08-27

24時間限定でいいことした気になるテレビ

障害者となりのトトロ武道館演奏する とかいコンテンツがあったが、

普通の子供が、学芸会レベル演奏をして武道館演奏させてもらえるかというとそんな訳はない

じゃあなんでコンテンツとして成立しているかというと、

テレビ局視聴者は、障害者を「出来ない人間」と認識しているか

「出来ない」はずの人間が出来た!すごい!というギャップコンテンツたりえている。

「出来る」側の目線から「出来ない人間」を眺めるからやれるコンテンツだと思う。

24時間も貴重な放送必要ですか?この番組

24時間テレビ。今年もやっとこの番組が終わったらしい

毎年ろくに内容もみていないし、なんなら見たい番組が潰れるので裏番組(というと語弊すごい)を見ることが多い。

正直言うとこの番組は嫌いだ。

24時間スタッフを稼働させ、現場が常に動いているライブ番組からか、出演者の態度や放送ミスロケーション取りに必死になりすぎて周囲の生活妨害するなど、諸々行動に隙がありすぎる。

毎年毎年、ネット炎上レベル拡散されるのにニュースには美点だけ出てくるあたり、気持ち悪いを通り越してもはや怖い。

(問題の場面は全く見ておらずSNSで流れてきただけの知識しかないが、今年の放送事故についてはいくつか大々的に言及されるべきことがあると思う)

身体的、社会的弱者晒し者にし、「頑張っている」と謎の応援とやらをするのも意味不明過ぎてもはやギャグしかない。

そんなことするくらいなら1時間でもいいからその枠でアドベンチャーワールドパンダに密着した特集を組んでくれたほうがわたしは嬉しい。パンダかわいい

ダウン症女の子が踊ったり、聾者楽器演奏したり、なんの偏見もなくドキュメンタリーとして見れば称賛できる内容かもしれないが、この番組を通し健常者と一緒にしているところを見て楽しいとは思えないし、称賛できない。健常者であるタレントも、見る限り理解があるとは思えないのもわりと問題ではあると思うが。

これがエンターテイメントだというのなら、昭和さながらに裸の女がでてくる下品コメディ番組のほうが断然エンターテイメントである

印象操作視聴率のためとしか思えないジャニーズタレントアイドルグループの起用も大人の事情がありありと見えて気分が悪い。

オタクなら崇拝対象が映れば見るし、ユーザーによっては、見かけだけでも崇拝対象が「良いこと」をしていたら誉めちぎり持ち上げるだろう。アイドルジャニーズオタクならほぼ間違いなく制作側の思惑に乗ってくれる。少なくとも番組を見て、感想世間にばら蒔いてくれるはずだ。

視聴率確保とあわよくば好印象をばらまく一石二鳥、本当にずるい仕組みだと思う。それに負けないくらいに炎上しているのもすごいと思うが。

テレビに限らず、この手法はかなり昔から使われていると思うので、もやはこの点にについては、これ以上の批判をする気も起きない。

なぜ放送するのか、という疑問について「純粋に金になるから」以外の回答を見いだせない程度には、わたしはひねくれている。

明日から、この番組を振り返り美点を称えるニュースが一日中流れ続けるのだろう。この番組既存帯番組を潰してまで放送し、美点だと称えられるだけの価値ある番組なのか、批判される点のない完璧エンターテイメント番組なのか。

そもそもテレビ放送する映像作品として正しいものなのか、今一度考えてほしいと切に思っている。

2018-08-23

anond:20180823203630

いろいろあるが・・・前衛的なものを出してもしょうがないだろうから、それを省いていくつか。

クラシック

題名Music for Piano

作曲:Irving Fine

作曲年:1947

ttps://www.youtube.com/watch?v=4l0Rxc3MFHA

日本では全くといっていいいほど知られていない作曲家。海外でも再演には恵まれていない。この曲は多くの有名作曲家を輩出したナディア・ブーランジェに献呈された曲。


題名Prélude en Ré♭

作曲:Lili Boulanger

作曲年:1912

ttps://www.youtube.com/watch?v=fT8fJMyOJRw

上の曲で献呈されたナディア・ブーランジェの妹による作品24歳にして夭逝


題名:Sonatine

作曲:Bela Bartok

作曲年:1915

ttps://www.youtube.com/watch?v=raIdacyJtf4

バルトーク民族音楽研究者であったり、かつて存在した国際連盟精神的協力委員の側面を持つ学者肌な作曲家。クラシック音楽を聴かない人でも、日本では劇的!ビフォーアフター使用曲で有名だろう。


現代音楽

題名:Phrygian gates

作曲:John Adams

作曲年:1978

ttps://www.youtube.com/watch?v=-7r8XV1bylY

久石譲が好きだと言うので、おそらくは抑えていると思いますが。題名通り、フリギア旋法に基づいている作品ミニマリズムの反復的な影響を残しつつも形式を重んじ音楽の変化が明確に感じられる作品


題名Piano Sonata

作曲:Erkki-Sven Tüür

作曲年:1985

ttps://www.youtube.com/watch?v=TpUGPptpq1o

北欧作曲家は比較的調性を感じさせる穏健な作風であるため、氏の作品日本でも演奏に取り上げられることが現代音楽にしては多く、受容が進んでいる。ウケが良いのは間違いなく3楽章


題名Piano Etude I "Frozen Heat"

作曲藤倉

作曲年:1998

ttps://www.youtube.com/watch?v=-xwjS8mi8Qo

私が書くより本人の弁を直接読んだほうがいいだろう。

ttps://www.daifujikura.com/un/lw_frozenheat.html


ゲーム音楽

題名フィールド 昼(仮題)

ゲームゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

発売年:2017

ttps://www.youtube.com/watch?v=xGi23M_5lXg

ゼルダの伝説時のオカリナ以降作品ごとにフィーチャーされる楽器が代わるが、今作はピアノがメイン。ゲームの多くでピアノの音が聞かれる

この音楽インタラクティブミュージックであり、いくつかの音型、強弱などの要素を組み合わせて演奏される。ソース元の動画あくまで一部分であり、ゲームに耳を傾ければもっと多くの音楽が聞こえてくる。楽譜に起こすならば20世紀前衛音楽を参照する必要があり、正直に言うとこれを現代音楽カテゴリに入れてしまいたい気持ちを抑えてゲーム音楽の枠に押し込んでいる。


題名遺跡(仮題)

ゲームゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

発売年:2017

ttps://www.youtube.com/watch?v=bRB1WlOE6Eg

こちらはインタラクティブミュージックではない。私も書き起こして弾いてみたがこれは未経験者でも少しの練習で弾ける程度に易しい。ピアノをフィーチャーした作品とは言え、純然たるピアノ曲は数えるほどしかない。これはその中の一曲


題名:"β"4

ゲーム:サガ・フロンティア

作曲:浜渦 正志

発売年:1999

ttps://www.youtube.com/watch?v=96FG6hvr-DE

この曲はサガ・フロンティア2で使用された曲を作曲者本人がまとめあげた作品集の一曲清新和声感と統一されたモティーフからゲーム音楽の枠に留めておくには惜しい格調高い作品として仕上がっている。これに限らず、全曲オススメ


リストを挙げると解説を書きたくなるのでこれにてゴメン

URLがh抜きなのはそのまま投稿すると拒否されるからなんだぜ

2018-08-22

吹奏楽部員のキャリアとかあったけど

そんなの、

解決するじゃん。

要するに運動部同様、外部のプロ積極的活用するってこと。

そしたら、日曜だってのに皆で集まって、朝っぱらから日が暮れるまでコンクールに向けて延々練習して擦り切れる…なんてバカたことは起こらなくなるよ。

最初からプロに習い、レッスンで言われたことを信じて励めば、コンクール至上主義なんてアホな価値観に染まりようがないから。

てか、そんな朝から晩まで合わせる練習たからって、合奏が上手くなるなんて思ってもらっちゃ困る。そんなに音楽は甘くない。

もちろん努力は嘘をつかないが、努力した時間が多ければいいってもんじゃない。

あと、大してレベルの違わない先輩にいじくり回され、潰されるなんてリスク回避できる。

そんで、見込みのある子はレッスンの先生音大受験を勧めればいい。まあレアケースだろうけど。


以下は細かい各論

そもそもレッスンで何を習い、何を目指すかだけど、基本的にはクラシック協奏曲ジャズのいずれか、もしくは両方でソロを吹けるレベルを目指すべき。

そうした個人競技ベース技量がないのに、合奏イロハなんて教えても時間無駄

だって、音に芯のないフルートピッチの狂ったオーボエ、濁った音のクラリネット、音に品がないサックス、いつも苦しそうな音のファゴット、高音が出ないトランペット、毎度のように音を外すホルン間抜けで汚い音のトロンボーン存在感ゼロユーフォニアム、やけに音が細いチューバとか、そんな下手くそが集まっても、足の引っ張り合いにしかならないし。

楽器を買うべきなのは楽器の手入れだって演奏の一部だし、ピアノみたいな例外を除いて、どこに行っても自分楽器演奏するのが基本という観点による。

ちなみに安物(ただしゴミでないことが条件)でいいのは、そもそも管楽器消耗品=買い替え前提なので、最初楽器が壊れるレベルで使い込むくらいじゃないと、どのみち上達しないから。

そもそもドラマって演技力大会じゃなくてエンタメからな?

俳優に対して演技力演技力言うやつは、音楽に対して「演奏力が~」って基準評価してるやつだろ。くだらないよぉ。

藤原竜也は演技がうまいというより「視聴者が思わずいい気持ちになる演技をする能力がある」んだよ。演技力がどうこうじゃない。窪塚洋介もそう

2018-08-18

バンド趣味の人ってさ

anond:20180817124809

数年後に「なぜ俺はあん無駄時間を…」って後悔したりしないの?

楽器演奏する技術を高めるとか苦行みたいな練習してさ。

それをやって何が残るの?

趣味に「何かが残る」ことを求めてはいけない。趣味のもの目的なのだから

2018-08-16

anond:20180815142355

JPOPに限定してはないな?ならば1812年チャイコフスキー)だ

大砲がないと演奏できないというトリビアにも出た曲

2018-08-12

結局パンティーなんでしょ?

Youtube京都 橘のマーチングバンド動画おすすめされるようになった

サムネパンチラ期待してみたけど、別に・・

どうやら海外評価されているようだった

派手なオレンジミニスカでふともも露出

演奏が~」「統制が~」

はいはい

それよりも「パンチラ期待感が~」なんだろクソが

甲子園応援は「行きたくていってる子」が圧倒的多数

なぜかはてなには、「甲子園スタンド応援させられてる生徒がカワイソウ」という考え方に一定の人気があって、今年は酷暑熱中症危険があるのをこれ幸いとばかりに、「甲子園メロキャンペーン」が盛んだけれど、あれ、結構行きたくていってる子の方が多いんだよね。

甲子園野球をやりたい」という野球部員が全国にいるように、あのスタンドで思いっき演奏したい吹奏楽部員も山ほどいるし。それがやりたくて野球強豪校を目指す子だって少なからずいる世界

まあ、なかには無理矢理全校生徒を送り込んでる学校もあって、そういうのはヤメロと思うが、大抵の学校は「応援参加希望者」を募ると、確実にうまるし。


なんか、自分価値観に合わないからって高校野球をとにかくやめさせたい人が、はてなにはたくさんいて、勝手に「生徒がカワイソウ、やめさせてあげないと」という感じだけど、それってゲイの人に「異性を好きになれないなんて可愛そう、なんとか治療して止めさせないと」とか言い出す人たちと、そんなに変わらないんじゃないか?と思っている。

2018-08-10

落合陽一からリプが飛んできた

https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018080779271.html

記事に対して否定的コメントツイートしたら落合氏本人からレスがついた。

せっかくなので補足をしてみようと思う。

サッカーのたとえについて

サッカーのたとえが安易だと思ったのは、ここであげられている例示に違和感を覚えたからだ。

「このオケマンUのようだ」「この曲はレアルのようだ」という時には、サッカークラシック両方に対するリテラシーがいる。

神奈川フィル地域密着で有名なプレイヤーは少なくてもど根性プレイを見せるからVファーレン長崎のようだ」とか「ラ・ヴァルス構造が技巧的でデコラティブだからレアルのようだ」とか、双方をつなぐリテラシー必要なはずだ。

そこを「感覚」というあいまい言葉接続するのは無理がある。

このような安易な例えでクラシックへのハードルが低くなるというのは飛躍しすぎだろう。凄く雑な議論だ。読んでいて話者の「僕はサッカークラシックも知っているよ」という「ぼくはAKBリンキンパーク聴くよ」みたいなスノッブさを感じた。

そもそもなぜこの対談はイラっとするのか

この対談は日フィル落合陽一と組んで行う新しい取り組みにたいして以下の2点を目的としているはずだ。

・こうした新しい取り組みに批判的であろう、旧来のクラヲタへの目くばせ

クラシックになじみはない一般層へのアピール

しかし、この目的はおそらくどちらも成功していない。

まず前者だが、クラヲタはこの対談で言われるほど理屈っぽくはない。私のまわりのアマオケの友人をみても、音楽史楽典精通している人は少数派だ。だいたい当の音楽業界音楽批評こそが「感性」にたよったポエムみたいのばっかりで、しっかり楽曲構造分析演奏技術について記載された記事の方がまれじゃないか。そっちが大丈夫かと思うがそれはここでは関係いか。また、守破離のくだりでいわれるようにクラヲタ保守的でもない。先日の渋谷慶一郎科学未来館ロボットAIオペラが盛況だったように、むしろ新しいものが歓迎される素地がある。私だって金さえあればこのイベントに行ってみたい。落合陽一がどんな「挿絵」を曲に添えるのかみてみたい。こうしたクラヲタの新しいものへの「感性」に目をつぶって彼らを見くびるような対談をプロモーションに使う日フィル大丈夫か。

対談の後半くだりは落合陽一をアイコンにするような「アーリーアダプター」だったら興味をもって読むだろう。だが、「のだめ」でクラシックに興味をもったライトな層だったり、そもそも普段クラシックに興味があまりない新規層をとりこみたいのなら「意識高い系西麻布で美味い飯食いながら<楽しいからこっち来いよ>言ってるみたい」な感じのこの対談がフックになるとは思えない。90年代流行った空間ディレクターみたいな人たちがウェイウェイ言ってるだけで、全然クラシックへのハードルが低くなっているようには思えない。

私はこういうプロオケの新しい試みはどんどんやっていけばいいと思うけど、この対談にはイラだちしか感じなかった。クラシックへのハードルを下げているのは、主催者が汗水たらしてるラフォルジュルネだったり、プレイヤーチャレンジしている反田の新しいフェスだったり、そもそも神奈川フィルが地べたを這いながらやっている地域貢献であって、わたしの「感性」ではこの対談に「内輪の軽さ」しか感じなかった。

あと、蛇足だが、落合陽一のファンらしき人から落合氏は凄い人だからおまえも学べとか尊敬しろみたいなリプが複数きた。落合氏もこんなのに普段からまれているなら不幸だと思った。頑張れ准教授

2018-08-09

動物園内定してしまった

6月大手から内定もらってハッピーだったんだけど、こないだ内定懇親パーティ?みたいなのに行ったら同期になる人達動物みたいで悲しかった。特に上級私大(関東関西わず)の人。ホテルだったんだけど飲んで騒ぐわ女の社員さんにセクハラするわ社員さん煽るわカトラリーで音を立てて何らかの演奏するわ近くの初対面の同期女子コールするわ女の子ゲラゲラ笑いながらイッキするわ、本当にこれが一流企業か?と思った。

どうやら動物園に内定してしまったようです。それともどこいってもこうなのかな。

もちろん全員が全員というわけではなかったので、大人しめの人たち見つけて「やばいね 笑」とか言いながら壁の花決め込んでた。

2018-08-08

anond:20180808221426

ドラムの代わりにゴミを叩いて演奏してる音楽、実際にあるよな。

anond:20180808172155

につま・る 3【煮詰まる】

(動ラ五[四])

③ 時間が経過するばかりで,もうこれ以上新たな展開が望めない状態になる。「―・った演奏

あかんか?

anond:20180808093332

の子オケ編成にあわせづらくて、今回はコントラバスで…と思案するような展開もある。

まずこの人数でオケ編成は絶対に組めない。1パートほぼ一人の現状ではウィンドアンサンブル編成すら困難だろう

からせめて室内楽編成ぐらいは組めるように演奏者を追加してくれというのが自分の言っていることだ

呪い」のせいで散り散りになる前の器楽部の奏でる音は常識はずれで荒削りだけど

具体的に何を演奏していたのか?というのが全く見えてこないのだ。「音」とかい曖昧言葉で誤魔化さないで欲しい

そもそも音楽部なら、普通定期の何らかの演奏会があり、そこで演奏する曲があり

それに向けて皆で練習する…というのが日常風景だ。パートの絆もそこで生まれ

ユーフォとか見たことあるか?…まああそこまで濃厚なのは紛れもなくフィクションだが

ららマジにそういう光景が見えないから、自分の目から見るとびっくりどっきりメカを抱えた女の子たちをとりあえず集めただけにしか見えないし

そのように楽器をびっくりどっきりメカしか扱ってない雰囲気音楽をナメていて癪に触るのだ

ます楽器音楽モチーフに上手く物語に取り込んでいる」という時点でかなり腹が立つ。音楽手段ではない、それ自体尊い目的である

いや、実態として音楽手段に用いている表現は多くある

ただ、それは音楽がある日常の中で展開される物語、という形だ

かにふと自分演奏していた曲に感化されて、気付いて…みたいな形で話が進む表現はある

ただ、ららマジの日常音楽は全く見えてこないし

その時点で「楽器音楽モチーフに」とか言われても話のネタしか使ってない感じで薄ら寒いだけだ

結局は、「音楽それ自体に向き合って欲しい」という一言に尽きる

音楽にただひたすらに向き合うことで自分の抱える精神問題解決がなされるのだ

というか女の子精神問題とか音楽自体の尊さの前ではクソどうでもよくないか

精神問題を抱えながら音楽と向き合った音楽家は多いし、その結果破滅した音楽家も少なくない

音楽の偉大さの前では人ひとりの話などどうでもいいことなのだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん