「20歳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 20歳とは

2018-01-17

anond:20180117205507

これからは、1割の人生詰んでいない人と、9割の人生詰んでいる人の世界になるよ。

20歳くらいまでにそれは決まる。

2018-01-16

未成年者同士の性行為違法にするべき

未成年者同士の性行為違法にし、20歳誕生日後に警察指導を受けるような仕組みにすべき

要は免許取得のようなプロセスを経るようにすれば良い

未成年違反者にはボランティア活動義務違反者保護者罰金刑

2018-01-15

anond:20180115172909

こういうの聞いてみたいよな

男の「だれでもいい」って20歳以上年上でもいいのか

20歳でもクレヨンしんちゃん見て良いですか?

4月になるとしんちゃんコナン映画を必ず見る。

コナンはなんか許されてる感がある。

けどしんちゃんはどうかな?

2018-01-14

After20の話

 サイコミで連載中の漫画アイドルマスターシンデレラガールズ After20」の個人的感想です。

 2話しか掲載されていない段階で少し早いけど。

 ごはん漫画なのは別にいいんです。おいしそうですしねお酒も。

 ただ、同じくサイコミ連載の「アイドルマスターシンデレラガールズ U149」のようにそれこそ声の付いてない子も最初からでてくると嬉しいなーと思っていたんですが。

 どうもそうじゃないのかな、と。

 いや単純に、第一報の6周年イベントで初紹介された時、柊志乃さんがセンターにいたので期待しちゃったんですよ。

 20歳以上のシンデレラガールズは40人以上いて、その内声付きは6人ほど。トレーナーさんらやちひろさんを入れればもう少し足されますが。

 そんな中で川島さんと楓さんの話が続くとなると、

 賑やかになるのをもう少しお待ちください、と言われても、掴みとしては正しいのかもしれないけど…「おなかへったよー…」ってなっちゃます

 あくまでそのお酒飲みのアイドル特に声のない人達活躍を期待していた身としては。(というか何故志乃さんをセンターにもってきた第一報を出して…後から配置変えたんだろう)

 スターライトステージが少しずつアイドルが追加されていったように、そのへんも少しずつ進んでいくのかもしれませんが。

 極端な言い方をすると。あの2人の絡みだけだったらネットいくらでも転がっているし、「スターライトステージイベントやメインのコミュで声なしの子台詞がない(登場は背景にいるような形ではでてきた)」とか「SSRの背景にすら入れてもらえない」ということがあるので、不安なんですよ。

 公式の展開なのに声なしの人をハブらないかって。

 だから。暫くすれば柊志乃さんに限らず、またタイトルに出てる6人に限らず。いろんなお酒が飲める歳の人が出てくれるといいなあ、という期待をしています

 ただ、もし単行本1巻分あの2人だけで行くとなると…いつまでお腹をすかせればいいんだろうなあ。

 そう思っています

anond:20180113163358

男性として言わせてもらうと、このような状況に陥る女性共通点があって、

自分希望を言わない。

あるいは、言わないのではなくて「言えない」が正しいのかもしれない。

「私は○○したい」「私は○○と考える」と3分に1回言う女の子は、嫌がられるかもしれないが、

決してこの記事のような目には遭わない。

男性あなたの心の中を読めないのである

そして、このような女性を見ていて感じるのは、女性自身自分自身の心がよくわかっていないのである

から

自分がどう考えているのか理解する

② 口に出す

ということが大事なのだが…これができない女性がいることは知っている。

私も、結果的にそういう人にストーカーに近いことをしてしまたことがある。

いざという時じゃなくて、普段から、思ったことを言ってほしい。

それがお互いのためである

男性を人を信頼してほしい。

頼むから不快感情でもいいから、普段から思ったことは言ってくれ。

それから、表情は豊かに楽しい時は楽しく、嫌なときは嫌そうに。

20歳を過ぎたら相手エスパーを期待してもよい年齢ではない。

2018-01-10

anond:20180110161245

結婚式は同世代の友人なら、30歳近くにならないと出る機会ないと思うけど、

20歳の時に買った服を10年寝かせて着ないだろ…

リクルートスーツが一番安上がり&その後も使えるけど

そこまで節約するくらいなら出たくない人が大多数だろうな

例えば七五三で「晴れ着は高いか普段着でもできる風潮を広めよう」と言って誰が普段着でやるのか

そこまで節約する人はそもそも最初からやらない

成人式も同じだよ

2018-01-09

anond:20180108170000

うん、自分と似てる。

2018-01-08

18歳から成人はヤバい

検討されてるらしいが

そんなことしたらヤバすぎる

受験がとかその年の19歳や20歳はとかい問題じゃない

シンプル馬鹿騒ぎして逮捕者出した退学

酒飲んで退学が数百人単位で続出する

2018-01-07

それでも、なんだかんだ成人式って行ったほうがよくない?という話

副題:イケてない人間成人式をどう迎えたらよいのか?

大学の同期が成人式をむかえる前に書こうと思っていたが、結局こんな時間になってしまった。

この時間になって成人式ねーうん・・・みたいに思ってネット見てる人間が見ればそれでいいや。

成人式に行かない人って、いったいどんな理由があるんでしょうかね」というのは、改めて考えてみるとこれがいまいちよく分からない。

あるいは自分がなんだかんだ言って結局行った方の人だからなのかもしれないが、行くのを結局決めたのは前日の夜になって「ああやっぱ行こうかな、一応準備だけしておいて寝坊したらあきらめるか」といった具合でいたら当日きっちり目が覚めたので、ええホントに行くの俺?みたいな思いを抱きながら行ったという有様だったので、その辺のところ行くまではかなり割れていたのだが、実際行った後になってああやっぱ行ってよかったなとなるような強い価値観の変化があったので、そのあたりのことがいまいちよく思い出せないし、結局行かない側の人ではなくなったので、行かない側の人としての物言いをしなくなったからだと思う。

というのも、その成人式人生三回目のセンター試験の一週間前だったし。

その頃の自分に何があったかというと、まあなんだかよくわからないことになっていた。少し本題とずれるので、結論だけ見たい人は読み飛ばして構わない。

単にシンプル物言いで表したり表されたりしたくないだけなのかもしれないが、一年目も二年目も、センター利用で受かった大学にそれぞれ親に入学金と半期の学費それから半期の休学費用をハタかせておきながら大学受験をおかわりしていたかである

結局一度目はもっと高いランク大学に行きてえと抜かす自己肯定感の欠如と、それでいて自分の有様をよくわかっていないが生きる上では大切な若者特有の貴重な熱意を、18,9年生きててそれだけしか身に付けなかったんかとばかりの崇高な偏差値という単線指標に振り向けて、それさえ達成できればこれまでも中高大と一度たりと第一志望というものに受かったことのない過去自分の救済になると信じて突っ走ったものの、大元問題が何一つ解決されてないがゆえに何一つ解決するはずもなく、終盤完全に行動の伴わない支離滅裂メンヘラという訳の分からない人になりながら本試は全て落とし、所属するが故の苦い部分から解放されもはや生きてるだけで自己肯定感補填できる依存先と化していた元の大学と、唯一受かった1ランク上の、しか受験が終わった後になってどうやら自分本来大学でやりたいと思っていたものと違うらしいということが分かった大学のどちらにすればいいか迷っていると口にし親父を激怒させて終わった。

二度目のほうはもはや凄惨と言う他はなく、元の問題、つまり自己肯定感の欠如であるとか偏差値以外の指標を実のところ持ち合わせておらず、大学受験というそういうことの最後の振り分けが終わった後でじゃあ自分が何をすればいいのかがわからない、自分に好きなことややりたいことがあるんだかないんだかわからない、ましてそいつを新しく見つけ出すこともできちゃいないし、前の大学の専門や多分野性は楽しかったし、自分のやりたいことのような気もしていたがそいつ自分でかなぐり捨ててしまった。そうこうしているうちに時間は過ぎ、周囲にいる一つ年下の人間はめいめいにそれを見出したり、あるいはそうでなくても仲間を見出していく。新しい人間を迎えるムードチャネルは閉じていき、ただ一人、コミュニケーションに長けているわけでもなく、まして19になって未だ携帯電話さえ持ったことのない現代人にあるまじき自分人間関係からも完全に弾かれたまま過ぎゆくただ時間に溺れ流されていた。前期の単位は夏前に再受験が決まって期末を受ける必要もなくなっていた前の大学のさえ下回り、初めてのバイトもクビになり、夏が終わるころには高校のころ深刻であった鬱状態が完全に再発状態となり、対人恐怖に加えて社会恐怖に陥り、狭いキャンパスの狭い学科で知っている人間と会うのも、知らない人間がそれぞれ彼らなりの為すべきことや適応見出しているさまを目にするのも耐えられず、大学は来てもまともに講義に出ることもなく普段人の来ない大学非常階段で横になりながら、人の話し声や足音におびえ、ただ一日中耐えぬ眠気と抗うつ薬副作用からくる体調不良でくたばっていた。

そのような状況を見かねてか、というより、自身家族学生相談室もお手上げ状態と化しており、少時に発達障害でかかっていた大学病院心理士やら全落ちした中学受験時代予備校先生にまで話に乗ってもらい、しまいに温情で元の大学に戻るなり、また別のところに入りなおすなり、リセットの機会を与えてもらったというのが11月、という有様であった。

というような具合だったので、高校を出てから二年間の間で、自分人生高校を出るまでは同期で同い年の(自分の周囲にいた)人間が辿っていたそれからは大いに逸脱していた。

二度目の大学の同い年の同期とも、ましてや歳の違う同期からも逸れていた。少なくとも、当時の自身にとってはそうだった。

もとは転勤族で住んでいる地元にそれほど愛着があるわけでもなく、昔から付き合いのある人間もいない。親類ですら、精神物理的に最も長い付き合いがあり、肉親としての付き合いらしさを覚えはじめていた爺さんは最初大学受験の途中で突然死した。ましてや住んでいるところの人間など、地理的なり関係性的になり分断が続いたので、初めて親しいらしき人間関係が三年を超えたのは、電車で一時間高校を出てからのことである

↑以上読み飛ばし

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

↓読み飛ばし

そんなわけで当時の自分は、血縁地縁または精神的な人間関係という側面において、また学年や同期など社会的地位としての側面において、そして以前より自分が持っていたイメージ(と現状との乖離)という三つの面において、一般的な「20歳」という存在から離れていた。(すくなくとも、当時はそう自覚していた)

はい成人式ハガキというものは、本人のそうした事情自意識とは全く関係なく、ただいつ生まれてどこに住んでいたかということ以外何一つ問わず、だれの元にも届くものである

ハガキが届いた時点で、すでに自分人生が同年代の多くの人間が歩んでいるのと同じような人生など望むべくもないと思ってはいても(事実そうだとしても)、である

これは生まれ20年の1月を迎えるまでの経緯がどんなに平凡であろうが特殊であろうがおそらく同じことだが、成人式というものは、義務教育を終えた人間に来る、「ただ同じ年(度)に生まれたというだけで世間から全く同じ扱いを受ける」最後の機会だろう。ひょっとしたら最後ではないかもしれないが、少なくとも当分同い年というくくりではこれほどの等しさと無差別性を持った体験をする機会はないだろう。たとえ義務教育をどっかでドロップアウトしようが、義務教育後に社会に出ようが、小中高のどっから私立なり特殊学び舎に通っていようが、あるいはそういうことのなかろうがである

分かりやすいので義務教育を例にとってはいるが、それ以外であっても人間この国で20年も生きていれば意識しようがしまいがなんがしか本人なりの本人しか持たない(あるいは似たような人しか持たない)部分というものが出てくるものだし、そんなことはないと思っていてもそう思えること自体がそうである

これは多分行く前はあんまり分かりにくいことだと思うが、ともかく成人式というのはそういうもの可視化してくれるこの上ない機会だと思うんすよね。

自分が変わっていようが、あるいは変わっていなかろうが、それがどう変わっていて、どう変わっていないのか。会場に集まった普段どこに住んでたんだみたいな70年代珍走団の生き残りみたいな連中やら、無数にいるスーツトレンチコート羽織った黒い大群やら、量産型みたいな晴れ着の女やら、(ときキンキラキンの)紋付袴決めた男達やら、そこにいる連中すべてがまぎれもなく自分と同い年という光景は、少なくとも成人式以外にあるまいと。自分が前日にやっぱ行ってみようかなってなったのは、そういう風な光景って実際どんななんでしょってのを見てみたかったのが一つある。これ考えても実際に見てみないと絶対からないぞと。少なくとも、行ったことは何かの話のタネになるが、行かなかったら何にもならない。あとでやっぱ行けばよかった、がシミのように残ると思った。

成人式ハガキをなくしたのならなくしたと言えば現地で何とかなるし、着ていくものがないならまぁ少しでもちゃんとしてそうな格好をしていけばよいだろうし、そういう成人式だってあってもよいだろう。別に地元友達がいなかろうが、それはそれで自分にとっての成人式はそういうもので、そっから見える光景というものがあるだろう。ひょっとしたら、意外な出会いというものがあるかもしれない。俺の場合は誰一人知り合いとすれ違うこともなかったが、それはそれで面白かった。久しぶりにでも会いたくないやつがいたとしても、そいつと会うのはその日が最後だ。遅刻したって別に会場に入れてくれないということはないし、まあ既に終わってても贈答品くらいは貰えるだろう。

いずれにしても、成人式に行くことによっぽどの、それこそ生命危機が伴いでもしない限り、積極的に行かない理由をひりだすことはないんじゃないか

仮に生命危機があっても相手少年法適用外だ。別に贈答品目当てだってよかろう。地方によっては金券まであるらしいし。ぶっちゃけ、ほかの自治体のでも潜ってる人はいるし、そういう手もあるだろう。

成人式という上に述べたような場で何が起こるか、あるいは自分にとっての成人式がどういう場で、どういう体験をしたかってのは、これまでの自分を同じ年齢の違う人間という物差しで照らし合わせて改めて見直すことができるいい機会になりうると思うし、あるいはこれから自分がどうするかを決める上で一つの観点を得られる機会となることもあるだろう。

俺の成人式の話をすると、その日の朝は普段より早く起きて、普段予備校に行く格好のまま家を出て、最寄り駅のトイレカバンに忍ばせたスーツと革靴(最初大学入学祝い)に着替えて行った。

贈答品は会場に一番近いマクドナルドクーポンなのは事前情報で知っていたので、特に期待はない(要らねえけどなんかムカついたから二枚使った)。

日本で最も規模のでかい成人式ひとつなので、夥しい人間がいた。その中で明らかに事前の期待を裏切ってよかったこと・面白かったことが3つと、クソだったことについて書いて終わろう。

まず前座で良かった点、開式の国歌市歌斉唱。これは完全に盲点だった。いや、人生であれだけの人数で国歌市歌斉唱するという機会は以前もなく、おそらく今後もそうないだろう。規模は地元によって変わるところなので一般化はできないが、大勢国歌だとか市歌だとかをまともに歌ってみるというのは、歌というもの(または斉唱)が持つ効果について体感することができたし、本人の政治的スタンスによって様々に見方があるものだと思う。

クソだったのは、少しは面白い話するかとほんのちょっぴり期待していた林文子(市長)が死ぬほどつまらない話しかしなかったこと。マジで役に立たねえ話しねえ。1行で要約すると

携帯電話が普及して直接コミュニケーションをとれる機会が私たち世代より減ったと思うので密接な人間関係を築けるよう頑張りしょう。」

いやもっと役に立つ話しろとは期待が高すぎたかもしれんがせめてなんかそれについて掘り下げた話はできないのかよなんだそのお手本みたいなお年寄りのお手本トーク・・・というもの。これはこれで、ある種の貴重な機会かもしれない。毎年使いまわしてる可能性があるから横浜市民は要チェックだ。

輪をかけてクソだったのがその次の新成人スピーチ。まあ新成人代表なんぞに選ばれてスピーチを打つやつはまず間違いなく模範的成人みたいなやつかそれに類するものだと思っていたのだが(それ以前のスポーツ選手みたいなのの紹介とかもそうで)、そいつの語り口が聞いていて気に食わなかった。正直後のインパクトで話してた内容をあまり詳しく覚えてないのだが、まあ今はボランティアかいろいろやってます系の大学生自分人生を語るというものだったんだが、その途中で(当人人生実態としてどうであれ)妙に「こいつスピーチの話術として落としをやっているな?」というところがなんか聞いていてイラついてくるのである。「いじめられもしました」の言い方が湿っぽいんだよなんか。でもお前いい人に囲まれててよかったねいい人生だねと市長スピーチに続いて半ば来たことを後悔し始めたのだが、ここからがとてもよかった。

乱入である

これは行く前と行った後で最も価値観が変わったこである。かねてから成人式乱入というものはまぁおよそまともなものではないと思っていたが、しかしその場ばかり、その場の自分にとっては違った。

むかし怪獣特撮怪獣が町を破壊するシーンで喝采があがったとかいう話が少し分かった気がした。

成人式というのは、その主役は新成人である。そこにいる、会場に座っている全ての人間が主役である。彼らの社会的日向日陰此方彼方近郊遠方、全てを問わずしかし彼らのものであり、選ばれた新成人と、一世一代の晴れ舞台乱入を試み壇上へ駆け上がった名も知らぬ煌びやかな和装姿の彼と、私と、あるいはすれ違うこともないがしかしそこにいるはずの知人どもとの間に、いったい何の違いがあるというのか。誰が彼と彼らと分かちうる権利を持ちうるのかと。成人式とは、生きてきたこと、為してきたことの如何を問わず万人がそこにいる場ではないのかと。

ひとり私は拍手し、心の中で喝采をした。壱萬の大群と自ら選んだわけでもない代表者という構図の中に包まれていた会場を破戒し、否、そうではない、と示した彼の姿に。

そのように見出した彼の姿に心打たれ、ある種の感謝と、自らの肯定を覚えたからだ。彼の行動によって、万人の場としての当市成人式は成立をなしえたのだから

最後に。これは来ていちばんよかったと思えた光景なのだが、式が終わって駅に行くまでが死ぬほど混んでいたので見物感覚で大回りして駅の空いてるほうに向かっている途中、まあいかにもあまり中学休み時間窓際で話してそうな感じのイケていなさそうな感じの風貌のダウンジャケットの男二人が、しかし久しぶりに会ったと思わしき感じで、いかにも久しぶりにやるその頃の二人のやり取りという感じで楽しげに歩いている、その光景を後ろから見ているときだった。

こういう成人式も、あるのだと思った。

anond:20180107195511

20歳子供産んでも、まだ4歳だし、まだ子供と観たりはせんだろ。と思ったが4歳だとジブリ観たりするし、観るか。

2018-01-05

男は若い女が好き

人類誕生から変わらないこの原則理解していた。

この原則を歳を重ねるにつれ身で感じることが増えてきた。

20歳~32歳くらいまでの女性と遊び考えることがあったのでまとめてみる。

以下が原因で生物的以外で若い女好きになると考えられる

男性が多く出すことについて慣れていない

相手との年齢差によって払いの金額は変わる。

恐縮したり、嬉しそうにする人が多いのでこちらとしても普通に嬉しい。

だんだん奢り方に文句つけるようになって行き遅れる理由をビシビシ感じてしまう。

行く店の価格に対するコスパが良い

学生ならちょっと良いめの有名じゃないチェーンでいい。

ちょっと落ち着いたバーに連れてけばもうかわいいとこが沢山みれてしまう。

歳上と落ち着いて話したりするものいいが、コスパが悪い

ちょっと気合入れた感じでも前の彼氏と来たとかになって萎え

結婚リミットを考えると気楽

結婚はしばらく考えてないよ!とか言われてもちょっと歳上は怖い。

元カレに体の関係を迫って断られた話

出会って1カ月で告白されて付き合い

3カ月でお互い納得の上で別れ

別れて翌日に後悔してしま

1カ月後に元カレから分かる質問をし

3カ月で電話をした結果

なんと新彼女ができていた

その1週間後、お茶( ・∀・)っ旦をした

元カレ30歳

彼女20歳

わたし28

どうやら新彼女元カレ一目惚れして

もうすぐアピールして付き合ったそう

元カレも新のことをちゃんと好きみたい

ちなみに社内恋愛だけど県またぎ

元カレにはとにかく結婚したい人だからすぐ結婚してしまうと焦ってしま

2日前に電話告白したら玉砕した

体の関係でもいいと、

最後に1回だけでもいいと

そしたら諦めると迫ってしまった

こんなこと人生では1度も言ったことないし思ったことないか自分もびっくりした

正直男からしたら願ったりかなったりだよと言われたが

つらくなるのは私だと断られた

他にいい人を探しなさいと諭された

ただ、ブロックとかはしないか

友達としての付き合いをのぞむなら連絡橋は返すと

そして今日

1日経ってとんでもないことを言った

彼女さんにも失礼なことをした

猛省したがもう遅い

4年付き合った前の彼氏より素敵で

こんなに人を好きになったのは初めてで…

みんな、体の関係は迫っちゃダメ

品格を持つの

あー落ちぶれたもんだ

2018-01-04

いしだ壱成彼女を見てると昔の自分が思い出されて辛い

初めてのはてなブログから、変な書き方とかになってたらごめん。

題材も、世間一般苦笑いしながら付き合わされてるおっさんの話だから、加勢するようで申し訳ないんだけどさ。

昔の自分そっくりなのよ。

うそ人とは別れて3年以上経つから自分の中では終わったことだし、なんなら仲良い友達との間ではネタとして話せるからいいんだけど。

付き合ったのは私は当時20歳、専門学生。彼はふた周り年上、バツイチ会社員。そこから約2年半付き合って、別れました。

あえて言うけどパパ活じゃないよ。

彼女もきっとそうなんだと思うんだけど、同世代ともそれなりに付き合ってきて、やることもやってたんだけど、こんなに人を好きになったことは初めて!っていう気持ちなんだと思う今。

向こうがこっちのペースに合わせようとして若いデートに付き合ってくれるのも可愛く見える。逆に彼氏のペースに合わせようとすると大人になった気分になるんだよな。

おじさんだけど何しても可愛い。私のことを大好きでいてくれる。私も大好き。体の相性もいい。もういろんな壁を超えて結婚するしかないっしょ!だってこんなの運命だもん!!

〜〜〜これが2年は続きました〜〜〜

でも私と彼女が違うとこは、周りに堂々と宣言して、テレビ使ってイチャイチャ披露してること。

恋は盲目はいえ、本当に仲の良い友達しか真実は伝えてなかった。広まっちゃいけないことだとは思ってたんだよね。

私は親との関係も良かったから、年上の彼氏がいることは言ってたけど、詳しくは言わなかったし言えなかった。

紹介する気は毛頭なかったけど、結婚できると信じてるからいつかって思ってた。

その点あの子はすごいよ。将来も隣におじさんがいると信じてるから。おじさんが老けてく未来を考えてないから。





それでもさ、ある日突然、隣で眠る彼氏」を見て気付くんだ。

あ、この人ほんとに「おじさん」なんだ、って。

肌の油。首元のたるみ。着痩せするけど出ているお腹。だらしないいびき。持ち堪えてるけど密度の薄い生え際。

あのときの、あぁ、この人とはやっぱり一緒にいられない、いるべきじゃないって感覚は忘れられない。

隣にいる人が「おじさん」て気づいたとき、千年の恋も冷めたんだよね。

そこからはもう何しても可愛くみえなくなる。

可愛いと思えなくなったら、もうほんとにただのおじさんがそこにいるだけだからね。

あと悲しいけど、勃たなくなるよ。





彼女に別れろとは言わない。

私も無駄だったとは言わないけど、

周りから祝福される恋愛をしたほうがいいって気付くときがきっと来る。

「おじさん」と付き合ってる自分気持ち悪くなるときがきっと来る。

あなたにはまだ未来があるよ。

別れた後、テレビでその話ばかりする銭ゲバタレントにはならないでね。事務所とよく相談して、幸せになってね。



タイトルに思い出されて辛いとか書いたけど、辛いというより恥ずかしいって感じ。

変なコメント来ないといいな。

最後に…さすがにあの部屋で同棲はないわあ!冷めるわー!!

2017-12-31

ゲスの極みなオレは20歳の子に恋をして

今日2017年最後の日。

はじめてますだに投稿するけど、なんだか吐き出したくて仕方ない。

文才がないことだけははじめに伝えておく。

3年前に同じ会社婚約者がいた。

お付き合いして2年だったけど、残り1年は中身ある付き合いとは言い切れない。

おれは今まで亭主関白なところがあって、自分の考えを押し付けるところがあり相手聞く耳もつことがなかった。

これじゃまずいと思って、次付き合う人は「相手を立てて、その人を尊重しよう」って思い意識を変えた。

それが元婚約者だ。

はじめの1年はとにかく楽しかった。お互いケンカもなく、笑い合いながら楽しんだ。

1年たった後、元婚約者異変が起きた。会社内で元婚約者批判する投書が上司に知れ渡り状況が一変した。

おれは彼女を支えるべく、ずっと励ましをして彼女の言いたいことを常に優先してきた。

しかしそれがダメだった。

結果として彼女精神病み、おれ自身うつ病になって、結婚どころじゃなかった。

会社カウンセラーからは「お互いの心が正常に戻った時に話し合って前に進めたらいい」と助言を受け、オレはそれに従った。

半年が経ち、元婚約者からは「好きな人ができた」と告げられた。

おれはどうしようもない絶望感に襲われて、今までおれはなにをしてきたのか訳が分からなくなった。

婚約をしていたので、裁判を起こした。

これが2年かかった。長いのか短いのか分からないけど、オレにはどうしようもない怒りと悲しみに襲われていた。

最終的には和解という形にはなったが、実質勝訴みたいなものだ。

すべてを終えたおれは心が軽くなり、久々に1人の時間満喫するようになった。

婚約者と過ごした2年+裁判で2年、失われた時間を埋めるかのようにとにかく動きまくった。

特に関係がひどい。

はじめは大学時代元カノ

の子はとにかく恋愛体質が強く、自分を好きになってくれる人を好きになるタイプ

おれはその子とは身体関係も含めて、相性は良かった。

しかし重い。

相手のことを思いすぎて、オレの時間など気にせずLINEしまくってくる。

オレは元婚約者との関係は異質なものと観ていたので、自分時間大事にしたいし、相手相手自分大事にしてほしかった。

分かりやすく言えば、「趣味彼氏」みたいな子だ。

これじゃ未来を描くことはできないと思い、オレから別れを告げた。

今その元カノは別の男性できちゃった婚をしたと風のウワサで聞いた。

次は同じ会社の別の女と身体関係をもった。

その人はバツイチだったので、特に後腐れもないと思っていたが、一回身体関係もつと面倒なことになった。

焦っているのかどうか分からないが、とにかくオレへのアピールがすごすぎる。

その気がないことが伝わるまでかなりの時間を要したが、今では普通に接している。

ただハッキリ言えるのは同じ会社の人と恋愛または関係を持つのはコレっきりにしようと決めた。

2016年の春

会社新卒女の子入社してきた。高卒の18歳。その子藤田ニコルみたいなので「ニコるん」とする。

若い子はまるっきり興味はなかったんだけど、ニコるんは余り積極的自分から話すことはなく、こちから声をかけていくうちに気になり始めた。

あぁ〜おじさんがキャバクラにのめり込む心理が分かったような気がする。

おれの話を屈託のない笑顔で応えてくれるんだよ。そう自分肯定されている錯覚に陥る感覚

15歳も離れている子を気になり始めるって、自分でも信じられなかった。

の子に恋をするってのはある意味で面倒だし、ましてや同じ会社

じゃあ同じ恋をするなら、年が近くて別の世界に属している人がいいんじゃね?って思い、出会い系を使うことにした。

出会い系はいわゆるペアーズやomiaiなどのアプリを利用した。

プロフ作成とかメッセージのやりとりは正直面倒だったが、きちんと出会えた。

はじめは3つ下のバツイチ。同じ読書趣味で盛り上がってとても楽しかった。

けど2回目のデートとき日帰り旅行南紀白浜に行ったんだけど、どうも相手は楽しくなかったみたい。

相手曰く「コミュニケーションがちゃんと成り立っていない」「わたしには時間がないのでここで切りたい」

そう言われて落ち込んだ自分がいた。

とても虚しい気持ちになり、ついニコるんにLINEをした。ただ話し相手になってほしくて呼んだに過ぎない。

ニコるんは何事もなくオレに接してくれて、会社の話や趣味の話などをして少しずつ気持ちが少し落ち着いてきた。

同時に出会い系出会った女のことも話し、なんとか笑い話になった。

その時、ニコるんはオレのことを恋愛対象として観てるかはわからん

本人は15歳離れても全然OKだとさ。それ聞くと意識はせざるを得ないけど、社交辞令として受け取った。

オレから観るニコるはいつも妹中心に考えていて、男は二の次という印象。

なので、ニコるんの心にオレは入ることないだろうなって思った。

最初出会い系を使って2ヶ月後、別の女性出会い系で知り合った。

その人は5つ下の29歳。秀才タイプで真面目系。

性格的に面白いんだけど、酒飲みだった。

最初デートカフェで楽しくおしゃべりしていたけど、2回目からはぐいぐいビールを飲む。

おれはお酒は好きだけど、付き合いぐらいしか飲まない。

その点は気にしないようにして、いつしか身体関係もつようになった。

けど、相性は微妙だった。何よりも口臭がきつい。

明らかに酒の匂いがして、興奮しない。

女として見れないと思い、連絡は減らすようにフェードアウト

2016年はこんな感じの女関係

結婚意識した上での恋愛をしていたつもりなんだけど、相性が合わないと結婚生活は上手く送れない。

そんな信念で恋愛をしていた。

2017年

気持ちを新たに切り替えて、ある小料理屋を通うようになった。

そこの女将は29歳でとても若い

料理も上手で話も上手。何よりも禁煙なのが良かった。

この店を通うようになってから、他の常連客とも仲良くなりとても楽しいひとときを過ごすようになった。

ちなみにその女将は既婚者で、恋をするとか全く考えていない。

ただシンプル自分に癒やされる空間で美味しいお酒食事をすることを堪能した。

料理屋に通い始めて3ヶ月後

同時期に女性3人と付き合い始めた。

こうやって聞くと3股なんだけど、ただオレは相手の話を聞いて頷いて女性を立てていたにすぎない。

1人目

高校時代元カノ同級生バツイチ子持ち。

そいつとは高校の時に色々あったけど、年を取った今、大人の会話ができている。

経験値というのだろうか、話が意外にも合う。共通趣味とはないけど、腐れ縁的なところもあるな。

流れにのってヤッてしまった部分はあるけど、まあ大人関係だ。それ以上もそれ以下もない。

シンプルに言えば、セフレみたいなんだけど時々飲みに行く間柄である

2人目

会社の元同僚。2つ上で既婚者子なし。

最初趣味友という関係意識も何もしなかったんだけど、9月になぜか二人っきりで旅行行くことになった。

ただ野球観戦をするだけのためにすべて相手ホテルの手配や飛行機の予約を任せていたんだけど、部屋は別室と思っていたら同室。

これって明らかに誘ってるパターン

どう考えても不倫になるので、自分の中では「ダメ」だと思いつつも好奇心旺盛が強く、流れでヤッてしまった。

ヤッたのはこの旅行最初最後

旅行自体は楽しかったんだけど、終わった後の罪悪感なものを感じてとても気持ちが複雑になっていた。

3人目

大学同級生。未婚。

ずっと友人関係が続いていて、恋愛はおろか身体関係もない。

事の始めは相手恋愛相談から始まったんだけど、結局ダメになった。

なぜか話しの流れで「私達付き合わない?」と言われ正直戸惑った。

おれは結婚を前提に恋愛するつもりでいたんだけど、付き合っていくうちに気持ちが変わるかもしれないと思い、

一応付き合い始めた。

しかし、4ヶ月経ったのに身体関係がなく、ただいつもどおりの友人関係

オレが考える恋愛とは全く違う。

3人同時進行は、オレの中で初めての経験自分でもモテてることに意外に思えた。

この流れは後にも先にもないだろうと思い、死ぬまでにはしてみたいことだったので前向きに捉えるようにした。

もちろん3人にはオレが3股であることは伝えていない。

しかしだ。この関係12月に入ってから終わろうとしている。

まず1人目。

こいつについては、まあ来年関係は続くだろうけど結婚はまずないだろう。

何よりもオレ中心ではなく自分中心で生きたいというスタンスなので、コレ以上も何もない。

気心知れているけど、恋愛対象としてないオレがいる。

2人目

お互い不倫という負い目があるからなのか、あれ以来音沙汰なし。

先のことを考えたら、お互いのためにも会わない方がいいかもしれない。

3人目

つい2週間前、ヤッた。

相手大学以来久々だったとのこと、

雰囲気はとても良くて、何かとラブラブでとても良い心地。

1回目はゴム付きでやったんだけど、ホテルの中のゴムは1個しか無いので、2回戦は不可。

しか相手が誘ってきたので、生でやった。もちろん合意の上で。

つい気持ちよくなってつい相手の中に出したんだけど、ここで事件が起こる。

「なんで中に出したのよ!!!!!」

めちゃスゴイ剣幕で怒りが込み上がっている様子の中、オレは出した直後なので果てている。

何が起きたのか訳がわからない。

生でやったことは合意の上、なのに中で出すのはご法度

外で出してほしかったみたいだけど、生でヤッた時点でいつできてもおかしくないんだ。

確率上、中のほうが高いのは言うまでもないけど、ラブラブムードが一気に吹き飛んだ。

4ヶ月間楽しくデートもして友人関係のままだったけど、この日に初めてヤッて気持ちよかったのに。

たった1回のセックスでおれはこの瞬間、「この女と切りたい」という気持ちになった。

しばらくしてお互い落ち着いて、少し話す機会を設けたところ

相手から「しばらく距離を起きたい」と言われる。

言われなくてもオレもそのつもりだった。

アフターピルを飲んで、次の生理が来たのは昨日のこと。

相手からは「やっぱり別れる」と告げられて、おれは安堵した。

この状態で付き合ってもオレも相手幸せにはなれないだろう。

こんな感じで3人の女のとの関係が終わった。

ここでおれのゲスなところを伝えておく。

ニコるである

11月たまたまニコるんと出張へ行くことになり、急接近し始めた。

出張帰りにデザートを買ったり、一緒に食事にいくようになった。

恋愛として対象に観ていたかどうかと言われたら、難しいけど恋しているんだろう。

新卒入社してそろそろ2年経とうとしている20歳女の子

そう彼女は二十歳になっていた。

成人している年齢なので気軽にお酒を誘えるようになった。

なんでこんなオッサンについてくるのか疑問だったけど、気分は悪くない。

けど妹のことになれば、おれのことはどうでも良くなる。

そんな子だ。

おれは3人の女との関係を持ちつつも、ニコるんのことは片隅にあった。

それは会社の先輩としてなのか男としてなのか分からない。

いや男としてなんだろうな。

先週、おれはニコるんにあるお願いをした。

「来週の土日、引越し先のために車を使いたいから買い物に付き合ってほしい」

ニコるんは笑顔で「いいですよ〜!車はアルファードがいいですか?!」

こんな風に快諾してくれてオレは嬉しい気持ちになった。

そして昨日、待ちに待った約束の日。

ニコるから「すいません!妹がインフルエンザにかかったみたいで」

おれは「いいよ〜気にするな。また明日あるしな。妹さんお大事に〜」

かなりガッカリしたけど、気にしないようにした。

けど尾を引いた。やっぱ妹優先なんだろうな。

今朝、改めて妹の様子を確認と同時にニコるんにLINEした。

「妹の体調はどない?無理なら無理で大丈夫からな〜」

しかし、夕方になっても返信はこない。

未読のままだ。

何かあっただろうと思いつつも、きっと妹のことを優先しているんだな。

もう虚しい気持ちしか残らなくなった。

しょせん35のオッサン相手しんどいんだろうな。

不相応に同年代の方がいいんだろうか。

それ以前に、相手を選り好みするオレはゲスだ。

そんな心構えだからこそ、まともな恋愛ができない。

何にでもはっちゃけすぎた。

こんな2017年最後を迎えるっていい結末だ。

いい思いも悪い思いもして人間らしいストーリーを堪能してる。

そう思うようにしとこう。

こうやって、ますだを書いてる最中ニコるからやっと連絡きた。

「いつもお世話になっていますニコるんの妹です。姉が昨夜緊急入院して今も目が覚めておりません。こうやって予定を合わせられなくて申し分ないです」

まさかの妹からまさか入院

事実なのかどうか訳がわからなくなった。

虚しさ以前、ニコるんに踊らされてるような錯覚に陥る。

そもそもニコるんの携帯指紋認証がついてるiPhone8だ。

妹が勝手に使ってるって邪推してしまう。予定の埋め合わせができなくてこうやって嘘のストーリーを作ってるんかな?

あれこれ考えてしまうけど、どうでも良くなってきた。

冷静に考えてたかが15下の小娘だ。子どもに踊らされてるオレがアホなだけと思っとこう。

ニコるんの妹への返信は、そのまま額面どおりに受け取ってフォローしておこう。

そして極力かかわらないでいこう。

そのほうがいいな。

そろそろ恋愛システム代替を考えないか

こんな増田があったので考えてみる

そもそもモテない人間結婚できなくて国が衰退するシステムとか頭悪過ぎる

子供女性の腹からまれてくるシステムが間違っている

https://anond.hatelabo.jp/20171231105944

とりあえずこんな感じ

20歳になったら卵子精子提供義務付けして政府側で人工授精

母体は雇うか人工(雇う方が現実だが)

子供施設でまとめて管理して適性に応じて教育内容を変更

恋愛したい奴は勝手にやってよい(ただしそれを支援するものはなし)

ディストピアとか人権無視とかあると思うけど死ぬくらいならやっていいと思うのだけどな

今の所、そこまで追い詰められていないのだろうけど

2017-12-30

2016年もあと2日かー

年取るとだんだん一年が短く感じられるよな

一年の長さって、単純に考えれば1/年齢だから、年取れば分母が大きくなって値が小さくなるのは当たり前だけどな

10歳にとっての1年は1/10=0.1、20歳にとっては1/20=0.05、40歳だと1/40=0.0125だもんそりやあっという間だわ

みなさん良いお年を

2017-12-27

当時バイト先の好きでもない女で童貞捨てた

20歳ときだったか

別にかわいくもないしブサイクでもない、好きでもない彼女だった

興奮はしたけど、別にそれは本能的な興奮だった

別にいい思い出でも悪い思い出でもない そんなもん

2017-12-25

据え膳食わぬ男

12/24クリスマスイブ。男はある女性アパートで飲んでいた。

酒も回り、寝落ちするつもりで横になると相手女性が抱きついてくる。

しかし男、

20歳大学生童貞

股間はギンギンなまま、そのまま朝を迎えましたとさ。

おしまい

2017-12-24

2017年ヤレた(ヤレなかった)女の子

当方40代フツメン収入身長

仕事柄、東南アジア出張多し。

もう、いいオジサンなので風俗多めなのはご容赦ください。

ガールズバーで連れ出そうとするも、断られる。朝までガールズバーおっぱい揉んで終了。チクショウ。

某有名サウナ秘密エレベーターから秘密の部屋に通される。感想特になし。

KTV。連れ出そうとするも一度お断りされる。泣く泣く近所の居酒屋で飲んでたら、連絡が来て合流。ホテル直行

ガールズバーでお持ち帰り。一緒にCLUBに行ってからホテル誘ったら付いてきた。ひたすら可愛かった。

ガールズバーで2人お持ち帰り。同行の日本人男性4Pバイアグラ使った。ひたすら可愛かった。

有名援交カフェでご指名ホテル行って自分iTunesEDM爆音で鳴らしながら腰を振る。美人エロかった。たまに連絡来る。

サウナ。何度もチェンジしてやっと希望女の子にたどり着く。顔良し気立てよし。また行きたいけど用事がない地方都市

某有名カラオケジャグジーのある部屋で乱交パーティーモデルの卵で、すげえ可愛かったけど、ひとのチ◯コはもう見たくないかな。

アジア某国ナンパCLUBで酒奢って仲良くなってホテルまで付いてきた。翌日昼までSEXした。この世のものとは思えないくら可愛い。その後もちょくちょく会う。

アジア某国ナンパフレンチで飯食って、ルーフトップバーで口説いてホテル

それではみなさま、良いお年を

2017-12-23

anond:20171223200745

でも20歳くらいでみため40歳くらいになっちゃうんだぜ?

脇の下のおでき

小学校6年生の時だろうか、私の左脇の下にさなおできが出来た。

脇の下中央、目立ちやすいところに約3mmの丸い突起物、弾力があり引っ張るとすこし痛い、私の脇の下とごく薄い皮でつながるおできだった。中学校に上がる際、水泳ときなどに不便があるだろうとおできの治療(定期的に液体窒素をおできにかけ小さくしていく療法)をしに行ったが、液体窒素をかけるときのあまりの痛さと、定期的に通うという面倒臭さに負け、一回でやめてしまった。それから私は8年間、左脇の下のおできとともに成長し、生きた。大学受験合格発表を母と見に行った日も、朝まで友人と将来を話した日も、初めて大好きな人告白して振られた日も、私の左脇の下にはいつも約3mmほどの小さなおできがいた。

先日お風呂に入ってなんとなしに脇の下を触ったら、おできが石のように硬くなっているのがわかった。見ると、衣類の糸がおできに絡まって血が止まり、赤黒く硬化していた。

硬化したおできはまるで自分の体の一部ではないようだった、つねっても痛くなく、まるでふいに体にくっついてしまった小さなゴミのように、かろうじて私の脇の下にひっついるようだった。そんな風にコロコロと指でいじっていたら、ついにおできは私の脇の下からポロっと取れてしまった。取れたおできは黒かった。絶命の原因の白い糸が、おできと私をつないでいた薄い皮に巻き付いていた。その後もしばらく眺めていたが、うっかり手を滑らせておできを風呂場の床に落とし、失くしてしまった。奇しくも20歳誕生日の2週間前のことであった。

8年間なんとなく嫌だったおできと別れ、これからは「左脇の下におできがない女」として生きていけることが嬉しい。これからノースリーブを着ても躊躇なく両手を挙げられる。脱毛サロンに行っても恥ずかしくない。けれども、体を洗うとき剃毛するとき、私はもういないあの時のおできのあたりを、つい触ってしまうのだ。

お金性的サービス尊厳の話

すこしまえに、友達が行ってみたいというので、おそらく女性オタク向けカフェのようなところに行ってきた。

そこには色々な設定があって、スタッフ男の子同士が先輩後輩だったり、先生だったりして、そういう設定の上でのスタッフさん同士の絡みなんかを横目に見つつ、カフェとしても楽しめる、みたいな感じ。メイドカフェと同じで、特別メニューを頼むとなにかやってもらえたりする。

少し高価なメニューになると、スタッフ男の子二人に、好きな設定で寸劇?をさせられる、みたいなのがあった。面白がって友達が頼んでみていた。ルームシェアで一緒に住んでいる男友達同士、片方が片方を好きで告白する、みたいなやつ。

それがもう、ものすごくぎこちない。男の子たちは20歳前後くらいで、人によっては高校生みたいな感じで、お客さんに言われた設定に戸惑いながら、ノリきれない気まずさを滲ませた棒読みセリフを言って、半ばヤケになって、片方が片方を押し倒して雑に体をまさぐるような真似をした。二人とも、あまりやりたくなさそうだった。

一緒に行った友達爆笑して楽しそうにしていたので、楽しめる人もちゃんといるんだな、と思ったのだけど、私には無理だった。何より、特別メニューという体裁お金を払うことで、人に意に沿わない、性的匂いが皆無ではないことをやらせている、と自分が思ってしまう状況が耐え難かった。私は今、札束でひっぱたいて、人間尊厳をほんのひとかけらかもしれなくても、搾取しているのではないか、という罪悪感がいたたまれなかった。そういうふうに感じずに楽しめる人ももちろんいて、それがどうこうとは思わないが、私には辛かった、という話。

これがもし、すごく上手にオーダーをこなす大人の人で、寸劇の完成度が高かったらこんなふうに感じなかったかもしれない。それは「意に沿わないこと」であってもそう感じさせない、もしくは求められたことについて「意に沿わないこと」を外して、それでもきちんとオーダーをかなえる力量が向こうにある、というだけで、構造はだいたい同じなのに、それに対しては罪悪感を持たないかもしれない、ということなので、いい加減な基準だなぁと自分でも思う。

金銭の対価としてのサービス範囲内で、相手尊重して、意に沿わないことをさせないように、というのは、性的サービス場合にはけっこう難しそうだな、と思った。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん