「模倣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 模倣とは

2020-05-24

[]ままごと

ままごと(飯事[1])とは、幼児の遊びの一種。おままごとともいう。

分類上はごっこ遊び一種と考えられており、身の回り人間によって営まれる家庭を模した遊びである

。参加する人を、お父さん、お母さん、赤ちゃんペットなど家族見立てた役を振り分ける。

そして、家の炊事・食事洗濯・買物・接客等を模倣する[1]。主に女の子の遊びとされる。

ふえーおまんまの食い上げだよーんのいみだったのか

パパママママじゃなかったのね~ん

2020-05-21

anond:20200521021010

文章が悪いに一票を投じたい。

山本夏彦が「私の岩波物語」で下記の様に指摘している。

私なりに要約した。拙い所は許してほしい。

岩波用語岩波から出た外国文の訳語訳文)は徹底的に或いは奴隷的に原文を尊重したもので、リズムと骨格を失った文章であり、日本語とは似ても似つかない。

様々な文章岩波用語の拙い模倣が見られ、そのために文章は晦渋難解を極める。

岩波の申し子である大学教授達の影響で、優等生ほど分からない事を言う。

中学校教師達が岩波用語もどきを用い、それが家庭にまで入ってきているのは一大事

もちろん、岩波書店のみに日本語文が混乱している原因があるわけではない。

しかし、大正昭和平成を生きた山本夏彦上記の指摘は一考する価値があると思う。

2020-05-19

この世からアベを抹消しろ

安倍・あべ・アベ・ABE……もううんざりだよ

頼むから国を転覆させる前にお前は消えろ

この世から完全に消滅してお前に関連する記憶をすべて消させてくれ

お前のやらかし問題無駄に使った予算、すべて消去してやり直させろ

「アベ」「ABE」「安倍」…そういった文字列が含まれているものも全部消せ

歴史から抹消しろ

お前が存在していること自体日本の、いや全世界地球の恥なの分かってる?

アベに関する概念事象文字が消えたところで困ることなんざ大してないんだから

そういった概念ごと消去して二度とお前やお前を模倣するやつが存在しないようにしてくれ

永久世界から追放だよ

もし可能なら自民党もお前と一緒に根絶させてくれ

2020-05-17

anond:20200517132159

県内の男が言った」という近しさにより、その模倣が働いている。

anond:20200516234119

報道で見て模倣するなら他の地域でも出てるはずだろう

2020-05-16

愛知県で「コロナおじさん」が頻発している理由

愛知県で「コロナおじさん」が頻発しているのは、自殺報道でのウェルテル効果に近いものではないか? 

1. 「俺はコロナだ」と喚いたオッサン事件を、同世代の同じ地域オッサンニュースで知る。

2. オッサン自己欲求が叶えられない場面に、「俺はコロナだ」オッサン模倣をしてしまう。

社会的証明の影響が、地域年代性別などに近しい場合に強固に働くことから、はじめの起点となった報道意識しない模倣が続いていると推察される。

2020-05-14

anond:20200514230506

人を尊敬するのは素晴らしいことだけども

他人を軸にして他人模倣して生きることはおそらく人間の脳には耐えられない

誰にも侵されない自分イメージして、その純粋自分模倣して生きると楽だ

anond:20200514142921

別に珍しくもない話じゃないかと思うけど、最近もなんかあったの?

オレオレ詐欺的なヤツはソーシャルハックだからオンライン化するしないってのは関係ないけど

公式オンライン化しちゃう区別のつきにくい模倣ってのはどうしても取り締まりきれないよね。

最近Google様も「お前らどうせSSL証明書の内容なんかそんなに見ねーだろ?」って表示を分かりづらくさせる方向だし

独自エンジンブラウザってFirefoxしかねぇけどアンチ広告姿勢のせいで企業サポートどんどん得られにくくなるだろうし

ネットを取り巻く環境が「自分はそういう詐欺に引っかからない」って自信を持ちづらくなってきてるんだよなぁ。

2020-05-10

絵描きが一番言われたくない言葉

昔、画家の友人に

「『すごいね写真みたい』って絵描きが一番言われたくない言葉だよ。写真みたいなら写真でいいじゃん」

と言われて、なるほど、と思ったんだけど、芸術に全く興味がない母にこれを言っても全くピンとこないらしい。

別に言われて嬉しい画家いるかもしれんが、言われたら嫌だという気持ち絵心がない自分でもわかるので、何でピンとこないのかわからん

追記

b:id:Palantir いや流石に増田がピンと来た理由は添えようよ。

かに

個人的に、「〇〇みたい」っていうのがそもそもダメだと思ってるんだよね。例えば豆腐料理に「お肉みたいにジューシー」みたいなのも豆腐職人に失礼だろって思うし、逆に写真絵画みたいにきれいっていうのも違うんじゃない?って思う。

ある芸術を何かの模倣だと言う言い方が失礼だという認識はあると思うんだけど(誰かが作ったオリジナル音楽に「ミスチルみたいだね」って言うとか)絵を写真みたいって言うことに抵抗がない人って多いなそういえば、とこれを言われたとき思ったという話。

anond:20200510092417

私は夜になったら寝ています

私の発言模倣している方がいるのかはわかりません

2020-05-03

anond:20200503010007

安倍擁護するからネトウヨとか、そういう目線しか問題を見れないのだろうけどそうじゃなくて、誰だろうと現状の日本制度で、韓国模倣ができるか?てことなんだよ。

医療保険クレジットカードパスポートなどほとんどが紐付きになったマイナンバーを使い、感染者にはクレカ情報GPSを使って追跡、その経路情報匿名とはいえ公表する、お前さ、これ日本で真似できると思う?

2020-04-19

anond:20200419094918

権力私物化して公文書改竄まで行い証人自殺に追いやるような奴に強権を振るわせないのは当たり前だろう。

一方で緊急事態時に、自制の効いたトップに強権を与え、

それが私欲に使われないよう、あるいはそれが恒常的な体制にならないよう、

監視を強めながら状況に対処させるのは当然に考慮すべきことだ。

もちろん台湾戦時体制みたいなものからできるという面はあるだろうから台湾のすべてを模倣する必要はないが、

専門家無視した思いつきの対策をのろのろと出してくる我が国政治を見て、

専門家と一体化した台湾のスピーディな対策を羨ましく思うのは仕方ないだろう。

「全てのトップに強権を与えるのか」「台湾政治体制全面的肯定するのか」といった言い方はストローマンにすぎない。

2020-03-01

anond:20200301111100

「悪い事だと認識してる場合、そういったフィクション犯罪率増加に関与しない」

統計存在する。

まり、「世間でカッコイイ事や素晴らしいと言われているものは、助長させる」

子供の中では、「不良はカッコいい」というイメージがある。悪い事だと認識してないので、不良マンガは不良を増やすは正解。

世間の中では「レイプはカッコいいモノ」というイメージはない。レイプシーンやエロマンガは、犯罪者が模倣することが在っても、インセンティブにならない。

一方、

犯罪を達成しやす環境は、犯罪率、犯罪者の増加に寄与する」

という研究存在する

→壁の落書きゴミが多い場所では、窃盗等の犯罪が多い。

自衛のしてない人間が居るだけで、犯罪は増える、協力しているのも一緒なので、財布をバッグにしまったり、痴漢されやすい・欲情させる服装は選ばない。自衛はしっかりしなければいけない。

ただ、

規則や抑圧の多い環境は、幸福度を下げ経済成長を阻害する」

一点において、自発的自衛が好まれる。

2020-02-23

anond:20200223102137

ほぼ完全に同意だし、長くゲーム業界にいる身として恐らくあれがいわゆるエロゲ塗りの慣用表現に端を発する記号だということも確信してるが

製作者はキャラセクシーに見せるためにあれを描いたのだ

この部分だけはわかんないなと思っている

ファインアート素養がない絵師たちが模倣の段階で「スカートはこう塗る」と認識し、目的意識のない慣用表現として濫用しているんじゃないかという気がする

エロくない」という意見はその感覚の代弁じゃないか

千田有紀論文擁護する人たち。

千田有紀「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」を擁護する人たちをメモ

umiSen 千田先生を支持する。

usi4444 「いらだったトランスたちの攻撃的な活動」の列挙がヘイターの「フェミニズムにつぶされたもの一覧」と同じで、「トランスフォーブ」から引用から全部デタラメか。作者が何を隠そうとしてるのか理解しましょう。

usi4444 「ターフ」と呼ばれる人々は自分トランスとの権利の調整に思い悩ませているが、TRA相手差別主義者と断定することで屈服させようと目論む。キズナアイ絡みで千田氏を何が何でも潰したいオタク達とソックリ。

zyzy だからまず「TSは現状はジェンダーによる偏見差別思想に捕らわれている」という所が大事スタート地点だと思う。異性的社会行動に捕らわれているからこそトランスしないといけないわけで。

zyzy 「何故TSジェンダーによる性差別に加担する側になってしまうのか」に関しては「社会的にマイノリティであるからそうしないと性自認通りの性でいられない」という所にいきつくのだと思う。マイノリティジレンマ

zyzy ブコメ阿鼻叫喚の鏡に吠える叩きはアンチの過ちの証拠になってるのよな/論文唯一の難点は「TSは現状ジェンダー偏見側に立つしかない(性的偏見模倣するしか自己性自認を補強しえない)」のを認めてない所

quick_past 悪意とデマは広める側に圧倒的な有利。だからこそ読み取る側に考える力必要なんだが、それがな・・・

suneo3476z_tn 一次ソース読んでから喋るムーヴにしようと決めといてよかった

white_rose “多くのひとが「読んでいないけれど」といいながら、私の論文に書いてもないことを、悪しざまに批判するという事態は、異常ではないか。”

[B! フェミニズム] 千田有紀「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」(『現代思想3月臨時増刊号 総特集フェミニズムの現在』)を読んで - ゆなの視点

[B! TERF] 「女」の境界線を引き直す意味-『現代思想』論文の誤読の要約が流通している件について|千田有紀|note

フェミニズム賛同していた人たちが手のひらを返す中、あくまシス女性だけに寄り添って千田先生を支持する一貫性は素晴らしいと思います

2020-02-20

anond:20200220012929

正字正かな遣いクラスタの用いる言葉バーチャルすぎて半笑いになる。

本人は格好つけている、あるいは意義があってそうしていると思っているのだろうが、例えるなら日本語文法おかしい人が一生懸命頑張ってるみたいに見える。

まずほとんどの彼らの用語には底本というか、基準がない。

正字正かなといっても

A時代明治大正末だとだいぶ違う。昭和戦前が一番イメージやすいだろう。江戸時代でも鎌倉時代でもいい)で異なるし、

B書かれる媒体新聞なのか随筆なのか、個人日記なのか)で異なる

今でもそうでしょう。

1999年頃の、ギリギリまだ怪しい雑誌に怪しいライターがひしめいていた時代のあの文章。思い出して欲しい。

ちょっとカタカナ混ぜたり、トカ? ゲーム批評のガップ獅子丸みたいな文章。今だいぶ雰囲気変わったでしょう。

逆にいうと、今風の? 切込隊長やよっぴ〜みたいな文章も、ネットで見られる時代象徴的な文章としてのちに振り返られるかもしれない。

20年でだいぶ違う。

そして、これらの文章ビジネス文章国会の答弁、ニコニコ動画コメントなんかとはまた質的ことなる。

当然、歴史のどこかの時期にもこうした現象は発生していて、ほとんどの正字正かな遣いクラスタはその事態対応できていない。いつどこの文章か定めていない。

自分の、なんとなく知っている文字用語だけを用いてネットに書き込んでいる。

本人たちは別に自分用語を選んでいるんだからいいだろ、という認識のようだ。それは別に選択からいい。正字正かな遣いクラスタをやるのはなんらも問題ではない。

だが、その用語選択はとても格好が悪い、あるいは選択センスが低いということだ。何回も言うけど、任意日本語のあるバージョン選択すること自体別に問題ではない。選び方のセンスダメ。全くダメ

新しいジャンルならセンスも何もないのだが、日本語表現なんていういつもいろんな人間が手を染めてきた分野だから、やってることの格好の悪さが際立つということだ。

例えるなら小学校高学年くらいの時に50音にそれぞれ謎の記号をつけて、オリジナル暗号を書いていた人はいるのではないだろうか。

正字正かな遣いクラスタのやっていることはこれに近い。大人オリジナル暗号やってるみたいな。

周りの人は「大人」だから読めるし付き合ってやってる。これくらいの格好の悪さ。格好の悪さの格調が低い。

さてどうすればいいのか。私案。

自分のお好みの時代媒体文章を徹底して模倣することだ。

ネットに書く時には様々な制約がある。異体字縦書き横書きの制約。「つんぼ」とか差別的意味合いが深まった表現とどう対峙するか。

俺だったら明治大正時代行政文書、あるいは室町時代日記あたりで挑戦してみたい。

相当原典にあたり言葉に詳しくならないとならない。「正字正かな」を用いると言うことはそういうことが必要だと思う。

要するに、正字正かな遣いクラスタは、言語用語にこだわっているように見えて、実態のところ非常に個人的で恣意的操作をしている。

このアンバランスが最高に格好悪いということ。

いわば言語オナニーしているようなもんなのだ

2020-02-15

anond:20200215132207

萌え絵文化って模倣で成り立ってるから。大昔、鼻の隆起を表現するには変な菱形の影を描いてた。

始めた奴はそれなりの思案の結果そうしたんだけど、レベル低い描き手は何も考えず機械的に真似してた。

スカートの変な横皺も、ただなんとなくお約束で書き込んだだけで何の意図もないだろう。なんか変だし古臭い。そう多くの人が感じる記号はどっちみちすぐ淘汰される

2020-02-01

じゃあ逆にマネジメントスキルはどうやって訓練するの?

プログラミング学校だったり自分で本を読んでプロダクトを作って勉強して能力を伸ばすでしょ。

それでプログラマーとして就職する。

こういう流れができている。

マネジャーの育成ってどうやるの?

PMBOK? MBA?

これらを習得すれば自然管理職が務まるようになるのか?

管理職人間を動かしてプロジェクトを推進する仕事だが、学習段階で実際の人間プロジェクトを使ってトレーニングするわけにはいかないよね。

AI人間の行動を模倣できるようになったら、VR管理職シミュレーションゲーム架空管理職体験して学べるようになるのだろうか?

2020-01-17

anond:20200117155524

男って名乗ってるのにわざわざ女オタの文体模倣するのか(困惑

2020-01-12

バズる記事を書きたい

フェミ記事もやった

会社叩きも毒親もやったし珍しい職業もやった

真面目系の記事もやった

漫才もやったし再投稿だってやったさ

なのに毛ほどもバズらない

手段目的が入れ替わってるのは重々承知しているけれど

どうやったらバズるんだ


俺には才能がないのか

そうかもしれない

文才もそうだし、増田の才能もだ

模倣してもしきれないから、バズれないんだろう


誰か増田助けと思ってバズる記事の書き方を教えてください

もう自分が嫌になりつつある

2020-01-09

ファイトクラブを見た。いろいろ突き刺さる所がある映画だ。内容も、画も古臭さを感じさせない。

やはり暴力セックスというものは、いつの時代においても色褪せないテーマなのだろう。

現代北斗の拳を見た時のような、むしろ新しいものを感じる。しか安易陳腐になりがちなテーマでもあるが、

男の性という観点から見た、大量消費社会への批判という切り口で、単純な暴力セックスの話で終わらない事に魅力がある。

「俺たちは広告を見せられて、欲しくないものを買い、買った物に奴隷にさせられる。外に出て闘え」

映画の中のフレーズだ。

20年前の映画だ。正直、『大量消費社会への批判』という切り口は古くさすぎて陳腐でもある。

10年前の受験期の評論でよく見たテーマでもあるが(今でもそうか?)

今の時代は寧ろ、精神的なもののつながりを大切にする社会になってる感じはある。

若者古着屋で服を買い、それぞれのオシャレを楽しみ、車やバイクなんて必要のないものは買わない。

キャンプを好み、自然を愛し、ゲームをするにしても人とのつながりを重視する。平和主義で、アニメドラマ等の芸術を愛し、しかし引きこもらず、

現実にもしっかり還元する。見えるモノより、見えない人とのつながりや精神的成長を大切にする。批判されていたことを着実に解決した、さながら僧侶である

正直言うと、この状態には裏がある。その理由は二つだ。一つ目は、よく言われる「若者は金を持っていない」という事。

そして二つ目は「親が金を持っている」という事である

現代若者の多くは、中流階級に育てられている。金がないと言っても、実家に帰れば飯は食えるし、車も借りる事もできる。

先ほど僧侶と言ったがまさにそうだ。安定した生活基盤を持ちつつ、毎日平穏に生きる事が出来る。

大量消費社会真っただ中の世代は、実家に行っても車はないし、服も無い。兎に角欠乏していた世代だったので、大量消費をせざるを得なかった世代なのだ

若者は金を持ってなく」「親も持ってない」のがデフォルトだった。そこに付け込まれ広告を見せられ、欲しくないものを買っていた。

「俺たちは広告を見せられて、欲しくないものを買い、買ったもの奴隷にさせられる」

これが正しいなら、現代はどうであろうか。幾分親の世代には失礼だし、恵まれているのに傲慢だとは思うが、「買ったもの奴隷にさせられている」のが今の世代だと思う。

親が金を持ち、子供はその手綱の中で夢を追いかけるよう調教されている。親の持つ車の行ける範囲で動き、親の買ってくれたスマホソシャゲをし、インスタをみて、

広告欄の隅っこに表示される大して欲しくないものamazon楽天で買い、

スマホの中で夢を語る、大して面白くないyoutuber動画を見て笑い、アプリを使って出会い結婚する。

世間に出回る映画20,30年前の続編。ポリコレまみれの子供向けに進化して、大して面白くないのに以前買ったからという理由で、有難がって見る。

ネットで見た病名を精神科に買いに行き、医者に言われたように生きる。

現代の闇は、大量消費社会の先にあった「物」への隷属だ。

権力者が語る夢は本物か。本当に自分が欲しいものは何なのか。目の前にあることが本当にやりたいことなのか。

芸術も、人の生き方も、何かの模倣とはよく言われるけれど、本当にそうなのだろうか。

まれる前から自分プログラムされた本能はあるんじゃないか

2020-01-04

愛されたかった子供の話

親の愛情というものを実感できないままいい大人になってしまった。ただの愚痴です。

けして全く愛されてなかったとも思わないし、虐待されていたとも思わない。

だけど二人とも心の底から子供を思いやってくれる親ではなかったと思う。

母親自分の「理想の家庭」に拘り続け、気に食わないことがあるとすぐ怒りだした。

原因を全て自分以外に求めて、折れる事をしらない母親だった。

食事中にテレビを見るならご飯は食べるな。感謝気持ちが無いなら食べるな。」

「やってもらって当たり前だと思っているでしょう。」

事あるごとに責められ、何かを手伝ったとしても「1回だけでしょ」と無かった事にされた。

次第に一緒に食べるのが苦痛になり、部屋にこもってインターネットをする事だけが家での楽しみになった。

父親は早々に母親と本気でコミュニケーションをとる事を諦め、テレビゲームに没頭するようになった。

最初子供の前では遠慮していたかもしれない夫婦喧嘩常態化し、高校生になるころには目の前で歪みあっても「またか」と思うだけになってしまった。

父親もそういった子供精神面での配慮をする親でもなく、ほぼ放置だった。

だけど不器用なだけで、本当はもっと父親」をやりたかったのかもしれないと今は思う。

とびぬけて裕福ではなかったけども、金銭面では不自由した事はなく、最終的には大学まで出してもらったので、その点は本当に感謝している。

両親は十年以上にわたって揉め続け、子供も成人してずいぶんたったころ3年ほどの別居を経てようやく離婚した。

その間にいろいろあって、自分は今母親とは現在ほぼ絶縁状態になっている。


こういう家庭環境だったので、「ちゃんと育てられた」という自覚がない。

精神面で自分を育ててくれたのは両親ではない。たくさんの本と、インターネットの向こうにいる無数の顔の無い人達だ。

それがずっと心の奥底で傷になってこびりついている。

高校生の頃は特に普通」の自信がなくて、周りからひとつひとつ普通」っぽいもの模倣してなんとかやっていた。

この時にできた友達がとてつもなく良い子で、初めは「こうなりたいの理想」のお手本として、明確に「この人に気に入られたい」と言う理由で接していた。

家に遊びにいったのは数回だけど両親もめちゃくちゃ良くしてくれて、「愛されて育ったんだなあ、いいなあ」と思った。

からも愛されるタイプだったのでその子には無数に友達がいて、なんとか特別になりたいと思っていろいろやった。良い子すぎてやっかむ人間もいたが、100%ガチの味方をし続けた。

結果おそらく仲良くはなれて、大学も一緒に行ったし、結婚式も呼んでもらった。今も仲が良いと思う。自分は今も何があってもその子の味方でいようと思っている。

数回だけしか遊びにいってないのに、その子結婚式に出席した時、ご両親がお見送りでなぜか自分名字呼び捨てですごく嬉しそうに握手してくれた。

何故か自分を気に入ってくれてたらしく、「家でよく話してたから覚えてくれてたんだよー」と後から教えてくれた時、自分の親にプライベートの話をしたのはいつが最後だろう と思った。


まだ母親交流があったころ、母親に心底疲れ果ててボロボロになって初めて誰かを頼った時、母方の叔母が助けてくれた。

無意識電話をかけ、泣いている自分に「どうしたの?」と声をかけてくれた。それまで何年も会ってなかったけど、叔母はたぶん「大丈夫な人」として心の片隅にあったのだと思う。

身内だからこそわかる母親の話をしっかり聞いて、こたえてくれて「親世代ってこんなにちゃんと会話ができるものなのか」とショックをうけた。

叔母は男二人を育てており、一人はいわゆる不良で、さんざんやんちゃしまくったが落ち着いて子持ちの父親となった。

から見ても大変だった子育てを経ても叔母は「でもやっぱり自分の子供は甘やかしちゃうんだよね」と言い切っていた。

それが心底羨ましくて、自分という存在が無くなったとしても、どうしてこの家に生まれなかったんだろう。と思わずはいられなかった。


友達の家も叔母の家庭も、実際はいろいろあると思う。無条件に子供に尽くせる親というのはたぶんそんなに多くない。

だけど、「親だけは何があっても自分の味方なんだ」と実感したかったと願うのをやめられない。

今は自分の事が自分でそれなりに好きだし、これまでの人生に後悔はない。それなりに生きている。

でも、自分という存在の真ん中に小さい穴が空いているし、それがずっと埋まらない。

6歳ぐらいの頃、いつになく大きかった両親の喧嘩に心を痛め、ベッドの上で声を殺して泣いていたら、母親が「大丈夫?」と一緒に寄り添って眠ってくれたことを思い出す。

この時は確かに愛してくれていたはずなのだ。同じシチュエーションで泣いていた時、次からはベッドに母親が来ることはなかった。


子供のころの自分」がずっと心の中で苦しんでいるのに、親に「もう大人なんだから」と言われた時の絶望感が消えない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん