「のぞみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: のぞみとは

2019-04-13

お父さんお母さん、私に謝ってください

自分の気持の整理のために書き連ねる。自分語りで相当長い。


昭和生まれ就職氷河期経験済みのアラフォー

二歳年上の兄(長男)がいる。自分は長女だ。

幼い頃は特に兄と自分への待遇に差を感じたことはなかった。

親は団塊世代で当時は給料右肩上がり時代で、それなりの中流家庭だったと思う。

習い事などもどちらもそれぞれ好きにやらせてもらえていた。

兄が通っていた地元の塾に自分も行かせてもらい、兄は一足先に中学受験をして某私立中高一貫校へ進学した。

自分最初の塾(兄と同じ)で、『御三家も狙える』と言われ、有名な大手進学塾へ通うようになった。

毎週土日のどちらかには親に連れて行ってもらって都内テストを受けに行き、自分純粋に楽しんでいたが、それに付きあう親は大変だったろうと思う。


そしてその頃から、どうやら兄は道を徐々に踏み外していったらしい。

具体的に中学生の兄の身に何があってそうなったのかは今でも知らない。

兄は万引きなど軽犯罪を繰り返すようになり、親が警察に行くこともたびたびあった(当時、自分にはそれらの事実は知らされなかった)。

自分と兄はひとつ屋根の下暮らしていたが、部屋は別々で元々仲の良い兄妹でもなかったし、

自分中学高校御三家の一つに受かった)で良い友人に恵まれ学生生活を楽しんでいて、兄のことはほぼ眼中になかった。

ただ、それでも兄や両親を見ていて、『兄が道を踏み外しつつある』こと、『親が兄の対応で大変らしいこと』は雰囲気でわかった。

から自分まで親に負担をかけてはいけないな、と子供ながらに思っていた。

別に親のためにいい子でいようと思ったわけではない。

道を踏み外していく兄を尊敬できなかった、いや、心から軽蔑していた。ああはなりたくない、と思っていただけだ。

学校の友人の兄弟はみな出来が良くて、どこに出しても恥ずかしくない「まっとうな」人達で、比べると自分の兄が恥ずかしかった。

学歴なんかの問題じゃない、今でもそれで兄を差別する気はない。

犯罪を犯すこと(万引き以外にも路駐やら何かでしょっちゅう警察から電話があった。警察バカにし、遵法精神などまるでなかった)、

それで親に多大なる迷惑と心労をかけていたこと、それを反省もせずにまた繰り返すこと。

兄の心理など知る由もないし、なにか彼の思春期問題があったのかもしれない。

だがだからといって兄の行為正当化される訳もない。繰り返すならなおさら弁護の余地もない。

私は心の底から兄を嫌い、軽蔑し、しかし表にはそれを出さずに、ただ兄とは接触しないようにしていた。

(なぜなら、兄は短気で暴力に訴える人間だったからだ。一度自分がそういった態度を見せた時、夜中に枕元に金属バッドを持ってすごんできたのは忘れられない。

  そしてそういった基質もまた、私の兄への侮蔑をより強める結果になった)



そして兄は高校を(なんとか)卒業し、大学へは行かずにフリーターになった。

親はどこでもいいか大学へ行かせたかったようだが、兄本人が『大学でやりたいことがない』と進学しなかった(ここは兄が正しいと思う)。

ありがちな話だが、兄は音楽の道を進もうとしたらしい。バンドを組んで、いわゆるバンドマンになった。

音楽活動の実態は何をしてるのかさっぱりわからなかったが、さほど身を入れてやっている様子もなく、芽も出なかった。だが諦めきれないのか、フリーターをしながらだらだらと続けていた。

自分高校卒業大学へ進学した後も、兄はその生活をしばらく続けていた。

そのうち、兄は一人の女性(Aさん)と知り合った。そして二人は結婚を考える仲になった。

Aさんはとても良い女性だった。自分や両親とも仲良くしてくれて、兄は大嫌いだがこんな姉ができるなんてほんとに嬉しい、ようやく兄が自分にとって良い行いをしてくれたと思った。

しかしここで、両親は最大の過ちを犯した。

何を思ったのか、兄にマンションを買い与えたのだ。親の名義でローンを組んで、兄と彼女の新居にしろと兄に与えた。

フリーターの兄に月々のマンションに係る支払が払えるはずもない。それはすべて親が払っていたのだ。しか結婚も確定しないうちに買って与えた。

呆気に取られた。納得できないが親の気持ちになって考えてみれば、『Aさんに逃げられないように、住居が確定していれば結婚生活も楽になるだろう』ということだったのかもしれない。

『妹は大学へ行かせてやったのだから、兄にも何か与えねば』と思ったのかもしれない(しか自分国立大で、学費トータルしてもマンション費用20%にもならないのだが)。

兄は別に特段の感謝をする様子でもなく、当たり前のようにそれを受け取った。

そしてその後、結婚が決まっても一向に定職につこうとせずに自堕落生活を続ける兄は、Aさんに愛想をつかされて結婚前に出ていかれた。

(兄はAさんに入れ込んでいたらしく相当なショックを受けていたが、自分から見れば当たり前だばーかしか思えなかった)


この頃からだろうか、自分が『親は兄を贔屓している』と思うようになったのは。正確には、『親は兄を甘やかしている(自分には厳しいのに)』と感じ始めたのは。


自分は親に言われた。『私立大に行かせる金はないし仕送りをする余裕もないから、家から通える国立大しろ』と。

親の言うことに従おうとしたわけではなかったが、自分の行きたい大学はその条件を満たしていたので、結果として親ののぞみを叶えた形になった。

しかし心のどこかに、『親ののぞみを叶えたい』という気持ちがなかったとは言えない。兄で苦労させられている親を見てきて、自分だけは親が誇れる子供でいようとしたのかもしれない。

通おうと思えば通えたが、一人暮らしに憧れていたこともあり、親の援助は一切受けずに一人暮らしを始めた。貯金バイトでなんとかまかない、4年間それを続けた。

親が兄にマンションを買い与えるまではそれも納得していた。だが、親がそれをした時、自分の中で不公平だという気持ちが生じた。

根底に『「親に迷惑ばかりかける穀潰しろくでなしの」兄に、なぜそんなに金をかけて甘やかすのか?』という考えも当然あった。

自分にとって兄は「いないほうがマシ」で、存在する事で何もいいことがない、迷惑なだけの存在だった。

グレてようがフリーターだろうが、優しい兄なら愛せたろう。だが、兄としての優しさを見せてくれたことなど数える程もない(その数回も小学生以下の時だけ)。

家庭を持って子を為し、親に孫の顔を見せて安心させてくれたなら、「普通」で「まっとう」な人間になってくれたなら、それで兄を見直すこともできただろう。

しかし兄は正真正銘クズなので、逆の道にしか行かなかったのだ(それについては後述)。自分が兄を見直す機会はおそらく死ぬまで来ないだろう。

(余談だが、なかにし礼氏の小説再現ドラマ(兄との関係を描いたもの)を見た時、心からなかにし礼氏に共感した。自堕落でお調子者で弟にとって迷惑な兄。

なかにし礼氏が兄の葬式後につぶやく、『兄さん、死んでくれてありがとう』がわかりすぎて辛かった。

何年先かわからないが、おそらく自分も兄が死んだ時、『死んでくれてありがとう』と心から思うだろう。自分が先に死ぬかもしれないが)



Aさんに逃げられた後、しばらく兄は自堕落生活をしていた(親が金を払っているマンションで一人ぐらし)。

自分は何度も親に『マンションから出て行かせろ、でなければ兄は自立できない』と言ったが、親は『そんなこと実際にできるわけがない』『目の届かないところに行かせるほうが不安だ』と言って聞かなかった。

この頃から自分の中で『兄が駄目になったのは親の(甘やかしの)せいではないのか』『親は己の見栄しか考えてないのではないか』という疑念が湧いてきた。

やがて自分大学卒業して、氷河期の中なんとか上場企業就職を決めた。

希望の会から内定が出ず、文系プログラムなど全くわからないのにSEになることになったが、就職できただけでよしとするしかなかった。

親の反応は『とりあえず上場企業から、外への体裁が整った』というものだった。親にとって自分は見栄のための存在なのだなということが、徐々にわかってきていた。

同じ頃、兄もようやく某リフォーム会社営業として働きはじめた。

兄の営業成績は良かった(もともと外面だけは良い)ので、いっとき小金持ちになれたらしい。外車を買ったが、マンションの金を親に返す気はさらさら無いようだった。

その外車ポンコツなのかあるいは外車とはそういうものなのか、しょっちゅう壊れて修理代がかかった。あまり乗らないせいもあっただろう。

乗らないのなら売ればいいのに『売っても二束三文しかならない』と兄は言い張り、親はなぜか修理代を肩代わりして払ってやっていた。

(散々修理代を払って直して、最後にはやはり壊れ、ろくに乗りもしないままに結局二束三文で売ったようだった)

マンションの支払いは親が続けていた。このころようやく、月々の管理費や積立金などの維持費だけは兄が支払うようになったようだった。

そのうち、バツイチ子持ちの女性Bさんと知り合い、今度は結婚した。Bさんについては自分ほとんど知らない。

その頃自分は向いていない仕事かつ長時間労働で心身を病みかけており、朝焼けの街を徹夜明けで泣きながら一人家路についたりしていたので、兄のことなど構う暇もなかった。

結婚式には一応出た。ストレスで過食気味になりむくんだ顔の自分愛想笑いを浮かべて写っている写真は見返したくもない。

兄の結婚になんの感慨もなく、『これで普通人間になってくれれば』と願っただけだった。兄に望むただ一つのことは『普通の家庭を築いてくれ』で、それ以上は望まなかった。


予想していたが、兄の結婚生活は長くは続かなかった。

営業成績が良いのに浮かれ、独立すると言って仕事を辞めた兄だったが、ろくなノウハウもない個人リフォーム営業がそうそう上手く行くわけもない。

あっという間に生活は行き詰まり、さっさとBさんに逃げられた(どうやら浮気されていたようだが、それを追い詰める気力もなかったようだった)。

そしてまた、マンションで自堕落生活に戻った(もちろんマンション維持費は親払いに戻った)。

自分はずっと『兄を甘やかしすぎだ、マンションから追い出せ、マンションを売ってしまえ、でなければ兄は自立しない』と親に言い続けていたが、ずっとでもでもだってで聞き流された。

『(万引きなどの)前科があるから、追い出したら何をするかわからない。もっと悪いことになるかもしれない』『どれだけ言ってもあいつはこちらの言うことを聞かない』。これが親の言い分だった。

しみじみ、親も兄も情けなく、どうしようもないと思った。『お前は冷たい』と言われた。

そもそも最初にあれが道を踏み外した時、お前の中学受験にかかりきりで、親としてろくに関わってやれなかったのが悪かったから』と。

そう言われて自分にどうしろと? 責任を感じろというのだろうか? もうとっくに成人していい年になった兄を憐れめと? 親でもない自分がなぜ親と同じ感情を共有せねばならないのか?

『ずっとそう言い続けて兄を甘やかして、それで状況が好転たか? 好転する見込みがあるというのか? 兄の自立を妨げているだけではないのか?』

そう言っても、親は同じ言い訳を繰り返して兄への甘やかし(マンション与え)をやめようとしなかった。 

自分の中で、兄への嫌悪と親への嫌悪比率は徐々に逆転していった。兄がどれほどのクズだろうが、どんな人生を送ろうがもはやどうでもいい。

自分と同じ親のもとで、恵まれ環境で育ったにも関わらず、兄は自ら堕ちていったのだ。兄の人生は兄のもの、好きに生きればいいしどこでのたれ死のうが勝手にすればいい。

兄よりも、そんな兄を甘やかし続ける親のほうに不信と不満が募っていった。なるほど、親がこうして甘やかすから兄は更生できないのだと納得した。

そして『兄が自分よりも甘やかされてる事実』にどうしても納得できなかった。自分特別扱いしろというのではない、兄を特別扱いするのが耐えられなかったのだ。同じ子供として平等に扱ってほしかった。

自分大学時代、兄は親が与えたマンションゆうゆう一人暮らしして、自分仕送りを一切受けられずに生活費のすべてを自力で稼いだ。

就職してから、兄は親が与えたマンションで好き勝手暮らして、自分は親に金を入れていた。家に金を入れるのは当然だと思う気持ちもあったが、理不尽だと思う気持ちはどうしても拭えなかった。

その気持ちに耐えられず、『兄と比べてあまりにも不平等だ、兄にも金を支払わせろ、兄を甘やかすのもいい加減にしろ』と泣いて言ったら、『じゃあこれからお前も金は入れなくていい』と言われた(そうじゃないだろ)。


家庭のことや仕事ことなど色々あり、結局自分新卒で入った会社を3年ほどで辞めてしまった。親に『30までにやりたい道(フリーランス)で食っていく目処をたてる』と誓い、宣言どおりに28で目処を立てた。

兄は親が見つけてきた非正規パート仕事をなんとかこなし、その頃にはそこそこ年季も入って板についてきていた。新しい彼女(Cさん)もできたようで、マンションで一緒に暮らし始めた。

だが、そんな矢先。兄が、クスリで捕まった。

最初に一報を聞いた時、親はともかく、自分は『まあ、あるだろうな。やっぱりな』としか思わなかった(基本的に兄の人格を信頼していないので、何を起こしたと聞いても『やりかねない』としか思わない)。

もちろん家族の誰も気づいていなかった。家族の目の届かないマンションでずっとやってきたものらしい。

自分は『言わんこっちゃない、だからマンションから追い出せとあれほど言ったのに、甘やかし続けた結果がこれだ』と親に言った。親は『そんなこと今更言っても仕方ない』としか言わなかった。

そこからの詳細は省くが、兄は執行猶予がついて戻ってきて、兄を見捨てなかったCさん(菩薩かよ)と今でも親の与えたマンション暮らしている。Cさんが見張っているので再犯はないと思いたい。

Cさんには敬意と感謝しかない。彼女がいなかったら兄はもっとだめになっただろう。

しばらくCさんに食わせてもらっていた兄だが、今はまた派遣で職について、そこでの仕事軌道にのってきたようだ。今度こそは歳も歳なので落ち着いたと思いたい。

(ちなみに、また維持費だけは払うようになったが、購入費は一切払っておらず、名義は父のまま。毎年実家よりも高い固定資産税を払っているのも父)



兄はもうどうでもよく、二度と犯罪を犯すなCさんにだけは迷惑をかけるなCさんだけは大切にしろしか思っていない。

残念なことに、自分の中で兄の見方が変わることはこの先死ぬまでない。今の兄と表面上でも付き合えるのはCさんあってこそだ。Cさんを姉と慕っても、兄を兄と慕うことは生涯ない。

きょうだい他人の始まりとはよく言ったもので、兄への気持ちはもうこれでいいと落ち着いている。

だが、「未だに」なのか、「今だからこそ今まで積もり積もったものが」なのか、自分の中で親へのわだかまりだけはどうしても消えない。考えると落ち着かず、心がざわつく。

もう親も老い自分もいい年だ。親も人間であり、それも見栄っぱりで子供平等に扱わず贔屓するようなできの悪い人間だったんだと納得するしかないとわかっているのに、

自分はどうしても、親に『自分たちが間違っていた』と言ってほしい。子育ての過ちを認め、自分がどれほど辛い思いをしたか理解し、悪かったと謝ってほしい。

だが、過去喧嘩した時の経験から、親は絶対自分の過ちを認めない、ましてや子供から言われる言葉を決して正面から受け止めないとわかっている。

『それが親に対して言う言葉か』『何様のつもりだ』『はいはい、全部こっちのせいだって言いたいんでしょう』…そう言って絶対絶対自分の過ちを認めない。老いた今、なおさら頑なになり認めないだろう。



自分自分なりに、親の期待には応えてきたと思う。教育で親に金をかけてもらった事は感謝しているが、それだけの成果をちゃんと出し、結果をだした。

なのになぜ、自分は兄と同じに扱われなかったのだろう。自分けが要求され、応え続けねばならず、それなのにそれを評価もされなかったのだろう。

これを言うと嫌な人間だと思われるだろうが、客観的に見て自分のほうが親に貢献しているしまともな人間として育った(少なくとも前科ものでなく、親に迷惑をかけていない)という自負があるだけに、やるせない思いがある。

本来なら自分のほうが親に贔屓されて然るべきではないのかという思いがあることは否定しないが、贔屓してほしいとは言わないしするべきでもない。

ただ自分に求めるものは兄にも求め、兄に与えたもの自分にも与えてほしい、子供の間に差をつけないで平等に接してほしかっただけだ。

男女の差だというのならばなおさら、兄には『長男』としての役割と責務を求めるべきだったろうに、なぜ私が長男役割も果たさねばならないのだろう。

兄が結婚した時、自分は『兄が孫を作ってくれたらそれだけが兄の親孝行だ、自分にも兄がいた意味がある。せめてそれくらい孝行しやがれ』とわずかに期待したが、兄は子供を作る間もなく離婚した(そもそも作る気もない)。

母は自分にだけ言う、兄には絶対に言わないのに、『老後の楽しみがほしい、孫が見たい』と。

子供はジジババの楽しみのために産むもんじゃねえし産んでおしまいじゃない、何ならあなたがたが育ててくれんの? 育てる金あるの? と応えたら沈黙した。

そんなに孫が見たいなら兄に言ってくれ、男なんだから自分よりよほど確率が高いだろうと言ったら、『あの子に育てられるわけがない』。『何を言っても無駄』と言って、兄には20年以上何も要求しない。

精子バンクとかあるでしょう』『50歳で産んだって例もあるし』とまで言われた日には本当に失望した。

50歳で産んだ女性はほぼ卵子提供で母方の遺伝子は入らないし、養子じゃ嫌だってんならそれ(母方の遺伝子が入らない)も嫌なんだろうに。

そもそも出産までにどれだけ苦労したか流産だって何度も経験してるはず)、不妊治療にどれだけお金がかかったかわかってて言っているのか、そして不妊治療高齢出産がどれだけ母体負担がかかると思っているのか。

娘の体など、自分の楽しみのためにはどうなってもいいのだろう。

孫の立場にしたって、父親がいない家庭に生まれることになるのだが、そういったことを考えてもいないのだろう。ただ、自分が欲しいから、だ。 

私の結婚も、自分の見栄だけのためにしてほしかったらしい。大切なのは見栄と体裁で、娘の幸福などどうでもよかった。

結婚しない女はなにか問題があると思われる』なんて言われても、それはあなただけの醜い価値観だろう、未婚率が三割の時代にそんな事思うほうが少数派だ。

図らずも未婚女性への「己の偏見」を曝け出したことにも気づかずに、『あなたのために言っている、それが世間だ』などと諭してくる醜さ。兄にも同じことを言えばいいのに。

結婚しろ』と言われるのが嫌で、それを避けるために誰でもいい、一回結婚さえすれば文句を言われまいと思って結婚したけれど、上手く行くわけもなく2年も経たずに破綻

(付き合っていた人とは、兄の事件で別れざるを得なかった。結婚した人には家族ぐるみで兄のことを隠した。そんな結婚うまくいくわけもなかったし相手には申し訳ないことをしたと思う)

その時の言葉も『せめて2年は持たせろ、外聞が悪い』『相手の親に私(母)の顔が立たない』『どうせお前のわがままだろう』…出てくるのは己の見栄と体裁のための言葉だけで、一度も娘の心情を慮る言葉は出てこなかった。

兄が同じように2年程度で破綻した時、兄に同じ言葉を突きつけたなら、そういう人なのだと納得もできたかもしれない。だが、兄の離婚に関して親は兄に何も言わなかったのだ。

(主に要求を突きつけ言ってくるのは このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2019-04-08

anond:20190408145845

オーマジオウが世界破滅させた元凶じゃないのかもね。

ソウゴ自体もそんな事微塵も思ってない。オーマジオウののぞみはソウゴに力をつけさせる事で、自分と同じ道を歩ませることを望むならオーマの日の内容が変わりそうな時に修正しに来るはずだし。

黒ウォズ自体も、破滅を避けようとするオーマジオウに共感してソウゴを「我が魔王」として慕ったのだとしたら行動になんの矛盾もないし。

 

でもやっぱ白ウォズがどういった経緯で生まれたかがよくわかんない。

2019-03-14

anond:20190314214854

うそ!!!

前に「偏向アプリつかっといて」ってかいたの俺なんやけど、

実際はそんな偏向してないやろとおもうとるんや(LGBTに該当しないので使って確認はしてない)

ユーザー層とかめだつユーザー傾向があるだけだろと。

おまえもそんな200万人と出会いたいわけじゃなくて1人か2人と出会えればいいのに

にゆうとるんやこいつ、と。

 

たとえばピクシブで絵を発表して「だれもブクマしてくれない、

ランキングトップの絵は自分絵とちがう画風ばっかり」って嘆く若い絵描き中学生とかやで)

50人くらいは見たし実際100万人くらいいるんやろうけど

おまえらはなんでいきなりトップばっかりみてるんやと。

同じ画風が好きな人どうしでなかよくしろよと。

どうせセンスが合って深い付き合い(ギブアンドテイク)になれるのは1人か2人やろが・・

それ以上は「あっちから勝手にちやほやされたい」「売名欲」「あわよくば」だけやろが

 

ニコでも見たい動画トップ動画が違うなんてよくあるやろし

からって見たい動画トップにおしあげたいなんてのぞみたまたま数万人おまえとおなじセンス人間がいないと無理やろ。

ほんまにデジタルネイティブなんかこいつら?

人は人、自分は自分」をかなえるためにデジタル技術があるのに

なんで迎合しようと無理してるんや?

いや迎合さえせんと「手の届かないぶどうはすっぱい差別者」よばわりしてんの?

2019-03-07

anond:20190307200623

まあ、間違いなく言えるのは一番苦労してんのは高のぞみ同士を織り合わせる婚活サイトやな

友達」が婚活サイトの苦労をひきうけて折伏してあげる必要はない。

個人的にイヤだったら「ごめんふっといてなんだけどあんたのその手の基準が私は苦手なんだった」とか「へえ、高望みなんだあ」ってはっきり言えばそこで話は済んだ

まして世の中の男性全員を折伏する必要もない

人には人の事情や好みやなんかあるんで友達うしの会話でも差し出口にはどうしてもなるわ

割れ鍋に綴じ蓋とか住めば都で相性はある

それをこまごま口に出して説明できなかったから軽く年齢で説明しただけのまともな男性かもしれない、だったら同情するね

記事にした女性がカチンとくるようなノリの喋り方で年齢だけで切ったっていってたならそれをうまく記事にできてない、持論展開のきっかけにしかしてないんだから

下手な記事ネタにするまえにそんなクズ友達やめたらいいのに

2019-01-27

これがポルノじゃなくてなんなのか

2019-01-07

anond:20190107093708

やめろ。男友達がいきなりさかなクンさんイメージになったわ。それ全然のぞみないやつ。

マジレスすっと、今度は「私」の方から行きたいところに引っ張り回すといいよ。それにつきあってくれるならもうOKだよ。

2018-12-22

その感動は誰のもの

リズと青い鳥を遅ればせながらBDで観た。一切情報入れないようにしてたので、てっきり過去編だと思っててたのが続編でびっくりしたり、絵が繊細で綺麗だなーと思ってみたり、のぞみ尊いなーみたいな感想だっだり、まあストーリー追うので精一杯でさらっとした印象しか抱かなかった。

二周目を観ると音楽をもう少しじっくり聞いてみたり、気になるシーンを止めて細部を点検したり、それなりにディティールを楽しんでみて、これもまあ満足できた。

三周目はコメンタリを聞ききつつ観るのだけど、これはセリフや映像にはない解説というかネタバレがされていて、「はーそういうことかー」みたいな驚きと、その知識前提で見ると映像も違ってみえたりして凄いなあなんて感心したりもした。

でもよく考えてみると、そのネタバレみたいな設定は自力で何周してもたどり着けなかった解釈で、それを外部から教えてもらって感動するってのは一体何に感動したというのだろうか。

美味いなーと思ってた料理が「レア部位を特殊調理法で旨味を引き出してるんですよ」なんて解説されて感じ方が変わったとしたら、それは舌で感じたものなのだろうか、頭で感じたものなのだろうか。

名画の解説で「これは作者が私生活で大変な時期に描かれたので色使いが云々」みたいのは珍しくないし、それ聞いて「深いなあ」なんて理解した気分にもなれるけど、そういうサブ情報込みの理解ってどうなんだろうか。頭で味わうラーメンみたいになってないだろうか。

twitter映画感想を調べてみても、そういうネタバレのサブ情報をどっかから仕入れた上で語ってみせてる人もいっぱいいて、我々は一体何を見せられてたのだろうと考えたりした。

2018-12-07

ドリフェスのおかげで応援してた俳優が●にました - kousseoeaのブログ https://kousseoea.hatenablog.com/entry/2018/12/05/093628

(●は不適切単語である、と判断される可能性があるので伏せました)

「役を演じる=役者」というカテゴリーの中に「声で演じる=声優」というものがある、と認識している自分から見ると「役者から声優に転進するなら引退してくれ(意訳)」と受け取れてしまい、なんともモヤモヤ

雑にまとめるなら「本音として、最近推し活動には個人的違和感を持っていて、大手芸能事務所を辞めて声優事務所(声優事務所としては大手)に移籍した事を機会に推しとの距離を再検討しました」って事でしょ?

本当に役者本人に惚れ込んだのであれば、新しい表現の場をいちファンとして理解出来ずとも今までとは異なる環境活躍する役者として見守ることは出来ないものか、と老婆心ながらに思う。

役者本人の顔出しが少ない?声優事務所移籍たから、と言っても役者本人の御尊顔を拝める機会が全滅という訳ではないのだから、昨今の声優さんが出演するイベントの状況を鑑みるに「何かのイベントで顔が拝めるかも?!」と「一縷ののぞみ」に賭ける事は、決して「分が悪い博打」じゃないと思う。

推し芸能界から完全引退してSNSblogから近況が追えない状況の方がツライ気がするのは、感受性or応援スタイルor考え方が古い?

(どうせ状況が追えないなら芸能界を完全引退してくれた方が後腐れが無い、という考え方も理解できない訳じゃない…)

2018-11-19

[]【7】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181119231905




グローカル


広島駅発の新幹線12:27。

まりのんびり歩いていると食事を取る時間を失いそうなので、路面電車に乗る事にした。

一昨日も利用した広電だが、スーツケースを引っ張りながらでも乗り降りにストレスが無いのは有難い。

搬送力以外にも、このあらゆる利用者に対する優しさも都市のモビリティとして魅力的だと思う。


広電お好み焼き猿猴川原爆ドーム厳島神社

この街に暮らすとはどういう事か。

何を使って、何を食べて、何を見て、何を感じながら日々を送るのか。

ネットで調べれば広島情報はいくらでも出てくる。

でも、やはり行ってみないと分からない事がたくさんある。


昨日、駅構内観光案内でお勧めされた、ラーメン名物であるローカルなうどんと和菓子チェーン店ちから広島最後食事を終え、12:27発 山陽新幹線のぞみに乗り込む。

僅か2泊3日、いや2.5日と言ったところで一部しか見られなかった広島だが、独自文化自然環境都市風景があり、一言で「地方」と片付けるのは「無知」というものだな、と思われた。

揺れもなく滑り出した新幹線は加速し、あっという間に広島市街から遠ざかって行く。

僅か1時間余りでたどり着く博多は、どんな街なのだろう。


【8】2018 晩秋、広島・博多・別府 3日目|博多:うまかもんと民泊の宿 へ >>

2018-11-18

anond:20181118004850

1000年生きても脳みそは1000年前生産の型落ち品やで・・

あと養子とかもらえる手は残ってるので別に遺伝子の船になってやる必要はないならまだのぞみあるやで

2018-11-13

「俺はまだ自分が納得する本物を見たことがない」

この道40年、パンティ増田は語る。

 

「確かにパンティーはこの世にごまんと存在する。だけどな、その中のよりすぐりの一品を見極め提供し、増田達に喜んでもらえなきゃ意味がない。」

 

パンティ増田の朝は早い

まだ日がでない午前4時からパンチラスポットに向かう。

 

自分で始めたことですから。衣食住でなくても生きてはいける衣ですけど、だからこそ本当に大切な部分ではないかと思うんです。」

 

午前6時、駅のホームパンティ増田がベンチに腰を下ろす。

 

「駅のホームスマホを見ている人、本を読んでいる人、景色をみて心を落ち着かせている人…いろいろいると思うんですよ。それぐらいパンティーは軽視されている。自分ばかりを見ているから、本当に大切なパンティーを見逃してしまう。」

 

今日パンティー見れそうですかね

 

「こればかりはわからん。急な腹痛でトイレに行きたくなる時がある。でも、その一瞬で見逃してしまうかもしれない。」

 

パンティ増田は去年のパンティコンクール入賞作品を思い出しこう話す。

 

「去年も今日みたいに寒い日だった。だからコーヒーを飲んでたんだけど急激に腹痛が来たのよ。でもな、明らかに風が違う。しかも強く来そうな時に新幹線も通過しそうだったんで辛抱強く待ったんだよ。」

 

➖…。

 

「漏らしたねぇ。結局2時間漏らして待ったよ。それで去年の入賞作品が出来上がった。」

 

これが去年のパンティ増田作品。「のぞみと望み」。のぞみが通りかかった時にjkパンチラした光景ありのまま伝えた作品だ。

 

「2時間も漏らして待ったか思い入れは強いよ。過去自分のどのパンティーより理想に近いと思う。だけど、納得してないんだよ。」

 

➖納得ですか?

 

「結局さ、パンティーって本来は見えちゃ駄目だと思うんだよ。作品はどうしても見栄えが良くなるように見えた時の一瞬を伝える作品にしている。けどさ、本当に大切なのは見えるまでの時間。確実に存在するけど見えない存在。それを血眼になって探している時間。それが合わさって本物と言えるんじゃないかって思うんだよ。」

 

存在するけど見えない存在…。

 

「そう。それってさ、当たり前なんだけどいろいろある。例えば愛情だったり、友情っていう人の心のつながり。人の思想とかさ。パンティーもそれに近いんじゃないかって思うんだよ。だから、見える形で伝えてしまってる時点でもうそれは偽物じゃないかなって思うんだよ。」

 

その時、パンティ増田が何かに気づいた。

 

「来るよ。盗撮になるからカメラは向けないでね。」

 

その瞬間、突風が吹いた。カメラを向けてはいなかったが電車を待っているJDスカートがふわりと舞い上がったのだ。

 

パンティ増田さん、今のは?

 

「最高だろ。今までいろいろ見てきたけど、こうやって新しく見れた時すべてが最高。この気持ちに偽物は無いんだよなぁ。」

 

パンティ増田さんにとってパンティーとは?

 

パンティー」

2018-10-08

anond:20181008133112

バカなの?真逆ですよ。どんなに秘密にしても秘密警察だ憲兵だって取締れるのが独裁政権でしょ。

あなた本当に独裁政権大好きちゃんなのね。

今を独裁って呼んでおいて本当にあなたのぞみ通り法律乗り越えすべての国民ガチ取締する本当の独裁政治になったらなんて呼ぶの?

我が国バンザイ憲兵指導者バンザイ」って国民大会缶詰つのために叫ばされてみる?

そういう独特の言語感覚は別の国でつかえば今からでもばっちりですよ?どうぞいってらっしゃいませ?

 

ついでだからhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%AD%A3%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%91%BC%E7%A7%B0%E4%B8%80%E8%A6%A7

あの国トップ自称リストを貼っとくけど、いや~みごとなもんだ。全部憶えてからいけよな。

見境なく独裁者のレッテル貼る前にほんと法治国家自由大事しろよな。

2018-10-07

キズナアイ気持ち悪いのはオタクレイプ願望が透けて見えるから

オタクは和姦がわかんない。チビデブ不細工キモオタおっさんラノベとかvtuber児童ポルノ摂取しているという現実がある。

オタクは女を使い捨てオナホしか思ってない。だから批判されている。

女をオナホと思っていなければあんな人の尊厳無視したような性的デザイン採用しないはずだ。キモオタ気持ち良くオナニーできりゃそれで良しというインスタント感覚が露呈しちゃってるんだよね。オタク向けコンテンツというのはすべてがレイプファンタジー。これは当然批判されるものだよ。

今日もこんなもんを見つけた。これはなろうらしいが。やれやれだぜ

2018-10-06

anond:20181006221242

それ、おれにとっては雲の上の途方もなく壮大すぎるのぞみなんだけど…

2018-09-29

2018年秋開始の新作アニメ備忘録

 GIGAZINEから秋の便りが届いたので、気になった作品だけ。

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

監督古田丈司 「漫画家さんとアシスタントさんと」「うたの☆プリンスさまっ♪監督

シリーズ演出安藤良 「亜人ちゃんは語りたい監督

シリーズ構成・脚本鈴木智尋「タイバニ」「ワンパンマンシリーズ構成

音楽林ゆうき 「デス・パレード」「キズナイーバー」「ボールルームへようこそ劇伴。またドラマストロベリーナイト」「DOCTORS」「BOSS」「リーガル・ハイ劇伴

美術監修:東 潤一(スタジオイースター

音響監督木村絵理子 「TIGER&BUNNY」「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた音響監督

あかねさす少女

監督玉村仁 大沼心相方。「六畳間の侵略者!?」「落第騎士の英雄譚シリーズディレクター

シリーズディレクター:アベユーイチウルトラマンシリーズ監督

シナリオ設定:打越鋼太郎 元スパイク・チュンソフトの人。「パンチライン脚本

シリーズ構成・脚本ヤスカワショウゴ 「六畳間の侵略者!?」「落第騎士の英雄譚シリーズ構成

総作画監督山本亮友 「三ツ星カラーズキーアニメーター作監

美術草薙 いつもの

音響監督森下広人 「sin 七つの大罪」「セントールの悩み」「ISLAND」「メルヘン・メドヘン音響監督

制作ダンデライオンアニメーションスタジオ(「ロボマスターズ制作全般)/十文字グロスけがメイン)

転生したらスライムだった件

監督菊地康仁 アクエリオン演出マクロスF監督IS監督武装神姫監督

監督中山敦史 「アブソリュート・デュオ監督

シリーズ構成:筆安一幸 いつもの

キャラクターデザイン江畑諒真 「武装神姫キャラデザ、「アブソリュート・デュオ」コンテ・演出原画

美術監督佐藤歩スタジオ・イースター)

音響監督明田川仁 いつもの

音楽Elements Garden クリエイターチーム

制作エイトビット 「IS」武装神姫」「ヤマノススメ」「アブソリュート・デュオ」「グリザイア」

青春ブタ野郎バニーガール先輩の夢を見ない

原作鴨志田一 「さくら荘」「オルフェンズ」「Just Because!

監督増井壮一 「サクラクエスト監督

シリーズ構成・脚本横谷昌宏 「サクラクエスト」「リゼロ」「Free!!」「はたらく魔王さま!シリーズ構成

キャラクターデザイン田村里美 A1Pictures各作品作監

美術監督渋谷幸弘 劇場版コナンシリーズ夏目友人帳シリーズ美術監督

音響監督岩浪美和 いつもの

音楽fox capture plan

制作:CloverWorks A1 Pictures系列制作会社。

となりの吸血鬼さん

監督秋田谷典昭 「バクマン」「城下町のダンデライオン」「アクティヴレイド」「バトルガールハイスクール監督

監督福島利規 「バクマン」「バトルガールハイスクール」コンテ、「城下町のダンデライオン」「アクティヴレイド」副監督

シリーズ構成:髙橋龍也 いつもの

キャラクターデザイン総作画監督酒井孝裕 「結城友奈は勇者であるキャラデザ総作監

音響監督明田川仁 いつもの

音楽:藤澤慶晶 いつもの

制作Studio五組、AXsiZ

やがて君になる

監督加藤誠 「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」監督、「Re:Creators」副監督

シリーズ構成・脚本花田十輝 いつもの

キャラクターデザイン合田浩章 「ああっ女神さまっ監督、TROYCA各作品作監

音楽大島ミチル いつもの

制作:TROYCA 「アルドノア・ゼロ」「櫻子さん」「Re:Creators」「アイドリッシュセブン

うちのメイドがウザすぎる!

監督太田雅彦 「ゆるゆり」「琴浦さん」「さばげぶ」「うまる」「ガヴ」

監督大隈孝晴 同上

シリーズ構成・音響監督あおしまたかし 同上、「アホガールシリーズ構成、「刀使ノ巫女脚本

キャラクターデザイン山崎淳 「三者三葉キャラデザ、「プラスティック・メモリーズ」「NEW GAME!!」メインアニメーター

美術監督安田ゆかり 「月がきれい」「とうらぶ

音響監督えびなやすのり 同上

音楽三澤康広 同上

制作動画工房

抱かれたい男1位に脅されています

監督龍輪直征 新房さんの相方。 「ニセコイ」「幸福グラフィティ監督

シリーズ構成:成田良美 プリキュアシリーズ構成、「いつだって僕らの恋は〜」シリーズ構成

音楽横山克 いつもの

音響監督本山哲 いつもの

制作:CloverWorks A1 Pictures系列制作会社。

JOJOの奇妙な冒険 黄金の風

総監督津田尚克 いつもの

シリーズ構成:小林靖子 いつもの

美術監督吉原俊一郎、桐本裕美子(美峰) いつもの

音響監督岩浪美和 いつもの

音楽菅野祐悟 いつもの

制作david production いつもの

色づく世界明日から

監督篠原俊哉 「黒執事」「凪のあすから監督、「アリスと蔵六」6話コンテ、「魔法使いの嫁」22話コンテ

シリーズ構成:柿原優子 いつもの

美術監修:東潤一 いつもの

音楽出羽良彰 「ふらいんぐうぃっち」「キノの旅(2017)」「凪のあすから劇伴

制作P.A.WORKS

ラディア

監督岸誠二 「ダンガンロンパ」「月がきれい」「ようこそ実力至上主義の教室へ」「結城友奈は勇者である」「あそびあそばせ監督

シリーズディレクター:福岡大生 「ダンガンロンパ」「結城友奈は勇者である監督

シリーズ構成:上江洲誠 「結城友奈は勇者である」「暗殺教室」「乱歩奇譚」「うーさーのその日暮らし」「この素晴らしい世界に祝福を!」「クズの本懐シリーズ構成

キャラクターデザイン総作画監督河野のぞみ 「このはな綺譚」「あそびあそばせ」「七星のスバル」共同作監、「ハクメイとミコチED作画

音楽甲田雅人 「デビルメイクライ」「モンスターハンター」「ワイルドアームズ共同作曲、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ナイツ&マジック」「あそびあそばせ劇伴

制作NHKエンタープライズ

SSSS.GRIDMAN

監督雨宮哲 アニメ(ーター)見本市「GRIDMAN」監督原画、「キルラキル助監督、「ニンジャスレイヤーフロムアニメシヨンシリーズディレクター

脚本長谷川圭一 ウルトラシリーズライダーシリーズ脚本

音楽鷺巣詩郎 いつもの

音響監督亀山俊樹 いつもの

音響効果森川永子 アニメ(ーター)見本市「GRIDMAN」音響効果京アニ作品

アニメーションプロデューサー舛本和也 アニメーター見本市「GRIDMAN」制作補佐

制作TRIGGER

ゴブリンスレイヤー

監督尾崎隆晴 「少女終末旅行」監督、「灰と幻想のグリムガル」5話コンテ・演出

シリーズ構成・脚本倉田英之 「今、そこにいる僕」「神のみぞ知るセカイ」「グリザイアシリーズ」「灼熱の卓球娘」「メイドインアビス」シリーズ構成

脚本黒田洋介 「ヨルムンガンド」「装神少女まとい」「SAOAGGO」シリーズ構成

音楽末廣健一郎 「Re:ゼロから始まる異世界生活」「少女終末旅行」「こみっくがーるず」「ゴールデンカムイ」「はたらく細胞劇伴

制作WHITE FOX 「ヨルムンガンド」「Re:ゼロから始まる異世界生活」「装神少女まとい」「ゼロから始まる魔法の書」「少女終末旅行」「シュタインズ・ゲート ゼロ

RELEASE THE SPYCE

監督:さとう陽 「ヤマノススメ セカンドシーズン」21話コンテ・演出作監

原案シリーズ構成:タカヒロ 「結城友奈は勇者であるシリーズ原案

キャラクター原案なもり 「ゆるゆり原作

キャラクターデザイン石野聡 「Classroom☆Crisis」「デート・ア・ライブ」「A.I.C.O. Incarnation」キャラデザ

音響監督藤田亜紀子 「ハナヤマタ」「Classroom☆Crisis」「冴えない彼女の育て方」「賭ケグルイ」「刻刻」「はるかなレシーブ音響監督

制作Lay-duce 2013年設立 「Classroom☆Crisis」「いつだって僕らの恋は10センチだった。

アニマエール!

監督佐藤雅子 「あまんちゅ!」2話コンテ・演出、「ボールルームへようこそ」4・1723話コンテ・演出

シリーズ構成・脚本志茂文彦 いつもの

キャラクターデザイン:天﨑まなむ 「未確認で進行形」「月刊少女野崎くん」「干物娘!うまるちゃん」「NEW GAME」「ガヴ」作監(NEW GAMEは共同で総作監

音響監督平光琢也 「GUNSLINGER GIRL音響監督

音楽manzo 「秘密結社鷹の爪劇伴 / 堤博明 「クジラの子らは砂上に歌う」「からかい上手の高木さん」劇伴

制作動画工房

ひもてはうす

監督原案シリーズ構成:石ダテコー太郎

音楽井上純一 / Hajime

CG映像制作リンクブレイン 2011年設立ゲーム運営・開発事業が主 「弱虫ペダル3Dアニメーション制作

CONCEPTION

原作スパイク・チュンソフト

監督元永慶太郎 「ヨルムンガンド」「デート・ア・ライブ」「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」「デジモンアドベンチャー(2015~)」監督

シリーズ構成:柿原優子 いつもの

アニメーションキャラクターデザイン奥田陽介 「ご注文はうさぎですか?」「ブレンド・S」キャラデザ、「天体のメソッド」「ハイスクール・フリート総作監

音楽甲田雅人 「デビルメイクライ」「モンスターハンター」「ワイルドアームズ共同作曲、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ナイツ&マジック」「あそびあそばせ劇伴

制作GONZO

ツルネ ―風舞高校弓道部

監督山村卓也 「甘城ブリリアントパーク」5,11話「響け!ユーフォニアム」3,10話「響け!ユーフォニアム2」3話「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」7話コンテ・演出

シリーズ構成:横手美智子 いつもの

キャラクターデザイン門脇未来 「境界の彼方」「甘城ブリリアントパーク」「小林さんちのメイドラゴンキャラデザ

総作画監督:丸木宣明 「甘城ブリリアントパーク」「小林さんちのメイドラゴン総作監

音響監督鶴岡陽太 いつもの

制作京都アニメーション

音楽富貴晴美 「ピアノの森劇伴ガチガチクラシック出身NHKドラマ劇伴等、実写作品劇伴が多い。

アニメーション制作京都アニメーション

2018-09-19

×● ×○○

現在京都から帰りの新幹線車中。

●私

×スモーカ

○ノンスモーカ

左隣は30分に一度寝てる私を起こして吸いに行く。

帰ってくると馬鹿みたいに臭いので目が覚める、というのを繰り返している。

右にも左にも顔を向けられない。控えめに言っても拷問です。

JRの人、早くのぞみ喫煙ルーム、およびホーム喫煙所も無くして下さい。

たこ焼き禁止してる場合じゃないぞ。

2018-09-16

さらラブライブ!無印)が好きになった

最近スクフェス始めてみたらハマった。

みんな可愛いのな。

アニメの一期を一気見して放心状態

何だよ。めちゃくちゃ面白いじゃねえか。

熱いし青春だし。泣いたわ。

何で全盛期にスルーしてたんだよ。

もったいねえ。

えりちゃん。素直じゃない。かわいい

のぞみちゃん。全てが意味深すぎ。かわいい

こちゃん。1人でよく頑張った。かわいい

ほのかちゃんまっしぐらかわいい

うみちゃん照れ屋さんかわいい

ことりちゃん。たぶん一番楽しんでる。かわいい

はなよちゃん。いっぱい食べてね。かわいい

りんちゃん。いい子いい子。かわいい

まきちゃんかわいいしかない。かわいい

2018-09-08

変なラブホ

のぞみ乗っててボーッと外見てたら、真っ白な自由の女神が乗ってるラブホがあったんだけど、なんでラブホ自由の女神を乗せようという発想に至ったのか謎。

「あのラブホ自由の女神乗ってる!面白いから行ってみようぜ」とはならないだろうし、あるいは世の中には自由の女神を見てムラムラしてくる人たちが俺の知らないだけで一定数いるのだろうか。

2018-08-30

妖怪ウォッチワールド個人的攻略ポイントを置いておく

https://youkaiww.gungho.jp/member/

ブログに置いておきたいんだけど色んな事情があるので増田で。書き足す気はあんまないしあくまでも現時点な。

プロフィール・設定

ひとことで予定や普段ルーティンをしゃべる人が増えたのはとてもよいと思う。

例えば都内でサーチして、「福岡」とか出ててもプロフ見ただけじゃ「この2週間以内に福岡に行って帰ってきた」のか「福岡拠点だけどたまたま都内にいる」のかがわからいからどのみち憑依させづらい。よっぽどメダルに余裕があるときじゃない限り「現在地都道府県以外の表示」で「プロフなし」なのはやめてる。それで東京から地方にもちょいちょい飛ぶけど不安だし割とリスクある。

道しるべ妖怪・好きな妖怪もなるべくセット。称号は「~~の人気者」<「実力者」<「制覇者」、あと特殊系(「祭りだワッショイ」「セントラル派/パシフィック派」「のぞみ英雄」)。拠点に対して珍しいやつを置いといた方がいい気がする。都内だとパシフィック派が取りづらいか(意外と北に行く人が少ない)。

自分が移動するとき

マップ品質」を低レベル(最低近く)まで落とす/「バックグラウンド実行」を許可する。移動終了までアプリ絶対に落とさない。

一旦落として移動先で再起動すると「移動距離が最終ログイン地点から現在地までの直線距離」かつ「途中で立ち寄った市区町村称号が取れない(移動先としてカウントされない)」から、滅多なことがない限り移動中はずっとバックグラウンド実行しておくのをおすすめする。

あとは主要移動ポイント(ターミナル駅とか)は憑依されることも多いのでこまめに確認

ちなみに駅メモと当時並行でやるとどっちもめちゃくちゃ落ちるので注意。妖怪WWは落ちた時も↑と同じ挙動になる。

・憑依させるとき

プロフィール・予定がしっかり整ってる人をきちんと選ぶ。

自動承認があるのはAndroid。「待機中」→承認拒否。気づき次第憑依させなおした方が吉。

コメントはサーチかけた時に一瞬冒頭7文字が見えるから、そこに重要情報を詰めるといい。「31日午前千葉」とか。全角半角はあんまし確認してないです。

10000ヨーカの再憑依は「普段自分が行かないところに運んでもらった」ならその地方を埋めるチャンスだから積極的に払うといいと思う。その土地地力が低くても妖怪の木を植えるといい(各地方妖怪友達になるミッションがある)。

・バトル・育成

種族「とくい」と「ニガテ」が違うやつを2-3匹くらいは育てておいた方がいいんじゃないか。2種族つの4つ巴だけど。

バトルの時は5匹出せるから前衛の2は種族/「とくい」が違うアタッカー前衛後衛回復1ずつ、あとは育てたいのを後衛に1、にしてる。

向こうが1匹倒れたら、空いているところに回復妖怪を移動させてなるべく攻撃を受けないようにしてる。

妖怪が仲間になりたがってる場合は低ランクでも基本承認させるといい(ミッションの都合)。

ランクが被ったら合成して技レベルをあげる(こっちもミッションがある)。限定ジバ・コマを合成させるのに迷ってホルダー圧迫されてるんだけどどうすればいいんだろう。

バトル向きの妖怪とヒョーイ向きの妖怪がいて、ここら辺をバランスよく育成させるのが難しいな……って思う。

2018-08-15

anond:20180815203948

すごいですね!

やはり行政がうまく回っている所は、解決に向かっているということがわかっただけでも

のぞみがでてきました。

そこがうまく作用すれば、良い方向に向かうと思ってがんばりたいです。

anond:20180814094532

東海道新幹線場合

椅子の座り心地はかなり違う。腰が痛くなりにくい

のぞみ場合アテンダントのお姉さんから何やら布地の厚い紙おしぼりを渡される

アテンダントのお姉さんは弁当の空き箱とかペットボトルとかのごみを定期的に回収しにきてくれる。

・ひざかけが借りられる

・一席にひとつ電コセントがある

普通車両より揺れにくい気がする。この辺は車両オタの情報求む

・乗り心地が良いのでよく眠れる。せっかく奮発したのにずっと寝てて、東京から乗って気づいたら京都過ぎてたりする。魔の静岡区間なんのその。

東海道線等 普通列車グリーン車

座席自由。駅のホームで事前にグリーン券を買って乗ると安いよ

JR東日本普通車グリーン券は最大980円なのでなるべく長く乗れる電車に乗ると楽しい。乗車賃はかかるが。

旅情気分を味わえる。あと在来線の駅を通るので、ホームにたたずむサラリーメン&ウイメンを見てはなんとなく優越感が感じられる

二階建て車両なので上階の席を取れると眺めがいい。下の階も人の足元を見る感じが悪くないが。

飲み物おやつアイスの車内販売の人がくる。

2018-08-03

anond:20180803162840

大体正しいのですが、法律法律ネットマナーネットマナーとして、

公表権などに敏感である(この場合は削除申請する)のは絵師としてはとても賢いことだとおもいます

たとえば増田のような「政策論争専用の場」と勘違いした連中があつまる場所勝手自分の何気ない絵が載せられたら、どうとでもいいがかりをつけられるわけです。炎上だって炊き上げやすい。

昨今有名なわら人形論法(あらゆる目に触れたものに、自分自身への攻撃や悪意を勝手に読み取り、ポリコレ棒などで反撃したがる病気。別名「繊細チンピラ」)の餌食に

 

絶対にされない

 

とあらかじめ(口コミ風評で)判断できる場所しか作品を公開したくないためです。

47条の6や7の適用がひろまってしまたらこオプトアウト対象が広がり削除申請が(ただでさえ過労気味の)絵師にとって過剰な負担となるため、

絵についてはなるべく適用対象外としてほしい、できればツイッタープロフィールまで人間目視確認しにきてから判断してほしい。

絵師のぞみです。

まり、正直ピクシブツイッターだけでも、規約習得しそこで襲われない自衛マナーを編み出すのに何年かかったとおもってんだってわけで、

運営炎上コントロール力に対する評価が定着するまではオプトアウトしてほしいわけです。

ノーロボットノークロウタグツイッターにつけられればいいんでしょうけどね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん