「加虐」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 加虐とは

2018-09-19

俺よりも能力的・人格的・容姿的に優れる

そんな部下がやってきて上司としての俺の存在価値霧散しそうである

優秀な部下をイジメたくなるやつの気持ちが今は痛いほどわかる!

イジメは軽い気持ち加虐心で起きるのではなく、自分の身の危険という差し迫った必要なのだ

2018-09-11

弱者権力を帯びるとき

元増田に対してかなり冷静な反応が多かったのが救いではあったが、

セレナ弱者性」に言及している反応もいくつかあり、

それに対して首肯できるもの根本的に間違っているものがあると感じている。

まず現代において人種女性への差別問題は当然完全解決などしてはおらず、

その問題を問う意義は全く失われてはいない。

それは私も大いに首肯する。

ただこれと今回のセレナ所業とは完全に別個の問題であり、

別個で論じ、別個で判断しなければならない。

「今回のセレナ所業」は元増田が余すところなく言及してくれたから、

私なりに要点をかいつまんでいえば、

セレナ女王としての横暴性である言うなれば権力的な振る舞いだ。

ここが批判され無くてはならない。

そして、この批判と別個に、差別問題を改めて論じなければならない。

そこで私が根本的に間違っていると思うのが、

弱者闘争の末に強者になった場合には、その元弱者権力性は考えないものとする」という発想だ。

これは明確に権力闘争であることを示しており、普遍的概念としての権力性の監視ではないことを吐露している。

権力闘争、要は権力の奪い合いであるだけなのだ権力王様の首がすげかわるだけ。

弱者被虐的な立場を克服しても、その弱者権力を得て他の誰かを今度は加虐してしまっては歴史が繰り返すばかりではないか


人気ブコメの中に「コンテクストを見失っている」というものがあった。

http://b.hatena.ne.jp/entry/370764314/comment/vanillayeti

コンテクストが全て抜け落ちてる。なんでそもそもセリーナチュチュを着てるのか、とかもともと白人貴族が行なう紳士の」スポーツだったとかテニス歴史含め包括的に考えないとこの問題本質は見えてこない。

だがこのブコメも、ごっそり抜け落ちているコンテクストがある。

セレナの横暴なる女王としての振る舞いが批判されているというコンテクストだ。

何が恐ろしいって、

この人にとってはセレナの悪しき振る舞いがコンテクストとやらには一切含まれないことになっているところ。

もっと言えば、被差別階級がどれだけ横暴な権力を振る舞ったとしてもこの偏ったコンテクスト論に即して考えるとその横暴の一切が「全て抜け落ちて」しまうところが恐ろしい。

(このことを問われれば「当然セレナへの批判はある、勝手ゲスパーするな」と言われるかもしれないが、コメント本体セレナへの批判が「全て抜け落ちてる」点が最も問題なのだ

今回の問題根本は、恐らくこの「偏ったコンテクスト見方」にあるのではないかと思われる。

被差別者が戦うべきという論調一見尤もなのだが、

それはあくまで「権力者に対する普遍的な警戒を常に是とする場合に限り」と付帯条件があるべきで、

そうでなければ被差別者が戦う限りはどれだけ権力を帯びても

「(偏った)コンテクストを読め」という要求でその権力の横暴性が忖度されるということに繋がる。

事実米メディアの建前上の反応はそうした偏ったコンテクスト忖度しまくったものばかりだったのではないか

「たとえ横暴な振る舞いがあったとしてもそれは弱者権力と戦った結果なのだから忖度しろ」と正々堂々と主張するなら、

まだ、首肯はしないがいち意見として認識できる。

が、大抵の「偏ったコンテクスト論者」はそこらへんを非常に巧妙にぼやかす。

たまたま言及しなかっただけの人には予め謝罪しておく。だが、戦術として意図的にやってる陰湿狡猾な人間も必ず存在している。

 例えば上野千鶴子は「嘘は言わないが不利な本当のことも言わない」といった趣旨の考えを公言している。)

典型的なぼやかし方が、被差別者権力性を一切無視するということだ。

こうすればどこまでも無制限被差別性が訴求できるから原理主義一辺倒で戦える。

このぼやかし方をして弱者権力放置するから

アメリカトランプ大統領という異端権力者を輩出する結果になったのではないのか。

私が最も有効だと思えたブコメは、makotong69氏のもの

http://b.hatena.ne.jp/entry/370764314/comment/makotong69

セリーナ言動肯定できないけど、今なおみ選手のインスタには彼女が出演した米国today show で女子のより大きいジョコ(男子)の優勝トロフィーが映ったので改めて運営側男女差別を憤るコメントが多数ついてる。

ちゃんセレナの非を指摘した上で、フェミニズム人種差別問題言及する。これなら良い。

問題なのはセレナの非への指摘を避けるというやり方だ。

たとえ100字の制限があったとしても、この視点を「全て抜け落」とすやり人は「偏ったコンテクスト論者」予備軍と見られても致し方あるまい。

差別と戦うなら、まずはセレナ言動自体をしっかりと批判しなければいけない。

これをしないでただただ被差別者性だけを抜き出してる意見は、

私は根本的に間違っていると考える。


https://anond.hatelabo.jp/20180910163006

2018-08-17

毒を食らってるキャラクター性的興奮を覚える

ポケモンでわざと毒を食らってギリギリ回復させるみたいな遊び方してた小学生の時。

聖剣伝説でもわざと毒くらいにいってた。

毒ガスを喰らって仰け反ってる時のピクピクしてるドット絵を見ると股がムズムズした。

あとゼルダライクライク

あのうじゅうじゅらした効果音と、リンクのうっ…あっ…って声もムズムズした。

この場合どっちに感情移入してるんだろう。

毒を喰らわせる加虐か、喰らってる側の被虐か。

2018-08-04

これは加虐心か征服欲か屈辱

いわゆる夜のお店に遊びに行く。

すると1人くらいはお気に入りができ、連絡先を交換し、毎回色々な話をする。

たまには同伴もする。

先日は夏祭り花火シーズンということで、お互い浴衣姿の同伴をした。

※元々お店のイベント浴衣を着るということになっていたので

いつも以上に話が盛り上がり、彼女過去の話や写真をたくさん見せてくれた。

商売はいえ、さすがに少し特別感を覚えてしまった。

「単なる客と割りきった相手ならさすがにここまでするだろうか」と。

ましてや私の居住地は相当な地方田舎だ。

都市部のようなギラギラ、ギトギト、ギスギスしたようなことがあるとは考えにくい。

しかし、それでもプライベートで会えることは一切ない。

一度だけ誘ったことがあったが、体よく断られたのでそれ以降誘っていない。

かといって積極的営業等してくるわけでもなく、営業らしいLINEが来たのは片手で数えて指があまるくらいである。

まり私は「単なる客ではない」ものの、「プライベートで会うほどの価値まではなく」、「積極的営業するほどの相手でもない」程度の存在しかないと言わざるを得ない。

彼女は腹が立つくらい徹底している。

日頃、自分から営業LINEをしてくることはない。

また、自分から同伴等に誘ってくることもない。

何気ない雑談LINEは送れば返ってくることもあるが、8割方彼女の勤務時間中にしか返ってこず、彼女プライベート時間を使ってまで返してくることはまれ

しかし店に行けば特別感を錯覚させてくれるような応対。

こちから誘ったなら、同伴も応じてくれる。

彼女はおいしいところをしっかりもっていくが、私は一番おいしいところは手に入れられないのだ。

今まで幾度となく邪な思いを抱いたが、常にそれを抑制して適度な距離感を維持することに努めた。

彼女負担不安に感じそうなことは極力行わないようにしてきた。

その積み重ねがあって、先日の浴衣同伴も快くOKしてくれたのだと思っている。

しかしここから先の段階に進める気配があまり感じられない。

私は人としてはある程度認められているものの、『男として』はまったく認められていない。

また、『積極的に呼びたい客』としても認められていないのだ。

しか不思議と諦めようとかは思わず、むしろ「なんとしてでも振り向かせてやる」と躍起になってしまう。

※通いつめるとかお金を使いまくるとかい意味ではない

まあ、慌てずに今の関係を維持しつつ、虎視眈々とチャンスを伺うか…。

諦めたらそこで試合終了だ。

2018-07-31

anond:20180731104216

好きな相手からこそ加虐心とかが同居することはあるが、それと嫌いだから攻撃的性欲の対象になるのは異なるような気がする…。

2018-07-18

逆レイプ妄想で抜いてる女子はいないのか

大半の女性自分被虐する形での性行為妄想で抜く人が多い(自分調べ)けど

一方で異性に対する加虐的な性的欲求BLという歪んだ形で消費されているわけだが

逆レイプ的な妄想でのオナニーホームとして活動する女子はやはり少ないのだろうか

2018-07-05

anond:20180705114202

昔、2chだかBBSPINK同人板だか801板で「801に初めて目覚めたきっかけ」を語るスレがあって

そこで「子供の頃特撮見ててヒーローが敵に倒されて傷だらけで荒い息してるのを見て目覚めた」とか

古代文明の本のマヤ儀式の絵で生贄の男が生きたまま心臓取り出されて捧げられてるのを見て」とか

そういう、それ性欲というより加虐欲やんけ、ってのを挙げる人が結構いたのをふと思い出した

同じように戦隊ピンクが倒されて以下同文な幼き少年も山ほどいるであろうことを考えれば

男女とも変わらない、ってだけの話になるし、

そういう感情が異性に行きやすいのは同性だと自分と重ね合わせてしまって痛々しいけど異性なら他人事から、ってのが大きいだけで

同性でも他人事認定出来るような自分とはかけ離れた属性相手なら、痛めつけられて苦しんでるのを見て興奮してる人なんか山ほどいるだろうけど

同じようなシチュでも相手が同性なら性欲じゃないけど異性なら性欲なのか?と考えると性欲って何なんだろうとか考えだして

どうでもよくなったので止める

2018-06-22

炎上ポリティカルコレクトネス的に正しいのか

炎上案件見てて思ったけど、本人不在のまま寄ってたかって叩くのはポリティカルコレクトネス的には正しい行いなのか?

叩く側は正義だと思って拡散して追い詰めてるけどそれってただの虐めじゃないの?

ポリティカルコレクトネスに詳しくないので分からないんだけど、ポリティカルコレクトネスを外れた人は死ぬまで追い込んで良いっていう教えなのか?

なんか大っぴらに発散できなくなった加虐欲望を発散してるだけに思える

2018-06-13

体罰禁止の流れの中で「体罰さえ使えれば・・・」的な魔法みたいに思い始めてるキチガイ居るっぽいでしょ。

実際行使してみればコスパ最悪なのが分かるとうからやってみればいいとも思うけど。

一旦暴力加害者になった体罰加虐マンが"体罰を加えることそのもの"に依存して結局刑務所行きになりそうだけどね。

2018-06-01

anond:20180601173602

この場合サド側が加虐を適切にコントロールしてくれるとは限らないからなぁ

それを増田から手綱取るならある意味無敵だが

2018-05-14

anond:20180514074355

良かれと思ってやったことは必ず何かを犠牲にするし

そういう悪意のない加虐はたちが悪い

2018-04-09

昔付き合ってた彼氏がよくちんちんの小ささを揶揄ってきた

かに、小さいか小さくないかでいうと明らかに小さかった。

彼のと比較すると、子供大人魚肉ソーセージとカルパスだった。

特によく揶揄われたのが、お尻でエッチするときで、お尻で気持ちよくなると、おちんちんの方はちっちゃくなっちゃうんだけど、

それを見た彼が「おちんちんじゃなくて、お尻の方が気持ち良いんだ? こんなにちっちゃくて女々しいちんちんいらないよね? とっちゃおうか?」って虐めてくる。

なんだか、彼の中で大きくないちんちんは男らしくないという価値観があるらしくて、本当にことがあるごとに

「こんなちっちゃいのは男じゃないよ」とか

ちびっこちんちんなんてもういらないよね?」とか、すごく言われた。

その度に、情けない気持ちになって、しゅんとなってた。

でも、そうする仕草が、彼をまた加虐に押したてるみたいで「ちんこだけじゃなくて、態度も女々しいな」とか言われた。

悔しくて言い返したかったんだけど、何か言い返そうとすると、すぐちんちんを優しく撫でててくれて

「嘘だよ、こんなに大っきくなるもんね。よしよし」としてくれる。

だけども、そうして大きくなったら、今度は自分のと比べて「頑張って大きくしたのに、俺のよりふた回りも小さいよ、やっぱり男じゃないよ、こんなに小さいんだから」とまた揶揄してくる。


っていうのを、ミスタードーナツって年々小さくなるよなあと考えてる時に、思い出した。

ミスド小さいよね?

2018-02-26

[]

今回は少年ジャンプ+

さびれ森のらら子さん

本作の見所は、登場人物たちの紡ぐ芸術作品の奇抜さにあることは明白だと思う。

その総体的空気感を楽しむ漫画って感じ。

ただ精彩ではあっても精細さに欠ける印象。

から、分解して評価するとつまらなくなったり、粗ばかりが気になりやすい。

コマ割とか、構図とか。

あと、終始説明口調な登場人物たちね。

これは「わざわざ声に出して説明する」っていうギャグだと思うけれども、説明しなくてもいいことを説明するからには、その内容が面白い必要があると思うんだよね。

しかも、ギャグ以外の場面でも説明口調を多用しているか効果希薄になって、全体的に平坦な印象を与える。

後半あたりから情報の取捨選択が程よいと思った。

LUST

加虐心という偏愛性を持つ主人公の苦悩を、後半で判明する更なる事実によってより露わにしようという試みが興味深い。

テーマがより色濃くなるし、構成上でも絵的に盛り上がる場面を入れられる。

ただ、些かごちゃごちゃしている感じはする。

前半の主人公の苦悩を描きながら、主要人物の様子も丹念に描き、更には後半に明らかになる事実のための伏線をはるという構成しんどい

全容が掴めない事はサスペンスとしては面白みもあるけれども、掴み所すらないとどういう気持ちで読めばいいから分からいから困る。

画力に関しては第一印象を覆すようなものはなかったかな。

個性のある画風ってわけでもないし、目を引くような構図や表現手法特にないし。

2018-02-14

性欲はあるけど恋愛感情が分からない

昨日から急にどこかにカテゴライズされないと!という不安に襲われているのでだらだらと調べているんだけど、

性欲はあるけど恋愛感情が(分から)ない人のことは何て言うんだろう?

わたしは人が好きで、

この好きってのはなんていうかな……うまく言えないけど、人のかわいそうなところとか人間臭いところとかを見ると同情したり胸がぎゅっとなって

あ~好き!!!!!!!!!ってなる

と、同時に人にひどいことをしたい衝動がずっとだらだらと渦巻いていて、

このひどいことっていうのは自分じゃうまく言えないんだけど

例えば暴力だったり、言葉で傷つけたり、性的なことを一方的にしたり

そのあとに抱きしめてごめんねごめんねって言いながら甘やかしてあげて

それからまたひどいことをしたい

こういう支配欲とか加虐欲、暴力衝動が性欲に絡まって複雑に肥大した感情性別年齢問わず、もう言ってしまえば「人」というジャンル(人以外も対象ではあるけどややこしくなるから今回はナシで)に抱いている

多分、幼い頃から

わたしはずっとこの性欲のようなもの恋愛感情だと思い込んでいて、

だって芥川龍之介も「恋愛はただ性欲の詩的表現をうけたものである」って書いてるらしいし(前後の分脈を知らずにこの言葉だけを受け取るのはダメかもしれないけど)

でもこれってもしかして恋じゃないな……って少し前に気付いた

気付いたというか、そういう話を唯一するクラスメイト男子にそう言われて、あっそうかも……と納得した

性欲と性交欲を分けなきゃダメってよく聞くし、

わたしは性欲はあるけど性交欲は全くない

わたしの性欲は一方的で、必ずしも直接的な性が絡んでるわけでもなくて、なんというか……子どもの癇癪がそのまま大人になってちょっとめんどくさいオプションが付いて残りました、みたいな?

まとめるのが下手過ぎて自分が嫌になってきた……

恋愛はしてみたい……でもセックスしたくないし人前で何かを曝したくない

それに恋愛感情がほんとによくわかんない

人を支配したいって恋愛感情なの?

仮に恋愛感情だとしてもそれを不特定多数に持ってる時点で何もできなくない?

アセクじゃないんだよね……アセクって性欲ないんだよね……?

恋愛感情がないのがアロマンティックらしいけど

性欲ある人間がアロマンティックって言っていいのかな?ていうかアロマンティックって性的指向じゃないもんな

う~~~んダメ!!!!!!!!!

馬鹿なこと考えてないで勉強してくれ受験生

2018-01-29

anond:20180129165202

逆は無いのか?に逆になってない的外れな答えを解決策として挙げたり

性的サディズム的な加虐嗜好を語ってる時にSMプレイソフト加虐嗜好を本物のサディズムとして語るほうがよっぽど馬鹿だよ。

2018-01-24

変態だって恋がしたい

私は変態である

私は貞操観念に厳しい家に生まれたが、不幸にも好奇心が強く、小学生の頃から親の目を盗んではアダルトサイトに入り浸っていた。婚前交渉するなという母からの教えは、大学に入って早々に破ってしまった。

初めてのセックスは思っていたより気持ちよくなかった。

当時の彼氏は早く処女を脱したい一心で作っただけだったので、そんなに好きではなかった。あと今思い返すと、彼はセックスが下手だった。

でも、彼はとてつもない変態だった。私の変態の蕾を花開かせたのは確実に彼だった。端的に言えば彼はドMだったのだ。私のサービス心は彼の手により加虐心へと変化していった。

そして、私は立派なS女になった。

その彼と別れてから3年ほどして、次の彼氏ができた。

その彼のことはかなり好きだったし、最初はこの人となら結婚したい!なんてことを考えていた。本当に好きな人とするセックスは夢のような快楽だった。

でもそのうち、セックスしかすることがなくなった。趣味性格も違い、共通話題も少なかった。性欲でしか繋がっていない関係だった。

加えて、彼はとてもノーマルだった。その時既に変態性に目覚めていた私は、彼のノーマルっぷりに頭を抱えていた。私の鍛え上げられた加虐心が顔を出し、引かれることもままあった。

自分結婚に向いていないことを完全に自覚してから若い女という称号がまだ使えるうちに遊んでおくのが懸命だと考えるようになった。そして、特殊性癖人間が集うサイトセフレ募集した。

そのサイトで私は、小学生から蓄積された性癖を余すことなく羅列した。自分でも引くくらい変態的な文章ができあがった。すると、そんな変態を求める男性から大量の返信が来た。

私は感激した。私以外にもこんなに変態がいるんだ!皆気持ち悪い!人間ってすごい!

そして私は人生で初めてセフレというものを作ったのである

セフレは、とても楽だった。すごかった。どんな要望でも口からスラスラ出てしまう。こんなこと言っちゃって引かれるかも、みたいなことを考えなくていい。だって相手変態からだ。

変な駆け引きも要らないし、気を使って演技をしなくてもいい。あと、無駄な期待を持ってしまったり、ちょっとたことにイラついたりしない。

しかし、私は危惧している。セフレはあまりに楽しすぎる。これでは恋人ができない。

変態だって恋がしたいのだ。純愛とかすごい憧れるのだ。シーブリーズが似合う恋とかしたい。福原愛さん夫婦とか超羨ましい。

ただ、私は変態だ。エロいことばっか考えている。この人はどんなセックスするんだろう、と一番に考えてしまう。

それに、最初から人間性に惹かれ、きちんと好きになったとしても、結局は性的問題が絡んでくるではないか。結局自分変態から逃れられない。

変態にはもう、セフレから恋人を探すか、脳みそシーブリーズで洗い流すしか残されていないのだろうか。

それか、変態であるがゆえの業として、愛している人には自分のことを隠し続け、変態性を解放してくれるパートナー別に持ち続けたりする器用さが求められるのか。

ああもう、隠れ変態ヒロインが、自分変態であることを忘れさせてくれるような王子様に出会って幸せになる少女漫画が読みたい。

と、ついに買ってしまった麻縄を煮ながら思っている。

2017-12-23

クレしんはそろそろアウトで、ワンピースは許されるんじゃないかなあというこの感じ

そういうのない?

 

クレしんって明らかにオカマをいじって笑いをとってるし、

しんちゃんって幼児の皮をかぶった強者男性なので、もっそい加虐感がある

 

一方のワンピースオカマネタで笑いを取ろうとはしてない

ここでいうオカマとはボンクレーことなんだけど、

ルフィも誰も、彼のことを笑ったりしないし、そういうコンテクストワンピースという漫画自体がつくらない

それどころかボンクレーオカマとして独自哲学を持っていて、それがかっこよく描写されている

見た目や言葉遣いオカマバーにいそうなオカマさらにいじったような感じなんだけど、それは笑いにつながってないし、

なんならどんな見た目、属性であってもあの漫画が描く世界から排除されないという逆の良さがボンクレーにはある気がするんだけど

そこまで言うと擁護になるんだろうか

 

ところで書きながら思い出したんだけど、ドラゴンボールにもオカマキャラがでてくる

レッドリボン軍ブルー将軍なんだけど、これはこれでうまく処理されてる気がする

ブルー将軍に追い詰められた一行は、ブルマ色仕掛けをし、難を逃れようとする

だけどブルー将軍は女に興味がないと言い、またオネエ言葉を使うため

それを見たクリリン(だったとおもう)が「げげ、オカマかよ」みたいなことを言う

ブルー将軍はそれに怒って、却ってピンチになるという流れ

 

まずブルー将軍のほうが立場が強い(暴力的意味)というのがひとつ

そしてブルー将軍がそういうラベリングに対し明確に怒ってNOを突きつけてるという点

このふたつによって特に問題にならない気がする

 

そろそろフィクション無罪という時代でもなく、どういう描かれ方をされているか

評価が分かれる、そんな気がする

 

https://anond.hatelabo.jp/20171221215709

2017-12-22

anond:20171222100325

いじめ行為状態 を表す言葉なので、行為者の罪の意識が低減される。

行為者に対して、小児加虐性癖 か 小児加虐障害 と呼ぶと良い。

2017-11-29

anond:20171129104434

でもそういう加虐心があるからこそ、女が嫌がろうと構わず種付けする個体がたくさんあって、それが人間の増産に役立ってきたわけじゃん。

そこを否定するのは違うと思うよ。

anond:20171129103958

男が女に加虐心を持つの自然なことでは?

男の性欲と加虐心は不可分だし

2017-10-18

anond:20171018010214

というよりもだね、

猫を殺すような道徳心の無い人物加虐的な衝動に歯止めが利かない場合がある。そういう犯罪者予備軍を事前に動物虐待などの軽犯罪で知れるならそれは居場所を教えているも同じ。

保釈されようと前科はあるので国外に逃げようとも刑歴を調べ上げられるだろう。大体保釈容疑者に許される司法的な権利だ。他の犯罪で許されている事を動物への傷害程度で許されない理由はない

実刑判決はまだのようだが、根底殺人欲求があるならカウンセリングを通じた更正を前提とした処分だって期待できる。単純に動物虐待が好きだとしても増え続ける野良猫一匹や二匹の処分程度なら、保健所が同じ事をしているのだから責められないんだよ。職権があるかないか些細な違いだけ。おんなじことをしていてもかたや犯罪者。かたや真面目な有職者。

勿論、容疑者常識の通じない狂人だという可能性も捨てきれないけどね。

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822112256

性的表現にも色々あるが、性欲を満たす事を目的とした表現だと

それと人を馬鹿にする表現は繋がってるから

性欲ってのは大抵支配欲とか加虐欲とかと一体のものから

それを満たそうとする表現はその対象を貶めて痛めつけるものとなる

2017-07-15

オッサンにはオッサン矜持ってもんがあんだろうがよ!!

最近のオッサン自虐的加虐している印象がある。

ぶぁぁぁーーーか!!!

オッサンは盾になるんだよ。

被虐的に弱気を助けて、そして死んでいくんだよ。

後世の誰かがいずれ、それを認めてくれれば、いや、そういう可能性があるだけでそれだけでいいんだ。

俺達の生きる道はそれだけなんだよ・・・

さあ頑張って今日も働こう。

2017-06-16

同人活動責任

オタクではないが、同人活動をしている。

マイノリティ中のマイノリティ性的嗜好を持っている私は、現実では決して成就することのできない(成就すれば私は牢屋はいることになる)その欲望を、同人誌の中で表現して昇華している。

現実では決して解消できない切ない性欲をもつ、異榻同夢を見る文字どおりの「同人」に向けて表現を届けているわけだ。

戦前から少年愛者や嗜虐・被虐嗜好者、窃視症、露出症など、メジャーマイノリティ(?)の嗜好者たちは、同じく同人活動で薄暗いマグマのような欲望を地下で共有し、慰みにしていた。

インターネットでは、10万人にひとりだけにしか胎生しないようなストレンジ欲望でも、同好者を見つけることかできる。

作品感想をもらえれば無上に嬉しいし、フィクションの中でしか味わえない心臓が溶けるような興奮を同人たちと共有する喜びは、ほかに代え難いものだ。

例の同人作家警察が「申し入れ」た件には、率直に危機感を覚えたし、苛立ちもしたのだが、考えを巡らせているうちに、私自身の同人活動についても深く省みることになった。

私にとっての現時点での考えを書こうと思う。

さて、私はツイッターを使っているが、私のタイムラインでは、「現実虚構区別がついていない人間」をよく見かけるし、これは犯罪だろうと思えるようなツイートも、見かける。それもかなりの頻度で。

おそらく、ロリコンインナーサークルでは、児童ポルノ想像以上にカジュアル流通しているだろうし、露出症者たちの間では「いい季節になってきたか全裸散歩してきた!」みたいな投稿日常的にされているだろう。窃視症者たちのタイムラインには盗撮動画がひっきりなしに流れているだろう。

私は、簡単犯罪の壁を越えてしま人間がたくさんいることを知っている。知っているが見て見ぬふりをしていた。

幸い、「増田さんの同人誌で頭真っ白になるくらい興奮して、ちょっと〇〇してきちゃいました」なんて馬鹿はいままで一人もいなかったが、完全に読者を信頼できるかと言われると、それは難しい。

模倣犯を生んだとしてもその表現をするのかと問われても、そこまでの覚悟や信念が自分にあるのか、悩んだ。

悩んだ結果、注意書きを厳しく書くというのは、作者が誠実にとりうる責任ひとつではないかと、私は結論した。

「〇〇を現実で行うことは犯罪である

と、これからははっきりと書こうと。

飲酒運転が描かれる作品の巻末に、薬物が描かれる作品の巻末に、一言注意書きを添えるのは、ただ単に作者を免責するだけでなく、小さくても啓発的な効果を持ちうるのではないか

合理的範囲で作者は社会責任を果たさなければならないと思った。

乱交を描くときには、性感染症知識を、痴漢を描くときには、性犯罪がどれほど被害者尊厳を傷つけるかを、書くべきだろうと、私は思った。

から、私は次からそうする。

創作表現が与える影響の責を法的には作者が免れることはもちろん大原則ではあるが、

そのことに胡座をかいしまうのも、あまり無責任だと私は考えた。

トラックバックへ。私の嗜好は加虐的なものではない。むしろ分類するとすれば被虐的な嗜好だ。私の読者が事件を起こすとすれば、比較的には軽い性犯罪ということになると思うが、それでも、だからこそ、事件を起こす危険性はあると考えている)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん